searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Joさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
北海道

四季折々、植物と触れ合う楽しさや、ガーデンショーや各地のガーデンを訪ねる花旅の楽しさを多くの方にお伝えできればと思います。

ブログタイトル
旅するガーデナー
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/jogarden2008
ブログ紹介文
五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット
更新頻度(1年)

186回 / 365日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2005/12/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Joさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Joさん
ブログタイトル
旅するガーデナー
更新頻度
186回 / 365日(平均3.6回/週)
読者になる
旅するガーデナー

Joさんの新着記事

1件〜30件

  • 久しぶりに晴れた朝の庭で

    久しぶりに遮光カーテンの隙間から差し込む眩しい朝陽で早朝目覚めました。何週間ぶりでしょうか。ようやく秋晴れが続きそうな予報の湘南北部です。涼しくなって庭のホトトギスが返り咲いています。朝陽が木漏れ日のような演出をして、斑入りホトトギス・インペリアルバナーがピカピカしています。ホトトギス独特の花びらのまだら模様が一層濃く感じます。タイワンホトトギスも返り咲いてきました。こちらはまだら模様が目立たないタイプ。ハクリュウにも花が沢山咲いています。皆涼しいのが好きなのかしらね。長女の寄せ植えコンテナのスーパートレニアは、初夏からず~っと咲き続けていますけどねこんなに咲くとは思わなかったスーパートレニア・カタリーナ暑さに強く花期の長い一年草です。ユーパトリウムとスタンダードなトレニアのコンビもまだ健在。庭奥ではミズヒキソ...久しぶりに晴れた朝の庭で

  • 猪苗代のホテルとコロナ禍の旅行について

    19日は折角なのでGoToトラベル利用でホテルリステル猪苗代ウイングタワーに泊まりました。ロビーはバブルっぽいかなエントランスでは非接触型体温計での検温と除菌スプレーで手を消毒ロビーがとても広いので密にならず夕食は時間指定で宴会場でコロナ前であればビュッフェスタイルだったのかもしれませんが、今はあらかじめセッティングされたお弁当形式です。おかずは冷たかったけれど、どれも美味しく量もありバラエティに富んでいて満足ご飯と汁物は暖かくホッとしました。折角なので会津のお酒飲み比べセットを注文。どれも美味しかったけど、私にはちょっと多かったかな。部屋のテレビには大浴場の混み具合が分かる画面があり、空いている時間が分かるようになっています。脱衣所も脱衣籠が制限されていて、密にならないようコロナ対策されていました。翌朝の朝食...猪苗代のホテルとコロナ禍の旅行について

  • 鶴ヶ城⇒武家屋敷⇒さざえ堂⇒御薬園 ~行くぜ東北二日目

    20日は会津若松を訪れました。家族にとっては初めての地だったこともあり、有名観光コースを回りました。「鶴ヶ城」は戊辰戦争でも落ちなかった城ですが、明治7年に取り壊され、その後昭和40年に多くの寄付により再建されたそうです。石垣越しの雄姿丁度イベントが開催されていて、ステージには鶴ヶ城の歴代主の家紋が掲げられていました。鎌倉時代から幕末まで7つの家系が入れ替わり立ち代わりこの城の主となったのでしょう。天守閣に登ると、東西南北ぐるりと見渡せました。城内の一角にある「茶室麟閣」は福島県の指定重要文化財です。中でお抹茶がいただけます抹茶大好き一家なので、皆で一服。お抹茶は「鶴ヶ城」お菓子は薯蕷饅頭で、どちら美味しい次は会津武家屋敷へ会津武家屋敷は、会津藩23万石の家老西郷頼母邸を復元した施設を中心に、福島県の重要文化財...鶴ヶ城⇒武家屋敷⇒さざえ堂⇒御薬園~行くぜ東北二日目

  • 大内宿と塔のへつり 

    この4連休中、コロナ禍であっても観光地は混雑していたようですね。19日、郡山で夫と合流して、レンタカーでまずは大内宿へ向かいました。19日の大内宿はそれほど混雑しておらず、三密回避で、のんびり散策することができました。念願の大内宿(福島県南会津下郷町)NHK「古カフェ系ハルさんの休日」で紹介されていて、一度は行ってみたいと思っていました。想像通り昔のたたずまいが残っていて、まるで「日本昔話」の世界に入り込んだよう「古カフェ系ハルさんの休日」でハルさんが訪れたカフェ「分家玉や」店内で休憩したかったのですが、満席で断念。店内は番組通りのレトロな空間でした。暑くもなく寒くもなく丁度良い気温の秋の花が咲く初秋の大内宿の様子など秋明菊と古民家薄と茅葺屋根草屋根の祠鬼灯と大内宿枯れ美の鬼灯補修が行われている茅葺屋根があり、...大内宿と塔のへつり

