chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ビーチサイドの人魚姫 https://kanbe0107.blog.fc2.com/

2005年3月、詩集・天国の地図を出版。詩・小説・エッセイ・作詞と幅広く創作しております。2019年9月、一眼レフデビュー。

長編小説「届かなかった僕の歌」三部作を現在執筆中。詩や小説以外にもジャンルに拘らず鋭い視点であらゆる事象を斬る。 言葉の宝庫、かんべワールドを堪能して下さい。

神戸俊樹
フォロー
住所
板橋区
出身
藤枝市
ブログ村参加

2014/07/30

1件〜100件

  • ドラマ『オールドルーキー』ロケ地!

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO200,SS/10秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0  主演の綾野剛がこの公園でランニングしている場面を何度か観た。先日、最終回を迎えたTBSの日曜劇場『オールドルーキー』のロケ地となっている豊洲ぐるり公園。私が撮影に行ったのは5月2日で入院する1週間ほど前。この場所がロケ地だと知る由もなく、雨上がりの公園をカメラに収めたかったその一点のみが目的だった。 雨が降るかどうか全くの賭けであった...

  • 残暑お見舞い&うっけつ性心不全。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO1000,SS1/40,f/6.3 Z24-200mm f/4-6.3VR日頃の感謝を込めて、残暑お見舞い申し上げます。※7月30日、六本木にある乃木神社の『つれそひ風鈴回廊』を撮影。この日、20代前半と思われるカップルの挙式に出会い、何ともおめでたい縁起の良い日となった。 さて、8月16日の循環器内科外来にて、体重増加、浮腫み、心不全の初期症状を主治医に訴えた。胸部レントゲンを見ながら「入院しましょう…」。ベッド...

  • 青い瞳の恋人。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/800,f/3.2 NIKKOR Z MC105mm f/2.8 VR S青い瞳の恋人よ踊っておくれ歌っておくれ青い青いその瞳で僕だけを見詰めておくれ風は優しく頬を撫で心は青い瞳で満たされてゆく踊っておくれこの僕と歌っておくれ壊れかけたこの僕のために 壊れかけたと言うより壊れてしまったと言う方が正しいかも知れない。6月21日に退院してから1ヵ月以上が経過した。「その後如何ですか?」と言う体調を気遣うお...

  • 隅田川メモリィ。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/10秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0 行方知れずの恋心川面に揺れて流されて破り捨てても戻されるあなた恋しや隅田川橋のたもとに立ち尽くす一夜限りの恋ならば他人の体に身を任す波の灯りに照らされて浮世の風に流される馬鹿な女の独り言揺れる心にあなたの影が今夜も映る刹那の川に想いの欠片を流します 隅田川のクルーズ船を撮影した後、中央大橋を新川方面に渡り、隅田川テラスを散策しながら...

  • 戦火の中に咲いた花。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/320,f/3.5 NIKKOR Z MC105mm f/2.8 VR S人はなぜ争うのだろう美しく清らかな花のように優しい気持ちになれたならどんな過ちも許せるのに地球が丸いのは世界が一つに繋がっているからどんな土地にも花は咲く例えそれが戦火の中であったとしても ウクライナ私物化を企む利己主義の塊、プーチン大統領。『ウクライナの同胞を解放する』を大儀名分とし、軍事侵攻の正当性を国内外へ向けてアピール...

  • 東京ジャンクションVol.4。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/10秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0 ここ数ヶ月の風景写真はNikonやSIGMAのレンズではなく、中国ブランドの『LAOWA』を使っている。以前から超広角の単焦点レンズが欲しいと思っており、ネットでZマウントのレンズを探している内にこのLAOWAに辿り着いた。購入の決めてとなったのは、5枚の絞り羽。風景、特に夜景撮影を得意分野としている私としては、絞り羽5枚のレンズは初めてであり、Nikonの...

  • 隅田川クルーズへようこそ!

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/160秒,f/5.6 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0  6月上旬、2度目の入院と共に関東地方が梅雨入り。5月も殆ど病院暮らしだったので、カメラを触る時間も殆どなかった。そして予想外の再入院で更にカメラの時間が遠のいて行く。「梅雨で当分はぐずついた天気だし」と自分に言い聞かせカメラの虫が騒ぐのを抑え込む。 そして2週間の点滴と検査三昧の日々を終え退院。入院中は「退院したら〇〇へ撮影に行く...

  • 救急搬送&あじさい巡り。

     6月6日、救急搬送にて再入院となった。5月28日の退院から僅か10日余りで病院へ逆戻り。長い闘病生活の中で、これほど短いサイクルでの入退院は初めての経験である。前回と同じく『うっ血性心不全』の急性憎悪であるが、今回は症状の現れた方が少し違っていた。 元凶が心臓疾患である事は言うまでもないが、退院から4日目を過ぎた頃から体重が増え始め、両足が浮腫み始めた。これはどちらかと言えば、腎機能の急激な低下による...

  • うっ血性心不全で緊急入院!

    5月8日撮影、肺に水がかなり溜まっている       5月18日、肺の水がかなり抜けたが右肺にまだ残っている もっと早い段階で病院を受診すべきだった。限界まで我慢に我慢を重ねた結果、回復の遅れと長期入院を招いてしまい、猛反省している。ある方から「我慢はいけません」と諭されて本当に馬鹿だったと後悔している。 5月8日、うっ血性心不全の増悪により三井記念病院の救急外来へ駆け込んだ。20代と思われる女性医師と...

  • 桜のプラネタリウム。

    NIKON Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/200,f/6.3 NIKKOR Z MC105mm f/2.8 VR S満天の空を泳ぐように咲き誇るそれは桜のプラネタリウム遠い記憶の向こうで微笑んだあなたの優しい眼差し今年もあなたの心に桜は満開ですか 今年は花曇りの日が多く、桜の撮影に適した天候に中々恵まれなかったが、ギリギリ何とか間に合う事が出来た。昨年と同様、千鳥ヶ淵へと出掛ける。コロナ禍ではあるが、桜の名所だけあって凄い人出。流石に酒を煽...

  • ウクライナに自由と平和の鐘が鳴り響く。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/10秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0 黒海と繋がるアゾフ海に面した港湾都市として栄えたマリウポリ。観光地としても有名で、年間を通して数多くの観光客が訪れる美しい街であった。ロシア軍の軍事侵攻によって、現在は以前の面影を残す事もなく、ロシア軍の無差別攻撃により街は瓦礫の山と化し、見るも無惨な姿に変貌してしまった。 ロシアがウクライナへ軍事侵攻を開始してから既に約2ヶ月余り...

  • スカイツリーに花が舞う。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO200,SS/1.3秒,f/8 Z24-200mm f/4-6.3VR 河津桜が咲く頃になると東京ソラマチへ出掛ける。スカイツリーの直ぐ下を流れる『北十間川』に架かる『東武橋』の辺りに河津桜が2本立っており、数多くの写真愛好家や、観光客で賑わう人気の撮影スポットである。 2月下旬~3月中旬辺りが見頃となり、ライトアップされたスカイツリーを背景にした河津桜とのコラボは何回見ても飽きる事のない東京を代表する...

