searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しょうちゃんパパさんのプロフィール

住所
福岡市
出身
嘉麻市

ダウン症、呼吸器機能障害、言語障害のある息子のお陰で、人生で大切なことをたくさん学びました。人生観・仕事も変わり、毎日を楽しく心豊かに生きていくことができるようになり、私の人生を導いてくれて息子に心から感謝しています。

ブログタイトル
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
ブログURL
https://tanaka-shinichi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
障がいのある息子のお陰で人生で大切なことをたくさん学びました。仕事も生き方も変わり、毎日を幸せに楽しく生きることができるようなった父が綴る気づきのブログ。
更新頻度(1年)

244回 / 334日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2019/09/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しょうちゃんパパさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しょうちゃんパパさん
ブログタイトル
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ
更新頻度
244回 / 334日(平均5.1回/週)
読者になる
自分らしく幸せに生きる 声を失ったダウン症の息子と生きて人生が変わった気づきブログ

しょうちゃんパパさんの新着記事

1件〜30件

  • 危険にも思えた息子が首かっくんする理由は?

    息子は時々、 首をかっくんさせます。 あごを前に出し、 首の後ろの筋肉の力を抜き、 頭が前方に カクッ! と落ちるような動きです。 一度に数回繰り返します。 実家での息子・彰悟 息子は、赤ちゃんの時に気管切開の手術をし、 その後何度も気管の手術をしました。 7歳の時の気管の手術後の処置中の抵抗で、 環軸椎回旋位固定という首の捻挫になり、 首をけん引されたり、 しばらく首を右に傾げた状態も続きました。 なので、 息子が首をかっくんさせる動きには ちょっと危険を感じたこともあります。 なんでこんな動きを してるんだろう? と考えたこともあるのですが、 息子がやることには何か意味がある、 と思い見守…

  • 打ち上げ花火! 息子の絵画はいのちの表現

    今日は絵画教室の日。 コロナ以降、 息子が楽しみにしている イベントの中止が続くなか、 息子が存分に楽しめる貴重な時間が 絵画教室と書道教室。 今日も筆を自由に動かし、 絵画を楽しんでくれました。 今日のテーマは『花火』。 息子にテーマは通じず(笑) 無関係に描いているのですが、 何となく伝わるのか、 こちらがそう思って見るからなのか、 今日の作品は『花火』に見えます。 夜空に見立てた黒い紙に、 打ち上げ花火の絵を描きます。 そして、打ち上がった花火。 何となく花火に見えます。 他の生徒さんは、 1枚の紙に丁寧に時間をかけて描きますが、 息子の場合は、 直感でどんどん描いていくので、 紙が足り…

  • じっーと見つめる息子、その先にあったものは!

    台所でポリタンクの水を ブルーソーラーウォーターのボトルに 入れていると、 息子がじーっと私の方を見ています。 珍しいなぁ。 「しょうちゃん、 水、入れるの興味ある?」 問いかけても 視線を変えずに じっーと見つめる息子。 何かあるのかなぁ? 4本のボトルに水を入れ終え、 流し台の上に置いていた ポリタンクを降ろします。 すると、息子が流し台に近づき、 そこに置いてあったコップを手に取り、 中の水をゴクゴク飲み干します。 あっ、そうか~、 水、飲みたかったんだ! それで、待ってたんだ! 息子はどんなことでも じ~っと待っています。 自分から要望を伝えることは ほぼありません。 ご飯のお代わりも…

  • もし虫歯で歯が痛かったら

    もし虫歯で歯が痛いときでも、 ただ耐えているのだろうか? 歯科検診で虫歯を治療した息子を見て ふと思ったことです。 妻が毎月定期検診に連れていっているので、 虫歯があればひどくなる前に、 治療はしてもらえています。 なので、虫歯で歯が痛くなることは 恐らくないと思います。 でも、 息子は体に痛みがあっても 私たちに伝えるのは難しいです。 つい先日、 息子の足に虫刺されの跡を見つけたのですが、 かなり掻きむしっていて、 大きく腫れていました。 そうとう痒かったんだろうと思います。 普通なら、自分から 「かゆいよ!」 と伝えて、 かゆみ止めを塗ったりできるのですが、 息子の場合は、できません。 声…

