searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

フレンチクォーターさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ram-cafeクラブ
ブログURL
https://www.ramcafe.club/
ブログ紹介文
50歳女子です!大人目線で、お役立ち情報や旅行記などをお届けします!
更新頻度(1年)

46回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/07/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、フレンチクォーターさんをフォローしませんか?

ハンドル名
フレンチクォーターさん
ブログタイトル
ram-cafeクラブ
更新頻度
46回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
ram-cafeクラブ

フレンチクォーターさんの新着記事

1件〜30件

  • オリンピックを感じて

    昨晩は、オリンピックの開会式を最後までテレビで見ていたので、今朝はとても眠いです。 朝は大概5時頃から目を覚ましてしまうので、夜更かしが美容と健康に悪いのはわかっているのですが、それでも昨日はやっぱり仕方ない。 なにしろ東京で57年ぶりの大会。 この雰囲気を味わなくてはもったいないですからね。 開会式はちょっぴりハズレ~なんて思ったり、しょぼいと思ったりするところもありましたが、まあ、それでも仕方ない。 昨日の朝、洗濯物を干しながら、娘に話しかけました。 「今日の開会式、誰が国歌を歌うと思う?」 「う~ん、石川さゆりかなあ・・」 「違う違う、結構若い人から年寄りまで納得する人」 すぐにMISI…

  • 宣告

    昨日は午前11時に血液内科に予約をしていましたが、診療を全部終えたのは15時をまわっていました。 診察前に採血をして、その1時間後に診察室へ。 家族全員で入ります。 まず今回の採血結果を聞かされ、前回の数値をさらに上回っているとのこと。 この結果、1ヶ月で1万円を軽く超える高額の薬を使うことが決まり、副作用の説明も受けました。 さらに息子が予想していた、一番聞きたくなかった病名を告げられました。 医師の前で皆がうなだれました。 とりわけ息子は、深く深くため息をつき、「やっぱりなあ」とつぶやき、しばらく下を向いたままでした。 骨髄の中で造血ができなくなってしまう病気で、若年層には少なく、稀だと言…

  • 流転

    今日は娘と、そして夫も同行して、息子の検査結果と今後の治療法を聞くために大学病院に行ってきます。 受診科は血液内科。 お気楽だった私は、あの晩を境に心の中に重石がずっしりとできました。 もう、その時より前の息子に戻ることはないということに、うずくような何かが波のように押しては引くという現象を感じています。 あの晩- 帰ってきた息子が言いました。 「大きな病院を探してほしい」 息子は少し前に勤務先で健康診断を受けたのですが、その日の昼間、勤務先の医務室に呼び出されて、血液の数値が異常なのでできるだけ早く大きな病院を受診してほしいと言われたというのです。 血液の数値は、風邪などに罹っても変わるので…

  • ゆっくり下り坂の先に・・

    5月はいろいろと不運に見舞われました。 大好きな新緑の季節であるにもかかわらず。 私の誕生月だったにもかかわらず。 自粛をしている人をよそ目に、上高地に出かけ、いい気になって飲めないワインを飲み干して、吐きながら意識を失いました。 中旬には口唇ヘルペスなるものにはじめて罹り、痛みと不調が数日続きました。 下旬では極めつけの自転車事故。 こともあろうに、ベビーカーとそのお母さんに向かって突っ込んでいったのです。 気が付いた瞬間に必死にハンドルを切って、赤ちゃんに自転車が当たらぬよう、ベビーカーと自転車の間に自分の体を無理やりねじ込みました。 幸いにも赤ちゃんは事なきを得たのですが、私自身は体をね…

