chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
変わることが成長すること https://folkkamogawa.hatenablog.com/

笑顔がなにより みなさんに笑顔が届きますように 工業高校を出て製造会社に40年あまり勤めてまいりました。途中海外赴任の経験が7年間あります。今まで培ってきた経験からと学んできたいろんなことでみなさんに伝えたいことをここに書いて行きます。

ふぉーかもダイアリー
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/06/27

arrow_drop_down
  • 得意なことは全精力で与え、不得意なことは補ってもらう

    啐啄同時 またとない好機のこと 学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じること。 今年も全国高校ラグビー大会が始まりました。ラグビーはボールをパスして繋いで前に進んで行くのですがそのとき、パスをする側は受け取る側の次のプレーが最高のプレーが出来るようなパスをしなければならないということを忘れてはならない。受け取る側もタイミングも含めて的確な意思の伝達を忘れてはならない。パスすることで相通じて好機にとして行く。そして、得意なことは全精力を打ち込んで与える側となる、一人はみんなのために。不得意なことはみんなから補ってもらう、みんなは一人のために。正に教育の基本中の基本です。社会の縮図ですね。…

  • 学びは真似。たくさん真似てたくさんの学びにしましょう。

    一寸座れば一寸の仏 真似でいいのだ 「学ぶ」という言葉の語源は「真似ぶ」だそうです 学びのこと柄そのものは、先人の方々の知恵の習得、それは先人の真似であります。日常生活のあらゆること柄を考えてみてください。そこに真似のないものがありますでしょうか。いくら最先端の斬新なものであっても、何かしら基礎的な部分には先人からの学びがあります。ということで、真似をすることは、極めて重要な学習方法と言えると思います。たくさんのことを真似て真似て積み上げていくことで、自分のもの、独自性が構築されたものとなり、やがて本物と変わらなくなる。これが成長に繋がって行くのです。基本的には最初は真似しかできないし、真似で…

  • 上手くいった時は皆さんのお陰です。いかなかった時は責任我に有

    「お陰さま」と身のまわり、全てのことに対して思いましょう 普段は見えなくても、陰から支えてくれる方々に感謝です。 お陰さまと自己責任。上手くいったときといかなかったときの考え方です。上手くいったときは、頑張ったのは自分やから自分の手柄やと思いたくなります。内心誰でもそうやと思います。しかし、上手くいった時こそ、まわりの方々の協力を得てるでしょうし自分一人で全てをクリアしたということはないと思います。大なり小なり誰かの協力を得てると思います。いくら自分が中心で結果を出したとしても、上手くいったときこそみなさんのお陰で上手くいきました、ありがとうございます、と感謝を忘れないことが大事なのです。次の…

  • 何事も否定は終わり、肯定することで前向きに次に続いてゆく

    「冷暖自知(れいだんじち)体験したものでなければわからないこと」 暖かいか冷たいかを知るには、自分で確認するしかないということ。 何事も実際にやってみないことには本当にわかったと言えないですね。そのためには何かにつけて前向きであらねばならぬと思います。天を覆う雲は厚くとも、太陽は常に大空に在ります。風が雲を払えば、黄金の光が燦然と輝く。厚い雲を払う風を起こし燦然と輝く光を得ましょう。そのためには前向きに自ら行動し、暖かいか冷たいか、体験しなければなりません。そして、どんな結果でもまずは、肯定から入らなければなりません、肯定することが前向きな思いなのです。否定ではそこで終わってしまいます。そこで…

  • 笑顔を「やまびこ」として人から人へ、街中いっぱいにしましょう

    和顔施 「いつもなごやかで穏やかな顔つきで人に接する」 にっこりと相手に話しかけ、笑顔をあげる 笑顔がなにより、笑顔はやまびこです。笑顔が人から人へやまびこのように伝わって、受けた人は、ありがとうと感謝でいっぱいになり、別の人へ笑顔をやまびことしてまた、伝えます。このように笑顔と感謝が街中いっぱいになったらいいな。でも、今は街行く人はみなさんマスクをしてます。これでは笑顔がわかりません。何時になったらマスクの無い日常がやってくるのか。本当に待ち遠しいです。でもでも、笑顔は見えなくても心の中は笑顔。心の笑顔を表現しましょう。人は人と人との間で喜ばれる存在でありたいですね。と言うか、そうあらねばな…

  • 鹿児島出身のお二人の、人としてに向けた、ためになるお話し

    あなたの笑顔が私たちの仕事 他人のためを優先することが結局は自分自身のためになる 調所笑左衛門廣郷という方をご存知でしょうか。江戸後期の薩摩藩の家老です。旅籠で一般人と泊まり合わせたとき、たまたま食事が一人分しか用意出来ないということがあった。そのとき、日常的に頑張っているのは一般人の方々であるといことから、一般人が優先である、そして、役人は一般人のために仕事をするのが役目であると言われ食事を一般人に譲られました。次に稲盛和夫という方の話です。稲盛氏が社長時代の忘年会のとき、社員が社長にお酒を注ぎ行ったとき止められて、君たちは座っていてくれ、普段頑張っているのは君たちなのだから、酒を注ぐのは私…

  • 人の上に立てば立つほど必要で求められるものそれは人間性です

    人の上に立つために必要なのは人間性の向上 人間性とは如何に利他で考えられるかである 指導者、リーダー、経営者は利他、人の上に立てば立つほど必要になってくるもの、そして求められるのが人間性です。では、人間性とは。それは、如何に利他で考え判断出来るかです。判断においては利他での判断ならまず間違いのない判断だと思います。相手の状況を理解する。相手の求めているものを創造する。相手が喜ぶこととは。それらを考え、具現化し実行しなければならない。自分の思いでの押しつけは絶対にダメである。ここで必要なのが、自分事化です。他人事的な考えでは良い判断に繋がりません。人は誰も成長の途中なのです。ですので、ミスもしま…

  • 正伝寺。足しげく通うお寺、静寂の中で、心の洗濯。

    枯山水庭園 美しい比叡山の借景 デヴィッド・ボウイさんが愛した庭園。谷村新司さんが足しげく通われたお寺。 またまた、正伝寺に行ってきました。4回目です。天気が良く、比叡山の借景が綺麗でした。何度見ても美しいです。綺麗な借景と庭園、そして静寂に包まれておりました。ぼくの他にはお二人だけでした。京都のお寺はどこもたくさんの人ですが、ここはそんなことはありません。デヴィッド・ボウイさんが涙されたこと、谷村新司さんが何度も通われたこと、一度お立ち寄りなられたらわかると思います。是非一度お立ち寄りください。駐車場あります。金閣寺から北へ車なら20分位です。

  • 人は誰でもいい風に吹かれたい、でもいろんな風が吹きます。

    「八風吹けども動ぜず(はっぷうふけどもどうぜず)」 利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽の八つのこと 風は元々香りなんてありません。花草や樹木と出会い、いろんな香りを運んできます。全ての出会いに意味があるのです。人は誰でも褒められたい、称賛されたいとか楽しいことを願います。実際にそうなれば嬉しいです。このような風が吹いてきたときは驕りは絶対にダメです。みなさんのお陰なのです。みなさんに感謝を忘れてはならないのです。逆に苦しいことやけなされたり評価されないような風が吹いたときは辛いですね。こんなとき、上手く行かなかったときは、責任我に有りなのです。自分なら何ができるかを考えてください。この考え方こそが…

  • 日本の若者のみなさん、ワクワクを抱いてください。

    「食牛之気(子供の頃から、大きな野望を秘めていること)」 「知足安分(自分の境遇に満足する)」「志大才疎(志は大きいが才能が乏しい)」 今の日本の中高生のみなさんに、将来夢や希望はありますか?という問いをすると、ありますと答えるのは約20%~30%位で、約70%~80%位は希望がないという答えなのだそうです。本当に寂しい結果です。欧米諸国や、シンガポール、台湾、韓国等々では日本の逆です。70%~80%が希望有りと答えられるそうです。これはどういうことでしょうか。大人の責任でしょうか。一つは将来はそれなりになんとかなると思い、その時その時の知足安分でと思っている。もう一つは、自分はできないが先行…

  • 思い出の話のネタになるのは大変だったことではありませんか?

