searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

研修隊員さんのプロフィール

住所
愛知県
出身
愛知県

探検結果のご報告もお楽しみに! 研修隊員

ブログタイトル
日本史探検隊
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/
ブログ紹介文
日本史について思いつきの探検を繰り返しています。 姫隊長・史乃/古参隊員・歴三
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2012/06/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、研修隊員さんの読者になりませんか?

ハンドル名
研修隊員さん
ブログタイトル
日本史探検隊
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
日本史探検隊

研修隊員さんの新着記事

1件〜30件

  • 探検406 首都汚染を回避した女帝

    ~第38代・天智天皇(626-672年)の娘(第二皇女)であり、  第40代・天武天皇(生年不明-686年)の皇后~これが、第41代・持統天皇(645-702年)のプロフィールです。皇女・皇后という立場も、またそれどころか夫・天武天皇の崩御の後には、自ら天皇にも即位したのですか

  • 探検405 なぜ八が選ばれたのか

    日本神話の世界では、大きい・多い・立派を示す数字として、「八」が頻繁に使われています。 たとえば、八百万神・大八洲国・八岐大蛇・八色雷・八咫烏などがその例であり、三種の神器にも八尺瓊勾玉・八咫鏡の名が付いています。その名残りなのか、後世にも同様な表現を見

  • 探検404 俄か天下人の俄か箔付け

    主君・織田信長(1534-1582年)が謀反に倒れた後の天下を掌握したのは、信長の家臣であった羽柴秀吉(1537-1598年)でした。権謀術数の限りを尽くして、織田家の血統を出し抜き、敵対する勢力を滅ぼし、あるいは臣従させた結果です。ところが、ここまでの既成事実を作れば、

  • 探検403 かくも見事な捏造歴史

    二度にわたる大陸から我が国への侵攻、その一度目を「文永の役」(1274年)、そして二度目を「弘安の役」(1281年)と呼ぶ、いわゆる「元寇」では、実は日本側は元側の攻撃を跳ね返しています。元側を撤退に追い込んだということです。そして、通説に従えば、この元軍撤退の

  • 探検402 ベンチャー起業家・織田信長

    戦国時代の武将・織田信長(1534-1582年)が推進した政策、「楽市楽座」と「兵農分離」はセットで説明されることが多い印象で、要するに、「楽市楽座」政策が生み出した資金を「兵農分離」政策の推進に回したとする説明です。もっとも、「楽市楽座」自体は信長オリジナルの政

  • 探検401 悪の旧政権と正義の新政権

    日本の歴史は、江戸時代(1603-1868年)から明治時代(1868-1912年)へと移りましたが、ここでは一般的にこんな評価が残っているようです。~江戸時代は暗黒、その暗黒を打ち破ったのが明治時代~つまり、露骨に言えば、江戸幕府は悪の存在であり、その悪を打ち倒した明治新

  • 探検400 淀殿の幻の青写真

    「関ヶ原の戦い」(1600年)で、徳川家康(1543-1616年)率いる徳川連合軍に惨敗した豊臣方、つまり秀吉側室の淀殿(1569?-1615年)とその息子である秀頼(1593-1615年)は、その後なんと15年もの間、宿敵・家康に頭を下げることを頑なに拒み続けました。その後の「大坂の陣

  • 探検399 高齢武将冬峰を踏破する

    戦国武将・佐々成政(さっさ・なりまさ/1536?諸説あり-1588年)による「さらさら越え」・・・その史実は、音韻からイメージする爽やかさとは打って変わって、相当に過酷なものだったようです。では、その「」さらさら越え」とは、いったいどんなこと?織田信長(1534-1582

  • 探検398 ベテラン老中の先送り手腕

    江戸時代の享和・文政・文化の時期に長きに渡って老中(1802-1822)を務めた土井利厚(1759-1822年)は、現代における知名度はともかくとして、「老中生活20年」というなんとも立派な経歴を踏んだ人物です。では、本当に「能力ある老中」だったと見ていいのか?という問題を

