chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
めのキッチンの美味しい生活 https://meno-kitchen.hatenablog.jp/

毎日の食事は心と体の健康のもと。どんな時でも美味しいご飯のある生活は、幸せを運ぶはず。 家計に優しいいつもの食材で作る創作家庭料理、プリン体を減らした痛風ケア料理を紹介しています。

自分も他者も環境もあるがままを大切に。 他者に惑わされず、自己犠牲しすぎないように。 自分の手の中にある幸せを自分らしく感じていられるように。 料理もライフスタイルも、人間関係も何もかも、そんな気持ちを大切に。

めのめの
フォロー
住所
愛知県
出身
愛知県
ブログ村参加

2016/03/23

1件〜100件

  • 新生姜漬け#私の好きなもの 1

    「これが無いと夏が越せない」 先日、上の娘が次々につまんでいました。 新生姜がお店にたくさん並ぶ夏の初め。 値段をしばらく観察して、ここが今年の底値かな?と思った時に買います。 税抜きグラム100円以上の年は、悲しい気持ちで量を控えますが、安い時は大量買い。 洗って、ひたすら薄く切って……漬けて行きます。 鮮度の良い新生姜だから酢と反応して出るこの美しい色。 甘酸っぱい中の爽やかな香りとほんのりした辛味。 新生姜漬け 結婚しても作ったけれど、お隣さんは例の曖昧な言葉で「これはこれで悪くない」と言ったけれど、実際は箸がすすまないのでしばらく封印されました。 それでも私の好物なので、娘たちが小学生…

  • 粗びきハンバーグとキャベツの煮込み

    あり合わせと残りものを使っても、痛風ケア料理は可能です。 一昨日、私がダウンしてしまってご飯が手抜きでしたから、昨日はある程度しなくてはという感じになります。 でも、そんなにまだ体力が回復していません。 さて、どうするか……。 圧力鍋の登場です。 残り少ないキャベツ。芯に近いところはそのまま放射線状に切り分けて、例によって作り置きして冷凍していたハンバーグ(今回は粗びき肉で作った物)と一緒にポイ。 圧力鍋なので味付けも最初から。凍ったハンバーグの上にグルグルとケチャップ。ほかの調味料は水分と一緒に鍋の底へ。 粗びきハンバーグとキャベツの煮込み 粗びきハンバーグとキャベツの煮込みの痛風ケアメニュ…

  • 豚こまぎれ肉とズッキーニのワイン煮

    昨日はとうとう、ダウンしました。 立ってもいられない状態の中、お隣さんのご飯を作り置きでほぼ全部構成し、お出しするのがやっとでした。 先日紹介した鰤の照り焼き(白茄子の茹で浸し) が予定より早く活躍しました。紹介したのはつい先日ですが、実際お出ししたのはもう少し前なので、大丈夫です。 近頃こんなふうに散々時短料理ばかりで、手抜きしていたのですけれども……。 「ワイン煮」なんて時間がかかっていそうですが、こま切れ肉でやって、合わせる野菜も玉葱とズッキーニという、すぐ火が通るものにしたらあっという間です。 豚こまぎれ肉とズッキーニのワイン煮 豚こまぎれ肉とズッキーニのワイン煮 豚こまぎれ肉とズッキ…

  • トマトビシソワーズ

    ジャガイモの冷製スープ。本当はリーキが必要ですから、日本ではなかなか本物はいただけません。 一般的には玉葱で作られる日本のビシソワーズ。 私はほとんどのスープをノンオイルで作ることが多いです。 リーキも使わず、バターも使わないこれを、厳密にはビシソワーズと呼んではいけない。 でも、日本人っていい加減なので、本物じゃなくても平気で名前だけ使います。 最近ではマリトッツィもそうでしたし、その後ボンボローネという名前の大量にクリームが入った揚げパンを見かけて、衝撃を受けました。トロペジェンヌも見かけました。 本物をよく知らないで違う素材で作って名前だけ拝借。日本人の得意技のようです。 私も日本人なの…

  • 和風オムうどん

    近頃多い娘の台詞。「麺なら食べる」。 食欲落ちたまま夏が始まって三年目。一年ごとに酷くなる、グダグダな夏です。 今年一番の酷い状態は脱したと思います。 夏真っ盛り。 暑すぎて早朝だけのセミの大合唱に、黒色を着ているせいか大人しいカラス。激しい雷雨、野良猫じゃない夜行性の動物の気配。夏休みなのに人声の少ない昼間に夜遅く出歩く音とお喋りの声。朝から夕方まで何度もきこえる救急車のサイレン。そんな中で辛うじて3時ごろから5時ごろまでなんとか眠れる気温に……。 こうなると、もう、あと1か月我慢したら夏は去り、わがまま放題自分勝手でサボってお金貰って物貰おうとするだけで客にも上司や先輩バイトにも失礼な言動…

  • 白茄子の茹で浸し

    鰤の照り焼き。これもご飯が進む日本の定番料理ですね。 ところが、私は鰤の脂と独特の風味が苦手です。まだツバスなら脂も風味も少なくて食べられますが、ハマチまで行くともうご勘弁という感じです。 値引きシールで2切パック。お隣さんと娘の分に丁度いいので買いました。 フライパンで手抜き照り焼きです。本当はたれをつけては焼き、焼いてはつけ……を繰り返さねばならないのですが、フライパンでサッと焼いて調味料入れて煮絡めてもお隣さんは気がつかないです。 娘はこの日、ご飯は入らない状態でしたので、娘の分はラップに包んで冷凍庫へ。そのうちまたお隣さんにお出しすることになるでしょう。 さて、定番料理はつまらないので…

  • 豚肩ロースの甘辛醤油炒め#よもやま話

    たまには、安心する味のご飯。 日常的に一品は新しいもの(小皿一つだとしても)という私の趣味ですが、全皿創作料理ということはしません。 家庭料理というのは定番の安心できる味が必要だと昔から言われていますね。 でも、「家庭料理」「おふくろの味」という言葉で表現されるプラスイメージを利用して、単に胡坐をかいて同じ食べ物をルーティーンさせているのは栄養的に危険ですし、食育の面でも大きなマイナス。 いわゆる「家庭料理」「おふくろの味」みたいなものを含めつつ、バラエティーに富んだ食生活が望ましいと思います。 こっくり美味しくてご飯が進む和食定番の味。 味醂、砂糖、醤油で味付けする豚や牛の薄切りの炒めもの。…

  • ズッキーニと茄子とトマトの冷製パスタ

    生パスタはあっという間に茹で上がる上にモチモチです。 特売で買う格安乾麺より特売で買う生麺は一食分が倍以上の値段になりますが……娘が食欲不振になったこの3年ぐらい(これなら残さず食べるので)月に1度は買ってしまいます。 あまりに暑かった昼。 「温かい料理は入らない」という娘のために、珍しく生麺で冷製。 冷製とは言っても、消化機能が落ちている人にキリッと冷たいものを出せません。 麺は茹であげの熱いまま。そこに、キンと冷やしたソース。 ズッキーニと茄子とトマトの冷製パスタ このソース、実は先日紹介したズッキーニと茄子のトマトスープのベースです。 多めの材料で水分少なめで煮ておくと、パスタソーとスな…

  • キョポオル風冷製茄子とトマトのカナッペ

    長期に渡る娘の体調不良、家計の赤字と、ままならない自分の社会復帰、そこにお隣さん……けnそれを吹き飛ばそうと忙しく強引に動き続けた結果、ストレスが溜まっていたのかもしれません。 食べるか食べないかわからない人たちのための物を買い、自分のものは買わず、朝ご飯も無いし、昼も娘は食べるか食べないかわからず(寝ているのできけないし、起きていても答えは曖昧)、起きない食べないなら、自分は家計のために食べずに我慢するか……等々、頭がグルグルする日が続いていました。 ストレスですね、明らかに、メンタルケアしないとヤバかったです。 期限切れのラスク。イタリアからの輸入品。日本人がイメージするラスクにしては大き…

  • 手抜きミートローフと野菜のマスタードソース

    実は、ここで紹介しようと思ったのは小皿料理で茄子の皮を使った金平。 メインの写真のほうが華やかですが、野菜と盛り付けが違うだけで、これは我が家ではほぼ定番の料理で、たぶん以前にも紹介しているような気がします。 手抜きミートローフは2~3か月にに1個ぐらいは作って冷凍していますし、マスタードのソースもバージョンは色々あれど、表向きさして変わらないです。 茄子の写真を撮りましたが、地味だし……とリピート紹介かもしれないほうの写真を選択してしまいました。 この日はエコ・節約モードが強く出た日ですね。 ほかの料理に使ったひき肉の残りの使い道がすぐに無い時には、こうして小さなミートローフやハンバーグ、ミ…

  • ズッキーニと茄子のトマトスープ

    夏バテ防止策に、我が家はスープを多用します。 暑いと食欲が落ちるお隣さんと娘。 え? 私ですか? 原則、落ちません。子どもの頃から主婦としての「自分が倒れたら家族が危険」という危機感があるので、きっちり食事を作り、自分は残り物をしっかり食べて、食べ物を無駄にしない生活を続けています。 今年はトマトをこれでもう3回ぐらい箱買いしています。小さめのトマトですが、10個から12個入って、300円ぐらい。ほかのパックよりお得感があります。 歩きで買い物なので、家まで運ぶのは嵩張って大変ですが、トマトは口当たりがよいので下の娘も食べてくれますから買ってしまいます。 そんなトマトを使って、スープ。 ズッキ…

  • 手羽先と牛蒡の煮物青菜添え

    プリン体が減らしやすくて痛風ケアに便利な鶏手羽の先、中、元。 モモの骨付きとは違って、サイズがよくて骨部分も多めで肉が少なめ。 そして、何と言ってもプリン体を減らすために下茹でしても骨のおかげで小さくならず、旨味も脂肪分もある程度残ってくれるので、ガッツリ好みの痛風になりやすい人にも受けが良いです。 下茹ですることで少々多めに食べたい時も大丈夫ですし、骨つきをかじるのは食べた感が増します。 更に、便利なのは一人分だけ作る時です。下茹でしてから小分け冷凍しておくことで、一人分なのにこんな煮物もそんなに面倒に思わずに作ることが可能です。 手羽先と牛蒡の煮物青菜添え 手羽先と牛蒡の煮物青菜添えの痛風…

