chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
J's Monologue http://jpic5150.blog.fc2.com/

日常の風景、旅先での風景、過去に撮った印象深い風景など、さまざまな風景を載せていきます。

Juntaro
フォロー
住所
大阪府
出身
未設定
ブログ村参加

2018/01/20

1件〜100件

  • 朝日を浴びるシンボル

    久しぶりに朝日を浴びる白馬鑓ヶ岳の山頂を見ることができました。見れたのは早朝6時からほんの数分のみで、その後は分厚い雲に覆われて、ずっと隠れていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 城塞地帯 Vol.2

    以前載せた「工場夜景」の続きです。たくさんの工場がずっと向こうまで続いていて、どこで撮影を区切るべきか迷いながら撮ってました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日没後の鏡の世界

    「前回の記事」の続きです。日が沈んでも、鏡のような世界が広がっています。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 鏡のような岬で

    和歌山県の天神崎という岬では、いくつかの好条件が重なると、鏡のような反射した世界を見ることができます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 城塞地帯

    岡山の工場夜景です。この工場地帯全体の広さは、東京ドーム500個分ほどあるそうです。その一部を切り取ってみても、石油化学工場、自動車関連工場、鉄鋼など、様々な業種が夜も止まることなく稼働しています。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 夕暮れ時の城塞

    夕暮れの時間帯にも撮影してみると、車の出入り、構内アナウンス、ラジオ体操音など、夜中の撮影時jには聞こえない音が聞こえておりました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 城塞 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。こちらは兵庫県姫路市の工場夜景です。夜中でも止まることなく動き続ける工場が無数にあって、世の中が支えられ、回っているのだと改めて感じました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 城塞

    大阪堺市の工場夜景です。夜も稼働し続けています。周囲にはだれもおらず、機械音が響き渡っておりました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 海の安全が作られる場所

    「前回の記事」の続きです。湾の右側を見ると、海上自衛隊の水上艦艇が造られている場所を発見。普段意識することはあまりないですが、日本の海の安全を守るための拠点が目の前で作られているのだと思いました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 入り組んだ地形を眺めて

    京都府舞鶴市の五郎ヶ岳山頂からの景色です。近畿百景第一位に選ばれた場所のようで、海抜300メートルから舞鶴市と舞鶴湾を一望できます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • わずかな光の中で

    「前回の記事」の続きです。日没後、遠くのわずかな光が残っていた中での一枚です。手前はもうほとんど暗く、雲も広がってきて、夕日に染まっていた景色は、ダークな世界に変化していました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日没後の新たな光景

    「前回の記事」の続きです。日没後、暗くなるまで、撮り続けてみました。雲がまた出始め、ずっと遠くには漁船の光も見え始め、別な世界が現れたような感じに見えます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 黄金色に染まる時間

    「前回の記事」の続きです。日没直後、ほんの少しの間だけ空が焼けていました。焼けたと思っていたら、再び雲が出始めてきて、写真では伝えられないですが、撮っている間の蒸し暑さと湿った空気がすごかった。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 荒波の向こうへ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。夕日が一番見頃になり、空がオレンジ色に焼けています。そんな中でも、朝からの悪天候の影響で、波は大きく荒れていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 荒波の向こうへ

    丹後半島のとある海岸に来てみると、曇っていた空の隙間から、夕日が出てきました。この日の空模様は曇ったり晴れたりの変わりやすい天気でしたが、日が沈む直前に夕日を見ることができました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 夕焼け空へテイクオフ

    「前回の記事」の続きです。便数が増え、次々に機体が離陸して行きます。日没後、ライトアップされた滑走路を見るのもまた楽しいです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 旅立ちの瞬間

    「前回の記事」の続きです。また新たな機体がエンジンから熱を放出しながら飛び立つ瞬間です。この一瞬が一番のシャッターチャンスです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日没後の行き交う場所で

