住所
京都府
出身
京都府
ハンドル名
京あられさん
ブログタイトル
きまぐれ写真的な日々II
ブログURL
http://kimaguresyasin.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
京都を中心に撮影した写真を掲載。 花、風景、スナップ、etc
自由文
別ブログ「きまぐれ写真的な日々」http://senyaitiwa.at.webry.info/ の続編です。
更新頻度(1年)

20回 / 1807日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2014/02/11

京あられさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 42015 0 0 42015 33393 30663 30673 946394サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 80 0 10 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1140 0 0 1140 865 793 794 32973サイト
京都風景写真 18 0 0 18 16 16 16 133サイト
近畿風景写真 22 0 0 22 15 15 16 242サイト
植物・花写真 81 0 0 81 64 60 59 1523サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 43026 42204 40781 35205 36268 33776 34516 946394サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 80 0 10 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 625 608 566 416 436 394 418 32973サイト
京都風景写真 22 21 20 19 21 22 23 133サイト
近畿風景写真 23 20 18 18 18 18 18 242サイト
植物・花写真 40 38 34 26 28 26 28 1523サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946394サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 80 0 10 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 0 0 0 0 0 0 0 32973サイト
京都風景写真 0 0 0 0 0 0 0 133サイト
近畿風景写真 0 0 0 0 0 0 0 242サイト
植物・花写真 0 0 0 0 0 0 0 1523サイト

京あられさんのブログ記事

?
  • 護王神社

    今年の干支が猪(いのしし)なので、足腰の守護神、いのしし神社と言われる護王神社へ。ところが連休中とあって狭い境内は多くの参拝客で混雑し、規制により烏丸通の歩道にずらっと人の列。後からまた来ようと思い、お隣の京都御苑に1時間ほど時間を潰してから戻ると混雑はかなり解消され、本殿参拝もそれほど待たずに済みました。 1.  京都御苑の北側児童公園に蝋梅(ロウバイ)が咲き始めていました。 2.  間もなく見頃か?...

  • クリスマスの日は植物園 2

    ひきつづき京都府立植物園の観覧温室からです。 1.  アマゾンユリ(コロンビア・アンデス山地原産) ヒガンバナ科。日本のヒガンバナと全然見た目が違う。 2.  ヒビスクス・リリフロルス(マスカリン諸島原産) アオイ科...

  • クリスマスの日は植物園 1

    クリスマスのこの日は暖かかったので、チャリンコで植物園へ。いつも通り中継地点の京都御苑に立ち寄ります。植物園もそうですが台風21号で倒れたままの木も少なくなく、苑内の紅葉は少しだけ残っていました。植物園ではいつもは滅多に入らない観覧温室に入りました。 1.  京都御苑。台風21号で倒れた木の根っ子にいたヤマガラ。焦点距離50㎜(35㎜フィルム換算100㎜)では    3m以内にいる小鳥でさえ小さい。 2.  トリ...

  • うめきた夜景とドイツ・クリスマスマーケット大阪

    更新が必ずしも撮影日順ではないので前後しますが、昨年12月の新梅田シティのクリスマスイベント、ドイツ・クリスマスマーケット大阪2018や大阪駅北側のイルミネーション夜景等です。平日とは言え、クリスマスマーケットの撮影はどうしても人物が多く入るので、やはり難しいですね。 1.  (大阪駅の)玄関出たら、ランドマークタワー 2.  ウメダ*アイスリンクつるんつるん HDR加工(Photomatix Pro)...

  • 知恩院から平安神宮へ

    1日はほぼ寝正月に近く家にこもっていましたが、2日は近くの神社を参拝。3日になってようやく知恩院と平安神宮に初詣です。毎年正月はこんなパターンが多いです。初詣は松尾大社に行くのが多いので平安神宮は珍しいのですが、八坂神社、伏見稲荷にも時折参ります。 1.  東西線東山駅から神宮通を南下して知恩院へ向かいます。途中に青蓮院門前の市の天然記念物である楠が   あります。道路側に近い(右側)一本は樹がかなり弱...

  • ロームイルミネーション2018 フォトレタッチ編

    G8でロームイルミネーションを撮った後日、PENTAX KPでも撮影。今回はソフトフィルターも使ってみました。ソフトフィルターと一言で言ってもその種類は多く、ケンコー・トキナー製だけでも14種類あります。霧がかかったような効果のあるフォギーが代表的ですが、それは持っていないので使ったのはプロソフトンBというフィルターです。フォギーよりもソフト効果は弱いのですが、光の滲みを演出するのに使われるフィルターです...

  • 見納めの紅葉(糺の森)

    冬のイルミネーション等を先にアップしたので遅くなりましたが、紅葉撮影の最後となった5日の糺の森です。昨年は色づきが悪かったので期待していませんでしたが、ここ数年ではかなり良い感じでした。ただ泉川では台風の影響のせいもあって、いつもの撮影ポイントが残念な姿になっていました。 1. 2....

  • ロームイルミネーション2018

    クリスマスの日が最後のロームのイルミですが、写真は先週の物。イルミネーションならソフトフィルターを持っていけば良かったと思ったところで後の祭りとはこのこと。仕方なくペイントショップでソフトフォーカス効果を入れてみました。 1. 2....

  • 嵐山花灯路2018年

    2005年に始まった冬のライトアップ嵐山花灯路が今年も開催され、久しぶりに行きました。ブログの更新が遅れて今は終了していますが、すっかり京都の冬の風物詩となりました。足の具合が万全ではないので竹林には行かず嵐山周辺だけにしましたが、それより手がすっかり冷え切って(もともと秋頃から特に手が冷たくなる冷え性かな?)これ以上撮影続行が困難となったことのほうが大きいかも知れません。 1.  三日月嵐山 2.  無理...

