chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
田植え機に乗った元サラリーマン https://blog.goo.ne.jp/komagata1860

年金無職の元サラリーマン、少しだけ農業をしながら感じた事や思った事を気まぐれに書き込んでいます。

年に数回の北海道、東北方面の車中泊旅やメノウなどの探石を楽しみながら、書きたい時に書きたい事を書き込んでいます。

komagata owl
フォロー
住所
茨城県
出身
茨城県
ブログ村参加

2010/04/25

arrow_drop_down
  • 雪の植物園

    今朝起きて庭を見たらまだ結構雪が残ってましたので、近くの茨城県立植物園に再度行ってみることにします。昨日は門が閉まっていましたが、今日は開いてますね。でも駐車場には車が1台のみ、ほぼほぼ貸し切りのようです。茨城県立植物園‐1昨日と比べると雪は大分溶けてしまっています。茨城県立植物園‐2沈床園の花も雪に埋まって寒そうです。茨城県立植物園‐3これはザクロの実の残骸ですね、どうやら中身は鳥に食べられてしまったようです。茨城県立植物園‐4木蓮の芽、この産毛みたいな芽はコンデジではなかなかピントが合いずらいです。茨城県立植物園‐5柘植の木が雪被っています、出来れば雪だるまを撮りたかったんですが…。茨城県立植物園‐6鳥が地面に落ちた実をついばんでいます。調べたら「ジョウビタキ」って鳥に似てますが…、さてさて。茨城県立...雪の植物園

    地域タグ:那珂市

  • 大雪!

    強烈な寒波が日本をすっぽり包み込んでいるようで、当地でも昨晩から雪が降り出して積雪となりました。大雪‐1私の住んでいるところでは雪は滅多に降らなくて降ったとしても積雪になるのはすごく稀なんです。でも今回は夕方から降り始めたことから結構な積雪となり、道路も凍結しました。大雪‐2滅多に降らない雪が降りましたので近くの植物園まで写真を撮りに向かったんですが、滑ったんでしょうか途中で車が畑の中に突っ込んでいます。私の車はスタッドレスタイヤを履いているんで大丈夫だと思うんですが、それでも万能ではないので注意して走ります。大雪‐3植物園に到着、あら~開いていません。雪のため開園が遅れると張り紙に書いてありますが、今日は無理かもしれませんので戻ることにします。大雪‐4折角出かけてきて手ぶらで帰るのもなんなんで、近くの池...大雪!

  • 蝋梅(2023年)

    小さな公園に蝋梅の花を見にやって来ました。例年大寒の頃に満開になっているはずなんですが………、蝋梅‐1まだ蕾のようです、残念。少し離れたところにもう1本ありますのでそちらを見てみましょう。蝋梅‐2おう~っ、こちらはほぼほぼ満開です。蝋梅‐3ほんの20mぐらいしか離れていないんですが、こんなにも違うんですね。蝋梅‐4陽当たりや風通しなどで開花のタイミングは微妙に違ってくるようです。蝋梅‐5蝋梅の名前の由来は光沢のある花がまるで蝋で作られたあるいは蝋をコーティングしたような花であることから来ているそうです。ちなみに英語では「wintersweet」というそうで、いずれもまさに言い得て妙ですね。蝋梅(2023年)

  • LIW-120DEJ

    リニエージ先日メルカリ便が届きました。メルカリ便開けると箱が出て来ました。リニエージ「LIW-120DEJ-7A2JF」-1箱を開けるとさらに箱入りです。リニエージ「LIW-120DEJ-7A2JF」-2箱の蓋を開けると、ジャジャン「カシオリニエージLIW-120DEJ-7A2JF」です。この時計が欲しくて以前からずう~っと探していたんですが、見つかりませんでした。リニエージ「LIW-120DEJ-7A2JF」-3厳密にいえば本当に欲しかったのは「カシオリニエージLIW-100TDJ-7AJF」ですが、100TDJの後継機種であるこの120DEJは日付の窓のところデザインがやや違うぐらいで見た目はほとんど変わりません。でもサイズが大きさ厚みがそれぞれ小さく薄くなっていて、そして素材がステンレスになった分や...LIW-120DEJ

  • 初売り

    お正月に新聞に入って来た初売りのチラシを見ていたらちょっと欲しいものが載っていましたので、隣町までのこのこ買いに行くことにしました。初売りのセールに行くなんて久しぶり、ここしばらく行った記憶がありません。先ずはヤマダ電機、初売り2日目なんでチラシに載っていた目玉商品は売り切れているかもです。初売り‐1ランキング参加中売り場をウロウロ、お目当ての商品はワゴンの中にありました。LEXARのUSB2.0(128GB)をゲット、まだ結構残っています。初売り‐2続いて反対側のケーズデンキに向かいます。初売り‐3こっちではSDHCカード16GB(Class10)をゲット、こちらもそこそこ残っています。初売り‐4USBもSDHCカードもネットと比べて特に安いという訳ではなかったんですが、お正月ですので電気店で買ってみま...初売り

  • 新年!

    初日の出新年あけましておめでとうございます。いつもは行かないんですが、今年は初日の出が見られる可能性が高いというニュースを耳にしましたので、早起きして近くの川原に見にやって来ました。日の出の時刻を調べるとこのあたりは6時50分ということなんですが、時間になっても出て来ません。後で分かったんですが日の出の時刻は地平線(または水平線)から太陽が顔を出す瞬間の時間ということらしく、林とか森とかの障害物があれば当然ズレてくるということらしいです。初日の出‐1ランキング参加中日の出の予定時刻から約10分後東南の方角から眩しい光が射して来ました。てっきり東の方角から上がって来るものと思っていましたので、あらぬ方向からあがり不意打ちを食らった感じでカメラを構えるのが遅れてしまいました。驚いたのは陽が昇るスピードがかなり...新年!

  • 大晦日

    今年も押し詰まって今日1日となってしまいました。この1年を振り返ってみますと大したこともせずに何となく過ぎてしまったなぁという感が否めません。でも歳を重ねて来ると何事もなく平々凡々に過ごすというのは、ひょっとしたらすごく大切なことなのかもしれません。そういった意味では充実した1年でした。大晦日ブログの方は、コロナの影響であまり出かけられなかったこともあり年間160回の投稿でした。少し少なかったですかね、もう少し書きたかったですが、歳のせいかだんだん筆が重くなって来ています。でも皆さんのたくさんの「いいね」や「車中泊」バナーを押して応援して頂いたことで、何とか書き続けることが出来ました、心から感謝です。来年はもうちょっと「車中泊の旅」増やせればと思っておりますので、拙いブログですが引き続き応援宜しくお願いい...大晦日

  • 年越しそば(2022年)

    里美生そば今年も残すところあと1日、明日は大晦日、ということで年末セールのチラシがたくさん入って来ます。いつもはセールのチラシなど全く見ないんですが、年末に限り地元スーパー「かわねや」のチラシだけは見ます。見るところはそう年越しそばのところ、今年もあるかな「里美生そば」、おうっありましたねぇ、字が小さいですが載っています。スーパーかわねや‐1ランキング参加中売り切れてしまうと困るので、早速買いに行きましょう。スーパーかわねや‐29時オープン少し過ぎということで駐車場も空いています。スーパーかわねや‐3お目当ては年越しそばのコーナーだけ、あらっ~蕎麦が沢山並んでますねぇ。里美生そば‐1常陸秋そばも美味しいんですけど、里美生そば‐2私が欲しいのはこっち、「里美生そば」です。里美生そば‐3昨年は売り場の真ん中ぐ...年越しそば(2022年)

  • 阿賀野川探石行-6(完)

    伊南川探石道の駅番屋5時30分起床、寝る時は誰もいなかったんですが反対側に1台います。昨晩は予想通りかなり冷え込んで車の屋根をみると夜露が凍っています。でも使い捨てカイロと寝袋を2枚重ねて寝たせいか室内はそれほどでもなく、首周りは冷えたもののそんなに寒くはありませんでした。暖房器具を使わないでどのくらいまで車中泊できるかを試したかったこともありまして今回ここで車中泊してみたんですが、これで氷点下前後まではOKというのが確認出来ました。阿賀野川探石行-94おっとトイレの脇にもう1台いました。どうやら昨晩は私を含めて3台が車中泊したようです。今日は帰宅しますので早めにいつものルーチンワークをこなし探石の出発準備をします。阿賀野川探石行-95道の駅番屋の前を通る国道352号から伊南川沿いの国道401号にかけての...阿賀野川探石行-6(完)

  • 阿賀野川探石行-5

    下越から只見へ移動6時起床、旅5日目道の駅たがみの朝、雨が降っています。あと1日ぐらい仙見川、早出川を探石したかったんですが、どうもこのあと下越の天気は傘マークの予報が続いていますので、今日は比較的天気の良い内陸の只見に移動します。朝のルーチンワークを済ませゆっくり目の8時すぎに道の駅たがみを出発、道の駅たがみには4日間もお世話になり大変感謝です。次回もよろしくです。.............阿賀野川探石行-77馬下駅近くの田んぼの中を走っていたら列車がやって来ました。新津、郡山を結ぶ磐越西線、思わずパチリです。余談ですが馬下駅って何て読むか分るでしょうか?答えは「まおろしえき」、難読駅名に入っています。私も読めませんでした。(なお私は列車の写真を撮るのは好きですが、断じて「鉄ちゃん」ではありません)阿賀...阿賀野川探石行-5

  • 阿賀野川探石行-4

    再びの早出川探石5時30分起床、道の駅たがみの4日目の朝、雨は降っていないもののどんよりと曇って今にも降って来そうです。一連の朝のルーチンワークを済ませ、7時すぎ再び昨日の早出川に向かって出発です。阿賀野川探石行-57昨日の駐車場に車を停め探石の準備をしていると空の方からガーガーという声が、白鳥です。私は探石に川原に出勤ですが、白鳥はどうやら仲間たちと餌場に出勤のようです。阿賀野川探石行-58昨日2番目に探石した川原に到着です。あらっ~岸辺で白鳥たちが羽を休めていますねぇ、川原に下りたらたぶん気づいて逃げてしまいますね。阿賀野川探石行-59川原に下りて静かに歩いていたんですが20mほど歩くと案の定白鳥たちは気づいて飛び去ってしまいました。阿賀野川探石行-60白鳥たちには申し訳なかったんですが、私も探石しな...阿賀野川探石行-4

  • 阿賀野川探石行-3

    <早出川探石5時起床、道の駅たがみの3日目の朝です。いつも通りコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り今日の予定を立てます。天気予報をみると今日から天気が思わしくありません。今日は何とか曇り空で持ちそうですが夜になると雨が降りそうです。どうやらこの時期新潟はどんよりとしたこんな日が多くなりやがて雪の降る季節に入って行くようです。................阿賀野川探石行-38今日は阿賀野川支流の早出川を探石です。道の駅田上から五泉市の早出川まで15~6㎞なんですが、何度も書いているように道があたかも敵の侵入を防ぐ城下町の迷路のように道が右に左に曲がりくねっています。なんでかなぁと思って調べたら五泉市村松というところは村松藩のお城があった城下町でした。納得ですが、この市街地を通るとかなりの時間ロスになりますの...阿賀野川探石行-3