  • 近況報告

    ワクチン狂騒曲真っただ中の日本です。 そのすぐ先にはオリンピックが待ち構えていて、こちらもどんなふうになるのか想像もつかない状況。 もうね、ぐちゃぐちゃとしちゃって、ウソもホントも、正も偽も、もうなんでもいいよという感じ。 ひとつひとつを立ち止まって検証する間もなく、何かの力に引っ張られて、あれよあれよと流されていくだけのような気がします。 そして、私たちにはそれしか方法がなく。 でもね、ここでしっかり見ておきましょう。 渦にただ身を任せて、渦の中でピーピー文句を垂れていてはいけません。 渦から一歩引いて、この2ヶ月ほどの動きを静かに見ておきましょうね。 誰のものでもない、自分の人生です。 タ…

  • ワクチンについて②

    久しぶりに書き込むので、ネタはたくさんあるんです。 車をオーダーしたこと。 なんとはじめての外国車! まあ、小さい車なんですがね。 そして、JALマイルがとうとう260,000マイルに達したこと。 これでパリでもロサンゼルスでも、ビジネスクラスで2人分が余裕です。 他にも娘の就活のこと、息子の仕事のこと、私がけがをしたこと・・ もう、話題は盛りだくさんなのですが、やはり一番気になっているのがワクチンのこと。 この時点で、私も国に踊らされているひとりとなっていますが、それでも物申したいということで、今回もワクチンについてです。 あまりテレビを見ない私ですが、それでもワクチンのニュースは耳にも入る…

  • 桜木先生、ヘルプ!

    ドラゴン桜、見てますか? 私はあまりテレビ番組には興味はないので、ドラマもワイドショーも見てはいないのですが、このドラマは録画をしています。 以前の第1シリーズをテレビ好きの夫が見ていて、子どもたちの受験などもあり、参考になることもあったので、私も一緒に見るようになっていました。 第1シリーズで印象に残っているのが、入試の英語の作文についての話。 採点法は減点法式だということ。 やたら凝った作文にしてミスの可能性を増やすくらいなら、超シンプルな文章にして、ミスのない安全な文章に仕上げることが合格への近道というような内容でした。 なるほどね・・ つまらない内容であっても、ミスがあるよりはマシなん…

  • ワクチンについて

    昨日のNHKの朝のニュースの中。 渡辺謙さんの舞台の話題で、インタビューされた観客のひとりの女性が、素晴らしい言葉を発していました。 舞台を観に来たその女性は、コロナ禍のせいで、仕事を辞めたそうです。 でも。 「今のこの条件を言い訳にはしたくない」 そう言い切っていました。 その外見からは、とても強い女性とは思えない雰囲気だったので驚きましたが、清々しく私の心に刺さりました。 私自身、自慢ではないですが、言い訳とか人のせいにするとか、これまでの人生でそういうことはあまりなかったと思っています。 嫌いなんですね、人のせいや周りのせいにするのが。 格好悪いじゃないですか。 それにね、すべての選択は…

  • 続・新しい暮らし

    私と息子と娘が東京に近いマンションへ。 夫はひとりで、もとの家に。 この奇妙な状態がなぜ生まれたのか。 もともと、昨年秋ごろ、息子の勤務先が決定して、さてどうしようかとなったことがきっかけ。 もとの家からの通勤は時間的に不可能。 ここで普通の家庭なら、息子のひとり暮らしが決定となり、親としてはその準備をお手伝いするということになるはずです。 でもそれを、渡りに船と考える輩がふたりいました。 娘と私です。 娘の場合、当時も今もオンライン授業ではありますが、以前は都内まで2時間弱の時間をかけて通学。 再三、ひとり暮らしをしたいと言っていました。 そして私。 もとの家は自分で暮らしやすく設計して建て…

  • 変わらないなあ・・私のコロナ論

    ゴールデンウィークが終わりました。 今年は並びがいいので、7連休という人もいるのではないでしょうか。 7連休もあれば、ちょこっと海外へ行ったりできる十分な日数。 なのに。 旅行好きな人には心から残念な今のこの状況です。 私自身は、緊急事態宣言が出てようが、交通手段があって、宿泊施設も空いているのなら、全然平気で出かけて行けます。 どこに居ても、他人と接触しないわけにはいかないし、密と言ったら、スーパーも通勤電車も一緒のことで。 旅行と仕事と学校と、何が違うのかさっぱりわかりませんから。 ず~っと1年前から私は、ウイルス共存派であることに変わりありません。 ウイルスは人間よりもはるか昔から地球上…