    「一切唯心造(いっさいゆいしんぞう)」 不安や心配ごとを生み出すのは心そのものであります。 過ぎ去った過去を心がさまよっているとき、不安や心配ごとが生まれます。過去の実績から可能性の挑戦をあきらめていませんか。失敗を恐れたりして新しい挑戦に二の足を踏んでいませんか。失敗を恐れず可能性に挑戦してください。そして、いい結果も悪い結果もどちらも結果で過去となります。それらをいい過去とするのが大事なのです。過去を変えるのです。過去があるから今があるというふうに、過去の結果を前向きにとらまえて、活かして改善改良を繰り返し良い結果に繋げていくことを考えてください。そして、良い結果に繋がったとき過去の結果と…

  • 高校野球、素晴らしいファインプレーに感動

    「松樹千年翠(しょうじゅせんねんのみどり)」 美しい彩鮮やかな花のように目立ちはしないが、翠を維持している。 高校野球、素晴らしいファインプレーに感動しますね。難しい打球を取ってアウトにした。これぞファインプレー、凄いですね。このような凄いプレーばかりがファインプレーではありません。本当のファインプレーは判断が含まれているプレーのことです。ランナー一塁で内野ゴロ、ダブルプレーが取れるかどうかのきわどいプレー。ダブルプレーが無理なとき、ランナーを一塁で残すか二塁で残すか、一塁で残す方がベターです。このような的確な判断こそがファインプレーなのです。凄いファインプレーはそれはそれで貴重ですが一試合の…

  • 遊戯三味の実践、夏の甲子園出場、おめでとうございます

    「遊戯三味(ゆげざんまい)」 楽しいことをするのではなく、することを楽しむ。 夏の甲子園大会が始まりました。地方大会を勝ち抜いて甲子園の出場権を獲得された学校、選手の皆さん、関係者の皆さま、おめでとうございます。今日まで辛い練習を耐えてこられ、この度の栄光を掴まれたことと思います。野球が好きで楽しいから続けてきた。このような言い方では語れないですね。正に遊戯三味、辛い練習を含めてすることを楽しむという発想の積み重ねが、辛い練習を耐え抜いて形として現れたのですね。どうせやらなければならないことなら、この「遊戯三味」の実践は大きなメリットがあります。つまり、苦しいときの逆転の発想です。決して楽しく…

  • 人はそれぞれ、できることとできないことは違います。

    「一日不作一日不食(いちにちなさざればいちにちくらわず)」 他人や社会のために今、自分ができる、すべきことをする。 競争ということで何かにつけて優劣をつけられます。優れている劣っていることを評価されます。このようなことを避けるためにということで、運動会の徒競走で全員が同着にされてます。優劣で劣っているからダメというふうに考えないでください。良いダメではないのです。人それぞれの違いを見出しているだけなのです。人それぞれ何ができて何ができないかを気付くためにと考えてください。足が速い人、漢字が得意な人、計算が得意な人、人それぞれなのです。そんな中で、自分の出来ることからやればいいのです。

  • 夏の風物詩、そして青春、朱夏、白秋、玄冬

    夏と言えばで、思い浮かぶもの 夏の風物詩を集めました 他の季節にもそれぞれの風物詩はありますが、夏のものの数には及びません 「朝顔・行水・甲子園」「ひまわり・夕立・蝉時雨」 「夕涼み・風鈴・かぶとむし」「打ち水・そうめん・夏休み」 「送り火・浴衣・盆踊り」「枝豆・団扇・夏祭り」 夏の風物詩、それぞれからイメージ。 そして、そのイメージから 🎵あなたと過ごした あの夏の日々🎵 🎵誰でも故郷は 心の奥深く🎵 夏の風物詩を集めてイメージしますと、今までの歩みがオーバーラップしてきます。 「共に歩いた青春・友と仲間たちと歩き、共に成り合った青春」 「それぞれに駆け抜けた朱夏・それぞれが自分の道を突き進…

  • 日日好日、それはよくない日も含めて正の日とすることです

    「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」毎日がよい日だ 山あり谷あり、往々にして浮き沈みがあるのが人生。それら全部含めて、毎日は好日 毎日がよい日。運がいい。まずは、運は公平であることを承知してください。生きていれば、うまくいかない日もあるし、喧嘩をする日もあるし、失敗して反省する日もあるし、ひたすら後悔する日もあるし、涙を流す日だってある。このような決してよい日とは呼べないような日もあるのが人生。そこで、運は考え方や行動パターンによって作り出されるようなのです。それは、行動としての思考回数を増やす、チャンスに気付ける、チャンスに飛びつける、ということを忘れないでください。でも難しいと思います。…

  • 目的と手段を混同しない、大切なのは目的の具体的なイメージ作り

    「忘筌」筌(せん)は魚に在る 所以、魚を得て筌を忘る 筌(うえ)は細い割竹で作った魚を捕らえる道具。 何が目的で、何が手段なのか、間違いのないように注意せよ。 選挙の投票日が明日になりました。選挙は手段です。選挙を目的とし当選した後は任期をそれなりにという方はおられないことを願います。選挙は自分がやりたいこと、目的を果たすための手段です。全般的にも「なぜやるか」ということより「どうやるか」に重きを置きがちです。手段はツールでしかありません。何のためにやっているのか、その大きな所を見落としていてはいつまでたってもゴールにはたどり着けません。ですので、例えば「~になりたい」っていうのは手段であると…

  • 高校野球の地方大会が始まろうとしています、夢に向かってGO!

    下載清風(あさいせいふう):心に溜め込んだ荷物を下すことが できれば、心にも清らかな風が吹く。 長い人生の中で何らかの荷物を抱えていることがあります。 高校野球の地方大会が始まろうとしています。三年生にとっては最後の夏。背番号がもらえるか、もらえないか。大きな結果が出されます。もしも、もらえなかった場合は今まで心に溜め込んだ荷物で、あなたにとって不必要な荷物は下してください。そして、心に清らかな風を吹かしてください。今後の人生に活かせる風を吹かしてください。就職試験の面接で今は「学生時代、何を勉強してそれをどのように活かせますか」というような問い方をされます。昔はクラブ活動はと聞かれ、野球部で…

  • 肯定的で前向きにものごとを考えられる習慣が大事です

    「紅花栄(こうかさかう)」七十二候 紅花が栄える。 ベニバナの花期は7月頃です。 5月末の七十二候では、紅花が栄える。とありますが、ベニバナの花期は7月です。1ヶ月程の差があります。ということで、これは間違いかと否定となりませんか。大事なことは、肯定から入ることです。肯定から入ると否定から入るとの二通りがありますが、第一の違いは、考えるか考えないかです。考えるか考えないかで、差が出ます。よって、この場合でも1ヶ月程花期に差があるのになぜ紅花と謳われているのか考えてみることです。考えたり調べたりすることで新しい発見等が生まれ知識等の積み上げに繋がります。否定だと、そこで終わってしまうだけです。こ…

  • 本当に大切なものはすぐ近くにあります。それは毎日です。

    「小満」二十四節気 万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始める 植物が実りを始める時期、そんなときの「悟り」と「迷い」 いつも通りに、飾らないで、ありのままに。見栄を張らずに自分を偽らず、自然体でいきましょう。そして、ありのままを受け入れましょう。あなたはあなたで良いのです。どんなに大きなものでも始まりは小さな一歩から。あなたなりの小さな一歩からでいいのです。小さな積み重ね、目の前の小さなことを繰り返す先に大きな成長があるのです。身近なもの程後回しになりがちです。本当に大切なものはすぐ近くにあるのに、見過ごしてしまいます。大切なものはすぐそこにあるのかもしれません。とは言っても誰でも立ちど…