  • ミセバヤが咲く頃には

    数日前からミセバヤが咲いています。一部色付いた葉が出ているけど、紅葉には早いような単体を鉢植えで育てるようになってから、少しずつ株を大きくしています。「猫ひた」のイベントでゲットしたので、大事に育てなくてはこぼれ種から育ったキバナコスモスが大きくなり、築山で目立つようになりました。サルビア・レウカンサ(流通名アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ)も徐々に花穂を大きくしています。そんなキバナコスモスとサルビア・レウカンサのコンビ。花色の違いが際立ちますかね~リコリス・アルビフローラ(白ヒガンバナ)が咲きそろって玄関側から眺める今朝の庭風景毎年少しずつ違って、それが面白いです。今年には今年にしかない風景があるから緑色多め、ぐらいが好きですね~思いがけずこぼれ種から咲く花は、イレギュラーな風景を作ります。それが...ミセバヤが咲く頃には

  • 久しぶりに家族団欒

    週末娘二人連れて、単身赴任中の夫に会いに行ってきました。ゴールデンウィーク、7月の連休、そしてお盆も帰省しなかった夫。今回のシルバーウィークは帰省しようと考えていたようですが、いまだコロナ禍にある神奈川県に帰省するのはリスクが高いのではと考えて、私たちが夫に会いに行くことにしました。折角東北新幹線に乗って出かけるのだから、と一泊の家族旅行をすることにしました。コロナ感染は心配ですけど、メンタルヘルスは何より大事何処を訪れたかは以下の写真から想像してみてください。訪れたことのある方なら、わかるのではコロナ禍の旅行なので、マスク、除菌ジェル、クレベリン等できる感染症対策はキッチリと新幹線以外はレンタカーでまわりました。嬉しい驚きだったのが、訪れる各地各地で、マスクをしていない人を見なかったこと食事中は別ですが、その...久しぶりに家族団欒

  • リコリス・アルビフローラの風景とエコなコーヒーカップと庭仕事

    リコリス・アルビフローラが咲いてきました二本早く咲いて、残りはこれからどんどん出てきます。何度見ても個性的な形の花と雄蕊この時期だけのお楽しみで、秋を感じさせてくれる代表選手のような球根花です。縦写真でもう一枚あれ~奥にぼんやり写っているのは何かしらん一寸あざとかったですかね以前買っておいたウィリアム・モリス柄のEcoffeecupいくつか種類がある中で「いちご泥棒」柄を選びました。Ecoffeecupはサイトの説明によるとエコーヒーカップは、土の中で分解可能なバンブーファイバー(竹の繊維)、コーンスターチ、アミノ酸由来の樹脂などから出来ています。エコーヒーカップに使用される竹は持続可能な方法で管理されている竹林の竹を使用し、竹の処理には化学処理を行っていません。フタやホルダーはシリコーンゴムで出来ており、繰り...リコリス・アルビフローラの風景とエコなコーヒーカップと庭仕事

  • リコリス咲く公園で除草!

    昨日は公園のボランティア活動へ行きました。先日施肥をした駐車場側のローズガーデンの除草を一時間半ほど、頑張ってきました駐車場側のバラはほとんど咲いていませんでしたが、ジャックカルチェだけは10輪ほど返り咲いていました。黒点病にも暑さにも寒さにも強く花付き香りともに良い、素晴らしいオールドローズの一つです除草しながら植物をチェックすると、丈夫なはずの宿根草が数本枯れていました原因は白絹病だったりコガネムシの幼虫だったり、原因不明もありました。こんなに一度に枯れるのは初めてです。二週間前には大丈夫だったと思ったけどな除草の他に枯れた宿根草を抜いたり切り詰めたり・・・収集袋一つ一杯になりました。振り返ると雑草の無いガーデン~スッキリしすぎかも心配なのはキクイムシの被害で、写真はノバーリス他にブルーフォーユーと黒真珠と...リコリス咲く公園で除草!

