住所
出身
ハンドル名
ゴロー・Oさん
ブログタイトル
写日記@ポーランド
ブログURL
https://larciatoja.blog.fc2.com
ブログ紹介文
「写日記@ヨーロッパの田舎」の引っ越しブログ。 ヨーロッパ6か国勤務後、ワルシャワに永住しています。 美しい自然と大好きな野鳥や小動物達の写真とともに日々の出来事を綴っています。
自由文
Yahooブログから引っ越して来ました。 ヨーロッパ6か国で勤務した後、ワルシャワに永住しています。 自然や小動物を中心に“ヨーロッパの田舎”を紹介したいと思います。
更新頻度(1年)

33回 / 32日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2019/03/18

ゴロー・Oさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(IN) 475位 488位 492位 509位 509位 526位 548位 956,941サイト
INポイント 110 660 630 630 600 630 630 3,890/週
OUTポイント 120 710 710 680 700 690 720 4,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 34位 35位 37位 40位 39位 39位 39位 33,409サイト
フォトエッセイ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 527サイト
海外生活ブログ 20位 21位 21位 23位 25位 26位 27位 34,974サイト
ポーランド情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 55サイト
海外永住 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 155サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 2,766位 2,817位 2,850位 2,948位 2,968位 3,054位 3,148位 956,941サイト
INポイント 110 660 630 630 600 630 630 3,890/週
OUTポイント 120 710 710 680 700 690 720 4,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 15位 15位 15位 16位 15位 17位 17位 33,409サイト
フォトエッセイ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 527サイト
海外生活ブログ 177位 177位 185位 189位 184位 192位 196位 34,974サイト
ポーランド情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 55サイト
海外永住 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 155サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 956,941サイト
INポイント 110 660 630 630 600 630 630 3,890/週
OUTポイント 120 710 710 680 700 690 720 4,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,409サイト
フォトエッセイ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 527サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,974サイト
ポーランド情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 55サイト
海外永住 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 155サイト

ゴロー・Oさんのブログ記事

  • 『秘密の回廊』がやはり木にあった

    ワジェンキ公園の南池にある離れ小島のリスはここの『住人』?まさか! では島への往来の方法は? 暫く観察すると・・・素早く木に飛びつき走り始めた 早い 早い 草地を走るより早い何とか撮ったリス君の写真を当てはめると次のようになった一気に最初の木の高い所まで上がって別の枝に移り 次は降りるNo.3は下向きだ そして陸から島に傾いていた木を走って陸へ一旦上がり その後下がる ここがミソなんだろうこのリスが見つ...

  • 離れ小島のリスはひとり暮らし?

    満開のコブシを見たワジェンキ公園を更にゆっくり歩いたリスが地面にある木に食いついているようだが 驚いたのは・・・リスのいる場所 公園中心の大池に続く南池の中の小島ここでリスを見たのは初めて 離れ島でひとり暮らし?!どうして離れ島に来たのだろう? 氷を歩くリスを以前御紹介した真冬は凍結したままの池だからその時に渡って来た・・・?氷を歩く記事はこちら → (「池の新たに出来た氷の上で・・・」)目の前の木 ...

  • コブシは『日本のマグノリア』

    ワルシャワのワジェンキ公園にあるコブシが満開だ春を代表するようで 好きな花だが よくモクレンと間違えるポーランド語では『日本のマグノリア』 つまりモクレンだがwwこの豪華な咲き方がいい 左上にポーランド国旗が見える大統領公邸のものだが この花のために立っているようだww今回 ブログの引っ越しに伴い 過去の記事を色々と点検した日本から来たものが広まったコブシだと7年前に書いていたなのにその後間違えてハクモクレ...

  • 次から次への飛行機雲とぎっくり腰

    昨夕は次から次へカラフルな飛行機雲の出現で驚いたそれに普通の旅客機が雲を作る主だったことも初めて知った実はブログを休もうと思った と言うのも・・・土曜からぎっくり腰で 出かけられなくなっているから日没10分後の19時40分 あちこちに飛行機雲が見え始めたビルの谷間の小さな空なのに この1枚に写っただけでも5つ!空軍の戦闘機が訓練で飛んでいる これまではそう思っていた間違いなく旅客機 だがショパン空港のある西...