  • 失敗や成功よりも「そのときの正解」に向き合いましょう

    「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」七十二候 蛙は生まれて別の場所に移動しても、必ず生まれた池に帰ってくることから「帰る(蛙)」と呼ばれるようになったといいます。「無事帰る」 無事是貴人「無事」=「平穏無事」「何事も無い」ではなく、「外や他に救いを求めない心の状態です。 今をしっかり生きる、今を充実して生きたいという思いを、「無事是貴人」という言葉が表しています。そして、そのような思いでの大事なことは、失敗や成功よりも「そのときの正解」に向き合うことです。一般的には失敗は✖で成功が○です、よって成功が正解となります。しかし、全部そうとは限りません。失敗も成功もどちらも結果です。そして、次に繋げなけ…

  • 選択肢は3つ、「やること」「やらないと」「保留」です。

    初心不改 初心を改めず変わらずに持ち続けるということ。 何かを始めようというときの、まっさらで純粋な心を持ち続けよう。 五月になりました。新しい環境はどうですか。人は誰でも、出来ることと、出来ないことがあります。これは能力やキャパシティが足りないのではなく、見極められていないだけです。「やること」と「やらなくていいこと」を見分けて「やること」を見極めてその中で出来ることからやればいいのです。その時に忘れてはならないのが初心です。新しい環境へ飛び込むときの思いを持ち続けて見極めをして行けばいいのです。完璧なんて有り得ません。出来ることからやればいいのです。そして、選択肢も出来る、出来ない、の二つ…

  • それぞれが役割を全うできる組織作りから利益を得続ける

    渡り鳥から学ぶ 渡り鳥もOne for all All for one 霜止出苗(七十二候)季節が進み、渡り鳥も帰って行きました。方向性と連帯感によるところの組織力を発揮するため、群れとしてへの字で飛んで行きます。これはそれぞれの鳥が翼を羽ばたくたびに、すぐ後ろの鳥を持ち上げる力を生み出し、一羽で飛ぶのと比べて、群れとしての飛距離は70%程増すそうです。もし、群れから外れてしまったときは、次の群れを待ち、次の群れも抵抗なく群れに受け入れます。そして、先頭は一番大変で疲れます、ですので、先頭も交代しています。また、後方の鳥は前の方の鳥を鳴き声で励ましています。まさに、一人はみんなのために、みんな…

  • 新年度に向けて、いつもの日常に感謝、そして飽くなき好奇心

    いつもの日常に感謝 今出来ることを精一杯に 以前、とある女子中学生から、こんな質問を受けました。地震や災害に遭われた地域へは私たちは何をするべきなんですか?中学生ですから、ボランティアで現地に向かうとかお金とかは無理ですので、質問したと言ってました。ということを先日の地震で思い出しました。その時の答えはこうです。みなさんは中学生なので大人の方々が行なわれることは無理です。で、みなさんのするべきことは、いつもの日常に感謝して、今出来ることを精一杯やる。お家には家族がおられる、学校は行けば先生も友達もおられる。これらのことに感謝して、勉強も部活動も遊びも精一杯やることです、それが中学生のみなさんが…

  • 新年度、新しい出会いのとき、期待と不安、そしてワクワク。

    いろんな出会い全てをいい出会いと思えるように。 風は出会う花、運ぶものとの出会いで香りと色が、それがいい出会いと思えるように。 もうすぐ新年度、新しい出会いのときですね。いろいろなことに出会えるワクワク、楽しみですね。風には香りがありませんが、いろんな花と出会うことで、香りを運んでくれます。甘い香り、すっぱい香り、爽やかな香り、苦い香り、いろんな香りがありますね、いろんな香りの花と出会うのと同じように、この先々いろんな香りと出会うはずです。風には色もありませんが、運ぶものの出会いによって色を運んできます。赤い落ち葉を運べば赤色、砂を運べば白色、煙を運べば鈍色、花びらを運べば桜色、色もいろんな色…

  • コミュニケーション能力向上は好印象を得ることから。

    学びの第一はコミュニケーション能力向上である。 その第一歩として、相手に好印象をいだいてもらうことである。 人として、コミュニケーション能力を上げることが、第一だと思います。そのためには相手に好印象をいだいてもらわなくてはなりません。いくら上手く伝えられる話し方ができても好印象を持ってもらってなければちゃんと聞いてもらえませんし、お互いの関係も長続きしません。ここに向上ついて書きますのでこれらを上手く使っていい関係を作ってコミュニケーション能力を上げていってください。まずは、難しく考えないで、雑談をいっぱいしてください。雑談の量によって相手方さんとの関係が上手く築けるかのバロメーターと言っても…

  • 5Sの裏技を理解して活動を上手く行かせましょう。

    5Sに始まり5Sに終わる。 5Sの裏技を理解することで活動が上手く行く。 5S、整理・整頓・清掃・清潔・しつけ、には裏技があります。裏技を含めた形での活動で活動そのものが意味のあるものとなって行きます。整理の裏技は行動です、要るものと要らないに分けて要らない物は捨てるという最初の動きがないと始まりません。ですので、まずは、行動です。整頓の裏技は改善です、きちっと整頓されていても、いつまでも同じではダメです。より良いように改善が必要です。清掃の裏技はメンテです、掃除をしながら不具合や悪いところを見つけようと意識することが大事です。清潔の裏技は継続です、清潔が続かなければなりません。躾の裏技は成長…

  • 背中の温もりにほっとすると陰が見えた。お陰さまですね。

    良い習慣の継続がお陰さまに繋がります。 習慣が心を作って行く行くのです。 「霞始たなびく」三寒四温の時期となってきました。どこかで春が・・・・。背中に温もり感じほっとすると陰が目に入りました。お陰さまですね、お陰さまでもうすぐ暖かい春を迎えられそう。まずは、小さくて簡単なものでもかまいません。良い習慣を見つけて継続してみてください。習慣が心を作って行くのです。本当に小さくてもかまいません、その積み重ねがお陰さまに繋がるのです。そういった小さな成功体験が大事です。このようにして良い習慣からお陰さまに繋がり笑顔になって行きます。そして、笑顔、笑顔と笑顔が増えて行くことでHAPPYに繋がって行くので…

  • 的確な判断ができる脳を基礎教科学習によって作りましょう。

    基礎教科学習は必要です。 そもそもなぜ学習するのか、それは脳を作るためです。 昨今、あるところで「三角関数」等々将来必要でないものは学習する必要はない、と言われてました。確かに「三角関数」も「平方根」も「三平方の定理」も普通の日常生活には使いません。ぼくが学生のころ、クラスメイトの女子が平方根の授業のとき「先生、私ら女子は将来主婦になります、八百屋さんに行って、おじさんキャベツをルート2個くださいとは言わない、私らにはそんな勉強必要ない」と言ったのが思い出されます。しかしながら、そもそもの学習の目的は脳を作るためです。将来、小さいことから大きなことまで、日常において、いろんなことを考えて判断し…

  • 人に喜んでもらい、お互いに「ありがとう」と言い合える関係

    仕事とは、人に喜んでもらうこと。 Win-Winとはお互いに「ありがとう」と言い合える関係。 2月に入り、年度替りの時期が近づいてきましたが、最終学年の学生さんは新社会人に向けての準備でしょうか。若手の社会人の皆さんは、思いと実際との差に気づいたりということでしょうか。そんないろんなみなさんへ。仕事とは、人に喜んでもらうことです。みなさん、人に喜んでもらうために頑張っておられるのです。ものづくりの方々は人に喜んでもらえるものとはと考えられてるでしょうし、サービス業の方々は喜んでもらえることの提供を考えておられます。そして、セイラーからもバイヤーからもお互いに「ありがとう」と言い合える関係がWi…

