chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
あんな話こんな話 https://blog.goo.ne.jp/pochikopochikojp

会津生まれの会津育ち。 浜田省吾と夫と息子と寝たきりのばぁちゃん、そしてペット達とのドタバタ生活。

pochiko
フォロー
住所
会津若松市
出身
会津若松市
ブログ村参加

2009/11/21

arrow_drop_down
  • 定価で買ったデンファレ

    外は午後から雪が降り始めてあっという間に真っ白になってしまった。冬来たりなば春遠からじっていうけどさすがに月末とはいえまだ1月だもんね!仲睦まじげなカラス…きっと夫婦かも。あれ、シジュウカラかな?ノリスケ&にゃあた!!雪国会津じゃ、まだまだ真冬…あと一か月も過ぎなきゃ春の足音も聞こえやしない。外は吹雪の中二羽のカラスが寄り添って家の中では二匹の猫がコタツ周りでのんびりぬっくぬく!この間のミニカトレア残った蕾の花が咲いたよ♪蕾が今開こうとしている。後ろの蕾も開くかな~手前の葉にも花芽がついてるみたいなんだけど…。後ろ側の蕾も花開いた!処分品のシンビジュウムも満開!!先日買い物に行ったときに目についた蘭系の鉢植えの花蘭系にしては価格的に安くて、買物が終わってお店を出ようとした時にちょっとちょっと…って、呼ばれ...定価で買ったデンファレ

  • 思いがけなく吹雪の日にひと仕事!!

    前日から降り始めた雪は大したことはなかったのだけど風が強く、あちこちに吹き溜まり今朝は-8度くらい寒かった会津地方子供たちも完全武装で学校へと出掛けて行った。こんな日は出掛けたくはないものだけど夫の洗濯物の交換に行く曜日だったので11時くらいだったら道路も解け始めているだろうと思ったけど寒さのためかアイスバーンのとこが何か所もあって慎重に慎重を重ねての運転でなんとか行って来ることができた。午後は吹雪状態で、外は時々ホワイトアウト!そんな中、側溝から水が溢れてpochiko農園に入りこんでいるのを見つけなんとかしなくっちゃ!!水没したって特に困るわけではないのだけどそれでもやっぱり畑が水浸しになるのは嫌だなってスコップを持って風が弱まったのを見計らって側溝の水口を見に行った。すると融けなかった雪のかたまりと...思いがけなく吹雪の日にひと仕事!!

  • 美しい磐梯山を見た!

    このところ雪も降らず暖かい日が続いて、このまま春になるんだろうかってそんな思いでいたのだけど、来週辺りからまた寒さが戻ってくるのだとかそうだよね、このまんま春になるわけがない!20日が大寒だもの…でも雪は除雪機出動とまではいかないのかもしれない。ちょっと降っても直ぐに融けての繰り返し…そんな気がする。今朝の寒さはかなりのものだった。朝起きて、いつもの通りストーブとホットカーペットのスイッチを入れてなんとなく日が長くなったような気がするカーテン越しにうっすらと明るさと寒さが交差する外の景色を感じ思い切ってカーテンを開けて体内時計を目覚めさせる。幽玄の磐梯山そういう時、とても美しさを感じる夜明け前!霧とまではいかないけど、うっすらと靄のかかったような景色に浮かぶ磐梯山はとても幻想的で早起きは三文の徳だよね、こ...美しい磐梯山を見た!

  • 処分品の植物たち

    夫が元気なころに、よく言われてたっけ…安物買いの銭失いって!私がホームセンターとかに行くと、つい処分品の植物をお持ち帰りするからだ。安かろう悪かろうじゃなくて、ちゃんとしたものを正規の価格で買った方が長持ちすんじゃないのかって…これもよく言われていたセリフ。だけど思っちゃうんだよね。7~800円くらいするのが200円とかで売っていたらしかも手入れしたら何とかなりそうって思ったらなんかお買い得って思っちゃうのは昔からの私の悪い癖なのかもしれない。私だけじゃなく、そういう処分品狙いの人って意外といるもんで、処分品を前に今年も咲いてくれたとか株分けするくらい増えちゃっとか、けっこう自慢話に花が咲いたりして知らない人同士なのにね。今回シンビジュウムは花が終わったころに買った鉢500円だった。もう一鉢は…たぶんミニ...処分品の植物たち

  • 雪の下の緑黄色野菜

    明日も晴れるのだろうか、冬の夕暮れは優しい。この6日小寒に入り、一年で一番寒い時季に突入する。雪は少なくて助かっているけど、毎年のばあば山が出来ないと例年、東側の塀に除雪機で集まった雪が山になっているのだが今年はホントに低くて我が家のチビッコたちにしたらガッカリみたい。雪も少なく時々暖かい日もあって、先日の晴れた日にpochiko農園に作ったブロッコリーまだ取り残しがあったし一度収穫したブロッコリーの脇芽も出てるはずだと長靴を履いて、いざpochiko農園へと!途中ムクゲの木に生えていたキノコ雪も積もってなくて、あのキノコどうなったかなって見たらナメナメとしたナメコみたいなのがいっぱい!先に生えていたのはすっかり崩れかけていた。最初のとこは、もう崩れかけていた。雪が少なかったからか、新しく生えた?としか思...雪の下の緑黄色野菜

  • 遅ればせながらの初詣

    冬休み最後の月曜日は三連休の最後の日でもありその前2日間は残っていた宿題に大わらわでなんで前からやっておかなかったんだって叱られながらこの三連休誰も遊びに来なかったのは、みんな最後の追い上げで似たり寄ったりの三連休だったんだろうなあって思った。毎日の日記はあの日が晴れだったけか何日は何してたんだっけって…それでも何とか終わってよかった。ばあばの私としてもホッとした瞬間でもあった。最後の月曜日は、家族で会津美里町の伊佐須美神社へ初詣。去年のお札とかしめ縄など、お焚き上げをしてもらう目的もあったし。何年か前までは地区でも歳の神が行われて子供会が各家庭からお札などを集め消防団で歳の神を作り夜空を赤々と燃え上がる炎に顔を染め持ち寄った餅やするめなどを焼いて、新年のあいさつや御神酒を振舞う人などとても賑やかだったの...遅ればせながらの初詣

  • 新しいパソコン

    少しずつ夜明が早くなってくるのを感じる。もっと早くにUPしようと思っていたのだけどなんだかんだで、つい後回しになってしまっていた新しいパソコンの話。事の発端は、デジカメから写真が取り込めなくなってしまったことでしかたなく写真はスマホでブログに投稿していたがスマホでは画像が小さくって、老眼鏡でもあんまりよく見えない。それでもとりあえず画像フォルダに取り込んであんまりよく写っていないものは削除したりしていた。それ以外にも、パソコンを使っていると突然反応しなくなったり、再起動してまた動くってあんばいでなんとか我慢して使っていた…安いもんじゃないし。息子がスマホにたまった画像を保存するために買ったパソコンネットで買ったのだが中古品で激安!!え~~!!そんなくらいで買えるんなら私も欲しいなと思った。情報技術の学校を...新しいパソコン

  • 虎を真っ二つにした奴!!

    久々にペットネタでそれは、まだ去年の事でクリスマスちょっと前の話今まで飾っていたツリーはボロになってきたので新しい今までのより、ちょっと大きなものに替えてもらい飾りも多めにって、チビッコたち喜んでたっけ。そのツリーの後ろには寅年の虎の置物が置かれていてある晩の事、キッチンに置いたパイプ椅子が倒れたような音がした。きっと猫たちが暴れているのだろうって、その晩は寝てしまったのだけど次の日の朝、見たのはクリスマスツリーの横に真っ二つになって転がってる虎の置物この虎の置物は、夫が地区の消防団として11年活動して記念品にといただいたものだった。覆水盆に返らず…壊れてしまったものは仕方がないのかもしれないけど寅年の夫記念にいただいて…なんとなく壊れてしまったからと言って捨ててしまうのは夫の思い出の品がなくなってしまい...虎を真っ二つにした奴!!

  • 新しい年によせて。

    年末雪が降らなくて良かった。新年明けましておめでとうございます。年末にもうひとつくらい話をUPしておきたかったのだけど最近チビッコたちも夜遅くまで起きてることが多くなかなかゆっくりとパソコンタイムも取れず大掃除も半端なまんま、まあ見えるとこだけくらいはって感じでなんとか年を越す事ができた。とりあえずこづゆを作る。里芋と人参と小さく切って煮崩れ防止に一度サッと下茹でをし他には貝柱、きくらげ、シイタケ…これいずれも乾物のものを水で戻して大きな鍋に下茹でした里芋と人参を入れそうそう、糸コンも食べやすい長さに切って入れなきゃ!戻した貝柱とシイタケは薄く切って、いずれも戻した水と一緒に入れる。いい出汁がでるんだよね。きくらげは水を切って細かく裂いて…夜にそんなことをやっているとよくばあちゃんが大きな里芋は売ったり他...新しい年によせて。

  • ばあばのオヤツ

    大雪が心配されていたけどここんとこ晴れの日が続いているってすごく助かる!我が家では冷蔵庫と冷凍庫がある。冷凍庫の方は、一人用の冷蔵庫くらいの大きさで冷蔵庫のように引き出し式になっている。その冷凍庫は野菜の冷凍保存とか肉とか魚とか、冷蔵庫の冷凍室に入りきれないものを入れておく専用で未だにレンチンしたナスとかトマトやカボチャ…はたまたピーマンだとかその中にはお正月のパックに入ったお餅なども入ってて今回そのお餅…ずいぶん入れっぱなしって感じ。冷凍庫も手狭になってるので思い切ってパック入りの丸餅を冷凍庫から出して細かく砕いてザルに入れて干しておいた。だいぶカラカラになったようで、今日はちょっと空いた時間があったのでそれを油で揚げておかきを作ってみた。中からプクプクと膨らんでくる。ちなみに、煎餅とおかきとあられの違...ばあばのオヤツ

  • 我が家の庭にキノコが!!

    夏の忘れもの…切った桜の木にセミの抜け殻ちょっと前の話になるのだけど…12月のはじめくらいか家の脇に他のお宅の畑があり、水路との境に垣根があってその垣根にはお茶の木だとか椿やムクゲなどまあ、どっちかといえば垣根とは言いがたくちょっと鬱蒼としていた。何年か前から塀に続く、その鬱蒼とした垣根を一掃しようと少しずつ椿やムクゲなど、根元から剪定ノコで切ったりして風通しを良くした。今年になってそのすっきりとした垣根があったとこは細かい雑草が目立つので、除草剤を散布しておいたせいかムクゲなどの切り株が見える。気が付いたのは秋も遅くに、草むしりをしていた時に切り株にキノコ発見!!見るからにナメコのような茶色でつやつやしてる。これはちょっと乾いてしまった。これも食べられそうなんだか食べられそうな気がしたがキノコって、やっ...我が家の庭にキノコが!!

  • ドカッと降ってドドドーっと落ちる!

    断続的に降る雪とうとう雪に見舞われた会津、思いがけずの大雪にちょっとアタフタまだ降らないだろうってタカをくくっていた部分もあり白菜なんか小屋の軒下に干しておいたまんま。雪の降る前日に半分くらいは新聞紙に包んで車庫に入れてあとは包まないままのは車庫の端に並べて次の晴れた日にやろうって思っていたのに、次の日から雪!一昼夜降り続けて、明日の朝が怖いからって息子が夜に一度除雪をしたのだけど朝起きたら…やっぱりかなりの積雪でさっそく除雪機出動となる。夕方と次の日の朝と除雪三昧!!小屋の屋根に積もった雪も危ないその後出勤の準備をする息子と交代にあらかた家の前を除雪し終えたのだけどあいにくと晴れ…これは小屋の屋根の雪落ちるだろうな。いよいよ落ちるのか…かなりの雪量やだなあ~屋根から落ちた雪ってしっかりと締まっていて重い...ドカッと降ってドドドーっと落ちる!

