searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
伊那谷の古民家再生 https://zenhankai.blog.fc2.com/

2013年1月に築150年の古民家を購入。 3年3ヶ月の再生を経て移住し、古民家再生続行中です。

2016年3月に移住後も、古民家再生続行中です。 ・古民家再生 ・薪ストーブ生活 ・家庭菜園 ・ヤギの飼育 ・ニワトリの飼育 まだまだやりたいことがたくさんあります。 丁寧でシンプルな生活がしたいです。 伝統も大切にしたいです。 自然や地球や地域と調和したいです。 でもなんか、オーガニックやナチュラルや、そういう雰囲気は苦手なのです(笑)

野人
フォロー
住所
伊那市
出身
蒲郡市
ブログ村参加

2012/11/09

1件〜100件

  • 夏野菜の植え付け(2022年5月8日)

    昨日の記事の続きで5月8日の作業です。夏野菜の植え付けをしていきます。植え付ける夏野菜の苗たち。前日のうちに買っておいて、1番かけてストチュウ水を底面給水させておきました。大玉トマトは鉄板のホーム桃太郎。ミニトマトはいつもは千果ですが、今年はこれしかなかったので初めてのキャロル。あとはイエローミミ。イエローミミって酸味が少なくて、フルーツ並みに甘くて、これはこれで美味しいですよね。あと、写真はないけ...

  • キャベツとワサビ(2022年5月8日)

    昨日の記事の続きで5月8日の作業です。午前中の果樹の植えつけが終わりまして、午後は菜園作業。夏野菜の植え付けをするわけですが、その前に菜の花の撤収がまだ残っていました。大部分はキャベツっぽく見えますが、残っていた株を切り取りました。で、ヤギの餌。まだまだあります。喜んで食べるヤギちゃん(笑)夕方にはこの状態になっていました。細かくするともっときれいに食べるのでしょうが、丸ごと与えるとこんな感じでしょ...

  • 果樹7本の植え付け(2022年5月8日)

    ブツ切れGW最終日となった5月8日の作業です。家族は嫁さんの実家に行っていて不在です。ボッチで目覚めて、作業開始です。この日は丸一日を農作業に費やす予定。ざっくり午前中は果樹の植えつけ、午後は菜園作業な感じです。ということで朝の風景。まずはヤギの繋牧。今年は今のところ雑草の生え具合とヤギの食べ具合のバランスがいい感じです。さて、それで果樹の植え付けといえば、堆肥と鶏糞と石灰を使うのが多分定番。これは自...

  • 柵の下地が完成・苗の仕入れ・ヤギの脱走(2022年5月7日)

    5月7日の作業です。ブツ切れのGW最後の2連休ですね。家族は嫁さんの実家に1泊2日のお出かけ。久々にボッチです。いい感じの五月晴れですね。このサツキだかツツジだか(笑)もきれいに咲いています。さて、作業ですが、まずは前回の続きで柵の下地作り。以前にも書いたように、下地の横架材に適した径の材は使い切っているので、ここからは幅広のこういう材を挽き割って使います。この続きからやっていきましょう。午後までかけて...

  • 朽木の片づけ・柵の下地作り(2022年5月5日)

    5月5日の作業です。ブツ切りのGWでは中盤の最終日です。ヤギさんはこの日は蔵の裏につないでおきました。ヤギに餌をあげる子供たち。さて、僕の作業ですが、こういう敷地のあちこちにある朽ち木を集めます。こういうのも。ある程度大きいのは薪小屋で乾かします。小さいのはすぐに乾くと思うので、玄関横に積んでウッドボイラーの燃料に。前日の作業で積んだ枝の山はこんなに高く積み上がっています。あと、蔓。置き場がないから一...

  • 切り株を切り詰める(2022年5月4日)

    昨日の記事の続きで、5月4日の作業です。枝の片づけがいよいよ完了したつもりなので、柵づくりの方に戻ります。続いてはこちら。杭のすぐ近くにこういう切り株が多数あるんですね。これも。これらは偶然ではなく、完全にシンクロしているんですね。何せ、元々はここに境界線代わりに木が植えられていたわけですから。で、その切り株が今、微妙に邪魔です。柵を作るのにも邪魔。あと、ニワトリ脱走防止の柵ですが、こういう切り株が...

  • 異常に小さい卵が発生(2022年5月4日)

    昨日の記事の続きです。まずは異常卵の話から。正常な卵以外はみんな異常卵でありまして、まあこれは養鶏農家的に商品になるかどうかという基準でしょうね。今までも、①卵黄が2つ入っている②空に凹凸の模様あり③殻が異常に薄い④殻がない(薄皮のみ)という異常卵があったりもしました。どれもごくまれにですけれどね。今回はこれ。異常に小さいです。そして軽い。殻はしわしわ。右の正常な卵と比べるとこんな感じ。こう見るとそん...

  • 枝の片づけが一応完了(2022年5月4日)

    5月4日の作業です。ヤギさんはこの日は母屋と畑の間の草を食べてもらいます。前日に打ち込んだ杭。数えてみると18本ありますね。そこそこの精度の直線で打てています。さて、それで本来であれば柵づくりをサクサク(笑)進めていきたいわけですが、ここでなぜかちょっと前にやっていたはずの枝片付けをまた始めます。なんか、行ったり来たりで変な感じですけれども(笑)なぜこのタイミングで枝片付けかというと、ここに果樹を植え...

  • 草マルチ・杭の本打ち(2022年5月3日)

    昨日の作業の続きです。日が暮れるまで、農作業をすることにしました。ということで畑の現状。夏野菜の植え付けは5月中旬にやるとして、その準備。草が伸びてきたので、草マルチをどんどん被せていきます。草マルチは去年の夏くらいからやっていますが、本格的にやるのは初めてです。一番右の畝。前日からやっていたので、とりあえずは草マルチをかけ終わったところです。まだキャベツ(菜の花)とかも残っていますけれどね。その...

  • 杭の仮打ち・プラゴミ拾い(2022年5月3日)

    5月3日の作業です。GW後半はとても気持ちの良い天候になりましたね。ニワトリちゃんを出すと、なんか気持ちよさそうだったので撮影しました。ヤギちゃんはこの日は薪小屋裏当たりの草をお願いしておきます。僕は杭打ち。この日のうちにこの直線の杭を全部打っちゃうことにします。まずは仮打ち。何かというと、明るいうちはレーザーで高さを見れないのですよ。だから適当に仮打ちしておいて、日暮れ時にレーザーで高さを見ながら本...

  • 柵を作る直線を出す(2022年4月30日)

    昨日の記事の続きで、4月30日の作業です。写真をみるとなんか農作業とかも挟んでいるっぽいですけれども、割愛。午後3時くらいからの柵づくりについて書きます。ちょうどここから正面の直線に柵を作っていきます。まずは糸を張って直線を作らないと。そのためにはニワトリ用の網が邪魔ですね。いったん取り外し。そしたらニワトリさん、すかさずに脱走(笑)いったん邪魔にならない内側に張りなおしておきます。で、糸を張る。張っ...

