chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ベンガル娘のお休み処 https://run-maruko.hatenablog.com

ダンナとベンガル猫との暮らし。乳がんを機に国家公務員を退職、猫好きが高じてペットシッターの資格を取得。第二の人生は自分にやさしくおもしろく。日々の小さなLuckyを軽く愉しく綴ります。

Maruko
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/03/17

1件〜100件

  • 暑すぎるけど癒しもある。

    暦の上では立秋を過ぎ、「残暑」ってことになるんでしょうが… 暑すぎます! 今月からアルバイト始めたの、後悔するくらいに。 仕事の内容がどうとかより、通勤が暑いのよ! 家から駅、駅から職場の徒歩区間が、そんな長距離でもないのに…死ぬ。まぁ、働いてる人はみんな、がまんして通勤してるんでしょうけど。 それにしても、今までの夏より絶対、格段に暑いよ。 初めて日傘さして通勤してるし、さらにクールネックってやつ(28℃で凍る首輪)と100均の冷感タオル(濡らすとヒンヤリ)を駆使してます。 Marukoが住んでるとこは最近、最高気温35℃超えが当たり前になってるけど、子どもの頃はこれほどじゃなかったと思うん…

  • 【本】「i(アイ)」(西加奈子著)を読んで思い出した同級生の話。

    今日は、西加奈子さんの長編小説「i(アイ)」を紹介します。そして、プラスアルファの思い出話。 i (ポプラ文庫) 作者:加奈子, 西 ポプラ社 Amazon アメリカ人の父と日本人の母のもとへ、 赤ん坊の頃に養子としてやってきたアイ。生まれはシリアらしい。 選ばれた自分がいるということは、選ばれなかった誰かがいるということ。内戦、テロ、地震、貧困…… 世界には悲しいニュースがあふれているのに、自分は恵まれた生活を送っている。アイはそのことに罪悪感を持ちながら生きている。 やがてアイは、親友と出会い、愛する人と家族になる。そして、辛い出来事があり、更に、親友を理解できなくなるような事件が… けれ…

  • 【本】「ねこバカ いぬバカ」「俺、つしま」ほか

    最近図書館で借りて読んだ本の備忘録です。読書好きの方はどうぞ。 ねこバカ いぬバカ 作者:孟司, 養老,誠, 近藤 小学館 Amazon 「ねこバカ」の養老孟司先生と「いぬバカ」の近藤誠先生の対談。 ペットバカな二人の医学者が、ペットへの愛、ペットや人間の医療について語る。養老先生は「バカの壁」などでお馴染みの解剖学者。近藤先生は乳がんにおける乳房温存療法の第一人者であり、「がんは放置」という考え方を提唱(賛否両論あり)。 ペットも人間も、手を掛けすぎると苦しむことになる、それは虐待に他ならない… 考えさせられる。 俺、つしま コミック 1-3巻セット 作者:おぷうのきょうだい 小学館 Ama…

  • コロナ増えてるけど、暑さハンパないけど働きまーす。

    新型コロナ感染者数が過去最高を更新しています。知人にも感染者が出て、いよいよ身近になったような… 行動制限はしないと言われても。 実は、今週、大阪でミュージカルを観るはずでした。 でも、予定の少し前に劇団に感染者が出て公演中止になっていたので、自分がチケットを買った公演も中止になるかも… 近くの人なら、当日中止になっても、返金してもらって終わり、でしょうけど、なんせこちとら地方からの「オノボリさん」。ミュージカルがメインだけど、ついでに1泊して遊ぶ、のがデフォルトです。 行ったはいいが公演中止、となったら辛すぎる! やっぱりミュージカルが目的で行くので、それ以外で遊ぶモチベーションはそれほど……

  • 【映画】「キングダム2 遥かなる大地へ」を観ました。

    「キングダム2 遥かなる大地へ」を観ました。 あまりネタバレしない程度にご紹介しますね。 kingdom-the-movie.jp 今回はほぼ戦。 秦の隣国・魏が国境を越え侵攻を開始し、信(山崎賢人さん)は魏討伐の歩兵として初陣を果たす。 歩兵は伍(五人組)で戦うのだが、信は残りもので組んだ弱そうな組に。頼りなさそうな伍長(濱津隆之さん)、同郷の尾兄弟(三浦貴大さん、岡山天音さん)、子どものような風ぼうに哀しい目をした羌(きょう)かい(清野菜名さん)と。また、この伍が属する直属の将(渋川清彦さん)は今で言うパワハラ上司っぽい人(でも、最期はカッコイイんだけど)。 さて、信たちは生き残れるのか。…

  • 「古着deワクチン」断捨離中の方にオススメ

    モノってなんで増えちゃうんだろう…なんでこんなの買っちゃったんだろう...捨てるのはモッタイナイかな… 断捨離中の方は大抵、自問自答しつつお片付けに精を出してることでしょう。 実はMarukoも最近がんばっておりました。 その中で利用した「古着deワクチン」がオススメなので、ご紹介します。 furugidevaccine.etsl.jp 「 古着deワクチン」は専用回収キット(2022.7月現在1口3,300円)を購入すると、その代金からポリオワクチン5人分が寄付され、途上国の子どもたちを救えるというものです。 さらに、そのキットで不要な衣類等を送ると、国内外における選別や販売のため、障害者や…

  • 龍と猫と七夕と

    七夕ですね。 一昨日、最上稲荷にお参りしたら七夕仕様になっていました。風に揺れるカラフルな短冊が風情です。 最上稲荷の説明はこちら。↓ 日蓮宗のお寺ですが、歴史は古く、一度は秀吉の水攻めで焼失したんだって。 本殿前の飾りもキレイです。 しかし、今回の目的はお参りでも七夕でもなく、襖絵の特別公開なのでした。 こちら、大客殿の「雲龍図」です。 期間限定で無料公開されているのです。 そう、「無料」。 Marukoの愛する言葉No.1です。 「無料」「タダ」「お得」。これらの言葉を念じていれば救われるのですw それはさておき、作者は墨絵アーティストのOHGUSHI氏。コロナ禍に1年8ヶ月かけて筆を入れ…

    地域タグ:岡山市

  • 【本】「ツバキ文具店」(小川糸著),「ただいま神様当番」(青山美智子著)etc.

    寝る前のルーティン、Marukoの場合は読書です。 読んだ本の紹介もしようと思っているのに、書かないまま忘れていきそうなので、簡単ですが備忘録的に、最近読んだ本をまとめてご紹介します。 1. 「ツバキ文具店」「キラキラ共和国」(小川糸 著) ツバキ文具店 (幻冬舎文庫) 作者:小川 糸 幻冬舎 Amazon キラキラ共和国 作者:小川 糸 幻冬舎 Amazon 「ツバキ文具店」の続編が「キラキラ共和国」です。 祖母の跡を継いで鎌倉の小さな文具店兼代書屋を営む主人公の女性。代書するのは手紙。絶縁状からラブレターまで、様々な依頼が飛び込む。 気持ちを伝える難しさと大切さ、家族との関係など共感ポイン…

  • 猫がニンゲンに変身する話。

    うちのコ(猫)がニンゲンに変身したら、どんなひとになるのかしら? いや、暑さのせいでヘンなモーソー始めた訳じゃないです。 AmazonPrimeで、こんな韓国ドラマを見たせいです。 ↓ okaeri-meow.com 公式サイトには動画もあるので、興味がある方はチェックしてみて。 登場する白猫さんがとってもカワイイの。 (^з^)-☆ で、その白猫さんがときどきニンゲン、白いセーターを着た爽やかイケメンに変身するという、ファンタジーラブストーリーです。 この手のファンタジーは好き嫌いが別れるところだとは思いますが、猫飼いさんなら楽しめるシーンがいっぱい。 それに、白猫さんがカワイイだけでなく、…

  • まな板の猫と落ちてる猫 ~ 夏の風物詩?

    注射、みんなキライだよね。Marukoもキライ。そして、蘭ちゃんも。 が、毎年恒例のワクチンの時期がやってまいりました。うちは毎年この時期に、動物病院からワクチンの案内ハガキが届きます。今回は親バカ2人揃って行ってきました。 ↓こちらが「まな板の上の猫」でございます(複数画像)。 View this post on Instagram A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.maruko) まずは体重測定、問診、聴診、触診してもらい、異常なし。毛艶も良いし、目もキレイと言われて一安心。 そして、注射は一瞬。 以前は、診察台から飛び降りて逃走未遂事件を起こしたり、先…

  • 【旅】小豆島(香川県)に行ってきましたVol.2~文学と映画が好きなら

    前回、香川県の小豆島に行ってきたことをご報告しました。今日はその続きです。 ちなみに、島を反時計回りに巡ったので、その順序でご紹介しています。 前回紹介した「マルキン醤油記念館」と、紹介はしませんでしたが老舗酒屋さん(日本酒買った!)に行った後、次に行ったのが、「二十四の瞳映画村」です。 「岬の分教場」とのセット券があったので、そちらのチケットを購入しました。 www.24hitomi.or.jp 「二十四の瞳」や原作者の壷井栄について、詳しくは映画村のサイトを参考にしていただければと思いますが、簡単に紹介すると、壷井栄(1899~1967)は小豆島出身の女流作家で、「放浪記」の林芙美子などと…

    地域タグ:小豆島町

  • 【旅】小豆島(香川県)に行ってきましたVol.1

    海が好き。 正確には、海の見える風景が好き。 見ていると、なぜだか気分が落ち着く。 前世は海の中の生物だったのかもしれない。 いや、違うか。海の外から見ているわけだし、泳ぎは得意じゃないし。 漁師町に暮らす猫、とか。(魚介類好きだしw) というわけで(どーゆーわけ?)、先日、ウチから一番行きやすい島、香川県の小豆島(しょうどしま)にMARUOと行ってきました。 マイカーをフェリーに乗せて行きました。 アクセス方法などは以下のサイトを参考にしてください。 shodoshima.or.jp まずは「エンジェルロード」。 干潮のときだけ現れる道を、恋人同士が手を繋いで渡ると結ばれるとかなんとか。で、…

    地域タグ:小豆島町

  • 園芸やら旅やらペットのマイクロチップ(盛り込みすぎw)

    5月末で短期バイトが終了、晴れて?プータロに戻ったMarukoです。 短期と言っても、延長で4ヶ月半。そろそろグータラしたくなってきたところw(ネがグータラなもんで) しばらくは蘭ちゃんと遊んで暮らします。 仕事しているとブログ更新もサボリがちだったのですが、その間もベランダ園芸や読書はしておりました。 ゼラニウム(上段)、スカビオサ(右下)、ペチュニア(左下)。 以前は、花言葉なども紹介していましたが、今回は省略。(^^;) 読んだ本の紹介もまたいずれ。 ヒマになったので、倉敷をぶらぶらしてきました。以前も倉敷の記事を書いたので(Marukoにとっては一番アクセスしやすい観光地なのです)詳し…

  • ピンチ! 家族がコロナかも!?

