chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
#河内俄のブログ記事
  • 2022/10/25 13:21

    ちょっといっぷく37 ぶりぶり

    三年ぶりの秋祭り。同じ村に住んでいても、しばらく会ってなかった人がかなりの人数。「ひさびさやなあ。どないや?」「まあ、ぼちぼちですわ」「そうか。そらよかった。気いつけや」と年配者から言われる祭り。校区の同級生とも久しぶりの再開。「おっ、久々やないかい。元気か?」「あかん。ぼろぼろや・・・では、祭りに来てないやろ!」「そやなあ。ほなら、また!」それで互いに通じるのが祭り。都市型の大きな祭りではなく、鎮守の森の昔ながらの祭り。それだけに、祭り=地域のコミニティー=結び=連帯を感じた久々の祭り。三年ぶりではなしに、やっぱり、年に一度の秋祭り。というわけで、久しぶりの記事投稿。そして、四日ぶりに、心身ともに癒えて、五日ぶりの畑仕事。里芋、赤芽大吉、小遣い稼ぎ。ちょっといっぷく37ぶりぶり

  • 2022/09/23 13:09

    滑稽勧進帳②

    【舞台転換】上手(右)より吉原大門、真ん中に関所の建物。弁慶が関所を通ろうとすると勘太が上手より出て止める。勘太「節季に借金、お払いそうらえ」弁慶「あいや我々は吉原へ女郎買いに参る者にて候。わけなくここをお通し下され」勘太「近頃、養子の常公殿と鎌倉屋殿との間の勘定払いにつき、時貸(とがし)の催促〈富樫左衛門の洒落〉殿より一人も通すなとのご命令」弁慶「それは鎌倉屋に借りのある者のこと」勘太「たとえ借り無き者にもせよ、借りある者が姿を変えて通行するがため。今も今とて一人の男の衣類三枚はぎ取って候」弁慶「そりゃ借りある者は苦しからねど、借り無き者の衣類はぎ取るはいかがなものか」勘太「やあ?」弁慶「返答いかに!」勘太「さあ?」弁慶「さあ!返答いかに、いかーに[見得を切る]」奥から関守の富樫左衛門〈=富蔵〉の声。富...滑稽勧進帳②

  • 2022/09/21 11:33

    滑稽勧進帳①

    曾我廼家五郎・十郎が人気を博すきっかけとなった喜劇『滑稽勧進帳問答」の台本を紹介する。歌舞伎の『勧進帳』のあらすじ①~⑥をそのまま利用している。【あらすじ】①兄の源頼朝から謀反の疑いを掛けられて追われる身となった源義経一行は、山伏姿に変装して、東北へ落ち延びようとしていた。②石川県の安宅の関の関守・富樫左衛門は、関を通ろうとしていた義経一行を疑い、山伏なら持っているはずの勧進帳(東大寺再建の寄付を募った巻物)を読むように命じる。③弁慶はとっさに何も書いてない巻物を取り出し、勧進帳の内容が書かれているかのように朗々と読み上げた。④なおも疑う富樫は、山伏の心得や装束、いわれ、秘呪などを次々と問いただすが、弁慶はよどみなく答えて見せる。⑤富樫は怪しみながらも通行を許可し、お詫びにと酒を献じる。ほっとした一行は関...滑稽勧進帳①

  • 2022/09/20 09:13

    俄――またしても転換期

    〇着物の両腕に大きな風呂敷を掛けて素袍を着ている体。頭に鉢巻きをして前に扇子を挟み、忠臣蔵の三段目、殿中の刃傷の場の趣向。師直の物真似で、「判官殿、貴殿のような侍は」と言いながら、袖の中からお椀の蓋(ふた)を一枚、また一枚また一枚と三枚出して、「蓋だ、蓋だ、蓋三枚だ」※「鮒だ鮒だ、鮒侍だ」杜陵や淀川の批判をよそに、俄興行は人気を博し、大阪名物として全国に鳴り響いていく。江戸時代末の俄を記した書がいくつかあるのだが、活字に直されたもの(翻刻)がない。なんとか解読してやろうと思ったが、翻刻されている『古今俄選』でさえ、オチの意味がわからないものが2/3あるのでやめた。しかたなく、話は明治へと飛ぶ。明治に入り、大阪船場の御霊神社や座摩神社を中心に、大和屋宝楽、信濃家尾半、初春亭新玉、初春亭二玉(後の鶴家団九郎)...俄――またしても転換期

