searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゴロー・Oさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

Yahooブログから引っ越して来ました。 ヨーロッパ6か国で勤務した後、ワルシャワに永住しています。 自然や小動物を中心に“ヨーロッパの田舎”を紹介したいと思います。

ブログタイトル
写日記@ポーランド
ブログURL
https://larciatoja.blog.fc2.com
ブログ紹介文
ワルシャワ永住です。 美しい自然と大好きな野鳥や小動物達の写真とともに日々の出来事を綴っています。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ゴロー・Oさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゴロー・Oさん
ブログタイトル
写日記@ポーランド
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
写日記@ポーランド

ゴロー・Oさんの新着記事

1件〜30件

  • リンゴの花がアッと言う間に満開ww

    ワルシャワ南郊外 リンゴの花がアッと言う間に満開になった日曜から急に気温が上がり 昨日26度 今日も25度予報だただ風は強いままで 天気は変わり易く不安定だ…それはともかく 延々と続くこのリンゴ畑 数百mはある世界有数のリンゴ輸出大国らしい感じだ桜のように密集して咲かない一方で 大きい花なので目立つそれ程匂わないが 鼻を近づけると優しい甘い香りがするバラ科なので花も香りも原種のバラに似ているかも知れない畑で...

  • 『水辺の貴婦人』セイタカシギ撮影

    ゴルフ中に水場に細長く白っぽい鳥がいるように感じた望遠で覗くとここでは初めて見るセイタカシギだったコース沿いにある細長い湿地 2羽が餌取をしていた刺激しないよう近づかないまま望遠で撮った赤い脚が長く綺麗だ 『水辺の貴婦人』と呼ばれるだけある近い方の右の鳥が私を見たが 逃げずに餌をとり続けたヨーロッパ南部に多い鳥で ポーランドでは珍しいビスワ川沿いで一度だけ見たことがあるもう片方の鳥 雌雄ほぼ同じで ど...

  • こんな所にも~野鳥の季節になった

    鳥達が多くなった 渡り鳥はすべて南から帰って来た そして餌も増えた 小道を前方に小鳥が佇んでいた 撮影しても逃げない 隣の白樺の茂みにも何か動くものが… 同じ小鳥だ モリヒバリだと思う スズメより小さい 通常はあまり目立たない冠羽が確かにあるように見える 朝ゴルフ中 池の葦に小鳥達がとまっている 写真には5羽 ツバメだった 池の上を飛び回りながら餌取をしていた 休憩中か? こんな所にとまるツバメ...

  • 一面の霜~自然の最後のいたずら?

    ワルシャワ南郊外 今朝起きると零下2度 慌てて外へ出ると…もちろん一面の霜! 予想以上の冷え込みだった快晴に加えて久し振りに無風の朝 ともかく風の日続きだったそれにしても5月も半ばに入る頃に一面の霜や毛嵐とは驚きだかなり増えた花も今朝は北国の寒さを味わったことだろうこの後また風が出て来たが 西風から南風に変わっている一方で気温は急激に上がり 19度に達するとの予報だやっと暖かくなる直前の自然の最後のいた...

  • やっとリンゴの花が少しだけ咲いた

    ワルシャワ南郊外 リンゴの花がやっと咲き始めた蕾がリンゴ色で可愛いこの花が大好きだ 勿論リンゴもだがww実はこの畑 ビスワ川沿いの森のすぐ東側 ここは大抵西風が吹くその冷たい風が当たらない場所にある小さなリンゴ畑だ隣に延々と連なる広大なリンゴ畑 日当たりがいいが花はまだここ3年の写真を見直すと4月20日過ぎにはもうかなり咲いていた今年は半月 いやそれ以上遅い こんな遅いのは最近では初めて因みに今年の4月は...

  • 朝ゴルフを水しぶきの中でやる季節

    早朝ゴルフをやっていると大抵こんな感じで散水の中になる冬の寒さや長期に亘った積雪で傷んだ芝が随分綺麗になったオッと 打った球が散水の中へ! 遠回りをして勿論プレー続行客がいるのに散水?と思われるだろうが ゴルフ場オープンは8時その前から私は勝手にプレーをしている ゴルフ場黙認でww散水で芝が元気を取り戻す一方でタンポポ等の雑草も増えた除草剤を定期散布しているが 雑草は強い 特にタンポポは…グリーンでパッ...

  • ホテルのコウノトリは確実に抱卵中

    ゴルフ場と同じ経営のホテル コウノトリがちゃんと巣にいる2羽とも立っていたが 1羽はくちばしで何かをし続けている巣を掃除したり 卵を動かしたり…そうあって欲しいと思いながら観察を続けた 右側は体の大きさから雄だ雄が座った 間違いなく抱卵! 多分抱卵を交代したと思う雌が私を見た 綺麗なくちばし この巣は以前から綺麗な鳥が多いワイドを撮ろうとした瞬間に雌が飛び立った やはり交代だった3年ぶりにここで産卵した...

