chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
生きもの二人三脚 http://ayuzou1926.blog.fc2.com/

伊豆半島の自然に抱かれて、生きものたちに囲まれたスローライフを送っています。

あっきょ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/02

1件〜100件

  • 慈悲の心は忘れずに

    生活安全課で押してもらうハンコ。これに対して、いつも違和感を覚える私。未だに『有害鳥獣駆除』なのです。「平成」に横線を引いて「令和」と書き直す感じとでも。狩猟を知らない一般の人なら、それは仕方がない事なのでしょう。しかし、それを管理する側の行政が、今どき「駆除」は無かろうと。ハンコを刷新するくらいの事務費はあるだろうに。それとも法規がそのままなのか。。。?「駆除」とは、害をなすモノを取り除くとの意...

  • 秋の台風と予想外の肴

    台風が過ぎ去って、晴れ間が戻ってきた今日は、父と母の様子を見に行ってきました。線状降水帯が川の上流部を逸れたため、予想以上に水位が下がるのが早い。実家では、いつもと変わらず元気な父と母。まずは一安心。とりあえず、お茶休憩。その後、秋の剪定の段取りをするために、実家の庭中を見て回ります。まずは、我が家から移動させたカヤランが心配だったため、真っ先に確認。おっ、枯れかかっていたのに新芽が出ている。やは...

  • 牡丹鍋と猪汁

    イノシシ肉で『鍋料理』と言えば、やはり牡丹鍋。しかし、その味付けや作り方、そして具材には定義があるのだろうか?これには地域性や個人の好みがあるのでしょう。そんな我が家では、自家製猪骨スープか、市販の豚骨・鶏がらベースの味噌味スープで作ります。具材は、白菜、シイタケ、長ネギ、ニンジン、揚げ、豆腐。ならば、猪汁とは何なのか?牡丹鍋の別の呼び方のような気もしますが、作ってみると意外に、いや明確に違う。先...

  • モノ言う勢子

    グループ猟において、猟犬と共に獲物を起こし、タツ場へと追い立てる役の勢子。この勢子役において、様々な勉強をさせて頂いている先輩がいます。後期高齢者となられた現在でも、現役バリバリの先輩。こちらの地域での捕獲業務を支えて下さっている第一人者。私は、この先輩勢子さんにお供する形で捕獲業務に参加することが多く、山や勢子ルート、そして寝場などを学んでいる最中です。そんな先輩勢子さん、勢子としての高い技術は...

  • 犬の気持ちとクサリ

    犬舎に閉じ込められるか、それとも開放感はあれども拘束的な鎖に繋がれるか。どちらがいいかと聞かれたならば「犬舎」と私は答えるでしょう。鎖で繋がれるなどは、まっぴらゴメン。絶望的な気持ちになってしまう。そんなことを時折考えてしまうのです。犬の飼育において、自由に動き回れる環境で飼ってあげたいと思うのは飼い主ならば当然のこと。猟犬だって同じ。普段でも自由な方がいいに決まっている。しかし、主従関係の意識を...

  • 次の猟期はリセット

    狩猟を始めるにあたり「どんなスタイルで臨むか」と、大抵の人は考えている事でしょう。私自身も当時を思い出すと、狩猟に対しての様々な期待感が蘇ってきます。単独忍猟スタイルで山に溶け込み、自然と対話をするかの如く静かなる猟を行う。「うむ、なんとも孤高だな」と、ワクワクだったのを覚えています。ところが現実は・・・自分の狩猟環境を調べれば調べるほど、そのスタイルが難しいことに気が付きます。つまり、猟場面積に...

  • 勢子魂

    猟仲間の先輩で凄い方がいるのです。この方は勢子を長きにわたり続けられていて、経験は豊富。だけど体脂肪も豊富。一時は、なんと!体重が108kgもあったのです。なので複数勢子で共猟すると、この巨漢先輩の猟犬ジン君は、いつも私のところへ。「ねぇ、ボクも仲間も入れてよぉ」と、私を上目使いで見上げる。我が家の猟犬たちも、それを心得ていて、みんなジン君とは仲良しさん。「おっはよ~♪ 今日も頑張ろうね~♪」と、尻...

  • アルミドッグケージを切る ②

    このアルミドッグケージを・・・「ちぇすと~~!」で、半分に。今日はコレでオシマイ。・・・・・それでは後の参考資料として不十分なのであります。よって、忘れないように書き残しておくことに。それにしても・・・既に組み上がっているアルミ製品をカットすることが、こんなに難しいなんて。アルミ板を切るのとは全く違うのです。とにかく切断面が暴れる。梯子をガイド代わりにしても暴れる。そもそも、ジグソーを使用したのが...

  • 西富士射撃場の星

    雨が降りしきる中、今日は西富士射撃場にて練習射撃を行ってきました。猟期前には欠かせない、安全狩猟に向けての狩猟者の決まり事でもあります。私は射撃練習では毎回目標を定めて臨んでおり、今回は構の調整がメイン。ここ数年で肩の筋肉が落ちて、銃床の肩付け位置が下がってきていたのです。これでは頬付けが甘くなり、目の位置が銃身の中心からブレる。また顔が前倒れとなり、銃身と照星の高さ方向へのブレも生じる。つまり集...

  • 来ないでちょ

    明日は猟期前の射撃練習会だというのに、天気予報は大雨。おまけに世の中3連休なのに今日は仕事。決算前で仕事はバタバタ。それにしても嫌なコースを進んで来る台風14号。これから収穫を迎えるであろう農作物が心配でなりません。農家さんも連休どころではナイはず。「収穫できるものなら今のうちに済ませて~!」私は心の中で叫ぶのが精一杯。一年の集大成でもある農作物。台風ごときにヤラレないでね!台風よ消えてしまえ!し...

  • 猟犬繁殖における一考

    生後3ヶ月となった三重地犬の子犬たち。ここにきて、やっと一段落した感じです。そんなこともあり、昨日は母犬カノの狂犬病予防接種に遅ればせながら行ってきました。「妊娠中と授乳期間中の接種はヤメておきましょう」との獣医師さんの判断。このコロナ禍で、ワクチン接種におけるアレコレを知ることが出来たため、納得の判断でもありました。それにしても面白い。今回産まれたカノの子全頭が、同じような気質なのです。それを狙...

  • 台無しスカル

    昨猟期に折角なのでスカルを作ろうと、山際の水溜に浸けていたシカの頭。皮と余分な肉を除き、あとは水中のバクテリアにクリーニングを任せる算段でした。それを先日の日曜日に、ヘビの親子を放ちに行ったついでに確認。「さて、どうかいな」で、水中より引き上げてガックリ。結果は失敗でした。タンニン成分などで、スカルや角が泥染めのような色に。水溜の底に木や落ち葉が堆積して泥状になり、そこに沈み込んでしまう事を考えな...

