chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • イチジクの収穫

       わが菜園ではイチジクが熟し、収穫の最盛期を迎えている。品種は「バナーネ」、フランス原産の白いイチジクの品種で熟しても表皮が赤く色付かず、味は酸味がありねっとりとした果肉で、夏果は全体に黄緑で、秋果は少し茶色く色付く。本日収穫した白イチジク「バナーネ」、生食では食べきれないため、ジャムに加工して保存、利用する。長旅から帰ってきた頃は、草がボウボウの野菜畑でしたが、ここにきてやっと雑草処理も...

  • 北海道の旅 まとめ(後編)

     22年北海道の旅まとめ(後編)この旅の最大イベント、羅臼湖トレッキング達成。[北海道の旅日程](後編)(日付クリックで当該ページへ移動)13日目 7/3(日)  サロマ湖畔のキャンプ場へ岩尾内湖キャンプ場⇒サロマ湖畔の「北勝水産」⇒キムアネップ崎キャンプ場     au通信障害で苦労した一日でした。14日目 7/4(月) 斜里のキャンプ場で「静岡会議in斜里」キムアネップ崎キャンプ場⇒サンゴ草の群生地⇒...

  • 北海道の旅 まとめ(前編)

     22年北海道の旅まとめ(前編) 三年ぶりに行った北海道へのクルマ旅の記録です。[日程] 22年6月21日~7月17日  [走行データー] トータル走行距離:4185Km 給油量:459.17ℓ   燃費:9.11Km/ℓ[ドライブルート][モバイル通信量]  5.8GB(ブログ作成の通信量)[北海道の旅日程](前編)(日付クリックで当該ページへ移動)1日目 6/21(火) 北の大地を目指して 自宅⇒新潟港FT⇒新日本海フェリー乗船2日目 6/22...

  • 北海道の旅「グルメ選」まとめ

      22年北海道の旅で印象に残ったグルメ情報(7選)をまとめてみました。  ①勝栄鮨(神惠内村)の握り寿司とうに丼お任せ握り寿司は、なんといってもネタが新鮮で大きい、うに丼は積丹半島のウニがふんだんに使われている。自分はお任せ握り寿司 、 妻はうに丼(大)を食す。         ②仁世宇園(平取町)の山女魚料理「仁世宇川コース」を注文。これぞ、、美味(びみ)とゆう言葉がピッタリだ。  ③...

  • 北海道の旅 キャンプ場の情報まとめ

      22年「北海道の旅」(6/21~7/17)でお世話なったキャンプ場の情報をまとめてみました、、ご参考まで。             ①道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場  ( soyafureaikoen.com/autocamp)利用日 6月29日 プライベートサイト(電源付き)利用料金500円(割引期間中 料金適用、65歳以上は入場料無料)       ごみ捨て可 シャワー設備有(無料) 場内にパークゴ...

  • 北海道の旅(27日目 最終日)~新潟港に上陸後帰路に就く

       7月17日(日) 27日目この旅の最終日、新潟港に上陸後、高速道路を使い一気に帰路に就く。目が覚めると、船室の窓から鳥海山が顔を出しているのではないか、本土上陸は近いぞ。午前9時新潟港FTに上陸する。帰路は高速道路を使い一気に南下する。信濃平野の水田風景を眺めながら走る、北海道の農耕地に匹敵する広さだ。夏雲が広がっている、これは北海道では見られなかった空だ!走ること7時間余り、午後4時頃無...

  • 北海道の旅(26日目)~北海道を離れる

       7月16日(土) 26日目小樽港からの新日本海フェリー(17;00出航)で北海道を離れます。今日も雨、、、、蘭越温泉から小樽港に向けて出発、ニセコパノラマラインは濃霧でした。五色温泉旅館の露天風呂が見渡せる場所へ、、露天には誰も入っていないようだ。余市のマッサンでお馴染みの「ニッカウィスキー醸造所」で買い物と小休憩、工場見学は予約制の為中に入れずショッピングのみとなった。小樽市内で昼食と買い...

  • 北海道の旅(25日目)~羊蹄山山麓へ

       7月15日(金) 25日目中山峠越えのコースで羊蹄山の麓まで移動。朝霧の中の「チロルの湯」、同業車は4台ほど。この旅の最終日、明日のフェリー乗船に合わせ羊蹄山山麓まで移動する。道中の「札幌羊ケ丘展望台」へ、クラーク博士像にご挨拶をする。札幌市内の街並みと札幌ドームが見渡せる。手前は羊が寝転んでいる。今日は若い方々が団体で訪れていた、、いいね!羊蹄山の眺望がすばらしいことで知られている中山...

  • 北海道の旅(24日目)~国道452号を北上

        7月14日(木) 24日目旅も最終版に入った、、今日は今まで通過したことのない国道452号を夕張から芦別まで北上する。素晴らしい青空が広がった沙流川オートキャンプ場の朝。気温21℃、この旅一番の清々しい朝だ。メロンや旧炭鉱で有名な夕張方面へ移動、お腹のエネルギー補給のため道の駅に、石炭に因んだどら焼きを黒くした「たんどら」なるものを購入し食するも、単なる黒いどら焼きでした。...

  • 北海道の旅(23日目)~沙流川オートキャンプ場で連泊

       7月13日(水) 23日目 北海道はどの方向に行っても天気はすぐれない、、ならば、今日はここで”まったり”するしかないと決め込む。キャンプ場の朝、、Bサイトは6組ほどが利用している、ほぼ、、ガラガラ状態。沙流川オートキャンプ場は大きく分けて4つのサイトに区分けされていて、自分はBサイトの洗面所に近い箇所に車を止めている。電源付きのBサイトもある。大型車用のサイト(Aサイト)も用意されている。フ...

  • 北海道の旅(22日目)~沙流川オートキャンプ場へ

       7月12日(火)22日目 この旅、最後の週になってきた、帰り支度の為、徐々に西進している。今日は何度か利用したことのある日高町の沙流川オートキャンプ場に向かう。「さらべつ」の朝、、私の車を含めて3台きりだ、トラックの侵入もなく静かな夜を過ごすことができた。十勝平野の広大な農耕地を通り過ぎながら、入植当時の方々の開拓の苦労を思う。十勝千年の森に立ち寄るも、、入園料を見て、庶民はあきらめる、、(...

  • 北海道の旅(21日目)~スープカレーを求めて

      7月11日(月)21日目十勝地方の天気はいまだはっきりしないようだが、徐々に西進しなければならない。夜遅くなってから車が増え、雨の朝の「摩周温泉」は満車状態だ。帯広に行って「スープカレー」を食べなければ、このことがずった頭の中にある、、(十勝は豚丼が有名だが自分はスープカレーだ)道中、足寄のコインランドリーに立ち寄る、この旅最後の洗濯になるかも。今日の目的地、十勝市内のカレーリーフ店に、店内は...

