プロフィールPROFILE

ころりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ココロのおうち。
ブログURL
https://kokouchi.com/
ブログ紹介文
鬱々とした子なし主婦。日々のココロの声を言葉にします。
更新頻度(1年)

338回 / 364日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2012/12/25

ころりさんのプロフィール
読者になる

ころりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 421位 404位 421位 425位 408位 419位 414位 977,905サイト
INポイント 10 810 710 650 780 670 720 4,350/週
OUTポイント 780 11,630 11,940 11,820 14,180 12,480 12,550 75,380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
主婦日記ブログ 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 26,963サイト
40代主婦 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 2,613サイト
ひきこもり主婦 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 632サイト
家族ブログ 13位 13位 13位 14位 13位 14位 13位 16,211サイト
舅・姑・小姑 4位 4位 4位 5位 4位 5位 4位 612サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 56位 53位 53位 57位 57位 54位 54位 977,905サイト
INポイント 10 810 710 650 780 670 720 4,350/週
OUTポイント 780 11,630 11,940 11,820 14,180 12,480 12,550 75,380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
主婦日記ブログ 2位 2位 2位 2位 1位 1位 1位 26,963サイト
40代主婦 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 2,613サイト
ひきこもり主婦 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 632サイト
家族ブログ 8位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 16,211サイト
舅・姑・小姑 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 612サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,905サイト
INポイント 10 810 710 650 780 670 720 4,350/週
OUTポイント 780 11,630 11,940 11,820 14,180 12,480 12,550 75,380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 26,963サイト
40代主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,613サイト
ひきこもり主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 632サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,211サイト
舅・姑・小姑 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 612サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ころりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ころりさん
ブログタイトル
ココロのおうち。
更新頻度
338回 / 364日(平均6.5回/週)
読者になる
ココロのおうち。

ころりさんの新着記事

1件〜30件

  • 介護をさせてもらっていると思うべき

    年々、母の言う事が変化しているように思う。今では考えられない事だが、10年ぐらい前まで母は、「あちらのお義母さんの介護をしてあげて。私はいいから」と言っていた――ような気がする。現在の母があまりに違い過ぎて、その記憶が私の妄想ではないかと思う程だ。今日も実家の母から電話があった。出来るだけ用件だけ聞いて電話を切ろうとしたが、母が話を重い方へ重い方へと持って行く。そしていつものように、「老人は寂しいもの...

  • ブログの顔とリアルな顔、本当の自分はどちら?

    ブログを書いていると時々、「ころりさんとお友達になりたいです」「直接メール交換しませんか?」という有難いお誘いを頂く事がある。こんな愚痴だらけの暗いブログを読み、そんな気持ちになって頂けるのは嬉しいのを通り越して申し訳ない気さえする。だがこれは断言出来るのだが、もし本当に私と直接会ったりメール交換をする仲になると、その相手はがっかりするだろう。え?こんな人だったの?つまらない人ね。そう思うと思う。...

  • 60代で犬を飼い始めるという事

    その後、愛犬を亡くした女性と今後の話になった。犬との暮らし。思わず涙してしまった日最近、日が落ちるのが早くなった。今日も明るいうちに行かなくては…と思い、16時頃に慌てて愛犬を連れて外に出た...kokouchi.com「そのうち次の子を迎えては?」まだ亡くしたばかりでこんな話題をするべきではないかと迷ったが、その女性があまりに悲しんでいるのでついそんな言葉が出た。しかし彼女は言った。「もう無理だわ。60代でまた新た...

  • 犬との暮らし。思わず涙してしまった日

    最近、日が落ちるのが早くなった。今日も明るいうちに行かなくては…と思い、16時頃に慌てて愛犬を連れて外に出た。歩き慣れた道を散歩していると、向こうから女性が歩いてきて私の愛犬の名前を呼ばれた。その女性は帽子とマスク姿だった為に一瞬誰だか分からなかったが、近寄って挨拶するとよく散歩中に会う60代の主婦だと分かった。その人も犬を飼っており、うちの犬と同じ年齢なので散歩では長い付き合いだ。最近では互いの犬の...

  • 即位祝賀パレードと雅子さまの物語

    今日も気分が鬱々とし、起きていると要らぬ事ばかり考えてしまう為、日中はずっと寝ていた。しかし30分もしないうちに目が覚めてしまうので、すぐに目を閉じて必死に眠ろうとする…その繰り返し。現実逃避。が、そのうちどうしても眠れなくなり、仕方なくテレビをつけると即位祝賀パレードの映像が映っていた。そうか…今日だったのか。...