  • 選抜高校野球、スポーツからの学びを将来の糧に。

    将来、幸せを掴むためにスポーツから学ぶ 親御さんも指導者さんも子供たちへの思いは将来幸せに 今般、選抜高校野球の出場高校が決まりました。甲子園出場を得られました高校の選手のみなさん、親御さま、関係者の皆さまおめでとうございます。お祝い申し上げます。そこで、基本を考えてください。親御さんも指導者さんも子供たちに望んでおられる願いは何でしょうか。それはやはり、「将来幸せに」だと思います。ですので、そのためにスポーツから学んでほしいと思っていただいていると信じたいです。甲子園に出場してほしい、ヒットを打ったりファインプレーをして活躍してほしい、そして、勝つことを望まれる。しかしながら、本来の目的は、…

  • コロナ感染症の考えは同じであることが望まれます。

    「千里同風」せんりどうふう 千里離れた遠い地域にも同じ風が吹いている。 世の中が同じ状態である様子。ある状態が国中に行き渡っている様子。 新型コロナウイルス感染症が急激に広がっていますが、いろんなところ、いろんな方々の言われることが違います。「国中に同じ風が吹く」国中に同じ考えが行き渡り、国民の不安が払拭され、なすべきこと柄は、奈辺にありや、とその先にあるゴールを明確にして頂きたい。飲食店の時間制限は意味があるのでしょうか。就中、行動制限および経済に与えること柄はデータが必要と思われます。如何せん、まだまだわからいことがあると思いますがどうか一つ、この2年間のことから一番よいことを選択してくだ…

  • 気感謝(機関車🚂)に乗って素晴らしい旅にしましょう。

    「看脚下」今、自分が立っている場所をしっかりと見る 「ない」ものを嘆くより、「ある」ものに感謝。 今「ある」ものに感謝。それらのご縁に感謝。さあ、気感謝(機関車🚂)に乗って人生という旅を素晴らしい旅にしましょう。そして、感謝の言葉は「ありがとう」だけでなく「いただきます」「こんにちは」「ごめんなさい」などたくさんあります。力強く走る機関車の如く、感謝の言葉がいっぱいの旅をして行きましょう。周りの人やものに感謝を忘れず、見返りを求めない思いやりの気持ちを育む、それが愛です。愛あるところに笑顔あり、笑顔に楽しいことが引き寄せられてきます。楽しいから笑顔になるのではありません。笑顔がなにより。笑顔が…

  • 静寂に包まれて涙する。足しげく通うお寺。

    静寂に包まれた中で心の洗濯 デヴィッド・ボウイさんが涙した静寂。谷村新司も何度も通われたお寺。 京都のお寺、正伝寺に行って来ました。比叡山は微かでしたので残念でした。ぼくの他にはお二人だけでして、そのお二人が先に帰られたのでその後は一人でした。一人で静寂に包まれておりました。京都のお寺はどこも大勢こられます。静寂に包まれたいときはここへ来てみてはどうですか。春夏秋冬、それぞれ季節で趣があり、どの季節もいいと思います。デヴィッド・ボウイさんが涙されたこと、谷村新司さんが何度も通われたこと、一度お立ち寄りになられたらわかると思います。是非一度お立ち寄り。駐車場あります。金閣寺から北へ車なら20分位…

  • ラグビーと言えば、One for all All for one チームワークとは?

    全国高校ラグビーが始まりました。 母校は今回も出られませんでしたがそれなりに見て行こうと思っています。 ラグビーと言えばやはり、One for all All for one ですね。ラグビー観戦のとき、いつも思うのが、チームワーク力を発揮しているかを素人なりに見てしまいます。中継の方が誰々と誰々は小学校あるいは中学校からのチームメイトで仲が良いのでチームワーク抜群です。というように言われますが、チームワークとは仲が良いということなのでしょうか。それだけではないです。チームとは個の集まりです。よってそれぞれの個がそれぞれの役割を全うすることがチームワークです。このような考え方は同じ目的目標にて…

  • 歌の力を借りて、コロナなんかぶっ飛ばしましょう

    本日は今年最後の歌声サロンを開催しました。 クリスマスプレゼントの抽選会も兼ねて盛り上がりました。 今年はコロナ禍で緊急事態宣言が発令されると中止、解除されると開催でした。10月からは三回連続で開催でき、待っておられたようにたくさん来ていただき、みなさんそれぞれの思い出の曲、大好き曲をたくさんリクエストを頂き大変楽しんで頂きました。歌には力があると思います。人に笑顔と感動を届けられるのは歌です。そんな、歌の力を借りて、コロナなんかぶっ飛ばしましょう。明年もコロナ対策をちゃんと行いまして、第三日曜日、開催を予定してますのでよろしくお願いします。

  • 懐かしい思いで振り返りまた、前を向いて頑張りましょう

    「ノスタルジー」懐かしい気持ち ときには懐かしい思いで振り返りまた、前に進んで行く。 この歳になると懐かしい思いにふけることが多くなる今日この頃、そんな思いから「ノスタルジー」という曲を作りました。歌詞の一つ一つは共感頂ける表現だと思っています。ですので、一人でも多くの方とこの表現の思いを共有できれば嬉しい限りです。そして、それを願ってやみません。青春時代は仲間と共に学び、将来のことを笑顔いっぱいで語り合ったことでしょう。がむしゃらに突き進み挫折も含めて頑張りぬいた朱夏。そして、一番いい季節、ひと休みしながら懐かしい思いで振り返る白秋。また、前を向いて頑張りましょう。

  • 一人でも多くの方に「待ってるからね」の思いが届きますように

    「待ってるからね」 海も空も山も川もみんなを待っています。 「待ってるからね」いい言葉です。大好きなこの言葉から持ち歌を作りました。この曲のCD💿を院内学級さんに持っていこうと考えてます。みなさんで聴いてもらって🎵待ってるからね🎵の思いが一人でも多くの生徒さんに届いて頑張ってもらえたら嬉しい限りです。その願いからこの曲を作ろうと思ったのです。そして、高齢者施設への訪問のときは施設のみなさまにちょっとでもお外に出てくださいね、という思いで歌っています。それから、風邪ひいたり熱を出したりしているお子さまにも「待ってるからね」が届いて早く元気になってもらえたらと思います。どうか、一人でも多くの方に「…

  • 歌が繋げる笑顔と笑顔、人に笑顔と感動を届けられるのは歌です

    思い出の歌で琴線に触れましょう。 歌声がつなげる笑顔と笑顔。 人に笑顔と感動を届けられるのは歌です。 本日、歌声サロンを行いました。たくさん来られて笑顔がいっぱいでした。やはり、昭和歌謡、フォークソング、唱歌はいいですね。みなさんそれぞれ、一曲一曲に思い出があられますでしょうしそれらの思い出の歌で琴線に触れていただけたら嬉しい限りです。♫街の灯り♫翼をください♫小さな木の実♫青い山脈♫紅葉♫浜千鳥♫月がとっても青いから♫学生街の喫茶店♫etc 本当にいい曲がたくさんです。思い出の曲、好きな曲、懐かしいをいっぱい歌ってコロナなんてぶっとばしましょう。このような楽しい、笑顔がいっぱいの居場所づくり…

  • 自分の一番の友達は自分です 自分の行く先を照らす明かりです

    「自灯明」 じとうみょう 本当に自分を支えることができるのは自分だけ 自分自身を頼りに生きていきなさい、という意味です。と言っても難しいです。自分自身を照らす明かりです。まずは自分の一番の友達は自分です。自分という一番の友達が行く先の明かりとなってくれます。そして、その自分自身の明かり信じるのです。でも何を信じればいいのかわからなくなったときはまず、焦らず自分自身がこれまでやってきたことをただ続けることが一番重要なのではないでしょうか。①素直に謝れない。②わかりませんと言えない。③他人の成功を喜べない。このやってはいけない三つをやらないで自分を信じれば必ず、明かりが照らします。

