searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tobejiさんのプロフィール

住所
武蔵野市
出身
長野市

鉄道については、写真撮影の他にもニュースで紹介されていることについて自分なりに斬っていきますwwwwwwまた所々アニメキャラが出てきます。その方々については基本的に自分で調べつつ、分かるからはそのキャラに変換させて妄想して楽しんでください ^^;;;;;;

ブログタイトル
超特急TB号
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tobeji/
ブログ紹介文
鉄道関係や、国内での一人旅。時々グルメ関係です。
ブログ村参加
2009/07/07
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、tobejiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tobejiさん
ブログタイトル
超特急TB号
フォロー
超特急TB号

tobejiさんの新着記事

1件〜30件

  • 朝食前の志摩半島沖航行と最新船レストラン(2日目その1)

    初めての方は1日目その1から読んでくださいその2はこちら その3はこちら その4はこちら前回の記事はこちら 11/20 7時ごろに起床してデッキへ。 次のモニターと併せて見ると大体志摩半島辺りとなります。 4階モニター。 こちらは時間ごとに写真の船の位置、東京と九州

  • 出航へ(1日目その5)

    初めての方は1日目その1から読んでくださいその2はこちら その3はこちら前回の記事はこちら ここからは某おじさんYoutuberっぽくなっていきますが、 自販機は4階エントランスの、部屋側入口脇にあります。また給湯器や洗面台もその隣にあります。 メインエントランスの一

  • 自室とメインエントランス散策(1日目その4)

    初めての方は1日目その1から読んでくださいその2はこちら前回の記事はこちら まずは真っ先にこの日の自分の部屋へ行き、大きな荷物を置いて行きました。 今回利用したのはツーリストS。入口はこのように一纏めになっております。 その後個別の部屋へQRコードをかざして、

  • いよいよ東京九州フェリー船内へ(その3)

    初めての方は1日目その1から読んでください前回の記事はこちら 東京九州フェリーの横須賀のターミナルへ。 奥には今回乗船するはまゆうが停泊しておりました。 QRコードをダウンロードして、乗船受付等はせずこのまま2階へ。 2階の待合室。 やはり人がいたり売店が営業

  • 夜のフェリー発着地へ(その2)

    初めての方は1日目その1から読んでください 前回の金沢八景より。 ここから京急線へと乗り換え。 快特に乗車。 焦っていたためピントも碌に合っておらずこんなのになってしまいましたが。 何気にステンレス全面塗装編成へと初乗車となります。 横須賀中央は次の停車駅

  • 初のフェリー弾丸旅:ハマの新交通周りで乗船場へ(1日目その1)

    昨日まで海が比較的穏やかな時期を利用して、動画でよく紹介されているフェリー弾丸旅を実際にやっていきました。 11/19 まずは出発地点の錦糸町へ。 ここで夕食を済ませ、 横須賀線直通で横浜へ。 出たばかりのE235系にしても、余命宣告を受けているE217系のどちらにし

  • さよならE4系:最後のE4系サンキューMaxとき出発(最終・その3)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら 続いて両先頭車にあるE4系を模したステッカー。 行先表示は消えておりますが、到着時出発時共に団体と表示されておりました。 8号車側の先頭車は案の定混んでいました。それでも定期運用最終日よりはましでしたが。 

  • サンキューMaxときの上り列車入線(その2)

    初めての方はその1から読んでください。 前回出ていた停車位置目標から待機場所の7号車へ向かう途中。 そういえばこの2日前が鉄道の日だったので、NewDaysとKIOSK共同でこんなキャンペーンをやっておりました。 そこに銚子電鉄と共にE4系も載っております。 そういえば今

  • 最後のE4系サンキューMaxとき:臨時に残るE4系遺品(その1)

    最後に今月16日に、最後のE4系運転となる団体列車の出迎えへ再び東京駅へ。この列車は申し込みをしましたが落選。以前のもの2月乗車時はこちら9月E4系最終乗車旅その1はこちら その2はこちら その3はこちら その4はこちら その5はこちら その6はこちら その7はこちら 

  • E4系最終乗車旅:引続き車内散策(最終・その13)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら その7はこちらその8はこちら その9はこちら その10はこちらその11はこちら その12はこちら 2号車のデッキ。 車場に搭載している機器の違いかと思いま

  • 帰りはE4系車内散策(その12)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら その7はこちらその8はこちら その9はこちら その10はこちら前回の記事はこちら 14:09にMaxとき326号が入線。 ホーム上には東京駅以上の人だかりがあり

  • 新幹線乗り場へ戻りお別れE4系関連撮影(その11)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら その7はこちらその8はこちら その9はこちら前回の記事はこちら 14時前に新潟駅へと戻りました。 写真はぽんしゅ館。 てっきりぽんしゅ館が駅構内へ移転

  • 最後に新潟が推しているアニメ・漫画関係施設へ(その10)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら その7はこちらその8はこちら前回の記事はこちら また循環バスで1区間だけ乗車。 万代の方まで歩き、万代シティ内にある新潟市マンガ・アニメ情報館へ。 

  • 煎餅名の展望台からの新潟市街(その9)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら その7はこちら前回の記事はこちら 最上階のBefcoばかうけ展望室へ。 まずは展望室内にあるレストラン脇の南西方向から。 柳都大橋や萬代橋などの信濃川