    一旦サボリ癖がつくとダメですねぇ。すっかり間が空いてしまいました。でも、それって、平和だったということでもあるのです。平日は働いて、週末は録画したドラマを見るのに忙しい、みたいな。 が!! 突然ダンナが発熱! 水曜日の夜のことです。最初は37.5℃で、少しお腹が痛いと言います。あとは熱のせいか関節痛もある。けど、鼻や喉の症状はなし。 実は月曜日からダンナ独りで田舎に行って帰ってきたところだったので、「田舎で変なもの食べたんじゃないの?」って、まぁ一晩寝て治ればそれでよし、くらいに思っていたのです。 ところが、木曜日明け方には38℃台に。 これはマズイ。 本人もだけど、ワタシも出勤できない...…

  • 【ペット】マイクロチップ移行登録は今月中(’22.5月)だと無料

    ゴールデンウィークも終わりますねぇ。だらだらしてたらあっという間です。 唯一やったこと。それは、蘭ちゃんのマイクロチップの移行登録です。 www.env.go.jp わんにゃんと暮らしている方はご存じかと思いますが、動物愛護管理法の改正により、6月からわんにゃんのマイクロチップ装着が義務になります。 と言っても、義務があるのはブリーダーやペットショップなので、一般の飼い主には関係ない… と思っているかもしれませんが、既にわんにゃんにマイクロチップを装着し登録されている方! 現在登録しているのは獣医師会などで構成する民間団体です。そして、6月からは環境省へ登録することになるので、移行登録が義務と…

  • 猫と体温計。(コロナワクチン3回目接種の副反応から)

    ゴールデンウィークですね! 前回の投稿から少し間が空きましたが、ワタシは元気です。今は。 というのも、最近は週末だけ書いているのですが、前の週末は3回目のコロナワクチン接種後の副反応が重くて寝込んでおりました。 1回目、2回目は37度台で済んでいたので、今回もその程度だろうと思っていたら、なんと最高39.1度まで上がりまして。 金曜日の夕方に接種、その日の内に37度台、土曜日は朝から38度台、市販の解熱剤(アセトアミノフェン)を飲んでもあまり効果なく?土日はずっと38度から39度を行ったり来たり。食欲はないし関節は痛いし。 やっぱり高熱はツライ。こんな高熱、3年前の抗がん剤治療中に出て以来、初…

  • スナネコの親子に会ってきた!@神戸どうぶつ王国

    もうすぐGWですね。 Marukoは先日、神戸どうぶつ王国でスナネコの親子に会ってきましたよ! www.kobe-oukoku.com MARUOが運転する車で神戸のポートアイランドまで日帰り旅。結構な強行軍でしたが… ムチャかわいかった~~ (^з^)-☆ インスタをフォローしてくださっている方は既に見ていただいているかもしれませんが、カワイイ親子の姿をどうぞ(動画もあるのでスワイプしてね)。 View this post on Instagram A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.maruko) 母ネコと4つ子の赤ちゃんたち。 お母さんと赤ちゃんふたりは…

  • それ、黄砂アレルギーかも?

    すっかり春ですねぇ。暖かくて良い季節です。 ベランダのチューリップもキレイに咲きました。 (^_^)v ホント良い季節…のはずなんですが 目がカユイ!! ( ・д⊂ヽ゛ 先週くらいからかゆくてかゆくて… 実はMaruko、花粉症はないのです。が、この時期と秋に、アレルギー症状が出ることがあります。目やその周りの肌にかゆみがあり、咳がひどいときもあります。 昔、咳が止まらなかったときにやったアレルギー検査では、花粉は陰性、ダニとハウスダストが陽性。 思うに、たぶん、黄砂なんじゃないかな。 いろいろくっ付けて飛んでるらしいので。 www.ortho-k.jp そう言えば、イイお天気なのに、空が真っ…

  • 「地獄の4月1日」から「楽しいエイプリルフール」へ

    あっという間に4月です。 公務員時代には、4月1日は人事異動の日。 数年ごとに異動があり、ギリギリまで残務処理と引継書作成でヘトヘトになりながら着任し、新しい仕事を覚えるという、地獄のシーズンでした。 これが引越しを要する異動のときは、さらにえらい目に。 複数の引っ越し業者から見積り取れば値切り交渉もできる(これ、常識!)のに、その時間もないし、早くトラックを確保しないといけないと言われ、結局ぼったくられたりします(CMバンバンやってる大手です。おまけにTV壊されました)。 それも結局、全国の国家公務員や大手企業の社員が一斉に動くせいじゃないかと。同じ時期に集中するから、トラックが足りなくなっ…

  • 【本】「三千円の使いかた」(原田ひ香著)を読みました。

    一時はすっかり春めいていたのに、最近また寒くて、こたつやホットカーペット(↑写真参照w)がまだ活躍しますね。 さて、ベッドサイドには猫と文庫本が欠かせないMarukoですが、今日は読み終わったばかりの小説「三千円の使いかた」をご紹介します。 作者の原田ひ香(か)さんはお初です。 本の帯に「垣谷美雨さん絶賛!」とあったので、手に取ってみました(後書きも書かれていました)。垣谷美雨さんは「老後の資金がありません」などが代表作のMarukoも好きな作家さんです。 三千円の使いかた (中公文庫) 作者:原田ひ香 中央公論新社 Amazon それぞれの事情で節約に前向きな一家の女性たち。 長女は結婚を機…

  • 「男性誌」コーナーにいるオバハンです。

    暖かくなったり寒くなったり。 でも、春を感じたいので、ベランダに新しいお花を投入。 ウインティ(サクラソウ属) 【花言葉】 運命を切り開く、気取らない愛 デイジー(雛菊) 【花言葉】純潔、美 チューリップも買ってきたので、咲くのが楽しみです。 さて、話は変わりますが、昨日、本屋で立ち読みしてて、ふと顔を上げると、目の前に「男性誌」という看板が。 ちなみに、Marukoが読んでいたのは、経済誌というか、資産運用や節税に関するムック本ていうの?雑誌っぽい単行本。 え、女性も資産運用や節税、するよねぇ。 じゃあ、「女性誌」の看板のところは何があるんだろう?と思って行ってみると、そこにはファッション誌…

  • 【本】「流浪の月」(凪良ゆう著)を読みました。

    すっかり春めいてきましたね。 さて、今日は久しぶりに本の紹介。 ほぼ毎夜、ベッドで活字を読まないと眠れないMarukoですが、この本は読むのをやめられなくて、眠れませんでした。久しぶりの夜更かしで、ちと眠いです… ご紹介するのは、2020年本屋大賞受賞の凪良ゆうさんの長編小説「流浪の月」です。 気になってた本。早い文庫化はありがたいです。 ただ、この作品、5月に映画公開が予定されているそうなので(文庫本の帯に書かれていて、初めて知りました。)できるだけネタバレしないように気を付けたいと思います。 流浪の月 (創元文芸文庫) 作者:凪良 ゆう 東京創元社 Amazon 主人公の少女は親を失い、9…

  • 乳がん手術後3年とプチ断食ダイエット

    だいぶ春めいてきましたね。 Marukoは今週、年に1回の精密検査を受けました。 早いもので、乳がん手術後、丸3年。 検査前の数日は、たぶん問題ないだろうとは思いつつも、緊張するようなモヤモヤするような、ややプチうつっぽい感じにもなり… 検査後の診察で問題ないと言われた途端、分かりやすく元気になりました。 (^_^)v 「中性脂肪が高い以外は、問題ありません。」 だって。 「実は、太りました…」 と自白。 肥満は再発リスクを高めるとも言われているのですが… やっちまいました、コレステロールの薬を飲むようになったら安心して、節操なく食ってます。 先生によると、ホルモン療法をやっていると代謝が悪く…

  • 平和に暮らそ、21世紀は猫世紀なの。

    いいお天気です。まぁ、大体いいお天気の地方ですけど。 仕事をしていると、休みの日がとても貴重になりますね。久しぶりだわ、この感じ。あー疲れた、みたいな。 疲れて癒されたいのと、ちょっとは稼いでるし、という気持ちでつい消費行動に… 仕事帰りにカルディに寄ったら、なんと「ねこの日バッグ」があるではありませんか。 今年は抽選販売のみだったような…と思って店員さんに訊いてみると、 「当選しても引き換えに来られなかった分を本日25日から販売しており、今は7個あります。」 とのこと。買うつもりなかったのに買ってしまいましたw ↑背景にいろいろ映り込んでるのは気にしないで。 白いシュガーポットがカワイイ。砂…

