chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
それからの成均館 https://ameblo.jp/take-jun-jam1791/

Yahoo!ブログから移行中。 『成均館スキャンダル』の主役四人を軸にした二次小説を引き続き書いています。 ユニがそれぞれと結ばれたら、という妄想をお話にしていますが、ブログ主はコロ応援隊隊員ですので、多少の贔屓はご容赦を。

碧玉
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/03/31

1件〜100件

  • ある作家のネタ帳 その11

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユンシクにとって、ユニが生き生きと机に向かって筆を走らせているのは、安心と納得できるこ…

  • ある作家のネタ帳 その10

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「掌議・・・ハ・インス様については、正直詳しく書かれてありました。それだけ姉は用心せね…

  • ある作家のネタ帳 その9

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   つい最近語ったジェシンの旅先での話もユニの創作のネタになる。ユニの日誌は、外との接点が…

  • ある作家のネタ帳 その8

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「今回はさあ、カランが最後の最後にかっさらっていったよな!」  「・・・いえ、本当に俺…

  • ある作家のネタ帳 その7

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   そして清から戻った一年後、ヨンハはユニの頼みで家屋を用意するという名目でようやく会え、…

  • ある作家のネタ帳 その6

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニの初出版本を読んだ後、顔を合わせた三人はしばらくだんまりを決め込んでいた。その場に…

  • ある作家のネタ帳 その5

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   姉が内々に相談したいと願っているんです、僕は役に立たなくて、と申し訳なさそうにヨンハに…

  • ある作家のネタ帳 その4

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   あれはまるっきりカランだよなあ、と笑ったのはヨンハだった。  「テムルのお前に対する印…

  • ある作家のネタ帳 その3

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「このお話ではね、国で最も高貴な王の求婚も断るの、娘は。そしてね、自分は本当は地に住む…

  • ある作家のネタ帳 その2

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   だってユンシクは知っている。ネタがないなんてことはない。姉ユニの手元には、何冊かに分け…

  • ある作家のネタ帳

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   雲従街の外れに、品のいい小づくりな家がある。近隣の平民たちの記憶では、数年前は傾きかけ…

  • 台風一過、されたでしょうか

      台風の直撃を受けた地域の皆様にはお見舞い申し上げます。最近は停滞するタイプの降水帯が頻繁に出て怖いですね。我が家のあたりも、9月の最初の頃に、夜に連続して…

  • 時を超えて 端折って話した夢の中身 ユニ

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   既視感、という言葉をユニが実感したのは、成均館に入ってからだ。ユニは自分が大層記憶力の…

  • 時を超えて 端折って話した夢の中身 ヨンハ

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   可愛い後輩は菓子が大好きだ。菓子を買う余裕などなかっただろう少女時代と違い、今はヨンハ…

  • 時を超えて 端折って話した夢の中身 ジェシン

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その日、ジェシンは久しぶりに詩を書きなぐっていた。文字通り、たたきつけるように言葉を書…

  • 時を超えて 端折って話した夢の中身 ソンジュン

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   《第二夫人故婚儀は簡易なものだった。夫婦の誓いをすればおしまいで、臣下にはすでに触れて…

  • 時を超えて その27

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「やってきたことの積み重ねだよ。」  「運が悪い?運に振り回されんじゃねえぞ。」  「…

  • 時を超えて その26

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   帰宅日以降、夢は見なくなったユニ。成均館に戻り、いつも通りの勉強漬けの日々が始まって、…

  • 時を超えて その25

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   この民話を古い写本の山から見つけた時、ユニは驚くとともに納得した。どこか異国風にも思え…

  • 時を超えて その24

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「ある小さな国に、愛らしいお姫様がおられました。」  その少女は母に本を読んでもらうの…

  • 時を超えて その23

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   三人はそれ以降、夢を見なくなった。見るほどの時間の睡眠をとらなくなったからかもしれない…

  • 時を超えて その22

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   静まり返った中二坊。しかしソンジュンのつぶやきで、雰囲気は物騒になった。  「これは前…

  • 時を超えて その21

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   沈黙が支配する中二坊で、最初に物音を立てたのはヨンハだった。身じろぎしたかと思うと、ジ…

  • 時を超えて その20

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「お前たちは・・・嫌かもしれねえが死に顔を見ることができた。身内だからな・・・だが俺は…

  • 時を超えて その19

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「それで・・・いや、その前に・・・。」  「キム・ユンシクは・・・その怪我が元で・・・…

  • 時を超えて その18

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   中二坊では、ユニを除く三人が顔を突き合わせていた。帰宅日に一応それぞれの家屋敷に顔は出…

  • 時を超えて その17

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   少しやせたのではと心配する母に、勉強をしなければならないから、と笑ってやり過ごし、ユニ…

  • 時を超えて その16

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   中二坊という狭い部屋で過ごしていると、お互いの様子は隠していても分かる。特に気にしてい…

  • 時を超えて その15

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   現実の自分たちには、来春早々にある大科が迫ってきている。夏を越し、ソンジュンとジェシン…

