住所
-
出身
-
ハンドル名
ペルペルさん
ブログタイトル
ペルペルの「我思う故に我あり。」
ブログURL
https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
思った事をたらたらと書きます^^
自由文
更新頻度(1年)

96回 / 282日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2018/05/13

ペルペルさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(IN) 24018 21846 23885 23699 27200 27207 30130 949220サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 90 10 10 50 100 30 290/週
PVポイント 0 520 60 40 200 450 190 1460/週
哲学・思想ブログ 893 876 909 897 910 911 934 12824サイト
名言・格言 14 14 14 14 14 13 13 315サイト
ポエムブログ 139 133 138 139 143 142 155 5879サイト
自作詩・自作ポエム 23 22 24 23 24 24 26 1813サイト
介護ブログ 189 177 194 187 205 203 223 5279サイト
認知症 39 36 41 40 41 41 44 761サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 22892 22131 26370 24018 24027 23206 28057 949220サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 90 10 10 50 100 30 290/週
PVポイント 0 520 60 40 200 450 190 1460/週
哲学・思想ブログ 838 802 919 830 842 825 970 12824サイト
名言・格言 10 8 11 9 9 7 8 315サイト
ポエムブログ 60 55 74 67 69 63 84 5879サイト
自作詩・自作ポエム 7 5 7 8 8 7 9 1813サイト
介護ブログ 202 199 231 218 216 214 246 5279サイト
認知症 57 57 66 62 62 61 69 761サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(PV) 8221 8008 9269 8903 9005 9037 10369 949220サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 90 10 10 50 100 30 290/週
PVポイント 0 520 60 40 200 450 190 1460/週
哲学・思想ブログ 183 182 202 195 198 200 218 12824サイト
名言・格言 6 6 7 7 7 7 7 315サイト
ポエムブログ 18 18 24 23 25 25 28 5879サイト
自作詩・自作ポエム 2 2 2 2 2 2 5 1813サイト
介護ブログ 39 39 44 42 43 43 53 5279サイト
認知症 11 11 13 13 13 12 14 761サイト

ペルペルさんのブログ記事

?
  • 朽ちてゆく時間

    朽ちてゆく時間も人生の一部だと 彼女の瞳はそう呟いていた 哀れなんて思って欲しくないと思った そう僕は信じたんだ この涙はそんな意味じゃなく 悲しみや絶望ではないもの 嘘なんてついてもしょうがない くだらない戯言は 死ぬ間際まで取っておけばいい そう朽ち果てるまでは人生なんだと 彼女は教えてくれた 遠くを見てゆっくりと目を閉じて 今日も彼女は笑っている parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "0…

  • 出会いを求めて

    悲しみの果てに蹴り上げた 空は大きく偉大だった 悲しみの果てに蹴り上げた 海は大きく雄大だった 面識のない二人が出会った 空はどこまでも澄んでいて 決して折れることのない心を知った 面識のない二人が出会った 二人はたちまち恋に落ちた 面識のない二人は何処までも行く 果てしのない旅が待っている 世の中には鬱屈した人々が多い まだ出会いを求めて飛び立っていない 空は果てしなく広がっている 何処へでも飛び立てる羽をあなたは持っている parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-pp…

  • ネオン街

    暗い夜道を一人で歩く 景色はぼんやりしているが 表情は煌々と輝く 淡い光の渦 青や黄色 赤にピンク 欲望渦巻くネオン街 街路樹にもたれ掛かる人々 時は流れ生活の場へ 今日もいそいそと忙しなく稼ぐ parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • イカサマ師

    カッコつけたイカサマ師が世を渡る 世間に周知されていない分厄介者だ 世間では人気者らしい 本物か偽物か協議は危うい 善か悪か曖昧な所にいる 奴らは集団でやってきて ひとりじゃ何もできやしない 周りを巻き込み悪意に染める ただただそれが上手いだけだ ほんとうは臆病者 ひとりになるのが怖いのだ parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • てれぱしぃ

    あなたとわたしの間には てれぱしぃがあったんだよと告げられた ああ、そうかいと私は彼女に返したが ほんとうだったと後々気づいた あの頃の想いは今はなくなって 虚しさだけが心に響く 心から滲み出る和音に耳をかたむけた まだ記憶は戻らないままだ いささかややこしい過去を形に変えた 狂気と混乱が僕を襲う 掛け替えのない時間に鬱屈とした 危険と波乱に満ちている てれぱしぃは恐ろしい parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "…

