searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
写日記@ポーランド https://larciatoja.blog.fc2.com

ワルシャワ永住です。 美しい自然と大好きな野鳥や小動物達の写真とともに日々の出来事を綴っています。

Yahooブログから引っ越して来ました。 ヨーロッパ6か国で勤務した後、ワルシャワに永住しています。 自然や小動物を中心に“ヨーロッパの田舎”を紹介したいと思います。

ゴロー・O
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/03/18

1件〜100件

  • 今はシャク街道~次々に変わる道端

    ゴルフ場前の道路 今は道端にシャクが猛烈に群生する当地の野草は一斉に咲き 短期間で次の花にバトンタッチだ暖かい季節の短い北国で野草が共存する知恵だと思うヤマニンジンとも呼ぶシャク 食用にする所もある半日陰の森の中でも道端に多い 目立つ花ではないが…この『シャク街道』に入ると歓迎されている気がするwwシャク越しに別荘群が見える 隣は草原と湿原が続くだがその広々とした場所には生えておらず 道端だけだゴルフ...

  • 別荘の芝刈りも自動の時代になった

    別荘の庭をゆっくり移動するのは…自動芝刈り機雨勝ちの昨日 初めて試験運転した 音は殆ど聞こえない最初の写真の植木からこの写真の左端に見える植木まで縦横50m程の敷地に2棟ずつ向き合う3階建ての別荘合計10戸の半分を所有し賃貸業も営む隣人が購入したゴルフ場も先月クラブハウス前で導入し もう稼働している伸びた分を切り取り芝の隙間に落として肥料にする捨てる必要がない また練習グリーンには入らない設定だところで昨夜...

  • キジに吠えられたがそっちが悪い!

    ゴルフ場の金網の外にコウライキジがいた キジは右向きグリーンは左にある その左方向へ進もうとしたら…キジがクルリと向きを変え かなりの速度で歩き始めた手前にノハラツグミ 朝のコースはともかく野鳥が多いwwグリーンへ球を打ってキジを探した 同じ方向に歩いている先日コース内にいたキジだと思う ここが縄張りなのだろうグリーンに到着 キジも隣にいる ペースが私とぴったりだ私のプレーに興味があって付いて来たのか...

  • エクリプスのカモとぼろぼろロビン

    また朝ゴルフ中だが コースにある溝の近くにマガモがいた2羽とも雌かと思っていたら右はエクリプス中の雄だった雄マガモは繁殖期が終わるとカラフルな羽が抜け替わるその途中のぼろぼろ状態ww くちばしの色は変わらない驚いたのは子育て時期の今 雌雄が一緒にいることだカモ類は抱卵も子育ても雌が行うし 繁殖後はつがい解消だ子育ての雌は雄が近寄るのを嫌うし 雄を忌避する雛もいる一方でエクリプス中の雄は動き回らず休んでい...

  • 麦畑に早くもヤグルマギクが咲いた

    この表題は何?と言われそうだが これが典型的な光景だ雑草のヤグルマギクは麦などの穀物畑に生えることが多いヨーロッパ原産で英語のcornflower(穀物花)の名の通りだ通常は6月に入ってからだが 今年は早い一方で秋撒きの麦は穂が出たばかりで少し遅い4月が寒く麦の生育が遅れた後 急に暖かくなったからだ先程の赤い花はヒナゲシ 所々に見える白いのはフランスギクどちらもヨーロッパ原産の雑草で これからどんどん増えるだがそれ...

  • クロジョウビタキが近寄って来た!

    別荘前の庭の植木にとまったクロジョウビタキ 雄鳥だ最近見かけるようになった 渡り鳥で当地で繁殖する日本のジョウビタキに似たシロビタイジョウビタキもいるここではこのクロちゃんが多い 私を見て飛んだが…何とデッキに飛んで来た 逃げずに近寄ったのは初めてだ私を見ると大抵飛び去っていたのにデッキを歩いて隅に立つ 糞は以前からあった 彼のものか?この鳥は縄張り意識が強い一方で 人への警戒心は意外に薄い屋根や衛...

  • 家が燃えている?~鮮やかな夕焼け

    家が燃えている? それとも照明? この輝きには驚いた最近完成した12棟目 最後の別荘の建物 昨夜の撮影だここ2日程強い風が吹き 日中は変化の激しい天気だったそれが夕陽が見え出し 鮮やかな夕焼けになった別荘前の道路が曲がっており 最後の建物は西向きだ居ながらにしてこんな夕焼けが見えていいだろうなァ…そう思われるだろうが 住めば分かる ここの西向きは大変だ最大の問題は風 当地は殆どが西風 まだ強い風が吹いてい...

  • ゴルフ場にカモの親子や黒顔カモメ

    今度は何鳥に遭遇するだろう 朝ゴルフの楽しみの一つだグリーンに球を打とうとしたらマガモの親子が見えた母ガモは私を見続けながら子ガモ共々ゆっくり池へ進む今春初めて見る雛達 孵化直後ではない大きさで10羽程いる公園のカモだと人を見ても逃げないが大自然の中では違うここは雛を狙う猛禽類も多い 雛を追い続けるのはやめた更にプレーを続けるとユリカモメがいた 夏羽の黒顔だ春とともに繁殖で北のバルト海へ帰るのが普通...

  • タンポポ草原からキンポウゲ草原へ

    隣町の教会横 子馬を撮った2週間前はタンポポ草原だった今も黄色だが もうタンポポではなくキンポウゲに変った日本では高山植物のミヤマキンポウゲ 当地は平地に生えるあちこちに咲き始めた この牧草地の群生は大規模だこんな草原に今一番多いのがこの小さなヒメヒカゲの一種英語でSmall Heath(小さな荒れ地)と呼ぶ 和名はまだないクワークワーと鳴きながらキンポウゲ草原の上を鳥が飛ぶ頭頂の赤いクロヅル ここではもう何度...

  • 囀る鳥達を何とか2羽撮影したが…

    煩い程囀るが新緑の森では姿が見えない鳥達 草原に行くと…マミジロノビタキが大口全開でチューチューピッピッピー体は小さくてもよく通る鳴き声なのですぐに分かった私に気付いたが かなり離れているので逃げない私を気にせずまた囀り再開この鳥の当地名は『鳴く鳥』 まさにその通りだwwもう1羽 池の岸辺で何とか見つけたニシオオヨシキリ葦の新葉はまだそれ程出ておらず 一応見通せるヨシキリ君 私に気付き少し移動して鳴き始...

  • カケスも横を向いたり後ろを見たり

    ワルシャワ南郊外の森にまだツルニチニチソウが咲いていた陽光を浴びて私の好きな青紫色が際立って青いwwここ1~2週間でまさに新緑の森になり 鳥の囀りで賑やかだだが木を覆う葉でどこに鳥達がいるのか全く分からないオッ カケスがいる すぐ近くの枝を移動するだけで逃げないだが後ろを見たり下を向いたり…顔を私に向けてくれない当地のカケスはキリッとしまった髭づらで好感の持てる顔だwwやっと横顔! 私の行動に興味津々のは...

  • 近隣の5つの巣でコウノトリ抱卵中

    1週間余り前に見つけた隣町の外れにあるコウノトリの巣ちゃんと抱卵中 数十m離れた所にもう一つの巣があるもう一つの巣の所が牧場の入口になる こちらも抱卵中こんな近くに巣が続くのはワルシャワ近辺では珍しい5万と巣のあるこの国の田舎では当たり前の光景だがww随分と昔にポーランド北部の田舎で撮った写真が見つかった写真には5つだが 合計20以上の巣がこの農家の屋根や木にあった2つ目の巣を牧場越しに見て驚いた 巣ではな...