  • 新しい暮らし・・

    3月中旬に引越しました。 東京のマンションは予算オーバーで買えなかったけど、30分ほどで都内入りができて、なにしろ駅近で、徒歩圏内にスーパーがあるところにマンションを買いました。 狭くて、電車の音も頻繁で、工夫や我慢も必要だけど。 でも、結構この暮らし、気に入ってます。 娘はおそらく98%くらいの満足度。 たぶん娘がいちばんこの生活を気に入っているはずです。 残り5%は、やっぱり狭さかなあ。 息子は85%くらい。 残り15%は、狭さと元の場所への未練。 あっちには大切な友人もおり、20年以上住み慣れた場所でもあり、車で遠出もできて、自由を満喫できたから。 息子にとって今のマンションに住むという…

  • 「北の国から」はちょっと・・

    https://hokkaido.press/ 先月、俳優の田中邦衛さんが亡くなりました。 田中邦衛さんと言えば、少し前の世代では「青大将」なのでしょうが、私たち世代では、なんといっても「五郎さん」でしょう。 フジテレビのドラマ「北の国から」は、大ファンというほどではないにしろ、大好きでした。 スペシャルの2本を見逃しているものの、その他はこれまでに全部見てきているし、さだまさしの「あ~あ~」が流れるだけで、自動的に涙が流れる仕組みになってもいます。 もうね、純と蛍のかわいいことと言ったら。 北海道の底力のある美しい景色と言ったら。 役者たちの類を見ない素晴らしい演技と言ったら。 脚本や演出を…

  • ラストディズニー!⑤

    雨の中のディズニーです。 美女と野獣のエリアから離れて、ベイマックスへ。 私はこの映画のことは何も知らないのですが、我が家の子どもたちもはじめ、ゲストのほとんどがスタンバイしながら、曲を口ずさんでいるのが印象的でした。 ハッピーライドというだけありますね。 ランチのイーストサイドカフェでも、ベイマックスのスペシャルメニューをオーダーしましたよ。 さて、雨はますますひどくなります。 その後も、スペースマウンテン、カリブの海賊など、アトラクションは乗り放題でしたが、ミニーちゃんのスタイルスタジオだけは1時間待ちとなっていて、この冷たい雨のなか、挑戦するのは難しく、今回は諦めました。 雨の中ですが、…

  • 本日、4月1日。

    新年度が始まります。 我が家の息子がとうとう、社会人デビューです。 中央省庁。 しかも、結構驚きのポジションである部署に勤務することになっています。 本人、不安と期待でいっぱいです。 親としては、肩の荷が下りたような、またもや新しい形の違う荷を背負ったような、そんな気分ですが。 兎にも角にも、新しい門出。 息子よ。 今までもいろんなことがあって、思考錯誤の連続だったけど、これからも同じ。 押しながら、引きながら、間違えながら、もとに戻しながら。 お母さんはいつでも味方だからね。 さあ、今日から。 長い道の一歩をスタートさせてください。 と言っても。 数日間はリモートワークなんですがね・・(笑)…

  • ラストディズニー!④

    久しぶりのパークですが、2日間ともあまりいいお天気ではなく。 昨日のシーは、朝だけ雨模様で、その後はなんとか曇りのままお天気がもったという感じでしたが、本日のランドは今にも振り出しそうな空。 なんとか美女と野獣のエリアを、雨が降る前に体験しなくてはいけません。 ぐっすり寝ていたふたりを起こし、朝食ビュッフェに向かいます。 まだまだ子どものふたり。窓ガラスにミッキーを書いています(笑) 本日は、息子とWDWパーカーのペアルックになります。 2018年のパーカーです。 もう3年も経ってしまったのね。 3回目のWDWは、はたしてこのメンバーで行くことができるかしら・・ さて、やはり空いているワールド…