  • 秋庭の青白黄色の花

    ようやく最高気温が30度未満になって日陰では熱中症の心配なくガーデニングできるようになりました。でも藪蚊はまだまだ発生するので蚊取り線香は必要ですね。庭では秋の花が咲き進んでいます。こぼれ種から育ったトレニアが大きくなり沢山花を咲かせています。種から育った株は、ポット苗より断然ナチュラルな感じ。この紫色が大好き昨年越冬したトレニア・コンカラー・ブルーインパルスが咲いてきました。非耐寒性多年草ですが暖冬だったので越冬したのでしょう。夏はまったく成長しなかったけど、涼しくなると新芽が展開しています。葉だけでも素敵ですクレマチス・満州黄が返り咲きました。夏は枯れ枯れだったので心配しましたが少しずつ回復して咲いてくれたので一安心。春に比べると二回りほど小さい花ですが、それも楚々として可愛いです。先日アップした期待の芽は...秋庭の青白黄色の花

  • 秋の寄せ植え作りとおやつタイム vlog2

    急に涼しくなりました。これが続くと良いけれど。三日前、寄せ植えのリメイクをしようと鉢土を掘ると幼虫がウジョウジョ出てきてウンザリでも、めげずに二日がかりで秋の寄せ植え作りました。その顛末を動画に撮りましたおやつタイムは、お勧めのお菓子とお茶今回は私としては久しぶりの力作。見ていただけると嬉しいです秋の寄せ植え作りとおやつタイム寄せ植えで植えた花をあらためてご紹介ユーパトリウム・ピンクフロスト(斑入りフジバカマ)地下系で増える宿根草ペンタス・ブルー秋中咲き続ける一年草クジャクアスター・ビクトリア・ファニーピンクピンクというより薄紫色なんですけど・・・秋咲き宿根草出来上がった寄せ植えには、あとで球根を仕込んだり一苗植え足したりしようと思います。大阪なおみ選手USオープン優勝おめでとうございますテニス自体もさることな...秋の寄せ植え作りとおやつタイムvlog2

  • 秋の嬉しい芽と花と

    毎年9月に楽しみにしている花と言えば・・・この芽から想像つく方は植物通ですね毎日数センチずつ伸びています。花が咲くのが楽しみです秋咲きのサルビアで、我が家で一番早咲きはサルビア・レウカンサ(アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ)今年は支柱をせずに育てています。昨年の台風で支柱ごと傾いたり、尖端の花だけ飛ばされたりと被害があったので、いっそのこと自然に育てたらどうなるのかな~と思って、実験です。まだ本当の咲き様ではないみたい。紫色の大型の花穂にな~れオキシペタラム(ブルースター)が返り咲きました。さっぱり大きくなりませんがポツポツ咲きます。ユーパトリウム・チョコラータ(チョコレート)は先月末から花が増えません。涼しくなったらもう少し咲くのでは。カレックスの葉の隙間から顔をのぞかせるボルドーギクの風景が好きな...秋の嬉しい芽と花と

  • いつもの花で違った写真

    この秋は玄関前に少し手を入れようと思っているのですが、こう暑くては煉瓦を買いに行く元気がでませんそれはもう少し辛抱して、今日は庭で咲いている花の写真の加工など。外出機会が減った分、パソコンを開いている時間が増えて、新しいパソコン内の画像加工ソフト(アプリ)を探していたら、簡単にコラージュができる機能を見つけたので、庭のアチコチで咲いているゼフィランサス・タマスダレで試してみました。本当に簡単ね早く見つければ良かった。キバナコスモスは光かなり多めに加工ユーパトリウムは玉ボケ&花ボケを狙って私的には、なんだか新鮮な気分の写真になりましたトウテイランが咲き始めたので写真を撮ろうと近づいたら、柵にトンボが停まっていました影を意識してトウテイランを光多めで背景のペルシカリア・ブラックフィールドを昨日は、楽しみにしていた秋...いつもの花で違った写真

  • 映画で旅する音楽する

    8月も新型コロナの感染者が多い時期だったし、何より暑いので映画館が遠くに感じて、相変わらずDVD(ブルーレイ)鑑賞は続いていました。その間観た映画の中で面白かった順に並べてみました。「チャーリーズ・エンジェル」「チャーリーズ・エンジェル」はテレビドラマ&前二作のフアン。エンジェルたちはいつものようにカッコ良かったより現代的で時代背景も変わっていたから、おとぼけ&お色気シーンはすこし減ったかもけれどアクションシーンはたっぷりだし、舞台も雰囲気もゴージャス時代が変わってもボズレーが女性でもエンジェルたちは三者三様。スピード感あふれる展開にハラハラしながら見入ってしまいました。スカッと&スッキリした~雰囲気がちょっと違ったのは監督が女性だからかな旧作の話題もセリフの端端に出ているから、往年のフアンとしても満足いく感じ...映画で旅する音楽する

  • 視座を養う!?