  • 逃げないで「上を向こう」の野鳥達

    草地のノハラツグミ 3~4mとかなり近いのに逃げないで…「上を向こう」と見続ける 上は空だけで何もないけど木のウタツグミも同様の格好だ 私がいるのを知っているだが「上を向こう」で逃げない 野鳥は通常目を合わすと逃げる一方で戦う意思のない鳥は相手と目を合わさないのが普通だ私を敵と見做さないでくれたと感じた こんな時にとる態度は…私も見ないように努め 鳥達より先に去ることだがノハラツグミは違う 目を合わす前...

  • 日の出とともに霧が急に濃くなった

    ワルシャワ南郊外は3度 最近では久し振りに低い温度だここ2日程強かった風も収まり 霧が棚引いていた暦上の日の出時刻 霧はもうオレンジ色に見えるオッ またマガモのつがいが草の上で餌探しをしている何でもないゴルフ場とそれに続く草原や林それが霧に煙ると幻想的な光景を作り出す日の出とともに霧が急に濃くなった別荘群のガラス窓に反射する陽光が霧を赤く染めるこれまた一体何だろうと思わせる光景だww霧の中に朝日が2つ?...

  • クサノオウ~触らなくて良かった…

    やっと暖かくなり緑が増えて季節の変化を強く感じるそれに野の花が次々に変り 今目立つのはこの黄色の花クサノオウ ケシ科でアルカロイド成分を含むそうだ葉や茎を切ると有毒の汁が出て触ると炎症の恐れもある後でそう分かった 撮影中に触れなくて良かった…『森のアネモネ』等の早春の花のあった場所を占拠している最初の写真の建物はゴルフ場入口にある警備員小屋反対側の道路脇でもこの花がタンポポにほぼ代わった別荘前の道路...

  • ヤツガシラ~冠羽がやはり目立つ鳥

    また朝ゴルフ中だが ずっと撮りたかったヤツガシラすぐ横にいるのに気付いた 撮り始めても飛び去らないww長いくちばしは草や土の中の虫を捕るためで 水鳥ではない綺麗な冠羽 広げると王冠をかぶったような扇形になる冠羽を広げた姿→Wikipediaヤツガシラ写真オッ 飛んだ! 開いた翼は目立つ白と黒の縞模様だ飛んで遠ざかっただけで数十m離れたコースにまた降りた今後も来て欲しいので追いかけなかった ゴルフ中だしwwこの国では...

  • 日の出時のカモのつがいは雌鳥主導

    ワルシャワ南郊外は7度 昨日の強風は治まったが曇り空朝日の昇る方向にマガモのつがいが全く逃げないでいた雲が少なくなり始め 森の上にチラッと朝日が見えた目の前で餌探しのマガモと日の出の撮影は初めてかな?ww昨日は強風の一方で今年最高の25度まで上がったそれが嘘のような穏やかな朝だ 少し霧が棚引いているそして池には毛嵐 カモ達は草の上でずっと餌探しだすぐ気付いたが 雌鳥の行動に雄が合わせているその雄は「もう...

  • キジのいるグリーンへ球を打つと…

    朝ゴルフをやっているとコース上にコウライキジがいた私を見て遠ざかったが これから球を打つグリーン方向…キジはグリーン脇に立ち止まった そして私を見ながら…ブチュ 何とウンチをした 逃げる前に身軽になった?だが逃げずにグリーン周りでウロウロ餌探しだもう待てないのでボールをグリーンに打ち込んだ今度は逃げるだろうと思ったのに ナイス・オン!とボールを見ている いや 飛んで来たのは何だ?それとももっとホール近...

  • 3頭目の子馬に気付かなかった訳は

    ワルシャワ南郊外の隣町にある牧場 子馬が見えた母馬を追いかけお乳を飲んだりする 生まれたばかりだ先程の子馬は右端 やはりタンポポが凄い左端の馬 脚元の白っぽいのも子馬ではないかと思った暫くすると立ち上がった やはり子馬 同じく幼いようだ白いたてがみに体が褐色の母馬と異なり子馬は全体が白い別荘に帰って写真を点検していて…子馬がもう一頭いる!20分程いたのに気付かなかった 寝ころんだままだったからだタン...

  • 新たなコウノトリの巣を見つけた!

    昨朝ゴルフを終えかけた頃にコウノトリがコースにいた今年初めてではないが 抱卵中の時期に2羽いたのに驚いた大きさからつがいに見えた 抱卵はやってないのか…?2羽は遅れて抱卵を始めた近くのホテル方向に飛び去ったゴルフ後にホテルに行くとちゃんと抱卵中 良かったwwついでに他の巣を見回ると隣村 隣町の街中の巣も抱卵中そして教会を過ぎた所で驚いた 新たな巣にコウノトリ!綺麗なくちばしのつがい 座るのは雌 先程のつ...

  • この鳥をキセキレイと呼ばないとは

    牧草地の杭で黄色のセキレイが鳴いていたハクセキレイと異なり人家近くにあまり来ない鳥だキセキレイと書きたいのだが 和名はツメナガセキレイ当地語でも英語でも黄色セキレイだ 日本のキセキレイは…英語で灰色セキレイ 当地では山セキレイと呼ぶ日本のキセキレイは頭から肩や背が灰褐色で首下が白 この鳥は肩から背が黄褐色に加えて首から腹部は全て黄キセキレイ以上に黄色なのにツメナガセキレイとは…日本のキセキレイ→Wikiped...

  • 花畑か?~雑草のタンポポが満開!

    延々と続く満開の花 日本の花公園に引けを取らない花畑?これは道路脇の果樹園に勝手に生えた雑草のタンポポアップで見ても菊に負けない美しさ? 実際にキク科だ春夏の短い北国では一斉に群生する野草が多い 特に今年はそうだ近くの村の芝生緑地 これまた見事な勝手咲き振りだww畑のタンポポもここのも勿論その内に刈り取られる隣町の外れにあるコウノトリの巣 まだ抱卵中だが…くちばしはクラッタリングではなく 暑くてハアハ...

  • ピンク色の霧に包まれた清々しい朝

    ワルシャワ南郊外は3度 風がなくやはり霧が棚引いた5時前からゴルフ場では従業員が芝刈り作業を始めている暦上の日の出は4時55分 何処から陽が昇るのだろう…そう思いながら眺めているともうこの木の左からだった昨日も20度まで上がったので毛嵐がかなり立っているその毛嵐も棚引く霧もピンク色に染まった木越しで陽光が弱まり ピンクの霧が綺麗に写るww風がないので寒くないし 明るく清々しい朝だ岸辺のハナタネツケバナにも朝露...

  • アッと言う間にリンゴの花も咲いた

    昨日は22度まで気温が上がった 今年一番の暖かさだワルシャワ南郊外ではリンゴの花があちこちで咲いている撮影は昨日昼 3日前この畑にはまだ花が見えなかったそれがアッと言う間に花一杯の感じになったから驚きだリンゴはこの町だけでなこの国にとって一番の輸出農産物だバラ科のリンゴ 確かに原種のバラに似た形の綺麗な花だが…実はリンゴの実を連想させる可愛い蕾が私は好きだww種類によるのだろうが もう満開に近いリンゴ畑...

  • 鳴き声全開の『灰色サヨナキドリ』

    5月には鳥が多いだけでなく 鳴き声があちこちから聞こえるこのサヨナキドリはあらゆる音色を取り混ぜて鳴いていたww別名ナイチンゲール チョウ同様に色々な亜種がいる当地名『灰色サヨナキドリ』 通常のサヨナキドリには錆色が付く錆色のほうは暖かい西部に多く 当地はこの灰色が多い鳴いた後は一休み 羽繕いをしてまた鳴き声全開だww朝ゴルフ中の撮影だが 全くと言って良い程の風なし晴れで気温も7~8度と穏やかな朝だったこの...

