chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
めのキッチンの美味しい生活 https://meno-kitchen.hatenablog.jp/

毎日の食事は心と体の健康のもと。どんな時でも美味しいご飯のある生活は、幸せを運ぶはず。 家計に優しいいつもの食材で作る創作家庭料理、プリン体を減らした痛風ケア料理を紹介しています。

自分も他者も環境もあるがままを大切に。 他者に惑わされず、自己犠牲しすぎないように。 自分の手の中にある幸せを自分らしく感じていられるように。 料理もライフスタイルも、人間関係も何もかも、そんな気持ちを大切に。

めのめの
フォロー
住所
愛知県
出身
愛知県
ブログ村参加

2016/03/23

1件〜100件

  • トルテリーニの手抜きトマトバルサミコソース

    手抜きイタリアン。 詰め物をしたタイプの乾燥パスタはあまり買わないようにしていますが、見切りワゴンに入っていたので買ってみました。 普段買わない理由は(昭和の頃はまだすごく不味いものしか輸入されていなくて買っても失敗が多かったという)昔のイメージが抜けないからです。 とは言え、輸入されるパスタの種類も増え、日本人の身近な食べ物になった今の時代、試してみる価値はあるでしょう。 初めて食べるパスタですから、ソースもすぐできる手抜きでお試しです。 手をかけたソースで不味かったら残念さが倍増しますからね。 トルテリーニの手抜きトマトバルサミコソース このパスがは中身がチーズと表記されていました。定番。…

  • 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼き

    厚揚げは安くて便利なタンパク質補給食材。 厚揚げ料理は色々な味で楽しめますが、見た目が地味でかわり映えがしない印象です。 とうとう、厚揚げを具にした焼き物を作ってしまいました。 生地は山芋ベース。彩りと栄養のためにヒジキと人参、旨味のために鶏ひき肉を少々。 厚揚げは細めの短冊切りです。 見た目がこんな感じになりました。 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼き 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼きの痛風ケアメニュー 厚揚げ、人参、ヒジキ、鶏肉入り山芋焼きキュウリの梅添えモヤシの和え物水菜のサラダヤングコーン沢庵(市販品)ナメコと小松菜と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 「何が入っているかわかる?」 …

  • ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ

    メインは肉か魚じゃないとダメという印象を持っていると、この日のメインは砂肝の炒めでしょうか。 プレーンに味付けは塩と胡椒。 私としては、メインは納豆です。砂肝はおまけ。 納豆では物足らないお隣さんのために一人分と、娘にも少々。 残りの砂肝は煮て、半分冷蔵庫、半分冷凍庫へ。 ここまではいつも通り過ぎる状態ですし、その中でも納豆は料理とは言わないので……今日の紹介はサラダ。 ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダの痛風ケアメニュー ヤングコーンと人参と小松菜のレモンサラダ納豆砂肝の炒め物枝豆入りおからサラダ沢庵(市販品)ワカメとなるとの味噌汁白米ご飯2杯…

  • 鯖缶と野菜のおかずサラダ

    鯖の栄養が丸ごと摂れる便利な鯖缶ですが、プリン体は多めですね。 生を缶に閉じ込めて圧力調理ですから、製造工程で栄養も旨味も減ることが無いです。 つまり、煮魚や蒸し魚を作るのと違ってプリン体の逃げ場がありません。 青魚の栄養はたっぷり摂りたいし、プリン体は減らしたいという矛盾。 1缶一人前必要な勢いだった以前は鯖缶を諦めていました。 痛風ケアも10年に近づいてくると、肉や魚が山盛りじゃないことに慣れて、物足らなさも鳴りを潜めているはず。 年齢も上がりますから少し緩めの見直しをしていってもいいし、作るこちらも慣れて、知識も増え、組み合わせに苦労しないでメニューを仕上げられるようになりました。 鯖缶…

  • おぼろ豆腐の冷やし鉢

    体が暑さに慣れて来なtいこの時期は、温度や湿度、気圧の大きな変化に体調を崩しやすいですね。 体が重いし、気分も空と同じにどんよりするし、何より気持ちの悪い暑さ。 真夏よりも冷たいものが欲しい気分になります。 そして、食事をお出しした後いつ食べるかわからないお隣さんの食事は、食中毒を避けるために冷蔵庫渡し。 どうせ冷えてしまうからと、珍しく、おぼろ豆腐を買いまして、冷たい料理。 冷凍品のイクラ。まだ冷凍庫に残っています。 こういう時に使うと便利ですね。 おぼろ豆腐の冷やし鉢 おぼろ豆腐の冷やし鉢の痛風ケアメニュー おぼろ豆腐の冷やし鉢茄子の茹で浸し鰯の煮物添え野菜枝豆入りおからの煮物メンマ10種…

  • ズッキーニ入りおからのトルタサラータ

    先週、少し気温が下がった日がありました。おからチャンス! ズッキーニがあるうちにという気持ちもあって、日持ちしないけれど、食中毒の季節だけれど、おからで塩味のケーキ。 赤と黄色のパプリカに人参、ズッキーニ多め。 チーズで全体の味をまとめました。 多めのチーズで、外はパリッ、中はしっとりとろける食感。 お昼ご飯に、おやつに、と急いで食べました。 おからってどうしてこんなに足がはやいのでしょう。この季節では、あっという間に傷んでしまいますから大急ぎでお腹に収納です。 ズッキーニ入りおからのトルタサラータ 近頃、きちんと自覚していなかったけれど自分がとても苦手だなと思うことをたまたま発見してしまいま…

  • 鯵の塩焼き

    栄養価の高い青魚の塩焼きは、普通のご家庭なら日常の料理ですが、痛風ケアの必要な人がいる我が家では、プリン体の多い青魚の丸ごと一尾は滅多に食卓に上りません。 女子にとっては、今や珍しい印象になってしまったご馳走です。 焼き立てのふっくらとした身はたまりませんね。 「もう一尾食べたい!」と言うほど、食欲不振なことを忘れるぐらいに娘のテンション上がっていました。 ということで、皆さんには珍しくもなんともない写真を……。 鯵の塩焼き 鯵の塩焼きの痛風ケアメニュー 鯵の塩焼き茹で人参のサラダニラのお浸しモヤシの赤紫蘇和え大根の醤油漬け(市販品)人参、蒟蒻、小松菜、油揚げ、ワカメの味噌汁白米ご飯2杯 夕方…

  • ポークハンバーグ バルサミコワインソース

    先日、論文を提出してホッとして、ずーっと放置していたお料理用ワインを開封。 今、ワインを少しだけでも飲むのは私だけですし、家計の都合上(これが大きい)、一本400円以下の赤ワイン。 飲むのを我慢するより、お料理に使うワインを我慢するほうがちょっとストレス。 なのに……たかがそんな格安品を味見したかったので、味見可能な気分と機会が来る日までお料理に使うのを必死で我慢していたという……私は変な人です。 開封して味見も終了しまして、めでたくお料理に。 ポークハンバーグバルサミコワインソース ポークハンバーグバルサミコワインソースの痛風ケアメニュー ポークハンバーグバルサミコワインソース添え野菜ひじき…

  • ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒め

    ズッキーニ。 地産品売り場で、バラバラな大きさなのにお値段同じ。大きいものならお値段との折り合いがつきました。 人参、パプリカ、ズッキーニ、カラフルなので元気が出る感じです。 洋野菜ですが、和風にシフトしたかったので、味噌味。 色を鮮やかに残したいし、優しい味にしたかったので、この場合は赤味噌ではなくて白味噌ですね。 ひき肉を使って炒めれば、野菜炒めでも肉の旨味で満足度が上がります。 ひき肉がメイン具材ではないので、肉の量も控えることができてプリン体も少なめにできます。 ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒め ズッキーニと人参のひき肉入り味噌炒めの痛風ケアメニュー ズッキーニと人参のひき肉入り味…

  • 海苔入り和風スパゲッティサラダ

    お隣さんだけ必要だった夕食の日。何でもない鰤のアラの煮物がメイン。 前回鰤アラとキャベツとニラの煮物を作った時に、キャベツとニラを加える前に取り出して、冷凍しておいた分を登場させました。 ケアには少し量が多かったかなという感じですが、ケア料理を始めて以後ずーっと発症が無いのでOKということに。 一応栄養バランスのために添え野菜もつけました。 普通の料理過ぎるので、今日の紹介は小皿料理のこれ。 海苔入り和風スパゲッティサラダ 鰤のアラ煮の痛風ケアメニュー 鰤のアラ煮添え野菜トマト海苔入り和風スパゲッティサラダ尽き蒟蒻の煮物梅干(市販品)ナメコの味噌汁白米ご飯2杯 娘のためにお昼ご飯にスパゲッティ…

  • トウモロコシ出汁の野菜スープ

    いけないと思いつつ、値引きシールにつられて買ってしまったヤングコーン。 一袋税込みで400円越えが税込み200円でおつりが……。 皮を剥く前に「小さくなるぞ~」と覚悟してイメージして剥き始めました。 4分の1になるはずと思ったら、5分の1ぐらいになりました。 当初予定通りに皮は山盛りになり、これまた予想通りに捨てられない……。 剥き終わって気がつけば、それをどうするかも考えないままに、無意識に外側の硬くて汚れた葉とヒゲの先と、内側の柔らかくて綺麗な葉とヒゲを分けていました。 節約とエコが染みついた根っからの貧乏性。 結果、こうなりました。 トウモロコシ出汁の野菜スープ 葉とヒゲをじっくり煮出し…

  • 鶏ご飯

    ハイナンチキンライス、カオマンガイなど、アジア地域には美味しい鶏肉の炊き込みご飯がありますね。 日本の鶏めしは昆布や鰹の出汁の中に具材として鶏肉を入れたものですね。 鶏の出汁100%の和風味の鶏の炊き込みご飯を試してみました。 プリン体たっぷりなので痛風ケアの必要なお隣さんにはお出しできません。 女子ご飯としてのチャレンジ。 鶏ご飯 鶏の栄養丸ごとなので、プリン体も多いけれど、タンパク質もコラーゲンもたっぷり。 たまにはこういうご飯もいいものです。 鶏の旨味がたっぷりで、醤油ベースなのにどこかアジアン。でも、和風味。 苦地位に入れると意外性があって、面白さがありました。 娘は完食。しっかり食べ…