  • 阿賀野川探石行-2

    阿賀野川探石5時30分起床、いつものコーヒー&ホットサンドの朝食を済ませルーチンワークの車内の整理を行います。そして昨日からのゴミを処分して阿賀野川探石に出発です。(北海道の道の駅と比べると本州の道の駅には「ゴミ箱」が設置されていますのですごく助かります。北海道の車中泊旅の時にはゴミ処理に大変苦労しました。)阿賀野川探石行-14昨日下見した阿賀町津川のポイントに行くんですが、道の駅たがみから五泉市を通って国道49号線に出るまで曲がりくねった狭い道が続き時間がかかってしまいました。道の駅たがみから阿賀町津川までは約50㎞ほどなんですがおかげで2時間近くかかってしまい到着が10時すぎになってしまいました。昨日チェックした麒麟山公園の川原を少しチェック、ここは阿賀野川ではなく常波川の川原ですので本命の阿賀野川の...阿賀野川探石行-2

  • 阿賀野川探石行-1

    下越へ11月中旬、朝暗いうちに出発した旅は、10㎞少し走ったところで突然「充電が出来ません」の警告ランプが点灯してすごすごと引き返すハメになりました。大きな故障かなと思ったんですが部品交換で済みラッキーでした。そして1週間後仕切り直して「探石行の旅」の再出発です。前回は暗いうちから張り切って出発したんですが、この歳で張り切りすぎるとろくなことがないのが分かりましたので、今回は朝食を食べてからのんびり出発です。阿賀野川探石行-1いつもの県道33号を県境に向けて北上、途中旧水府村あたりで路肩に「竜神峡紅葉祭り」の看板が立っています。ちょうど11月中旬ごろはバンジージャンプで有名な竜神大つり橋から大子町の袋田の滝にかけての奥久慈エリアは紅葉真っ盛りになります。久しぶりにちょっとだけ竜神大吊り橋を覗いていこうかな...阿賀野川探石行-1

  • 充電が出来ません

    先日いつもの石拾いの旅に行こうと早朝自宅を出発したんですが、10㎞少し走ったところでダッシュボードのスピードメーターのところに突然「充電が出来ません」の黄色い警告ランプが点灯しました。車は走行していたんですが電気系統ということでUターンして引き返すことにしました。私の車は2016年に中古で購入した2011年式のフィットシャトル(購入時の走行距離37,000㎞)です。丁寧に乗って来たつもりなんですが、それでも今年で11年目、走行距離約137,000㎞ということで、どこかに経年劣化の症状が出てもおかしくありません。バッテリーマークが点いていますのでもしメインバッテリーだったらヤバイかなぁと思いました。フィットシャトル-1走っていると「IMA(IntegratedMotorAssistSystem)システム点検...充電が出来ません

  • 山茶花の花

    山茶花の花が咲き出しました。............山茶花-1我が家の山茶花は毎年11月下旬に咲き始めるんですが、今年もいつも通り咲き始めました。山茶花-2蕾もあちこちに付いていますので、これから次から次へと咲いていくでしょう。山茶花-3初冬の花、山茶花が咲き出しましたのでどうやら冬が始まったようです。山茶花の花

  • 「雨引の里と彫刻2022」-おまけ

    見落とした作品23の撮影をもって「雨引の里と彫刻2022」は終了なんですが、帰り道今回の野外彫刻展で一番気に入った作品26が近くにありましたのでもう一度見ていこうと思います。「雨引の里と彫刻2022」-119作品26は写真の右側、畑の先の鬱蒼とした竹林の中にあります。「雨引の里と彫刻2022」-120畑と竹林の間の小路を20mほど入っていくと、竹林の中に突然この作品が現れます。この青竹が醸し出す静謐な空気感、この一角だけ何か異次元空間のような感じです。辺りは鬱蒼と茂る竹で薄暗いのにここだけうっすら明るく、竹取物語の雰囲気です。「雨引の里と彫刻2022」-121作品は欅の板を手彫りした感じで、表面には無数の穴が掘られていてそれが文様になっています。「雨引の里と彫刻2022」-122欅の板も古いもののようで、...「雨引の里と彫刻2022」-おまけ

  • 作品23

    「雨引の里と彫刻2022」野外彫刻展「雨引の里と彫刻2022」が桜川市で10月10日(月)〜12月11日(日)の期間開催されていまして、10月下旬に訪れその模様を5回にわたってブログアップさせて頂いたんですが、その際「作品23」だけうっかり飛ばして見落としてしまいました。「雨引の里と彫刻2022」-110作品は全部で33個ありましてそのうちの1個ですからその時は「まぁいいか」と思っていたんですが、その後どうにも気になっていました。ネットでどなたかの写真を借りて追加UPしようかなとも思ったんですが、それでもなぁと思い本日(11月28日)1時間ほどかけてわざわざ作品23を撮りに桜川市までやって来た次第です。1か月振りの雨引の里は、北側に聳える雨引山、「雨引の里と彫刻2022」-111東側に横たわる加波山、「雨...作品23

  • 「雨引の里と彫刻2022」-6

    作品29は雨引山が良く見える田んぼの中にあります。「雨引の里と彫刻2022」-89桜川に注ぐ支流の土手ににょっきり聳えています。「雨引の里と彫刻2022」-90テーマが「雨引と.風と」でコメントに「雨引山から吹く風」とありましたので、上部の穴ポコが雨引山を向いているのかなと思ったら向いてません。ちょっと気になりましたので調べてみました。「雨引の里と彫刻2022」-91筑波山には向いてないし「雨引の里と彫刻2022」-92あえて言えば加波山方向かな、でも正確に加波山を向いている訳ではありませんのでう~ん向きはあまり関係ないのかな、ということで作品の周りを一廻りしてしまいました。「雨引の里と彫刻2022」-93テーマに「筑波嶺の…」とありますので撮影ポイントはこっちからですかね。「雨引の里と彫刻2022」-9...「雨引の里と彫刻2022」-6

  • 「雨引の里と彫刻2022」-5

    道迷いをしてしまい大きな道に出てコースを再確認し再びルートに戻りました。この時作品23に戻るべきところをこの公園の駐車場に車を停めてしまってうっかり作品23を飛ばしてしまったようです。公園の周りではコスモスが咲き乱れ、「雨引の里と彫刻2022」-72柿が鈴なりに実をつけ「雨引の里と彫刻2022」-73柚子が黄色く光っています。「雨引の里と彫刻2022」-74そんな広場の真ん中にポツンとこれが置いてあります。「雨引の里と彫刻2022」-76ジャングルジムにしてはゴツイですが、小さな子供は絶対遊具だと思うでしょう。「雨引の里と彫刻2022」-77公園の奥の方から柚子の大木が見えます。「雨引の里と彫刻2022」-78そこに作品がありました。「二つの石」です。「雨引の里と彫刻2022」-79あまりにもこの古びた公...「雨引の里と彫刻2022」-5

  • 「雨引の里と彫刻2022」-4

    次の作品は鳥居を潜って進んだ先にありました。「光の空から光のままひらひらと落ちてきて繰り広げられる点在とすき間の美学」「雨引の里と彫刻2022」-49思わず上を見上げると、おうっ光の空があります。「雨引の里と彫刻2022」-50そしてひらひらと落ちてきたものは、イチョウの葉っぱですねぇ。「雨引の里と彫刻2022」-51黄色い絨毯みたいに鉄板の上一面に点在しています。微妙なすき間も見えます。ところでイチョウの木は何処に、あたりを見回しても杉の木などはありますがイチョウの木は見当たりません。でも銀杏の熟した例の独特の香りが微かに匂って来ます。「雨引の里と彫刻2022」-52ということは何処かにあるはずです、イチョウの木、周りをウロウロするとイチョウの葉っぱ発見です。4「雨引の里と彫刻2022」-53そして参道...「雨引の里と彫刻2022」-4

  • 「雨引の里と彫刻2022」-3

    「二つの穴が石の重心で繋がった時、石の魂が息を始める」「雨引の里と彫刻2022」-32と作家さんはおっしゃっていますが、この石と石の距離間、どうにかならないでしょうか。どうにもうまく写真に収まりません。「雨引の里と彫刻2022」-33ということで一つずつバラして撮ってみましたが、「雨引の里と彫刻2022」-34一つずつでは作家さんの意図するところでは無いのでしょうね。「雨引の里と彫刻2022」-35この方、沼とか池がお好きなようで前回の展示場所もため池のようなところだったと記憶しています。「雨引の里と彫刻2022」-36本題とは外れるんですが、前回作家名をサクサベウシオと勘違いして外国の方と思い込んでいたと書き込んだんですが、今回この展示場所の近くで面白いものを見つけました。「雨引の里と彫刻2022」-3...「雨引の里と彫刻2022」-3

  • 「雨引の里と彫刻2022」-2

    次の展示場所は少し離れた雨引山の麓のようで、田んぼの中ののどかな道を進みます。「雨引の里と彫刻2022」-12雨引観音の名で親しまれている雨引山楽法寺(坂東観音霊場第二十四番札所)までは登らず、手前の雨引千勝神社周辺に展示されています。「雨引の里と彫刻2022」-13最初休憩所のテーブルかと思ったら作品でした。この方の前回の作品覚えています、前回は樹々の中に展示された「森の食卓」、今回は「紅葉の食卓」ということで、どうやら食卓がテーマのようです。「雨引の里と彫刻2022」-14「紅葉の食卓」ですので奥のモミジを背景にパチリです。もう少し秋が深まると食卓の上にモミジの葉っぱが彩りを添えてくれると思います。「雨引の里と彫刻2022」-15これね、ちーと考え込んでしまいました。「神様の涙」……、涙は何処に?「雨...「雨引の里と彫刻2022」-2

  • 「雨引の里と彫刻2022」-1

    案内状10月上旬に野外彫刻展「雨引の里と彫刻2022」のパンフレットが届きました。約2年に一度の開催で今年で12回目、ここもとは新型コロナの影響もあってか前々回2015年、前回2019年、そして今回と不定期の開催となっているようです。「雨引の里と彫刻2022」期間2022年10月10日(月)~12月11日(日)時間9時~16時30分場所茨城県桜川市(旧大和村周辺の里山、集落界隈)HP雨引の里と彫刻受付大和ふれあいセンター「シトラス」1F(インフォメーションセンター)「雨引の里と彫刻2022」-1ランキング参加中前回は時間も取れなくて開催終盤に行ったんですが、今回は特段の所用もないことから天気の良い日を選んで10月下旬の某日出かけました。自宅を出て山間の道を進み国道50号にしばらく走ると9時30分大和ふれあ...「雨引の里と彫刻2022」-1

  • 北海道車中泊の旅(2022年-完)

    10月2日(日)道の駅ながいから帰宅5時起床、早朝の道の駅ながいはすっぽり濃い霧に包まれています。直ぐ脇を最上川が流れていますのでその影響でしょうか。ちょっぴりロマンチックな雰囲気、神様が旅の最終日を演出してくれたのでしょうか。北海道車中泊の旅(10月2日-1)いつもどおりコーヒー&ホットサンドで朝食をとります。旅の最終日のコーヒーは一つだけ取っておいた「サザコーヒー」です。北海道車中泊の旅(10月2日-2)道の駅は6時ぐらいからトラックが出入りして荷物や機材みたいなのを運び込んでいます。なにやらイベントの準備のよう、山形ですから時期的に芋煮会でもあるんでしょうか。そんな中7時ぐらいまで霧が晴れるのを待っていたんですが、どうやらダメなようです。視界は100mぐらいはあるでしょうか、車も走っていますので見切...北海道車中泊の旅(2022年-完)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-28)