  • 心の奥に咲いた花。

    NIKON Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS/125,f/5 NIKKOR Z MC105mm f/2.8 VR S人は誰しも心の奥に花を咲かせているそれが例えば誰か好きな人のため家族のため世の中のため或いは自分自身のため心の奥に咲いた花は決して枯れる事はないそれはあなた自身がそんな花のように心の優しい人だから Zマウントのマクロレンズ、Z MC105mmを購入したので、自宅近所に咲いている花を撮影に行った。花音痴は相変わらずなので種類は解らぬが多分、...

  • 写真撮影はリハビリの一環である。

    NIKON Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/2秒(100),f/14(11) Z14-30mm f/4 S 昨年の6月下旬、撮影中に転倒し右脚に全治4ヶ月の大怪我を負った。一ヶ月間は腫れと痛みで撮影を断念し治療に専念。撮影許可が出たのは7月下旬だった。満を持して出掛けた場所が竹芝埠頭。都営大江戸線・大門駅から徒歩10分も掛からず、幾つかの撮影スポットが点在するこの場所が私は好きである。 勿論、右脚の違和感は残ったままなので、出来るだけ体重...

  • ジブリの世界へようこそ!!。

    NIKON Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS1/100,f/2.8 NIKKOR Z 28mm f/2.8 押上のスカイツリーを撮影に行く際、必ず立ち寄る場所が『東京ソラマチ』の直ぐ近くにある『どんぐり共和国』。スタジオジブリ作品のキャラクターたちが所狭しと数多く揃っており、客の眼を愉しませてくれる。その中でも最も人気のあるキャラが『トトロ』。正面ウインドウには、かなり大きなねこバスと小さなトトロの人形が展示されており来店客を出迎えてく...

  • Winter of Tokyo Sky Tree!

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/10秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0 今年の冬は例年に比べると寒さが厳しく、夜景撮影の好きな私も流石に撮影回数が極端に減ってしまった。昨年の今頃は週二回のペースで撮影に出掛けており、日によっては5月上旬のポカポカ陽気の日もあった。撮影時、熱くてジャケットを脱いで撮影した事を覚えている。心臓の悪い私にとって寒さは大敵、慢性的な心不全だから常に血の巡りが悪いところへ寒さで血...

  • 夕暮れ哀歌。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO64,SS1/40秒,f/7.1 Z14-30mm f/4 S 燃える夕陽に手を翳しさよなら告げる涙のしぶき運河を渡る船の影水の波紋に心も揺れて走る去るのは貴方への想いと夕陽に染まる二人の影二度と戻らぬわたしたち過ち諌めて日が暮れる 京浜急行の立会川駅から徒歩数分の所に『しながわ花海道』があり、四季を通して色とりどりの花を散歩がてら楽しむ事が出来る。その道を鮫洲試験場方面へ20分ほど歩くと、勝島運河に...

  • パンデミックが終焉する日。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/8秒,f/16 LAOWA FFⅡ 14mm f4.0 正月3が日は新型コロナの感染者も比較的少なく、各地の神社には初詣に訪れる人々で賑わっていた。私は少し時期をずらして1月17日に神田明神(神田神社)へ赴いた。参拝客も少なく撮影もスムーズに行う事が出来た。おそらく誰もが思っているであろう、コロナ収束を祈願し、マスクの要らない日常を待ち望んでいるに違いない…。 だが突きつけられる現実はそう甘...

  • 夜空に輝くFlower Ring。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/25秒,f/16 Z14-30mm f/4 S この写真は昨年の秋、コスモスと観覧車のコラボを撮りたいと思い訪れた『葛西臨海公園』の時に撮影したもの。以前にも触れたが秋桜は何処にも咲いておらず、私の想いは空虚な秋の片隅へと追いやられた。何の成果もなく帰る気にはなれず、海の様に広い公園内を歩き回り、夕暮れが訪れるまで時間を潰した。 その日は見事なまでの夕陽が美しく、東京湾の果に沈み征く...

  • 東京ジャンクションVol3!。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS/15秒,f/16 Z14-30mm f/4 S JCT(ジャンクション)シリーズも3回目となるが、今回は足立区にある『江北ジャンクション』荒川を跨いで走るアーチ型の『五色桜大橋』は圧巻である。都心との大きな違いは周りに高層ビル群が殆どないため、荒川土手からその迫力ある姿を楽しむ事が出来る。土手には人が殆どいないため、撮影ポイントに迷う事もなく周りに気を遣う必要もない。狙い目はやはり夕暮れ...

  • 2022年始動、虎の如く強くあれ!

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO200,SS1/50,f/6.3 Z24-200mm f/4-6.3VRA Happy New Year! 皆さま、新年明けましておめでとうございます。 昨年は当ブログに訪問頂き心より御礼申し上げます。今年一年が皆さまにとって、希望に溢れた明るい年になるようお祈り申し上げます。写真ブログとしてはまだ2年余りと若輩者ではありますが、皆さまの心に残るような写真を目指し、今年も邁進してまいりますので昨年同様、今年も宜しくお付き...

  • 君が紅く色付く季節に。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO500,SS1/160,f/10 Z24-200mm f/4-6.3VR初めて口紅塗ったのはわたしが15の秋だったもみじの紅が好きだとあなたが言った事遠い昔のおとぎ話しだけれどわたしは今でも忘れない君が紅く色付く季節に迎えに来るよとあなたの優しい眼差しが語っていた幾度となく季節がわたしの中を通り過ぎ朱い紅が溶けてくちびるを濡らす二度と戻らぬ二人の季節にさよならの手を振って 都内の紅葉の名所と言えば数多くある...

  • 隅田川Special Night。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO125,SS/20秒(電子先幕シャッター),f/22 SAMYANG14mm F2.8 ED AS IF UMC この隅田川の写真は今年3月、一眼レフのD810で撮影したもの。レンズはサムヤンの単焦点14mmを使用。以前、絞り羽の枚数と光芒の関係について解説したが、同じ枚数でも単焦点とズームレンズとでは光芒の現れ方が明らかに違って来る。やはり単焦点レンズの方が美しいと私は思うがこれは個人によって好みが分かれるだろう。 ...

  • 情熱のLast Dance。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/400,f/3.5 TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO VC USD優雅なドレスを身に纏い粋なステップ軽やかに観るもの全てを魅了する魔性の笑み浮かべて私の心を虜にするさあ その情熱のラスト・ダンスで最後の恋を咲かせて欲しい 昨年は芝公園の秋バラを撮影したので、今回も同じ場所へ行ってみたのだが何処にも薔薇は咲いておらず空振りに終わった。コスモスの時は4度も場所変えて漸く撮影出来たが、今年...

  • 東京ジャンクションVol2。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO125,SS/30秒,f/16,SIGMA 12-24mm f4.5-5.6ⅡDG HSM 先に投稿したリゾートホテルの直ぐ近くにこの『有明ジャンクション』がある。ゆりかもめに乗って『台場』で降りれば、さほど歩く事もなく十数分で現地に着くが、レインボーブリッジと首都高速を撮影するとなれば『有明北緑道公園釣りエリア』を北に向かい高速道路に沿って進めば良い。一枚目のレインボーブリッジや東京タワーが写り込んでいる方は夕...