  • 来る!スーパー猫の日に備えましょ。

    もうすぐ猫の日(2月22日)ですね♪ しかも、誰が言い出したか、今年は2(ニャー)が6個も揃う「スーパー猫の日」(6個揃うのは800年ぶり!)だそう。こりゃ、盛り上がるしかない。 というわけで、スーパー猫の日気分をアップさせるため、こんな雑誌を買いましたよ。 MOE (モエ) 2022年3月号 [雑誌] (猫の絵本100 | とじこみふろく ヒグチユウコ 飾れる猫のポストカード3枚セット) 白泉社 Amazon MOEは絵本やイラストがテーマの月刊誌。昔は定期購読していたのですが、引っ越しの時にお子さんのいるお友達に譲って、その後は購入していませんでした。 お久しぶり。やっぱり好きだなぁ。 大…

  • 猫が愛しすぎて、そろそろ◯◯が出そうな件。

    蘭ちゃんが昨日で5歳になりました~~ (*’ω’ノノ゙☆パチパチ 蘭ちゃんはかつお、ニンゲンどもはチーズケーキでお祝い。 トップバリュの蒸しかつお、食い付き良かったですよ。他のメーカーの似た商品よりお安いし。(トップバリュ好き) 塊だと食べづらいのでほぐして。 最近、食欲モリモリなので、あっという間に完食。 少し大人になった蘭ちゃんですが、夜になるとベッドに来てフミフミする姿はまるで赤ちゃん。 フミフミはお母さんのおっぱいがよく出るようにする行動の名残だそうですからね。 もう、愛しすぎる。 ときどきMarukoの胸が踏まれたりするし。 ドンピシャでそこを揉まれていると… … そろそろ出るん…

  • 【ペット】命の重みを法律で明記するしかない。

    ありえない、ありえない、ありえない。 最近、悲しいニュースが多すぎる。 人に対する物騒な事件もいろいろあって恐怖でしかないけれど、人間より弱い動物をひどい目に遭わせる、それも管理者の手で… というのが連続していて、ペットを飼う人間としては信じられないし、憤りMAX。 news.yahoo.co.jp news.yahoo.co.jp 飼っている人(厳密には、世話してる人の連れ合いかもしれないが)が家の中で虐待する場合、外部に気付かれにくい。 これは児童虐待も同じ構造。ニュースになるのは氷山の一角、かもしれないのです。 子どもの頃、近所に犬を飼っている家がありました。 そこのおじさんは平日の昼間…

  • 自分を癒してくれるものたち。

    先週は少し暖かい日もありました。 通勤途中に梅の花が咲いていて、鳥の鳴き声がするので目を凝らして探してみると… メジロさんです。 カワイイ声で鳴きながら枝から枝へピョンピョン。 花の蜜を堪能しているのかしら? 癒されました。 さて、Marukoは少し前からバイトをしています。 去年の今頃と同じバイトで、たぶん去年も同じことをぼやいていた気がするのですが… 老眼がツラい! 眼鏡してますが、フェイスシールドもするので見づらいのです… しかも、今年支給されたフェイスシールドがメガネタイプのもの。つまり、メガネonメガネ! 耳痛いし、鼻の上ガチャガチャして、どっちがどうなってんだか…? ツラすぎる!!…

  • オバサンバイトの楽しみ奪われた。

    今週は寒かったですね~ 今日は少し暖かいので、蘭ちゃんも陽の当たる場所に陣取ってます。 そして、Marukoは今週から久しぶりの労働。 いつもより早起きなのと、老眼と膝イタがツラいのと、やはり気を張っているせいか、平日は結構疲れていて、ブログ書く気は起こりませんでしたわ… (ノω・、) 今週は研修だったけど、昨日なんて、1日休んで遅れた人にマンツーマンで教えてあげてと言われ… え、ワタシでいいんですか? まだ2回目ですけど?(もっとベテランさんがいるけど、のニュアンス) と言ったのだけど、大丈夫と言われ、教えました。 人材不足なのかしら? まぁ、教えると自分の理解も進むので良いのですけど、やは…

  • 【本】「れんげ荘」(群ようこ 著)ほか3冊

    寒くてこたつから出られないMarukoです。 今日は最近読んだ本の記録。 1. 「れんげ荘」(群ようこ 著) れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3) 作者:群 ようこ 角川春樹事務所 Amazon 有名な広告代理店でバリキャリな働き方をしていたキョウコは、45歳で突然退職し、ボロアパートに引っ越す。働かず、貯蓄を取り崩しながら月10万円で生活すると決め、慎ましく、でも心穏やかな暮らし。 …って、これ最近流行りのFIREぽい!? この本が書かれた頃は当然そんな言葉はなかっただろうけど(2009年刊行)。 49歳で突然退職したMarukoにとっては共感する部分が多くありました。働き方だけでなく、反り…

  • 【本・ドラマ】肉体が永らえるのと意識が永らえるの、どっちがいい?~「長いお別れ」と「アップロードへようこそ」

    新春ぽくないですが?小説「長いお別れ」(中島京子著)を読みました。 映画化もされているようですが、そちらは観ていません。 長いお別れ (文春文庫) 作者:京子, 中島 文藝春秋 Amazon 中学校長や図書館長を歴任した教育者の父親がリタイア後、認知症を患う。別居している3人の娘の視点で描く親の認知症と老々介護。 5年くらいは徐々に進行していき、トンチンカンな父親の言動にコミカルなものを感じて読者はクスッとすることも(家族はたまったもんじゃないけど)。 でも、進行する認知症。さらに、老々介護している母親が入院することになり… アメリカでは、認知症のことを「ロンググッドバイ(長いお別れ)」と呼ぶ…

  • 薬ってスゴイ。

    ダラダラしているとあっという間に時間が過ぎていきますね。 ところで、仕事をしていないと仕事納めなどという感覚がなくなりまして。だって近所のスーパーは年中無休だし。で、年末に一つやらかしましたよ。 実は11月からコレステロールを下げる薬を飲んでいるのですが、近所の内科クリニックだし、薬が無くなったら行けばいいやと思っていたら、最後の薬が12月29日。 クリニックは28日が仕事納めでした...ヤクきれた。 でも薬って、スゴイよね。 だって、薬飲み始めて2週間でコレステロールの数値が半減。 こんなにすぐ効果出るなら、もっと早く飲めばよかった、という感じ。お菓子を我慢したりサラダばっかり食べたりして頑…

  • 新年のご挨拶と◯◯初め

    あけましておめでとうございます。 ゆっくりできてますか? にゃるそっくはなんと、もう仕事初めですよ。 働き者ですね。 タワー登り初め。 じゃらし初め。 からの 初ねこバウワー。 お年玉代わりのチュール初め。 って、元旦はなんでも◯◯初めor初◯◯と言って喜ぶ日なのです。 はい、およろこび もうしあげてますよ。 公僕から猫下僕に転職して3度目の年初め。 これからもぼちぼちゆるゆるとやっていきますので、蘭ちゃんともどもよろしくお願い申し上げます。 \(^^\) ことしは あたちのとしよね !? (…ベンガルトラだったの !?) いつもお読みいただき、ありがとうございます。

  • 今年も終わりですね~ 後付けFIREな暮らしを振り返る。

    クリスマスが過ぎると、あー今年ももう終わりかぁ、あっという間だったなー、と毎年思いますよね。 今年を振り返ってみると、大きな変化としては、数か月単位の短期バイトを2か所行ったこと。 乳がんを機に退職してから2年近くぷーたろした後だったけど、短期バイトならワタシでも雇ってくれるところがあること、ストレス少なく働けることは、大きな発見でした。 m(*-ω-)m アリガタヤ 1年を通して見ると、1年の半分強は働き、半分弱は遊ぶ、という感じでした。目指していたわけではないけど、結果的に今流行りの?FIREっぽい生活をしていますね。サイドFIREとかスローFIREという言い方もあるようですが、Maru…

  • 【アート】「石村嘉成の天神どうぶつえん」で動物たちの声を聞く。

    クリスマス楽しんでますか? Marukoは昨日、ある美術展に行ってきました。 www.rsk.co.jp 地元の放送局RSK本社ビル併設の能楽堂ホールで開催されている「石村嘉成が描く天神どうぶつえん」です。 ちなみに「天神」は地名が天神町だからだと思います。そして、石村嘉成さんは自閉症と向き合いながら創作活動を続ける愛媛県在住の画家です。 動物を描くことが多く、今回展示されている作品の1つは、池田動物園の動物たちを描いた新作なのです。 池田動物園は、先月紹介したところでした。 run-maruko.hatenablog.com 舞台のみ作品を含めて撮影可ということでした。 ↓こちらが、新作の池…

  • クリスマスソングに翻弄されるワタシ。

    ドラッグストアでこの曲が流れていて、思わず涙ぐみました。 www.youtube.com スティービー・ワンダーの「Someday At Christmas」です。 Someday at Christmas men won't be boys Playing with bombs like kids play with toys One warm December our hearts will see A world where men are free いつかのクリスマス 人々はもう 子どものオモチャみたいに 武器をもてあそぶことは ないだろう いつかの暖かい12月 僕たちはもう 争いから…

  • 【本】「漁港の肉子ちゃん」ほか3冊

    前回は猫関連の本を紹介しましたが、今日は最近読んだ小説を紹介します。 実は、感想を書こうと思っているうちに時間が経ってしまうので、備忘録を兼ねてまとめて紹介しちゃいます~ 1冊1冊の紹介は薄くなりますが、ご了承くださいませ。 1. 漁港の肉子ちゃん 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) 作者:西 加奈子 幻冬舎 Amazon 明石家さんまさん監督でアニメ映画化され、話題になりましたね。Marukoは観ていませんが。 映像化したくなるの、分かります。 肉子ちゃん(あだ名です。)のキャラ、特別ですもん。こてこての関西弁、太った見た目、男には騙されるけど敵を作らない愛されキャラ。 でも、主人公は肉子ちゃ…

