searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記 https://plaza.rakuten.co.jp/mihri3/

トルコのアンタルヤで絨毯屋を営む女社長のお仕事記。キリム、絨毯、イーネオヤ、その他手工芸の紹介。

トルコの地中海の町アンタルヤで絨毯屋を営んで、トルコ生活も早20年。キリム、絨毯、イーネオヤ、トルコの手工芸の話。地方や村への出張話。日本での活動話などを紹介しながら、女社長の日常記は続きます。

mihri3
フォロー
住所
トルコ
出身
東京都
ブログ村参加

2012/02/19

1件〜100件

  • エルエメイ ギョズヌル el emeği göz nuru

    先週末から今週は修行旅の村への下見と打ち合わせに出かけていました。 下見に行くなんて時間的にも経費的にも体力的にも二度手間なんですが、初めて訪れるところもあるので念には念を入れてのことです。 おかげさ

  • 遊牧民フェスティバル

    トルコは感染症による規制もほぼなくなり、マスクなしでレストランやマーケットに入れることにまだ不慣れながらも、日常が戻りつつあることを体感する日々になりました。 2年間、イベントなども開催されることな

  • 就労ビザの取得方法

    外国籍の人がトルコで就労しようと思ったら就労ビザを取得しなければなりません。 それはトルコ国籍の人と婚姻していようが、トルコ国籍の子供の保護者であろうが同じ条件です。 取得方法はいくつかありますが、

  • シャカユクの花を探して

    2016年にアンタルヤで開催されたEXPOの時に、アンタルヤのシンボルの花として「シャカユク」が認定された。 その時はさほど気にもしなかったのだけれど、自生しているシャカユクを折ると罰金が日本円で約100万円と

  • (覚書)車検に行ってきました&第2の人生のスタートが見えてきたこと

    購入から3年経ちましたので、今乗っているクルマの初の車検に行ってきました。 日本では業者さんにお任せのことが多いかと思いますが、私自身は日本でも面倒ではありましたが自分で車検を通していました。(まだ20

  • ナウルハンのシルクのヴィンテージイーネオヤと昨日の出来事

    ナウルハンと言えばイーネオヤアクセサリーが知られていますが、本来、お嫁入持参品として用意される伝統的なオヤスカーフも作られていました。 土台をかぎ針で作り、そこにイーネオヤのモチーフを作っていくもの

  • オヤの木

    数日間でしたが、地方へちょっとお出かけしてきました。 アンタルヤから北上する道すがら、野生種、栽培されているものを含めて白や淡いピンク色の花が景色に色どりを添えていました。 ああ、春だなあ・・・。

  • 森を見て木を見ず!?

    「木を見て森を見ず」と言うことわざがありますが、これは些細なことに目を奪われて大事を見落とすの意味。 私が陥るのはその逆で「森を見て木を見ず」ですかね。 適切で上手い表現方法が見つからなかったんです

  • ギリシャのトルコ人村のイーネオヤ

    一時帰国からトルコに戻ってきてから、約1か月が経ちました。 アンタルヤもこのところ出勤の8時頃で18-19度、日中は28度前後の温かさ(暑さ?)で、一気に冬から夏に・・・。 トルコは行動制限がなくなって自

  • 【Youtube】ウルアバット湖畔ファドゥルル村のイーネオヤ

    昨年の7月に取材したファドゥルル村のイーネオヤの動画をYutubeに公開しました。 編集の都合上、内容は一部になってしまいましたが、なるべく早く、さらに詳しい情報を織り込んだ日本語バージョンも頑張って作りた

  • Youtube【冬のブルサ雪景色】ドライナツメヤシの値段

    全く持って時期外れになってしまいましたが、1月中旬に撮影したブルサでの雪景色をYoutubeのikumi nonaka チャンネルで公開しましたので、よかったらご覧ください。 ↓↓↓↓↓ 雪のブルサ散策 ブルサって冬は寒

  • 3月末までのスペシャル価格&送料無料キャンペーンってあと2日間だけなんですが・・・

    先日、インスタライブ(@mihri193)で小さなサイズのオールドキリムをご紹介いたしました。 全部で14点です。 弊社のショッピングに載せようと何点かは掲載したところでしたが、面倒になったミフリ社長の気まぐれ

  • 日本からトルコへ2022年3月の状況

    日本からトルコへ戻ってきました。 よくいつトルコへ帰国されるのですか? と尋ねられることが多いのですが、私の場合は母国は日本なので日本へ行く時が帰国で、トルコへは戻るという風にお伝えするようにしていま

  • 【Youtube】トルコ・アンタルヤから日本へ~2022年2月の記録

    終活のために(!?)色々整理しているミフリ社長です。 たまに整理整頓しておかないと、知らないうちに勝手に変更されていたなんてことが発覚します。 滞在が長いから昔のシステムのまま・・・なんてこともあったり

  • 久しぶりの東京行きです

    帰国して約3週間が経とうとしています。 最初の3日間はホテル隔離、続く4日間は自宅隔離ですから、1週間は外出不可。 その後は公共の乗り物でお出かけするのも自由となりましたが、今回はなんだか仕事に追われ

  • 今週末はオヤフェスJAPAN2022(3月5日・6日)

    今週末、3月5日(土)と6日(日)にいよいよ「オヤフェスJAPAN2022」が開催されます。 久しぶりの対面イベントとなります。 オヤ作品展、ワークショップ、オールドオヤスカーフ、手芸材料などの販売な

  • 2月26日・27日はミフリのミラクルバザール!