  • アルミドッグケージを切る ①

    猟犬スペシャリストの青山さんから頂いたアルミドッグケージ。猟師の間では犬箱とも呼ばれています(以下、犬箱)。頂いた犬箱は鳥猟犬用。大型犬に属する種が多い鳥猟犬。それに比べれば3分の2ほどの体重の、我が家の大物猟用の猟犬たち。犬箱サイズが少し大きいのです。よって、ファーストクラスからビジネスクラスへと犬箱を改造することにしました。そこで、アルミ製品製造会社の技術者でもある猟仲間さんに伺ってみることに...

  • 猟期前の決まり事

    猟期を前に毎年欠かさずに行っていることがあります。まず一番は猟場地区の区長さんと農家さん方、また地区によっては部農会の会長さんへの挨拶回り。次に先輩猟師方への挨拶も。銃猟をヤメられて罠師へと転身した先輩方が、私の猟場に隣接する地域で罠猟を行っているのです。私の猟と猟犬たちの事を気遣う形で括り罠を仕掛けて下さるため、安心して猟が行えるのは先輩方のおかげ。よって我が家の猟犬たちは、先輩方の括り罠には一...

  • 残念な薬莢笛

    今までに数タイプの薬莢笛を作ってみましたが・・・悔しいことに全て私の勝ち。山中では自分の声の方が遠くまで届くのです。しかし、ここで諦めるわけにはいかない。なんとか大音量の出る薬莢笛を作れないものかと、無い知恵を絞ってみます。ただし笛の形状にも拘りたい。弾頭のハマる絞りの部分を残したいのです。ところが、絞り部を残すとなると、笛作りが格段に難しくなる。でも、形はやっぱり薬莢のままが好き。そこでサンプル...

  • 成犬への第一歩

    生後3ヶ月を前に成犬への儀式を行うことにしました。その名も『お食い大め成犬の儀』それまでお世話になっていたエサ入れを片付けて、成犬用へと容量増大する儀式。平たく言いますと「エサ入れを大きくするだけ」ですが。。。今までは、コレで一日に2回の給餌でした。しかし、これからは一日に1回の給餌とするために、夕方のエサ量を多めにします。よって、100円ショップにGO!今までに幾つも作っているため、この組み合わ...

  • 親子で親子をリリース

    今日は朝からスッキリと晴れたいい天気。家族皆で猟場近くの山へと向かいました。途中、漁港に立ち寄り一休み。そして、程なくして山に到着。では現場へと向かいましょう。実はマダニに食いつかれて弱っていたヘビを保護していたのです。家に連れ帰り、数匹のマダニをフロントラインにて駆除。体力の回復を見計らって、元の生息場所に放つ予定でした。ところがなんと、保護中に繁殖。「ヘビ親子の体力が落ちる前に早く放たねば」と...

  • 危うい犬舎の救世主

    我が家のヤッツケ仕事が目立つ犬舎。増築を重ねたため迷路のようになってしまいました。しかし猟犬たち自身の良識により、平安が保たれています。つまり猟犬たちは意外にお利口さん。「良心」とも呼べる心の働きを感じることが出来るのです。猟場では躊躇なく飛び越える高さの柵でも、我が家の柵は別。「そういうもの」との理解もあるのでしょう。しかし油断は禁物。メスの発情フェロモンに反応したオスの愛の力は、想像を絶するも...

  • 狩猟とハズキルーペ(モドキ)

    獲物の足跡から寝場や居所を特定する「見切り」この本質を理解して、確実にこなせる猟師は極わずか。私は、その奥の深さは理解しているものの、見切りにおいても道半ば。終着点は全く見えていません。10年はおろか、一生かかっても本当の見切りが出来ない猟師が殆ど。なので、私もその一人である可能性は大なのです。そんな中、共猟した多くの若手の中で「見切りができる」と感じた人が一人だけいました。幾度か見切りにご一緒さ...

  • 猟期に向けて準備開始

    この日曜日は、アルミコンテナの狩猟小屋への模様替えを行いました。息子に手伝ってもらって庫内を整理。解体場スペースも確保しました。その中で問題となるのは水。水道や井戸に頼ることが出来ないため、当面は大型容器に水道水を溜めて、猟車からの落差で洗い水とする予定です。あとは犬箱。頂き物の犬箱を小改造することに。元は大型の鳥猟犬用に誂えた物だそう。犬箱内のスペースは大きな方が良いようにも思われがちですが、実...

  • しし汁

    私は横田栄治さんのファン。TOTOのCMでは、ビッグベン役だったあの人です。大河ドラマの『鎌倉殿の13人』では、和田義盛役を演じられていて、いい味を醸し出しています。先日は役の中で、実朝と義時たちに『しし汁』を振舞っていました。しし汁とは、猪や鹿の肉を使って『汁』つまり『鍋料理』にしたもの。これを観た私は「我が家もマネをさせて頂こう!」と、家内にお願いを。そんな本日、家内が『しし汁』を作ってくれました。...

  • 皮と思い出

    ハンティングジャンルである以上「皮」は「革」となって、色々な革製品の作り方などを紹介したいところです。しかし私には、そのようなノウハウは皆無。角と牙の加工品作りは大好きなのに。頭の中で獲物の皮は「マダニエルさん」に直結してしまうため、何だか皮は苦手なのです。ところが猟犬の皮は全く別。これが実に不思議で面白い。同腹の子でも違い過ぎるのです。とくに皮がダルンダルンの子が面白い。コーシンの子では、マルコ...

  • 古い肉を使ってジビエ料理

    昨猟期に捕獲したイノシシ。スヌーピーコンビが頑張ってくれました。あれから8ヶ月が過ぎたものの、冷凍ストッカー内には、まだその猪肉が残っている。冷凍ストッカーはー20℃冷凍の安価な一般品。肉質劣化への懸念が付きまとうのは否めませんが・・・解体や冷凍前の処理が適切で、肉のパック空気抜きをしていれば、鮮度低下は思いのほか進まないものです。冷凍ストッカーの置き場所や頻繁な開け閉めにも留意する必要はあります...

  • やっぱり怖いレプトスピラ症

    昨日、獣医師さんと犬についての様々な話をしました。その中で主な話題となったのは感染症のこと。私はレプトスピラ症の事をもっと知りたくて、アレコレと質問。今までの症例や、その後の経過を伺いました。また、混合ワクチンのレプトスピラ症への効力は、実際に如何ほどのモノなのかも。私の認識では「レプトスピラ症には幾つかのタイプがあり、どれもが侮れない」くらい。混合ワクチンのラベルに記載してある「レプトスピラ症」...

