searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

フレンチクォーターさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ram-cafeクラブ
ブログURL
https://www.ramcafe.club/
ブログ紹介文
50歳女子です!大人目線で、お役立ち情報や旅行記などをお届けします!
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/07/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、フレンチクォーターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
フレンチクォーターさん
ブログタイトル
ram-cafeクラブ
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
ram-cafeクラブ

フレンチクォーターさんの新着記事

1件〜30件

  • 息子、国家公務員に!

    いよいよ、国家公務員一般職の試験の合格発表日を迎えました。 私は朝5時から目が覚め、息子も快眠できず何度も起きていたようで、ふたりでその時間をじっくり待ちます。 国家公務員は大きく分けると、この一般職のほかに、総合職と専門職があります。 専門職はその名の通り、刑務官や国税専門官など、専門的な分野で仕事をすることになります。 一般的にキャリア官僚と言われる国家公務員というのは、総合職試験で採用された人たちを指し、仕事の内容も年収も昇進スピードも一般職の上をいくということです。 リーダー的な総合職のもとで働くのが一般職で採用された人たちであり、仕事内容も業務中心となります。 国家公務員試験を受ける…

  • 海外行きたい病です

    トランプさんが新型コロナウイルスに感染したとのこと。 何しろ高齢なので、全世界の人々が心配しましたが、無事に退院できたようでひと安心です。 退院のニュースで、側近の方々も12名ほど陽性反応が出ているとのことでした。 相変わらずその「感染者数」というものに世界が支配されているなあと感じます。 「COVID-19を恐れるな。自分たちの生活を支配させてはいけない」とツイッターに投稿したトランプさん。 親近感を覚えます。 このウイルス、もうすでにそこかしこに存在していて、誰もが体内に取り込んでしまう可能性が非常に高く、このウイルスをピンポイントで検査してたら、そりゃみんな陽性になっちゃうんじゃないのか…

  • 森のカフェ

    娘の「どっか行きたいよ~病」が、いきなり始まりました。 土曜の夜、録画していた「クイズバトル!99人の壁」の豪華鉄道の旅を見て、スイッチが入ってしまったようで。 公務員試験の結果待ちである息子は、ただいま3泊で九州へ旅行中。 たまたまこの土日にバイトを入れていない娘、「明日どっか泊まりに行きたい~!」と言い始めました。 GoToの恩恵を受けなくてどうするのよ! でもこの間、GoToで海で1泊してきたじゃん! そんなやりとりもしましたが、もともと長年「どっか行きたい病」を持病としている私、お風呂から上がって、せっせと一休で探し始めました。 新宿小田急でプーさんのはちみつカフェに行き、ショッピング…

  • 上手く人生を選んでいくこと

    子どもたちが大学に進学して、一番に強く感じたことは、人にはそれぞれ生きるステージがあるということでした。 同じような能力を持ち、同じような生活をしてきた者同士が、同じステージに居続けることで、安定した時間を刻むことができるのだということ。 ちょっと違うステージに入り込んでしまうと、はじめはとても新鮮だし、愉快に感じるけれど、継続させるにはそれなりの苦労が伴います。 我が家は首都圏ですが、最寄駅まで車で20分ほどの郊外にあります。 このあたりは、大学に進学しない子どもも多く、将来的に親の住むこの土地に戻ってくるので、親子で小学校からの同級生なんていう家庭も多い、いわば土着民族の地域。 そんな地域…

  • 大学生のオンライン授業

    大学生の子をもつ親なら、この話題には多かれ少なかれ物申したい気分になるのではないでしょうか。 オンライン授業歓迎の親子もいれば、ふざけるなと憤っている、もしくは落ち込んでいる親子もいます。 以前にも書きましたが、我が家の3年生の娘はこれを歓迎しています。 理由は、何と言っても2時間弱という長い通学時間が省かれること。 まあ、娘の場合は通学時間が仮に30分短縮されたところで、やはりオンライン授業を望むでしょうけど。 インドア派だし、大学に友達は少ないし、部活動やサークルにも現在は所属していない。 授業を受け、ちょっとした仲間とランチをして、授業が終わればバイトをするか家に帰る。 こんな、なにかワ…

  • 行ってきました!海の宿・・②

    15時少し前に、お部屋に案内されました。 仲居さんに荷物を持ってもらうなんて久しぶりのことで、思わず「いいですよ、私が持ちます」なんて遠慮しちゃったりして。 本日の我が家のお部屋は4階。 4・5階は改装されたフロアのようで、エレベータを降りるとこんな感じで、とてもきれい。 途中にこんなサロンのようなコーナーもあり、雰囲気づくりに力を入れていると感じました。 そして、お部屋に入りました。 3人で同時に「いいお部屋じゃん!」と声を上げました。 希望通りのお部屋です。 小奇麗で、和室で、海が見える。 最高です♪ こちらも至れり尽くせりの洗面室。 収納もあり、とても便利です。 お隣が小さなシャワールー…