  • 日本の高山蝶が当地は平地の普通種

    道路脇のタンポポにとまる翅の両端が黄の綺麗なチョウクモマツマキチョウ 日本では高山蝶で愛好家に人気がある自転車で走行中に森から飛んで来てまず道端の草にとまったそのまま動かない 森で多分孵化したばかりだと思う雄チョウ 雌は両端の黄がない ここでは平地の普通種だそれ程多くはないが この季節になるとよく見かける ゴルフ場敷地内のクラブハウスに通じる道 野の花が多い3月末に初めて見たクジャクチョウもこの道だ...

  • クロヅルも近辺で営巣かも知れない

    隣町の街外れにある牧場へ行くとやはりクロヅルがいた3月頃からここに来るとクロヅルが餌取中のことが多い以前はつがいだったが今回は1羽 私を見たが逃げないクロヅルの産卵時期も今だし 雌雄が交代で抱卵する当地では単にツルと呼ぶが 湿原に小枝や草を積み巣を作るこのクロヅルも近辺で営巣しているのか知れない…左端が日の出時によく撮る『森の彼方にそびえる教会』だコウノトリと違ってクロヅルは人家近くにはあまり来ないだ...

  • 桜の花が満開~サクランボだけどww

    ワルシャワ南郊外では桜 いやサクランボの花が満開サクランボはポーランドの主要農産物の一つだ和名はセイヨウミザクラ 花形は一緒だが色が少し違うソメイヨシノのようにピンク色が入らず 白い花弁だゴルフ場の所属する町も同様で周辺はサクランボ畑4~5日前はまだ七分咲きの感じだったが 今は満開だ『桜並木』の周りは芝生 花見の宴会も出来そうだが…残念ながらこの国にはそんな習慣はないサクランボの隣はリンゴ畑 これも主要...

  • 0度で棚引く霧に太陽柱と少しの霜

    ワルシャワ南郊外は0度少し 霧が棚引き毛嵐も勿論立つもう朝日が出る頃だが雲がある…オッ 太陽柱が見える?やはり薄っすら太陽柱が見えた 3日続けて風のない朝だ村が遠くに見えるはずの西方向 こちらは霧がかなり濃い暦上の日の出から14分後 隣町の教会の真上が輝いている池近辺に来た時にすぐ気付いたが 少し霜が降りていた特に刈られた芝の霜は薄っすらだが 白く見えて目立つただいい天気で霧も薄く 鳥達は早朝から活発に動...

  • 濃霧~おぼろ月ならぬ「おぼろ朝日」

    ワルシャワ南郊外は1度で無風 かなりの濃霧だった暦上の日の出2分前 池の対岸も 彼方の木々も一応見えた地平線上の雲の上から朝日が顔を出す同時に霧がどんどん濃くなり始めた池の対岸には別荘群が連なるが その対岸が全く見えない昇り切った朝日もおぼろ月ならぬ「おぼろ朝日」だ枯れすすきにおぼろ月の感じで撮ったが…やはりオレンジ色に染まるから無理だヮww「おぼろ朝日」のその上にジェット機と飛行機雲が見えた濃霧と言え...

  • 朝日がもうこんな北へ移動したとは

    ワルシャワ南郊外は2度 久し振りに快晴で風なし棚引く霧の彼方に朝日が昇る もう隣町の教会の左から!教会の方向は東北東だが 11日前の写真があった日の出は教会の反対側でこんなに離れていたそれに暦上の日の出が今朝5時10分で18日は5時32分11日前より22分早く 毎日2分ずつ早くなっている池には毛嵐 そして写真の真ん中辺りの黒い点は…ビーバー君がゆっくり泳ぎながら私を見ていたww朝日を浴びて霧が色付き始めたが この林は立...

  • リュウキンカに群がるチョウやハチ

    クリッとした青い眼の生き物 そんな感じのクジャクチョウ花数が増えたリュウキンカの咲く溝でチョウが舞っている花に暫くとまった白いチョウ これも当地に多いチョウだ和名は長くて エゾスジグロシロチョウ 長過ぎだヮリュウキンカが道路脇の溝でこんなに咲くようになった自転車で走って来たゴルフ場入口方向を見た写真反対側のコウノトリの巣がある隣村方向を見ると…オッ 列になったサイクリスト達 選手のようだ花に戻ると 群...

  • ホテルの巣にコウノトリが来ている

    ゴルフ場と同じ経営のホテル横を昨日通るとコウノトリ!ホテル敷地内にある巣に2羽のコウノトリが来ているこの地方の領主だった貴族の館を改装したホテル4年前まで毎年営巣した ここ3年もつがいが遅れて来た産卵したような年もあったが 結局雛の誕生はなかった敷地に入り巣に近づくと右の雌鳥が私を見る 綺麗なくちばし営巣していた時は毎年2~3羽の雛が育っていた自宅との往来時や別荘から買い物に行く時も必ず通る場所私にとっ...

  • 5枚花弁の花はぽつんと離れて咲く

    『森のアネモネ』アネモネ・ネモローサ 通常は6枚花弁5枚花弁をやっと見つけた 他の花から離れて溝際にぽつんと森のアネモネは今や満開 木々の陰になった所に群生する6枚を越える花は意外に多い 以前に10枚花弁を御紹介した10枚花弁はこちら→10枚花弁の森のアネモネ発見例えばこの写真 9枚の花に8枚が4輪 7枚も4輪見えるそして花弁の多い花の周りは花そのものが密集している探し回ってまた5枚花弁を発見 この時あることに気...

  • 口ほどにものを言うクラッタリング

    隣町外れのコウノトリの巣 左の雄が帰巣し抱卵の交代だ巣には既に卵がある それを座る前に動かしている右の雌鳥 雄の帰巣時に勿論クラッタリングで歓迎した雄もそれに答えた後交代した だが立った雌の目付きが…ここは牧場の入口 巣から少し離れて観察を続けた雌鳥がまたクラッタリングを始めた 雄もそれに答えて…立ち上がりクラッタリング コウノトリは鳴けない前回御紹介した通り これが意思疎通の手段だ日を置いて雌は2~...

  • 久し振りの朝霧とハナタネツケバナ

    ワルシャワ南郊外は3度 久し振りに霧が棚引いたただ朝日の出る方向にかなりの雲がある…5時20分が暦上の日の出 朝日はまだ見えないが明るい霧の中の白樺と松の林が幻想的な雰囲気を醸し出す雲の上に間もなく朝日が顔を出しそうだ池の毛嵐がオレンジ色に染まり始めたワルシャワ近辺には山がない ゴルフ場のマウンドと霧霧に煙る山々に見えなくもない…なんて思いながら撮った差し始めた陽光の中でハナタネツケバナが光っていた寒さ...

  • コウノトリ達は悪天候の中で抱卵中

    雨勝ちの昨日 雨の合間にコウノトリの巣を見に行った隣村の巣では立っていたつがいの1羽が丁度座った抱卵を交代したと思う 左がこれまで座っていた鳥雨で翼が濡れているし 顔もかなり汚れている乾かすためだろう そのまま居続けたので次の巣へ向かった隣町の街中の巣 1羽が座っていた 抱卵中だコウノトリは雌雄交代で抱卵する 1羽だと区別が難しい間もなくもう1羽が戻って来た 何かをくわえている座った鳥がのけぞって「有難...