  • 悲しい夕暮れ時

    ♪ある 雨の夕暮れ時獣医へ つづく道軽トラが ゴトゴト 子犬を乗せて行くかわいい子犬 怯えているよ悲しそうな瞳で 見ているよドナ ドナ ドーナ ドーナ子犬を乗せてドナ ドナ ドーナ ドーナ軽トラが 揺れるじゃんさんに倣い、今日は子犬たちの一回目の混合ワクチン接種に行ってきました。次は、一ヶ月後に2回目のワクチン接種。これが終わっらないと、先住犬たちの山訓練が始められないのです。どこで、どんなウイル...

  • 色は色々

    我が家の秘密兵器ユキカゼ号。三重県の犬屋さんから連れ帰った頃はクリーム色がかった白色でした。ところが成長して夏毛に変わったとたん、茶色に。ユキカゼ号と同腹の4頭の兄弟は、どれもが茶色でした。母犬カノと同じような感じの色だったのです。それでも当時生後3ヶ月のユキカゼ号の動きや反応に、自分好みのモノを感じたため「この子にします」と、唯一の白い子犬を連れ帰りました。その後、ユキカゼ号は私が予想したとおり...

  • 家族に感謝の猟犬飼育

    我が家には、ゆかいな仲間たちが随分と増えました。しかし私は、どんなに頑張ってもムツゴロウさんにはなれない。舌でベロベロとやり合うムツゴロウさん流の犬との挨拶は、私には無理。とくに我が家の面々は、何でも口にしてしまう食いしん坊ぞろい。なので、静かに語りかけながら頭を優しく撫でてあげる。それも単頭飼いの区画内で。庭に複数頭放して同じことを行うと、もう大変。「私も!私も! オレも!オレも!」となり、頭撫...

  • 遺伝子の仕業

    飼い主は、様々な事で子犬の成長を感じるものです。どんどん食べる量が増えて・・・ずんずんウンチ君が立派になる。短い脚で、よちよち歩いていたのに・・・気が付いたら走り回る子犬を捕まえられない。自転車だって背が届かないと思っていたら、届くようになって・・・反射板は何処へ行ってしまったのかな。それに、これは何だろう。って、おい!ダイナモライトが使えないではないか。「けしからん!」でも、子犬たちのスペースに...

  • ケンカをさせないために

    そろそろ子犬たちを単頭飼いにしなくては。その方が躾をヤリやすいのです。と言いますか、3頭一緒の躾は私には無理。また気質が荒めなため、見ていて心配になるほどのケンカぶり。ケンカが終わると、ケロッとして仲良くしているのですが。とにかく今後の猟行のことも含めて、相性が悪くならないようにケンカをさせないのも飼い主の役目。そもそも猟犬のケンカは、知らぬうちに飼い主がその原因を作っていることが多いと感じます。...

  • 焦る

    先日の出来事です。我が家に戻ると、いつもと何かが違う。聞こえるはずの音が聞こえない。少し前から風呂場の給水栓より水漏れが始まっていたのです。「ポチャン・・・ ポチャン・・・」と。その漏れた水をバケツに受けて、トイレや洗濯水に。給湯器をユニットごと交換する予定のため、そのまま交換修理はせずにいました。家を建ててから20年。さすがに古さが目立つようになってきた風呂。「古風呂や~漏れが止まらぬ水の音」風...

  • 改造好きの狩猟ベスト

    「おう、押し入れから付属の物が色々と出てきたで~♪」先日、モモちゃんを迎えに来てくださった龍さんからの電話。早速、我が家に『付属の物』を送って頂きました。中身はトップシューター狩猟ベスト用のポーチ類。本当に、ありがたいことです。先行して龍さんから頂いていたトップシューターの狩猟ベスト。そのベストに装着せずに仕舞ってあったのを思い出したそう。元から装着してあったポーチ類と併せると、こんなに沢山。これ...

  • ワンワン合気道の神髄

    7頭の子、全頭を見事に育て上げた母犬カノ。猛暑の夏の一番キツイ時期に、よくぞ頑張り抜いてくれました。「本当にお疲れさまでした」と言ってあげたい。なので言ってみたところ・・・何となく分かったのか、カノは尻尾をフリフリ。そして私の口元をペロリンチョ♪直前に食糞をした痕跡のある糞を始末しましたが、もう気にしない。カノは、いつもこうなのです。先日は息子がその犠牲となりました。口を拭きながら「なんだかウンチ...

  • 狩猟の楽しみと目標

    昨日、裏庭からの「キュンキュン」と助けを求める声に気づいた娘。様子を見に行くと・・・コンゴーとレイが粗大ゴミの中で脱出不能に陥っていたそう。その必死の姿に、シャッターボタンを押さずにはいられなかった娘。スグに救出してくれたようですが。それにしても子犬の機動力の高さには、いつも驚かされます。成犬のように「これを越えたら怒られる」との学習や躾による自制は皆無。よって、どんどん行動範囲を広げようとします...

  • 美味しい厚み

    先日、マルタイラーメンを更に美味しく頂こうと作った猪肉チャーシュー。いい感じに仕上がったこともあり、抜群に美味しい豚骨チャーシュー麺となりました。これはもう替え玉をするしかない。「バリカタだ!粉落としだ!」で、稗田バージョンのスープを活かすために、同じくマルタイ棒ラーメンを犠牲?にします。。。そのおかげで本場のスープを目いっぱい堪能できて、満足マンゾ~!残った棒ラーメンのスープの素は、炒飯のスープ...

  • 君の名は

    猟犬の名前を考えるのは、毎度の事ながら楽しいものです。呼びやすくて愛着を感じる名前。先輩勢子さんたちの犬と被らない名前。いくつかの抑えるべきポイントがある中で、アレコレと浮かんでは消える。猟の流れをシッカリと考えている猟師は、皆さん他人の猟犬の名前も覚えています。これは当たり前と言えば当たり前。今は、GPSでもある程度は分かりますが、実際に目で見た情報は大切。「どの犬が獲物を追っていたか」「猟場の...

  • 圧縮空気は大切に

    私は職場では煙たがられています。それはナゼか。そう、口うるさいのです。とくに節電には厳しい。コンプレッサーの電源入れっぱなしもダメ。「使わないんだったら電源を切りなさい」と。工業用の大型コンプレッサーは、ビックリするほど電気を消費してしまうのです。それに伴い、エアラインのエア漏れに対しても、うるさい。空気はタダですが、圧縮空気は電気代の塊。つまり「シュ~ッ!」は「チャリ~ン!」お金がノズルの先から...

  • やっと一息

    毎日が朝から晩までバタバタだった、この2ヶ月間。母犬カノと同じくらいに、私がピリピリしていたように思います。「絶対に、この7頭の子犬たちを健康に育て上げてみせる! 母犬カノと二人三脚だ!」と。『生きもの好き魂』に火が着いていたのです。一日の睡眠時間は3時間+1時間。1時間は職場で寝ていました。。。ホント。そして、母子ともに何事もなく2ヶ月間が過ぎていったのです。家族も快く全面的に協力してくれました...