  • 行ってきました!海の宿・・①

    久しぶりの旅行。 とはいっても、たった1泊ですが。 海外旅行に行きたくて、国内はたとえ沖縄でも北海道でも今はほぼ興味がないという私でしたが、ただただゆっくり、波の音を聴きながら畳でゴロゴロしたいという欲望だけはあり。 息子の公務員1次試験が落ち着いた今週、ついに行ってきました。 前回旅館というものを利用したのは、私が精神バランスをくずして入院してしまった後の快気祝いで、富士山が見える旅館に泊まった6年前。 子どもたちが小学生のころから、4人という数字で旅行をすることは皆無となっていましたが、その6年前の富士山はなぜか夫を含めた4人で旅館に泊まりました。 そしてその1回のみで、それ以降はそれ以前…

  • 夏だより

    いやいや、暑い夏です。 毎年暑いですが、なんだか世の中の閉塞感もあるせいでしょうか、やたら暑く感じ、朝から1日中冷房をフルに使っています。 やってられないので、来週、子どもたちと海にお泊りで行ってきます。 国内で泊りでお出かけするなんて、何年ぶりかと。 海外行きたい熱を、少しでもクールダウンさせるための苦肉の策でもありますが、ちょっぴり楽しみでもあります。 さて、以前書いた記事。 娘のバイト先のコロナ陽性疑いの方は、結局陰性だったようです。 www.ramcafe.club いや~よかった、よかった。 娘はすでにこの騒動後何度も出勤していて、バイト先も今はまったくもって普段通りだということ。 …

  • 世界は動いてる

    コロナ、コロナで怖がっているだけの日本と違い、世界は確実に動いています。 アメリカの閣僚が台湾を訪れました。 これはもう、中国に対して真っ向からケンカを売っているようなもの。 そうでなくても、すでに互いの総領事館を閉めて険悪な仲になっているというのに。 またまたのアメリカの意図は何? 香港の次には台湾を手中におさめようとしている中国から、本気で救う気があるというのならいいんですがね。 でも、ちがうでしょ。 大国はいつでも小国を利用する。 台湾、利用されなきゃいいんだけど。 大国が大きく広げたそのまやかしの傘のもと、自由になれると思っていたはずの小国は、いつのまにかただ利用されただけで悲しい結末…

  • 恒例のテラス洗浄

    毎年お盆の時期、私には恒例の仕事があります。 我が家の自慢のひとつである、庭のテラスの洗浄です。 家を建てたときに、同時に200万円をかけてこのテラスをつくりました。 1年の間の雨で、石のテラスはかなり汚くなります。 梅雨が終わった夏休みに、毎年なぜか私が汚れ落としをするのが恒例になってしまいました。 それにしても今年はあまりに汚れがひどく、梅雨の雨の多さを改めて実感しました。 例年、もっときれいになるはずなのに、今年は不満の残る仕上がりとなりました。 使用前、使用後で写真があれば、一目瞭然でその違いがわかったと思いますが、使用後のきれいになったテラスの写真だけ載せておきます。 手前の黒ずみの…

  • カタール航空、そりゃないでしょ・・

    2月末にパリ行きのビジネスクラスの航空券2枚を購入していました。 毎度の母子3人旅で、ひとり分は特典航空券でおさえていました。 ところが、コロナの影響で泣く泣くキャンセルをする羽目になり、5月の初めにメールでキャンセルを申し出ました。 航空会社はカタール航空です。 以前に記事にしました。 www.ramcafe.club カタール航空のビジネスクラスは度肝を抜く豪華さ。 私が予約していたのは、Qsuiteといって中央の2席が向かい合わせにもなり、一家で向き合いながら、楽しくフライトができるといったシート仕様でした。 こんなふうに、子どもとダブルベッド感覚でおねむもできます。 カタール航空の本拠…

  • Go Toキャンペーンについて

    Go Toキャンペーンが始まった先週の4連休は、ほぼ何もせずに過ごしました。 近所のうなぎ屋に出かけ、大好きな白焼きを食べたことと、ショッピングモールに出かけたことくらいでしょうか。 ショッピングモールではディズニーストアに入りました。 このショップだけ人数制限をしていて、入店するのに10分弱並びました。 で、ゲットしたのが、このTシャツ。 息子と娘と3人のお揃いで買いました。 もちろん、パリディズニーで着るために! あきらめることなく、まだ行く気でいるわけです。 笑われちゃいますかね。 我が家は海外では、日本色ばっちりのものを身につけたり、持って行ったりします。 前回のアメリカでは、グランド…