  • ラストディズニー!③

    ベッラでのランチの後は、トイマニとソアリンを2回ずつ乗り、娘の大好きなインディージョーンズ、息子はシングルでタワテラやセンターオブジアースなど、本当にアトラクション三昧で過ごしました。 こんなにスイスイと好きなアトラクションに行き来できるパークは、後にも先にも今だけと言えると思います。 ディズニーパークはショーやパレードがあってこそとは思いますが、こんなパークの経験も悪くはないと思いました。 貴重な体験でしたね。 しかしながら、夕方のパーク。 人の姿もめっきり減り、なんだか淋しさが漂いますね。 本日は13時半にベッラで昼食の後、17時にオチェでディナーという無謀な計画です。 お腹空いていないの…

  • ラストディズニー!②

    東京ディズニーリゾート2泊3日。 昨年の東北旅行に続いて、3人の原点回帰の場所を巡る旅となり、おそらく締めの旅です。 本当は、何度も泊まったミラコスタやらランドホテルやらで締めくくりたかったのですが、緊急事態宣言が発令されているため、2月7日までディズニーブランドホテルは新規予約ができず、周辺のホテルを選ぶしかありませんでした。 まあ、仕方ない。 そのうえ、宣言発令中ということで、ホテルレストランも20時まで。 なかにはディナー時間帯は営業していないというところも多く、これはもう、お出かけはしないでねと完全に言われているということ。 パーク自体も、朝も1時間遅い10時開園の日もあり、夜は20時…

  • ラストディズニー!①

    1月末の話ですが・・行ってきました、東京ディズニーリゾートへ。 シェラトンに2泊して、1日目にディズニーシー、2日目にディズニーランドへ。 何度この場所へ3人で行ったでしょうかね。 私はこのブログとは別に、「ディズニーに1000万円使った主婦のエクスペリエンス」というブログを書いていますが、タイトルの金額以上を確実にここにはつぎ込んでいます。 我が家がはじめてパークを訪れたのは、息子が3歳、娘が1歳のころだったと記憶しています。 パークが大好きになった息子を喜ばせたくて、1年に2~3回行くようになりました。 当然、娘もパークが好きになっていきます。 2人が笑いながらパークの中をコロコロ駆け回る…

  • マンション、購入!

    とうとう、マンションを購入しました! でもね。 うれしいとか、ワクワクするとかがないんですね・・ 複雑なんです。 どういうことなのか。 ここに書けば整理がつくでしょうかね。 このマンションの購入目的は、なにしろいちばんに、子どもたちのためでした。 今よりも断然都心に近く、駅が近いところに、子どもたちを住まわせてあげたい。 この春就職する息子、その後娘も続くし、この子たちが今の家を出て、賃貸マンションを借りて、残ったわずかなお給料でやりくりするのがあまりにかわいそうで。 自分が若かりし頃、生活費に困窮して、借金をした覚えがあります。 結構親にも無心したし。 ゆとりがないのに、遊びはしたくて、結局…

  • つぶやかせて・・

    私、あまりテレビは見ないのです。 世の中の出来事の情報収集は、ネットに頼っていることが大きいですね。 気をつけなくてはいけないのは、ネットの場合、様々な人の意見を同時に取り込んでしまうので、発信媒体によって情報内容に色がついてしまうこと。 シンプルではない情報は人によっては危険です。 真実が少し捻じ曲げられてしまうことがありますから。 ニュースはできるだけNHKで見るようにしていますが、最近夕方のニュース番組のキャスターが苦手になりました。 NHKのキャスターは、大方好感度が高かったのですが、このふたり、なんかダメなんですね。 コロナについての感想というか、考えというか、それを番組の最後のお別…