  • 木材の積み下ろし・チモシー・チューリップ(2022年4月30日)

    一夜明けて4月30日の作業です。予報通り、前日の雨が嘘のように朝から快晴でした。予定が変わって「10時までの返却で大丈夫」ってなったので、8時から積み下ろしをします。下ろす場所はこちら。その辺に置くと雑草が生えるのを妨げるので、軒下にウマを置いて、その上に積むことにしました。我が家では雑草はヤギの貴重なエサですので、雑草を優先します。ま、ここなら雨にも当たらなくていいですからね。そんなわけで積み下ろし。...

  • 木材の積み込み・久々の英会話(2022年4月29日)

    昨日の記事の続きで4月29日の出来事です。実家で起床しまして、神明神社をお参りして、さて出発。あ、タケノコを冷やす用の氷を買わないと。で、10時前には到着。積み込みを始めます。たくさんありますよ。で、欲しいのを選んで積んでいきます。下地となる横架材は十分にあるので、今回欲しいのは板材です。2トントラックすりきりいっぱい積みました。ロープで縛ればもっと積めますが、今回はそんなにたくさんはいらないので、これ...

  • 地元の神明神社再発見(2022年4月29日)

    4月29日(金)。実家で目覚めまして、木材を取りに出発ですが、その前にある場所に寄りました。実家すぐ近くの神明神社です。実は前夜に遊びに行ったデビル宅でそういう話になり、「672年の創建であり、この近辺でもっとも由緒正しい」ということを知ったからです。672年というと古墳時代(飛鳥時代)で、天武天皇の頃じゃん。ちょうど今、授業で古墳時代をやっているので興味深いですね。というかこういうのって、齢をとるごとに...

  • 旅するタケノコ(2022年4月28日)

    昨日の記事の続きです。実家に行くのか?土壇場で4つくらい「実家に行かない方がいい」的な要素が放り込まれた僕。他のものはどうにか我慢したり、受け入れるとして、貰っちゃったタケノコ(生)だけはどうしよう?家に持って帰ったらタイムロス。人にあげたら不義理。職場の冷蔵庫に入れて置いたら美味しくなくなる。職場で茹でるのはあり得ないしなあ・・・。5つ目の選択肢、思いつきました。実家で茹でちゃう(笑)よし、これで...

  • GWの始まり・愛知県まで木材を取りに行く・神様からのメッセージ(2022年4月28日)

    4月28日。GW前日の話です。GWに一番やりたいのは柵づくりの続き。しかし、もう材料はとっくに使い果たして、そのせいもあって作業が止まっているんですよね。で、その材料は愛知県からもらってきたものなので、追加で取りに行かなければならない・・・。うーん。また2トントラックで、面倒だなあ・・・。今回、行くのであれば4月28日(木)かな。GW前日。この日に出発して、実家で一泊して、翌朝にその材をくれるKさんの家に行けば...

  • 言霊の話

    昨日の記事に関連してですが、言霊のことを書きます。言霊ってのは「口に出した言葉は現実になる」みたいな感じでしょうかね。ま、若干オカルト臭もありますが、これは大切な真理だと思うのですよ。「家庭科の教員免許を取る」という次の夢を思いついたとき、そのすぐ後には僕はそれを知人に話していました。それからもことあるごとにというのは流石に言い過ぎですが、それなりに人に話してきました。嫁さんにも話してきました。な...

  • 人生3回目の大学生活が始まりました

    昨日の誕生日の記事で前振りをしましたが、つい最近始めたことを紹介します。日本女子大学の通信教育課程に科目履修生として入学しました。記事のタイトルの通り、人生3回目の学生生活です。1回目は信州大学教育学部生涯スポーツ課程野外教育専攻というところでした。そこで4年間学んで、まさかの自営業のラーメン屋になる(笑)2回目は日本大学の通信教育部で、高校地歴公民科の教員免許を取るために3年間学びました。ははは。教...

  • 39歳になりました

    毎年定点報告で続けていますが、えーっと、誕生日を迎えまして39歳になりました。このブログを始めて、古民家を購入したときが29歳だったから、もうすぐで丸10年を迎えます。ま、なんというか、最高に幸せな人生ですよ。この世は決して楽園ではないし、人生は決してバラ色ではないですけれども。でも、自分の能力や、今までしてきた失敗、与えられたチャンスなどを勘案すると、なかなかいい人生を送れているように思います。古民家...

  • 今年のヤギの名前について

    今年のヤギの名前について書きます。あと、性格なんかも。ヤギって個性が強い動物です。1年目。左がプッチで、右がキセキ。プッチはやせ型、食べ物にしか興味がないタイプ。キセキは臆病で寂しがり屋だけれども、プッチとか、弱い相手には強気なジャイアニズムをかます奴。ともに元々ついていた名前を使いました。2年目。手前がユチャで、奥がヤギ沼さん。ちなみにヤギ沼さんは元々の名前が「ヤギヤギヤーギ」で、変過ぎたので嫁さ...

  • 夏野菜の種まき・カブトムシの土交換(2022年4月27日)

    昨日の記事の続きで、4月27日の出来事です。夏野菜の種をあれこれ蒔きました。毎年失敗するメロンに今年も挑戦。去年と同じくムーンライト。高い種を、ネット通販で取り寄せ。今年初挑戦のモロヘイヤ。真夏の葉物野菜として、ツルムラサキ、クウシンサイに続く3種類目です。これも種を買って作るのは初めて、落花生。3年前に育てたときは見事に失敗しました。自然農法だといろんな種類の野菜を一つの畝で混植します。その時に、窒...

  • ヤギ飼育の様子(2022年4月下旬)

    今年の飼い始めたばかりのヤギについてお伝えします。ヤギ飼育って大体4月下旬~10月下旬の間ですので、4月に飼い始めるときには半年のブランクがあるのです。おまけに、初対面のヤギだから、性格とか相性もそれほどわからず。毎回ドキドキしますよ。ましてやこの4月25日(月)。ヤギを借りたのはその前の土曜日だったので、この日が初めての平日。ヤギを繋牧して出勤します。ああ、大丈夫だろうか。脱走とかしないかな・・・?そ...

  • 雨で撤収・この低木はなに?(2022年4月24日)

    昨日の記事の続きで、4月24日の作業です。雨が降る前にいろいろと済ませちゃいます。例えばこの低木の邪魔な部分を切っていきます。何が邪魔かというと、これ、ちょうどこれから柵を作りたいあたりに生えてるんです。ということでどんどん切っていきます。これは邪魔ではないので切らない椿なのですが。その足元に椿の苗木がたくさん。やっぱりこうやって、自然に発芽していくものなのですね。3月に、岩を割るときに邪魔で切った部...

  • 【これで完結させたい】ニワトリの脱走防止(2022年4月24日)

    4月24日の出来事です。ヤギさんをお迎えした翌日のこと。この日も朝から空き地につないでおきます。早速なんですが、天候が悪そうなんですよね。しかも注文していた干し草がまだ届かないので、とりあえずは手元にあるものだけで雨天を乗り切るしかありません。ま、とりあえず、雨が降るまでに目いっぱい食べさせておくことですね。ヤギと遊ぶ次女を遠くから眺める。そんなことをしていたら、またニワトリが脱走。ニワトリの脱走除...

