searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

レトリロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ずっとヴィーガン暮らし
ブログURL
https://retoriro.hateblo.jp/
ブログ紹介文
40年ぐらいヴィーガン暮らしをしています。ヴィーガン生活の中で、人付き合いの苦労話や体験談、ヴィーガン料理などヴィーガンに関する話題でいろいろ書いています。また、メディカルハーブやヒルデガルトなど植物療法の話も書いています。
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、レトリロさんをフォローしませんか?

ハンドル名
レトリロさん
ブログタイトル
ずっとヴィーガン暮らし
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
フォロー
ずっとヴィーガン暮らし

レトリロさんの新着記事

1件〜30件

  • カモミールのゴロ寝療法とは

    表紙がカモミールの薬草事典。手のひらサイズなのに薬草のことがいっぱい詰まっています。ボタニカルイラストもとっても素敵。 どこかリンゴのような優しい香りのするカモミール。主張が強いハーブではないけれど、風邪ひきさんに、お腹を壊した子供に、眠れない夜にと、ヨーロッパでは家庭の常備薬として古くから使われています。 だからピーターラビットの物語にも登場するんですね。 うちの庭でも次々と小さな花を咲かせています。蕾もいっぱい。でも実はアブラムシもいっぱい(泣)牛乳を振りかけるといいらしいけど、調べてみたらやっぱりすごく臭くなってしまうそうです。 フレッシュではとても使い切れないので少しずつ干して、ドライ…

  • 今日もナス丼、明日もナス丼🎵

    今週のお題「575」 ナス丼は 毎日食べても 飽きません 近所の直売所でつやつやしたナスが売っていましたよ。スーパーで売っているお上品なナスと比べて、なかなか野性的~。 この前作った甘酒コチュジャンで、さっそくお昼にピリ辛のナス丼を作ることにしました。 ナスだけでもいいけれど、ちょうど春雨があったので一緒に入れることに。 ニンニク、生姜、ネギのみじん切りをごま油で炒めて、そこにナスを加えます。ちょっと水を加え、酒・醤油・コチュジャン・塩麹を加えます。隠し味にちょっと練りごまを加えてコクを出します。 茹でた春雨を加えて少し混ぜたら、水溶き葛粉でとろみをつけて出来上がり。ご飯をよそって、ピリ辛ナス…

  • 試行錯誤の紫陽花ゼリー

    先日紫陽花園に行ったので、想い出になにか紫陽花を模したスイーツが作りたくなりました。とくにアイデアがあるわけでもないけれど、思い立ったが吉日。何かやってみよう! ちょうどバタフライピーのハーブティーがあったので、それを使って青いゼリーを作ってみることにしました。紫っぽい色もほしい。こちらはぶどうジュースでいけそうだ。 さっそくスーパーへ行ったら、「ザクロジュース、アサイー入り」というのがあって、心惹かれてそれを購入。取り合えず寒天で固めてみました。 なんか思ったより色が濃いけど、とりあえずこれで作ってみよう。 真ん中の白いのは豆乳にちょっとだけバタフライピーを混ぜたもの。 真ん中に入れる餡は小…

  • 6月の贅沢、紫陽花を満喫しました

    6月と言えば紫陽花。美しい花は数々あるけれど、こんなに涼し気な色を艶やかに咲かせる花も珍しい。 近所の神社で紫陽花園が開園になったので、さっそく行って来ました。平日の朝いちばんで行ったのですが、みんな考えることは一緒ですね。地下鉄の駅から同じ方向に歩く人たちがぞろぞろと。けっこう密~。 入り口を入ると、さっそく色とりどりの紫陽花が迎えてくれます。右側も左側も紫陽花でいっぱいの紫陽花小道を歩きます。 生命力あふれる新緑の葉っぱの上に、見事に咲き誇った鮮やかな花の色が映えますね。この濃いピンクは何色と表現したらいいのか。桜色や桃色はあるけど、紫陽花色とは言わないし。 こちらもお馴染みの薄紫色ですが…