  • 【本】「猫を飼うのをすすめない11の理由」ほか

    ときどき図書館に行くMarukoですが、多く借りるのが小説、その次が猫関連です。そのほかは旅行や経済関連。 今日は、最近読んだ猫関連の本3冊をご紹介します。 1 猫を飼うのをすすめない11の理由 猫を飼うのをすすめない11の理由 作者:響介 サンマーク出版 Amazon 自宅に5匹、実家に2匹の猫がいる響介さん(本業は作曲家)の本。 猫を飼うのをすすめない理由、例えば… 1. 人生の8割をもっていかれる 猫に飼われる覚悟が必要です。 2. スマホやPCの写真フォルダを劇的に圧迫 他人から見れば、なんで同じ写真が何十枚も? 3. 布団でまともに寝ることはできない 基本的には、布団は猫のものです。…

  • 老人ホームの義父母は元気だったけど。

    前回、山口県を旅した記事を書きましたが、そのついでに義父母がいる山陰の老人ホームを訪ねました。 いや、ついでという距離じゃないんですけど。 MARUOが運転好きなひとで良かった。 そして、Marukoは助手席でいくらでも寝られるひとで良かった。 旅行は本来なら、GO TO が始まってから行きたいところですが、来月からアルバイトが始まると二人の休みが合わず行けなくなりそうなので、今のうちにと計画していました。景色が良くて、マイカーで行けて、部屋食(又は個室食)のところを探して。 県外に出るのは本当に久しぶり。 そんなとき、老人ホームからMARUOに連絡があり、行く用事ができました。 MARUOは…

  • 【旅】角島・元乃隅神社(@山口県)へ海を眺める旅

    一昨日から昨日にかけて1泊で、山口県の日本海側へ海を眺める旅をしてきました。 帰りに山陰の義父母の老人ホームにも行ったのですが、その話はまた今度。(ついでに回るような距離じゃなかったw…) まずは、映えスポットとして有名な角島大橋を目指しました。 tsunoshima.info 青い空、青い海がウリなのですが、向かっている最中に雨が… なんとかやみましたが、結構、くもくも… 実はMaruko、雲女なのです。雨女とまではいかないけど、見晴らしの良いスポットに行くと曇ったりガスったりでザンネンなことが多いのです… 浜辺に巻き貝のようなチャペル(たぶんホテルの敷地)を発見。絵になりますね。 MARU…

  • 【映画】「ディア・エヴァン・ハンセン」を観ました。

    先週、映画「ディア・エヴァン・ハンセン」を観に行きました。ブロードウェイでヒットしたミュージカルの映画化ということで、ミュージカル好きなMarukoとしては、観とかなきゃ!って感じで。 上映中なので、ネタバレし過ぎないようにご紹介します。 主人公のエヴァンは、学校に友達もおらず、シングルマザーの母親は忙しすぎ、居場所を見つけられずにいる。 そんな中、同級生のコナーが自死する。 「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」で始まる手紙を残して。 実はこの手紙、エヴァンがカウンセラーに勧められ、自分に宛てて書いたものだった。 が、コナーの両親は、息子がエヴァンに宛てて書いた…

  • 地震と猫とサプライズ

    昨日の朝は地震があってビックリでした! ケージの中のハンモックでくつろいでいた蘭ちゃんは、すんごい勢いで飛び出し、押入れの奥に飛び込みましたよ! (↓インスタ複数画像あり) View this post on Instagram A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.maruko) ハンモックだと余計に揺れたのかも? それほど大きな揺れではなかったけど、割りと長く感じて、もっと大きくなるのでは?とビビってフリーズしたニンゲン。 とっさに安全なところに身を隠す猫の方が、リスクマネジメントとしては正解の気がします… あれから、ハンモックに乗ってないけど…? 今日も押…

  • 【旅】倉敷で白壁の町並みをまったり散策。

    早いもので師走です。 Marukoは昨日、用事があって倉敷に行きました。 用事は早々に終わり、せっかく来たのでランチして倉敷美観地区を散策してきました。 ランチは、倉敷駅近くに最近できたというタニタのカフェに行ってきましたよ。 オールカフェ×タニタカフェ あちてらす倉敷店|オールカフェ×タニタカフェ ハンバーグプレートランチ。 「1日に必要な野菜の半分の◯◯グラム以上を使ったプレートになります~!」 とのことです。 野菜はそれぞれ異なる味付けで飽きないし、食感がしっかりしているのでよく噛むためか、ワンプレートでも満足感がありました。普段の食事の参考にしたいものです。 さらに、デザートとドリンク…

  • 【旅】岡山県南東部、日生町~旧閑谷学校へ

    行楽日和の週末ですね。 Marukoは昨日、MARUOのドライブで岡山県南東部、日生(ひなせ)町周辺と和気町にある特別史跡旧閑谷(しずたに)学校へ行ってきました。 Marukoは海の見える風景が好きなので、瀬戸内の海を眺めるドライブは楽しいです。 最初の目的地、日生に到着。 ここでの目的は海鮮バーベキューです。 写真を撮っていなかったので、こちらをどうぞ↓ www.hinase.net 日生の名産品は、牡蠣なのです。新鮮なものを買って、そのままバーベキューコーナーへ。 美味しゅうございました。 そして、旧閑谷学校へ。 説明はこちらをどうぞ↓ shizutani.jp 敷地内にある樹齢100年を…

  • 池田動物園(@岡山県)の動物たちと懐かしいあの日。

    週末、池田動物園に行ってきました! 「池田」というと大阪府池田市にある動物園?って思われそうですが、岡山藩主の池田氏なのです。 岡山県民は誰でも知っていることと思いますが、池田氏の子孫が開園し、亡き後は妻が園長をされています。で、その妻というのが昭和天皇の第四皇女なのです。 www.urban.ne.jp 入園するとすぐに、レトロな売店と食堂が目に入ります。 レトロな乗り物で園内を巡ることができます。 自動で走ってはくれませんので、自分で必死こいてキコキコしてください。 肝心の動物ですが、まずは、今年やってきた目玉のアミメキリン。 木の枝、美味しそうに見えないけど…? 常にぴょんぴょんと落ち着…

  • 「ほぼ皆既月食」見ましたか?

    昨日の「ほぼ皆既月食」は見られましたか? Marukoはばっちり見えましたよ。↑ \(^^\) ベランダからは見えなかったので、部屋を出て階段の踊り場から観賞。 下は、その前にベランダで撮った夕陽。 ほとんど同じですが、下は一昨日の写真。 実はMARUOと二人、ベランダで飲んでました~ ほぼ飲み干してから撮ったので、中身はほとんど氷しかないけどw 小樽の北一硝子で買った思い出のグラス。 奇しくも月と兎がテーマです。 マンションに住んでよかったなー と思うのは、ベランダから空や夕陽(早起きすれば朝陽も)が眺められること。 お庭がないのは残念だけど、ベランダでも十分、ベランダ園芸を楽しめるし、ベラ…

  • 【本】「昨夜のカレー、明日のパン」(木皿泉 著)はグルメ本じゃない。

    いいお天気ですね。行楽の秋。 Maruko的には、食欲の秋と読書の秋ですかね。 今日は、最近読んだ小説「昨夜のカレー、明日のパン」をご紹介します。 図書館でタイトルを見て、「なんかおいしそう?」と思い、手に取ったものです。 昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) 作者:木皿泉 河出書房新社 Amazon <ムムム> は、庭先で両足で踏ん張って空を見上げていた。 冒頭の一文で引き込まれました。 <ムムム> って…? ちなみに、人のあだ名なんですけどね。 どんな人かは、読んでのお楽しみにしましょうか… 主人公のテツコは、ギフさんと二人暮らし。庭に大きな銀杏の木がある、古びた家で。 「ギフ」さんとは…

  • 【映画】「老後の資金がありません!」でスカッと。

    昨日は、映画「老後の資金がありません!」を観てきました。 以前、垣谷美雨さんの原作を読んだ記事を書きましたので、どんなお話かは、こちらを参考に。↓ run-maruko.hatenablog.com このときは天海祐希さん主演で映画化が決まっている、という情報だけで、「姑さんは誰がやるんだろう?」と思ってましたが、答えは草笛光子さんでした! Marukoは、原作を先に読んでいる場合には映像化作品をあまり見ません。それは、自分の脳内映像化が済んでいるから。脳内で映像化したものとイメージが違うというのは、よくあることです。 でも本作は、キャスティングが面白いし、コメディとしての演出が楽しみでもあっ…

  • 【ドラマ】「ソロ活女子のススメ」はみんなにオススメ

    Marukoはアマゾンプライムでドラマを結構見ていますが、最近見た「ソロ活女子のススメ」が面白かったので、オススメです。 原作はエッセイのようです。 ソロ活女子のススメ 作者:朝井麻由美 大和書房 Amazon ドラマでは、江口のりこさんが主人公の契約社員(40歳、独身)を演じています。 プライベートでは、ひとりで好きなところに行き、ひとりで好きなことを楽しむ、「ソロ活」に邁進しています。 江口さんのナレーション(心の声)に納得しちゃうところ、実際の場所を紹介しているところが、「孤独のグルメ」を思い出させます。でも、グルメだけでなく(グルメもあるけど)、動物園や水族館に行ったり、気球に乗ったり…

  • ベランダ園芸のススメ

    いい季節ですね。こんな季節はお花を愛でましょう。 Marukoはコロナ禍になってから始めたベランダ園芸、楽しんでますよ。 昨日、新たに投入したお花2種。 花束などでよく見る、ガーベラです。 様々な色がありますが、これは鮮やかなピンク。結構大輪なので、華やかです。 【花言葉】希望、前進 特にピンクでは、「崇高な愛、思いやり」という意味もあるようです。 ガーデンシクラメン。 冬と言えばシクラメンですが、ガーデンシクラメンは一回り小さい感じ。そして、シクラメンは室内で育てますが、ガーデンシクラメンは寒さに強いので、外で育てます。 赤、白、ピンクがありますが、これは少しピンクがかった赤。 【花言葉】内…