  • ヤギちゃん初めての夕べ(2022年4月23日)

    昨日の記事の続きで、4月23日、ヤギをお迎えした日の出来事です。家にヤギを連れて帰ると、チビたちが大喜びで出迎えてくれました。ちなみに嫁さんは通院のために不在。いつもより早い時期なので敷地内の雑草が少なく、例の空き地に連れていきます。ここもまだ雑草少なめですが、長めのリードをつけておけば大丈夫でしょう。ここでも僕も退散。軽トラの返却と、買い物をしてきます。約1時間半後、戻ってきたらこの状態。子どもたち...

  • 今年もヤギ様をお迎えしました(2022年4月23日)

    4月23日はヤギを借りに行きました。ヤギを借りるのは4年目です。1・2年目は4月29日に借りました。その日は毎年休みだし、ちょうど雑草が充実してくる頃だからいいかなと思っていたのですが、去年は同日に行くとすでにヤギが売り切れで借りられず。久々に刈り払い機で雑草と戦うことになりました。そして去年は結局ヤギを借りられたのは7月下旬。めいっぱい3か月借りましたけれどね。ただ、9月を過ぎると日暮れが早くなって、ヤギ飼...

  • タラの芽が採れる(2022年4月下旬)

    また春野菜の話題です。4月22日これは山菜ですが、タラの芽が早くも出ています。同僚ともそういう話になったのですが、今年はどうもタラの芽が早いようです。3月中旬まで寒かったものの、そこから急に暖かくなりましたもんね。そんなわけで、すでにこんなに伸びちまったぜ(笑)タラの芽の手入れの仕方はまだよくわかっていません。このタラの木は3年前に同僚に貰って移植したから、3年目のはずです。あと、これはホウレンソウ。4...

  • 雨に振り回された午後(2022年4月17日)

    4月17日の作業を続けます。朝にいろいろと雑事は片付けましたが、結局はこういう枝片付けですわ。枝が結構片付いてきたので、今度はこういう蔓とか。蔓をどかすとまた枝が出てきて、また枝片付け。その下はこうなっている。これ、どうすればいいの?レーキで集めて乾かせば燃料になるかなあ?そんなことをやっていると、4時半に雨。中に入ります。この日の作業はおしまい?うーん。でも雨雲レーダーを見ていると30分くらいで止む予...

  • ニワトリが脱走する瞬間を撮影(2022年4月17日)

    昨日の記事の続きで、4月17日の出来事です。この日もニワトリちゃんは朝から絶賛脱走中(笑)あれこれ挑戦して、徐々に脱走が上手になっています。それに対応して、こちらもしまうのがうまくなっていますけれどね。作業中にも発見。これ、出ようとしています。こう、見上げて目測しているんですよね。「飛び越えられるかしら・・・」って(笑)で、バサバサっと飛び上がって。脱走完了。ニワトリにはニワトリの用事というものがあ...

  • ついに毒草まで資源化する(2022年4月17日)

    昨日の記事の続きで、4月17日の出来事です。今年もおヤギ様をお迎えするシーズンが近づいてきましたので、毒草でありますスイセンを駆除します。この写真にもスイセンがいくつか。ヤギを飼うようになった2019年からは毎年スイセンの徹底駆除をしていますが、球根が残ってしまう部分があって、まだ出てきます。今年もまた駆除しましょう。この辺は多い。きれいに抜けた図。ここで僕の中に閃くものがありました。きれいに抜いて。畑...

  • ウッドボイラーの煙突がたった1年でダメになってしまった話(2021年4月17日)

    4月17日の作業です。まず、朝一番で煙突の交換作業。煙突が腐食して、穴が開いてしまったのです。この45度部分ですが、こんなにぼーろぼろ。でもこれ、つい最近交換したばかりだよな。って思って、楽天の購入履歴を見ると前回購入は2021年2月。たった1年で穴あきですよ。それにしてもおかしいです。最初に買ったのは丸4年もちました。それが、2本目は1年しかもたない。まったく同じお店の、同じ商品ですよ。というかこ...

  • 蔵の床下の冒険(2022年4月16日)

    4月16日の出来事を続けます。昨日は僕の作業についてまとめましたので、今日は同日のチビたちの活動について書きます。うちの子どもたち、それぞれ小学校4年生・2年生になってパワーアップしています。行動エリアが広がっています。禁止している川遊びを始めたり(笑)この日はこれ。蔵の床下に潜って遊んでいるんですよ。で、「デジカメを貸して」っていうので、しばらく預けました。蔵の床下は僕自身は1回だけ入ったことがありま...

  • まだ枝片付け(2022年4月26日)

    4月16日の作業です。タイトルの通り、また日がな一日枝の片づけをしています。一体、僕は休日に何をやっているのだろう?という感じもしますが、実はこれはこれで楽しく充実した休日だったりするので、わからないものですね(笑)まずは前回片付け残した、このような太めの枝の片づけから。すごく細い枝であれば束ねてある程度コンパクトにして運びますが、太めの枝ですので、1m未満に適当に切って、このようなバラ積みでどんど...

  • とりとめもなく枝片付け(2022年4月10日午後)

    昨日の記事の続きで、4月10日の作業です。タイトルの通りですが、本当にとりとめのない枝片付け作業と、その写真です(笑)この辺はヒノキ。もうね、これを片付けると思うとうんざりするでしょ?(笑)ここもヒノキ。チビたちは空き地でオフロードバイクを楽しんでいます(笑)あとは、ボールをわざと川に落として、拾ったり。その川は「河童がいるから近寄るな」って言ってるだろ(笑)秘密基地で遊んだり。インパクトドライバの...

  • 枝片付け(2022年4月10日午前)

    4月10日の作業です。まずはニワトリの脱走防止。すごく簡易的に、鳥よけの糸を張ってみました。後日談ですが、まだこれではだめでした(笑)続きまして、春の畑がひと段落したので、今度は枝片付けをします。最後に残った枝の山ですが、この図面の中央上の赤丸のところにあります。結構なボリュウムです。こんな感じ。さて、枝片付けはこれでおしまいなので、頑張って片づけていきましょう。天気のいい日だったので、チビたちも出...

  • ニワトリの脱走と磨製石器(2022年4月9日)

    4月9日の出来事を続けます。実はこの日の作業中に見つけたものが2つ。①ニワトリの脱走。うーん。実は子どもたちが「ニワトリが柵を飛び越えているのを見た!」とか言っているのですが、本当のようです。あんまり柵を高くすると、材料が多くなるし、強度も必要になるし、圧迫感も出るので、ギリギリの高さにしちゃったのですが、ダメでしたか・・・。対策を考えなければなりません・・・。あともう一つ発見したのがこちら。近づいて...