  • 今年は柿酢作りをした。

    電線に止まったモズ発見!!事の発端は先月のはじめのことで夫農園へ行く途中に柿の木があって、近所の人が柿の収獲をしていたので柿さわすのかと…さわすというのは渋抜きのことで聞いたら柿酢を作るのだという。柿酢なんて初めて聞いた!どうやって作るのか聞いてみたら、梅酒の瓶に柿を詰め込んでおくと酢になるのだという…その酢は体に良いのだとご近所の人談。私も作ってみようかなって言ったら、簡単だから作ってみっせ!と言われすっかりその気になった。去年は黒にんにくを作ったのだけど夫が好きでいわきの次女に取り寄せてもらって食べていた。干したアンズみたいな黒にんにくはその頃はすっかり固形物は口に出来なくなっていたから結局夫のためにたくさん作った黒にんにくは私が食べる羽目に!まあ、不味くはないからいいけど、それにしたって毎日黒にんに...今年は柿酢作りをした。

  • pochiko農園の作業じまい

    今年初の雪に見舞われたpochiko地方夫の元へと洗濯物の交換に行った市内外れの施設に着いたころは吹雪状態でいよいよ本格的な冬になった…考えてみたら12月も半ばだものこのまま根雪になるのか、それともまた晴れ間が戻るのかどっちにしても除雪機だけはすぐに出動できるようにはしておいた。先日の晴れ間うっすら雪化粧の美しい磐梯山雪の降る前にと晴れ間が続いたときにpochiko農園のまだ土は乾くことはなかったけど白菜の収獲したときに出た外側の葉っぱあちこちに散らしておいたのを耕運機で鋤きこんでおきたいとちょっと油断して午後になってしまったけど耕運機を出して耕し始める。大根を抜いたところとか、なすを植えてあった所にも白菜の葉っぱを散らしておいたのであとは雑草が残っていたとこだとか…あっちこっち雪が降る前に完璧に耕しつく...pochiko農園の作業じまい

  • 小春日和の中白菜の収獲をする。

    スマホ写真だからよく見えないけど、うっすら雪化粧の磐梯山久々に晴れて暖かい…そう小春日和だった土曜日その分朝はかなりの寒さだった、放射冷却現象なのだと思う。pochiko農園のまだ残っている白菜など白く霜がついて何度かの寒さに白菜の甘さが増しているだろうとこの日白菜の収獲をしてしまうことにした。とはいっても、始めたのは10時も回り暖かい日差しがポカポカと、白菜の霜も消えたそんな時刻だった。すでに何個か収獲していたので、残りはたかだか30個余り楽勝楽勝と、使い古しの包丁を持って…いざ収獲!!ゴム手袋をはめて、包丁片手に白菜の頭をつかんでグイっとばかりに横に倒して根本部分に包丁を当ててザックリと切り取る。なんか物騒そうな表現だけど、ホントそんな感じ。青虫だとか、葉っぱにアブラムシのコロニーが!周りの枯れた葉っ...小春日和の中白菜の収獲をする。

  • 寂しいホットケーキミックスでのドーナツ作り

    日向ぼっこのにゃあたろう!コロナも完治して学校に復活した我が家のサクぼんとまる子だったが復活した2日後にはコロナ感染者何人か、とうとう学級閉鎖になってしまったまる子サクぼんの三年生は学級閉鎖を免れたけど…最近の会津は郡山市に次いで感染者が多い!!まる子は三日間の自宅待機で、最初のうちは大人しくコロナ感染で休んでいた分のプリントなんかをやっていたけどそのうちにスマホで動画を見たり、スイッチであつもり…集まれ森の動物たち?今子供たちに人気なんだね。ばあばも面白いからやってみなよって言われているけどあんまり気乗りもしないのでばあばはいいよってやんわり断っていたけど、いいからいいからまる子がばあばの設定してあげるとか…面白いんだろうけどかなりシツコイ(;'∀')まあ、子ども相手に強くやらない!!って言うのも大人げ...寂しいホットケーキミックスでのドーナツ作り

  • 和金とメダカの冬ごもり

    遠く飯豊連峰、夏でも融けなかった雪が深まった景色が見えるようになった。霧の深い朝には幻想的な風景もう、そんな季節になったことだよね。発泡スチロールの箱じゃ、増えてしまった和金たちは収まり切れなくなっていたから今年はプラスチックの種もみを浸しておく青い容器に移し替えた和金たち。他には増えてしまった白メダカの皆さん。箱の下の方に沈んで、あまり動かなくなってきた。今までがっつりと食べていたエサもあまり食べなくなってきたしそろそろ冬ごもりの時期なのかな。本当ならアオコの緑色のままの水のほうが良いらしいのだけどあんまり汚れた水でも…あ、青くなった水は必ずしも汚れているわけではないのだけどアオコ(青粉)とは、富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くすほどになった状態、およびその...和金とメダカの冬ごもり

  • なんと、今年の大根小っちゃい!!

    我が家のモミジが紅く色付いてる。今年の大根は、なんというか今までに見たことのない大根で何日か前に太くならないうちから抜いて食べようとしたのだが一本抜いて、あらら小っちゃい!!でも端の方だからかなって思っていた。まじか…ちっちゃい!!今年は初めてダイソー商品を使って…やっぱり安かろう悪かろうだったのかとそれとも蒔いた場所が良くなかったのか去年サツマイモを作ったときは、ネズミみたいなのしか出来なかった長年育苗用のハウスの所に作ったからか土が瘦せてたとか?それくらいしか考えられずに、仕方なく小春日和の日を選んで全部収獲してしまうことにした。小っちゃいけど太さはしっかりあるまるで私みたい(;'∀')でも美味しい大根暴れ過ぎた大根大根の葉は散らして畑の肥やしとする。次から次へと小ぢんまりとした大根に、ちょっとため息...なんと、今年の大根小っちゃい!!

  • 捨てなくて良かった真っ黒バナナ

    今回コロナ感染して家庭内全員がアウトの場合買い物とかに出られなくて自粛生活をしていなくてはならずに一番困るのが日用品と食料品で、そういうのはコロナ感染したら自動的に配給になるのだと思っていたけど最近の感染者が多くなると、請求しないと出ないようだ。せっかくだから請求してもらおうかっていう私にそういうのって、本当に困ってる人のためのものだから何とかなる人は請求しないの!って息子にたしなめられた(;'∀')確かにトイレットペーパーとかティッシュペーパーなどは運よく特売の時に買いだめしておいたし食料品も冷凍庫に値引き品のストックがあとは嫁様のご実家から差し入れもあったしさほど困るってこともなく過ごせたことに感謝しなくちゃ。たまには冷蔵庫の中空っぽにするのも良くはないかとあらら、冷蔵庫の奥に真っ黒バナナ!買ってあっ...捨てなくて良かった真っ黒バナナ

  • 冬前に収穫の野菜と来年の春に収穫する野菜と…。

    磐梯山に初冠雪があった、うっすらと雪が見える。コロナに感染してしばらくpochiko農園に出ることがなかったけどそろそろ大根を抜いたりしなければならない時期となった。白菜もかなりミチミチと身が詰まった感じで食べる分くらいは収穫できるのではないかと思える。玉ねぎも順調に育っているようだ。ブロッコリーにしても虫食い葉っぱにも負けずに葉っぱの奥には20センチほどに育ったものもあって今頃の寒さに当たった野菜たちは甘みを増して美味しい!!そんななか、来年のための野菜たちの準備とトウモロコシを植えておいたところには、カブと小松菜カブは冬が来る前までだけど、小松菜はわざと残しておいて来年の春に脇芽を欠いて食べるとすごく美味しいことに気づいた。真ん中の2列がくきたち菜他には春のくきたち菜の早生物と遅くきたち菜をお向かいさ...冬前に収穫の野菜と来年の春に収穫する野菜と…。

  • 三度目の正直 コロナに感染してしまった!!

    季節は晩秋から初冬へと流れて、特に朝は霜の降りる季節となった。そんな中我が家では大きな事件があって、今年のpochiko家の10大ニュースの1位を飾るのではないかと思われる出来事があった。コロナ渦第8派と言われるこの頃わが会津でも毎日300人前後の感染者が出ている。孫たちの学校や保育園でも学級閉鎖があったりでいつ感染するか戦々恐々としていたがとうとう我が家もコロナ感染の憂き目をみてしまった。薬局前からみた夕暮れ今まで2度、息子が濃厚接触者の濃厚接触者になってチビたんが同じように濃厚接触者の隣でのお昼寝タイムだったりでその都度、息子やチビたんは感染したであろうと思っていたのだけどなんとかそれを免れてきたが、二度あることは三度あるではなくて三度目の正直、とうとう感染をしてしまった。最初サクぼんの感染に始まり、...三度目の正直コロナに感染してしまった!!

  • 手間暇かけた里芋の収獲

    芋名月にはちょっと遅い11月、この日は皆既月食があって会津の地でも雲の間から消えゆくお月様を望むことができた。すでに晩秋の夜空はキッチンの窓を開けると冷え冷えとした静かな風が室内へと流れ込んであんまり長くは開けていられなかった。でもなんだか風流だなあ…。先日のこと、10月も末ころに里芋の収獲をした。もっと早くにと思ってはいたのだけどいかんせん、マイパソコンさまが、すっかりくたびれ果ててしまったようで何度も再起動しないとすぐに眠ってしまう。察するところWindows8だからご高齢になられたのだろう。専門家の息子に見てもらったのだけどよく使ってたなって驚かれてしまいそうだったのか、長年使っているとそういうもんだと思っていた無知な私。まあ、いろいろとあってパソコンの話は後の件として遅れてしまった里芋の収獲の話が...手間暇かけた里芋の収獲

  • 3年ぶりの地産地消まつり

    コロナ渦騒動から実に3年ぶりに開催された、第13回会津若松市地産地消まつり感染者が少なくなったとはいえ、まだ140人前後に感染者が出る会津若松市それでも日本各地で規制が無くなったり緩くなったりしている所もあっていかがなもんかなあとは思うのだけど、人間一度緩んでしまうと今まで規制されていた分歯止めが利かなくなってしまうところがあるのかもしれない。それでもマスク手指の消毒なんかは、当たり前のような生活でそれをしないと、なんだか落ち着かないようなマスクなどつい忘れて車外に出たもんならあたりから白い目で見られそうで怖い!!そんななか、行われた地産地消まつり3年ぶりとあってかなりの人が集まることが予想されたが息子の幼馴染(やっちゃんおじちゃん)のお宅で経営している農園で毎年栽培しているリンゴが出品される。中にはキズ...3年ぶりの地産地消まつり

  • 今年の玉ねぎ植えは、ちょっと苗が足りなかった(;´・ω・)

    晩秋の夜明け前桔梗の花すっかりご無沙汰しちゃったブログ、日々雑事の多いことったらチビたんとサクぼんが次々と熱を出してみたりpochiko農園の作業もあったりでそのうえ朝晩の寒さにコタツ&ストーブも出してなんだか疲れてしまってコタツは魔物!!ついつい寝落ち状態で、パソコンの調子もいまいち…。もう11月だもん!今年もあと2か月かと思うとまさに光陰矢の如し状態。そんな中pochiko農園の玉ねぎの苗を植えたり里芋の収穫をしたり、終わりゆく野菜とこれからの野菜来年に向けての野菜もあったりで、まだまだpochiko農園は続く。まず玉ねぎを植えるべく苗を取って苗の仕分けをした。今年の苗は太くて自分でも惚れ惚れでよれよれ苗と良い苗は別物なんだって思った。太い苗だったので発泡スチロールの箱に山盛り細い苗はあんまり大きな玉...今年の玉ねぎ植えは、ちょっと苗が足りなかった(;´・ω・)

  • びっくりカブトムシの幼虫!!

    秋の夕暮れは心にしみる美しさだと思う。この夏の事、息子が会社の街路灯にカブトムシの雌が飛んできたので捕まえたから、持って帰るぞとのサクぼんにLINE持ってきた雌のカブトムシはちょっと小さめだったけどとても元気だった。小さい飼育ケースに入れて玄関に置いたのだけどどうも雄じゃないと面白味がないようでどっちもちょっと可哀想かなって用足しの帰りに思い切ってカブトムシの雄を買って来た。しかし、カブトムシってこの辺りでも捕まえる事が出来るせいかそれとも嫁様の親戚のお宅からいただいて来たりとか正直、そんなにしないだろうと踏んだけど見解が甘かった…せいぜい500円か600円くらいだと思っていたがな、なんと1480円!!たかがカブトムシされどカブトムシ!それでも孫の喜ぶ顔が見たくてお持ち帰りし、育成マットとかも買い込んで家...びっくりカブトムシの幼虫!!

