searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あっきょさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
生きもの二人三脚
ブログURL
http://ayuzou1926.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
伊豆半島の自然に抱かれて、生きものたちに囲まれたスローライフを送っています。
更新頻度(1年)

360回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あっきょさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あっきょさん
ブログタイトル
生きもの二人三脚
更新頻度
360回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
生きもの二人三脚

あっきょさんの新着記事

1件〜30件

  • 西富士射撃場での乱れ

    昨日は有志による射撃練習会に参加するため、西富士射撃場に行ってきました。猟期前との事で、銃のサイト類の合せや、構え狙い目など、様々な調整を行うのです。そんな私も銃身後退式自動銃のオート5のサイト確認を。とは言っても、前回の練習時にサイトはバッチリと調整済み。正確にはサイトの狙い目の確認です。この日は大会形式での練習会。スラッグ弾を下記にような3姿勢で、各10発ずつの合計30発撃ちます。「膝撃ち」(...

  • ジビエ・フレンチシェフの作品

    沼津のフレンチ レストラン『ラパンアジル』そのオーナーシェフのヨッシーさん。料理への飽くなき探求心は、狩猟にも十二分に発揮されているようです。よって有害鳥獣捕獲隊でも一軍ハンターに急成長。なにしろ、頼れるハンターシェフなのです。そのヨッシーさんが、こしらえた作品。それを下さるとの事で、私は喜び勇んでお店に急行。忙しい中、ヨッシーさんが一抱えもある大きな物を、私の車まで運んで来て下さいました。「ええ...

  • 猟犬と血筋と猟隊と

    猟犬は猟隊内で、その血筋の存続を行う。そんな事を耳にすることがあります。優れた猟犬の血筋は、信用できる仲間だけで持ち合えとの事なのでしょう。これには幾つかの解釈ができますが、その真意は「なるほど」と納得できるものから、そうで無いモノまで様々。とくに「本当に良い血筋は後世に引き継がねばならない」などは「なるほど」の最たるものと言えるでしょう。いずれにせよ、猟犬は血筋が大切です。先輩方の様々なタイプの...

  • 電脳猟隊の落とし穴

    ついこの間、ガラケーからスマホに替えた私が言うのも何ですが。これからも「巻き狩り」は、便利な電子機器を使った猟が主流となり、それを使いこなした猟隊が猟果を上げるのでしょう。・・・・・なんてことは、ありません。一見、便利と思われる物は、本来あるべき姿を崩してしまうこともあります。とくに猟犬用GPS受信機がよろしくない。この端末機をほぼ全員が持っている猟隊は、大抵は猟果が思わしくありません。と書くと、...

  • 猟犬とキノコ

    以前のブログ記事で、犬に関する間違った見解を記してしまいました。「犬はキノコを食べない」と。拾い食い好き好き犬のヤマや・・・コーシンが、犬舎や庭のキノコに無反応だったから。ところが庭に生えていたワライタケの一種を食べたカノは、涎をダラダラと垂らしながら錯乱状態でハイテンションに。その後の嘔吐物からは、ワライタケの一部が出てきました。したがいまして「庭や犬舎の犬の行動範囲内に生えているキノコは取り除...

  • 新人ハンターに希望を

    様々な思いを胸に、苦労して取得した「狩猟者となるため」の許可の数々。そんな新人ハンターさんたちに、どうやって狩猟の本当の奥深さや、楽しさを伝えるか。これは簡単なことではありません。私の場合、如何に「その狩猟の云々」を知ることが出来たのか。経緯は簡単なものでした。自分がどんなに考え悩んでも解明できなかった事を、先輩猟師方はあっさりと答えを出してくれたのです。その答えを検証してみると、先輩方の推測は、...

  • 貧乏ハンターの苦悩

    スラッグ弾ってやっぱり高価だな。サボット弾よりかはマシだけど。これ1発で、スーパーの半額値引きのお寿司が買えるもの。私はハンターだけど、ただのハンターではない。自分でいうのも照れるけど・・・そう、凄腕の半額ハンター。でも、それよりも、もっとスゴイのが家内。なにしろ見切りが上手い。曜日、天候、スーパーごとの店長の習性を総合的に分析。その半額コンピューター頭脳は、極めて優秀。確実に獲物を仕留めてきます...