  • 【旅】蒜山高原~大山周辺(岡山県、鳥取県)へマイクロツーリズム

    一昨日から昨日にかけて、蒜山高原から大山周辺に行ってきました。 1日目は遅めに出発してホテル直行。 朝は部屋から、高原にかかる雲海を眺められました。(冒頭の写真) 2日目は、紅葉スポットの鍵掛峠へドライブ。岡山県から鳥取県へ。 大山と紅葉。だいぶ色付いています。 次は、大山の麓、舛水高原へ。 大山は見る方角によって、全く違う姿になります。 おむすび型に見える大山は、伯耆富士と呼ばれます。 すすき野の中に佇むと、時間がゆったりと流れるようです。 そして… ユキちゃーーん!!!! (白やぎ見ると、「ユキちゃん」と呼んでしまう人w) なでても嫌がりませんでした。というか、草を食むのに忙しくて、気にし…

  • Happy Halloween !! って、特別なことはしてないけど。

    今日は、ハロウィンですね。(選挙の日でもあるけど。) 巷では、おうちで楽しむ地味ハロウィンが流行っているとか、いないとか… 猫界でも楽しくやっているとか… うちは飼い主共々シャイなので、密かに覗いて楽しんでおります♪ やってみたのは、写真をデコることくらい。 これ、ドコモのスゴ得コンテンツというやつでダウンロードできるデコアプリを使ったもの。デコアプリは初めて使ってみました。 あ、別にドコモの回し者やアフィリエイトじゃありません。スゴ得コンテンツもやめようかどうしようかと思いつつ、使い慣れたスケジュール帳や乗り換えアプリやらがあって… でも最近は、スゴ得コンテンツを契約しなくても無料で使える似…

  • やっぱ愛だよ、愛! ~ 禁断の『にゃんトーク』

    巷で噂の猫語翻訳アプリ『にゃんトーク』やってみましたよ~!多くの猫飼いさんがインスタやブログでやってるの見て、Marukoもインストールしちゃいましたwうちの蘭ちゃん、結構鳴くコだし。と思ったら、アプリ起動する度に黙る。を繰り返して、やっといただいたお言葉。下の方が古い履歴なので、初めてのお言葉は「愛を探しているんだ!」続いて「恋をしているの!」 (^з^)-☆ loveやっぱり、愛、大事です。愛を貫くお二人には幸せになってほしい。… ジャマすんじゃねぇ!ところで、蘭ちゃんのこのお言葉をいただいたのは、MARUO(ダンナ)が何日か留守にしたあと田舎から帰ってきた日。ちょっと興奮ぎみな感じでした…

  • 猫のヒヤリハット3つ

    今日は最近(1か月以内)起こった猫のヒヤリハット3つ。 1つ目は、網戸を開けられたこと! 窓の網戸にはストッパーが付いているのですが、ベランダの網戸には付いていません。 なんか飛び付いてるな~(外に虫さんが飛んでたみたい)と思って見ていたら、飛び付いて網戸に爪が引っ掛かり、そのまま右下へ姿勢を低くしたら、なんと、 ガラガラ~ 開くと思わなかったので、ビックリ! そろそろ寒くなってきたし、もう網戸にしません。 でも来春までにはストッパー付けるかな。 2つ目は、イヤホンのイヤーピースっていうの?耳のところ、あれ誤飲したかも!?って恐怖体験。 ダンナがテーブルに置いてあったイヤホンに、じゃれて遊んで…

  • やっぱり運動しなきゃダメ? 生活習慣病&寒暖差アレルギー

    一昨日は人間ドックに行ってきました~。詳しい結果は追って届くとして、いわゆる生活習慣病関連の数値がね… 運動しなきゃいかんらしいけど。(^^; 帰りには図書館に行ってきました。 前回撤去されてた椅子やソファの類が復活していたので、ヤンキーにならずに済んだw run-maruko.hatenablog.com 「大家さんと僕」の続編を見つけたので、借りました。 大家さんと僕 これから 作者:矢部太郎 新潮社 Amazon 本を何冊か借りてきたので、オススメしたいのがあったら、また紹介します。 先週の暖かさで昨日花開いたハイビスカス それにしても、先週は日中クーラーを点けるくらい暑かったのに、急に…

  • 【本】「猫の形をした幸福」(小手鞠るい 著)で泣きました。

    本ネタが続きますが、昨夜、涙しながら読み終わったので、記憶が鮮明なうちにご紹介したいと思います。(若干のネタバレ含みます。) 小手鞠るいさんの小説「猫の形をした幸福」です。 猫の形をした幸福 (ポプラ文庫) 作者:小手鞠るい,牧野千穂 ポプラ社 Amazon 主人公の彩乃は、アメリカ生まれアメリカ育ちの未知男と見合い結婚しアメリカに渡る。彩乃は持病で子どもが産めず、それが原因で1度結婚が破綻していた。 未知男は動物愛護施設から保護猫を引き取ることを提案するが、なかなか選べない。実は、未知男は施設出身で、最初に引き取られた里親とはうまくいかず、施設に戻された経験があったのだ。 傷を抱える夫婦の間…

  • 【本】「さいごの毛布」(近藤史恵 著)は老犬ホームが舞台の物語

    今日は近藤史恵さんの小説「さいごの毛布」を紹介します。(若干のネタバレ含みます。) 文庫本の裏表紙を見ると、主人公の智美は犬の最期を看取る「老犬ホーム」で働くことになった、とあります。 泣けるヤツかな? それとも、ほんわか系かな? と思って図書館で借りたのですが、良い意味で裏切られました。 さいごの毛布 (角川文庫) 作者:近藤 史恵 KADOKAWA Amazon コミュ障というか人間が苦手、就職活動もうまくいかない智美は、「老犬ホーム」に住み込みで働くことになった。 ボランティアではなく、飼い主からお金を取って犬を預かり、従業員に給料を払うシステム。オーナー1人と従業員2人で15頭の犬を世…

  • ひとりピンクリボン運動。人間も猫も。

    先日は首都圏で突然の地震、お住まいの方は驚かれたことでしょう。災害は突然起こるもの、事前の備えや心構えが大事ですね。 備えと言えば、健康管理も大事です。 今月はピンクリボン月間。 乳がん経験者のMarukoとしては、ここで「ひとりピンクリボン運動」をしておこうと思います。 www.pinkribbonfestival.jp 健康診断や人間ドックの予定が入っている方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひ乳がん検診もプラスしてくださいね。 厚労省は40歳以上で2年に1回の受検を推奨しており、自治体から2年に1回無料クーポンが配布されたり、健康保険組合から補助が出たりします。 2年に1回が推奨とされてい…

  • 祝!真鍋淑郎氏ノーベル物理学賞受賞。そして日本の同調ということ。

    真鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞されました。 CO2と温暖化の関係を最初に明らかにした方だそうで、素晴らしいですね。 明るいニュースとして多く取り上げられています。 www.youtube.com それにしても、真鍋氏は東京大学大学院卒業後はアメリカに渡り、アメリカ国籍も取得されています。 そして、受賞の会見の中で(動画の1:00辺りから) 「日本に戻りたくないのは、同調する能力がないからです。」 " Because I'm not capable of living harmoniously. " と言ってますね。 自分にその能力が無いせいだ、と表現しつつも、日本は living harm…

  • 【本】コミックエッセイ2冊と図書館

    今日は、最近読んだコミックエッセイ2冊をご紹介します。 1冊目は矢部太郎さんの「大家さんと僕」。 大家さんと僕 作者:矢部太郎 新潮社 Amazon 結構話題になったし、続編も既に出ているので、今さらかもしれませんが。 でも、面白くて一気に読みましたので、簡単にご紹介します。 もともと2世帯住宅として建てられた建物の2階を賃借した矢部さん。1階には大家さんである高齢女性が一人で暮らしています。 最初は、その近すぎる距離感に戸惑うのですが、気が付くと大家さんのことばかり考えている。いつの間にか、お友達のような家族のような関係に。 クスリと笑えるエピソードの数々と、世代の違う二人のほんわかした空気…

  • 夫がスズメバチに刺された話。

    タイトルどおりなんですが、MARUOが昨日、スズメバチに刺されましたの。 しかも、3か所。手首と肩の後ろと胸と。 ときどき実家の管理のため田舎に帰って、草刈りや木の剪定をしているMARUOですが、昨日はお友達に頼まれて、お友達の田舎の家の作業を手伝っていたのでした。 で、作業中に刺されたそうで。 病院に来ていると連絡があってビックリ! だって、「仰天ニュース」かなんかで、ハチに刺されてアナフィラキシーショックで死にかけた~!ってやってたじゃん… あ、ドラマ「TOKYO MER」にもそんな回があったよね… 冬木センセ! (((((゜゜;) マジデ? 蜂毒アレルギーの症状|蜂毒アレルギー|原因…

  • 【映画】「日日是好日」と茶道の世界

    少し和らいだ陽が気持ちの良い日です。 今日は、AmazonPrimeで観た映画「日日是好日」をご紹介します。 日日是好日 黒木華 Amazon 原作はエッセイのようです。 ということは、実話ということですかね? 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ― (新潮文庫) 作者:森下典子 新潮社 Amazon 主人公の女子大生を黒木華さん、同い年のいとこを多部未華子さん、二人が習いに行く茶道の先生を樹木希林さんが演じています。 実はMarukoは高校のとき茶道部でした。 なので、本当に習ったとおりにお稽古が進むところがとても懐かしくて、そして思い出しました。 無の境地とまではいきませんでし…