  • 韓国風ビビン麺と豆乳麺

    今週のお題「そうめん」 韓国料理と言えば何が浮かびますか?私は一番好きなのが「トットリムック」というどんぐり豆腐です。韓国のお寺料理は日本の精進料理とも違うのでとっても魅力的。いつか習いに行ってみたいなと思っています。 今回は、お題の「そうめん」を韓国風で作ってみました。 自家製コチュジャンでビビン麺 コチュジャンはお手軽バージョンで手作りしています。本格的には漬け込んだり、熟成させたりするのでしょうけど、それはまた先の課題に取っておくことにします。 材料は、甘酒+韓国唐辛子+塩だけです。甘酒は市販のドリンクではなく、家で作っている甘麹(濃厚甘酒)で、お粥+米麹+水をヨーグルティアにかけ、ちょ…

  • もしかして今「祈り」が来ているのかも

    祈り。国や民族、宗教によって祈りのスタイルは違っても、祈る行為そのものは太古からずっと続いている、人類に共通する神聖な行為ではないでしょうか。 私は初詣の時に「家族が健康でありますように」と決まり文句で祈る程度で、これまで祈りとは全く縁のない生活をしていました。 ところが、どういうわけか最近「祈り」によく出合うんです。 もしかして今、祈りがキーワードなのか。祈りの意味が変わりつつあるのか。 最初の出会いは白鳥哲監督のドキュメンタリー映画「祈り~サムシンググレートとの対話」でした。この映画は筑波大学名誉教授で遺伝子学者である村上和雄氏を追ったドキュメンタリー映画で、数々の賞も受賞しています。(村…

  • 目箒を食す、はたまた目を洗うか

    庭の小さなハーブガーデンでバジルが元気に育っています。でも、溢れんばかりとはいかない。たっぷりあればバジルペーストが作れるのに、、。 そんなふうに欲張るのはやめました。家の庭のハーブはこれくらいで十分。自分の手に負えないぐらいの量をかかえてしまうと、ワクワクがストレスに変わってしまう。その境界線を越えないように、いつも少なめ、控えめで満足。 バジルという名前は、その豊かな薬効や芳香が王にふさわしいという意味からギリシャ語の「王様の薬草」を語源としているそうです。料理用ハーブとしても、まさに王様ですよね。 ところで、バジルの和名は「目箒(めぼうき)」 なんで?王様とはほど遠いイメージがしますが、…

  • 薬膳きのこ粥と薬膳スムージー

    以前、偶然薬膳ショップを見つけていろいろ衝動買いした話を書きました。その中のひとつが9種類の珍しいキノコが入った滋養スープ。アミガサタケ、キヌガサタケ、アンズタケ、オオシロアリタケ、アガリクス等々。 雲南省の香格里拉(シャングリラ)標高3,000mの自然豊かな環境で育った珍味キノコだそうです。それにナツメとクコの実を組み合わせた「優しい滋養スープ」ということで、どんな味か興味津々。 まずはキノコ類を水で戻します。見たこともないキノコたちなので、ちょっと不気味(失礼!) 手前のお麩のようなもの。キノコの形してないのにと思ったら、なんと「キヌガサタケ」という高級食材でした。 姿形があまりにも優雅で…

  • 庭のバラを蒸留してローズウォーターを作りました

    ずっと前から憧れていた、お花やハーブの水蒸気蒸留。本格的な蒸留器があれば、家庭でもアロマウォーターが作れるし、ほんのちょっとだけは精油も取れるらしい。でも家庭用でも10万円ぐらいするしなぁ。そこまでやらなくてもと諦めていたところへ、 なんとアロマ蒸留器リカロマのミニタイプが新発売されたんです! さっそく購入してしましました。販売元のリカシツさんは、元々理化医療用ガラス製品を取り扱っていた会社で、「理化学+インテリア」という新しいコンセプトで素敵なガラス製品などの理科系雑貨を販売しています。 こんな可愛いボックスで届きました。 開けてみると、ビーカーのようなものが入っています。これだけ?なんかシ…

