searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

yuna meeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

encounter 異世界に迷い込んでしまったリリーと、そこで出会った鍛冶屋ガトーとの短編小説。 「パスク、あの場所で待っている」 親友との約束を果たすため、騎士団入りを目指す長編小説。 いずれもペースは遅いです。 and I love 群馬.

ブログタイトル
Kitten Heart BLOG
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kittenheart
ブログ紹介文
オリジナルの異世界系ファンタジー小説などをやっています。ザスパ草津も応援!
更新頻度(1年)

74回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2013/05/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yuna meeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yuna meeさん
ブログタイトル
Kitten Heart BLOG
更新頻度
74回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
Kitten Heart BLOG

yuna meeさんの新着記事

1件〜30件

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第50話

    「ごちゃごちゃ言いやがって。黙らせてやる」一息吐くと、地面を蹴り上げてホオンを斬りかかった。ことごとく避けられてしまうが、チャンスをうかがっていた。「やりなすな!」一時的に逃してしまったが、それでも攻撃の手を緩めず攻め続けた。スピードを上げて、愛剣を振りかざした。「ううっ……」剣先が、僅かにホオンをかすめた。「かわすのもギリギリみたいだな!」休む間のなく振り続けたが、ホオンのフェイントに引っかかってしまった。その隙に逃げられた。だが、ホオンの呼吸は荒く、手応えがあった。「随分とバテているみたいだな。そろそろ降参か?」長く息を吐き、呼吸を整えた。そして、ホオンに挑発をかけて追い込ませる。「そっちこそ、息が荒かね」激しく肩が上下するホオンの方が、体力の限界を感じる。オレは大きく息を吸った。そして、吸ったときよりもゆ...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第50話

  • 2020年 第2節 vs 水戸ホーリーホック

    4ヵ月ぶりのJリーグ、ついにJ2再開になりました。ザスパクサツ群馬は、ホーム正田醤油スタジアム群馬で、水戸ホーリーホックと対戦。そして、北関東ダービーになります。新旧監督対決ですが、「ザスパ草津」初代監督と、「ザスパクサツ群馬」に変わった最初の監督対決でもあります。新型コロナウイルス対策で、無観客試合のリモートマッチとなった今節。序盤こそ、チャンスを作りますが、徐々に相手ペースになっていきます。前半34分に、コーナーキックから失点してしまいます。後半になっても状況は好転せず、更に2失点してしまいます。しかし、後半43分。左サイド宮阪選手から、ペナルティーエリアの岡田選手に渡り、進選手のシュートが決まりました!これが今季初ゴールとなりました。だが、追加点を奪えず1-3。2連敗となりました。4ヵ月空いていましたが、...2020年第2節vs水戸ホーリーホック

  • Sweet Refrain

    きとぅん・はーと。ちょっと実験的に、『夏実と魔術書ナナ』だけ、ふりがなを入れてみました。入っているのは、5話まで。主に固有名詞です。6話以降はいずれ……。繰り返していると、気付くことってありますね。勉強をして、知識は付けた。でも、実践となると、思うようにいかない。ある時、たまたま上手くできて、ふと気付く。「そういうことだったのか」と。繰り返しやらないと、本当の理解はしないものですね……。せっかく理解したことだから、これをしっかり身に付けたいものです。SweetRefrain

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第49話

    「パスクだけには負けるわけにいかないからな」一気にホオンとの間合いを詰める。「ちっ……」ホオンを追い詰めたが、かわされた。しかし、手応えはあった。序盤だから、本気を出していない可能性もあるが、これだったらいける。再び詰め寄り、愛剣を振りかざす。応戦されるも、後退させた。「くっ……」勝機を見逃さず、畳み掛けようとしたが逃げられてしまった。「思っていたより、やるな……」「軽く見るからだ」オレと対戦を挑んでくる奴は、こういったことを言ってくるのがいる。オレ自身がどんなにパワーアップしてもこう言われる。原因は別の所にあるのは、分かっていた。「おいは、本気なんか出してないばい」「やっぱりな。お互い様子見って所か」愛剣を構え、次の一手に備える。「あんなジジイには惜しくも負けたが、パスクなら勝てる!」一体、どこのジジイと比べ...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第49話

  • Jリーグ再開日程発表!

