searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

しょうちゃんパパさんのプロフィール

住所
福岡市
出身
嘉麻市

ダウン症、呼吸器機能障害、言語障害のある息子のお陰で、人生で大切なことをたくさん学びました。人生観・仕事も変わり、毎日を楽しく心豊かに生きていくことができるようになり、私の人生を導いてくれて息子に心から感謝しています。

ブログタイトル
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
ブログURL
https://tanaka-shinichi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
障がいのある息子のお陰で人生で大切なことをたくさん学びました。仕事も生き方も変わり、毎日を幸せに楽しく生きることができるようなった父が綴る気づきのブログ。
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、しょうちゃんパパさんをフォローしませんか?

ハンドル名
しょうちゃんパパさん
ブログタイトル
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

しょうちゃんパパさんの新着記事

1件〜30件

  • 息子に学ぶ「無私な生き方」

    当代随一の経営者、稲盛和夫さんの本や 人間学の本を読んでいると 「無私な生き方」って素晴らしいと いつも思います。 私たちの多くには程度の差こそあれ 私心・我欲・エゴと言われる 自分の利益を考える心があります。 それが、 心が磨かれ、 人間的に成熟していくと 私心がなくなり、 無私の心、無私な生き方になっていきます。 私心がないとは、 私たち表面的な一個人の心ではなく、 その奥深くの「真我」と言われる 万物根源の神・仏・宇宙とつながった状態です。 「無私な生き方」は 人間としての最終ゴールの生き方のように思います。 そこで、いつも思うのが息子の存在。 息子には 私心・私欲・エゴはまったく感じら…

  • 爽快・夏ART!!

    今日は絵画教室の日。 息子のお楽しみの一つです。 いつも思いますが、 筆を握り、描いていく息子の姿を見ていると 本当に楽しそうです。 集中しているようにも見えるし、 遊んでいるようにも見えます。 ARTの神さまが入っているようです。(笑) 今日のテーマは、 なし(自由) 好きなものを好きなように描きましょう。 です。 息子の場合は、 常にそうですが。(笑) 今月2回の絵画教室で仕上げた作品を 12月の福岡市障がい児・者美術展 コアサイド・アートに出展します。 どんな作品を出展するか楽しみです。 今日の私の一番のお気に入りは 夏らしく爽快に仕上がりました。 他の作品も私の心を惹きつけます。 途中…

  • 違いがあるから自分がわかるんだ。

    息子との心の対話を数年前からやっていて、 2年前からは、それを書きとめています。 息子との心の対話で 「紹介したいな~」 と思ったことを時々ブログ記事にもしています。 すると、知り合いの方に 「息子さん、 いいこと言っていますね」 と言われることがあります。 私も同じ息子の言葉に 「なるほど! そうだよね」 感心することも多いです。 ただ、 息子は声も出せないし、 言葉も文字もほとんどわかりません。 私が心の中で、 息子と対話しているだけなので、 本当に息子がそう言っているかは、 確認しようがありません。 (私には、そう思えるのですが) なので、 息子のことを詳しく知らない方には、 毎回、その…

  • 宇佐神宮事件、息子の目に見えない力

    息子が生まれてからの物語115話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 2015年5月、 思い立って宇佐神宮に行くことにした。 宇佐神宮は大分県宇佐市にあり、 全国に4万社以上ある八幡様の総本宮だ。 私がこども時代に一度行ったことはあるが、 大人になって行ったことはなく、30数年振りだ。 自宅からは、車で2時間ちょっとかかる。 ちょっとした家族旅行だ。 息子はドライブが好きで、 普段通らない道を通るときは、 周りの景色を興味深そうに見ている。 宇佐神宮の駐車場に着いた。 「しょうちゃん、 宇佐神宮に着いたよ」 ほとんど無反応な息子。 私と妻は車から降り、 息子の座ってい…