  • 存在することによって癒しを与えてくれる息子

    息子には気づかされることが たくさんありますが、 同時にいつも癒されています。 自宅で仕事中、 休憩する時の一番の癒しは息子。 「しょうちゃ~ん」 って呼びながら、 息子のそばに行き、 手を取ったり、身体をさすったりします。 息子は何も言いません(言えません)が、 私に手を合わせてくれたり、 時には、知らん顔(無視)をしますが、(笑) 私の心は癒され、 よっし、仕事頑張ろう! ってなります。 お風呂で息子のシャンプーを流す時、 息子は私の背中に手を回してくれて、 そこがじわぁ~と温かく癒されていき、 お風呂上がりの 気管切開している箇所のガーゼ交換の時も、 息子は左手で私の足をさすってくれて、…

  • 息子の買い物の儀式に隠されていた衝撃の気づき

    息子といると色んな気づきがあります。 今日のブログはスーパーでの買い物編。 息子とスーパーに買い物に行くと、 いつも儀式があります。 買い物カゴにお菓子や食品を入れるとき、 両手で商品を持って、 上下に数秒動かすという儀式です。 その後、買い物カゴに入れます。 息子は買い物カゴに入れるのが好きで いつもニコニコ笑顔で嬉しそう。 私が商品を手に取り、 買い物カゴに入れると 息子は残念そうな表情をするので、 できるだけ息子に商品をカゴに 入れてもらうようにしています。 先日、レジで並んでいる時に、 レジ近くに美味しそうなパウンドケーキがあり、 息子に 「しょうちゃん、それ取って」 とお願いしました…

  • 福岡県立社会教育総合センター様での講演会

    7月13日、福岡県立社会教育総合センター様で 講演『愛すること、学ぶこと、生きること』を させていただきました。 息子からの学びと気づきの講演は5カ月振り。 コロナの影響で、 2月下旬以降の講演会が見送りとなり 久々の講演です。 職員の方を対象にした講演で、 感染症対策もしっかりと行っています。 講演会のご感想です。 ご自身の実体験をもとにお話しされたので、非常に分かりやすかったです。障がいのお子さんを持つ田中さんだからこそ、辛い思いや苦しい気持ちを上手く伝えることができるんだと感心しました。息子さんを尊敬されていること、障がいがあることをプラスに捉える考え方など本当に素晴らしいと思いました。…

  • 何でもありのアートな書道

    今日は7カ月ぶりの書道教室。 書道教室は月1回、 コロナの影響で休講もありましたが、 私の都合が合わないこともあり、 本当に久々です。 息子も絵画と書道は違うので、 久々の書道を楽しもうと 最初からニコニコ笑顔で絶好調! 書道は筆で書くものですが、 息子の場合は、何でもあり。 筆はもちろん、墨を入れる容器や 先生が息子用に準備してくれた鳥の羽根まで。 文字を書くわけではなく、 ただ、思いのまま自由に道具を使って 書を楽しみます。 朱墨汁の墨入れ容器をひっくり返して それが赤い小鳥になります。 半紙が2枚重なったまま 息子が書こうとしていたので、 「あっ、しょうちゃん2枚よ」 と1枚にしようと思…

  • 2020年上半期人気記事アクセスランキング

    今年も半年を経過。 この半年を振り返ると、 コロナの影響で世の中激変。 息子がいつも楽しみしている ワンワンショーのイベントもすべて中止。 一方、外出自粛の影響で、 自分と向き合う時間が増え、 改めて自分の生き方を見つめ直しているところです。 (最近は通常に戻りつつありますが) 半年経ったところで、このブログの 2020年上半期の120本の記事の中で アクセスランキングベスト10を発表します。 【1位】なぜ息子はこんなに苦しむことになったのか? 【2位】「独立は失敗だった」ふさぎ込む私 【3位】「何でぼくは声が出ないんだろう?」口を動かす息子 【4位】もう声は出せない、あきらめ、そして受け容れ…