  • ワルシャワではサクラ似の花が満開

    サクラ満開のような光景 昨日のワルシャワ自宅前だまた不安定な天気続きだが 朝夕の冷え込みはない特にワルシャワはそうで 木々の花が南郊外より多いこれは当地では一般的なセイヨウスモモの花と思う小雨の中で相変わらず赤リス君が活発に動き回っていた落葉樹も新芽が膨らみ始めたり 若葉の見える木もある昨日午後 南郊外に戻り花を探すとやはり咲き始めていた同じ花のようだ 当地に多いリンゴの花はまだ今朝も小雨だが7度 日...

  • 急降下のヒバリと悠々と飛ぶノスリ

    けたたましく鳴きながらホバリングするヒバリ空中でほぼとまってくれるので私でも撮れる雄ヒバリの縄張り宣言だ その鳥が私の近くに急降下した通常なら草むらで餌取開始だ だが空を見ている…かなり上空に悠々と旋回する猛禽らしい鳥が見えたヨーロッパノスリ 日本の鳥とほぼ同じだが別種だそうだ渡り鳥ではない だがここで冬に見ることはまずないヒバリが私の撮影に気付いた でもすぐには逃げないまた上空を見上げた 猛禽を...

  • ホシムクドリが営巣に励む一方で…

    別荘前に来たホシムクドリ 枯れ草をくわえている今は餌取の一方で目の色を変えたように一生懸命巣作り中だ大抵つがいで来るが1羽の時もある 望遠で覗いて驚いたかなり興奮した目 実際に目の色を変えているぞ!そして1羽きりのこの鳥 上を見ながら羽をバタバタ時々鳴き声を上げる つがいの相方を呼んでいるらしいすぐ相方が来て一緒に餌取を始めた だがこの鳥はまた…緊張したように「気を付け」姿勢になり鳴き始めたどうした...

  • やっとリュウキンカ1株~花が遅い

    早春の「森のアネモネ」等に後に普通の春の花がまだ少ない…今朝は雨勝ち 晴れ間もあった昨日 リュウキンカを見つけたまだ1株だけ 水際の花でこの岸辺にも連なって生えている英語で「沼地のマリーゴールド」 まさにそんな花だ丁度1年前の昨日の写真があった こんなに咲いていた!昨年のこの時も「まだ気温が上がらず雨勝ち」と記述しているだがちゃんと咲いている 今年はやはり全般的に花が遅いと思うタンポポもやっとポツンポ...

  • 零下2度の冷え込みで毛嵐に霜の朝

    ワルシャワ南郊外は久し振りに零下2度の冷え込みだ風も殆どなく 池にはかなりの毛嵐が立っていた草原の彼方には霧も棚引いているようだ陽光が当たるオレンジの霧 当たらない霧は白いそして陽光が当たり始めた毛嵐もオレンジに染まる湯気のようだ ア 実際に湯気と同じ原理かな?別荘前の森近くに行くとやはり霜も凄かったよく見るとここは霜と言うより朝露氷が殆どだこの枯れ草には間違いなく霜が付いている霜撮影を続けていると…...

  • 黒コウノトリが人家近くに来るとは

    ワルシャワ南郊外は0度で風も弱く 久し振りの朝焼けだここ数日冷え込まなかったが 風の強い曇りや雨の朝だった日の出直前に太陽柱が見えた池には毛嵐が立っている 霜も少しありそうだった霜探しに別荘前の森近くに行くと大きな鳥が飛んだだが飛び去らずに近くの草地に降りた 何と黒コウノトリナベコウ(鍋鸛)だった この和名も私はあまり感心しない当地を含め世界の大多数の国で黒コウノトリと呼んでいる人家近くに営巣する白コ...

  • モリバトやカモは怖いもの知らず?

    このところ人間がいても堂々と居続ける野鳥が多い気がするこのモリバト 撮っている私にどんどん近づいて来る別荘群前の『野鳥の棲み処』横の芝 ハトのつがいがいた以前はこの距離でも人が来ると逃げるか遠ざかっていたそれが私を気にせずに近づいて来て もう数mの距離だ繁殖期のつがいは怖いもの知らず そんな感じさえする最近よく来るマガモのつがいもそうだ 最初は溝にいた茂みの中に野鳥達がいるかなと探していると…雌カモ...

  • 森の花が増えた~昨日は初の20度!

    昨日は今年初めて20度になった 上着なしで森を歩くと…陽光の中でヒメツルニチニチソウがもう咲いていたww咲き始めるのは4月末から5月初めが普通でこれは早い一方で森の落葉した木々はまだ葉芽が出ていない…中央ヨーロッパ原産の可憐な花で 私の好きな色だヤマキチョウが飛び交い あちこちで蜜を吸っていた当地名で「黄色の輝き」のキバナノアマナも陽光に輝く勿論森を覆うアネモネ・ネモローサもどんどん増えているこれはゴルフ場...

  • ハクセキレイがデッキにやって来た

    別荘の居間でTVを見ていると横のデッキに何か来た?そう感じて覗くとハクセキレイがニコッと(?)見ていたwwガラス戸越しに撮っても逃げず ウッドデッキにいるここは巣立ち直後の雛や若鳥の時もよく来る場所だデッキで過ごした経験のある鳥だと思う 暫くすると…急に上を向いて鳴き声を上げ 飛び去ったデッキの前の芝生にはホシムクドリ達も来始めた専ら餌取だが 少しずつ人間慣れしている感じだもう私を見てもすぐには逃げなくなり...

  • 別荘前の野鳥の棲み処にキアオジも

    野鳥が増えた 秋に南へ渡った鳥達が帰って来たからだ別荘前の茂みにアオカワラヒワ 朝夕は大抵ここにいる1羽ではなく複数で 渡らずに居残るカワラヒワもいるだが複数は春になってから そしてここが棲み処だと思うゴルフ練習場の片隅にある主に松とセイヨウミズキの茂み人家近くで猛禽類は来ない 巣も作れるし餌も周りにある目の前の溝近くでハクセキレイ2羽が動き回っているこのつがいも朝夕は大抵いるのでここが棲み処だろう...

  • 霧の朝にコウノトリとウタツグミも

    ワルシャワ南郊外は零下1度 昨日よりも濃い霧の朝だと言っても快晴だし 棚引く霧なので遠くまで見渡せる昇る朝日にオレンジに染まった霧が草原と林を覆う時々鳥達が飛ぶ やはり上空は霧がないからだろうそのうち鳴かないで羽音だけの大きな鳥達が横切ったコウノトリ これからは日常的に見られる光景だ朝日が当たった別荘群前の茂みにウタツグミがいた当地名も歌うツグミ クロウタドリ同様に綺麗な声で鳴く1週間余り前の大雪時...

  • 霜と氷に加えて毛嵐と棚引く霧の朝

    ワルシャワ南郊外は0度 曇りだったが風の収まった朝朝焼けの下から見えないと思った朝日が見え始めたww池には毛嵐が立っている 風のあった昨朝はなかったそして草原に霧が棚引いている 春霞(はるがすみ)?いや これはやはり棚引く霧だww南側には青空も見えた 毛嵐と霧に霞む水鏡だww芝には霜も降りている北国に春を告げるクロウタドリが綺麗な声で歌っていた風がないので確かに寒くは感じないが…水溜まりはまたしっかり凍って...

  • 霜に加えて凍った水溜まりに驚いた

    暦上の日の出時刻 この3分後に朝日が見え始めた気温1度 私には久し振りの朝焼けと日の出撮影だった驚いたことに昨日の雨で出来た水溜まりが凍っていた氷は薄いが かなり大きな水溜まりも全面凍っている零下にはならなかったはずだが 地面は温度が低いのだろう風があり霜もほぼないと思っていただが別荘南側の森に近い芝地は一面の霜だったこれも予想外だ 強風がやみ陽光も差すまあまあの朝野鳥達は元気に飛び回っていた すぐ隣...

