自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
住所
福岡市
出身
嘉麻市
ハンドル名
しょうちゃんパパさん
ブログタイトル
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
ブログURL
https://tanaka-shinichi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
障がいのある息子のお陰で人生で大切なことをたくさん学びました。仕事も生き方も変わり、毎日を幸せに楽しく生きることができるようなった父が綴る気づきのブログ。
自由文
ダウン症、呼吸器機能障害、言語障害のある息子のお陰で、人生で大切なことをたくさん学びました。人生観・仕事も変わり、毎日を楽しく心豊かに生きていくことができるようになり、私の人生を導いてくれて息子に心から感謝しています。
更新頻度(1年)

11回 / 11日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/09

しょうちゃんパパさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(IN) 1,877位 2,037位 2,320位 2,250位 2,451位 2,889位 3,541位 972,466サイト
INポイント 30 240 210 260 170 170 150 1,230/週
OUTポイント 190 1,610 1,670 2,010 1,810 1,580 1,600 10,470/週
PVポイント 480 6,350 6,170 6,220 6,000 2,010 1,010 28,240/週
子育てブログ 33位 36位 45位 40位 44位 54位 72位 64,592サイト
ダウン症児育児 2位 2位 3位 3位 3位 3位 4位 551サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,144位 1,163位 1,184位 1,141位 1,271位 1,502位 1,848位 972,466サイト
INポイント 30 240 210 260 170 170 150 1,230/週
OUTポイント 190 1,610 1,670 2,010 1,810 1,580 1,600 10,470/週
PVポイント 480 6,350 6,170 6,220 6,000 2,010 1,010 28,240/週
子育てブログ 22位 23位 23位 23位 27位 34位 45位 64,592サイト
ダウン症児育児 1位 2位 1位 1位 2位 3位 4位 551サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(PV) 1,095位 1,186位 1,377位 1,638位 2,270位 3,532位 4,322位 972,466サイト
INポイント 30 240 210 260 170 170 150 1,230/週
OUTポイント 190 1,610 1,670 2,010 1,810 1,580 1,600 10,470/週
PVポイント 480 6,350 6,170 6,220 6,000 2,010 1,010 28,240/週
子育てブログ 24位 25位 27位 30位 50位 84位 108位 64,592サイト
ダウン症児育児 1位 1位 1位 1位 2位 2位 3位 551サイト

しょうちゃんパパさんのブログ記事

1件〜30件

  • 生まれながらの体幹トレーニング

    息子の「凄いなぁ〜」 と思うところの1つが、 いつも身体を動かし トレーニングしているところ。 物心ついたころから 気づけば上体を前後にゆさゆさ揺らし、 1日合計すると2~3時間はやってます。 体を前後に動かす息子・彰悟(実家にて) 実家で撮った動画、5秒です。 知的障がいの子がこういう動きをする ケースは多いようです。 息子もそうなんだなぁ~ と思っていました。 その動きのお陰だと思うのですが、 息子は体が軟らかく、 前屈すると折りたたみ携帯のように 上体と足がくっつきます。( ;∀;) 脚の筋肉もかなり発達していて 太ももは表側も裏側もガッチリしてます。 たまに、抵抗する息子を 抱きかかえ…

  • 私の意識が向かっていたのは?

    ブランコを楽しむ息子・彰悟(8年前) お葬式でお焼香して気づいたことです。 1年前に、 家族みんなでお葬式に参列しました。 お焼香の順番が来たので、 焼香台の前へ行こうと 息子に声を掛けます。 「彰ちゃん、こっちよ」 息子も立ち上がり、 私と一緒に進み出します。 お葬式は厳粛な場です。 息子なりにきちんとしてもらおうと 息子の背中に手を添え誘導します。 すると、 息子は私の手を払いのけ、 抵抗し始めます。 あっ、 また抵抗が始まった。 そう思いましたが、 今は、厳粛なお葬式の場です。 人様も見ている、 ここはきちんと 焼香してもらわねば。 息子に 「彰ちゃん、ちゃんとしようね」 と言い、誘導し…

  • 散らかし始めた子にどうかかわるか?