  • ブロガー名刺のバトン

    はてなブログを始めてまもなく1年半になります。右も左もわからずスタートし、冷や汗たらたらで今日まで来ましたが、たくさんの方にご訪問いただき、ただ感謝するばかりです。いつも本当にありがとうございます。 そんな私ですが、この度ブロガー名刺を作りました! 友人知人にも言わずこっそり書いていたので、ブロガー名刺を作るなんてちょっと前までは夢にも思いませんでした。持っていた名刺入れもとっくに断捨離済み。 ところが、中今〇ノ丞(id:nakaimamarunosuke)さんのこちらの記事を読んで「うわぁ、素敵!いいな、いいなぁ」と思わず惹き込まれてしまったのです。 www.nakaimamarunosuk…

  • ワクチンを打たないからって責めないでほしいな

    長年ヴィーガンというマイノリティーで生きてきて、社会生活的にはけっこう生きづらさを感じていたけど、最近はまた別のことで肩身が狭い。 ワクチンは最初から打つつもりはなかった。特に情報収集したわけでもなく、今回のワクチンが今までのワクチンと違うなんて知識もなかったけど、打つという選択肢が自分の中には全くなかった。 インフルエンザワクチンも打ったことはない。5年ぐらい前に高熱が出て筋肉痛もあり、数日寝込んだけど自然に治った。たぶんインフルにかかったのだろう。病院に行ってないからわからないけど。 病気になるのも自然の摂理。自分も自然の一部なんだから、気をつけていてもかかる時はかかるだろう、ぐらいの認識…

  • タイユフェールを聴きながらカモミール茶を

    今週のお題「おうち時間2021」 おうち時間が長いと、いろんなことを思いつくものです。最近妙に気に入っているのは 「音楽のタイトルとお茶をマッチングさせて楽しむこと」 わかりやすく説明すると、例えばですが「あいみょんさんのマリーゴールドを聴きながら、マリーゴールドのお茶を飲む」といった感じ。 ハーブティーが好きなのですが、メディカルハーブを学んでからは、ついつい「これは鎮静作用がある」「免疫力を活性化させる」なんて、効能ばかりにとらわれていることに気づいたのです。もっと直感に従ってお茶を楽しもう! そんな時に「お花や植物のタイトルがついた曲ってけっこうあるけど、マッチングさせてお茶を飲んだら自…

  • バルサミコ酢でいつものご飯がイタリアン⁉

    イタリアのバルサミコ酢。オシャレでお料理上手な方が使っているイメージです。気まぐれに買ってみたことはありますが、日本の澄んだお酢とは全然違うので使い方がわかりませんでした。 ところが「醤油と混ぜたらあっという間になんでもイタリアン!」という一文を読んで、ちょっと試してみたくなりました。 まずは、いつも作っている筍焼きをバルサミコ酢に漬けてから焼いてみました。醤油とバルサミコ酢を混ぜて、ニンニク・生姜のすりおろしを加えます。筍を10分ぐらいつけてから、片栗粉をまぶして焼きます。 こんな感じにできました! 醤油の和の味に酸味が感じられるのですが、日本のお酢のような強い酸味ではなく、まろやかな感じ。…

  • 神様のホテル~現代に蘇るヒルデガルト医療

    「神様のホテル 奇跡の病院で過ごした20年間」(ビクトリア・スウィート著)という本を読みました。全米でベストセラーになり、この本によってアメリカでヒルデガルトブームが起こったと聞き、興味を持ちました。 アメリカで最後の救貧院と言われる「ラグナ・ホンダ病院」で働く女性医師によるノンフィクションで、2012年カリフォルニア州のノンフィクション大賞を受賞、2013年には優れたノンフィクションに与えられるガルブレイス賞にノミネートされたそうです。 ラグナ・ホンダ病院は「神様のホテル」と呼ばれ、貧困のため病院に行けない人、快復の見込みがなく治療を投げ出された人など、他に行き場所のない社会的弱者のための最…

  • 今年最後の収穫、チェリーの種取りに想う

    ゴールデンウィークはどこにも行かず、家でひたすら作業していました。なかでも待ってはくれないのが季節の仕事です。天候を見ながらタイミングを逃さずに。 今年の庭のチェリー、最後の収穫。鳥や虫たちと分けっこしても、十分に楽しめました。でも実際半分ぐらいは食われてる~(泣き) 正直このまま冷凍してしまいたい~。すでにジャムも酵素シロップも作っているので、最後の方はどうしても面倒になってやる気が出ません。それでも「鳥たち、どうぞ~全部食べてください」と言えず、最後の最後まで収穫しようとする貧乏根性💦 冷凍するにしても、とにかく種だけは取っておかないと後で利用できません。サボったツケは後に来る。冷凍チェリ…