    新型コロナウイルスの影響で、中断していたJリーグ。ついに、再開の日程が発表されました。J2で戦う、ザスパクサツ群馬。再開初戦は6月27日にホーム正田醤油スタジアム群馬で水戸ホーリーホックとの対戦となりました。近隣クラブが優先になるので、やはり北関東ダービーになってしまいました。当面は観客を入れずに試合を進めますが、少しずつ日常が戻ってきましたね。中断期間が長かったので、予想通りではありますが、平日水曜の試合が多くなってしまいました。既に、30度越えの暑い日になってきていますが、体調に気をつけながら、試合に臨んでもらいたいです。Jリーグ再開日程発表!

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第48話

    「結局、来てしまったか……」渡し船を降り立つと、辺りを見渡した。これといった異常は無い。警戒しながら、歩き始めた。西へ西へと進んできたが、気付けば土筆島まで着てしまった。土筆島には、いい思い出がない。今回の選考会が始まって間もなく、思い切って土筆島まで来た。その時、挑発してきた若造を懲らしめてやろうと思ったが、不覚にも力負けしてしまった。そもそも、しゃべり方が気に入らない。「今度会ったら、ただでは済まないからな!」憤りから、つい声に出してしまった。最も、会っても再戦は出来ないが。あの時は、確かそのまま西へ行ったんだったな。今回は南の方へ行くか。今回もどことなく、嫌な予感がしていた。海沿いをひたすら歩き続けた。内海もあって、波は穏やか。「平和だよな……」十数年前まで、内乱が続いていたとは思えない風景。これが、たっ...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第48話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第47話

    「……ちっ!」隙を見つけ斬りつけたが、かわされた。一息つけて、一度間合いを空けた。「思ったよりやるっちゃ……」なかなか決め所が見つからず、お互い呼吸が荒くなった。しかし、なにかしら見つけないと、持久戦になってしまう。そうなると、残りの体力がどちらにあるか、駆け引きでもある。できれば、それは避けたい。ここまで逃げ回るのに、体力を使っている。向こうはそれまでにどれだけ使っているか……。計算が出来ない。呼吸を整えると、右足を蹴り出す。クイファも合わせて動く。相変わらず、力が拮抗している。更に力を込めるが、状況は変わらない。手段を変えて、斬りかかる。しかし、また避けられてしまう。体勢を崩したところへ、カウンターを狙って踏み込んできた。『間に合うか……』必死に体を戻し、愛剣で受け止めるとギリギリ回避した。「危なかった……...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第47話

  • いよいよJリーグ再開

    新型コロナウイルスの影響で、3月から延期になっていたJリーグ。J2リーグは、6月27日に再開となりました。当面は、近隣のクラブとの対戦。6月15日に詳細が発表されますが、しばらくは無観客試合。まだまだ感染の危険性があるので、無観客試合は想定内ですね。ひとまず試合ができるだけ、少しずつ日常が戻ってきました。まだ対戦相手は未定ですが、ザスパクサツ群馬は、東北と関東甲信越のチームとの対戦がリスタート初戦になると予想されます。選手も試合ができるので、目標ができたのではないかと思います。いい結果が得られるように、まずは練習をがんばってもらいたいです。いよいよJリーグ再開

  • ポイント

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部移植しました。本編も先日、追加しました。次がクイファ編完結話になりますが、ローカルでは完成しているので、そのうち上げます。生活変化が大きくなり、遠くに行けないなどの制限があり、いろいろストレスがたまりますね。私は、人に当たるのだけは辞めようと思っています。その発散の先として、甘いものを食べています。毎日だと大変になるので、週一回だけにしています。それが最近の楽しみかな……。今は、耐え時ですね。ポイント

