searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

相川ハヒフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
エヴァンゲリオン再入門
ブログURL
http://hahifu123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
エヴァンゲリオンTV放送20周年ということで、再入門してみました。 が、ネタ切れで現在、本の感想サイトになってます。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/10/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、相川ハヒフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
相川ハヒフさん
ブログタイトル
エヴァンゲリオン再入門
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
エヴァンゲリオン再入門

相川ハヒフさんの新着記事

1件〜30件

  • 銀の匙-中 勘助(その3)

    引き続き日常の細かな描写が素晴らしく、主人公に友達ができたりして良かったのですが、やはり旧仮名遣いと読めない漢字には苦労してます。アマゾンのレビューには、そうした感想はないようなので、皆さんは苦労なく読めるのでしょうか( ;∀;)キンドルのパーセントは、28%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その2)

    変わらず伯母さんとの日常が描かれているんだけど、その日常の描写は非常に細かい。筆者の経験したことを書いているのだろうか、違うのであれば、その想像力はすごいと思う。キンドルのパーセントは、19%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助

    旧仮名遣いと読めない漢字が結構あったりして苦労してます。そのせいで、理解度は7割くらいかと(^^;)内容は、世話をしてくれる伯母さんとの出来事で、何か特別な事件が起きるというものありませんが、こまかな日常の描写があります。キンドルのパーセントは、10%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その5)

    読み終えました。病人がいて仲良くなったアザラシを食べようと準備したところを救助されました。古き良き日本人といった感じで、心地よく読めました。おすすめの一冊です。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その4)

    無人島生活も日にちがたち安定してきました。生活に文句を言ったりする者もなく、全員が希望をもって救助を待っている姿はすがすがしいです。あとは船員の生い立ちや名前の由来などが語られていました。キンドルのパーセントは、80%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その3)

    無人島生活が始まりました。変わらず、すがすがしい文章です。嫌な人は出てきません。食事は亀と魚です。亀っておいしいんだろうか。スッポン料理は聞きますが。キンドルのパーセントは、63%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その2)

    とうとう本格的に遭難して、なんとか無人島にたどり着きました。乗組員みんなが慌てることなく、文句も言わずに行動して、気持ちいいです。こんな状況でも悲観的にならず、楽しく過ごそうという心意気が頼もしいです。キンドルのパーセントは、43%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦

    読みやすく、すがすがしい文章です。早速遭難しそうになり、ハワイにたどり着きました。そして出港。今度は本格的に遭難しそうです(^^;)キンドルのパーセントは、22%でした。にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ(その3)

    読み終えました。主人公がとうとう死んでしまいました。でも、さらりと書かれており、周りに人たちもあまり悲しんでいないように感じられました。そして、なぜか希望にあふれるような終わり方でした。なんだか、いまいち納得がいかないような消化不良のような感じがしました(^^;)にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ(その2)

    巨大な虫になってしまった主人公に対して、家族や周りに人たちがあまり同情的でない。というか段々と冷たくなって来ているようで、悲しいです。キンドルのパーセントは、79%でした。にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ

    主人公ザムザが朝目覚めると巨大な虫になっていたというお話なのですが、そんな突飛な話なのですが、ザムザがその状況に結構冷静なのが印象的でした。ザムザが虫になって身動きがうまくできず、苦労しているのが伝わってきました。キンドルのパーセントは、49%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その5)

    読み終えました。最後に種明かしがあったんですが、あまりびっくりするでもなく普通でした。私の読解力不足もあり、なんだかよくわからなかった部分もありました。私には江戸川乱歩作品は、探偵ものより変態ものの方が合っているのかもしれません!(^^)!次は違う作家の作品を読んでみたいと思います。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その4)

    明知探偵が黒トカゲに見つかり、海に投げ込まれたのに、黒トカゲの仲間がいなくなったり、誘拐された令嬢が無事に戻っていたり、不思議なことばかりです。この種明かしは、最後の方になるのかな。キンドルのパーセントは、89%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その3)

    黒トカゲ対明知探偵の第2回戦です。黒トカゲが令嬢を誘拐し、明知探偵が尾行する展開です。面白くなってきました。キンドルのパーセントは、65%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その2)

    女性盗賊、捕まったと思いました。序盤なのに。しかし、とっさの変装で切り抜けました。ちょっぴりドキドキしました。キンドルのパーセントは、49%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩

    引き続き江戸川乱歩です。題名最初漢字読めませんでした(^^;)読みは、「くろとかげ」です。女性盗賊「黒蜥蜴」の描写にエロスを感じました。キンドルのパーセントは、26%でした。にほんブログ村...