  • 街の巣はコウノトリがちゃんといた

    ワルシャワ南郊外のコウノトリの巣探訪の最後は街中の巣ソビエンキ村から更に2キロ余り行った所のオシエツク町つがいが巣にいた どこからでも見える教会は100m程の距離右前方に尖塔の突端が見えるが 建物が邪魔でよく分からないwwそれはともかく街中のコウノトリはやはり人馴れしている撮影する私を気にかけないそこで巣にかなり接近した すると私を見たでも一瞥と言った感じかな 殆ど警戒しない座っているのが雌で 立っている...

  • 春の雪 今後は暖かくなるらしい

    朝起きたら雪がパラついていた 寒暖計を見ると0度ここ2~3日は寒めだったが 雪の予報はなかったような・・・そう思いながら撮ったそれなりに降ってはいたが 積もらないし 写りにくい吹いたばかりの白樺の芽とおしべに少しだけ雪が付いていた暗い場所や木の幹にも1時間くらいは細かい雪が降り続いた地面や屋根は温まっているからだろう 全く白くならなかった先程の松葉の陰にある木でホシムクドリが『雪やどり』をしていた日曜から...

  • 「森が微笑んでいる」ような花盛り

    「森が微笑んでいる」 木々の花が咲き始めるといつもそう思う植えられた木ではなく 自然の木々の花々 必ず実をつける先程はワルシャワの我家から近いビスワ川に続く森と言うか林その続きが草原と林の中間のような緑地 ここも微笑んでいる日本の桜の咲き方ではなく ここでは新芽が吹く一方で花が咲く何の花かよく知らないが 私には春の訪れを告げる『桜』だww先程の写真にもあったが この緑地の彼方に大きな教会があるどこからで...

  • 環境の変化を心配した巣だが・・・

    ワルシャワ南郊外近辺のコウノトリの巣探索を続けた心配していた森の中にある村の巣 いてくれたのでホッとした何故心配したかと言うと 春先に巣の周りの木が切られていた電線に木の枝がかかりそうになっていたからだろうが・・・残った木も枝が相当切られ 周りの環境が変化した感じだ巣そのものも殆どなくなっていた でもコウノトリがちゃんといたそして巣作りもかなりやって 1羽がずっと座っていた 多分雌鳥雄は更に巣作り用の...

  • 巣作りを始めたコウノトリ夫婦

    ワルシャワ南郊外の村の巣にコウノトリがちゃんといた巣にいるのを見たのは今年初めて それにしても大きい!私の別荘から2キロ余りのソビエンキ村 今月初めに来たそうだこれまで日中は大抵留守だった ただこの時は1羽だけ巣が綺麗になった 雑草がなくなり 枝が増えたように見えた突いたり 座ったりしていたが 巣作りを始めているのだろう最初は私を見たが 距離を十分にとったので殆ど気にしないコウノトリの足を初めてアップで...

  • 霧の朝~予報にもなかったのに

    昨朝だが 寝坊して7時過ぎに起きると霧が出ていたワルシャワ南郊外 私の部屋の目の前にゴルフ練習場がある女性がもう練習をしていた天気予報に全くなかった突然の霧 確かに気温が予想以上に低い予報では3度だった 寒暖計を見ると0度に近い朝日は何とか見えた太陽が出てから1時間余りも経つのにまだ濃い霧が続くとは・・・またゴルファーが来た そうか 大きなコンペがある日だった風も殆どなく 霧の出る条件がそろった日だった...