  • ウイルスがやってくる・・

    なんとまあ、娘のバイト先、発熱が続いて、PCR検査を受けることになった人がいるそうです。 昨日の夜、バイトから戻ってきて、話を聞きました。 濃厚接触者は3人。 感染疑いのある方と15分以上の接触をしている人が濃厚接触者と認定されるんだと職場の人が言っていたそうです。 娘はその感染疑いの方との接触はあいさつ程度で、現時点では濃厚接触者ではないということですが、濃厚接触者とされている3人とは、仕事を教えてもらっているので、接触は結構していたとのこと。 う~ん、微妙ですねえ・・ まあ、どこに居ても陽性者になることは当たり前のようにあるとは思っていますし、なんなら私たち家族のなかでも、今年のはじめあた…

  • 欲しかったミニコンポ♪

    特別定額給付金10万円をどのように使うかは、夫のたったひと言ですでに決まっていました。 「俺、ゴルフクラブ買いたいから、皆自由に使おう」 我が家は私と子どもたちふたりと、同居の夫の4人暮らし。 先月夫の口座に計40万円が振り込まれました。 さて、振り込まれたこの給付金。 息子は、公務員試験が終わり無事に就職が決まれば、ひとりで旅に出たいということなのでそのまま私が預かっています。 娘の方は、バイトが途切れていたのでお小遣いが足りず、私にすでに10万円ジャストの借金があったので、晴れてそれで返済。 そして私です。 考えてみれば、はいどうぞと10万円なんてもらったこともなく。 旅行では平気でお金を…

  • コロナの感染者数増加で思うこと

    前に書いた私の記事は、タイトルのごとく邪径で終わったようです。 国を開きやすいように、政府が操作をして感染者数を2桁に抑えておく必要があり、判を押したような数字を数日並べているんだという私の推測。 見事に「駄」だったようです。 あれよあれよという間に、3桁になりましたね。 正しく考えるのなら、医療体制が整ってきて、PCR検査数も国民の要望に対処できるようになり、検査をしてほしい人にしっかり検査ができるようになった結果のこの数字だということなのでしょう。 検査が思うようにできて、感染者が増えても、医療はパンクしない体制が構築されたのだから、3桁の感染者が出ても慌てることはないのです。 それでいい…

  • 中島みゆき~誕生

    私には就活浪人の息子と大学生の娘がいます。 同居人としての夫もいます。 この夫のことで、子どもたちには話せない悩みや苦しみもありはしましたが、半分くらいの辛い部分については、子どもたちとは共有してきました。 特に息子には、娘には伏せておきたい赤裸々な部分も吐露してしまったこともありました。 なので、子どもたちとは強い絆で結ばれていると私的には思ってはいます。 今朝ある掲示板で、自分の息子が巣立ってしまい、母としての悲しい気持ちを綴っているのを見かけました。 結婚でしょうか、彼女と暮らすということです。 「今までありがとう」と言われ、号泣したと。 がらんとした部屋を見て辛いと。 想像して、朝から…

  • フランス旅行に行きたいんですけど・・

    さかのぼること5ヶ月前、1月中旬。 昨夏に超絶最高のアメリカ旅行を堪能した私は、なかなか次の旅先を決められずにいました。 アメリカ旅行がこれまでの旅行の中のてっぺんになってしまい、何かの達成感に包まれてしまっていたせいで。 いつもなら、旅行後しばらくするとムクムクと次はどこに行こうかと考えだすというのに、そうならない自分がいるのははじめてのこと。 次にどこに行こうが、あの旅を超える感動というものを味わえない気がして。 さて、どうしたものか。 結構、行かなくちゃという義務感のようなものに後押しされて、次の旅行もアメリカに行こうとか、はたまたどこかのビーチに行こうかとか、子どもたちにも投げかけたり…

  • 最近の新型コロナ感染者数について私的推測~邪径

    私たち親子は今年の9月に、初のフランス旅行を計画していました。 しかし・・憎しコロナのせいで、先月航空券の解約をさせられる羽目となりました。 それでもあきらめがつかない私。 最近になってまだ10月の特典航空券をとりました。 たぶんたぶん、これが本当に子ども2人とゆっくり行ける最後の旅行になるから。 この機会を逃すわけにはいかない! だからなんとしても行きたいという気持ちが非常に強く、世界各国のコロナ対応の状況をチェックしている毎日です。 最近私は、ある仮説を打ち立てました。 どうしてもフランスに行きたいがために、沸々と湧いてきたかなり自己中な推測だとお断りしておきます。 現在日本では、111の…

