chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Kitten Heart BLOG https://blog.goo.ne.jp/kittenheart

オリジナルの異世界系ファンタジー小説などをやっています。ザスパ草津も応援!

encounter 異世界に迷い込んでしまったリリーと、そこで出会った鍛冶屋ガトーとの短編小説。 「パスク、あの場所で待っている」 親友との約束を果たすため、騎士団入りを目指す長編小説。 いずれもペースは遅いです。 and I love 群馬.

yuna mee
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/05/30

1件〜100件

  • 2022年 第24節 vs アルビレックス新潟

    前節、アウェーで連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、アルビレックス新潟と対戦。前半序盤で2失点してしまい、相手に支配される展開となります。後半、巻き返しを図り、ボールを持つ時間が増えてきます。惜しいシュートシーンもありましたが、追いつけず0-2となりました。3連敗。そして8試合勝ちなしと、いよいよ厳しい状況となってしまいました。後半に相手ゴールを脅かすシーンも作れましたが、あと少しの所で阻まれ勝ち点を奪うことができませんでした。次節は、連戦となります。1ヵ月以上勝てていませんが、この状況から乗り越えるアウェー戦にしてもらいたいです。<!---->2022年第24節vsアルビレックス新潟

  • 2022年 第23節 vs 徳島ヴォルティス

    前節のリーグ戦で、敗戦となってしまった、ザスパクサツ群馬。天皇杯から中3日。アウェー、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで、徳島ヴォルティスと対戦。前半、主導権を握られて前になかなかいけません。バーを叩く危ないシーンもありましたが、相手の攻撃を凌ぎます。しかし後半。相手の攻勢が強くなり、耐える時間が続きますが、一点を取られてしまいます。終盤、取り返そうとしますが、惜しくも決まらず。0-1と勝ち点を取ることはできませんでした。天皇杯メンバーを入れて、特に岡本選手の動きが良かっただけに、結果が出なく残念でした……。先日の天皇杯は早めに先制点を取ったことが勝因に繋がりましたが、先制点が取れないことで、こういった結果を招いてしまいました。長いトンネルに突入してしまい、出口が見えないですが、こういった...2022年第23節vs徳島ヴォルティス

  • 第102回天皇杯 3回戦(vs 浦和レッズ)

    山形に勝利して、2回戦を突破したザスパクサツ群馬。次の対戦相手は、8年ぶりに天皇杯で対戦となる浦和レッズ。会場は、ホーム正田醤油スタジアム群馬。相手には、元ザスパの江坂任などいますが、こちらには浦和で指揮していた大槻監督。両者とも古巣対戦となりました。ザスパは、リーグ戦から中3日。サブ組を入れるなど、先発メンバーを変えてきました。それに対し、浦和は先発メンバーを変えずにきました。前半に、髙木選手のシュートが決まり、貴重な先制点を得ます。後半、この1点を守り抜き、1-0。8年ぶりにJ1チームを破って、ベスト16入りを果たしました!なかなか最近のリーグ戦では思うような結果が出ていませんでしたが、このような結果は自信になってくると思います!リーグ戦に出場できていない選手の活躍も、今後リーグ戦でも生かしてもらいた...第102回天皇杯3回戦(vs浦和レッズ)

  • 2022年 第22節 vs V・ファーレン長崎

    前節のダービー戦を引き分けでリーグ前半戦を折りかえした、ザスパクサツ群馬。J2リーグ後半戦はアウェーで、トランスコスモススタジアム長崎。対戦相手は、V・ファーレン長崎。前半立ち上がりに失点すると、その後も追加点を奪われ、前半から厳しい試合展開となりました。しかし、後半9分に大きな転機が訪れます。スルーパスに反応した深堀選手が倒され、決定的な得点機会の阻止したとの判定で相手選手が1人減ります!その後優位な立場となり、シュートチャンスが増えるもネットを揺らせず。相手の守備を崩せず、0-2となってしまいました。相手が1人減って優位な立場になりましたが、活かせず敗戦となりました。減ってから回せるようになりましたが、前半の連携ミスといった自滅で、このような結果になってしまいました。6戦未勝利と勝ちから遠ざかり、厳し...2022年第22節vsV・ファーレン長崎

  • 2022年 第21節 vs 栃木SC

    前節は、終了間際に逆転負けを喫した、ザスパクサツ群馬。早いもので、リーグ前半戦となる今節。ホーム正田醤油スタジアム群馬で、宿敵・栃木SCと北関東ダービーとなりました。前半開始にチャンスを作るも、合わず。その後、やや押される展開となりました。後半もキーパーに弾かれる惜しいシュートもありましたが、ネットを揺らすことができませんでした。相手の決定的なシュートを弾くビックセーブもあり、お互い無得点の0-0で終わりました。連敗は止めたものの、バックパスが多くなり得点機会が少なく、得点に結びつきませんでした。久々の無失点にできたことは良かったですが、ダービーなだけに勝ってもらいたかったです……。これでリーグ戦が半分終了しました。開幕10戦くらいまでは調子が良かったですが、その後不調が目立ち、現状は18位となってしまい...2022年第21節vs栃木SC

  • 2022年 第20節 vs レノファ山口FC

    前節のリーグ戦で、先制されて連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。天皇杯から中3日。アウェー、維新みらいふスタジアムで、レノファ山口FCと対戦。雨が降る中の試合となりました。前半立ち上がりから主導権を握られてしまいますが、徐々にペースを掴みます。前半終了間際に決定的なシュートを放ちますが、惜しくもポストに弾き返されます。後半、更に雨が激しくなり、ピッチ上に水溜まりが見られるようになりました。後半19分。内田選手がペナルティーエリア前でボールを奪い、前線に送ると反応したのは加藤選手。上手く揺さぶり、わずかなシュートコースを見逃さず、先制点を奪います!しかし、その直後にPKで追いつかれてしまいます。その後も追加点を奪いにいきますが、ピッチコンディションは悪くなる一方。なかなか取ることができませんでした。終盤...2022年第20節vsレノファ山口FC

  • 第102回天皇杯 2回戦(vs モンテディオ山形)

    今年も天皇杯の季節がやってきました!初戦の対戦相手は、同じJ2のモンテディオ山形になります。天皇杯では6年ぶりの対戦。会場は、NDソフトスタジアム山形。リーグ戦から中2日ということもあり、メンバーを大きく変更。中でも、山田晃士選手と岡本一真選手がプロデビュー戦となりました!前半に、北川柊斗選手と田中稔也選手のゴール。後半にも髙木彰人選手のゴールがあり、結果3-1。ザスパクサツ群馬、天皇杯3回戦に進出!主力選手を外したメンバー構成でした。最近のリーグ戦では不調だったので、これがチームに良い影響を与えると良いですね。今年もJ1チームへの挑戦権を得ることができました。対戦相手も興味深いので、試合が楽しみですね!<!---->第102回天皇杯2回戦(vsモンテディオ山形)

  • FLASH

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。本来だったら、定期的にあげようと思っていましたが、なかなか上げられず、時の流れは早いですね……。小説の方は、アイディアはパッと思いつくときがありますけど、まとまった時間が取れず、完成までには至らず。相変わらず、小説の進みが悪くて、申し訳ないです。<!---->FLASH

  • 2022年 第19節 vs 大分トリニータ

    前節は、ホームで連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。中3日で、再びホーム正田醤油スタジアム群馬で、大分トリニータと対戦。前半から積極的に攻めて、ゴールを狙っていきますが、GKに阻まれるなど惜しいシーンを作り出します。しかし、クロスに反応が遅れて失点してしまいます。後半、取り返そうとシュートを放ちますが、あとちょっとのことでゴールネットを揺らすことができませんでした。結局、0-1と3連敗となってしまいました。失点は、悔いの残る取られ方をしました。シュート数も多く打てましたが、細かいところでの精度であったり、ちょっとしたミスなど、小さな積み重ねで無得点に終わってしまいました。5月の連戦を乗り切れず、敗戦が目立つ月になってしまいました。これから暑くなり、より厳しい戦いになってきます。そんな中ですが、6月は調子を取...2022年第19節vs大分トリニータ

  • 2022年 第18節 vs ロアッソ熊本

    前節は、アウェーで敗戦となってしまった、ザスパクサツ群馬。中2日でホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、ロアッソ熊本と対戦。前半序盤に不運な形で先制点を奪われてしまいます。その後、少しずつゴール前に迫っていきますが、ネットを揺らすことはできませんでした。後半立ち上がりにも追加点を奪われ、遂には3点差までになってしまいました。しかし、後半38分。左サイドで山根選手がボールを奪うと、ミドルシュートを放ち、クロスバーに当たるも1点を返すことに成功します!更にアディショナルタイム。山根選手が左サイドから切り込むが、シュートは相手選手に当たります。そこを小島選手が拾い、もう1点返します!しかし、タイムアップとなり、2-3と反撃は及びませんでした。終盤、久々となる複数得点を挙げることができましたが、やはり失点の多さが響いてし...2022年第18節vsロアッソ熊本

  • 2022年 第17節 vs FC町田ゼルビア

    前節は、接戦の中で勝利を収めた、ザスパクサツ群馬。再び連戦続きとなり、初戦はアウェーで町田GIONスタジアム。対戦相手は、FC町田ゼルビア。前半、優勢に試合を進めるも、シュートまでには至らず。逆にシュートを決められて、前半を折りかえします。後半、交代策にも打って出ましたが、ゴールネットを揺らすことができませんでした。更に追加点も奪われてしまい、0-2で敗戦となってしまいましたボールは持てていましたが、前線まで繋げられず、シュートも少なく終わってしまいました。今季初の2点差以上で敗戦となり、不甲斐ない結果となってしまいました。次節は、中2日で試合となります。ホーム戦となるので、しっかりと勝ってもらいたいです!<!---->2022年第17節vsFC町田ゼルビア

  • 2022年 第16節 vs ファジアーノ岡山

    前節は、ホームでスコアレスドローに終わった、ザスパクサツ群馬。連戦を終え、アウェーのシティライトスタジアムで、ファジアーノ岡山と対戦。前半、やや押される場面が多くなりましたが、ゴールを割らせませんでした。後半は多くのチャンスを作り出すようになりました。そして、後半26分。コーナーキックを得ると、キッカーは岩上選手。キーパーがはじき出すことができず、そのままゴールへ吸い込まれます。コーナーキックが直接決まる、珍しいパターンで先制します!その後、残り時間も少なくなり、相手のパワープレーに対して守備を固めて対応します。結果1-0となり、アウェーで貴重な勝ち点3を得ました!6試合ぶりの勝利となりました!どちらに転んでもおかしくない拮抗した試合内容でしたが、訪れたチャンスをものにしました。しっかり失点を0に抑えて、再び順...2022年第16節vsファジアーノ岡山