  • 夕暮れ時に別荘近くでくつろぐ白鳥

    ワルシャワ南郊外の夕暮れ時 日が長くなり 日没は19時20分だ18度まで上がった暖かい日 白鳥がくつろいでいるのは・・・ゴルフ場で一番大きな池 この池で白鳥を見たのは初めてだった隣に戸建て別荘 それにクラブハウスがあり プレーヤーも多い私もプレー中で ハーフ最後の9番ホールに来て気付いた撮影すると白鳥達は警戒し始めた そんな人は他にいないからwwハーフでプレーを終え 再度撮り始めると白鳥達は移動・・・でも逃げ去...

  • 我家前は鳥達の待ち合わせ場所?ww

    外出する序にゴミを出そうと庭を通ると クロウタドリに遭遇したカメラを持っていたので撮ったが 誰かを待っていた感じがした勿論待っていた相手が私でないことは確かだが・・・ww同じ日の午後 窓から庭を見るとじっと動かぬ黒いものが見えたクロウタドリ 同じ鳥かどうか分からぬが居眠りをしていたこんな所でと驚く一方で 何だか待ちくたびれた感じも・・・時々目を覚ますと 辺りをキョロキョロ そしてまた眠るやはり誰かを待っ...

  • 花弁は一体何枚?~逞しい北国の花かな

    森のアネモネとも呼ばれるこのアネモネ・ネモローサの花花弁が6枚か7枚で 一定していないことは知っていただが「もうキンポウゲが咲いている」と驚いて撮ったこの写真一緒に咲いていた森のアネモネを見て驚いた 8枚ある?!焦点はキンポウゲなのでボケているが やはり8枚の花弁だ検索すると「通常は6枚か7枚だが 稀に8~10枚の花もある」そう書いてあった どこにあった花か覚えていたので翌日再訪しただが日中も8度程度の寒い日...

  • ワルシャワでも桜が咲き始めた

    ワジェンキ公園の桜が咲き始めた 1週間前は全くの蕾だったソメイヨシノではないと思うが 似ており 私には春の象徴だwwこの国にサクランボは五万とあるが 実のならない桜は元々ないだから植えられたもので ここに3本あるそして意外に早めに咲く だから寒桜の種類かも知れない3本のうち2本はもう5分から7分咲きくらいになっていた今日は19度と最高に暖かく 明日もそれに近いらしいだからもうすぐ満開になると思うすぐ隣にやはり桜...

  • 他の渡り鳥達も次々に顔を見せてくれた

    ワルシャワ南郊外の別荘の周りに鳥達がめっきり増えたこれはクロジョウビタキ やはり越冬から帰って来た鳥だ日本のジョウビタキに比べて名前通り黒い 雌鳥も隣に来た別荘近辺の小鳥の中で雌雄がこんなに違うのはこの鳥だけwwキンクロハジロも帰って来た 雄は頭に垂れ下がった房があるワルシャワ近辺では冬にいなくなるポーランドでは珍しい部類の鳥だが 最近は増えているそうだ人懐っこいハクセキレイ 帰って来た早々は警戒気...

  • コウノトリが帰っていたが どの巣だろう?

    ワルシャワ南郊外 コウノトリがもう帰っているはずそう思って見回っていると・・・いたいた!牧草地の中で餌を探していた この近辺には4つの巣があるその巣巡りを時々していたが 巣では見掛けなかった多分帰って来たばかりで 巣作りにまだ入っていないと思う私が撮影を始めるとコウノトリは逃げる訳ではないが・・・餌を探し続けながらも少しずつ遠ざかる この国では私のように撮影をする人間は稀だ だから間違いなく警戒して...

  • 間違いの芸術?~エイプリルフールの日に

    この氷は何!? 時々陽が差した昨日の朝のことだった木の枝が綺麗に凍り付いているだけでなく その下も!見事に凍り付いた木 芸術品っぽくも見えたwwエイプリルフールのこの朝 夏時間の6時半頃に起きた寒暖計は零下5度 嘘だろうと思った TVは零下1度と言っていた9時前にゴルフを始めた 3~4度 寒かったがよくあることだ最初に遭遇したのがこれ ロングホールの真ん中が白くなっていたこの氷を見るまで 白いのが何か分からな...