  • 小さな花びらのハープ始めました

    今週のお題「おうち時間2021」 おうち時間も長いこと続いています。そして、まだまだ続きそうな気配。何か新しいことを家で始めたいなと思っていたところ、なんとも可愛らしい楽器に出合いました。 リトルミンストレル~ちいさな吟遊詩人 シュタイナー教育で使われている小さなハープ。ベビーライアー。なんとも愛らしい花びらの形で、子供たちが弾くのですから、膝の上にのるぐらいの大きさです。 昔からシュタイナー教育には興味があって、娘を学校に入れたいと思った話や、シュタイナー教育で行われている糸かけの話も書きました。最近ではちょうど植物療法のレッスンでシュタイナーの12感覚について学んでいたところでした。 それ…

  • ハンガリーウォーターを習って来ました!

    記憶力を高めると言われるローズマリー。最近は朝ローズマリーコーヒーを飲んで、頭をすっきりさせるのが日課になっています。 そのローズマリーが主役の「ハンガリーウォーター」をとうとう習って来ましたよ!先日ハーブコーヒーのお話の時に、ちょっとだけ触れたハンガリーウォーター。「若返りの水」と言うハンガリー王妃の逸話があるので、以前から興味津々でした。 retoriro.hateblo.jp 習いに行ったのは生活の木 Herbal Life Collegeで、私も以前からたくさん講座でお世話になっていますが、ずっとオンラインが続いていたのでリアルの講座は久しぶりでした。ワクワク💛 1日講座のタイトルは「…

  • ヒルデガルトは世界を変えた科学者?

    とても素敵な本に出合いました。 「世界を変えた100の科学者 ダーウィンからホーキングまで」 一応子供向けの人物図鑑のような大型本で、すべての漢字にはふり仮名がふってあります。その人物の功績や世界に与えた影響が写真・イラスト・図形と共にわかりやすくまとめてあり、また「まめちしき」など追加話もたくさん盛り込まれていて、とっても面白い本です。 子供向け?とんでもない、私が読んでも「ふむふむ」「へえ~」「知らなかった!」と楽しくてたまりません。 どんな人物が登場しているかと言うと、100人以上ですからとても書ききれませんが、 アリストテレスから始まって、ダーウィン、メンデル、パスツール、キュリー家、…

  • チェリーとカモミールの酵素シロップを仕込みました

    春はハーブが芽吹く季節。我が家の小さなハーブガーデンでも、ミント・オレガノ・タイム・ローズマリーなどが元気に育っています。 なかでも嬉しいのは1年草のカモミール。以前何度か育ててみたものの、とにかくちっちゃい虫がいっぱい付くんですよ。カモミール茶を入れたら、カップに虫が浮かんでいてぎゃあ、なんてことが何度もあり、諦めてしまいました。 今年は久しぶりに3月頃に苗を植えてみたのですが、元気に花を咲かせています。 そして毎年この季節、自然の恵みに感謝するばかりなのが、庭のチェリーです。今年もいっぱい実をつけてくれました。 気休め程度にネットもかけているのですが、やっぱり高い所は鳥ちゃんたちが、低い所…

  • ハーブコーヒーにはまる

    久々にコーヒーを飲んだらとても美味しくて、またぼちぼち飲み始めています。1ヶ月間のファスティング期間中はコーヒーを断っていたのですが、一度やめてしまうと特に渇望することもなく意外と平気で、結局2ヶ月間ぐらい玄米珈琲ばかり飲んでいました。 いきなり本物のコーヒーは刺激が強いかなと、最初の一杯は恐る恐る。うーん、やっぱり美味しい!ぼやっとした頭がすっきりします。 以前にミントコーヒーをご紹介しましたが、その後すっかりハーブコーヒーにはまり、ローズマリーコーヒーやレモンバームコーヒーなど、いろいろ試しています。元々ミルクなどを入れないブラック派でしたので(豆乳ラテもイマイチで、、)ハーブをプラスする…