  • 未知の創作ラーメン

    冷凍ストッカーを整理していたところ、猟犬用のイノシシ骨を発見。折角なので、私が頂くことにしました。何が折角なのかは分かりませんが・・・いいのです。猟犬たちには、このところ骨を多めに与えていましたから。骨の与え過ぎは禁物。胃腸の具合が悪くなることもあるのです。・・・・・では調理開始。まずは骨をハンマーで叩き折ります。そうしたら、暫く下茹でをして雑味取りを。茹で水を捨て、骨に付着している血合いなどを水...

  • 獲物の吊りしろ

    単独猟をする時に重宝する猟車の車載クレーン。とりあえず、単管パイプ・足場ブラケットと鉄クズで作ったところ、思いのほか使えています。一人での獲物の積み込みはもちろん、シカの吊るし解体にも大活躍。イノシシは吊るした状態だと、歩留り良く解体を行うのは私の技術では無理。皮に脂を残さずに素早く解体するには、やはり台の上でないと上手くいかないのです。よって、主にシカのサイズを考えて、クレーンの高さを決めました...

  • 山裾の草刈り

    「これも役場から委託を受けている獣害対策の一環であろう」との事で、草刈りを任された私。猟車に草刈り道具を積んで現場に向かいます。程なくして到着。それにしても酷い状態。コロナ禍により、自治会で年に5回行っていた一斉草抜きが、2年間も中止になったまま。よって、草ボーボー。その草に紛れて、イノシシが夜な夜な民家横まで出て来るようになってしまったのです。そしてエサを探すために掘った土は道路へと。土留めだっ...

  • 夢は無限の猟車

    先日、嬉しい出来事がありました。大雨の中、家内をパート先まで迎えに行った時のことです。パート仲間のお姉さま方も、家内と一緒に軒下で大雨が過ぎるのを待っていました。そこへ特別仕様車で颯爽と現れた私。そのお姉さま方の一群から「じゃっはね~♪」と、言葉を残して出てきた家内。私の車に乗り込み、皆を後に、一足お先に家路についたのでした。そんな次の日にパートから帰り、私を見るなり大笑いをした家内。その理由を聞...

  • 猟期に向けての第一歩

    猟師の世代が入れ代わる中で、着々と進んでいる新しい猟隊編制。昨日は先輩猟師方と、その打ち合わせをしました。私の猟隊に加わって頂く先輩は5名。農繁期以外は更に5名ほど加わって下さるとのこと。しかし、殆どの先輩方は罠猟を行っており、共猟する時間を合わせるのが難しい。罠に獲物が掛かるのは大抵は夜のため、朝の見回りは鉄則です。一方、私たち若手は、サラリーマン揃い。親や家族に関わることが週末に集中しがち。し...

  • 邪道な一銃一狗

    本来「一銃一狗」とは、人と協調性の高い猪犬を使って、一人の猟師と一頭の猪犬でイノシシを狩ること表した用語です。因みに、シカを一人で狩る場合は、犬は邪魔になることの方が多く、人だけで静かに猟を行った方が断然獲れます。わかってはいたことですが、昨猟期はそれを痛感しました。そんな事で一銃一狗は、イノシシを捕獲する上では猟師に一定の技量が求められますが、有効な猟法であると言えるのでしょう。しかし、それには...

  • 入山初心者の注意点

    一昨日のブログを読んだ息子からラインが。「迷彩柄(だめロット)のヤツ、使わないなら欲しい」と。用途を聞いてみたところ、大学の野外授業で使いたいのだとか。森林環境調査で奥多摩に行くそうなのです。なんだか面白そうだな。ならば、すぐにスパイクシューズを送ってあげましょう。(ここからは、息子に対する口調の文面になることを容赦ください)(また、狩猟初心者の方には、多少は役に立つ内容かもしれません)ちょっと古...