  • ディズニークルーズへ行こう!~キャラグリ天国!~

    ディズニー好きなら、ディズニークルーズはご存知ですよね。 私が知ったのはおそらく7~8年前。 ネットで検索していて、「えっ、こんなのあんの~?」って驚いた記憶があります。 ず~っとTDRは大好きだったけど、海外ディズニーへ行こうという考えが私には全くありませんでした。 ディズニーは国内で満喫できるから、なにも海外に行ってまでディズニーに行こうなんて、なんだかもったいない気がしてまして。 でも!今や大逆転。 なぜもっと早くから進出しなかったんだろうと、しきりに後悔です。 TDRで1000万円も使ってきたのなら、WDWやクルーズに何回行けたでしょう・・ あ~バカバカバカ!! まあ、これはTDRに飽…

  • 竹内まりや「駅」から・・

    コロナの話題も今は面倒になってきています。 当初からウイルス受け入れ態勢であった私と子どもたちは、自粛とか医療崩壊だとかという世の騒ぎを、非常にばかばかしく思っていました。 いつもそれに対して反論して、歯向かって、自分たちの立ち位置を再確認していましたが、今やそれすらも疲れてきたので。 もう、フラットです。 誰にも文句は言わないし、あ~だこ~だも論じたくないし、それを聞くのも疲れる。 一度しかない人生です。 私自身は老いるばかり、子どもたちはかけがえのない若いとき。 こんなことで1年も2年も立ち止まるなんて、どうにもこうにも許せないんですよね。 前に進むこと、目標や夢を打ちてて、そのために毎日…

  • 我が家の近況

    年が明けて、もう1月も後半になりかけています。 いやいや、1日は本当にあっという間に終わりますね。 光陰矢の如しと言います。 月日が流れるのは早い、だからこそ時間を大切にしようという格言。 そう、大切にしていますか? 娘の大学はオンライン授業、息子は今は無職。 私は主人の会社経営のフォロー。 母子3人が共に家にいる時間はとても長いです。 その割になんだか毎日何をして過ごしているのか、手ごたえのない日々をおくっている気がします。 息子や娘が通学していたときは、朝は5時前から起きていたので、1日が長く、やれることも多かったのですが、通学がない今は、6時から7時起き。 起きてからもゆっくりと過ごし、…

  • 東北旅行⑥ ~最終日~

    いよいよ最終日となってしまいました。 6日間なんて早いものですね。 浄土ヶ浜パークホテルの朝です。 私と娘はお部屋でゆっくりくつろぎ、息子は部屋にある海の見える檜風呂に入りました。 朝食は夕食と同じくビュッフェでしたが、夕食ほどの感動はないものの、無難においしくいただきました。 名残惜しく、何度も部屋の中で写真を撮って、2度目のパークホテルにお別れです。 もう一度来る時があるでしょうかね・・ チェックアウト後に、遊覧船に乗るつもりでしたが、運行ダイヤを見るとちょうどいい時間がなく、帰りの新幹線に間に合うかが微妙です。 遊覧船の目的はウミネコです。 私が若かりし頃、社員旅行なるもので佐渡に行った…

  • 満足でした!クリスマスイブ

    子どもたちが大きくなってからは毎年、「さてクリスマスイブをどう過ごそうか」と考えるようになりましたね。 中高生までの子どもたちがイブの夜に家にいるのは当たり前で、当然のように飾り付けをしたツリーを見ながら、たいした内容ではないもののクリスマスバージョンの料理を作り、食卓を皆で囲んで「メリークリスマス!」と乾杯していました。 恒例化されたイブでしたが、そこに幸せもしっかり感じていました。 我が家ではイブの夜にプレゼントが来ます。 クリスマスが近づくと、子どもたちは母に促されサンタさんにお手紙を書きます。 それを外のテラスのテーブルに置いておくと、いつのまにやらサンタさんが持っていってくれます。 …