  • 探検397 シュリーマン幕末日本に立ち寄る

    ギリシャ神話に登場する伝説の都市トロイアが実在したことを、実際の発掘によって証明(1871年)した人物として有名なドイツ人考古学者ハインリヒ・シュリーマン(1822-1890)は、少々の意外感が伴いますが、幕末期の日本に滞在したことがありました。その来日とは、「遺跡発

  • 探検396 マルチ人間のつまづき晩年

    さて、江戸中期に生きた平賀源内(1728-1780年)なる人物の紹介は、こんな仰々しいサマになっています。本草学者/地質学者/蘭学者/医者/殖産事業家/戯作者/浄瑠璃作者/俳人/蘭画家/発明家/コピーライター/春本作家/衆道指導者?/博覧会プロデューサー/さらには

  • 探検395 本邦初は浦賀奉行与力?

    いわゆる「黒船来航」(1853年)以降の日本には、それまで日本人がまったく知らなかった事物がどっと入り込んで来ました。「未知との遭遇」というですから、そういうニュー事物に対しては、それなりの恐怖心も伴ったのでしょうが、民族性からしても、ひょっとしたら好奇心の

  • 探検394 忘れられた歴史有名人

    現代は、幾分の歴史ファンにしか知られていないものの、ちょいと時代を遡ると、その人物にまつわるエピソードが「日本国民の常識」と言えるほどに有名だった人物もいます。「忘れられた歴史有名人」とでもいうのでしょうか、具体的な名前を挙げてみるなら、薪を背負って読書

  • 探検393 なんんで中国地方なの?

    日本列島をいくつかの地方に分ける方法は、あれこれあるようですが、その代表的なひとつとして以下の分類が挙げられます。北から順に並べると、北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州、この「八つ」の地方に分ける方法です。ところが、その名称をつらつら眺めて

  • 探検392 戦国戦死者の弔い作法

    大合戦があれば、当然のことながら、その結果として多数の戦死者を生み出すことになります。ところが、普段のドラマなどではそのあたりのことについて描かれる機会は稀な印象になっています。生々しすぎて、楽しい映像にならないこともその理由の一つかもしれません。さて、

  • 探検391 政治嫌いの文化人殿様

    言葉にすれば、いわゆる「家老の子は家老」ですが、昔は親の身分を息子が継承することを割合に当然として受け止めていました。しかし、そうした「家老の子」であることが、本人にとっては負担・不幸だったと思われる例も、歴史の中にはいくつか見られます。具体的な名を挙げ

  • 探検390 江戸朱子学とアーミッシュ

    キリスト教の、主にアメリカに居住する一派に、移民当時(18世紀初頭)の生活様式に従った日常生活を続けることが正しい信仰であるとする「アーミッシュ」と呼ばれる人々がいます。彼らは、現代日本人が大好きな「文明の利器」、たとえば「電話器」や「電化製品」や「自動車

  • 探検389 あゝ間違いだった肖像画

    聖徳太子・源頼朝・足利尊氏・武田信玄・西郷隆盛などの名前を聞けば、おそらくその風貌は多くの人がイメージできるのでしょう。そうした運ぶになるのも、ひとえに「肖像画」の御蔭と言ってよさそうですが、ところがダ、これらは「本当にご本人の肖像か?」と突っ込んでみる

  • 探検388 尼将軍のオバサンパワー

    知名度比べということなら、「承久の乱」(1221年)は、いささかマイナーな印象にもなりそうですが、その意義の面では突出したものがあったと断言してよさそうです。平たく言えば、その後の「日本のカタチ」を決める戦いになったということです。よく見れば、これよりは有名