  • 煎餅名となった朱鷺メッセへ(その8)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら その6はこちら前回の記事はこちら 再び循環バスに乗車して、柳都大橋を渡ります。 私の知る限りでは長年萬代橋が信濃川の最下流部に架かる橋として認識しておりましたが

  • 古民家茶屋兼魚屋で昼食(その7)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちらその5はこちら前回の記事はこちら前回の公園から15分ほど家の裏道を使って、迷いながら行き来して・・・。 北方文化博物館新潟分館へ。 この時点でバス到着12分前だったので中は見学せず

  • 工事中の北陸の海水浴した場所へ(その6)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら その4はこちら前回の記事はこちら 次は水族館前で下車。 写真のマリンピア日本海へ行くわけではありません。 20年前もここの名前だけは知っていました。 裏の道へと出て、ひたすら日本海沿いを進ん

  • 古町を抜けて歯の公園へ(その5)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら その3はこちら前回の記事はこちら 引き続きドカベンロードを見ていきます。 こちらはご存知?山田太郎の後ろ姿。 野球狂の詩の岩田鉄五郎。 確かこのキャラもドカベン終盤で出ていました。 右が殿馬選手。 左奥が

  • マンガの街に変わった繁華街散策(その4)

    初めての方はその1から読んでください。その2はこちら前回の記事はこちら 9:30発の市内観光循環バスに乗車。 前回紹介した通りのバック入庫のバスターミナルなので、このように後ろから乗車するという形になります。 この循環バスの塗装は地元出身の漫画家がデザインして

  • 駅舎解体後の新潟駅初訪問(その3)

    初めての方はその1から読んでください。前回の記事はこちら 9時頃に終点の新潟駅に到着。 新潟駅の柱にはE4系に貼られているのと同じデザインのラベルが巻いてありました。 下車した13,14番線ホーム上には、 昨年12月に運行終了した現美新幹線の乗車位置がまだ残っていま

  • 新潟までの2階からの車窓(その2)

    初めての方はその1から読んでください。 大宮出発後。 圏央道の下を潜るところ。 東北新幹線と共にここまで来れば家から離れるという感じがします。ましてや上越新幹線だとすぐ先がニューシャトルの終点ですし。 埼玉県北部まで走って関越道と交差するところ。 そして群

  • E4系最終乗車旅:行きはグリーン車で(その1)

    順番が前後しますが、先月23日に最後のE4系乗車しに新潟へと行ってきました。2月に乗車した時のはこちら 朝6時半ごろ。 総武快速ホームから新幹線ホームへと向かいますが、とあるエスカレーターを撮影しに地下のグランスタから廻っていきました。 丸の内坂のグランスタ側

  • ちばトレインフェスティバル:物販ブース拝見(その2)

    初めての方はその1から読んでください。 一瞬だけステージへ。 来た時は東日本大震災及び2年前の豪雨災害から学ぶ鉄道の安心・安全をテーマにしたトークショーが始まっていました。 お馴染み?の南田さん他。 この後は物販ブースへ。 まずは前回出たバス周辺の所から。

  • ちばトレインフェスティバル:新改造車と自転車トレインバス(その1)

    E4系から一旦離れ、一昨日(10/2)のちばトレインフェスティバルへと参加してきました。 まずは展示車両のE257系5500番台へ。 前面部デザインは同系2500番台と同じ仕上がりとなっております。 ちなみに翌日(10/3)は185系ですが、これまで散々見て・撮影したのと、5500番

  • 最後のE4系2本出迎え(その2)

    初めての方はその1から読んでください 前回より到着後。 16両ですので連結もされております。 連結自体は東北新幹線側でよく見れますが、E4系のものはこれで最後。 これが登場当初運用に弾力性が持てるというコンセプトの証明という形となります。 出入口付近。 この辺

  • 最後の定期E4系出迎え:最終とき到着まで(その1)

    昨日E4系定期運行最終日だったので、その東京駅への到着便を出迎えに行ってきました。ちなみに東京駅からのE4系最終便見送りは仕事の時間の関係で出来ず。 まずは地下のグランスタからのE4系っぽいエスカレーター側面。 23日の時の装飾(これは後で出てきます)に加えてメ

  • さよならE4系:2月乗車時

    E4系の最終日が明日に控えている今日この頃。2月のスキー時に乗車したのを残しているので、それを載せます。 まずは朝の東京駅。 臨時、且つ大宮~越後湯沢ノンストップのスキーたにがわなのでまだそれ程明るくない頃。 隣はE2系。 側面。 撮影時は新潟美食旅キャンペー

  • 上野東京ライン最長距離列車乗車旅:全車グリーン特急で帰宅(最終・最終日その10)

    初めての方は1日目その1から読んでください。その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちらその3はこちら その4はこちら その5はこちらその6はこちら その7はこちら その8はこちらその9はこちら その10はこちら その11はこちらその12はこちら その13はこちら 3

  • 東海館から駅への近道を急ぎ(最終日その9)

    初めての方は1日目その1から読んでください。その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちらその3はこちら その4はこちら その5はこちらその6はこちら その7はこちら その8はこちらその9はこちら その10はこちら その11はこちらその12はこちら その13はこちら 3

  • 東海館の部屋と展示紹介(最終日その8)

    初めての方は1日目その1から読んでください。その2はこちら 2日目その1はこちら その2はこちらその3はこちら その4はこちら その5はこちらその6はこちら その7はこちら その8はこちらその9はこちら その10はこちら その11はこちらその12はこちら その13はこちら 3

カテゴリー一覧
商用