  • 息子の書いた七夕の願いごと

    今日は2週間振りの絵画教室。 本日のテーマは「夏(海)の絵を描こう」。 先生が描いた魚の絵に色を塗っていきます。 【9秒動画】 今日のテーマにピッタリの作品はこれ。 海を進むお魚 魚の絵ではありますが、 テーマ通りの「海」を描いているようです。 他の魚の絵も海を泳いでいるに見えます。 グッピー 次は熱帯魚の絵で、 色遣いも熱帯のアマゾンを連想させます。 アマゾン 魚以外も息子らしいユニークな作品です。 宇宙人の口からスプラッシュ アジサイ 次は4枚同時に描いた作品。 何の顔? 舞い上がるスプラッシュ 最後は、もうすぐ七夕なので、 みんなで短冊に願いごとを書きます。 息子に短冊とクレヨンを渡すと…

  • 私は息子の可能性を閉ざしていないだろうか?

    昨日のお風呂でのこと。 私が自分の身体を洗っていると、 背中がちょっとかゆいな~ と感じます。 そうだ! しょうちゃんに 洗ってもらおう! 息子に背中を向けて、 ボディタオルを肩にのせ、 「しょうちゃん、 お父さんの背中洗って~」 とお願い。 すると息子は、普通に 私の背中をゴシゴシ洗います。 途中で、楽しそうに泡遊びしますが。 自分で洗うのもいいけど、 息子に洗ってもらうと 気持ちいいし、嬉しい。 幸せです。 「しょうちゃん、ありがとう」 そこで、ふと振り返ります。 息子に背中を洗ってもらうのは、 何年振りだろう? 正確には思い出せませんが、 2、3年振りかも。 息子に背中を洗ってもらおうと…

  • 息子が24歳の誕生日を迎えました。

    今日は息子の24歳の誕生日。 誕生ケーキでのお祝いは、 一日早く、ゆっくりできる日曜日のお昼に。 息子もニコニコ笑顔で 誕生ケーキの前に座ります。 みんなで「ハッピーバースデー」を歌った後、 息子は口から息が出ないので、 私がロウソクの火を吹き消します。 「フーーーーー」 煙が息子に向かわないように、 息と手で煙を反対側へ。 美味しいケーキをいただきました。 息子は24歳になりますが、 小さい子のようなかわいさもあります。 数日前にお風呂で遊んでいる息子を じいーっと見ていたら、 私の視線に気づいた息子が 私に顔を近づけて、 私をじいーっと見つめ返してくれました。 それが、赤ちゃんの時のようで…

  • 拒否する息子が訴えていたことは

    絵画教室が終わり、 (前回の続きです) 汚れた手や道具を洗いに洗い場に。 絵の具がついている左手の甲 ハンドソープをつけてゴシゴシ洗います。 ですが、少し洗うと、 息子が突然手洗いを拒否。 「しょうちゃん、手洗うよ」 と言いながら、 息子の手洗いを手伝うのですが、 それも二度三度拒否する息子。 どうしたんだろう? あんまりしつこく洗いすぎると 嫌がることはあるのですが、 まだ洗い始めたばかりなのに。 とりあえず、 筆やパレットを洗って、 その後に息子の手を洗おう。 と、息子はいったんそのままに。 絵画道具を洗い終えて、 息子を見ると、 激しく体を前後に動かし、 何かを訴えるような表情。 あっ!…

  • 「無心」を感じる絵画教室

    昨日は2週間ぶりの絵画教室。 コロナ後、2回目。 いつも通り存分に楽しみました。【5秒動画】 息子を見ていると 「無心」 という言葉が思い浮かびます。 邪念がない。 ただ楽しむ。 見ている私もすがすがしく、 楽しい気持ちになっていきます。 今日の作品です。(作品下のタイトルは私の思いつき) エヴァンゲリオン 緑の馬に乗った黄色い騎士 優しい色 竜巻、天へ 原色アメーバ 飛び出すミドリムシ 踊る! 行進! 青いザリガニ 地獄めぐり 蒼 雷の元 一輪挿し 作品で絵の具の色が流れているように 見えるのは、実際に水を含んだ絵の具が 流れています。 こんな感じです。【5秒動画】 普通に考えるとめちゃくち…