  • 人参と豆苗とキャベツとなるとの八宝菜風

    今まで一度も買ったことが無かった食材かもしれません。買った記憶が無いです。 なると。 なるとはラーメンのトッピングの彩りのためのものというイメージ。 それに、わざわざピンクに色付けされていて、添加物だらけで体に悪そうなイメージ。 失礼千万。 値引きシール2重貼り。思わず手に取りました。原材料表示を確認。 カニ蒲鉾や紅生姜など、いろいろ赤色色素が危険ということが広まった結果、パプリカ色素や赤蕪色素で色付けされているものが増えつつあります。 これも安心安全な現代風の新しいなるとでした。 プリン体が少な目の練り物ということで痛風ケアに嬉しいではありませんか。 人参と豆苗とキャベツとなるとの八宝菜風 …

  • 茹で卵の鶏肉包み煮

    プリン体の多い鶏むね肉。しばらく買っていませんでした。 下の娘の栄養補給にと久しぶりに買い物かごへ。 でも、お隣さんには不向きな食材。お好きな脂も少ないしプリン体は多いし。 高タンパク低カロリーはプリン体が多い食材ということが多いので困ります。 タンパク質は補充したいけれど、プリン体が多いのでたくさん使えないからあまり意味がないです。 家計的には助かる鶏むね肉なので、タンパク質でありながらプリン体はゼロという鶏卵と合わせて肉の量を減らす作戦を選択。 鶏肉と卵とくれば親子丼とですが、玉葱は高いし、おかず感は無いし……。 茹で卵の鶏肉包み煮 茹で卵の鶏肉包み煮の痛風ケアメニュー 茹で卵の鶏肉包み煮…

  • 蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろ

    メインはいつもの天ぷらの三種盛りです。プリン体の少ないものオンパレード。 ひじきと人参のかき揚げは一口サイズに。赤蕪で色付けされた紅生姜も一口サイズに。竹輪は縦半分に切って大きさを出しました。 黒、オレンジ、赤、茶色でカラフルです。大葉でもあればもっと良かったのですが、いつもの通りのあり合わせ食材での痛風ケア料理です。 緑はお味噌汁に。 蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろ 天ぷら三種(ヒジキと人参、紅生姜、竹輪)の痛風ケアメニュー 天ぷら三種(ヒジキと人参、紅生姜、竹輪)モヤシの和え物蕪菜とひき肉の胡麻味噌そぼろトマト蕪と人参の塩麹漬け小松菜と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 野菜や海藻ばかりで物足らない…

  • ジャガイモの海苔明太和え

    メインは娘の要望で麻婆豆腐。辛くないように豆板醤はほんの少し。 醤油ベースのプレーンな麻婆豆腐ですが、ニンニクに弱い我が家の女子の体なので、ニンニクの代わりにニラを入れました。 花椒も入れて、ニラが入って、麻婆豆腐の香りだけれど、実際はニンニクを使っていないし、辛みも油も控えめの胃腸が弱い人向けの優しい麻婆です。 お隣さんには物足らないかもしれませんが、調味料はいろいろ変えてもニンニク無しは決定事項。 ほぼお隣さん中心で女子が譲る食生活が結婚当初からずーっと、今も続いていますが、こればかりは私一人我慢しても、娘も弱っているとお腹を壊すから仕方がないです。 ジャガイモの海苔明太和え ニラ入り醤油…

  • 人参ソースのパスタ

    日本製の生のフェットチーネ。 モチモチしてお気に入りです。 生のスパゲッティもありますが、こっちのほうが好みです。 昔と違ってセモリナ粉も日本で手に入る時代になって、自分で手打ちもしてみたいけれども、なかなかそういう贅沢なチャンスは巡って来ませんね。 米の飯じゃないとまともな食事とみなさない人がいると、余分に自分のためだけに粉ものに手間をかけているゆとりはなくなります。 そんな時でも生のモチモチ麺が手軽に食べられる時代になって、嬉しい限り。 人参ソースのパスタ 人参そのものをソースに。 この色に惹かれますね。 食欲が沸く色。元気が出る色。気分が明るくなる色。社交的になる色。 オレンジ色は色々な…

  • カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョ

    痛風ケアに不向きの刺身。その中でも青魚系は問題あり。 鰹、鮪、鯵、鯖、鰯……尿酸値が危険な時は避けたいですね。 でも、食べたい。 日本人ですから、当然です。 青魚を食べる日は、どうしてもタンパク質は不足気味になるけれど、プリン体の多いほかの食材と一緒に食べないようにして、量を減らして食卓に。 ミネラルたっぷり海藻はお腹も膨れますから、合わせるといいですね。 和風に塩麹ベースで作ったカルパッチョにしたら、ケアじゃない人にも、ヘルシー志向の人にも、和食好みの人にもとても喜ばれるものになりますね。 カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョ カジキマグロと海藻の塩麹カルパッチョの痛風ケアメニュー カジキマ…

  • ひき肉のモチモチ焼き

    合いびき肉にジャガイモの繋ぎを使って、モチモチ食感に焼きました。 今回は、ご飯に合うように和風味で仕上げています。 そのままアルコールのお供にも使えますし、洋風味にしたら主食扱いでもいけそう。 ひき肉の量がハンバーグなどより少なくて済みますから、タンパク質を補うために付け合わせを卵サラダにしました。 たっぷりの茹で卵。 卵サラダを作ると、私はパンにはさんでサンドウィッチにしたくなってしまいますが、我慢してサラダとしていただきました。 ひき肉のモチモチ焼き ひき肉のモチモチ焼きの痛風ケアメニュー ひき肉のモチモチ焼き卵サラダヒラタケの煮物ナスの茹で浸し小松菜の和え物糠漬けワカメとなるとの汁物白米…

  • 茎冥加の甘酢漬け

    冥加(ミョウガ)の茎。こういう食材は不作、不景気の時に見かける気がします。 「わけあり」の野菜や、規格外のサイズの野菜がスーパーに並び、近頃はそういう表示もなく、堂々とした値段で普通の規格品のような顔で並ぶようになりました。 2週間ほどの間、茎冥加もしっかりしたお値段で並んでいましたが、売れなかったようで値引きシールが何枚も重なって最終価格はそれなりのお値段より下がる結果に。 最初からそれに近い値段にしていただけたら売れ残らなかったでしょうに……。 茎冥加の甘酢漬け そんなわけで格安で手に入れた茎冥加は、ちゃんとした茎じゃなくて、かなり小さく切られた屑の部分でした。 これは先の部分の皮?ガク?…

  • チダイめし

    一応、鯛めし。 チダイが値引きシール付きで格安になっていた時に買いました。 一尾あれば家族分作れますから、余分におかずをつけなければ痛風ケアにも良しということで。 一度塩焼きして、それを米の上にのせて炊く。通常手順でシンプルに。 炊きあがったら半身をそーっと骨から剥がして、お隣さん用に盛り付けました。 女子は残りの半身を分けっこ。 チダイめし チダイめしの痛風ケアメニュー チダイめし小松菜のお浸しモヤシの和え物めかぶと人参の酢の物糠漬け厚揚げとニラの味噌汁 食材不足でこうなりました。狙ったわけではありませんが、厳しめケアです。 やっと少し疲れが取れて来つつあります。 朝から家事と買い物。それに…

  • オムハヤシ

    特急料金をケチらないといけなくて、普通列車と快速と路線バスを乗り継ぎ乗り継ぎ行ってきました。 いつもの通りで夜も一睡もできず、ヘトヘトで昨夜帰宅。 行きは昼食の時間もとれませんでした。昨夜は帰宅して10時頃作って娘と夕食。 乾麺のスパゲッティを茹で、非常時用の混ぜて食べるだけの格安パスタソースを使いました。ソース、期限数日切れでしたが、捨てずに済んで助かりました。非常時用、日持ちするからとうっかりしがちです。 これは、出掛ける前に作った女子ご飯。私がいないと作らないのでまともに食べない娘です。 これも期限間近のレトルトのハヤシライス。 ガッツリ系の女子ご飯、娘の食欲不振が慢性化していて作れなく…

  • ウズラの卵のひき肉包み焼き

    ウズラの卵で、パテにはおからを使いました。 ウズラのほうが数をたくさん出せますし、卵を食べたというより肉を食べたという気がしそうで、お隣さんには良いかなと思いました。 おからはひき肉の中にパン粉代わりに混ぜ込んでいます。衣を付けない、揚げないスコッチエッグの手抜き品という感じです。 おからでしっとりと、そしてずっしりボリューミーに仕上がります。 痛風ケア中でも量をしっかり食べた気がしますから、たくさん食べたい時にはひき肉に野菜をたくさん入れるとともにおからも加えると大きなハンバーグが食べられます。 ただし、パン粉はふんわりとなりますが、おからはしっとりとなり、食感がかなり違ってきますから、好ま…

  • ピリ辛カルパスと茄子と卵のピザ

    カルパスのピリ辛味。ペパロニサラミの代わりに使っています。 サラミはお高いですが、カルパスは比較的安く買えます。 そのまま食べたらサラミとは違う感じもしますが、ピザにのせる具としてなら丁度いい感じになります。 毎度ながら、家にあるあり合わせ食材でのピザ。 トマトソースを塗ったピザに真ん中の卵をソースとしてつけたら、まるで「ウォーヴァ・アル・テガミーノ 」のよう。 ちょっと幸せ気分です。 ピリ辛カルパスと茄子と卵のピザ 以前アップしてから、一度も食べていませんでした。あるあるですね。 料理はたくさんあって、一年365日ではレパートリー全部を作り切れません。 食材の調達度合いもその都度違いますから…