    10月1日(土)道の駅おおゆから道の駅あさひまちそして道の駅ながいへ5時起床、道の駅おおゆの朝、山の端が真っ赤に染まっています。そんな朝焼けに照らされてバタバタといつものルーティンをこなします。北海道車中泊の旅(10月1日-1)道の駅おおゆ、行きと帰りと2泊お世話になりました。今回初めてだったんですがお気に入りの道の駅になりそうです。ということで7時30分道の駅おおゆを出発します。北海道車中泊の旅(10月1日-2)30分ほど走ると道の駅かずのに到着、ここもちょっと気になっていたんで覗いて行きましょう。北海道車中泊の旅(10月1日-3トイレもきれい、ごみ箱もあります。北海道車中泊の旅(10月1日-4)wifiの方は入り口のところの駐車場では入りますが下の大きな駐車場では入りませんでした。でも下の大きな駐車場...北海道車中泊の旅(2022年-28)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-27)

    9月30日(金)函館港から青森港そして道の駅おおゆ3時50分起床、今日はフェリーに乗るので早めの起床です。例によってコーヒー&ホットサンドで朝食を食べ出発の準備をして、トイレに行こうと外に出ると東の空が赤く染まってます。.....................北海道車中泊の旅(9月30日-1)建物の間から朝日が顔を、電線がちょっぴり邪魔ですが北海道旅最終日の朝日、気分上々です。北海道車中泊の旅(9月30日-2)駐車場は車中泊の車も大分少なくなって、車間も取れていい感じです。北海道車中泊の旅(9月30日-3)でも今日は金曜日ですので今晩あたりから土日にかけて増えそうです。そんな道の駅きこないを6時30分函館港に向けて出発、今年は5泊もお世話になり心から感謝です。北海道車中泊の旅(9月30日-4)無料の函館...北海道車中泊の旅(2022年-27)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-26)

    9月29日(木)木古内5例によっていさりび鉄道の貨物列車のガタンゴトンという音で起こされるも5時ぐらいまでウトウト、おっと今日は洗濯に行かなければと気づき慌てて起床、バタバタといつものコーヒー&ホットサンドで朝食を食べます。......北海道車中泊の旅(9月29日-1)6時前に道の駅を出て6時少し過ぎにコインランドリーに、ここ6時オープンなんです。自動洗濯機にまとめて洗濯物を放り込みます。洗濯終了後は道の駅に戻り、明日フェリーに乗るのでバタバタと荷物の入れ替えや車内清掃です。一段落して50㎞程離れた日本海側にある道の駅あっさぶに向かいます。北海道車中泊の旅(9月29日-2)10時道の駅あっさぶ到着です。北海道車中泊の旅(9月29日-3)直売所はあちこちにあるんでここまで来る必要はないんですが、毎年足を運ん...北海道車中泊の旅(2022年-26)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-25)

    9月28日(水)木古内そして知内川44時過ぎ今日もいさりび鉄道の貨物列車のガタンゴトンという音で起床、道の駅の車中泊の車は週初めと比べると大分少なくなっています。コーヒー&ホットサンドでいつものどおり朝食を摂り、朝のルーティンワークをこなします。北海道車中泊の旅(9月28日-1)ここで道の駅きこないのランキング一位の一端を紹介、ここのトイレットペーパーなんですが、私が過去使わさせて頂いた道の駅のトイレットペーパーで品質ナンバーワンです。「お持ち帰り」はいけませんが、分かる気もします。こんな気遣いがランキング一位の理由なんでしょうね。北海道車中泊の旅(9月28日-2)今日も9時に道の駅を出発、9時30分すぎ道の駅しりうち到着です。一昨日新幹線展望塔に登った事を書きましたが、その時は残念ながら新幹線の写真は撮...北海道車中泊の旅(2022年-25)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-24)

    9月27日(火)木古内そして知内川3いつものいさりび鉄道の目覚ましで4時過ぎに起きるも二度寝、ちょっぴりお疲れモード、5時30分になってやっと起き出す。車中泊の車は3連休が明けてから徐々に少なくなって、今朝あたりは隣との距離感を考慮するとちょうどいい感じです。そしていつものルーティンワークをこなし、9時30分出発です。北海道車中泊の旅(9月27日-1)10時30分知内川のポイントに到着、今日は昨年訪れたところに入ります。道路が付いていて歩きやすいんですがこの熊笹が……、目一杯笛を吹きながら靴音をたてて下りて行きます。北海道車中泊の旅(9月27日-2)川原に到着、いい感じで石が転がっています。足跡もないのでここ何日間かは人が入ってない感じで期待が膨らみます。北海道車中泊の旅(9月27日-3)この透明感、川底...北海道車中泊の旅(2022年-24)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-23)

    9月26日(月)木古内そして知内川4時30分起床、道の駅きこないはサービスで目覚まし時計が付いてます。早朝4時過ぎにいさりび鉄道の長い貨物列車が木古内駅にガタンゴトンと大きな音を立てて入って来ます。そして5時ごろ再びガタンゴトンと大きな音を立てて木古内駅を出て行きます。スヌーズ付きです。まぁ大体これで起きてしまいます。そんな朝の道の駅きこない、車も昨日夕方から比べると大分減ってちょうどいい感じです。北海道車中泊の旅(9月26日-1)いつものコーヒー&ホットサンドの朝食を準備していると東の方の空が真っ赤に染まりだしました。朝焼け、15分ほどの朝のショータイム、今日は良いことありそうです。北海道車中泊の旅(9月26日-2)ここはwifiの電波が結構強くて駐車場の真ん中ぐらいでもOK、ということで繋ぎ調べ物やY...北海道車中泊の旅(2022年-23)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-22)

    9月25日(木)-2函館から木古内そして知内川大都市函館付近には用事はないのでさっと通過しようと思ったんですが、どこかで昼飯を食べようと思いとあるところを思い出しました。上磯ダム公園キャンプ場そこはどなたかのブログに掲載されていた函館の隣の北斗市にある上磯ダム公園キャンプ場という無料のキャンプ場です。なかなかいい感じのところというので、そこを見てみようと思います。山道を5㎞ほど走るとダムサイトが見えて来ます。北海道車中泊の旅(9月25日-21)やや狭いダムの上の道を通って反対側に行くと上磯ダム公園キャンプ場に到着です。北海道車中泊の旅(9月25日-22)奥にダム湖が見えます。北海道車中泊の旅(9月25日-23)皆さん駐車場の脇にテントを張っていますが、テントサイトはどうもこっちのようです。ナナカマドの陰に...北海道車中泊の旅(2022年-22)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-21)

    9月25日(日)-1長万部、八雲、森そして函館へ4時30分起床、寒いですが昨日よりは少しましな感じ、久しぶりにコケコッコーの鳴き声を聞きました。道の駅くろまつないには日本の朝があります。3連休中ということで車中泊の車やや多めです。北海道車中泊の旅(9月25日-1)例によっていつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、その後車内の整理です。北海道車中泊の旅(9月25日-2)そしてギリ繋がるwifiで天気予報などをチェックして、7時00分出発です。北海道車中泊の旅(9月25日-3)再び長万部の水柱先ずは長万部といえば例の水柱ですが、ついつい立ち寄ってしまいます。朝ということで車少ないです。この神社の敷地から噴き出しているとのことです。うっすら左手杉林の上に噴出しています。北海道車中泊の旅(9月25日-4)アッ...北海道車中泊の旅(2022年-21)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-20)

    9月24日(土)再びの国縫川と珍古部川4時30分起床、というか隣に駐車したトラックのアイドリング音で起こされた。昨晩はwifiを繋ぎたくて前の方に駐車したので大型車の駐車場の脇になってしまった。雨が降り続いているが、取り敢えずのそのそ起きていつものコーヒー&ホットサンドで朝食です。北海道車中泊の旅(9月24日-1)7時すぎぐらいになると直売所の野菜などの搬入の車で建物の近くの駐車場は混雑、邪魔になるといけないのでいつもの奥の隅っこに移動します。北海道車中泊の旅(9月24日-1)さていつもはこの直売所でお土産を買うんですが今年はまだ少し旅が残っているんでパスです。北海道車中泊の旅(9月24日-1)道の駅石狩に引き続き道の駅ニセコにもゴミ箱がありました。これを見るだけでホッとします、感謝。北海道車中泊の旅(9...北海道車中泊の旅(2022年-20)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-19)

    9月23日(金)雨で停滞4時起床雨降り、二度寝、7時まで寝てしまう。もぞもぞ起き出しいつものコーヒー&ホットサンドで朝食、今日はどうやら一日雨模様のようです。こういう日はドアを開けるたびに濡れてしまうので、コンパクトカーは本当に困ります。スライドドアのワンボックスや軽自動車が羨ましい限りです。北海道車中泊の旅(9月23日-1)今日は何もせずここに停滞して日記のまとめやこれからの旅の計画でも立てようかなと思っていたんですが、9時ごろになると車が増え駐車場が込み合って来ました。ここには人気の直売所があるのでそれ目当てのお客さんの車のようです。加えて今日は3連休の初日ということでいつもよりお客さんが多いみたいです。ということでここにいては邪魔になりそうですので、新しい車中泊が出来そうな道の駅をチェックがてらこの...北海道車中泊の旅(2022年-19)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-18)

    9月22日(木)‐2赤井川の十勝石峠を越えて山を下りましたのでどうやら赤井川村に入ったようです。北海道車中泊の旅(9月22日-20)赤井川村は鍋の底のようなカルデラ地形に拡がった村で意外とフラットです。町の中ほどに村の名前にもなっている赤井川が流れていまして余市川に合流しています。余談ですが赤井川村には白井川と青井川という川もあります。そんな赤井川村で十勝石を探しに行きます。その途中にあったんですがこれなんでしょうか?北海道車中泊の旅(9月22日-21)もじゃもじゃして実にも見えますし種のようにも見えます。初めて見ました。北海道車中泊の旅(9月22日-22)そんな植物が生えている山道を進んで行くと途中からダートになります。北海道車中泊の旅(9月22日-23)ここが十勝石(黒曜石)が採れる川、以前ここを探し...北海道車中泊の旅(2022年-18)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-17)

    9月22日(木)望来めのうと赤井川の十勝石-14時30分起床、寒い室温10度、昨日よりかなり寒いです。外に出てみると地面付近は建物に遮られてあまり感じませんが、上空では風がビュービュー音を立てて吹いています。そんな澄み切った空に三日月が残っています。北海道車中泊の旅(9月22日-1)朝の駐車場には車中泊と思われる車が結構停まっています。道の駅るもい、人気の道の駅のようです。いつもどおりコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、出発の準備を整えます。北海道車中泊の旅(9月22日-2)隣の軽の方と目が合いご挨拶、ちょこっと話をすると関西の方でこちらには化石を採りに来ているそう、私と似たような趣味、世の中いろんな人がいるようです。ということで今日は7時30分早めの出発、道の駅るもいお世話になりました。こっち方面に来た...北海道車中泊の旅(2022年-17)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-16)

