searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

相川ハヒフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
エヴァンゲリオン再入門
ブログURL
https://hahifu123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
エヴァンゲリオンTV放送20周年ということで、再入門してみました。 が、ネタ切れで現在、本の感想サイトになってます。
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2015/10/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、相川ハヒフさんをフォローしませんか?

ハンドル名
相川ハヒフさん
ブログタイトル
エヴァンゲリオン再入門
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
エヴァンゲリオン再入門

相川ハヒフさんの新着記事

1件〜30件

  • 光と風と夢-中島 敦(その5)

    とうとうサモアで、欧米が支持する政府軍と地元の軍の戦争が起こりました。主人公は地元軍を応援していたのですが、敗れてしまい、意気消沈です。植民地を管理する欧米側は、税を取り立てることしか興味はなく、地元への敬意などは全くありません。当時はみな、そういうものだったんでしょうね。キンドルのパーセントは、69%でした。にほんブログ村...

  • 光と風と夢-中島 敦(その4)

    主人公がシドニーに行った時の話やニュージーランドの元植民地総督に会った話などでした。主人公は体が弱いらしく、喀血したり大変なようです。サモアは全然知らなかったけど、結構住みよさそうな印象です。キンドルのパーセントは、53%でした。にほんブログ村...

  • Beverly

    スポティファイを聞いていると、たまに広告が流れるのですが、「最近のラブソングは、大体こんな感じ」という歌詞の曲が流れるのですが、これがなかなか良くて、調べてみると、歌手は非公開とのことですが、Beverly(ビバリー)らしいとのことです。この曲はCM専用で、曲自体は登録されていません。Beverlyの中では、Againという曲が好きです。スポティファイは無料で聞けますので、興味がある方は是非登録して聞いてみてください。...

  • 光と風と夢-中島 敦(その3)

    主人公の先祖の話や、サモア現地人の偉い人との会談の話などでした。どうやら主人公は、作家のようです。これからどんな話が続くのかなぁ。キンドルのパーセントは、39%でした。にほんブログ村...

  • ヘッドホンのイヤーパッドの交換

    アマゾンの注文履歴を見ていてわかったのですが、私が使っているヘッドホンaudio-technica ATH-AD1000は、2007年12月に注文していました。2万4千円くらいで買ったようです。しばらく使ってなかったのですが、久しぶりにつけてみると、イヤーパッドがペシャンコで、長く聞いていると耳が痛いのです。ヘッドホンを買おうと、アマゾンを眺めていたところ、Geekriaというメーカーから交換用のイヤーパッドが1889円で売られているではな...

  • 光と風と夢-中島 敦(その2)

    日常の出来事の話から、サモアの王やサモアを支配する白人たちの植民地政策の話になっていました。最初は、ほとんど無人島みたいな所を想像していたのですが、結構人もいて、そこそこ発展しているようです。主人公は他の白人とは違い、サモアに愛着を持っているようです。キンドルのパーセントは、27%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その6)

    級友との小競り合いの他は、特に目立った出来事もなく、日々の学校での出来事と主人公の心理描写が細かく描かれていました。それにしても長いですね、この本。キンドルのパーセントは、70%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その5)

    成績も運動もダメだった主人公がみるみるうちに成長し、どちらも学級で2,3番に入るようになりました。ずっとぐずぐずキャラでいくのかと思ってましたが意外でした。その後、最初の友達が引っ越してしまい、新しい友達ができ、その子と遊ぶ様子が丁寧に描かれていました。キンドルのパーセントは、57%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その4)

    主人公がいやいやながらも学校へ行くことになり、その様子や先生や級友との出来事がお話の中心になってきました。大きな事件が起こるわけでもなく(主人公にとっては重大かもしれませんが)時が流れていってます。キンドルのパーセントは、41%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その3)

    引き続き日常の細かな描写が素晴らしく、主人公に友達ができたりして良かったのですが、やはり旧仮名遣いと読めない漢字には苦労してます。アマゾンのレビューには、そうした感想はないようなので、皆さんは苦労なく読めるのでしょうか( ;∀;)キンドルのパーセントは、28%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助(その2)

    変わらず伯母さんとの日常が描かれているんだけど、その日常の描写は非常に細かい。筆者の経験したことを書いているのだろうか、違うのであれば、その想像力はすごいと思う。キンドルのパーセントは、19%でした。にほんブログ村...