  • 2022年 第15節 vs 徳島ヴォルティス

    前節は、後半で失点して敗戦となった、ザスパクサツ群馬。長かったゴールデンウィーク連戦も最終戦。中3日でホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、徳島ヴォルティスと対戦。北からの強い風が吹く試合となりました。ザスパは、前半追い風の中の攻撃となりました。コーナーキックから決定機を演出するなど、シュートを多く打っていきます。ゴール前でパスカットをして決定的なシュートチャンスもありましたが、惜しくも阻まれてしまいます。後半は風下となりましたが、前半より風が収まり、互角な展開となりました。相手に止められるなど惜しいシュートもありましたが、両者ゴールネットを揺らすことができず、勝ち点1を分け合う結果となりました。強風もあり、難しい環境での試合となってしまいました。相手を抑えることはできました。しかし、決定機に得点が取れたらよかっ...2022年第15節vs徳島ヴォルティス

  • 2022年 第14節 vs ヴァンフォーレ甲府

    前節は、ホームで同点に持ち込んだ、ザスパクサツ群馬。ゴールデンウィーク連戦、4戦目。アウェー、JITリサイクルインクスタジアムで、ヴァンフォーレ甲府と対戦。前半、やや押されていましたが、惜しいシュートシーンを演出しますがゴールとはならず。後半は、なかなか前線までボールを運べず、耐える時間が増えてきます。スコアレスドローの可能性もありましたが、終盤に決められてしまい、0-1。アウェーで勝ち点を拾うことはできませんでした。連戦続きの疲労、その疲労対策による選手層で差が出てしまいましたね。その中でもよくやってくれましたが、最後まで耐えることができませんでした。しかし、昨年と比べたら確実にチームは良くなっているので、下を向かずに前に進んでもらいたいです。長かったゴールデンウィーク連戦も次節が最後。ホーム戦なので、勝って...2022年第14節vsヴァンフォーレ甲府

  • 2022年 第13節 vs 横浜FC

    前節は、逆転負けを喫してしまった、ザスパクサツ群馬。ゴールデンウィーク連戦、3戦目。ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、現在首位の横浜FCと対戦。前半、積極的に攻めるも、徐々に相手ペースに変わります。相手の勢いを抑えられず、前半だけで3失点してしまいます。後半、加藤選手と奥村選手を投入。すると、前半には無かった動きが出てきます。後半4分。ペナルティーエリア前で加藤選手が受けると、奥村選手にパスをすると折り返し、フリーの平松選手が押し込み、まずは1点を返します!更に12分。加藤選手のスルーパスを山根選手が反応。左サイドからクロスを入れると、再び平松選手が押し込みます!続く22分。左サイドの山根選手のパスを奥村選手が受けると、右足に持ち替えて、弧を描いたシュートはゴールネットを突き刺し、遂に追いつきます!その後もシ...2022年第13節vs横浜FC

  • 2022年 第12節 vs 大宮アルディージャ

    前節は、ホームで敗戦となった、ザスパクサツ群馬。ゴールデンウィーク連戦、2戦目となります。アウェーNACK5スタジアム大宮で、大宮アルディージャと対戦。前半開始間もなくにPKを獲得!これを岩上選手が左隅に流して、先制します!更に前半27分。左サイドからのクロスを弾かれてしまいますが、こぼれ球を加藤選手が拾い、ペナルティーエリア内に進入。折りかえすと平松選手が押し込み、追加点を奪います!その後の34分にも再びPKを得ます!再び岩上選手が蹴りますが、これは読まれて弾かれてしまいます。このまま前半を折りかえします。後半、引いた守備を取るようになりますが、結果的に押し込まれる場面が増えてしまいます。約10分間のうちに3失点してしまい、リードを許してしまいます。取り返しにいきますが、レッドカードも出てしまい、更に不利な状...2022年第12節vs大宮アルディージャ

  • 2022年 第11節 vs ブラウブリッツ秋田

    前節は、アウェーで3連勝を飾った、ザスパクサツ群馬。ゴールデンウィーク連戦となる初戦。今節はホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、ブラウブリッツ秋田と対戦。前半、シュートチャンスを作るも決めることはできませんでした。そして、前半終了間際に失点してしまいます。後半、徐々にシュート数を増やしていきますが、なかなかゴールを割れませんでした。最後はクロスバーに当たる惜しいシュートもありましたが、0-1と連勝を伸ばすことができませんでした。ミスも目立ち、攻撃も上手くいかず敗戦となってしまいました。長いシーズン、こういう試合も出てきますが、下を向かずに切り替えていきましょう。次節は、水曜日。アウェーになりますが、勝って勢いを取り戻してもらいたいですね!<!---->2022年第11節vsブラウブリッツ秋田

  • 2022年 第10節 vs FC琉球

    前節のアウェー戦で、今季初の連勝を飾った、ザスパクサツ群馬。今節もアウェーで、タピック県総ひやごんスタジアム。対戦相手は、FC琉球。前半8分。天笠選手のクロスは相手選手に弾かれてしまいますが、こぼれ球を岩上選手が拾い、ミドルシュートが決まり先制します!相手がボールを持つ時間が長くなりますが、硬い守備で決定機を作らせません。追加点を奪いにいきますが、ゴールへとはなりませんでした。後半も状況は変わらず、ピンチもありましたが守備陣のセーブで乗り切ります。結局、前半の1点を守り抜き、1-0と連勝を飾りました!今節も無失点で勝ち、今年のザスパの勝ちパターンとなってきました。そして、連勝も3連勝と伸ばしました。早いもので今シーズンの約1/4に当たる試合を消化して、暫定で上位につけている状態。ザスパにとって、近年見ることのな...2022年第10節vsFC琉球

  • 2022年 第9節 vs いわてグルージャ盛岡

    前節は、ダービーを制した、ザスパクサツ群馬。今節はアウェーで、北上総合運動公園北上陸上競技場。対戦相手は2019年以来の対戦となる、いわてグルージャ盛岡。前半、やや相手に流れがいくと、ポストに当たる危ないシーンがありましたが、凌ぎきります。後半は、前半と違い積極的ゴールを狙っていきます。しかし、相手の選手交代で流れが変わり、ゴールに迫られますが、GK櫛引選手のセーブで助けられます。このままスコアレスドローかと思われた、後半44分。センターサークル付近で奪うと、カウンターへ。右サイドから風間選手のクロスを平松選手がヘッドで合わせて、均衡を破る先制点を取ります!このまま試合が終わり、1-0と今季初の連勝となりました。拮抗した試合展開となりましたが、耐えてワンチャンスをものにしました。櫛引選手を中心とした守備陣も奮闘...2022年第9節vsいわてグルージャ盛岡

  • 2022年 第8節 vs 水戸ホーリーホック

    前節は、連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。3連戦の最終戦は、水戸ホーリーホックと北関東ダービー。ホーム正田醤油スタジアム群馬にて迎え撃ちます。前半、19分。岩上選手のロングボールを一度は相手選手に奪われるが、小島選手が取り返して、ゴール前に折りかえすと、古巣の深堀選手が合わせて先制します!その後、やや押される場面もありましたが、前半を折りかえします。後半、PKを献上することになってしまい、追いつかれてしまいます。しかし、後半35分。平松選手がボールを奪い、加藤選手へスルーパスを出します。ペナルティーエリア左から中央へパスを出すと、走り込んできた内田選手が合わせて再びリードします!結局、これが決勝点になり、2-1と連敗を止めました!まずは、北関東ダービー連覇に向けた1勝目を手にしました!不運な形で失点してし...2022年第8節vs水戸ホーリーホック

  • 2022年 第7節 vs V・ファーレン長崎

    前節は、アウェーで敗戦となった、ザスパクサツ群馬。今節は連戦で、平日開催となりました。ホーム正田醤油スタジアム群馬で、V・ファーレン長崎と対戦。前半立ち上がりに失点し、その後も追加点を奪われ、相手ペースに進みます。しかし、少しずつ修正していった前半アディショナルタイム。フリーキックを得ると、キッカーは岩上選手。ニアに蹴り込むと天笠選手がヘッドで合わせて1点を取り返します!後半22分。左サイドから攻撃を仕掛けると、天笠選手のクロスを小島選手が折り返し、奥村選手が押し込み同点へ!だが、その後に追加点を奪われてしまい、2-3。今季初の連敗となってしまいました。前節同様、前半の失点が大きくなってしまいました。個の力に崩され、防ぎきれなかったです。しかし、試合中に修正して2得点取れたことは大きいです。やはり、監督の力の差...2022年第7節vsV・ファーレン長崎

  • 2022年 第6節 vs アルビレックス新潟

    前節は、アウェーで勝利を収めた、ザスパクサツ群馬。この試合から3連戦となります。今節はアウェーで、デンカビッグスワンスタジアム。対戦相手は、アルビレックス新潟。前半立ち上がりに失点すると、その後も追加点を奪われ、相手に優位な展開となりました。ハーフタイムに選手交代を図り、流れを変えます。すると後半5分。加藤選手のドリブルから、左サイドの天笠選手へ。クロスを入れると相手選手に当たり1点を返します。しかし、追加点を奪われて、再び突き放されてしまいます。だが、諦めずにいた後半アディショナルタイム。右サイドから小島選手のロングスローイン。一度は相手選手にクリアされてしまいますが、城和選手のシュートが入り1点差と追い詰めます。その直後にフリーキックのチャンスを得ますが、得点とはならず2-3。アウェーで連勝とはなりませんで...2022年第6節vsアルビレックス新潟

  • 2022年 第5節 vs ジェフユナイテッド千葉

    前節は、今季初の黒星となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節はアウェーで、フクダ電子アリーナ。対戦相手は、ジェフユナイテッド千葉。前半6分。左サイドで細かくパスを繋ぐと、飛び出した山中選手選手のクロスを平松選手が押し込み、先制します!その後はシュートを打たれますが、GK櫛引選手のセーブに助けられます。後半、相手チームの選手交代で流れが変わり、幾度となくピンチを迎えますが、ここまでリーグ最少失点の守備が光ります。結局、前半の1点を守り抜き、1-0。アウェー今季初勝利となりました!特に後半は危ないシーンが続きましたが、鉄壁の守備で無失点で抑えました。ここまで5試合終えて、1失点。守備面はかなり上出来。そして、順位も上位をキープ。今年は何か違いそうで、期待が持ててきます!次節もアウェー。この調子で、連勝してもらいたい...2022年第5節vsジェフユナイテッド千葉