    9月21日(水)再びの深川そして日本海へ4時起床寒い、室温は温度計で11度、推測ですが外気温は5度前後ぐらいまで下がっている感じです。ユニクロのライトダウンジャケットこんなの絶対使わないだろうと思いつつを持って来て正解でした。今日は移動しますので早めにいつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、出発の準備を整え6時40分出発です。道の駅かみしほろ、台風が来たせいもあってか5泊もさせて頂き大変お世話になりました。広い駐車場、水、wifi、キレイなトイレと旅人にとっては十分過ぎる環境、また来ると思いますので宜しくです。北海道車中泊の旅(9月21日-1)国道273号を30分ちょっと走ったあたりでしょうか突然鹿が路上に、見通しの良いゆるいカーブでしたので早めに認識、スピードダウン出来ました。ふぅ~っラッキーでした...北海道車中泊の旅(2022年-16)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-15)

    9月20日(火)十勝石‐36時起床、雨は降っているが風はあまり吹いていません。大型台風14号は夜半から明け方にかけて新潟県から宮城県沖を抜け太平洋に出たようです。当初予想よりは北海道から離れたところを通過したせいか思ったより影響はなかったです。木の枝から垂れる雫が車の天井を不規則に打つ音に少し睡眠を妨げられましたが、まあ何とか寝られました。北海道車中泊の旅(9月20日日-1)いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、雨が降っていることもありのんびり待機です。3連休明けの道の駅の駐車場は閑散として静かです。9時過ぎに雨がやみ昼ぐらいには晴れ間も見えるとのことなので、午後3度目の十勝石の探石に出かけようと思います。場所は先日も来たところ、水は濁ってやや増水していますが予報どおり晴れ間も見えて来ました。探石に...北海道車中泊の旅(2022年-15)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-14)

    9月19日(月)十勝の畑模様6時30分起床ちょい寝坊、雨は上がっていましたが夜は降っていたようです。空を見ると直ぐにでも降って来そうな重い雲が垂れこめています。加えて台風も刻一刻と近づいて来ていることもあってか3連休の最終日の朝の駐車場は閑散としています。さて今日はどうしようかなと考えながら、いつものコーヒー&ホットサンドの朝食を摂ります。.......北海道車中泊の旅(9月19日-1)台風が行ってしまうまではどうにも動けないんですが、かといって一日駐車場に待機しているのも憚れるので帯広近郊まで買い物に出ることにします。近場のスーパーでも良かったんですがネットで調べたら音更町にショッピングモールがありますので時間つぶしにそこに行ってみることにします。スーパーで食材と100円ショップで足りなくなったものを購...北海道車中泊の旅(2022年-14)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-13)

    9月18日(日)十勝石‐26時起床台風崩れの低気圧の影響で昨日から雨が降ったりやんだり、続いて大型台風14号が九州辺りに来ているみたいで日本列島を縦断する予想が出ています。台風が通過してしまうまでしばらくここ上士幌で停滞です。ここの道の駅はwifiに加えて水道もあって至れり尽くせりです。雨の中いつものルーティンなどをこなして様子を見ていたんですが、10時ごろ雨が上がったので近くの居辺川まで十勝石探石に出かけようと思います。北海道車中泊の旅(9月18日-1)いきなりこんなのがお出迎えです。気勢をそがれます。北海道車中泊の旅(9月18日-2)ということでヒグマ対策フル装備で河原に降り立ちます。ここも昨年から大幅に川原が変わっています。どうやら毎年川床改修工事が行われているようです。北海道車中泊の旅(9月18日...北海道車中泊の旅(2022年-13)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-12)

    9月17日(土)十勝石探石-15時30分起床、朝まで弱い雨が降っていたようで車が濡れています。旅に出て昨日まで10日間お天気といいますか雨が降らない日が続いていましたので、いつか降られるなと思っていました。そうそうラッキーは続かないようです。どうやら南の方で大型の台風が発生していて日本列島を縦断する予報らしく、加えて今日から3連休人出もありそうなのでここで静かにやり過ごそうと思います。北海道車中泊の旅(9月17日-1)今日は3連休の初日ということでどうやら夜遅く到着した車が隅の方に停まっています。いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り出発の準備、霧雨程度なので十勝石の探石に出かけようと思います。北海道車中泊の旅(9月15日-2)音更川の十勝石北海道の十勝石(黒曜石)には4大産地がありまして、それは白滝...北海道車中泊の旅(2022年-12)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-11)

    9月16日(金)網走から上士幌へ5時45分起床、引き続き寒いです。朝食のコーヒー&ホットサンドを食べ本日の予定を立てます。知床がダメだったんで今日は十勝まで移動しようと思います。北海道車中泊の旅(9月16日-1)ゆっくり目の9時30分出発、そんなに距離がある訳ではないので網走経由で行きます。斜里岳が見送ってくれます。北海道車中泊の旅(9月16日-2)釧網線の駅巡り今日は何もないので釧網線の駅巡りをしましょう。先ずは「止別駅」、えきばしゃのラーメンが有名、でも今回は外食はしないということで食べません、開店時間も11時からということで空いていませんけどね。北海道車中泊の旅(9月16日-3)次は釧網線の駅ではありませんが、道の駅小清水です。北海道車中泊の旅(9月16日-4)ここちょっと気になったお店がお隣にある...北海道車中泊の旅(2022年-11)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-10)

    9月15日(木)知床周遊6時50分起床、寝坊しちゃいました。どうもいつも来ている場所なんで安心して寝込んでしまったようです。でも寒かった、超寒かったです、ていうか今も寒いです。ラジオの朝のニュースでは陸別で0度近くまで下がったようです。旅に出る時は30度オーバーの真夏日でしたのでこの時期の北海道での着る物を想定するのはなかなか難しかったですが、いつもの習慣で厚手の長袖シャツや上着、ジャンパーなどを荷物になるとは思いながらいくつか隅っこに突っ込んでおいて良かったです。北海道車中泊の旅(9月15日-1)いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り急いで出発の準備、天気が持ち直したので今日は知床を周遊することにします。知床は何度も行っているのでどうしようかなと思ったんですが、ここまで来たので行くことにします。昨日...北海道車中泊の旅(2022年-10)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-9)

    9月14日(水)オホーツクを南下5時起床寒いかなり寒い、昨日とは雲泥の差です。いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、道の駅周辺を散歩、あれだけいた車なんですが皆さん早い出発のようで朝の駐車場は閑散としています。北海道車中泊の旅(9月14日-1)隣の百年記念公園駐車場、夜遅く来た車で車中泊禁止の看板が見えなかったんでしょうか、何台が停まっています。北海道車中泊の旅(9月14日-2)これ百年記念公園駐車場と道の駅の駐車場にある昔の駅舎と列車なんですが、よ~く見て下さいこの中に強者がいます。北海道車中泊の旅(9月14日-3)ふふふ、良く見つけましたねぇ、思わずやるなぁとつぶやいてしまいました。マナー的にはよろしくないんでしょうが迷惑をかけてない感じですので、チャリダーの判定勝ちというところでしょうか。この...北海道車中泊の旅(2022年-9)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-8)

    9月13日(火)湧別川の十勝石4時50分起床、今日も天気は良さそうです。いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂り、道の駅のフリーのwifiで朝からネット三昧です。北海道車中泊の旅(9月13日-1)ということで出発は8時30分を過ぎてしまいました。北海道車中泊の旅(9月13日-2)先ずはこんな道路が、どこまでも真っすぐ、北海道らしいですねぇ。北海道車中泊の旅(9月13日-3)そして鹿さんがお出迎えです。北海道車中泊の旅(9月13日-4)鹿さんにもいろんな形があるようです。冗談はともかく本当に鹿の飛び出しには注意が必要のようで、私は今回の旅、極力早朝、夕方の運転は控えることにしています。北海道車中泊の旅(9月13日-5)そしてこの時期オホーツクの海岸にはいたるところでサケ釣りの竿が果てしなく並びます。北海道...北海道車中泊の旅(2022年-8)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-7)

    9月12日(月)‐2オホーツク枝幸メノウは残念でした、まぁ探石なんてこんなもの。気をとり直していつもの100円パスタとおにぎりで昼食を食べ、その後温泉に向かいます。広大な牧草地で牛さんがのんびりと草を食んでいます。北海道車中泊の旅(9月12日-24)そんな中を車を走らせ久しぶりにここの温泉に来ました、「うたのぼりグリーンパークホテル」。北海道車中泊の旅(9月12日-25)ここは山の中にポツンとあるところで、なかなかいい温泉なんです。楽しみにしていました。北海道車中泊の旅(9月12日-26)うううううっあれれれぇ~、本日特別清掃日15時からって、聞いてませ~ん。確か12時からのはずなんですが、念のためフロントで確かめてみると月曜日は12時からということでどうやら見落としたようです、残念。う~ん、あと2時間は...北海道車中泊の旅(2022年-7)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-6)

    9月12日(水)‐1‐オホーツクへ5時00分起床、いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂りながら本日の予定を立てます。道の駅なよろはwifiが飛んでいるものの駐車場の中央辺りでは繋がらないんです。お天気のチェックやその他調べ物がしたかったので朝食後道の駅の近くに車を移動させます。車を道の駅の建物の脇の駐車スペースに、建物から10~20mの距離、バッチリwifiに繋がりました。北海道車中泊の旅(9月12日-1)道の駅深川ではネットに繋げられなかったので2日ぶりにネットが使えます。2時間ほどネットで調べ物をして出発です。今日は音威子府から枝幸に出て昨年行かなかった枝幸メノウを探索しようと思います。ここ道の駅なよろ、初めての車中泊だったんですが特に問題なく車中泊出来ました。日中は国道のそばということで車の出入...北海道車中泊の旅(2022年-6)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-5)

    9月11日(日)‐石狩川の川原-25時起床今日は日曜日、道の駅も朝から賑やかです。いつものコーヒー&ホットサンドで朝食を摂りながらのんびり本日の予定を考えます。やっと落ち着いていつもの旅のペースになって来ました。...........北海道車中泊の旅(9月11日-1)神居古潭石-28時過ぎに道の駅を出発、今日も石狩川の川原で探石です。今日の探石場所は昨日よりやや下流の場所、神居古潭石の探石ポイントとしては定番の場所のようです。北海道車中泊の旅(9月11日-2)ここも昨日の川原に負けず劣らず広い川原です。北海道車中泊の旅(9月11日-3)ずうっと先の方まで川原が続いています。北海道車中泊の旅(9月11日-4)全部はとても見切れませんので、まぁめぼしいとこだけ探索です。北海道車中泊の旅(9月11日-5)神居古...北海道車中泊の旅(2022年-5)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-4)