  • 茹で鶏のめかぶかけサラダ風

    自分でも少々妙な組み合わせかなと思いまして、茹で鶏とめかぶを一口分作って味見してから盛り付けました。 ダメだったら、めかぶは小皿に盛り付け、茹で鶏には別のソースを作るつもりでした。 でも、意外に面白かったのでそのままゴー。 サラダとしてもいいし、さっぱり系ですがおかずにもなるメインとしての役割も果たしてくれました。 だんだん暑くなっていきますから、食事にはいろいろ気を使う時期ですね。 暑くてバテた体でも食が進むように、栄養が偏らないように、体力が落ちないように、無駄に夏太りしないように等々……。 茹で鶏のめかぶかけサラダ風 茹で鶏のめかぶかけサラダ風の痛風ケアメニュー エノキダケの煮物小松菜の…

  • 小松菜と角麩の煮物

    地味ご飯ですが、メインが二種類。 厚揚げとニラとひき肉を煮て片栗粉で閉じたもの。ニラの風味でご飯が進みます。 もう一つが、角麩の煮物。 角麩は生麩のことですね。この表面の凸凹が特徴。 郷土食材なので子どもの頃はとても身近な食材でした。タンパク質を補給できる格安食材です。 ただし、グルテンなので、グルテンがNGの人には不向きです。 結婚して何十年と遠のいた角麩ですが、私の実家で上の娘にヒットしたことが原因で、数年前から復活しています。 小松菜と角麩の煮物 小松菜と角麩の煮物の痛風ケアメニュー 厚揚げとニラの中華風煮物人参の塩麹和え小松菜と角麩の煮物ブロッコリーとトマト茄子の和え物エノキダケと水菜…

  • 豆腐とひき肉パテの炒め煮

    実は……この日は失敗作です。 残りものを片付けたいし、いろいろ下ごしらえしておきたいし、ご飯はまたお隣さんの分だけで良さそうだし……と、きちんと考えてやった方がいいのに、全部をぼんやりとやってしまいました。 近頃、そういう日が増えています。最近出歩いた結果として受けた打撃が大きいのかもしれませんし、そもそも今の私の体力での許容量いっぱいなのかもしれません。 これ、本当は何を作るつもりだったかと言いますと……豆腐のひき肉はさみ焼き。 はい。 崩れました。ひと手間どころか、ふた手間も飛ばしてしまっていたのです。 結果、じっくり焼くように炒めて、味をしっかり絡めながら火を通して、見た目は悪いけれども…

  • 豚キムチ丼

    ビビンバのようなイメージの丼物。お隣さん用だけの食事ですが、ニンニクは無しで。 丼物はすぐに食べてもらえるなら、上にのせてしまっても大丈夫ですが、別々に食べる今の生活ではお出ししてすぐ食べていただくということが難しいです。 いつものおうに具は具だけで別盛り。 タレも別盛り。 お隣さんが丼だと気づくかどうかも分かりませんが、そこのあたりはどのように食べていただいてもOKということに。 提供する側には提供する側の気持ちがありますが、食べ方は食べる人の自由ですね。 作ってもらった料理に、好みで塩、醤油、唐辛子、胡麻油、マヨネーズなど好きにかけて関係が壊れるという話も耳にしますが……相手に「こうしてほ…

  • おからのソフトクッキー柚子味

    久しぶりの手作りおやつ。とても小さなサイズのおからクッキーです。 上の娘が別に住むようになって、おやつを作る率が格段に減りました。 原則的に甘いものが苦手な下の娘との生活になって、おからも塩味のケーキばかりになっていました。 作ったものを喜んで食べてくれる人がいるかいないかは、料理含めて家事全般が大嫌いな私にとって、やる気、行動を決定づける心理に大きく影響しているようです。 私の行動の原動力は、ほぼ8割は他者のためにしか湧いてこないようです。 今は自分のためにも動くことができるようになりたいと、努力を続けていますが……なかなか思うようにいきません。 頑張って自分のために作るぞと思いつつ、柑橘な…

  • 鰤アラとキャベツとニラの煮物

    鰤のアラは「アラ」ではなくて、「ブリ大根用」として売っていることが多いです。 同じなのにねぇ……と思いますが、世間一般的な印象が「アラ」より「ブリ大根用」のほうが良いということらしいです。 実は私は鰤が好きではありません。脂も多いし、独特の臭みというか風味でしょうか、我慢して食べられないことはないけれど、お金を払ってまで食べることはありません。 それでも時々買って、調理し、食卓に上り、ブログに登場しているのはなぜかと言いますと、お隣さんの好物だからです。 本当は鰤の刺身が良いようですが、地域性のあるものでして……この辺りでは鰤を刺身で食べる習慣は昔は無かったのです。今は色々な地域の人が移り住み…

  • めかぶ入りおからの厚焼き玉子

    私が飽き性で料理のリピート率の少ない我が家なのに、リピート確定品。 健康に良い栄養バランスで、とてもボリュームのある変わり厚焼き玉子です。 久しぶりに生おからの近所のスーパーで仕入れが復活されました。 生おからがそのお店から姿を消して数年、待っていました。 この食中毒の時期になると、今まではおからのお休みシーズンにしていました。一袋食べきるまでに日にちがかかって足の速いおからは不向きな食材。 近頃の寒暖差のある気温にどうかな、と思いましたが久しぶりなので我慢できず、買い物かごへ。 一袋、あれやこれや一気に加工調理しました。 そしてまずはメインにしましょうということで、こんな感じ。 めかぶ入りお…

  • パンチェッタと茄子のトマトパスタ(生フェットチーネ)

    パンチェッタ。若い頃は日本では手に入らない食材でしたが、今は日本でも作られるようになっていますね。 10年前までぐらい、やたらとベーコンで代用させられていましたが、味が全然違いますね。 生パスタも見かけませんでしたが、今はスーパーで見かけることもありますね。 フェットチーネ。 なるべく正確にカタカナで書こうとすれば「フェットゥッチーネ」ですけど、カタカナを読むと耳で聞く感じと違って、むしろ「フェットチーネ」のほうが音として近く聞こえるかもしれないなと思うこともあります。 パンチェッタと茄子のトマトパスタ なぜか今年はこの夏前の時期に茄子が一時お手頃価格になっていました。 まとめ買いです。 どう…

  • ポークチキンバーグ

    一日の中で寒暖差がある時によく体の調子が崩れます。昼間は暑いぐらいの日差しで夜に冷えた風が吹くような日は苦手。山や高原の気候に体がついていけないので、平地に生まれ住んでいるのがラッキーだったと思っています。 今月はそんな日が時々あって、弱っていた所へ先日のある商店街での出店で、やられました。 人の気持ちを無碍にできずに参加していましたが、そろそろ引き時かもしれません。 他者の都合、要求、要望、言外の意向に嫌とは言えず、なるべく叶えようと無理してしまうのは相変わらずで、今回は他の件についてもとても反省しました。 他者ではなく自分を大切にしないと。年齢的にも体力的にも経済的にも、横道にそれている場…

  • ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒め

    時短料理です。 肉や魚の加工品。高級品は旨味が凝縮されていますから、その分プリン体も増えてしまっています。 けれど、格安品というのは概ね「つなぎ」がたくさん入っていて、素材の量が少なくなっている上に、加工の段階で茹でたり蒸したりの水分が含まれた加熱によってプリン体が減っています。 添加物の多いものは健康のために避けたいと思いますが、折角痛風ケアに使えるのに、加工品全部を避けなくてもよいと思っています。 ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒め ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒めの痛風ケアメニュー ウインナーと魚肉ソーセージのニラ炒めモヤシの和え物小松菜のお浸し茹で人参のごまだれかけラディッシュの…

  • ワカサギのから揚げ(総菜)

    昨日に引き続き、お惣菜を利用した蹴痛風ケア料理の紹介です。 実際にお出ししたのは昨日の記事の二日後です。 さすがに連続はしませんが、このところ外に出る日の帰宅がお隣さんに食事をお出しするギリギリの時間になってしまいます。 それがじわじわと自分のメンタルを追い詰めます。 久しぶりに外のストレスに晒されつつ、日常の一番のストレスをクリアするという日々で、珍しく不安定になって来ているのを感じています。 そんな今、お惣菜チャレンジを数年重ねて、やっと自分の脳に「お惣菜でも平気だ」とすり込みが完了したようで、本当に助かります。 と言っても、痛風ケア料理ですから、お惣菜が何でも使えるわけではありません。 …

  • 白身魚フライのニラタルタル

    あまりにも忙しい感じになっています。 急に人と関わるタイミングが重なってやってきました。ペースが乱れています。 孤独と他者との関わり、片方だけでは死んでしまいますが、その配分が乱れると心身のペースが崩れるものです。 落ち着くまでは時間の問題でもありますし、自分との闘いでもありますね。 現代社会に生きている人たちは、警戒心と防御心が強いなぁと感じます。そこにうっかり巻き込まれそうになる自分。 周囲で何が起きていても、自分の心が自分のままに安定して踏みとどまるようにする練習になりますね。 それでも、いくつか重なって、例によって他者にいいようにしようと思ってしまうばかりで、気持ちがワサワサしてしまい…

  • 春菊と人参皮のかき揚げ

    三月終わりのメニューです。 庭の花壇の春菊を収穫しましたが量が少なかったです。 どう調理しようかと迷った挙句かき揚げにしました。濃い緑色の春菊と、オレンジ色の人参の皮が鮮やかです。 そして、どちらの食材も、エコ。 春菊の強い香りと僅かな苦みが癖のある人参皮とよく合います。 鯵の天ぷらはあっさりして柔らかくて甘い蜂蜜梅。 プリン体の量を考えると、本当は半身だけにしたいのですが、お隣さんにはこのサイズ半身では物足りません。 仕方がないのでお出しして、ほかの小皿等をいつものように全部野菜に……。 春菊と人参皮のかき揚げ 春菊と人参皮のかき揚げの痛風ケアメニュー 春菊と人参皮のかき揚げ大葉の天ぷら鯵の…