  • きな粉のババロア

    きな粉と豆乳を使ってババロアを作りました。ダブルイソフラボンで効果も倍増、さらに葛粉たっぷりでトリプル効果、って一体何の効果でしょう(笑)とにかくヘルシーおやつです。今回はメープルシロップなどの甘味も入れず、敢えてきな粉の味を楽しめるように作ってみました。 材料は、きな粉・豆乳・本葛粉だけ。葛粉はたっぷり入れてもっちもっちに。かなり素朴なイメージですが、牛乳や卵の入らないこんなおやつを昔の日本人は普通に食べていたのではないでしょうか。 火にかけてからはけっこう練って練って、練りましたよ。エンゼル型かクグロフ型か迷って、結局クグロフ型に入れてみました。ひっくり返す時がいつもドキドキです。エンゼル…

  • SDGs的な生活とヴィーガン

    国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」。そのSDGsとヴィーガンを結びつけた2つの対照的な記事を興味深く読みました。 まずは朝日新聞から。タイトルは「SDGs的な生活 無理なくできる?」で、記者の方が家族で1週間だけヴィーガンの食生活を実践した話です。 長年朝日新聞を購読していますが、SDGsと脱肉食をストレートに結びつけた記事は初めて見ました。いつも語られているのは脱プラスティック、脱炭素という切り口ばかりだったように思います。 以前「Cowspiracy サスティナビリティの秘密」というドキュメンタリー映画の話を書きましたが、この映画は「環境破壊の主原因は畜産業という紛れもない事実…

  • 椎茸の酵素玄米詰めお焼きと陰陽の続き

    いつも食べている酵素玄米。そのままで十分美味しいのですが、ちょっと目先を変えて椎茸にのせて焼いてみました。 肉厚の椎茸が手に入った時は、大きければそのまま椎茸ステーキに、中ぐらいなら何かを詰めて焼くことが多いです。いわゆる「椎茸の肉詰め」のヴィーガンバージョンですが、大豆や蓮根、納豆などをたっぷりのネギと一緒に詰めると美味しいです。 今回は初めての試みで、酵素玄米を詰めてみることにしました。まずは椎茸に米粉をまぶします。よく火が通るように反対側には切り込みを入れて。 酵素玄米を詰めていきます。茶色に茶色で見た目はなんとも地味ですが、滋味あふれる一品になればいいけど(笑) ごま油で焼きました。仕…

  • 若い時に丸暗記したマクロビの陰陽をもう一度学ぶ

    お題 今年は「陰陽」の学び直し 新しいことを学び始めるのも素敵なことだけど、若い時に学んだことをもう一度学び直したら、全く違った何かが見えてくるかもしれない、そんな気持ちになっています。 今からもう何十年も前の話ですが、大学生の頃にマクロビオティックに出合い、玄米菜食をスタートしました。 当時マクロビの本によく付いていたのが、食べ物の陰陽表。私もその陰陽表のポスターを部屋に貼って、一生懸命丸暗記していました。 かなり大雑把に書くことをお許しくださいませ。 極陰(体をひどく冷やし、緩めきってしまう)・砂糖・コーヒー・牛乳・バター・チョコレート・強い香辛料・アボカド・キウイ・マンゴー・添加物 陰(…

  • よもぎの葛プリンとフォカッチャの試作

    春野菜のよもぎ。最近は和ハーブとしても注目されるようになりました。田舎暮らしをしている方なら、野山で摘んで来るのでしょうか。朝摘みよもぎでお饅頭を作ったり、干してお茶にしたり。憧れます。そんな暮らし、理想です。 子供の頃から、そんな「摘む」暮らしとは縁がありません。土筆ぐらいはどこかの土手で見たことがあるような記憶もありますが。お膳立てされた「いちご狩り」「ぶどう狩り」さえ未経験。完全にひ弱なインドア派でこの年まで過ごして来てしまいました。 それでも「自然派」暮らしには憧れがあって、今更ではありますが、ちょっとでも生活に取り入れられたらいいなと思っています。 いつもは菓子食材の乾燥よもぎばかり…