    少し前からテレビでよく目にする日経電子版のコマーシャル「・・・視座を養う・・・」このところ私と娘たちでマイブームになっている言葉です。私の場合、深い意味は無くて、一番使うのはネットサーフィンの言い訳かも最近PCやスマホでブログや動画や、その他SNSを眺めている時が多いから。時間を無駄にしている時も多々あるけれど、情報収集や参考になることも多いです。最近動画(YouTube)で、ガーデニングのvlog等を観ていたら、YouTubeが勧める動画に超ガーデニングの勉強になるチャンネルを見つけましたガーデニングの基本から植物選び、考え方等、詳しく丁寧に教えてくれる「かべちょろGardenClass」アニメのかべちょろ先生が丁寧に詳しくガーデニングの諸々について実例をもとに解説しています。管理人の「かべちょろ」先生って誰...視座を養う!?

  • 愛おしい庭の地味!?植物たち

    残暑がぶり返して、庭に出るのが躊躇われる気温になりました。それでも一時的に雨が降るので庭の水やりから解放されています。ちょっと楽今朝の庭から~ツユクサが木漏れ日に照らされて光っていました。雨粒がついていたので、明け方にでも少し降ったのかしら。野良生えしたマルバアイはすっかり庭の秋の仲間です野原の雰囲気を感じさせてくれて好きですが、藍は土の肥料分を吸収するらしいと知って少し減らしました。ウチの庭のハナトラノオ(カクトラノオPhysostegiavirginianaフィソステギア)は盛りを過ぎて花は少なめ。こぼれ種からキバナコスモスが咲いています。キバナコスモスは以前ほど多くないので自由に咲かせています。カリガネソウが上手く育たなくて小さいまま。今年は咲いてくれるのかしら斑入り葉が気に入って育てています。ユーパトリ...愛おしい庭の地味!?植物たち

  • vlog風に撮ってみました。

    長いことblogを書いてきて、近年は動画も作ってみたり。ただ最近は動画も記録用にだらだら撮っている風になってしまい何とかしたいと思っていたら「vlog」なるものを知りました。ブログの動画版でしょうか。2000年に初めてタグでホームページを作った時もそうだったけど、興味を持つと自分でもトライしてみたくなるのよね~私。良し悪しは別として、スマホでvlog風の動画を作りました。テーマはおなじみのターッジーマッツジー作りですが、一寸変化球3分弱なので覗いていただけると嬉しいです。初めてのvlog!?~旅するガーデナースマホのアプリでの簡単編集なのでクオリティは高くないけど、vlogのために多くを考える時間が脳トレになるかな~と思っています。気ままな感じでトライしていこうと思います。続くかなブログランキングに参加していま...vlog風に撮ってみました。

  • 台風シーズンに向けての剪定と秋の花

    昨夕から今朝までにようやくまとまった雨が降ってホッ気温が少し下がってきたので、残暑は残るでしょうが、ガーデニングの季節再到来かな9月は台風シーズンでもあるので、早々にベニバナトキワマンサクを剪定しました。剪定時期ではないのでしょうが、強風にあおられて倒れてしまっては元も子もないので。ビフォーアフター中の枝もすいて風通しよく。一安心。全体的には先日アップした庭の動画とかわり映えしませんが、チラホラ秋の花が咲いてきています。一輪返り咲いたオステオスペルマム・サマーヒーローアスター・ディバリケータスはまだ本来の咲き様ではないけれど。マルバアイもチラホラと。イヌタデかと思っていましたが、マルバアイが正解のようです。ブラックフェンネルにも花が咲きました。こぼれ種から育つほど丈夫だけど、日陰は嫌いな宿根草です。今日は曇り空...台風シーズンに向けての剪定と秋の花