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第46話

    中心街は戦いづらくリスクがある。移動するしかないか。「逃がすか!」ムギはすんなり場所移動に応じてくれたが、こいつは聞く気が無い。ここで決着を付ける算段なんだろう。商店街を抜けて、街の外へ出ることを試みてみた。細く曲がりくねった道を駆け抜けた。すると、あいつが向かってきた。切り返し、受け止める。そして、受け流した。あいつは倒れ込むと、その隙に転がっていた籠を被せた。相手が視界を失っているうちに、遠ざかった。「待てーい!」こいつ、早いぞ……。見失わない程度に離したが、籠を投げ捨てて間隔を詰めてきた。「仕方がないな……」この辺りなら街中から外れてきて、近くに広い公園があるからちょうど良い。愛剣を引き抜き、振り返り構えた。やつの剣を受け止めると、引き下がるふりをして、公園の方へ誘導した。「やっと、戦う気になったか」「オ...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第46話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第45話

    ミタチアとの戦いを終えて、北上してきた。しかし、対戦相手と巡り会えず、海まで来てしまった。更に北上して、対岸の島へ行く選択肢もあった。ただ、無駄に歩くような気がして、引き返すことにした。来た道とは別ルートを辿ることにした。それでも見つからなかった。いかに、この選考会の厳しさを実感していた。気付けば、地元付近まで来てしまったので、立ち寄ることにした。昼過ぎ、森林の深い山奥を歩き、辺りを警戒していた。ここに戻ってきてからは、なにか嫌な予感がしていたからだ。せっかく、戻ってきたんだ。心身共に疲弊したこの体を休めるために、足早にある場所へ向かった。「ああ……生き返る……」山奥の自作湯船に入り、束の間の休息を得ていた。タトリーニのこともあり、この周辺と湯船自体に罠を仕掛けた。周辺に細い紐を通し、触れると音が鳴る仕組み。湯...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第45話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第44話

    「あいつ、しつこいぞ!」またもや煙幕に包まれて、嫌気が差してきた。煙幕の中から殺気を感じ、振り抜いた。感触が良かったが、なにか違う。「ちっ。竹か!」深い煙に包まれてしまっては、相手を確認できない。それは相手も同じことだが。どのみち、この中で戦うには勝機が見えない。むやみに動くだけだと、体力を無駄に使うだけだ。まずは、この煙幕から抜け出そうとするが、竹が邪魔をして思うように抜けられない。「くそっ!」追い打ちをかけようと、ミタチアが襲いかかってきた。応戦するも、勢いに負けて押し込まれてしまう。押し負けてしまい煙幕の外に出たが、尚も攻撃が続いた。これをチャンスと捉え、反撃に出る。状況が逆転され、ミタチアは間合いを空けた。「随分と息が上がっているな」そう言ってみるが、オレも息が上がり呼吸を整える。「敵を取るまでだ!」し...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第44話

  • GLITTER

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部移植しました。本編も先日、追加しました。次がミタチア・オイト編完結話になりますが、ローカルでは完成しているので、そのうち上げます。相変わらず、小説のストックがギリギリですね。一部分はプロットができているので、少しずつ書き足しているので、自転車操業状態ですね。暗いニュースばかりですが、明るい未来になることを願いたいですね。GLITTER

  • ザスパクサツ群馬のシーズンチケット購入者限定のメルマガ

    先週、ザスパクサツ群馬のクラブリリースでアナウンスしていた、2020シーズンシートホルダーの方を対象に、メルマガ配信開始がありました。登録方法は記載がありましたが、やはりどういった内容のメルマガになるかは、クラブリリースには一切書かれていませんでした。手順通りに進めたら、事前登録が無事に済みました。どういう内容のものがくるか、楽しみにしていました。そして昨日、第1回目のメルマガ配信が来ました。購入者限定なので詳細は書けないですけど、荒削り感はありますね。けど、限定企画もあって、良かったと思いますよ。不定期配信と言われていますが、仮に通常通りJリーグが開催されていれば、月1〜2回来れば、いいかなって思いました。ザスパクサツ群馬のシーズンチケット購入者限定のメルマガ