  • 職人魂と豚骨ラーメン

    マルタイの自信作『職人 稗田の博多豚骨拉麺』以前、福岡に赴任していた私としては、とても気になる一品でもあります。また、イノシシ骨を使ったスープ作りに挑戦中の身としても然り。因みに、その中身はと言いますと、至ってシンプル。麺とスープの素が、それぞれ2人前入っています。作り方も簡単。湯切りなどの必要がない、いわゆる袋ラーメンの作り方と同じタイプ。おまけに茹で時間は通常で90秒。驚くほどに早く簡単に食す...

  • 目から鱗の狩猟ベスト

    今まで狩猟ベストのことを殆ど考えて来なかった私。お気に入りの狩猟用品メーカーの狩猟ベストを注文しようと、何度か問い合わせたことはありますが・・・欲しい物はいつも在庫切れ。私の体型は一番の売れ筋どころ・・・だからか。でも、考えてみれば当たり前。猟期直前や猟期中に注文をしようと、問い合わせた私が間違っている。狩猟ベストは、物によってはスキーウエアのように季節商品的な扱いなのかもしれません。メーカーが製...

  • 幸せへの第一歩

    あらら、あんなところに捨て犬が。。。と、勘違いするような場所にドッコイショ。チビちゃんでも、さすがに3頭もいると、かなりの重さ。それにケージが大きくて持ちにくいし。まずは搭乗手続きを済ませます。肝心の子犬たちも手続きを。荷物の受付担当の女性がとても優しそうな方だったので、ささやかなお願いを。3頭分のSサイズのクレートを予約していたけれど、Lサイズに全頭入れた方が子犬が落ち着く旨を伝えます。すると快く...

  • 子犬と共に

    可愛い赤ちゃんの入った袋を咥えて降り立つがごとく・・・明日、私はコウノトリになります。そして、じゃんさんの元へと。では、まずは予行演習。空港までは、このケージで向かいます。そして空港では無料レンタルで輸送専用ケージにお引越し。航空会社では「クレート」と呼んでいますが、一般的なハードキャリーの規格品だと思われます。原則、1頭に1クレートだそうで、輸送料はFDAがサイズに関わらず1クレート5,000円。因...

  • ジビエと思い出

    猟犬用にと冷凍保存しておいたイノシシの腰椎と尻骨にかけての肉。ところが冬場のイノシシ肉だったため、シッカリと脂が乗っている。猟犬たちのカロリー消費が少ない今の時期に、こんな肉を食べさせたら太ってしまう。猟犬の体調管理に真剣に取り組んでいる私。。。この猟犬への一途な思いが「自らを犠牲にしろ」と囁きかけて来るのです。ならば止む無し。私たちが頂くことに。。。学徒君、今日はキミが焼きたまえ。息子にイノシシ...

  • 猟犬の名前

    さて、この子の名前はどうしよう。最後に産まれて呼吸開始が少し遅くなってしまった末っ子。初めの頃は少々気になる反応を示しましたが、今は他の子に後れを取ることのない、ワルワルのオテンバちゃんに成長。もう心配はいらないでしょう。それにしても・・・頭数が多いと、いつもの事ながら名前を考えてしまいます。発音や母音の並び、そして字数など、出来るだけ紛らわしくないように明確にしたい。私は勝手にその様に考えている...

  • 反戦エコ親子

    祖父や父から太平洋戦争の話を聞かされて育った私。この悲惨な人類の歴史を語り継ぐことの意味と大切さを、娘と息子にも伝えています。そのような最中での昨今の世界情勢。愚かな者たちが指導者となってしまう背景を考え続ける日々でもあります。絶対に繰り返してはならない悲劇の窮み「戦争」毎年、夏が近づくと考えずにはいられません。猟犬訓練のために海沿いの山を登り、尾根伝いに進めば・・・そこには、敵機を迎え撃つための...

  • 龍さん、ありがとうございます

    私の今は亡き師匠の盟友でもあった三重県の龍さん。三重地犬カノを、私に託して下さったのは5年前。その後、カノの素晴らしい猟芸に惚れ込んだ私は、カノの血筋を存続させることに使命感を覚え、躍起となります。そして何とか授かったカノの子犬たち。順調に成長して、7頭全てが超健康優良児に。そんな中、今日は三重県から遥々、ステキな奥様と一緒にメスの子犬を引き取りに来て下さいました。抜群の機動力と考察力で「脱走名人...

  • 娘よ、でかした

    昨日の事でした。たまたま家に居た娘。その娘のおかげで九死に一生を得たカメ。ミカサに食べられる寸前だったカメを、犬舎から救出してくれたのです。「なんかヘンな鳴き声がしたから犬舎に行ったの。そうしたらミカサがカメを齧ってた」と娘。ところが、救出したカメが大変な状態に。甲羅にヒビが入った上に穴が開いてしまい、その穴から体液や血が出ていたそう。「あと1分遅ければ、ミカサは食べてたよ」と。救出したカメをキレ...

  • ワクチン接種の危険性

    おっ、忘れてた!毎月一日がフィラリア症予防薬を飲ませる日だった!で、今日は成犬たちに薬入りのソーセージを。この薬は母犬カノにも与えています。お乳のことを考えると、少々心配。獣医さんに確認したところ「与えても大丈夫ですよ」と。あとは、各種ワクチン接種。これも獣医さんに伺ったところ・・・「妊娠中と子育て中はヤメておきましょう」と、強く。体に負担が掛かっている間は、危険性が高いとの判断でした。実は、この...

  • ペットと航空便

    もうかれこれ25年ほど飛行機に乗っていない私。ましてや航空チケットを自分で手配した事など殆どなし。で、来週、久々に飛行機に乗ることになり、なんだか年甲斐もなくワクワクしています。おまけに、子犬たちも一緒。それにしても、今回は勉強になりました。ペット便やペットとの搭乗について色々と調べ、各航空会社にも直接確認して、不明な点もバッチリ。空港や航空会社によっては、ペットだけでは送れなかったりと、一筋縄で...

  • 義経

    「助けてくれ~!」日増しに悪戯がエスカレートする子犬たち。このドアを開けるのが怖くなってきました。また何かがボロボロになってるんじゃないかと。ニンジャのフェンダーが齧られるのも時間の問題。ハズしましょう。とにかく元気過ぎて困っちゃう。飲み水用のタライも、プールだと勘違いしてるみたいだし。ヤルこと成すこと、もう幼稚園のチビちゃんたちと一緒。いや、それではチビちゃんたちに失礼だな。ゴメンネ♪でもまぁ、...

  • オレ流スキンシップ

    猟犬の中にはパニック状態に陥ると、コントロール不能となる個体が散見されます。とくに自分の動きが拘束されるような状態になったりすると大暴れして、手が付けられなくなることも。他には、体を不意に触られたり痛みを感じると、反射的に咬んでくる個体もいます。これは猟犬に限ったことではありませんが。また、仕留めた獲物に執着し過ぎるがあまり、他の猟犬や人にまでも攻撃的になる個体も時折見かけます。しかし、これらの問...