  • アナベルでナチュラルアレンジメント & 北海道の新ガーデン情報

    やりたい庭仕事は多々あれど、あまりに残暑が厳しいので午後は室内でフラワーアレンジメントなど作って遊びました。インスタグラムで見て私もチャレンジしてみたいと思っていたアナベルを花どめ代わりに使ったアレンジメント。庭のベル型クレマチス・ハクレイとロータス・ブラックムーニーも切ってきました。まずはアナベルを花器に入れます。緑色になったアナベルは花がしっかりしています。そこに蔓性の植物をさしていきます。ハツユキカズラも入れてみました。自然の植物なのでなかなか思うように形が整いませんそれでも何とか形になったかなお洒落撮影実際は暖炉型ヒーターの上に飾ってしばらく楽しみます。遠目で見るとなんとなく絵になっているような・・・そうでもないか自己満足という事で午前中はYouTubeをみているうちに過ぎました。2022年に北海道の恵...アナベルでナチュラルアレンジメント&北海道の新ガーデン情報

  • 季節の花がチラホラと

    残暑が厳しい中ですが、チラホラと秋に向けて咲いてきました。八重咲きの白いシュウメイギクはつぼっみが沢山ついているので期待大年々株が大きくなっています。早春に植えたアネモネ・ドリーミングスワンがとりあえず一輪咲きました。「まだ新しいアネモネ秋明菊と原種ルピコラの交配種といわれており、秋明菊に似た姿ながら初夏から晩秋まで咲く・・・」と説明にありましたが、やっと晩夏に咲きました。暑さに弱いかも、と思って半日陰に植えてみました。まだ本来の咲き様ではないみたい。早く綺麗に咲いてほしいです。昨年日当たりの良い場所(ジャクリーヌ・デュプレの隣)に移植したクレマチス・スウェーデッシュベルズが、ようやく綺麗に咲きました。春も咲いていたのですが花が本来の咲き様ではなかったので心配していました。ようやく土地に馴染んだのでしょうか。ジ...季節の花がチラホラと

  • ペルシカリア・ブラックシールドと晩夏の庭の動画

    昨日は久しぶりに少しだけ気温が下がってホッとしました。曇空だったので半年ぶりの月一サークルのテニスも日陰コートは快適~外での運動は気分転換になりますね半年ぶりに会ったメンバーもお元気そうで何よりです。晩夏の庭でペルシカリア・ブラックシールドが咲き始めました。シュッとした花穂が赤いのでキャンドルみたい。半日陰のエリアですがまずまず咲いています。テンニンソウの黄緑色の葉と、もっとコントラストがつくと思ったんだけどな~昨日庭の動画を撮りました。画像を明るくしようとしてウェブ上で画像を「太陽光」に変更したら色合いが少し違ってしまいましたが、リアルな今の様子など。2020/8/23晩夏のマイガーデン~残暑厳しき中にも猛暑は少し収まったのかな夏剪定に備えて、そろそろバラに栄養剤を与えなくちゃブログランキングに参加しています...ペルシカリア・ブラックシールドと晩夏の庭の動画

  • 真夏の寄せ植えは緑と茶色

    厳しい暑さが続く真夏は鉢植えは最小限にしています。寄せ植えは宿根草のコンテナのみ。私的に面白いと気に入っているのはグリーンローズとヘビイチゴの緑コンビヘビイチゴの蔓が自由に枝垂れて緑の噴水みたい春はスミレが植えてありましたが、それは移植して今はこの二種類だけ。グリーンローズが上手く育たず小さいままなのが難ですけどその隣のコンテナではミニバラ・グリーンアイスが返り咲いています。寄せ植え全体の姿は乱れていますけど、ナチュラルという事で以前マリーゴールドを植え足したコンテナですが、マリーゴールドは虫に食べられて早々に枯れてしまったのその後に茶色のセダムを植え足しました。セダム・チョコレートボールを食べる虫はまだおりません。ベンチ横の大型コンテナではロータス・ブラックムーニーがモリモリ育っています。背景の茶色の葉はヒュ...真夏の寄せ植えは緑と茶色