  • 北海道の旅(20日目)~和琴半島を歩く

      7月10日(日) 20日目 屈斜路湖にチョコっと突き出た半島(和琴半島)は、いまだに訪問したことが無く、是非訪れたいと思っていた所で時間がある今回訪問することにした。道の駅「おんねゆ」の朝、人気の道の駅のようで多数の車両が停車していた。屈斜路湖方向に移動中、なんと珍しい菜の花が今頃咲いている。この時期、わが地元では考えられない風景だ。美幌町付近の農耕地、手前がビート、奥の黄色いのが麦畑。景...

  • 北海道の旅(19日目)~再び北上

      7月9日(土) 19日目 十勝地方の天気は雨ばかりで、週間天気を見ても晴れマークはない、これではどうしょうもない!、比較的天気の良い北見方面に移動しよう。十勝地方の週間天気予報、晴れマークはない。道の駅「かみしほろ」、小雨の朝である。再び北の方角に移動することを決め、比較的天気の良い北見方面に車を走らす。道の駅「あしょろ」でエネルギーを補給。道中のオンネトーに立ち寄る、前方に雌阿寒岳と阿寒...

  • 北海道の旅(18日目)~釧路の海鮮店「釧之介」へ

      7月8日(金) 18日目釧路市内で買い物・昼食を、その後十勝方面に移動する。釧路地方の天気は小雨、、道の駅「阿寒丹頂の里」の朝です。今日は釧路市内に買い物と昼食に出かける。まず向かったのは、道東の海鮮を扱う「釧之介」(せんのすけ)へ、入口には釧之介のマスコットキャラクターが迎えてくれた。その後ろには大きな海水魚の円柱水槽が、。店内は自社で加工した海鮮ものが沢山、。購入品の地方発送を済まし、...

  • 北海道の旅(17日目)~900草原でパークゴルフ

      7月7日(木) 17日目今日はブロ友さん(静岡のおっちゃんさん)と900草原でパークゴルフをすることを約束している。虹別オートキャンプ場の朝、フリーサイトは7~8グループが利用していたのに対し、個別サイトは閑散としていた。待ち合わせ時間に合わせて標茶町の900草原に向けて出発、一時間余りで900草原駐車場に到着。霧雨は上がり晴れ間の出てきた。小高い丘の上にある900草原は360°の眺望が最高、摩周湖方面の...

  • 北海道の旅(16日目)~虹別オートキャンプ場へ

      7月6日(水) 16日目 ほぼ終日肌寒い小雨降る中、観光はパスし洗濯と温泉で疲れを癒す日とした。早朝の尾岱沼ふれあいキャンプ場、肌寒い気温、小雨が降っている。老人グループの「羅臼湖ハイキング達成記念会」を各人の朝食を持ち込みに行う。ブロ友(静岡のおっちゃんさん)がクソ重たいリクライニング椅子を持ち込んできた。良くこんなものを運んできたかと感心した。肌寒い小雨の中、中標津のコインランドリーを...

  • 北海道の旅(15日目)~羅臼湖ハイキング

      7月5日(火) 15日目今日は羅臼湖へ同郷の静岡3組でハイキングに向かう。小雨ぱらつく斜里のキャンプ場、天気を心配しつつ、これから羅臼湖へのハイキングに向かう。知床峠の駐車場に到着。何とか天気はもってくれそうだが、、山の天気は変わりやすいので心配だ。知床峠のバス停で9:45のバスを待つ、、我々以外にもう一組いらっしゃるようだ、、これは心強い、安心だ。登山届を出し、いよいよハイキング開始。ハイ...

  • 北海道の旅(14日目)~斜里のキャンプ場へ

       7月4日日(月) 14日目 今回の旅のメインイベント羅臼湖へのハイキングの事前打ち合わせのため、同郷の旅人が斜里のキャンプ場に集合する。(静岡会議 in斜里)早朝のキムアネップ崎キャンプ場、静かに過ごせたキャンプ場でした。今日の会議の集合場所の斜里町のキャンプ場に向かう道中の、、能取湖のサンゴ草の群生地に立ち寄る。9月になればこのように真っ赤に染まる。一面に生えるサンゴ草。少し赤みかかっい...

  • 北海道の旅(13日目)~サロマ湖のキャンプ場へ

        7月3日(日) 13日目 昨日の夕刻からキャンプ場は満タン状態、、静けさを求めてきた自分は早々にここを後にし道東方面に向かう。早朝のキャンプサイト、寸分なく混みあっている。静けさを求めてきた自分にとっては、、ここを避け早々に目的地に向けスタートする。愛別方面に車を進めると、愛別ダムに。旭川・紋別自動車道(無料区間)に入り、その終点に新しくできた道の駅「遠軽」で休憩。駐車場も広く使い...

  • 北海道の旅(12日目)~岩尾内湖白樺キャンプ場で停留

       7月2日(土) 12日目  岩尾内湖白樺キャンプ場で停留し「まったり」としています。静かな朝をむかえた岩尾内湖白樺キャンプ場、空は薄曇りで涼しい風が吹き渡る。Mさん夫婦と朝食会議。この旅も中盤に差し掛かり、旅の疲れも溜まってきている、今日はこのキャンプ場で「まったり」と過ごすことにした。白樺林の中をのんびりと散策。見かけた植物、、つるアジサイがきれいに咲いている。     &...

  • 北海道の旅(11日目)~湖畔の無料キャンプ場へ

       7月1日(金) 11日目 道北の内陸部に入り南下を続けている。今日は湖畔の傍で白樺林で覆われたキャンプ場へ移動。「びふかキャンプ場」で涼しい朝を迎える。「びふかキャンプ場」を離れ次のキャンプ場に向かう(キャンプ場のはしごが続きます)。途中ショッピングセンターで今回2回目の洗濯とキャンプ場に籠るための食材を調達。道の駅「なよろ」でトイレ休憩と名寄名物のお土産を購入。この道の駅の名物、ソ...

  • 北海道の旅(10日目)~ドライブ日和

      6月30日(木) 10日目 今回の旅で一番の良い天気、ドライブ日和だ! 今日はオホーツクラインを南下する。キャンプ場の朝、気温15℃、暑くも寒くもなく気持ちの良い朝です。早朝のキャンプサイト、各サイトとも満車状態です。今日の仕事始めはパークゴルフからです。(一人PGです)ここは電気と水が自由に使える、、電源コードを繋ぎっぱなしで、サブバッテリーの電圧は初めて14V以上を記録した。またクルマ...

  • 北海道の旅(9日目)~道立キャンプ場を目指す

      6月29日(水) 9日目 本土は梅雨明けだと言うのに北海道は激しい雨に見舞われた。今日はオロロンラインを北上、いっきに道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場を目指す。昨日からの雨が降り続いている、、みさき公園から見た道の駅、遠方はかすんでいる。今日は朝風呂から活動開始です。しょさんべつ温泉の朝風呂は6;30~8;00から営業、ありがたい、早速、お湯につかる。オロロンラインを稚内方面に北上、道...