  • 記念すべき100回目だったのに……

    第100回全日本サッカー選手権大会の大会方式の変更がありまして、Jリーグチームの出場は、今年のJ1リーグ成績上位2チームだけになりました。この結果、J2のザスパクサツ群馬は、不参加となってしまいました。毎年、天皇杯楽しみにしていたのに……。J1チームとの対戦、あわよくば勝つ姿を見られるかもしれないだけに余計残念です。Jリーグのリーグ戦すら、新型コロナウイルスのせいで、再開できない状況。今年ばっかりは、仕方がないですね。早く終息に迎えられるよう、ひとりひとり注意した行動が必要です。記念すべき100回目だったのに……

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第43話

    しかし、いきなり敵討ちって……。いったい、なんなんだ。「お前が来るのを待っていた!」上半身ほどの大きさの大剣を構え、こちらを睨み付ける。「敵討ちって……誰のだよ。そもそも、お前は誰のだよ!」「名前くらいは、教えてやろう。ミタチア・オイトだ」知らないな……。『兄貴』の敵となると、キョウコはまず違う。冗談で復讐に来たくらいだし。年齢的にオレとさほど変わらないところを見ると、若造のムギでもなさそう。じいさんは、昔から弟子を作ることを何故か嫌っていた。『twenty』にいたときでさえ、部下を付けなかった。あれほどの腕があったので、弟子入りを懇願するやつは多かったが、一方では倒して名を上げようとするやつも同じように存在した。ミタチアが何かを投げつけた。「また煙幕か……!」再び、黒い煙の中に包まれてしまった。そして、闇に包...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第43話

  • 舩津選手、退院おめでとう!

    先日、新型コロナウイルス感染症に感染していた舩津選手が、PCR検査で陰性判定となり退院できました。大事にならなくて、よかったです。他の選手、スタッフに感染が広がらなかったも良かった。とはいえ、世間はまだ感染が止まらない状況です。ひとりひとり、注意していくしかないです。舩津選手、退院おめでとう!

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第42話

    「あのばばあ。せっかく書いた書類、いちいちケチつけるんだもん」結局、コトミの愚痴を聞かされる羽目になった。タトリーニとの対戦翌日、荷物をまとめると、対戦相手を求めて東の方へ旅に出た。交代があるので四六時中ではないが、時折現れてはコトミの上司の愚痴を打ちまけていた。「永遠に話し続けて、説教が終わらないだもん。嫌になってくる……」その愚痴を、永久に聞かされるオレの方が嫌になってくる。「そして、お腹がすいた……」「もう、奢らないからな!」コトミには、もう貸しはないはず。「別にいいもん。交代になったら一人で探すもん」不満そうに頬を膨らませていた。「おいしい甘味があっても、パスクさんには教えてあげない!」「教えてくれなくて、構わないけどな」コトミほど、甘いものには興味がない。日もまだ真上にある時間帯。林を抜けると、急に開...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第42話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第41話

    「お前の負けだよ」剣先をタトリーニに向けて言い放った。「くそっ……」背後に刺さる己の剣を見て、気を落としていた。「師匠がアレだから、勝てると思ったが……」「アレと一緒にするな!」最後になっても、嫌なことをいうやつだ。「しかし、今回は調子がいいという、噂は聞くがな」オレにとってはどうでもいい情報。会う気も無いから、当たらないように避けている。タトリーニは、自身の剣を取りに起き上がった。ふらつきながらも拾い上げる様を見届けると、オレも鞘にしまった。「じゃあな。もう会わないかも知れないが」「……ああ」こちらに手を振ると、よほどショックだったのか、そのまま森の奥へ消えていった。勝ったのに思い出したくないアレの話題を出され、苛立ちが募り、気分が悪かった。タトリーニもいなくなったので、改めて自分専用の湯治場へ向かった。荒ら...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第41話