  • 2022年 第4節 vs 東京ヴェルディ

    前節もスコアレスドローだった、ザスパクサツ群馬。その前節のケガで、細貝萌選手が長期離脱の発表がされました。精神的支柱でもあっただけに、ピッチに戻ってくることを願いたいです。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬で、東京ヴェルディと対戦。前半、主導権を奪われる展開。しかし、コーナーキックからの混戦で、ゴールを奪いましたが残念ながらハンドの判定。後半も相手の主導権でしたが、そんな中でもネットを揺らすシーンがありましたが、今度はオフサイド。両チームとも交代策で流れを変えた結果、終盤に均衡を破られ、失点してしまいます。その後、取り返そうとしましたが、またもやオフサイド。0-1で悔しい敗戦となりました。今季初の失点と黒星となってしまいました。再三、ネットを揺らしましたが、判定に泣かされて無得点と終わってしまいました。精神的...2022年第4節vs東京ヴェルディ

  • 2022年 第3節 vs ベガルタ仙台

    前節は、ホームでスコアレスドローだった、ザスパクサツ群馬。今節は、今季初のアウェーで、ユアテックスタジアム仙台。対戦相手は、ベガルタ仙台。前半、相手ペースになり、シュートを打ち込まれますが、GK櫛引選手を中心に、ゴールを割らせませんでした。カウンターから仕掛けていきますが、決定機をものにできませんでした。そこへアクシデント。細貝選手が足を痛め、前半で無念の交代となりました。後半も大きなチャンスを作るも、ゴール枠の外へ。しかし、徹底した守備で相手にもゴールを取らせず、0-0。アウェーで、勝ち点1を分け合う結果となりました。前節同様、決定機で枠に打てず、攻撃面で課題が残されたままとなりました。しかし、守備面では崩されることはなく、今節も無失点で終わらせました。リーグ唯一の3試合連続無失点を継続させて、守備はかなり自...2022年第3節vsベガルタ仙台

  • 2022年 第2節 vs ツエーゲン金沢

    開幕戦を勝利で収めた、ザスパクサツ群馬。今節もホーム正田醤油スタジアム群馬で、ツエーゲン金沢と対戦。この時期、群馬特有の空っ風が吹いた試合。前半は、風下となりました。前半、相手のミスで決定的なチャンスを迎えますが、キーパーに弾かれてしまいます。守備をしっかり敷いて、決定的なシュートチャンスを作らせていませんでした。後半もいくつか決定機を演出できましたが、またもや阻まれてしまいます。しかし、押されていく場面が多くなり、後半終盤ピンチを招いてしまいます。結局、スコアレスドローのまま試合が終わりました。シュート数は多くありませんでしたが、その中でも決定機があり、決められず無得点で終わってしまいました。しかし、2試合連続無失点。守備陣でも、特にGK櫛引選手の活躍が目立った試合でした。守備が良かっただけに、攻撃がついてく...2022年第2節vsツエーゲン金沢

  • 2022年 第1節 vs モンテディオ山形

    今年のJ2リーグ戦が開幕しました!今年もホーム正田醤油スタジアム群馬からスタート。対戦相手は、モンテディオ山形。前半、しっかりブロックを敷いて、相手のチャンスを潰していきます。そして、前半42分。右サイドの小島選手から田中選手へ、中央の岩上選手が流すと、加藤選手が左サイドへパスを出すと、最後は山根選手のシュートで先制点を決めます!後半の終盤になるほど疲れを見せ、押される場面も多くなってしまいました。しかし、交代策も使って凌ぎきり、1-0で逃げ切りました!開幕戦という特別な雰囲気の中、今年も白星発進に成功しました!昨年と比べて、攻守において動けている印象でした。大槻新監督体制の初戦、かなり期待の持てた試合だったのではないでしょうか。次節もホーム戦。まだ、42試合中の1試合が終わったに過ぎませんが、この調子で連勝を...2022年第1節vsモンテディオ山形

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第53話

    一層と霧が深くなり、至近距離でさえ見えづらくなってきた。相手の姿も見えづらくなり、奇襲に備えて物陰に隠れた。さすがに向こうも機会をうかがっているのだろう。どんなことがあろうとも、途中で離脱すれば棄権と見なされて敗戦扱い。選考会で勝ち残るには、逃亡することは考えられない。「湯船以外の罠はもうないし、どうするか……」こんな霧の中をデタラメに攻めるわけには当然ながら無謀すぎる。かといって、霧が晴れるのを待つわけにはいかない。しかも、霧が深くなる一方。そうなると、なにか作戦を立てなければならない。しかし、どうやって戦うか——。火薬があれば、爆風で霧を吹き飛ばす方法があるが、それだとこちらの場所が特定されかねない。あまり良策とは言えない。目印をつけて、それを頼りに攻撃を仕掛ける。こちらの居場所...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第53話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第52話

    「そんな、しょうもないことしていたの?」一緒に山を下るコトミが呆れているのが、よく分かっていた。「毎回、みんな勝手に入りやがって……。防衛工作のひとつだよ」「そんな罠を作る暇があるんだったら、剣術の練習をすればいいのに」「うっ……!」痛いところを突いてきて、反論できなくなってしまった。罠を掛けるのは候補者相手だから、この下にある池に落ちる安全仕様にしている。浴槽が付けた軌跡を追いかけると、設計通りに池へ飛び込んでいた。そして、浴槽が池の中心で浮かんでいた。この池は、温泉が湧き出ているところがあるので、場所によっては湯気が立ち込めていた。そして、温泉独特の硫黄の匂い。恐らく、這い上がって池から出ているだろう。薄ら立ち込める湯気を掻き分けながら、捜索を始めた。池の縁で人影が見えた。すぐさま相手に気付かれないように、...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第52話

  • 【小説】「パスク、あの場所で待っている」第51話

    土筆島を出て、東の方へ歩みを進めた。候補者を捜し回る日々を続けたが、結局は実家付近まで来てしまった。「また帰ってきたの……?」不満そうに、コトミがオレに言ってきた。コトミは、いろいろな場所に行きたいのだろう。なので、ここに来ると、行き飽きたのか機嫌が悪くなる。「お前も分かってだろう。簡単に対戦相手と巡り会えないことくらい」監視しているだけのコトミには、オレの苦労は分かるまい……。「あたしは、パスクさんともっと遠くへ行きたい……」「悪いが、オレは幼女に興味はない」「……そ、そ、そういう意味じゃないもん!」憂さ晴らしにちょっとからかってみたら、コトミの頬が面白いように赤くなった。「じゃあ、どういう意味だよ?」「パスクさんには、関係ないもん!」赤くなっていた頬が今度は膨らませて、目線をこちらから逸らした。「風呂でも入...【小説】「パスク、あの場所で待っている」第51話

  • 2022年の試合日程発表

    今シーズンのJリーグ戦の日程が発表されました。既に発表されていた開幕戦は、2月19日土曜日で確定。その後もホーム戦と、3月になってからアウェー戦になります。最終戦がダービーというのも、なんとも言い難いですね。昨年はコロナの影響で、延期になってしまった試合がありました。今年も無事に開催されることを祈りつつ、好成績を作ってもらいたいですね。2022年の試合日程発表

  • ザスパクサツ群馬、2022年新加入選手加入会見

    1月10日に、ザスパクサツ群馬の新加入選手加入会見が行われました。今年のスローガンは「BeyondTHESPA」要するに、今までのザスパを超えろということですね。確かに「16位以内」という目標に、なかなか達成できていない。主力選手の流失も少なくすみ、大槻新監督のもと、今年こそは残留争いには絡まないでもらいたいです。その先の——今までにない強いザスパを見せてもらいたいですね。ザスパクサツ群馬、2022年新加入選手加入会見

  • 2022年最初のKitten Heart BLOG

    あけましておめでとうございます。本年も、『きとぅん・はーと』、『KittenHeartBLOG』共々よろしくお願いいたします。そして、ザスパクサツ群馬も、よろしくお願いいたします。2022年最初のKittenHeartBLOG

  • 2021年最後のKitten Heart BLOG

    いろいろ対策が功を奏した部分もありますが、今年は、おかげさまでアクセスが良かったです。今年、検索人気があったのが、田中稔也選手の記事ですね。本当にありがたいものです。きとぅん・はーとは、今月ちょっと修正しました。けして止めたわけではないのですが、小説のほうは、ほぼ更新が止まってしまいました。来年再開できるかどうか分かりませんが、落ち着いたら、再開しようと思っています。一年間、本当にありがとうございました!来年も一層がんばっていきたいと思います!!2021年最後のKittenHeartBLOG

  • 好きな選手が減ったな……

    12月30日までに出た情報で、選手の動向について発表がありました。金城ジャスティン俊樹選手。約3年半在籍した選手で、どのポジションでも活躍してくれました。青木翔大選手。ポストプレーが特徴的で、ボールを持ったときのワクワク感がありましたね。大前元紀選手。今年はキャプテンも務め、精度の高いキックで魅力的な選手でした。3人とも好きな選手でしたが、チームを離れる結果になってしまいました。その分選手も入ってきて、今後どうなっていくか、楽しみでもありますね。好きな選手が減ったな……

  • ザスパクサツ群馬、2022年開幕戦カード発表!

    2022年のJリーグ開幕戦の組み合わせが発表されました。ザスパクサツ群馬、初戦の相手は、ホームでモンテディオ山形と対戦。開幕戦で山形と当たるのは、ザスパがJリーグ加入初年度にあたる2005年以来ですね。選手動向も完全に分かりませんが、ホーム戦だけに勝ってスタートを切ってもらいたいですね。ザスパクサツ群馬、2022年開幕戦カード発表!