  • 2022/09/18 12:38

    俄――転換期

    〈座敷俄〉は座敷でするので、「人に見せる」ことより、「自分たちで楽しむ」ことが中心で、夏祭り期間の素人の遊びには違いなかった。ところが、大勢でする芝居がかった〈座敷俄〉が大転換をもたらす。やがて、俄好き(数奇者たち)が「谷」と呼ばれる集団をつくり、神社や寺の境内に小屋を設けて興業をするようになったのだ。数日にわたる興業なので、決まった演目、しかもそれなりの長さを持ったものでなければならない。そこで歌舞伎、浄瑠璃の演目を縫い合わせて笑いにする〈縫い俄=俄芝居〉となる。俄は俄師によって興業化され、より華美になっていき、大阪俄が全国に広まるきっかけともなった。しかし、俄の本質が衰退していくことを嘆く者もあった。江戸時代末期の嘉永(1848~)に書かれた『古今二和歌集』で、作者の倉腕家淀川は次のように述べている。...俄――転換期

  • 2022/09/17 15:15

    座敷俄

    浪花の夏の風物詩となった俄は、町の辻々で演じる〈流し俄〉だった。〇黒装束の忍者姿の男忍者「源氏の財宝、この白旗。手に入れたからには大願成就。ああ、嬉しや」と白布を押しいただいて行く。すると後から寝まき姿の男が出てきて、男「曲者(くせもの)待て!わしのふんどしをどこへ持っていく」このような〈流し俄〉が、嶋内や道頓堀、曾根崎や堀江界隈の花街に広がっていった。それを商家の旦那衆が座敷へ上げて俄をさせる。「ほんなら、わしも俄とやらをやつてみよ」と、俄はやがて旦那衆の趣味・遊びとなり、太鼓持ちや仲居を巻きこんだ〈座敷俄〉となる。〇揚屋(遊女屋)の掛け取り(借金取り)が出て来る。反対側から数人の家来を連れた侍が出て来る。掛取「コリャ、よい所で出会うた。ここで会うたが百年目、サア、五十両の揚代を返せ」侍「イヤ、ここは途...座敷俄

  • 2022/09/17 15:15

    俄――遊びをせんとや

    不動明王の真言(お経)に「のうまくさんまんだばざらだんせんだまかろしゃだそわたやうんたらたかんまん」というのがある。それをふまえたうえで〈座敷俄〉の一例。山伏「わしは葛城より熊野へ駆け抜けの山伏。来たるほどに人跡絶えて家もなきが、ぽつんと一つの家。もしもし、あるじ(主人)に申し上げます。葛城より熊野へ通る山伏なれど、今日のひもじさ。先へも後へも参りがたし。空腹な時にもむない物なし。冷めたお粥を一杯だけでも、お頼み申します」主人「お安いことながら、我さえ食べる物がなく、飢えて死ぬのもいつの日やら。ほかをお頼みなされませ」山伏「そんならそなたも空腹か」主人「なにとぞご推量くださりませ」と泣く。「今しばし、思い出したることがある。この向こうの畑に誰かが芋を作ってございます。その芋盗んで食わしゃりませ」山伏「実に...俄――遊びをせんとや

  • 2022/09/17 15:03

    俄の味

    日本全国に残っている俄からいくつかを紹介する。【博多にわか】〇あの相撲取りゃぁ、朝から晩まで酒飲みづめじゃが、稽古も強かが、土俵に上がっても酔うとる。※良く取る〇今日は十五夜で幸い友達がみな寄っとるけん、月見で飲もうじゃなかや。酒ん肴は何んが好いとるや?「俺らあ下戸じゃけん望月」※餅好き【美濃流しにわか】〇トランプ大統領の乱暴な言動は嘆かわしかねえ。「でも本心は優しからしやて」。そらまたどうじゃら?「トランプにもハートがあるわな」〇東京五輪は、あげいに巨額のお金をかけてええんかいのう?「へともなかね」。これまたどうしてじゃな?「必ずせいかは上がるわな」【佐喜浜にわか】高知県〇行政を批判した有識者に市長が「なんぞ確かな証拠かあるか?」と尋ねた。有識者は腰掛けを取り出し、腰掛けの足をたとえにして、「一つ一つは...俄の味