    9月10日(土)‐石狩川の川原4時00分に起床するも6時00分まで二度寝、お疲れモードのようです。のそのそとコーヒー&ホットサンドを準備し朝食です。道の駅の建物の周囲の駐車場には結構な車が停まっています。おっと今日は土曜日、地元の方もお出かけということで混雑しているようです。私の方はここまで急ぎ足でやって来ましたのでここからはスローダウン、ゆっくりモードに切り替え旅を楽しむことにしましょう。9時過ぎぐらいまで車中の整理などをしたりして過ごし道の駅を9時30分にスタートです。北海道車中泊の旅(9月10日-1)ここの道の駅の正式名称は「ライスランドふかがわ」、そうここはお米の一大生産地なのです。北海道車中泊の旅(9月10日-2)石狩川の両岸に拡がる広大な田んぼ一面には黄金色に輝く稲穂が頭を垂れて揺れています。...北海道車中泊の旅(2022年-4)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-3)

    9月9日(金)‐北海道上陸フェリーは海が穏やかだったせいか定刻よりやや早く函館に接岸、退船作業も少し早めに始まり、3時25分ぐらいに北海道上陸です。当初は函館港か道の駅ななえあたりで仮眠をとってそれから出発しようと思っていたんですが、フェリーの中で3時間ちょっと熟睡出来ましたのでこのまま走ってしまうことにしました。北海道車中泊の旅(9月9日-1)未明の国道5号線をひたすら北上します。辺りが暗いんで鹿の飛び出しに気を付けながら慎重運転です。1時間ちょっと運転したところで急に眠気が襲って来ました。北海道車中泊の旅(9月9日-2)無理せず道路わきの駐車帯に車を停めそのまま運転席で仮眠です。場所はよく分からなかったんですがたぶん森町と八雲町の間ぐらいだと思います。直ぐわきの噴火湾ではたくさんの漁船が漁をしていて、...北海道車中泊の旅(2022年-3)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-2)

    9月8日(木)‐青森フェリーターミナルへ4時30分起床、昨晩早く寝たせいかその分早起きです。昨晩の車中泊は5~6台ぐらいだったようで静かな夜でした。先ずはノートに日記というかメモというか旅の記録を書き込みます。北海道車中泊の旅(9月8日-1)その後いつものコーヒー&ホットサンドで朝食、コーヒーは今年も贅沢に「サザコーヒー」でスタートです。北海道車中泊の旅(9月8日-2)ここの道の駅は出来てからまだ3~4年ぐらいのようでトイレもすごくキレイ、wifiもバッチリ、駐車場もそこそこ広く車中泊にはなかなかいいところです。バタバタと出発して来ちゃいましたので車の中がゴチャゴチャ、荷物を直ぐに使うものとそうでないものと入れ替えて車内整理です。何せ車が小さいものですから整理しておかないと直ぐにぐちゃぐちゃになってしまい...北海道車中泊の旅(2022年-2)

  • 北海道車中泊の旅(2022年-1)

    9月7日(水)1日目‐自宅を出発恒例の「北海道車中泊の旅」、今年も引き続き新型コロナが猛威を振るっていましてどうしようかなと思っていたんですが、ネットなどを見ますと結構出かけている方もいますし8月末に4回目のワクチン接種も済ませたので、思い切って出かけることにしました。例年はお彼岸明けから3~4週間なんですが、今年は諸般の事情もありまして9月初旬からの旅となりました。昨年は大洗からフェリーでの出発だったんですが今年はいつもの下道ルートに戻り青森からフェリーで函館へ上陸するルートを取りました。まだ夏休み明けの9月初旬ということでフェリーも混んでいましたので予約して行くことに、予約日時は9月8日23時30分の青函フェリーです。いつもよりほぼほぼ1か月早い旅のスタート、準備もバタバタ、さてさてどうなりますやら。...北海道車中泊の旅(2022年-1)

  • 車中泊の旅「奥会津-5」

    8月1日(月)晴れ時々曇り4時50分起床、いつものモーニングルーティンをこなしていると電柱の上のほうからオハヨー、オハヨーという声が、外に出て声のする方を確認したんですが、電柱の上には何も居ず黒っぽい尾羽の鳥が森の方に飛び去ったのがかすかに確認できました。どこかから逃げ出した九官鳥の声なのか、あるいはカラスの声なのか、道の駅番屋の朝はそんな挨拶で始まりです。昨晩の車中泊、仮眠は私を含めて5台のようです。6時30分、スピーカーから流れるラジオ体操で手足をほぐし、6時40分、今日は旅の最終日ですので早めのスタートです道の駅番屋今日は初日にダムの放流のアナウンスで途中で探石を中止した川原に再挑戦です。伊南川-21う~ん。伊南川-22なかなかいい感じ、早起きの甲斐があったようです。伊南川-23広い川原にですねぇ、...車中泊の旅「奥会津-5」

  • 車中泊の旅「奥会津-4」

    7月31日(日)晴れ時々曇り4時30分起床、周りが山に囲まれているせいか朝はヒンヤリしています。寝る時アイドリング音がしていた割にはぐっすりと眠れました。例によってコーヒー&ホットサンドで朝食です。道の駅しょうわ-4時間が経つにつれ雲海に朝日が当たりだして、ちょっぴり幻想的な雰囲気です。道の駅しょうわ-5ここの道の駅の正式名称は道の駅「からむし織の里しょうわ」、からむしって何なんでしょう。道の駅しょうわ-6道の駅の中に現物が植えられていました。どうも麻の一種のようで、からむし(苧麻)という植物から繊維がとれ、これがからむし織などの原料になるようです。道の駅しょうわ-7麻にはいろんな種類があるようです。苧麻ー(からむし、ラミー)繊維は衣料、寝具用亜麻ー(リネン)繊維は衣料、資材用大麻ー(ヘンプ)繊維はロープ...車中泊の旅「奥会津-4」

  • 車中泊の旅「奥会津-3」

    7月30日(土)晴れ時々曇り5時30分起床、ちょい寝坊、今日は土曜日ということもあってか道の駅番屋は朝から車の出入りが多いです。天気も良く近辺の山は混みそうです。いつものモーニングルーティンをこなし遅めの7時40分に道の駅を出発です。道の駅番屋昨日チェックしておいた国道401号の道端のヤマユリ、なかなかいい感じです。ヤマユリ-1ただここ駐車するところがなくて写真撮るのに路駐したら、いつもは来ない対向車が来てしまって数台待たせてしまいました。待たせてしまった方、スミマセンでした。ヤマユリ-2これはカンゾウかな、ユリかな、それともキスゲ、取り敢えずユリにしておきます。ヤマユリの隣に咲いていました。ユリ?ガソリン補給、こんな山の中でセルフのスタンド、レギュラー181円、超高いです。でも地域の経済に貢献です。ガソ...車中泊の旅「奥会津-3」

  • 車中泊の旅「奥会津-2」

    7月29日(金)晴れ時々曇り4時起床、旅の朝はどうしても早起きに、寝るときは私1台だったんですが今朝は4台の車が停まっています。そういえば今尾瀬近辺はトップシーズン、山登りかハイキングあるいは渓流釣りに向かう人達かもしれません。取り敢えずいつものコーヒー&ホットサンドで昼食をとります。6時30分唐突に広域スピーカーからラジオ体操が、そうか今は夏休み、条件反射的に体が反応、久しぶりのラジオ体操、結構覚えているもので最後までやってしまいました。。今日は良いことがありそう、7時行動開始、途中素敵な雲海が迎えてくれます。雲海今回の旅もメインは探石、小一時間車を走らせ5月末に来た時にチェックしておいたポイントに到着です。伊南川-1直ぐに10㎝程の石をゲット、たいした石ではありませんがラジオ体操のご利益ですかね。伊南...車中泊の旅「奥会津-2」

  • 車中泊の旅「奥会津-1」

    7月28日(木)晴れのち強烈な雷雨車中泊の旅に出かけたかったんですが、コロナ禍に加えて天候不順ということでしばらく二の足を踏んでいました。そんな時3~4日晴れ間が続きそうなタイミングがありましたので思い切って出かけることにしました。場所は「奥会津」とは書きましたがいつもの伊南川、只見川流域です。先ずはマスクと消毒用アルコールの準備、車に備えおきます。車の出入りの際は必ず消毒します。...........奥会津‐1初日は140~150㎞先の宿泊場所まで移動するだけですので、遅めの14時出発です。国道293号を西に途中の県境の道の駅みわで果物を購入していると、ポツポツと雨が降ってきました。慌てて車へ、あっという間に土砂降り県境の伴睦峠あたりではワイパーが効かないぐらい、雷鳴も轟いています。道の駅みわ2~30分...車中泊の旅「奥会津-1」

  • ニコニコ

    2か月ほど前にヤフオクで「オーバーランドOAW-100TDJ-1AJF」をゲットしたんですが(経緯は8月22日「OVERLAND」に記載)、落札した腕時計のベルトサイズが合わずチタンベルトもしくはコマをあちこちで探していました。生産終了品ということそしてそこそこ人気の商品ということもあってか物があまり出てないようです。そんな中ひと月ほど前たまたまメルカリで風防にキズあり稼働品格安2,500円(送料込み)というのを見つけました。ヤフオクではベルトのコマ1個700円前後(送料別)、腕時計ジャンク品1000円~2,000円(送料別)前後の相場水準でしたので、稼働品で送料込み2,500円はまぁまぁかなということで購入することにしました。ベルトだけ欲しかったんですがまぁ仕方ありません。オーバーランドOAW-100T...ニコニコ

  • お見合い

    昨日庭に水遣りをしていたら、枯れたモミジの枝の右端と左端にトンボが止まっていてあたかもお見合いをしているようでした。シオカラトンボとムギワラトンボ右端がシオカラトンボのオスです。シオカラトンボ-1複眼が青色になると成熟した個体らしいですが、これはどうなんでしょうか。シオカラトンボ-2そして左端がシオカラトンボのメスです。ムギワラトンボ-1一般的にはムギワラトンボと呼ばれています。複眼が茶色ですので若いメスのようです。ムギワラトンボ-2トンボは羽が透明なせいかなかなかピントが合いづらく、少しでもいい写真を撮ろうと近づきすぎたせいか飛び去ってしまいました。どうやらトンボのお見合いを邪魔してしまったようです、反省。お見合い

  • 特定外来生物

    確か先月の下旬ぐらいだったと思うんですが、庭先であまり見かけないきれいな蝶を見つけました。特定外来生物-1早速調べてみたら何と「特定外来生物」指定のアカボシゴマダラという蝶でした。(あまり見かけないと前記しましたが関東地方では庭先でよく見かける蝶に入っていました)特定外来生物-2アカボシゴマダラ特定外来生物【識別】後翅の赤い斑紋が特徴。春型は白色になる【分布】関東地方から各地へ【時期】5~9月(多化性)【食草】エノキ【生息環境】都市部~森林域【外来種】大陸から人為的に持ち込まれた外来種特定外来生物-3特定外来生物とは日本の生態系を壊すよろしくない生物のようで、そうとは知らず撮影していました。ネットで「特定外来生物」を調べた時には「見つけた時は駆除せよ」との記載はありませんでしたが、積極的に駆除すべきなんで...特定外来生物

