がんになっても地球旅行
住所
出身
ハンドル名
nakkoさん
ブログタイトル
がんになっても地球旅行
ブログURL
http://nakkobkk.livedoor.blog/
ブログ紹介文
病気とは無縁と思っていた元バックパッカー59歳。バンコクで働きながら旅行を楽しんでいました。でも2019年4月、バンコクでまさかの肺腺がん(1A)手術。これからも地球旅行は続けていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

29回 / 85日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/05/30

nakkoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 20,163位 20,694位 20,630位 20,474位 20,228位 21,798位 19,861位 969,598サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 160 360 230 140 200 160 280 1,530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,636位 1,672位 1,672位 1,665位 1,648位 1,735位 1,609位 42,608サイト
アジア旅行 19位 19位 19位 18位 18位 19位 19位 694サイト
病気ブログ 609位 622位 616位 612位 608位 632位 606位 21,432サイト
肺がん 17位 16位 16位 17位 17位 17位 17位 264サイト
海外生活ブログ 1,576位 1,637位 1,634位 1,624位 1,618位 1,668位 1,597位 34,903サイト
タイ情報 79位 85位 84位 80位 79位 85位 79位 1,319サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 7,731位 7,770位 8,140位 7,762位 7,362位 7,416位 7,267位 969,598サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 160 360 230 140 200 160 280 1,530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 658位 675位 703位 680位 651位 659位 640位 42,608サイト
アジア旅行 5位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 694サイト
病気ブログ 390位 399位 415位 393位 375位 378位 374位 21,432サイト
肺がん 17位 18位 18位 17位 16位 16位 15位 264サイト
海外生活ブログ 1,135位 1,132位 1,163位 1,135位 1,101位 1,120位 1,108位 34,903サイト
タイ情報 77位 73位 73位 71位 70位 73位 72位 1,319サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,598サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 160 360 230 140 200 160 280 1,530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,608サイト
アジア旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,432サイト
肺がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 264サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,903サイト
タイ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,319サイト

nakkoさんのブログ記事

  • がん 5年生存率

     最近、病気ブログらしくない内容が続いていたので、ちょっと思ったことを書いてみようと思う。 日頃から日本のニュースはネットでしか得ることはできない。だから国立がん研究センターが、8月8日に3年、5年、10年生存率を公表したことは知らなかった。でも昨日「切るべ

  • ベトナムのフエに一人旅 1日目

     この1年間は娘や夫と短期の旅行をしたが、一人旅はちょうど1年前にラオスのビエンチャンに2泊で行っただけだ。これまで旅行といえばほとんど一人旅だったので、どこかにいきたくて仕方がなかった。 ベトナムは、これまでホーチミンとハノイに行ったことがある。でも世界

  • 3ヶ月半検診 [2019/07/21]

        体調はとてもいい。体力もかなり回復して、日常生活にはほとんど問題がなくなった。と言っても1日出歩くと疲れるし、肋間神経痛はずっとピリピリした感じがある。それは疲れるとひどくなるようだ。しかも痛いところは、左胸で時々位置が変わり、今は左の肋骨の上が時々

  • 術後3ヶ月[2019/07/03]

     術後2ヶ月目から3ヶ月目にかけては、まだ授業が始まる前に娘が遊びに来て、知人の結婚式に出席したり、アユタヤへ行ったりと、手術を受けたことなど思い出さないほど快調に過ごしていた。でも本格的に授業が始まった頃から、また咳が出るようになった。咳止めを飲むほど

  • 中古バイク購入②

        私が行ったのは、Fatboy's Motorbike というレンタバイクや修理を請け負っているお店だった。小さな店だが、事務をしている女性は英語が上手な外国人だった。(少しアクセントが違うので、アメリカ人やイギリス人ではないかもしれないが)修理をしているのは、大人の男

  • 中古バイク購入①

        バンコクに来てすぐ、国際免許から自動車免許を切り替え、同時に自動二輪免許を取得した。陸運局に行って、コンピューターで試験を受け、50問中45問のギリギリ正解で合格、実地試験は日本で50ccに乗ったことがある人なら誰でも受かるような試験だった。 実はコン

  • 術後2ヶ月[2019/06/03]