  • 永観堂 -2-

    高いと言われる永観堂の拝観料について考えてみました。紅葉期の寺宝展期間中は拝観料は他と比べて高く千円もします。確かに高いですが、庭園の拝観と諸堂の拝観がセットになっていると考えればどうでしょう? 代表する紅葉の名所東福寺、天竜寺、清水寺、常寂光寺と比較して見ました。東福寺は拝観料400円ですが、本坊庭園の拝観料は別に400円必要なので合計800円と考えることが出来ます。紅葉と諸堂・庭園のトータルで考えて、...

  • 紅葉の永観堂 -1-

    今回は紅葉の名所では特に有名な永観堂(正式名禅林寺)です。早く色づいた伽藍周辺や放生池周辺は見頃は過ぎている楓が多かったですが、多くの楓があるので全体的には見頃でした。今年はあいにく紅葉シーズン前に足を痛め、まさに出足をくじかれた形で紅葉巡りに出遅れてしまいました。でも不幸中の幸いと言うか市内では紅葉の見頃が例年より少し遅れた事もあって、シーズン最終の見頃にはぎりぎり間に合ったようです。それでも思...

  • 建仁寺 -2-

    前回の続きで、書院から方丈へ移動し、茶室や法堂を見て巡ります。 1.  方丈の北側にある納骨堂 2.  方丈西側からスリッパに履き替えて裏庭に出ると茶室「東陽坊」があります。...

  • 建仁寺 -1-

    祇園花見小路を南に行ったどんつき(京ことばで突き当りの意)にある建仁寺は宋の国から禅宗を日本に伝えた栄西禅師が開山しました。栄西は中国から茶種を持ち帰り、お茶の栽培を奨励した茶祖でもあります。美術品では俵屋宗達の「風神雷神図」で有名ですが、桃山時代に海北友松が描いた雲竜図、創建800年の平成14年に小泉淳作画伯によって描かれた法堂天井画「双龍図」でもよく知られています。もう一つの建仁寺の魅力は書院と渡...

  • 晩秋の京都府立植物園 -2-

    京都府立植物園には原生林の名残が残されていて、そこは「なからぎの森」と呼ばれています。森を囲むように池があり、その周辺に楓が多く植えられています。午後の太陽が西山に沈む前の1時間程前より、木立の間から射す陽光を追いかけます。お天気次第ではこの時間帯が一番美しい。やわらかい光に包まれた森は鳥の鳴き声だけが聞こえ、黄金色に輝く池に水鳥が波紋を作り、森の美しい黄昏を見せてくれます。 1.  池を紅葉が取り囲...

  • 晩秋の京都府立植物園 -1-

    京都らしさとか、お寺等の風情を味わうのなら何も人の多い紅葉シーズンや桜シーズンに行かなくても、少し時期を外せば良いのですが、とは言え紅葉や桜は撮りたいのが人情。でも人混みはご免こうむりたい場合の選択として京都府立植物園はお薦めです。何も人の多い紅葉名所に行かなくても、それに匹敵する素晴らしい紅葉があります。またこの時期に咲く四季桜や冬桜も見ることができます。 1.  途中に立ち寄った京都御苑。そこそ...

  • 芠陀院(ふんだいん)

    渉成園に続いて東福寺へ。と言っても、足が万全ではないので起伏の多い東福寺に入いるつもりなく、紅葉の偵察がてらに寄ってみただけでした。その東福寺には塔頭寺院の芠陀院があります。門には雪舟庭園と書かれ、前を通るたびに気になっていましたが、せっかくなので、この日初めて入ってみることにしました。 1.  東福寺参道 動画の一コマより 2.  芠陀院大玄関...

  • 渉成園

    先週末は紅葉が見頃になってきたにも拘わらず足を痛めてまだ満足に歩けないので、この日はチャリンコで東本願寺に近い渉成園に行きました。渉成園は東本願寺の別邸で、枳殻邸とも呼ばれています。 1.  東本願寺の御影堂門 2.  桜の葉、散る...

  • 東本願寺をスナップ

    足を痛めてこの約2週間は撮影に出られない日が続いていましたが、ようやく無理しなければ歩けるようになったので、用事のついでに近くの東本願寺に立ち寄りました。(横位置の画像はクリックで元画像の大きさで表示されます) 1.  御影堂門は東本願寺のメインとなる大きな門 2.  御影堂(本堂)がその奥に構えています。...

  • 2018年時代祭 2

    前回時代祭を見たのは10年前でした。かなりの御無沙汰です。まあ、京都人はそんなものです。好きな人は毎年見にいくでしょうが、京都に長年暮らしていても祇園祭も時代祭も見たことがない人もいるでしょうし。時代祭の行列は時代順に遡っていくので、当時の装飾や衣装、道具の時代ごとの違いとか、関心のある人には興味深いと思います。そうでなくても、甲冑をまとった装飾も派手な武将(お顔はどうあれ)らが馬に乗って目の前を通...

  • 2018年時代祭 1

    久しぶりに時代祭を見に行きました。昨年は万悪く台風の接近で中止となったので、今年は楽しみにしていた人は多かったと思います。撮影は三条通と神宮通からです。時代祭は京都三大祭の中では新しく、平安遷都1100年を祝って明治28年10月25日に始まりました。その翌年からは都が京都に遷都された10月22日と定め、現在に至っています。 1.  笑顔の美人列 2.  維新勤皇隊列。明治維新に丹波北桑田軍山国村(京北町)で組織された...