  • 猟友会のあるべき姿

    こちらの地域では、狩猟を始めるにあたり、まずは猟友会に入会することが一般的であり、それ無くしては「前に進むことすら、ままならない」と言っても過言ではないでしょう。「まともな狩猟」を行うのであれば、猟友会に入会することは「絶対条件」だとも言えるのです。実際には、狩猟者登録を行うだけなら入会しなくても可能。でも、それではナンチャッテ猟師のままで、狩猟に本当に深くかかわることは出来ないでしょう。猟友会は...

  • スパイクシューズ「朝霧」の不思議

    狩猟を始めて以来、ずっと愛用している荘快堂のスパイクシューズ「朝霧」捕獲業務も含めて、勢子請負人となってからは、年に3足のペースで履き潰しています。よって荘快堂さんにとって、私はベビーユーザー。そんな中、気が付くと、今までの「黒」に加えて「迷彩柄」もラインナップに加わっていました。だったら迷彩柄の方がカッコイイかな・・・で、昨猟期にそれを購入。ところが、なんかヘン。足首周りがシックリこないのです。...

  • 猟犬とトレッキング

    猟犬をお供に、低山ハイキングコースでトレーニングを始めた私。今回は私がメインの訓練なので、可哀そうですが猟犬たちのリードは繋いだまま。リードから放つと、ろくなことになりませんから。リードは引き縄ではありませんし。さて、初日のお供はカノ。このコースは海抜5mから、標高180mまで一気に登ります。あとはアップダウンが続く全行程6.5km。トレーニングを怠けていた私には、ちとキツイ。そんな私を気遣うカノ...

  • 狩猟と「さつま編み」

    大物猟の装備に欠くことのできないロープ類。主には、獲物引き出し用の「引き綱」と、猟犬回収用の「リード」が必要です。この最低限の装備は、グループ猟においては常識。場面によって、誰がその作業を引き受けるか分からない訳ですから。そんなロープ類の加工では、接合やエンド処理が大切。ダンゴ結びなどでは引っ掛かりやすく、扱い難い場合も多いのです。よって、見た目や強度も含めて「さつま編み」を覚えておくといいでしょ...

  • 猟犬のお散歩シューズとヤドクガエル

    そう言えば・・・今回の訓練にあたり、シューズを新調した時のことです。家内に自慢気にそのシューズを見せると・・・「うわっ、ナニそれ。ダッセ~!」と、バカにされてしまいました。なので・・・「それは、あんまりだよ。これはマイケルジョーダン・モデルだよ」と私。「ジョーダンぬかすな。そんなもん、いくらしたの?」と、軽くあしらう家内。「2千円くらいだよ。これ、安全靴なんだよ」と私。「それにしても、なんて色なの...

  • サラリーマン猟師コンビの結成

    将来、私の後を継いでくれそうな新人ハンターさんが現れてくれて、今はホッとしています。ただし、それには・・・後を継いで貰うだけの狩猟ノウハウや地盤が、私に備わっていない事にはお話になりません。責任は重大なのです。よって、狩猟の一通りを分かったつもりになって、ダレまくっている自分にムチを打ち、新人ハンターさんの「真の道しるべ」とならなければ。そのためには、先輩方から学び残したことが山ほどあります。そん...

  • 廃棄物の進化

    東京に留まったままの貧乏学生の息子。時々、音信が途絶えることがあります。で、心配になりラインを。「生きてる?」・・・「生きてるよ」「元気?」・・・「うん」と、素っ気ないけど大丈夫みたい。ところが、そのあと、これ見よがしに生存証明写真を送ってきました。なんだよ~旨そうだなぁオイ~♪鯛のお刺身丼・・・ちゃんとシソも敷いてる。鯛の兜焼きとアラ汁。その材料は全て食品廃棄物。相変わらずバイト先で頂いているよ...

  • カノと黄昏時のトレイルランナー

    実に悩ましいのです。カノに発情期の兆候が表れたものの、出血が無いまま発情が終わってしまいました。その間、コーシンも発情期となり、こちらは正常に何事も無く収束。2頭の違いには、いつも戸惑います。犬についても、まだまだ分からない事ばかり。色々と段取りを考えて下さっていたマスターも、残念そうに。おそらく、レン君も。また次に、お願いしますね。と言いますか、本来ならば「次」が普通なのですが。カノは3~4ヶ月...