  • 玉ネギの苗剪葉してみる。

    露に濡れたトンボが止まっているのが見られるようになった。このところ秋日和な日が続いていたpochiko地方伸びすぎてしまったナスの枝を切り詰めたり終わった第二弾のキュウリの蔓を手繰ったりとかほぼ稲刈りも終え、ちょっとのんびりとしたいこの頃なのだがなかなかのんびりと出来ないお一人様農業。ナスに枝を剪定した。しばらく収穫しなかったらてんこ盛りのナス(~_~;)おまけにパソコンの調子がイマイチで先日はデジカメからの写真が取り込めなくなってしまった。そのまえから調子は良くなかったのだけどなんとかだましだまし使ってはいたのだけどそろそろパソコン交換の時期なのかなあ。取りあえずスマホ写真で凌いでいる。そんなかな農作物の方はそこそこ順調に育って今月の末辺りには玉ねぎの苗を定植したいなと思っていたのだけどあと10日前後、...玉ネギの苗剪葉してみる。

  • 残念だった塩川町バルーンフェステバルと喜多方の朝ラー

    また晩秋への一日が始まる。なんだかバタバタと忙しいのかそうでないのかあっという間に日にちだけがカラカラと空回りするようなそんな一週間が過ぎてしまったようだ。10月の三連休もあんまり晴れの日がなかったようでそういや、9月の三連休が2回あったのだけど台風が来たりでお出掛け日和が少なかったような気がする。巷のコロナ渦も居座り状態で感染者も少なくなったかと思うとまた増えてみたりどうも落ち着かないでいるこの頃の事。この3連休も2日間はお出掛けもなかったので最後の1日くらいと、前日とこの日と2日間塩川町で行われたバルーンフェステバルを見に行く事になったが前日は良かったみたいだけど、2日目のこの日は朝起きた時は曇りだったが、その後小雨にとでも止んだりもしていたので、どうなのか開催されるのかどうかとにかく行ってみようと、...残念だった塩川町バルーンフェステバルと喜多方の朝ラー

  • クマンバチとスズメバチ

    先日の事、庭の咲き終わり始めたトラノオになんだか黒っぽい鉢が一匹しがみついていた。なんだろ?ミツバチにしてはデカくてスズメバチ?アシナガバチではなさそうで寒かったせいかジッとして動かない。そうだ写真に撮って何という蜂か調べてみようと何枚か撮って画像で調べてみたらなんとクマンバチ!おっかね~~!!クマンバチって刺すよね!と思ったけど、調べてみたらクマバチってミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称で体は真っ黒で胸に黄色い毛が生えていかにもいかつい危険そうな蜂だけど性格は温厚、スズメバチやアシナガバチに比べると危険性が低いんだって!花の蜜や花粉を主なエサとして、特にフジの花を好みフジの花はクマバチがこじ開けることで初めて花が開くためクマバチは花粉の媒介者としても一役買っているのだそうだ。ハナトラノオにもクマンバ...クマンバチとスズメバチ

  • 蔓さえ手繰っちゃえば、あとは楽なサツマイモの収穫

    ただ今、稲刈り真っ最中のpochiko地方コンバインで稲を刈って、その後にすぐに藁ロールあっと言う間におわてしまう。春先に植えたサツマイモ、種類はシルクスイートと紅はるかホントは紅はるかだけのつもりだったのにひょんな手違いで植える事になった新種なんだって!でもまああ、どっちもベニアズマと安納芋の中間くらいのようで大した違いはあるまいと作付けする事にしたサツマイモ!そろそろ収穫の時期かなって思っていたとこに地区の人、うちなんかもう半分くらい掘って食べてるよって!その言葉に、うちも掘っちゃおうって夫農園に植えたサツマイモしかし、しかしながら厄介なのはサツマイモの蔓で掘る分だけ蔓を手繰っても捗らないぞと一挙に蔓手繰っちゃえと、朝仕事朝仕事で蔓を手繰って来たけど、なかなか減るものではなく面倒くさいなあ…サツマイモ...蔓さえ手繰っちゃえば、あとは楽なサツマイモの収穫

  • 夫農園除草シー手直し作業

    金木犀の香しい香りがあちこちで漂っている。とても香しい香りで、涼しさが感じられるようにならないと金木犀の花は咲かないらしいんだよね。この花の香りがする頃に殊更秋を感じる…。今年の春に夫農園の使い切れない部分に除草シート作業を施した。畑って使ってないとすぐに雑草で荒れ放題になる。一度荒らしたら、元通りにするのにかなりの手間暇がかかる…のでかなり広い夫農園、除草シートを買ってじゃけっこう金額がかかる。そこで、家にあるもので使わなくなってしまったもの薬用人参に使っていた黒いシートやブルーシートなどなど黒いシートは網になっているので、それ一枚だと網目から雑草が蔓延る。だから下地にビニールのシートを敷くと良いと教わりありったけのブルーシートだとかいろんな種類のシートを敷いてなんとか除草作業を終えた。しかし強風だとか...夫農園除草シー手直し作業

  • ヘッジトリマー(剪定バリカン)で芝は刈れるのか?

    すっかり飽きらしくなったこの頃庭に咲く花も秋バージョンとなった!白のシュウメイギク彼岸花孔雀草我が家とお庭の境には芝が植えてある。芝って見た目は良いようだけど手入れしないと大変な事になる。草丈は伸びるし、どこまでも地下茎を張り巡らしどんどん浸食していく。その中に雑草でも混じっていたら抜くのも大変だしクローバー系なんか同じ地下茎の植物だから混ざってしまってどうしようもなくなる。実際いつも夫が元気なころは草刈機で刈っていてくれたからそんなに目立った荒れようにはならなかったけど今は芝生の伸び放題で…こんな時夫がいてくれていたらなって草刈機でチョイチョイットやってもらえるのに!つい、思ってもしょうがない事を思ってしまう。私だって去年は草刈機で夫農園の雑草を刈ってみたけど今年は草刈機を使う気になれずに除草剤で誤魔化...ヘッジトリマー(剪定バリカン)で芝は刈れるのか?

  • キャベツの葉っぱボロボロ…。

    覚悟はしていた。キャベツにアオムシ…モンシロチョウの幼虫って付き物みたいだもの。しかし、それにしたって、こんなに葉っぱがボロボロになるまで食いつくさなくってもいいと思うのだけど。朝と夕方一回りするたびに、コロコロのアオムシが葉っぱをムシャムシャ喰らうのを見つける。指で摘まんでプチっと潰す!!いつだっけか、アオムシにも生きる権利があるとかそんなコメントをいただいた事があったけど確かに生きる権利はある!!だけど、自分の作った作物を守る権利だってあるはず。意外とそういう人に限って虫の付いた野菜食べられな~~い!!とかなんとかいや、みんながみんなそうってわけではないだろうけど虫が食うほど美味いんだぜ!!ってか、アオムシ!!自分の作ったものじゃなかったらせめて外側の葉っぱだけにしてくれるとか。しかし、そんな思いとは...キャベツの葉っぱボロボロ…。

  • 寄り道帰り道

    週にいっぺん夫の元へと洗濯ものの交換に行く。そんな帰り道、あんまり暑かったからか真っ直ぐに帰る気にもなれずに、涼しさを求めてというか始まりつつある秋を見に寄り道をして来た。よく夫と行った背あぶり山へと東山町から大きなホテルの前を通り過ぎてコロナ渦以来の背あぶり山への道木漏れ日の中を走るのが好きだった。路肩に車を停めて一枚!暫くぶりの背あぶり山への道は途中何かが開発されるのか重機に寄って大きく削られている個所があった。工事中に片道走行の看板に交通指導員とそれでも擦れ違う車もなく、スムーズに通る事が出来てなんだか、以前来た時とは何かが変わりつつある感じを受ける。まあ、それは仕方ない事なのだろうけどあちこちに貼ってある熊出没の注意を呼びかけるポスターに熊の住むところも狭められてる気がした。先日はわが家から正面に...寄り道帰り道

  • 失敗続きの今年のスイカ!!

    朝晩の気温差が出て来た秋を感じさせる頃相変わらずに昼間は真夏日で、でも朝の涼しさはまさに秋を思わせる。そろそろ夫農園のスイカも何とかしなきゃなって!実のところ、四方八方に網を張ったはいいが勢いづいた蔓が網を乗り越えてどこまでも蔓延って失敗したなって…周りの網を下に下げておいた。これが第一の失敗!それで事は済んだと思っていたがなんとデカいスイカ…確かに小玉スイカの苗を買ったつもりだったのに大玉のスイカが混ざっていたようで小玉スイカの成長と大玉スイカの成長は比べ物にならないくらい大玉スイカのが強いようで見渡す限り黒い大きなダイナマイトがゴロゴロと畑中。第二の失敗は大玉スイカの苗が混ざっていた事!無理ですってこんなバカでかいの!!そんな中で申し訳なさげに小玉スイカがそれでも負けじと精一杯蔓を張って実を付けてくれ...失敗続きの今年のスイカ!!

  • コロナ感染濃厚接触者騒動

    これは、ちょっと前の話になるのだけどそうそう夏休みが終わる数日前の事でコロナ感染騒動…何か月か前には濃厚接触者の濃厚接触者になった息子幸い無事に感染することなく、ドラッグストアーで検査した結果陰性だった顛末!今度はチビたんの保育園、上2人は小学校になったのでまだ夏休み中の出来事で、それでも子供クラブに入っていた。チビたんはお盆休みが終わって、通常に保育園生活が戻っていてまたもやコロナ濃厚接触者騒動が勃発した。東北地方でも宮城県に次いで感染者の多い福島県浜通り地方や中通り地方と感染者の数が多く我が会津でも一日100人前後の感染者が出ている。100人くらいって、たいした事ないんじゃないの?って思われるかもしれないけど人口密度から考えると、決して少なくはない。市内の小学校だってあちこちにポツリポツリとそんなだか...コロナ感染濃厚接触者騒動

  • 玉ねぎの種を蒔いて白菜の植える準備をする。

    すっかり秋模様のpochiko地方、台風の影響か蒸し暑くて風が強い!つい先日はエアコンが必要ないくらい涼しさを覚えていたのに私の部屋の窓辺にある風鈴が涼しい音を鳴らしてホールの片隅の飼育箱には鈴虫が秋の音色を奏でているというのにあっついんだよね~~!!!そんな中、いつも出遅れる玉ねぎの種蒔き今年は気持ち早めにと、9月に入ってすぐに蒔いた。石灰と元肥をたっぷりと仕込んで耕運機で耕し高畝に…っても10センチくらいか例のアルミの代掻き棒を使って、平らに均しある程度幅を作って筋蒔きをした。私の仕事ぶりを監督してるノリスケ!薄く土をかけて種と土が密着するように軽く押さえてジョーロで水を撒いて乾燥しないように黒いシートで覆っておいた。幅を狭くしたので黒いシートを半分に折って使ったけど今日見てみたら小さい芽があちこちか...玉ねぎの種を蒔いて白菜の植える準備をする。

  • もう9月…あれから。

    秋野菜の準備に追われているうち、季節は秋へと9月も何日か過ぎてしまった。相変わらずに決まった曜日には夫の元へと洗濯物の着替えを持って通っていたけどもう何回目だろうか…ずいぶん通ったような気がしないでもない。3月の末に、すっかり痩せてしまった夫と老健の門をくぐったのがつい昨日に事のような…写真を撮ってLINEで娘に送った時にはムンクの叫びのようだねって、確かになあ。春から夏が過ぎて、もう初秋。市内外れの市街地を見下ろすようなまるで摩天楼のような建物にいったいどのくらいの人が生活しているのだろうか。昼近くの帰り道に振り返ると、老健と同じ建物にあるあれは特養かな、椅子に座って食事されてる後姿が見える。すっかり秋の空夫ではないけど、夫の姿がかぶる。あんなふうに食事しているのだろうか?胃瘻にしてしまったから、ベッド...もう9月…あれから。

  • pochiko農園夏から秋へと!