  • 息子の就活⑦

    ここでようやく、今回のシリーズの初めに書き出した「国家公務員」というワードに結びつくことになります。 息子は案外早く、大手企業への再チャレンジをあきらめるという答えを出しました。 自分を見つめなおしてみると、今の自分では最終的に内定までは届かない。 かといって、希望している業界を変えたり、小さな企業に妥協したりもしたくない。 自分という人間を精一杯活かせて、ある程度のプライドが保てる場所ということなら、やはり公務員なのかもしれない・・ 少なくても昨年の轍は踏まないことにはなるはず。 ようやく、親子で意見が合致しました。 公務員になるには、一にも二にも勉強することが必須になります。 国家公務員と…

  • 息子の就活⑥

    さて息子、とりあえず来春に就職するということは選択肢から外しました。 息子が不器用な人間でなくて、営業トークができるスマートさを持ち合わせていれば、置かれた場所で咲くことも勧めていたとも思います。 でも彼は、それができる器ではなく。 決めつけで言っているわけではありません。 22年彼と付き合ってきて、誰よりも彼を知り尽くしている私にはわかります。 まあ、器用な人間であれば、こんなふうにつまづくことも、もとよりありませんが。 息子自身は、友達や先輩の話も答えを出すのに非常に参考になったようです。 同じように就浪の道を選ぼうとしている友達も、数人いるとのこと。 先輩のなかには、気が進まないままに超…

  • 息子の就活⑤

    就職浪人。 浪人することの意味はなにか。 よほど目指したい職業、意中の企業があるという場合にというのが順当な答えのような気がします。 大学受験での浪人と同じで。 でも我が息子の場合は、そうではありません。 就活に不真面目に向き合ってきた結果、希望していた企業や業界に行くことができず、まったく不本意な着地点で帳尻を合わせようとしているが、なかなか気が晴れない。 さて、どうしたものか。 で、浪人がちらつきはじめたというのが実状。 このまま進むか、浪人してもう一度再挑戦をするかの2択であることは間違いありません。 置かれた場所で咲くという素晴らしい選択肢もあります。 以前、東日本大震災で亡くなった若…

  • 息子の就活④

    とうとう首都圏も宣言が解除され、コロナ禍以前に戻すための時が刻まれ始めました。 人々はどのようにこれを捉え、考え、動いていくのでしょうか。 「一律」からもともとの「多様」へすぐに戻れる人と、そうでない人と。 入り混じりながらも、人はこれまでと同じ日常に戻らなくては、社会が成り立ちません。 今更ながら、怖いものと隣合わせだった自分を認識できた人も多かったのかもしれません。 事件であったり、事故であったり、持病を持っていたり、喫煙していたり。 感染リスクの高い職場だったとか、家族への配慮を怠っていたとか。 真面目に生きること、楽しむばかりでなく努力をすること、地に足を付けてしっかり考えて生きること…

  • 息子の就活③

    フランスの事情は日本よりも厳しそうです。 5月11日に緩和に向けての動きがありましたが、パリのカフェや美術館などが開放されるのは、まだまだ7月以降になりそう。 9月のパリ行きは、半ばあきらめムードになってきました・・ そもそも、このウイルスはこんなに恐れなくてはならないものなのか。 国際政治学者の三浦瑠璃さんではないですが、私はずっと以前から、それは考えてきていました。 そして吉村知事の「共存」についても、ずっと以前から記事にしていました。 provid.ramcafe.club 今の世の中は、「オオカミが来るぞ~」と叫ばれて、みな怖くて家に逃げ込み、そのオオカミの正体がよくわからないまま陰に…

  • 息子の就活②

    なんとも。 国家公務員総合職試験がこのコロナ禍のせいで2度目の延期となりました。 ということは、一般職試験も延期となり、フランス旅行の日程にまでくい込んできそうな気配が・・ どうなっちゃうんだろう。困るんだけど~ とはいえ、旅行自体ができるかわからないし、そもそも就浪している親子がこんなお気楽でいいわけがない! トホホ・・です。 さて、息子の就活のお話。 我が息子、真面目でいい子なんです。 そして、好きなように遊んでもきました。 ふたつのサークルに所属して、先輩とも後輩とも、誘いを受ければほぼ断ることなく飲みや遊びに出かけます。 2年生の段階で、母の私は就活を少しずつ始めるように話してきてはい…