  • 不満を感じる私とそのままを受け容れる息子

    息子とは毎日一緒にお風呂に入っています。 息子の身体や頭を洗いながら 話しかけたりするのは 私の日常生活の一部です。 ただ、時々 早くしてくれないかな~。 と思うときがあります。 私が先にお風呂に入り、 息子を呼ぶのですが、 息子が服を脱ぎ、浴室に入るまでが長い。 浴室に入ってから お風呂に浸かるまでが長い。 身体を洗おうと お風呂に浸かっている息子に声掛けして 息子が洗い場に出るまでが長い。 それぞれ数分かかり 長い時は3つの待ち時間あわせて 30分近く待つこともあります。 息子はその間、 身体を前後に動かしながら (体幹トレーニングにもなるのですが) 自分の世界にいたり、 お風呂に浸かって…

  • 宝当神社。私にとっての一番の大当たりは?

    先日、生れて初めて宝くじを購入。 理由は、最近 色んな抽選で当選することが多く、 運がいいように感じ、 運だめしで宝くじでも買ってみよう! ということになったので。 そこで、せっかくなので、 宝くじ当選祈願で有名な神社 佐賀県唐津市の宝当神社へ行ってきました。 唐津までは自宅から車で1時間。 唐津城前の駐車場に駐めて、 橋を渡り、船乗り場へ。 船に乗って10分、 宝当神社のある高島へ到着。 船乗り場から徒歩1分の距離に 宝くじ売り場があり、宝くじ購入。 そこから1分の距離に宝当神社。 境内には 宝が当たる宝当神社 と看板もあります。 考えてみると 私にとって一番の宝は息子。 息子が私の子として…

  • ぼくはね、自由なの。

    今日のブログは息子との心の対話です。 息子は気道と声帯が塞がっているため 声を出すことができず、 言葉もあまりわかりません。 文字もわかりません。 そんな息子と気持ちをわかりたいと 色々と学び、取り組み、 数年前から息子と心の対話を始めました。 2年前からはその内容を毎日記録しています。 本当に息子がそう思っているかは 確認できないので、 私の妄想かもしれません。 でも、 私たちの意識の下には潜在意識があり、 潜在意識の下には集合的無意識があります。 集合的無意識では すべての意識が繋がっているので、 そこを通じて息子と心が繋がっている と思っています。 ・・・・・・・・・・・・ (青が息子、…

  • 2021年上半期人気記事アクセスランキング

    今年も早いもので半年経過。 この半年で大きな出来事が二つあります。 一つは、 息子の初個展『ART THE SHOG』の開催。 新聞4紙の記事にもなり たくさんの方に観に来ていただき 大きな反響がありました。 リクエストも多数いただいたので 来年、2回目の個展を開こうと思っています。 もう一つは初孫の誕生です。 息子から見るとお姉ちゃんの娘なので、 姪になります。 初孫は、まだ赤ちゃんで本当にかわいいです。 息子もかわしいし、孫もかわいいし、 一緒にいるだけで優しい気持ちになれます。 どちらもブログで紹介しています。 このブログは毎月10記事投稿していて この半年で60記事あります。 その中で…

  • アマビエの口から○○&書道教室で息子用の○○

    この前の日曜日は3か月振りの書道教室。 緊急事態宣言が解除されて久々です。 先週の絵画教室も久々で はちきれんばかりに楽しそうな息子でしたが、 今日は普通に楽しんでくれました。 毎週あるのもいいですが、 ずっとお休みで、 久々に楽しむのもいいです。 教室に行くと職員の方に、 「アマビエの絵見ました?」 と尋ねられます。 「いえ、まだ」 実は、緊急事態宣言中に、 絵画教室の生徒全員で合作の アマビエの塗り絵をしていました。 教室には通えないので、 大きなアマビエの絵をハガキ大に切り分け、 教室から生徒全員に郵送。 自宅に送られた絵は、 アマビエの一部ですが、 全体がわからないので、 どの部分かは…