    日の出前の磐梯山風景随分と陽が短くなって来たものだと、朝起きるのが遅くなった。っていうか、夏の頃と同じように目覚めても特に雨っぷりの日なんか外はまだ薄暗く肌に感じる涼しさは一時期とは違い晴れた日には湿度の低い気持ち良さを感じる。そんな時、秋なんだなって思い酷暑の夏は延々と続くわけではなく四季の移り変わりは、ちゃんと公平に訪れるものなのだなってそれでも夏最後のあがきのように蒸し暑かったりする日はあるけどそれでも今までのとは違ってる!そう思える。そんなpochiko農園も夏から秋へと夏の間これでもかってくらい次々と生ったキュウリもこの頃になると不格好なものが出て来たり収獲もずいぶん減った…そろそろ撤退時かな。ハサミを持って蔓を短く切りながらハウスに寄りかかる様に立てたキュウリの棚を解体していく。なんで細かく切...pochiko農園夏から秋へと!

  • ネットで中古デジカメ購入!

    長年使っていたカメラ…決して一眼レフなどではなくただ望遠が効くといいなあって、随分以前に夫とケーズデンキでどんなのがいいか、あんまり小さいのだと望遠が効かないし「おめはおっちょこちょいだから大き目の方が落としたりしなくていいんじゃねえのか?」って選んで価格もそんなにバカ高くもなく年金生活者には良いところかも!しかも珍しい赤いカメラ。色も気に入って店員さんに粘りに粘ってもう勘弁してくださいって言わせ値引いてもらったお気にのカメラ何年使ったか、畑に持って行って泥のついた手で操作したり農道の草花をマクロで撮ってみたりそうそう、ヒメさまとの散歩にはいつも持って歩いていろんな写真を撮った。そんなカメラだったけど、さすがにここんとこ調子が悪く騙し騙し使っていたけど、とうとうモニターが表示されなくなって修理に出してもメ...ネットで中古デジカメ購入!

  • 今年ハマったレンチンナス

    早朝の磐梯山、頭にぽっかりと雲お盆も過ぎて、ちょびっとだけ秋っぽい日が感じられる日があったりそれでも昼間はエアコンがないとシンドイ暑さの時もあったり季節の変わり目、夏と秋のせめぎ合いってといこなのだろうか。今年のナスはどうした事か!毎年上手く作れないでいたナス。あんまりお裾分け出来るほど収穫出来たためしがなく早々と枯れてしまったり、数が生らなかったりしていたのだけど銘柄を変えたからか…今年は美男ナスを作ってみた。もちろん苗は接ぎ木のものだけど中長系の形で、小ナスから大ナスまで収穫でき水ナス特有のみずみずしさとやわらかさを持ち生のままでもアクが少なく美味しく食べられる。毎年美男ナスを作っていた友達お勧めの一品!初めて栽培してみた。マルチは張らずに畝には追肥しやすいように藁を敷き詰めて順調に育っていざ収穫の段...今年ハマったレンチンナス

  • 二回目の土寄せと脇芽切りした里芋

    ちょっと前の事になるのだが、里芋の2回目の土寄せをした。畝は2本、ミニ耕運機が通れるくらい間隔を空けておいたので畝の間を耕して土を柔らかくしておいた。耕運機で耕す畝の両脇も耕したいつもだとスコップを持って畝の脇の土を芋の茎の周りに上げて行っていたのでけっこう重労働で肩は痛むし腕はパンパンに、腰だって痛い!!そこそこ年も良い年になって来たので無理をしないで何か良い方法は無いものかとあちこちのファームブログとか見ていたらYouTubeでやっていたジャガイモの土寄せがなんともすごく楽そうでしかもジャガイモの茎の所までみっちりと土が寄せられている!!Т字型の長い柄のついたもので楽々寄せていた。なにかそれに似通ったものはないかと小屋の中を物色していたらあった、ありましたよ!!Т字部分はYouTubeで見たのより長さ...二回目の土寄せと脇芽切りした里芋

  • サバイバルな世界とドジな蝉

    盆過ぎには季節は少しずつ秋へと。毎日毎日あっと言う間に過ぎてしまうこの頃何が忙しいのかって、特にいつもと同じような毎日なのだけど暑さの為かなんだか疲れてしまって気が付けば11時12時の時間ついついパソコンを開くのが面倒になってしまい気が付けば13日の盆の入り、14日はお墓参りお盆前ってのはなにかと気忙しくそれでも無事にお墓参りを済ませる事が出来た。まあ、いろいろと更新したい事はあるのだけどそれはおいおいにと…最近見たpochiko農園の生き物の話そんな事を話題としてみようと思う。最近少しずつ日が短くなってぅるのに気付いた。以前だったら4時半とか、すでに明るく眩しいくらいだったのに今はまだ薄ぼんやりとした夜明け前でこうして時は少しずつ秋へと動き出したのを感じる時がある。それでもまだ猛暑日はあって、そこに雨な...サバイバルな世界とドジな蝉

  • 三本仕立てにしてみたミニトマト つやぷるん

    今年のプチトマトは三本仕立てにしてみた。と言うのは、去年のプチトマトをついうっかり霜に当たってしまい成長する真ん中の芯のとこが枯れたようになってしまったので思い切って芯止めをして、脇芽を延ばして2本仕立てにした結果意外と増収したプチトマト。それに味をしめて、今年は三本仕立てにしてみようといろいろ調べてみたが、大玉のトマトの二本支立て三本支立てはなかなか難しいらしいが、ミニトマトは容易に出来るらしい!大玉トマトはそのまんま一本仕立てカラスに食べられたトマト虫に食われたトマトトマトキバガの幼虫が茎からトマトに侵入する。思い切って今年の春先にミニトマトの苗を3本だけにしてその3本を3本仕立てにしてみる事にした。苗は例年通りつやぷるん!つやぷるんの正式な品種名は「プチぷよ」で株式会社渡辺採種場が開発し2005年に...三本仕立てにしてみたミニトマトつやぷるん

  • 策に溺れた夫農園のスイカ

    今年のスイカはサツマイモと共に夫農園に植え付けをした。夫農園はpochiko農園と違って、近くに空き家があるだけで多分、スイカを作ったらカラスにやられてしまうだろうと周りにパイプを立てて、下の部分は風除けの網とその周りと上にも網を張った。つまり網ですべてを囲んでみたって事でこれならカラスも入って来れないだろうと一人ほくそ笑んでいたのだが、トンだ伏兵がおった!あっと、その前に夫農園に植えたスイカは全部小玉スイカで皮が硬い黒い皮のスイカ、去年美味しかった楕円形のスイカもう一種類は普通の紅小玉スイカの3種類植えた。順調に成長しているはずだったのだが、6本のスイカのうち2本だけあまり成長が見られないので良く調べてみたら茎が割れていたつる割れ病にかかっていた。つる割病とは、植物の葉が黄化して萎れ茎の根元に近い部分が...策に溺れた夫農園のスイカ

  • あー 夏休み!! アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で瑠璃色のカエルを見る!

    気が付けば、もう何時間かで8月になってしまう!あっと言う間で、今月の20日だっけか21日だっけか小学校の長い夏休みの突入!!ちょっとシンドイかなあと戦々恐々なばあば。それでも子供クラブに入っているのでいつもと同じように、夕方の6時くらいまでは見てもらえるのだけどせっかくの夏休み、それもなんだか可哀想でお弁当を持って行かないで午前中だけミッチリと夏友をやってもらって午後からは家に居るってのが先月の事。午前中居ないだけでも助かる―と思ったけどそれまでに家事をこなして…いつもみたいに朝寝は無理みたい。11時半くらいにお迎えに行って、ついでも夕食の買い物をしたりお昼ご飯はサンドイッチが良いだとか、ソースかつ丼が食いたいだとかまあ、なかなか面倒な(~_~;)家に帰ると3年生のサクぼんと1年生のまる子と男の子と女の子...あー夏休み!!アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で瑠璃色のカエルを見る!

  • リベンジの金山風赤カボチャ…その後

    5月に私の失敗で大切に育てていた金山風カボチャの苗をダメにしてしまったがその後諦めきれずにリベンジ…再度チャレンジ!!アブラムシの襲撃にも負けずに苗は大きく育ち始める。前回6月に更新した金山風カボチャその後!一か所3本ずつ芽を出した赤カボチャの苗最初は育ちの良くないものとか、葉っぱの状態が良くないものとかいろいろとじっと観察しながら、3本から2本へと。苗もかなり大きくなって来た頃、さすがに一か所に2本ずつってあり得ない!一本にしなきゃと、じっくりと選んだ結果のカボチャの苗。迷いに迷って何とか一本立てにして、抜いた苗…なんだか勿体なくって植える場所もないのに何となく隅っこの方に土に挿していざ、何か不都合な事が起きた時に使えるかななんて。まあ、結局は使わずじまいで引っこ抜いてしまったのだけど。3本あった苗が一...リベンジの金山風赤カボチャ…その後

  • おうい雲よ

    なんだって訳でもなかったのだけどなんとなくブログの更新に間が空いてしまった。昼間の暑さに参ってしまったのか、朝仕事に2時間くらいの農作業午前中は家事を済ませて夕食の食材調達だったり午後からちょっとひと休みして汗をかきかき夕食の支度とそんな毎日だったのだけど…疲れちゃったのかなあ。あっと言う間に一週間が過ぎてしまう。いつもどおり、水曜日には夫の元へと雨上がりの蒸し暑い日で、車のエアコンを入れても汗が出る。そんな日に道路工事の人だとか、沿道の草刈りの人だとかはたまた交通整理している人だとか…長袖にジャンバーに空気が送り込まれるのを着ているけど暑いなんてもんじゃないんだろうって…いろんな職業の人がいる。みんなが頑張って今の仕事をこなしている。不平不満はあるだろうけど、今に満足してる人ばかりではないだろうけどそれ...おうい雲よ

  • ジャガイモを掘る!

    この日も暑くなりそうな夜明け前毎日暑い日が続いて、日中外になんて…とてもじゃないけど出たくはない。エアコンの効いた部屋で厳しい日差しが入らないように厚手のカーテンまで閉めて、のんびりと朝寝をするためには朝仕事頑張らなくっちゃ!!と言う事で、先日ジャガイモの収穫をした。さすがに今回は去年よりは少なく、米の育苗に使っていたハウスにジャガイモ、今年は一種類だけで「とうや」それも茎が枯れ始めていよぴよ収穫の時か、ちょっと早いような気はするけどこの後におよんで、一週間十日早くたってそんなにっ以外はないだろうとただ…心配だったのは去年のハウス内の土、ホントに土が肥えてなく有機質も空っぽの状態で…何十年も肥料も必要ない育苗専用として使ってたし!だから、去年は藁を入れては鋤きこんで、肥料を撒いては耕していろいろと画策して...ジャガイモを掘る!

  • セミの鳴き声が聞こえない!

    いつも決まった曜日に夫がいる施設に洗濯ものの交換に行く事にしている。不定期でもいいのだけど、行っても会えるわけでもなく担当者に今の様子などを聞いてくるしかなくそれでもお願いするとスマホで写真を撮って来てくれたりする。このコロナ渦の中、病院だって面会は出来なかった。もしもコロナなんてなかったら、もう少し違う生活があったのかとかそんな事を思っても仕方ない事なのだけど…。この日はそんな夫の元へと、いつも行くコースと違って日新町に住む姉の所へキュウリとかナスとかの野菜を持って行ってあげたのでちょっと遠回りで、国道から行くコースを走る事になった。国道を右折して畑の多い地区を過ぎて信号を右折していくのだけど、その道すがら気になる木が目に入った。なにかしら神社があるようなのだが、その入り口の木に白い何かがくっ付いて妙に...セミの鳴き声が聞こえない!

  • 危うしシロメダカ!!

    この日も暑い朝があけて行く…。毎日暑い日が続いて、すでに梅雨明けしたのだとかいくらなんでも早くね?この辺りだったらまだまだ梅雨の真っ最中でジメジメと蒸し暑さはあるもののそんな35度だとかの猛暑になるなんてね~深刻な地球温暖化の結果なんだろうと思う。これから、ますます暑くなるのかと思うとちょっとウンザリ…。ジリジリと空を見上げれば容赦ない暑さが痛いくらいでこんなんじゃ畑の野菜たちもたまったもんじゃないだろうなって2日置きくらいに水撒きをしている。そんな中、小屋の前に置いた和金とシロメダカとようやく孵化したばっかりの今年のメダカたち。大丈夫なんだろうか。水も緑色になるのが早い。いや、決して緑色の水が悪いわけではなく原因は、アオコなどの植物プランクトンが異常増殖してしまう為で植物プランクトンが増殖して緑色になっ...危うしシロメダカ!!