  • 人家に通常近づかないキセキレイも

    自転車を止めていた小型機飛行場に戻るとキセキレイがいたハクセキレイと棲み分けるキセキレイは通常人家に近づかないそして人を見るとすぐ逃げるのが通例だが 目の前に降りたもう1羽が飛んで来て2羽 こんな経験は初めてだった格納庫前で人が住んでいる訳ではない だが人はよく来るその格納庫の屋根にハクセキレイも飛んで来たハクセキレイがいるのは専ら人家の近く 餌取には遠出もするここは棲み分けの丁度中間地帯…そんな場所...

  • 5月なのに霜~でも久し振りの朝日

    ワルシャワ南郊外は1度 雲が少しあったが朝日が見えたここ数日ほぼ曇りか雨 そして日中はかなり強い風が吹く気温が低いだけで写すものはあまりない…と思って別荘前に来ると目の前の池に毛嵐が見えた ここは森に近い溝に架かる木製の橋に霜がびっしり付いていた周りの木々が風除けになったからだろうタンポポにも霜 朝は閉じているのが普通だが開いたまま5月なのに霜とは…と私同様に驚いたのかな?ww日中はこれまた久し振りに10...

  • 交響曲『運命』着想元のキアオジも

    次はすぐ近くにいたのに逃げず 何回も鳴いてくれたキアオジベートーベンの交響曲『運命』の着想の元だったと言われている冒頭の♪ダダダダーン♪ これがリフレインされる交響曲だゴルフ場すぐ隣の茂み 白樺越しに私の部屋のある建物が見えるだが鳴き声はダダダダーンではなくチッチッチッチーの繰り返し曲もダダダダーンの後には小さな音のチッチッチーが確かに続くそれにしてもよく鳴く 2~3分の撮影中に鳴く姿が4枚もあった英語...

  • まず見つけた『北国の鳥』オオモズ

    まだ肌寒いワルシャワ南郊外 目の前の草原に野鳥を見に出かけたまず遭遇したのがオオモズ 白い体に黒い線が横に走り目立つ鳥私の部屋から見える吹き流し近辺の白樺にとまっていた木々は芽が出たばかりで葉に覆われず とまった鳥が見えるそれに繁殖期の野鳥はよく囀る 今は野鳥観察に最適だゴルフ場の東端にある小型機飛行場に自転車をとめたピンクの小さな花が咲いていた 草原に花はまだ殆どない…オオモズは普通のモズより遥か...

  • 花の5月~やっと『サクラ』も満開

    5月になったが早朝1度 日中は10度予報とそれ程暖かくはないでもやはり花の5月 サクランボが満開になっているwwゴルフ場のある村入口の道端 この村には果樹畑が多いリンゴにナシ(西洋梨) そしてサクランボが主要産品私にとってはこの花が春を実感させる『サクラ』だww隣の牧草地らしい緑地の周りに連なるこの花も満開栽培の果樹ではなく道沿いの木 野生のプラムの類だと思う3日前を最後に零下にならず 一昨日昨日と10数度に上が...

  • コウノトリの巣がまた空っぽだが…

    ワルシャワ南郊外のコウノトリの巣を見回った 隣村の巣隣の町中と町外れのこの牧場の3つの巣はいずれも抱卵中だっただが森中の巣 1週間前はコウノトリが座っていたのに空っぽ巣のある家は空き家だ 冷え込みも続いたし やはりダメか…最後のゴルフ場と同じ経営のホテルに行くとここにもいない!赤リスが動き回る敷地に入り 近くで確認したがやはり空だここはすぐ近くなので2~3時間後に再度行くと…オッ いた! まだ抱卵中ではな...

  • こんなにツクシがこの国にあるとは

    ポーランドに長年住みながらツクシを見たことがまだなかったスギナは記憶があり その胞子茎がツクシと昨年教えていただいただから今年は見つけてやろうと花を撮影する度に探していたそして溝際の『森のアネモネ』の隣に顔を出したのを見つけたゴルフ場敷地入口だが 探すと…あるある 何と言う多さ!毎年ここで花を撮っていたのに気付かなかったとは…心ここに在らざれば視れども見えずだなwwツクシはないと思い込んで 花ばかり見てい...

  • 昇った朝日に教会がすっぽり入った

    ワルシャワ南郊外の今朝は零下5度で快晴 少し風があった満月の『ピンクムーン』が南西の空にまだ残っていた反対側のピンクとオレンジに染まった空に朝日が見え始める暦上の日の出から2分後 全くの平地で林がある分だけ遅いww上り切った朝日の中に隣町の教会がすっぽり入った昨日は少し雲があったが ここから朝日が見え始めたと思うこのところ日の出は毎日2分ずつ早くなっている昨日程ではないが 霜の花があちこちに咲いていた暖...