  • カラスガレイのソテー味噌バターソース

    とうとう新玉葱だけで、普通の玉葱がスーパーに並んでいない日が出てきました。 もう何十年と食べ物に溢れている日本です。物価高が何度もあったはずですが、そういう時もお金を出せば何某か食べるものが手に入る状態だったのではと思います。 戦後の食糧難の時代を生きた人たちの努力と、食べ物だけは欠かしたくないという強い思いがあったのだろうなと思います。 飢えを恐れる親に育てられた人たちもだんだん年齢があがって来て、その子どもたちは飢えは遠い話になって来ている人も多いようです。 以前の米の不作が続いた年も多くの人が生き延びましたから、玉葱が無くても生存可能で全く問題ないのですが、近くから遠くまで世界を見て行く…

  • 焼きポレンタのチーズスプレッド添え

    随分前の私のお昼ご飯です。 ストックのあった最後のポレンタ粉で作ったもの。 定番のチーズと合わせるポレンタですが、使ったのは市販のチーズスプレッドです。 上の娘のお土産ですが、これは以前私がそこで買ってきたもの。同じお店で手に入れて来たようです。 勇気を奮って(毎度のことながら自分のためじゃなく他者のためのつもりで)大きな一歩を踏み出した、思い出のあるチーズスプレッド。 「他者の幸せ」が「自分の幸せ」に間接的ではなくて、直接的に繋がって大きな幸せになることもあると体験した時にたまたま買ったもので、私にとってはなんだか思い出の品になっています。 焼きポレンタのチーズスプレッド添え 他者の意思に振…

  • 乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

    ごくたまに作る山芋や豆腐を使った擬製豆腐。 冷蔵庫にあるもので、なんとかメインを形作ろうとする時に登場します。 これは先月に作ったものです。 ヒジキ、干し椎茸、人参、胡麻、豆腐、山芋。粉と卵でつなぎにして、ラップで包んで上を輪ゴムで止めて、レンジでチン。 ちょうどいい型があったら、もっといいけれど……無いのでいつもこのやり方でいびつなものができあがってしまいます。 お隣さん用に大きく作ると、更に形が悪くなります。「2個にしなさい」って言われそうですが、そこは私がちょっと面倒くさがりなので、ついつい……。 例の庭の花壇の蕪と蕪菜を添えて、醤油ベース和風だしのタレをかけたらOK。 乾物と人参と山芋…

  • ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風

    ホウボウ。お高いですが、閉店間近の時間にどうしても売り切りたかったのかびっくりするほどの安さに値下げしてありました。 迷わず手が出ました。 そういう時は普段食べられない高級食材を手に入れるチャンス。 さて、何にしましょうか。 和風の煮つけ、唐揚げという定番も悪くないですが……痛風ケア料理ですから野菜たっぷり合わせてボリュームも出したいので、洋風煮にすることにしました。 ホウボウしかないけれど、アクアパッツァのように。 ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風 ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風の痛風ケアメニュー ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風小松菜とモヤシの和えサラダ茎冥加の甘酢漬け…

  • 豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ

    茶碗蒸しではありません。おかずとして成り立つようにした卵の蒸し物です。 子どもの頃の実家の位置づけでは、茶碗蒸しは手間をかけて作る立派なおかずで、おかず兼汁物という特別な扱いでした。 その特別なものが和食屋さんや旅館などの食事に余分について来るというのをすごいなと思っていたものです。 ところが、結婚すると茶碗蒸しは「おまけ」扱いになりました。おかずでもなく、汁物でもない。そこでは和食の「おまけ」についてくるものでしかなかったのです。 私にとって特別に具材を準備することも、丁寧に作る手間も何も関係無し。 それで、茶碗蒸しは子どもたちも大好きなのに、ほとんど作らなく(作っていられなく)なりました。…

  • 鮪のエスニックスパイスハンバーグ

    プリン体が多いのに、経済的理由で我が家の定番食材になっている鮪のアラ。 痛風ケアには不向きでもいろいろ混ぜ物してマグロを減らしつつ嵩増しすることで、日常のケア料理に組み込んでいます。 例によって、いつも同じ味付けでは作る私が飽きてしまうので、ハーブとスパイスたっぷりで、エスニック……というよりは無国籍風かもしれません。 調子に乗っていろいろ入れたら、ハンバーグそのものの味で風味が完結してしまい、ソースが難しくなってしまって……醤油ベースのシンプルなソースになりました。 かけるとハンバーグが吸い込んで、見た目には全く見えません。 一緒に火を通した添えのキャベツで確認できるだけになりました。 鮪の…

  • 分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ

    困りますね。玉葱が高値で手が届きません。ネギも今は美味しくない時期です。 最後に手に入った分葱は味噌和えにするには育ちすぎて、根元がプクプクとかなり大きくなっていました。 ほら、何かに似ていませんか? 見た目だけエシャロット。 ということで、違う食べものだけれども、そこをスライスしてパスタに。 分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ スライスした分葱の根元をオイルでじっくり炒めて鶏肉の出汁を入れました。 味付けして、茹で上がりそうな状態のパスタを入れてフレッシュトマトを入れて、ざざっと仕上げます。 あっという間です。 活力と行動力の出る、体も活性化する赤色の食べ物。 自分に欠けている色。 先日も…

  • 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮

    庭の花壇の育たなかった人参。葉は元気に育っていましたから、生でも茹でても堪能しました。 大量の菜っ葉類は、茹でて冷凍しておけば無駄にすること無く使い切ることができますね。 本体は情けない状態でしたが、人参と厚揚げの味噌マヨネーズにしていただきました。 葉の最後はこんなふうに。 プリン体の排出を促す牛乳をたっぷり。人参の葉の強めの風味がハーブのように牛乳の臭みを消してくれます。 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮の痛風ケアメニュー 豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮分葱の椎茸味噌和え干し椎茸の胡麻風味和えサラダ盛り合わせほう…

  • 分葱と油揚げのきしめん

    今年は分葱を堪能しました。一時に大量に出回ったおかげか、安価で助かりました。 ほんの1か月ぐらいの間しか出回らないので、チャンスは逃さず手に入れて味わいたいですね。 サッと茹でるだけで柔らかくて甘くて、止めどなく食べられます。 そんな分葱の緑の部分ばかりをたっぷり使ったきしめん。 先月のある日の女子ご飯です。 分葱と油揚げのきしめん 油揚げも分葱に合わせて短冊に切りました。 葱のように強い香りは無いけれど、甘味が十分で優しい味になります。 シンプルで何でもない組み合わせがとてもよく合って、ホッとする味わいになるのが分葱の魅力ですね。 今日は社会復帰活動の一環で、人に会いに出かけてきます。 場所…

  • 赤魚のハーブ煮

    赤魚。子どもの頃は安い魚で良く使いましたが、いつの頃からかあまり見かけなくなり、今はそれなりのお値段の魚になりました。 小学生の頃は昭和風の甘辛醤油味の煮つけをよく作ったものです。 ニジマスもよく使いましたね。中学、高校ぐらいの時が安くて、よく塩焼きにしたものですが、今はほとんど見かけません。 実家に居た頃は母が新しものを嫌がるので、父のために少し新しい試みをしても原則母の許容範囲の昭和風の味で作っていました。 今はその頃より自由ですね。痛風ケアであることを除けば。 赤魚のハーブ煮 赤魚のハーブ煮の痛風ケアメニュー 赤魚のハーブ煮キャベツと蕪菜のレモンドレッシング和えとトマト蕪とジャガイモのマ…

  • がんもどきと小松菜と人参の柚子煮

    筍の味噌和え。味噌を変えるとまた別の風味。 干し椎茸の軸をみじん切りにして作ったつけ味噌は風味がいいです。 シンプルな茹で筍でもそれをつけるだけでなんだかとってもご馳走感……というのは我が家では私だけかもしれません。 私としては筍メイン。でも家族はがんもどきがメインです。 がんもどきと小松菜と人参の柚子煮 がんもどきと小松菜と人参の柚子煮の痛風ケアメニュー がんもどきと小松菜と人参の柚子煮筍の椎茸味噌和えキュウリの煮物卵豆腐(市販品)モヤシの和風ナムルナメコと分葱と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 甘辛醤油味のがんもどきの煮物は、私が作り飽きています。 味の配合を変えて甘さを抑え、ほんの少し薄味にし…

  • 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ

    花壇で上手く育たなかった人参。抜き菜状態の根っこの部分は一口サイズ。 今年は大根の種を蒔かなかったのですが、転居前の家では毎年大根を育てて(花壇なので大きくできないので)小さいうちに収穫。 この人参と同じようにして食べたものです。子どもたちのお気に入りでした。 ミニキャロットでもいい感じです。 切らないまま、形が残って小さいものって可愛らしくてテンションが上がります。 ただし……ここまで出来が悪いと、ちょっと……。 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ 人参と厚揚げの味噌マヨネーズの痛風ケアメニュー 人参と厚揚げの味噌マヨネーズ塩もみキャベツ焼売(市販チルド品)ほうれん草のごまだれかけモヤシの和え物茎…

  • 赤蕪入りニョッキのオイルソース仕立て

    庭の花壇の蕪の残骸。蕪になり切れなかった蕪。赤いはずの蕪もほぼ根っこ。 白もツートンも蕪になり切れず、今年も残念な結果に。 それでも全部を収穫して、丁寧に洗って、硬い繊維ごとペーストにすることで、なんとか食べられます。 ペーストにしてカラスガレイのソテー赤蕪ディップ添え のディップに。 お隣さん分だけ作る日でしたから、ディップは残ります。残ったものをポテトサラダに混ぜてお隣さん用だけにまた使っても、残りました。 それは女子用のお昼ご飯として、ニョッキに。 赤蕪入りニョッキのオイルソース仕立て 定番のジャガイモのニョッキに蕪のペーストを入れた形にしました。 失敗か?と思うほど、とても柔らかくて、…

  • 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼き

    プリン体を控えたい日に便利なのは鶏卵。なぜか鶏の卵はプリン体ゼロ。謎。 ゼロからどうやって筋肉細胞ができて行くのか……細胞の不思議です。 ということで、私が留守にする前後は卵料理が増える傾向にありますね。 普通の卵焼きでは添え物にしかならないので、メインに持ってくるためのコツは二つあります。 1、ほかの食材を混ぜ込む 2、大きさを出す ということで、具はカニ蒲鉾と分葱の緑の部分をたっぷり入れて、縦横5cmから7cmぐらいの大きい卵焼き。 しかも、中にプリン体の排出を促す牛乳を混ぜています。 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼き 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼きの痛風ケアメニュー 分葱とカニ蒲鉾の大きな卵焼…