  • 畝の中に根がびっしり・自然農法の意味が少しわかった気がする(2022年4月9日)

    昨日の記事の続きで4月9日の作業です。ここの畝にジャガイモを植えていきます。まずは草取り。昨日の記事で述べたように、根は残して、地上部だけを刈り取ります。不耕起の自然農だと、いちいち耕さずに、一回作った畝をずっと使い続けるのが楽なところかな。で、植えていきます。いつもはジャガイモは1列ですが、今回の畝は幅1.2mもあるので2列にしてみます。それにしても、こう。こう、畝の中は根っこだらけ。今までは常に草を...

  • 練り床というものを作ってみた(2022年4月9日)

    4月9日の作業です。えーっと、まずは「練り床」づくり。「練り床」って知ってます?僕は最近まで知りませんでしたし、今でもあまりわかっていません(笑)まあ、そういう、育苗をするところですね。今までは育苗というとポットとかセルトレイを使ってきました。でも、プラ製品だよなあ、とか。あと、種まき培土は流石に高いから使わないけれども、一応やすいプランター用みたいな土を使ってきました。そういう育苗を畑の中でやっち...

  • 雨が降る前に急いで畝均しとか(2022年4月3日)

    一昨日の記事の続きになりますが、4月3日の作業です。前日の4月2日には長女と一緒にすべての畝を立て終わったのでした。この4月3日。朝から天気予報を見てびっくり。なんと午前中から降る予報じゃありませんか。「曇りのち雨」の予報だったので、根拠なく夕方から降るように思っていたのですが、まったく違いました。ゆっくりしていられません。大急ぎでやるべきことをやっちゃいます。ということで、畑。前日の続き。まだ前日は畝...

  • 春野菜が絶好調(2022年春)

    長く厳しい冬が終わって、春が来ました。春野菜が採れ始めています。ということで、今日は春野菜の様子をお伝えします。3月30日。春野菜の初収穫。菜の花類のブーケ(?)です。菜の花っていつもいろんな種類があって、ごちゃごちゃになっちゃうんですよね。えーっと。コカブと、左側はコウサイタイです。4月8日。10個くらいあるキャベツも収穫を始めます。放っておけば菜の花になっちゃうので、どちらでもいいですけれどね。小さ...

  • 畝立てとタイヤ交換(2022年4月2日)

    4月2日の作業です。昼頃に長女が来て、一緒にタイヤ交換をする約束をしていました。長女を待ちながら、午前中は畑作業。前回に引き続き、次女が手伝ってくれました。前回の次女の活躍で、石拾いと山崩しはほぼ完了しています。続きまして、畑を拡張するために枝を拾っていきます。ここは朽ちた生け垣があったところなので、足元は枝だらけ。こんな感じに、バケツ3杯と一輪車1杯分拾いました。続いて畝立て。ここの畝はすでに立てて...

  • 柵づくりの続きと、畑の石拾い(2022年3月27日)

    昨日の記事の続きで、3月27日の作業です。春の畑を始める前に、細々した作業を片付けているんでした。で、堆肥の切り返しをしたり。あとは、柵づくりの続き。ここの柵づくり、2月に撮影が2つあったので、それに備えてわざと残しておいたのでした。それも終わったのでやり切ってしまいます。122cmくらい進みました。これでいよいよ材料が底をついたので、柵づくりはいったん終了です。またどこかで材料をもらってきましょう。切り返...

  • 畑の現状(2021年3月27日)

    昨日の記事の続きで、3月27日の出来事です。そろそろ春の畑を始めるのですが、その前に現状確認を。畑はいろいろとあって、カオスなことになっています。右側から順番に。アブラナ科の畝。白菜は収穫済みで、キャベツは10玉くらい残っているかな。でもキャベツ、大きくもなっていないし、どうしようかという代物。放置して菜の花にするか?同じ畝の隙間にはほうれん草も。あれこれ密植した畝で、厳冬を乗り越えたものだけが生き残...

  • 堆肥の切り返し(2022年3月27日)

    昨日の記事の続きで、3月27日の作業です。石割りが終わった続きですね。続きまして、やるべき作業がいくつか。例えば春の畑が始まります。枝の片づけもしないと。柵づくりの続きもしないと。という感じなのですが、これらはどれも取り掛かるとそれなりの日数がかかりそうです。そういうのを始めちゃうとしばらくは他の作業ができなくなっちゃうので、こういう作業の途切れめに、細かな仕事は片付けちゃいます。例えば堆肥の切り返...

  • 地区総代の引退・石割り完了(2022年3月27日)

    3月27日の作業です。朝は地区総代の引継ぎ。やっと終わりましたー!!で、そんな最後の引継ぎも1時間くらいで終わり、作業開始。石割りの続きです。ざっと3つの割れているのですが、まだ大きいです。もっと運べる大きさまで割っていきます。前日にたまった雨水が出てきました(笑)さて、割っていきます。割と狙い通りに割れました。写っているのは長男の手とサッカーボールです。叩いたら割れそうな部分があったので、掛矢でただ...

  • 石割りの続き(2022年3月27日)

    3月26日の作業です。朝から石割りの続き。というか、いつ雨が降ってもおかしくない状況だから、さっさとやらないと。この右側がまだまだ大きいから、こちらを割っていきます。穴を開けまして。せり矢を入れまして。ん?不穏な方向にヒビが入っていきます。あちゃー。変な方向に割れちゃった。僕の石割り経験が少なすぎて、どうやればどうなるのか分かりません。というかこれ、なんていう種類の石だろう?古民家再生で木材を覚え、...

  • 岩が割れたよ!(2022年3月21日)

    昨日の記事の続きで、3月21日の作業です。生まれて初めて「せり矢」という道具を触りました。「せり矢」なんて、百均しか知りませんでしたよ(笑)えーっと。いろんなサイズがありまして。よくわからない。あと、何本必要なの?とりあえず19mmを3本用意してみました。youtubeなんかでも岩を割っている動画はありますが、この辺りのことを包括的に説明してくれている動画はありません。3か所の穴を開けて、せり矢を入れていきます。...

  • 石を割るという選択肢(2022年3月21日)

    昨日の記事の続きで、でかい岩をどうするかって話です。岩をどかすか?岩を回避して柵を作るか?という中に出てきた第三の選択肢。岩を割っちゃう?え?できるの?やったことありません。でもこれが一番面白そう。ブログ的にもネタになる(笑)やってみることにしました。岩の状態ですが、このように枯れ木にもたれかかっている状態。まずは転がす必要がありそう。ということで、枯れ木を切っていきます。ドキドキ。だって切りすぎ...

  • 巨大な岩をどうするかという問題

    昨年末より柵づくりをしているわけですが、その中で一つ困ったことが起こっています。それがこちら。この岩なんですよね。朽ちた長い切り株があるじゃないですか。ここが敷地の境界なので、ここに柵を作ります。ただ、岩があるので、ニワトリはその岩を足掛かりに飛び越えてしまいそうです。いや、そもそも岩が邪魔してこのラインに柵を作れないのでは?という状態。今まで、結構大きな岩もチェーンブロックで持ち上げてから一輪車...