  • 新生姜とちりめんのころうどん

    ちりめんじゃこ。プリン体が多いのでお隣さんにはあまり使えませんが、尿酸値が正常値ならできるだけ上手に取り入れたい食品です。 近頃のものは昔に比べて塩分も控えめですね。 夏には手軽に摂れるタンパク質とカルシウム、その他、栄養価が嬉しい食材です。 食欲のない娘用の冷たいうどんにパパっとのせるだけで、栄養補給になります。 夏バテしてきて軽く冷たい麺をと思う人にも、人つまみ加えるだけで汗で出て行った塩分を補いつつ、不足しがちな栄養素を摂ることができますね。 値引きシールで釜揚げシラスとちりめんが同じ金額でした。だったら……ちりめんを買います。 ちりめんのほうが乾燥している分、同じグラムでもシラスの量が…

  • 白茄子ソースのスパゲッティトマト添え

    白茄子流行っているのでしょうか? それとも下仁田ネギのように納品先が無くなってスーパーに並んでいるのでしょうか? よくわからないのですが、以前からあるけれど値段が高めだったり見かけることが少なかったりしました。 それで、花壇で栽培を試みていましたが、どうにも茄子は毎年失敗してしまうので今年はとうとう植えませんでした。 この白茄子。もう一つ謎があります。 呼び名が確定していないのでしょうか? 最初「白なす」と表記されていましたが、次に売られる時には「青なす」となっていました。私としては「緑色の茄子」でしかないですけどね。面白いです。 紫色ではないこの緑色の茄子ですが、種類が色々です。大きさも形も…

  • サワドーのモッツアレラカナッペ

    久しぶりにサワドー菌でパンを焼きました。焼いたのも2か月ぶりぐらいですが、アップするのはもっと久しぶりですね。 今年はずっとプレーンなものや、今までに焼いたものをリピートしていて、新種の味のパンを焼いていなかったからです。 今回も新種ではありません。 左側は定番のローズマリー。 右側は「はるか」の皮のマーマレードを練り込みました。身は食べてしまって、皮と種だけを利用して作って水分の少ないマーマレードを冷凍してありましたので、それを使いました。 そして、私の朝昼兼用一食ご飯を……。 サワドーのモッツアレラカナッペ 数年前から小さいサイズのモッツアレラチーズを見かけますね。それも日本製。 日本製は…

  • 鮪ハンバーグと茄子の中華風ナメコあんかけ

    食材が思うように買えません。ここまでの社会情勢プラスに天候不良で流通問題も、値段の問題もありますね。 今月に入ってから明後日まではいろいろ忙しくしていますので、外に出る機会も多く、買い物もいつものスーパー以外のスーパーにも寄って、少しずつ買い足しの努力をしています。 でも、色合いはだんだん地味になりますね。人参が高いせいかしら? お隣さんの仕事も天候が定まらず、予定が変更になることも増え、食事予定も見積もりと変わってしまって、冷蔵庫の中は余りものがあるのに不足も多いという、大変やりづらい状態が続いています。 娘も食べると言うので、鮪ハンバーグ。初の中華味にしました。 鮪ハンバーグと茄子の中華風…

  • 豚肉と下仁田ネギの塩炒め

    しばらく前のご飯です。 普段は見かけないのに、突然店頭に。そして、なぜか格安になっていた下仁田ネギ。 コロナや戦争、異常気象で、需要と供給のバランスが崩れているのがうかがえます。 一人ひとりが生活に気を付けてエコを心がけること。 自分の価値観を押し付けず、自分さえよければと思わないで、多角的に物事を捉えて、周囲に目を向けて、人にも自然にも優しくを心がけること。 ……そんなライフスタイルを世の中の人みんなが、それぞれに続けていけたらいいなと思います。 さて、納品先に困ってしまったのであろう下仁田ネギの青い部分だけを使いました。 たっぷり。 豚肉と下仁田ネギの塩炒め 豚肉と下仁田ネギの塩炒めの痛風…

  • チンゲン菜の鶏ひき肉詰め煮

    チンゲン菜の株元の隙間にひき肉を詰めました。 あっさりと鶏ひき肉で、蒸し焼きです。 蒸し焼きした小松菜とパプリカとともに盛り付けました。 具材を取り出したフライパンには野菜と鶏の旨味の出た汁が少々残りますから、そこに調味料を加えてたれを作って回しかけたらできあがりです。 本当は温かいまま食べたほうがお腹に優しいですが、鶏ひき肉で脂がすくないので、冷蔵庫で冷やしてしても美味しく食べられます。 夏向きの料理ですね。 プリン体も少なめです。むね肉のひき肉ですが、それほどの大量に詰められるものではないので、安心して大丈夫です。 チンゲン菜の鶏ひき肉詰め煮 チンゲン菜の鶏ひき肉詰め煮の痛風ケアメニュー …

  • 月見山かけうどん

    昨日アップした記事で、卵の白身が1つ分余っていた理由は、これです。 「何なら食べられそう?」 「……うどん」 「何うどん? 玉子とじ? きつね?」 「(どうせできないだろうなぁ)……山かけうどん」 「はい、山かけね……ん?山芋でボリューミーになるけど、食べられるの?」 「え?……できるの?」 「できるよ」 「山芋はさすがに無いと思った……じゃ……うん、食べる……食べるよ!」 ということで、娘用のお昼ご飯。 月見山かけうどん こんもりした鮮度良い卵の黄身が映えます。 大好物の卵さえのせてしまえば、全部食べ切るはずという予想は的中。 食べちゃいましたね、一人前完食。 そんなこんなで、白身はああなり…

  • 麩と茄子の煮物メレンゲのせ

    日々の生活の中で、食材がいつも豊富ということはありません。 高くて買えない、時間が無くて買えない、天候の都合で買えない……等々、理由はその時々で色々ありますね。 そんなあり合わせで作るご飯こそ、家庭料理の醍醐味だと思っています。 家にあるものをかき集めて、何料理とか、ちゃんとした一般的な料理とか、全く気にしないで自由に作ってOKで、失敗してもOKです。 創作料理にチャレンジするチャンス、アイデアが湧くチャンスです。 私にとって、地味なあり合わせで作ったおかずは、次への試行錯誤になっています。 麩と茄子の煮物メレンゲのせ 麩と茄子の煮物メレンゲのせの痛風ケアメニュー 麩と茄子の煮物メレンゲのせウ…

  • 鰺フライのレッドオニオン添えタルタル

    鰺を買って捌いて、衣をつけて揚げる……忙しい時にはとてもできない気分です。 というわけで、お惣菜。 生の鰺を買って作るより、家計に優しいです。お隣お一人分ですし……。 お惣菜の鰺フライでも、あとほんのひと手間で豪華なプレートになります。 プレーンな鰺のフライはとても嬉しいお惣菜です。 ただ、お店によって衣の厚さや、油っこさが気になる場合がありますが……。 痛風ケアということを考えれば、鰺はプリン体が多い魚ですから、鰺の量を誤魔化せるある程度の衣があったほうがいいかもしれません。 プリン体と共にメタボが気になる人については、温め直しをしてキッチンペーパーに油を吸わせると良いでしょう。 鰺フライの…

  • 青菜たっぷり鮪ハンバーグ

    我が家定番、鮪のアラ(加熱用)で作る鮪ハンバーグ。 今回は夏の始めにワゴンで格安になっていた小蕪の葉と茎をたっぷり入れて作って冷凍していたものです。 プリン体が多い鮪なので、お隣さんにしては小さめに作ってあります。 このところ、ずーっとお隣さん一人前の夕食を作っています。 娘は本人の気持ちに従った時間に本人が食べれそうだと思うものを作り、食べれる量だけ食べるという状態になっていて、毎日夕食を別の時間に別の料理を作っています。 私は夕食だけで2度キッチンに立つ状態ですね。 青菜たっぷり鮪ハンバーグ 青菜たっぷり鮪ハンバーグの痛風ケアメニュー 青菜たっぷり鮪ハンバーグ添え野菜レッドオニオンのせ冷奴…

  • レッドキャベツの青いポタージュ

    久しぶりにきちんとカラーセラピー用の料理。スープです。 自然の食材で青い色はとても難しいです。 日本人は緑色も青と呼びますから、緑色でも「青の…」とタイトルをつけると緑でも、少し青なイメージも一緒に取り込めることはありますが、やはりそれでは弱いです。 レッドキャベツを使いました。 紫色を抑えるように、煮て……冷まして……と、青みを引き出します。 以前にシャドークイーンで作った色にそっくりですが、こちらの方が少し青みがあります。 写真に上手く写りませんでしたが、もう少し青みを感じます。 ブルーグレーと呼ぶのが正確でしょうが、グレーよりも青みが感じられます。 とは言え、これも日本人特有のデリケート…

  • ゆで豚の新生姜味噌だれ

    久しぶりに本当に時間が取れません。そんな時には手抜き豪華ごはんで誤魔化します。 安売りの時に買って、プリン体を減らすために茹でたり煮たりしてから冷凍保存してある塊肉を解凍します。 今回は豚モモでした。本当はモモはプリン体多め部位なのでできればバラ肉、譲ってもロースにしたいところですが、家計との相談もありますから思うようには行かないこともあります。 それでも、茹でて、茹で汁を使わないというだけでもプリン体を減らしていくことができますから、大丈夫です。 シーズンなので、新生姜を漬けました。安売りを見つけたタイミングで発生する新生姜漬け作業で、これも自己都合の時を選んではいられません。 もとに近い硬…