  • 雨に雹に嵐に青空と何でもありの日

    昨日は何でもありだった 晴れたり雨が降ったりの中で…突然白くなった 雹(ひょう)? 気温9度で すぐ解けた10分程でやみ 草の上にはもうないが 北向きのガラス戸風が吹き付ける北西隅に溜まった氷の粒! やはり雹だ陽光が差し始めた 外へ出るとハクセキレイ達がいた餌取ではなく日向ぼっこ 陽光の中で羽繕いをしていた屋根の煙突ではホシムクドリ達も 羽がまだ濡れている?それにしても青い空 空全体ではないが真上はそうだ...

  • コウノトリ達が故郷に戻って来たww

    雪が消え暖かくなった昨日 コウノトリの巣を見に行った隣町の高い尖塔の教会近く やはりもうコウノトリがいたくちばしの赤いコウノトリ 世界に20万を越えるつがいその1/4がポーランドにいる 和名はシュバシコウ世界でコウノトリと言うのはこの鳥のことだつがいが一緒だと雌雄はすぐ分かる 雄の方が大きいww別荘から2km程の隣村の巣 いないと思ったが頭が見える?撮影を始めると家から顔見知りのおばさんが出て来た大雪直前の...

  • 咲いていた早春の花達は雪の中で…

    1日から5日間積雪が続いた 咲いていた花達を観察したまずはアネモネ・ネモローサ 花弁を閉じ下を向いていた傷んでも枯れてもいない 多くの花が雪に覆われたままだった零下の寒さに耐える花で 雪の中の気温はそれ程低くならないそれに雪があろうとなかろうと気温が低いと花弁を閉じる花開くのは10度近くなった時 早春の花によくある特徴だ驚いたのは別荘前の道端に咲くエバグリーンバイオレット雪を取ると…萎れもせず花弁を閉じ...

  • 更に多くの野鳥が積雪を避けて来た

    昨日の続きだが 雪の続いた間は近辺に多くの野鳥が来たクラブハウス前の道路でも餌探し こんな光景は初めてだ最初の写真左端はズアオアトリ 先頭2羽が雄で後ろ2羽は雌通常はこんな所にいる鳥ではない 南から帰ったばかりだろうヨーロッパビンズイ 日本の鳥とほぼ同じで林や草原にいる同じく渡り鳥で冬はアフリカや中東で暮らす とても寒そうだヨーロッパコマドリ 人の近くにも来るのでも好かれる鳥だ冬には当地にいない そ...

  • 雪の餌取~積雪は野鳥の餌場を奪う

    目の前の道路 雪のない所でホシムクドリ達が必死で餌探しブロック舗装の道だ こんな所に餌があるのだろうか? 雪が積もった場所では餌探しが出来ない野鳥達は雪のない所 少ない所を探し回っていたこれまた目の前の道路に餌探しに来たノハラツグミ車に引かれたのだろう 昨日1羽の死骸が道路にあった…クラブハウス前にもノハラツグミ 普段は来ないゴルフ場や草原が雪に覆われ 恰好の餌場を奪われたからだマガモ達も道路脇の溝に...

  • 雪の朝焼けが道に張った氷も染める

    ワルシャワ南郊外は零下2度 雪の彼方が朝焼けに染まる土曜深夜に電気が復旧し 別荘点検も兼ねて昨夕戻って来た池は凍っていないが 雪解けで出来た道路の水溜まり完全に凍っている その氷を朝日と朝焼けが染める零下の朝は取り敢えず今日が最後になるらしいでも日中の気温は今日明日とも6度程度との予報だ雪の上を歩くとバリッバリッと音がする水溜まりだけでなく雪もすべて凍っている感じだオッ ホシムクドリ達が煙突の上ではな...

  • リスがオハヨウ~ワルシャワへ避難

    ワルシャワ南郊外の停電 土曜には復旧しないと言われた電気がないと暖房だけでなく台所も全く使えなくなる家族に聞くと 当たり前だがワルシャワは停電なしだ昨日帰宅することにしたが このドカ雪…この時も降っていた強風にドカ雪と停電が多い PC用に無停電電源装置を買った隣人達に聞くと小型の発電機も所有しているそうだ出発前に野鳥の棲み処近くを歩くとやはりノハラツグミ雪を気にせず餌取中 慌てず騒がずだ でも発電機ま...

  • まさに大雪で停電の中今も降り続く

    ワルシャワ南郊外は零下1度で まだ雪が降り続いている別荘の玄関ドアを開けた こんな大雪はここでは初めてしかも真夜中からずっと停電 その中でこれを書いている雪は今日も一日中降り続くとの予報だ…ノハラツグミがいた 赤い実がなっていた道路脇の灌木まだ実が少し残っており 昨日もここで食べていたもう干からびかけた実だが 何とか食べられるようだそれにしても4月に入ったと言うのにこんな大雪とは…オッ 茂みの下でノハラ...

  • 春の『大雪』~雪の少ない当地では

    ポーランドは全国的に雪だ ワルシャワ南郊外は零下1度雨量の少ない当地では『大雪』 実際今年1番の積雪かな?南から帰って来たばかりの野鳥達が木にとまっている多分ホシムクドリ 「何て所だ」 「故郷だから仕方ないべ」そんなことを話し合っていたかな?クラブハウス前の駐車場 車は皆無で ノハラツグミが1羽「春の大雪だヮ」と 感慨深げ風に見ていたww 居残り組か?野鳥達の棲み処では鳴き声がかなり聞こえただが今も雪は...

  • 10枚花弁の「森のアネモネ」を発見

    花が更に増えた「森のアネモネ」 アネモネ・ネモローサ普通は6枚花弁だがもっと多いのは…と探すと10枚!花弁が多いだけで形もサイズも全く普通の花だ沢山の花で目がチラつくが 真ん中の花 右隣も7枚花弁だ一番近い2つの花 左が8枚花弁 右は7枚だ同じ植物で花弁の数が違う例はそれなりにあるそうだ例えばイチゴ 栄養状態がいいと花弁数が多くなると言われるまた初めて花を咲かせる株は花弁が多いとの観察結果もあるだが「森のア...

  • 待ち鳥来たり~ハクセキレイの帰郷

    待ち鳥来たり ハクセキレイが南から戻って来てくれたww目の前の練習グリーンを忙しそうに歩き回っているいつもの餌取中のホシムクドリ達を撮っていると…あれ? 小さいのがいるが…やはりタイリクハクセキレイ日本の鳥と異なり黒い過眼線がなく 体長もやや小さい溝を覗き込んでいる 餌取と言うより故郷の見学と点検か?ここでは最も私の身近にいて 一緒に生活するような鳥だオッ 動きを止めて眺める先に…もう1羽のハクセキレイ先程...

  • 今年初のクジャクチョウが道路上に

    18度まで上がった昨日 今年初めてクジャクチョウを見た普通の場所ではなくブロックの上? 実はそれがなんと…ゴルフ場の中心 クラブハウスに向かう道路上だった道路脇の溝で撮影中に何かが飛んで道にとまったクジャクチョウだった 殆ど動かない 孵化直後のようだ当地で一番多いチョウ だがよく見かけるのは4月後半からだチョウは間もなく来た車を何とか避け森へ飛び去った ホッww直前に森のアネモネの周りを飛ぶヤマキチョウを...