  • 今年のスナップエンドウの収穫は終わった。

    スナップエンドウとアマガエル毎年我が家ではスナップエンドウと絹さやを作っていたのだけど今年はスナップエンドウだけにした。絹さやね~美味しいんだけど何だか面倒だったりでどっちかと言えば我が家ではスナップエンドウの方が食いつきが良い。今年のスナップエンドウは豊作の予感!!実がパッツンパッツンになるのを待って茹でてマヨネーズで食べたりとか私とまる子はどちらかと言うと、ちょっと塩分が残るくらいに出でてそのままポリポリと食べるのが好きでよく夫などはマヨネーズこれでもかってくらいで食べていたけどなにも付けずに気持ち塩味の食材の旨味が味わえるのが好き!今年のスナップエンドウは、苗を3~4本くらいずつちょっと間隔広芽に植えたからか、何となく頼りなさげだったがだからか、これでもかってくらい実を付けてくれた。毎日このくらいの...今年のスナップエンドウの収穫は終わった。

  • シマヘビとの遭遇

    毎日続く猛暑の中、pochiko農園のお仕事は朝仕事に限られる。昼間無理して働いて熱中症で倒れちゃったら元も子もなくテレビニュースでは毎日熱中症で倒れたって話に特にお年寄りは暑さに鈍感になって来るところがあるようで喉が渇いてないと思っても、定期的に水分の補給をし年寄りの冷や水どころか、年寄りの暑さにも気を付けたい!庭のサキガケあやめが咲いた。なんていう花だったっけか、白と赤を植えたらいつの間にかピンクになってしまった(@_@;)先日の事、何気にpochiko農園の野菜たちの様子を見ていたら足元からヘビ!!ドキッとシマヘビ!!一瞬ドキッとして体が固まる、口からはヒッ!っと悲鳴ともつかない…息を飲むというか。何もシマヘビは人間に危害を加えるわけでもなく毒も持っていないし、何も怖がることはないのだけどあの容姿ク...シマヘビとの遭遇

  • 雑草だらけの小粒っ子玉ねぎの収穫

    どんより蒸し暑くなりそうな夜明け梅雨とは名ばかりの蒸し暑さに強い風でこんなんじゃ野菜たち参っちゃうよな~~!!と、先日はたまらずに年代物の電気ポンプで水撒きをした。そろそろ玉ねぎも収穫しなくちゃと…見れば雑草の中に埋もれてる小粒っ子玉ねぎの多いことったら。やっぱり春先の追肥は玉ねぎの肥大に重要だったのかも知れない。いつも春の彼岸前までに、出来ればまだ雪が少し残ってる頃に追肥をパラパラっとがひと味つがい大きさの玉ねぎとなるのだけどあ、これがちょっと遅れるとトウ立ちの原因ともあるらしい。だからホントに微妙で繊細の仕事なのだけどちょうどその頃に夫の転院があって…まあ、あんまり大きい玉ねぎは早く芽が出ちゃったりするしって思っていたけど100歩譲って小粒っ子でもいいけど雑草多すぎ!!見事に雑草まみれ(~_~;)一回...雑草だらけの小粒っ子玉ねぎの収穫

  • 里芋一回目の追肥&土寄せ

    アマガエル、バラの花びらの中で雨宿りスナップエンドウの蔓の中でも雨宿り我がpochiko地方でもようやく梅雨に突入か!そんな予報とは裏腹に雨の予報が出ていても降るのはスズメのよだれくらいで毎日風が強くって、野菜たちが干からびてしまうって明日の朝仕事は水撒きでもしようかと思っている。pochiko農園の野菜たちも今のとこ順調に育ちつつあるようで本葉が開いて勢いよく伸び始める5月下旬から6月中旬頃そろそろ里芋の土寄せの時期かなあ…と。ちょっと早めだけど追肥を兼ね少しだけ土寄せをした。私は、もともと野菜作りとかしたことがなくそれでも亡きばあちゃんの手伝いでジャガイモ植えくらいはやった事はあったが突然倒れて農業も出来なくなり、しかも右半身麻痺と失語症とこの野菜はどうやって作るのか?聞いたって答えられるはずもなく見...里芋一回目の追肥&土寄せ

  • ミニミニお子様ランチ

    我が家のちびっ子たちが空手を習い始めて、かれこれ9か月になろうとしている。学校もしくは保育園から帰ってから6時半委道場へ行くために夕ご飯は食べずに、でもお腹が空いたら力も出ない!という事で行く前におにぎりを食べてから行く。いつもいつも同じようなおにぎりだと飽きてしまうだろうと今日はゆかりご飯、次はゴマ塩、そしたら今度は鮭ワカメだとかいろいろ考えながら、それでもばあばの作ったおにぎりを美味しそうに頬張ってると見てるこっちも嬉しくなる。そして6時半に道場へと、終わりは8時なのだが終わってからがすぐに帰らずに自主練習をしたり仲良しのお友達と鬼ごっこしてみたりでなかなか帰って来なくて、たいがい9時近くになってしまう時もある。だから、それから夕食になるのだがお風呂に入ったりしていると、普通の夕ご飯の量だとあんまり消...ミニミニお子様ランチ

  • 吊り下げ式の金山風赤カボチャのリベンジ!!

    自分の不注意からダメにしてしまった金山風赤カボチャの苗なんだかガッカリして、普通のカボチャの苗を買って植えようかそれとも蔓系の何かを植えようかと考えていたけどやっぱり諦めきれない金山風赤カボチャが作った棚に吊り下がっている風景。ちょっと遅いかもしれないけど、もう一回チャレンジしてみようかと今度は以前の時よりも地温も高くなっている事から直に畑の種を蒔いてみようと思った。幸い残しておいた種はまだ十分にある!それでも少しでも早くと、種を選別…ふっくらとして中身が詰まってそうな感じの種15粒。先の根が出る尖っている部分を中身を傷つけないように注意してニッパ―で斜めに切り口を入れ水を吸わせたキッチンペパーに種を並べた。5月13日現在5月13日撮影1日2日くらいで切り口から種が顔を覗かせ始めたのを見て感動を覚えたのは...吊り下げ式の金山風赤カボチャのリベンジ!!

  • 恐るべしシロメダカ

    今更ながらの話だけど今年も我が家のメダカ&和金たちは無事に冬を越す事が出来た!秋の終わりに小屋の奥に仕舞いこむ少し前から多めに餌をあげ冬を乗り切るべく小屋の奥に並べて、藁を入れた時に生存率が高かったから今回も入れてみたけど真意のほどは定かではない。でも良い結果が出たならば次の年もやってみたくなるってのが人情ってもんで発泡スチロールの箱にメダカや和金など上には使い古しのバスマットなどなど!睡蓮鉢のヒメダカと去年から増え始めたシロメダカと和金と何個かの箱に仕分けてみたけど今年は小屋の中に農機具がなくなった分嫁様の車を入れたので、シャッターを開けている事が多かった。メダカや和金にとっては厳しい冬だったに違いなかった。それでも時おり覗いてみると和金の赤い魚影が確認出来たので漠然と大丈夫だろうなっては思っていた。残念なが...恐るべしシロメダカ

  • 久しぶりのプチドライブ東山ダムへと。

    この日は日中夏日になるって予報だったからか昼間の仕事は暑くて出来ないだろうとは思っていた。毎週同じ曜日に夫のとこへ洗濯物の交換へ出掛ける道筋でなんだか新緑が呼んでいるようでふと寄り道をして帰ろうって気になったのは先週また熱が出て、栄養食を中止して点滴を受けたのだがなんとかあ落ち着いて来て、今は栄養食の再開となりちょっと一安心したからかもしれない。帰り道いつもであれば右折して千石通りから自宅への最短コースだったけどそこを左折…白虎隊戦士が眠る飯盛山を抜けて、東山温泉方面へと平日とあって11時くらいってホント車の通りもまばらなんだってそれでも何組かの修学旅行のグループとすれ違った。車は久しぶりに省吾さまのBGMで目の前に広がって来る新緑がまぶしい!!ちょっと気分が浮きだって来るのを止められなかった。背あぶり山への道...久しぶりのプチドライブ東山ダムへと。

  • 夫農園、スイカとトウモロコシ&スイカ

    準備万端の夫農園夫農園にサツマイモの畝を立てたのが4月の末でサツマイモの苗が入荷するのはゴールデンウィークを過ぎてからなので10日頃にまだ入荷しないかどうか種苗店へ電話を入れたらすでに入荷してるって事で…マジか!電話で紅はるかがあるかどうか聞いたらなんとか20本ばかり残っているというので取りに行くので取り置きをお願いしすぐに車で向かったのだけどタッチの差で売れてしまっていた。だから、すぐに取りに行くって言ったのに!!!お店の人曰く!電話を受けたものが連絡する暇がなく売れてしまったのだと売れてしまったものは仕方がないけどちょっと無責任すぎやしないか?とは思ったけど残っていたシルクスイートが丁度20本。シルクスイートってどんなサツマイモ?2012年頃に種苗の販売が始まった品種のさつまいもで甘い味わいの「春こがね」と...夫農園、スイカとトウモロコシ&スイカ

  • ジャガイモの土寄せ一回目とトマトとナスとキュウリを植える。

    家の周りも田んぼも水が入ったかと思うとあれよあれよという間に鏡のような水田と化し夕方にはすっでに植えられた遠目に緑の絨毯が見える。大きなトラクターで代掻きをして乗用の田植え機…6条植みたいな。そんな田植え機であっと言う間に風景が変わってしまうこの頃夜にはアマガエルの合唱で好きな季節になった。夕暮れの風景コデマリと取り損ねた茎立菜の菜の花次の日も暑くなりそう…。さて、ゴールデンウィークも過ぎ本格的に夏野菜の植え付けが始まる。まずはジャガイモ一回目の土寄せで、何本も出てる芽は抜いて一本ないし二本とする。芽を欠くときにはジャガイモが一緒に掘り起こされないようにそっと押さえながら寝の部分まで抜いて行く。一回目の土寄せの前に多く出ている芽を欠く追肥を施してサッと土を寄せる早朝の露に濡れたジャガイモの葉ピンシャンとして小気...ジャガイモの土寄せ一回目とトマトとナスとキュウリを植える。

  • 赤ベコ絵付け体験をした!

    話は一週間前の事になるのだけど我が家のちびっ子子供の日に近くの牧場へと遊びに行った帰り道で赤ベコの絵付け教室の看板を目にしてやってみたいっていうので、この日は時間にして遅いので日を改めて話になった。だからばあばもいっしょにば一緒に行こうって誘われた。確かに考えてみたら会津に居ての会津の体験ってなかなかしないもんでこういう絵付けなんかもやった事もなかった。せっかくのお誘いだし、行ってみようかって気になってちびっ子たちと一緒に赤ベコの絵付け教室体験して来た。ここの赤ベコの背中の模様は三本線で他のとこは格子柄なんだって、ばあばウンチク(笑)いろいろあって面白いなと思った。趣のある入口場所は市街地から白虎隊戦士の墓地がある飯盛山街道沿いで番匠と言うお店だった。お店の駐車場に車を停めて…こういう観光地人がいっぱいだったら...赤ベコ絵付け体験をした!

  • 物事順調に進んでる時とかどんでん返しが起こったりする。

    今年も去年と同じく金山風の赤カボチャを作ろうと取り置きした種を蒔いたのは4月の中頃の事だった。ポットに土を入れて水をたっぷりと浸み込ませて一つのポットに3粒ずつ、それを何ポットも作ってそんなにどうするのかと自分でも思ったくらい!一週間ほどで芽が出始めて…まあ、天気も良かったのだろうけどぞっくりと可愛い芽が出た様子は、いつ何回見ても飽きないくらいで育って行くのを見るのは買った苗じゃ味わえない手をかけたものの特権というか、本当に成長が楽しみだった。発泡スチロールの箱を使った簡易ビニールハウスだからポットに2本ないし3本の苗で窮屈そうになって来るのを最初ひとつのポットに2本にするのでさえどれを間引こうか悩みながらだった。特に2本を1本の苗にする時は最初っから、もっと大きなポットに植えれば良かったなんて結局1本の苗にす...物事順調に進んでる時とかどんでん返しが起こったりする。

  • チビたんの兜行列

    2週間くらい前までは満開の桜だったのに。今年のゴールデンウィークは見事に半分ずつ分かれていて前半3日後半3日と、ちょういど真ん中の月曜日だけカレンダーどおりだと学校があったり出勤日だったりでずっと続けて休めたらいいのにって思ってしまうけどそれじゃ、困ったりする人もいるわけで!我が家のゴールデンウィークの中間日である月曜日ただでさえバタバタする月曜日なのにこの日サクぼん体調を崩して学校をお休みにした。それが始まりってわけではないのだけどこの日は猫のノリスケが病院へ注射を打ちに行く日でそれを追いかけるようにチビたんの保育園で子供の日に因んだ兜行列が行われる。新聞紙で作った兜をかぶって手にはこれも自作の鯉のぼり平日とあってお休みではない両親の代わりにカメラを持って出発式の写真を撮ってあげたいし!誰も来なかったら寂しい...チビたんの兜行列

  • ゴールデンウィーク前半、里芋植えまで!