  • ぶどうの樹でゆったりと。

    先月の息子の25歳の誕生日と初個展を終え、 お祝いとお疲れ様会もかねて 岡垣町のぶどうの樹に泊まりに行ってきました。 ぶどうの樹は初孫のお宮参りの時の食事会で 初めて行ったとっても素敵なところで、 私のお気に入りの場所に。 週間天気予報では、 雨の予報だったのですが、 ほぼ雨は降らず、 天気にも恵まれました。 宿泊施設の杜の七種(もりのななくさ)には ぶどうやなしもなっています。 (勝手に収穫はできませんが) 施設内のお花もキレイ。 ターシャ・テューダーのお庭のようです。 息子と記念写真。 食事もとっても美味しかったです。 (私はベジタリアン対応してもらいました) イス、ソファーに座ってくつろ…

  • 息子の初個展『ART THE SHOGO』盛況終了ありがとうございました。

    息子の初個展ART THE SHOGO 無事盛況に終えることができました。 皆さま、ありがとうございます。 期間は6月1日~30日までの1カ月間、 会場は香椎参道Nanの木 (カフェのギャラリー展示スペース)。 SNS(ブログ・Facebook・インスタ)で告知と ありがたいことに新聞4紙の記事になり たくさんの方にご来場いただきました。 お友達やご来場された方にも SNS等でもご紹介いだき本当にありがたいです。 元々は個展など考えてもいませんでしたが、 知り合いから個展を勧められて 会場も紹介していただいたのがきっかけです。 それが多くの方に見ていただき、 会場においていたミニノートには た…

  • 楽しさ倍増!! 絵画教室

    昨日は久々の絵画教室。 緊急事態宣言が解除されて2か月振りです。 教室に着いて、 準備中は大人しくしていた息子がですが、 準備が終わり筆を持つと、 ニコニコ笑顔満開!! 筆を楽しそうに トントントントン!! 筆に水を含ませ シュシュシュシュ!! 息子のアート劇場が始まります。 いつも楽しそうにしていますが、 2か月振りなので、 楽しさ倍増です!! いつも通りの頑張るポーズも。 青い絵の具が腕に(>_<) 途中、 イスに座ったまま 飛び跳ねたり 本当に楽しそうで、 見ているこちらまで 笑顔と幸せな気持ちになっていきます。 今日の絵画教室のテーマは 『自由』か『夏』。 息子はテーマに関係なく 絵画…

  • 息子25歳の誕生日、しょうちゃん、ありがとう!

    昨日、息子が25歳の誕生日を迎えました。 家族の誕生日には、 いつも誕生ケーキでお祝いしますが、 息子は誰の誕生ケーキでも 自分がお祝いしてもらっているかのように 喜んでくれていました。 でも、 2、3年前ぐらいからは、 私や妻の誕生日の時には、 自分のお祝いじゃないとわかるようで、 特別に喜ぶ感じではなく、 ケーキだけ美味しそうに食べています。 家族みんなの誕生祝いを 自分のことように喜ぶ息子もかわいいですが、 自分の誕生祝いじゃないとわかる息子も 成長したな~ って喜ばしいです。 (魂レベルは私よりも遥かに高いのですが、 現世での社会一般的な見方での成長です) この1年を振り返ってみると、…

  • 前世での息子との関係は?<前世療法>

    息子が生まれてからの物語114話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 2015年4月の終わりに前世療法を受け、 前世での息子との関係について知ることになる。 2008年に プロコーチ・人材育成コンサルタントとして 独立後、『生きがいの創造』という本に出会い、 障がいのある息子のことを 困難な人生を生きる魂のチャレンジャーとして 心から尊敬するようになった。 飯田史彦さんの『生きがいの創造』シリーズや 関連本10数冊を読み、 生まれ変わりについて関心が深まる。 その後、 ブライアン・L・ワイス博士の 『前世療法』を知り、 シリーズの本も読んでいく。 2015年4月に そ…

  • 息子の人生、お楽しみはこれからだ!