    「前回の記事」の続きです。タイヤスモークを上げて着陸した便のすぐそばで、出発便が、控えてます。2年前のコロナ禍のときは、このような光景は見られませんでしたが、その頃に比べて、現在の便数比は+39%とのことです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 夕日に向かってランディング

    これまで何度も来ているこの場所へ再び来てみました。以前に比べ便数が増えており、機体の離着陸を間近で見える楽しみも増えました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 役目を終えたあの場所へ

    過去に載せたことがありますが久しぶりに堺市の旧堺燈台へ来てみました。昭和43年に、役目を終えて、灯台の明かりは消されましたが、現存する洋式木造灯台では、国内最古の灯台の一つのようです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 曇りのち爆焼け

    「前回の記事」の続きです。雲の隙間から出始めた夕日はまた隠れ、そのまま終わりかと思いながら待ち続けた結果、雲の上では爆焼けが広がっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 曇りのち夕焼け?

    「前回の記事」の続きです。強風で雲の動きがとても早い空模様を撮影していると、突然雲の隙間から夕日が出始めました。この後の続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 吹き荒れる海岸で

    雨雲が接近し、独特な空模様の大阪湾上空。強風の湾内では、コンテナ船も停滞中でした。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日本初の国土?

    淡路島北部の岩屋漁港に「絵島」がありますが、別名「オノコロ島」と呼ばれております。古事記や日本書紀の国生み神話によると、イザナギノミコトとイザナミノミコトの2神が日本の国づくりの最初に生まれたのが淡路島で、オノコロ島である、という説があり(諸説あるようですが)、日本最初の国土として伝承されているようです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 静寂な湖畔へ Vol.3

    「前回の記事」の続きです。黄金のような朝焼けを期待したものの、これ以上は焼けず。新たな一日の始まりです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 目覚めの時

    「前回の記事」の続きです。琵琶湖の向こうを見てみると、尖った山の後ろから朝日が登り始めていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 静寂な湖畔へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。徐々に湖の向こうが明るくなり始めています。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 静寂な湖畔へ

    久しぶりの早朝の琵琶湖です。早朝4時半、まだ静けさが広がっており、鳥の鳴き声が湖畔に響き渡ります。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 真夜中の輝き Vol.3

    「前回の記事」の続きです。時間と共に、天の川の角度も変わってきます。真夜中で周辺はだれもおらず、どこからでも天の川と大山が見えるため眺めを独り占めしたような感覚になります。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 真夜中の輝き Vol.2

    「前回の記事」の続きです。天の川が出始めてから見えなくなるまでの間で、場所を移動して撮り続けてみました。鳥取県は「星取県」と名乗っているようで、県内のどの市町村からでも、天の川が見えるそうです。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 真夜中の輝き

    深夜の真っ暗な山中から見た大山(だいせん)と天の川。この日は雲が多く、風の影響で突然シャッターチャンスが訪れたり、すぐに星空が雲に隠れたり、何度も変化する日でした。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日没後の静寂な時間

    「前回の記事」の続きです。色の変化は、日によって違うため、撮影可能なぎりぎりまで撮ってみました。この日の夕焼け空もこれで終わりです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 紅色の世界の中で

    「前回の記事」の続きです。夕日が沈む最後の瞬間、夕日と空を見渡すと、水面と空全体が紅色に包まれていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 風光明媚な湖畔へ Vol.3

    「前回の記事」の続きです。夕日が沈みかけの頃、湖畔全体を見てみると色鮮やかに焼けた空模様が水面に反射していました。この後の様子はまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 紅色に染まる時間

    「前回の記事」の続きです。湖の向こうを見てみると空を覆っていた雲が無くなり、大きな夕日が空と湖面を紅色に染めていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 風光明媚な湖畔へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。雲に覆われていた空から夕日が出始め、夕日周辺の空が焼け始めてきました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 夕暮れ時の奇跡