  • 五輪カラーに光る橋Part3。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/10秒,f/16,SIGMA 12-24mm f4.5-5.6ⅡDG HSM 隅田川に架かる橋の五輪カラーシリーズもいよいよこの清洲橋でラストとなる。他にも幾つか撮影したが、最もライトアップが美しいものだけをピックアップしたつもりだ。他の橋と比べると、その優美な吊橋は何処か異国情調が溢れるデザインとなっているが、調べてみるとドイツの『ヒンデンブルク橋』をモデルとして設計されたようだ。 関東大震災の復...

  • 高級リゾートホテルへようこそ。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO100,SS/20秒,f/16,SIGMA 12-24mm f4.5-5.6ⅡDG HSM ミラーレス一眼のZ7Ⅱで初めて撮影した夜景がこのリゾートホテル『ホテルトラスティ東京ベイサイド』。お台場にある『夢の大橋』を有明方面に渡ると直ぐそこに聳え立つツインタワーのビル。初めてこのビルを見た時、ホテルとは知らず高級マンションかと思った。一見、都庁にも似ているこのビルが、夜になるとその表情を一変させ、「一度は泊まってみ...

  • 微風に揺れる愛の花。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/500,f/5.6 TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO VC USD微風がわたしの心を揺らして過ぎる蕾の時から待っていたやがてこの日が来る事を貴方がわたしを見つけてくれてそっと優しく摘み上げてくれるのを 秋桜を撮るためだけに今回は4箇所を巡る結果となった。先ず始めに向かったのは都会のオアシスと呼ばれている『浜離宮恩賜庭園』。緊急事態宣言中であったため、事前に予約を取る必要があった。平日...

  • 五輪カラーに光る橋Part2。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO80,SS/6秒,f/16 Z14-30mm f/4 S 東京五輪が終わっても引き続き開催されるパラリンピック開催中であれば、隅田川に架かる橋の幾つかは五輪カラーにライトアップされるかは確認した訳ではなかった。8月下旬、炎天下の厳しい残暑を物ともせず、吾妻橋を目指した。都営浅草線の浅草で下車すれば直ぐそこに吾妻橋の姿を見て取れるのは知っていたが、目的地までの工程も撮影の一環として捉えている私は敢...

  • クラゲの季節。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB電球,ISO500,SS1/50,f/1.4 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Artゆらりふわりと漂う君に僕はほんの少し嫉妬する方向性なんて必要ないその君の自由な生き方に 私は年に数回、水族館へ行く。目的は水中生物の鑑賞ではなく撮影のため。被写体は『クラゲ』と決めているため他の生物は撮らず少し眺める程度である。クラゲにも種類があるが、最も興味があるのは『ミズクラゲ』。 足の怪我がまだ完全に癒えていなかったので...

  • 向日葵からの伝言。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO64,SS1/250,f/20(9)Z24-200mm f/4-6.3VRわたしたちは苦難に負けない強い意志と互いを思いやる至上の優しさを備えている 8月中旬(お盆の時季)に昭和記念公園へ向日葵の撮影に行く予定を立てていたのだが、8月には珍しく季節外れの長雨、夏とは思えぬ低温により断念。ネットで東京近郊のひまわり畑を探索するも、何処もコロナの影響を受け入園出来ない状態。唯一、昭和記念公園だけが入場可能だ...

  • 首都高速を突っ走れ!

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS/15秒,f/16 Nikkor 20mm F1.8G ED 東京のような大都会でなければ撮影出来ない物は数多くあるが、ジャンクション(JCT)もまたその一つであるだろう。隅田川大橋を渡り、日本橋箱崎町方面へ少し歩くと、箱崎ジャンクションに着く。走る車の光跡も一緒に撮りたければ平日の交通量の多い時間帯が狙い目である。 近くを隅田川が流れているので、橋や、川面に映り込むビル群の夜景を撮るには一石二...

  • 五輪カラーに染まる橋。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB曇天,ISO80,SS/10秒,f/16 Z14-30mm f/4 S 緊急事態宣言が延々と続く中、都内の橋の殆どはライトアップを中止していたが、この時だけは違ったようだ。東京五輪開催に合わせて、隅田川に架かる橋の幾つかが五色の色にライトアップされる事を私は知らなかった。足の怪我が漸く歩けるまでに回復したため早速、竹芝桟橋の夜景を撮影に行った。その時に、何気なく隅田川方面に視線を投げると、派手な色に光る築地大...

  • もしも願いが叶うなら。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/250,f/6.3 Z24-200mm f/4-6.3VRもしも願いが叶うなら身も心も貴方に捧げ貴方の好きな色に染まりたいもしも願いが叶うなら私をあらゆる色に染め上げて貴方を迎え入れたいのもしも願いが叶うなら色とりどりの夢を見て枯れ行く前に染まりたい 怪我をする少し前、隅田公園へ紫陽花を撮りに出向いた。花を撮るのであれば定番はマクロレンズであるが、ミラーレス一眼を購入した時、ほぼ同時にZマウ...

  • アップグレードの夏、到来!。

    Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/250,f/20,SIGMA 12-24mm f4.5-5.6ⅡDG 以前の記事内で、3台目のカメラを買うとすればSONYを選ぶと断言したが、それは撤回する事となった。私が選んだのはミラーレス一眼フルサイズ機、Nikon Z7Ⅱ。昨年12月に発売されたばかりの新製品である。 一眼レフデビューしてまだ2年も経たない内に3台目を購入とは時期尚早と言われるかも知れない。名機D810は僅か1年足らずしか使わなかった。購入に...

  • 東京タワーと一枚の葉書。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100,SS1/80,f/4,VR 16-35mm f/4G 東京タワーは私にとって特別な存在である。東京タワーを眺める度に脳裏を過ぎるのは幼き頃の父との想い出。以前、記事にした府中刑務所の事だが、父と伯父と3人、静岡行きの東海道線に乗り、雨に煙る灰色の空に突き刺さる様に聳え立つ真っ赤な東京タワーを、小さな窓から眺めていた。そんな私の姿を察した様に父が言った。「とし坊、今度父ちゃんと一緒に東京タワ...

  • 全治4週間の怪我に泣く。

     こんな姿で申し訳けない。写真撮影に怪我は付き物であるが、今回は流石に参った。レインボーブリッジを撮影するため、芝浦ふ頭へ出掛けた帰り道、芝浦アイランドの高層ビル群と運河を撮影するため、運河のテラスに下りようとした時、運悪く階段に躓き転倒、右足に大怪我(打撲)を負ってしまった。 倒れる寸前、頭の中はカメラとレンズを守る事に神経が集中したため、身体は全くの無防備状態になり、右足に全体重が掛かってしま...