  • 2022/09/13 10:34

    俄の本質

    司馬遼太郎の小説に『俄浪華遊侠伝』というのがある。俄師の話ではなく、維新前後の浪花を舞台に生き抜いた大親分の波瀾万丈の物語である。その主人公万吉が、晩年に己の人生を振り返って述懐する。「わが一生は一場の俄のようなものだった」と。たった一度の短い人生、アハハと笑うてオチをつけてお終いや、そんな思いなのだろう。「ほな往てくるで」と陽気にこの世を去っていく。司馬遼太郎が小説の題名に『俄』と付けたのは、人生は俄のようなものだと言いたかったのだろう。死ねば全てが終わる〈一回性〉、何が起こるかわからない〈意外性〉、そのときどきを生きる〈即興性〉、笑いで吹き飛ばす〈滑稽性〉、良くも悪くも良しとする〈遊戯性〉、最後にすべてを納得させる〈饗宴性〉、より良かれを神仏に祈る〈神事性〉が人生と俄の本質だと。若いころ、32年ぶりに...俄の本質

  • 2022/09/13 10:34

    俄のオチ

    河内俄のオチは単なる駄洒落ではない。なぞかけ(三段なぞ)」の発想に近い。前回、紹介した俄を例にすると、〇「亭主の浮気」とかけて、「女房が牛の刻詣りをしたが効きめがなかった」と解く。その心は「浮気の相手が糠屋の娘」〇「百姓息子の改心」とかけて「大根」と解くその心は「いつか孝行になる」A「こないだ、嫁はんに浮気がバレてしもうた」B「えらいこっちゃ、どないしたんや?」A「うちの嫁はん一升飲み干すほどの酒好きやから、仲直りしよう思うて、五合徳利に酒を買うて、持って帰ったがな」B「ホー、嫁はん、喜んだやろ!」A「それがや。えらい怒られたがな」B「ハテ、なんて怒られたんや?」A「一生(一升)つまらん、言われた」〇「酒飲みの女房への浮気のお詫び」とかけて「五合徳利の酒」と解くその心は「一生つまらんと怒られた」大阪人が社...俄のオチ

  • inkrich
  • 2022/09/13 10:34

    もじり俄

    お茶屋で演じられた〈座敷俄〉は、お囃子を入れることができる。そこで、しだいに芝居じみたものになり、次の明和(1764~)になると歌舞伎を真似た〈もじり俄〉が登場する。その例を一つ。意味不明部分は省き、歌舞伎調なので七五調に近づけて現代語にした。声を出して読んでもらうと自然とリズムが出てくる。〇牛の刻詣り三味線の出囃子がはいる。女「あらうらめしの女子(おなご)やなあ」女が登場女「枕はほか(他の女)とは交わさじと、言いし亭主も今はあだ浪、浪は越すとも松山の、女子(おなご)につもるこの恨み。とり殺さいでおこうか」【浄瑠璃】右に持ちたる灸箸で、左のモグサひとつかみ、女子に灸をすえてやると、神社に伸べ伏す松の木を、憎い女と狙い寄り、幹のくぼみに目をつけて、女「ここぞ女子の咽ぶえなり」【浄瑠璃】モグサをいくつも並びか...もじり俄

  • 2022/09/07 08:20

    俄――祭

    再び大阪俄に話をもどそう。享保末(1730年頃)に起こった大阪俄は大阪市中に広まり大流行となる。とはいえ、一年中やっていたわけではなく、六月、七月の夏祭の期間中だけである。夏祭は天災や疫病を引き起こす神をなだめることを目的としている。したがって、俄には笑いで神を慰め、心安らかにしてもらうという大義名分があった。「俄じゃ、俄じゃ」とことわるだけで、多少はめをはずしても誰も文句はなく、お上も大目に見てくれた。現代でも、全国各地の俄が祭りの中の一つの出し物であるのはそのためだ。この〈神事性〉が俄の本質の一つである。〇ある年、どうしたことか、六月の祭りがはなはだ寂しく、遊里では軒に吊るすはずの提灯もなく、行き交う客もまばらなことがあった。俄をする者もなかった中で、痩せ細った背の低い男が、金襴の直垂(ひたたれ)に金...俄――祭

