住所
-
出身
-
ハンドル名
だにえるさん
ブログタイトル
古文ときどき…
ブログURL
https://ameblo.jp/kobun-tokidoki/
ブログ紹介文
古文のお話を中心に、音楽やラーメンの話などを書いています。
自由文
更新頻度(1年)

29回 / 43日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2018/12/11

だにえるさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 41616 37986 37990 34423 34271 33726 31158 946444サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 259 214 216 186 185 183 161 12361サイト
古典文学 6 5 5 5 5 5 5 76サイト
音楽ブログ 819 784 786 735 723 722 619 27811サイト
好きな曲・好きなアルバム 49 44 41 34 34 35 34 1823サイト
グルメブログ 1662 1627 1632 1554 1559 1555 1480 29277サイト
神奈川・横浜ラーメン食べ歩き 2 2 2 2 2 2 2 19サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 76378 66241 66934 62385 62163 51886 52413 946444サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 385 282 277 243 248 184 188 12361サイト
古典文学 7 5 5 5 5 3 4 76サイト
音楽ブログ 1515 1320 1307 1110 1100 894 905 27811サイト
好きな曲・好きなアルバム 72 57 59 48 49 36 36 1823サイト
グルメブログ 3970 3765 3789 3691 3653 3323 3355 29277サイト
神奈川・横浜ラーメン食べ歩き 9 8 8 8 8 8 8 19サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946444サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12361サイト
古典文学 0 0 0 0 0 0 0 76サイト
音楽ブログ 0 0 0 0 0 0 0 27811サイト
好きな曲・好きなアルバム 0 0 0 0 0 0 0 1823サイト
グルメブログ 0 0 0 0 0 0 0 29277サイト
神奈川・横浜ラーメン食べ歩き 0 0 0 0 0 0 0 19サイト

だにえるさんのブログ記事

?
  • 宮にはじめてまゐりたるころ④(枕草子)

    まだ初出仕から間もなく、緊張してビビりまくっている清少納言は夜だけお仕えしていたのですが、中宮様は明け方まで下がることを許してくれませんでした。ようやく退出し…

  • 手取川 大吟醸・名流

     石川県のお酒・手取川。前回も手取川でしたが、種類が違います。前回は成城石井のオリジナルで、八反錦を使用していました。 こちらは、吉田酒造さんが公式にラインナ…

  • 宮にはじめてまゐりたるころ③(枕草子)

    まだ初出仕から間もなく、緊張してビビりまくっている清少納言は夜だけお仕えしていたのですが、中宮様は明け方まで下がることを許してくれませんでした。古文を読んでい…

  • 宮にはじめてまゐりたるころ②(枕草子)

    前回に引き続き、まだ新参者で宮廷生活に馴れていない清少納言の姿が描かれます。自己申告なのでホントかウソか知りませんけど記述は、前回の「夜にばかり参上していた」…

  • 宮に初めて参りたるころ①(枕草子)

    清少納言が初めて中宮定子のもとに出仕したころの回想録です。面白い話ではないのですが、清少納言の生き生きとした筆致の素晴らしさが光ります。三巻本『枕草子』の第1…

  • 手取川 大吟醸原酒 八反錦

     石川県のお酒・手取川。大好きな日本酒の1つです。 手取川を初めて飲んだのは随分と昔のことですが、買った理由は鮮明に覚えています。戦国時代が好きな人にとって、…

  • おらが春(おらが春)

    江戸時代の俳人、小林一茶。 松尾芭蕉(1644~1694):家光(3)~綱吉(5)小林一茶(1763~1828):家治(10)~家斉(11) 江戸時代というの…

  • ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱付き》1

    ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven/1770-1827)古典派に分類されるドイツのおじさんです。 年末といえば第九ですね 第九の最大の特…

  • 2018年ラーメンの旅~12月~

    12/05水 AWANOUTA/七里ヶ浜豚泡SOBA ¥1,150★★★★★☆※豚骨&魚貝Wスープの泡系。オーガニック。 12/08土 本丸亭/鶴屋町本丸塩ら…

  • 美空ひばりが歌うAKBを聴いたことがあるか(徒然草)