  • 誰もが可能性の塊で本物でどのような場でも輝けるのです

    「真玉泥中異」しんぎょくでいちゅうにことなり 本当の宝石は泥の中にあっても輝きを失わない 自分の環境や居場所を嘆く前に、自分を振り返りましょう。自分の実力はこの場では活かせない、別の環境があればよい結果になる、という考えはネガティブな考えです、他責にしてはダメです。どんな場合での自分が関わっていることで上手く行かなかった場合は、全て責任我に有りという考えで、自分のすべきことは何か、できることは何かを考え、自分の役割を全うすることに全力投球しましょう。誰でもが可能性の塊であり、本物です。ですので、どのような場でも輝けるのです。それは、その自分の役割が全う出来たときです。本物はどこにいてもその環境…

  • 政治にありがとうと言える日を待ち望んでいます

    「誰家無明月清風」たがいえにか めいげつせいふうなからん 貧富を問わず、誰の家にも月の明かりは届くし、清々しい風もふく 選挙戦が始まりました。誰の基にも良いことが届く政治を望むばかりです。この世界は生まれた環境や育った環境に差があります。どんな環境に育っても平等に幸せになる権利は持っています。どうか一つ、みなさまに幸せが届きますよう願っています。そのときは政治にありがとうと言いたいです。でも本当に政治にありがとうと言える日は来るのでしょうか。そんな時代を待ち望んで、ありがとうと言える政治を選びましょう。夜空を照らす月や吹き抜ける風は必ずみなさんにあたっています。秋です、さあ窓を開けて深呼吸しま…

  • アクセルとブレーキの使い分けを上手く行って行きましょう

    「勢不可使尽」いきおいつかいつくすべからず その時、その時に勢不可使尽の意味をわかっていれば、アクセルとブレーキの 使い分けができます。ちょっとした意識の持ち方です。 毎日毎日、コロナ感染症の新規感染者数が減っております。ワクチン接種率は上がってきてます。こういうときこそ油断せず感染対策をきちっと継続して行きましょう。そして、どんちゃん騒ぎ等、やってはいけないことは守って行きましょう。そんな中でどんどんと活動をと考えて行き、アクセルとブレーキの使い分けを上手く行ってちょっとちょっとコロナ禍前の生活に戻って行けるようになれば嬉しいです。

  • 世界平和を願う曲、「届け彼らに」

    10月8日(金) ラジオに出演して、持ち歌の「届け彼らに」を 一番だけ歌いました。 ラジオミックス京都 fm87.0 12:10~12:30 「ふぉーかもの笑顔がなにより」 放送内容はラジオミックス京都のホームページから聴けます。 世界では戦やテロがあります。そんなことから世界平和を願う歌詞を作りました。大阪万博もありますし少しでも世界平和の願いが伝わればうれしいです。 ラジオ出演は毎月第二金曜日、来年の3月まで、12:10~12:30です。 是非是非、聴いてください。みなさまに笑顔が届けられるお話しをお送りします。

  • あるべきところ、あるべき姿、考えてみましょう。

    「雲在青天水在瓶」雲は天にあり、水は瓶にあり それぞれがあるべきところにあるがままにあること 人も同じく、あるべき所であるべきのようにやってゆくのがよい。 自らのあるべき所はどこか、あるべき姿とはどのようなものか、考えてみましょう。それぞれに所を得て、あるがままのありようだということです。難しいですね。今を見つめて、居場所や姿があるがままのあるべき姿か難しいですが、考えることが有意義だと思います。なかなかわからないと思います。そんなときは、今あるもの、今の居場所、立ち位置、周りの人達、全てに感謝しましょう。これが大事です。

  • 我々の周囲は全て学びの場です。学ぶべきことは沢山あります。

    「歩歩是道場」我々の周囲はすべてが学びの場である。 緊急事態宣言が解除されました。さあ動きだしましょう。どんな環境でも学ぶべきことはたくさんあります。 何気ない日常や生活の中にこそ、自分を磨き、自己を高めるための要素は数多くあります。何も特別な学びをするのではなく、その目の前の瞬間・瞬間から素直に、何を感じ、どう受け止め、どう生かすのかが、とても大事なのです。そして、一日一日、笑顔でワクワクして過ごしたいですね。楽しいから笑顔でワクワクではなく、笑顔でワクワクに楽しいことが引き寄せられてきます。明日も太陽が素敵な朝を連れてきます。

  • 自分自身の中にある考えや純粋な魂に意識を向けましょう

    「回光返照」見える世界、外に答えを求めるのではなく、 自分の内面(心)を見つめる。 人は人生の中で幾度となく壁にぶつかります。 そんなときは外に目を向け、外の世界の事象から答えを探そうとしてしまいます。そんなときこそ、自分の内面を見つめるのです。たまには、自分自身の中にある考えや純粋な魂に意識を向けることが必要なのです。そして、自分はどうしたいのか、自分の心に問いかけ、心の声を聞くことが大切なのです。人生楽しく創るのは自分なのです。誰しも可能性の塊です。外の事象に一喜一憂して本当の答えを見誤らず、前向きな肯定的な答えを見つけて、人生を最高の旅としましょう。

  • 文化・芸術活動、自由に活発に行なわれることは必要です。

    「百花斉放」文化・芸術活動などが、自由に活発に行なわれること 人に笑顔と感動を届けられるのは歌です。 本当に一日でも早くコロナが収束して、文化・芸術活動が活発に行なわれるようになってほしいです。感染者数も減っております。緊急事態宣言も予定通り解除となってほしいですし解除後はまた、感染者増とならないようにみなさんで気をつけて行きましょう。いつまでもいつまでも自粛と我慢の生活はもう限界です。何とかインフルエンザと同じ扱いで普通の生活ができるようにならないですかね。ここらは政治の判断だと思います。政治にありがとうと言わせてください。ありがとうと言える国民に向けた政治をお願いします。

  • 緊急事態宣言

    「破草鞋」やぶれたわらじ。何の役にも立たないこと。この言葉の意味と「緊急事態宣言」とをかぶせるのは語弊があるかもしれませんが、ちょっとご理解ください。 新型コロナ感染症の感染者数が増となれば、緊急事態宣言が発令され、皆様の行動が制限され、飲食業も制限され、何かと大変なことになり、それらに耐えて頑張っておられると思います。感染者の減少に緊急事態宣言は役に立っているのでしょうか。 2021年1月の感染者増のとき、5月の増のとき、8月の増のとき、この3回の増の傾向としまして、増の始まりの出しから約6週間でピークアウトとなっております。 3回共ピークアウトまで約6週間です。これは偶然でしょうか。という…

  • 大変なとき、辛いときはHELPと言ってのりきりましょう

    笑顔がなにより。楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのである。あなたが笑えば世界はあなたと共に笑う。あなたが泣けば、あなたは一人きりで泣くのだ。笑い声のないところに成功はない。このコロナ禍の大変なとき、辛いときはときこそHELPの意味を思い出そう。HELPのHはヘルスで健康。Eはイーブンでお互いさん。Lはラブで思いやり。Pはピースで大丈夫。HELPはこのような意味があるのです。この中のどれか一つでもおかしいと思ったら周りの近くの人にHELPと言おう。どんなふうに言えばよいかわからないとき、上手く言える自信がないとき、そんなときはHELPと言おう。周りのみんなは一人のために同じ思いです。HE…

  • 夏の甲子園大会

    「啐啄同時」学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じること。またとない好機のこと。夏の甲子園を目指して各地で大会が行われ、ほぼほぼ代表校が決まってきました。甲子園大会に出場される高校の選手達、そして関係者のみなさまおめでとうございます。皆さんの頑張りでコロナをぶっとばしてください。人に笑顔と感動を届けられるのは歌とスポーツです。皆さんの頑張りで笑顔と感動を届けてください。甲子園大会の出場権を得た学校としましては、正に啐啄同時ですね。学ぼうとする生徒さんと指導者の方々の息が合ったことで成し得られたことと思います。惜しくも出場権が得られなかった学校においても、今にちまで頑張ってきた貴重な時間…