  • クロウタドリも春を告げる朝だった

    零下ではなくプラス2度 ゴルフ場1番ホールから日の出明るい朝で 何と日中は19度まで上がるとの予報だww今朝もマガモのつがいが飛んで逃げず池に居続けてくれた暖かい日だからだろう やはり野鳥達の多い朝だまずはホシムクドリ いつもの屋根の上ではなく木の上近くの木にはヒワ類の野鳥 ここでは初めて見るが…調べるとムネアカヒワ雌鳥 雄は名前通り胸部が赤いそして極めつけはクロウタドリの透き通るような歌声ww春を告げる歌...

  • 鮮やかな朝焼けで始まった夏時間ww

    ワルシャワ南郊外は鮮やかな朝焼けの夜明けだった今日から夏時間になり 時計の針を1時間進めた夏時間になると日が一気に長くなったように感じる 夜明けはともかく日没が19時 これがどんどん遅くなる昨日は強風だった 風は一応収まったが零下2度かなり寒く感じたが 池に氷は全くない朝日が見え始めた 暦上の日の出時刻の僅か2分後だ全くの平地だと言うことがよく分かるww風の当たらなかった所には霜がやはり降りていた昨日から...

  • 森のアネモネがアッと言う間に開花

    昨日ゴルフ場内の森近辺を自転車で走っていて驚いた白い花の群生が次々に目に入った 森のアネモネ!前日も通ったがなかったゾ 気付かなかっただけか?いずれにしろアッと言う間に咲いた感じだww春の訪れを告げるアネモネ・ネモローサ 通称森のアネモネ6枚花弁が普通だが…7枚 8枚も見える 相当いい加減だww悪天候続きだったが ここ2か月雨や雪は意外に少なかっただから森は異常に乾燥し 右端の溝に水が全く流れていないにも拘わ...

  • 一面の霜に久し振りの朝霧が棚引く

    ワルシャワ南郊外は零下3度で風のない夜明けだった一面の霜に加えて久し振りに朝霧が棚引いていた霧が陽光に染まり始め 草原や木々が幻想的に見える隣町の教会の尖塔も棚引く霧の彼方に見えるミニ『天空の城』?ww道路沿いのエバーグリーン・バイオレットがこんなに増えた日中10数度と暖かいからだろうが ともかく寒さに強い花だ隣の芝は全くの霜まみれ 中央の建物下が花の場所だが…この2枚の写真は別季節 いや別世界のように見え...

  • ノハラツグミの鮮やかなミミズ捕り

    野鳥が増えた 昨日御紹介のマガモ達が歩いていた草地餌探しの鳥達がこんなにいる 主にホシムクドリだが…ノハラツグミもいた 鳥の種類によって餌の取り方が違うムクドリは移動しながら頭を草に突っ込みまた移動と忙しい一方でツグミは殆ど動かずおっとり構えているが鋭い目つきだ下を見た後 遠くを見るこの姿勢になり 一旦立つ格好をして…急にくちばしを草に入れてゲット! この動作の繰り返しだ見つけたミミズが出てくるのを静...

  • 人を気にせず野生のカモが長い散歩

    暖かい陽光の中で雌マガモが一休みしている 穏やかな目それに満足そうな表情だ 実はどこにいるかと言うと…ゴルフ場の中心 クラブハウス前の練習グリーンの端横の溝では一緒に歩き回っていた雄マガモが餌取中だ邪魔をしないように通り過ぎ 暫くして戻ると…いない!いや 2羽揃って練習コース内をヨチヨチと歩いて行くコース内には数は多くないがあちこちにプレーヤーがいる先程の道路も車が通るし 私のように歩く人もいる人慣れし...

  • ベランダで夕日が見える季節が来た

    春分の頃から別荘のベランダで夕日が見えるようになる昨夕は暖かく11度 ビールを飲みながら暫し過ごしたww隣の屋根ではホシムクドリが頻りに鳴いている私がいてももう逃げないし 縄張りが決まった感じだ朝日の昇る場所は? 今朝は池に行かず別荘周りにいた暦上の日の出時だが 建物が邪魔でよく分からない…ベランダとは反対の南側へ回ると道路の端から日の出この別荘群がほぼ東西に並んでいることがよく分かるww朝夕の冷え込みは...

  • 黄金色の毛嵐にカモ~零下6度の朝

    今朝も零下6度 日の出直後の池は毛嵐が黄金色に染まるその中でマガモ達が行ったり来たり 私を警戒して?wwカモがいたので遠回りをして大きな池の西端に来た昨日は11度まで上がり 冷え込んだ今朝はほぼ無風だだから予期通り毛嵐 零下8度だった一昨日より少なめだが朝夕の厳しい冷え込みはこれが最後のようだ霜もやはり半端ではなかった だが気温はすぐに上がるだからゴルフ場は朝9時前から通常通りオープンしている今朝はカモが...

  • 当地で冬を越す唯一のヤマキチョウ

    今年初めてヤマキチョウを見た ワルシャワ南郊外の森の中当地では成虫のまま冬を越す唯一のチョウだ朝夕はまだ零下だが いい天気で日中9度まで上がった昨日別荘前の森を歩いているとチョウが飛んですぐとまっただから場所が分かった これはオスだ 翅が汚れている?冬の間は落葉の中に潜り込み 冬眠状態で過ごすそうだ暖かさに誘われ目覚めたのだろうが 動きが鈍い私を警戒の目で見ている感じがしたので撮影をやめた森の隣は水場...

  • 温泉のような猛烈な毛嵐~零下8度

    ワルシャワ南郊外は零下8度 これまた嘘だろうと思った日の出直前の池には猛烈な毛嵐 やはり零下8度だヮwwだが風が殆どないので実際はそんなに寒く感じない朝日が昇って毛嵐がピンク色に染まり始めた隣の大きな池も勿論毛嵐が立つそれにしてもこの光景は寒いのか暖かいのか…ww勿論岸辺は凍ってびっしり『霜樹林』が並ぶ やはり寒い!帰ろうと振り返って驚いたオッ 温泉! 陽光の当たる毛嵐が湯気に見えたww別荘の屋根ではホシム...

  • 早朝にまたキュッと冷えて零下6度

    ワルシャワ南郊外 温度計は零下6度 嘘だろうと思った珍しく逃げないカモのつがい 池には毛嵐が立っている岸辺には氷が張り始めている なるほど気温は確かに低い早朝にキュッと冷えたのだろうそんなにないと思った霜もそれなりにあるww隣の一番大きな池 まだ葉を落としたままの白樺だが…陽光で更に赤っぽく見える小枝が水鏡に綺麗に写っていた岸辺にはもちろん氷が張り出している日中は8度まで上がる予報なのですぐ解けるだろ...

  • 野鳥達が渡りから次々に帰って来る

    草原でホバリングする鳥が増え始めた ヒバリだ鳴きながら空中でとまってくれるので私でも撮れるww『ヒバリの高鳴き』 繁殖期に入るオスの縄張り主張だ草原に降りて来た やはり冠羽を逆立てている2羽が一緒に飛んでいる つがいだろうかヒバリは冬の間は南へ去り ここで見ることはない白樺にとまる野鳥達は? 望遠で覗くとノハラツグミ冬に居残るノハラツグミも少数いるだがやはりこれは渡りから帰って来た群れだと思う朝夕はま...

  • クロヅルが赤い目とは知らなかった

    最近よく見るクロヅル探しに隣町へ行くと…いた!高い尖塔のある教会前に広がる草原 牧草地になっている餌取中のつがい 最初の写真の鳥は左でオスヨーロッパでツルはこの鳥 クロを付けずツルと呼ぶww100mは離れているのに私を警戒しているようだ赤い頭頂で黒と灰色の身体だが 赤い目とは知らなかった赤い帽子に赤い目のメス もっと近くで撮りたいものだ顔のアップは最高だろうなんて思いながら撮っていると…もう1羽いた 大きな...