    息子の姿を見て気づいたり、学んだりすることが たくさんあります。 息子は言葉があまりわからず、 声も発せないため、 いつも自分の内面と対話し、 自分の心や魂とつながっているようです。 そのため、 普通とは違う行動をとることがあり、 その行動に対しての周りの人の対応から 学ぶこともあります。 楽しそうに鯉にエサをやる息子・彰悟 息子が特別支援学校小学部低学年の時の話です。 秋も終わりに近づき、枯れ葉が舞い散る季節、 子ども会で公園清掃がありました。 子どもたちみんなで枯れ葉を集め、 掃除が終わろうとしていた時のことです。 公園の中央には 小高い山のよう集められた枯れ葉があります。 息子はその前に…

  • 表彰されても喜ばない息子を見て感じたこと

    息子の作品が表彰されることがあります。 私は「彰ちゃんやったね~!」 と言って喜ぶのですが、 息子は関心がないようです。 書道教室や絵画教室での創作活動は めちゃめちゃ楽しそうにしていて、 息子にとってはその瞬間の喜びだけで充分のようです。 書を楽しむ息子・彰悟 昨年、一昨年は、 福岡市障がい児・者美術展(福岡コアサイドアート)で 2年連続コアサイドアート賞を受賞。 2017年コアサイドアート賞「生命の誕生」 2018年コアサイドアート賞「いのちのはじまり」 4年前には、 書道の作品が地元の松島公民館で館長賞を受賞。 2015年松島公民館館長賞 松島公民館館長賞 表彰状 私にとってはありがたく…

  • 純粋に楽しむ絵画教室

    今日は絵画教室の日。 今日の絵画教室の息子・彰悟 福岡市立東障がい者フレンドホームの 絵画教室に通い始めて5年半になります。 元々家でも、クレヨンでぐるぐるお絵描きをしていました。 絵画教室初日、クレヨンで描く息子・彰悟 こんな感じで。 フレンドホームの書道教室には前から通っていて、 息子は楽しそうに書をしています。 そこで絵画教室もあることを知り、 楽しみの場を増やそうと絵画教室にも行くことに。 毎回、お題やお手本はあるのですが、 息子にはまったく関係ありません。 自分の好きなように描きます。 先生も優しく素敵な方で、 息子の特性に合わせて道具や材料を用意してくれます。 心の思いのまま、 何…

  • 不機嫌な表情もなく、ただ受け容れる

    息子のじっと待っている姿に 「凄いなぁ~」と思うことが度々あります。 6年前、息子が特別支援学校高等部の時のこと。 私は法人のお客様のコンサルティングの仕事中。 夕方近く、妻からメールがきます。 「体調が悪く、病院に行きます」 息子は呼吸器機能障害で 気管切開しているため痰の吸引が必要。 預けるところもないので、 妻と一緒に病院に行きます。 私は気になりながらもお仕事。 終わったのは夜8時半頃過ぎ、 その後、病院に向かいます。 夜9時頃に病院に着くと、 息子は待合室の椅子に腰かけています。 妻はまだ色々と検査中。 するとタイミングよく 妻が検査室から出てきて 病状や検査の状況を聞きます。 調べ…

  • 物欲がない

    息子は物欲がほぼありません。 本屋さんやおもちゃ屋さんに行くと、 いろんな商品を興味深く見ています。 DVDを見る息子 独特のスタイルで本を見る息子 一つの本を手に取って まじまじと見つめていることもあります。 本を手に取る息子 欲しいのかな? と思って、 「いる? 買っていいよ」というと、 息子は手を左右に振って、 いらない、いらない。 のジェスチャー。 大好きなワンワンのコンサートの キャラクターグッズ売り場でも、 興味深そうに商品を見ます。 キャラクターグッズを見る息子 私が「買う?」と聞くと そこでも息子は、 いらない、いらない。 のジェスチャー。 いろんな場面で これまで何度も息子が…

  • 右手でお箸、左手は○○。自然な食べ方は?

    息子はとってもおいしそうに ニコニコ笑顔で食事をします。 食べる時に使うのがエジソンのお箸。 普通のお箸を使うのが難しいので、 エジソンのお箸を使っています。 エジソンのお箸 通常は幼児のお箸トレーニングのためのお箸ですが、 多分、息子の場合は、 ずっーとエジソンのお箸を使いそうです。 実はそのお箸以外に使っているものがあります。 食べ物の種類によっては、 フォークやスプーン。 それだけじゃありません。 左手、素手です。 右手でお箸を持ち、 左手はそのまま手づかみで食べます。 種類にもよりますが、 果物は手づかみが多く、 サラダの野菜、キュウリやトマトやなども手づかみ。 息子は、 右手はお箸で…

  • 抵抗する息子が私に気づかせてくれたこと

    息子と一緒にいると気づくことがたくさんあります。 8年前ぐらいのことです。 お風呂から上がり、 息子の頭をバスタオルで拭いていました。 いつもは、じっと拭かれている息子が、 急に抵抗し始めます。 バスタオルを「あっち行け」という感じで、 投げ捨てようとします。 「えっ、どうしたんだろう?」 私も戸惑います。 以前の私だったら、 「嫌がらず我慢してね。すぐ終わるから」と言って、 抵抗する息子に自分の気持ちを押しつけていました。 でも、息子と一緒に過ごす中で 私も少しづつ変わっていきます。 息子は私に何かを教えてくれているかもしれない。 「どうして抵抗しているんだろう?」 自分に問いかけると 自分…

  • 長~い「いただきます!」の理由は?