  • 70cm

    5月のゴールデンウィーク明けぐらいだと記憶しているんですが、今年もコキアのこぼれた種が畑に芽を出しました。コキア-1あまり好きではないコキアなんですが、毎年のことなんで今年も成長のよさそうなヤツを選んで移植することにしました。...コキア-2移植した当初はゲンナリして今にも枯れてしまいそうでした。コキア-3コキアは主根が1本スッとあってその周りをヒゲ根が取り囲んでいます。どうしても移植の時主根の先っぽが若干切れてしまい、そのせいかうまく根付いてくれないことが結構あります。コキア-4移植後しばらくせっせせっせと朝晩水まきをしたせいか何とか根付いてくれたようです。そしてひと月ぐらい経つと丸くなってすっかりコキアらしくなって来ました。コキア-5このくらいになればもう大丈夫です。コキア-68月に入ると大分ふっくら...70cm

  • OVERLAND

    「overland」を辞書で調べてみると副詞陸路で、陸上で形容詞陸路の、陸上のと出てきます。またフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を見ると・オーストラリアの長距離列車・オーバーランド・オートモービル(アメリカの自動車メーカー)・オーバーランド「Auverland」(フランスの軍用車両メーカー)・Overland(日本のゲームメーカー)・大陸横断の旅客列車と出ています。「overland」はoverlandjourneyとかoverlandtrailなどど使われるようです。またoverlanderは大陸横断者、放浪者と訳されるようです。OVERLAND-1これらのことから「overland」という言葉から未体験の困難で厳しい道のりにチャレンジする、ラフでタフな道を冒険しながら踏み分けてい...OVERLAND

  • 絶好調Ⅱ

    ナスの隣のオクラ、こちらも絶好調です。オクラ-1次から次へと花を咲かせ実を付けていますオクラス-2オクラの花って野菜の花にも拘わらず大ぶりでキレイです。オクラ-3でもあまり実を付けると困ります。食べるのが間に合いません。絶好調Ⅱ

  • 絶好調

    ナスが絶好調です。ナス-1次から次へと花を咲かせ実をつけています。ナス-2そこここにたわわに実っています。ナス-3ということで見てる分には良いんですが、食べるのが大変です。絶好調

  • あぶらぜみ

    やっと見つけましたぁ、アブラゼミ。あぶらぜみ-1コイツのかどうかわかりませんが、近くに抜け殻がありました。あぶらぜみ-2そおっ~と近づきます。あぶらぜみ-3まだ大丈夫みたいジッとしています。ひょっとしたら今朝羽化したばかりで体を乾かしているのかも……。あぶらぜみ-410㎝ぐらいまで手で捕まえられそうな距離、でもさすがにここまで近づくとシャッター音に気づき飛び立ってしまいました。あぶらぜみ-5この時期例年ですと庭のあちこちにせみが鳴いていて探さなくても見つかるんですが、今年はこれが初アブラゼミ、今年の夏は早い梅雨明けだったんですが以外に雨が多かったんでセミはこれから出てくるのかも……。あぶらぜみ

  • 盛夏

    今年は心なしか庭のセミが少ないような気がします。いつもはジージーとうるさいほどの鳴き声なんですが今年はあまり聞こえて来ません。セミ-1いつもは探さなくても直ぐに見つかる抜け殻なんですが、今年はあちこち探してやっと見つけました。セミが少ないのは猛暑の影響なんでしょうか。セミ-2そして毛虫も少ないような気がします。コイツはひと月ほど前に撮ったケムンパスなんですが、その後はあまり見かけません。セミ-2これは何かの卵なんでしょう、取るのも可哀そうなんでそのままにしておきました。虫の卵庭のスナイパー登場、確かコガネグモ、虎視眈々と獲物を狙っています。夏が進むにつれてコイツも大きくなっていきます。コガネグモ暑さの中何とか草刈りを終えたそんな我が家の庭、もううっすらと草が伸びて来ていますがこの暑さではもう無理、このまま...盛夏

  • 畑の草取り

    田舎では盆と正月は重要な行事といいますか生活の節目、区切りです。この時期に合わせて家の周囲の片づけや草むしりなどをして仏様や神様を迎えるのが昔からの仕来たりです。畑-1ということで今日は畑の草取りです。といっても手で草を取る訳ではなくそんなことをしていたら1日かかってもこの広い畑は終わりませんので、トラクタで草ごと掘り起こして攪拌して除去します。畑-2この畑はひと月ちょっと前に掘り起こしたんですがもう一面草で真っ青です。天候にもよるんですが夏場は3週間から4週間で草がびっしりはびこってしまいます。畑-3本当は先週ぐらいにやらなければいけなかったんですが、あまり早くやるとまた草が顔を出してしまいますのでお盆の一週間ぐらい前のタイミングまで我慢して来ました。畑-4今日は今まで続いた猛暑が一休み、畑仕事には絶好...畑の草取り

  • 暑中お見舞い

    暑中お見舞い申し上げます。.....百日紅-1百日紅が真っ赤に燃えています。百日紅-2クソ暑いです。百日紅-3ヤバイ暑さです。百日紅-4ちなみに夏日⇒最高気温が25℃以上の日真夏日⇒最高気温が30℃以上の日猛暑日⇒最高気温が35℃以上の日酷暑日⇒最高気温が40℃以上の日おまけ熱帯夜⇒夜間の最低気温が25℃以上の夜超熱帯夜⇒夜間の最低気温が30℃以上の夜だそうです。(あと4~5年経つと超酷暑日とか超々熱帯夜とか出て来そうな感じがします)暑中お見舞い

  • 久しぶりの八溝川

    庭の剪定と草刈りが一区切りつきましたので久しぶりに八溝川に出かけました。八溝川-1先日雷雨による大雨が降ったので石が動いているかなと思い覗きに来たんですが、岸辺には草が繁茂して探石にはあまり良くない状況です。八溝川-2それでも少しは見つかるかなと思い探索したんですがさっぱりです。でもこんなのを見つけました、セミの抜け殻、小さいですねぇ、何セミでしょうか?八溝川-3少し急峻な土手にきれいな花が、小っちゃいですが薄紫のギボウシです、久しぶりに見ました。八溝川-4清流にはこの他に小鳥や蝶、トンボなどがいたんですが、残念ながら私のカメラでは動きについていけませんでした。唯一そぉ~っと近寄って撮ったのがこれ、ぶれてますねぇ、トンボ?、ひょっとしたらカゲロウかも。八溝川-51時間半ぐらい歩いたんですが探石の方はさっぱ...久しぶりの八溝川

  • 合わせ技-2

    「カラスとの攻防その後」①ネットを被せる②⇒カゴを被せる③⇒木酢液④⇒線を張るの4つの合わせ技でカラスとの戦いの真っ最中なんですが、結果としては4つの合わせ技を施してから3個ほどやられてしまいました、残念。スイカ-1推測なんですが4つの合わせ技のうち④の「線を張る」が効果があるようです。ただ最初に「線」を張った時に私はちょっと狭めに張ってしまった結果、それが原因で横から突っつかれて3個ほどやられてしまったようです。やられた後1本支柱を追加して50㎝ほど外側に線を張り出しました。スイカ-2これがかなり効いているようでこれ以後被害は出ていません。スイカ-3ということで今は毎日美味しいスイカにありつけております。ただ今年は交配が少ないようで数があまり出来ない傾向のようです。スイカ-4今回「カラス対策」を調べてい...合わせ技-2

  • 胡麻

    庭の剪定をしている時隣の畑に見かけない植物が植えられているのに気づきました。...........胡麻-1ちょっと逆光になってしまいました。1mほどの背丈の植物が畑一面にびっしり植えられていてピンク色の花を咲かせています。胡麻-2最初分からなくて何だろうなと思っていたんですが、しばらく眺めているうちに思い出しました、胡麻の花ですね。胡麻-3あまり胡麻の花は見かけないんですが野菜にしてはキレイな花ですね。胡麻-4秋に実を付ける頃にもう一度撮ってみましょう。胡麻

  • 保護フィルム(DSC-RX100)

    DSC-RX100のグリップを探している時にアマゾンでコイツも見つけました。液晶画面をプロテクトする保護フィルムです。保護フィルムはシリコンなどを素材とする軟らかいフィルム状のものと強化ガラスを素材とする硬いガラス状の2種類があるんですが、コメントの評判が比較的良かった強化ガラス状のものを購入しました。「強化ガラス保護フィルム」(MIWACASES)698円硬度9H0.26mm厚強化ガラス高透過汚れ/気泡/飛散防止加工付属品ガラスフィルム、アルコールウェットティッシュ、クリーニングクロス、ホコリ取りシール保護フィルム-1商品が到着、さて貼り付けです。①同封のウェットティッシュで液晶画面を拭く②同じくドライティッシュで液晶画面を拭く③ガイドシールを液晶画面張る貼り④保護フィルムを液晶画面に貼り付ける順番はこ...保護フィルム(DSC-RX100)

  • グリップ(DSC-RX100)

    今年の5月にメルカリでソニーのDSC-RX100を購入、以来ブログの写真の多くをコイツで撮っています。このカメラ映りもよくコンパクトでかなり気に入っているんですが、2か月ちょっと使ってただ一つだけ気になるところが見つかりました。それは筐体が滑らかと言いますかツルツルした素材で出来ていまして持った時かなり滑るんですよ。今のところ注意して撮影してるんで落としてはいないんですが、この先アウトドアなんかでついつい落としてしまうかもしれませんのでちょっと心配です。「DSC-RX100」5月8日購入DSC-RX100-1ということで対策を施すことに、調べてみるとやはり皆さん同じようなに困っているようで、滑り止め対策として一般的に取られている方法は補助グリップを取り付ける方法でした。早速アマゾンへ、純正品とか平行輸入品...グリップ(DSC-RX100)

  • 大賀ハス

    車で10分ほどのところに全長16mの日本一の毘沙門天で有名な一乗院があります。北方の守護神「毘沙門天」、さすがに日本一ということだけあってデッカイですねぇ。遠くからは何度も見ているんですが近くでしみじみ見るのは初めてです。毘沙門天でも実は毘沙門天にもお寺にも全く興味はありません。一乗院今日ここに寄った目的はコレです、「大賀ハス」。ここに大賀ハスがあるのは以前から知っていたんですが、まだハスの花が咲いているのを見たことがなかったんです。「大賀ハス」昭和26(1951)年3月に千葉県検見川の東京大学検見川厚生農場でハスの権威大賀一郎博士により2000年前のハスの実が発見されました。翌年そのうちの一個が見事開花し大賀ハスと呼ばれるようになりました。今では全国各所に移植され花を咲かせています。大賀ハス-1先日「清...大賀ハス

  • 合わせ技

    ヨーロッパではウクライナとロシアが戦いの真っただ中ですが、我が家でもこちらのスイカ畑を巡ってとあるヤツと熾烈な争いを繰り拡げております。スイカ畑-1とあるヤツとはコイツ、そうカラスです。カラスが畑にやって来てスイカを突っつくんですよ。既に丸くなったヤツを1個やられてしまいました。カラスは知能が高く学習能力もありそして警戒心の強い動物、写真を撮ろうとカメラを構えると直ぐに感知してサッと飛び去ってしまいます。この写真は物陰からかなりのズームで撮ったものです。カラスもちろん自宅にいるときは追い払うんですが、24時間見張っている訳にも行かず困っています。ということでカラス対策を立てて対応することにしました。スイカ畑-2その1⇒ネットを被せるゴミなどに被せるアレですね。畑全部には被せられないのでスイカの玉付近に被せ...合わせ技