  • 季節の変化を感じた19時過ぎの森中の夕陽

    夏時間になった昨日 ワルシャワ南郊外に来て 夕焼けを期待した大したことなし・・・と思ったら 沈んだはずの夕陽が森の中に!時計を1時間進ませただけなのに日が長くなったと感じるそれと日没の場所が北へ移動し 今ではデッキから見える暦上の日没は19時9分 その10分程前に夕陽が森に沈んだ飛行機なんかを撮って 部屋へ戻ろうとしたその寸前に何気なく夕陽が沈んだ空を再度見て赤い光に気付いたいずれの写真も19時3~4分の撮影だ...

  • こんな花達も~初めて見る花が多い

    今日は更に暖かく 16度まで上がり 概ねいい天気だショパン像のある丘の裏側の林にこんな花が咲いていたサツキ似の花 この国はシャクナゲが一般的だが開花は1ヵ月後だまだ早春なのに こんな花が咲いているとは驚きだったショパン像のあるバラ園横にはいつも早春に花を付ける木があるやはりもう咲いていた 白いサルスベリに似た花 名前は知らない横の池は水が抜かれたまま 水道管がまだ凍る恐れがあるからだ実際 今夜と月曜夜は...

  • 花が増えている~まだ早春の花だがww

    今日は曇り勝ちだが やっと天候が安定した感じの日だワジェンキ公園ではラッパ水仙が咲き始めていた今年初め見る水仙だ それにレンギョウ 柳もかなり緑になった急に春めいた感じがするwwヒナギク! これも今年初めて見たヒナギク まだ所々だがそのうち草原を埋める程に咲くだろうww以前に御紹介した『春の妖精』シラー・シベリカが群生していた北国の野の花は群生するものが多い気がする雪も降ったし 零下にもなったのに大した...

  • 綺麗な夕焼け続き~日が長くなったからかww

    早春特有の変り易い天気なのに素晴らしい夕焼けが続いている我家から見える小さな空 丁度暦上での日没時の昨夕6時過ぎその50分余り前に夕陽が見始めた 曇り勝ちだったのに・・・見上げると青空が広がっていた 夕方になると大抵こうなるww夕陽はこの『ビルの谷間』ではなく今ではもっと北よりに沈む夕焼けの色が赤くなって行く でもこの赤い光りの発信地点・・・まるで『ビルの谷間』の奥に見えたが これは不思議だwwその前日の...

  • 「何想う」の前にシルエットの君は誰?

    ワルシャワの天候は変り易いが 夕暮れ時には意外に夕陽が差す先日の夕暮れ時 窓のすぐ外に鳥のシルエットが見えた大きめの鳥で1羽だけ じっと動かずにとまっていた何か想うことあり? いやその前に君は何者?陽光を避けた姿がやっとカメラに入った オッ ホシムクドリ君相手も私をじっと見つめていたらしい だが逃げなかった南国から帰って来たこの鳥を我家近辺で見たのはこの時が初めて間違いなく帰って来たばかり だがすぐ...

  • 突然の雪に太陽がチラリと変り易い天気だ

    昨日午後 日本が今日に変わった頃 PCに向かっていた急に暗くなったので外を見ると雪がガンガン降っていたそして瞬く間に真っ白 冬に逆戻りの感じだ気温を見ると0度より少し下 これまた急に下がっていた目の前の大通り スリップを恐れて車がゆっくり進んでいた私の車もそうだが もう夏タイヤに交換した人が多い丸く膨らんだような鳥が松葉の下にいたので望遠で撮ったカケスだった やはり羽毛を膨らませて寒さを防いでいるようだ...

  • 春を待つ準備の整ったリンゴ畑だが・・・

    ポーランドは世界一のリンゴ輸出国リンゴの木は春に備えてもう剪定を終えているこのところ滞在が増えたワルシャワ南郊外は一面がリンゴ畑だリンゴ栽培は主要産業で この町の紋章もリンゴが描かれている町の紋章の記事→(「リンゴと剣の紋章の町」)年数が経ったリンゴの木は踊っているように見えるまだ頑張るぞ 沢山実をつけるからネ そう言ってる感じもする植え方が面白い 中央の古い木の両側に若木と全くの苗木古い木は仕事を...