    息子は「いただきます」が異常に長いです。 普通でも2、3分。 長い時は10分ぐらいしています。 「いただきます」している息子・彰悟 先日、家族一緒に夕食を食べ始め、 10分後には妻は食べ終えてましたが、 息子は「いただきます」中でした。(笑) 実家に帰ったり、普段一緒に食事をしない人と食事すると、 「彰ちゃん、食べていいよ~」 ってよく言われます。 遠慮しているわけではないのですが。😅 ご飯おかわりする時も、 お味噌汁おかわりする時も、 手を合わせて再び「いただきます」。 そうじゃない時も気づいたら 「いただきます」。 食後のデザートでプリン🍮食べる時も 再度、手を合わせて「いただきます」。 …

  • ここまで大事に使うとは!

    息子と一緒にいると感心させられることが沢山あります。 息子とは福岡市立東障がい者フレンドホームが運営する 障がい者向けの絵画教室と書道教室に通っています。 絵画教室は月2回、書道教室は月1回。 絵画教室ではクレヨンを使うときもあります。 絵画教室でクレヨンを使う息子 使い続け、ある程度小さくなると処分しますが、 息子は使えなくなるまで使い続けます。 クレヨンが物体としてなくなるまで使うのです。 その写真がこれ。 なくなるまで使うクレヨン 右側の茶色は米粒ほどの大きさ。 その隣の赤は使いきってなくなりました。 最後は、人差し指の先で紙の上に挟まれた感じで クレヨンの寿命をまっとうするように使いき…

  • 言葉のない息子が喜ぶ姿で伝えるメッセージ

    息子が一番喜んでくれるのが、 「おかあさんといっしょ」や「ワンワン」のコンサートやショー。 今年2月大阪ワンワンステージでの記念写真 特に大阪城ホールや横浜アリーナである スペシャルステージは超ハイテンション。 歌やダンスに合わせて、ノリノリで体を動かし めちゃめちゃ喜んでくれます。 今年2月、大阪のスペシャルステージの時は、 特にその喜びようが大きかったです。 今年2月大阪ワンワンステージでノリノリの息子① 今年2月大阪ワンワンステージでノリノリの息子② 今年2月大阪ワンワンステージでノリノリの息子③ 今年2月大阪ワンワンステージでノリノリの息子④ 夜、ホテルについてもず~っとニコニコ笑顔。…

  • 記念写真を撮らせない息子から気づいたこと

    今日はこのブログを始めて2日目。 昨日からいつにも増して大好きな息子とのことを ずっと考えてワクワクしています。(*^_^*) 家族旅行や息子と一緒にお出掛けすると、記念にみんなで写真を撮ります。 息子は、写真を撮る場所には行ってくれるのですが、 なかなかカメラの方を向いてくれません。 というか、いつもどこか違う方向を見ています。 表情も笑顔はなく、どちらかというと変な表情です。 前を向いてくれない息子 私がカメラを指さして「あっち見て」と 言っても、まったく私の期待に応えてくれません。 せめて表情だけでも普通にしてくれればと いつも思っていました。 家族みんなの記念写真で、 息子がカメラ目線…

  • はじめに、私の人生を導いてくれた天使のような息子

    はじめまして。 田中伸一です。 私には23歳になる息子がいます。 とってもかわいくて、人間的にも尊敬していて、 私の人生を導いてくれる天使のような存在です。 数日前の家族旅行、奈良公園・東大寺前で 息子はダウン症で、生後2カ月で声を失いました。 呼吸器機能障害で気道が塞がり、 笑い声や泣き声も出ません。 気道の下の方に穴を開ける気管切開の手術をし、 そこから呼吸をしています。 (写真の首の下の白いガーゼ部分) はじめは息子の将来が不安でした。 でも、息子と過ごしていく中で、 私には到底耐えることのできない困難を受け入れ 生きていく息子の姿に、尊敬の念を抱くようになります。 仕事も、息子の病院や…