    「前回の記事」の続きです。現地到着時は、空が薄い雲で覆われていて、夕日は期待できないと思っていたところ、湖の向こうに隠れた夕日が突然赤くなり始めました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 風光明媚な湖畔へ

    焼けるような夕陽を期待して鳥取県の東郷湖で、その瞬間を待ってみました。ここは山陰八景の一つに数えられ、冬には北から渡鳥が飛来する場所のようです。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 受け継がれる絶景へ Vol.4

    「前回の記事」の続きです。夕陽が沈んだ後も、暫くは空が焼けていましたが撮影後の下山道は真っ暗でした。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 受け継がれる絶景へ Vol.3

    「前回の記事」の続きです。棚田全体が山に囲まれているため、夕陽が沈む時間帯の棚田は間接的に夕焼け空の色に染まっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 受け継がれる絶景へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。カメラ、レンズ、三脚など重い機材を背負って30分ほどかかった登山の後に見えた景色です。棚田全体や奥の山々を広く見渡せて、登った甲斐がありました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 受け継がれる絶景へ

    三重県熊野市の「丸山千枚田」へ行ってきました。今現在1340枚あり、西暦1601年には2240枚もあったようです。日本の棚田100選に含まれています。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 本州最南端の地へ Vol.3

    「前回の記事」の続きです。日が沈んだ後、空は大きく焼けず、独特な雲の模様が空に広がっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 本州最南端の地へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。大きな夕日を期待して待ってみましたが夕日は雲に隠れ、時間と共に空模様が変わっていきました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 本州最南端の地へ

    本州最南端にある潮岬灯台というところで見た夕陽です。夕焼けを狙って撮影しているとうっすらと幻日が出ていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日本最古の石造灯台

    「以前の記事」で星空を撮影しながら見た灯台ですが改めて昼間に撮った灯台です。日本最古の石像灯台で、1870年6月に点灯され、150年以上経った現在も活躍しています。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 夜空を指す方向へ

    「前回の記事」の続きです。騎馬像の前に天の川が広がっていて何かを語りかけているように見えました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • あの夜空の向こうに

    「前回の星空記事」の続きです。灯台近くの広場内にある、トルコ共和国初代大統領の騎馬像と星空を合わせて撮ってみました。見応えある星空をしばらく眺めていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 日本最古の石造灯台と夜空

    和歌山県・串本町にある、樫野埼灯台で見た天の川です。夜空には光害がほとんど無く、天の川が肉眼でもよく見えるほどでした。この灯台は日本最古の石造灯台で、1870年に建てられ、今現在も活躍しています。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.7

    「前回の記事」の続きです。ネモフィラを見て園内を歩き回りましたが、どこまでも青いカーペットが広がっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.6

    「前回の記事」の続きです。青い絨毯の中に紅白のチューリップが植えられていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.5

    「前回の記事」の続きです。青いネモフィラ畑の先には、六甲アイランドや六甲山の山々が見えます。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.4

    「前回の記事」の続きです。ネモフィラ畑の先には大阪湾が見え、青い世界が広がっています。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.3

    「前回の記事」の続きです。青いカーペットのような景色が、ずっと向こうまで続いてます。この日は天気が良かったため、多くの人々で賑わっていました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。太陽光を浴びようと、ネモフィラが太陽の方向を向いています。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 青い世界へ                                                                                                                                        青い絨毯

    大阪・舞洲では、ネモフィラ祭りが行われております。会場を入ると、青い空・海・花が広がっていました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 川沿いの春の景色

    桜が見頃の今月上旬、偶然通りかかった場所で、綺麗な桜並木を発見ほとんど人もおらず、ゆっくりと風景を見て楽しめました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 逆さ夜桜 Vol.4

    「前回の記事」の続きです。夜桜のイベント会場を照らす明かりが水面を照らしています。無数の花びらが浮いていて、独特な模様を描いていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 逆さ夜桜 Vol.3