  • コロナ禍の向かうところ

    「下載清風」心に溜め込んだ荷物を下すことができれば心にもそんな清風がふくという、何時になればコロナ禍という荷物を下すことができるのでしょか。このようになれば平時だということを表してほしいです。それができるのは政治ではないでしょうか。それを今思うとすると、インフルエンザと同じ扱いが一つのとらまえ方だと思います。どういうことができればそれが可能だという説明をして欲しいものです。ワクチン接種率ですか、治療薬の確立ですか、方向性と目指すゴールを示して頂きたい。そうすることで協力的な形が出来てくると思います。国民の皆さんが一丸となってそのゴールに進んで行くと思います。繰り返します、コロナ禍という荷物を下…

  • もう少しです、頑張りましょう

    「行雲流水」雲や水のように決まった形を持たず、絶えず変化し続けること、全てを成り行きに任せて自然体でいること。またまた緊急事態宣言が発令されました。陽性者が増えれば発令、減ってくれば解除。この繰り返しですね。このようなことに腹を立てることも嘆くこともなく、淡々と行雲流水の如く行動しましょう。どんな環境や境遇に身をおいてもそこに上手く適応する心を実践しましょう。しかし、上手く行かない時もあります。自然に行きましょう。自然に行けないときは、何かに縛られている証拠かも知れません。物事に執着せず、淡々として自然の成り行きに任せて行動しましょう。高齢者へのワクチン接種は7月末でほぼ終わってしまいますでし…

  • 今を受け入れること

    「夏炉冬扇」「夏のいろりと冬の扇子」。どちらもその季節には必要のないものです。しかし、今は不要でも必ず必要なときがきます。コロナ禍の中で、商売のあり方、不要不急なことは取りやめる、文化的催しに制限、その他諸々、自粛等々をも含められての決まりをつけられ、今は不要とされてるものがたくさんあります。これらは正にその通りだと思います。今だけです。諦めないでください。そして、コロナ禍での要因のものだけではありません。あらゆるもの全てにおいて必要なときが必ず来ます。今は必要とされていないだけかもしれません。自分自身もそうかもしれません。必要とされてないのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。大事なの…

  • 変わることが成長すること

    「株を守りて兎を待つ」古い習慣や過去の成功にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかないということです。このように今までこれで良かったからこれからもこれで良いと思って、ずーっと同じやり方をやってませんか。現状維持は後退です。現状は上手く行っていることで肯定してこれでよいと継続して行くとなってませんか。肯定は正解だと思います。でも肯定して中身を理解したうえでその次のステップという意識が必要なのです。それは、やり方を変えたらどうなるかという意識が必要なのです。やり方を変えて改善に繋げて効率を上げられることはないか違う見方で見て行くことが成長に繋がるのです。肯定される中身を理解して違う見方で見…

  • 緊急事態宣言解除

    「転石苔を生せず」「A rolling stone gathers no moss.」活発に活動を続けていれば、時代に取り残されることはない。こまめに体を動かしてよく働く人が、いつも健康で生き生きとして病気にならない。人は活発に活動を続けなければならないし、体を動かして働かなければなりません。やっと緊急事態宣言が解除されました。本当に1日でも早く普通の人としての行いや活動ができるようになって欲しいものです。いつまでも自粛自粛で不要不急の外出は避けるというのはもう限界です。苔が生えます、その苔が拭い去れないくらいになってしまうと取り返しがつきません。そんな苔が生えないよう動きましょう。きっちりと…

  • 円熟味

    閑古錐、長い年月、来る日も来る日も穴をあけ続けて丸くなった錐には、円熟した魅力があります。破天荒だった人が長い年月を経て穏やかなのに迫力さえ感じさせて、人ならではの魅力に満ちています。このような閑古錐の円熟味を目指しましょう。昨年のコロナ禍の最初の頃、マスクやトイレットペーパー等が品薄になりました。我先にと、恐怖にかられ、買いだめしようとすればするほど、他の人にまわらなくなる。しかし、いつの世も、パニックで品薄になった商品は、何日か後、何か月か後には、商店の店先に必ず並ぶ。自分さえよければいい、という姿勢はいかにも恥ずかしい。ほんとうは、少し損して生きるくらいでちょうどいい。古くなって丸くなっ…

  • 可能性

    泉古水新、井戸は古いが湧き出る水は常に新しい。生老病死。人は生まれ、老いて行く。しかし、体は老いても常に新しいものを生み出せる可能性がいっぱいである。そのような可能性を基に人生を最高の旅とする。一つの道を進みながら途中下車もあっても良い、そして再出発する。そのとき、そのときの可能性を考えて行動と反省を繰り返して旅を続け素晴らしい形を作って行く。そのときの可能性を見出す場合、遅くはない 早くもない 気づいたときがそのとき、このことを意識して考える。遅いとか早いかなとかの躊躇は不要である。それと、当然ではあるが、全部上手く行くとは限らない。失敗もある。失敗を成長の道しるべとし他責にしないで成長に繋…

  • 今に感謝

    素直な心、熱意、努力、あまりにもプリミティブなため、誰もあまり気に留めない。しかし、そういう単純な原理こそが、人生を決めて行くポイントなのだ。あらゆる事象は心の反映である。したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ大概のことは成就する。ものごとを成し遂げられる。願いが叶います。嘘を言わない。人を騙さない。人を妬んだり恨んだりしない、愚痴を言わない、常に勇気を持って仕事にあたる、やさしい思いやりの心を常に持つ、謙虚にして驕らず、誰にも負けない努力をして行く、正義を重んじて仕事をする。相手には何が必要か、何を求めているのか、それを考えて具現化し実行する。自分の思いの押しつけは✖である。評価されるもの…

  • 思い込み

    運がいいと思っているから運がいい。ツイてると思っているからツイてる。大丈夫と思っているから大丈夫。正に思い込みから引き寄せられるのです。そしてその思い込みには根拠はいりません。過去の実績や経験から考えて、運がいいとかツイてるとか大丈夫とかを導くことなんて必要ありません。これからのことは今からの思い込みです。今をそして、これからを思い込むのです。今からの思いですので、根拠はいりません。毎日毎日思い込んで行きましょう。毎日と言えばいつものルーティン、習慣がありますよね。次にこの習慣が大事です。良い習慣が良い行動に繋がります。先日、バスに乗っていると、先に降りられたご年配の方が道に落ちている空き缶を…

  • 結果オーライを意味あるものに

    結果オーライを意味あるものに。結果オーライのとき、よかったよかったで終わらず、きっちりと振り返らなければなりません。結果オーライにより、問題が回避できたからとは言え、準備とかプロセス等の業務に不備があったのは確かです。しかし何かの要因というか、不幸中の幸い的なことで問題が回避できただけなのです。ですので不備があったことは忘れてはなりません、そしてその不備を反省し再発防止に努めなければなりません。本来なら問題の処理に素早く対応して解決に繋がる業務を行わなければならないところ結果オーライによりこれらは不要となったのですから再発防止案検討に注力することができます。この再発防止に注力することそのものが…

  • 私たちの目指すもの

    私たちの目指すもの、それは何時、どこで、誰といても同じ。そして、同じようなことを言って素晴らしいプレゼントを渡せる人を目指そう。そんな人、所謂、一緒にいると明るくなる、笑顔になる、心が軽くなる、勇気が湧いてくる、と言われるような人を目指そう。それは人に喜びを与えることを常に意識していてほしいのです。原理原則の流れに逆らうと上手く行くはずがありません。その始まりは、与えることから始まるのです。人は人に喜んでもらうこと、周りの人を大切にする、行いは難しいと知っているから許せる、そして、感謝してまた、喜んでもらう行いへ。この流れが原理原則です。この流れに乗ることを目指そう。この流れの逆、与えてもらう…