  • 隅田川に光の雨が降り注ぐ。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/25秒(電子先幕シャッター),f/16 SAMYANG14mm F2.8 ED AS IF UMC この写真は隅田川に架かる清須橋の撮影に行った際の帰り道での事。隅田川テラスに沿って曲線を描く首都高速道路が実に美しく映えるので、三脚を使用しての長時間露光撮影に臨んだ。レンズは単焦点で最も安価なサムヤン14mmの超広角レンズ。 このレンズは日中の明るい時の撮影ではゴーストが発生しやすく明るい時間帯の撮影...

  • 闇に咲く花。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO1250,SS1/100,f/1.4 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art雨のしずくに濡れながら朝の陽射しを夢見て眠る泣き止んだ幼子のように暗闇の静寂に包まれながら息を潜めて日の出を待っている闇に咲く花 君は哀しいほどに美しい 4月18日深夜の事である。いつも通り睡眠剤を飲みベッドに横になった。一旦は眠りの体制に入ったのだが、雨が止んでいる事に気付いた。「そうだ、今しかない!」と思い衝動的に飛び起...

  • あなたの視線。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/40,f/2.8 TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO VC USD背中に刺さるあなたの視線が痛い振り向けない私の心にそっと語り掛けそよ吹く風のように合図を送るあなたが優しす過ぎるから私はここから一歩も動けない この人物写真は、隅田川テラスへパンジーの撮影に行った帰りの工程で撮影したもの。一眼レフを始めたばかりの頃、ポートレートと言う言葉をよく見聞きする事はあったが意味を理解していなか...

  • 京都へ行った気分で寺巡り。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,Nikkor 20mm F1.8G ED 昨年の秋、昭和記念公園で紅葉の撮影を行ったが、それだけでは物足りず紅葉ならやはり寺だろうと考えた。本当なら京都まで足を伸ばしたかったが時間、金銭的余裕もなくそれならば東京近郊で京都気分をと思い選んだのが千葉県松戸市にある『本土寺』。700年以上の歴史を持つ古刹である。 千葉県と言えば最後に訪問したのは離婚する前、子どもたちが小学生だった頃だから随...

  • 素敵なモニュメント。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/5秒(電子先幕シャッター),f/16 Nikkor 20mm F1.8G ED 晴海客船ターミナルもまた人気の撮影スポットであるが、残念な事に今年から来年に掛けて解体されるらしい。1991年東京湾開港50周年に合わせ開業。テレビドラマや映画のロケ地として人気を博した。国際クルーズ路線に対応する入国管理設備を備えているものの、レインボーブリッジより内側にあるため、大型クルーズ客船の寄港は困難であり...

  • 花待ち人。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/250,f/9,VR 24-120mm f/3.5-5.6G春風を身に纏ってヒラリと舞い降りる希望と夢を携えて花待ち人たちへの彼方からの贈り物夢見る季節の始まりは清らかなりて宴の準備 3月29日、満開のピークは過ぎていたが都内で最も有名な桜の名所『千鳥ヶ淵緑道』へ赴いた。名所だから当然ながら混雑は覚悟していたのだが、想像を遥かに上回る人の波に溺れてしまいそうだった。天気も良く程よい風もあり絶好...

  • 恋化粧。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/13秒(電子先幕シャッター),f/16 SAMYANG14mm F2.8 ED AS IF UMC夕暮れに染まりし君の恋化粧 都営大江戸線・月島駅ら数分歩くと隅田川に出る。その場所に佃大橋が架かっており、そこからスカイツリー方面へ少し歩くと中央大橋(写真)がある。それを反対側に渡り、更に進むと永代橋にたどり着く。この辺りは撮影と散歩を兼ねて何度か訪れており、往復すると1万歩を少し超える。私にとって...

  • Spring of スカイツリー。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100(1250),SS/15秒(SS1/60),f/16(4),VR 24-120mm f/3.5-5.6G 2月24日、この日は風が強く気温も一桁と真冬の寒さで撮影には随分と苦労した。陽の出ている日中はそうでもなかったのだが、陽が沈み夜の帳に辺りが包まれる頃には風も一段と強くなり、突き刺すような北風がカメラを持つ手を凍えさせ、シャッターを切る指の感覚が無くなって行った。 早咲きの河津桜とスカイツリーのコラボと言えば...

  • 揺るがぬ愛の花。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/125,f/4 TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO VC USDあなたを想ってわたしはいつもここで咲いていますあなたの幸せだけを願ってわたしはいつかきっとあなたの心にも咲くことでしょう 隅田川テラスには色取り取りの可愛い花たちが沢山咲き誇っており、訪れる人々の心を和ませてくれる。花壇やプランターに花を植え、水やりなど、日常の手入れを欠かさず行っているのは『花守さん』と呼ばれるボラン...

  • 青い光は感謝の灯り。

    Nikon D810,Mモード,WBオート,ISO125,SS/10(電子先幕シャッター),f/14 Nikkor 20mm F1.8G ED 首都圏1都3県に出ている緊急事態宣言は21日まで延長となったが、その2週間に科学的根拠はあるのだろうか?現在の状況から判断するに、僅か2週間余りで劇的に感染者数が減るとは到底思えない。聖火リレーが間もなく始まり、東京五輪開催に向けての政治的背景も垣間見えて来る。 菅総理と小池都知事の主導権争に思えてならないが、...

  • 秋の夜散歩2020。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/15秒(電子先幕シャッター),f/16,VR 24-120mm f/3.5-5.6G 都内にも六義園など有名な紅葉スポットは多々あるが、撮影意欲を唆るほどの場所は見当たらなかったため、広大な日本庭園や銀杏並木のある昭和記念公園へ赴いた。この公園では『秋の夜散歩2020』と銘打った紅葉イベントが開催されており、秋の夜を彩るライトアップは幻想的或いは神秘的とも呼べる異空間の扉が訪問者の視覚と心を捉え...

  • Xmasマーケット2020in日比谷公園。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/160(6秒),f/16(1.8) Nikkor 20mm F1.8G ED 昨年12月に日比谷公園で開催された東京Xmasマーケット。ヨーロッパ各地の中世から始まった伝統的な祭り。所狭しと並んだ屋台や雑貨店ではXmasに因んだ人形やデコレーション、そしてドリンクやフードが販売され、来場者を温かく迎え入れてくれる愉しいXmasイベントである。 コロナ禍と言うこ事もあり感染防止対策も当然ながら徹底されていた。会場...

  • 竹芝桟橋多忙なり!。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO125,SS/15秒(電子先幕シャッター),f/16,VR 24-120mm f/3.5-5.6G 私のお気に入り撮影スポットの1つが竹芝桟橋(竹芝埠頭)。タイミングがよければ、この時のように貨物船やクルーズ船を撮影する事が出来る。船舶を撮影する為に訪れた訳ではなかったが、桟橋から臨む東京湾やビル群などの夜景を撮影する為だった。夜の帳が辺りを包み込み始めた時、一隻の船が作業灯を海面に反射させながらゆっくり...

  • 薔薇一輪(詩・再掲)。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/125,f/5.6 TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO VC USD君と一緒に見た薔薇仄かに香るその中で同じ夢見ていたあの日二度と帰らない二度と振り向かない美しい季節とは裏腹にわたしの心に揺れて舞い散る薔薇一輪 昨年11月25日、芝公園に咲いている秋バラの撮影に行った。私はこの薔薇に対し、苦手意識を抱いておりこれまで撮影の機会は多々あったのだが、ずっと避けて来た。花の女王と呼ばれるこの華...