  • ニラの卵巻きサラダ

    三日間、留守していました。家に居ないのでケア料理も作れません。 ケア料理を休む前後数日は、冷蔵庫の片付けのためにあり合わせ料理になり、厳しめケアになります。 留守中は外食やテイクアウト、インスタントものを食べているはずですから、栄養バランスも崩れ、プリン体も摂りすぎになっている状態です。 体に負荷がかかりますから、その前後で調節して体が対応できるようにと考えて、厳しめケアを採用しています。 メインは納豆。 見た目が物足らないので、思い切ってサラダをメインのお皿に盛り付けてみました。 ニラの卵巻きサラダ ニラの卵巻きサラダの痛風ケアメニュー ニラの卵巻きサラダコロッケ(市販品)納豆人参皮の和え物…

  • おからケーキ トルタサラータ二層の野菜(人参と小松菜)

    おからの塩味のケーキ。 下の娘はあまり甘いものが好きではないので、家で作るものは食べられる種類の甘いケーキか、塩味のケーキです。 二色の野菜を使って生地を2種類重ねて焼くことで、二層になった色分けのケーキも簡単です。 おからなので、普通のケーキの生地のように中で混ざることもありません。 こんな感じになります。 トルタサラータ二層の野菜(人参と小松菜) お隣さんの小皿用の料理に使った残りのおからで、量が少なかったのでパウンド型が埋まりませんでした。 でも、高さはともかく、切ってまえば、これはこれ。 人参は皮も全部せん切りでまぜこんで、小松菜はみじん切りにしてまぜてありますので、口に入れるとホロホ…

  • 鰹と分葱の和風カルパッチョ

    痛風ケアに原則お勧めされない鰹。 でも、我が家では娘の好物。刺身の中では安価になりやすいこともあって、ついつい買ってしまいます。 鰹を使う時は他の小皿や汁物はプリン体の少ない食材でまとめることにしています。 当然、鰹の量を使いすぎないように気をつけます。 見映えが寂しくなるので、薄めに切って、広げて盛り付けることが多いです。 今回はいつもより多めで、ゆるゆるのケアになっています。 鰹と分葱の和風カルパッチョ 鰹と分葱の和風カルパッチョの痛風ケアメニュー 鰹と分葱の和風カルパッチョ人参皮とモヤシの和え物卵豆腐(市販品)キュウリの塩もみ糠漬け厚揚げと葱の味噌汁白米ご飯2杯 子どもの頃、刺身が苦手だ…

  • 筍の天ぷらと一口カツ

    筍。生はとてもお値段が張ります。 仕方がないので水煮。それも、中国産。手が届くギリギリ。 欲を言えば国産がいいけれど、それでも十分美味しいです。 天ぷらにしました。 私なら筍の天ぷらだけで十分なメインおかずですが、お隣さんはそういう訳に行かないので一口カツ。 筍の天ぷらと一口カツ 筍の天ぷらと一口カツの痛風ケアメニュー 筍の天ぷらと一口カツ添え野菜干し椎茸の煮物キュウリの酢の物茹で人参の塩麹和え糠漬けナメコと油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 一口カツはロース肉です。プリン体の多いヒレ肉はできれば避けたいところ。 トンカツ用のロース肉を買って、2枚をそれぞれ3つに切る。 6枚分になった中の脂の多いとこ…

  • カラスガレイのソテー赤蕪ディップ添え

    花壇の育たなかった蕪の残骸。夏野菜のために花壇は片付けなくてはなりません。 片付けて、先日茎を使いました。葉は和え物や味噌汁にも使いながら消費中。 ここで使っているのは蕪になりきれなかった、蕪の本体部分。チビチビでラディッシュにも満たない、根っこにしか見えない細い部分。 茹でました。 ほぼ、繊維。 粉砕しました。 少々舌触りが悪いけれど、なんとかいけそう。 ということで、ディップソースに加工しました。 カラスガレイのソテー赤蕪ディップ添え カラスガレイのソテー赤蕪ディップ添えの痛風ケアメニュー カラスガレイのソテー赤蕪ディップ添え添え野菜ニラのお浸し胡麻油入り蒟蒻の煮物モヤシのサラダ糠漬けエノ…

  • 焼き油揚げと分葱の酢味噌和え

    酢味噌和えと言っても、味噌の種類で随分味の印象が変わります。 私は赤味噌が一番好きだけれど、お隣さんは田舎味噌。我が家は常に3種類以上の味噌が常備されています。 今回はお隣さんの好みをチョイス。 具材がお隣さんには淡白すぎますから、味噌ぐらいはお好みに。 分葱に油揚げをパリッと焼いてきざんでのせることで一段と美味しくなります。 私は味噌和えがメインだけれど、お隣さんには豚肉でメインを作りました。 豚肉と小松菜の炒めもの。甘味を入れて、小松菜にもしっかり味を入れ、お隣さんの好みのご飯が進む味に。 焼き油揚げと分葱の酢味噌和え 焼き油揚げと分葱の酢味噌和えの痛風ケアメニュー 焼き油揚げと分葱の酢味…

  • 手抜きミートローフ和風だれ

    我が家の定番手抜きミートローフ。見た目と材料はミートローフですが、作り方はハンバーグなので、簡単。 細く丸く成形して作って冷凍しておいたので、解凍。 痛風ケアですから、プリン体を減らすために薄く切って野菜の上に盛り付けて量を多く見せます。 ミートローフを細めに作っても、こうしたら見栄えもよくなりますね。 今回は醤油ベースの和風のたれを作ってみました。 材料に鰹出汁を使いたいのはグッと我慢。 手抜きミートローフ和風だれ 手抜きミートローフ和風だれの痛風ケアメニュー 手抜きミートローフ和風だれほうれん草のお浸し青海苔(ヒトエグサ)の佃煮牛蒡のサラダキムチ(市販品)さつま揚げとキャベツの味噌汁白米ご…

  • 蒟蒻と干し椎茸と高野豆腐のフキ味噌のせ串

    鶏皮のカリカリ焼き串。塩胡椒味。 喜ばれるはずのものですが、それだけではおかずとしてちょっと……という感じです。 そこで、残り物リメイクで串を追加しました。 小皿用常備菜として煮てあった高野豆腐、蒟蒻、干し椎茸。 串に刺して、フキ味噌をのせる。火が通っている者なのでそのままでも、焼いてもOK。 どちらかというとアルコールと合う鶏皮串。おかず感が薄いのが問題。 でも、煮物の串はご飯のおかずとしてもしっかり役割を果たしてくれるので助かります。 味噌がのっているので味変もでき、串なので見た目の印象が違います。 残り物がそのまま出て来るより嬉しいですね。 蒟蒻と干し椎茸と高野豆腐のフキ味噌のせ串 蒟蒻…

  • 厚揚げのキャベツ詰め煮

    厚揚げの煮物。何でもない食材でいつもと違う煮物に。 そのまま甘辛醤油味も美味しいけれど、そればかりでは飽きてしまいます。洋風や中華風やカレー味などいろいろやっても私はまた違う味が作りたくなる人です。 できれば、和風の味付けで味変したいなと思って作ったのがこちら。 何でもない、わざわざ組み合わせる必要があるのか疑いたくなる組み合わせ。 厚揚げのキャベツ詰め煮 厚揚げのキャベツ詰め煮の痛風ケアメニュー 厚揚げのキャベツ詰め煮添え野菜ほうれん草のごまだれかけ茹で人参のサラダはんぺんキュウリの酢の物小松菜とナメコの味噌汁乾物炊き込みご飯2杯 千切りキャベツにほんの少し塩をしてしっかり揉む。それを厚揚げ…

  • 乾物炊き込みご飯(ヒジキ、干し椎茸、切り干し大根、昆布、鶏肉)

    久しぶりすぎる乾物炊き込みご飯かもしれません。 ブログに載せたのはいつのことやら……炒飯かピラフのほうが最近な気がします。 鶏肉はおまけです。油揚げを切らしていまして、その代わりに。 メインの具材は4種の乾物。 乾物は旨味が凝縮されています。グラムで見るとプリン体の数値も凝縮されて上がって感じますが、使う重量はとても少ないので大丈夫です。 戻せば生とほぼ同じですよね。でも、なぜか旨味が強いので、それだけで美味しくなり、ついつい多用してプリン体が増えやすい鰹出汁も少しで済みます。 ヘルシーで、ダイエッターにも、痛風ケアにも、健康な人のビタミンやミネラル補給にもよくて魅力的な食材です。 乾物炊き込…

  • 大根と豚しゃぶのフキ味噌添え

    地球規模で、いろいろと先行きが暗そうな社会情勢ですし、気候も乱れたまま。 日常生活にもかなり影響が出ています。こういうのは底辺層から先に来ますから、日本でも大変な人が増えていることと思います。 今は再来週の発表のために、精神的に自分を追い詰めるような内容の分析的なことでやらねばならないことがある時で、実はメンタル的にキツイ状態です。 周囲の暗いニュースに自分の気分が落ちてしまうと動けなくなってしまうので、極力ニュースを見ないように、耳にしないようにしています。 いただきもののフキ味噌。なんだか美味しいから勿体ないなと思いつつ、添えました。 食べる人は、この旨味がそれほどわからないタイプ。食べ物…

  • 竹輪とモヤシとヒジキのパリッと焼き

    家計に優しいボリュームのあるおかず。ついでに体に良ければ文句なしです。 格安竹輪。 魚のタンパク質ですが魚そのものよりはプリン体が少し少ない。 モヤシ。 「モヤシっ子」なんて言う言葉があったものですが、モヤシはビタミン等の栄養満点食材の上に低価格で安定的な野菜。 ヒジキ。 ミネラルと鉄分。そして、これも乾燥ヒジキならかなりの低価格。 どれも娘と私の好きな食材。 ケアの必要なお隣さんにとって、あっても無くてもいいようなどうでもいい食材ですが、残念ながら?ご期待に反して?これらはケア向きです。 家計的にも分相応なお値段。 竹輪とモヤシとヒジキのパリッと焼き 竹輪とモヤシとヒジキのパリッと焼きの痛風…