  • 2022/09/07 08:20

    俄のチカラ

    建武3年(1336)の湊川の戦いにおいて、南朝の名将楠正成を敗死させたという伝説が残る大森彦七という侍がいる。功績により讃岐国を与えられる。この彦七が、伊予の国のある寺へ向かう途中、矢取川で楠正成の怨霊の「鬼女」に出くわしたという伝説がある(太平記)。それをあつかった俄である。〇男が、大きな布を頭にかぶった女を背負って出てくる。男「さてもさても、えらい重たい。重たいぞ」女「そっちは深い、こっちは浅いぞえ」男「ほに、そなたは賢い。えらいなあ。えらいついでに思い出したが、大森彦七が鬼女を背負ったという話がある。どうもこのふわふわとした尻が怪しい。どれ、一度、顔を見てやろう!」そう言って女を下ろし、かぶっていた布を取るとタコの頭。男「さては、大タコに教えられて・・・浅瀬じゃなあ!」※諺「負うた子に教えられて浅瀬...俄のチカラ

  • 2022/09/07 08:19

    俄――大阪 vs 東京

    ウィキペディアで「俄」を調べると、次のような説明がある(以下抜粋)。「俄とは、またの名を茶番(ちゃばん)。俄狂言(にわかきょうげん)の略。遊廓などで、多くは職業的芸人でない素人によって演じられた」全国に広まった俄だが、「茶番・俄狂言」などと呼んでいるところはない。みな「にわか」だ。それに、俄は神に奉るという〈神事性〉が根本にあるので遊郭のものではない。あきらかに東京びいきの人によって書かれた茶番(下手な芝居・行ない)である。この説明の大元となっているのは、江戸後期に書かれた『新吉原略説』という書物で、俄の発祥は享保19年(1735)の江戸の吉原であるとしている。そして、この説をもとにまとめられた『演劇百科大事典全6巻』(1961年早稲田大学演劇博物館)によって権威づけられ、俄の定義は一人歩きしていく。天下...俄――大阪vs東京

  • 2022/09/04 09:40

    俄と風流

    「突然で一時的な、仮装、物真似などの、笑いを目的とした、戯れ、遊びを〈にわか〉と言うようになった」と定義した。しかし、全国の祭礼で行われる「にわか」を調べると様々である。。①山車・屋台をにわかと呼ぶもの②仮装・即興・滑稽な踊りをにわかと呼ぶもの③神楽舞の中の演目をにわかと呼ぶもの④囃子・囃子唄をにわかと呼ぶもの⑤祭り全体をにわかと呼ぶもの⑥作り物・短歌・川柳をにわかと呼ぶもの⑦地歌舞伎をにわかと呼ぶもの⑧滑稽な寸劇をにわかと呼ぶもの「祭礼の中で行われる人々の工夫」が「にわか」ということになる。実は「にわか」という言葉が使われる前、この「祭礼の中で行われる人々の工夫」を「風流(ふりゅう)」と呼んでいた。古文で習った「ふうりゅう」とは少し違う。・風流(ふうりゅう)=しみじみとした情緒(貴族のもの)・風流(ふり...俄と風流

  • 2022/09/04 09:40

    入魂式口上

    前に使っていたパソコンのデーターを整理していると、懐かしいのが出てきた。我が町の地車新調の入魂式で上げた「口上」の原稿である。普通に上げれば5分もかからないのだが、例によって(昔は30分ほどやったことがある)、改行部分ごとに余計なアドリブが入るので、15分ほどやっただろうか。猛暑の暑気払い、疫病退散に、思い出・記録として残しておく。東西、東西と鳴り物をばうち鎮めおき、一段高こうはございまするが、不肖私ええ歳こいて、不弁舌なる口上をもって申し上げます。富田林は広いとこ東にいただく金剛山。西に長きは羽曳丘陵。平尾の峠で東を望めば、朝日が昇る二上山。南の方(かた)には喜志の宮。北の方には平・尺度。峠下れば、外環状。並んで走る近鉄電車。新家、喜志駅打ち過ぎて、商店街をちゃらちゃらと、高野街道横切れば、左に木戸山、...入魂式口上

  • 2022/09/04 09:39

    俄の原型

    江戸時代になり、世の中が落ち着きを取り戻す。すると都市に人口が集中してきて、庶民が娯楽をもとめるようになった。歌舞伎=慶長八年〈1603〉出雲阿国――江戸に中村座〈1624〉落語=元禄期〈1700頃〉京に露の五郎兵衛、大阪に米沢彦八、江戸に鹿野武左衛門が登場俄=享保末〈1730頃〉住吉祭りの男が登場――大阪俄へ。「俄とは落語が立って歩くなり」という古川柳がある。扮装するか、小道具を持って街に出て、一言で落語のようなオチを付ける。歌舞伎のように踊りや歌の素養はいらない。落語のように知識や話芸は必要ない。一般庶民にとってはうってつけの芸である。俄はあっという間に大阪市中に広まっていった。★「俄じゃ、俄じゃ!思い出した(思いついた)!」と囃して通りを歩く。誰かが「所望、所望(やってくれ)」と声をかけると、一言で...俄の原型