  • 【本】「月まで三キロ」(伊与原新 著)を読みました。

    今日は伊与原新さんの短編集「月まで三キロ」をご紹介します。 月まで三キロ(新潮文庫) 作者:伊与原新 新潮社 Amazon 伊与原新さんの作品はこれがお初です。 伊与原さんは、東京大学大学院で地球惑星科学を専攻されたそうです。 そして、6編の短編+特別掌編はどれも、理系に関する知識が生きています。月や宇宙や素粒子、雪の結晶やアンモナイト。理系が苦手なMarukoでも、読みやすい文章と温かい物語の中で、新鮮かつ面白く、すんなり受け入れられた感じです。 Marukoが個人的に印象に残ったのは、「エイリアンの食堂」。 妻を亡くして4年のシングルファザーは小さな食堂を営んでいる。小学3年生の娘は近頃、…

  • 百均の材料で季節を楽しむ。

    前回、百均(セリア)で買ったコスチュームを蘭ちゃんに拒否られましたが~ 今日は、セリアで買った材料でリースを作る、の巻。 昨年12月にセリアで買った材料でクリスマスリースを作り、その後飾りを取り替えて春っぽくして、そのまま放置していました。 で、せっかくなので秋らしくしようと。 写真の左が春Ver.です。で、飾り2つ買ってきただけ。税込み220円也。リース本体も110円。 クリスマスVer.までこれで行こうかな。 ちなみに、リースは最初、玄関の表に取り付けていたのですけど、 強風が吹いてブッ壊れて破片がブッ飛んで管理人さんや配達の人をブッ刺したらどうしよう ((( ;゚Д゚)))ガクガクフ…

  • ウチの猫が激おこです。

    はい、タイトルどおりウチの猫が激おこです。 というのも、百均(セリア)のハロウィンコーナーで、こんなの見つけまして。 カワイイかも。と思ってつい買ってしまいました。 安いからって、つい、買うつもりじゃなかった物まで買ってしまうのが百均の魔力。特にカワイイ物。 ダイエット中にスーパーで見てしまうポテチくらいの、抗いがたい威力です。 まんまと掛かりました。 で、このペット(猫&小型犬)用コスチューム、首の後ろで紐(伸縮性あり)を結ぶようになっています。 そーっと着けて緩めに結んだら… 写真を撮るヒマもなく暴れてブン回すので、やむ無く外しました。 で、逃亡先でこの顔。 激おこです。 ま、想定の範囲内…

  • 【本】「太陽のパスタ、豆のスープ」(宮下奈都)を読みました。

    前回触れましたが、集英社文庫「よまにゃ」のブックカバーがカワイくて思わず買った本。 ね、カワイイでしょ? 本のタイトルにもぴったり。 今日は、宮下奈都さんの「太陽のパスタ、豆のスープ」をご紹介します(若干のネタバレも含みます)。 太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫) 作者:宮下奈都 集英社 Amazon 物語は、食事中に、結婚式を目前にした彼氏から別れを告げられる場面で始まります。 実家暮らしで30歳前、失意のどん底にいる彼女の元を叔母が訪ねる。叔母と言っても10歳くらいしか違わない独身、その叔母が提案したのは「ドリフターズ・リスト」を作ること。 ドリフターズ=漂流者。「安心して、加トちゃ…

  • 読書とワタシ。

    おうち時間が長くなって、ほかにあまりネタが無いこともあり、本のネタが占める割合が増えてきたので、今日はMarukoにとっての本や読書について書いてみたいと思います。 子どもの頃のMarukoにとって、本は正直言って、大事な「逃げ場」でした。 以前にも書いたと思うけど、明治生まれの祖母に育てられたMarukoは、「おなごのこは外を走り回ってはならん。」とか、「子どもはうるさいから嫌い。」と言われて育ち、静かに本を読んでいれば文句を言われないのでした。 それに、おもちゃやぬいぐるみは買ってもらえないけれど、本はたまに買ってもらえたし、ビンボーでも学校の図書館は利用できますし。 本だけ買ってもらえた…

  • ミニマリストにはなれない。

    異例の寒さが訪れた地域もあるようですが、こちらは天気が良いしまだ暑くて、ベランダのハイビスカスが南国気分を醸してます。 と言っても、バイトは終わったし、緊急事態宣言中ですし、おうちでまったりしているだけなのですけど。 たまには出掛けないと、全く運動しないのでマズイかも、と思ったりはするのですが。唯一の運動が蘭ちゃんと遊ぶことだったりして。 それ、うんどーしてるの、あたち。 先週、病院帰りにはショッピングモールをぶらぶら。「ショッピングモールでウォーキングを」なんて宣伝も目にしました。 Marukoの場合、いろんな店を見て回るというより、優柔不断なので、買おうかどうしようかと同じ店を行ったり来た…

  • 【注意】「プライム会費のお支払い方法に問題があります。」はフィッシング詐欺

    昨日と一昨日、こんなショートメールが届きましたよ。 「プライム会費のお支払い方法に問題があります。」 はい、来た。フィッシング詐欺メール。 ワタクシ、アマゾンプライム会員じゃありませんし。 ダンナが会員なので、プライム特典は享受しておりますが、会費を支払ってるのはダンナです。 それに、誘導先のURLに「amazor.」とかあるしw 以前、ドコモを騙るショートメールが来たことを書きましたが、今度はアマゾンです。それも連日同じ内容のものが来たので、取り急ぎ注意喚起です。 run-maruko.hatenablog.com 一応ググって出てきたサイトも、よかったら参考にしてみてください。↓ 【注意喚…

  • 乳がん手術経験者、コロナワクチンどちらの腕に接種?

    早いもので、今日で8月も終わりです。まだまだ暑いですが。 早いものと言えば、Marukoは乳がん手術を受けてからもうすぐ2年半、化学療法(抗がん剤、放射線治療)を終えてからは約2年になります。その後はホルモン療法(アリミデックス)を続けています。 昨日は3ヶ月に1回の受診日だったので、病院に向かいながら、一昨年の夏、毎日、放射線治療のために通院した頃を思い出しました。ヅラだったので、余計に暑かったのよねぇ。 ほとんどの方には関係ないかもしれないけれど、乳がんカテゴリーなどから来てくださる方もいらっしゃるかもしれないので、先生との会話を情報提供しますね。特に、コロナワクチンについて。 というのも…

  • 長島愛生園の歴史、そして未来へ

    前回、「日本のエーゲ海」こと岡山県瀬戸内市牛窓周辺の記事を書きましたが、このとき、足を伸ばしたのは、同じく瀬戸内市にある「長島愛生園」でした。 国立療養所「長島愛生園」歴史館 岡山県瀬戸内市 計画していなかったので、まずは総合案内(喫茶が併設されています)に行って、置いてあるパンフレット類をいただきました。 敷地内に歴史館がありますが、パンフレットに「見学には事前予約が必要です。」とあります。 無理かも、と思いながら歴史館を覗いてみると、快く受け入れてくださいました。受け入れ人数に限りがあるものと思われますので、連絡してから行くのが無難だと思います。 なお、先ほどサイトを見たところ、緊急事態宣…

  • エーゲ海に行ってきたよ ~ 日本(岡山県)のだけどね。

    雨やくもりが続きますね。こんな悪天候のときにも関わらず、日本のエーゲ海に行ってきましたよ~。えっと、この呼び方、全国的にはどれだけ認知されているのか分かりませんが… 岡山県瀬戸内市牛窓周辺です。 実は短期バイトが火曜日で終了だったので、県民割が使える近場の宿で美味しいものを食べようと。牛窓沖の前島という島に泊まることにしたのでした。ワタシもダンナも島好きなのですが、今は南の島には行けませんからね。 島に渡る前に少しだけ牛窓観光。ということで、定番の牛窓オリーブ園に行きました。ショップや展望台のある建物へ。 いやん、ねこさまぢゃないの~♪ヽ(´▽`)/ で、展望は… 青い空、青い海、そして瀬戸の…

  • 【本】「吾輩も猫である」は猫飼いが泣いて喜ぶ名言がいっぱい。

    こちらは晴れてきましたが、大雨の地域の方はくれぐれも気を付けてくださいね。 さて、天気の悪い日はおうちで読書でもしましょう。 ということで、今日はこの本をご紹介します。 吾輩も猫である (新潮文庫) 作者:次郎, 赤川,素子, 新井,衣良, 石田,浩, 荻原,陸, 恩田,マハ, 原田,由佳, 村山,マリコ, 山内 新潮社 Amazon 「吾輩も 猫である」 夏目漱石の没後100年&生誕150年を記念して出版された短編集です。猫好きの作家8人が、猫の目線で描く世界。それぞれの「吾輩」が楽しめます。 そして、この短編集、猫飼いが泣いて喜ぶ名言に溢れています。 あ~うちのコもきっとそう思ってるに違い…

  • リスク意識は個人差がある。

    3連休は引きこもりのMarukoです。暑いのもあるけど、感染者数が増えていて、休日に街や観光地、公共交通機関を利用するのは勇気がいる… 平日ならまだいいかと思うのですが。 リスク意識には個人差があることを、最近特に思い知りますね。 某市長さんの暴挙、話題になってますが。 普通のときでも 「ばっちぃ!」 ( -д-)オエ と思うけど、今回は特に、感染防止のためメダルを首に掛けるのがセルフになったという状況下。分かりそうなもんだけど。 Marukoはバイト中、共用のPCを使うとき、私物のアルコール入りウェットティッシュでキーボード、マウス、机を拭いてから仕事に取り掛かり、終わった後も次の人のために…

  • 【本】「後悔病棟」「希望病棟」(垣谷美雨)を読みました。

    スポーツにあまり関心のないMarukoは、相変わらず読書やAmazonPrimeを楽しんでいます。 今日は、最近読んだ垣谷美雨さんの小説「後悔病棟」と「希望病棟」をご紹介します(若干のネタバレ含みます)。 タイトルから、なんだか重い感じ?シリアス?と思われるかもしれませんが、ちょっとファンタジーです。 「後悔病棟」の続編が「希望病棟」ですが、ストーリーは独立しているので、片方だけ読んでも楽しめます。 後悔病棟 (小学館文庫) 作者:垣谷美雨 小学館 Amazon 希望病棟 (小学館文庫) 作者:美雨, 垣谷 小学館 Amazon さて、共通する設定ですが、ある病院の内科病棟が舞台。死期が迫る末…