  • 魚肉ソーセージとキャベツのサラダ

    元気を出したい気分です。トマトを添えて赤色を取り込みました。 昨日のようなことを書くと、「どの家庭にもあることで愚痴を言っている」だの「不幸ぶっている」だのと非難したり嫌がったりする人がいますが……そういう点について大袈裟に話をしたり、嘘をついたりしたことはありません。 話していることが「単なる事実でしかない」ということが伝わらないですね。それに対して自分が不幸だなんて一度も言ったことが無いし、思ったことも無いのですが。 私が興味のある部分は、自分の中でそういう事実の体験から何を学び、それをどのように自分の心が捉え変化していくかという、あくまで個人的な内面の変革の部分。 そういう私のような人間…

  • 蕪菜と魚肉ソーセージのオムレツと目玉焼き

    卵オンパレードの日。これ、今年の4月に作っていたものです。 とにかく食料品が4月からあれこれ値上げになり、その後も値上げ予定が目白押しだった頃ですね。 卵も値があがって、Mサイズが買えなくて「不揃い」という名のSとSSが交じったパックを買った記憶。 食材が不足していたのと、春の終わりの蕪菜をなんとかしたいと思ったのですね。 お隣さんに、小さな1個じゃ足らない。2個使ってもボリュームが出ない。 困ってオムレツと目玉焼きを一緒に出すという珍しいことにチャレンジすることに。 蕪菜と魚肉ソーセージのオムレツと目玉焼き 蕪菜と魚肉ソーセージのオムレツと目玉焼きの痛風ケアメニュー 蕪菜と魚肉ソーセージのオ…

  • 鶏皮揚げの玉葱和風だれ

    鶏肉の中でプリ体が少ないほうの部位。皮。 皮だけでメインにするのは難しいです。イメージとしてはどうしてもつまみやおまけのような一品が多くなってしまいます。 食べれないのに唐揚げが食べたくなる娘。皮を全部外しました。 衣も極力減らしたいので小さく切らず、大きさを維持して揚げました。 外された皮は、お隣さんが(元気な時なら娘も)喜ぶもの。 一緒にカリッと揚げました。ペーパーでしっかり油を落として、スライス玉葱をのせ、その上から和風ダレをジャーっと。 鶏皮揚げの玉葱和風だれ 鶏皮揚げの玉葱和風だれの痛風ケアメニュー 鶏皮揚げの玉葱和風だれ添え野菜茹で人参の塩麹和え小松菜のお浸しモヤシの和え物糠漬け下…

  • 下仁田ネギのポタージュ

    娘が絶不調につき、スープ率が上がっています。 プリン体の排出を促す牛乳がとれるのでお隣さんにも良いですからジャンジャン作っています。なぜか高級品の下仁田ネギが地産品コーナーで格安で出ていました。 不景気で納品先が失われたのでしょうか。迷わずドカンと籠へ。 嬉しい食材ゲット! 白い部分で上品に……?いえいえ、青い部分で葱らしい和風味を楽しみます。 色も薄緑色で美しく仕上がります。 和風味とは言え、今回は普通にジャガイモを使っています。和に偏りすぎなくていい感じですし、ジャガイモの甘みで青い葱の風味がよいバランスになります。 私がいくらいつも違う料理を作りたいからと言って、変わった食材を組み合わせ…

  • ミックスビーンズのサラダ

    栄養価が高くてヘルシーな豆。でも、たぶんお隣さんは豆はあまり好みません。 「箸で食べづらい」とおっしゃいますが、スプーンがあっても自ら手を伸ばしたことはありません。押して図るべし。 痛風ケア料理になってからは、そんなことは言っていられなくなりまして、豆もちょこちょこ使います。 豆の種類をいろいろ買って、それぞれ水につけて、茹でて……なんて大変です。 ここ数年、豆を茹でたり蒸したりしたもののパックを買って使うことも増えました。 これは、そういうパックの蒸し黒豆(味付け無し)と、冷凍の枝豆(塩味あり)、生のコーンを自分で蒸し茹でしたもの、ジャガイモ、ニンジンで作ったものです。 色が綺麗ですが、食べ…

  • 鮪メンチカツ赤ワイン風味

    鮪のアラ。アラと言えど、お店で仕入れた冷凍鮪から刺身として売る部分から外される半端な切り落とし部分を「加熱用」として売っているものです。 魚の中ではプリン体が多い鮪ですが、そういう半端部分は格安で、使い道も幅広い上に安くて節約になり、(プリン体以外の面では)ヘルシーで、栄養面でも優れていますから、やめられません。 久しぶりのメンチカツ風。 鮪の邪魔になる繊維をざっと断つように切ってしまえば、ひき肉で作るのと同じように扱えます。 ハンバーグと同じで野菜をたくさん混ぜ込めばプリン体も抑えられます。 油分の消化が思うように行っていない娘のために、衣は超薄型で揚げ焼きです。 鮪メンチカツ赤ワイン風味 …

  • 厚揚げの牛蒡ソース醤油バター風味

    焼き厚揚げに醤油は定番です。基本の美味しさで何度も繰り返し食卓に上ります。 お手軽なお値段、手間も時間もそんなにかからないのでどのご家庭でもでてきますし、このシンプルさが日本酒などにもよく合うそうです。 薬味の好みは人それぞれ、大根おろし、紅葉おろし、生姜、七味、葱……薬味を変えるだけで飽きません。 それでも、違うものが作りたくなってしまうのが私です。 痛風ケア料理を作るようになってから、ますます厚揚げの登場頻度が上がり、多種類の厚揚げ料理を作って来ましたが、まだ行けるか?っていう感じです。 自分の厚揚げ創作料理の限界はどこで来るのか、変な興味が出てきました。 厚揚げの牛蒡ソース醤油バター風味…

  • カツのニラ玉とじ

    カツとじですが玉葱が高いので、いただきもののレッドオニオンを少し、見せるように使いました。 代わりに、多めのニラ。ニラ玉とじのトンカツです。 ニラの香りが男性受けする感じですね。 ニラ玉というだけでガッツリ感が漂います。 玉葱より時短なのが嬉しいところ。 お隣さん用なので卵に完全に火を通しています(プリン体の量とは無関係で、本人の好みの問題です)から、見栄えはよくありませんが……。 カツのニラ玉とじ カツのニラ玉とじの痛風ケアメニュー カツのニラ玉とじパプリカの炒め物小松菜の和え物ナメコの煮物沢庵(市販品)豆腐の味噌汁白米ご飯2杯 娘の体調やら自分の出店準備やらで忙しいので、しばらく手抜きご飯…

  • 魚肉ソーセージ一本巻き寿司

    我が家のマヨネーズはオイル控えめのカロリーカットタイプです。 痛風ケアにはどうでもいい部分ですが、私は個人的に油っこいものが好きじゃないタイプで、カロリーカットしてあるもののほうが油分が気にならず、ソースや隠し味など多方面に使いやすいです。 魚肉ソーセージに縦に切れ目を入れてそこへ、ニュ~ッと細く人絞り。 一本丸ごとの簡易巻き寿司。 簡易で手抜きの寿司ですが、市販のすし酢は使いません。塩味が強すぎ。それに酢も好みの酢ではありません。 すし酢なんて家にあるものだけで一瞬でできるのに、それを買う意味が分からないという、昔の人です。 このブログを長く読んでくださっている方は、もうお気づきのことと思い…

  • カラスガレイのソテー梅醤油だれ

    カラスガレイは身が柔らかいので崩れやすいですが、白身魚としては手に入り易いお値段で、白身らしい味なので時々使います。 プリン体の少しでも少ない食材を使いたいということで魚の種類を選ぶなら、青魚より白身魚です。 優しい味の白身魚に、夏向きの梅。醤油ベースのたれ。 さっぱりあっさりし過ぎるのを避けるために、添え野菜のたれをピリ辛味噌味で。 ご飯が進みます。 ケア料理の場合、制限に目が行ってあれも減らし、これも減らし……となると、栄養バランスが崩れ過ぎることもありますし、味わいや量が減ってストレスが溜まってしまうことがよくあります。 メンタルがやられてしまって、体のための食事制限が続かないということ…

  • いただきものでオムそば

    写真がありません。なんと、きおk7月4日、痛風ケア料理の写真を撮り忘れました。 久しぶりに本当に疲れていたし、用も重なり、急な人の出入りもあり……。 以前にも撮り忘れてお隣に出したことが2回ぐらいあったのですが、受け渡し場所に出してすぐ気がついて、慌てて引っ込めて撮影して出しなおして事なきを得ていました。 今回は写真整理するまで気がつきませんでした。 メニューは記憶にあって、こうでした。 赤魚の酒煮添え野菜ポテトサラダモヤシの和え物ニラと焼き揚げの和え物沢庵(市販品)ナメコと葱の味噌汁白米ご飯2杯 そんなに見栄えのするものでもないと言えば、写真載せなくてもいいかも。 実はその前日のご飯も手抜き…

  • 洋野菜の焼うどん

    夏の焼うどんです。 レッドオニオン、ズッキーニ、赤と黄色のパプリカ、トマト。 出汁は鶏手羽元の(お隣さんのためにプリン体を減らす下茹で時にできる、コラーゲンたっぷりプリン体もたっぷりのプルプルの)茹で汁。 肉は入れていないけれど鶏肉の栄養はたっぷりという、消化器系全体が弱っている娘のための焼うどん。 色も色彩心理を使っているカラーセラピーで胃から下に力が湧く、黄色から赤を中心にしました。 洋野菜の焼うどん 今年は私も娘も、親切を装って人を傷つけるような心無い人の圧力を受けることがしばしば重なるように次々とやってきています。 メンタルにはとても悪い状態です。 それでも、なんとかお互いにお互いの生…

  • エリンギと目玉焼きのせハンバーグ

    いつも変わった料理ばかり作っている私ですが、ちゃんと(?)何でもない普通のハンバーグの日もあります。 ソースは一応作りましたが、手抜きで調味料を混ぜてレンチン。 普通のハンバーグで肉(プリン体)を減らすため混ぜ物が少なくて、見た目と満腹感のための大きさが十分ではありません。 お隣さんが寂しかろうと思えてきて……「何かのせなくちゃ」と思います。 エリンギと目玉焼きのせハンバーグ エリンギと目玉焼きのせハンバーグの痛風ケアメニュー エリンギと目玉焼きのせハンバーグ添え野菜おからの煮物黒豆の和え物小松菜のお浸し茎冥加の甘酢漬け麩とワカメの味噌汁白米ご飯2杯 エリンギをさっとソテー。 ハンバーグを焼く…