  • とうとうザスパからも陽性判定……

    先日、ヴィッセル神戸から新型コロナウイルスの陽性判定が発表されて、他も出ないか危惧していました。とうとう、ザスパクサツ群馬の舩津選手からも陽性判定が出てしまいました……。まずは、お体を大切にしてください。そして、復活した姿を見せて下さい!他の選手、ならびに関係者に出ないことを祈ります。海外では、10代の死亡例も出ています。もう年齢関係なく、誰がかかってもおかしくない状況です。一人一人がより危機感を持って、気をつけなければなりません。Jリーグの5月再開は、もう無理でしょうね……。とうとうザスパからも陽性判定……

  • Spring of Life

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部移植しました。本編も先日、追加しました。次がタトリーニ編完結話になりますが、ローカルでは完成しているので、そのうち上げます。本音をいえば、パスクは上げる予定ではなかった。ブログ更新が大変にならないように、試合日程を加味しながら、小説の方は予定を組んでいました。しかし、新型コロナウイルスのせいで、完全に予定が崩れた。ストックがなくなりそうです……。SpringofLife

  • Jリーグが再々延期になりました

    ……と、なると思った。終息するどころか、特に東京が増える一方。群馬県も感染者が、2桁になってしまいました。やはり東京2020オリンピックも、延期になってしまいました。残念ですけど、世界情勢を考えたら仕方ないですね。J2リーグは、5月上旬にずれ込みました。アウェーサポの自粛の話もありますね。ザスパの場合、近場の関東甲信越にいくつかチームがあるから、この辺りはバスで行ける。けど、遠いチームは飛行機もあるので、選手の移動中に感染リスクもありますね。5月に再開できるといいけど、これも開催できるのであろうか……。Jリーグが再々延期になりました

  • 第100回天皇杯の日程が出ました

    今年で100回目になる、全日本サッカー選手権大会。新型コロナウイルスの影響で、当初の日程より変わりました。昨年出していた予定では、J1・J2チームは2回戦からの参加でしたが、特にJ2チームは昨年の順位で、分かれる日程に変更となりました。昨年J3にいたザスパクサツ群馬は、当然のことながら、J2下位グループの2回戦からの参加になりました。2年間在籍していたJ3は、天皇杯のシード権がないから、今年は予選なしで出させてもらえるだけありがたいですね。さて、初戦の相手は、福井県代表と大阪府代表の勝者。会場は、正田醤油スタジアム群馬。そして、2連勝して4回戦に進めば、久々のJ1チームとの対戦になります。ひとつ楽しみが増えました!第100回天皇杯の日程が出ました

  • 負けても残留決定?!

    依然として新型コロナウイルスの影響が続いています。そんな中、Jリーグの2020シーズンの大会方式変更がありました。なんと、今年は降格が無しで、昇格のみとなりました。プレーオフを無くして、少しでも厳しい日程を調整するものと思います。いちサッカーファンとしては、プレーオフや降格があったほうが面白いですが、今の状況では仕方がないですね。でも、いちザスパサポとしては——第1節終えて0勝1敗、ザスパクサツ群馬、J2残留が決定しました!誠にありがとうございます!!今年はカテゴリーも上がり、監督も替わったので、1年かけてチームを作り上げるチャンスができました。いつ再開になるか分かりませんが、魅力あるチームになってもらいたいです。ただ、気になることが。J3の昇格圏にJ2ライセンスが無いチームが入った...負けても残留決定?!

  • Jリーグが再延期になりました

    新型コロナウイルスが全国的に広がりが続き、群馬県からも出てしまいました。もとから3月18日再開は、無理だと思っていたよ……。4月再開できるといいけど、更に延期になると、日程的に大変になってきます。一方、同じJ2のチームからFWをレンタル移籍するニュースがありますね。日程が酷になると思われるので、しっかり戦い通せる、ザスパらしいチームになってもらいたいです。Jリーグが再延期になりました