     手術から2ヶ月が経った頃、日本への一時帰国からバンコクへ戻った。日本では外食ばかりしていたとはいえ、ストレスのないハッピーな毎日だったが、仕事が始まると楽しいことばかりでもない。とにかくストレスをためない生活をしたいと思う。 日本へ帰って診察を受けたお

  • マレーシア航空ビジネスクラス

     今回の一時帰国は、まだ手術後1ヶ月半から2ヶ月にかけてのことだったので、往復とも飛行機は贅沢をすることにした。日本へは、エアーアジアのプレミアムフラットベッドが格安になっている日があり、夜行便だったがゆっくり体を伸ばして眠ることができた。タイへは、病気が

  • 千葉敦子さんの本

     私は20代で千葉敦子さんの本に出会った。千葉敦子さんと言っても、もう知らない人も多いかもしれない。1987年に乳がんの再発、転移でアメリカで亡くなられたジャーナリストだ。彼女が若い女性のために書いた「ニューウーマン」という本は、考え方が当時としては斬新で、

  • 一時帰国[2019/05]⑤ 友人と食事、病気の告白

     胃カメラでひどい状態の胃の内部を見たが、日本の滞在中友人たちに会って、美味しいものを食べ歩いた。たった10日間くらいで、バンコクの食費の5倍ほどの額を費やした。まあバーツに換算したら、自分でもびっくりしてしまうが。まずは、南森町にあるフレンチレストラン

  • 一時帰国[2019/05]④ 胃カメラと腹部エコー

     今回の帰国の大きな目的は、日本の国民健康保険に加入すること。それは、いろいろな体の不具合をチェックしたり、できるものなら治したいと思っているから。昨年の一時帰国では一日人間ドックに入ったが、今年は1月に簡単な検診をしてので(まあそれで肺がんが見つかった

  • 一時帰国[2019/05] ③日本での受診PM

     午後一番受診だったが、たぶん午前中の診察が長引いたのだろう、1時半に始まった。午前中と同様に、かなりの人が診察室の前で待っている。バンコクで先月の抜糸の際に、いくつかの疑問点をW先生に答えていただいたが、こちらでは長期的なことも含めて質問したいと思ってい

  • 一時帰国[2019/05] ②日本での受診 AM

     2月末に午前中にいきなり告知を受けたとき、日本での手術も考えて、大阪の病院を検索した。将来本帰国をすることになるまで、継続的に診てくれる病院をと考え、大きな病院をいろいろ調べると、大阪がんセンターがメールで予約できるシステムがあり、問い合わせてみた。す

  • 一時帰国[2019/05] ①諸手続き

     2年前日本を出る時に、私は住民票を抜いて、日本では無保険となった。そのまま住民票をおいて、それまでの雇用保険から国民健康保険に変えると、前年の収入からするとかなり高額の保険料になると思ったからだ。   私のビザは5月から1年間なので、今年も4月に一時帰国

  • バンコクの病院費用

      以前にも少し書いたが、バンコクには日本語で受診可能な病院がいくつかある。日本人がよく行くのは、駐在家族も多く住むBTSスクムビット線から行くのが便利なサミティベート病院、パムルンラード病院、バンコク病院の3つだと思う。そしてシーロムエリアにもBNH病院という

  • 術後1ヶ月のまとめ

     ブログを始めて1ヶ月半、そして実際にはもうすぐ手術後3ヶ月になる。一時帰国も含めて長期の休暇中だったおかげで、このブログもコツコツ書き続けることができた。でも仕事が始まって、これまでのペースでの更新は無理だと実感している。 もしこのブログを初めて見てい

  • 一時帰国準備

     肺がんが見つからなければ、4月早々に帰国するはずだった。その航空券もずいぶん前に手配していたが、退院後すぐにスクート(LCC)に診断書などを送ったら、クーポンで払い戻しをしてくれることになった。アメリカン航空のマイレージで取ったチケットは、無料で日付変更を

  • 娘に話す 術後1カ月

     日本は平成から令和に変わることで大騒ぎになっている。タイでも普通のニュースで取り上げられているし、久しぶりに会ったタイ人の先生にも「新しい王様になったんでしょう」(タイは王制なので、emperorという言葉はなじみがない)と言われた。実はタイでもこの5月4日、