  • 息子の就活①

    5月になりました。 私の誕生月でもある、大好きな新緑の季節です。 新しい緑の葉っぱって、なんて綺麗なんでしょうね。 今のこの窮屈なコロナ禍なんて嘘なんだよって、自然の恵みは優しく語りかけてくるようです。 目下の私の憂いは、9月に予定しているフランス旅行と息子の国家公務員試験のこと。 夏ごろの息子の進路が決まった後に、再びアメリカに行こうと計画を立て始めましたのは今年の1月。 ところが今度はヨーロッパがいいと娘に言われてしまい、それならディズニー全制覇したいからパリがいいと息子が同調し、たまたま2月末に安いパリ行きのビジネスクラスを見つけ、とんとんとフランス行きが決まりました。 当時すでにコロナ…

  • コロナ騒動と我が家

    1月半ばにコロナの初感染者が日本で確認されて以来、すでに3か月になろうとしています。 世界中の人たちが巻き込まれているこのウイルス騒動に、終息はあるのか。 インフルエンザと同じく、マイナーチェンジをしながら共存していくものなのか。 そのあたりが未知のウイルスということで、誰もわかりませんね。 我が家があまり恐れていないというのは、すでに抗体を持っているんじゃないかと思っているからです。 何度か具合が悪かった、コロナに似た症状の人と接触があった、子どもたちは満員電車で通学、都内のホテルのアルバイトでは中国人と頻繁に接触・・。 こんな感じで、すでに2月から蔓延が始まっていたと推測される地域において…

  • コロナ騒動についての私の意見

    別のブログでは、新型コロナウイルスについて調べ、情報発信をしてきました。 provid.ramcafe.club 50代のひとりの人間として、大学生を持つ親として、この騒動により、世間というものがわかった貴重な体験になりました。 まあ、まだまだ過去形にするには早すぎますが。 ひと言で言ってしまえば、大方の人間は目の前に迫っているものをそのままきちんと怖がり、そして皆と同じ言動ができるのだということ。 そしてそういう人たちが一糸乱れぬ団結力で、歴史をつくっていくのだということ。 歴史の歯車というのは、止めることも回転を変えることもできないもの。 それをしようとするものは滅びるのだと、遠い昔にベル…

  • 息子、卒業おめでとう!

    https://info-jukusei.com/ceremony/ 本来なら、今日は大学の卒業式でした。 どうせ入学式同様、親は会場には入れず、別棟で式の模様をスクリーンを通してみるだけだったはずではありますが。 コロナ、コロナ、コロナで、世界中がこの言葉に支配されている今のこの状況下。 一生に一度の卒業式は中止になりました。 無念です・・ 私自身、行きたかった~!という寂しい気持ちでいっぱいです。 式が中止となった息子は今日、ゼミやサークルの友達と大学で記念写真を撮るということで、スーツを着て出かけて行きました。 自粛じゃないの~?と目くじらを立てている方へ。 コロナについては個人的にそれ…

  • 息子と娘とアメリカ旅行!~あとがき~

    翌日8日目は、朝10時のフライト。 またもやUberでハリウッドのホテルからロサンゼルス空港へ。 とても気さくなドライバーで、道中楽しく談笑して、ガイドもしてくれました。 空港のそばに来たら、「ほら、写真撮って 」と言われて、LAXのモニュメントをスマホで撮影しました。 この時、あ~これで帰るんだと実感して、じんわり寂しさを感じました。 ー 9日間の旅を振り返って ー 一生に一度の旅をすることができたと断言ができます。 もちろん私は、これから先もまだまだ旅行には出かけるはずです。 でもこれほど思いの詰まった貴重な体験を、これから先のそう長くはない人生において、また私が味わうことができるかと言っ…

  • 息子と娘とアメリカ旅行!~7日目 ハリウッド&ビバリーヒルズ~

    いよいよアメリカ旅行も、終わりが見えてきました。 7日目。 Uberで、アナハイムのホテルからハリウッドのホテルまでの移動で始まります。 ハリウッドではLoews Hollywood Hotelに宿泊。 このホテルを選んだのには理由があります。 お部屋から、あの有名なハリウッドサインを見ることができるのです。 8日目の最終日は朝から空港に向かうために、実質7日目がこの旅の最終日であり、ハリウッドサインが部屋から見れれば、観光の時間の短縮になると考えました。 部屋からはこんなふうにしっかりとサインが見えましたよ。 実質最終日の7日目。 二手に分かれ、映画好きな息子はハリウッドで映画を見て、その後…

カテゴリー一覧
商用