  • 大槻毅氏 ザスパクサツ群馬トップチーム監督就任へ

    まずは、久藤清一監督。2年間、監督としては半年になりますが、J2残留していただきありがとうございました!一緒に、小島伸幸GKコーチの退任も発表されました。選手として在籍し、今度はコーチとして地元クラブに戻ってきました。戻ってきた当時、嬉しかったです!また機会がありましたら、よろしくお願いします。そして後任監督として、浦和レッズの監督も務めた、大槻毅氏の就任が発表されました。クラブリリースの写真、組長感がすごいです……。でも、今までいろんな方が監督としてきましたが、実績面でも一番すごい人が来ましたね。来シーズンは期待を持ちたいです!監督が決まったので、あとは選手動向ですね。大槻毅氏ザスパクサツ群馬トップチーム監督就任へ

  • キーパー2選手の契約満了

    12月12日までに出た情報で、キーパー2選手の契約満了発表がありました。松原修平選手は、ピッチの中で活躍もされましたし、クラブの動画企画も面白かったです。外山佳大選手は地元群馬出身で、チームで活躍するところを観たかったですが、今回のことは残念でした。それぞれ、頑張ってもらいたいです。キーパー2選手の契約満了

  • 2021年 第42節 vs 大宮アルディージャ

    前節は、ホーム最終戦で首位チーム相手に引き分けた、ザスパクサツ群馬。今節は、リーグ最終戦。会場は、アウェーでNACK5スタジアム大宮。お互いJ2残留をかけて、大宮アルディージャと対戦。前半7分。田中選手が相手のパスカットをすると、カウンター攻撃になり、ペナルティーエリア前で、左サイドへ。加藤選手に渡ると、股抜きシュートを放ち先制に成功します!しかし、その後2失点してしまい、前半を折りかえします。後半、取り返そうとしますが、阻まれてしまいます。更に1失点してしまい、1-3。2021年シーズン最終戦は、敗戦となってしまいました。先制できたものの、得点が奪えずに失点を重ねてしまい、後味の悪いシーズン最終戦となってしまいました。他会場の結果18位と、ギリギリJ2残留を決めました。今年は4チーム降格という厳しいシーズンで...2021年第42節vs大宮アルディージャ

  • Miracle Worker

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。仕事でいろいろ依頼されて、原稿など各種作っています。それらを自分でチェックしていましたが、本当に大丈夫か不安になってくる。そんな時にいろいろチェックしてくれるものを見つけました。痒い所に手が届くような感覚。おかげで、資料作りにも使えて便利でした。私にとっては、奇跡のようなことでしたね。世の中、便利なものが溢れているな……って。MiracleWorker

  • 2021年 第41節 vs ジュビロ磐田

    前節は、上位チーム相手に引き分けた、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム最終戦。正田醤油スタジアム群馬にて、首位のジュビロ磐田と対戦。前半立ち上がりからチャンスを作るも、決められず。その後、相手ペースになりますが、引き下がらず相手ゴールを狙っていきました。後半は、耐える時間が多くなりましたが、ゴールを割られることもなく、0-0のスコアレスドローとなりました。ここ最近は上位チーム相手に譲らず、勝ち点を拾えてきました。引き分けでも、J2残留が決まるかもしれませんでしたが、他会場の結果、最終節に持ち込まれてしまいました。自力優勝は阻止しましたが、こちらも他会場の結果、優勝を決められてしまい、悔しい場面でもありました。次節は、リーグ最終戦。引き分け以上でJ2残留が決まりますが、相手も残留争い中。故に激戦が予想されますが、最...2021年第41節vsジュビロ磐田

  • 2021年 第40節 vs アルビレックス新潟

    前節は、アウェーで貴重な勝ち点を得た、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、隣県のアルビレックス新潟と対戦。前半、上位チームだけに押されることが多く、何度もピンチを招きますが、GK清水選手を中心に守ります。後半にチャンスもありましたが、ゴールとはならず。相手の猛攻を抑えきり、0-0のスコアレスドローとなりました。終始に渡り押された試合で、無失点で終われたのは大きいです。下位のチームが勝ち点を伸ばせない中、勝ち点を拾いJ2残留へ近づけました。実質、スタメンのまま90分間戦いました。選手を代えて、得点を取りにいく手段もありましたが、試合を観ていて、変えづらい展開だと思いました。賛否ありますが、変えずにバランスを取ったのが、結果として功を奏しました。早いもので、次節がホーム最終戦になります。相...2021年第40節vsアルビレックス新潟

  • ザスパ 森代表取締役社長辞任……

    11月18日の朝になって、急に出てきたニュース。しかも、シーズン途中での辞任。今週末の試合結果によってはJ2残留が決まるので、成績不振による責任で辞めるようでは無さそう。病気説や陰謀説など、いろいろ噂されていますが、公式発表がないので理由は不明です。森社長の提案はすごく面白かったし、これからも楽しみにしていましたが、今回このような結果になり残念です。また、ご縁がありましたらよろしくお願いします。一旦、スポンサー企業のカインズさんが後任に入るので、とりあえず心配は無さそう。ただ、来季の編成に影響が出ないといいのですが……。ザスパ森代表取締役社長辞任……

  • 2021年 第39節 vs FC町田ゼルビア

    前節は、順位の近い相手に引き分けとなってしまった、ザスパクサツ群馬。今節はアウェー、町田GIONスタジアムで、FC町田ゼルビアと対戦。前半、相手ペースで試合が進み、なかなか前線まで運べていませんでした。前半のうちに失点し、わずかなチャンスもものにできず、折りかえします。後半、積極的に攻めるようになりました。そして、後半17分。コーナーキックを得ると、キッカーは大前選手。競り合いに勝った畑尾選手のヘディングシュートが決まり、同点!その後、両者とも追加点を奪えず、1-1の引き分けで終わりました。本来だったら、残留のために勝ち点3が欲しかったところ。ですが、アウェーで追いついて勝ち点を拾ってきたので、及第点ではないでしょうか。下位のチームも勝ったところがあまりなく、1点でも積み上げられたのは、大きいです!次節はホーム...2021年第39節vsFC町田ゼルビア

  • 2021年 第38節 vs SC相模原

    前節は、アウェーで大敗した、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、順位の近い、SC相模原と対戦。前半は、両者譲らずの試合展開でした。しかし、43分に大武選手が負傷交代というアクシデントが起きます。ハーフタイムにも交代し、吉永選手を投入。その後半2分。加藤選手がドリブルで駆け上がると、中央の大前選手へ。左サイドに展開すると吉永選手が受けて、クロスを送ります。青木選手がヘッドで合わせて、先制します!その後、守備を回せていたかと思えたが、一瞬の隙を突かれて失点。取り返しに行きますが、ゴールを割れず1-1。痛い引き分けとなってしまいました。正直、勝たなければならない試合でした。前半、相手の時間になったときに守れていましたが、最後のところで甘くなってしまいました。他試合の結果、順位は上がりましたが...2021年第38節vsSC相模原

  • 2021年 第37節 vs V・ファーレン長崎

    前節は、シックスポイントゲームを制した、ザスパクサツ群馬。今節は中3日、アウェーでトランスコスモススタジアム長崎。対戦相手は、V・ファーレン長崎。前半序盤は、ボールを持つ時間がありましたが、主導権は相手になっていきました。そして、先制されてしまい、前半を折りかえします。後半5分。コーナーキックを得ると、内田選手が逸らしたボールはGKに弾かれてしまいます。そこへ相手DFのヘディングシュートが決まり、同点に戻します!しかし、直後に2失点。終了間際にも失点し、1-4。大差をつけられての敗戦となってしまいました。結果としては、厳しいものになりました……。下位4チームが勝たなかったのが、せめてもの救いでしたね。収穫があったのは、細貝萌選手の出場。次節以降、スタメンで出てくるのが楽しみですね。次節は、中3日でホームに戻りま...2021年第37節vsV・ファーレン長崎

  • DISPLAY

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。最近、街で見かけるもので、見ていて嫌になってくるもの。ガソリン代が高い……。都心ならいいけど、車がないと厳しい地方は痛手です。原油価格高騰の影響もあってか、他の商品も値上げの嵐。かといって、所得が増えているわけでもないし。そして、これがいつまで続くのか先が見えてこない。まだまだ厳しい状況が続きますね……。DISPLAY

  • 2021年 第36節 vs 松本山雅FC

    前節は、アウェーで終了間際に失点した、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、残留争い同士の松本山雅FCと対戦。前半開始、相手ペースで始まりますが、徐々にペースを取り返します。前半33分。青木選手がペナルティーエリア内で倒されて、PKを獲得します。キッカーは大前選手。キーパーの逆をつき、先制に成功します!後半、選手を代えてきた相手に主導権を奪われてしまい、何度もシュートを打たれてしまいます。こちらも選手を代えて、対応してします。それでもピンチを招いてしまいますが、最後まで守り抜き、1-0。ホームで6試合ぶりに勝利を収めました!残留争いをしている同士で、熾烈な戦いになりました。PKのみの得点でしたが、この試合に勝てたことは大きいです!最近の試合では、終盤で失点することが多かったですが、ゴール...2021年第36節vs松本山雅FC

  • 2021年 第35節 vs モンテディオ山形

    前節は、強豪相手に引き分けた、ザスパクサツ群馬。今節はアウェー、NDソフトスタジアム山形で、モンテディオ山形と対戦。前半立ち上がりに、藤井選手がアクシデントで離脱。早々と交代枠を使ってしまいます。その後、ゴール寸前のシュートを防ぐなど、ピンチを招きます。しかし、決定的なシュートを外すなど、チャンスをものにはできませんでした。そして相手に主導権を握られてしまいます。後半も状況は変わらず、耐えていましたが、終了間際に失点し、0-1。アウェーで、惜しくも敗れてしまいました。試合終了間際に得点を奪われ、勝ち点を持ち帰ることができませんでした。守備面ではしっかりできていましたが、攻撃面ではチャンスを生かすことができず、最後まで耐えられませんでした。残留争いに勝ち点差が少なく、厳しい状況。アウェーでも、勝ち点3を狙っていく...2021年第35節vsモンテディオ山形

  • 2021年 第34節 vs 京都サンガF.C.

    前節は、ダービー戦で逆転負けを喫した、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、上位チームの京都サンガF.C.と対戦。前半、好調な相手だけに押し込まれる時間が多くなり、守備の時間が多くなってしまいました。しかし、前半44分。相手DFの中途半端なバックパスをGKがクリアしたが、そこへ詰めていた大前選手に当たってしまいます。こぼれたところを即座に反応した大前選手が、無人のゴールへシュートを打って先制!後半立ち上がりに失点してしまい、前半と変わらず主導権を握られてしまいます。それでも守り抜き、1-1。勝ち点を分け合う結果となりました。大敗してもおかしくなかった内容でしたが、しっかり押さえ込み、価値ある引き分けだったと思います!残留争いに勝つためにも、ホームで勝って終われたら良かった。けど、上位相手...2021年第34節vs京都サンガF.C.