  • 東北旅行⑤ ~5日目~

    5日目は北山崎から。 その後、龍泉洞へ行き、今回最も私が行きたかった浄土ヶ浜で旅が終わります。 こうしてみると息子のおめでとう旅ではなく、完全に私が主役になってしまっていますね・・てへっ 北山崎へは宿から車で10分ほどの距離でした。 広い駐車場に停めて、少し歩くと第1展望台があります。 第一展望台には前回の旅行でも来ていて、この景色は見ています。 この脇にある階段を360段ほど下っていくと、第2展望台があります。 第2展望台からの景色がいいのは知っていたので、当時も降りて行きたかったのですが、不機嫌になる夫を前に強くは主張できませんでした。 でもまあ、今回階段を下りていき、夫の主張は当然だった…

  • テレビと真実

    「映像の世紀」というNHKで放送されたドキュメンタリー番組、見たことはありますか? 私はこれが好きで、「プレミアム」「新・映像の世紀」というシリーズ3点セット、全部を録画してブルーレイディスクにおさめています。 19世紀末、人類は動く映像の記録という技術を獲得し、世界中の人々がそれを同時に見ることができるようになりました。 その衝撃は、現代では計り知れない大きさだと想像ができます。 この番組を見ると、あまりのスケールの大きさに、コロナ禍の懸念なんてちっぽけなものだと思えます。 平和な時代がいつしか、争いの時代に移っていく。 そのきっかけは、人間の強欲、閉塞感、そして、無知と無能。 コロナ禍はそ…

  • 東北旅行④ ~4日目~

    ただ寝るだけの旅館から早々に切り上げ、予定の9時出発より30分ほど遅れましたが 中尊寺へと向かいます。 旅館からは本当にわずかな距離です。 本日の予定は、中尊寺のあと北山崎方面へ向かい、その近辺での宿泊ということになります。 中尊寺へは、3人ともに2度目。 前回は息子が4歳、娘がまだ2歳くらいのころだったと思います。 あの頃は家族と出かけることをそれほど苦にはしていなかった夫も含めて、4人でこの地に訪れました。 この4日目からは、私がもういちど行きたかったという理由で、前回とほぼ同じような旅程になります。 前回の旅は、当時幼子を連れてのはじめての遠出ということもあり、私の心にしっかり残っていま…

  • 東北旅行③ ~3日目~

    3日目の朝、部屋の大きな窓から見た景色。 幻想的でした。 さて、本日は松島に向かいます。 私は過去に行ったような覚えがあるのですが、これはもうかなり不確かなもので。 覚えのいい私の中では、珍しく曖昧な記憶となっています。 本当に行ったんだっけなあ~ ということで3人ともに、はじめてのようなもの。 松島はその昔江戸時代の書物で、宮島と天橋立とともに日本三景と記された景勝地です。 「松島や ああ松島や 松島や」と、松尾芭蕉が感動のあまり詠んだと過去に教わってきましたが、今回娘が調べたところ、この句は芭蕉作ではないとのこと。 あらま! 40年以上もそうだと思ってきたのに。 この句は江戸時代の狂言師が…

  • 惑いと焦心

    早いもので、あと1ヶ月ちょっとで今年も終わりです。 精神的に負担がかかる今日この頃。 今年は大掃除のペースが非常に遅くて、気持ちだけが焦っています。 いつもならこの頃には、3つある納戸の整理をおしまいにして、部屋の窓ガラス拭きにとりかかっている頃。 ところが今年は、やっと玄関サイドの納戸を整理したばかり。 う~ん、間に合うかなあ・・ 我が家は毎年、晦日に〆の掃除を仕上げて、その夜は気持ちよく焼肉屋でお疲れ会をし、翌日大みそかには、早い時間から近くの百貨店へと買い出しに行くというお決まりのパターンを続けています。 今年もきちんとそれでおしまいにしたいから・・ 頑張らなくちゃ! この遅れの原因はわ…

カテゴリー一覧
商用