    ずいぶん雪の消えた磐梯山!このGWはあまり天気が良くないって予報だったので、半ば諦めていた農園の作業!ところがフタを開けてみたら、風が強かったり寒さがあったりだったけど思ったよりは仕事が出来て…整形外科に痛み止めと湿布をもらいに行ったり車にガソリンを入れとか、ホームセンターで苗を見てくるくらいであとはひたすらpochiko農園での作業に勤しむ事が出来た。コロナの緊急事態は解除され、感染者も減りつつはあるようだけどいわき市や郡山市、福島市と我が会津はなかなか減らないでだからどこへも行く気にもなれないでいる。まあ、我が家のちびっ子なんかには可哀想ではあるのだけど家の周りで自転車乗りをしたり縄跳びとか家の中で相撲取りとか…あとはゲームかな。家の中で暴れて叱られたり、掃除やお片付けなどお手伝いしたり…どっか連れて行って...ゴールデンウィーク前半、里芋植えまで!

  • サツマイモの畝が上手く立てられなかった!

    午後から天気が崩れるって!!pochi地方もすっかり春爛漫と言ったとこでそれでも桜はすっかり葉桜に…新緑の季節とでも言った方が良いのかも!庭先では3寸あやめや今更ながらの水仙などが殺風景だった庭を賑わしていてくれる。そうそう、4月の10日に植えたジャガイモが土から芽を出し始めた…なんか今年は早いような気がする。はてさて、夫農園の方もだんだんと活動開始をしないと。全域3分の2ほど除草作業を施したがまだ3分の1残っている場所に、入り口側からサツマイモその隣にはトウモロコシで境界線のように植えて少し離してスイカを植えようと思っている。本当であれば、トウモロコシは別の場所に植えたいところではあるのだけどサツマイモのすぐに隣にスイカではあまりよくないようで蔓の勢力争いになりかねなくて、サツマイモは乾燥気味で肥料は少ないほ...サツマイモの畝が上手く立てられなかった!

  • pochiko農園の構想を練る!

    磐梯山の雪もかなり少なくなった春の風景先日ジャガイモ植えを終えた。その後のpochiko農園、どこになにを植えようかと構想を練る。連作にならないように、去年の作物の跡地にはいろいろ考えるとなかなか今年の場所が決まらずにどうしたもんかと!取りあえずスナップエンドウは去年のトマトの後作にこれはマズかった…トマトの前にマメ類を作っていたらこれは連作に当たるのだそうだ。反対にトマトの跡地にスナップエンドウだからトマト栽培が多肥状態でなければ大丈夫だろうという事ででも君子危うきは近寄らずって言うので今年のスナップエンドウは期待できないかもしれない。ちょっと残念だったトマトの後作スナップエンドウ取りあえず肥料は多めに撒いておいた方がいいかもしれない。じゃ、今年のトマトは、去年ニンニクの後作に…というのはどうなのか?トマトの...pochiko農園の構想を練る!

  • ようやくジャガイモを植えをする。

    この辺りがジャガイモを植える頃はいつも関東圏では植えたジャガイモが土から芽を出してる頃で期間にして約一か月くらい違う。なので収穫も夏の暑い頃になるのだけど昼間の暑さに耐えられずにいつも朝仕事に収穫をする事が多くなる。我が家のジャガイモ、毎年何種類か植えていたのだけど今年は「とうや」一本に絞る事にした。果肉が黄色く、気品のある味わいであることから「黄爵(とうや)」の名前でデンプン質は男爵に比べてやや低いものの芽が浅く、丸いのが特徴で、皮向きがしやすく、煮崩れしにくい。カレーや肉じゃがなどの煮込み料理や滑らかな舌触りを生かしてサラダなどに向いているいわば一般的に利用価値があるジャガイモともいえる。メークインも作っていたのだけどどうも形が上手い具合に格好良く出来なくてあれって、土のせいなのかもしれないけどデコボコで皮...ようやくジャガイモを植えをする。

  • 桜咲く季節

    庭のクリスマスローズの花が咲いたあちこちで桜の便りが聞かれ、ようやく会津でも桜の花が咲き始めた。つい先だって蕾だと思っていたのが、あっという間に花開きこの数日の寒さ逆戻りの寒さに、風も強く桜の花を堪能する前に散ってしまわないといいけど…。主治医曰く、何度も誤嚥性肺炎を起してこれ以上は口からの食事は無理でいつ肺炎を起こしてもおかしくない状態になっているともう胃瘻にする時期だと、しかも少しでも早くした方が体力を使い切ってしまわないうちに…。近所のお宅の枝垂桜濃いピンクが可愛らしい胃瘻造設処置をしていただいた。今は開腹手術はしなくて内視鏡を使う胃瘻カテーテルなので時間も短く済むし、開腹手術と違って体への負担は少ないようだ。ただ、胃瘻にしたからと言って、誤嚥性肺炎が起こらないわけではなく誤嚥は唾液でも起こり得る事だから...桜咲く季節

  • さよならカナかっちゃん!!

    それはあまりにも突然で、冬眠から目覚めて全ては順調に行っていたはずなのに捕ってあげた蜘蛛などマグマグと口の端から入り切れなかった蜘蛛の足が覗いて食欲もあったのに…まさか、こんな結末になろうとは!こんなtレイアウトでカナかっちゃんのケース前日に捕ってあげた蜘蛛も食べてしまっただろうと新しく捕ってあげなきゃなってケーズの中を覗いた。あれ、カナかっちゃんの姿が見えないぞ?と枯れ葉をひっくり返したり、ケースの下から覗いてみたり。枯れ葉を一枚一枚取って、まだこの前の蜘蛛に生きている。お腹が空かなかったのか?そう思って何枚目かの枯れ葉を…カナかっちゃん死んでる!それは一目でわかった。えっ?なんで??あんなに食欲もあってケーズの中チョロチョロと動き回っていたはずなのに何が原因なんだ??お気に入りの枯れ葉の下にもぐっていたのに...さよならカナかっちゃん!!

  • 夫農園、私にしてみれば一大事業!!

    夜明け前の磐梯山本格的な農作業が始まる前にやっておきたい事があった。夫農園のさすがに使ってない部分、それを何とかしなくっちゃ去年みたいに除草剤散布と草刈機のお世話にならなくてはならなくてこの年齢になるとシンドイ事極まりない。やっぱりあちこちで使わなくなった畑にシートを敷いて雑草が生えないようにしているのを見かけるので私もやろうと思って、田んぼを作ってくれてる人に聞いてみた。本当の除草シートが一番良いのだけどこの辺りでは薬用ニンジンの時に使っていた黒いシートなんかで代用している。それだとあみあみになっていて完全なシートではないからあみあみの隙間から雑草が生えてくるのでもしもそのシートを使うのであれば下にビニールのシートを敷いてやった方がよいと教えてもらった。先日、軽トラックを廃車にする前に小屋の二階にあった黒いシ...夫農園、私にしてみれば一大事業!!

  • 今年最初の農作業

    早起きが苦にならなくなって来たこの頃特に晴れの日なんかは日の出前の磐梯山の姿が美しく春になったんだなあ~~って強く感じる。いよいよ農作業も本格的に取り組まなきゃ!pochiko農園の去年苺を作った所に、スナップエンドウを植えようと思う!良いのか良くないのかはよく分からないけど同系列の野菜ではないので、大丈夫かとは思うが。まずは植える場所をミニ耕運機で耕してまわりをちょっと溝にしてみる!こうしておくとモグラが入り難いらしくモグラが入らないと野ネズミの通り道が遮断される!聞いた事があったような気がしてやってみた。耕運機で溝を掘ってあとで鍬で手直し!スナップエンドウは直播する所が多いのだけど冬の間に消えてしまったりするのであっちこっち芽が出なかったりせっかくの畝が歯っ欠け状態になるが嫌で毎年秋にホームセンターからもら...今年最初の農作業

  • ハズレのコロッケ

    春霞の磐梯山朝起きるのも早くなった雑草だらけの玉ねぎ😥毎日悩む事は夕ご飯のおかずの事で子供向きと若い人向き、私のような年寄り向きとみんながみんな好みに合うものは作れないって!!最近食べたいものは切り干し大根だとかひじき煮やおから…ほうれん草のお浸しなんかとかこういうもんじゃ、子供は食べないよね。必ず一品は子供向きを入れる事を心掛けている。何もない時なんかはウインナーをケチャップで炒めてみたり意外と子供が喜ぶかな~って手の込んだものを作っても空振りの時があったり…難しいよなあ!話は変わって、一昨年のジャガイモは不作で去年早々になくなってしまい出来るまで買って食べていたけどジャガイモって高いのにビックリした!今まで買った事なかったもんだから1個68円とか、なんであんなに高いんだ??やっぱりジャガイモは余るくらいが丁...ハズレのコロッケ

  • 春色浅葱色

    一雨ごとに遠く近くの山々は雪が消えて行くのが目に見えるようになったがそれでも山に雪が残っている間は寒さ逆戻りもあったり何となく気が急いて来るこの頃…相変わらずのコロナ渦はたかだか12万人ほどの会津に毎日30名か40名前後のコロナ感染者!特にこの3月はちびっ子たちの保育園に感染者が出てお休みになる事が多かった。危ぶまれたのはまる子の卒園式で延長にはなったものの、先日なんとか出来る事になりただし卒園者と親と先生方、あとはごく限られた人かな?卒園児を送る在園生は急きょお休みとなった。送る側の年少組さんのチビたんも一生懸命に練習をしていて先生に褒められていたのに…残念だけど卒園式が出来るだけマシなのかもしれない昨今!今回もチビたんのクラスに陽性者濃厚接触者はいなかったようすだけどチビたんのクラスは数日間の閉鎖になった。...春色浅葱色

  • さよなら軽トラック

    朝から天気が崩れるかと思ったが意外と午前中くらいは持った。一雨ごとに雪は消えて春にまっしぐらな今年の冬の明け春の彼岸も終わって、そろそろ農作業なんかも。そんな姿もチラホラと見えるようになって来た。活動開始しなくっちゃ、と気ばかりが焦るこの数日だった。早春の夕暮れはなぜか優し気に…。3月もあと少し、田んぼは農業委員会を通し地区の人に全てを任せてしまったので苗運びとか籾運びなどの仕事がなくなった今思い切って軽トラックは処分する事にした。頑張ってくれた軽トラックだけど。距離数は少なかったけど30年近く使っていた我が家の軽トラックもともと農作業くらいにしか使っていなかったし夫がこまめにオイル交換をしたり手入れしてきたので見た目はそこそこなのだけど車検を受けて税金を払ってまで…と思った結果だった。パワーステアリングでもな...さよなら軽トラック

  • 穏やかな春日和から肌寒い天変地異だった週末

    近くの山々もずいぶん雪が消え目の前の他所んちの畑ではついぞ収獲しなかった白菜と大根が顔を出した。先日関東の方では夏日の暑さだったとか。上着を脱いで歩いている人がテレビニュースで見られた。さすがに会津ではそこまでは暑くはなかったものの雪に覆われた田んぼや畑はすっかり雪は見えなくなって考えてみたら、もうすぐ春の彼岸だもんね。そりゃ暖かくもなるわけだわ。春日和の中3色連結の列車が通る!今週いっぱいお休みとなったまる子とチビたんと家の中に引っ込んだまんまじゃ可哀想だと外に連れ出して、pochiko農園のハウス…だったとこ骨組みだけ残っている所をジャングルジムの如く子猿が登ってる(;´∀`)チビたんも4歳になり今年は保育園年長さんまる子は新一年生になるよ。いつもながらの、そんな春の風景が見られるようになった。雪に押しつぶ...穏やかな春日和から肌寒い天変地異だった週末