  • 桜の太い枝を片付け終わる(2022年3月21日)

    3月21日の作業です。春分の日です。毎週土日が地区の用事で潰れまくっていますが、この日だけは完全なオフでした。ということで、作業を頑張りましょう。こんな感じの桜の太めの枝を片付けていきます。うーんと。薪にしても、ウッドボイラーの燃料にしても、どちらにしてもいい感じの太さです。そういう時、どちらにするかと思いますか?答えはケースバイケースなのですが、今回はウッドボイラーの燃料にしました。薪は3~4年分く...

  • 桜とマツの枝片付けが完了(2020年3月20日)

    3月20日の作業です。また例のごとく、夕方は地区の会合で潰れました。ははは。まずは残った桜の枝片付け。こうやって一輪車に積んでから縛ると捗ることがわかりましたので、そうします。片付きました。残ったのは朽ちた部分だけ。9束かな?出来ました!なんだかんだで、こういう太い部分がありますが、またあとで片付けることにして、次の作業に入ります。続いて松の枝葉。これも生のままでは煙ばかり出るので、このままでは燃料に...

  • 葦簀を燃料に(2022年3月19日)

    3月19日の作業です。朝からウッドボイラーの灰取り。燃料の一次置き場。もうあと、たったこれだけしかありません。1.5日分といったところです。とりあえずこういう枝系の燃料はこれでおしまいです。残りはしばらく乾かさないと燃やせません。でもまだ、他の燃料もあるから大丈夫。例えばこれ。葦簀(よしず)です。職場の廃品を引き取りました。こっちの葦簀は、ジモティーで知り合った方が持ってきてくれたもの。こういう葦簀をと...

  • ニワトリの脱走(2022年3月14日)

    3月14日の出来事です。えーっと。普通に仕事の日ですね。帰るとこんな状態。柵の外にニワトリ×3。柵の内側に僕。うーんと?ニワトリが脱走?で、僕が柵の中で飼育されている?みたいな状態。理由はすぐにピンと来たのですが、ここの赤丸の部分。このネットが緩んで隙間ができていたのです。なんとなく気づいていたのですが、そのままでした(笑)そこから脱走して、あちこちを気ままに歩いて、家に帰ろうとしたら柵に阻まれて帰れ...

  • 桜の枝片付け・続き(2022年3月13日)

    3月13日の作業です。まず午前中は地区の井浚い。「井浚い」って知ってますか?「いざらい」って読みます。うーんと。田舎あるあるだと思うのですが、春に、雪解けのころに?田植えとかを迎える前に?用水路を掃除すること。だから、どぶ浚いではなく、基本的に用水路の方ですね。そういうのをやりました。今年は本部役員として。参加は今年で6回目だけれども、まずまず楽しいです。地区の仕事で、こういう体を動かす系は結構好きで...

  • 桜の枝片付けと、カブトムシの幼虫(2022年3月12日)

    昨日の記事の続きで、3月12日の作業です。薪割りが完了したので、午前中の残った時間で桜の枝片付けを始めました。で、ですね、いきなり夕方5時半の写真(笑)3月で地区の役員が終了するのですが、3月はラストスパートで毎週土日が見事にその仕事が入っているのですよ。この日の午後は、翌日の井浚いの準備だったな・・・。まあいいや。で、夕方に細々した作業をしていたのですが、そこで僕はとんでもないものを発見したのですよ。...

  • 薪割りが完了(2022年3月12日)

    3月12日の出来事です。一昨日の記事で書いた通りですが、寒い日が続いている今年の春で、この日が初めて春らしい陽気となりました。というわけで、敷地の中で春を探します。一昨日の記事で上げた梅の蕾はその中で発見したもの。わー。これは。栗の木についた大量の虫。カイガラムシですかね。春一番に嫌なものを発見しちまったぜ・・・。春が来たので、畑の不織布を取り払ったり。もうあとわずかに残っているだけの、薪の玉を割っ...

  • 雨の休日

    珍しくリアルタイムの話です。今日は午前中いっぱいは農作業ができたけれども、午後からは雨で家の中にいました。まあでも、午前中いっぱいだけでも天気が持ったのは幸運でしたね。で、午後は家でのんびり。天気予報では「晴れのち雨」というのは知っていたのですが、なんとなく「夕方から降る」と思い込んでいたので、特にやることも考えていず。不意の、雨天休業。とりあえずは、嫁さんと一緒に「長いお別れ」という映画を観まし...

  • 今年の春は寒かったという話・生物季節観測

    今年の春は寒かったですね。3月中旬からようやく春の陽気になりましたが。梅の開花も遅かったです。ところで、気温などの数値ではなく、桜の開花などの生き物の営みで季節を観測するものがありましたよね。それが継続できなくて、廃止になるということで、ちょっと前にニュースになっていました。あれ、なんだったっけ?と思って検索してみると、正確な名称は「生物季節観測」。そのまんま過ぎる(笑)まあ、気象庁がやっていたこ...

  • 嫁さんのお友達と一緒に薪割り(2022年3月6日午後)

    昨日の記事の続きで、3月6日午後の作業です。午後一番で嫁さんのお友達(ママ友)であるHさんが来てくれました。目的は薪割り体験と、あとはリノベーションの相談です。ご実家をリノベするか、ご実家を売却して新たに購入した物件をリノベするか、そういう相談でした。まあ、まだ具体的な話ではないし、物件の間取り図とかそういうのがあるわけではないので、ほんの「導入」程度の話しかできませんでしたが。そんな話を一通りした...

  • 初めてのホオの薪割り(2022年3月6日)

    一夜明けて、3月6日の作業です。まずですが、ずっと使ってきたボロボロの薪割り台を更新。ずっしりと重い松にしました。重くて安定するし、松だからそこそこ腐食にも強く、長持ちすると思います。ま、薪割り台なんてなんでもいいんですけれどね。ただ、ちょうどよい玉があるうちに更新しておきます。実はこの日は、午後から嫁さんのお友達(長女のママ友)が薪割り体験に来ます。午前中は一人で薪割りです。割りやすい玉は午後に取...

  • 微妙な太さの枝を結局薪にした(2022年3月5日)

    昨日の記事の続きで、3月5日の作業です。玉を運んでもらって、ついでなので、こういう枝類もみんなで運んできました。家族総出で作業なんて滅多にないので、ここぞとばかりに手伝ってもらいました(笑)細い枝類は1m未満に切って、空っぽになったばかりの燃料二次置き場に積んでいきます。生木なので、半年くらい乾かしてから燃料として使います。あとはこういう太めの枝。微妙な太さのがちらほら。薪には細いし、ウッドボイラー...

  • ホオ・スギ・サワラの玉を運ぶ(2022年3月5日)

    昨日の記事の続きで3月5日の作業です。薪小屋の隣にめいっぱい運んでおいた玉は、この日の午前中までで割り終わりました。午後には家族と一緒にまた玉を運んでくる約束をしています。家族が来てくれるまでの間、一人で片づけ物をしていました。玄関の横にある燃料一次置き場の枯れ枝がもう少しで終わります。薪小屋にある燃料二次置き場の枯れ枝を一次置き場に移動させますが、この二次置き場もかなり枯渇していますねえ。枯れ枝は...

