住所
出身
ハンドル名
相川ハヒフさん
ブログタイトル
エヴァンゲリオン再入門
ブログURL
http://hahifu123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
エヴァンゲリオンTV放送20周年ということで、再入門してみました。
自由文
-
更新頻度(1年)

14回 / 192日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/10/04

相川ハヒフさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(IN) 9,286位 9,315位 9,314位 9,686位 9,352位 9,040位 9,020位 957,390サイト
INポイント 40 30 40 30 30 30 40 240/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 10 10 80/週
PVポイント 170 180 170 150 150 160 170 1,150/週
アニメブログ 11位 11位 11位 11位 12位 11位 9位 15,310サイト
新世紀エヴァンゲリオン 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 103サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,937位 47,118位 45,074位 44,988位 45,021位 47,437位 47,409位 957,390サイト
INポイント 40 30 40 30 30 30 40 240/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 10 10 80/週
PVポイント 170 180 170 150 150 160 170 1,150/週
アニメブログ 85位 84位 69位 75位 72位 86位 85位 15,310サイト
新世紀エヴァンゲリオン 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 103サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(PV) 9,447位 9,461位 9,575位 9,406位 9,440位 9,448位 9,372位 957,390サイト
INポイント 40 30 40 30 30 30 40 240/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 10 10 80/週
PVポイント 170 180 170 150 150 160 170 1,150/週
アニメブログ 52位 50位 50位 51位 52位 49位 48位 15,310サイト
新世紀エヴァンゲリオン 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 103サイト

相川ハヒフさんのブログ記事

  • 蟹工船-小林 多喜二

    蟹工船での不衛生で劣悪な環境での労働が描かれていました。不衛生さに関しては、結構詳しく描かれていて、寝る前に読んだ時は気持ち悪くなるほどでした。さぁストライキだ。というところで終わりで、追記という形でその後の顛末が描かれていました。意外とあっけない終わり方でした。にほんブログ村...

  • 檸檬-梶井 基次郎

    たぶん高校時代に読んだ気がするのですが、すっかり忘れてしまっていたので、キンドルで読んでみました。青空文庫で無料でした。長さは短くすぐに読み終わりました。内容は、爆弾に見立てた檸檬を書店に仕掛けて、こっそり店から出てくるというものでした。檸檬爆弾を仕掛けて、店を爆破する妄想が面白かった。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その15)

    吾輩は猫であるですが、とうとう読み終えました\(^o^)/聖書を読んだあとだけに、書かれている内容が日常雑多過ぎてました。詳しくは書きませんが、最後に猫が死んでしまうのですが、あまり悲しい描写もなく、淡々と死んでいきます。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その14)

    吾輩は猫であるですが、ある人がバイオリンを買うとか買わないとか弾くか弾かないかとかいうのを延々と述べてました。少しあきれました。キンドルのパーセントは、94%でした。もう少しです。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その13)

    吾輩は猫であるですが、いつも通り何か事件が起こるわけでもなく、淡々と日常生活の話が展開されていきます。碁の話があったかな。アマゾンレビューを見てみると、読書感想文に選んではいけないというのがありました。うなずくしかありません。キンドルのパーセントは、87%でした。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その12)

    吾輩は猫であるですが、主人の子供たちのことが多く書かれていたよう。今回もまた特別なことが起こるでもなく、感想は…そこで、アマゾンのレビューを見てみると、402件のレビューがあり、5つ星のうち4.2と結構高評価。意外でした。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その11)

    吾輩は猫であるですが、何か事件が起こるでもなく、感想が書けない!(またです(^_^;))キンドルですが、字を大きくできて読みやすいです。老眼が入ってきてるので助かります。キンドルのパーセントは、75%でした。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その10)

    吾輩は猫であるですが、主人のアバタの話、届いた手紙の話(読みにくい!)でした。こんな調子が最後まで続くんだろうか(^_^;)キンドルのパーセントは、69%でした。あまり進んでませんね。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その9)

    吾輩は猫であるですが、感想が書けない!そのくらい他愛のないお話でした(^_^;)キンドルのパーセントは、62%でした。まだまだです。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その8)

    吾輩は猫であるですが、銭湯の話などまたも他愛のない話なんですが、キンドルでは全体の何パーセント読んだかわかるようになっているのですが、その数値は57%。ようやく半分を通り越したところ。ちょっと途方に暮れました(^_^;)にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その7)

    吾輩は猫であるですが、猫の運動について事細かく述べられていて、よくこんな事を考えつくなぁと感心しました。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その6)

    吾輩は猫であるですが、あい変わらず他愛のない話なんですが、当時の生活や男女関係の考え方がわかり、少し興味深かったです。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その5)

    吾輩は猫であるですが、猫が今まで獲ったことのない鼠を獲ろうと決意し、耳をかじられながらも、捕ることはできませんでした。残念。にほんブログ村...

  • 吾輩は猫である(その4)

    吾輩は猫であるですが、今までは女性の鼻の話だとか他愛のないことだったのですが、主人の家に泥棒が入るといったちょっとスリルがある話が出てきました。それにしても、この本は長いですね。短編かと思っていました。にほんブログ村...