  • ドラッグストアで無料PCR検査

    花木の新芽を食べてるのかスズメ暖かい早春の夕暮れこのところ急に春化が進んでたようであんなにどこもかしこも雪景色しか見えなかったのにあっという間に田んぼの土手が見え始めたりなんとなく色づいてきたように感じるこの頃季節も3月半ばになる…春めいてきたっておかしくはないよね。あっという間に一面の雪景色から黒い土が見えて、もう春だなあ…感じさせられる。今年は急に春めいてくるのが早いんじゃないかなあ。そんなこれからって感じの季節になって来たって言うのに我が会津も他地方に負けず劣らずのオミクロン感染者が増加の一途をたどっている。意外と身近な人が感染なんて話を聞くといよいよオミクロンが迫ってきたって感じでいつ誰が感染してもおかしくはなく…っていうか運が悪かったんだって思うしかない。我が家のちびっ子達が通っている保育園でもとうと...ドラッグストアで無料PCR検査

  • コロナ渦の中で大般若経

    前日まで、あんなに春を思わせる天気だったのになにもこの日に限っての雪が降って、しかも吹雪っぽく。3月に入り、第一日曜日に我が地区での大般若が行われた。大般若とは大般若経の書写・読誦により、病気全快、五穀豊穣や厄年のお祓いなどを目的に昔から行われている。ここ数年大般若には行ってなくて、隣組長さんが代わりにお札とかお護符をもらって届けていただいていた。特にコロナ渦になってからは、今までにも増して参加する人が減って今年も密を避ける為、地区の役員さんと各組の組長さんだけの参加となった。今年は組長さんの我が家、お札とお護符を組の家数だけもらって来るのに11時から始まる大般若。それに間に合うようにって15分くらい前に地区中央にあるお寺へと向かった。ホントは自転車で行こうかと思っていたのだけど生憎の雪模様で仕方なく車で向かっ...コロナ渦の中で大般若経

  • カナヘビのカナかっちゃん冬眠からの生還

    雪原の向こうにはクッキリと磐梯山沈む夕日に春の兆しこのところ暖かい日もあって、春の兆しが感じられるようになった。去年の12月の頭に、遅ればせながら冬ごもりをしたカナヘビのかなかっちゃん!あれから3カ月…ずっと極寒な小屋の中でそれでも寒いかもって軽トラックの運転席にせめてものに使わなくなったひざ掛けとか上着だとかをかけておいた。カナヘビのカナかっちゃん冬ごもり詳しくはこちらをぽちっと!!たまに凍ってしまった水の交換をしたくらいで特にかまわないでおいたけど、今年に入って1月くらいか、水の交換の時にちょっと覗いてみたら水の容器の下で固まった感じのかなかっちゃん!慌てて深い所へと押し込んでおいたけどそういう事もあって、冬眠して春を迎えるってのは半分…いや、ほとんど諦めてはいた。トカゲとかそういう爬虫類を飼った事がないの...カナヘビのカナかっちゃん冬眠からの生還

  • まだ雪深い会津で桜の花が咲いていた!!

    って、話でちょっとビックリしたのだけどいや、本当の話!!夫の病院へ行くのに、孫たちの写真を持って行きたくて市役所第二庁舎に行く用事があったのでその近くにあるカメラ屋さんへスマホから写真をプリントしてもらおうとSDカードに取り込んではいなくてスマホ本体にある写真プリントできるのかどうか…ちょっと心配だったのだけど今はちゃんと出来るんだね!今のばっかりではなくてまだ元気な頃に孫と一緒に撮った写真なんかもいいかななんて孫太郎も一緒の時のBBQのとか、孫と一緒に花火した時のとかもちろん最近のも10何枚かプリントしてもらった。写真を受け取って、お店を出ると歩道と車道の間の街路樹が桜の木で、何気に目をやると…桜!!花が咲いてるって!いくら3月に入ったとはいえ、まだ雪も残ってるこの時期に桜が!!とっても信じられなくて写真を撮...まだ雪深い会津で桜の花が咲いていた!!

  • 少しずつ野鳥が見られるようになって来た。

    洋ランの花が咲いた。三寒四温とはよく言ったもので、この週末は春は目の前って感じだった。相変わらずに土日でお休みでも、自粛ムードの我が家のちびっ子たちでせっかくの春日和だから家の中に閉じこもっているだけではケンカばっかりとか怒られることも多い。今年は隣組の組長さんになった我が家市政だよりとかいろいろな書類を隣組の配って歩くのだけど息子と嫁様とちびっ子たちで散歩がてらに出掛けて行った。その合間に、久々にカメラを持って家の周りをゆっくりと散歩で結局お向かいさんと世間話になってしまったけど縁側に腰を掛けて、体に当たる陽射しは思ったよりも強かった。こうして少しずつ季節は春へとおもい腰をもたげた…そんな気がする週末だった。雪の中を春色列車が走って行くよ。そういえば最近野鳥の姿を見かける事が多くなり家の前に来ていた鴨を始め、...少しずつ野鳥が見られるようになって来た。

  • 春を待つ思い

    先日の雨水を境に、また真冬に逆戻りしちゃったみたいな日が続いてもう除雪機は動かさなくってもいいかと思っていたのだけど吹雪のホワイトアウトに、家の前も雪だまりが出来てしまいやっぱり除雪機の発動を余儀なくされた。いつになったら春めいてくるのか。春よ、待ち遠しい。ここんとこ夫のその後が途切れていたけど実際家にいて世話をしているわけではないので介護のカテゴリーにってなんか烏滸がましい気持ちでどんなもんなのか?書くにかけない部分があった事は否めない。ともあれ12月の末に、いつも入院していた綜合病院から郡部の厚生病院へと無事に転院できることになって病院へ洗濯ものの交換に行くのは週に一回それも午後のみでもちろん土日や祭日は、基本病院へ行く事は特別な理由とか病院側から要請があった時だけとなっている。お年寄りが多いような病院だか...春を待つ思い

  • 難治性口内炎のノリスケ…その後

    きっと、この話がUPされる頃は次の日になっているだろうと2月22日、猫の日に因んでのノリスケの話で2月22日は「猫の日」ニャンニャンニャンという語呂合わせで1987年に制定され、更に今年は2022年で「2」が6個も並ぶことから、「スーパー猫の日」と呼ばれている。ちなみに、次のスーパー猫の日は100年後の2122年だって!去年の秋に餌も食べられないくらいに痛むノリスケの口内炎口の両脇が黒く汚れて、カリカリ餌を食べるたびにギャッと叫んで前足で口に当たりを掻き毟る仕草病院へ連れて行くと難治性の口内炎で治らないとの宣告ノリスケが口内炎が痛くても食べられるような缶詰だとかゼリー状のだとか…柔らか系の餌を何種類かいろいろ試してみるのだけどどうも、カリカリご飯が好きみたいで、どうしたもんかと思っていたが先日、これはと思うもの...難治性口内炎のノリスケ…その後

  • サクぼんの卵焼き

    冬の夕焼けがやけにきれいだった。この三連休は思いがけなく穏やかな日が続いて何事もなかったら、あちこちお出掛けしたり楽しい連休だったに違いないけど最近のオミクロン株のコロナ感染には、怖くて人混みに出掛けられないでついつい、家の中だとか家の周りくらいで、その日を過ごしてしまった。その三連休も無事に終わるかと思いきややっぱりちびっ子が3人もいたらなにかしらあるものでチビたんが下痢とおう吐で日曜日の早朝救急病院へと幸い特に重症って事もなく腸炎でしょうと3日分の整腸剤をもらってきて事なきを得た。次にはサクぼんで月曜日の朝に気持ちが悪いと仕方なく、いつもの小児科へとこれもたいした事なく、整腸剤と吐き気止めの薬をもらって結局、火曜日までサクぼんとチビたんはお休みをした。まあ、火曜日は大事を取ってって事で二人とも元気元気!!留...サクぼんの卵焼き

  • 我が家の絵ろうそく祭り

    久しぶりに見えた磐梯山pochiko農園はまだ深い雪の中で寝入っている。この三連休は思いがけなく晴れの日が続いて本来であればスポ小のスキーに入っているサクぼんとかまだ保育園で入会はしていないけど、まる子もスキー場で気持ち良く滑っていただろうに…。急激なコロナ感染者に自粛生活を強いられている会津なんだか可哀想ではあるけどコロナ…たぶんオミクロン株だと思うけど市内の学校なんかにも魔の手が、ついそこまで忍び寄ってきている。それでなくっても、つい先日濃厚接触者の濃厚接触者となった息子とその家族と大騒ぎしたばっかりだし。撮っておいたビデオとかゲームとかで一日を終える。しょうがないんだけどね。この三連休の金曜日と土曜日に行われるはずだった絵ろうそく祭り我が会津もコロナまん延防止の為、今年は中止になってしまった。毎年鶴ヶ城が...我が家の絵ろうそく祭り

  • コロナ感染濃厚接触者騒ぎだった週末

    それは私が3回目のコロナワクチンを打ちに行った…まさにその日!息子から昼間会社の同僚とタバコを吸いながら休憩をしていたのだがその後その同僚の子供さんがコロナ陽性になったって連絡があった。と言う事は子供の親である同僚は濃厚接触者となる。その濃厚接触者と席を近くにしてタバコを吸ったりしていた息子は濃厚接触者の濃厚接触じゃではないのか?特に最近のオミクロン株の感染力の高いことったら我が会津でも、あれよあれよという間に何十人も感染者が出ている。これって、ひょっとしてマズくはないのか?タバコを吸うにはマスクも外していただろうに大丈夫かな?感染してなかったのかな?今は症状が表れない人でも、検査をしたら陽性だったって話よく聞くよね(◎_◎;)その後保健所に指示により、症状の出ていなかった同僚だけど検査はしない、みなし陽性と判...コロナ感染濃厚接触者騒ぎだった週末

  • 世代交代した洗濯機

    2月に入ってから大雪に見舞われる!!川の傍に水鳥の足跡が見える…そんな穏やかな日だったのに。まだまだ雪に閉ざされ、寒さも一段と厳しくなった。どうもこの間から危ないなとは思っていた。直ちょエラーが出て止まってしまっていたがちょうど脱水の時だったから、脱水だけ別に回して凌いでいた。だけど一時凌ぎは一時凌ぎにしかならずに今度はゆすぎの時から止まってしまうようになった。新しく買い替えか…考えてみたらこの洗濯機はpochiko家が新しくなる前から使っていた。2008年に引っ越してきたから14年目か!いつ買ったかは忘れてしまったけど16~7年は使っているのではないだろうか。洗濯機の寿命は使い方や洗濯の回数なのがあって一概には言えないけど、それでも消費動向調査によれば10年だそうで寿命のサインが途中で動かなくなる事なのだそう...世代交代した洗濯機

  • 感染性胃腸炎とリモート診察

    ようやく今年になったばっかりだと思っていたらすでに2月…一年の内の12分の1過ぎてしまったって事!早い早過ぎるよ!!最近のコロナ渦の勢いが激しく特にオミクロン株になってから先日東北の大都市宮城県を抜いて一位の福島こんな一位嫌だなあ~~会津でも近辺に感染者がチラホラ…。写真を撮る暇もなかったのでキッチンの窓から一枚おチビたちの通っている小学校や保育園もピリピリしている。そんな中、先日サクぼん腹が痛いとのたもう!お母さんに、もう好きなものばっかり食べて野菜食べないからだとトイレに行ってみなって、ちょっと頑張ったらお腹スッキリとなるのだけど出るものは出たけど途中から軟便に、それでもけっこう出たようだがまだお腹が痛いと、そのうちになんだか気持ちも悪いと言い始める。目の前の雪山をズームアップしてみる。どうしようか、学校休...感染性胃腸炎とリモート診察

  • 今年は箸だった。

    年金をもらうようになって銀行に振り込みになるのだが我が家は昔っから近くの信用金庫を使っていた。そこは毎年誕生日になると年金振込者に何かしらのお祝い品がもらえるのだが昔、ばあちゃんたちがもらっていたのは切子のグラスだった時もあって安いものだろうけど、なんだかお得感があった。夫がもらい私ももらうようになって懐中電灯だとか救命バッグの時もあった。お風呂場のマットだとかバスタオルそうそう体温計とかエコバッグなんかももらった。まあ、役に立つものもあったしえ~~あんまり要らないなあ~と思うのもあった。夫と同じものが2つあってもしょうがないものとかそれでもやっぱり何かしらもらえるのは嬉しいもんだったりする。今年は、箸!!箸は消耗品だから、もらって嬉しいものの部類に入る。『木匠亀甲桜箸』…と書いてあった。なんでも越前漆器の箸で...今年は箸だった。

  • ひっそりと高田観音堂(天王寺)

    そこはとある病院に隣接されている寺院で多分、そこにそんなお寺があるなんて気が付く人は数少ないのではないかと思った。ひょっとしたら病院関連の寺院なのかって思ったくらいででも、家に帰って調べてみれば会津三十三観音の第28番目の札所だった。ならば会津三十三観音参りに訪れた事があったはずなのになんだか記憶の隅にもなかった。会津では葬儀のおりに詠まれる歌詠みに三十三観音の御詠歌が詠まれる。昔は葬儀と七日ごとに詠まれていたのだけど今はずいぶん簡素化されてしまったがここ最近はコロナ渦の影響もあってかそういう集まって詠まれるなんてことは出来なくなってしまったようだ。そういう事が廃れてしあうのは寂しい気がするそれにしても、ここ回ったかしら?40数年も昔の事だから、よっぽど変わった寺院でなかったら忘れてしまったのだろうか?いや、三...ひっそりと高田観音堂(天王寺)

  • 屋根から雪が落ちた!!