  • こんな朝焼けと日の出は夕焼け似だ

    ワルシャワ南郊外は零下2度 全くと言って良い程風がない朝焼けが見え始めた 正に鏡の水面なのでダブル朝焼けだ日の出だ 明るくなって朝焼けは大抵なくなるのだが…逆にもっとカラフルになり始めた!太陽が全部見えても鮮やかに焼けた空 どこかで見たぞそう これは夕陽が沈む時の夕焼けの光景に似ているwwこんな朝焼けと日の出は初めてだった零下で風もないので霜は勿論降りていたそして水鏡がやはり綺麗だ オッ 煙突から煙が上...

  • 零下3度の朝だが10度になるらしい

    日の出前の空を大きな鳥が鳴かずに飛んで行く 2羽続いてアップがボケてしまったが ひょっとしたらコウノトリ?クロヅルかも知れないが 通常クロヅルは鳴きながら飛ぶ白樺が燃え出したような日の出 零下3度で少し南風がある昨日8度まで上がったので池の氷は解けたそう見えたが 陰になった所にポツンと残っていた別荘前の池に移動 この近辺はかなりの霜だ南側に林が連なり 風を防ぐからだろう案の定波のない池は綺麗な水鏡になっ...

  • 朝焼けの中で見つけた今年初の花ww

    風のない穏やかな朝焼けの空をカモが3羽飛んで行く零下4度 2日続いた零下2桁の朝とは違った雰囲気だ東の空に雲があり 朝焼けが更にカラフルになった朝日が顔を出し始めた 日中は8度まで上がるそうだ草原の彼方に見える教会を撮ろうとしたらまた鳥が飛ぶ芝生には薄っすらと霜が降りているようだ2日続けて『霜樹林』が出来た岸辺 やはり霜が少しある朝日は隠れたり顔を出したりだが 朝焼けはずっと続いた別荘前の道路隅の花に気付...

  • 零下10度でまた猛烈な霜に覆われた

    今朝も零下10度 風はなく猛烈な霜の世界だった朝日の方向に雲があり なかなか陽光が差さない…雲に覆われながらもボーッと朝日が差し始めた昨日と異なり全体的に白っぽく 寒く見えるかも知れない着込んでいることもあるが 風がないので寒く感じない短く刈られた芝 見事と言っても良い程の霜だww別荘群前の溝はかなりの流れがあり 凍っていないだが毛嵐が立ち 溝の岸辺の霜がやはり半端ではなかった霜ばかり撮った朝だが 昨日と異...

  • 零下11度~冷たい東風が吹き続けて

    ワルシャワ南郊外は零下11度! 快晴の朝だが猛烈な霜昨日はいつもの西風ではなく 冷たい東風が吹き続けた昨夕から零下 風が収まった後も気温が下がり続けた池は全面凍結 岸辺には久し振りに『霜樹林』が出来た大きな木の杭に付いた霜 こんな霜は初めて見た扇を隙間がない程びっしりと並べたように見えるww零下11度と言っても風がないだけでなく真冬と異なって…夜明けとともにすぐ明るくなる やはり季節が変わったww道端に埋め...

  • キジが道路を横断~飛べばいいのに

    ワルシャワ南郊外 町へ買い物に行く途中の道路にキジ!避けて通過した後 何とか車を止めて振り返るとまだいる車が次々にやって来る道を歩いて横切ろうとしていた何かくわえている 翼があるんだから飛べばいいのに…キジは車を避け歩いて無時にやっと横断した ホッww隣に茂みがある そこでゆっくり餌を食べたかったの?キジは普通の鳥らしくなく…例えばニワトリに似た所がある以前に初夏の草原で出くわした時の写真だが 勿論逃げ...

  • 数十羽ものアオカワラヒラが来た!

    ゴルフ中に小鳥の群れが飛んで来て近くの白樺にとまった数十羽はいる ピーチクパーチクとかなり煩い スズメか?ティーショットを打った後なので移動しながら何枚か撮ったスズメより大きい 色が違うし くちばしが太く短い感じだ後刻PCで見るとアオカワラヒワだった 右端はオスの成鳥残りの2羽はメスか若鳥…隣は畑と牧草地のこんな場所 大きな木の後ろに並ぶ白樺にいた写真は通り過ぎた後で振り返って撮った  飛び去り始めてい...

  • 春に向かう途上の変化の激しい日々

    ワルシャワ南郊外は零下2度 再度曇りの暗い朝だった晴れの予報だったのに… 一番大きな池はまた半分凍った別荘群前の池に移動 ここはほぼ全面が凍っていた風があり霜は少ないが 杭などにはかなり付いている霜を撮っていると羽音した 慌てて見回すと…真上を2羽の白鳥が先程の池方向に飛んで行ったその池に戻ったが白鳥はいない 彼等も水場探しで大変だ霧が出始めた それに気温が少し下がった感じもした急に現れた昨日の夕焼け...

  • 西空に朝焼けで鳥達も西向きだった

    ワルシャワ南郊外は0度で曇り 風があり氷もなく暗い朝だ帰りかけた頃に焼け始めた 但し反対側の西の空が…別荘前の池へ移動 東の雲間が少し明るいが朝日は見えない池にマガモがいるらしい 大抵気付く前に飛び去られていた池の中央に出て来た 逆光のはずが西空の朝焼けで明るいここでこんなにばっちりとマガモが撮れたのは初めてだww隅の葦原にいた仲間を待っていたらしく揃って飛び去ったつがい2組の4羽が朝焼けの西空へ向かっ...

  • 風があるのに波がない凍る途中の池

    予報だと零下3~4度で晴れ間ありだったが 曇りで零下1度凍ると思ったが凍っていない? 少し風があるのに波がない…やはり薄い氷 だがない所もあり岸から離れるとないようだ池の中央部は波があるのに手前に殆どないのは何故だろう?風の当たり難い北岸も見た目には分からないが少し厚めの氷凍っていないと思える所にも波がなく水鏡が綺麗に見える西風がもろに当たる東岸 手前も含め岸から2~3mは氷だ氷と波の間の綺麗な水鏡部分 ...

  • ホシムクドリ達が渡りから帰った?

    ワルシャワ南郊外は昨日と同様に曇りで0度 穏やかな朝だ別荘の上を野鳥達が飛び回っていた ホシムクドリのようだが…一番大きな池にマガモがいた 少し遠めから撮った雪がハラハラと落ちた来たのに驚いたが すぐに止んだ弱い風があり 水鏡が相当にボケている2組のマガモのつがいが私を警戒して行ったり来たり…すぐ撮影をやめて帰るとホシムクドリ達がとまっていたここだけで9羽 全部で20羽程が活発に動き回っている居残り組だと...

  • 上下を逆にしても分からぬ程の水鏡

    ワルシャワ南郊外は0度 曇りだが穏やかな朝だった夜中に少し降ったらしい雪がそのまま残っていた一番大きな池に水鳥達がいた マガモの群れは逃げた白鳥のつがいは逃げず 池の端へ移動して行った波が収まった池 まさに鏡のような水面になったそして氷は全くない同じ写真が2枚? 先程のは上下逆さまでこれが正しい写真違いはと言うと…殆どないが 空より水面の方が若干暗い隣の別荘に近い池も同様に鏡のような水面アップでも水に...

  • 春近しミミズを咥えたホシムクドリ

    朝夕は冷えるが日中はいい天気だ オッ 草地に野鳥達渡らなかったホシムクドリが餌探しをしていた屋根の上で鳴くのはよく見るが草地の餌探しは久し振りだ野鳥達が棲み処にしている別荘前の茂みの周り何か捕まえた! くちばしを開け咥えた餌を飲み込んだ写真で見るとミミズ 草の中にもうミミズがいるらしい茂みで小鳥達の鳴き声と動き回る気配がしたシジュウカラがホシムクドリ達を眺めていた少し離れた別荘横の木にはアオガラ ...