  • 猟服に注意

    『狩猟安全6原則』の5番目にある『猟服に注意』これは、どのような意味かと申しますと・・・「誤射されないように一目で人だと分かる目立つ服装で猟行するべし」との事なのでしょう。しかし、それとは異なる観点でも猟服に注意するべきだと私は考えています。とにかく、携行品を落とさないこと。各許可証や実弾、またGPS受信機やスマホ等、法的にも紛失する訳にはいかない物が色々とありますから。そんな私自身も様々な携行品...

  • 突然の訪問者

    昨日は休暇中にも関わらず、出勤せざるを得ない状況に。土曜日の早朝とあって、通勤路沿いの海岸は多くの釣り人が遠投カゴ釣りを楽しんでいました。ルアー釣りの人もチラホラいる感じ。今の狙い目は、ソーダガツオとワカシ(イナダよりも小ぶりなブリの幼魚)、あとはシイラかな。この海は急深なので、海岸からでも回遊魚が釣れてしまうのです。釣果を確認しに行きたいところですが、職場に急がねば。そして職場ではシステムが復旧...

  • 家内からの特命

    「今日の夕飯はイノシシ肉の焼肉にしてよ」早朝、そう言い残して家内はパートに向かいました。夏季休暇を先取りした私。家内は私が暇だと思っているよう。しかし・・・まだまだヤルことが沢山あるのだよ!でも、焼こう。それにしても、なんという暑さなのか。が、これはイカン・・・エアコンを入れた部屋で、換気扇を回しながら・・・肉を焼く。この様な無駄は許されないのであります。国家のエネルギー的窮状や、世界情勢を考えて...

  • 母は強し

    生後7週間目に入り、さらに活発さを増した子犬たち。もう、囲いの中に納まる段階は完全に過ぎました。よって今日は、それを撤去。トイレも覚えてくれて、私の掃除がだいぶ楽になりました。行動範囲もどんどん広がり・・・脱走しちゃダメ。そこまで広げんでいいい。食事も、ドライドッグフードをメインで食べてくれるようになったため、随分と楽になりました。そんな中、カノが食べた物を吐き戻して、子犬たちに食べさせているのを...

  • マジンガーとベルリンガー

    休暇日が半分を過ぎてもなお、様々な作業に追われます。猟期が終わった後、3ヶ月間も毎週のように捕獲業務でバタバタしていたため、家のことが殆ど放ったらかし状態。昨日は風呂場の換気扇のモーターをオーバーホール。そして今日は、バイクのブレーキマスターASSYの交換。ブレーキレバーの作動がスムースに行えなくなってしまったのです。このままでは、またもや車に特攻してしまう。そんなことで、外装は左右の殆どがボロボロと...

  • 子犬の個性

    今日で生後7週間目に入った三重地犬の子犬たち。順調に成長しています。今はペディグリーの子犬用缶詰とサイエンスダイエットのパピー、そこに人用の粉ミルクをを混ぜて与えています。それを一日3回。また母犬のカノには、同じくサイエンスダイエットのパピーと人用の粉ミルクを混ぜてを与えています。これは一日4回。カノの乳の出が抜群に良いようです。とりあえず今は、高いカロリーと成長期にマッチした栄養バランスが、母子...

  • 体温を上げない

    昨日は、3回目のワクチン接種に行ってきました。接種会場までは約5km。半径5km以内は自転車で移動する決まりとなっている我が家。外気温が30℃以上で自転車を漕げば、体温が36℃台を超えてしまう可能性がある。ならば娘の新兵器を借りよう。パナソニックの電動アシスト付き自転車でGO!で、これがスゴイ!会場まで汗をかかずに到着。検温すると35℃台で平熱のまま。それにしても・・・スタッフの方々はとても親切で優...

  • 初弾命

    これは勉強と同じかもしれません。成績の芳しくなかった私が言うのもなんですが。「何のために勉強をするのか」この目的意識は、射撃練習においても同じだと実感しています。要は、今風に言いますと「モチベーション」なるものをシッカリと考えておくことが大切なのです。まずは・・・「射撃が上手になりたい」それには弾を何発も撃ち込んで・・・鉄砲の構、引き金を引くタイミング、呼吸の整え方、スイング・リードの感覚を掴む等...

  • 濃厚接触大好き♪変態感染者

    盆休みを分割して、明日から1週間ほど休暇を取ることに。やっと有害・管理捕獲が終わったと思った直後から仕事が忙しくなり、思うように休みが取れず。我が家も実家も、手を付けられなかった作業がテンコ盛り。よし、頑張るぞ!そうそう、あとワクチン接種にも行かないと。今年の初めに家内が新型コロナウイルスに感染して、私は7日間も自宅待機。その間、家内を看病するためにずっと一緒だったため、おそらく私も感染していた事...

  • 哀れな罠師

    少し前のことです。警察から私に電話が掛かってきました。その内容はと言いますと・・・獲物の残滓処理についてと、罠師同士のトラブルについてでした。開口一番に私はこう言います。「なんで私のところへと電話を掛けてきたの?誰に電話番号を聞いたの?」と。なんとも不可解な電話だったのです。電話の向こうの警察官は、口ごもっていました。話を聞いてみると・・・どうやら私の猟車が猟場の農道や林道で頻繁に見かけるとのこと...

  • 韓国より愛をこめて

    さて、子犬たちとの長旅に備えてビッグホーンを万全な状態にしておかなくては。と、キーを捻ると・・・キュキュ、キュ、キュ・・・キュ、カチ、カチ・・・あれま、バッテリー上がり。これでもう3回目。ダメだな。あまりに乗らなさ過ぎたからでしょう。度重なる過放電により、バッテリーがついに逝ってしまいました。考えてみれば、年に数回の射撃練習で西富士射撃場に行く時と・・・たまに実家に荷物を届ける時と・・・三重県の犬...

  • 金網ガチファイト

    なんでかな・・・和犬の猟犬の子犬は、どれもこんな感じなのかな。この子たちには「オン・オフ」しかないのです。コーシンの子の場合は、終始、穏やかでした。いつも3頭で仲良く遊んでいたのです。なのにナゼ・・・カノとユキカゼ号の子たちは、あまりに激しく強烈。7頭全頭の気質が全く同じなのも不思議。気の弱い子、逃げる子、尻込みする子、のんびり屋さんの子・・・などは皆無。「攻撃は最大の防御なり」「やられたら倍返し...

  • カメが卵を産んだなら

    飼育しているカメや捕獲したカメが卵を産むことは意外に多いものです。普通の人なら「さて、どうしよう」と悩むはず。ところが、カメマニアの私は一味違うのです。ゆで玉子にして食べることにしています。な~んて言うのはウソ♪カメの種類によって対処は異なります。厄介外来種の場合は元から飼育しませんし、そうでない外来種などの場合は、孵化させても、放流場所を繁殖できない場所に限定。クサガメやミナミイシガメなどが、そ...