  • 牛蒡の鶏ひき肉ロール煮

    見切りワゴンの牛蒡が太くて立派でした。 切ってしまうのがちょっともったいないぐらいでしたので、鶏ひき肉でくるんでロール状のままで煮ました。 味付けは和食定番の酒、味醂、砂糖、醤油で、多くの日本人が安心できる味。 いつもより頑張って疲れて帰ってくる家族にとって、こういう味は特別工夫したものよりも喜ばしいようです。 ただ、毎日同じことの繰り返しで溜まった疲れの時は、いつもと違う味で目先が変わるほうが喜ばるようです。 日常の安心感と、非日常の気分転換、どちらを選んで作るか。 できれば、食べる人の様子で選びたいものですね。 牛蒡の鶏ひき肉ロール煮 牛蒡の鶏ひき肉ロール煮の痛風ケアメニュー 牛蒡の鶏ひき…

  • 小鮎の白たまり煮

    鮎を食卓にのせなくなって何年にもなります。お高いです。 小さいものは市場に出ることが少ない気がします。 所用で出かけた帰り道、フラッと寄ったスーパーで値引きシール付き格安価格で売っていました。 旬のものですし、久しぶりなので買いました。 唐揚げにすると美味しいのですが、娘が油物の消化が難しくなっています。 圧力鍋で煮てみることにしました。 小鮎の白たまり煮 小鮎の白たまり煮の痛風ケアメニュー 小鮎の白たまり煮ズッキーニとトマトとなるとのマリネ小松菜とコーンの和え物モヤシの和え物浅利しぐれ煮(市販品)糠漬け豆腐の味噌汁白米ご飯2杯 やっぱり唐揚げのほうが好みでした。 白たまりを使って上品な佃煮風…

  • 鮪のアラ煮丼

    プリン体の多い鮪ですが、アラは安くて家計に優しいのでやめられません。 スーパーに並ぶ鮪のアラはだいたい刺身を取った残り部分なので、形がバラバラですが骨が入っていることや皮がついていることが少ないので、扱いやすいです。 大きめの形が残っている部分を選んで煮ました。 痛風ケア向きじゃないなと思いつつも、煮汁ごと丼に。 娘が食べてくれるのでは?と期待して。 今、ピンチなのは痛風ケアの食事制限が上手く行って尿酸値も収まったらしくて、一時はかなりお腹とお尻が大きかった体型(本人はお尻が見えないので細いつもりでした)がスリムになったお隣さんではなく、激やせの娘のほうですから。 鮪のアラ煮丼 鮪のアラ煮丼の…

  • 焼き厚揚げの鯖味噌添え

    昨日は半夏生でした。 この地域でも一昨年ぐらいからでしょうか、やたらとこの時期に蛸を見かけるようになりました。 年中行事に便乗して蛸じゃなくてもよいのに、蛸に絞って宣伝満載。 それでも、少しでも年中行事が見直されるきっかけになるのは嬉しく感じます。 伝統文化には人の心(想い)が風習(型)を通して脈々と伝えられているからです。 かつての人々が後世に伝えたいと願った日本の良さ、日本人らしさ、その心を今の人たちにも感じてもらいたいものです。 焼き厚揚げの鯖味噌添え 焼き厚揚げの鯖味噌添えの痛風ケアメニュー 焼き厚揚げの鯖味噌添え添え野菜ニラのお浸しひじきのサラダキュウリの酢の物沢庵(市販品)麩と葱の…

  • 鰯のオイル煮缶のレモンクリームソースのスパゲッティ

    オイルサーディンとしてではなくて、鰯のオイル煮という名前で売っていた日本製の缶詰を使いました。 非常時にいいと思ってストックしてあったのですが、期限が……。 ということで久しぶりに自家製ではないオイルサーディン? 市販の瓶詰などのオイルサーディンはそのままでしっかり塩味ですが、これは塩分は控えめで鰯の大きさもあります。 私がいつも圧力鍋で作る手抜きオイルサーディンは酢を使うので酸味が少し残りますが、酢を使っていない缶詰なので酸味は全く無いです。 和風の料理にも使えそうな印象でしたが、牛乳を片付けたかったものでパスタに。 鰯のオイル煮缶のレモンクリームソースのスパゲッティ 当然、女子ご飯。 「麺…

  • ウインナーソーセージと野菜のサムジャン炒め

    一言でいえば、野菜炒めですね。 コロナやら戦争やらで野菜が思うように手に入らないので、キャベツ、レッドキャベツ、キュウリ、いただきもののレッドオニオン少量という情けないようなラインナップです。 モヤシも使いました。サッと湯通しして小皿にと思ったけれど、下に敷いて使うことに変更です。サムジャンがピリ辛なのでそれで丁度いい感じです。 「野菜炒め」は簡単な料理とイメージされているようですが、私は難しいほうの料理だと思っています。 手順は「洗う、切る、炒める、味付けする」という文字数の少なさですが。 洗う→水分どうしますか? 切る→大きさは? 炒める→食材の投入順は?火加減は? 味付け→何味?どのタイ…

  • 豆苗と山芋の冷製ポタージュ

    梅雨明けも早かった上に、気温の上がり方がすごいので、6月だというのに「夏バテがすごそこ」という感じです。 体調を崩す人も多いようで、救急車のサイレンが頻繁にきこえてきます。 今日は午前中に買い物に出ましたが、荷物を分けて持つ、娘の欲しい食料を買うという目的で娘を連れて行ったら、もう彼女はフラフラで、ほぼ役立たず。 食欲も失せ気味で、どうでもいい感じに……。 そんな時にぴったりの、栄養満点でのど越しのよいスープ。 栄養価の高い豆苗と山芋と牛乳の組み合わせです。 ジャガイモでもできますが、私は豆苗の時は山芋が好きです。 玉葱は高いので入れませんでしたが、山芋なら玉葱不要で十分に美味です。豆苗の癖も…

  • 鯛の頭の煮物

    鯛。お頭です。半分に切って一尾分のお頭が1パックになっていることが多いです。 夕方のスーパーで、値引きシール二重貼りですから、何にも考えずに買いました。 白身ですから痛風ケア向き。 鯛めしもいいし、焼いてもいいし、蒸し料理もいい……でも、今回は普通に煮ました。 こってり味にしないで、白身の上品さを生かすように薄味です。 肉魚などのプリン体を減らしたいのですが、見た目が寂しいのも困ります。 そのまま丸ごと盛り付けたらボリュームがあるように見えます。食べるのに時間がかかるのもケアにいいです。骨ばかりで身が少ないので切り身より大きいけれど切り身より食べる量は少なくて済むのもいいです。 鯛の頭の煮物 …

  • 砂肝のケチャップ風味煮

    我が家のいつもの砂肝の赤ワイン煮。 冷凍して保存する分を取った残りにケチャップ等を加えて味変しました。 ご近所さんにいただいた紫の玉葱をスライスして、青菜と一緒に盛り付けた上に汁ごとのせれば、メインのできあがり。 簡単です。 砂肝のケチャップ風味煮 砂肝のケチャップ風味煮の痛風ケアメニュー 砂肝のケチャップ風味煮添え野菜焼きパプリカのマリネヤングコーンの煮物キュウリスライス人参の醤油漬け風エノキダケと水菜の味噌汁白米ご飯2杯 ヤングコーンは白醤油で煮てみました。 人参は歯ごたえを残して軽く茹でて、醤油ベースのタレで和えれば、食べる頃には醤油漬けみたいになります。 いろいろやっているようで手間は…

  • トルテリーニの手抜きトマトバルサミコソース

    手抜きイタリアン。 詰め物をしたタイプの乾燥パスタはあまり買わないようにしていますが、見切りワゴンに入っていたので買ってみました。 普段買わない理由は(昭和の頃はまだすごく不味いものしか輸入されていなくて買っても失敗が多かったという)昔のイメージが抜けないからです。 とは言え、輸入されるパスタの種類も増え、日本人の身近な食べ物になった今の時代、試してみる価値はあるでしょう。 初めて食べるパスタですから、ソースもすぐできる手抜きでお試しです。 手をかけたソースで不味かったら残念さが倍増しますからね。 トルテリーニの手抜きトマトバルサミコソース このパスがは中身がチーズと表記されていました。定番。…

  • 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼き

    厚揚げは安くて便利なタンパク質補給食材。 厚揚げ料理は色々な味で楽しめますが、見た目が地味でかわり映えがしない印象です。 とうとう、厚揚げを具にした焼き物を作ってしまいました。 生地は山芋ベース。彩りと栄養のためにヒジキと人参、旨味のために鶏ひき肉を少々。 厚揚げは細めの短冊切りです。 見た目がこんな感じになりました。 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼き 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼きの痛風ケアメニュー 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼きキュウリの梅添えモヤシの和え物水菜のサラダヤングコーン沢庵(市販品)ナメコと小松菜と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 「何が入っているかわかる?」 …

  • ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ

    メインは肉か魚じゃないとダメという印象を持っていると、この日のメインは砂肝の炒めでしょうか。 プレーンに味付けは塩と胡椒。 私としては、メインは納豆です。砂肝はおまけ。 納豆では物足らないお隣さんのために一人分と、娘にも少々。 残りの砂肝は煮て、半分冷蔵庫、半分冷凍庫へ。 ここまではいつも通り過ぎる状態ですし、その中でも納豆は料理とは言わないので……今日の紹介はサラダ。 ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダの痛風ケアメニュー ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ納豆砂肝の炒め物枝豆入りおからサラダ沢庵(市販品)ワカメとなるとの味噌汁白米ご飯2杯…