  • 隅田川慕情。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/160,f/11 SAMYANG14mm F2.8 ED AS IF UMC夕陽に照らし出されたあなたの影が川面の上を流れて行く行き交う船は流れ星想いを馳せれば沈んでしまうそんな頼りない私たち 昨年12月12日、隅田川と夕景を撮影するため佃島から月島辺りへと出掛けた。この辺りには一年ほど前に訪れているので、美しい夕景と隅田川を撮影出来るだろう事は承知していた。後は天候の問題。運を天に任せその時刻を待った...

  • 忍耐がコロナを越える時。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO80,SS1/バブル,f/16 Nikkor 20mm F1.8G ED 皆さま、新年明けましておめでとうございます。とは言え、爆発的感染拡大が年を越え、未来を暗闇の坩堝へと誘っているよに思え、心から「おめでとう」と言えない自分がいるのも確かである。大晦日の東京は感染者が1300人を有に超え、そしてまた全国の感染者も4000人以上と過去最多となった。ウイルスは市中に拡大し家の外に一歩足を踏み出せば感染のリスク...

  • Go Toキャンセル!

    Nikon D810,絞り優先モード,WB晴天,ISO64,SS1/100,f/16 Nikkor 20mm F1.8G ED 日本は現在、事実上の緊急事態宣言下にある。感染者の爆発的増加や日々更新される重症患者の数を見れば一目瞭然だ。菅内閣の支持率は感染者が増えるに従って下降して行く。『勝負の3週間』と言う、何をどう勝負するのか具体的な説明も成されず、国民に丸投げのコロナ対策。自衛隊の派遣や、医療現場での逼迫感があって漸く、Go Toトラベル一時停止な...

  • レインボーブリッジより愛を込めて。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/15秒(電子先幕シャッター),f/11 SAMYANG14mm F2.8 ED AS IF UMC 7月上旬、三脚を用いた夜景撮影を学ぶためレインボーブリッジを間近に望む事が出来る芝浦ふ頭公園へと出掛けた。橋のスケール感やその雄大さを表現するために、14mmの超広角レンズを使用。いわゆる『出目金』と呼ばれる眼の飛び出たレンズなので保護フィルターは装着出来ない。そのため、強い潮風に煽られて三脚が倒れてしま...

  • オアシスの花。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/125,f/2.8 Nikkor 20mm F1.8G ED高層ビルが建ち並ぶ大都会の真ん中で健気に咲いている君は私の心に宿ったオアシスの花 秋の長雨が漸く上がり青空が顔を覗かせた10月半ば、それまで溜まった鬱憤を晴らせと言わんばかりにカメラをバッグに詰め込み出掛けた。コスモスを撮るなら昭和記念公園だろうと思っていたのだが、今回は既に詩が先行して出来上がっていたため、それに合わせ『浜離宮恩賜庭...

  • 幸せのイエロー・ブリッジ。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO100,SS/20秒(電子先幕シャッター),f/16,VR 16-35mm f/4G 隅田川に架かる橋が幾つあるかは知らないが、その殆どは夜になると華麗にライトアップされる。そんな複数ある橋の中で最も気に入っているのが、この『新大橋』。スケールの大きなレインボーブリッジとは比較にならないが、どことなくミニサイズのレインボーブリッジと言ったところか。 橋を見るとそこには夢や希望と言った想いを連想する...

  • この青く広い空の彼方から(父と母に捧げる)。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/80,f/16 Nikkor 20mm F1.8G EDこの青く広い空の彼方から私に向かって手を振るあなたの姿が見えますいつもあなたはどんな時でもこの青く広い空の彼方から私を優しく見守ってくれているそんな気がしています 夏の名残が降り注ぐ9月下旬、場所はお台場『シンボルプロムナード公園』。青い空を見上げるとそこには新たな季節を告げる赤く染まった小さな秋を見つけた。紅葉にはまだ早いけれど季節...

  • 路地裏に人生の縮図を見た。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS1/200,f/2 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art 日本一の歓楽街、新宿歌舞伎町は誰もが知るところではあるが、その一角に時間が止まったままの空間がある。新宿ゴールデン街、その原点は戦後間もない混乱期の闇市が始まりである。戦後60年以上が経過し、その場所から星の数ほどの物語りが生まれ、そして消えて行った。 この場所に訪れるとまるで人生の迷路に迷い込んだかのような錯覚を覚える。複雑に...

  • 夜の波止場に波音だけが木霊する。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/13秒,f/16 SAMYANG14mm F2.8 梅雨真っ只中の7月12日。レインボーブリッジを最も間近で撮影出来るだろうと思われる芝浦ふ頭へ。この界隈には幾つも波止場があり、日中であれば複数のタグボートや貨物船、観光船が東京湾の入り口で波を蹴って走る姿を観賞出来る。隅田川方面からやって来る水上バスやお台場方面へと遊覧船等などがレインボーブリッジの下を掻い潜って進む。 然し、夕暮れが訪れ...

  • 心のふれあい橋。

    Nikon D700,Mモード,WB曇天,ISO640,SS1/200,f/4,VR 16-35mm f/4G貴方と私が触れ合う場所はいつもこの橋ふれあい橋橋の向こうで手を振る貴方と橋のこちら側から笑顔を送る私二人の心と身体が触れ合って橋が真っ赤に染まって行く この写真は今年3月、D700で撮影したもの。私お気に入りの撮影スポットは都内に幾つもあるが、この橋がある天王州アイルも好んで訪れる場所。デートスポットとしても人気があり、老若男女問わず仲の良い...

  • 太陽の鳥。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO64,SS/125,f/16,SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art。眼も眩むような陽射しに向かって黄色い翼を大きく拡げいままさに青い空へ飛び立とうとしているお前はまるで太陽の鳥。 空には雲一つなく真っ青なスカイブルーが限りなく続き、その中心に生命の父であるお天道様の光が煌々と地上に降り注いでいた。お盆を過ぎ、そろそろ秋の気配が漂ってもよい頃ではあったが、その日の都心は35℃の猛暑、そしてひまわり...

  • リバーサイドの恋人。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/3秒,f/11,SAMYANG/f2.8/14mm。人魚のような瞳で夜空を見上げる川面に映る君の影七色の言葉が水に溶けて沈み行くリバーサイドの恋人よ君の誘惑に負けた僕はいつしか溺れる魚になった 梅雨真っ只中の7月12日、芝浦埠頭へレインボーブリッジを撮影に行った帰りに立ち寄った芝浦運河での撮影。建ち並ぶ高層ビル群の合間を縫うように流れる運河と、その川面に映る鮮やかな色彩が眼を見張る。 再開...