  • 夏だカレーだ狭い台所だ

    今日は私が夕飯を作る番。先々週はシカ肉カレーを作ったから・・・少し趣向を変えて、イノシシ肉カレーでも作るかな。。。「またカレーなの~」なんて家内と娘に言われそうだけど・・・夏といえばカレーなのです。そう言うことに しておきましょう。春夏秋冬、一年中、我が家はジビエ・カレーですから。と、気が付くと狭い台所に色々なモノが・・・左は空き缶だらけ。こう積まないと、中が乾燥しないのです。右の方は・・・猟犬た...

  • 猟犬存続の協力体制

    かねてから進めていた猟犬の存続における協力体制の構築。『食料捕獲作戦!』の じゃんさん と、お互いに苦労を重ねていたのです。しかし、私たちの思うようにはいかず。同じ猟芸であることを前提として・・・近親交配による累代弊害を絶対に避けるべく、正常な血筋を繋げるという事は、極めて困難であると痛感していたのは、じゃんさんも同じ。その中で「優秀な猟犬の血筋を存続させることの難しさに打ちのめされていた」と言って...

  • キャッチ&リリース

    一斉清掃を行いますので、外に出ましょう♪はい、皆さん、この中へ・・・まずはランカーサイズをキャッチ。この子の名前はジャイアン。その後は全員を次々とキャッチ。『マッチ売りの少女』ならぬ・・・『子犬売りのオッサン』「子犬は いらんかえ~♪ 子犬は いらんかえ~♪」と、声も高らかに。あ~重い♪今日は1匹も売れなかったな。。。で、外の犬舎にリリース。よし、今のうち。タワシでゴシゴシ。水で流した後は、雑巾でキレイ...

  • 「良い犬」の存続への一考

    狩猟を始めて間もない頃、幼犬期における良い猟犬の選び方を師匠に問うたことがあります。その質問に対して、師匠は笑みを浮かべるだけで、答えてはくれず。そして、こんなことを。「本当に良い犬に出会うのは、宝くじに当たるようなもんだ」と。今になって考えてみれば、私の質問は愚問であったと思う反面・・・良い犬のある程度の目安は、何となく見当がつくようになったため「そのレベルで良かったんだけど・・・」との思いも。...

  • 良い猟犬の順に

    一見、貧弱に見えるこの壁。カノが授乳の際、またぐことが出来て、且つ、子犬たちが逃げられない絶妙な高さに設定。内側はオーバーハング状態のため、後ろ足を掛けることもままならず。今は鉄壁の防衛線でもあります。。。しかし、いつかは越えられてしまう。ところが・・・これを越えられた順に、猟犬としての機動力の高さが判定できるのです。。。さて、これを越える順番はどうなのか。ちょっと気になります。今日で生後1ヶ月と...

  • ちょっと嬉しい出来事

    全世界的にウィズコロナに舵を取り始めた事もあり、にわかに仕事が忙しくなってきました。私としては、一刻も早く家に帰りたい心境なのですが。。。でも仕方がない。稼がないと。以前にも新規事業計画の事を書かせて頂きましたが・・・3年以内にそれを始める計画の中で、その障壁となるような出来事があったのです。職場の優秀な若手たちが、大手企業からのヘッドハンティングにより、次々と辞めてしまい、引継ぎ可能な社員が一挙...

  • 立ち飲みで一杯

    以前、東京や福岡で仕事をしている時は電車通勤でした。よって、帰りは毎日にように居酒屋にて先輩たちと寄り道。しかし、その頃は「立ち飲み」なんてスタイルの居酒屋はありませんでした。でも今は、イノシシ肉の焼肉を台所で立って焼きながらの一杯。図らずも「立ち飲み」を楽しんでいます。そんな今日はイノシシ肉の生姜焼き。さすがに、これは「立ち飲み」には合わないかな。座ってジックリと頂きましょう。ところで・・・我が...

  • 総員糞励努力せよ

    出撃じゃ~!この後、総員がプリッ♪と土の上で用を足してくれました。これを覚えてくれると楽なんですけどね。ペットシートは一日に4枚も使用。当初はメッシュ敷きにしてしまおうとも思いましたが、それはヤメ。用足しにおいても、幼犬期からの野性の習慣を呼び起こすことは、後の躾や仕込みに少なからずプラスに働くと考えての事なのですが。実際に、こんなに小さくてもトイレ場をシッカリと認識し、9割ほどのストライク率。大...

  • 食う寝る遊ぶ

    生後4週間を過ぎた子犬たち。食う。寝る。遊ぶ。遊んでいる時は「キャン キャン♪」「アン アン♪」と可愛らしく鳴いて・・・と書きたいところですが。実際のところは・・・「グㇽㇽㇽ グㇽㇽㇽ!」「ガウ ガウ!」と常に交戦モードの鳴き声。なので遊ぶというよりはバトル。食う寝るバトる。元気いっぱい♪ 糞尿いっぱい♪がんばれ~♪ もっと、気張れ~♪私は、お掃除オジサンに徹しておりマッスル♪応援ありがとうございます!にほ...

  • 腕時計は紳士の証

    妹家族から息子へと送られた二十歳の祝いの品。「洒落たプレゼントだなぁ」と、私は感謝と共に感心せずにはいられませんでした。以前、私が妹の長男君に贈ったのは祝い金。思い起こしてみれば、味も素っ気もない贈り物でした。それに比べたら・・・この祝い品は息子の一生の友となることでしょう。セイコーのダイバーズウオッチ。なんと素敵な時計なんだろう。これを手にした時の、息子の嬉しそうな顔といったらありませんでした。...

  • 音信不通は心臓に悪いのだ

    この数日間、両親との連絡が取れず。どちらの携帯電話に掛けてもコールが鳴り続けるだけ。ところが両親からも着信がある。でも全く繋がらない。とりあえず生存はしている様子。やはり高齢者の場合は、固定電話は解約すべきではないように思った次第。以前にも似たような事があり、実家へとスッ飛んで行ったことがあります。その時は二人ともマナーモードのままで、その設定方法が分からず状態。私は心配のあまり、生きた心地がしな...

  • 日本の山の未来のために

    参院選を前に、我が家に一枚のハガキが届きました。「そう、こうでなくちゃ」と、ホッとした私。このダイレクトメールは、私にとっては希望のハガキ。狩猟の実状に沿った正常化への第一歩となるハガキでもあります。これは私たち猟師だけではなく、農業関係者の方々にとっても同じなはず。また、農家の方々が丹精込めて育てた農作物を頂いている一般消費者においても、重要なことではないかと。更には山の自然や生態系バランスの保...