    息子が生まれてからの物語113話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 2015年3月、 特別支援学校高等部の卒業式を終え、 息子の進路である障がい者支援施設に 通い始めるまで2週間の春休みになる。 この間、息子の卒業祝いもかねて、 初めての富士山へ家族旅行に行った。 富士山への旅行と言っても 富士山に登るわけではないが、 富士五湖近くのホテルに泊まり周辺観光をする。 私や息子以外の家族は、 近くで見る富士山の美しさと壮大さに感動。 息子は初めての場所で 興味深そうにしているが、 大きな感動を味わったかはわからない。 でも、初めて見る景色は好きなので、 きっと喜んでくれ…

  • 何で私が怒られるのか?

    数年前、 普段行くことのないスーパーで、 息子と買い物をしていた時のこと。 息子を見ると トイレに行きたそうな気配を感じます。 息子は声を出せず、 自分の意思を伝えることが難しいのですが、 なんとなくの様子で伝わってきます。 息子をトイレに 連て行かなきゃ! でも店内は広く、 トイレがどこにあるかわかりません。 万一、トイレに間に合わなかったら と少し焦りながら探し、 やっとトイレを見つけます。 ホッとしたその瞬間、 「えっー!」 【掃除中】の表示が。 掃除のおばさんにお願いして トイレを使わせてもらおうとしたら、 「掃除中なのでダメ。 別のトイレに行って!」 と言われます。 トイレ掃除中でも…

  • 息子は私にとって『人生の扉をひらく「万能の鍵」』

    本を読んでいると、 息子のことだ! と思うことがよくあります。 私の好きな本でそう感じる本の1つが 人生の扉をひらく「万能の鍵」 著者はラルフ・ウォルドー・トライン。 10年以上前に購入した本で、 本の帯には 世界二十数カ国で翻訳・400万部を売り上げ、 いまなお読み継がれている 100年越しのロング・ベストセラー と書かれていて、 世界中で読まれているのが納得の1冊です。 私もマーカーで線を引いたところを中心に 時々読み返しています。 考え方を教えるのではなく、手本を示しなさい。説教するのではなく、実践してみ せなさい。言葉ではなく、行いでみせなさい。どう生きるべきかを理屈づけるので はなく…

  • どうしたら気持ちが通じ合えますか?

    「どうしたら子どもと 気持ちが通じ合えますか?」 私がこうして息子とのことを発信してると 尋ねられることがあります。 色んな考え方があって、 色んな親子がいるので、 これが正解というのはないと思うのですが、 私と息子のかかわりはこうです。 息子は障がいがあり、 声を発することもできないし、 文字もわかりません。 息子から自分の意思を伝えることは 難しいです。 息子の気持ちを わかることはできない。 昔はそう思っていました。 ですが、 息子が成長し、 息子の気持ちをわかりたい という思いが強くなっていきます。 息子は 何を考えているんだろう? でも、どうしたらいいかわかりません。 そのうちに、 …

  • 毎日新聞の記事に『感じたまま 思いのまま 自由に表現』

    6月開催中の息子の初個展 『ART THE SHOGO』 本日は毎日新聞にも記事にしていただきました! 毎日新聞2021年6月12日朝刊福岡版筑後版 息子の正面を向いた普通にかわいい表情 (親バカな表現ですが(>_<))の 写真を撮るのは、かなり困難なのですが、 何度も撮影していただき 奇跡的にかわいく(親バカです) 撮っていただきました。 ありがたいです。 毎日新聞のネット記事にもなっています。 朝日新聞、読売新聞、西日本新聞に続き 毎日新聞で4紙目となり、 福岡で発行されている新聞には ぼぼ掲載していただき本当にありがたいです。 新聞を読み、観に来てくださる方も多く、 会場に置いているミニ…

  • 初個展、西日本新聞の記事に『伸びやか 色彩豊かに』

    6月開催中の息子の初個展 『ART THE SHOGO』 たくさんの方からお祝いやご感想、 応援メッセージいただき 大変ありがたく思っています。 感謝いたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 『ART THE SHOGO』 2021年6月1日~6月30日 香椎参道Nanの木 (カフェのギャラリー展示スペースにて) 福岡県福岡市東区香椎1丁目3-31香椎参道 Tel 092-201-2201 営業時間 10:00~18:00 店休日第1・第3木曜日 個展の詳細はこちらです。 そして本日、 西日本新聞に息子の初個展を 記事にしていただきました! 『伸びやか 色彩豊かに』 西日本新聞2021年6…