    帰国したのはいいものの、数時間だけ家電屋さんにコンデジなどを買いに行った以外は仕事でほとんど家に缶詰め状態。あっ、近所の歯医者さんに歯の点検に行った。 お買い物行きたいなあ、1年半ぶりの世間を見て歩き

  • トルコから日本へ

    ご無沙汰しております。 帰国しております。 海外からの帰国者の隔離期間も終わりました。 トルコ出国前72時間以内の陰性証明書(日本政府が求める形式)取得から、日本到着、書類審査、検体検査、入国、3日間の

  • 2/9(水)20:30オヤフェスJAPAN2022オンラインイベント「ナウルハンのイーネオヤ」

    オヤマニアの会「オヤフェスJAPAN2022」月間が始まりました~! 対面イベントは3月5日6日ですが、2月3月中はオンラインイベントを含めて一緒にトルコのオヤを楽しみましょう~! 先日のお話会でブルサのテキ

  • 本日(2/5)のイーネオヤコンテストレポートと2/23ミフリの掘り出しもの市のお知らせ

    チャルパナとシルク伝統手工芸の話はまだ続きますが、お知らせを2つ。 本日2月5日(土)20時より、オヤマニアの会主催「オヤフェスJAPAN2022」の最初のオンラインイベントとしてお話会が開催されます。 参加

  • チャルパナ修行その5~そして3作目

    最終日の前日午後には3作目の整経作業を終えて織りをスタートさせることができた。 これが自分たちでやりつつも、もしわからないところがあったら先生に聞ける最後のチャンスである。 モチーフ選択、カードへの糸

  • チャルパナ修行その4~シルク絨毯の整経作業

    チャルパナ修行に施設の工房通っていて、他にも気になって仕方がないものがあった。 1つは水平機によるシルクの布織り。 水平機は各地でよく見るし、整経作業にも部分的には参加したことはある。 やはり自分で

  • チャルパナ修行その3~カードのこと

    チャルパナはトルコ語です。 でもトルコの人でもあまり馴染みがない単語かもしれません。 チャルパナ(テクニック)で作られた紐やベルトは目にしたことがある人でも紐状のものとしてのコロンという言い方をするぐ

  • チャルパナ修行その2~2作目と糸のこと

    カードに糸を通し終わって作業部屋に移動し、経糸を掛けるところから織り始めまで、ところどころ先生に尋ねながら、なんどか準備することができました。 今回のモチーフは12枚のカードを利用します。 1作目より

  • チャルパナ修行その1

    さて、本題のチャルパナ話でも・・・。 チャルパナとはトルコ語でカード織りのこと。 カード織りは日本でもご存知の方も少なくないと思いますが、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ・・・世界各地で行われて

  • テキスタイル博物館でイーネオヤコンテスト作品展

    2018年に第1回国際シルクオヤフェスティバル、続いて昨年の2021年に第2回国際シルクオヤフェスティバル&コンテストがブルサ市主催でトルコのメリノス・テキスタイル博物館で行われたことは随時お知らせしています

  • 久しぶりに飛行機に乗りました~

    仕事の性質上クルマで移動することが多いので、特に最近は飛行機にもバスにも乗る機会もほとんどなかったのですが、久しぶりに飛行機に乗りました。 たぶん1年半前に帰国した時以来です。 1年半前に乗ったとき

  • 1月14日(金)21時オヤフェスJAPAN展示作品の応募についてインスタライブ

    昨日、お知らせしたオヤフェスJAPAN2022の1つ目の柱にある「オヤ作品の展示」。 こちらはイベント会場に自分の作ったオヤ作品を展示してみたい方、大募集中です。 難しい条件はありませんので、もし、参加して

  • オヤフェスJAPAN2022に向けて

    オヤマニアの会さんから、ちらっと告知があったと思いますが、3月5日(土)・6日(日)にオヤフェスJAPAN2022が開催される予定です。 昨年はオンラインで行われたオヤフェスJAPANですが、今回は対面イベント&

  • トルコで日本人のイーネオヤ作品が展示中!

    昨年8月にオンラインで開催された第2回国際シルクオヤフェスティバル&コンテストの参加作品の展示会が、ブルサ市メリノス・テキスタイル博物館のギャラリーで開催中です。 日本からもたくさんの方に出品し

  • 外国人枠大学入試(YÖS)

    2022年度の大学入試から外国人枠の大学受験の条件などが変更されると聞いていた。 外国人枠入試はYÖSと呼ばれていて、外国籍の大学受験生は通常のテストを受けることができず、大学ごとに行われる外国人枠試験を受

  • 今年もシルク糸でイーネオヤを!