  • 屋根裏の散歩者-江戸川 乱歩

    人間椅子と同じく主人公が変態(^^;)ものでした。江戸川乱歩にはまりつつあります。面白いです。今回、明智探偵はあまり関係ないと思ってましたが、大いに関係がありました。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その4)

    読み終えました。前にも書いた通りちょっと長かったです。結末は、結構簡単にどんでん返しもなく二十面相が捕まってしまったなぁという印象でした。この続きでまた二十面相が脱出するんじゃないかと思っていたら、あれっ、終わりという感じ。あっけなかったです。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その3)

    一冊で一事件かと思ったら、何度も事件が起きます。そのおかげで、結構長いです。子供には厳しいかも。キンドルのパーセントは、90%でした。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その2)

    徐々に面白くなってきました。明知探偵の少年助手として小林君が出てきますが、コナン(見たことないけど(^^;))の元ネタなのかな。キンドルのパーセントは、64%でした。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩

    人間椅子が面白かったので、引き続き江戸川乱歩を読んでみました。子供向けに書かれているのか、文体は平易で読みやすいです。面白さは、そこそこといった感じかな(^_^;)キンドルのパーセントは、42%でした。にほんブログ村...

  • 人間椅子-江戸川 乱歩(その2)

    読み終えました。この作品は大部分が手紙の形式をとっていますが、第一の手紙の最後の方で、びっくり。第二の手紙の方でまたびっくりでした。面白かったです。作品の長さもそう長くはなく、読みやすくおすすめです。にほんブログ村...

  • 人間椅子-江戸川 乱歩

    題名に惹かれて読むことにしました。主人公ははっきり言って変人(^_^;)ですが、自ら醜い男と言っていて、屈折した愛情の感じ方をしています。そこが妙にリアルで、引き込まれるものがあります。キンドルのパーセントは、83%でした。にほんブログ村...

  • 坊っちゃん-夏目 漱石(その4)

    読み終わりました。あっけなく終わりました。辞職の手紙を校長宛に郵便で出して、ひと悶着もなく東京へ戻っていしまいました。清というおばあちゃんがいたのですが、これもあっけなく亡くなってしまいました。随分と淡白な終わり方だと思った次第です。にほんブログ村...

  • 坊っちゃん-夏目 漱石(その3)

    文豪と呼ばれている人の作品を読んでいるわけなんだけど、そんなに深いものがあるかとか、読んでそれが血となり肉となるかどうかと問われると、そうでもないなぁという気がしてます。自分が書けと言われれば書けませんが(^^;)キンドルのパーセントは、83%でした。にほんブログ村...

  • 坊っちゃん-夏目 漱石(その2)

    赤シャツがどうの、山嵐がどうのとごちゃごちゃ書いてあります。もっとテンポよく進んで欲しいものです(^o^)キンドルのパーセントは、63%でした。にほんブログ村...

  • 坊っちゃん-夏目 漱石

    吾輩は猫であるよりも、ずっと読みやすく、主人公の真っ直ぐな性格が田舎の学校で摩擦を起こすといった内容で、面白いかといえばまぁまぁかな(^_^;)という感じです。キンドルのパーセントは、41%でした。にほんブログ村...

  • イワンの馬鹿-レオ トルストイ (著), 菊池 寛 (翻訳)

    子供向けに翻訳したもののようです。読み終えました。とても読みやすく、面白くて、すいすい読んでしまいました。青空文庫でKindle版が無料です、おすすめです。にほんブログ村...

  • 銀河鉄道の夜-宮沢 賢治(その2)

    読み終えました。美しい情景描写も書かれているのですが、すっと頭に思い浮かばず、銀河鉄道999の影響もあって読むのに苦労しました。アマゾンのカスタマーレビューは、5つ星のうち4.3とかなりの高評価のようです。終盤カムパネルラが川で行方不明になってしまうのですが、本当に死んでしまったのでしょうか?にほんブログ村...

  • 銀河鉄道の夜-宮沢 賢治

    有名な童話なのですが、私は銀河鉄道999のイメージが強すぎて、描写されている風景が、ほとんど999のイメージに見えてしまいます。あと、童話にしては結構難しいのではないかと思います。キンドルのパーセントは、44%でした。にほんブログ村...

カテゴリー一覧
商用