  • 術後4週目の生活

     まだ4月中にしなければならないことがいくつか残っていた。まず試験結果が良くなかった学生の呼び出し補習。タイ人学生は礼儀正しいが、時間にいい加減なことが多い。予想通り呼び出した学生は全員時間通りには来ず、日を設定しなおす必要も出た。 次に運転免許の更新。2

  • ビザとワークパーミット更新

     今回の記事はあまり病気とは関係がない。でもタイで働いている者、長期滞在をしている者にとっては、本当に大切で気がかりな事だ。もちろん大きな会社に勤めていて、タイ人の通訳が付き添ってくれる場合は、気持ちは楽だろう。それでも手間と時間がかかるのは同じだ。   

  • 抜糸 [2019/04/21]

       昨日は退院後初めてスクムビットへ出かけた。プロンポンのFUJIスーパーの近くに、Key Booksという古本屋があり、タイ在住の日本人にはお馴染みのところだ。私も月2回は通い文庫本を仕入れてくる。読み終わった本も買い取ってくれるので便利だ。4冊買ってリュックに入れ

  • 同僚と会う 術後2週間ごろ

       抜糸の予定は術後2週間目だったが、その日の朝早く病院から電話があり、W先生に緊急のオペが入ったそうで、私の予約は次の日曜日になった。少し聞き取りにくい英語だったが、夕方5時半で間違いないのかな。ちょっと遅いけど。    散歩も少しずつ時間と距離をのばし、

  • 一人の生活へ 術後10日ごろ

       術後9日目の早朝、夫が日本へ帰った。Grabが使えるようになって、家族や友人たちを見送るのも心配が減った。Grabだと料金は登録してある私のカードから落ちるし、走行中も位置を確認できる。ぼったくりも起こらない。       この頃の食事は、朝食に食パンと野菜、

  • 術後1週間目 [2019/04/10]

       朝起きると熱はなく、朝食後のパラセタモールも1錠だけ。9時半ごろ、学校までPCを取りにいくことにした。たかだか10分くらいなので、ゆっくり歩くとつらくない。でも2階までの階段を上がっただけで息切れして心臓がバクバクいう。いつまでこんな状態が続くんだろう。 

  • 術後6日目 [2019/04/09]

       朝から起きたり横になったりの繰り返しだった。でも病院と同じようにパラセタモールを2錠ずつ飲んでいるので、痛みがあるもののひどくない。でも傷の痛みよりも、左胸(切除側)全体がピリピリした感じで触れるたびに痛い。これが肋間神経痛かな。   横になる時も、左を

  • 術後5日目ー退院 [2019/04/08]

        朝の検温で熱は下がっていてホッとした。朝食も一人で、パン、バナナ、ジュースを用意して食べた。もう基本的なことはなんでもできそうだ。夫が9時過ぎに来てくれて、私はもう退院する気満々なのに、内科のM先生の回診後じゃないと退院できない。でも回診時間がいつな

  • 術後4日目ー病理結果 [2019/04/07]

       朝6時にベッドの上でレントゲン、検温もいつも通り。7時に買いおきしている食パンとバナナ、ジュース。日頃と同じようなものしか食べたいと思わない。8時ごろに看護師さんが着替えを持って来てくれたが、今日は傷口のチェックの後シャワーを浴びられるそうなので、その

  • 術後3日目 [2019/04/06]

       朝はいつも6時ごろに検温がある。個室なので、起きるとすぐテレビをつけて一日中NHKを見ている。といっても真剣に見てるのはその一部だが。でもテレビがなかったら暇すぎてどうしようもなかったろうなあ。見ているうちに、うつらうつらということもよくあった。   7時

  • 術後2日目 [2019/04/05]

       夜中に何度か起きたけど、痛みはそれほどひどくなかった。他の人のブログを見ると、数日間は痛みがひどいと書いてある方が多かったので、想像しながら覚悟はしていた。でも私は痛みに鈍感なのか、もうベッドをあげて座っていても、ひどい痛みは感じない。   6時にベッ

  • 手術翌日 [2019/04/04]

       いつ目を覚ましたのかはっきりしないが、気づくと外は明るくなっていた。何度か水が欲しいと、看護師に飲ませてもらった。部屋は空調がきいているので適温が保たれているが、なぜか冷や汗がでる。痛みはずっと続いているが、我慢できないこともない。朝の検温の時、看護