    おなじみ『徒然草』でございます。当ッたり前ですが、本文には美空ひばりもAKBも出てきません。(*≧ε≦*) じゃあ人目を引きたいがためだけに付けたタイトルかと…

  • THE MESSAGE/JR.MONTEROSE

    ソニー・ロリンズと並んで大好きなテナー奏者、JR.モンテローズ。こんなにもサブ・トーンが魅力的なサックス奏者も珍しいでしょう。男性的で骨太な中低音に、少し女々…

  • 上善如水 純米吟醸

     新潟のお酒・上善如水 新潟といえば米所・酒処ですよね。関東で居酒屋に行くと八海山を置いている所が多いです。他、久保田とか景虎なんかも有名で、新潟出身の友人に…

  • 難しい問題が人を成長させる

    一色塾では冬期講習が始まっております。 昨日、高校2年生対象の「古文解釈~難関編~」という講座が終了しました。 難関編と銘打っているだけに、非情なほど難度の高…

  • KILLER JOE/ONE FOR ALL

    “ONE FOR ALL”というのは山下真司やスクール☆ウォーズとは関係ありません。サックス奏者エリック・アレキサンダーを中心としたセクステットのグループです…

  • 『枕草子』書名の謎

    清少納言が書いた平安中期の傑作『枕草子』。こんなユニークな形態の文学は当時存在しなかっただろうと言われています。物語でもなければ、純粋な日記でもなく、ましてや…

  • ヴェルディ:歌劇《トロヴァトーレ》2

    前回はコレッリ、メリル、シミオナート、トゥッチによるシッパーズ盤を紹介しました。 そうそう、前回書き忘れましたが「トロヴァトーレ」とは吟遊詩人のことです。 さ…

  • 古文勉強法-3 星は光る?光らない?

     これは、プッチーニが書いた《トスカ》というオペラの中の「星はきらめき」というアリアで、歌っているのはホセ・カレーラスです。「星は輝き」と訳されることもありま…

  • ヴェルディ:歌劇《トロヴァトーレ》1

    ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813-1901)イタリアのおじさんで、ロマン派に分類されており、イタリア・オペラ界の巨星です。 《イル・トロヴァ…

  • 水割りはお好き?(沙石集)

    鎌倉時代の仏教説話集『沙石集』です。前回は「ぶす」、前々回は「歯医者にて」という面白い話でした。今回もそれらに勝るとも劣らない面白古文で、落語の枕に使われるこ…

  • 龍力 純米酒 ドラゴン 緑

     兵庫県のお酒・龍力たつりき。これは「ドラゴン緑」ですが、他に赤や黒のドラゴンもあります。緑が1番リーズナブルみたい。四合(720ml)で1500円+税。 早…

  • 花山院の出家④(大鏡)

    シリーズ最終回。その時歴史が動いた。 花山寺にご到着なさって、帝が剃髪出家なさった後、粟田殿が、 「私はいったん退出して、父の右大臣に今の姿をもう一度見せ、き…

  • 花山院の出家③(大鏡)

    今回は花山院が出家をするためいよいよ花山寺に赴くシーンです。 さて、粟田殿は大内裏の御門から東の方に院を連れ出し申し上げなさったが、安倍晴明の家の前をお通りに…

  • 花山院の出家②(大鏡)

    前回、まずは花山天皇の人生をダイジェストで端的に書き記し、その中でも中心的な出来事、すなわち花山院が出家するまでのいきさつを今回から詳述していくわけですが、語…

  • 花山院の出家①(大鏡)

    『大鏡』は平安時代後期に書かれた歴史物語です。大宅世継(おおやけのよつぎ/190歳)と夏山繁樹(なつやまのしげき/180歳)という2人の老人※架空の人物が中心…

  • BLUE TRAIN/JOHN COLTRANE

    ジョン・コルトレーンはジャズサックス界の神様的存在です。が、個人的にはこの人の音色があまり好きではありません。従って名盤とされているものでもコルトレーンの作品…

  • 御室にいみじき児の(徒然草)

    『徒然草』第五十四段、“仁和寺3部作”の最終回です。前2作は法師たちの失敗談でしたが、今回も同様です。 仁和寺に、非常に魅力的な稚児がいたのを、どうにかして誘…

  • これも仁和寺の法師(徒然草)

    『徒然草』の仁和寺シリーズ第2段です。前回の章段の次に置かれており、第五十三段でございます。これもまた多くの人に親しまれている有名な章段です。 これも仁和寺の…

  • 2018年ラーメンの旅~11月~

    11/09金 満州軒/杉田ドラゴンラーメン ¥760★★★★☆☆※辛さMAXドラゴン級。旨辛。 11/10土 中原亭/新杉田ラーメン ¥650★★★★☆☆※昔…

  • プロコフィエフ:組曲《キージェ中尉》1

    プロコフィエフ(Sergey Prokofiev/1891~1953)ロシアの現代音楽作曲家おじさんです。 《キージェ中尉》というのは1934年(一説1938…