  • スギ・サワラの薪割りの続き(2022年3月5日)

    3月5日の作業です。また午後には家族で玉を運ぶ約束をしましたので、午前中に薪小屋の横に積んである玉をすべて割ってしまうことにします。残りはこれだけ。いろいろあってすでに10時27分ですが、何とか午前中いっぱいで割れる量でしょう。明らかに嫌な節だなあ。しかし、割れました。こういうこともあります(笑)これは流石に無理でしょう。源氏パイみたい(笑)形は源氏パイだし、節だらけだし、割れる気がしません。というのと...

  • ニワトリの可愛い寝姿!(2022年2月27日)

    昨日の記事の続きで、2月27日の出来事です。もう、作業は終わって撤収しようかと思ったその時、僕は見ました。ニワトリの可愛い寝姿。今までって、ニワトリはそもそも産卵箱の中で寝ていたり、産卵箱の前の止まり木で寝ていたので、ニワトリの寝姿をちゃんと見たことがなかったのです。扉を開けるとすぐに起きてしまいますしね。それが年末年始あたりで産卵箱の片方を撤去したので、その部分が丸見え(網はあるけれども)となりま...

  • ひたすらスギとサワラの薪割り(2022年2月27日)

    昨日の記事の続きで、2月27日の作業です。玉を運び終わっちゃったので、もうあとは割るだけ。どんどん割りますぜー。しかもずっとイチイ・マツ・サクラと割りづらい玉が続いていたところに、久々のスギとサワラ。腕が鳴るぜ(笑しかし、案外硬いでやんの(汗)一番根元とはいえ、5発も打ち込んで割れないとは・・・。仕方ないから楔で割る。割ってみると小さいとはいえ、節が3つ。うーん。これで割れないものか・・・?根元の玉だ...

  • 家族で玉運び(2022年2月27日)

    昨日の記事の続きで、2月27日の作業です。珍しく嫁さんが作業を手伝ってくれて、割った薪を薪棚に積む作業をやってくれました。ついでなので、玉を一緒に運びます。すでに松と桜の玉は割り終わったので、残るはこちらの蔵の横にある玉のみとなりました。スギやサワラや朴などの玉です。こんな感じ。これを一輪車でピストン輸送します。すぐに飽きて遊び始める子供たち。まあ、賑やかしです(笑)スイッチが入るとよく働くんですけ...

  • 桜の薪割りが完了と薪運び(2022年2月27日)

    2月27日の作業です。まずは、昨日も載せました、26日作業終了時の写真。前日は夕方に地区の会合があったため、薪は割りっぱなし、しかも少しだけ割り残しもある状態で作業を終えたのでした。ということでこの日の作業。実は薪運びは家族がやってくれそうなので、僕は割る方に専念します。これは薪運びのビフォーかな。最後に残ったボス級。えい!じゃあ、運びましょう。長男が来てくれました。薪はこの量。一輪車は深型と浅型の2台...

  • 桜の薪割りがほぼ完了(2022年2月26日)

    2月26日の作業です。この日の目標はこの残った桜を全部片づけること。ということで、割りますよー!たった1玉でこの量!(しつこい)こういう困ったちゃんもあったりします。腐って、中がスポンジ状になっているので、割れない。斧の運動エネルギーが吸収されてしまいます。あと、こういうの。絶対に割れない木目。これもなあ・・・。結局チェーンソーで挽き割るしかない。これは・・・?こうなっちゃってるパターン。こんなのを薪...

  • 次女・今年度の読書の結果

    子どもに感心させられた件 - 2021.09.20 Mon次女の読書について・追記 - 2021.09.23 Thuこちらの記事の続きを書きます。半年前にお知らせしました、次女の読書量について。これが半年前の読書量でしたね。9月時点。学校としては前期が終わるところで集計したのだと思います。この時点で次女は全校1位の307冊。これがどれくらい伸びるのかということですが。最近結果が出たのでお知らせします。それがこちら。3年生のところなのです...

  • 妻とのデートとアーサー・ランサム全集の話(2022年2月25日)

    2月25日の出来事です。古民家に移住して以来、毎年2月には嫁さんと一緒に平日休みを取って、デートするようにしています。ということで、この日はデート。コロナとか、まんぼうとかの真っ最中なので、遠出とかせず、ちょっとご飯を食べに行ったり、その程度ですけれど。かわいい嫁さんと一緒に過ごせるだけで、最高の一日です。さて、それで帰宅すると、こんなものが届いていました。これ。まあ、本です。古いので、結構汚れていま...

  • 薪割り中の怪我に注意(2022年2月23日)

    昨日の記事の続きで、2月23日の作業です。薪割りをしている僕の近くで、チビたちが楽しそうなことを始めています。この、雪が落下してできた山脈(?)の上で・・・。決闘しています。楽しそう(笑)滑ってリングアウトするおまけつき(笑)広い敷地を管理するのは大変ですが、やっぱり子供が遊べるフィールドとしては最高です。さて、薪割りの続き。残りはこれだけ。遊び終わった長男が、この日も薪運びをしてくれました。小1な...

  • 【感謝】人生の宝物のような映像を作っていただきました

    以前の記事でも書きましたが、テレビ局とはまた別で、1月にもう一つ取材を受けていました。柵づくり19・また違う取材(2022年1月23日) - 2022.02.19 Satこちらの記事ですね。で、その時に収録した内容を編集した映像ができたと、昨日連絡が入りまして。見てみたらびっくり。クオリティー高すぎます!なんか、僕じゃないみたい!見た5秒後には全身で違いを理解しました。やっぱりテレビって、「視聴者受け」っていうのが前面に出て...

  • 丸太トングを導入してみた(2022年2月23日)

    昨日の記事の続きで、2月23日の作業です。斧を研いだ後はこれ。丸太トングを買ってみました。開くとこんな感じ。伐倒してもらった業者さんに玉切りについて聞きまして。玉きりって、薪づくり一連の作業の中で最も面倒で、腰が痛くなる作業なんですよね。うまい方法はないかなと思って。そしたら答えの一つが「丸太トングを使うこと!」だったわけです。なるほど。丸太トングを使うことで、腰をあまりかがめなくても薪をつかめます...

  • 久々に斧というものを研いだ(2022年2月23日)

    2月23日の作業です。庭木の伐倒に伴って大量の原木が出てきて、絶賛薪割り中です。しかも硬い松と桜。斧が弾かれてしまうので、仕方なくチェーンソー+楔である程度割ってから、斧で割っています。それにしても斧が入らない。ということで、斧を研ぐことにしました。このヘルコ・スプリッティングマスターは、元々の刃が鋭くないのです。今まではそれでもほぼ問題なく割ってきましたが、今回は弾かれてしまうので、ついに研ぐこと...

  • この野菜の名前、教えてください

    先日、ご近所さんからいただいた野菜なのですが、名前がわからないのです。誰か教えてください。どこかの直売所で買ったような袋に入っていました。こんな感じ。これが根っこ?この上側のモヤシみたいなのが根っこなのか?本体なのか?でも、下にも小さな根っこの痕跡みたいなのがあるし・・・。食べ方は「きんぴらか天ぷら」と言われました。しかし、きんぴらにしても、みそ汁にしてもいまいち。天ぷらにすると玉ねぎを凝縮したよ...