  • 北海道の旅(8日目)~オロロンラインを北上

     6月28日(火) 8日目今日は午後から雨の予報、、雨が降り出すまで目的地まで移動すべき早めの行動をとる。早朝のチロルの湯、お仲間は7~8台ほど。目的地に向けてオロロンラインを北上する。最近できた道の駅「るもい」でトイレ休憩と妻のお腹のエネルギー補給を、!この道の駅は大型車の侵入ができないように駐車場が完全に分離されている、、これはありがたい配慮だ。ただ残念なのは、トイレのレイアウトが複雑でわか...

  • 北海道の旅(7日目)~北の門番さんにご挨拶

      6月27日(月) 7日目 今日はブロ友さん二組にお会いする。早朝の道の駅、、幹線道路に面していてトラックの出入りが多い、、夜中に大型トラックのアイドリングに悩まされた。早朝に北海道を旅行中のブロ友さん(気旅さん)から突然の訪問を受けた。気旅さん、わざわざ訪問いただき、ご丁寧なあいさつありがとうございました。ジジイ3人そろい組です、今日はもう一組の現地在住のブロ友さんにお会いすることになって...

  • 北海道の旅(6日目)~ブロ友とパークゴルフ

      6月26日(日) 6日目 今日は、北海道を旅行中の同郷ブロ友さんにパークゴルフをしないかと誘われ、待ち合わせ場所の道の駅「新篠津」へ向かう。早朝の道の駅「あいろーど」、、今日も良い天気、今日は何処に行こうかと考えていたら、、同郷のブロ友さんからLineが、、、待ち合わせ場所へ。待ち合わせ場所へ向かう途中の「当別ダム」の駐車場で小休息、。待ち合わせ時間まで余裕があるので、江別市のコインランドリーに立...

  • 北海道の旅(5日目)~石狩方面に移動

     6月25日(土) 5日目 久しぶりに太陽が顔を出した、、北海道に来て初めてだ!雨のため羊蹄山周りを十分に楽しむことが出来ないまま石狩川河口方面に移動する。早朝の道の駅「あかいがわ」、日射しが戻ってきて気持ちの良い朝だ。移動中にいっきに気温が上がってきた、エアコンのスイッチを入れる。小樽方面に移動中、毛無山展望所に立ち寄り小休憩。これは絶景、、小樽市内が一望できる。その後、石狩川河口の「ハマナスの...

  • 北海道の旅(4日目)~積丹の海鮮を求めて

      6月24日(金) 4日目 今日も雨が降り続いている(昨日よりはまだ強い)、北海道にきて太陽を見ていない。このような日は美味しいものでも食べてのんびりするしかない、同行のMさん夫婦も同じ考えで「積丹の海鮮を味わいたい」とのことで一致、積丹半島の神惠内村方面へ。ネットでグルメ評価の高い「勝栄鮨」に向かうことに、11時開店の30分前に到着するも既に7名が予約帳に記名されていた。~評判どうりの人気...

  • 北海道の旅(3日目)~白老町ウポポイを見学

     6月23日(木)3日目今日は朝から雨の一日となった。白老町のアイヌコタン”ウポポイ”を見学、その後、羊蹄山の麓の京極へ早朝の道の駅ウトナイ湖、、お仲間が沢山で駐車場が一区画開けて満杯の状態。ウトナイ湖には人懐こい白鳥が、、よほどここを気に入っているのか、近づいても逃げない。同行のMさん夫婦とは、またどこかでお会いしましょうと言い、ここでお別れし、、、❕今日の目的地、白老町の「民族共生象徴空間 ウポ...

  • 北海道の旅(2日目)~北海道上陸

      6月22日(水)2日目 3年ぶりに北海道上陸です。新日本海フェリーで苫小牧東港に入港、その後、道の駅「ウトナイ湖」へフェリー船室はエステートB和室(海側)で、安めのビジネスホテルぐらいか。日本海側の波はベタなぎ状態で船酔いもなく船旅では珍しく食欲があり、船内のレストランでMさん夫婦らと朝食を取る。我々としては豪華な朝食となった。右手に津軽半島が見えてきた、、先端が竜飛岬か。船旅では時間をもて...

  • 北海道の旅(1日目)~北の大地を目指して出発

        6月21日(火)1日目 22年夏旅(北海道)のスタートです。本日から4週間の予定で北海道方面へのクルマ旅を開始する。 新潟港から新日本海フェリーで苫小牧にわたり4週間ほど北海道旅を楽しみ、復路は(7/16)同社フェリーで小樽港~新潟港に渡り帰路に就く。今日(6/21)は高速道路を使い新潟港まで一気に北上。積み込み完了、キャンプ場での車中泊や山歩きなどを考えているため、キャンプ用具などで荷物が...

  • 沙羅双樹の花

      我が家の庭に「沙羅の木」を植えている。ただ、土壌が合わないのか数年で枯れてしまい、今植わっているのは3代目で2~3年前から花をつるようになった。白い小さな花をつけ、夏ツバキとも言われ、花の命が短いことで知られている。インド原産で幹は非常に高く伸びる。平家物語ーー

  • 夏旅の計画

      今日は肌寒い雨になっている、、(東海地方もそろそろ梅雨入りか)。三年ぶりの夏旅(北海道)出発まで1週間を切った。道内をどのように回るか計画を立てなければと焦っていたが、ようやくそれらしい基本計画を立てることができた。「22年北海道旅の計画」道央⇒道北⇒道東へと時計回りで、、北海道の美味しいものを食べ、ブロ友さんと羅臼湖へのハイキングなどなど、計画しているが、多くは「行き当たりばったりの放浪旅」...

  • 夏旅のための用品の準備

      6/21に北の大地を目指してスタートする夏旅のため、用品などの準備を進めている。旅の中盤にブログ仲間たちと知床峠近くの「羅臼湖」へハイキングを予定している。情報によるとコースが雪解け水でぬかるんでいるとのことなので、長靴をワークマンで調達する。合わせてフィールドスニーカー等々も購入する、、ここはコスパが良いものが多く、ついつい色々なものに手が出てしまう。  [TVアンテナのチェック]自作の地デ...

  • 夏旅再開に向けて

      春~夏野菜の植え付け作業もひと段落をして、やっとクルマ旅の計画を考えられる時間ができた。春野菜の植え付けで満たされてきた自家菜園。3年ぶりのクルマ旅再開に向けて夏旅の準備を開始した。[フェリーの予約]コロナ渦で、そのリスクはあるものも、何とか楽しみにしている北海道への旅が再開したく、その準備として新日本海フェリーの新潟港(6/21出港便)~苫小牧東港の「夏旅GoGo割り」の予約を取った。<15%...