  • 鯖缶と野菜のおかずサラダ

    鯖の栄養が丸ごと摂れる便利な鯖缶ですが、プリン体は多めですね。 生を缶に閉じ込めて圧力調理ですから、製造工程で栄養も旨味も減ることが無いです。 つまり、煮魚や蒸し魚を作るのと違ってプリン体の逃げ場がありません。 青魚の栄養はたっぷり摂りたいし、プリン体は減らしたいという矛盾。 1缶一人前必要な勢いだった以前は鯖缶を諦めていました。 痛風ケアも10年に近づいてくると、肉や魚が山盛りじゃないことに慣れて、物足らなさも鳴りを潜めているはず。 年齢も上がりますから少し緩めの見直しをしていってもいいし、作るこちらも慣れて、知識も増え、組み合わせに苦労しないでメニューを仕上げられるようになりました。 鯖缶…

  • おぼろ豆腐の冷やし鉢

    体が暑さに慣れて来なtいこの時期は、温度や湿度、気圧の大きな変化に体調を崩しやすいですね。 体が重いし、気分も空と同じにどんよりするし、何より気持ちの悪い暑さ。 真夏よりも冷たいものが欲しい気分になります。 そして、食事をお出しした後いつ食べるかわからないお隣さんの食事は、食中毒を避けるために冷蔵庫渡し。 どうせ冷えてしまうからと、珍しく、おぼろ豆腐を買いまして、冷たい料理。 冷凍品のイクラ。まだ冷凍庫に残っています。 こういう時に使うと便利ですね。 おぼろ豆腐の冷やし鉢 おぼろ豆腐の冷やし鉢の痛風ケアメニュー おぼろ豆腐の冷やし鉢茄子の茹で浸し鰯の煮物添え野菜枝豆入りおからの煮物メンマ10種…

  • ズッキーニ入りおからのトルタサラータ

    先週、少し気温が下がった日がありました。おからチャンス! ズッキーニがあるうちにという気持ちもあって、日持ちしないけれど、食中毒の季節だけれど、おからで塩味のケーキ。 赤と黄色のパプリカに人参、ズッキーニ多め。 チーズで全体の味をまとめました。 多めのチーズで、外はパリッ、中はしっとりとろける食感。 お昼ご飯に、おやつに、と急いで食べました。 おからってどうしてこんなに足がはやいのでしょう。この季節では、あっという間に傷んでしまいますから大急ぎでお腹に収納です。 ズッキーニ入りおからのトルタサラータ 近頃、きちんと自覚していなかったけれど自分がとても苦手だなと思うことをたまたま発見してしまいま…

  • 鯵の塩焼き

    栄養価の高い青魚の塩焼きは、普通のご家庭なら日常の料理ですが、痛風ケアの必要な人がいる我が家では、プリン体の多い青魚の丸ごと一尾は滅多に食卓に上りません。 女子にとっては、今や珍しい印象になってしまったご馳走です。 焼き立てのふっくらとした身はたまりませんね。 「もう一尾食べたい!」と言うほど、食欲不振なことを忘れるぐらいに娘のテンション上がっていました。 ということで、皆さんには珍しくもなんともない写真を……。 鯵の塩焼き 鯵の塩焼きの痛風ケアメニュー 鯵の塩焼き茹で人参のサラダニラのお浸しモヤシの赤紫蘇和え大根の醤油漬け(市販品)人参、蒟蒻、小松菜、油揚げ、ワカメの味噌汁白米ご飯2杯 夕方…

  • ポークハンバーグ バルサミコワインソース

    先日、論文を提出してホッとして、ずーっと放置していたお料理用ワインを開封。 今、ワインを少しだけでも飲むのは私だけですし、家計の都合上(これが大きい)、一本400円以下の赤ワイン。 飲むのを我慢するより、お料理に使うワインを我慢するほうがちょっとストレス。 なのに……たかがそんな格安品を味見したかったので、味見可能な気分と機会が来る日までお料理に使うのを必死で我慢していたという……私は変な人です。 開封して味見も終了しまして、めでたくお料理に。 ポークハンバーグバルサミコワインソース ポークハンバーグバルサミコワインソースの痛風ケアメニュー ポークハンバーグバルサミコワインソース添え野菜ひじき…

  • ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒め

    ズッキーニ。 地産品売り場で、バラバラな大きさなのにお値段同じ。大きいものならお値段との折り合いがつきました。 人参、パプリカ、ズッキーニ、カラフルなので元気が出る感じです。 洋野菜ですが、和風にシフトしたかったので、味噌味。 色を鮮やかに残したいし、優しい味にしたかったので、この場合は赤味噌ではなくて白味噌ですね。 ひき肉を使って炒めれば、野菜炒めでも肉の旨味で満足度が上がります。 ひき肉がメイン具材ではないので、肉の量も控えることができてプリン体も少なめにできます。 ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒め ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒めの痛風ケアメニュー ズッキーニと人参のひき肉入り味…

  • 海苔入り和風スパゲッティサラダ

    お隣さんだけ必要だった夕食の日。何でもない鰤のアラの煮物がメイン。 前回鰤アラとキャベツとニラの煮物を作った時に、キャベツとニラを加える前に取り出して、冷凍しておいた分を登場させました。 ケアには少し量が多かったかなという感じですが、ケア料理を始めて以後ずーっと発症が無いのでOKということに。 一応栄養バランスのために添え野菜もつけました。 普通の料理過ぎるので、今日の紹介は小皿料理のこれ。 海苔入り和風スパゲッティサラダ 鰤のアラ煮の痛風ケアメニュー 鰤のアラ煮添え野菜トマト海苔入り和風スパゲッティサラダ尽き蒟蒻の煮物梅干(市販品)ナメコの味噌汁白米ご飯2杯 娘のためにお昼ご飯にスパゲッティ…

  • トウモロコシ出汁の野菜スープ

    いけないと思いつつ、値引きシールにつられて買ってしまったヤングコーン。 一袋税込みで400円越えが税込み200円でおつりが……。 皮を剥く前に「小さくなるぞ~」と覚悟してイメージして剥き始めました。 4分の1になるはずと思ったら、5分の1ぐらいになりました。 当初予定通りに皮は山盛りになり、これまた予想通りに捨てられない……。 剥き終わって気がつけば、それをどうするかも考えないままに、無意識に外側の硬くて汚れた葉とヒゲの先と、内側の柔らかくて綺麗な葉とヒゲを分けていました。 節約とエコが染みついた根っからの貧乏性。 結果、こうなりました。 トウモロコシ出汁の野菜スープ 葉とヒゲをじっくり煮出し…

  • 鶏ご飯

    ハイナンチキンライス、カオマンガイなど、アジア地域には美味しい鶏肉の炊き込みご飯がありますね。 日本の鶏めしは昆布や鰹の出汁の中に具材として鶏肉を入れたものですね。 鶏の出汁100%の和風味の鶏の炊き込みご飯を試してみました。 プリン体たっぷりなので痛風ケアの必要なお隣さんにはお出しできません。 女子ご飯としてのチャレンジ。 鶏ご飯 鶏の栄養丸ごとなので、プリン体も多いけれど、タンパク質もコラーゲンもたっぷり。 たまにはこういうご飯もいいものです。 鶏の旨味がたっぷりで、醤油ベースなのにどこかアジアン。でも、和風味。 苦地位に入れると意外性があって、面白さがありました。 娘は完食。しっかり食べ…

  • 人参と豆苗とキャベツとなるとの八宝菜風

    今まで一度も買ったことが無かった食材かもしれません。買った記憶が無いです。 なると。 なるとはラーメンのトッピングの彩りのためのものというイメージ。 それに、わざわざピンクに色付けされていて、添加物だらけで体に悪そうなイメージ。 失礼千万。 値引きシール2重貼り。思わず手に取りました。原材料表示を確認。 カニ蒲鉾や紅生姜など、いろいろ赤色色素が危険ということが広まった結果、パプリカ色素や赤蕪色素で色付けされているものが増えつつあります。 これも安心安全な現代風の新しいなるとでした。 プリン体が少な目の練り物ということで痛風ケアに嬉しいではありませんか。 人参と豆苗とキャベツとなるとの八宝菜風 …

  • 茹で卵の鶏肉包み煮

    プリン体の多い鶏むね肉。しばらく買っていませんでした。 下の娘の栄養補給にと久しぶりに買い物かごへ。 でも、お隣さんには不向きな食材。お好きな脂も少ないしプリン体は多いし。 高タンパク低カロリーはプリン体が多い食材ということが多いので困ります。 タンパク質は補充したいけれど、プリン体が多いのでたくさん使えないからあまり意味がないです。 家計的には助かる鶏むね肉なので、タンパク質でありながらプリン体はゼロという鶏卵と合わせて肉の量を減らす作戦を選択。 鶏肉と卵とくれば親子丼とですが、玉葱は高いし、おかず感は無いし……。 茹で卵の鶏肉包み煮 茹で卵の鶏肉包み煮の痛風ケアメニュー 茹で卵の鶏肉包み煮…

  • 蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろ

    メインはいつもの天ぷらの三種盛りです。プリン体の少ないものオンパレード。 ひじきと人参のかき揚げは一口サイズに。赤蕪で色付けされた紅生姜も一口サイズに。竹輪は縦半分に切って大きさを出しました。 黒、オレンジ、赤、茶色でカラフルです。大葉でもあればもっと良かったのですが、いつもの通りのあり合わせ食材での痛風ケア料理です。 緑はお味噌汁に。 蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろ 天ぷら三種(ヒジキと人参、紅生姜、竹輪)の痛風ケアメニュー 天ぷら三種(ヒジキと人参、紅生姜、竹輪)モヤシの和え物蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろトマト蕪と人参の塩麹漬け小松菜と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 野菜や海藻ばかりで物足らない…

  • ジャガイモの海苔明太和え

    メインは娘の要望で麻婆豆腐。辛くないように豆板醤はほんの少し。 醤油ベースのプレーンな麻婆豆腐ですが、ニンニクに弱い我が家の女子の体なので、ニンニクの代わりにニラを入れました。 花椒も入れて、ニラが入って、麻婆豆腐の香りだけれど、実際はニンニクを使っていないし、辛みも油も控えめの胃腸が弱い人向けの優しい麻婆です。 お隣さんには物足らないかもしれませんが、調味料はいろいろ変えてもニンニク無しは決定事項。 ほぼお隣さん中心で女子が譲る食生活が結婚当初からずーっと、今も続いていますが、こればかりは私一人我慢しても、娘も弱っているとお腹を壊すから仕方がないです。 ジャガイモの海苔明太和え ニラ入り醤油…