  • 敷地のビフォーアフター

    昨日までで敷地の変遷についてお伝えしました。今日は敷地のビフォーアフターをお伝えします。古いいくつかの写真をもとに、同じようなアングルで写真を撮ってきました。古い写真をもとに、8つのほぼ同じアングルで写真を撮ってみました。「い」のアングル。中央に見えるのは柿の木です。まだ購入前の写真。まさかこの家を本当に購入して、こんなことになるなんて思いもしなかったです。アフター。柿の木と茶室はそのままですが、...

  • 敷地の変遷・後編

    昨日の記事の続きで、敷地の変遷後編をお伝えします。2013年11月12日。古民家再生が始まった初年ですが、さっそく2回目の大規模伐採が行われました。合計4回やった大規模伐採の中で最大規模のものです。クレーンを使った特殊伐採をやりまくっています。せっかくクレーンを呼んでいるので、切るべきものはみんな切っちゃいますよ。蔵と敷地境界の間。切り株だけ見ても、すごい量の屋敷林があったことがわかります。これら切った木は...

  • 敷地の変遷・前編

    2月20日の作業で我が家の大規模な伐採は終了しました。せっかくの機会なので、敷地の変遷などについてまとめてみたいと思います。まず、古民家再生ですが、それをやるうえで敷地の片づけはおそらく避けて通れないと思います。・敷地の片づけ・ゴミ片付け・母屋の再生あたりは、古民家再生の3点セットと言えるのではないでしょうかね。ゴミ片付けは、運が良ければ売主側がすべて済ませてくれていることもあります。それならラッキー...

  • 桜の薪割り(2022年2月20日)

    昨日の記事の続きで2月20日の作業です。業者さんが帰った後も桜の薪割りを続けていきます。既に割ったのでこの量。続いてこちら。まあ後は同じことの繰り返しで。こう、チェーンソーで切れ込みを入れてから、楔を打ち込んで4等分までは割り、そこからは斧で割ります。たった1玉で、この量!長男(小1)が出てきて暇そうにしていたので、薪運びをしてもらうことにしました。薪を一輪車に積んで薪小屋に持ってくるところまでは僕が...

  • 庭木の伐倒が完了・桜の薪割り(2022年2月20日)

    昨日の記事の続きで、2月20日の作業です。松の薪割りが終わったので、続いて桜をやっていきます。桜・・・。桜も薪割りをした経験はあまりないですが、やっぱり大変でしょうね。広葉樹ですし。そして、この太さですし。こんな感じ。株元の方は、40cmの玉でも持ち上げるのもやっとの状態。では、やっていきましょう。ちなみに薪割台はそのまま、桜の切り株です。斧では弾かれて話にならないので、楔を使っていきます。半分にしても...

  • 庭木の伐採4・松の薪割りが完了(2022年2月20日)

    一夜明けて、2月20日の作業です。業者さんは朝からまた伐倒作業。この日のうちに終わります。そうそう。前日夕方から降った雨が、夜更け過ぎに雪へと変わって、積もっていました(笑)うっすらですが、プチ面倒☆この真ん中下の2本を挽き割り用の作業台にすると楽だということを発見したので、そうやっていきます。全部挽き割ったら大変だから、半分にしたところからは斧で割っていきます。てい!陽が差すと雪が融けて、あっという...

  • 庭木の伐採4・多分初めての松の薪割り(2022年2月19日)

    昨日の記事の続きで、2月19日の作業です。業者さんが庭木の伐倒をしてくれているので、一人で薪割りをしていきます。昨日の記事では自分で伐倒したイチイの薪割りが完了したところまで書きました。続きまして、伐倒したばかりの松。松の薪割りは初めてだと思います。あ、廃材では松が多いので、それはかなり割っていますが、こういう生の玉の松は初めてっていう意味です。まあ、いかにも粘りがあって、割りづらそうな樹種ですよね...

  • 庭木の伐採3・暇だから薪割りを始める(2022年2月19日)

    昨日の記事の続きで、庭木の伐採を続けています。業者さん2名で分散して伐倒をしておりまして、ぶっちゃけ、僕の役割はありません。とりあえず松の玉は運びましたけれどね。こう、なんか、寂しいものですね。思えば9年間の古民家再生で、業者さんと一緒にやった作業よりも、自分一人だけの作業の方が大半。常に自分が主役でした。それが、業者さんにお願いすると、自分はわき役になってしまいます。最近では、去年5月の蔵の再生も...

  • 庭木の伐採・桜の伐倒まで(2022年2月19日)

    昨日の記事の続きで、庭木の伐採の話を書きます。まず1本目の、松の伐倒が終わりまして、業者さんは2か所に分かれての作業を始めました。片方はこの針葉樹などの林。もう片方はこの桜と松。針葉樹林の伐採。こちらでは松の片づけ。僕はというと、松の玉が次々とできていくので、その片付け。あまりに大きくて、一輪車に1つしか載りません(笑)それにしても松はやはり重いです。薪小屋のすぐ隣に積んでいくことにします。ここに積...

  • 庭木の伐採1・松の伐倒まで(2022年2月19日)

    2月19日の作業です。この時の土日で業者さんと一緒に木を伐倒するという約束でした。我が家には桜が1本、松が1本、朴が1本、杉・檜・サワラが数本と、明らかに庭木のサイズを超えた木が10本くらい残っています。これでも随分と伐倒したんですけれどね。それらの残りを伐倒してしまおうというのが今回の計画。なぜ伐倒するかというと、それぞれに一応理由がありまして。まず、桜は腐っています。毎年きれいな花を咲かせてくれるんで...

  • ついにネズミを捕獲!(2022年2月18日)

    昨日の記事の続きで、ニワトリ小屋のネズミの話です。昨日の記事では侵入を防ぐ試みをいくつか書きましたが、どれも失敗。栗のイガをこれでもかと詰め込んでも、ダメでした。ネズミの執念と突破力はすごいです。じゃあってことで、作戦変更。捕獲しましょう。しかし、トムジェリに出てくるようなばね式の罠ではだめですね。あんなのを仕掛けたら、ニワトリが引っかかります(笑)じゃあってことで、こんなやり方。ばね式の罠を仕掛...

  • ネズミとの戦いinニワトリ小屋(2022年1~2月)

    なんか最近、投稿が遅れてしまって。ウクライナのニュースばかり見ていては良くないですね。情報過多は心によくありません。さて、今日はネズミとの戦いについて。昨年末に母屋にネズミが侵入してくるようになったのは、何とか撃退しました。で、今年の厳冬。どうも特に冬場のネズミというのは、丸1日絶食すると餓死するようなのです。これだけ寒いと餌も減り、体温維持のためのエネルギーも必要となって、ネズミを餓死させるには...

  • テレビ出演の裏話

    今日はヒルナンデスに出演した裏話を少しだけします。まあ、あまり暴露するのは品が良くないと思うので、少しだけ。まず、12月のタレントさんが来たロケですが、本当にバタバタで、ものの50分で撮影していきました。すごい強行軍。さらに、後日の収録も長いとは言っても2時間ちょっと。うーん。大変です。その間で外観やら、あれやこれやをすべて撮影しないといけないですから。そして仕方ないのですが、丸ごとカットされたシーン...