  • 2021年 第33節 vs 水戸ホーリーホック

    前節はアウェーで、終了間際に引き分けへ持ち込んだ、ザスパクサツ群馬。今節もアウェー、ケーズデンキスタジアム水戸で、水戸ホーリーホックと対戦。前半3分。右サイドの藤井選手から前線に送ると、反応した青木選手。トラップからキーパーもかわして、ゴールを決めます!しかし、その直後に返されてしまいます。その後、攻め込まれることが多くなりましたが、耐え抜き前半を折りかえします。後半も状況は変わりませんでしたが、力尽き逆転を許してしまいます。終盤、パワープレーに転じますが、追いつくことができず、1-2。北関東ダービー最終戦は、敗戦となってしまいました。前節同様、先制したものの、逆転されてしまう展開。今回はシュートまで行けるシーンも少なく、追いつけずに終わりました。下位争いの中で、勝ったチームがなかったのが、今節の救いでした。た...2021年第33節vs水戸ホーリーホック

  • 2021年 第32節 vs ギラヴァンツ北九州

    前節は、終了間際に決められてしまい敗戦となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節はアウェー、ミクニワールドスタジアム北九州で、残留争いを共にしているギラヴァンツ北九州と対戦。前半、主導権を握りペースを掴みます。前半35分。サイドチェンジから、小島選手が拾い、久保田選手へ。左サイドからのシュートが入り、先制点を奪います!後半、徐々に相手ペースになってしまいます。ペースを握られ、遂にはリードも許してしまいます。このまま終わってしまうのではないかと思われた、後半アディショナルタイム。左サイドの白石選手のクロスを、ファーサイドにいた畑尾選手がヘッドで決めて、同点にします!最後、コーナーキックのチャンスを得ますが、決められず。残留争い同士の対戦は、2-2の引き分けになりました。最後、同点にしたことは大きかったです。しかし、...2021年第32節vsギラヴァンツ北九州

  • コンピューター ドライビング

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。仕事をしていて、どうしたらいいか分からなくなってしまった。けど、よくよく調べたら、いい方法があって無事に解決。ITとか、webとか、パソコン関連の技術進歩は早いから、知らないうちに新しい方法が出回っていたりします。逆に今までのやり方が古くなってしまっていて、使えなくなってしまっています。やっぱり、日々勉強なんですね……。コンピュータードライビング

  • 2021年 第31節 vs ジェフユナイテッド千葉

    前節は、アウェーで勝利したザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、ジェフユナイテッド千葉と対戦。この試合も「2021スペシャルオーセンティックユニフォーム」着用試合。前半、相手ペースの試合となり、数少ないチャンスを狙って行きますが、シュートまで至ることが少なかった。後半も、状況は変わらず。選手交代でも大きな効果を得られませんでした。それでも相手の攻撃を抑えてきましたが、終了間際に決められてしまい、0-1。ホームで連勝とはなりませんでした。特別ユニフォーム着用試合、2連敗となってしまいました。守備はしっかり守れていましたが、攻撃面では前線に運べずに苦戦。前節と違い、早めに先制点を取れなかったのが、響いてしまいました。ホームだからこそ、最後まで積極的に攻めて欲しかったですね。次節は10月に入り...2021年第31節vsジェフユナイテッド千葉

  • 元・日本代表 細貝萌選手、ザスパクサツ群馬へ加入!

    すごいビックニュースが、入ってきましたね。フライングで、先に上毛新聞で掲載されてビックリしましたが、昼にはクラブから正式にリリース。ザスパがJリーグ加入した頃から、気に掛けているのはよく知っていましたが、ついにザスパのユニフォームを着てくれる日が来ました!過去にも元・日本代表選手が何人か加入してきましたが、地元出身選手だけに期待が高まります。特に、細貝選手のコメントも地元愛があっていいですね。細貝選手、おかえりなさい。まずは、ザスパのJ2残留のためにお願いいたします!元・日本代表細貝萌選手、ザスパクサツ群馬へ加入!

  • 2021年 第30節 vs FC琉球

    前節は、ホームで大敗して連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節はアウェー、タピック県総ひやごんスタジアムで、FC琉球と対戦。チャンスを作っていった、前半23分。中山選手がボールを回収し、前線の髙木選手へ。そのまま走り込み、ペナルティーエリア前で青木選手にパスを出します。かつて琉球に所属していた青木選手が冷静に決めて、先制点を奪います!後半になると、相手の攻撃を受ける時間が長くなり、守る時間が増えていきます。システム変更と選手交代を使いこなし、最後までゴールを奪われることなく、1-0。アウェーで連敗を止めました!猛攻を受け、耐える時間が多くなりましたが、しっかり守って、無失点での勝利を収めました!戦況としては厳しかったですが、それでも勝てたのは大きいです。そして裏で行われた、栃木SCvs水戸ホーリーホックの...2021年第30節vsFC琉球

  • 2021年 第29節 vs ヴァンフォーレ甲府

    前節は、アウェーで試合終了間際にやられてしまい敗戦となった、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、ヴァンフォーレ甲府と対戦。この試合は「2021スペシャルオーセンティックユニフォーム」着用試合で、フィールドプレーヤーは赤色と、いつもとは違うユニフォームで戦います!前半立ち上がりに、コーナーキックから失点してしまいます。それでも決定的なチャンスを作り出しますが、相手選手に弾かれてしまいます。後半立ち上がりにも失点してしまいますが、取り返そうとチャンスを演出しますが、決めることはできませんでした。さらに追加点を奪われ、大きく離されてしまいます。1点でも取ろうとしますが、惜しくもポストに嫌われてしまい、結局0-3と敗戦となってしまいました。シュートを打ち、決定機も作り出せていましたが、精度を欠...2021年第29節vsヴァンフォーレ甲府

  • 2021年 第28節 vs ブラウブリッツ秋田

    前節は、スコアレスドローだった、ザスパクサツ群馬。今節はアウェーで、ソユースタジアム。対戦相手は、ブラウブリッツ秋田。前半開始から、波状攻撃を仕掛け、再三ゴールへ襲いかかりますが、枠には入らず。後半も、攻めていきますが、得点を決められず。試合終了間際のコーナーキックで決められてしまい、0-1。終盤でやられてしまい、敗戦となってしまいました……。守れていましたが、最後の最後でやられてしまい、悔しい結果となってしまいました……。攻撃できていた時間も多かっただけに、早めに先制点を取れなかったのが、敗因の一つです。気持ちを切り替えて、次に挑むしかないです。次節は、ホームに戻ります。手強い相手が続きますが、問題点を修正して、結果を出してもらいたいです!2021年第28節vsブラウブリッツ秋田

  • 2021年 第27節 vs ツエーゲン金沢

    先日のリーグ戦では、アウェーで宿敵相手に勝利を収めた、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、ツエーゲン金沢と対戦。「緊急事態宣言」発令に伴い、無観客試合となりました。前半開始にチャンスを迎えるも、ゴールとはならず。互いにゴールを奪えないまま、前半を折りかえします。後半、相手の時間が多くなり、耐えることになってしまいました。それでも終盤にチャンスを作るも、ゴールは奪えませんでした。結果、0-0のスコアレスドローとなりました。天皇杯を含めた4連戦の疲れもありましたが、最後まで凌ぎきりました。これで8月のリーグ戦、無敗で終わりにできました。無失点の試合も継続中で、あとは得点を奪えるかどうかですね。次節は、週末のアウェー試合になります。まずはしっかり休んで、勝って帰ってもらいたいです!2021年第27節vsツエーゲン金沢

  • NIGHT FLIGHT

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。8月に入ってから暑くなりました。クーラー無しでは眠れないほどの熱帯夜で、寝苦しくなりました。かと思えば、梅雨の長雨のような雨の日が多くなってきました。最近は、また暑い日が続くようになり、夏らしくなりましたね。ここ数年感じるようになってきましたが、猛暑の日ほど、蚊に刺されないような気がします。異常気象とも思えるような気温になりつつありますね……。NIGHTFLIGHT

  • 2021年 第25節 vs 栃木SC

    先日のリーグ戦では、ホームで快勝を収めた、ザスパクサツ群馬。先日延期になってしまった試合の代替で行われました。アウェー、栃木県グリーンスタジアムにて、栃木SCと北関東ダービー。栃木の夏限定ユニフォーム。紺色ベースに黄色だから、どうしてもザスパのホームユニフォームに見える……。前半から決定機を作り、決定的になった13分。波状攻撃からシュートを放つも弾かれてしまいますが、こぼれ球を青木選手が拾い、左サイドの高橋選手へ。クロスを入れると相手選手に当たりますが、北川選手のもとに転がります。これを押し込み、先制点を奪います!その後、徐々に相手の時間が増えてきてしまいます。後半も、危ないシーンが続きますが、リードを守り1-0。今季初の連勝となりました!苦しい時間帯が多かったですが、しっかり守り抜き、2試合連続無失点勝利とな...2021年第25節vs栃木SC

  • 2021年 第26節 vs レノファ山口FC

    天皇杯は惜しくも敗れて敗退となった、ザスパクサツ群馬。中三日で、リーグ戦となりました。ホーム正田醤油スタジアム群馬にて、レノファ山口FCと対戦。前半からチャンスを作ると、15分。大武選手からのロングパスを受けた、髙木選手。ペナルティーエリア内の北川選手にパスを出し、久保田選手がコースを変えて、進選手が押し込み先制!更に41分。大武選手から、左サイドの小島選手に展開。そこからクロスを入れると、北川選手が合わせて、追加点!そして、45分。左サイドから髙木選手が、ドリブルでペナルティーエリア付近まで進入。縦パスを送ると、走り込んできた中山選手がシュートして、相手を突き放します!後半、相手に攻め込まれる時間もありました。相手の決定力不足にも助けられた部分もありましたが、前半のリードを守り抜き3-0。ホームで快勝となりま...2021年第26節vsレノファ山口FC

  • 第101回天皇杯 4回戦(vs 大分トリニータ)

    順天堂大学に勝利して、3回戦を突破。次の対戦相手は、J1の大分トリニータ。会場は、再び正田醤油スタジアム群馬。前半13分に先制するも、その直後にPKとなってしまい、追いつかれてしまいます。その後、一進一退の攻防となり、90分間では決着がつかず。延長戦へと突入しますが、決勝点を決められてしまい1-2。準々決勝進出とはなりませんでした。流行病の影響もあり、主力を欠いたメンバー構成でしたが、善戦したと思います。これをリーグ戦に生かして、J2残留をしてもらいたいです!第101回天皇杯4回戦(vs大分トリニータ)