  • トマトの収穫の最盛期

      昨日から未明にかけて激しい雨に見舞われたが、それも午前中には上がり太陽が戻ってきた。我が菜園では春野菜の収穫の最盛期を迎えている。[トマトの収穫の最盛期]色づき始めた大玉トマト。中玉トマト(フルティカ)は二週間ほど前から採れていたが、更に、色付き収穫が増してきた。ミニトマト(イエローアイコ)、、たわわに色づいている。アイコ(赤)、こちらも鈴なりだ。今日、収穫したトマト、、毎日ほぼこの量の収穫...

  • 色づき始めたトマト

      1月下旬にトマトの種まきをしてから3カ月余り、ここにきて色づき始めた。無農薬で育ててきたトマトが、ほぼ順調に大きくなり、草丈は2mを越す大きさになり、ここにきて色づき始めた。中玉トマト(タキイの完熟系トマト;フルティカ)、美味しそうに色づき、そろそろ食べころかな!ミニトマト(サカタ;イエローアイコ)。こちらは同じくサカタのアイコ(赤)、色づきはイエローより遅いかな。大玉トマト(タキイ;ホーム桃太郎...

  • お茶刈シーズン到来

     八十八夜が近づき「お茶刈りシーズン」が到来した。遅霜の被害もなく、綺麗に新芽を出した茶畑。一年間丹精込めて育てた一番茶葉(新茶)、朝日を受けて「萌木色」に輝いていた。天気の良い日にはお茶刈り作業が集中する、農家は大忙しのようだ。最近は乗用型の茶刈機で行う農家がほとんどのようで、お茶刈り作業は随分楽になって来たようだ。我が家の裏の茶畑にも茶刈機が入る。「春に三日の晴れなし」とのこと、来週からは梅雨...

  • キジバトの巣立ち

      季節を先取りした暑さが続いていて、各地で夏日を観測するところが出ている。2週間余り前(3/27)にふ化したキジバトのヒナは、、すっかり大きくなり、巣立ちの時を迎えていた。あれほど献身的にヒナの世話をしていた親鳥は、ここにきて、一度もヒナ鳥のもとに帰ってきていない。二羽のヒナ鳥は、、”パパ、ママは帰ってこない、、お腹が空いた~、、そろそろ飛び立つか”と。2~3mほど先のミカンの木まで飛び立った。”困...

  • お茶の葉芽吹く

       春本番の暖かさが戻ってきた。 八十八夜まであと一ヶ月、周辺の茶畑では新茶葉が芽吹き始めている。これは早生種と思われる、、周辺よりは芽吹きが早いようだ。あと、二週間ほどでお茶刈が始まりそうだ。 静岡県と鹿児島県は荒茶の生産量でしのぎを削っているようで、2020年にはかろうじて静岡県が首位をキープしたものの21年には鹿児島県に追い越されるとみなされていたが、、今年2月、農林水産省の発表によると...

  • ひとり花見

      今日(3/30)は全国的に暖かくなっているようで各地で桜の満開の報告も、自宅前の小さな公園の桜も満開を迎えている。咲き誇った桜、さくら、最もきれいな瞬間だ。誰もいない公園で「ひとり花見」を、少々寂しいが、キャンカー出動させ気分を出してみた。花見の後はグランドゴルフの練習を、。 明後日から4月、今年のクルマ旅はどうすべきか計画を立てなければならない時期に来ているが、、う~、悩ましいなあ。...

  • キジバトの子育て

     庭先の「ベニバナトキワマンサク」の木に、今年もキジバトが子育てを始めた。昨年作ったの古巣を少しリフォームし簡素な作業で間に合わせたようだ。「ベニバナトキワマンサク」の木、この中に巣作りをしている。2個の卵を産み、雄雌共同で温め続けている。本日(3/27)覗くと二羽のヒナが孵っているのではないか、、それにしても今年は早い子育ての始まりだ(昨年より一ヶ月ほど早い)。早くも素嚢乳をねだる子供たち。素嚢乳(...

  • ナス苗の植え付け

      今日は春分、一時期のような季節外れの暖かさは何処へやら、少し肌寒い日和となっている。[ナス苗の植え付け]手狭になった育苗箱からナス苗を出して露地に定植する。まだまだ寒い日が続くので、しばらくはトンネル栽培となる。[トマト苗のその後]3月2日にビニールハウス内に定植したトマト苗は順調で育っている。草丈50~60cm位になっている。第一花房が咲き始めてきた。この時期は、低温が続くため、着果促進剤「...

  • スギ花粉

      一気に暖かくなり春らしい季節になった半面、花粉症の方々は辛い時期をむかえている。我が地域のスギ花粉の飛散情報、連日の「非常に多い」予報になっている。サイクリング道中の茶畑の奥の杉林は赤茶色となっている。近くに寄り観察してみると、あぁ~、満開状態だ!。ちょっと枝を揺らしてみると、これは大変、、一気に花粉が湧き出てきた。花粉症で悩まれている方には申し訳ないが、幸い自分は花粉症とは縁がなく快適な...

  • トマト苗の植え付け

      日中の気温は著しく暖かくなり家庭菜園の耕起・種ま・植え付けなどの作業が忙しくなってきた。[トマト苗の定植]1月19日に播種したトマト苗が成長し育苗箱では手狭になって来たので、暖かい日を狙ってビニールハウス内に定植する。幼苗を育苗ポットに移植してから、ここまで育った自根トマト苗、今年の冬は寒気が居座り期間が長く続き、ビニールハウス内に定植するタイミングが見つからず、結果、育苗箱でぬくぬくと過...

  • ウグイスの初さえずり

      ようやく冬のトンネルを抜けたようで、今朝はいっきに春が来たかの気温で目が覚めた。毎朝行っているサイクリングの折り返し地点の雑木林で「ウグイスの初さえずり」を聞いた。雑木林(ヤブ)の奥から「ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」と、まだ、まだ、おぼつかない鳴き声だ。今までのメジロやヒヨドリなどにウグイスの鳴き声が加わり一気に雑木林が賑やかになっている。過去6年に渡りウグイスの「初さえずりの日」を...

  • ジャガイモの植付け

     二十四節季の立春を過ぎ、、さらに雨水をも過ぎたが、、一向に春がやってこない。そろそろ、鶯が泣き始め、春一番がやって来てもよさそうな時期だが!。気象庁発表の2週間気温予報は、来週になれば暖かくなるとのこと。 [ジャガイモの植え付け] 日射しの暖かさを感じるようになり地温も上 がりつつあるので、ジャガイモの植え付けをしなければと、ホームセンターへ種ジャガの調達を。 男爵3Kg、メークイン、キタアカリ各1Kg...

  • 春を探しに

      近所の小川の堤の「早咲きの桜」はどうなっているのか様子を見にカメラを片手に自転車を走らせてみた。残念、、まったく春は感じられない、、まだ蕾は硬し、やっと見つけた花も一凛だけ。こちらは昨年(2021年)の同日の写真、昨年は随分と開花が進んでいたようだ。今年の冬は寒さが厳しいことがよくわかる。わが菜園の片隅のフキはどうなっているのか、、おぉ~「薹」が出ている ~春を感じる一瞬だ~。尚、温床内のトマ...