  • 蕪の茎の吸い物

    緑色が美しい、吸い物。節約でエコでヘルシーですが、現状、年に一回春のお楽しみ。 家計節約のため、庭の花壇で冬の間に育てるつもりで植えた蕪。 周囲の三階建てに囲まれて、冬場ほとんど日が当たらないせいか、今年もまともに育ちませんでした。 蕪になれなかった可哀そうな蕪は、春が来てしまい花芽をつけ始めてしまいました。 もうどうしようもありませんし、そろそろ夏野菜の準備に土を整えたいところです。 全部抜きました。 可愛そうですし、 もったいないですから今年も全部食べつくします。 葉っぱは葉っぱで、茎は茎で、根っこか蕪か不明な根元は根元で分けました。 面倒でも時間がかかっても、頑張るのはこれのため。 蕪の…

  • 豆腐と春菊味噌のピザとピリ辛カルパスとグラナパダーノのピザ

    たまには和風の、でも、いつも通りイタリア的シンプルなピザが作りたくなりました。 きちんと作るケア料理とは異なり、一品で済ませたい女子用ご飯。三人ならSサイズ3枚。Mサイズは2枚でいいけれど調理器具に合いません。 2枚入りのクリスピー系のピザクラフトに値引きシールなら手抜きで二人分。それで、女子二人生活になってから生地は作らなくなりました。 具はいつもあり合わせ。 今回はふろふき大根の春菊味噌のせで作った春菊味噌をピザにしたかったので、しっかり水切りした豆腐と合わせて和風の味噌ピザ。 豆腐と春菊味噌のピザ ピリ辛カルパスとグラナパダーノのピザ もう一枚は、カルパス。 唐辛子などの香辛料を入れたス…

  • ガーリックチキンソテー

    健康のための制限食であっても、私も娘も食べられないもの、できれば調理を避けたいものは、お惣菜を利用します。 今の世の中の皆さん、ニンニク好きな人が多いようで……困ります。 体が受け付けないので、外食時には要注意です。と言っても、そもそも家計的に外食は原則無しですが。 先日、カラーセラピーでイベント出店した日の夕食です。 そこの出店は市外なのでお隣さんの夕食時間にギリギリになります。娘が夕食不要でもありまして、帰り道でお惣菜を値引きシール付きで買いました。 手に取っただけですごいニンニク臭(好きな人にはいい香り)で、申し訳ないけれどビニール袋二重にして帰りました。 ガーリックチキンソテー ガーリ…

  • 鮭の蓮根はさみ揚げ

    鮭アラの小さいものはそのまま使うよりはフレークするほうが食べやすいですが、フレークは娘のお弁当用。 お隣さんの痛風ケアには少し不向き。メニューの中でおまけのふりかけ扱いになって、その分プリン体が上乗せされてしまいます。 ということで生のまま粗くペーストにして、ひき肉のように使うことが多いです。 ハンバーグにしたり、つみれにしたり……。 今回は蓮根にサンド。 大きめの蓮根にサンドすると、ボリュームが出て助かります。 鮭の蓮根はさみ揚げ 鮭の蓮根はさみ揚げの痛風ケアメニュー 鮭の蓮根はさみ揚げ添え野菜茹で人参のサラダ卵豆腐(市販品)白菜抜き菜の和え物人参とキュウリのピクルスエノキダケと油揚げの味噌…

  • 人参とキャベツのレモン酢サラダ

    我が家の女子の中途半端で栄養の偏った食事が続く季節に入りました。 下の娘のバイトの稼ぎ時のシーズンになると、いただきものが増えて有難いのですが、ちょっとジャンクになります。 そして、お隣さんのケア料理だけを夕食に作ると、どうなるかというと残り物が中途半端に出ます。 本音を言えば、できることなら私は料理したくない。料理が好きか嫌いかと言えば嫌いです。やらずに済むなら、やりたくない。 普段でもお隣さんの分だけ怖いからきちんと作りますが、女子には手抜きばかり。 それがますます極端になるのがこれからのシーズン。 人参とキャベツのレモン酢サラダ 作りたくないから作らず、残り物やいただきもので娘の分だけあ…

  • ユメカサゴの天丼

    ユメカサゴ。天丼にしました。 プリン体が多い海老とたぶん少ないほうのユメカサゴの天丼。 これは娘用です。 ほかに何ものせず、地味。 でも、のせたら食べきれないので仕方ないです。 これに、具だくさんのお味噌汁。消化を助けるようにキャベツの千切りの塩もみ。 ユメカサゴと海老の天丼 ユメカサゴの天丼の痛風ケアメニュー ユメカサゴ天丼用天ぷらとタレサラダ盛り合わせ小松菜のごまだれかけおからの煮物キュウリのキムチ和え野菜と海藻とキノコの具だくさん味噌汁白米ご飯2杯 お隣さん用は、海老天無しで、ユメカサゴを3尾。 いつも通りにご飯と具は別盛り。たれも天ぷらがふやけてしまうので別盛りです。 野菜の天ぷらを作…

  • シャキシャキロールキャベツ

    時短で作るロールキャベツ。これもお一人様分だけ作りました。 女子は別のご飯です。コロナの中でもとうとう世の中限界で動き出し、娘のバイト先からお呼びがかかるようになり、バラバラのご飯タイムという日が増えそうです。 嬉しいことだけれども、面倒なような、楽なような……。 手間をかけたくないので、時短手抜きのロールキャベツ。 中身は半端になったひき肉て小さめに作って冷凍庫に入れてあったハンバーグ。 切ってキャベツで巻いて、温め直す感じで。 煮込んだトロトロも美味しいけれど、キャベツの歯ごたえを残してシャキッとしているのもキャベツの存在感がとてもいい感じです。 シャキシャキロールキャベツ シャキシャキロ…

  • 焼き鶏皮と茹でキャベツの春菊味噌和え

    メインは豆腐と小松菜の炒め物。 豆腐をしっかり水切りして、フライパンで焼くようにします。 それだけでも卵も入れるので、通常ならタンパク質はバッチリですが、ガッツリ系のお隣さんには物足らないです。 ということで、小皿にもう一品。 鶏皮を焼いたもの、にキャベツの芯とその周辺の厚みと歯ごたえのある部分だけをチョイスして茹でたものを合わせて、この前作ったふろふき大根の春菊味噌のせの 春菊味噌で和えました。 焼き鶏皮と茹でキャベツの春菊味噌和え 豆腐と小松菜と卵の炒め物の痛風ケアメニュー 豆腐と小松菜と卵の炒め物牛蒡のマヨネーズサラダ焼き鶏皮と茹でキャベツの春菊味噌和え茹でブロッコリーキュウリと人参の浅…

  • ポークソテー

    昨日は久しぶりにプレーンなポークソテー。焼いただけ。 ヘルシー志向に合わせて、ソテーやトンカツ用として売っているロース肉の脂肪を切り落としてほぼ赤身にしてあるもが売られています。 私はそこが好みですが、お隣さんは脂肪が欲しい人。それに、プリン体は同じグラム数なら脂肪のほうが少ないので、当然、脂肪を推奨します。 これは予めお隣さんのためだけに、ほど良く脂肪のあるものを選んで買ってあったもの。 これはお隣さんのためだけに一食分だけ作った平凡で短時間でできるケア料理。 ポークソテー ポークソテーの痛風ケアメニュー ポークソテー添え野菜おからの煮物ほうれん草の塩麹和えモヤシのサラダ梅干ワカメと油揚げと…

  • パウンド型でおからのトルタサラータ(ウインナーと大切り野菜)

    春はいつも鬱々することが何かある……なんて言っていてもしかたがないので、久しぶりにおからケーキ。 10年ちょっと前ぐらいに、マイブームになった塩味のおからケーキ。 いつも説明に困ります。 作り始めて何年かしたら、ケーク・サレとフランス語風に呼んで普通の小麦粉のケーキが一時流行しそうになったけれど、定着せず。 塩ケーキなんて呼ぶこともありますが、どれもピンとこない名前。 塩味の粉もの料理(トルタサラータ)って、イタリア語ではすっきりしてるのですが、日本人には馴染みが無い。でも、自称イタリア人だからとイタリア語を採用です。 私の普段の行動範囲内ギリギリの一番遠いスーパーでおからを買いました。 少し…

  • 梅稲荷と胡麻稲荷

    稲荷寿司。 相変わらず消化器系が治らないままの娘。病名は判明したけれどもまだ病気の原因と治療法が確立されていないようです。 寿司は娘の好物の上に、冷めるからと作り立てを無理に食べなくてもよいし、置いておいて食べられそうなときに少しずつ口に入れられるのがとても便利。 食べたい欲求はたっぷりあるので、翌日までかかろうとも、最終的には全部お腹に収まります。 梅干を酢飯に混ぜた梅稲荷は、娘の食欲増進になるだろうと思って作りましたが、その必要が無い人にはこれからの季節のお弁当にもいいですね。 梅稲荷と胡麻稲荷 いつも通り三角に作ったのですが、一つを半分にカットして、さらにつまみやすくしました。 一口二口…

  • スペアリブの中華スパイス煮

    食事制限とガッツリ系のごはんは真逆というイメージが定着していますが、食事制限にはいろいろなタイプがあり、体に取り込んではいけない、減らしたいものはそれぞれに異なります。 グルテン、糖、塩、脂肪、プリン体、アレルゲン……。人それぞれに異なるものです。 それ以外にも、病院で認定されずとも体の調子が崩れる食べ物も人それぞれにある場合があります。 病気によらない食事制限はダイエットやカロリー制限と結びつきやすくなっていますが、病気による食事制限はそのイメージに縛られないことが大切です。 痛風で食事に注意が必要と病院で言われてしまっても、がっかりしなくて大丈夫です。 スペアリブの中華スパイス煮 スペアリ…