    今朝も前が見えないくらいの雪で、それでも除雪車は通ったようで家の入り口橋の所に壁が出来ているので除雪しなくっちゃ車も出る事が出来ない。除雪は有り難いんだけど入口の壁は困るなあ。そんな思いで夫のジャケットを着こんで手袋は普通の毛糸の上に軍手とこれ意外とアッタカイ。本当は外側にはゴム手袋の方が良いんだろうけど動かしずらい。見る間に積もって行く雪になんとか除雪を終えその後は晴れ間が見え隠れ、洗濯物も窓際に干してこんなふうに晴れてくれるのは大変ありがたいのだけどせっかく終えた家の前の除雪だから出来れば小屋の屋根からの雪が落ちないでほしいな~寒いけど清々しい屋根の雪…落ちるんだろうなあそうでなくっても、今朝の除雪の時に排水溝の蓋、除雪機で引っかけてどこかに失くしてしまった!ホームセンターで買えるのか?市の下水道課に連絡し...屋根から雪が落ちた!!

  • 遅ればせながら初詣

    この日は朝から吹雪いていて時々ホワイトアウトで風向きによっては走行側の道路三分の一ほど雪で波状態に雪だまりが出来る。怖いのは対向車とすれ違う時、車体が斜めになり対向車に擦りそうな気がする。そんな時に出掛けたくはなかったのだけど夫が入院している病院へ、洗濯物を取りに行かなくちゃ!出来れば去年使ったしめ縄だとか松飾り、神棚のお札とか諸々本当なら歳の神でお焚き上げをするのだけど我が地区では、もうやらなくなってしまって数年経つ。なんだかゴミとして捨てるのもどうかなってかと言って庭先で燃やすのも違うような気がしていつも悩んで、隣の地区の歳の神に紛れ込ませたり毎年夫と行っていた柳津の虚空藏様に集める箱があるのでそこに置いて来たりしていたのだけど最近の天候じゃ二の足を踏んでしまう。それに今年は一人だし…。どうせ夫の病院へ行く...遅ればせながら初詣

  • プリムラの花を買う。

    前日はこんな夕暮れだったのに。天気も良くてサクぼん一人でばあば山で大はしゃぎだった。朝から吹雪状態だったpochiko地方まだ暗いうちから…とは言っても時刻はすでに6時玄関の電気を付けて雪あかりの外を覗いてみればけっこう積もっていて吹雪のせいかあちこちに雪だまり。今朝はブルが通らなかったみたいで他を回っているのか、この雪じゃ回り切れないんだろうな。キッチンの窓から…吹雪状態防寒着を着て手袋を二重にはめて帽子をかぶって玄関の階段も見えないくらいでそこからアルミのスコップで片づける。まだ長靴は埋まらないからそれほどでもないかな。除雪機のエンジンをかける。車庫から端の方へ除雪していく。12月には水が流れてくるんじゃなかったっけか?未だに水が流れていない川に除雪した雪をふっとばしていくが風向きで自分の方に雪を被る羽目に...プリムラの花を買う。

  • なんだもねぐ2日間!

    ようやく正月休みも終わって、ホッと一息ってとこなのにまたあまた3連休だなんて、どうせならそのままお休みだったらいいのに!とは思ってもそういうわけにもいかないのだろうけど。息子夫婦が出勤した後保育園が始まるまでの2日間ちびっ子3人の子守りしていたのだけどなんというか、チビたんもこの1月の末には4歳になり、保育園年長さんのまる子と小学校の2年生のサクぼんと、一時期よりは手がかからないだろうと…甘く見ていた。あいにくこの日は朝から吹雪状態で除雪機が通った後の道路入口は雪の壁になってしまうので朝早くから除雪機のお出ましとなる。一晩のうちに…30センチくらいかなあ。除雪機いい仕事してくれる!小一時間除雪するとだいたいきれいになる。去年買った除雪機だけど、こうして夫が入院するようになって今までトラクターで除雪してもらってい...なんだもねぐ2日間!

  • モズを見かけた。

    すっかり雪に覆われたお庭すっかり雪景色になってしまったpochiko地方モノクロームの世界に目にするのはカラスかムクドリかはたまた雀くらいなもので、田んぼに稲穂があった頃にはアオサギとか白鷺とかも見られたのだけどどこに行ってしまったのだろうか。ちょっと寂しく電線にはカラスが止まっている。このカラスって意外と利口もんで相手が攻撃を仕掛けないと分かるとけっこう呼びかけに返事なんかもしてくれるのだそうな。先日、雪のちらつく日カラスでもムクドリでも、ヒヨドリでもスズメでもそんなんでない野鳥を見つけた。この日が晴れだったら、もっとクッキリと撮れただろうけど雪が降ってどんよりとした空模様じゃなかなかクッキリとはいかずにそれでもカーテンの陰からババラッチした。枯れたっぽい梨の木に止まっていた。スズメよりはちょっと大き目でムク...モズを見かける。

  • 新しい年に向けて!

    去年内にもうひとつくらい話を更新したかったのだけどなんだか気ばかりが揉めるような…年末に雪で積雪があったせいか。それとも普段サボっていた大掃除が思うように進まなかったからか。ともあれ仏壇と神棚と嫁様が買い物に行ってる間息子とちびっ子たちとで掃除を済ませる事が出来た。30日から、毎年作っている会津の郷土料理の「こづゆ」を里芋や人参、干し椎茸や貝柱…キクラゲなど細かく刻んだあり水に戻したりでなんとか大晦日には間に合った。ちびっ子たちは豆麩が好きなので、我が家のこづゆは豆麩をたっくさん入れる。広島の浜友さんから届いた誕生日のプレゼントに入っていたかき醤油こづゆの隠し味に使ってみたよ。(今年もプレゼントありがとうございます。)お正月もこづゆさえあったら何とかカッコウが付く(*´艸`)大晦日午後には毎年打ちたての蕎麦を持...新しい年に向けて!

  • 久しぶりに優しい夕暮れだった。

    夫の事であちこち奔走した日が続いていてなんだか精神的に疲れていたのだろうか。肉体的な疲れはすぐに表に現れてくるけど精神的な疲れってホッとした頃に現れるものらしい。会津にも雪が降った!雪景色になってしまったお庭どうも寒気がすると思っていたら妙に熱っぽい気がして熱を計ってみると7度1分…普段の体温が低めの私にしては7度台の熱なんて何年か前に感染したインフルエンザ以来!その後さらに熱は上がって行き夜の8時ころには8度6分までになりさすがに夕ご飯を食べる気力もなく額に冷えピタを貼って、早々にベッドに潜り込んだ。何の木だったか赤い実がたくさん雪に赤い実はよく似あう。次の日には7度台に下がっていたけどこんなご時世だから、早めに病院へ行った方がいいかなって今、コロナで発熱には敏感になっているから。いつものかかり付けの病院の発...久しぶりに優しい夕暮れだった。

  • 懐かしい思い出の道

    今年に入って5回目の入院生活を余儀なくされている夫肺炎の方も良くなっているので、そろそろ退院かと先日主治医に会って状態を聞いて来た。ついでに病室の夫とも面会できたけどなんだか、また痩せたような気がする。本当に入院を繰り返すたびに、歩けなくなったりミキサー食になったりして…それでも一か月余り会わなかったけど私の顔は忘れなかったみたい。いっつも坊主頭だったのが、すっかり髪の毛も伸びてゴマ塩だったのが白髪になってしまい10歳くらい老けたような気がする。院内に床屋さんあったような気がするのだけど看護師さんに床屋さんお願いできるのかどうか聞いてみたけどどうでしょうかねえ…今コロナだからなお聞いておきますって言っていたので次、洗濯物を取りに行った時、床屋さんどうでした?って聞いたのだけど、良いともダメとも言わずにもしも良か...懐かしい思い出の道

  • まる子とカレー作り

    先日、鼻水がドードーのまる子咳も出ないし熱もない…ただ鼻水だけでそれでも何回も鼻をかんで、鼻の下が赤くなるくらい。酷く成る前に熱の出る前に病院へ行ったほうが良くはないかと休んではみたもののかかり付けの小児科医はあいにくと休診でしかたなく一日家で暖かくして大人しくしていたらと様子を見る事にした。午前中は幼児番組を見ててお昼には卵のサンドイッチを食べさせてお昼寝!!眠くないというのを夕ご飯のお手伝いをさせるからと取りあえずぐっすりとお昼寝をさせる事にした。先日保育発表会があって、女の子は白虎隊の娘子軍の演舞でずっと練習をしていたので、無事発表会も終わって疲れが出たのかもしれない。お昼寝も終わって夕食のお手伝い!カレー辺りが無難なとこであろうとヨークベニマル123の市でハウスのカレーがいつも特売になるので買い置きして...まる子とカレー作り

  • ニャアタと干し芋

    ハウスのパイプに止まって日向ぼっこか?雀今年のサツマイモは何とも悲しい結果のサツマイモだった。いくらサツマイモを栽培するのに、つるボケにならないように肥料は要らないって言うけど、まるっきり要らないわけではなかった。肥料は要らないサツマイモって何十年も育苗に使っていたハウスの中に作ったサツマイモすっかりやせ細った土では、いくら肥料が要らないとはいえまともに育つはずもなかった。詳しくはこちら何とも悲しいサツマイモそのサツマイモ軒下の干しっぱなしで、いつまでも置きっぱなし!さすがにこのままでは仕方ないと少しマシなサツマイモはストーブの上にあげて焼き芋にした。残った小粒っ子サツマイモ…蒸かして干し芋を作ろうと思った。小さいからすぐに蒸されて、それを縦半分に切って皮は剥かなくてもいいかな~めんどうだし!それを小屋にあった...ニャアタと干し芋

  • カナヘビのカナかっちゃん冬ごもり

    孫のサクぼんがお友達と捕まえて来たカナヘビ10月には脱皮した事を更新してあったから9月の末くらいだろうか。何気にしっかりと名前まで付けて「かなかつ」だそうだ。サクぼんの作文にしっかりと名前が記載されていた。かなかつとか言い難いしいつの間にかカナかっちゃんになっている…私の中でだけだけど。そのカナかっちゃんあれから蚊を取ったり小さいコオロギだとかはたまた蜘蛛の子だったり…とにかく何とか面倒を見ているが秋から晩秋へと寒くなるにつれてカナヘビ、このままでいいんだろうか。いろいろ調べてみると、カナヘビは冬眠とかするらしいがヒーターを使って、そのまま冬眠させずに飼うって手もあるけどわざわざヒーターを買ってまでって気持ちもあって一番良いのは捕まえてきた場所へ放してあげる事だと思う。自然の生き物は自然が一番なんだよね。友達ん...カナヘビのカナかっちゃん冬ごもり

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、pochikoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
pochikoさん
ブログタイトル
あんな話こんな話
フォロー
あんな話こんな話

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用