  • 7頭の子犬たちと記念日

    今日で生後3週間となった子犬たち。徐々に行動範囲が広がってきました。また排泄物も多くなり、カノが処理しきれない様子。よって私が発見しては掃除を。まさしく、カノと私の二人三脚。コーシンの3頭の子の時とは全く違う大変さに、7頭のパワーを感じます。しかし普通のサラリーマンにとって、平日の日中のサポートは無理。ほぼカノに丸投げ状態。カノはだいぶ痩せてしまいました。ところが少し早めの離乳食で、カノに少し余裕...

  • 図らずも離乳食

    家内がこんなことを私に言ってきました。「子供にお乳をあげている時は、汗だくになったわよ」と。赤ちゃんは体温が高い上に密着しているため、尚更に自分の体温が上がってしまったと。なるほど、母犬カノも同じような状況に陥っているはず。実際にカノの授乳後の息遣いは苦しそうでもあります。それに伴い、授乳時間や回数も減ったよう。子犬たちが鳴くようになったのです。体重増加率も下がり出します。これは由々しき事態。とこ...

  • 秘密基地 来たる

    今日は待ちに待ったアルミコンテナ設置の日。敷地内の地ならし作業を行いながら運搬トラックの到着を待ちます。と、時間ピッタリにトラックのエンジン音が。むむ、さすがは社っちょさん。デキる男は違います。お互いに挨拶を交わして、早速、作業開始。運搬担当のお兄さんもテキパキと。やはりプロは違います。あっと言う間にアルミコンテナを吊り上げて・・・指定した場所へと下ろします。あとは水準器で確かめながら、油圧ジャッ...

  • 狩猟を始める第一歩

    これは、こちらの地域での話になります。実際には、猟場面積の割に狩猟者の多い地域では、同じような状況だと思われますが。伊豆半島やその周辺の地域では、大物猟を行う以上、猟場の縄張りを持つことは大切です。この事は既に何度も書いていますが、中には、それを考えていない人が時折見られるようで、各猟友会支部の会長さん方が頭を抱えています。また多くの新人ハンター方が、縄張りの大切さを考えていない状態で狩猟を始めよ...

  • 猟隊戦士カルンジャーの一日

    職場での窓際族としての私は世を忍ぶ姿で、実の姿は猟隊戦士カルンジャー。この「カルンジャー」は「狩るんじゃー」ではなく「刈るんじゃー」なところがミソ。有害鳥獣捕獲隊のでは、タツ場や箱罠までの山道整備の担当。刈払機でグイグイと刈るわけです。そんな私は仕事を早めに切り上げて、もう帰るんじゃー。我が家に到着したら、まずは猟犬たちのご飯を作るんじゃー。シカ肉にお米を投入!で・・・シカ肉リゾット。。。それが冷...

  • みんな大好き シカ肉竜田揚げ

    私は新人ハンターさんが捕獲業務に加わるたびに、獲物肉を使った簡単料理を教えてあげています。それは、狩猟を長く楽しく続けてもらうには「食」が要になると考えているから。そして、こう付け加えます。「料理は自分で作りなさい」と。つまり『奥様にジビエ料理丸投げ禁止令』を発令するわけです。それが家族に心の底から狩猟を理解してもらう第一歩であると実感していますので。また、命を奪うことの心の慰めともなります。獲物...

  • 明けましておめでとう

    子犬たちに好評を博している、この岩石オープン。チキチキマシン猛レースの「ガンセキ・オープン」とは異なります。岩石と煉瓦が地面に接しているオープンベッドの略。土のヒンヤリ感がそのまま伝わるのです。私も手で触って、その冷たさを確認。子犬たちに添い寝をしたくなる程に冷やっこいのです。また東電の電力事情も考慮に入れた、優れたシステムだとも実感しています。これは決して自画自賛ではありません。。。因みに、肝心...

  • 殺さずに済む方法はないものか

    一般的に、自然や生態系バランスのことを常に考えている人は少ないと思われます。また獣害による農業被害においても然り。でも、それは仕方のない事なのかもしれません。昨今の様々な情勢を見ていると「それどころではない」といった出来事や問題が多過ぎますから。対処を優先すべき問題が、世の中に次々と噴出している状況に、人類は疲れているようにも思うのです。しかし、その合間に僅かでも、山の生きものに関心を傾けて頂けれ...

  • 終わりの見えないニホンジカ管理捕獲

    今日は隊員皆のホッとした様子が手に取るように分かりました。やっと終わったのです。昨年の10月から始まった有害鳥獣捕獲とニホンジカ管理捕獲。猟期中も通常の狩猟に、ニホンジカ管理捕獲にが含まれたような状態だったため、気持ちの切り替えもならず。丸々、9ヶ月間も猟期が続いているような感覚でした。そんな中での今日のニホンジカ管理捕獲は、隊員の皆が存分にヤリ切った感に包まれていました。最終日の今日が一番の成果...

  • 働くオジサンと岩石オープン

    今日は朝から実家で植木屋さん。トリマーと剪定バサミで、バリバリ刈り込みます。プロの方が見たら怒られそうな刈り方ですが、いいのです。父と母が納得してくれたら。私がズンズン刈って、父と母がせっせと剪定葉を回収。標高の高い場所に実家は位置するため、暑さをあまり感じませんでしたが・・・熱中症の事を考慮して、半日ほどで作業を終了することに。全てを剪定するには、まだ三日くらい掛かりそうです。とりあえず今日のと...

  • 犬舎の錦織 圭

    20年ほど前にその存在を知った・・・何と説明したらいいのだろう・・・蚊取りラケット?当時は「ナイス蚊ッチ」なんて商品名だったと思います。ホームセンターで発見して、ダメもとで購入してみたのです。「こんなの使えるわけないよ」と。しかし、それ以来、私はこの蚊取りラケットの愛用者。ナメていたことを発案者及びメーカーさんに謝りたいくらいに優秀な道具なのです。そのメカニズムはと言いますと・・・夏になると、よく...

  • 気が付いたら猟師小屋作戦

    様々な調整で少し遅れてしまっているアルミコンテナの設置。地主さんに山際の駐車区画調整を強いてしまったのが、その原因なのですが。いつもながら、なんと図々しくて強引な私。「区画はサービスで奥まで広げて欲しいな」「山際だから賃料を安くして欲しいな」などの、ささやかな注文に対応してくれている真っ最中なようです。地主さん、もっと頑張って!そのおかげで隣の駐車区画の方々も場所を譲って下さったりと。我が家の近所...

  • メタボな謝り上手

    普段は一日1食の猟犬たち。しかし、現在子育て中のカノは一日3食タップリと。子犬たちの成長に伴って、急激に食事量が増えてきました。とにかく、カノが「食べ物ちょうだい!」と私に要求してくるのです。やはり7頭を育てるのは大変な様子。デジタル量りでカノの体重変化を確認しながら、まずは痩せさせないようにと。お乳の張りを考えたら、ベスト体重かな。そんなカノの一番の強みは胃腸が抜群にタフなこと。食べさせ過ぎは心...