  • ふろふき大根の春菊味噌のせ

    大根をいただきました。寒い地域で保存のために雪の下で寝かせた大根だそうです。 雪の少ない私が済むあたりでは全くお目にかかれないもので、とても嬉しいです。 折角なのでプリン体を気にせず、じゅぼじゅぼに濃い出汁を染みさせました。 花壇の茎が堅くなっている残り僅かな春菊の葉を収穫。茹でて刻んで砂糖と味醂と味噌と合わせて春菊入りの味噌を作りました。 すり鉢でゴリゴリやると何かすごく美味しいものを作っている気分になる私です。 出来上がった味噌を大根の上に。 春のご馳走。 味噌の旨味、春菊の香り、たっぷりの出汁が口の中に……。 ふろふき大根の春菊味噌のせ ふろふき大根の春菊味噌のせの痛風ケアメニュー 鶏天…

  • 鮪アラのステーキ紫蘇レモンクリームソース

    格安で家計応援になるので大好きですがプリン体の多い鮪アラ。 家計優先して買って調理時は工夫するということにしています。 牛乳を使ってプリン体の排出を気休めかもしれないけれども促します。 海藻や野菜で他のおかずは厳しめモードにします。 そうやって痛風ケア料理として無理矢理成り立たせます。 日本人に鮪を食べるなって言うのはねぇ……。 と言いつつ、少し鮪の量が多すぎたかもしれません。 鮪アラのステーキ紫蘇レモンクリームソース 鮪アラのステーキ紫蘇レモンクリームソースの痛風ケアメニュー 鮪アラのステーキ紫蘇レモンクリームソース添え野菜茎ワカメの煮物蒟蒻の煮物切り干し大根の酢煮人参の浅漬け白菜と葱のスー…

  • 小松菜と豚肉の生姜葱味噌和え

    しゃぶしゃぶ用の豚肉は超薄切りなのでサッと茹でてプリン体を減らしても、ふんわりと嵩張って量が多く見えます。 尿酸値が気になる人にはお勧めですね。 プリン体が溶け出た茹で汁を使わない上に、出汁を使わないことでプリン体もプラスされません。 出汁を使わず、醤油だけはちょっと味気ないですが、味噌にすると出汁を入れなくても美味しく食べられます。 今回は生姜と葱の薬味たっぷりの味噌で。 大根と豚しゃぶのフキ味噌添え 小松菜と豚肉の生姜葱味噌和えの痛風ケアメニュー 小松菜と豚肉の生姜葱味噌和え人参の煮物モヤシのサラダアスパラ菜のお浸しキムチ(市販品)揚げ豆腐と葱の味噌汁白米ご飯2杯 コクを出すために胡麻をす…

  • 厚揚げの山かけイクラのせ

    冷凍イクラしょうゆ漬け。少しずつ楽しみます。 菜花とモヤシでお皿の隙間を埋めつつ、彩りアップ。 ただの焼き厚揚げも、山かけにして、オレンジ色のイクラがのると急に豪華に。 出汁醤油と行きたいけれど、出汁はプリン体が増えるのでやめて、醤油にしました。 豆ばかりのタンパク質ですが、こういう日があってもいいです。 毎日肉も魚も(魚は味噌汁の出汁に使われていますが)食べなくてはいけないかのように数値を出されますが、無い日があっても大丈夫です。 生活習慣病は一日で考えず、長期にわたって同じ状態にしない事を重視したほうがいいというのが、私の経験からの思いです。 厚揚げの山かけイクラのせ 厚揚げの山かけイクラ…

  • 焼きポレンタの野菜カレーソース

    先日の野菜ジュースを使ったカレーソース。少し残しておいたものをポレンタに。 作って冷めたもの(私の場合は残り物)を切ってオーブントースターで焼き直すと焼きポレンタができます。 フライパンで焼いてもいいし、過去に紹介したように揚げても美味しいです。 残り物リメイクとも言えますが、珍しく自分だけのために作ったお昼ご飯。 自分好みのイタリアンはテンションが上がります。 ポレンタはお腹が膨れます。腹持ちもいい気がします。 焼きポレンタの野菜カレーソース 前回、ポレンタに合わせたカレーソースは娘のために甘口でしたから、今回はスパイシーに。 自分一人分だけだからできることですね。 ですが……う~ん……味に…

  • 揚げ鶏と小松菜の玉子とじ丼

    娘が「少しお腹が空いた気がするから食べられそう」というので久しぶりに親子丼をと思った日のこと。 玉葱が高値なので、玉葱の量をを減らして玉子とじの丼。 値段の落ち着いた小松菜を使って栄養価アップです。 鶏肉は揚げて冷凍しておいたものを使いましたので、揚げ鶏です。 揚げ鶏の親子丼はカロリーも上がりますが、コクが出て美味しいですね。 年に1回ぐらい作ることがあります。 娘のためのカロリーアップ兼、お隣さんのためのこってり感アップ。 それに、先日から非常食のチェックをしたり、冷凍庫のチェックをしたりしていて、揚げ鶏も片づけたかったのもあって、丁度いいなと。 揚げ鶏と小松菜の玉子とじ丼 揚げ鶏と小松菜の…

  • 砂肝と玉葱と人参のかき揚げ

    砂肝。プリン体は多い方でしょうが、栄養価が高いのでたまには食べたいです。 徒歩か自転車で、私が自力でいける距離のスーパーで安く売っているというのも理由の一つですが。 プリン体を気にする人でも、一度にたくさん食べなければ大丈夫なので、我が家ではよく使うほうの食材かもしれません。 ただ、お隣さんにケア料理としてお出しする時に、ボリュームが出しづらいという難点があります。 見た目のボリュームが欲しい人には、量が少なく(実際少ないですが)物足らなく感じられてしまいます。 仕方がないとそこには目をつぶって、いつもはメインをもう一品、別に豆類や野菜で工夫して作っていましたが、画期的な?ことを思いつきました…

  • 鮭ハラスのソテー野菜カレーソース

    昨日に引き続き、飲みきれなかった非常食用の野菜ジュースを使った一品。 これで使い切りました。 もっとこまめに消費期限チェックをしないと危険ですね。 防災意識は常日頃から、保存食もいざという時に期限切れでは困ります。 さて、ミックス野菜ジュースをどこに使ったかというと、カレーソースです。 ジュースの甘さがあるので、いつもよりスパイス多め。 いろいろな野菜が入っていますから、あれこれ加えなくてもできてしまいます。 少し粉を使って濃度を足しました。 クミン、コリアンダー、ガラムマサラ等々の普通のカレー用スパイスに、ケチャップ。 鮭ハラスのソテー野菜カレーソース 鮭ハラスのソテー野菜カレーソースの痛風…

  • ミックス野菜ジュースで作るポタージュ

    先日から非常時用の保存食として買い置きしてあったものを入れ替え中。 災害時、野菜不足(ビタミン不足)は辛いので、少しだけペットボトルの野菜ジュースを買い置きしています。 期限が来るので飲もうと思ったのですが、寒かった。冷たいものはなかなか飲めなくて、封を切って飲み始めたけれど、数日かかって娘と飲んでも半分。 1リットルも入っていないのに……。 水分があまり入っていかない母子です。 封を切って、期限切れた野菜ジュース。人参たっぷりのオレンジ色のジュースです。 捨てることはあり得ませんので、火を通していただきます。 ついでにオレンジ色のカラーセラピーに。 ミックス野菜ジュースで作るポタージュ 近頃…

  • セリの胡麻味噌和えの和風カルパッチョ

    野菜たっぷりでヘルシーな、春を感じる一皿……ですが、プリン体が多くて痛風ケアには不向きな鮪の刺身。 刺身用に切ってパックになっているものは少し割高なので、我が家は刺身は必ず、さくで買います。 私はアルコールを飲む習慣の全く無い家で育ったせいもあって、刺身はメインのおかずという感覚になっています。 お隣さんはつまみと酒という組み合わせではなく、米をパクパク食べながらビールや日本酒というタイプ。つまみで飲むなら、ご飯をある程度食べてお腹が満足した後です。 そういうわけで、常に刺身はメインです。 プレーンな刺身を食べていたのは痛風前。発症後は頻度が減って、刺身の時は薄めに切り、カルパッチョなどにして…

  • ブロコリーのシンプルなスープ

    「ああ、ブロッコリー」一口めで娘がしみじみと……。シンプルだからこその贅沢スープ。 野菜高騰中ですが、徐々に春の野菜が同時期に出回り始めることで少し安く手に入るものも出てきました。助かります。 ブロッコリーは2週間続けてどこのスーパーでも特売で98円でしたから、買いました。 何年ぶりでしょうか……安い時だけの特別一品。 ブロッコリーだけで作るスープ。 ほかの食材で嵩増しせず、ブロッコリーだけのナチュラルなとろみ。 ダイレクトにブロッコリーの旨味と香りが口いっぱいに広がります。 もうこれは女子の中ではメイン扱い。 ついでに癒しの緑でカラーセラピー。 ブロコリーのシンプルなスープ 人参入りポークハ…

  • アンチョビとチーズの即席パスタ

    とても短時間で茹で上がるパスタ類が売られていますね。 短時間で水分を含んでいくので、食べているうちにコシが無くなってしまうほどで、私としてはすごく美味しいパスタとは言えないのですが、柔らかめでも美味しいサラダなどには問題なく使えます。 カップにお湯を注ぐだけで食べられるものも、今は当たり前のようになりました。 災害時に助かりそうですね。 そんなわけで、我が家では非常時用の保存食として短時間で茹で上がるショートパスタを買い置きしています。 それが、家族の都合で、極たまに、それも突然やって来る一人の食事の時にも意外に便利。 自分のためにきちんと料理してまで食べたくないけど、お腹が空いていて、いつも…

  • 大葉のひき肉挟み焼き

    大葉を一枚広げてひき肉を裏側に張り付けて焼いたり、天ぷらにしたりするのに比べて、中に挟むのは大きさが出ないですね。 見た目たくさんに見えたほうがいい人には不向きかもしれません。 ただ、痛風ケアとして考えれば、ひき肉の量が同じなら形はどちらでも同じです。 食感は違ってきます。 挟むことでサイズは半分になりますが、厚みは倍になりますから、肉を食べているという感じが強くなりますね。 気分や、ほかの副菜のバランスによって、使い分けたいものです。 大葉のひき肉挟み焼き 大葉のひき肉挟み焼きの痛風ケアメニュー 大葉のひき肉挟み焼き添え野菜ヒラタケの煮物山芋の梅のせ茹でブロッコリーレッドキャベツのピクルスワ…