  • 清水洞の上公園-2(2022年)

    半夏生を見終え沢の方に下りて来ました。沢の水を利用して池と言いますか沼と言いますかそんないくつかに区切られた湿地ゾーンにやって来ました。先ずは睡蓮の池、ちょっと大ぶりの睡蓮です。睡蓮-1睡蓮の花は咲き始めてから時間が経過しているのか若干色褪せているように見えます。睡蓮-2お隣のカキツバタ、もうこれは完全に終盤、何とか咲き残っているって感じです。その奥のアヤメは全く花は見えません。カキツバタそして一番見たかった蓮の花,、まだ咲いてないかなと思っていたんですが大分咲き始めています。ハス-1良い感じの色、じっと見ているとありがたい感じがして来ます。何とも不思議です。ハス-2日差しがキツイんでしょうか、大きな葉っぱの陰に隠れるように咲いています。ハス-3これはたぶん明日あたり開花ですね。ハス-4おっともうハスの実...清水洞の上公園-2(2022年)

  • 清水洞の上公園-1(2022年)

    先日、茨城県立植物園のバラを撮っていた時に同じようにバラを撮っていた人と立ち話となりました。その時周辺の公園談義となり、ここ清水洞の上公園を教えてもらいました。七ツ洞公園は知っていたんですがここは知りませんでした。七ツ洞公園と同じように河岸段丘からの湧水が流れていてその周りに散策路が配置されている小さな公園です。地元の人が管理されている公園だそうです。ザクロ先ずはアジサイがお出迎えです。アジサイ-1雨が大好きなアジサイには今年は空梅雨ということで厳しい年のようです。アジサイ-2でもここのアジサイは杉木立の中に植えられているせいか直接日差しが当たらず、まだまだきれいな姿を保っています。アジサイ-3いろんな種類あるようで見ていて楽しいです。アジサイ-4色とか形が違うとついつい足を止めてじっくり見てしまいます。...清水洞の上公園-1(2022年)

  • 茨城県立植物園「帰り道」-4(2022年)

    6月24日(晴れ)茨城県立植物園バラ園の一番奥まで撮影して戻ろうと通路に出ると鮮やかなオレンジ色の花が目に飛び込んで来ました。小っちゃい花なんですけどキレイ、名札を見るとザクロと書いてあります。ザクロ入り口の沈床園まで戻ると相変わらず噴水は出ていません。おっとそうかこの空梅雨ですから水不足ぎみ、ということでひょっとしたら噴水止めているのかもしれません。沈床園花壇に植えられた園芸種の花、キレイに手入れされて輝いています。花壇-1園芸種はあまり好きではないんですが、少しだけ撮ってみました。花壇-2ケイトウに似ていますが……、違うような気がします。例によって良く分かりません。花壇-3<車に乗って家に帰る途中の道端にホタルブクロ発見、車を止めてパチリ。ホタルブクロ-1雨が降らないので心なしか元気がなさそうに見えま...茨城県立植物園「帰り道」-4(2022年)

  • 茨城県立植物園「ばら」-3(2022年)

    6月24日(晴れ)茨城県立植物園さて水石」も見終わりましたんで帰ろうと「沈床園」まで戻って来たんですが、噴水越しに昨日覗いたバラ園のバラがまだ咲いているのが見えましたので、ちょこっと覗いていくことにしました。先日ほとんど撮影したと思ったんですがまだ結構残っていました。これは丹頂、じっと見ていると確かに丹頂鶴の頭部って感じがします。丹頂-日一重咲きのバラもあるんですね。デンティベス-英人の名前の付いたバラってけっこうあるんですね。その人に捧げるとかその人のイメージとか、そんな感じで命名したんでしょうか。オーナードゥバルザック-仏これも人名、イランの皇室の方の名前みたいです。カラフルですねぇ。エンペラトリースファラー-仏ザマッカートニーはビートルズのポールマッカートニーを指しているそうで、ちょっと小ぶりなバラ...茨城県立植物園「ばら」-3(2022年)

  • 茨城県立植物園「水石展」-1(2022年)

    6月24日(晴れ)茨城県立植物園いつもの茨城県立植物園にやって来ました。先ずは入場口で年間パスポート(1,000円)の購入、昨年に引き続き2回目、入り口を入ると直ぐに沈床園の花がお出迎えです。おや今日は噴水はお休みのようで、ご機嫌斜めなんでしょうか。沈床園今日の目的はこれ、ウチョウラン展ではなく水石展(6月24日~26日)の方です。水石展先ずは八溝石、大きいですねぇ、山石でしょうか。八溝石-1続いても八溝石です。八溝石-2そして次も八溝石です。八溝石-3ていうか八溝石の地元ということで6~7割方八溝石の展示、私もそれが目当てで来ているんですけどね。八溝石-4これは水に濡れてしっとりとして、砂の色に映えていいですねぇ。八溝石-5これはウザギにでも見立てているんでしょうか。八溝石-6これはまた、アンバランスの...茨城県立植物園「水石展」-1(2022年)

  • 紫陽花

    皆さんのブログでもアジサイの花の写真が目立つようになって来ました。アジサイの季節到来、アジサイの花が生き生きしています。紫陽花-1これは隣のアジサイ、我が家との境目に植えられていまして毎年無断でパチリです。紫陽花-2我が家のアジサイはこっち、まだこれからのようです。紫陽花-3ここにきて天気予報でお天気マークが目立つようになってきましたが、どうなんでしょうか。紫陽花-4梅雨は早く空けてもらいたいですが元農家としては少雨も困りもの、こんな時に終盤にかけてまとまって降ることが多いんですが……さてさて今年は。紫陽花

  • 野菜の花達(2022年)

    畑に夏野菜の花が咲いています。これは茄子、キレイな紫色です。................ナス続いて胡瓜、意外に大きめ花です。キュウリこれはトマト、トマトは下の方でもう実をつけています。トマトそして西瓜、あの大きさからすると小さめの花です。野菜の花は総じて下を向いている花が多くて写真撮りづらいんですが、西瓜は上を向いて咲いていますので楽に撮れます。スイカ黄色い花が続いたんですがこれは白、獅子唐の花です。かなり小っちゃいです。シシトウこっちは大きな花、南瓜です。もう花はピークを過ぎたようです。カボチャ最後はクシャクシャっとした花、インゲン豆の花です。インゲン園芸種の花が見てくれって感じの色鮮やかな花が多いのに比べ、野菜の花達は色も控えめで比較的地味な花が多いです。そして何より多くの花が下を向いて咲いていま...野菜の花達(2022年)

  • 庭の花々(2022年)

    梅雨に入り我が家の庭もお花はちょっぴり淋しくなって来ました。そんな中派手な色でひときわ目立っているのがコイツ、アルストロメリアです。アルストロメリア‐1派手な花はあまり好きではないんですが、花の少ない時期ですからまぁいいでしょう。アルストロメリア‐2その隣でひっそりと咲いているのがこれ、かすみ草です。かすみ草‐1小さい目立たない花なんでちょっとアップにしてみました。たぶんどこかにピントが合っているはずです。かすみ草‐2忘れ物これは1か月ほど前に撮ったシャクヤクなんですがUP忘れてました。今回時期外れなんですが付け足しです。シャクヤク毎日雨が降ったり止んだりでうっとうしい日々が続いています。早く梅雨が明けてくれないかなぁ。庭の花々(2022年)

  • 茨城県立植物園「ばら」-2(2022年))

    「仏、独以外の国」リオサンバですからブラジルかなと思ったんですが、意外にアメリカでした。カラフルで目立っていましたリオサンバ米淡い赤色で外側が黄色っぽいです。なぜブラスバンドなのか良くわかりませんが、たぶんそうなんでしょう。ブラスバンド米濃い深い赤色ですねぇ、「永遠」、何となく分かります。タイムレス98米花弁が多く込み入ってます、何とも不思議な赤です。オールドポートニュージーランド英国らしい素敵なピンク、英国以外に少なかったです。ジャストジョーイ英「日本」あの京都大文字の送り火のイメージでしょうか。清楚な感じです。大文字緋色っていうんですかまさにかがやいています。ちょっと花芯に黄色が見えます。かがやきフリルのように赤がまとわりついて、火が燃えている感じがします。聖火ほっとする赤とでも言いましょうか、優しい...茨城県立植物園「ばら」-2(2022年))

  • 茨城県立植物園「ばら」(2022年-1)

    ひと月ぐらい前になりますかふと立ち寄ったいつもの茨城県立植物園でバラの花が咲いていました。ちょっとUPが遅れてしまったんですが、せっかく撮りましたのでUPしておこうと思います。.....植物園の一角にバラ園のコーナーがあって結構な種類のバラが植えられています。ちょうど開花の時期なのか土曜日ということも重なってそこそこの人出です。茨城県立植物園どういった順に植えられているのか不明だったんですが、取り敢えず国別に編集してみました。「フランス」マヌウメイアン、人の名前のようです。ローズピンクというのでしょうか、しっとりした深みのある赤色に引き込まれてしまいそうです。マヌウメイアン正にプリンセスって感じです。プリンセスドゥモナコミケランジェロしてますねぇ!ミケランジェロどんな意味なのか調べてみたら喜劇役者の名前で...茨城県立植物園「ばら」(2022年-1)

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-8

    6月3日(金)曇り‐帰路昨晩の車中泊はどうやら3台だったようです。マナー良く一番離れた駐車スペースに間隔ひと区画ずつおいてキレイに駐車しています。いつものルーティンを終え出発の準備をしていると隣の方と目が合いご挨拶、一人旅の九州の方で東北一周を終え昨日尾瀬をハイキングして来たそうです。これからゆっくりあちこち見ながら帰るとのこと、車はベルファイヤーだったかなちょっぴり羨ましかったです。でも小さい車の方がいい時もあるんで……、そう思うことにしましょう。会津から下越へ‐122小さな小さな道の駅番屋、2日間大変お世話になりました。トイレはウォシュレットではありませんが、旅人に必要なものがキチンと揃っている道の駅です。ありがとうございました、また遠からず来ると思います。さて今日はここから直帰してもいんですが昨日の...車中泊の旅「会津から下越へ」-8

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-7

    6月2日(木)晴れ時々曇り‐再びの伊南川さて昼食も美味しく頂けましたので午後の探石を始めましょう。まずは昨日見つけておいたポイントに向かったんですが、途中で別なポイントを発見、河原に下りてみることにします。向こうの大きな流れが伊南川で手前が支流、ちょうど合流する出会いに河原が拡がっています。会津から下越へ‐106ちょこっと頭を出している石、良い感じかなと期待して流木をスコップ代わりに掘ってみたんですが、会津から下越へ‐107結果ノッペリした石が出てきただけ、色は狙いの蒼黒だったんですが、くうっ残念。まぁ探石は99%空振りです。会津から下越へ‐108下流の方に行くと泥地のところが、水が澱んでノロも張っています。探石の経験則「砂地と泥地は丁寧に探索」です。過去砂地と泥地では結構いい石に巡り合っていますので水辺...車中泊の旅「会津から下越へ」-7