  • 墓じまいの仕方

    暑いです。昨日は暑い中、お寺に参ってきました。 少し前に、ダンナが田舎の墓じまいをして、こちらのお寺の納骨堂で永代供養をしました。そして昨日は、お寺の本堂で合同の法要、盂蘭盆会(うらぼんえ)が開かれ、出席したのでした。 このご時世、田舎のお墓をどうしようかと思っている方、多いのではないでしょうか。 墓じまいのことはダンナに任せていましたが、流れは知っていますので、参考までにごく簡単に記しておきます。 1. 移転先で永代供養してくれるお寺に相談。 今後の手続きや流れを教えてくれます。 2以下の手続きと並行して契約を進めます。 2. 田舎の菩提寺に墓じまいと離檀の了承をもらい、閉眼供養(いわゆる魂…

  • モヤモヤする、あれこれ。

    4連休ですね♪ 部屋にある紙のカレンダーは全部、19日が海の日(祝日)になってますけど。先週、バイト先で「来週は3日しかないので、残業してもらうかもしれない。」と言われなければ、間違えたままだったかもしれません。 オリンピックのために変則的となった連休ですが、こんな直前までいろいろ起こって、モヤモヤしますねぇ。もともとスポーツに興味がないもので、見るつもりもないのですが。 それにしても、開催に否定的な意見を結構流しておきながら、一転、オリンピックモードになるTVの二枚舌な感覚にも、またもや増えてきたコロナの感染者数にも、モヤります。 そして、ワクチンにも。 うちの市では、本来なら、50代は先週…

  • 猫は地震を予知する!?

    昨日のこと。蘭ちゃんの様子が変でした。 いつもの昼間は、明るいリビングのハンモックがお気に入りの場所なのに、昨日はずっと、薄暗い部屋(物置と化してるw)の机の下、それも一番奥にいるのです。インターホンが鳴ったときに、いつも逃げ込む場所です。 そう、明らかに隠れているのです。 体調が悪いのかと様子を見ていましたが、ごはんやおやつの時は出てきてしっかり平らげ、終わったらそそくさと隠れる、といった感じです。 そして、昨夜、地震が起きました。この辺では震度1でしたが。それでも、揺れは感じました。 で、ふと思ったのです。 まさか、蘭ちゃんは地震が来るのを予知して、怖がっていたのでは? 「猫 地震を予知」…

  • 【本】「鎌倉うずまき案内所」(青山美智子)を読みました。

    今日は最近読んだ本をご紹介します。(少々のネタバレ含みます。) 「鎌倉うずまき案内所」(青山美智子) 鎌倉うずまき案内所 (宝島社文庫) 作者:青山美智子 宝島社 Amazon 鎌倉、すごい昔に1回だけ行きました。懐かしいなぁ… そんな鎌倉で「はぐれた人」だけがたどり着く「鎌倉うずまき案内所」。そして、そこの所長は… 言えないっ! ワタシの脳内映像化は実写がムリなので、アニメ化しました。だって、生きて動いてるとこ見たことないんだもん。あー、これ以上は言えない。 でも、その異世界にたどり着く人たちは、リアルで普遍的な悩みを持っています。 仕事を辞めたい男性、結婚すべきか悩む女性、ユーチューバー志…

  • 【注意】「不正なアクティビティが検知されました ~.xyz」はフィッシング詐欺

    昨夜、ショートメールで変なの届きました。 「不正なアクティビティが検知されました為~必ずご確認ください。 ~.xyz」 これ、フィッシング詐欺のようです。 【SMS】「不正なアクティビティが検知されました為、dアカウントの利用が制限されております。」詐欺に注意 | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP クリックしてアカウント情報を入力してしまうと、悪用されてエライ目にあいそうです。 調べてみたところ、Amazonバージョンもあるようです。気を付けましょう。 カワイイものも届きました。 以前、ご紹介したフェリシモ猫部の「洋書風ポーチ」。 今回は白猫の白雪姫ですよ。 そして、こんなのも買っちゃった…

  • 彩雲と雨宿り

    昨日の夕方、こんなのが見えました。虹色の雲。 インスタに投稿したら「彩雲ですね」というコメントをいただいたので、調べてみました。 彩雲 - Wikipedia 要は、太陽光が雲の粒(水滴)などに反射して起こるということのようです。で、ありふれた気象現象なんだって。 でも、昔から瑞運(ずいうん)、慶雲(けいうん)などとも呼ばれ、瑞相(めでたいことの前触れ)とか、仏教的に重要な際に起こると認識されていたそうです。 いわゆる「お迎えが来た」ってやつ、「来迎図」では、阿弥陀如来が菩薩を従えて五色の雲に乗って極楽浄土からやってくるそうな。(めでたいのか?) ありふれた現象とはいえ、Marukoは見たこと…

  • 小さな楽しみ。

    さぁ、今日は「小さな◯◯」シリーズ… って、いつの間にシリーズ化? 平凡の中に、1つ1つは小さなことだけど、ちょっとしたうれしいことや楽しいことはたくさん転がってる。 最近の小さな楽しみ。 ・先日通勤のバスの中から、幼稚園か保育園の園児たちがお散歩してるのが見えた。路地に一列に並ぶ水色の帽子たちがカワイかった。また見えるかな? ・職場に来るお弁当屋さんの弁当が毎日ウマイ。(ダイエットには反するけど。) ・ベランダが南国になった! ハイビスカス 【花言葉】繊細な美、新しい恋 星みたいなお花も。 ペンタス 【花言葉】希望が叶う、願い事 ↓秋から咲いてるナデシコもガンバってる。 ・蘭ちゃんがベッドで…

  • 「ねこのきもち」で「うちの猫グッズ」いただき!

    明け方、蘭ちゃんに下腹をフミフミされて、漏れそうになったMarukoです。うれしいのとトイレ行きたいのとw (^o^;)ソ,ソコワ… さて、「ねこのきもち」(ベネッセ)を年間購読していると、年に1回「うちの猫グッズ」が貰えます。 うちは購読し始めた時期の関係で、毎年この時期にカタログが届くのです。 注文の締切日もあるので、どれにしようか迷います。 フォトブック、缶バッヂやマグネットは以前作りました。ポストカードとカレンダーは新登場です。 カレンダーは開始月が選べます。今から2022年のを作るのは早いかなぁ、と思いつつ、2022年カレンダーにしちゃいました! 表紙はこのブログのアイコンにしている…

  • 小さな幸せ、大きな幸せ。

    暑くなりましたね。 先日、3ヶ月に1回の通院がありましたが、「お変わりありませんか?」「ありません。」「では、いつものお薬を~」で終了。もうネタにもなりませんw こういうの、オンライン診療とかにしてくれればいいのに、とは思いましたが。 でも、平凡な毎日を送る幸せよ。 他人が読んでもつまらないかもしれませんが、大した出来事もない平凡な毎日の中の小さな幸せを書き留めておこうと思います。 小さな幸せ。 まずは、お買いもの。 フェリシモ猫部で注文した「猫が主役の洋書風ポーチ」が昨日届きました。 フェリシモ猫部の商品は、売上の一部が保護猫活動に使われています。以前にもチャリTシャツを買いました。 今回、…

  • 酒と泪と男と女と猫

    晴れたり曇ったり雨だったり、天気に振り回されますね。天気が悪いと仕事に行くのがメンドーになってしまうのはワタシだけじゃないはず。ちゃんと行ってますけどね。 さて、そんなワタシ、少し前に誕生日でした。アラフィフって、何歳まで言えるのかなぁ、などと思いつつ… 写真のケーキはベルーナグルメさんの誕生月特典。実は誕生日より前に食べてしまったw 誕生日にはMARUOがちゃんと別のケーキを買ってくれました。(写真撮ってなかった。) あと、◯◯タッキーが30%オフというCMに惑わされ、買ってきてもらいました。コレステロールを気にして揚げ物は控えめにしてるし、Marukoにとって◯◯タッキーは若かりし頃からす…

  • タンチョウに会うマイクロツーリズム

    5月ももう終わりますね。 少し前、今月前半の平日に、ダンナとマイカーで近くへドライブ&温泉、そして隣接する施設の鶴に会ってきました。 その後に緊急事態宣言が出たり仕事が始まったりで、記事にしそびれていたのですが、せっかく写真もあるので、今日はタンチョウをご紹介します。 きびじつるの里とは 動物好きを標榜する身でありながら、正直、鶴のことはよく知りません。 なんか知らんけど、メデタイ。 もしくは、恩返しのために機を織るケナゲなヤツ。 みたいな。 浅くてごめんよ、鶴のみんな。 タンチョウは日本で特別天然記念物に指定されていますが、世界的にも数が減少して保護されているそうです。北海道のイメージは確か…

  • 【本】小説「百貨の魔法」(村山早紀)を読みました。

    今日は最近読んだ本のご紹介です。 村山早紀さんの「百貨の魔法」という小説です。2018年本屋大賞ノミネート作品です。 ちなみにこの本を選んだのは、店頭で表紙のイラストを見て。ステンドグラスのある建物の屋根にオッドアイの白猫が描かれています。 猫バカ、猫デザインを見ると思わず手に取るクセがありまして… 百貨の魔法 (ポプラ文庫 む 3-1) 作者:村山 早紀 発売日: 2021/04/07 メディア: 文庫 少し前に、子どもの頃のエレベーターの思い出について書きましたが、この本を読んでいて思い出したのでした。 run-maruko.hatenablog.com 時代の波で、「閉店が近いのでは?」…

