searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

beckさんのプロフィール

住所
習志野市
出身
佐倉市

定年シニアの気ままな日々の備忘録

ブログタイトル
ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/kaitene/
ブログ紹介文
ネットの三段活用で エンジョイ・コミュニティ
更新頻度(1年)

378回 / 365日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2006/11/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、beckさんの読者になりませんか?

ハンドル名
beckさん
ブログタイトル
ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、
更新頻度
378回 / 365日(平均7.2回/週)
読者になる
ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、

beckさんの新着記事

1件〜30件

  • 今年は受け取るイメージがだいぶ違う

    広島に原爆が投下されて75年 毎年の行事であるが、今年は受け取るイメージがだいぶ違う。 やはりコロナ、今までの流れが一変して今現在、住んでいる世は、薄氷の上の極めて危うい世界に住んでいるという実

  • また、みつけてしまった 😢

    本を購入しても、最後までいかずに途中で放り出してしまう本が何十冊とある。 基本ルールとして、読み終えた時にはじめてカバーを外すことにしているので、読みかけの本はどんな本だか、おもてから見ただけではわ

  • 池上 彰 著「伝える力2」

    途中まで読んで放り出してあった本を再度途中から、、   この本の発行は震災後の2012年1月、なので、震災前後の政権の人たちの話題など盛り込まれている。そんな意味では、たった10年くらいだけど時間の経

  • 集団催眠とか集団洗脳とか、の言葉を思い出してしまう

    未知のウィルスとの戦いが連日のように報道されるようになって、半年以上経過、紆余曲折しながら、少しずつわかってきた点なども含めて、出来るだけニュートラルに考えたいと思っている。 いわゆる専門家と言われ

  • マップにはいろいろな可能性がある

    マップにはいろいろな可能性がある。切り口を変えれば面白いマップが作れる。そして最近はグーグルなどがそのベースを提供してくれている。 そんな環境下にあることを利用して、以前に作った京都青春まっぷ、 そ

  • こんばんはよく眠れるかな?

    最近はとみに運動不足を実感している。さまざまな筋肉も縮こまってきている感じ、それに眠りも昔に比べて浅いような、 身体を刺激して気持ちの良い生活を送りたい気分になっていた時に、 先日のテレビ番組で

  • 約、半年ぶりに訪ねてみると

    休講中の大学、9月以降に再開予定とのことで、今日はそのオリエンテーション、 約半年ぶりに学校近くまで行くと、あれれ、、 工事中だった隣のがんセンターがすっかり様変わり、スッキリ綺麗な建物が完成してい

  • 今夜は、江戸を切り口にしての月一オンラインサロン、

    今夜は、江戸を切り口にしての月一オンラインサロン、 今回も参加者が計11名と盛況、今までのジュネーブや京都の方に加えて、新たにシンガポールからも、 ところで、おやおやおや、FBでお馴染みの方も、へ

  • セレンディピティという言葉を再び思い出した

    たまたま、ニュースや新聞を見ていたりしていて、名前などの固有名詞にピタッと目が止まることがある。今朝もそんなパターンに、 地元の新聞を開いたら、銚子市?、東京オリンピック?!、名前〇〇〇〇!! 何よ

  • 今朝、9時過ぎから10時前くらいのことなど

    汗をかいた9時半前後のことなどを 朝、最近定番のコロナ報道を見たあと、 ロングブレスの運動紹介があったので、少しの時間、一緒に体を動かしてみる。 普段、ほとんどと言っていいほど体を動かしていないの

  • とりあえず備忘録として残しておこうと一枚

    三年前にカリグラフィーを半年ほど習いに行った。 その最終回に皆それぞれが自身で好きに作品をひとつ作る時間があった。 何を書こうか迷ったが、ちょうど孫が生まれた後でもあり、何か記念にと書いた色紙。そ

  • やはり、こういう外部からの刺激が大事だな、とつくづく、

    長らく休講中の生涯大学、 他学科でのオリエンテーションへのオンライン参加の案内があったので、午前中、ZOOM で対応。 そこから流れ出てきた久しぶりの校歌、ああ半年近く聞いていなかったんだ、感動🥺 声

  • 精魂込めて作った野菜を食べるのが楽しみ

    役所を定年になったあと、勝浦にセカンドハウスを建てて農業をやっている同級生、 いろいろな人を招いて「ハピスタ野菜の楽校」という農業に関する催しも開いたりしている。 育ててる野菜の種類も豊富、野菜以外

  • 最近、少しずつ習慣化してきたこと

    先だってのレジ袋有料化で、買ったものを入れる袋、いわゆるマイバッグを日々持ち歩く必要性が、 最初の頃は慣れずに、カウンターで「あっ、しまった」てなことに、、 そんな失敗を繰り返したおかげで、最近は