  • 春野菜の種まき

       一年で最も寒いとされている大寒中ではあるが徐々に日が延び、陽射しの強さを感じるようになり、例年通り春野菜の種まきを行った。ビニールハウスで促成栽培するためのトマト(大玉2種類  中玉 1種類(フルティカ) ミニトマト 2種類 (サカタのアイコ)) 他に、ナス、春キャベツ、小玉スイカなど。使わなくなった熱帯魚の水槽を利用し、電熱器で温度管理をしながら発芽→育苗する。発芽したトマト苗、春...

  • 薄っすらと雪景色

     今朝(1/14)起きてみると「あっ~」薄っすらと雪が積もっているのではないか、。久しぶりに見た、、初雪、初積雪だ、。日本付近の上空に流れ込んだ寒気の影響で太平洋側にも雪雲が流れ込み、山間部を中心に積雪になったようだ。このような景色を見るのは何年ぶりだろうか、、記憶をさかのぼっても思い出せない。愛車もこのような状態。この雪景色も午前中にはすっかりなくなっていた。雪国では連日の大雪で生活面などで苦労をし...

  • メダカの生命力

      昨年末にメダカを二十数匹いただき、屋外に置いている水鉢(特大臼)に入れ飼育していて、寒中の冷え込みで表面に薄い氷が張ることもあるが元気に生きている。メダカは「弱そう」というイメージを持っていたが、いやいや、これがなんと厳しい環境でも生きていける「強い生命力」を持った魚と言うことに気づかされた。冷たい水中で、暖かい春が来るまでじっと我慢して生きているメダカたち、、温かい室内で冬眠している「誰か」...

  • 迎春

     寒波第二陣(年越し寒波)の襲来で厳しい冷え込みの朝となっている。2022年 明けましておめでとうございます 新型コロナが退散し、穏やかな日々が訪れることを願います。                                2022年元旦  コロナ退治は 俺のウルトラ技 にまかしてくれ~ ‼...

  • ジャンボ干支(寅)

      今年も恒例のジャンボ干支(寅)の写真を撮りに静岡県島田市大代に出かけた。コロナ禍の影響で昨年は中止になり、二年ぶりの開催である。 年賀状に使用する為なのか、平日にもかかわらず大勢の人出だ。地区の活性化のために活動する「王子田会」の皆さんによって竹などで骨組みをつくり藁で仕上げたもので、迫力あるトラの一家が出迎えてくれた。今年はいつもより気合が入った制作のようだ。愛嬌のある子どもが。何枚かカ...

  • ヤーコンの花が咲く

      我が菜園で今年に咲いた珍しい花(三種)を紹介する。[ヤーコンの花]夏の猛暑と長雨で弱っていた”ヤーコン”は、今では少し勢いを取り戻し可憐な花を咲かせてくれた。ヤーコンは南米アンデス高地原産のキク科の野菜で、40年ほど前に日本に入ってきて健康野菜として栽培されている。草丈2m程まで成長したヤーコン、ほとんど管理などしなくても粗放で育つ。キク科で向日葵に似た花をつけている。試し掘りをしてみる。塊根(...

  • レナード彗星

      今朝(11/29)、シーズン一番の厳しい冷え込みの中、早起きをして「レナード彗星(C/2021 A1; Leonard)」の撮影を行った。この彗星は2021年1月、米・レモン山天文台のGregory J. Leonard氏によって発見され、徐々に増光し我々初心者でも観測できるようになって来ている。いつもの茶畑に機材を出し、寒さをこらえて撮影に臨む。彗星の出現周辺には、きわだった指標になるの星が無く目的物の彗星を発見できず、、寒さが身に...

  • 部分月食

      今夕(11/19)月の直径の98%が隠れる部分月食を見ることができた。この98%が隠れる状態は限りなく皆既月食に近く、日本全国で見られたのは、140年前までさかのぼるとのこと。我が地域では天候状態が芳しくなく、意気込んで臨むも、、雲の中に見え隠れする月食をなんとか捉えることができた。食が最大になる10分前の部分月食、赤銅色が美しい~最大食のタイミング(18:03)は雲に覆われ撮影できず、、残念。その15分後、...

  • 初冬の風物詩

      立冬が過ぎても我が地域では穏やかな陽気が続いている。昨日(11/16)は、たくあん用の大根(練馬大根)を90本程収穫する。、、(北海道のブロ友さんには及ばないが)、、早速、妻が洗い、自分が吊るしの分担で作業で、2ヶ所に分けて天日干し。二週間前に行った干し柿と共に我が家の「初冬の風物詩」です。白菜は浅漬け用に早生種を収穫し天日干しを、また、そろそろキウイフルーツも収穫時に来ている。今年の冬はラニーニ...

  • 干し柿作り

     ようやく秋らしい寒暖の差がはっきりしてきて、干し柿を作るのに良い季節となり、例年のごとく渋柿を手に入れるため、JA浜北「ファーマーズマーケット」に出かけた。遠州北部は柿の産地としても有名で各農家から持ち込まれた次郎柿、富有柿、渋柿が並べられていた。渋柿は沢山ならべられているものの、程度の良いものはほんの少し、購入した渋柿、計80個。これを買い占めると、この状態だ。野菜苗売り場で、品質の良い玉ねぎ苗を...

  • アケビ

     先日からウォーキング道中に「アケビ」を見つけていて、野鳥に食べられる前に確保すべくと気をもんでいたが、ここに来て色づき始めたため、本日(10/16)その収穫に向かった。道端のセンダンの木に巻きつきながら、4~5m蔓を伸ばしていて、、、色づいて来たアケビ。二週間余り前から観察を続けているが、ここに来て一気に色づいてきた。今日はいよいよ竹棒を持って収穫に向かう、、アケビと格闘すること10分あまり、確保した...

  • 天竜の森での星野撮影

      竜頭山天竜の森で撮影した天体写真がまとまったのでアップする。撮影日:21年10月2~3日撮影場所:天竜の森 北駐車場撮影機材:Sky-Watcher EQ5 /EOS8000D/望遠EF200mmIS~28mmIS/ISO1600浜松市北部の天竜スーパー林道を竜頭山・天竜の森へ(北駐車場)。今回は、カメラレンズ(広角レンズ、望遠レンズ)を使い「天の川銀河」の撮影をメインに置き、その神秘に少しでも迫ればと思い出かけた。日没後、心配し...

  • 天竜の森駐車場で車中泊

      昨夜から未明にかけて、台風明けの晴天と月との好条件が揃ったので「天竜の森」駐車場へ久々に天体写真撮影に出かけた。撮影後は、ここで車中泊するつもりで途中夕食を買い込み出かけたが、、天気予報に反して山々には雲が沸き上がってきている。なんとか回復してくれることを願って天竜川を渡り天竜の森スーパー林道に乗り入れた。急こう配を登り切った所にある秋葉神社上社で小休止、その後、少々狭いが全面舗装された林...