  • ハクセキレイも越冬から帰って来たww

    北アフリカから地中海沿岸で越冬するハクセキレイも帰って来た日本の鳥と違って顔に黒い過眼線のないタイリクハクセキレイだワルシャワ南郊外だが 第一陣の感じでまだ数が少ないそして屋根の上など遠くにいて なかなか近づいてくれない写真を撮っているとすぐに気付いて警戒し 遠ざかる2枚目の写真の右側が遠ざかったこの鳥だハクセキレイ達は猛禽類のいない住宅近辺に営巣し 雛を育てる左端の別荘前にある小さな茂みは営巣場所の...

  • また東空の夕焼けと水鏡~だが邪魔者が

    ワルシャワ南郊外 昨日土曜も無風で夕焼けが東空に出た順光で撮った別荘群と夕焼けの水鏡この一番大きな池で撮るつもりだった 順光側に夕焼けはまだすぐ日没 夕焼けがこの空にも広がるだろうと期待したら・・・波を立てて池を横切る『邪魔者』が! マガモのつがいだったもう繁殖期に入ったのだろう この日はあちこちにマガモがいたこの池には3つがい ゴルファーが来ると逃げるように移動する一旦波が立つと綺麗な水鏡に戻るに...

  • カワアイサが可愛いさと思うのは多分・・・

    先日のワジェンキ公園 カワアイサの写真をまた何枚も撮った私はこの鳥が大好きだ もちろん髪の長い雌鳥だけだが水鳥の中で一番表情が豊か 髪だけでなく目の表情もそれに断然に可愛い 髪型をいろいろと変えるのもいいペットだったラルチャを思い出させるのも理由の一つだと思うラルチャも髪型をいろいろと変えていた(ラルチャの髪型の記事は以下のページ)https://larciatoja.blog.fc2.com/blog-entry-2159.html(ラルチャの「...

  • 日没後 東空の夕焼けと順光の景色が水鏡に

    ワルシャワ南郊外 先日の水鏡の夕方 もう一つの偶然が重なったそれは日没後に反対の東の空にまで夕焼け広がったこと夕陽を撮っていた池 逆光ではなく順光なので景色が明るく写るだがこの池は小さくて別荘群などの建物が水鏡に入らないそこで隣の一番大きな池 200m程の長さの池へ移動した最初の写真はこの池から撮ったクラブハウスだ鏡同然だった 建物と木々 それに夕焼けの空がそのまま写る岸辺を少し移動 これはまさに東方向...

  • 薄紫の可憐な『春の妖精』 シラー・シベリカ

       『春の妖精』とも呼ばれるシラー・シベリカが咲き始めた昨日ワジェンキ公園で見つけた 大好きな花の一つだ東京でもう桜の開花宣言が出されたそうだが 当地はまだまだ樹木の花は全くなく 控えめに顔を出す早春の野の花だけだ特にこの花は下を向いて咲き 正面顔を見せてくれないおてんば娘風に花弁を開いていたので何とか撮れたのが1枚目キバナノアマナも咲き始めていた これまた早春の花ポーランドでは「黄色の...

  • 枝垂れ柳の新芽が揺れて 濃くなる春の兆し

    ワルシャワ中央のワジェンキ公園に行ったもう枝垂れ柳の新芽が出て 風に揺れていたポーランド人にとって枝垂れ柳は故郷の心象風景のようなものだここにあるショパン像も枝垂れ柳の下で曲の構想を練っているもう一つ 越冬に来ていたカモメ達が揃っていなくなっていた10日余りここに来なかったが 随分と変わった少し寂しい気持ちにもなりながら散策をしていると「ちわ~!」そんな感じのオシドリ夫婦に会った 彼等はずっといるww中...