  • 「幸せのヒント。生きる喜び」Facebookライブしました。

    昨日6月20日(土)朝10時~ Facebookライブにゲスト出演しました。 主催は、株式会社LITA代表取締役で PRプロデューサーの笹木郁乃さん。 https://lita-pr.com/ 笹木郁乃さんのFacebookグループ 「0円笹木郁乃/LITAサロン 〜PR・キャリア・チーム作り・起業・複業〜」 https://www.facebook.com/groups/261067371805980/ の中でのLIVEトークです。 話のテーマは、「幸せのヒント。生きる喜び」 このブログでも書いている 息子からの学びと気づきが中心です。 動画配信中に、笹木郁乃さんが画面下に キーワードを書き…

  • 自分が認識していることと本当のこと

    前回の続き。 昔の私は、 「知的障がい」というと、 何か劣っているという偏見を持っていました。 でも、息子と過ごす中で、 今は、劣っているのではなく、 「違い」をそう表現しているだけ と思うようになります。 世の中の多くの人は、 みんなが共通していることや 共通して持っている認識が 普通であり、正常だと思っている。 障がいは、 一般の健常者と言われている人が多数なので、 その違いをわかりやすく定義している。 今はそう思っています。 極端に言えば、 勉強ができる、できない。 スポーツができる、できない。 音楽や絵画ができる、できない。 と同じような感じです。 持って生まれたものもあるし、 そのこ…

  • 前回の続き。 昔の私は、 「知的障がい」というと、 何か劣っているという偏見を持っていました。 でも、息子と過ごす中で、 今は、劣っているのではなく、 「違い」をそう表現しているだけ と思うようになります。 世の中の多くの人は、 みんなが共通していることや 共通して持っている認識が 普通であり、正常だと思っている。 障がいは、 一般の健常者と言われている人が多数なので、 その違いをわかりやすく定義している。 今はそう思っています。 極端に言えば、 勉強ができる、できない。 スポーツができる、できない。 音楽や絵画ができる、できない。 と同じような感じです。 持って生まれたものもあるし、 そのこ…

  • 無意識に自分を優位に持っていこうする私とそのままの息子

    アンパンマンミュージアムでの息子・彰悟と私(6年前) 息子はダウン症で、 最重度の知的障がいと診断されています。 (呼吸器機能障害や音声言語障害もあります) わざわざ言うことはありませんが、 息子の知的障がいの程度を聞かれた時、 「最重度」ではなく「重度」と言っていました。 「最重度」と「重度」で あまり違いを感じる人は少ないと思いますが、 息子を「最重度の知的障がい」と言うのを 何となく避けていました。 何でだろう? 多分、私の先入観ですが、 最重度の方が、よくないイメージを持たれる と思っていたから。 でも、それは よくないイメージを持たれるのではなく、 実は私自身が よくないイメージを持…

  • 「ガシャン!」と音が、息子の反応から気づいたこと

    息子は少々のことで、 しまった~ 失敗した~ と思わないようです。 最近、お風呂に入る時は窓を少し開けています。 お風呂の窓には突っ張り棒につけた カーテンがあり、外は見えません。 そこで、息子はお風呂に入ると 毎日のようにカーテンを少しめくって 外を眺めます。 おそと どうなっているのかな~? という感じです。 先日のこと。 私が頭を洗っていると ガシャン! と音が。 カーテンをつるしている突っ張り棒が 外れています。 息子がカーテンをめくっていて、 突っ張り棒が外れたようです。 すぐに突っ張り棒を窓枠に取り付けます。 「しょうちゃん、 びっくりしたよね~。 ごめんね」 その後、洗いかけの頭…