  • 最後の卒業式、愛を放つ息子②

    息子が生まれてからの物語112話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 前回の続きなので、 お読みでない方は必ずお読みください。 特別支援学校高等部の卒業式を終え、 教室での時間も終え、 いよいよ、みんな校庭に出て最後のお別れ。 息子は声も出せないし、 自分から他の人に働きかけることも ほとんどない。 家族で卒業記念写真を撮って 終わりだと思っていた。 だが、 「しょうちゃん」 「しょうちゃん」 と同級生のお友達の何人もが 息子に声を掛かてくる。 「しょうちゃん、 一緒に写真撮ろう」 特別支援学校は 何らかの障がいのある子ばかりだが、 息子と比べると ほとんど普通の子と…

  • 初個展スタート! 読売新聞の記事に『絵画や書 自由な世界』

    息子の初個展 『ART THE SHOGO』 が6月1日からスタートしました。 個展の詳細はこちらです。 個展前の2日間、 私は準備にかかりっきりで、 6月1日なんとか、 無事にスタートすることができました。 初日は息子も会場に連れて行きましたが、 自分の作品が飾っているという 認識はあるのですが、 特にどうという感じはありません。 息子は絵画や書を描くときを 楽しんでいるだけで、 それが飾られるとか褒められるとかは 興味はありません。 基準は外側ではなく 自分の内側にあります。 なかなかこうなるのは難しいのですが、 私が息子を尊敬するところの一つです。 そして、個展初日は、 なんと新聞社3社…

  • 宗像大社で鯉のエサやりをしようとするが、池の水が!

    先日、初孫のお宮参りに行きました。 神社は宗像大社。 自宅から車で1時間の場所ですが、 2か月連続で宗像大社へ参拝です。 宗像大社での息子のお楽しみは、 鯉のエサやり。 と思っていたんですが、 えー! 池の水がありません。 鯉もいません。 と思ったら、 池は参道から右側と左側にあり、 いつも鯉のエサやりする左側だけ 水が抜かれていて、 反対の右側には水があり、 鯉もいました。 ほっ。 「しょうちゃん、 よかったね」 と息子を見ますが、 息子はまったく動じていません。 流石、私の師匠です。 鯉のエサを買った後は、 いつも通りのエサやりを楽しみます。 右手、左手、両手投げ。 息子を見てると私まで楽…

  • 朝日新聞の記事に『飾らない筆選び 力強く』

    来月6月の息子の初個展を 朝日新聞様に記事にしていただきました。 2021年5月28日福岡県版の朝刊です。 また、 【朝日新聞デジタル】 【 Yahoo!ニュース】 のネットニュースにもしていただきました。 息子の個展をこんなに大きく取り上げていただき 本当にありがたいです。 最初に書道教室に通い始めたのが11年前、 「息子を楽しませてあげたい」 と思っていただけなのですが、 こうなるとは想像すらできませんでした。 記者様には息子の作品を数点見ていただき、 記事には 抽象的なダイナミックな作品は ダイナミックでエネルギッシュ ダイナミックで自由な作風からは、 飾らないありのままの生き方が伝わる…

  • 最後の卒業式、愛を放つ息子①

    息子が生まれてからの物語111話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 2015年3月。 12年間通った特別支援学校での 小学部、中学部につづき高等部での 最後の卒業式。 この日は心に残る1日になった。 私から見ると 息子はとってもかわいくて、 同時に私の人生を導いてくれた 師匠のような存在でもある。 息子といると 息子が何もしていなくても 自然と笑顔になり、 心が安らぎ、癒されていく。 息子は 気道が塞がり呼吸できなかったり、 度重なる苦しい気管の手術を受け、 声を発することもできず、 数々の試練を乗り越えてきた。 そして、 物欲も承認欲求もなく、 いわゆるエゴ(利己…

  • 「無理をしない」そのままの自分でOK!