  • 時を超えて その14

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   例えば。 《出産から半年たち、生まれ出た男児がコロンコロンと転がって皆をほほ笑ませるよ…

  • 時を超えて その13

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニとジェシンがどっさりと筆写の仕事の荷物を抱えて戻ってくると、皆で呆れたり笑ったり。…

  • 時を超えて その12

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   自分の願望が夢にまで影響を及ぼしたのかと思った。隣に眠る同室生が本来の姿に戻る日を、ジ…

  • 時を超えて その11

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   夢の中、ユニは最初から娘として彼らの前に存在していた。正直夢の中の自分に嫉妬した。この…

  • 時を超えて その10

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。  《王子ソンジュンが王太子妃の見舞いに突然やってきたという触れがあって、ユニは慌てて本を閉…

  • 時を超えて その9

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「シク・・・こんなにたくさんの仕事を請け負ったら、眠る暇もなくなるんじゃねえか?」  …

  • 時を超えて その8

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   《ある日、父親がとても喜んで戻ってきた。我が家に運が向いてきた、と酒を出させ、ヨンハを…

  • 時を超えて その7

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   どこまで進んだよ、と聞くヨンハに、ソンジュンはしばらく目をつぶってから話し始めた。ユニ…

  • 時を超えて その6

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「てめえ、まだ薬頭に回ってんのか?!」  それは違う!とヨンハは言いきり、自分の居室の…

  • 時を超えて その5

  • 時を超えて その4

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   進士食堂は、成均館の傍に在る泮村という集落に住み暮らす女たちを働かせている。泮村は人間…

  • 時を超えて その3

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ヨンハと三人のここ数日の行動を照らし合わせてみた四人。そこで分かったのは、夕餉をとった…

  • 時を超えて その2

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   人、少ねえな、とつぶやいたのはジェシンだったが、それはユニもソンジュンも感じたことだっ…

  • 時を超えて

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「シク。なにぼうっとしてやがる?」  そう聞いてきた同室のジェシンも眠たげに大あくびを…

  • メロディ 番外

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニが初めてジェシンの実家を訪問したとき、それはそれは大騒ぎだった。ジェシンの母が。 …

  • メロディ その61

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   It had tо be you It had tо be you I wondere…

  • メロディ その60

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「親父祭りだな!」  とマスターが大笑いするぐらい、なかなかの名曲が詰まったライブ。エ…

  • メロディ その59

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ― 危うく聞きほれてしまって、歌うのを忘れるところだったの ―  ユニの視界にはピアノ…

  • メロディ その58

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ― 何が最高かって?そんなの、決まってるでしょ? ―  前奏は歌に入る直前、管楽器の長…

  • メロディ その57

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   元のピアノスコアに、パーカッションのリズム打ちがない代わりにベースのパートを加えた。基…

  • メロディ その56

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   一度聞いてほしい、というジェシンの願いに、ユニはライブが終わり、クローズしたバーで、ジ…

  • メロディ その55

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   二人のそれからを語るには、かなりの言葉を要する。何しろ、ずっと一緒にいるのだから。  …

  • メロディ その54

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   それでも、と全員から名刺を渡され、ジェシンとユニは先にその場を辞した。クラブの支配人が…

  • メロディ その53

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニとジェシンは一旦ステージ上で喝采をもう一度受けた後、席に戻った。ユニの上着とバック…

  • メロディ その52

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   初見での初演奏なのに、出だしはピアノからだった。速さだけは、ドラムが最初に四拍打ってく…

  • メロディ その51

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   高音部がまるで体を吹き抜けていくようだった。演奏している本人は、それこそずっと吹き続け…

  • メロディ その50

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   いきなりのこれぞジャズ!という始まりに目も耳も奪われたジェシン。だが、その後は数曲、聞…

  • メロディ その49

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。    ご注意ください。   二人で歩く、ネオン輝く繁華街。まるで恋人同士の様。夜が始まったばかりのせいか多くの…

  • メロディ その48

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   待ち合わせは駅近くのカフェ。8時からの大人時間のライブ。自分たちのやっていることと変わ…

  • メロディ その47

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   『週一、必ず会ってるんだもんな。なかなかの頻度だよ!』  と電話の向こうのヨンハが言う…

  • メロディ その46

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   自覚はしていたけれど、改めて念を押されたかのようなユニへの想いに、ジェシンは素直になる…

  • メロディ その45

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ジェシンとユニの前にマスターがピザや軽食を並べる。最近は飲んでないカクテルまでとん、と…

  • メロディ その44

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ジェシンの指が鍵盤を弾く。ピアノの独壇場なのだ、この曲の間奏は。軽やかに、たっぷり間を…

  • メロディ その43

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニの言葉にかぶせるようにして、ジェシンは鍵盤を軽くたたいた。この曲の前奏はちょっとば…

  • メロディ その42

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ヨンハがバーにきたのは、ちょうどライブが始まるところだった。ジェシンがピアノの音を少し…

  • メロディ その41

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   きっかけは、悪友がくれた。  ジェシンがピアノ伴奏をしていることを、悪友、ヨンハは知っ…