    「前回の記事」の続きです。ほぼ無風の夜空の下で、見応えある夜桜を楽しめました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 逆さ夜桜 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。ブルーアワーが進み、夜桜が見応えを増してきます。来ていた人々は、静かに夜桜鑑賞を楽しんでいるようでした。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 逆さ夜桜

    兵庫県丹波篠山市で見た夜桜です。ほぼ無風の日没直後、人が少なく、落ち着いて撮ることができました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春の回廊

    桜が見頃になると、花のトンネルも見頃を迎えます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春の夕暮れ時 Vol.2

    夕日が沈む頃、桜もその様子を静かに見守っていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春の夕暮れ時

    「前回の記事」の続きです。往復で約8kmの桜並木に沿って歩き続けていると、綺麗な夕日がお見送りしてくれました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春の共演

    「前回の記事」の続きです。「逆さ桜」を越えて、さらにずっと奥へ歩いて行くと、青々とした草原と、菜の花と桜並木が共演してました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 逆さ桜

    兵庫県小野市の「おの桜づつみ回廊」で「逆さ桜」を撮影。撮影した日は風が吹いていた影響で、水に映る桜の撮影は難しかったですが、約4km・650本の桜並木は見応えがありました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春爛漫

    毎年のことですが、今年も桜が見頃を迎えています。たくさんの人々が桜を見ながら、それぞれの時間を過ごしておりました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 遥か古代からの風景 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。夕日を期待して行ったものの、結局最後まで見れず。大きな石灰岩で囲まれたこの場所は、何度来ても別の世界のように思えてきます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 遥か古代からの風景

    1年半ぶりに白崎海洋公園へ。ここの石灰岩は、2億5千万年前からあるようで、この公園内は、別世界のような風景が広がっています。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 沈みゆく大きなシンボル

    ある日の夕方、公園を散歩しているときに見た、大きな夕陽が沈む瞬間です。たくさんの枯れ木が、寂しそうな雰囲気を出していました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 奇景な岩場へ Vol.2

    「前回の記事」の続きです。別の視点と角度で見てみると自然に風化・浸食されている様子がよくわかります。岩の下部分が深く侵食していて、地震で崩落しないだろうかと、つい考えてしまいました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 奇景な岩場へ

    「前回の記事」の続きです。星空撮影を行った場所の昼間の様子を撮影。この場所は、岩の隆起・風化と、波の浸食によって生じた自然の芸術と言われているようです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 明方に輝くシンボル

    「前回の記事」の続きです。早朝4時半を回った頃、天の川の下で輝く金星を発見。金星は真夜中ではなく、夕方や明方にだけ見える星で、星空撮影を通して学べることがたくさんありました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 岩屋の奥から見る夜空 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。夜中の3時を回って、天の川が良い位置まで上がってきた頃、撮り方を少しずつ変えながら、別のカメラでも撮影。ここは、世界遺産、国の天然記念物、日本百景などにも選定されているようで、独特な形をした岩が印象的で、とても見応えがありました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 岩屋の奥から見る夜空

    三重県熊野市の海岸にある「鬼ヶ城」で、今年最初の天の川撮影に挑戦。せり出した岩が、洞窟のような独特な形をしていて、いつか行こうと思っていた場所で、やっと撮ることができました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 春の訪れ

    大阪の鶴見緑地公園で見つけた梅の花。様々な場所で梅の花が咲き始めており、春の訪れを感じました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 冬日和の空の下 Vol.3

    「前回の記事」の続きです。冬、春、夏に、この場所に来れたので、次は秋に来ようと思います。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 冬日和の空の下 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。雪景色と空を見上げながら、雪中散歩を楽しむことができました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 冬日和の空の下

    ほぼ毎年来ていた、「メタセコイヤ並木」が見えるこの場所へ、再び来てみました。空気が澄んでいて、雪景色と青空が広がっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 沈む瞬間まで