  • Dockが夕陽に染まる時。

    Nikon D700,Mモード,WB晴天,ISO400,SS1/400,f/8,VR 24-120mm f/4G。 この夕景は昨年の10月30日、『アーバンドック ららぽーと豊洲』に行った際に撮影したもの。タイミングが良く見事な程に美しい夕陽を臨む事が出来て、一人で眺めるには勿体ないと思いつつシャッターを切った。 秋の気配が漂い始めた空は夏の空よりも一層その美しさを表現しているが、それはまるで真っ白なキャンバスに絵筆を滑らせた絵画のようにも見える。都会...

  • 約束の花。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS1/320秒,f/2,SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art。私の愛しい人よ永遠に誓った二人の絆忘れはしない今この瞬間にも貴女に贈る約束の花束を 花の種類に全く疎い私が思い付く夏に咲く花と言えば、朝顔、向日葵くらいである。憧れのレンズ、シグマ35mm Artの中古(美品)を安く手に入れたので、早速試し撮りをしたくて日比谷公園へ出掛けた。朝顔を撮影したかったのだが、時期が遅かったせいか各地で行わ...

  • アップグレードの夏。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO64,SS/2秒,f/4 VR 16-35mm(三脚使用)。 一眼レフカメラでの写活も9月で1年になる。最初はスマフォのみでスタートしたが、スマフォの限界を感じ、Nikon D700を購入。カメラの知識は全く無かったが、兎に角、何枚も撮影する事が上達の近道という事で、ひたすら撮りまくったこの1年だった。 D700に不満はなかったが、3月中旬、静岡の息子から『写真展』の話が舞い込んだ事から「ならばもっと解像度...

  • Go To アラート。

    Nikon D810,Mモード,WB晴天,ISO1250,SS1/40,f/5.3 Tamron VR 28-300mm。 二兎を追う者は一兎をも得ずと言われる諺通りに突き進んでいるように思えてならない『経済とコロナ対策』。秤に掛ければ『経済』がかなりの部分を占めている。感染拡大は一向に収まる気配を見せず、毎日のように記録が更新されて行く。医療の立場と政治家たちの歯車はまるで噛み合っておらず、ドサクサ紛れの東京除外で始まったGo To トラベル・キャンペー...

  • あじさい恋慕。

    Nikon D810,Mモード,WB曇天,ISO200,SS1/125,f/1.8 単焦点20mm。縋り付くこの想いを解いて貴方から自由になりたい私はどんな色にも染まる自由な花になりたい 6月初旬、紫陽花を撮影するために隅田川公園に出掛けた。此処には『あじさいロード』と言う場所があり、約1万株の紫陽花を鑑賞出来る名所らしいのだが、川沿いに咲き誇る紫陽花のイメージを描いて訪れてみたものの、期待通りではなく煩雑とした道路沿いに面して咲いている...

  • トトロに会いたい。

    Nikon D700,Mモード,WBオート,ISO400,SS1/125,f/4 VR 24-120mm f/4G。 昨年の12月25日、東京スカイツリーのXmasイベントを撮影に行った際に立ち寄った『どんぐり共和国』。ジブリ関連のグッズを多数販売・展示しているショップである。店内はさほど広い訳ではないのだが、所狭しと陳列されているぬいぐるみやアクセサリー、ジブリ作品の中でも最も人気の高い『トトロ』たち。長編アニメ映画『となりのトトロ』が劇場公開されたの...

  • 路面電車の走る街。

    Nikon D700,Mモード,WB曇天,ISO1250,SS1/30,f/4 VR 24-120mm f/4G。 昨年の10月29日、下町を掻い潜るように走る路面電車(都電荒川線)を撮影するために敢えて雨の日を選び出掛けた。霧雨のような小雨であっても長時間雨の下にいると結構濡れるものだ。自分は濡れても良いが大事なカメラを濡らす訳にはいかないので、見た目は悪いがカメラ本体を百均で購入したシャワーキャップで包み、万全を期して撮影に臨んだ。西巣鴨から徒歩1...

  • 花の微笑みに癒やされて。

    Nikon D810,絞り優先,WB晴天,ISO64,SS1/640,f/3.3 TAMRON SP90mm。あなたが好きと微笑みながらそっと呟く頬を真っ赤に染めて好きと何度も繰り返すまるで壊れたゼンマイ仕掛けの人形みたいに ステイホーム真っ只中の5月1日、近所の緑道公園へ散歩も兼ねてツツジやアザレアの撮影に行った。『タムキュー』の愛称で呼ばれている人気の高い中望遠マクロレンズ、TAMRON SP90mm F2.8とD700からアップグレードしたD810を携えての撮影。...

  • リバーサイドの釣り人。

    Nikon D700,Mモード,WBオート,ISO2500,SS1/30,24-120mm f/4G。釣り人の想いは報われたのでしょうか? 自分の中でのコロナ問題は決着がついたので、写真ブログに戻そうと思う。一眼レフカメラを購入したばかりの頃、撮影の練習として自宅から歩いて行ける距離の荒川土手へと向かった。その日は青空を阻むような雲が空一面に湧いており、初めて広角レンズの醍醐味を味わう事が出来た。 花火大会の会場辺りから西高島平駅方面へと緑...

  • 感染場所は某遊園地!?。

    Nikon D700,Mモード,WB晴天,ISO400,SS1/200,単焦点20mm,f/1.8 緊急事態宣言が全国一斉に解除され、アフターコロナが始動。コロナ以前には戻れない新たな環境下でウイルスとの共存を模索する方向へと舵を切る事となったが、ウイルスは常に進化しており、既に数百にも及ぶ変異が報告されている。それらが人類にどの程度悪影響を及ぼすのかは不明であるが、インフルエンザと同様に付き合って行かなければならないコロナ元年が幕を開...

  • PCR検査までの道のり。

     先日、保健所の紹介で板橋区大山にある『東京都健康長寿医療センター』の発熱外来を受診し、PCR検査を受けた。4月上旬に肺炎の症状を発症してから1ヶ月以上経って漸く念願が叶った。正面玄関からは入らず、コロナ用に設置された裏の方に回ると『発熱外来』と書かれた紙が貼ってありその下のインターホンを押した。 数分後、男性看護師が一人やって来て隔離室へ通された。15分も経った頃、防護服に身を包んだ医師が二人、検査...

  • 薬の副作用と肺炎の因果関係について。

     私の肺のCT画像を診た医師は3人だが、それぞれ見解が微妙に異なっている。発熱外来では「コロナの疑いあり、症状が悪化するようなら相談センターへ連絡」、呼吸器内科は「コロナの可能性は低いものの、現時点では原因不明(コロナ以外の菌・ウイルスは検出されなかった)血痰は薬の副作用の可能性が高い」、そして10年以上に渡りお世話になっている私の主治医(循環器内科)からは「コロナだったかも知れない」である。血痰に関...

  • 桜たちの願い事。

    Nikon D700,Mモード,WBオート,ISO200,SS1/250,TAMRON VR90mm f/4。わたしが咲くのは愛する人たちを守りたいから大切な人たちのため勇気と希望を与えるためだからどうぞ決して諦めないで頑張って 先日、腎臓内科と呼吸器内科の外来を受診した。三井記念病院でもオンライン診療が導入されているせいか外来患者の数は極端に少なかった。腎機能はこの体調悪化の最中でもクレアチニンの値は2.83→2.62と若干低い傾向が出た。身体の不調...