  • 生活危機感の無い女性達

    昨日の記事で書いた障害年金で生活している人達。普通に生きるのを諦めて年金で暮らすーー前回(▶そちら側に行けない)の続き。そして彼女達は言った。「心身を傷めてまで無理しなくても生活は何とかなるものです」...kokouchi.comその生き方や考え方が受け入れ辛いと思う一方で、私はどうしてそんなゆとりのある生活が出来るのか興味があった。それ程年金額が多いのか?それとも今までの貯蓄があるのか?人の財布事情は聞き辛いが...

  • 普通に生きるのを諦めて年金で暮らす

    ーー前回(▶そちら側に行けない)の続き。そして彼女達は言った。「心身を傷めてまで無理しなくても生活は何とかなるものです」無理して働こうとしたり、親の介護をしなくても、まずは自分が楽なように生きればいいのでは?それでも生きていけますよ、と言う。聞いていると、彼女達3人とも障害年金を受給しているらしい。精神障害者として。さすがそれには驚いた。私は精神障害者として年金を受給している人達は、誰が見ても分かる...

  • そちら側に行けない

    ――前回(▶ただそれだけ、それ以上は期待しない)の続き。美智子さんが言った。「この前のラインで元気が無かったので心配だったんです。大丈夫ですか?」もしかしたらその事が気になってこの日わざわざ私に会いに来てくれたのかもしれない。「まぁ…色々ありますよね」私はぎこちない笑顔を浮かべた。しかし美智子さんは真剣な表情で、「無理してはダメですよ」と言った。確か前回のラインでも同じような事を言っていたような気がす...

  • ただそれだけ、それ以上は期待しない

    「近くに来ているのでお茶しませんか?」美智子さんからラインが来た。美智子さんの言う「私達の集まり」は、いつもお断りしている。その場所に行ってしまうと抜け出せなくなりそうで。だが今回のような、個人的なお茶の誘いは私も迷う。友人がいない自分。同年代の女性と会話する機会も無い。深入りし過ぎると重くなるが、少しお茶するぐらいなら…そんな気持ちで前回会ったコーヒーショップまで私は出掛けた。店内に入るとすぐに...

  • 子なし主婦の私の居場所

    私はずっと居場所を探してきた。今現在も、心のどこかで私が落ち着ける居場所を探している。それはきっと、30代の頃、まだまだ働きたいという思いを残しつつ鬱病になり仕事から離れてしまったからだと思う。いつか戻る。いつかまた自分を認めてもらえる場所に戻る。その思いが捨て切れなかった。生き甲斐や自分の存在意義に悩んでいる他の主婦ブロガーの記事を読んでいても、最終的に彼女達は、「私には家族がいる」「家族が私を必...

  • 私を待ってくれて嬉しい?待たせて辛い?

    夫はスポーツやニュース見て、私はドラマや映画を観る。なので一緒にテレビを見る事はほとんど無いのだが、ごくたまにソファに並んで一緒に見る事がある。それは、ペットの番組。今日も何気なくつけていたテレビで動物の番組が始まり、気付けば二人で一緒にその番組を見ながら会話していた。そしてその番組内で、犬が留守番する様子が映されていた。多くの犬がそうであるように、その犬も一途に飼い主を待っていた。飼い主が出かけ...

  • 更年期障害だと思われている

    義母が来た時、言っていた。「誰でも更年期障害がありますよ」私は義母に更年期障害だと言った覚えは無いのだが、義母は私が時々体調が悪いと言うのは更年期障害だと思っているらしい。だがそう言われて改めて思った。私に…更年期障害ってある?一般的に聞く更年期障害とは、のぼせ、ほてり、めまいなどが多い。昔一緒に働いていたアラフィフ女性も、涼しい季節でも汗だくになって「更年期で~」と言いながら苦笑していた。だが私...

  • 義母の料理が食べられない

    先日、義実家から逃げるように帰ってきてしまった私。作り笑いをする余裕さえなくて今日の午前中、義母の通院に付添い...kokouchi.com翌日固定電話の方に着信があったが、そのまま放置していた。すると案の定、義母から夫に連絡があったらしく、「ころりさんに連絡が取れないけど大丈夫?」と聞かれたと言う。たった2日で騒ぐのはやめて欲しい。縛られている気がして息苦しい。だが夫に「嫌だから逃げ帰ってきた」と正直に言い辛く...