  • 2022/09/04 09:36

    俄と狂言

    大阪俄の元となった「住吉祭りの男」の俄〈流し俄〉から数年後の元文(1736~)になると、風呂敷や暖簾(のれん)などの身のまわりにあるもので能楽の狂言の扮装をした、八幡大名と太郎冠者による〈大名俄・狂言俄〉と呼ぶものが登場してくる。狂言の声色で主人「太郎冠者はあるか」太郎「ハァー、お前にございます」主人「主人にいとまもこわずに、なんじはいづ方へ行きたるぞ?」太郎「住吉へ参りました」主人「言語道断。憎いやつながら、許してくれるぞ。して、住吉になんぞおもしろいことはなかりしか?」太郎「ハア、何ぞかを土産にと思い、反り橋を求めてまいりました」主人「なに、反り橋とや。それは一段と珍しい、どれどれ」太郎「これでございます」主人「ナニ、これは雪駄(せった=ぞうり)ではないか。ハテ?」〈ツッコミ〉太郎「ハテ、裏が川(革)...俄と狂言

  • 2022/09/04 09:36

    俄――惣谷狂言

    奈良県大塔村(現五條市大塔町)の天神社に「惣谷(そうたに)狂言」という郷土芸能のがある。文化庁『篠原踊・調査報告書』には、復活の当初からこの狂言を三度にわたり調査した民俗学者の本田安次氏の言葉を引用している。――惣谷狂言はもと、能の間々ではなく、風流踊りの間に行われてきた狂言である。後に歌舞伎狂言に展開していくその直前のかたちを伝えたものである――。※「風流踊(ふりゅうおどり)」とは、中世芸能のひとつで、鉦・太鼓・笛など囃しものの器楽演奏や小歌に合わせて様々な衣装を着た人びとが群舞する踊りである(ウィキペディアより引用)。広い意味での〈にわか〉の一種。歌舞伎がどのように変化したかを簡単にまとめると、①江戸時代の初め頃(17世紀初め)出雲の阿国という女性が演じる〈かぶき踊り=女歌舞伎〉が京で人気を集める……...俄――惣谷狂言

  • 2022/09/04 09:36

    俄――南河内の芸能文化

    悪性の風邪がはやったとき、村人が総出で囃し立て、疫病をもたらす風邪の神を村から追い払うという風習があった(風の神送り)。それを題材にした〈狂言俄〉を紹介する(『古今俄選』より)。能狂言の言葉で。男「まかり出でたるそれがしは、この辺りの者でござる。殊の外悪い風邪がはやって、人々を悩ましておる。人のために、賑やかに囃し立て、風の神を送ろうと存ずる」ドラと太鼓の鳴り物ドンデンドン・・・男「風の神送ろ」ドンデンドン男「風の神送ろ」ドンデンドン風の神がよろつきながら出てくる。風の神「こりゃかなわんワイ。逃げるが先じゃ」風の神が向こうへ逃げようとすると、後ろから大勢の医者が出てきて、医者「行ってはならん。行ってはならん。行くまいぞ。やるまいぞ」『諸艶大鑑』巻七(井原西鶴)の中の風の神送りの挿絵民俗学者の西角井正大氏が...俄――南河内の芸能文化

  • 2022/09/04 09:28

    俄――観阿弥と楠正成

    歴史カデゴリーの『その16室町――【番外編】』で、能楽師の世阿弥と一休和尚の話を書いた。今一度そのときの「春やんの楠家系図」を示す。伊賀上野の上嶋家本『観世系図』に、能楽の観阿弥の母は〈河内国玉櫛庄橘入道正遠の女〉とある。この〈橘入道正遠〉という人物は、『尊卑分脈』の楠家系図によれば楠正成の父の正遠である。とすれば、正遠の女(娘)は正成の妹ということになり、観阿弥は楠正成の甥にあたることになる。だとすれば、すでにその当時から、南河内では能・狂言を見る機会があったのかもしれない。南朝と縁の深い大塔村に惣谷狂言が残っているのもなんらかの因縁が感じられる。当時の狂言は、一字一句もセリフを間違えてはいけない現代の狂言とは大きく違っていた。まだ台本が存在せず、おおまかな筋立てをもとに、大部分をアドリブで演じていたよ...俄――観阿弥と楠正成

  • 2022/09/04 09:28

    俄――ハテ! わかったわい!

