searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tao313さんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
埼玉県

自由文未設定

ブログタイトル
介護離職からのおひとり様ローコスト生活
ブログURL
http://kaigoretire.blog.jp/
ブログ紹介文
両親の介護で建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々
更新頻度(1年)

283回 / 365日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2016/04/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tao313さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tao313さん
ブログタイトル
介護離職からのおひとり様ローコスト生活
更新頻度
283回 / 365日(平均5.4回/週)
読者になる
介護離職からのおひとり様ローコスト生活

tao313さんの新着記事

1件〜30件

  • 昇給もボーナスもなく、週末は疲れて動けない

    僕は現在、61歳なので、まだ恵まれていた世代、かもしれません。それでも、僕の先輩たちのように、60歳から、満額の年金がもらえるのではなく、満額もらえるのは、65歳から。その満額も、10万円に届かないのですが、もうあと何年か早く生まれていれば、少ないとは言え、今は

  • 仕事が天職であれば無敵

     昨日は、昼から、タクシードライバーのMさんの誘いを受け、修理したパソコンの引き取りに、同行しました。このところ、ワゴン車内では、トイプードルのレオンと、ボストンテリアのマイティが、喧嘩をしてしまうので、マイティを後部空間に置いているようです。パソコンを

  • 35年払いの住宅ローンが完済できるのは78歳

    僕は、40歳のときに分譲マンションを買い、35年払いでした。そのため、完済は、75歳。僕は、非常に甘い夢を見ていて、作家になって印税が入れば、一発で返せるじゃん、と、思っていました。バカでしょう?で、今朝、あるじゃんで、びっくりする記事を読みました。この相談者

  • 転職で良くなる人ダメになる人

    僕は、転職したいと思ったら、躊躇なく転職してきた人間なので、その経験から言わせてもらいます。 転職をプラスに活かせる人は、どういう人なのか。そういう人は、他人の気持ちがわかるようになり、忍耐力がつき、深みのある人物になっていきます。一つの職場だけで、深み

  • 次の段階に来てるんじゃあないでしょうか

    一昨日、そして昨日と、御岳山 に行ってきました。御岳山宿坊に泊まり、神々の霊気に触れてきました。6月に、一緒に三峯神社に行ったIKさんの車で、御岳山ケーブルの駐車場まで行き、そこから山を登ります。鳥居の下の登山道からも登れます。山頂駅に到着後は、ひたすら、

  • 大局観を持つことの大切さ

    このブログでは、ときどき宗教関係の話に熱を帯びてしまうのですが、それは僕が、複数の宗教団体を経験したことが大きいのですね。で、宗教の話はしても、政治の話は、あまりしないできました。おそらく、これからも、あまりしないとは思います。しかし、昨日、安倍総理のこ

  • 安倍総理に対する僕の採点

    菅新政権ができたので、安倍さんの路線を継承する感じですかねえ。菅さんは、人格者であるだけでなく実力も備えているので、それなりには期待ができるかな、と。岸田さんが2位になったのも、良かったと思います。本当は、40代くらいのリーダーが出てきてほしいのですが、今現

  • 27歳国家公務員のボーナスの手取り額

    もう僕は、現役を引退しているので、ボーナスなど貰わなくなって久しいのですが、もう9月とは言え、少し前にはボーナスの時期でしたねえ。コロナの影響で、ボーナス無し、の、中小零細企業もあったと聞きます。ましてや、個人商店などは、惨憺たる状況。  そんな中、ネッ

  • ボストンテリアのマイティと僕

    ボストンテリアのマイティは、僕の飼い犬ではないのですが、昨日も、会うことができました。実は、その前日の土曜日に、タクシードライバーのMさんから、先日カメラが壊れた時に、その記憶媒体の復元を依頼したパソコン修理屋さんに行くのですが、一緒にどうですか、と誘わ

  • 年金が6万円なら、6万円以内で暮らせばいいだけの話

    経済破綻せずに済むには、少しだけ数学が必要です。数学というよりも、算数、ですね。それも、関数や方程式などは要らないんです。加減乗除ができればいい。さらに言えば、足し算と引き算さえできればいいんです。月の年金が6万円だとしたら、その範囲内で暮らせれば、赤字に

  • 食費を切り詰めるしか…

    昨日は、久しぶりのブロンコビリーで、ランチ。サラダバーも、以前は3皿は食べていましたが、今は、食べても2皿まで。今日は、美ら海もずくドレッシングを、掛けて見ました。11時台に行けば、今だと、かなりすいています。デザートは、石垣島マンゴーラッシー。支払いは、株

  • 貯金40万円で住宅ローンあり

    僕の数少ないアドバンテージは、年金受給が近いこと。なので、僕は、若い人には同情的です。この世知辛いご時世、男などあてにせず、女一人で生きていくと決めて、けなげに暮らしている女性が多いと聞きます。ゴキブリみたいな男をつかむリスクを背負うよりも、ここは賢く一

  • おまいら、アメリカンロックを聴いてるかい

    おだてりゃ豚も木に登る、という言葉がありますが、音楽のセンスを誉められて気をよくしたために、今日はちょっと音楽の話を。で、音楽は幅が広すぎるので、今日は、アメリカンロック。アメリカンロックと言っても、まあ、多すぎて、一言では言えません。でもやっぱり、これ

  • 澱んだ水の中で生きるよりも、会社辞めたほうが良くね

    かつて、死んだ目をした後輩に会社員として生きることが苦しいと、相談されたことがあります。彼の愚痴は、以下の二つ。 仕事がつらい、と。でも、女房子供を食わせなくちゃならない、と。社会に出てから悩むようになった彼に、会社を辞めろとは言えませんでした。独り者だ