  • テレビ収録の日(2022年2月13日)

    ヒルナンデス出演から2週間近く経ちまして、ほとぼりも冷めてきましたし、時系列的にも追いついたので、そろそろ収録について書くことにします。そもそもの話として、12月10日くらいに出演の打診が来まして、そのまますぐにスタッフが来てのロケハン。12月20日くらいにタレントさんが来ての収録。さらにこの2月13日に事後の収録と、3回もお付き合いすることになりました。まあ、大変ですよ。で、その日は朝の11時からスタッフ3名が...

  • 分業と協業のかまくらづくり(2022年2月12日)

    昨日の記事の続きで2月12日の出来事です。雪が残っている中ですが、丸一日柵づくりをしまして、作業終了。と思っていたら、暗闇の中で何かやっている人たちがいる(笑)前日に作ったかまくらをリノベーションしている人たち(笑)元々はプレーンな仕上げだったのですが、それをレンガ調(?)にアレンジしているらしいのです。しかもですね。こう・・・、ちょっとわかりづらいのでアップにしてみますね。長男がスコップに雪を載せ...

  • 柵づくりを進めてみる(2022年2月12日)

    2月12日の作業です。一応時系列を書いてみますと、2月11日は大雪が積もった日でした。久々の雪遊び(2022年2月11日) - 2022.02.11 Friこの記事ですね。で、今日の記事はその翌日。3連休2日目。まだ雪が積もったままですが、そんなことを言っているといつまで経っても進まないので、頑張って作業します。長靴と合羽があればできるさ(多分)朝からかわいい顔をしたニワトリちゃんが励ましてくれました。美人さんですね、この子。そ...

  • 枝の片づけが完了(2022年2月6日)

    2月6日の作業です。まず、朝から雪と雨で、仕方なく午前中は買い物に。午後から作業。もう3時近いですが、この日のうちに枝の片づけは終わらせたかったので、頑張りますよ。外に放置してあった枝はこう、氷漬け(笑)残りあとこれだけなので、枝片付けを終わらせちゃいます。またもニワトリに絡まれる(笑)子どもたちが出てきました。イチイの葉っぱも氷漬け。調べてみるとこういうのを「雨氷」っていうらしいですね。うひょう!...

  • また枝片付けの一日(2022年2月5日)

    タイトルの通り、また枝片付けの一日です。地味っすね。あ、そうそう、地味な本題に入る前に少し華やかな話題を。少しだけですよ。嫁さんに「職場のお昼ご飯にすき焼きを持っていくから、卵を包んで♪」ってお願いしたら。こうなっていました(笑)これ、リンゴ箱の中敷き(?)です。それに嫁さんの落書き。いちいちこんな落書きをしてくれる嫁さんが可愛くて仕方ありません(結婚12年目w)。さて、それでは地味な話題を。枝片付け...

  • グルテンで遊んだ夜(2022年2月1日)

    うちのブログって、時々はその日にあったタイムリーな内容とかも書きますが、基本的にデジカメに撮りためている写真を過去から時系列に沿って載せていくやり方です。もちろん、ブログの趣旨に合った写真をですね。で、今日のは古民家再生とは関係ないから、載せようかどうか迷ったのですよ。結局、載っけちゃいます。古民家再生とは関係ないですけれどね。家族の話かな。しかも写真、途中経過は一切なくて、最後に一枚だけです。ま...

  • 一日中枝片付け(2022年1月30日)

    1月30日の作業です。前日に続いて、枝の片づけです。この日はこの一番でかい山に取り組みます。あ、その横にも小山が。そういう枝を、ウッドボイラーに入れやすいような大きさで、なるべくまっすぐになるように折ったり切ったりしながら、整えていきます。こちらは朽ちさせる生枝。こちらはすぐに燃やせる枯れ枝。よってくるニワトリ。こっちの山、先に生枝を片付け終わりました。この日の作業、もう疲れちゃうので、キャンプチェ...

  • 枝の片づけを始める(2022年1月29日)

    昨日の記事の続きです。ウッドボイラーの煙突掃除と、灰取りが終わって、他の雑事をこなします。味噌樽と一緒に貰った「たが」。これも燃料にします。あと、そろそろコンポスターの更新。柵づくりによって畑のレイアウトが固まっていくので、測量して新しい位置を決めます。という作業をしていたら、こんなのを発見。多分、ネズミの巣です。ネズミって、どこでどんな風に暮らしているんでしょうね。コンポスター用の穴を掘っていた...

  • ウッドボイラーの灰にどれだけの屑鉄が含有されているか御覧にいれよう!(2022年1月29日)

    今回のタイトル、大仰な感じがしますが、ちっとも大したことありませんよ(笑)昨日の記事の続きですが、ウッドボイラーの煙突掃除をしたついでに、ウッドボイラーの灰取りをしました。灰取りビフォーは撮影し忘れ。灰取りアフターの写真から。灰の真ん中に鉄パイプが見えますが、これがブロアの吹き出し口です。この鉄パイプにフラットになるくらいにするのが、灰取りの目安です。ウッドボイラー本体を守るためにある程度の灰は必...

  • ウッドボイラーの煙突を本格的に掃除(2022年1月29日)

    1月29日の作業です。朝はまず、ウッドボイラーの煙突掃除から。昨日の記事でも書いたあれですが、味噌樽が燃えにくくて。多分味噌樽の塩分のせいと分かってはいたのですが、念のために煙突の詰まりも疑ってみました。そうそう。味噌樽を燃やすと結構煙が出たんですよね。燃えにくくて、煙が出る、というのは煙突詰まりの症状でもありますから。ということで、煙突掃除。詰まっては無さそう。あれこれ分解。ここの煙突。もうちょっ...

  • 燃料としての味噌樽(2022年1月25日あたり)

    今日のタイトル、何かの論文っぽいですね。アカデミックな香りがします(笑)さて、味噌樽。一般的な意味での味噌樽というのは、味噌を作ったり入れておくための容器であり、燃料ではないですよね。しかし、時が流れて、自宅で味噌を作らなくなる時代がやってきました。味噌樽、用済みです。で、壊されて、ゴミ。のはずですが、近所にそういった廃材類を燃料として引き取ってくれる家があるのでそこに持っていく。そんな話です。我...

  • 柵づくり19・また違う取材(2022年1月23日)

    1月23日の出来事です。実はこの日はヒルナンデスとはまた違う取材がありまして、午後までその対応をしていました。ロケ中。内容はやはり古民家再生と自給的生活。もう少し掘り下げられると面白いのですが、尺があるので広く浅くになってしまうのは仕方ありません。今回のロケで一番面白かったのがこちら。ドローンです。実物を見るのは初めて。家族で大興奮。業務用だから高性能そうです。ドローンが帰ってきました。親切に子ども...

ブログリーダー」を活用して、野人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
野人さん
ブログタイトル
伊那谷の古民家再生
フォロー
伊那谷の古民家再生

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用