  • ていたらくな所業

    何者かになりきって しょうもない事を堂々と言う ていたらくな所業 災いを幸福に変えた 生業とは別に 帰れぬ道を何処までも歩く いつまでたっても帰れない 孤独を自由に変えた いくつもの恩恵を受けた すべての孤独に感謝する 居ても立っても居られない 衝動は何かの形に変えた 変わらない明日はない 明日を変えるために今を生きている parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • おみくじ

    なにかが起きるイヤな予感 時と共に感情は薄れ 吉と出るか凶と出るかはわからない そんな日々を悶々と過ごしている 明日は明日の風が吹いて 今日のモヤモヤを消してくれる 明日は明日の風が吹いて 今日のモヤモヤを消し去ってくれる 記憶の断片は常に曖昧で答えはない 記憶の断片は常に曖昧で答えは出せない 沸々と煮えたぎる思い 決別と決断の時は迫る 回復と邂逅を繰り返して また元いた場所に戻ってくる 上手く語れなかった真実を 高揚と純白に変えて すべてを飲み込んで今日を生きている parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outran…

  • 明日は来ないけど

    心の葛藤は続く 一生涯 すべては波乱に満ちていて 蛇行し過ぎ去ってゆく あまり見慣れないアイデアを駆使して 反乱の中彷徨う 戦いが始まった 和平の鐘も鳴る あなたは今何処にいる? 騒音の中の蜘蛛 森林の中の蝶 草原の中の光を凝視する すべてはそこから始まったのだと理解し悩む 上辺だけの口上に疲れた心に感謝する そこには明日は来ないと嘆く僕がいる parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001ef…

  • 向日葵のような存在

    きらきらと音を立てて咲き誇る あの向日葵のように いつかは心の隙間を埋められる そんな存在になれたらいい それは遠く彼方に見えて 途方もない現実だと分かっている 否定するフリは長持ちしない 自分自身は否定できないものだ 皆んなそれで苦しんでいる 皆んなそれで悩んでいる いつか苦しみから解放されて あの向日葵のようにきらきらと 誰かを癒せる存在になれたらいい parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", …

  • 幸せは心の器

    幸せは心の器が決める 大きければ大きい方が良いとは限らない すべてを失っても気付かない そんな黄昏の狭間 すべて無気力な軌道を辿って支配され 廃屋の向こうに消える 消失感は影を潜めて近付く 故に儚さを知った 喜ばしくない未来へ 叫ばないと盲殺されてしまう そんな過去を背負って 進んで見えた結末 物語を紡ぎ出して 答えもなく彷徨い歩いた 過去と未来を行ったり来たりした 幸せは心の器が決めること 小さかったり大きかったりする 中身は心が決めること 人によって色は違う parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank",…

  • 感情のはけ口

    なんの責任も無い奴が野次を飛ばしてる 気にする必要ないけれど頭にきた 大人げないとは思うけど 自分の感情に驚いている 他愛もない出来事に感情が揺さぶられる 自分の感情は自分で昇華させればいい 他人にぶつけるのはもったいない 自分の生み出したものは 何でも自分の糧になる だから感情を相手にぶつけるのはもったいない そういう時は少し捻くれて答えを出すといい 捻じ曲がった責任感は誰も放置できないのだから 少しぐらい捻くれても誰も文句は言わない parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thos…

  • 明るい笑顔の先には 寂しさがあったと 僕は彼女の瞳を見て思った もういつ終わるのか分からない 記憶の断片をいくつも繋げて そうやって歩いて来たんだろう わがままで気まぐれで 凛として筋の通った可憐な女性 過去の記憶 断片的で辻褄が合わない それでも仕方ないやと笑って見せた そんな彼女は誇らしい parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • 馬鹿なのに

    馬鹿なのに頭の良いフリをして 良いことなんて起きるわけがない 悪党が良い人のフリをしても嘘はいつかバレてしまう 心は常に転がっている 悪にも善にも染まる 傷つけ合ったわだかまり いつか晴々とするだろう 蔑みあったわだかまり いつか殺伐とするに違いない 答えなんてない 心に求めても答えは出ない 切迫する空気が 衝動のように込み上げては消える 夢とは知らずに驚いた 僕は今草原に立っている 馬鹿なのに見栄を張ってもしょうがない parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.h…