  • 零下6度で散水すると…何てことだ

    今朝温度計を見て驚いた 零下6度! それに珍しく無風少し雲があったが いい日の出に強烈な霜 そして勿論毛嵐もwwクラブハウス前に来た時から散水しているのに気付いていた撒かれた水は直ちに凍っている でもすぐに解けるヮ…そう思って2時間後にプレーしに来ると強烈な氷 何てことだ!散水の季節なので従業員達がスプリンクラーの修理をしていたそれがやっと終わり 今朝は試験的にやってみたと思う予報は零下2度 零下6度にな...

  • 零下3度で雪に朝日にビーバーまで

    今朝は零下3度でほぼ曇り 朝日の方向だけ雲が切れていたその下でビーバーが私を警戒しながら遊弋を続けるww別荘を出た頃からポツリポツリと雪が降り始めていた隣町の教会のすぐ隣に朝日が顔を出す通路脇の木枠 雪が積もり始めている夜中も風があったらしく 霜は殆どない毛嵐が立ち始めた ビーバーはまだ岸辺のどこかにいるはず雪に朝日 更には毛嵐にビーバー すべて揃った朝だヮww4月末なのに日中も7度までしか上がらず 夜は...

  • 水浸しにも負けず『アネモネ』満開

    ワルシャワ南郊外の森ではアネモネ・ネモローサが今満開だ『森のアネモネ』とも呼ばれるこの花 この春は少し遅めそして気温が低い時や雨模様になると花を閉じてしまう昨日昼近くまでそうだったし 今の昼前もまだ半分程閉じていたゴルフ場敷地入口近くの溝だが 水が溢れそうになる程多いだが水面ぎりぎりの所にまで森のアネモネが咲いているこの水は溝ではなく 森のあちこちに出来た水溜まりでも水浸しにも負けず 更には水の中でも...

  • 久し振りの霜と毛嵐の朝~零下2度

    ワルシャワ南郊外は零下2度 久し振りに一面霜の朝だった朝日が北へ北へと進み もう隣町の教会近くから昇るww立っていた池の畔 救命浮環にこんなに霜が付いている日中は大抵風があり 昨日も同様 だが明け方に弱まったらしい芝もびっしり霜に覆われていたそして池の表面を毛嵐が流れて行く道端の木枠 その上に転がる小石や砂にやはり『霜の花』この4月はまだ気温が低めで本物の花はまだ多くない…と思ったら 別荘前の溝際にタネツ...

  • ホテルの巣にもコウノトリが戻った

    ゴルフ場と同じ経営のホテル横を通ったのは6日前 巣は空っぽ念のため再訪したが空っぽ 帰る途中に…道路の反対側にいる!ホテル隣の草原で餌取をしているコウノトリ2羽に偶然気付いた駐車した草地から見ている この道を反対に1km程行くとゴルフ場まず写真を何枚か撮っておいて道路を横切った遠くからの撮影なのに私にすぐ気付いた 見ているのは雄と思うこの村でカメラを構えて写真を撮るのは多分私だけだ暫くは撮らせてくれたが...

  • 廃屋の巣にコウノトリが戻っていた

    ワルシャワ南郊外の森中の廃屋の巣 1週間前は空っぽだっただがちゃんとコウノトリが戻って座っていた緩やかな丘陵下にある田舎家横の電柱に巣がある3年程前から住人がいない 人がいないともう来なくなるのか…そう諦めかけていたが 嬉しい発見だった例年より遅めだが もう抱卵中に見えた 時期的には問題なしだ去年のように1羽ではなく 是非とも複数の雛が生まれて欲しい途中で他の3つの巣も見回ったが やはりすべて抱卵中に見え...

  • 寒く雨が降っても咲くリュウキンカ

    ここ3日程はまあまあだが 今春はまだ気温が上がらず雨勝ちだそれを殆ど気にせず 水際で咲き始めたのがリュウキンカ英語で「沼地のマリーゴールド」と呼ぶがぴったりだと思う雨を気にしないし 寒くても一旦開くと花弁を閉じないゴルフ場入近辺の道路脇の溝に連なって咲いている5月に草原を埋め尽くすように咲くキンポウゲの沼地版だ実際このように沼地や川縁を埋め尽くす所もあるらしいここはコウノトリの巣のある隣村へ向かう道路...