  • ふっと、ちょっと怖いなと思う時がある。

    普段の何気ない家庭内での日々の会話、 そんな中で忘れていた頃にたまに発信するものがある。 食卓に置いてあるスマートスピーカー、 会話に反応して声を出した時に、ああ、聞いていたんだとその存在を改めて

  • ♬ 現在 過去 未来~ ♬

    過去の話を持ち出すことも多いが、そのベースはあくまでも現在、 現在から過去の事実を考え、その間の時間的なスパンを考察して、どう推移してきたのか、そこから未来を予測するためのひとつの手段、これは誰で

  • 最近、こんなツールを愛用している

    気づきにくいけど、歳と共にカラダの各所が衰えてくるのは当たり前のこと 急にでなく少しずつなので、自分では気づきにくいけと、 耳というか聴力もそのうちのひとつ。最近テレビの音量が大きいと言われる。大

  • 気分転換に近場をドライブ

    気分転換にドライブでもと、近場のポートタワーを目的地に14号線を下る。 検見川神社入り口付近で猛烈な雨、あっというまに追い越し車線の半分くらいは排水が追いつかずに溢れ出てる状態に、タイヤの4分の1く

  • 崖の上のヤギ

    梅雨明けしたら暑さでかなわない、曇り空で絶好の天気だ、ということで、電車で佐倉まで行き、駅前の観光センターでレンタサイクルを借りる。 地図をもらい、「自転車でどのくらいかかりますか?」「15分くらい

  • PCR検査が進まない理由

    以前からずっと気になっていた新型コロナのPCR検査の数、いつまでにこれだけ増やすとトップが再三宣言しているにもかかわらず増えない。 その理由もきちんと述べられず、何ヶ月も経過、メディアも全く持って頼

  • 26年ぶりに形を変えての再会

    何気に朝のニュースを見ていたら、gotoトラベル報道でのインタビューが、 そこで浅草の人力車を運営している方の名前が出て、オヤッ?!と、、、 瞬時に昔の記憶にロールパックしてしまった。 以前、T社に勤務

  • 世相を思いながらの車窓からの風景

    最近話題の沿線風景なども含めて 久しぶりの芝刈り、前回がコロナで窮屈になり始めるちょっと前の2月終盤だったから5ヶ月ぶり、 場所は電車で20分のSカントリー、行く途中で、そういえばと、ニュースで話

  • 先週、幕張にオープンした「湯楽の里」

    湯好きにはたまらない。早速、気分転換も兼ねて、出かけてみることに、 海岸沿いに目立つ建物が、本来少し手前で右折するところを行きすぎて少し戻ることに、順調であれば車で15分ほどの便利なところ。 駐車

  • 「京都青春まっぷ」にチャレンジ

    先日、記憶に任せての1970年代の喫茶店の名前を FBグループページに案内したら、なんだかんだで150件近くのコメントのやり取りができた。 年初の予定がほとんどキャンセルになり、従来の延長線上では具

  • 梅雨が明けると、たぶん暑い夏がやってくる。そこで、

    雨降り日が20日近く続いているが、この梅雨が明けると、たぶん暑い夏がやってくる。 そこで恒例の暑気払い、しかし、今年は悩ましい。古稀を目前にして中には基礎疾患を抱えたりしている人も、 日々の行動制限で

  • 佐藤 優 著「ウィルスと内向する時代」

    コロナ禍の時、一番話を聞いてみたい人はこの方だった。そのうちに必ず出版されると思っていたが、案の定、緊急刊行された。 すぐに本屋に行きゲット! 以下、目次 内向する日本と米国への警鐘 ~まえがきに

  • 61年前に家の門の前で撮った写真を持ち帰って

    昭和36(1961)年5月28日、家の門の前で撮った写真を持ち帰った。 当時、住んでいた場所をストリートビューで探してスクショしてみた。 撮影ポイントは赤丸印のところで、対称被写体はほぼ同じ場所、、

  • 当時利用した喫茶店の名前などを

    大学に入学すると同時に日々の記録を記した大学ノート、2冊ほど実家に残っていたので持ち帰った。 ほんの数行の行動を記しただけのもので、2回生くらいまでのもの。 結構、毎日いろんな人に会っていた。記憶か

  • 古い目録をもらってきた

    実家にあった古い日本国宝展の目録、整理するというのでもらってきた。 これは父が見に行った時のもの、年号を見ると1960年とある。 これで自身で購入した、1976年の京都国立博物館、1990年の東京

  • 半年経って

    以前からよく利用している駅前のカフェ なんかシャッターが閉まっているような見慣れない景色 近づいてみると貼り紙が、 やはり、例の件だ、 今までも、あそこで、ここで、と話には聞いていたけど、

カテゴリー一覧
商用