  • 季節の変り目

      立秋を過ぎ一気に季節が進んだ感がある。ウォーキング途中に見つけた秋の風景を幾つか、、これはアケビだ、、食べ頃になるのが待ち遠しい、野鳥よりは早く頂だいする予定だ。高速道路の脇で、秋空に向かって咲くソライロ朝顔を発見 、(スライドショーで)また、これはムクゲ、フヨウ属で最初はピンクの花色だが、だんだんと白色に変化するようだ。これは本物のフヨウ、こちらも最初の赤系の花から白く変化する。今回はブ...

  • 試し掘り

     [サツマイモの試し掘り] 6月初めに40本程植えつけていたサツマイモ苗は、今年の長雨の影響もありグングン成長し芋が付き始めて来ているようだ。一度試しに掘って大きさを確かめておこうと、、茂った葉を押し分ける、、立派な茎が見えてきた。ここをスコップで掘り起こすと、少々小さめだが食べ頃な芋がついていた、、。[サトイモの試し掘り]先日には花を付けていたが、このサトイモも試し掘りをすることに、、。少々小さ...

  • サトイモの花が咲く

      真夏期間の長雨がいっきに明け久々に猛暑の日々となっている。我が菜園のサトイモ畑を覗いてみると、、大きく茂った葉の中に黄色い花のようなものがあるのではないか ‼大きく成長した20株ほどのサトイモの中に、、茂った葉の中で、親芋のわき芽から垂直に30~40cmほど伸びた蕾が。花は、淡い黄色で、細長い先の尖った円錐状をしてる。それにしても落ち着いた美しい花だ、、。ネットで調べてみると、、サトイモは熱帯...

  • 秋野菜の仕込み

      猛暑が続く中、秋野菜作りの準備を開始した。[キャベツ類の種まき]キャベツ、ブロッコリー、茎ブロッコリー(アスパラバスのように茎を食べる野菜)などの種まきを行う。暑い時期の苗作りは難しい、、水やり、日陰での管理などに気を付け、苗の徒長を防がなければならない。8月末には定植できる見通し、、。[抑制栽培に挑戦]7月初めに種まきをしていた数本の茄子とトマト苗を植え付ける。抑制栽培は初めてで失敗覚悟の挑戦...

  • 耕運機のメンテ

      我が菜園用に購入した耕運機(管理機)は10年以上使用し各所にガタが来ている。[耕運爪の交換]摩耗してしまっている耕運爪、これでは十分に耕起(土の反転)ができない。ネットで探し出し手に入れた耕運爪。        新品と比較してみると、摩耗の程度が顕著にわかる。             交換完了。[エンジンオイルの交換]定期的に交換しているが、、、そろそろ交換時期に来...

  • 茄子の切り戻し剪定

      東海地方も梅雨明け間近になっている、、。[茄子の切り戻し剪定]梅雨が明け、カラカラした酷暑が続くと、、水好きの茄子は花が咲かなくなったり、花が咲いても落ちてしまったり、株の勢いが衰え始めてくる。そこで、、美味しい秋茄子の収穫を目指して、枝を切り戻し新しい枝を出させる[切り戻し剪定]を行った。枝に2~3葉残して、半分ほどの長さまで切り詰める。栽培している株の全てを切り戻すのは避けて、半分ほどの株...

  • 雨続きの日は、、

      梅雨も末期に差し掛かり梅雨前線の活動が活発となり毎日、雨の日となっている。         我が菜園では雨の中「畑の宝石」が成長している、、①スイカ; 第一陣は既に収穫済で、これから第二陣の収穫が楽しみ。元気に蔓を伸ばしている第二陣スイカ、孫蔓の剪定がめんどくさくなり、ほったらかし状態だ。ハクビシンやカラスの被害を避けるためネットを掛けている。これは第三陣のスイカ、順調に行...

  • コンニャクの花(その後)

      先般、コンニャクの花が咲いたことを記事にしたが、その後、どうなったかと言うと、、。4/27のブログ記事から、コンニャクの花はこのようでした。その後、だんだんと萎れ、枯れて行ってしまった(10日後の様子)。跡形もなくなり、、暫くすると、そのあたりから新たな本来のコンニャクが芽を出してきた。これは地下茎はどうなっているかと思い、土を掘り起こすことにする。土中では、親芋らしき跡地から子芋が次から次...

  • 猪の被害を受けた「甘々娘」

      地元自治会から最近「地域内に猪が現われているので夜の散歩など気を付けてください」との回覧が回っていた。また、隣の畑の住人さんから、昨日、猪が出没し堆肥置き場をあさったようで、ミミズなどの探したと思わる跡があったとのことだった。今朝に畑に行って見ると、案の定、大切に育ててきたトウモロコシ「甘々娘」が無残な姿に、これはブロ友さんから頂いた種を蒔き育ててきたもので、やっと食べ頃になっていたものだ...

  • トマト収穫の最盛期

      ここに来て、我が菜園のトマトの収穫が最盛期になって来た。大玉トマトが色づき一気に収穫量が増してきた。中玉トマトは10日前から採れていたが、更に、色付きトマトの収穫が増してきた。また、ミニトマト(イエローアイコ)の数も増えてきた。同じくアイコ(赤)も、、。本日の収穫物、色々なものが採れている。この中でも中玉トマトのフルティカ(タキイ種苗)は酸味と甘みのバランスが良く、まことに美味しい。他にナス...

  • キジバトの子育て

      一カ月前に(4/9)庭木にキジバトが巣作りを始めたことを記載したが、その後、2個の卵を産み、昼夜温め続けること2週間余り、4月末に2羽のヒナがふ化した。ふ化後2日くらい経ったと思われるヒナ、黄色ぽっいむく毛で覆われている。ふ化後5日、目鼻立ちもしっかりしてきた。 ふ化後8日目 翼に縞模様ができ、ハトらしくなって来た。[私にとってここからが新発見だ]親バトはエサを運んできていないのだ、どうゆうことか...

  • 色付き始めたトマト

      1月下旬にトマトの種まきをしてから3カ月余り、ここにきて色づき始めた。無農薬で育ててきたトマトが、ほぼ順調に大きくなり、草丈は2mを越す大きさになり一週間ほど前から色づき始めた。色付いたミニトマト(イエローアイコ)。同じくミニトマト(アイコ)。美味しそうに色づいた中玉トマト(完熟系トマト;フルティカ)大玉トマトはもう少し後になる。「スイカの成長」  暖かくなり急に成長が早くなって来た。 何個...

  • コンニャクの花が咲いた

     うゎ~、、家庭菜園に異様な形の花が咲いている。まるで熱帯雨林に在ってもおかしくないような、、。ネットで調べてみると、これは「コンニャクの花」とのこと。いや、コンニャクはこのような形態をしているが、どうゆうことか⁉。 コンニャクの花が咲くのは4年以上経った芋からでないと花が咲かないとのことで、この場所にほったらかしにしていた為に花を付けたようだ。40cm程に伸びたコンニャクの花。欧米では「悪魔...