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-6

    6月2日(木)晴れ時々曇り‐再びの伊南川朝5時前に起床、赤い車はトイレ休憩していた車ですので昨夜の車中泊は私と隣の黒い車の2台だったようです。例によってコーヒー&ホットサンドで朝食、車内の整理とルーティンをこなし本日の予定を練ります。今日は昨日見つけた探索ポイントを含め何か所かポイントを把握していますので、伊南川を一日じっくり攻めてみようと思います。会津から下越へ‐91最初の探石ポイントまで20㎞ぐらいありますので、早めの7時30分に道の駅番屋をスタートです。8時少し前に最初のポイントに到着したんですが、何と河原がなくなっています。正確に言うと河原は無くなっていないんですが、中州に形を変えていました。見た感じ水量があって中州までは渡れそうにありませんので、ここはあきらめです。まぁ自然はいつもいつもこっちの...車中泊の旅「会津から下越へ」-6

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-5

    6月1日(火)晴れ時々曇り‐阿賀野川昨晩は雨がパラつき風も強かったようですが、建物の間に車を停めていたのでほとんど影響を受けずにぐっすり眠れました。今日も5時前に起床、いつものルーティンを済ませ本日の予定を立てます。あと1日ここで昨日の川を探索したかったんですが、天気予報を見ると明日以降に傘マークが付いて週末にかけて崩れそうということで帰路につくことにしました。会津から下越へ‐65今回の旅は今までネットや雑誌で調べて置いた探索ポイントの確認が主な目的で、さらにそこで探石していい石に出会えればgoodかなという感じです。初めての場所の探石は場所を見つけるまでに半日ぐらい時間がかかってしまうことが少なくなく、場合によっては探石の時間より探石ポイントを探す時間の方が多くなってしまいます。その下調べをした確認ポイ...車中泊の旅「会津から下越へ」-5

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-4

    5月31日(火)曇り時々雨‐阿賀野川旅の朝は何故か早起き、今朝も4時過ぎ起床、外は曇り空ですがうっすら明るいです。昨晩は日本海からの強い風がゴーゴーと音を立てて吹き荒れていたんですが、建物の裏手に停めていたのでさほどの影響を受けずにぐっすりと眠れました。例によってコーヒー&ホットサンドで朝食、そしてルーティンの車内整理をして車を駐車場正面に移動です。裏側だとwifiが微妙だったんですが正面駐車場1列目に停めて繋いでみるとスムースに電波を受信、これならOKです。しばらく天気予報のチェックや本日の行程を調べていると7時近くに、そろそろ出発します。会津から下越へ‐444月23日リニューアルオープンということで、どこもかしこもピッカピカの道の駅加治川でした。全くの個人的感想ですが、国道7号線に面していてかなり出入...車中泊の旅「会津から下越へ」-4

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-3

    5月30日(月)晴れ‐只見から下越へ先ほどの沢から15分ほど走って着いたところはいつもの只見川の支流、ここは今回はパスしようかなと思ったんですがせっかく来ましたので少しだけ覗いてみようと寄り道です。遠くに残雪の残る越後山脈の山々が見えます。...........会津から下越へ‐31いつもの場所に車を止め堤防を歩いて河原に向かいます。ここの右側の崖にヒメサユリが数株咲くんですが、今年は未だのようです。会津から下越へ‐32途中立ち寄った直売所でヒメサユリの鉢植えが置いてありましたのでもう咲いているかなと楽しみにしていたんですが、野生のヒメサユリの開花は6月中下旬ぐらいのようです。会津から下越へ‐33代わりと言っては何ですが薄紫色の藤が咲いていました。会津から下越へ‐34先ほどの沢の日陰に雪渓の残塊があったんで...車中泊の旅「会津から下越へ」-3

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-2

    5月30日(月)晴れ12日目‐只見川4~5年前にある人のブログでここのお弁当が美味しいとの記事を見まして、以来私の只見のお昼はここ「ブイチェーン」と決めています。......会津から下越へ‐17只見には大手コンビニはありませんし食事をするところも限られていますのでここのお弁当にはすごく助かっています。あららっ、今日は400円、サービスデーですかね。どれにしますか迷いますが、久しぶりですので日替わり幕の内弁当にしましょう。会津から下越へ‐18さてどこで食べましょうか、天気も良いので魚沼方面の公園にでも行ってみましょう。どうやら六十里越えは通行止めのようです、たぶん土砂崩れでもあったんでしょう。会津から下越へ‐19正面に見えるのは田子倉ダム、その奥に見える残雪は奥只見の山々でしょうか。この景色を見ながら食べる...車中泊の旅「会津から下越へ」-2

  • 車中泊の旅「会津から下越へ」-1

    5月30日(月)‐伊南川気温も上がり天気も良くなって来ましたので久しぶりに「車中泊の旅」に出かけることにしました。ランキングのテリトリーのタグに「車中泊の旅」と付けているにもかかわらず、車中泊の記事はさっぱりで心苦しく思っていました。コロナ禍のなかでしばらく自粛、二の足を踏んでいたんですが、読まさせて頂いている車中泊ブロガーの方も動き出したようですので私も出かけてみることにしました。月曜日早朝、西に向けて出発、国道293号と国道400号の共用区間を通過、今回は国道400号を進みます。実は昨日の日曜日の午後に一度出発したんですが100㎞程走ったところで「忘れ物」に気づき帰宅、そして夜再出発しようとしたんですが疲れてしまい仕切り直し、自宅で睡眠をとり今日の朝再出発しました。久しぶりの車中泊の旅で用具はチェック...車中泊の旅「会津から下越へ」-1

  • 第19回常陸国YOSAKOI祭り-3

    2022年5月22日(日)曇り続いては「旗」、よさこいは踊り子の演舞の方に目が行きがちですが、旗も注意してみるとなかなか面白いです。先ずは地元大子町の「いばらき熊連」、さすがに地元ということで大きな旗を悠々と慣れた手つきで捌いています。見ていて安心感が伝わってきます。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-37次も地元大子町の「常陸圀大子連」、爽やかな色合いの旗、いつもながらの竿捌きです。旗のサイズもストリートにぴったしです。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-38そしてお隣福島県の「南NA魅」、ここは3本旗で目立っていました。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-39「勢や」は先頭でも旗が振られています。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-40おっとこれは狙って撮った訳ではありません。後方の旗を撮ろうと移動...第19回常陸国YOSAKOI祭り-3

  • 第19回常陸国YOSAKOI祭り-2

    2022年5月22日(日)曇り最初はそうでもなかったんですが時間が経つにつれて観客がどんどん増えてきました。以前は会場が4か所で観客が分散していたんですが、今回は会場がメイン会場と直ぐそばのストリートということでかなり混雑して来ました。メイン会場の舞台の演舞、ストリートの流し踊り共に撮影ポイントがなかなか確保出来ません、どうしましょう。ということで今回は踊りの写真は諦め別にテーマを決め、それにポイントを絞って撮ることにしました。そのテーマは「衣装のワンポイント、大体背中が多いんですが皆さんそれぞれいろんなのを背負っているんですよね、それを追っかけてみようと思います。舞TAKANEチーム名から「舞」の一文字、踊りひと筋って感じ、シンプルですが伝わって来ます。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-17轍-wadac...第19回常陸国YOSAKOI祭り-2

  • 第19回常陸国YOSAKOI祭り-1

    2022年5月22日(日)曇り田植えが終わりキレイに苗が植えられた田んぼの中の道を通り北に向かいます。山道に入るとところどころに白いヤマボウシの花が深緑の木々に映えてキレイです。小一時間ほど走ると茨城県最北の町大子町に到着、駐車場はほぼほぼ満車でしたがかろうじて一か所空いていました。準備を整えリュックを背負いカメラを手に外に出ると空気がひんやりと感じます。下の方からよさこいの軽快なリズムが聞こえてきます。いよいよ始まりました、3年ぶりの「常陸国YOSAKOI祭り」です。「第19回常陸国YOSAKOI祭り」-1今回はコロナ禍の中での開催、コンテストもなく加えて会場も絞り規模を縮小しての開催です。ということで行こうか行くまいかちょっぴり迷ったんですが、縁あって第1回大会から見続けて来ましたのでリスクはあるものの見に...第19回常陸国YOSAKOI祭り-1

  • 散歩道の花-3(2022年)

    これは我が家の庭にも咲いている花ですので分かります。確かハハコグサですね。散歩道の花-10これは品種は分かりませんがナデシコ系の花ですね。人家の塀の外側に咲いていましたので園芸種ですね。散歩道の花-11工業団地のそばの畑を抜けて運動公園にやって来ました。野球場では日曜日ということで草野球の試合をやっています。中を一周して行きましょう。この花はその運動公園の敷地に咲いていましたので、管理された園芸種ですね。名前は全然分かりません。散歩道の花-12コンクリートで囲まれた植栽の中に咲いていた花、確かマーガレットだったかな?おっと、また間違うといけないので断定はしないでおきます。これ系の花はあちこちに咲いているんであまり撮影しないんですが、この花だけ花がでっかかったんでついついシャッターを押してしまいました。散歩道の花...散歩道の花-3(2022年)

  • 散歩道の花-2(2022年)

    公園の池に黄色いキレイな花が、降りて写真を撮ってみましょう。これ、例の悩ましい系の花、あやめ、花しょうぶ、かきつばた、さてどれでしょうか?「あやめ」開花時期5月上、中旬生育場所草地花の特徴黄色の網目模様葉脈は目立たない小輪で背丈30~50㎝「はなしょうぶ」開花時期6月上、中、下旬生育場所湿地花の特徴網目模様はなく中央が黄色葉脈は表に1本、裏に2本ある、大輪で背丈は60~100㎝「かきつばた」開花時期5月中、下旬生育場所湿地、水中花の特徴中央が白色網目模様はなし、中輪で背丈は30~90㎝これからすると開花時期と生育場所から「かきつばた」っぽいですが、どうでしょうか?先日もハナミズキとヤマボウシを間違えて読者さんから教えて頂きましたんで、断定はやめておきま~す。散歩道の花-1これ藪に生えていた花、去年も見ました。緑...散歩道の花-2(2022年)

  • 散歩道の花-1(2022年)

    最近コロナでお出かけ控え気味ということもありちょっと体重が増えてしまいました。ということで今日はウォーキングです。ウォーキングコースはいくつかあるんですが、今日は日曜日ということでそのうちのひとつ工業団地コースにやって来ました。日曜日の工業団地は会社がお休みということで大変静か、歩くには最高の場所です。工業団地ただ義務感だけで歩くのはツライだけですので、公園や道端の花などを撮影しながら歩こうと思います。ウェルカムフラワーは歩く前のウォーミングアップをしている時に足元に咲いていたシロツメクサです。シロツメクサ隣にはアカツメクサも咲いていました。まぁいわゆるクローバーですね、四つ葉のクローバーを探そうかなとも思いましたが時間がないので止めました。アカツメクサそしてこれはヒメジョオンかな?ヒメジョオン?-1それともハ...散歩道の花-1(2022年)

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、komagata owlさんをフォローしませんか?

ハンドル名
komagata owlさん
ブログタイトル
田植え機に乗った元サラリーマン
フォロー
田植え機に乗った元サラリーマン

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用