  • 人参ソースのパスタ

    日本製の生のフェットチーネ。 モチモチしてお気に入りです。 生のスパゲッティもありますが、こっちのほうが好みです。 昔と違ってセモリナ粉も日本で手に入る時代になって、自分で手打ちもしてみたいけれども、なかなかそういう贅沢なチャンスは巡って来ませんね。 米の飯じゃないとまともな食事とみなさない人がいると、余分に自分のためだけに粉ものに手間をかけているゆとりはなくなります。 そんな時でも生のモチモチ麺が手軽に食べられる時代になって、嬉しい限り。 人参ソースのパスタ 人参そのものをソースに。 この色に惹かれますね。 食欲が沸く色。元気が出る色。気分が明るくなる色。社交的になる色。 オレンジ色は色々な…

  • カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョ

    痛風ケアに不向きの刺身。その中でも青魚系は問題あり。 鰹、鮪、鯵、鯖、鰯……尿酸値が危険な時は避けたいですね。 でも、食べたい。 日本人ですから、当然です。 青魚を食べる日は、どうしてもタンパク質は不足気味になるけれど、プリン体の多いほかの食材と一緒に食べないようにして、量を減らして食卓に。 ミネラルたっぷり海藻はお腹も膨れますから、合わせるといいですね。 和風に塩麹ベースで作ったカルパッチョにしたら、ケアじゃない人にも、ヘルシー志向の人にも、和食好みの人にもとても喜ばれるものになりますね。 カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョ カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョの痛風ケアメニュー カジキマ…

  • ひき肉のモチモチ焼き

    合いびき肉にジャガイモの繋ぎを使って、モチモチ食感に焼きました。 今回は、ご飯に合うように和風味で仕上げています。 そのままアルコールのお供にも使えますし、洋風味にしたら主食扱いでもいけそう。 ひき肉の量がハンバーグなどより少なくて済みますから、タンパク質を補うために付け合わせを卵サラダにしました。 たっぷりの茹で卵。 卵サラダを作ると、私はパンにはさんでサンドウィッチにしたくなってしまいますが、我慢してサラダとしていただきました。 ひき肉のモチモチ焼き ひき肉のモチモチ焼きの痛風ケアメニュー ひき肉のモチモチ焼き卵サラダヒラタケの煮物ナスの茹で浸し小松菜の和え物糠漬けワカメとなるとの汁物白米…

  • 茎冥加の甘酢漬け

    冥加(ミョウガ)の茎。こういう食材は不作、不景気の時に見かける気がします。 「わけあり」の野菜や、規格外のサイズの野菜がスーパーに並び、近頃はそういう表示もなく、堂々とした値段で普通の規格品のような顔で並ぶようになりました。 2週間ほどの間、茎冥加もしっかりしたお値段で並んでいましたが、売れなかったようで値引きシールが何枚も重なって最終価格はそれなりのお値段より下がる結果に。 最初からそれに近い値段にしていただけたら売れ残らなかったでしょうに……。 茎冥加の甘酢漬け そんなわけで格安で手に入れた茎冥加は、ちゃんとした茎じゃなくて、かなり小さく切られた屑の部分でした。 これは先の部分の皮?ガク?…

  • チダイめし

    一応、鯛めし。 チダイが値引きシール付きで格安になっていた時に買いました。 一尾あれば家族分作れますから、余分におかずをつけなければ痛風ケアにも良しということで。 一度塩焼きして、それを米の上にのせて炊く。通常手順でシンプルに。 炊きあがったら半身をそーっと骨から剥がして、お隣さん用に盛り付けました。 女子は残りの半身を分けっこ。 チダイめし チダイめしの痛風ケアメニュー チダイめし小松菜のお浸しモヤシの和え物めかぶと人参の酢の物糠漬け厚揚げとニラの味噌汁 食材不足でこうなりました。狙ったわけではありませんが、厳しめケアです。 やっと少し疲れが取れて来つつあります。 朝から家事と買い物。それに…

  • オムハヤシ

    特急料金をケチらないといけなくて、普通列車と快速と路線バスを乗り継ぎ乗り継ぎ行ってきました。 いつもの通りで夜も一睡もできず、ヘトヘトで昨夜帰宅。 行きは昼食の時間もとれませんでした。昨夜は帰宅して10時頃作って娘と夕食。 乾麺のスパゲッティを茹で、非常時用の混ぜて食べるだけの格安パスタソースを使いました。ソース、期限数日切れでしたが、捨てずに済んで助かりました。非常時用、日持ちするからとうっかりしがちです。 これは、出掛ける前に作った女子ご飯。私がいないと作らないのでまともに食べない娘です。 これも期限間近のレトルトのハヤシライス。 ガッツリ系の女子ご飯、娘の食欲不振が慢性化していて作れなく…

  • ウズラの卵のひき肉包み焼き

    ウズラの卵で、パテにはおからを使いました。 ウズラのほうが数をたくさん出せますし、卵を食べたというより肉を食べたという気がしそうで、お隣さんには良いかなと思いました。 おからはひき肉の中にパン粉代わりに混ぜ込んでいます。衣を付けない、揚げないスコッチエッグの手抜き品という感じです。 おからでしっとりと、そしてずっしりボリューミーに仕上がります。 痛風ケア中でも量をしっかり食べた気がしますから、たくさん食べたい時にはひき肉に野菜をたくさん入れるとともにおからも加えると大きなハンバーグが食べられます。 ただし、パン粉はふんわりとなりますが、おからはしっとりとなり、食感がかなり違ってきますから、好ま…

  • ピリ辛カルパスと茄子と卵のピザ

    カルパスのピリ辛味。ペパロニサラミの代わりに使っています。 サラミはお高いですが、カルパスは比較的安く買えます。 そのまま食べたらサラミとは違う感じもしますが、ピザにのせる具としてなら丁度いい感じになります。 毎度ながら、家にあるあり合わせ食材でのピザ。 トマトソースを塗ったピザに真ん中の卵をソースとしてつけたら、まるで「ウォーヴァ・アル・テガミーノ 」のよう。 ちょっと幸せ気分です。 ピリ辛カルパスと茄子と卵のピザ 以前アップしてから、一度も食べていませんでした。あるあるですね。 料理はたくさんあって、一年365日ではレパートリー全部を作り切れません。 食材の調達度合いもその都度違いますから…

  • 茹で鶏のめかぶかけサラダ風

    自分でも少々妙な組み合わせかなと思いまして、茹で鶏とめかぶを一口分作って味見してから盛り付けました。 ダメだったら、めかぶは小皿に盛り付け、茹で鶏には別のソースを作るつもりでした。 でも、意外に面白かったのでそのままゴー。 サラダとしてもいいし、さっぱり系ですがおかずにもなるメインとしての役割も果たしてくれました。 だんだん暑くなっていきますから、食事にはいろいろ気を使う時期ですね。 暑くてバテた体でも食が進むように、栄養が偏らないように、体力が落ちないように、無駄に夏太りしないように等々……。 茹で鶏のめかぶかけサラダ風 茹で鶏のめかぶかけサラダ風の痛風ケアメニュー エノキダケの煮物小松菜の…

  • 小松菜と角麩の煮物

    地味ご飯ですが、メインが二種類。 厚揚げとニラとひき肉を煮て片栗粉で閉じたもの。ニラの風味でご飯が進みます。 もう一つが、角麩の煮物。 角麩は生麩のことですね。この表面の凸凹が特徴。 郷土食材なので子どもの頃はとても身近な食材でした。タンパク質を補給できる格安食材です。 ただし、グルテンなので、グルテンがNGの人には不向きです。 結婚して何十年と遠のいた角麩ですが、私の実家で上の娘にヒットしたことが原因で、数年前から復活しています。 小松菜と角麩の煮物 小松菜と角麩の煮物の痛風ケアメニュー 厚揚げとニラの中華風煮物人参の塩麹和え小松菜と角麩の煮物ブロッコリーとトマト茄子の和え物エノキダケと水菜…

  • 豆腐とひき肉パテの炒め煮

    実は……この日は失敗作です。 残りものを片付けたいし、いろいろ下ごしらえしておきたいし、ご飯はまたお隣さんの分だけで良さそうだし……と、きちんと考えてやった方がいいのに、全部をぼんやりとやってしまいました。 近頃、そういう日が増えています。最近出歩いた結果として受けた打撃が大きいのかもしれませんし、そもそも今の私の体力での許容量いっぱいなのかもしれません。 これ、本当は何を作るつもりだったかと言いますと……豆腐のひき肉はさみ焼き。 はい。 崩れました。ひと手間どころか、ふた手間も飛ばしてしまっていたのです。 結果、じっくり焼くように炒めて、味をしっかり絡めながら火を通して、見た目は悪いけれども…

  • 豚キムチ丼

    ビビンバのようなイメージの丼物。お隣さん用だけの食事ですが、ニンニクは無しで。 丼物はすぐに食べてもらえるなら、上にのせてしまっても大丈夫ですが、別々に食べる今の生活ではお出ししてすぐ食べていただくということが難しいです。 いつものおうに具は具だけで別盛り。 タレも別盛り。 お隣さんが丼だと気づくかどうかも分かりませんが、そこのあたりはどのように食べていただいてもOKということに。 提供する側には提供する側の気持ちがありますが、食べ方は食べる人の自由ですね。 作ってもらった料理に、好みで塩、醤油、唐辛子、胡麻油、マヨネーズなど好きにかけて関係が壊れるという話も耳にしますが……相手に「こうしてほ…