  • 会いたくないから行きません

    久々に美智子さんからラインが来た。最後に会話した時には落ち込んでいる様子だったので少し気になっていたが、どうやらその後気分が持ち直した様子。いつもの穏やかな言葉が並んでいた。「またそちらの方に行く予定があるのですが、よかったらお茶しませんか?」と、誘いを受けたが、とてもそんな気になれない。美智子さんの誘いは結局宗教に繋がるのではないかという疑いの気持ちもあるが、今はそれ以前に外に出るのが億劫だった...

  • 一緒に来て欲しい本当の理由

    少し前に実の父からメールが来ていたのだが、軽く返信しただけで終わった。自分からあまり連絡してこない父。メールは大した内容では無かったが、本当は何か話したい事があるのではないか…と感じた。いつもならその後父に会いに行ったりしていたのだが、今回は私の方に気持ちの余裕が無く、ついそのまま放置になっていた。すると今日、また父からメール。「寒くなってきたから身体に気を付けるように」わざわざこんな内容を送って...

  • 作り笑いをする余裕さえなくて

    今日の午前中、義母の通院に付添い、その帰りに一緒に買い物を済ませて家まで送った。私は車から荷物を下し、「私は帰りますね」と言うと、「え?どうして?中に入って行って下さいよ」と義母に言われた。この1年、義母との買い物や通院の後は、当然のように義父母の家に上がり、しばらく話し相手をして帰宅するのが決まりになっていた。しかしここ最近私は本当に心が折れている。今日も義母と話していても、気持ちが不安定で早く...

  • フィギュアスケートファンのパワー

    テレビでフィギュアスケートの試合が放送されているのを観ると、「もうそんな季節になったんだな」と冬が来るのを実感する。私はフィギュアスケートの季節が好きだ。もちろんフィギュアスケートの試合自体も好きなのだが、それが行われる秋の終わりから冬が最も気持ちが落ち着くのだ。時々、「私は冬季鬱です」というコメントを頂く事があるが、私はどちらかと言えば「夏季鬱」かもしれない。なので本来なら今は心の調子が良い季節...

  • 場違いな会議に参加

    久々にパートに行くと、職場の上司に呼ばれた。「今日の会議にころりさんも出席してもらえますか」と言われた。突然言われたので戸惑った私は、「どんな会議ですか?」と聞いた。すると新しいシステムに変更するらしく、私にも参加して聞いていて欲しいと言う。なぜ私が?と思ったものの、最近私に渡せる仕事(在宅ワーク)が減りつつある為、上司は私に新たな仕事を与える為に気を回してくれているのだろうか…とも思った。「今後...

  • 一人になるのが不安なのは私だけではない

    検診から帰宅すると、夫がリビングで硬い表情をして座っていた。「ただいま。すぐご飯作るね」私がそう言うと、夫は怒ったような口調で言った。「いいから!ちょっとここに座りなよ!」と、ソファを指差した。なぜ機嫌が悪いのか分からないが、私は言われるがままソファに座った。すると夫、「それで?結果はどうだったの?」と心配そうな顔をして私に聞く。その顔は心配…というのを通り越して、追い詰められたような表情だった。...

  • 俎板の鯉になり腹をくくる

    重い腰を上げて、ようやく乳がん検診に行ってきた。皆、どの程度の頻度で検診を受けているのだろう。今まで私の周囲の人に聞いた限り、あまり乳がん検診を定期的に受けている人がいない。「5年前に一度受けたんだけど…また行かなきゃと思っているんだけどね」という人や、「乳がん検診なんて行った事がないわ」という人までいる。これだけニュースで乳がん患者が多く報道されているのに、不安にならないのだろうか。私の場合、何年...

  • 自分自身を諦める

    コミュニケーション能力がない。それをつくづく実感している。久々に落ち込み過ぎて、この土日は食事もほとんどせずに毛布に包まっていた。かといって全く眠る事も出来ず、眠いとも思わない。昨日、義母から電話があったが、居留守を使ってしまった。そのまま放置してしまうとまた大騒ぎしてタクシーでうちに来てしまうかも…と少し考えたが、それさえもどうでも良く、好きにすればいい…と投げやりな気持ちになった。もう外に出たく...

  • 引きこもり生活の結果、アレになってしまいました

    私は30代に本格的な鬱病になり引きこもりになった。今は買い物にも行くし、月に数回とはいえ時々会社にも出社する。しかし30代には玄関から外に出るのは心療内科に行く時だけだった。犬の散歩にも行けず夫に任せていた時期もあった。あの頃、家で一体何をしていたのだろう…と思うがハッキリ思い出せない。とにかく泣いてばかりいた記憶だけ。食事もどんな状態だったのか覚えていないが、料理もまともに出来なかったので、簡単なレ...