  • 探検387 丁寧言葉はインフレを招く

    物事について、より一層丁寧に言い表す方法として、言葉の頭に「御(お/ご)」をくっつける方法があります。食べ物の類なら「ごはん(御飯)」や「おかず(御数)」や「おにぎり(御握り)などもそうした例の一つですが、こうしたことは結構昔から意識されていたようです。

  • 探検386 父ちゃんを超えたいッ

    親が超偉大な存在である場合、その子供は結構微妙な立場に置かれるものです。周囲の者は常に親と子を「見比べる」視線を送り、またその雰囲気をなんとなく本人(子)も感じるからです。たとえ本人に「親とは器が違う」という自覚があったにせよ、ついついこんな心境になって

  • 探検385 天下城焼失の風評被害?

    「天下布武」完成目前にあった織田信長(1534-1582年)が居城とした「安土城」の“築城から焼失”までの経緯は、概ねのところ以下のようでした。○1576年→築城を開始○1579年→信長が引っ越す(この頃、落雷で本丸焼失?)○1582年→6月「本能寺の変」(信長暗殺事件)○158

  • 探検384 創作された歴史人物

    たとえば、その昔娯楽映画などによく登場した「真田十勇士」のトップスターである“猿飛佐助”などは、その超人ぶりから、てっきりお話を面白くするために創作された「架空の歴史人物」だと思い込んでいました。ところが、これにはモデルになる人物が実在した、という解釈も

  • 探検383 宗教勢力の「激動の世紀」

    15世紀末から16世紀末にかけての戦乱が頻発した時代を日本史では「戦国時代」と呼んでいます。そうした戦乱の世は、最終的には、尾張国・織田信長(1534-1582年)、尾張国・豊臣秀吉(1537-1598年)、そして三河国・徳川家康(1543-1616年)という、いわゆる「三英傑」によっ

  • 探検382 留学僧の使命は爆買い

    平安時代に唐に渡った二人の留学僧、最澄さんと空海さんの実際の留学期間がどれほどだったかと言えば、道中のトラブルや行事などを除けば、最澄さんで実質10ケ月程度、空海さんでも実質12ケ月程度のことだそうで、これは大抵の方の予想を裏切る短期間ぶりと言っていいのでし

  • 探検381 都から見た上下と前中後

    現代日本人の多くには、地図を「北を上」にして見るクセがあります。ところが先人たちは、そうした東西南北より、都を中心にして、どうなのかという見方をしていました。そのため、昔の地名には上下・前中後・近遠の文字が付くケースも少なくなく、中には現代人からすれば、

  • 探検380 連続急死を推理する

    「和」の大切さを力説した上に、慈悲にあふれた「仏教」を保護したという事跡も重なって、普段語られる「聖徳太子」(574-622年)は、平和で穏やかな人柄というイメージに包まれています。しかし、当然のことですが、政治家として「軍事行動」の決断を迫られる場面にも遭遇し

  • 探検379 尊属殺人犯?ヤマトタケル

    お話の主人公の名は「日本武尊(小碓命)」、倭建命と表記されることもあるようですが、要するに日本神話のヒーローであるヤマトタケルその人のことです。神話に登場するほどにメッチャ昔の方ですから、その「家系図」?も、決して確かとは言えませんが、一応は第12代景行天

  • 探検378 ゴマスリは抜け目なく

    なんとなく不思議な気もしますが、「地名を変える」という作業は、日本ではその昔からあまり行なわれてこなかったようです。その背景には宗教的または文化的なある種のタブー意識があったのかもしれませんが、戦国の時代になると、ちょっと雰囲気も変わって、織田信長による

  • 探検377 三英傑の宗教決断

    この場合の三英傑とは、一般的には「戦国の三英傑」とも呼ばれる下の方々のことです尾張国・織田信長(1534-1582年)尾張国・豊臣秀吉(1537-1598年)三河国・徳川家康(1543-1616年)実際各々の個性にはそれぞれに異なった強烈さを放っていますが、実は外来宗教である「キリ

カテゴリー一覧
商用