  • おからのソフトクッキー柚子味

    久しぶりの手作りおやつ。とても小さなサイズのおからクッキーです。 上の娘が別に住むようになって、おやつを作る率が格段に減りました。 原則的に甘いものが苦手な下の娘との生活になって、おからも塩味のケーキばかりになっていました。 作ったものを喜んで食べてくれる人がいるかいないかは、料理含めて家事全般が大嫌いな私にとって、やる気、行動を決定づける心理に大きく影響しているようです。 私の行動の原動力は、ほぼ8割は他者のためにしか湧いてこないようです。 今は自分のためにも動くことができるようになりたいと、努力を続けていますが……なかなか思うようにいきません。 頑張って自分のために作るぞと思いつつ、柑橘な…

  • 鰤アラとキャベツとニラの煮物

    鰤のアラは「アラ」ではなくて、「ブリ大根用」として売っていることが多いです。 同じなのにねぇ……と思いますが、世間一般的な印象が「アラ」より「ブリ大根用」のほうが良いということらしいです。 実は私は鰤が好きではありません。脂も多いし、独特の臭みというか風味でしょうか、我慢して食べられないことはないけれど、お金を払ってまで食べることはありません。 それでも時々買って、調理し、食卓に上り、ブログに登場しているのはなぜかと言いますと、お隣さんの好物だからです。 本当は鰤の刺身が良いようですが、地域性のあるものでして……この辺りでは鰤を刺身で食べる習慣は昔は無かったのです。今は色々な地域の人が移り住み…

  • めかぶ入りおからの厚焼き玉子

    私が飽き性で料理のリピート率の少ない我が家なのに、リピート確定品。 健康に良い栄養バランスで、とてもボリュームのある変わり厚焼き玉子です。 久しぶりに生おからの近所のスーパーで仕入れが復活されました。 生おからがそのお店から姿を消して数年、待っていました。 この食中毒の時期になると、今まではおからのお休みシーズンにしていました。一袋食べきるまでに日にちがかかって足の速いおからは不向きな食材。 近頃の寒暖差のある気温にどうかな、と思いましたが久しぶりなので我慢できず、買い物かごへ。 一袋、あれやこれや一気に加工調理しました。 そしてまずはメインにしましょうということで、こんな感じ。 めかぶ入りお…

  • パンチェッタと茄子のトマトパスタ(生フェットチーネ)

    パンチェッタ。若い頃は日本では手に入らない食材でしたが、今は日本でも作られるようになっていますね。 10年前までぐらい、やたらとベーコンで代用させられていましたが、味が全然違いますね。 生パスタも見かけませんでしたが、今はスーパーで見かけることもありますね。 フェットチーネ。 なるべく正確にカタカナで書こうとすれば「フェットゥッチーネ」ですけど、カタカナを読むと耳で聞く感じと違って、むしろ「フェットチーネ」のほうが音として近く聞こえるかもしれないなと思うこともあります。 パンチェッタと茄子のトマトパスタ なぜか今年はこの夏前の時期に茄子が一時お手頃価格になっていました。 まとめ買いです。 どう…

  • ポークチキンバーグ

    一日の中で寒暖差がある時によく体の調子が崩れます。昼間は暑いぐらいの日差しで夜に冷えた風が吹くような日は苦手。山や高原の気候に体がついていけないので、平地に生まれ住んでいるのがラッキーだったと思っています。 今月はそんな日が時々あって、弱っていた所へ先日のある商店街での出店で、やられました。 人の気持ちを無碍にできずに参加していましたが、そろそろ引き時かもしれません。 他者の都合、要求、要望、言外の意向に嫌とは言えず、なるべく叶えようと無理してしまうのは相変わらずで、今回は他の件についてもとても反省しました。 他者ではなく自分を大切にしないと。年齢的にも体力的にも経済的にも、横道にそれている場…

  • ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒め

    時短料理です。 肉や魚の加工品。高級品は旨味が凝縮されていますから、その分プリン体も増えてしまっています。 けれど、格安品というのは概ね「つなぎ」がたくさん入っていて、素材の量が少なくなっている上に、加工の段階で茹でたり蒸したりの水分が含まれた加熱によってプリン体が減っています。 添加物の多いものは健康のために避けたいと思いますが、折角痛風ケアに使えるのに、加工品全部を避けなくてもよいと思っています。 ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒め ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒めの痛風ケアメニュー ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒めモヤシの和え物小松菜のお浸し茹で人参のごまだれかけラディッシュの…

  • ワカサギのから揚げ(総菜)

    昨日に引き続き、お惣菜を利用した蹴痛風ケア料理の紹介です。 実際にお出ししたのは昨日の記事の二日後です。 さすがに連続はしませんが、このところ外に出る日の帰宅がお隣さんに食事をお出しするギリギリの時間になってしまいます。 それがじわじわと自分のメンタルを追い詰めます。 久しぶりに外のストレスに晒されつつ、日常の一番のストレスをクリアするという日々で、珍しく不安定になって来ているのを感じています。 そんな今、お惣菜チャレンジを数年重ねて、やっと自分の脳に「お惣菜でも平気だ」とすり込みが完了したようで、本当に助かります。 と言っても、痛風ケア料理ですから、お惣菜が何でも使えるわけではありません。 …

  • 白身魚フライのニラタルタル

    あまりにも忙しい感じになっています。 急に人と関わるタイミングが重なってやってきました。ペースが乱れています。 孤独と他者との関わり、片方だけでは死んでしまいますが、その配分が乱れると心身のペースが崩れるものです。 落ち着くまでは時間の問題でもありますし、自分との闘いでもありますね。 現代社会に生きている人たちは、警戒心と防御心が強いなぁと感じます。そこにうっかり巻き込まれそうになる自分。 周囲で何が起きていても、自分の心が自分のままに安定して踏みとどまるようにする練習になりますね。 それでも、いくつか重なって、例によって他者にいいようにしようと思ってしまうばかりで、気持ちがワサワサしてしまい…

  • 春菊と人参皮のかき揚げ

    三月終わりのメニューです。 庭の花壇の春菊を収穫しましたが量が少なかったです。 どう調理しようかと迷った挙句かき揚げにしました。濃い緑色の春菊と、オレンジ色の人参の皮が鮮やかです。 そして、どちらの食材も、エコ。 春菊の強い香りと僅かな苦みが癖のある人参皮とよく合います。 鯵の天ぷらはあっさりして柔らかくて甘い蜂蜜梅。 プリン体の量を考えると、本当は半身だけにしたいのですが、お隣さんにはこのサイズ半身では物足りません。 仕方がないのでお出しして、ほかの小皿等をいつものように全部野菜に……。 春菊と人参皮のかき揚げ 春菊と人参皮のかき揚げの痛風ケアメニュー 春菊と人参皮のかき揚げ大葉の天ぷら鯵の…

  • カラスガレイのソテー味噌バターソース

    とうとう新玉葱だけで、普通の玉葱がスーパーに並んでいない日が出てきました。 もう何十年と食べ物に溢れている日本です。物価高が何度もあったはずですが、そういう時もお金を出せば何某か食べるものが手に入る状態だったのではと思います。 戦後の食糧難の時代を生きた人たちの努力と、食べ物だけは欠かしたくないという強い思いがあったのだろうなと思います。 飢えを恐れる親に育てられた人たちもだんだん年齢があがって来て、その子どもたちは飢えは遠い話になって来ている人も多いようです。 以前の米の不作が続いた年も多くの人が生き延びましたから、玉葱が無くても生存可能で全く問題ないのですが、近くから遠くまで世界を見て行く…

  • 焼きポレンタのチーズスプレッド添え

    随分前の私のお昼ご飯です。 ストックのあった最後のポレンタ粉で作ったもの。 定番のチーズと合わせるポレンタですが、使ったのは市販のチーズスプレッドです。 上の娘のお土産ですが、これは以前私がそこで買ってきたもの。同じお店で手に入れて来たようです。 勇気を奮って(毎度のことながら自分のためじゃなく他者のためのつもりで)大きな一歩を踏み出した、思い出のあるチーズスプレッド。 「他者の幸せ」が「自分の幸せ」に間接的ではなくて、直接的に繋がって大きな幸せになることもあると体験した時にたまたま買ったもので、私にとってはなんだか思い出の品になっています。 焼きポレンタのチーズスプレッド添え 他者の意思に振…

  • 乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

    ごくたまに作る山芋や豆腐を使った擬製豆腐。 冷蔵庫にあるもので、なんとかメインを形作ろうとする時に登場します。 これは先月に作ったものです。 ヒジキ、干し椎茸、人参、胡麻、豆腐、山芋。粉と卵でつなぎにして、ラップで包んで上を輪ゴムで止めて、レンジでチン。 ちょうどいい型があったら、もっといいけれど……無いのでいつもこのやり方でいびつなものができあがってしまいます。 お隣さん用に大きく作ると、更に形が悪くなります。「2個にしなさい」って言われそうですが、そこは私がちょっと面倒くさがりなので、ついつい……。 例の庭の花壇の蕪と蕪菜を添えて、醤油ベース和風だしのタレをかけたらOK。 乾物と人参と山芋…

  • ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風

    ホウボウ。お高いですが、閉店間近の時間にどうしても売り切りたかったのかびっくりするほどの安さに値下げしてありました。 迷わず手が出ました。 そういう時は普段食べられない高級食材を手に入れるチャンス。 さて、何にしましょうか。 和風の煮つけ、唐揚げという定番も悪くないですが……痛風ケア料理ですから野菜たっぷり合わせてボリュームも出したいので、洋風煮にすることにしました。 ホウボウしかないけれど、アクアパッツァのように。 ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風 ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風の痛風ケアメニュー ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風小松菜とモヤシの和えサラダ茎冥加の甘酢漬け…

  • 豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ

    茶碗蒸しではありません。おかずとして成り立つようにした卵の蒸し物です。 子どもの頃の実家の位置づけでは、茶碗蒸しは手間をかけて作る立派なおかずで、おかず兼汁物という特別な扱いでした。 その特別なものが和食屋さんや旅館などの食事に余分について来るというのをすごいなと思っていたものです。 ところが、結婚すると茶碗蒸しは「おまけ」扱いになりました。おかずでもなく、汁物でもない。そこでは和食の「おまけ」についてくるものでしかなかったのです。 私にとって特別に具材を準備することも、丁寧に作る手間も何も関係無し。 それで、茶碗蒸しは子どもたちも大好きなのに、ほとんど作らなく(作っていられなく)なりました。…