  • 話題の映画「ミナリ」と春野菜のビビンバ

    アカデミー賞最有力候補と言われ、注目されている映画「ミナリ」 日本でも公開が始まったので、早速観て来ました。昨年の「パラサイト 半地下の家族」に引き続き、韓国映画が受賞となるのでしょうか。 ネタバレになるので詳しい内容は書けませんが、アメリカにやってきた韓国人の移民家族のお話です。 移民家族と言うと、自分とはかけ離れた境遇で接点のない話かなと思いますが、すれ違う夫婦の心情が細やかに描かれ、共感できる部分が多かったです。 夫は農業で一旗揚げようと一大決心をし、田舎の荒れた土地を購入して家族で引っ越して来ます。大きな夢を描いているので、やる気満々で作物を植えて頑張ります。 一方妻は、夫については来…

  • にがくてあまい菜花ケーキ

    「にがくてあまい」という漫画をご存知でしょうか。 漫画を読む習慣が全くなかった私ですが、全12巻をTSUTAYAで一度に借りて、夢中で一気読みしました。 川口春奈さん主演の映画を先に観て、その原作ということで興味を持って読んだのですが、なんとヴィーガン料理が100皿以上出て来るのです。そんな漫画ってありますか? ヒロインのマキは農家の娘なのに野菜嫌いで料理もできない。そんなマキがヴィーガンでイケメン美術教師のゲイ、渚に恋をするお話です。 漫画に合わせて公式レシピ本も出ていて、漫画を読んだ直後は舞い上がって「絶対全部作ってみるぞ~!」と張り切ったものの、結局まだ1品しか作っていません。はや1年前…

  • 季刊誌「いいね」の最新号はヴィーガン特集!

    クレヨンハウスから出ている季刊誌「いいね」 サブタイトルは「暮らしをひとつあたらしく」で、毎回旬のテーマを扱っています。 最新号のテーマはなんとヴィーガン!タイトルは「未来をひらくヴィーガンへの道」で、若きヴィーガン起業家の工藤柊さんが表紙に登場!私もブイクックでお世話になっているので、思わず買ってしまいました(笑) retoriro.hateblo.jp 工藤さんを含む3人の方の対談が組まれています。それぞれがヴィーガンになったきっかけや、始めたのはいいものの友人と疎遠になり孤独を感じたこと、冠婚葬祭が大変、大人なのに好き嫌いをしていると思われるなど、共感できる体験談に思わず頷いてしまいまし…

  • 根菜のハーブガレット2種

    春野菜の美味しい季節になりました。春キャベツ、そら豆、グリーンピース、クレソン等々、自然の苦みが眠っていた体を目覚めさせてくれますね。 でも私は冬の間断食をしていたせいか、春野菜より根菜が食べたい気分。根菜をしっかり食べて、そろそろ土の中から這い出していかないと、季節に置いて行かれそうです。 そこで今回は根菜たっぷりのハーブガレットを作ってみました。 ☆ごぼうとピーナッツのガレット シャキシャキした歯ごたえのあるごぼうが好きです。きんぴらもいいですが、ちょっと趣向を変えてガレットにしてみました。 材料はごぼう、ピーナッツ、にんにく、パセリやチャイブ、タイムなどのハーブ類。ピーナッツは粒々が残る…

  • 新月の断捨離と所有欲

    天文系は苦手ですが、長年ヨガをしているうちに自然と身に付いたのが月のリズムで暮らすこと。市販のヨガ手帳にも必ず月の満ち欠けの絵が描いてあります。 ・満月の日にはヨガをお休みする(休息日) ・満月と新月の日にはプチ断食をする 他にも「満月に向かってエネルギーが上昇するから、頭に血が上ってのぼせたり、感情が爆発しやすくなる」とか「新月に向かって地面の方にエネルギーが下降するから、足がむくみやすくなる」なんて話もよく聞きます。 難しいことはわからないけど、意識しているのは2つだけ。 欠けていく月に合わせて、解毒、浄化が進む。だからダイエットや掃除に最適。 満ちていく月に合わせて、補給、摂取が進む。だ…

カテゴリー一覧
商用