  • パワー全開! 絵画教室

    今日は3カ月振りの絵画教室。 新型コロナの影響でしばらくお休みでしたが、 感染防止対策をしながら再開です。 机も間隔を開けて配置。 息子の場合は、筆からしぶきを飛ばすので、 元々、距離を開けていましたが、 今日からは新たな仕切りを設けてもらって、 息子専用ブースでの絵画教室となりました。 職員の皆さま、ありがとうございます。 息子はいつも通りパワー全開! 描いた後ゆさゆさする息子の7秒動画 絵画教室の息子ゆさゆさ20200607 4本筆を持ちバシバシバシする息子の4秒動画 絵画教室の息子バシバシバシ20200607 ちょっと冷静に考えると、 こんなに自由にさせてもらえる教室は あんまりないんじ…

  • 息子と私の関係は私と父の関係②

    前回の続き。 息子が生まれてダウン症と聞かされた時は、 息子の将来に不安を感じましたが、 1カ月もすると、あまり悲観的に考えずに、 今の息子との生活を大事にしていこうと 思うようになっていました。 これも、今振り返ると 父との関係が私のベースにあるように 思います。 息子が正式にダウン症とわかり 父に伝えた時も、 はっきりとは覚えていませんが、 特に不安を掻き立てられるような 話をされた記憶もありません。 私が息子に 受容・共感的な関わりをしているのは、 私が父から 受容・共感的な関わりをされていたから。 やはりこれが一番のような気もします。 「世代間連鎖」ということ言葉があります。 子どもは…

  • 息子と私の関係は私と父の関係①

    「うお~! しょうちゃん、すごいね~」 畳の縁の上にきちんと並べられた 小さく砕いたおせんべい。 思わず息子の発想の豊かさに驚きます。 息子は凄いな~。 私にはこういう発想がないな~。 しかも几帳面にきちんとに並べています。 2か月前ぐらいから、週の半分ぐらいは こうして遊んでいます。(遊びと言っていいのか、わかりませんが) ただ、この後は、 妻か私が掃除機をかける作業が発生しますが。 そんなことよりも、私にとっては、 息子が自由に自分を表現する方が大切です! 私がそう思うようになった理由を考えてみると、 息子は、目に見える部分では、 障がいがあり行動も制限されている。 なので、できるだけ自由…

  • 来週再開! 絵画教室

    新型コロナの影響でお休みだった 絵画教室と書道教室が6月から再開! いつも楽しんでいた息子なので、 来週日曜日、3カ月半振りの絵画教室は きっと喜んで描いてくれると思います。 どんな作品ができるかなぁ~ 息子は教室以外でも、 特別支援学校や現在の通所施設でも 先生や職員の皆さまサポートで 色んな作品を作っています。 かご飾り。 直径50cmのかごに、 息子が色紙を貼り付けた作品。 玄関に飾っていて、見ていると 色鮮やかで活力が湧いてきます。 ステンシルの作品。 どちらもかわいくて優しい気持ちになります。 ラミネート加工してリビングに貼ってあります。 書道のラミネート加工作品。 半紙ではなく紙質…

  • 息子はめちゃめちゃ体が軟らかい

    何でこんなに柔らかいの? と思うほど、 息子はめちゃめちゃ体が軟らかい。 私はストレッチを毎日のルーティンにして 体のケアをしているのですが、 息子の場合は、 赤ちゃんの時のハイハイを卒業して 座れるようになった時から、 日常的にストレッチしています。 今日の息子のストレッチの様子です。 ダウン症の場合の体の軟らかさは、 体質的に関節や筋肉の緊張が弱いためと 言われています。 それにしても、こういう動きを 毎日2、3時間ぐらいしているので、 めちゃめちゃ柔軟です。 こどもの頃のお昼寝している息子を見て 「うわぁ~、すごっー!」 と驚いたことがあります。 最初に見た時は、ビックリでしたが、 よく…

  • ぼくは自由だ!