  • 2021年 第25節 vs 栃木SC 延期へ

    8月11日に、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症陽性判定を受けると、翌日の再検査で更に選手2名が陽性判定。特定に時間を要することから、3日間チーム活動を停止。それに伴い、当該試合も中止になりました。全国的に感染が増えてきている状況で、この結果は致し方ないことだと思います。治して、ピッチに戻ってきてもらいたいです。しかし、この全国的な感染状況を作ってしまった、政府には責任があると思います!2021年第25節vs栃木SC延期へ

  • 2021年 第24節 vs 愛媛FC

    東京2020オリンピックによる中断期間を終えて、再開後のリーグ戦。ザスパクサツ群馬は、ホーム正田醤油スタジアム群馬にて、勝ち点の近い、愛媛FCと対戦。先日クラブは、一木立一選手と山中惇希選手の期限付き移籍を発表。期待していた若手選手だっただけに、移籍してしまうのは残念でしたが、一回り成長して戻ってきてもらいたいです!逆に、DFの大武峻選手を期限付き移籍で獲得。DFにケガ人が多いだけに、活躍が期待されます。前半は決定機を作るも、キーパーに弾かれてしまうなど、惜しいシーンを演出。相手も譲らず、拮抗した戦いになりました。後半も譲らない争いになりましたが、先制点を奪われてしまいます。選手交代を図り、前線を活性化させます。後半30分。コーナーキックを得て、キッカーは大前選手。前線の交錯からボールはポストに当たりますが、渡...2021年第24節vs愛媛FC

  • ふりかえるといるよ

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。賛否両論ありました、東京2020オリンピックが開催されました。その一方、新型コロナウイルスの感染者数も、気づけば増えてきてしまいました。ワクチンの有効性など、いろんな情報が出回って、まだ先が見えなく、難しいところです。そうなってくると、基本的な手洗いなどが重要になってくるのかな……。まだまだ、コロナとの隣り合わせの生活が続きそうですね。ふりかえるといるよ

  • 2021年もDVD買っちゃいました!

    「ザスパクサツ群馬YEARDVD2021-1st-」ホーム戦で流れている選手紹介映像をじっくり見たくって……。選手紹介映像だけでなく、リアルタイム配信だけだった新加入選手の加入会見なども収録。ただ、監督の特別インタビュー。予約受付開始したのが5月だったため、到着した時には監督交代した後。シーズンが終わっていないのに、遺作感が……。昨年のDVDから始まった「1st」の表記。結局、昨年は出ませんでしたが、今年は「2nd」が出るのでしょうか……。2021年もDVD買っちゃいました!

  • 2021年 第23節 vs ファジアーノ岡山

    前節は、惜しくも引き分けになってしまった、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーのシティライトスタジアムで、ファジアーノ岡山と対戦。前半は、チャンスを作り出しますが、なかなかゴールとはならず、相手にも得点を与えず、スコアレスで折り返します。しかし、後半。相手のペースで進められる時間が多くなり、防戦一方となりました。それでも耐えきり、試合終了も見えてきた、後半42分。右サイドの田中選手のドリブルから、ゴール前へのパスは弾かれてしまいます。そこへ大前選手が拾い、シュートを打ちますが、キーパーに弾かれます。こぼれ球は岩上選手の元に転がり、これを押し込んで先制点を奪います!これを守り抜き、1-0。6試合ぶりの勝利。そして、無失点での勝ち点3を得ました!苦しい試合展開でしたが、久藤監督体制での初勝利となりました!耐える時間が...2021年第23節vsファジアーノ岡山

  • 2021年 第22節 vs 東京ヴェルディ

    前節、3連敗から監督交代に踏み切った、ザスパクサツ群馬。久藤新監督が指揮した天皇杯3回戦から、中三日。リーグ後半戦最初の相手は、東京ヴェルディ。ホーム正田醤油スタジアム群馬で、リーグ初陣となりました。前半から積極的に攻め、好調の相手と互角を演じます。しかし、先制点を許してしまい、前半を折り返します。エンドが替わった、後半9分。自陣から青木選手のドリブルから岩上選手を経由して、田中選手へ。ペナルティーエリア左まで侵入すると、ゴール前へパスを出します。そこへ、岩上選手が決めて、イーブンに戻します!更に15分。クリアボールを奪い、右サイドの金城選手からのクロスを髙木選手が決めて、遂に逆転します!その後も追加点を奪いに行きますが、元ザスパの選手に決められてしまい、2-2。惜しくも引き分けとなってしまいました……。リーグ...2021年第22節vs東京ヴェルディ

  • 第101回天皇杯 3回戦(vs 順天堂大学)

    水戸ホーリーホックに勝利して、2回戦を突破。次の対戦相手は、J1のFC東京を破った順天堂大学。会場は、正田醤油スタジアム群馬。ザスパは監督交代を図り、久藤新監督の初陣となった試合。そして、ケガから小島雅也選手が戻ってきました!大学生とはいえ、動きが良く、苦戦を強いられてします。前半に先制点を奪われてしまいます。後半も追加点を取られてしまいますが、その直後。コーナーキックから、内田選手が取ります!それでも相手に圧倒され、後半アディショナルタイムへ突入。そこへ、大前選手がゴールを土壇場で決めて、試合は延長戦となります。そして、延長戦後半。相手のパスミスを見逃さず、岩上選手のクロスを髙木選手が決めて、遂にリードを奪い取ります!このまま逃げ切り、延長戦までもつれ込みましたが、3-2。4回戦進出となりました!苦しい試合展...第101回天皇杯3回戦(vs順天堂大学)

  • 奥野僚右ザスパクサツ群馬監督解任……

    J2リーグ戦も半分終えて、4勝12敗5分。クラブがシーズン途中に監督解任に踏み切ったのは、初めてだと思います。それだけに、衝撃的なニュースとなりました。今年は、4チームが降格するイレギュラーなシーズン。当初の目標よりも下回っており、致し方ない決断だと思います。J2昇格させた前監督に裏切られ、その中で就任してくれました。インタビューを聞いていると、選手のことをよく考えていた監督さんでした。第20節大敗してしまいましたが、試合後のコメントはそれがよく分かり、良かったと思います!1年半、それとクラブ草創期の2年間、本当にありがとうございました。後任は、久藤清一ヘッドコーチが就くことになりました。もう半分終わってしまったので、下手に外部から連れてくるよりいいかと思います。監督交代という切り札を切ってしまった以上、J2残...奥野僚右ザスパクサツ群馬監督解任……

  • 2021年 第21節 vs ジェフユナイテッド千葉

    前節は、大敗してしまったザスパクサツ群馬。リーグ前半戦最後の今節は、アウェーでフクダ電子アリーナ。相手は、ジェフユナイテッド千葉。前半は積極性に攻めて、ゴールへと襲いかかります。しかし、徐々に相手ペーストなり、ミスから失点してしまいます。後半も、パスミスから追加点を与えてしまいます。終盤攻めるも、ゴールネットを揺らせず、0-2。3連敗となってしまいました。前半序盤はチャンスも作り、良かったのですが、その後は、自滅で敗戦となってしまいました。リーグ戦を半分折りかえして、20位。一度は波に乗りかけたシーズンでしたが、ケガ人も多く出てしまい、好調を持続できません。リーグ後半戦は、ホーム。勝って流れを引き戻してもらいたいです!2021年第21節vsジェフユナイテッド千葉

  • 1mm

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。先日、ありがたくも小説の下読みの仕事をいただきました。当然、読んで終わりではなく、その後も作業があり、いろいろ大変でした。7作品読ませてもらいましたが、中にはすごい力作もありました。出版されてもおかしくはないレベルでしたけど、それでもプロの作家さんになれるかどうかって、紙一重なんだろうね。私も頑張らないとな……。1mm

  • 大西忠生 元・社長が他界されてから15年

    ザスパの公式戦で必ず見かける、この段幕。everonwardと共に描かれている、この男性は誰なのか。ガンを患いながらも、最期までクラブのために力を尽くしてくれた。ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)がJリーグ昇格するまでに、欠かすことができない人物。大西忠生元・社長兼ゼネラルマネジャー。2006年に他界されてから、ちょうど15年が経過しました。それ以降、資金難や下位争い。遂にはJ3降格を経験。昨年J2復帰を果たしますが、順位も上がらず下位争い。当時、大きな希望を抱いていたJ1は、未だに遠いものとなっています。しかし、この15年間。クラブは少しずつ変わろうとしています。私は、現在の森社長に期待しています。森社長の経営指針を聞いたとき、すごいと感じました。ベンチャー企業ながら、世界的有名企業相手に躍進を遂げている、日...大西忠生元・社長が他界されてから15年

  • 2021年 第20節 vs ヴァンフォーレ甲府

    前節は、ホームで敗れたザスパクサツ群馬。今節は、アウェーのJITリサイクルインクスタジアムで、ヴァンフォーレ甲府と対戦。先日、練習中に川上優樹選手がケガをしたことを発表。復帰したばかりなのに、再び長期離脱になりそうです。焦らず、しっかり治して下さい。チームにケガ人が多い中、ケガから岩上祐三選手が戻ってきました!前半開始から相手にやられてしまい、序盤から3失点してしまいます。交代策に出ますが、それでも1失点してしまい、前半から厳しい展開となります。後半は、交代策の効果が出て、相手陣地に入る機会が増えていきます。更に1失点してしまいますが、後半26分。コーナーキックを得ると、キッカーは大前選手。髙木選手が軌道を逸らしますが、キーパーに弾かれてしまいます。そこに詰めていた白石選手が押し込み、1点を返します!またもや1...2021年第20節vsヴァンフォーレ甲府

  • 2021年 第19節 vs FC町田ゼルビア

    前節は、劣勢のアウェーで引き分けに持ち込んだ、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、FC町田ゼルビアと対戦。季節も暑くなり、土日開催の試合では、初のナイトゲームになりました。前半から攻勢に出て、チャンスを作ります。しかし、コーナーキックから失点してしまいます。後半も決定機を作り、終盤もゴール前まで運びますが、決めきれず。結局、0-1で敗戦となってしまいました。内容は良かったですが、得点できずに結果が出ませんでした。コーナーキックにやられてしまいましたが、最少失点に抑えました。あとは、ゴールを奪えるかどうかですね……。負傷で交代した加藤潤也選手が心配です。青木翔大選手は戻ってきましたが、ケガ人が増えてきて、不安要素になってきました。次節は、アウェー。チーム状況を更に良くしていくために、勝っ...2021年第19節vsFC町田ゼルビア

  • 2021年 第18節 vs 京都サンガF.C.