  • ユメカサゴの天ぷら

    近所のスーパーの鮮魚売り場ではあまり見かけない、ユメカサゴ。 珍しく売っていたのですが、あまりご家庭で馴染みが無いのか、夕方に値引きシールが貼られて格安になっていました。 痛風ケアですから、青魚より白身の魚が安くなるととても助かりますから、迷わず手をのばしました。 ユメカサゴは色が綺麗なので、食卓が華やかになって嬉しいですね。 天ぷらにしました。 淡白でふわっとした食感の魚は、こうやってシンプルにいただくのもいいですね。 ユメカサゴの天ぷら ユメカサゴの天ぷらの痛風ケアメニュー ユメカサゴの天ぷらめかぶの天ぷら竹輪の天ぷらブロッコリーの芯とヒジキの煮物小松菜のごまだれかけモヤシの青海苔佃煮和え…

  • チーズ入りポレンタのカレーソース

    トウモロコシの粉をひたすら煮て作る北イタリア伝統の料理、ポレンタ。 文学作品にもよく登場する身近な主食。 今はレストランに料理の添えとしてお上品にのっていることがありますね。 今では日本の店頭でも即席のポレンタ粉を見かけることがある時代になりました。 先日見切り品ワゴンで買いそびれてちょっと後悔しています。娘の食欲がないし、作る機会も少なかろうと伸ばした手を引っ込めてしまいました。 これは、家にまだ少し残っていたもので作りました。 チーズ入りポレンタのカレーソース すぐ煮える即席のポレンタ粉。長時間煮なくていいのは助かります。 今回は最後にチーズを混ぜ込んでみました。 とても気に入りまして………

  • モヤシと合いびき肉の蒸し焼き

    簡単、格安、ボリューミーな主婦の味方の料理ですが、プリン体は控えめ。 下にキャベツの千切りをたっぷりで、野菜ばかりでお腹が膨れる感じの厳しめケアのメニューになります。 青魚や赤身肉などを少し食べ過ぎた時や、外食や普通食が続いた時などには、タンパク質の量を確保することを考えず、厳しめケアを入れることも有効かなと思います。 数値確認できているわけではありませんが、このやり方で痛風の再発症は今のところ(もう8年以上)無いお隣さんです。 栄養学系の専門資格も持たない主婦の私が切り盛りする、一般家庭でも食生活を整えることで予防できています。 これはケア不要の我が家の女子も全員好きな料理です。このボリュー…

  • 鯖缶の味噌クリームシチュー

    鯖を缶に入れて圧力加熱し、旨味を丸ごと閉じ込めた鯖缶は、とても美味しく、鯖の栄養を残さず摂りこみたい人にお勧め品……ですが……。 プリン体の多い鯖です。 一人1缶丸ごとは危険になりますね。というわけで、1缶を家族で。 プリン体がたっぷり染み出た汁も使ってしまいますが、牛乳で気休めに相殺。 とは言いましても、普通サイズの鯖缶に鯖の量はたいして入っておりません。 これを一人で人缶、また、日常に食事にプラスして食べていなければ問題ないですね。 ただ、お隣さんには鯖缶を三分の一や四分の一では満足いただけません。それで使いづらくて滅多に使いません。 それでも災害時などには便利ですから、非常時用としてスト…

  • 春菊入りマカロニサラダレモン風味

    今日はサラダの紹介ですが、その前に……。 昨日の記事で、とてもありがたいことに「イクラはプリン体少ない」と教えてくださった方がいらっしゃいました。 久しぶりにネット検索しました。イクラのプリン体の量がでてくるではありませんか。 新発見でした。教えていただいて助かりました。ありがたかったです。 世の中進歩しているのですね。 イクラ、100g当たり、少なめでした。 普通の人なら寿司の一貫二貫問題ないですね。 イクラが使い易くなりました。(それでしか摂れない必須栄養素も含まれないし、高いから買いませんけどね……) ただ、現実問題として推奨されるようなメニューや食事量でOKな人ならば痛風にならない。一…

  • 牛蒡と豚肉の煮物

    お隣さんが手に入れて来たイクラの醤油漬けは冷凍品でしたから、上の娘に持たせて帰しても、まだ冷凍庫に半分残っています。 プリン体の塊でお隣さんには本来はNG食材ですが、ご本人は痛みが引いてしばらくしたら、もう全く気にしていませんので、こういうことが起きます。 自己管理、自律が苦手な人の場合は、家族が黙って調節してやることが必要です。 口でうるさく言っては家庭不和になりますが、黙って減らしておけば普通のご飯だと思って割り当て分だけで違和感なく終わっていくことがあります。 たまには食べちゃっても、前後で黙って調節して知らないふりをすればよいのです。 ケアだからと制限食を食べねばならない人たちがケアを…

  • 鶏モモ肉のローズマリーソテー

    花壇のローズマリーが、しっかり育ち始めました。 食べる分にはもう多すぎるほどですから、このぐらいで大きさをとどめたいなと思いますが……どうなることやら。 ローズマリーは香りが強いので好みが分かれるようです。 ハーブはどれも、食べなれない人には好まれない場合もありますね。 私は来客時など、食材の好き嫌いと共に、ハーブの好みも確認するようにしています。 娘たちは子どもの頃から食べているので大体大丈夫ですが、パクチーは好みません。 幼い頃は三つ葉を嫌がったものですが、大人になった今は三つ葉もセリも、スープセロリも美味しいと言って食べてくれます。 下の娘に限っては、辛味と苦みの強いものは苦手ですね。 …

  • がんもどきの目玉焼きサンド

    がんもどきを見ていたらバーガー用のバンズに見えてきてしまい……。 また変なおかずを作ってしまいました。 横半分にスライスして、煮ました。 洋風味にしてチーズを挟みたかったけれど、お隣さんがチーズ嫌いです。 仕方ないので和風。 しかも、卵はしっかり火を通さないと嫌な人。 味も見た目もなんだか予定と違うものになりました。 これは女子用で、気味が固まっていませんので、トロリとソースになります。 がんもどきの目玉焼きサンド がんもどきの目玉焼きサンドの痛風ケアメニュー がんもどきの目玉焼きサンド茹でキャベツのサラダ玉蒟蒻の煮物キュウリ糠漬けナメコと葱と油揚げの味噌汁白米ご飯2杯 おとなりさんは黄身まで…

  • はるかのマーマレードとルイボスティー

    久しぶりに、ワゴンで果物をチョイスしました。 好物でも果物にはなかなか手が出ません。お財布と相談するとやはり贅沢品。 まずは日常のご飯のおかずになるものが優先されます。 「はるか」4個入り。ワゴンでも例によって少し悩みましたが、あまりに皮まで綺麗だったので捨てる場所はヘタだけなのでエコだし、無駄がないので買い物かごへ。 綿も食べられる品種ですから、ざっと剥いて一口大に切って娘と分けっこ。 そして皮は、今回は煮ました。 身は食べてしまったので皮だけがたっぷりな上、甘さを控えないと娘が食べないので、マーマレードというより皮の甘煮。 いそいそと、ティータイム。 ルイボスティーはグリーンルイボスで、こ…

  • 鶏皮揚げのピリ辛タレかけ茹で卵添え

    一応国産のブランド化した名前の付いた鶏肉……には手がのびませんが、値引きシールがついた皮だけのパックなら手がのびる私です。 お隣さんはお好きですが自分が鶏皮が苦手で、以前は絶対買わなかった食材です。 安い外国産の胸肉を買って皮を外せばお隣さん分の鶏皮が手に入りますから。 ところが、お隣さんが痛風を発症したことで、尿酸値が上がりすぎぬよう、プリン体を控えたケア料理が必要になりました。 それからです。鶏皮だけのパックを値引きシールがついている格安品を条件に、たまに買うようになったのは。 鶏皮を買った時は十分な量がありますから、家計節約を兼ね備えた痛風ケア料理として堂々とメインに持って来ます。 鶏皮…

  • あり合わせで作るプレーンな野菜炒め

    昨夜は大変怖い思いをして、実際にとても大変だった方が多かったですね。 何度もの衝撃に、こういう話題は避けたいぐらいです。 我が家はおかげさまで未だ大きな自然災害の被害に遭うこと無く過ごしています。 常に、明日は我が身と言われる筆頭の地方に住んでいますが、不気味なほどに無事な生活を続けていまして、今日も通常運転の朝を迎えることができました。 今日も昨日に引き続き、随分前のケア料理の紹介です。 定番のものも食べているけれどわざわざ紹介するほどでもないと思っていますが、一回ぐらいは載せましょうか……という感じです。 あり合わせで作るプレーンな野菜炒め あり合わせで作るプレーンな野菜炒めの痛風ケアメニ…

  • 鯵の天ぷら玉葱だれ

    プリン体が多めで尿酸値が高い人にはお勧めしない青魚。 でも、痛風ケア料理にも使ってしますのが私流。 値引きシール、生。買いました。捌きました。二切れで一尾分。 半身にしたいけれど、お隣さんには絶対に物足らない印象を与えますから一尾。 これは先月のある日のご飯。 しっかり炒めた玉葱で和風醤油味のたれを作ってのせています。 玉葱が狂ったように値上がりする直前でしたね。 今なら作りません。とうとう小さな玉葱が1個100円越えになっています。 大きめサイズの新玉葱を見かけましたが1個198円でした。 当然、玉葱は素通りして、1玉98円のキャベツを買って帰って来ました。 鯵の天ぷら玉葱だれ 鯵の天ぷら玉…

ブログリーダー」を活用して、めのめのさんをフォローしませんか?

ハンドル名
めのめのさん
ブログタイトル
めのキッチンの美味しい生活
フォロー
めのキッチンの美味しい生活

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用