  • 溝にこんなに沢山の氷玉があるとは

    朝夕の冷え込みが続く中で 溝に沢山出来た氷玉の御紹介だ4~5度に上った昨日の昼だが 氷玉が綺麗に光っている岸辺の雑草の下 氷玉がこんなに沢山あるのに驚いた陰になった暗い場所なのにキラキラ光っている枯れ草の隙間から光が入って来るのだろうそれ程大きくないが3~4cm程あり とても透き通っている別荘群前の草原と森を流れる溝で 小さいが水が多い流れる水なので全面凍結せず 岸辺に氷が連なって出来るその氷も日中は少し解...

  • 零下9度~今回のミニ寒波のピーク

    ワルシャワ南郊外は今回のミニ寒波のピークで零下9度風が殆どなく 猛烈な霜の朝だった一面を覆う霜に朝日が差し始め 微妙な色調を醸し出す昨日も述べたが 雪より霜の方が私には綺麗に見えるww芝に付いた霜 こんなにびっしりは最近では初めてだ池の岸辺の『霜樹林』 霜は1cmを越える長さのものもあるピークは過ぎるが 夜の零下気温は暫く続くとの予報だ日中は4~5度に上がり 氷は少し解けまた凍っての繰り返しだ一方で真冬と異な...

  • 零下7度の冷え込みに霜樹林が光る

    ワルシャワ南郊外は零下7度の冷え込みで霜が一面を覆う一番大きな池も全面凍結した ほぼ快晴で陽光が草原に差し始め 霜が色付いて来た雪と異なり霜は芝と土の色が少し見え カラフルだやはり久し振りの『霜樹林』についつい目が行く池の増水で浸かった芝 空気に触れる部分に霜が付くその霜が昨日とは比べものにならない程長い!この大きな池の周りはほぼ『霜樹林』が続いていた池の木杭にもびっしりと霜 風はそれなりにあったの...

  • 霧と霜の朝~0度で風があるのに…

    ワルシャワ南郊外はかなりの霧に加えて一面の霜気温は0度とそれ程低くはなく 風もあるのに…クラブハウス前の一番大きな池が半分程凍っていた夜の間は気温がもっと下がったのだろう東西に長い池を北から見ると右の黒っぽいのが凍った部分氷面が滑らかだ 夜は風が殆どなかったようだ風が当たりにくい北の岸辺 先程の西側より霜が長いゴルフ場から草原はびっしりと一面の霜そして隣に続く林は全く見えない別荘の屋根にホシムクドリ...

  • 朝焼けの空と白鳥の仲良しつがいww

    ワルシャワ南郊外は0度 だが風がやっと収まり寒くない一番大きな池に白鳥 逃げ始めたので直ちに撮影をやめた青空が見え焼け始めた 朝日の昇る方向には雲がある池の私に近い水面は少し凍っている岸辺の氷はカメラを置いても割れない程だそれに霰(あられ)もパラついていた白鳥達は? 仲良しつがいのようで岸辺で餌取をしていたそして岸から離れて水の上で向き合う 求愛ダンスか?ヨーロッパ原産のコブハクチョウ 当地でも留鳥...

  • 枯れ草が倒れただけの何もない草原

    ワルシャワ南郊外は気温4度で 相変わらず風の強い朝雲が横一線に赤くなった だが朝日は全く見えず昨日は昼前からいい天気になったので草原を歩いたまだ花も緑の草もない 風に倒れた枯れ草だけだロシア軍が侵入したウクライナを思い浮かべた…ここは大抵西風が強い ヘリコが飛行訓練をしていた既にこの国にいるウクライナ人は100万人に達するそうだそして今回の侵入後 国境には車の長い列が出来ているこの国は国境沿い9カ所に難民...

  • キエフで買ったオレンジ色マフラー

    11年前の写真 ペットのラルチャはまだ5か月の若鳥だった私の机で御機嫌だが ラルチャは必ずこのマフラーの上に来たそして座ったり昼寝をしたり…ラルチャのお気に入りだった18年前キエフで買った ラルチャが死んだ今も保存しているロシアから離れヨーロッパを目指したユシチェンコ大統領彼が選挙運動で使った色で「オレンジ革命」と呼ばれたマフラーには「タク! ユシチェンコ」と書かれているウクライナ語を全く知らないが キリ...

  • 松が『落葉』~風で大量の枝が落下

    春の兆しはないかと森を歩いた 風を防ぐ森は草原より暖かいスギゴケと落葉が覆う土に…何か緑の草が生え出している?別荘の目の前 アカマツと白樺が中心の典型的な森だそして当地の森は全くの平地緑の草が生え出したかと思ったのは松の葉と言うか 小枝辺り一面を覆う松の『落葉』 初めて見た光景だったもっとも落枝(らくし)と言う日本語がちゃんとあるそうだwwこの冬は例年になく強風続きだ その所為だろうと思う結構高く 3~40...

  • 『風雲急を告げる』感じの朝だった

    暗い朝だったので遅めに外へ出た ホシムクドリ達が騒がしい4羽揃って同じ方向を見つめていた 風雲急を告げるか?ウクライナのニュースを見た直後だった また風が強い空が少し明るくなったが 太陽の場所が全く分からない…昨夕も同様 風が強く雨勝ちだったのが焼けそうになった夕陽が森に丁度沈む時刻 だがどこなのか分からない…反対の空 青空も見えるが怪しい雲行きで天気の変化が激しいところで戦争が始まれがウクライナ難民...

  • まさに赤く見えた赤リスとアカゲラ

    今朝は雨なのでまた昨日ワルシャワを出る前に撮ったリス君陽光も差した昼前 白樺を動き回っていたが急にいなくなった覗くと右下に見える柵の上を素早く移動して北側の松林へ私も移動してこっそり見ると松の幹を走り昇っていた陽光の差す大きな枝の分かれ目で一休み 名前通り赤い!但し和名はキタリス(北栗鼠) アカリスの方が良さそうだwwこの時近くでアカゲラが松笠を木の窪みに入れて食べていたチラッと見るのはリスの方向だが ...

  • 風が一応収まってリスがウロチョロ

    朝食をとっていると窓の外の松の木でリス君がウロチョロ目が合うとすぐに消えた 実はワルシャワに昨夕また避難した昨日強風でやはり停電になった 無停電電源装置は問題なく作動モバイルスティックに変えネットは順調に動いたが 停電は続く…WiFiが弱くなり繋がらなくなった 中継局に問題発生らしい別荘は台所関連がガスではなくすべて電気 食事が出来ぬ…それでやむなく夕方またワルシャワの自宅へ避難したところでリス君はどこ...

  • 警報が遂に出た中で怪しげな朝焼け

    昨夜からワルシャワ南郊外は強風アラートがレッド(警報)だそんな中で今朝は怪しげな朝焼けになった朝日の方向のみならず朝焼けは四方の空に広がったこれは北側 早朝から8度で 秒速10m前後の風が続く青空も一部で見えていたが 雲の動きが早い南側の空はもう不気味な色に変化している…何てカラフル! 陽光に色づく空と大地に一瞬見とれただがすぐに変化し 暗くなったりまた明るくなったり…この時はよろめいた 多分20mを越す猛烈な...

ブログリーダー」を活用して、ゴロー・Oさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゴロー・Oさん
ブログタイトル
写日記@ポーランド
フォロー
写日記@ポーランド

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用