遠固人
住所
出身
ハンドル名
遠固人さん
ブログタイトル
遠固人
ブログURL
https://on8kojin.hatenablog.com/about
ブログ紹介文
学生時代、動物、キノコ、アニメ、科学の事、未来予想など、徒然に。
自由文
-
更新頻度(1年)

1回 / 6日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/09/12

遠固人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,466サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アニメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 15,034サイト
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,687サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,707サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 91,590位 圏外 91,590位 91,676位 91,766位 91,300位 91,581位 972,466サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アニメブログ 467位 圏外 467位 474位 471位 464位 446位 15,034サイト
その他ブログ 274位 圏外 274位 268位 268位 265位 267位 7,687サイト
グルメブログ 3,514位 圏外 3,514位 3,527位 3,522位 3,489位 3,510位 29,707サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,466サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アニメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 15,034サイト
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,687サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,707サイト

遠固人さんのブログ記事

1件〜30件

  • OP&ED (4)

    アニメで本編が重要なのは言うまでもないが、オープニングとエンディングも、作品のかなり重要部分を占めている。これまで見たアニメの中で、独断と偏見により、秀逸、独創的、或は印象的であったものを三つずつ選んてみたい。 まずはオープニング。最初このオープニングを見たとき、なんと穏やかで、芸術的なんだろうと思ったものである。それは、「蟲師」である。木々の緑、木漏れ日、そよ風といった映像を、カントリー(フォーク?)調の曲とともに流している。監督も述べているように、本編の雰囲気をある程度方向づけることになった異色のオープニングである。次のオープニングも、異色という意味では同じであるが、ある意味、前作と真逆の…

  • キノコ1 (3)

    大学時代は寮住まいであった。下の階に住むある学生の実家が地主で、松茸山を持っていた事から、その年の秋は豊作だったせいもあり、「皆さんでどうぞ」ということで、大量の松茸が送られてきた。じつに羨ましい話である。寮は、日曜祝日を除き朝夕の食事が出るので、松茸は、平日の夜食や日曜の自炊、飲み会の料理等に使われ、好評だったようである。松茸が何本も入った即席ラーメンというのも、あったかもしれない。それでも、まだまだ残っていたようで、最後の方は、誰にも見向きされず、箱の底で半腐れ状態で悲しく干からびていたそうである。この話を聞いた時、そうなる前に一言声を掛けてくれればと思ったものである。 今の所、松茸を嫌と…

  • 猫 (2)

    隣の部屋に、年配の女性が住んでいる。休日など、息子一家と思しき家族が遊びに来て、孫らしき子供がはしゃいでいるので、それなりのお年と思われる。一方、建物一帯を縄張りとするキジ猫がいる。結構大きな猫で、自分のテリトリーを侵犯する猫と日夜闘争を繰り広げている。住宅近辺には心優しき住人が多く、キジがドアの前で文字通り猫撫で声を出すと、食物を与えたり、寒い冬の晩など部屋に招き入れているようであり、隣の女性もその一人であった。 猫はかなり頻繁に訪れ、撫で声を上げると、女性も何かしら話かけている。その時のキジの声といったら、普段聴いたことの無いような、甘く優しい声なのである。息子家族が来ない時の寂しさからか…

  • 茶色い (1)

    当時、自分は院生として大学の附置研究所に通っていた。自分の所属する研究室の隣の研究室にY先輩がいた。Y先輩は背の高いすらっとしたイケメンで、物腰の柔らかい人物であった。隣の研究室の休憩室兼ロッカー室は出入りが自由で、自分も一息着くときなどよく利用しており、Y先輩と一緒になることがあった。 梅雨入りで長雨の続くある日のことである。Y先輩は当日の仕事が終わって帰宅するところであった。ロッカーで用事を済ました後、すぐ部屋を出ず、流しで何かごそごそしている。よく見ると清涼飲料水か烏龍茶が入っていたであろう2Lほどのボトルに水道水を詰めている。ボトルが一杯になると蓋を閉め、彼は少しばつが悪そうな感じで出…