  • 熱中症を警戒しつつ公園へ

    本日も熱中症警戒アラート(試行)中ですが、朝はほんの少し昨朝より気温が下がったので、予定通り公園のボランティア活動へ行きました。前回除草しそびれていた場所は、公園のスタッフの方々が除草してバークたい肥で一部マルチング&灌水してありました。おかげで他の作業が進み助かりました公園のバラの中で何本か、根頭ガン腫病のバラが出てきています。新しく買って植えても二年目ぐらいでガン腫病になるバラもあれば、長年育てていて急にガン腫ができるバラもあります。そのせいで抜いたバラも枯れたバラもあるけど、元気に育っているバラもあります。しかし剪定ばさみから病気がうつるというので、これ以上病気が広がらないよう、ガン腫病のバラにマーキングすることにしました。一本一本株元を除草しながら確認すると、ネルマーティンの花壇に予想以上に病気の株があ...熱中症を警戒しつつ公園へ

  • 旧盆の庭から

    毎日冷房を稼働させて「命を守る行動」をしています。冷房病にならぬよう毎晩養命酒を飲んで寝る、という矛盾こぼれ種から育ったティーゼルが咲いていました。場所が悪いので小さく育っていて、丁度良いサイズかも。黄色の部分が雌蕊で薄紫色が雄蕊このまま放置して茶色のシードヘッドをドライフラワーのように秋に楽しみます。切り戻したインテグリフォリア系(木立ち性、半つる性)クレマチス・ハクレイが返り咲き始めました。四季咲きなので切り戻せば順に新芽を展開して咲きます。切り戻し後は肥料をお忘れなく。築山ではハナトラノオ(カクトラノオ学名Physostegiavirginiana)が咲き始めました。植えっぱなしで毎年適当に地下茎を伸ばして気ままに咲きます。それでも蔓延るほどではない丁度良い分量。シュウメイギク(学名Anemonehupe...旧盆の庭から

  • 猛暑の中の白い花

    熱中症警戒アラート発令中ですが、庭の鉢植えは夕方の水やりで耐えてもらっております。家裏ではギボウシが咲いて、涼し気な風景を作ります。左はホスタ・アボカド、右はホスタ・ダイアナリメンバード斑入り葉とか白花とか、この時期は癒されますね。家裏に4種植えているホスタ(ギボウシ)の中で一番最後に咲いたのがホスタ・ロイヤルスタンダード中型のホスタになるのかしら。香ると言えば香るかな~手前のコンテナ内でヤブランが咲き始めました。地味な花が半日陰にエリアに似合います。そんな家裏の真夏の様子。銀葉も涼しさの一つとなりますね。8月と言えば、今やあちこちで見かけるタカサゴユリ外来植物でいずれ雑草の域に入るのではないかと感じるほど繁殖力旺盛。でも白い大きな花は見栄えします。ただ背が高くなりすぎ風で倒れる傾向があるので、160cm以上に...猛暑の中の白い花

  • なんとなく涼し気な写真でおくる旧盆の庭と「Hokkaido Gardening」のYouTube

    世の中は「お盆」ですけど、今年は「特別なお盆」ですね~まったく私はもちろん、単身赴任の夫も帰省イタシマセンそんな世の中関係ないんです~と庭では猛暑の中草花が咲いています。真夏の水やりを鉢植えは一日一回、地植えは一週間に一、ニ回で育てています。玄関前の半日陰でホトトギス・インペリアルバナーが咲いてきました。この場所が気に入ったのか、宿根し少しずつ株が大きくなっています。斑入り葉のホトトギスで、花のまだら模様が個性的この時期とても涼し気です。5月に植えたサルビア・ネモローサ・ブルー(金井園芸のラベル)は一度切り戻したら返り咲きました。切り戻しながら育ててみようと思います。モノプシス・ブラウンとユーフォルビア・スターブラストのコンビ。小花がチラチラ咲いている様子も涼し気です。昨秋に植えたアスター・アンベラータス(Do...なんとなく涼し気な写真でおくる旧盆の庭と「HokkaidoGardening」のYouTube

  • ルドベキア咲く隣家側ナチュラルガーデン風エリアなど

    今朝知ったのですが「熱中症警戒アラート」なんて出来たんですね本日の神奈川県には発表されていないようですが、いつ発せられてもおかしくない気温の高さです。発表されたら公園のボランティアは自粛しようかな。また一つ「いのちを守る行動」が増えた関東地方2020真夏庭のオープンスペースではミソハギが元気に咲いています。主に茶色のオープンスペースの彩りに。その東道路側ではガイラルディアが次々咲いています。数株頂いたのですが、残ったのはこの一株。緑の中のワンポイント隣家側の意識して植えこんだナチュラルガーデン風エリアでは、夏はルドベキアが主役。手前のラスティーセージは春から延々咲いています。上の写真左側のルドベキア・タカオはこぼれ種から少しずつ増えています。薄紫色のユーパトリウムとのコンビが気に入っています。ルドベキア・ヘンリ...ルドベキア咲く隣家側ナチュラルガーデン風エリアなど