    息子を見ていると、 自由だな~ って思います。(笑) 特に夕食やお風呂。 最近はどちらも2時間ぐらいかかります。 待ち長いですが、 息子の食事をじっと観察すると、 いただきますが長く、 右手でお箸を持ちながら、左手も使って食べ、 身体を前後に動かしたり、 その場で座りながらジャンプしたり、 めちゃめちゃ笑顔になったり、 ハイな表情で左手で左前方を指さしたり、 おどけた表情したり……。 めちゃめちゃ楽しそうに 半分遊びながらゆっくりと食事していて、 私たちが見えない霊と 会話しているのかのようです。 「しょうちゃん、何しよん?」 って聞くと、 とぼけたような表情をするので、 先日の「篠栗九大の森…

  • まるでジブリ!「篠栗九大の森」へ

    今日は息子と「篠栗九大の森」へお出掛け。 3年前ぐらいからSNSで「まるでジブリ」と 話題になり、大人気の観光スポットへ。 自宅から車で15分と近く、 一度行ったことはあるんですが、 駐車場が満杯で引き返し。 いつ行こうかと思っていたら、 新型コロナの緊急事態宣言が解除になり、 まだ人出が少なく、 新緑も綺麗ないいタイミングに。 北口駐車場から入り、 少し歩くと「もみじ広場」 新緑と青空が綺麗で気持ちいい。 少し進むと一番人気の「水辺の森」へ。 写真では何度も見ていますが、 「うわぁ~」 とため息が出るほど幻想的で綺麗。 本当にまるでジブリです。 「水辺の森」で息子の記念撮影。 写真を撮る場所…

  • 息子はあの世と通じやすい!?

    先週の土曜日、Eテレで 映画『若おかみは小学生!』を観ました。 評判通りの素敵な作品で、 私にとって「そうだな~」って 強く印象に残ったセリフがあります。 映画は、主人公の小学生おっこが 交通事故で両親を亡くし、 おっこだけが事故から助かります。 おっこは、おばあちゃんの旅館に引き取られ、 若おかみとして成長していく物語です。 旅館では、おっこだけ不思議な能力が あることがわかります。 ユーレイが見える。 ユーレイと話ができる。 ユーレイのウリ坊のセリフです。 「おっこは一度、 死にかけたさかいな。 あの世と通じやすう なったんかもしれへん」 このセリフが私の中で、息子とかぶります。 息子は赤…

  • 息子の無為な生き方

    息子のことだ! 本を読んでいるとそう思うことがよくあります。 『ブーバーに学ぶ 「他者」と本当にわかり合うための30章』 (斉藤啓一さん著)からの紹介です。 マルティン・ブーバーは、ユダヤ人でありながらイスラエルとアラブの和解のために生涯を捧げ、両民族から等しく尊敬された、偉大なる「平和の哲学者」。 他者と自己のうちに等しく「神」を見出す<我と汝>の思想は、アインシュタインをはじめ多くの偉人からの共感を得た。 たとえるなら、道の人とは、波に乗って進むサーファーのようなものである。 波が高ければ高いほど、荒々しく不安定だが、それにうまく乗れたサーファーは遠くまで運ばれていく。道に生きる人も同じよ…

  • 長風呂くんの息子は私の想いを…

    我が家で「長風呂くん」とも呼ばれている息子。 あまりに長風呂で待ちくたびれて 困ることもあるですが、 見方を変えると、困ったことでもなくなります。 その気づきによって 私自身、少しずつ成長している実感があるので、 息子の長風呂もありがたい。(*^_^*) 元々は、 限られた自由しかない息子の生活の中で、 少しでも楽しめる時間を作ってあげたい。 という私の想いから、息子に好きなだけ お風呂で遊ばせるようにしました。 それまでの息子は、 私と一緒にお風呂を上がっていたのですが、 私が上がった後もお風呂で遊ぶようになります。 最初は5分、10分ぐらいの遊ぶ時間が、 段々と長くなり30分を超えるように…

カテゴリー一覧
商用