  • 新茶シーズン始まる

      八十八夜が近づき、我が地域では新茶の刈り取りが始まった、、否、今年は暖かい日が多かったため茶葉の成長が早く、気が付くと、ほとんどの茶畑はすでに刈り取られていた。既に刈り取られた茶畑。二番茶の収穫をあきらめた茶畑、来年の新茶のために根元近くまで切り詰めている。それでも山間では朝日に映える茶畑が広がっていた。お茶刈りをするご夫婦、最近は乗用型の茶刈機で行う農家がほとんどのようで、お茶刈り作業は...

  • 帰ってきたツバメ

     我が家周辺では、昨日(4/8)ツバメの初飛来を確認した。一年ぶりに戻ってきたペアのツバメ、、長旅で疲れたか電線で羽を休めている。早速、昨年の古巣にチャッカリと居座ってしまった。[キジバトの巣作り]春先に紅色の花を咲かせる「ベニバナトキワマンサク」の庭木にキジバトが巣作りを始めた。小枝を集めて作った、決して上手な巣とは言えないキジバトの巣。まだ卵は産んでいないようだが、出来立ての巣の居心地を確かめるか...

  • お茶刈りシーズン近し

      今年は季節を先取りした気温の日が多いためか、平年より桜の開花も早く、また近隣地域の茶葉の伸びも早い。先日まで楽しませてくれた満開の桜も今や葉桜になり、その代わりに遅霜の被害もなく綺麗に新芽を出した茶畑が代役を務めている、、”お茶刈りのシーズン”がそこまで来ているように感じられる。一年間丹精込めて育てた一番茶葉(新茶)。[トマトの成長 その後]我が菜園のトマト、、草丈1mを越してきた。着果したト...

  • 満月と桜

     今日(3/29)は満月(月齢15.7)、それに合わしたかのように我が地域のソメイヨシノは満開のタイミングを迎えている。昨夜の激しい雨(春の嵐)を耐え抜き、散る花びらも少なく綺麗に咲きほこっている桜のもとで、カシャと、。夕刻になり満月が顔を出す。しばらくして、月明かりが満開の桜を照らし出してきた。また、今朝(撮影:AM5時15分)西の空に沈む満月を撮影していたので追加する。今日は各地で5月並みの汗ばむ陽気、...

  • 近場で花見

      今日は定例のグランドゴルフ(G.g)の練習日、晴天のもと、いつものメンバー(7名)が近くの公園に集まり練習試合を開始。グランドゴルフ終了後はベッコウトンボの生息地で有名な「桶ヶ谷沼」公園へ移動。ビジターセンターの前は菜の花で満開、、しばし堪能する(画面の奥がベッコウトンボの生息池「桶ヶ谷沼」)。その後、身近な桜を楽しもうと桶ヶ谷沼の北側に位置する「鶴ヶ池」へ移動。池の色合いは少ないが、この時...

  • 茄子とスイカ苗の定植

       昨日までは肌寒い雨が降っていたが、今日はこの時期らしい暖かい気温が戻ってきた。更に週明けには季節を先取りしたような暖かさがやって来るようで、春本番になるとのこと。[茄子苗の定植]保温箱から出した茄子苗(自根苗19本)、”暖かい温室での生活はこれで終わりで、これからはまだまだ厳しい露地での生活になるのだ!” あらかじめ堆肥を入れた黒マルチ畝に植え付け。夜間は冷え込むので、しばらくの間はビニー...

  • ウグイスの初さえずり

      今日はいっきに春が来たかの気温で目が覚めた。これはウグイスの初さえずりが聴けるのではと期待をして、毎朝行っているサイクリングの折り返し地点の山里まで自転車を漕ぐ。やっぱり、この雑木林(ヤブ)の奥から「ホ~、ホ~、ケキョケキョケキョ……」と初さえずりが、まだ、おぼつかない鳴き声だが。 過去5年に渡りウグイスの「初さえずりの日」を記録してきたが、今年は暖かい日もあったが、強い寒波の影響もあっ...

  • ジャガイモの植え付け

     この冬最後になると思える寒波が日本列島を覆っている。我が地方では冬型の気圧配置で「遠州の空っ風」が吹き荒れているが、ここを過ぎ、あと少し我慢すると暖かくなるとの予報が出ている(気象庁HPより)。菜園の片隅では、すっかり花芽が出てしまったフキノトウが満開を向かえていた。これでは食用にはならない、、。 日射しの暖かさを感じるようになり地温も上 がりつつあるので、ジャガイモの植え付けをしなければと、...

  • 春を探しに

     今日(2/3)は立春、何時もの年より1日早い立春だ。我が家周辺では至る所で春が近づいていることを感じるようになって来た。 [早咲きの桜] 近所の小川の堤に植わっている早咲きの桜が咲いているのではないかと、カメラを片手に自転車を走らせてみた。おぉ十数輪咲いているのではないか これは”春が近づいている~”。 何輪かを撮影、、春の雰囲気を醸し出している。  [フキノトウ]菜園の片隅で芽を出していた「...

  • 春野菜の種まき

      大寒中ではあるが、徐々に日が延び陽射しの強さを感じるようになり春を感じる日も多くなってきた。ビニールハウスで促成栽培するためのトマト5種類、など春野菜を播種。ミニトマト(アイコ、イエローアイコ) 中玉(フルティカ) 大玉2種類  他、なす、スイカなど 使わなくなった水槽内に入れ、電熱器で温度管理をし発芽させる。 播種後一週間、発芽してきた。 今後はポットに自根苗として鉢上...

  • 暖かい気温に誘われて

     4~5日前に襲ってきた最強寒波もいったん去り、今日は南からの高気圧に覆われ春を思わせる暖かい日になっている。南海上の高気圧からオホーツク付近の低気圧に向かって暖かい南西風が吹き込み、気温が上がってきている。我が地域の12時現在の気温13.2℃。(天気図:気象庁HPより)この暖かさに誘われ、我が菜園に向かい作業を開始、年末から育ててきた春レタスの2種(大玉レタス、リーフレタス)が大きくなり定植を待っていた。&#...

  • 元日を迎えて

        新年 明けましておめでとうございます。   疫病が退散し、穏やかな日々が訪れることを願います。                                2021年元旦年末から数年に一度クラスの強烈な寒波が襲来しており、連日「遠州の空っ風」が吹き荒れていたが、今朝は新春にふさわしい清々しい快晴の朝を迎へた。コロナ禍で初日の出の撮影は自宅からとなり、元日の太陽を狙ってみた。電波塔脇に出る2021年...

  • 木星と土星が最接近

      木星と土星は20年ごとに会合(接近)を繰り返しているが、何と、ここまで接近するのは1623年(≒400年)ぶりとのことだ。最も接近するのは22日3時頃だが日本ではすでに西の空に沈んでいるため2つの惑星が近づいた状態で観察できるのは、本日(21日)の日の入り後で、この時を狙ってカメラを向けてみた。西の空に沈む2星、肉眼では見分けるのが困難なほどでくっ付いて見える。  撮影日時:2020年 12月21日 17:45望...