  • コロナ?結核??肺MAC症???

    車椅子に座り隔離された状態で診察を受ける私(三井記念病院の発熱外来にて)。右下のCT画像は私の肺であるが左右の肺に白い影が複数点在している事が見て取れる。肺に炎症が起きている事は明らかだ。 結論から言ってしまえば現時点で新型コロナ感染の疑いが完全に消えた訳ではない。検体検査が外部委託のため、結果が出るのに時間が掛かっている。担当医の口から出た言葉は、コロナ、結核、マック症(非結核性抗酸菌)など…。但...

  • 希望への小路。

    Nikon D700,Mモード,WB晴天,ISO320,SS1/200,VR24-120mm f/4G。この光を辿って行けばいつか必ず希望に出会える 人類が未曾有のウイルスに飲み込まれようとしている。尋常ではないスピードで感染拡大が続く新型コロナウイルス!医療先進国である筈のイギリス、イタリア、フランス、スペインそしてアメリカなどでは最早自国の力だけでは現状打開は無理だろう。医療崩壊に直面しているイタリアやNYの現場の惨状を見る度に、疲弊する医...

  • もしも自由の女神が聖火ランナーだったら。

    Nikon D700,Mモード,WB晴天,ISO2500,SS1/50,VR24-150mm f/4G。新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックの開催が危ぶまれている一日も早いウイルスの感染が収束するよう自由の女神に祈りを捧げましょう※現在、この地球上で最も安全と思われるのは南極大陸くらいのものだろう。世界中をパンデミックに陥れた新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は発生から数ヶ月経った今でも留まることを知らず日々ニュースの中心に居座っ...

  • 春よ来い、早く恋。

    Nikon D700,Mモード,WB晴天,TAMRON VR28-300mm f3.5-6.3G。空に翳したピンクの花びらあの娘の心に僕の想いを届けておくれ※早咲きの桜(河津桜)を撮影するなら東京スカイツリーと一緒に撮りたいと決めていたが、東武橋の麓に2本のみとは知らなかった。スカイツリーを背景に撮ろうとすると誰が撮っても同じような写真になってしまうため如何に自分の個性を出すか、構図にかなり時間を割いた。 写真が映えるのはやはりスカイツリー...

  • 水仙畑は恋の花。

    Galaxy S10+Nikon D700 TAMRON VR28-300mm f3.5-6.3G。恋をするなら純白のドレスを着飾り歩きましょう白い雪のように咲き誇るスイセン畑を巡りましょうこの想いがいつかきっと貴方の心に届くまでスイセン畑に純白の恋の花が咲くその日まで貴方の事を想い続けます※2月2日、久しぶりに葛西臨海公園へ出掛けた。真冬に咲く花を撮影するため、場所を選別し、都内最大級の水仙(スイセン)畑がある葛西臨海公園に決めた。園内には20万...

  • 一切れのパンと東京タワー(遥かなる記憶)。

    Nikon D700,Mモード,ISO640,SS1/200,WB晴天,f/1.8,単焦点20mm。 昨年12月、クリスマスのイベントを撮影するため、芝公園と東京タワーへ赴いた。芝公園では中世から続いているヨーロッパの伝統的なお祭り『クリスマスマーケット』が開催中で、数多くの人たちで賑わっていた。日中から黄昏時へと時間が進むと色取り取りのイルミネーションが点灯しお祭りを盛り上げ、会場は更に人が増え冬空に熱気が立ち上るようだった。 気になっ...

  • 異次元へと続く橋。

    Nikon D700,Mモード,ISO200,SS1/640,WB晴天,f/9,VR16-35mm f/4G 焦点距離35mm。渡ってみたい気もするけれどたどり着いたその場所があの世だったら怖い※東京ゲートブリッジは江東区にある縦長の若洲海浜公園の最南端に位置する。最寄り駅は京葉線・有楽町線の新木場駅で、ここから若洲海浜公園行きのバスが出ている。但し平日は1時間に1本しか運行していないため、よほどタイミングが良くないとかなり待つ事になる。私は僅か30分の...

  • 路地裏エレジー。

    Nikon D700,ISO1250,SS/1/80,WB晴天,f/4.5,焦点距離24mm(銀座4丁目辺り)。暖簾くぐればいつもの席にあなたの背中が待っているそんな気がして立ち寄った凍える風が泣く夜は温もり欲しさに未練酒噂ばかりが気になって眠れぬ夜を過ごしたの夜の帳に誘われて見知らぬ人と添い寝する憎いあなたは夢の中言葉少なに去る背中追い掛け見詰めて手を伸ばす届く事などなかったわ運の悪さを嘆いても酒が惑わす儚い恋よあ~あ 路地で拾った恋な...

  • クラゲのような人。

    Nikon D700,Mモード,ISO800,WB電球,SS1/125,f4,TAMRON VR90mm。まるで掴みどころのないあなたはクラゲのような人※クラゲを撮影する上で何処の水族館が一番適しているか調べるため、都内の主な水族館を全て巡ってみた。人気のあるサンシャイン水族館やアクアパーク品川は派手なライトアップで演出効果は抜群であったが、本来のクラゲの姿とは少し違う気がした。江ノ島水族館がリニューアルしたという情報があったので行ってみたかっ...

  • 令和二年は痛みとお粥の日々で始まった。

    Nikon D700, Mモード,ISO6オート,AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで撮影。 皆さま、遅ればせながら令和二年明けましておめでとうございます。年末から続いていた体調不良(口腔内の腫れと痛み)で、散々な正月を迎えてしまいました。買っておいた年越し蕎麦に箸を付けることも紅白歌合戦を観る余裕もなく、激痛にもがきながら眠れぬままに元日を迎えた次第です。 初日の出の撮影も諦め、子どもたちとの新年会も取り止め、病院を...

  • ガンダムになった少年。

    Nikon D700, Mモード,ISO640,SS 1/160,WB手動,f/4,VR 24-120,焦点距離 24mm少年はいつも夢見ていたガンダムのように強くなって世界中の悪を懲らしめるんだそうしていじめや虐待から子どもたちを守るんだと…※お台場には撮影スポットが数多くある。それらを一日で周り切る事は出来ないため、何度も訪問する事になる。この実物大ユニコーンガンダム立像は5回目の訪問で撮影するに至った。下から見上げるように撮影する事ばかりに気を...

  • 嫉妬の季節。

    Nikon D700, Mモード,ISO1250,SS 1/100,WB晴天,f/4,VR 24-120,焦点距離 40mm秋は嫉妬の季節だから葉が嫉妬の色を隠すため懸命に紅く赤く朱く染まるのだ※東京では木枯らし1号が昨年に続いて今年も吹かなかった。これは地球温暖化と関係があるのだろうか?都内の紅葉も例年よりその見頃が1,2週間遅れていたと思う。11月29日、都内の紅葉見学スポットの一つである『東京都庭園美術館』へ行ってみたが、さほど紅くなっておらず緑が...

