searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

KATARAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

販売中の電子書籍の試し読みはホームページでできます↓ https://novelsofkatara.web.fc2.com/

ブログタイトル
Novel & Scenario [小説と脚本]
ブログURL
https://ameblo.jp/novel-scenario/
ブログ紹介文
ハワイを舞台にした家族の物語、感動の最終章【 Encounter [めぐりあい]】 ただいま全文公開中です。ぜひ。
更新頻度(1年)

315回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2010/09/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、KATARAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
KATARAさん
ブログタイトル
Novel & Scenario [小説と脚本]
更新頻度
315回 / 365日(平均6.0回/週)
読者になる
Novel & Scenario [小説と脚本]

KATARAさんの新着記事

1件〜30件

  • 新作【 Encounter 】-8-

    アートエージェントの女「ですね。そういうのはいいと」出版社の女「(苦笑し)目立つことがお嫌いで、昔から」ジェシー「(ちゃんと断わったことにほっとする)」デスク…

  • 新作【 Encounter 】-7-

    ●ジェシーとケイトの新居(昼)  週末。ジェシーとケイトのふたりが引越し作業をしている。デスクの声「明日の午後はどんな予定?」ジェシーの声「なぜですか」デスク…

  • 新作【 Encounter 】-6-

    ●大学の近く(午後)  ダニーのフードトラックがある。先日と同じようにランチをだいぶ過ぎた時間帯で客はいない。それを離れて見ているジェシー。深呼吸してサングラ…

  • 新作【 Encounter 】-5-

    クリス「(また横を向き)来た。こっち来い。ほら(と中型の雑種犬モリーを抱き寄せて画面に見せるようにする)憶えてるか。このまえ来たジェシーだ」ジェシー「モリー、…

  • 新作【 Encounter 】-4-

    ●パソコン画面  テレビ電話の画面にアトリエが映っている。奥に絵画が見える。クリス(47)が映り込んで座り、クリス「ああ、悪かった。ちょっとトイレに行ってた」…

  • 新作【 Encounter 】-3-

    ●会議室  それほど広くない部屋。デスク「(ドアをあけて入ってくる)まだ固まってない話なんでね」ジェシー「ええ(続いて入ってきてドアを閉める)」デスク「(着席…

  • 新作【 Encounter 】-2-

    ●新聞社・外観  ジェシーが勤める新聞社。  ●新聞社・オフィス  働く人々の中にジェシー。帰社したところで自席に座る。ため息。不機嫌。バッグからノートパソコ…

  • 新作【 Encounter 】-1-

    ●オアフ島・ダウンタウン(午後)  ビジネス街のスケッチに英語の会話がのる。ダニーの声「いらっしゃい」ジェシーの声「一番人気は、ガーリックシュリンプですか?」…

  • 新作【 Always beside 】-17-

    ●トーマスとクリスのアパート  夕飯中のクリスとトーマス。クリス「だってサラのともだちだろ?」トーマス「ああ、同級生」クリス「子供じゃないか」トーマス「まぁ」…

  • 新作【 Always beside 】-16-

    サラ「このまえ一緒に遊んだジュリア、憶えてる?」トーマス「ああ、ショートカットの」サラ「どう思うトーマスは」トーマス「どうって、別に」サラ「好きか嫌いか」トー…

  • 新作【 Always beside 】-15-

    ●トーマスとクリスの新居  トーマスとクリスが引越し作業をしている。サラが手伝いに来ている。  ●大学  クリス(19)が講義を受けている。  ●訓練学校  …

  • 新作【 Always beside 】-14-

    サラ「みんなは相変わらず?」トーマス「ああ、変わらないよ。先生たちも元気だし。な」クリス「ミッチがいなくなった」トーマス「そうそう、俺の仇敵の」サラ「いたね。…

  • 新作【 Always beside 】-13-