  • ゴリラは笑っている

    たとえば人間とゴリラが握手できるかって聞かれたら すごく悩んでしまう 私はゴリラではない でもゴリラも人間じゃないから いいんじゃないかと笑って過ごせる ゴリラの手は大きい すべてを支配する人間とは違う そう考えたらゴリラは人間となんて握手はしないだろう 悲しいがそれが現実かな 小さな疑問は子供の頃のように湧いて 日々の喧騒に消えた 誰もが自由だって言ったって 何も始まりはしない 不誠実さが世に蔓延って 世界から生物が居なくなってゆく それを見た神さまは何て言うのだろう 都合のいい身勝手な考えだって言うかな 夢のような出来事だって言うかもしれない 都合の悪い時にだけ神さまを出してくる私を ゴリ…

  • 世間と僕

    嬉しい事も 悲しい事も そこに踏み留まれば 跡形もなく消え去ってゆく 世間の冷たい目に晒されて 悔しい決断をしても 悲しむ余裕さえないんだ いつか彼女が言っていた 自由の意味を考えて 今日も少し見栄を張って 笑いながら生きている 上手く笑えなくても 誰も馬鹿にしないだろう 上手く世間に溶け込めなくても 誰も馬鹿にしないだろう 言い訳じみた事を言ったって 誰も馬鹿にしないだろう parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, …

  • 銃声

    取るに足らない世間の戯言が 耳をきりきりと悩ませる 吐き捨てた台詞になんの責任感も感じない 今日も世間の混沌に飲み込まれる 有り難いと僕は言う 有難迷惑と僕の心は叫んでいた 人の心も分からない ろくでなしと言われたが 世間を嘲笑ってる奴もいるんだ 今日も狂気に震えた 狂った世界が僕を撃つ parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • 澄んでいる

    澄んでいる 澄んでいる 遥か向こう彼方まで 澄んでいる 澄んでいる 遥か向こう彼方まで 澄んでいる 澄んでいる 永遠と闇 澄んでいる 見えない明日 儚く切ない 希望の声が聞こえた 希望の炎を燃やした 澄んでいる 澄んでいる 遥か向こう彼方まで parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

  • 複雑な魂を手に僕は歩いてゆく 可能性を否定しない 優しさを表面に出す努力をする 感情を鎮めて対処する方法を学ぶ すべては自然の一部だと認めれば悟る 不甲斐ない思いに悩まされる必要もない 心の内に潜め 機会を伺っている アイデアを出し惜しみすると腐る 使い物にならない知識を棄てる 言い訳に慣らされた自分を戒める 過去の自分との決別 そして未来を見つめる parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank","https://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "00…

  • 贈る言葉

    あなたに贈る言葉を考えているが まだ何も思いつかない すべてが嘘のように思えて仕方ない 謙虚さは失くさない方が良い 希望も必要だが望めないのも現実だ 仕方ないと今日も自分を説得する 別に悲しいわけじゃない 悲しむ前に絶望が先行して邪魔をした 心が傷む前に喪失感が先行して邪魔をした 明日は空が綺麗だろう 近隣の山々が白く染まり 一層寒さを際立たせる 春が来るのを待ち望んでいる身体と このまま冬の時代になればいいと望む頭 あなたは今何をしているのだろう あなたは今何を見ているのだろう あなたは何を考え感じているのだろう 遠くに居ては分からない 自身の遠吠えだけが虚しく聞こえる parts(1626…

  • 虚言

    意味なんてない 意味は必要としない 複雑に並べられた言葉の乱立 成立しては壊す そんな事を繰り返した 感情を表に出さない自身に 複雑な思いを抱き また誰かを傷つけて 途方にくれる 笑っていた彼女に 複雑な風景を見せられて 涙が流れて微笑んだ 主語もなく主観もない 複雑な思いに囚われる 嘘を積み重ねてきた 嘘を積み重ねてきた 嘘を積み重ね罪悪感を感じた 嘘を積み重ね罪悪感を感じ生きてきた 嘘を積み重ね幻と手を繋いだ 嘘を積み重ね幻と握手した 嘘を積み重ね途方に暮れる parts(1626729,"ffffff","200","001eff",600000,"93","517","outrank"…

  • 落胆回帰

    ドス黒い心は誰かを傷つけた 笑顔の日は少ない 沈黙ばかりで笑えない日が続くと心が腐ってゆく 我儘でどうしようもない日が続くと 人々は離れてゆく 取り返しのつかない現実に落胆する 笑えない日が続くと心が腐ってゆく 落胆した笑顔が思い浮かぶ 面倒くさいと思う事が多い 現実のようで現実という実感がない 涙を流す日が多くなった すべてがあなたのためにあるわけではない 何を思っても考えてもそれがあなた自身だ 生きること生き抜くことで意味が生まれる さあ明日への扉を開けるのだ parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank"…