  • メロディ その40

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニはその歌を美しく、本当に美しく歌った。飾らず、大げさにもせず、言葉を柔らかくメロデ…

  • メロディ その39

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ライブでカーペンターズの曲の依頼が来たのは、始まる直前だった。それまでもジェシンとのコ…

  • メロディ その38

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ぐん、と距離が近づいた。そうジェシンは思えるようになった。新たな曲に、それも自分では難…

  • メロディ その37

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   練習しなきゃダメだけど、その時は伴奏をお願い、そう囁いたユニ。その曲は、ジェシンがその…

  • メロディ その36

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その日、ジェシンは珍しくユニより先にバーに着いていた。マスターに声をかけてスタジオに一…

  • メロディ その35

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   体に染みついていないリズムを表現するのは、どんなにそれがその時上手くいっても猿真似から…

  • メロディ その34

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   臨時に引き受けたピアニストの仕事。報酬はライブ後のピザ。それに不満はない。ないどころか…

  • メロディ その33

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ここでね、青春をもう一度貰ったんだよ、とアジョシはほほ笑んだ。ライブが終わり、客も帰り…

  • メロディ その32

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   Oh Danny boy,the pipes,the pipes аre callin…

  • メロディ その31

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「彼の曲は難しいのよ。」  その男性歌手の歌を聴き、映画も見たと報告したジェシンは、世…

  • メロディ その30

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   音楽がある、と言っても、それこそ週に一度しか会う理由のないジェシンにとってはなかなかそ…

  • メロディ その29

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニが少ししょんぼりしたのと、今回の件でジェシンが少々多忙になったため、ライブは二回休…

  • メロディ その28

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニも一度も聴取に応じないわけにはいかず、それはわかっていたジェシンが、自分も同席の上…

  • メロディ その26

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「あんたが今入れた手紙・・・この厚みはまた何か入れてるな?」  ジェシンの声が背後で響…

  • メロディ その27

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   あのな、と男は居直った。  「会社勤めの身でよ、バーで歌う副業をするなんぞ・・・。」 …

  • メロディ その25

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   会社周りの機械類というのはリースが多い。メンテナンスを頼めるし、新機種が出れば交換して…

  • メロディ その24

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その週、曲は全部ジャズだった。マyスターがそんな気分だったらしい。ナット・キング・コー…

  • メロディ その23

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その日、男が心の底から推す女性は輝いていた。   男は昼の姿と夜の姿を意識して変えてい…

  • メロディ その22

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   とりあえず、と彼氏談義は置いておいて、ジェシンは本題に入った。途端に空気が重くなる。 …

  • メロディ その21

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   次の日、ジェシンは終業後ユニと待ち合わせをした。マスターは店が始まってしまうから、話し…

  • メロディ その20

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニは一度決めると腹が据わる質らしく、一回バイクに乗ってしまうと、次からは怖がらなくな…

  • メロディ その19

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「・・・あの・・・。」  「ああ、悪いが髪は解くか括り直してくれませんか。」  「髪は…

  • メロディ その18

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その週、ジェシンは毎日バーに行った。短い時間だが。そしてその日に回収されるユニへの手紙…

  • メロディ その17

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   手拍子が起こる。誰でもノれる四つ打ちのダンスビート。でも速すぎない。ジェシンの左手が刻…

  • メロディ その16

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   バーのフロアに入ったジェシンは、それとなく見回し、雰囲気を嗅いだ。自分に向けられる嫌な…

  • メロディ その15

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   次の日の早朝、ジェシンの姿はある街角にあった。再開発の手が入っていない雑居ビルの立ち並…

  • メロディ その14

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「・・・」  無言のジェシンに好きなだけユニ当ての手紙を見せる時間を与えてから、つまり…

  • メロディ その13

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ストーカー、という言葉がジェシンの頭の中に浮かんだ。  学生時代に、法学部で学んでいた…

  • メロディ その12

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   気になる。けれど聞きにくい。本人は確実に何かを感じているか会ったことを隠しているか、と…

  • メロディ その11

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   その晩より前に、ピアニストのアジョシが故郷を離れにくい状況だとはジェシンにも連絡が来て…

  • メロディ その10

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   And now  the end is near  息だけのような囁きで歌は始まった。…

  • メロディ その9

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   ユニがプロにならなかった経緯を話してくれたのは、ステージのあとだった。前回は急な演奏者…

  • メロディ その8

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「・・・というわけで、一曲撮影させてもらえませんか?」  申し訳なさそうに申し出るジェ…

  • メロディ その7

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。  スコアのレパートリーは、ジャズを含めたアメリカンポップスを中心に多岐にわたっていた。最近…

  • メロディ その6

    ㊟成均館スキャンダルの登場人物による創作です。  ご注意ください。   「助かったよ~大成功だったねえ!」  マスターが皿を乾燥機に入れながら笑った。ジェシン…

ブログリーダー」を活用して、碧玉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
碧玉さん
ブログタイトル
それからの成均館
フォロー
それからの成均館

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用