    大阪俄が生まれる前から、南河内には素人による狂言を真似た芝居〈物真似狂言〉が行われていた。もちろん、南河内に限らず全国各地に存在していただろう。出雲の阿国は三十郎という狂言師を夫に持ち、それに傳介(でんすけ)という狂言師くずれの男が加わり、三人で狂言仕立ての芝居を踊りの合間に入れていたという。しかし、オチはなく、最後は座員全員の総踊りでしめくくっていた。念仏踊りや風流踊りに〈物真似狂言〉が加えられたものが〈歌舞伎〉になる。〈物真似狂言〉にオチがつくと〈にわか〉になる、河内俄の一例を紹介する。銭形平次(平)・子分の八五郎(八)・男右手から男が出てくる。真ん中で突然苦しみだす。見ると胸に包丁が刺さり血がたらたらと流れている。男は中央で一分ほど苦しみ、バタと欄干に顔を乗せて、死んだように倒れる。そこへ、平治の子...俄――ハテ!わかったわい!

  • 2022/09/04 09:28

    俄――ハテ? ハーテ? ハテ!

    「ハテ、ハテ、ハテ」とつなげてオチにするのが河内俄だが、三つの「ハテ」は同じ調子ではない。「ハテ?」〈小さな疑問〉「ハーテ?」〈大きな疑問〉「ハテ!わかったわい。オチ」〈感嘆〉「ハテ」とツッコミを入れてオチをつける型が初期の大阪俄にあることから、河内俄が大阪俄に伝わったと結論したが、確証があるわけではない。一歩ゆずって、「ハテ」でオチをつけた大阪俄が南河内に伝わったとも考えられる。どちらにせよ、江戸時代の元文・寛宝の頃(1740年頃)には河内俄は存在していたことになる。「ハテ」でオチを付ける〈大名俄・狂言俄〉の後に〈そりゃなんじゃ俄〉が登場する。〇白い障子紙を貼った行燈(あんどん)をすっぽりとかぶった男が三人ほど、仰向けに寝ている。一人が出てきて、「そりゃなんじゃ」とたずねると、中から「フカのかまぼこ」〈...俄――ハテ?ハーテ?ハテ!

  • 2022/09/04 09:23

    水が運んだ俄

    現在、大阪府内で俄という芸能が残っているのは南河内の一部の地域だけだ。南河内という限定された土地に、なぜ俄が残ったのか。そのヒントとなるのが物流だ。図は大阪南部の江戸時代にあった主たる街道である。河内長野市にはほとんど俄が残っていない。河内長野市は南北に通る四つの街道の合流地点で、陸路で大阪とつながっていた。対して、河内俄が残っている地域は、大和川の支流石川の水運によって大阪とつながっていた。江戸時代、喜志村には剣先舟の船着き場(喜志の浜)があった。喜志より上流は水流が強いため、喜志の浜から富田林、河南町、千早赤阪村へと物資が運搬されていた。喜志の浜から米・木綿・酒・油・材木・綿花などを積み出し、石川、大和川を経て大阪へと運び、帰りは大阪からの塩・肥料(干鰯)・荒物・大豆などを積み喜志の浜に下ろしていたの...水が運んだ俄

  • 2022/09/04 09:23

    俄――もんさくす

    俄の発祥の一つとして、〔京都島原発祥説〕がある。江戸時代、井原西鶴『好色一代男』(1682年刊)の中にある太鼓持ちたちの思いつきの遊びを記した部分を俄の最初とするものだ。――道を隔てた数件の揚屋〔あげや=遊女と遊ぶ店〕の二階へ、太鼓持ちたちがそれぞれ上がり、おのおのが窓から姿を現して趣向を競う。揚屋丸屋の二階から恵比須大黒の人形が差し出されると、柏屋からは二匹の塩焼きの小鯛が差し出され、これを見て庄左衛門が瀬戸物の焙烙(ほうらく)に釣髭を付けて出す。今度は弥七が烏帽子をかぶって顔を出せば向かいの家から十二文の包み銭が投げられるという具合だ――。物で見立てた発想をつなげていく遊びで、答は次のようになろうか。恵比須様の人形(福の神)……塩焼きの小鯛(供え物)……焙烙に釣ひげ(大黒様の顔)……烏帽子(神官)……...俄――もんさくす