    ●同じ店内  店のカウンターに来るサラ。注文する。時間経過。トーマスの声「(先行して)半年前からオアフなら、手紙くれりゃいいのに」  ●同じ店内・3人の席  …

  • 物語論あれこれ【 ミッション・インポッシブル 】

    スパイ物は好きなジャンルで「ボーン」シリーズやダニエル・クレイグ主演でリブートした「007」シリーズも好きですが、「ミッション・インポッシブル」もその1つです…

  • 新作【 Always beside 】-12-

    ●ハンバーガー店(午後)  出入口の外でサラと女ともだち3人が別れ、サラがひとりで入店する。見まわす。ある席にトーマスとクリスがいて、トーマスが「あれ?」と指…

  • 新作【 Always beside 】-11-

    ●陸上グラウンド(昼前)  クリスにもらった陸上シューズ。それを履いたトーマスの足が走りだす。高跳びの助走でジャンプ。バーの上を余裕で飛び越えクリア。それを遠…

  • 新作【 Always beside 】-10-

    ●回想・面談室園長「手続きするあいだにいなくなったの。あなたたちの名前も言わず」  ●現実・トーマスとクリスの部屋  トーマス「――置き去り?(ショック)」ク…

  • 新作【 Always beside 】-9-

    ●学校・校庭(午後)  トーマス(18)が陸上の高飛びの練習をしている。背面飛びの美しいフォーム。シューズがだいぶくたびれている。  ●スーパーマーケット  …

  • 新作【 Always beside 】-8-

    ●児童養護施設・面談室(昼)  園長「(入ってきて後ろに)クリスはまだ寝てる?」クリス「ええ」園長「長引くね。もう1週間以上?(座る)」クリス「あいつ元が弱い…

  • 新作【 Encounter [めぐりあい]】について

    最終章です。最初の作品「A Hawaiian artist」でも主人公だったジェシーの今を書きたいと思いました。25歳の若い女性なのに過去ばかりを見ていて活き…

  • コロナ禍、過去の小説、今後の創作にいま思うこと。

    以前書いた「DREAM」という小説はオムニバスのような形式で短い話がいくつか挟まるのですが、その中の1編がSFでした。地球という星が実は宇宙人による進化の実験…

  • 連作【 Always beside [いつもそばに]】について

    キャラクターの中で一番影の薄かったトーマスにフォーカスした話です。連作を始めた時に危惧した通り、ずいぶん長くなってます。4作中で一番長い。キャラクターたちの心…

  • 連作【 Dog lovers [犬友]】について

    「A Hawaiian artist」の続編です。前作を書き終えたあと母親のケイトが不幸なままな気がしました。クリスの生い立ちについては大雑把だな、と思いまし…

  • 連作【 A Hawaiian artist [あるハワイの芸術家]】について

    シナリオに取りかかったのは2019年の年末でした。年末年始の連休を使ってシナリオ、さらに小説まで書き進めました。年末年始を利用しようとしていたので下準備の期間…

  • 新作【 Always beside 】-7-

    ●トーマスとクリスの部屋(夜)  トーマスがトレーにのった夕飯を食べ終えたところで、トーマス「あー、食った食った。食欲が戻ったってことは治ったんだな、うん(と…

  • 新作【 Always beside 】-6-

    ●廊下の窓  サラが実父と継母に挟まれて施設を出ていくのが見える。振り返って手を振る。見送っている施設の子たちが数人。少し離れてクリスがいる。園長の声「後悔し…

  • 新作【 Always beside 】-5-

    クリス「そろそろ行く?」サラ「うん、迎えに来てる。最後にと思って」クリス「そうか」トーマス「元気でな」サラ「うん」クリス「愚痴とか文句は、手紙で寄越して」サラ…

  • 小説 20%~OFF 好評販売中

    ただいま以下の小説の電子書籍を20%~OFFで販売中です。 ■湘南・江の島を舞台にした夏の恋【 あの夏あの島で 】 ■その結婚はカムフラージュ【 友情結婚 】…

  • 新作【 Always beside 】-4-

    ●走るスクールバス(朝)  車内に子供たち。13歳になったトーマスとクリスが乗っている。離れた席にサラ。女子のともだちと話している。園長の声「(先行して)サラ…

  • 新作【 Always beside 】-3-

    ●児童養護施設・食堂(後日・夜)  隅の席でクリスの咳がとまらずトーマスが背中をさすっている。ミッチの仲間の声「どっか行けよ。うつるだろ」トーマスが見ると、ミ…

カテゴリー一覧
商用