  • ピンクの霧に連なるマウンド連峰ww

    今朝は予想外に気温が下がり1度で濃霧 暦上の日の出1分前このタイトルは何じゃ?と思われたろうが 答えは次の写真ww全く平地のゴルフ場のあちこちにあるマウンドピンクに染まり始めた霧の中に連なる素敵な連峰に見えた因みにワルシャワ近辺に山は皆無…ww濃くなる霧に加えて毛嵐の所為で別荘群は殆ど見えないこの右側にクラブハウスがあるが 霧で一時消えていた何枚撮ったか分からない程撮った霧のマウンド連峰を再度またまた霧で...

  • 快晴と霧に白鳥~何でもない光景が

    今朝は予報通り快晴 撮るつもりはなかったが 霧も出ていたなので慌てて外へ 陽光に輝く霧と隣町の教会 それに鳥までww順光側を見ると 霧に煙る大きな池に白鳥が1羽この時期 カモも1羽きりが多い 雌鳥は抱卵中かも知れない…昨日に続いて霧で恐縮だが 久し振りの快晴の朝ほぼ無風で気温6度 やはり陽光があるのはいいww霧が陽光に輝き 見慣れた景色がいつもと違って見えるそして何でもない白鳥と別荘群も霧に煙ると…絵になる そ...

  • 濃い霧の朝~少し暖かくなり始めた

    ワルシャワ南郊外は濃い霧の朝 昨夜から霧が出ていたこのところ寒い日が続いたが 昨日少し暖かくなり 今朝は5度こんな霧の早朝でもすでにかなりのゴルファー例によって殆どがアジア人だがwwこのところ雨勝ちで寒く ゴルフがなかなか出来ないからだ池の水が溢れかけている 当地にしてはやはり雨が多い一日中ほぼ曇りだが 久し振りに10数度まで上がるとの予報だ左の茂みは野鳥達の棲み処 この霧でまだ遠出は無理だでも近辺でホシ...

  • 相思相愛のモリバト~御馳走様です

    昨日昼頃 物資調達に我家に戻ると庭にモリバト2羽がいた羽繕いと居眠りのつがいらしい2羽 暫く見ていると…体を寄せ合い あっちを突いたりこっちを撫ぜたり?窓際ではなく部屋の奥の方から見ていたので私に気付かないまさに相思相愛のつがい 春だなあwwハトから見ると部屋は暗いが そのうち何かの気配を感じたらしい最初は的外れの方向を見たが 私に気付くと…相思相愛振りをやめただけでなく 1羽が離れたワッ 見られちゃった 恥...

  • 廃屋のコウノトリの巣はまだ空っぽ

    ワルシャワ南郊外の森の中の村のコウノトリの巣はまだ空だった緩やかな丘陵下のこの田舎家は3年程前から廃屋だそして横の林がかなり切られたが 去年はコウノトリが戻った近辺に勿論まだ家があり 別荘らしい新しい家も出来ているだがここは無人 人がいないとコウノトリもいなくなるか…私のゴルフ場と同経営のホテルの巣 一昨年初めて戻らなかった昨年は暫くいたが 雛は生まれなかった 今年もまだ空っぽコロナ禍で営業停止中のホ...

  • 街中の巣にもコウノトリがいるが…

    隣町にある巣にもコウノトリが戻っていたゴルフ場からも見える高い尖塔の教会のある町だ人間社会の一員のように暮らすコウノトリはとても寛いだ感じだ最初は1羽がいた 張繕い等をしているその下に…2羽のスズメと巣の真下は光る羽の感じからホシムクドリだコウノトリの留守中は上の巣にいれたのに…ってな感じかなww30分程経って再度来るともう1羽が戻っていた 右側の鳥体の大きさから右は雌だと思うが 産卵にまだ入ってないようだ...

  • 巣作り中の鳥達に冷たい雨とみぞれ

    ワルシャワ南郊外は昨夜から冷たい雨とみぞれが降っている起床時は零下ではなく0度少しだったが 時々辺りが白く煙る…雪と言うより氷の粒 みぞれと言うべきだろう出始めた木々の新芽が可哀そうに見えるデッキの寒暖計はやはり零下0.5度くらいに下がっていたそのデッキにも白いものが目立ち始める氷の粒 地表温度は多分プラスなのだろう すぐ解けるだが今日の最高気温は4度予報 これから3日程は寒いらしい昨日コウノトリを御紹介...

  • コウノトリ達が戻って来た~隣の村

    ワルシャワ南郊外の隣村 コウノトリがもう帰っているはずそう思って見に行ったが まだ帰っていない?空っぽのようだが 望遠で覗くと白いものが見える気がした写真を拡大するとやはり頭 暫くしてまた見に行くと…コウノトリのつがいた 復活祭直前の今月初めだったそうだ人間世界のコロナ禍には関係なくちゃんと帰って来てくれたww別荘から2km程の距離 座っている雌鳥はもう産卵準備に見える雨勝ちだった昨年 この巣で生まれた雛...

カテゴリー一覧
商用