  • One for all All for one

    今のコロナ禍の国難のとき、One fou all All for one の言葉が一番必要ではないでしょうか。「一人はみんなのために」と思っておられる方はどれくらいおられるでしょうか。そのように思ってのコロナ対策を政治として、考えられている方はどれくらいおられるでしょうか。みなさん自分のこと、自分の私欲での判断になってないでしょか。そして、「みんなは一人のために」と考えて人を助けるためのことを考えられている政党はありますか。自分を守ることが最優先とされているのではないでしょうか。森を見て、木を見て、枝を見る。ミクロとマクロの両方で見られてますでしょうか。先の見えない対策ばかりで、国民のためにな…

  • コロナ禍のゴール

    またまた、緊急事態宣言が発令されました。陽性者数が急増したら緊急事態宣言発令、下げ止まりになったら解除、ただただこの繰り返しだけですね。何時までこのようなことを続けるのでしょうか。もっと具体的に現状のコロナ禍のゴールを示して頂きたい。これも政治の責任ではないでしょうか。今一つコロナ禍のゴールとして言えるとしたら、インフルエンザと同じ扱い、感染症分類5類とすることではないでしょうか。インフルエンザと同じであれば感染予防は十二分に行わなければならないでしょうが従来の生活に戻れるのではないでしょうか。そのために必要な内容、ワクチン?治療薬?重症者用ベッドのキャパシティ?等々5類にするための項目を抽出…

  • 庶民が一番

    現状のコロナ禍、国難のとき、庶民を守ることが一番ではないでしょうか。自粛や営業時間短縮等々、そして医療従事者の方々、一番頑張っておられるのはこのような庶民のみなさまではないでしょうか。何も悪いことをされてないのにこのようなことになっているのは正に国難です。国難のときこそ援助です。そして最善の対策です。そしてそして、改善の繰り返しが必要です。調所広郷という方をご存じでしょうか。江戸時代後期、鹿児島で旅籠に庶民と泊まり合わせになったとき夕食の用意が一人分しか出来ないということであった。庶民は当然お役人様に夕食をお譲りしようとしました。しかしながらそのお役人様は庶民の方が優先である。役人は庶民の方々…

  • 出会いの4月

    出会いの4月、新入社、新入学、おめでとうございます。新しい世界、環境、そして新しく出会う先輩同僚を含めてのたくさんの方々、全てが新しい出会いです。新年度の始まりの4月、希望と不安が混じっての歩みの始まりですね。新しく社会人としてがんばって行こうとしているみなさんへ。仕事とは相手に喜んでもらうということです。車をデザインされる方は人に喜んでもらえることを考えてデザインされているしサービス業の方々はお客様に喜んでもらえるようにおもてなしをされる、当たり前のことですが是非とも相手に喜んでもらうということを忘れないでください。そして、これからは仕事を覚えて行くのですが、今日からでも出来ることを四つ言い…

  • 選抜高校野球

    選抜高校野球が始まりました。今年は開催されてよかったです。本当によかったです。人に笑顔と感動を届けられるのは歌とスポーツです。今大会に出場される高校、そして選手一人ひとりの素晴らしい感動的なプレーを期待したいと思います。選手のみなさん頑張ってください。甲子園でプレー出来ること本当におめでとうございます。甲子園出場という高校球児の目標でも、全般的な仕事でも、如何なる場面でも、どんな場合でも上手く行ったときはみなさんのお陰です。関わってもらった方々全てのサポートと言いますか協力があってこそ成し得られたことで、俺が俺が、私が私が、ではなく、みなさんへの感謝を忘れないでください。ことを成し得るのには一…

  • 政治にありがとうと言いたい

    緊急事態宣言の解除が延期されました。解除にはもう少しの日数がかかりますね。本当にこの国難のときこそ政治の力が必要だと思います。国難のときに自助では乗り越えられません。国難のときこそ政治的援助で自助が可能となる環境を作ってもらいたいです。そのようなことにありがとうと言いたいし、ありがとう言える国があるべき姿ではないかと思います。果たして今のような対策でありがとうと言える方はどれくらいおられるでしょうか。何とかなっておられる方はどれくらいおられるでしょうか。何にも悪いことをされてないのに難が押し寄せて商売や収入や生活が苦難となっておられてる方々に対しての援助としては政治の力しかないのではないでしょ…

  • 緊急事態宣言発令

    この度、緊急事態宣言が発令されました。またまた、みなさまにとって我慢のときとなりました。一か月で終わるかどうか。医療が逼迫していると言われております。医療従事者の方々へは感謝、感謝、感謝です。このようなときではありますが、このようなときこそ前向きに可能性を信じてやるべき対策、手洗い、手指消毒、うがい、マスク、三密を避ける、どんちゃん騒ぎをしない、等々をきっちりやって行きましょう。ぼくは可能性がいっぱいという想いから書きました歌詞(ポシビリティー(可能性))を曲にして一人でも多くの方に聞いていただき笑顔になっていただけたらと思ってがんばって行きます。人に笑顔と感動を届けられるのは歌です。このこと…

  • 感謝できる年でありますように

    コロナ禍の2020年が暮れ行き2021年が明けました。2020年コロナ禍で大変だった医療従事者の方々へ感謝、感謝、感謝です。大変な状況での任務に従事され、ぼくらでは想像できないくらい大変なことだったと思うと本当に感謝しかありません。目一杯感謝します。2020年そして、2021年も医療従事者の方々への感謝を忘れてはならないと思います。そして、今年こそ政治家の方々に感謝したいです。今は国難です。この国難で大変な状況になっておられる方々に自助と言われる政治家の方がおられます。この状況はみなさん何も悪いことをしておられません。そんな方々に自助はあまりにも酷くないですか。国難のときこそ公助だと思います。…

  • 全国高校ラグビー大会

    今日から全国高校ラグビー大会が始まりました。本当に無観客とは言え100回の記念大会ですし開催されて本当によかったです。残念ながら母校は出場してませんが中継される試合を見て感動をもらおうと思っています。ラグビーと言えば過去に聞いた話しを思い出されます。ラグビーはボールをパスして繋いで繋いで前に進んで行くのですがそのとき、パスをしようしたとき受けてくれる相手がいなかったらパスは出来ない。逆にパスがほしいと思ってもパスしてくれる相手がいなかったらボールは受けれない。というようなことから、パスしてくれてありがとう、受けてくれてありがとう。ラグビーは仲間がいなかったら出来ない、仲間を思いやり大切にする。…

  • 正伝寺 京都、コロナ禍のこころの洗濯

    京都の正伝寺に行って来ました。コロナ禍でも外へ出てお寺に行き静寂に包まれ、比叡山の借景も美しい枯山水庭園を眺めてはいかがでしょうか。人はまばら、ときには誰もいない縁側に座り、比叡山を借景に枯山水の日本庭園を眺めてゆっくり過ごすことができます。デヴィッド・ボウイさんが涙され愛した庭としても知られています。そして、谷村新司さんも今でもたまに、縁側に座って物思いに耽ってられてるそうです。今日はこのような庭園を眺めてこころの洗濯をして次への一歩となることをこころに秘めました。デヴィッド・ボウイさん谷村新司さんや訪れた方々みなさんはどのような思いで庭園を眺められたかはわかりませんが、少なからずこころの洗…

  • 可能性の塊、挑戦、飽くなき好奇心

    人はみな、可能性の塊である。できないことはない。やれば出来る。出来るまでやるのです。途中でやめてしまうから出来ないということになるのです。飽くなき好奇心。好奇心を捨てず、失敗にもめげず、出来ると思い込んで、出来るまでやるということなのです。その出来るという思い込みには、過去の実績や経験は不要です。出来るという思い込みに根拠はいりません。新しいことに挑戦するのですから過去の実績や経験から出来る出来ないを導かないでください。自分がやりたい、或いはやると決めればそれでいいのです。新しいことへの挑戦はそれだけでいいのです。大事なことの一つ目、決めたことと行動が一致しているかどうかです。こうしようあぁし…