    毎日、息子と心の対話をしています。 目の前に息子はいなくて、 私が呼吸を整え、 意識を澄ませて、 心の中の息子と向き合います。 私が息子に問いかけることもあれば、 自然と息子が私に 何かを言ってくるような時もあります。 息子が本当に言っているのかは確認できず、 私の妄想の可能性も高いのですが、 私の大切な毎日のルーティンの1つです。 私が忙しくしているときは、 息子との心の対話で、 気持ちが落ち着くことも多いです。 息子との対話をしているつもりですが、 自分の中の深い部分と 対話しているような気もします。 今日の息子との心の対話です。 (息子が青文字、私が黒文字) おとうさん、 もっとのんびり…

  • 4年振りの入院。苦痛や困難に耐える姿を見ると…。

    息子が生まれてからの物語110話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 特別支援学校高等部卒業間近の2015年2月。 息子が4年振りに入院した。 息子の気管孔の最後の手術が12歳で 大きな手術と入院はそれが最後。 その後、14歳とそれから4年経ち 今回18歳で入院することとなった。 入院理由は虫歯の治療。 入院といっても日帰りの入院だ。 通常は歯茎に局所麻酔をして治療するが、 息子の場合は、抵抗がかなり激しく とてもできる状況にない。 少し大きな虫歯の治療は 全身麻酔をさぜるを得ない。 全身麻酔は身体に負担がかかるので、 安易にできず、虫歯の治療もまとめて行う。 息子は…

  • 筆を握らない書道教室の息子

    息子が生まれてからの物語109話目。 前回の続き。 『息子の誕生』←ここからスタートしてます。 2014年12月、 息子は特別支援学校高等部3年生。 翌年から通う障がい者支援施設の もちつき大会に参加した翌日に 年内最後の書道教室があった。 いつもは最初から筆を振り回し、 存分に楽しむのだが、 この日はなぜか筆を握ろうとしない。 書道教室に通い始めて4年が過ぎ はじめてのことだ。 何でだろう? 理由はわからないが、 今の自分の気持ちを感じているようだ。 今は書きたくない。 私に何かを訴えているかもしれない。 振り返ると、 朝、息子とは別のことで ちょっとしたトラブルがあり、 息子もそのことを気…

  • 息子の初個展『ART THE SHOGO』開催のお知らせ

    来月、息子の初個展を開催します。 こういうご時世なので 個展の開催を迷ったのですが、 色々と考えた末、 開催することにしました。 2年前の夏に、 知り合いに息子の個展を勧められ 会場となる香椎参道Nanの木を 紹介していただきました。 香椎参道Nanの木は 自宅から2kmの距離にあるカフェ。 カフェ壁面のギャラリー展示スペースに 常時様々な方の作品が展示されています。 展示料は無料で、 1か月単位で予約を受付ているのですが、 1年近く先まで埋まっています。 なので、当時(2019年)からすると 1年先(2020年)の6月に空きがあり、 息子の誕生月が6月でもあり、 ちょうどいいタイミングと思い…

  • 初孫誕生! 人生を体験し、感じて、生きていこう。

    先月、娘が女の子を出産しました。 私はおじいちゃん、 息子はおじさんになりました。 私にとって初孫で、 ちっちゃくて本当にかわいいです。 娘は里帰り出産で 今はかわいい赤ちゃんと一緒に暮らしています。 かわいい息子とかわいい孫に囲まれて幸せです。 「あぁ~」 「えぇ~」 という泣き声もかわいくて、 赤ちゃんが泣いたら ついマネしたくなります。 息子は生後2か月で 声が出せなくなりましたが、 息子が赤ちゃんの時の泣き声も かわいかったな~って 思い出してしまいます。 赤ちゃんは まだ寝ている時間がほとんどですが、 起きてる時に抱っこしていると、 パッチリお目々を見開いて、 まわりを興味深そうに見…

カテゴリー一覧
商用