    先週は、水戸連戦を勝ち抜いた、ザスパクサツ群馬。今節のリーグ戦はアウェーで、サンガスタジアムbyKYOCERA。相手は、京都サンガF.C.。前半立ち上がりに失点してしまい、その後も相手ペースで試合展開する、苦しい状況でした。そこへ、前半終了間際。北川選手がペナルティーエリア内で倒されて、PKを獲得。大前選手が落ち着いて決めて、前半のうちに追いつきます!そして、大前選手。リーグ戦でも初ゴールを決めました!!だが、後半も状況は変わらず、主導権を握られて、19分に再びリードされてしまいます。しかし、後半32分。コーナーキックを得ると、キッカーは大前選手。渡辺選手がヘッドで合わせて、再び同点にします!その後も両者追加点を狙いますが、時間切れ。2-2の同点で、勝ち点1を分け合う結果となりました。終始押されて、負け試合同然...2021年第18節vs京都サンガF.C.

  • 第101回天皇杯 2回戦(vs 水戸ホーリーホック)

    2年ぶりに、天皇杯の季節がやってきました!昨年は、新型コロナウイルスの影響で、参加できませんでした。今年は、昨年のリーグ戦での成績の結果、ザスパクサツ群馬はギリギリJ2上位シードで参加。相手は、5日前に戦った、水戸ホーリーホック。メンバーを大きく変えて挑みまして、前半に、進選手と高橋選手にそれぞれゴール。後半に途中交代で入ってきた、大前選手にもゴールが生まれて、3-0と勝利!水戸連戦を2勝で乗り切りました!!いつもとメンバーが違いましたが、この天皇杯メンバーもリーグ戦で活躍してもらいたいですね。リーグ戦も大事ですが、勢いをつけるためには良かったと思います。2014年の天皇杯で栃木SCに勝ったあとみたいに、調子が上がってくるといいですね。第101回天皇杯2回戦(vs水戸ホーリーホック)

  • 2021年 第17節 vs 水戸ホーリーホック

    前節は、栃木SCにスコアレスドローで終わった、ザスパクサツ群馬。今節も、ホーム正田醤油スタジアム群馬で、北関東ダービー。相手は、もちろん水戸ホーリーホック。今週は、Jリーグ唯一の金曜日開催の試合となりました。近県同士のダービーマッチ。両者譲らない攻撃シーンを作り出しますが、ゴールとはならず。そこへ、前半アディショナルタイム。右サイドから内田選手のクロスを、北川選手がボレーシュートを放ちます。ポストに当たりますが、そのままネットを揺らし、先制点を取ります!北川選手、移籍後初ゴールとなりました。後半、水戸の攻撃に苦しめられますが、しっかりと対応します。そして、34分。GK松原選手のゴールキックを、大前選手がコントロールして、スルーパス。再び、北川選手がシュートを決めて、追加点を決めます!その後、1点を返されますが、...2021年第17節vs水戸ホーリーホック

  • 2021年 第16節 vs 栃木SC

    前節は、土壇場で引き分けにした、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬にて、北関東ダービーとなります。ダービー最初の相手は、栃木SCとなります。そして、松原修平選手と白石智之選手、それぞれ一般女性の方と結婚を発表。ご結婚おめでとうございます!前半、ディフェンダーのウラをついて、ゴールを狙うシーンがありましたが、キーパーに当たり、惜しくもゴールとはならず。そこへ、岩上選手が負傷交代をしてしまいます。相手も決定機を逃し、前半を終えます。後半も、チャンスはありましたが、お互い決めきれず。スコアレスドローとなってしまいました。無失点で抑えられたのは良かったですが、ゴールを決められず、無得点に終わってしまいました。ダービーである以上、勝っておきたかったです!課題は多いですが、まずは前線に良い形でボールを運...2021年第16節vs栃木SC

  • wonder2

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。新型コロナウイルスが収まらない状況で、群馬県にも『まん延防止等重点措置』が出てしまいました。他県で出ている『緊急事態宣言』も延長されそうな見込みです。ワクチン接種も開始していますが、私たち一般の人たちが打てるのはいつの日か……。そして、東京2020オリンピックまで、あと2カ月。この状態で、本当にできるのでしょうか……?まだまだ先行きが分からない、世の中です。wonder2

  • 2021年 第15節 vs ツエーゲン金沢

    前節は、終始主導権を握られて敗戦となった、ザスパクサツ群馬。今節もアウェーで、石川県西部緑地公園陸上競技場。対戦相手は、ツエーゲン金沢。まん延防止等重点措置により、ビジター席がない状態での試合開催となりました。相手ミスから決定機を作りますが、シュートに至らず……。その後、コーナーキックから失点してしまい、前半を折り返します。後半は、リードする相手に押し込まれる場面が増えてきます。交代策から前線に運べるようになってきましたが、ゴールまでにはなりませんでした。敗戦が色濃くなった、後半アディショナルタイム。岩上選手のロングスローから、田中選手が頭でそらします。反応した白石選手がヘッドで決めて、同点!直後に試合終了となり、土壇場で1-1の引き分けにしました。森社長が先日、チーム状況に対するコメントを出ていました。今節は...2021年第15節vsツエーゲン金沢

  • 2021年 第14節 vs ジュビロ磐田

    前節は、後半アディショナルタイムで引き分けにした、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーのヤマハスタジアムで、ジュビロ磐田と対戦。前節の累積警告で、平尾選手が出場停止となってしまいました。加えて、城和選手が練習中のケガで、長期離脱を発表。前半開始から相手の主導権で試合が進み、防戦一方になってしまいました。少しずつ前線に運ぶ機会が増えました。ピンチを何度も招きますが、前半をスコアレスで折りかえします。しかし、後半開始で失点しまい、更に厳しい展開となってしまいました。後半も状況を変えることができず、0-1と敗戦となりました。終始に渡って主導権を握られた試合展開の中、最少失点で抑えられました。そこはよく頑張りましたが、前線まで運べずシュート数も少なくなってしまいました。降格圏から抜け出せず、厳しい戦いが続きます。次節もア...2021年第14節vsジュビロ磐田

  • 2021年 第13節 vs 大宮アルディージャ

    前節は、逆転されて連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。ゴールデンウィーク連戦の最終戦。ホーム・正田醤油スタジアム群馬で、大宮アルディージャと対戦。風が強く、前半は風下を選択。惜しいシーンはありましたが、ゴールへ結びつけることができませんでした。相手の方がシュートを打ってきましたが、抑えきりスコアレスで折りかえします。後半は風上に立ちましたが、なかなかシュートまで持ち込めませんでした。コーナーキックからビッグチャンスを作りましたが、弾かれてしまいます。その後に失点してしまい、追いかける展開になります。取り返そうとするが決められず、このまま敗戦になりそうになった、後半アディショナルタイム。コーナーキックを獲得し、キッカーは元・大宮の大前選手。ファーサイドの田中選手がヘッドで合わせて、同点ゴール!その後も逆転を狙...2021年第13節vs大宮アルディージャ

  • 2021年 第12節 vs 東京ヴェルディ

    前節は、ホームで連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーで味の素スタジアム、東京ヴェルディと対戦。緊急事態宣言が適用される期間内に伴い、東京都の要請により無観客試合となりました。前半から積極的に攻めた、前半13分。自陣でボールを奪うと、カウンターから加藤選手が仕掛けます。ペナルティーエリア前で田中選手にスルーパスを出すと、ゴールネットに流し込み、先制します!しかし、パスミスで1点を失い、前半を折りかえします。後半は、交代とシステム変更でペースの上がった相手に流れがいってしまいます。チャンスもありましたが、流れを変えられず、2失点してしまいます。結果、1-3と連敗となってしまいました。前半は積極性に攻めていましたが、全体的にミスなどで噛み合っていなかったです。フレッシュな選手を帯同させましたが、出...2021年第12節vs東京ヴェルディ

  • 2021年 第11節 vs モンテディオ山形

    前節は、後半アディショナルタイムの失点から敗戦となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、モンテディオ山形と対戦。前半開始は、攻撃を仕掛けていきます。しかし、飲水タイム以降は攻められることが多くなり、失点を招いてしまいます。後半立ち上がりにも追加点を奪われ、苦しい展開となってしまいます。川上選手のケガ交代も含み、選手交代枠を使い切った、後半39分。コーナーキックを得ると、キッカー大前選手からのボールを田中選手がヘッドで合わせて、1点を奪い返します!その後も攻撃に出ますが追いつけず、1-2。連敗となってしまいました。終盤は攻勢に出て、1点を返すことができましたが、追いつくことができませんでした。ラストパスまでボールを繋げず、得点機に恵まれていません。メンバー変更や攻撃パターンを...2021年第11節vsモンテディオ山形

  • FAKE IT

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部直しました。花粉のシーズンも終わりかけ、花粉症の症状も落ち着きました。ただ、暖かくなって、日中眠くて仕方がない日がまだあります。昼間に眠そうにしているわけにはいかないので、なんとか眠いのをごまかすしかないですね。そして、ゴールデンウィークになります。今のご時世、どこかに行くのは難しい……。この連休で、のんびり家で過ごすのが一番ですね。FAKEIT

  • 2021年 第10節 vs 松本山雅FC

    前節は、ホームで勝利をした、ザスパクサツ群馬。3連戦最後となる今節は、アウェーでサンプロアルウィン。対戦相手は、松本山雅FC。前半は、拮抗した試合展開になり、シュートを打つも、ゴールには入りませんでした。後半は風下になり、相手のペースになることが多くなってきてしまいました。それでも、得点を与えていませんでしたが、後半アディショナルタイムに入れられてしまい、0-1。連勝とはなりませんでした。終盤まで耐えていましたが、堪えきれませんでした。ほぼ選手固定の連戦で、疲れが出て動きが悪くなってしまいました。シーズンの1/4に当たる10試合が終わって、今年は団子状態で、勝ち点差があまりない状態。1試合の結果が、順位を左右することになっているだけに、勝ち点を拾えなかったのが、厳しいです。なかなか前線に運べず、得点機が少なくな...2021年第10節vs松本山雅FC