  • 狂気のブルース

    何がなんだか分かんねえ 不満と不安と狂気の渦 加湿しても息は絶え 凄まじい勢いに押しつぶされる 狂気 狂乱 混沌 虚無 どれを取っても 拷問 業火 灰になる 世間じゃ人気者らしい 狂乱の渦 混沌に満ち溢れている 業火に焼かれて死んじまった かわいいあの子を思い出す 血も通って無いような輩に 何を言っても通じねえ 血も通って無いような輩に 何を言っても通じねえ 血も涙もねえってこの事だ 世間じゃ人気者らしい 狂乱の渦どこまでも続く 狂乱の渦がどこまでも続く parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","htt…

  • 人間だもの

    ついつい忘れるあの子との約束 日常的になってしまったと悲しみに暮れる こんな感情になるのもあの子のお陰 日々感謝したいと思っている でもついつい忘れるあの子との約束 人間だもの 距離感が縮まって掛け替えのない存在になった でもついつい忘れる 人間だもの 何気ない日常の幸せに気がついた 人間だもの それは仕方ないと思いたい 人間だもの しょうがないと思いたい parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","http://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "…

  • 隣人との距離感

    どうでもいい人間がいる あなたのすぐ側に 無視しようか受け入れようか迷っている 自分には関係ないと思ってみたものの 側にいると影響を受ける 受け入れ難いし付き合いづらい 人間性はこの際無視しよう 傷付けられないし実害はない ただ精神が重苦しく嘆く 心を失った過去達は もう僕たちが辿り着けなくなった事を意味し 儚く苛立って誰かを傷つけた そんな事にならないように ある程度の距離感は必要だろう すぐ側にいる ぴったりとくっついていたのでは 誰もが身動きすら取れない parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","…

  • 不浄

    誰かに似ていると思った瞬間 心通わせ繋がりたい気持ちもあるが 今日はここまでにしたいと疲れを露わにした 今でも通っている石畳みを叩いて渡る石橋を すべてを不条理の渦で台無しにした そっと溜め息をついて 気づかれぬようにその場を立ち去る 若い命も束の間でたちまち老婆となった 今でも覚えている景色に縛られている 過去さえも憂鬱になった すべてを無残に切り刻んで埋める そんな過去を掘り起こす すべては上手くゆかないが 真っ当な道を歩きたい 真っ当な道を歩くことで自身を見極めたい parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outr…

  • 解放の時が迫る

    形が誰かに似ていると 拘る必要もなく ただ黄昏を漂う蝶のように 舞っていればいい いつも脳天に浮かぶ景色を決して忘れず 彷徨い歩けばよい 決して奢らずに 決して人の悪口を言わずに 決して悪意に染まらずに 佇み天を見上げていればいい そうすれば皆んな綺麗に染まる 茜色の金色の野に放たれ 解放の時が迫る parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","http://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "000000");

  • 有り難い事に

    有り難い事に どんな事でも勉強になる その瞬間はムカついた出来事も 後々は経験に上積みされる 有り難い事に それは常に日常にあり 有り難い事に 日々鍛錬になる 有り難い事に すべて繋がっていて 有り難い事に 足元に落ちてくる だからすべてに感謝する 有り難い事に 飽きる事はない 有り難い事に 永遠を知る 有り難い事に 未知数で 有り難い事に 不条理に終わる parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","http://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "…

  • 不幸なんだと思うこと

    不幸に大小が無いように 幸せにも大小は無いんだろうな でも小さな幸せを見つけられないのは やはり不幸なんだと思う 価値観は人それぞれなのに 他者の幸せはより幸せに見える それが不幸なんだろう 自ら不幸を招き選択を間違う それが不幸なんだろう 不幸は幸せの裏返しではない事に気がついた その瞬間は幸せになれる だから幸せも不幸せも心の中にあるんだろう だから不幸なんだと思うこともある parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","http://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0,…

  • 今日の終わりに

    欲望のはけ口を探して彷徨った 時代は激しく僕らを罵った 苦し紛れに飛び出した答えが空を切る 見ているようで見ていない 見ているようで何も見えてはいなかった 確かな真実をひとつ手探りで探し出す 夢という幻を何処かでまた追いかけている 卑屈になって罵った いくつかの夢の残骸を目の当たりにする また何処かで悲しみの雨が降る そしてまた今日も日が暮れてゆく parts(1626729,"ffffff","200","000000",600000,"93","517","outrank","http://thoshi-ppp.hatenadiary.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "0000…