  • 15%引きの前日の買い物

    念願の時計を購入する事にした。何年も前から欲しいと思っていたのだが、引きこもり主婦には贅沢品のような気がして、ずっと時計を1本も持っていない生活をしてきた。しかし最近不便を感じるようになり、あまり下調べをしない状態で時計店に行ってきた。いつもなら色々ネットで調べて絞り込んだ上で店舗に行くのだが、「実物を見て考えた方が早いかも」と思った。というのも、服やバッグならまだしも、時計はそのカラーや輝き具合...

  • 子なし男性の近所付き合い

    昨日の近所の主婦から聞いた、「災害対策チーム」の事を夫に話してみた。「それでね、帰宅が早い男性が選ばれる可能性が高いから、あなたも頼まれるかも…て」夫の機嫌を伺いつつ話すと、予想通り夫は「えー⁉何それ」と、大袈裟に嫌な顔をした。今の時代、夫も災害対策が大切な事だというのは分かっているだろう。しかし私と同じように、夫も今まで近所付き合いをしていない。夫も近所の行事に参加したり、役員をするのはとても嫌が...

  • 災害対策チームを新たに発足

    テレビでは朝からずっと災害の様子が報道されている。それを見ていると、ある被災者が、「日頃の防災訓練が役立った」と話していた。水が屋内に上がってきた時、定期的に行われていた防災訓練のおかげで、落ち着いて行動出来たと言う。私達の地域でも定期的に防災訓練が行われている。ただ、毎回危機感が薄く、訓練と言っても実際はただ主婦と子供が集まって喋っている時間の方が長い。そんな訓練、必要なの?意味があるの?いつも...

  • 台風被害により自分の小ささを実感する

    今回の台風の間、義実家で過ごした。いつもの事だが、台風が近付いているというニュースを聞いた時から、義母は「怖い怖い」と騒いでいた。さらにそれが、「息子の家に行くわ」と言い始めた為、それだけは避けたかった私は、自分が義実家に行く事にした。夫はこんな天気だというのにまた仕事だ。何時間も義両親と過ごすというのは本当にストレス。また同居の話が始まったり、過剰な泣き事を何時間も聞くハメになる。適当に聞き流そ...

  • 子なし主婦が同居をしないのは良いとこ取り

    「無農薬野菜をたくさん頂いたから」と、義母から電話があり、取りに来るように言われた。私は無農薬に興味があるので、頂けるのは嬉しい。しかしその為にわざわざ義父母の家に行く…と思うと面倒臭い気持ちの方が勝つ。が、嬉しそうに言う義母に上手く断る事も出来ず、午後から義実家に行ってきた。すると既に義妹が来ており、義母は実娘にも野菜をあげると連絡したらしい。「野菜なんてくれなくていいのに」義妹はそう言い、不機...

  • イエスマンではない私

    パート先に行くと、今まで見た事のない書類が回ってきた。「これ…何ですか?」思わず書類を持ってきた社員に聞き返してしまった。内容が分からないから聞いたのではない。その内容が意味のない無駄な書類だと思ったのだ。「今度からそれを作る事になりました」そう社員に説明され、「そうですか」と答えたものの、胸の内はモヤモヤが膨らむばかり。私にもその「無駄な書類」を作って欲しいと言う。社員の人達はこの書類を作る事に...

  • ガラケーからスマホに変えたいお年頃

    義母がスマホが欲しいと言い始めた。未だにガラケーを使用している義母。以前も一度、スマホが欲しいと言っていた事があるが、またその気持ちが再熱した様子。「また面倒な事を…」私はウンザリした気分になった。というのも、少し前にも実母から同じ事を言われたばかり。「私、スマホに変えようと思うのよ」実母がそう言うので話を聞いていると、どうやら父がスマホを持っているので対抗心を燃やしている様子。母と父は時々会って...

  • アラフィフおばさんが、20代女性に憧れる

    久々に美容院に行った。すると見慣れない新しい女性スタッフが増えていた。若くて綺麗でお洒落。いかにも美容師という雰囲気。鏡の前に案内してくれたが、鏡に映るその美しい女性と自分のギャップが酷く、改めて自分の老化や衰えを実感する。そもそも素材が違うというのが大きいが。今回はその新人女性と、他の女性スタッフ、二人で私を担当してくれた。二人共20代か…30歳前後。本当に二人共美人なので見とれてしまう程だ。しかし...

カテゴリー一覧
商用