  • 朝からヤメて

    今日は朝から焦ってしまいました。父と母の携帯電話に交互に何度も掛けても繋がらないのです。その様子に家内も心配そう。もしもの事を考えて実家のカギを持ち、我が家の最速マシンに跨り、実家へと全開で向かいます。実家に到着して、ドアノブに手を掛けると鍵が開いている。中に入り「おい、大丈夫か!」と大声で叫ぶと・・・母の声が。「あら、今日は早いじゃない」と。父と母が朝食を食べるいつもの様子が、そこにはありました...

  • 猟車を巡る嫌な話

    狩猟を始めるにあたって、猟車選びをしている時は実に楽しいものです。その上で大切なのは、自分の当面の狩猟スタイルを確定させるために、先輩方にアドバイスを乞うこと。そうでなければ、選択に失敗することも多いと感じます。猟場の状況、獲物の運搬、猟犬の回収などを考慮する必要があるのか否か。また、自分の生活スタイルに猟車の車種が沿っているのか。猟車が「セカンド・カー」「ファースト・カー」のどちらの位置づけなの...

  • 無線機を買う

    今日は何とも悩ましい展開に。先週、コロナ禍の影響で職場がてんてこ舞いに。ついに陽性者が出てしまったのです。それで急遽、休日返上で出勤する羽目に。でも、ワクチン接種で予約をしていたため、お昼で早上がり。そして接種会場に到着。関係者の方々の素晴らしい連携により、スムースに接種を終えることが出来ました。ここからが今日のお楽しみ。その足で、新人ハンターさんと無線機屋さんへとGO!この無線機屋さんには、先日...

  • 吊り具

    先輩と若手猟師の有志に働きかけて、猟隊の再編制を計画している次の猟期。先行して解体時のことも考えておくことにしました。先輩が所有する本部での解体は、イノシシが主となるでしょう。一方、シカは現場解体で。すると吊り具と滑車は欲しいところ。仕舞ってあった吊り具を探してみます。あった。以前、使用していた時期もありますが、猟車に単管パイプクレーンを装備してからはロープだけでの片足吊りで十分だったため、仕舞っ...

  • マジェスティ125の最高速

    プロハンターのマスターから委ねられたマジェスティ125。7年間の眠りから覚めて、エンジンもやっと本調子。オートチョークやエアスクリューなどを本来の状態に調整しただけですが、随分と良くなりました。ブレーキや足回りもシックリと馴染んで落ち着き、安心の乗り味に。これなら大丈夫でしょう。フル加速と最高速を試してみることにしました。公道ではない、人の居ないテストコース。以前、この場所で「ウイリーでどこまで走...

  • 猟師小屋と幽霊屋敷

    次の猟期に向けて準備を進める中で、今後のことも含めて押さえておきたいのが「本部」と呼べる場所。今までの本部は先輩猟師の別荘を使わせて頂いており、何だか気が引けます。やはり好きに使える本部、つまり自分の猟師小屋が欲しいところ。サラリーマンを辞めた後の農業者計画なども考慮に入れた上で、物件の情報を集めている現在ですが、思うような条件の場所を見つけられないまま。「よし、ここはいいぞ!」などと、ときめいた...

  • 役場と猟友会

    私たちが収めている住民税および様々な税金。その一部は地元猟友会の活動に活かされています。こちらの地域では害獣対策の業務委託費として役場から補助を。有害鳥獣捕獲における様々な経費に充当され、大いに助かっています。よって実績を上げることは大切。ところが、その状況をいつも考えてしまう私。農業被害が出た場合、そのイノシシは見切りにより寝場を特定。ピンポイントでの巻き狩りにより、その犯人を捕獲し、一件落着。...

  • BBQB

    なんとなくPPAPの再生回数が気になり、YouTubeをポチッ。すると驚きの10億回!せっかくなので聴いてみます。やはり素晴らしい。あの能天気な旋律が、テクノ好きの私の感性を共振させ訴えかけて来るのです。「キミも、やってみろ」と。とくに曲の終盤でのロングペンによる成功場面。ピコ太郎氏の喜びようからは、その難易度の高さが伺えます。でも、やってみたい。そこで頭に浮かんだのが、ロングペンならぬロング串。バーベ...

カテゴリー一覧
商用