  • 真夏の築山と小さな彩り

    我が家の庭で真夏に咲き続ける花は、それほど多くありませんが、定番に少しアレンジを加えて今年は斑入り葉のツルバキアを導入してみました。ライラック色と言うのでしょうか、夏中次々咲くようなので期待大実際にはこれぐらい小さな花です。他の植物が大きく育ってるから更に小さく見えるけど、その姿が愛らしいです。先日築山に植えたアガスターシェ(たぶんゴールデンジュビリー)もチラホラ咲いていました。来年は大きく育ってほしいわ。定番のタイワンホトトギスが咲いてきました。勢力争いが厳しい築山にあって、毎年咲く丈夫な宿根草です。背景を違えてもう一枚真夏の築山の主役は、何度もアップしているヘリオプシスたち。背が高いので遠目にも目立ちます。北道路側のダリア黒蝶越しに眺める築山はヘリオプシスの黄色が目立っているでしょう三種類植えてあるので、暑...真夏の築山と小さな彩り

  • サクッと除草のはずが

    今日は本来の活動日なので、午前中、公園のローズガーデンの除草に行ってきました。3週間ぐらい放置されていたので、予想通りかなり雑草が育っていました。小一時間ぐらいで終わらせようと思っていましたが、駐車場側のローズガーデンの除草に取り掛かって、途中休憩を入れながら1時間半汗だくになって頑張ったけどギブアップ結果そのエリアの三分の二程度しか除草できませんでした。一人ですから、こんなものなのかな~もう少し続けたら終わったかな~でも無理しないで、あとは公園のスタッフにお願してきました。水やりも。真夏は花を咲かせないのが長久保公園流ですが、摘蕾しても見落としがあり、咲いてるバラもありました。思いがけず出会えたオールドローズのスヴニール・ド・ラ・マルメゾン気温が高いけれどほんのり香りを感じました。どうやら丈夫なバラのようです...サクッと除草のはずが

  • 夏の庭の地味植物に癒される

    8月に入り長かった梅雨が明けて、ようやく気兼ねなく洗濯物を干せます昨日は気温が高めながら過ごしやすかったので、庭の除草をしました。除草と言っても雑草は少なく、ほとんどが伸びすぎたグランドカバープランツの整理(間引き)。これで3分の2ほど終わったかな。隠れていた煉瓦も見えてちょっとスッキリ我が家の場合、真夏の庭には彩りになる花はあっても華やかな花がありません。鉢植えも減らしています。それは私が長く旅行という名の帰省(または帰省という名の旅行)に出るので、庭の管理を任せる家族の負担を減らすため。それが自分の負担も減らすので、真夏は毎日の水やり程度で済むようにしています。結果、緑の多い庭になります。その中で咲いている地味な花は真夏の緑のグラデーションの素敵な仲間ペルシカリア・アルバは背が高くなり、細長い花が背景の緑の...夏の庭の地味植物に癒される

  • 牧場の本格的宿根草ガーデンへ~服部牧場ファームガーデン

    昨年から行きたいと思っていた服部牧場のファームガーデンへ、ようやく昨日行ってきました知る人ぞ知る今一番レアな県内のガーデンではないかと思います。服部牧場は神奈川県北部の愛川町にあります。我が家の近隣の牧場とは違い、広い放牧地のある一寸北海道チックな牧場。その一角に専属ガーデナーさんのいるファームガーデンがあります。入場無料夏には夏の宿根草が咲くガーデンは、植物の組み合わせの妙と魅力的な植物の重なり(レイヤー)が素晴らしいガーデンです。例えばこのボーダーガーデン中ほどの風景更に近くに寄って花を離れたレイヤー近くのレイヤー珍しい色のアガパンサス発見黄色とピンクのコンビかな。本州で地植えのフクシアは珍しいですが、ノビノビ育っていました。我が家と同じ品種かも植物の組み合わせが面白く、ナチュラルな植栽の中で大きな剣葉が馴...牧場の本格的宿根草ガーデンへ~服部牧場ファームガーデン

カテゴリー一覧
商用