  • 運河の流れるこの街で(天王洲バージョン)。

    Nikon D700, Mモード,ISO640,SS 1/4,WBオート,f/4,24-120mmズームレンズ運河の流れるこの街であなたと出会った橋の欄干にもたれながら河の流れを見詰めていた運河の上を風に乗ったカモメが一羽飛んで行くあなたは橋の上から何を見ていたの?待ち合わせの場所はいつも此処で待っているあなたの肩を叩くわたしあなたとわたしの笑顔がひとつになって街の喧噪に溶け込んだ二人の将来を話し合う事もなくそこまで束縛するほどでもなかっ...

  • 天国に咲く花。

    Nikon D700, Mモード,ISO320,SS 1/1000,WB晴天,f/11,単焦点50mm光をも求めて伸びゆくその先に天国がある※秋に咲く桜がある事を新宿御苑に行った際、初めて知った。通常の桜と比べて花びらは少し小さめに見えたが、そのか細い枝から伸び花開く様に例えようのない生命力を感じ取る事が出来た。それと同時に天から降って来た三行の短い言葉たち。それを忘れまいとノートに記し写真のタイトルを『天国に咲く花』とした。 私は花の事は...

  • 名もない小さな花だけれど。

    Nikon D700 Mモード,ISO200,SS 1/800,WBオート,f/5.6,単焦点20mm人知れずひっそりと咲く名もない小さな花だけれどいつもあなたの傍らにいて優しく見守るそんな花のようでありたい※一眼レフカメラで撮影するようになってから、これまでスマフォで撮影した場所へ再び足を運んでいる。アップしたコスモスは京急立会川駅から徒歩10分程度の所にある勝島運河沿いに咲いていたもの。 この辺りにはコスモス畑があり、数種類のコスモスを...

  • 満を持して一眼レフデビュー。

     帰省から東京に戻った翌日(9月2日)、息子からの情報を元に神奈川県大和市にある『サイトウカメラ』へと出向いた。本来であれば帰省の疲れを癒やすため2,3日は自宅でゆっくりするところであったが、気持ちは真っ直ぐ『一眼レフ』に向いていたため、疲れを癒やす時間も惜しんで出掛けた訳である。息子に勧められたカメラは『nikon D700』。その中古をネットで探していると最安値がサイトウカメラだった。一台のみであったから早...

  • 3泊4日、故郷への旅路(天浜編)。

     帰省の最終目的がこの可愛い1両編成の天竜浜名湖鉄道(天浜線)の撮影とそして乗車する事であった。撮影ポジションを探すため天竜川の川原に降り、天浜線が鉄橋を渡る所をカメラに収めたいと帰省前から考えていたのだが、全くその通りになってくれたのは有り難かった。ただ、その日は気温が35℃を越える猛暑、厳しい残暑の光が容赦なく照り付ける。日陰になるような場所は見つからず、電車が通るまで約30分は炎天に晒されて...

  • 仏様に願いを込めて(助け愛)。

    台風19号の被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。そして被災地に一日も早い復旧と平穏な日々が訪れますように…。 東海から関東甲信、東北に至る広範囲にかけて未曽有の大雨を降らせ各地に河川の氾濫、堤防の決壊を齎し甚大な被害を与えるなど、これまでに類を見ない正にモンスター級の台風19号(ハギビス)。私も今回に限ってはかなり神経質になった。瞬間最大風速60mの暴風がもし吹き荒れたら古い木造、しかも家の...

  • 3泊4日、故郷への旅路(養護学校編)。

    無人になった13病棟の窓から腕を伸ばしているのが私(14歳の頃)。 『今夏は天竜養護学校へ行くぞ!』を今年の目標に掲げていたが、それが実現出来た事はこの上なく嬉しく思う。墓参りを済ませた後に息子が運転する車で磐田駅へと向かった。久しぶりのドライブと東名高速道に気分も浮かれていた。31日はジュビロ磐田の試合があるため、午後3時を過ぎると道路が混雑してまともに走れなくなると聞いて、午後2時に友人と磐田駅前...

  • スカイツリーからの便り。

    君から便りが届いたよスカイツリーのてっぺんからこの広い空を渡って僕の心に届いたんだよ※スカイツリーを撮影する上でどうしても失敗は避けたかったため、入念な準備を行った。スカイツリーの撮影スポットは数多くあり、人気のスポットには多くのカメラマンが集まるだろう事は予想が付いていた。他の人たちと同じ場所で撮影しても似たり寄ったりの写真になってしまうため、独自の撮影スポットを確保しなければならない。 写真撮...

  • 3泊4日、故郷への旅路(静岡編)。

     紹介する順番が逆になってしまったが、墓参り(30日)の前に静岡市へ立ち寄った。今回の旅の目的の一つが息子の経営する『パソコンサロンゆうらく』の事務所見学。事務所立ち上げの時も招かれていたが当時の私は心不全を連発し絶不調だった。それから7年、漸くこの眼で息子の事務所を見る事が叶った。 約束の時間は18時30分、藤枝を発ったのは15時頃だったが、午前中は雷と共に激しい雨に見舞われた。天気予報も一日中雨となっ...

  • 夜空を彩る花火の中に。

    夜空を彩る花火の中にあなたの影が揺らいで見える浴衣の裾を昨日の雨で少し濡らした私を大丈夫?と小さな肩を優しく抱いたそのあなたは今夜空の花火となって私を見詰めていることでしょうあの夏の日二人の絆が途切れた時にもう花火は見ないと誓ったのに…※8月3日、4年ぶりに板橋花火大会へ行った。今回は埼玉県側に行き、戸田公園の荒川の岸辺に撮影場所を確保しスマフォを構えてその時を待った。周りには一眼レフに望遠レンズを...

  • 3泊4日、故郷への旅路(藤枝編)。

     8月29日~9月1日にかけて故郷の静岡へ帰省した。急ぐ旅でもなかったので、東海道線の各駅停車に乗り、のんびり車窓の景色を楽しんだ。障害者割引も利用したので東京から藤枝まで1800円と財布に優しい旅となった。だが、東京→藤枝→静岡→藤枝→磐田→浜松→天竜→掛川→東京という過密スケジュール。 10キロ近い荷物を背負っての移動は決して楽なものではなかったが、懐かしい友人・知人たちに会えるという期待感で心も弾み...

  • 残暑お見舞い2019。

    残暑お見舞い申し上げます。※この写真は8月4日、池上本門寺で行われた納涼盆踊り大会へ撮影に行った時の一枚。池上本門寺と言えば、プロレスの父『力道山』の墓がある事でも有名だが、力道山を語る時、どうしても避けて通れないのが父の事。 父が府中刑務所に服役中だった時、同部屋に力道山を刺した『村田勝志』がいた。父はその本人から『力道山殺傷事件』の顛末を聞き、報道されている内容と食い違う部分が多々あったと言っ...

ブログリーダー」を活用して、神戸俊樹さんをフォローしませんか?

ハンドル名
神戸俊樹さん
ブログタイトル
ビーチサイドの人魚姫
フォロー
ビーチサイドの人魚姫

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用