  • 2021年 第9節 vs ファジアーノ岡山

    前節は、アウェーで2連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節も連戦となり、ホーム正田醤油スタジアム群馬で、ファジアーノ岡山を迎えます!先日、青木翔大選手がケガで離脱となってしまいました。しっかり治してピッチに戻ってきて下さい。逆に、昨年最終戦のケガで離脱していた、川上優樹選手が戻ってきました!日中から風が強く、夜になって弱くなりました。それでも北からの風が吹いていました。前半は風下になり、主導権を握られ、なかなか前線にボールを運べず、シュート無し……。それでも無失点のまま、前半を折りかえします。そして風上に立った、後半9分。自陣から風を利用してロングボールを入れ、それを田中選手が取ると大前選手へ。大前選手のスルーパスは進選手に渡り、ゴールキーパーと1対1。冷静にゴールを決めて先制します!その後も主導権を握ら...2021年第9節vsファジアーノ岡山

  • 2021年 第8節 vs レノファ山口FC

    前節は、ホームで逆転負けになってしまった、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーの維新みらいふスタジアムで、レノファ山口FCと対戦。前半、チャンスメイクするも決定力に欠き、ゴールに至りませんでした。しかし1点を失うと、ピンチが続きます。そこは追加点を与えず、前半を折りかえします。後半、追いつこうと、終盤にかけて猛攻を仕掛けますが、追いつけず0-1と連敗となりました。全体的に勢いがなく、ゴール前での精度も欠いてしまい、追いつくこともできませんでした。北川選手にとっては、残念な交代劇になってしまいましたが、今後もがんばってもらいたいです。ほぼ固定メンバーでやってきていますが、バリエーションに乏しく、結果が出ていない。思い切って、大幅にメンバーを入れ替えても良いのかと思いました。次節は、水曜日開催と連戦になります。ホーム...2021年第8節vsレノファ山口FC

  • 2021年 第7節 vs V・ファーレン長崎

    前節は、アウェーで勝利を挙げた、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、V・ファーレン長崎と対戦。前半開始直後の2分。コーナーキックを掻き出し、田中選手へ繋ぎ、ペナルティーエリアまで進入。ゴールキーパーを引きつけると、右にいた加藤選手へラストパスを出し、これを無人のゴールへ流し込み、先制します!その後もゴールかと思いきや、ラインを割っていないと判定され、追加点となりませんでした。後半、相手ペースになり徐々にゴールへ迫られ、2失点してしまい、逆転を許してしまいます。終盤、追いつこうとしましたが、叶わず1-2。連勝とはなりませんでした。前半開始で良い形で先制できましたが、取るべき所で取れず、反撃に耐えられませんでした。大きく崩されたというより、個の力で崩される結果となりました。前半が良かっただ...2021年第7節vsV・ファーレン長崎

  • 2021年 第6節 vs 愛媛FC

    前節は、薄情な公益社団法人日本プロサッカーリーグに負けた、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーのニンジニアスタジアムで、愛媛FCと対戦。雨が降りしきる中での試合となり、滑りやすいピッチとなりました。前節から、大きくスタメンを代えてきました。拮抗した展開でスタートしましたが、徐々に攻勢を強め、惜しいシュートシーンを作り出していきます。後半も決定的なシーンがありましたが、決めることができませんでした。そこへ、後半16分。右サイドへ繋いだパスから田中選手のクロスを、畑尾選手がヘッドで合わせて、先制点を奪います!畑尾選手、移籍後初ゴールです!!そして、後半42分。カウンターから加藤選手のパスに、大前選手が反応します。左サイドからクロスをあげると、駆け上がってきた久保田選手が押し込み、追加点!久保田選手は、プロ初ゴールとな...2021年第6節vs愛媛FC

  • J2リーグ第5節のレッドカード問題について

    2021年第5節のザスパクサツ群馬対ギラヴァンツ北九州戦で、物議となった、前半34分のレッドカード問題。柿沼亨主審は、ハンドとしてレッドカードを提示しました。しかし、試合映像をスローで見返しても、胸に当たったようにしか見えず、退場処分はあきらかな誤審。第4の審判員も試合中に「ハンドではない」と言っていたそうです。他の審判員と話し合うだけなのに、主審は話し合いを持たず、試合続行。レッドカードは、取り消されることはありませんでした。試合後、この問題はSNS等で話題となりました。クラブも、抗議しましたが受け入れてもらえず……。主審から、そう見えてしまったことはしょうがないです。一瞬の出来事で、ミスジャッジは起こるもの。けど、その判定が覆らないのはおかしい。YouTubeの『Jリーグ公式チャンネル』で、Jリーグ副理事長...J2リーグ第5節のレッドカード問題について

  • 第101回天皇杯の対戦相手

    今年で101回目になる、全日本サッカー選手権大会。昨年は、新型コロナウイルスの影響で出られませんでしたが、今年は出場できます。昨年のJ1チームと、昨年のJ21位から20位までのチームが、2回戦からの登場です。ザスパクサツ群馬は、昨年20位だったので、2回戦で出られます。組み合わせ表を見ると、J1とJ28位までが1回戦の勝者。それ以外が、J29位と20位、10位と19位……と対戦のようです。なので、昨年J29位だった水戸ホーリーホックと対戦。北関東ダービーでリーグ戦は何度もありますが、天皇杯では初対戦。日程が6月9日になりますが、その前の6月4日もリーグ戦で水戸と既に組まれているので、同じ相手と連戦になります。6月4日のJ2リーグ戦が、正田醤油スタジアム群馬。6月9日の天皇杯が、ケーズデンキスタジアム水戸。会場は...第101回天皇杯の対戦相手

  • Sleeping Beauty

    きとぅん・はーと。ブログで書いていた、「パスク、あの場所で待っている」を一部移植しました。3月に入って、桜も咲く暖かい季節になってきました。その一方で、花粉が飛び回る時期。私も昔から花粉症で、悩ましい時期でもあります。結構ひどいので、致し方なく通院。処方箋の薬を飲んでいますが、副作用ですごく眠い……。暖かくなったことも加えて、日中眠くて仕方がないです。許されるのであれば一日中寝たいが、そうもいかず。なんとか耐えようと工夫はしてみるが、一時的な効果しか出ず、結局眠いまま一日が終わる。これが、あと一ヶ月くらい続きます……。SleepingBeauty

  • 2021年 第5節 vs ギラヴァンツ北九州

    前節は、相手に翻弄されて連敗となってしまった、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬で、ギラヴァンツ北九州と対戦。なかなか、お互い決定的なシーンを作れなかった。そこへ、問題の前半34分。シュートをハンドでブロックしたと判定されてしまい、退場の上にPK……。不運な形で失点してしまいます。一人少ない状態で、逆転を狙いましたが、数的不利を覆せず、0-2。主審の判定に、不満の残る試合となってしまいました。映像をスローで見返しても、胸に当たったようにしか見えず、退場処分は誤審ですね……。相手に負けたというより、主審に負けた試合でした。奥野監督のハグで向かい入れた優しさは良かったのですね。この試合、嬉しかったのは、一木立一選手のJリーグデビュー戦になったこと。こういう試合で無ければ、活躍できたかもしれません...2021年第5節vsギラヴァンツ北九州

  • 江坂任選手 日本代表デビュー戦でアシスト!

    先日のメンバー発表から、日韓戦に出るのか楽しみにしていましたが、ベンチスタート。後半からの出場となりました。シュートを打つが、惜しくもゴールとはならず。しかし、後半38分。江坂選手のコーナーキックから、3点目を演出!そして、韓国に3-0と快勝!Jリーグデビュー戦のころから、すごいと思っていましたけど、本当に日本代表で活躍するなんて、改めてすごい選手でしたね。江坂選手が、ザスパクサツ群馬にいた頃がちょっと懐かしかったです。今度は、スタメンで見たいです!頑張って代表に定着してもらいたいですね。江坂任選手日本代表デビュー戦でアシスト!

  • 2021年 第4節 vs アルビレックス新潟

    前節は、風に苦しめられ敗戦となった、ザスパクサツ群馬。今節は、アウェーのデンカビッグスワンスタジアムで、アルビレックス新潟と対戦。前々節で負傷した、平尾選手がピッチに戻ってきました!前半、相手に翻弄されて、早々に2点を失ってしまいます。その後、少しずつ相手に対応しはじめ、チャンスを作っていきます。後半10分。素早いリスタートから、加藤選手のクロスが、相手選手に当たり、1点を返します!その後、1点を取り返しに行きますが、逆に取られてしまい、1-3と敗戦となりました。後半、良くなってきましたが、なかなか相手の守備を崩せなく、力の差が出てしまいました。調子の良い相手に、連敗となってしまいました。次節は、ホーム。ここでズルズルと下がっていかないためにも、勝って連敗を止めましょう!2021年第4節vsアルビレックス新潟

  • 江坂任選手 日本代表に選出!

    現在は、柏レイソルに所属していますが、2015年にはザスパクサツ群馬に所属していました。小島伸幸GKコーチなど、日本代表経験者がクラブに来たことはありますが、クラブで活躍した選手が、その後日本代表に選出されたのは初めてですね。応援しているから、頑張っておいで!いつの日か、ザスパ現役選手から日本代表が出てくると良いですね。江坂任選手日本代表に選出!

  • 2021年 第3節 vs FC琉球

    前節は、アウェーで大量シュートを打つも引き分けに終わった、ザスパクサツ群馬。今節は、ホーム正田醤油スタジアム群馬に戻り、FC琉球と対戦。この日は、風が強く吹いた試合でした。前半は、風上に立ったザスパ。コーナーキックなど、何度もゴールへ襲いかかりますが、なかなか決めることができませんでした。ポストに当たる惜しいシーンもありましたが、前半をスコアレスで折り返します。後半は、風下になり思うように進めませんでした。逆に風上に立った相手に、2点取られてしまい、0-2とホーム敗戦となりました。前半のチャンスがあったときに決められず、前節同様に決めきれなかったのが敗因となってしまいました。これで、昨年から続いていた無敗も途切れてしまい、今季初の敗戦となりました。後半もチャンスはありましたが、悔しい結果となってしまいました。次...2021年第3節vsFC琉球

ブログリーダー」を活用して、yuna meeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yuna meeさん
ブログタイトル
Kitten Heart BLOG
フォロー
Kitten Heart BLOG

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用