  • 鮪のエスニックスパイスハンバーグ

    プリン体が多いのに、経済的理由で我が家の定番食材になっている鮪のアラ。 痛風ケアには不向きでもいろいろ混ぜ物してマグロを減らしつつ嵩増しすることで、日常のケア料理に組み込んでいます。 例によって、いつも同じ味付けでは作る私が飽きてしまうので、ハーブとスパイスたっぷりで、エスニック……というよりは無国籍風かもしれません。 調子に乗っていろいろ入れたら、ハンバーグそのものの味で風味が完結してしまい、ソースが難しくなってしまって……醤油ベースのシンプルなソースになりました。 かけるとハンバーグが吸い込んで、見た目には全く見えません。 一緒に火を通した添えのキャベツで確認できるだけになりました。 鮪の…

  • 分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ

    困りますね。玉葱が高値で手が届きません。ネギも今は美味しくない時期です。 最後に手に入った分葱は味噌和えにするには育ちすぎて、根元がプクプクとかなり大きくなっていました。 ほら、何かに似ていませんか? 見た目だけエシャロット。 ということで、違う食べものだけれども、そこをスライスしてパスタに。 分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ スライスした分葱の根元をオイルでじっくり炒めて鶏肉の出汁を入れました。 味付けして、茹で上がりそうな状態のパスタを入れてフレッシュトマトを入れて、ざざっと仕上げます。 あっという間です。 活力と行動力の出る、体も活性化する赤色の食べ物。 自分に欠けている色。 先日も…

  • 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮

    庭の花壇の育たなかった人参。葉は元気に育っていましたから、生でも茹でても堪能しました。 大量の菜っ葉類は、茹でて冷凍しておけば無駄にすること無く使い切ることができますね。 本体は情けない状態でしたが、人参と厚揚げの味噌マヨネーズにしていただきました。 葉の最後はこんなふうに。 プリン体の排出を促す牛乳をたっぷり。人参の葉の強めの風味がハーブのように牛乳の臭みを消してくれます。 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮の痛風ケアメニュー 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮分葱の椎茸味噌和え干し椎茸の胡麻風味和えサラダ盛り合わせほう…

  • 分葱と油揚げのきしめん

    今年は分葱を堪能しました。一時に大量に出回ったおかげか、安価で助かりました。 ほんの1か月ぐらいの間しか出回らないので、チャンスは逃さず手に入れて味わいたいですね。 サッと茹でるだけで柔らかくて甘くて、止めどなく食べられます。 そんな分葱の緑の部分ばかりをたっぷり使ったきしめん。 先月のある日の女子ご飯です。 分葱と油揚げのきしめん 油揚げも分葱に合わせて短冊に切りました。 葱のように強い香りは無いけれど、甘味が十分で優しい味になります。 シンプルで何でもない組み合わせがとてもよく合って、ホッとする味わいになるのが分葱の魅力ですね。 今日は社会復帰活動の一環で、人に会いに出かけてきます。 場所…

  • 赤魚のハーブ煮

    赤魚。子どもの頃は安い魚で良く使いましたが、いつの頃からかあまり見かけなくなり、今はそれなりのお値段の魚になりました。 小学生の頃は昭和風の甘辛醤油味の煮つけをよく作ったものです。 ニジマスもよく使いましたね。中学、高校ぐらいの時が安くて、よく塩焼きにしたものですが、今はほとんど見かけません。 実家に居た頃は母が新しものを嫌がるので、父のために少し新しい試みをしても原則母の許容範囲の昭和風の味で作っていました。 今はその頃より自由ですね。痛風ケアであることを除けば。 赤魚のハーブ煮 赤魚のハーブ煮の痛風ケアメニュー 赤魚のハーブ煮キャベツと蕪菜のレモンドレッシング和えとトマト蕪とジャガイモのマ…

  • がんもどきと小松菜と人参の柚子煮

    筍の味噌和え。味噌を変えるとまた別の風味。 干し椎茸の軸をみじん切りにして作ったつけ味噌は風味がいいです。 シンプルな茹で筍でもそれをつけるだけでなんだかとってもご馳走感……というのは我が家では私だけかもしれません。 私としては筍メイン。でも家族はがんもどきがメインです。 がんもどきと小松菜と人参の柚子煮 がんもどきと小松菜と人参の柚子煮の痛風ケアメニュー がんもどきと小松菜と人参の柚子煮筍の椎茸味噌和えキュウリの煮物卵豆腐(市販品)モヤシの和風ナムルナメコと分葱と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 甘辛醤油味のがんもどきの煮物は、私が作り飽きています。 味の配合を変えて甘さを抑え、ほんの少し薄味にし…

  • 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ

    花壇で上手く育たなかった人参。抜き菜状態の根っこの部分は一口サイズ。 今年は大根の種を蒔かなかったのですが、転居前の家では毎年大根を育てて(花壇なので大きくできないので)小さいうちに収穫。 この人参と同じようにして食べたものです。子どもたちのお気に入りでした。 ミニキャロットでもいい感じです。 切らないまま、形が残って小さいものって可愛らしくてテンションが上がります。 ただし……ここまで出来が悪いと、ちょっと……。 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ 人参と厚揚げの味噌マヨネーズの痛風ケアメニュー 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ塩もみキャベツ焼売(市販チルド品)ほうれん草のごまだれかけモヤシの和え物茎…

  • 赤蕪入りニョッキのオイルソース仕立て

    庭の花壇の蕪の残骸。蕪になり切れなかった蕪。赤いはずの蕪もほぼ根っこ。 白もツートンも蕪になり切れず、今年も残念な結果に。 それでも全部を収穫して、丁寧に洗って、硬い繊維ごとペーストにすることで、なんとか食べられます。 ペーストにしてカラスガレイのソテー赤蕪ディップ添え のディップに。 お隣さん分だけ作る日でしたから、ディップは残ります。残ったものをポテトサラダに混ぜてお隣さん用だけにまた使っても、残りました。 それは女子用のお昼ご飯として、ニョッキに。 赤蕪入りニョッキのオイルソース仕立て 定番のジャガイモのニョッキに蕪のペーストを入れた形にしました。 失敗か?と思うほど、とても柔らかくて、…

  • 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼き

    プリン体を控えたい日に便利なのは鶏卵。なぜか鶏の卵はプリン体ゼロ。謎。 ゼロからどうやって筋肉細胞ができて行くのか……細胞の不思議です。 ということで、私が留守にする前後は卵料理が増える傾向にありますね。 普通の卵焼きでは添え物にしかならないので、メインに持ってくるためのコツは二つあります。 1、ほかの食材を混ぜ込む 2、大きさを出す ということで、具はカニ蒲鉾と分葱の緑の部分をたっぷり入れて、縦横5cmから7cmぐらいの大きい卵焼き。 しかも、中にプリン体の排出を促す牛乳を混ぜています。 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼き 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼きの痛風ケアメニュー 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼…

  • ニラの卵巻きサラダ

    三日間、留守していました。家に居ないのでケア料理も作れません。 ケア料理を休む前後数日は、冷蔵庫の片付けのためにあり合わせ料理になり、厳しめケアになります。 留守中は外食やテイクアウト、インスタントものを食べているはずですから、栄養バランスも崩れ、プリン体も摂りすぎになっている状態です。 体に負荷がかかりますから、その前後で調節して体が対応できるようにと考えて、厳しめケアを採用しています。 メインは納豆。 見た目が物足らないので、思い切ってサラダをメインのお皿に盛り付けてみました。 ニラの卵巻きサラダ ニラの卵巻きサラダの痛風ケアメニュー ニラの卵巻きサラダコロッケ(市販品)納豆人参皮の和え物…

  • おからケーキ トルタサラータ二層の野菜(人参と小松菜)

    おからの塩味のケーキ。 下の娘はあまり甘いものが好きではないので、家で作るものは食べられる種類の甘いケーキか、塩味のケーキです。 二色の野菜を使って生地を2種類重ねて焼くことで、二層になった色分けのケーキも簡単です。 おからなので、普通のケーキの生地のように中で混ざることもありません。 こんな感じになります。 トルタサラータ二層の野菜(人参と小松菜) お隣さんの小皿用の料理に使った残りのおからで、量が少なかったのでパウンド型が埋まりませんでした。 でも、高さはともかく、切ってまえば、これはこれ。 人参は皮も全部せん切りでまぜこんで、小松菜はみじん切りにしてまぜてありますので、口に入れるとホロホ…

  • 鰹と分葱の和風カルパッチョ

    痛風ケアに原則お勧めされない鰹。 でも、我が家では娘の好物。刺身の中では安価になりやすいこともあって、ついつい買ってしまいます。 鰹を使う時は他の小皿や汁物はプリン体の少ない食材でまとめることにしています。 当然、鰹の量を使いすぎないように気をつけます。 見映えが寂しくなるので、薄めに切って、広げて盛り付けることが多いです。 今回はいつもより多めで、ゆるゆるのケアになっています。 鰹と分葱の和風カルパッチョ 鰹と分葱の和風カルパッチョの痛風ケアメニュー 鰹と分葱の和風カルパッチョ人参皮とモヤシの和え物卵豆腐(市販品)キュウリの塩もみ糠漬け厚揚げと葱の味噌汁白米ご飯2杯 子どもの頃、刺身が苦手だ…

ブログリーダー」を活用して、めのめのさんをフォローしませんか?

ハンドル名
めのめのさん
ブログタイトル
めのキッチンの美味しい生活
フォロー
めのキッチンの美味しい生活

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

めのキッチンの美味しい生活

毎日の食事は心と体の健康のもと。どんな時でも美味しいご飯のある生活は、幸せを運ぶはず。 家計に優しいいつもの食材で作る創作家庭料理、プリン体を減らした痛風ケア料理を紹介しています。

フォロー