  • 小さく稼いで小さく暮らすということ。

    今週から新しいバイト先で研修中のMarukoです。 いや~ 5日間長かったわー。やっと週末。そして、来週も研修。長い。ほぼ座って講義を聞く研修、ツラい。 子どもの頃、そこそこ勉強が得意だったMarukoですが、あれって集中力の問題だったんだな。あの頃は集中力が途絶えることなかったけど、今は肩こりやら眠気やらでしょっちゅう途切れちゃう。 それに脳ミソ自体もね、若い頃はいくらでも吸収する新品のスポンジだったのが、今じゃ、いつ捨てようかと思われながら流しの隅でくたくたにへたってるボロスポンジなのであります。 でも、短期バイト(数ヶ月単位)という働き方自体は自分に合っているみたいです。 新しいことする…

  • 猫バカが狂喜する老舗煎餅

    またモニター商品が当たりました~! 【モニター募集】お取り寄せグルメ・スイーツの口コミサイト|おとりよせネット しかも猫バカが喜ぶやつ~~♪ その名も「にゃんべい」 猫柄の煎餅ですよ。 猫バカは、開けるなり きゃ~~かわいいーー!! (=゚ω゚=)って感じです。 いろんな柄の7種類の猫たちがあまりにかわいいので、食べるのがもったいないような気がしてしまいます。賞味期限は2ヶ月以上あるので、もしこれをギフトでいただいたら、しばらく飾っておきたいですね。 ですが、今回は味の感想も書かなきゃいけませんので、いざ実食。醤油煎餅にコーティング部分はほんのりした甘さ。甘すぎず醤油が勝っています。甘い煎餅が…

  • 猫様の心地のいい場所を見つける能力

    暖かくなってきて、猫様のお昼寝場所も移動しました。猫様には、心地のいい場所を見つける能力が備わっていますよね。 (*’ω’ノノ゙☆パチパチ ↑少し前までは押入れの中のあったかベッドにいることが多かったのですが(その前は猫用こたつ)、数日前からベランダ際にあるキャットタワーのてっぺんで寝ることが増えました(冒頭は数日前の写真)。 今日はキャットタワーで寝起きの毛繕いに余念がありません。いくらでも見ていられるので(親バカ)、動画を撮ってみましたw(インスタに投稿) View this post on Instagram A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.ma…

  • 【ペット】ムカつくニュース

    ネットニュースであまりにムカつくニュースを見つけてしまいました。 ニンゲン以外の動物は大抵好きなMarukoは激おこ中です。 (`へ´*)ノ www.afpbb.co ペットブームが過熱する中国で、購入後に箱を開けるまで中身が分からない「盲盒(ブラインドボックス)」という人気の販売手法が、生きた動物にも用いられていたことが発覚し、激しい批判が巻き起こっている。今週、死んだ子犬や子猫を満載した物流トラックが南西部成都(Chengdu)で見つかり、実態が明らかになった。 貨物室内に160匹もの動物の赤ちゃんが詰め込まれ、一部は亡くなっていたそうです。 蘭ちゃんも激おこです。 箱に入れてネット販売す…

  • こどもの日のノスタルジーと欲望のハードル

    昨日はこどもの日でしたね。 夕方、近所のスーパーに行ったら「こいのぼり」や「背くらべ」のBGMが流れていて、それに合わせて子どもたちが大きな声で歌っていて、なんだか懐かしいような微笑ましいような気分に… あれ? それ以外の声も? Marukoのすぐ隣で商品を選んでいた高齢女性もハミングしているのでした。 うえへまいりま~す こどもの日の思い出というわけではないのですが、今読んでいる小説(読み終わったらご紹介します。)にデパートのエレベーターが出てきて、子どもの頃のエレベーターの記憶が甦ってノスタルジックになりました。 Marukoが子どもの頃、街に商業施設ができました。そして、その施設のウリ(…

  • ステイホーム中はベランダ園芸

    ゴールデンウィーク真っ只中です。 Marukoは4月末までのバイトを終了し、次のバイトが始まるまであと2週間、少々ヒマになりました。 といっても、感染者が増えている状況下ですので、少なくともゴールデンウィーク中は引きこもりです。 皆さんも Stay Home 楽しんでますか? Marukoはコロナ禍になってからベランダ園芸を始めましたが、始めて良かったなぁ、とつくづく思います。 おうちで一人でできるし、リビングからお花が眺められると癒されるし、お手入れをするためにベランダに出れば陽を浴びたり外の空気を吸ったりして、ほんの少しですけど自然を感じて心身が健康的になる気がします。 狭いベランダなんで…

  • 【本】「100万分の1回のねこ」「神様のビオトープ」の2冊

    ゴールデンウィークですねぇ。と言っても何の予定もありませんが。 昨年、カミュの「ペスト」について書いたとき、「まさかスケジュール感も同じだったりして」って書いたのですが、それって昨年中に収まってくれるだろうというニュアンスだったような。 こんなに長引くとは。AIの計算だと第4波のピークは10月20日だとか。ワクチンや他の状況によって変わるとは思いますが。 run-maruko.hatenablog.com というわけで、ゴールデンウィークはおうちで読書でもしましょう。今日は最近読んだ2冊をご紹介します。 1 「100万分の1回のねこ」 100万分の1回のねこ (講談社文庫) 作者:江國 香織,…

  • 猫飼いの花の飾り方&モニター生活

    ほどほどに働き、ほどほどに遊ぶ生活が板に付いてきたMarukoです。 昨日は今のバイト先から「5月以降も空いていませんか?」だって。早く言ってよ。もう次のバイト決めちゃったじゃん。 更には「来年もぜひ。」って。必要とされるのはうれしいことなので、「前向きに検討します。」と言っておきました。(あれだけ足腰が、老眼が…って言ってたけどw) さて、今日はお休みなので、ベランダ園芸のお花を飾ってみました。 猫に害がある花もあるので、花を飾らなくなった我が家ですが、小さいコップに飾ったお花を100均で買ったボトル(プラスチック製)に閉じ込めてみました。 最近流行りのハーバリウムっぽい? 蓋も閉めてあるの…

  • 元公務員のオバチャンの働き方

    先週はお仕事が結構忙しかったMarukoです。と言っても大変だったのは木曜日までで、金曜日からは静かな環境でデスクワークです。 何の仕事か想像がついている方、たぶん正解です。 来月の中旬からはまた別の季節もの?の期間バイトに行きますが、またPCに入力するのがメインの仕事です。 r.o.u.g.a.n がツライ~と言いつつ、できることがそういうことしかないもんで… ほぼ事務仕事しか経験がないけど、事務と言っても経理などの経験はないので、やはり元公務員、経験が活かせる仕事はあまりないですね。 今のバイトが決まる前、折角ペット関係の資格を取ったし、と思って求人サイトから数件、ペットグッズ販売や保護猫…

  • 眼科で受けた宣告。

    先週、眼科へ行ったMarukoです。 アルバイトで、書類を見ながらパソコンを打つ仕事をしていて、以前にも目がツラいとぼやきました。 run-maruko.hatenablog.com さらに最近は、お客さんのスマホ画面を確認する仕事も増えたのですが、どうにも見えづらく、見えないのを目を凝らして見ようとし続けるせいか、週末が近くなってくると目の奥がズーンと痛くなってきて、そういうときは肩凝りもひどくて… で、思いきってMARUOが白内障を治してもらった眼科へ行ったのです。 何か問題があるなら治療をしてもらいたいし、眼鏡を作り直すことで解決するなら眼鏡の処方箋を出してもらおうと思ったのでした。眼鏡…

  • 【本】「よみがえる変態」(星野源)を読みました。

    先週は暖かかったのに、今日は花冷えの1日になりましたね。Marukoは今朝、先週と同じような服装で家を出て、すぐに後悔しました… (・・;)))サムッ さて、今日は読書のお話。 Marukoの読書は小説が多いのですが、今回は前から気になっていた、星野源さんのエッセイ「よみがえる変態」を読んでみました。 「変態」というだけあって(?)下ネタも散りばめられていますが、明るい語り口のためか、さほど嫌悪感はありませんでした。(基本、下ネタは好きじゃありません。) そして、真ん中を過ぎた辺りで突然、見開き真っ黒のページが現れます。 ご存じの方も多いと思いますが、源さんは2012年にくも膜下出血で倒れまし…

  • 出会いの季節もアタリが続きますように。

    4月に入りました。出会いの季節ですね。 最近アタリがいいかも、と少し前に書きましたが、今度はなんとお米が当たりました! run-maruko.hatenablog.com 3年連続特A級に認定された、美味しいお米のよう。いただくのが楽しみです。 そして、同じ日に到着した福岡の干物セット。 こちらは懸賞ではありませんが、貯めた楽天ポイントとクーポンを使って、5,000円相当の商品をタダでゲット。 ポイ活も大事です。 Marukoは、楽天での買い物のほか ・他の通販サイトを利用するとき、「楽天リベーツ」というアプリからログインして購入する(ポイント率に変動があるので、高いときを狙う) ・「楽天イン…

  • お花を愛でる1日

    今日はMARUOのお休みに合わせてMarukoもお休みを貰いました。午前中に用事を済ませ、ランチをしてからドライブがてら小さな公園へ。昔はお城があったところです。 まずは散りゆく椿がお出迎え。 門から中を覗くと、「鳥居に桜」が一幅の絵画のようです。 桜はちょうど満開で、人気のない公園で花見を満喫… と思ったら、男性が一人ベンチで横になって寝てました。 あまりに溶け込んでてすぐには気付かなかったけどw うん、分かるよ。 桜の木の下のベンチ。こんなに暖かくて気持ちいい昼下がり。 花と空と同化したい、いや、できちゃいそうな、そんな空気。 桜の花を見ると宴会したくなるのも確かだけど、こんな風に静かに花…

ブログリーダー」を活用して、Marukoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Marukoさん
ブログタイトル
ベンガル娘のお休み処
フォロー
ベンガル娘のお休み処

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用