  • ♪都会では自殺する若者が増えている♪

    タイトルのフレーズは「傘がない」という曲の出だしのOneフレーズです。年齢20~29、30~39、の死因第一位は自殺です。若年層の死因第一位が自殺なんてぼくには理解できません。一人でも多く減って行くことを願うばかりです。自殺者減少に繋がるようにみんなで気づき合いましょう。みんなで一緒に「HELP」です。Hはヘルスで元気、Eはイーブンお互いさん、Lはラブ思いやり、Pはピース大丈夫、このように、H、E、L、P、それぞれに意味があります。この中でどれか一つでもおかしいときは勇気を出して近くの人にHELPと言いましょう。聞いた人はその言葉を受けてあげてください。でも言えない人もいるでしょうし、大丈夫で…

  • コロナ禍、前向きに人と人が繋がってのり切ろう

    またまた、新型コロナウィルスの感染者数が増えており行動等を考えなくてはならないような状況でしょうか。しかし、ここでそのような後ろ向きの考えではなく前向きに、今こそ前向きな考えでの行動が必要だと思います。決して対策等を怠らず正しくリスク管理して前向きでいる。マスク、手洗い、うがい、ソーシャルディスタンス、多数でどんちゃん騒ぎでの食事をしない。等々守れることはいっぱいあります。そのような感染者数増への対策をきっちりやって前向きに行動しましょう。社会が後ろ向きになれば自殺者が増えます。年間の自殺による死亡者数は2万人、自殺未遂は40万人です。このような数字が増えるような社会は絶対に駄目です。放ってお…

  • 五つの心

    心は行動を生み 行動は習慣となる 習慣は品性を育み 品性は運命を決する 五つの心。感謝の心、反省の心、謙虚な心、奉仕の心、素直な心 いつもの日常を「有り難く」思い、「すみません」と反省し、「おかげ様」と謙虚であり、「私がします」と奉仕の精神を持ち、「はい」と言う素直な心で居続ける。そのような心で生まれた行動からなる習慣は必ず良い習慣である。良い習慣から育まれた品性は素晴らしい人格となり幸福に繋がって行く。そして、事々を許して肯定して前向きにあり続ける。主体的、積極的、自主的、能動的、この4つを常に忘れず悩み、困難を乗り越え成長して行くことが望まれる。

  • 人に笑顔と感動を届けられるのは歌です

    また、また、自殺者のニュースが飛び込んできました。一人でも多く踏みとどまって、自殺者の数が減って行くことを願うばかりです。人に笑顔と感動を届けられるのは歌です。自殺者数が減ることを願う思いで作りました歌詞です。作詞はぼくです。タイトルはポシビリティーです。みなさんは可能性のかたまりです。可能性がいっぱいです。1コーラスだけですが、紹介します。どうかそのようなみなさんに届きますように。 ポシビリティー 1 ぼくらには宇宙から届いている 雲の向こうの青空 発見の旅は探すのではなく 新しい目で見ること 見つけよう雨上がりの虹 それはポシビリティー 今持てるものの中から 今いる場所で 今出来ることを …

  • コロナ禍の今こそ前向きに

    コロナ禍の今こそ前向きに。毎日感染者数のお知らせ。最近になって感染者数も減ってきています。そして新規感染者数より退院者数の方が多くなっております。よって現在の感染者数が減ってきております。こういうときこそ前向きな意識と行動が必要だと思います。コロナ禍だから、自粛であったり控えたりといふうに考えてまだ行動を躊躇してませんか。これからは油断をせず、マスク、手洗い、3密、飛沫防止等々できることは確実に行ってコロナのことを忘れずにやるべきこと、やりたいこと、夢への挑戦、どんなことでも前向きに行動しましょう。ネガティブに考えないで行動を起こしましょう。コロナ禍での行動ですので、コロナ前以上にいろんなこと…

  • 人に笑顔と感動を届けられるのは歌です

    コロナ禍において、感染拡大防止ということでいろいろと言われており、感染者数や死亡者数を毎日言われておりますが、自殺者数が年間20,000人ということに非常に驚いています。元々は2012年の12月、大阪市立高校のバスケットボール部のキャプテンが体罰により自殺されたことに非常にショックを受けこのようなことが二度と起こってはいけないということといじめも減って行くことを願い曲を作りました。その曲作りの中でいろいろと調べますと自殺者数が年間約20,000人。僅かでも減って行くことを願うばかりです。そして自殺未遂の方々は年間約400,000人。これは驚くほどの数字です。未遂の方々は助かっておられるとは言え…

  • 今こそ前向きに、今こそ選択

    現状のコロナ禍、何かにつけて自粛、自粛と言われ、なかなか行動がままならぬまま時が過ぎて行きストレスもたまるというところだと思います。こういう時こそ前向きな考え、前向きな行動が必要だと思います。こういう時の今こそ、前向きな行動が必要なのです。所謂、行動を消極的な後ろ向きにならず、前向きな行動をしようということなのです。しかしながらコロナ禍です。ですので、コロナ禍に相応しい対策を行った上で感染対策は行っておりますということを大前提として、行動するということなのです。それには4つポイントでの思考が必要です。その4つとは主体的、自主的、積極的、能動的。このようにして今こそ前向きな考えを持って行動しコロ…

  • 地球は行動の星

    地球は行動の星。あらゆる事象は心の反映である。したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ大概のことは成就する。物事を成し遂げられる。願いがかなう。それには素直な心、熱意、努力が必要です。そして、あまりにもプリミティブなため誰も気に留めない。しかし、そういう単純な原理こそが人生を決めて行くポイントなのです。心の中にある夢、思い込み、ビジョン、あるべき姿、等々念じ続けるということはそれらに相応しい行動を行わなければなりません。文字通り地球は行動の星です。地球人であれば心でひたすら念じて前向きに行動してください。嘘を言わない、人を騙さない、人を妬んだり恨んだりしない、愚痴を言わない、常に勇気を持って仕…

  • 上手く行ったとき、上手く行かなかったとき、どちらも過去の結果です

    上手く行ったとき、上手く行かなかったとき、どちらも過去の結果です。例え結果が上手く行ったとしても次が始まってますし次に繋げていかなければなりません。上手く行ったから良かったとして終ってしまえばその結果は次に繋がらない過去のものになってしまいます。上手く行かなかったときは、その結果を基に改善したりして何とか上手く行く方策を見つけようとトライしてまたトライして努力して次に繋がるように取り組みを止めなければいいのです。この諦めない思いが大事なのです。このようにして良い結果が出たとき、過去の悪い結果がいい結果に変わります。所謂、あのときこうなったから今があるというふうに思えるはずです。過去の上手く行か…

  • 人生を最高の旅とする(続き)

    人生を最高の旅とする。We assume the life the best trip. そのためには成功の証が必要でしょうか。成功の証なんて必要ありません。ではどのような思いが必要でしょうか。まずは大きく分けて2通りの人がおられます。それは、成功も失敗もする人と成功も失敗もしない人です。ということで、成功も失敗もする人を選んでください。そうなると前向きな挑戦を継続して行くとなります。挑戦して行くと失敗もあります。失敗から失敗へ情熱を失うことなく継続し続ける、そして失敗から得られるものを積み重ねる。大切なのは自己志向、自分が満足して自分が納得すればいいのです。そしてそこで得られたものを与えるこ…

  • 人生を最高の旅とする

    人生を最高の旅とする。We assume the life the best trip. みんなには宇宙から届いています。それはポシビリティーです。ですので、みんなは可能性のかたまりなのです。いろんなことの発見の旅もあるでしょう。発見の旅とは、新しい景色を探すことではなく新しい目で見ることなんです。新しいものが見つからなくても新しい目で見ることで見方が変わり新しい発見に繋がるのです。このようにポジティブな見方により可能性が広がるのです。諦めないでください。そして大事なのは根拠のない思い込みです。その思い込みにより行動をすることです。それは、終着点が重要ではなく、旅の途中でどれだけ楽しいことをや…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ふぉーかもダイアリーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ふぉーかもダイアリーさん
ブログタイトル
変わることが成長すること
フォロー
変わることが成長すること

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用