    「前回の記事」の続きです。雲の下に沈もうとしている夕陽は、最後まで力強く見応えある光を放っていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 大きな輝きのお目見え

    「前回の記事」の続きです。強風で雲が流れるなか、ついに夕日が出てきました。雲の形で光芒が変化し続けたため、見応えある夕焼け空でした。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 輝きの下で

    「前回の記事」の続きです。強風で雲の流れが早くなり、隙間から差し込む光芒が刻々と変化していきます。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 降り注ぐ輝き

    先月中旬、夕日が見えることを期待して、久しぶりに大阪港に行ってみました。この日は、曇りで強風が吹き荒れる天気でしたが、雲の隙間から日が差してきました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 轟音の中で

    「前回の記事」の続きです。ここの河川敷は、すぐ頭上を飛ぶ航空機を間近で見れて、轟音と迫力を一緒に体感できる、特別な場所です。ここに来るのは何回目だろうかと、数えてしまいます・・・。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 飛び交う場所で

    久しぶりに、これまで何度も来ている千里川河川敷へ。以前に比べ、本数はかなり減っているものの、すぐ頭上を飛んでいく航空機は見応えあります。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 嵐の合間に

    「前回の記事」の続きです。吹雪がしばらく続くかと思っていると、突然吹雪が弱まり、その間に雪が積もった彦根城を撮ることができました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 降り頻る雪の中で

    「前回の記事」の続きです。彦根城のお堀に停まっている屋形船。吹雪で霞んで見えにくくなっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • じっと耐えて

    「前回の記事」の続きです。吹雪のなか、水に浮くスズガモの群れを発見。ほとんど動くことなく、風で流されながら、群れでじっと耐えていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 暴・風・雪

    雪の彦根城を撮ろうとしたところ、突然天気が大荒れになり、そのまま撮ってみました。雪の天気は変わりやすいです。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 鉄の要塞 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。広い工場地帯のいろいろな場所から撮り続けてみました。接近してみると、迫力があります。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 鉄の要塞

    「前回の記事」の続きです。広い工場地帯のいろいろな部分に焦点を当てた中の一枚。ずっと見ていると、輝く鉄の要塞のように思えてきました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 眠らない工場地帯

    「前回の記事」の続きです。波の音が広がる。真っ暗な防波堤の上から見えた眺め。工場地帯が広いため、いろいろな場所から撮ることができます。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 眠らない夜 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。日々眠らない夜が続きます。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 眠らない夜

    「前回の記事」の続きです。機械の稼働音と波の音だけが鳴り響く、誰もいない場所で撮影。止まることなく動き続けてます。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 稼働し続ける場所 Vol.2

    「前回の記事」の続きです。鷲羽山スカイラインからの眺めです。至近距離で工場夜景を楽しむことができました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 稼働し続ける場所

    久しぶりの工場夜景写真です。総面積約2500haの敷地に、220以上の事業所が立地している、岡山県の水島コンビナート。ここの夜景は、「夜景100選」にも選ばれているそうです。続きはまた次回いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 真冬の夜空を見上げて

    2021年末に和歌山県串本町で見た星空。強風が吹き荒れる中での撮影でしたが、夜空は光害がほとんどなく、見応えがありました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 見頃の秋色探し Vol.5

    「前回の記事」の続きです。見頃の紅葉のなかで、柿も良い色に染まっていました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 見頃の秋色探し Vol.4

    「前回の記事」の続きです。境内は人が少なく、じっくりと写真を撮りながら紅葉観賞ができました。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 見頃の秋色探し Vol.3

    「前回の記事」の続きです。見頃を迎えた紅葉が、境内の色々なところを彩っていました。続きはまた次回。いつもご訪問ありがとうございます。下記を↓↓ポチっと 応援頂けると嬉しいです。にほんブログ村...

ブログリーダー」を活用して、Juntaroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Juntaroさん
ブログタイトル
J's Monologue
フォロー
J's Monologue

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用