  • 銀の匙-中 勘助

    旧仮名遣いと読めない漢字が結構あったりして苦労してます。そのせいで、理解度は7割くらいかと(^^;)内容は、世話をしてくれる伯母さんとの出来事で、何か特別な事件が起きるというものありませんが、こまかな日常の描写があります。キンドルのパーセントは、10%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その5)

    読み終えました。病人がいて仲良くなったアザラシを食べようと準備したところを救助されました。古き良き日本人といった感じで、心地よく読めました。おすすめの一冊です。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その4)

    無人島生活も日にちがたち安定してきました。生活に文句を言ったりする者もなく、全員が希望をもって救助を待っている姿はすがすがしいです。あとは船員の生い立ちや名前の由来などが語られていました。キンドルのパーセントは、80%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その3)

    無人島生活が始まりました。変わらず、すがすがしい文章です。嫌な人は出てきません。食事は亀と魚です。亀っておいしいんだろうか。スッポン料理は聞きますが。キンドルのパーセントは、63%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦(その2)

    とうとう本格的に遭難して、なんとか無人島にたどり着きました。乗組員みんなが慌てることなく、文句も言わずに行動して、気持ちいいです。こんな状況でも悲観的にならず、楽しく過ごそうという心意気が頼もしいです。キンドルのパーセントは、43%でした。にほんブログ村...

  • 無人島に生きる十六人-須川 邦彦

    読みやすく、すがすがしい文章です。早速遭難しそうになり、ハワイにたどり着きました。そして出港。今度は本格的に遭難しそうです(^^;)キンドルのパーセントは、22%でした。にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ(その3)

    読み終えました。主人公がとうとう死んでしまいました。でも、さらりと書かれており、周りに人たちもあまり悲しんでいないように感じられました。そして、なぜか希望にあふれるような終わり方でした。なんだか、いまいち納得がいかないような消化不良のような感じがしました(^^;)にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ(その2)

    巨大な虫になってしまった主人公に対して、家族や周りに人たちがあまり同情的でない。というか段々と冷たくなって来ているようで、悲しいです。キンドルのパーセントは、79%でした。にほんブログ村...

  • 変身-フランツ・カフカ

    主人公ザムザが朝目覚めると巨大な虫になっていたというお話なのですが、そんな突飛な話なのですが、ザムザがその状況に結構冷静なのが印象的でした。ザムザが虫になって身動きがうまくできず、苦労しているのが伝わってきました。キンドルのパーセントは、49%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その5)

    読み終えました。最後に種明かしがあったんですが、あまりびっくりするでもなく普通でした。私の読解力不足もあり、なんだかよくわからなかった部分もありました。私には江戸川乱歩作品は、探偵ものより変態ものの方が合っているのかもしれません!(^^)!次は違う作家の作品を読んでみたいと思います。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その4)

    明知探偵が黒トカゲに見つかり、海に投げ込まれたのに、黒トカゲの仲間がいなくなったり、誘拐された令嬢が無事に戻っていたり、不思議なことばかりです。この種明かしは、最後の方になるのかな。キンドルのパーセントは、89%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その3)

    黒トカゲ対明知探偵の第2回戦です。黒トカゲが令嬢を誘拐し、明知探偵が尾行する展開です。面白くなってきました。キンドルのパーセントは、65%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩(その2)

    女性盗賊、捕まったと思いました。序盤なのに。しかし、とっさの変装で切り抜けました。ちょっぴりドキドキしました。キンドルのパーセントは、49%でした。にほんブログ村...

  • 黒蜥蜴-江戸川 乱歩

    引き続き江戸川乱歩です。題名最初漢字読めませんでした(^^;)読みは、「くろとかげ」です。女性盗賊「黒蜥蜴」の描写にエロスを感じました。キンドルのパーセントは、26%でした。にほんブログ村...

  • 屋根裏の散歩者-江戸川 乱歩

    人間椅子と同じく主人公が変態(^^;)ものでした。江戸川乱歩にはまりつつあります。面白いです。今回、明智探偵はあまり関係ないと思ってましたが、大いに関係がありました。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その4)

    読み終えました。前にも書いた通りちょっと長かったです。結末は、結構簡単にどんでん返しもなく二十面相が捕まってしまったなぁという印象でした。この続きでまた二十面相が脱出するんじゃないかと思っていたら、あれっ、終わりという感じ。あっけなかったです。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その3)

    一冊で一事件かと思ったら、何度も事件が起きます。そのおかげで、結構長いです。子供には厳しいかも。キンドルのパーセントは、90%でした。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩(その2)

    徐々に面白くなってきました。明知探偵の少年助手として小林君が出てきますが、コナン(見たことないけど(^^;))の元ネタなのかな。キンドルのパーセントは、64%でした。にほんブログ村...

  • 怪人二十面相-江戸川 乱歩

    人間椅子が面白かったので、引き続き江戸川乱歩を読んでみました。子供向けに書かれているのか、文体は平易で読みやすいです。面白さは、そこそこといった感じかな(^_^;)キンドルのパーセントは、42%でした。にほんブログ村...

カテゴリー一覧
商用