  • ライフルマンの仕留めたシカ

    それにしても日曜日は凄かった。スコープ付きライフル銃の威力を目の当たりにして、改めてその有利性を確認することが出来ました。もちろん、それには銃を扱う撃ち手の射撃技術があってこそなのですが。猟場や猟スタイル・役割など、場面によって銃を使い分けることの重要性も再認識したのでした。また私が「猟師の流儀」として心得ておくことの、一番だと考えている「獲物の命を頂くにおいて、極力ストレスを与えない」を実践され...

  • 何の木にカブレたのかな

    「あなた、顔、どうしたの?」家内が私の顔を見て、心配してくれました。普段は私の異変に疎い家内が心配してくれるということは・・・それほどに頬が赤く腫れてしまった証でもあるのでしょう。鏡を見て納得。腫れた原因が分かっていた私。「頬に木の枝先か棘が刺さった」と説明。こんなことは実猟中によくあることなので、とくには気にしていなかったのです。でも確かに、いつもより痛痒い。そこで歌を一曲。「♪この~木なんの木...

  • ミッション ポッシブル

    今日の私の使命は、こちらの地域の猟友会員に朗報を伝えること。その難易度は、この前払いの成功報酬から容易に察しがつきます。。。先日に伺った伊豆の国市の銃砲火薬店の店主さんより託された、お店の名刺。具体的には、これを秘密裏に猟友会の隊員たちに渡すのが、私のミッションなのです。今日のニホンジカ管理捕獲は、その絶好の機会。では、ミッション開始。まずは各支部の会長方から一人一人に説明をしながら、お店の案内が...

  • 伊豆の国市の銃砲火薬店

    今日は伊豆の国市の「銃砲火薬店」にお邪魔しました。この銃砲火薬店の存在は、こちらの地域に住む猟師にとっては「渡りに船」となるでしょう。実際には、このお店は4年ほど前より「銃砲店」として開業されていたそう。しかし、火薬類は取り扱っていなかったのです。火薬類の取り扱いについては、素人の私でも、そのハードルの高さが容易に想像できます。採掘現場などで使用する爆発物なども許可の枠に入るため、とにかく管理・場...

  • 補強薬品

    この怪しい薬品。飲むと立ちどころに射撃技術が向上するというスグレモノ。そうだ・・・獲物にお尻ペンペンされっぱなしの若手ハンター君たちに飲ませよう!そうすれば・・・なんてのは、ウソ。そんな薬があれば私が真っ先に飲みたいくらい。もう自分がイヤになっちゃう。でも、この薬品を若手ハンター君たちに渡す際には、そう言おう。「これを飲むと射撃が上手になるんだよ。ホントだよ~♪」なんて。いや、やっぱり冗談でもヤメ...

  • 帰って来た息子

    今日は母犬カノを応援するために、息子が東京から帰ってきました。大学の授業は学友に代返をお願いしたそう。「先生、ズル休みですよ~!」実際には運転免許の更新が主のようですが、本人的にはカノが一番気になる様子。でも、地元の友人とテナガエビを捕りに行くとも言ってたな。「父さんも連れてって~!」素揚げが旨そ♪まずはカノとご対面。カノも息子のことが大好き。でも今は自分の子が最優先。お乳を与えながらも、尻尾をパ...

  • 毛色に見る遺伝子の多様性

    それにしても、なんとも豊富なカラーバリエーション。個体識別のしやすさは文句なしですが。この毛色の違いについては、どのように捉えるべきか。猟犬に詳しい人ならば、すぐに分かると思います。また、猟犬ブリーダーさんの狙いも見て取れる。累代弊害の回避や、猟芸に決め手を加えるための「ちょっとした工夫」が、そこにはあるのです。連綿と受け継がれたきた血筋の節目で、各種ブルテリアの血を混ぜている。和犬の使い良さを残...

  • 強い母性

    昨日、お産が一段落して、ブログを更新しに一旦室内へ・・・あっ、いや今日の朝3時だったな・・・で、更新した後にもう一度、産屋を確認に行ったら・・・龍さんの言われるように、もう1頭増えていました。犬のお産のお約束です。。。したがいまして、三重地犬カノの子は計7頭。不謹慎にも、家族全員で出産頭数の賭けをしていたのですが、全員ハズレ。カノがこの事実を理解できたら怒るだろうな。「もう私の苦労も知らないで・・...

  • カノよ、よう頑張った

    先ほど子犬が誕生しました。夜中の1時に別犬舎のトラが鳴きだして「もしや!」と。カノのお産が始まり、ちょうど1匹目が産まれたところでした。そこからは10~15分間隔で次々と。鉛筆とメモ帳を手に、産まれた順番んに特徴と大きさを書きながらの観察。2時半の段階では6頭出産。もう終わりかな?小さな産まれたての子を踏まないように、体勢を入れ替えながら頑張るカノ。同時に子を代わる代わる舐め続けます。カノの、その...

  • 樹上からの贈り物

    今日も鉄砲がよく鳴りました。そして皆さん、撃ったあとの状況報告無線も素早い。朝礼では、昨日の有害鳥獣捕獲における他県での死亡事故について報告があり、尚一層の注意喚起が行われました。それもあってか、いつも以上に皆の連携が冴えていたように思います。タツ配置を迅速に行い、一斉に猟犬が放たれて、巻狩り開始。私は四方が見渡せる絶好の場所に陣取り、息をひそめます。しかし、獲物は現れず。その間にも、ベテランさん...

  • 鎮守の神様にお願い

    今日は三重地犬カノの安産祈願に行ってきました。それにあたっては娘も一緒に行きたいと。ならば、父となる忠犬ユキ公も、お供に。まずは、お供えと、お清めのためのお神酒を買いに寄り道を。その後は、ポテポテと鎮守神の眠る森へと向かいます。程なくして到着。「お~い、神様やぁ、起きてくだせぇ」「一緒に飲みましょうやぁ」「今日は、お願いがあって来ただよ」「まぁ、まずは飲んでくだせぇ」「あっしも体と心を清めるために...

  • 巻き狩りの基本ですよ

    有害鳥獣捕獲や管理捕獲の巻き狩りで、ここ数年、ちょっと気になることがあります。獲物に向けて発砲しても、発砲した本人からの状況報告無線が全く無いことが増えてきたのです。それは猟にまだ不慣れな若手に多いのかといえば、そうでもない。若手は先輩からの狩猟教育を忠実に守り、無線報告を行っています。問題なのは、その範となるべく先輩たち。さすがに猟友会の上役の方々には、そんな人は一人もいません。見ていると、役職...

ブログリーダー」を活用して、あっきょさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あっきょさん
ブログタイトル
生きもの二人三脚
フォロー
生きもの二人三脚

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用