  • 働かなければ、出ていくお金も少ない

    あのですね、何で僕が、節約もせずに、月6万円ほどで暮らせているのかというと、ストレスがないからなのですよ。僕は、新宿で働いていたのですが、24時間の勤務明けには、必ず、晩酌替わりのどこかの店に寄りました。 だいたいは、リンガーハットかやよい軒。リンガーハット

  • 人間の持つ根源的な悲しみと苦しみ

    吉田修一の小説、悪人、の中で、誰が本当の悪人なのか、を、突きつけられるように、ものごとの本質を見極めようとすると、大変な時間とエネルギーが必要となります。そして、それだけの労力と犠牲を払っても、必ずしも本質が、見極められるものではありません。 それでも一

  • 立ち止まってばかりで前に進めない

    昨日、図書館の話をしたのですが、僕はおそらく、好き勝手に生きてきたせいで、相当偏りがあると思うのですよ。それを感じたのは、最近、それなりに映画を見るようになって、まあ、その大半は図書館から借りてきたものなのですが、結構、話題作であっても、今まで興味もなく

  • 貧乏学生の図書館通いのような生活

    昨日は、新潟県で、40度越えの暑さを記録したそうで、未だ日本の最高気温の保持を売りにしている熊谷市もびっくりな温度。この暑い夏を早めの労働市場からの引き上げで回避した僕は、まるで貧乏学生のような生活。僕は、現在、5枚の図書館カードを持っています。これは、

  • 会社が求めているのは勤勉な奴隷

    身も蓋もないタイトルですいません。だけど、半分は、これ、真実なんです。たとえば、非正規社員。これは、雇用の調整弁。正社員は、滅多なことでは首を切れないのですよ。だから、切り捨て可能な非正規が必要になってくるのです。こんなことは、僕が改めて言うまでもなく、

  • 月40,026円が一か月の食費の平均らしい

    総務省統計局というところが、いろいろなデータを公開しているのですが、それによると、一か月の食費の平均は、月4万円ほどだということが、わかります。一か月の食費の平均と言っても、家族構成で変わってきますし、やりくり上手か否か、でも変わってきますね。僕などは、生

  • 貧困ラインと言われている僕でも

    日本の貧困ラインは、単身者であれば、年収が122万円以内。 そして、去年の僕のアルバイト収入が、128万円だったように記憶しています。で、そのアルバイトも今年の5月に辞めたので、今年の年収は推して知るべし、なのですが、ローコスト消費生活が身についた今であれば、生

  • 夏の終わりの風を感じながら

    昨日は、花火師で投資家のSさんの誘いを受け、隣町へ。久しぶりに、自転車に乗りました。なるべく、車の走っていない道を選んで走りました。Sさんの母屋の隣の離れの横の空間。僕はお酒が弱いので、持参した空冷バッグの中には、水が入っています。アルコールを飲んだ後、水

  • 逃げながら、それなりに頑張る

    健康であることは、幸福の基本であるだけでなく、経済的な恩恵も計り知れません。僕は、なるべく、逃げながら、それなりに頑張る、ということを、してきました。これは、会社での話ですが、それなりにでも頑張らなければ、クビになりますからね。失業して、路頭に迷ってしま

  • 漠とした不安と焦りと孤独

    なぜ、あれほど、不安だったのか。なぜ、あれほど、焦っていたのか。そして、なぜ、あれほど孤独だったのか。 今となっては、おぼろげな記憶、しかありません。とにかく、彷徨っていました。彷徨い、さすらっていました。一つ所に、落ち着いていられなかったのは、どの場所

  • 部屋で一人で死んでも誰にも気づかれない自由な人生

    死を意識することで、生が見えてくる、浮かび上がってくる、ということは、あるでしょうね。葉室麟さんの小説、蜩ノ記は読んでいないのですが、映画のほうを先日見たのですよ。あ、もちろん、図書館で借りてきたやつね。で、いわれのない罪で汚名を着せられ、だけど藩として

  • 自分の劣化を感じた3つの出来事

    これも、忘れないうちに書き留めておいたほうが良いと思い、書いてみます。実は、立て続けに、自分の劣化を感じた出来事が起こりました。  まず、一つ目は、車を走らせているときに、阿部サダヲのCMが頭に浮かび、ふいに思い立って、久しぶりにセイムスに寄ったのですよ。

  • 猫のような用心深さで、老後を乗り切る所存

    猫からは、学ぶことが多いですね。何よりもあの、用心深さがいい。それと、徹底的に、マイペースなところ。何も考えないで、つまり、向こう見ずに行動することが多かった僕にとって、晩年は、まさに、そうした人生を総括する場でもあります。人間はよくできたものだと思うの

  • 体調がわるいと気が弱くなる

    体力自体の衰えは、56歳ごろから顕著に感じていました。それが仕事にも影響し、ミスなども出始めた頃に、父の介護が必要になるというタイミングが重なり、介護離職したわけですが、あのまま仕事をしていたら、場合によっては大きな事故を起こした可能性もあります。それな

  • FIRE志向の増加と未来予測

    プロレスラーの大仁田厚も、ファイヤーとか、言っていませんでしたっけ。で、それはさておき、FIRE(financial independence retire early)の流れは、僕は、止められないと思っています。まあ、止める必要もありません。時代精神、というものがあります。幕末に、あれだけの

  • 自分の理想像など持たないほうが良い理由

    自分はこうあるべきだ、という思いが強い人は、絶えずストレスに晒されています。なぜなら、実態は、全然自分の理想像とはかけ離れているから。まあ、勝手に理想像を描き、勝手に苦しんでいるという、自縄自縛の状態。実は、これ、若い頃の僕の姿、でした。もう遠い過去のこ

カテゴリー一覧
商用