  • 月と木星、土星の接近

     12月中旬にも関わらず今季最強の寒気が居座り、日本列島が寒さでふるえ上がっている。ここの所、日没直後の南西の低空には木星、土星が20年ぶりに極めて接近しており、今宵(12/17)はそれに月齢2.8の美しい三日月が加わった。  寒さをこらえて日没直前の南西の空を撮影。 木星、土星と月齢2.8の三日月。   拡大してみると木星の衛星が4個並んでいるのが分かる。4日後(12/21)には木星と土星は離...

  • 早くも咲いた”なばな”

     初冬にもかかわらず暖かく穏やかな日々が続いている、我が野菜畑には色々な花々が咲き賑わっている。一気に咲いてきた”なばなの花”、春を先取りしたかのように満開になっている。 この”なばな”は花芽(花蕾)を食べる野菜で、頻繁に摘芯しないとすぐに花が咲き充ちて食には適さなくなる。 満開になった花々には、早速、ミツバチが蜜を求めて飛び交っていた。まるでこの風景は冬を飛び越し春が来たようだ!  他に...

  • 遠州森町の小國神社へ

     ここの所、朝晩の冷え込みも厳しくなり、遠州地方にも紅葉の季節がやって来た。健康のために毎日行っている自転車ツーリングを少し距離を伸ばして片道20Km弱の所にある遠州森町「小國神社」に紅葉の写真を撮りに行ってきた。 気持ちの良い初冬の空のもと袋井市付近の田園を抜けて遠州森町方向へ、一面に広がるレタス畑、この地域はレタス栽培で有名。この畑は、春先にはトウモロコシ”甘甘娘”に変わる。また、所どころに...

  • 我が家のメンテナンス

     この時期は穏やかな日が続くことが多く、また、野菜畑の作業も一服してくるので毎年我が家をメンテナンスすることにしている。昨年は小さな離屋のログ材や屋根材の修正・塗装を行ったが、今年は母屋の外壁や玄関ドアの塗装を行うこととした。作業開始に合わせホームセンターで外装用木部塗料、外壁用ウレタン塗料、ドア用着色ニス、刷毛、バケツなど必要な材料をそろえる。 先ずは、玄関ドア(木製)の塗り替えを、サンドペ...

  • 干し柿作り

     今朝は夜来の雨も上がりこの時期らしい秋晴れになった。寒暖の差がはっきりしてきて干し柿を作るのに良い季節となり、浜松・JA浜北の直売所に渋柿の調達に出かけた。 遠州北部は柿の産地としても有名で、次郎柿、富有柿、渋柿が至るところで栽培されていて、JA直売所では各農家から持ち込まれた色々な果物(柿、ミカン)、野菜などが並べられていた。次郎柿は沢山ならべられているものの、 渋柿はこれだけ、良く売れた...

  • 秋野菜いくつかの失敗例

     あの猛暑の日々から一カ月半が過ぎ、徐々に秋の深まりを感じるようになって来た。散歩路で見かけたこの時期ならではのものを、、(アケビ)。 我が菜園では、秋野菜の収穫時期に来て幾つかの失敗例が目立つようになって来た。『蛾の幼虫の餌になってしまった白菜』白菜の畝(右側)は蛾の幼虫にやられてしまっている。防虫ネットでカバーをし安心していたが、カバーを外して見るとこのありさまで、被害があっという間に広が...

  • 中秋の名月

     彼岸も過ぎ秋の気配を感じるようになって来た。自宅周りで見た秋の風景を、。              グランドゴルフ練習場(アクティ森)の土手でみつけた彼岸花、別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)。秋の彼岸の頃に地中から花芽を出して赤い花を咲かせ、路辺や畔、墓地、堤防などの至る所で見ることができる。 白い花の彼岸花も(シロバナマンジュシャゲ)。ヒ...

  • 秋野菜の植え付け

     台風一過の晴天になると思いきや、、ゲリラ雷雨、秋雨前線の停滞などでスッキリしない日々となっている。だが、これがやっとの「恵みの雨」になり、秋野菜の定植・種まき作業が行えるようになった。早速、晴れ間を狙い耕起、、(まだまだ残暑が続いているが) 培土板を使い畝作り。 キャベツ、ブロッコリーを定植し、青虫対策に防虫ネットでカバーする。 2週間ほど前に種まきをしていた白菜の苗を定植する。 ...

  • 夜な夜な現れる可愛いヤツ

     我が家の台所のガラス窓に夜な夜な現われる可愛いヤツがいる。それは、通称ヤモリと呼ばれ、漢字で「家守や守宮」と表されるヤツです。台所の窓の光に寄せられ集まってくる虫を狙って毎夜現れ、エサ取りに専念している。我が家では「やっちゃん」と愛称を付けて呼んでいる。(すりガラス越しに裏側から見たところ)環境庁HPによると、生息場所は本州・四国・九州・周辺島嶼(しゅうへんとうしょ)で、森よりも人の生活環境の近く...

  • 雨が欲しいが、、

     我が地域では梅雨が明けてから20日間以上雨が降らず、、真夏日、猛暑日が続いている。秋野菜の準備をしたく今日は待望の雨を期待したが、、。天気図では東海沖の小さな低気圧の影響で雨が予想されていたが、残念、一滴も雨が降らず、雨雲が逃げて行ってしまった。             秋野菜を植え付け準備をするも、カラカラの状態でどうしようもない。 キャベツ...

  • 猛暑の中でグランドゴルフ

     日本列島は各地で猛暑が続いている。今日(8/14)の浜松市(天竜区船明)の気温は39℃ 全国二番目の暑さとなった。 この猛暑の中、グランドゴルフ大会にアクティー森へ。 アクティ森とは:遠州森町の創作体験工房、アウトドア体験フィールド、レストランなどを備えた複合型施設で、子供から大人まで、ご家族で、グループで、四季折々楽しめる施設。 太田川(吉川)の河川に囲まれ、川遊びやカヌー体験などが出来る...

  • 三種の嫌いな夏野菜

     気象庁は昨日(8/1)、関東甲信地方と東海地方で梅雨が明けたとみられると発表しました。いずれも平年と比べて11日、昨年と比べても8日遅い梅雨明けのようです。6月中旬からの長い長い雨のトンネルをようやく抜け、8月からの10日間予報は晴れマークの連続。梅雨明け後は暑さが厳しくなる見通しのようで、その暑さの鍵を握るのがチベット高気圧の存在で、太平洋高気圧とチベット高気圧で日本列島をダブルで覆うためのとのこと。&#...

ブログリーダー」を活用して、ふくちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ふくちゃんさん
ブログタイトル
シニア夫婦のクルマ旅など
フォロー
シニア夫婦のクルマ旅など

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用