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第40話

    剣が交わると、再び打ち合いとなる。「そのうち、楽に終わらせてやる」「その自信が過信だったことを、思い知らせてやるよ」平坦な場所に移ってからは、攻勢を強めてきたタトリーニ。「さっきは、よくも恥ざらしにしたな!」ああ、風呂での一件か。滑稽で楽しめたがな。一気に間合いを詰められ、息もつかせぬ攻撃が続く。オレも対応するが、さっきより早い。「やっぱり抑えていたか……」「ああ、お前を確実に捉えるためだ!」斜面の時より一段と増してきている。相当、恨んでやがる。尚も手を休めることなく、攻勢を強めて意気揚々となってきた。むかつくほどに。「パスク、お前の弱点は分かっている」「ああ?どういう意味だよ」「焦らなくても、今に教えてやる」タトリーニは更なるギア上げをして、スピードが増してきた。荒波のスピードで、確かにこれは早い。一瞬のスキ...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第40話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第39話

    おちゃらけていると思っていたタトリーニは、攻撃の本気度を増してきた。山を利用した戦術をとり、打ち合いとなった。「さっきの攻撃は、たまがったな!」「人が作った風呂を荒らしやがって!もうちょっと叩かれろ!」のんびり風呂に浸かっているところへ、奇襲をかけたことを根に持っていた。勝手に入った上、ゴミ混じりの川の水を入れた報いだ。『ちゃらけて見えて、あいつは動きが良い。それでもオレは——』山の傾斜に沿うように、タトリーニとの間合いを少しずつ詰めていく。そして、ちょっとずつ山を上がっていく。向こうも同じようなことを考えているのか、同調した動きを見せる。斜面の上を取っておけば有利だから、互いに見えない攻防が続いた。時折、フェイントを入れてみるが、引っかかってくれない。相当警戒しているようだ。木々が...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第39話

  • J2リーグが延期になりました

    昨日、Jリーグの発表で、3月15日までのリーグ戦が中止となり、J2リーグも第2節~第4節までが延期となりました。連日、新型コロナウイルスの報道がされ、政府の指針に合わせた形になります。私もインフルエンザと合わせて警戒していて、あまり不要不急の外出は避けたかったので、仕方がないことですが、これで良かったと安心しました。予定では、第5節のホーム戦で再開されます。先日のザスパの開幕戦を見ていると、もっと練習してから同カテゴリーチームに挑んだ方がいいと思います。3週間しっかり練習して、期待に応えられるチームになって貰いたいです!J2リーグが延期になりました

  • 2020年 第1節 vs アルビレックス新潟

    ザスパクサツ群馬にとって、3年ぶりのJ2リーグが開幕しました。そして、ホーム正田醤油スタジアム群馬での開催。相手は隣県、アルビレックス新潟。クラブ史上初の前売りチケットが全て完売になり、いっぱい観客が入りました。本当にJ2に戻ってきたんだと、実感しました。今年就任した奥野僚右監督、小島伸幸コーチと共に戦った、クラブ創成期の下記OBメンバーが来場しました。Jリーグ昇格後もいた選手もいたので、懐かしかったですね。今年のスタメン発表映像も初披露。今までとはまた違って、良かったと思います。また、DVD化して欲しいです!この日は群馬特有の空っ風が吹き、ビッグフラッグから小旗まで、大小問わず禁止処置となるほどの強風に見舞われました。前半は、ザスパが風上に立ちました。チャンスを演出するも、ゴールには至らず、前半を0-0で折り...2020年第1節vsアルビレックス新潟

  • チョコレイト ディスコ

    きとぅん・はーと。開設記念日ということで、今月14日にLastKittenHeartfriends60話を追加する形で、更新しています。LastKittenHeartfriendsは、60話がいろいろ蒔いた伏線がある程度回収している話です。特に1話目の出だしですね。3行目以降は、いずれどこかの話で繋がっています。そして、だんだん完結編に向かって話が進んでいきます。他の作品の予定は、encounterは残り数話なので、私の予定では2020年内に完結させます。「パスク、あの場所で待っている」は、随時更新かな……。完結させるためには、まだ重要なキャラクターが出てきていないので、まだまだ続きます。夏実と魔術書ナナは、考えている話が長いので、私が生きているうちに完結できたらいいな。今回の更新で、ついに『きとぅん・はーと』...チョコレイトディスコ

カテゴリー一覧
商用