    年末年始にかけて、昨年8月に開催された国際シルクオヤフェスティバル&コンテストの参加への感謝状が届いているようです。 フライトのキャンセルが続いたことや日本の通関の混雑などにより、いつもより時間がかか

  • 2022年もよろしくお願いいたします

    新年あけましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 本当にありがとうございました。 トルコの年末年始は日本と違って、ごく普通に過ぎていきます。 今年はカレンダーの都合で大晦日

  • ノスタルジーなトルコの艶々刺繍糸からのチャルパナ話

    約40年前に廃業した糸メーカーの倉庫から出てきた糸たち。 今ではもちろん手に入らない面白いものがあったりします。 紙ボビンに巻かれたシルク糸は以前ご紹介した通り。 当時はこんな風に売られていたんだなあ

  • ナウルハンの伝統のイーネオヤ

    イーネオヤで知られるナウルハン(ナルルハン)とはアンカラ県北部のナウルハン市のこと。 メルケジと呼ばれる中心街と周辺にある76の村から成り立ちます。 中心街の人口は約19000人、村の人口は約8500人、総人口

  • 来週はオンラインイベント祭!

    来週はオンラインイベントが続きます。 12月14日(火)21時~ インスタライブ~ミフリ社長シリーズ第2回は、イーネオヤの平尾直美先生をゲストに、私がイーネオヤスーパー初心者(というか、まだ始めていな

  • オヤマニアの会井戸端会議と金曜定例オークション

    今日は久しぶりにオヤマニアの会主催「井戸端会議」が開催されます。 トルコ各地の古いイーネオヤや手仕事を解説しながらご覧いただきます。 既にお申込みされている方は21時からですので、どうぞお忘れなく~。

  • 昔は糸ってこんな風に売られていたって話

    イーネオヤがシルク糸で作られていた時代が終わったきっかけは、1970年代にナイロンのボビン糸が市販、流通されるようになったことでした。 それまでのシルク糸は基本的に自分で蚕を育て繭から糸を引き、紡ぎ

  • ローマ時代の古代円形劇場

    先週の日曜日にぺルゲに行ったあと、そこから東へ約25kmにあるアスペンドスへも出かけた。 アスペンドスもパンフィリアの都市のひとつで、ぺルゲと同時期に同じ支配を受け、セルジューク朝まで続いた。一番栄えた

  • ガストロアンタルヤ21

    国際ガストロノミ―フェスティバルがアンタルヤの元エクスポ会場で開催された。 各国の一流シェフが料理の腕を競うコンテストあり、会場では食に関するブースもありで見た目にも楽しかった。 高さ3mほどの

  • 遊牧民のおじさんがこの姿で歩いていると想像するだけできゅんです

    近頃は「胸がキュンとする」を「きゅんです」と言うらしいので、使ってみただけです。 この織物はマルマラ海地方のウル山麓のケレス遊牧民たちの織物で手織りのウール製。 1960-70年頃に作られたもの。 も

  • ぺルゲの遺跡の公開範囲がさらに広く

    先日、アンタルヤのシデ遺跡に行って様相が変わっていたのをお話したけれど、それならぺルゲ遺跡も絶対何かが変わっているはず・・・・と行ってみた。 ぺルゲ遺跡はアンタルヤの中心地から18kmのところにあり、ク

  • ハムシの季節到来!

    日本ほど家庭で魚料理が出てくることはありませんが、ハムシ料理だけは別格。 ハムシはカタクチイワシのこと。 特に黒海沿いではハムシの季節(今頃から春先にかけて)には頻繁に作られる料理のひとつです。 ア

  • 最高のロケーション!地中海の半島に造られた古代都市遺跡シデ

    振り返ってみると今年の夏は一度も海で泳いでいませんでした。 地中海が目の前にあるといつでも行けるという気持ちになって意外と行かないものです。 それと同じでアンタルヤにある古代都市遺跡の有名どころも、

  • カラプナールの特別な絨毯トゥルの秘密をお話しましょう

    相手がいるとちゃんとやらなきゃと思うものの、自分だけのことだといつも適当、いい加減なミフリ社長です。 最近、時々覚えたてのインスタライブをやっているのですが、予告なしの突然ライブな上に、操作が不慣れ

  • ヴィンテージのコットンヤズマ

    昔のコットン時代のヤズマ(オヤのスカーフ)を集めて持っています。 ブロックプリントのものから、その後のシルクスクリーンや初期の機械プリントのものなど、現行品と違う面白さがあります。 ヤズマの使い道っ

  • ナウルハンのイーネオヤ~トゥーの土台の謎解き

    ナウルハンの伝統的なイーネオヤと言うと、土台の部分にトゥー(かぎ針)で、アイスの棒やUピンを使って作られたループがあり、そこにトゥーで茎を作りイーネオヤを付ける形態が定番である。 このループを作る

  • 世界遺産とポケGOの旅~ディヴリイのウルジャミイ

    シバスのディヴリイのウルジャミイはトルコの世界遺産のひとつである。 1985年に、隣接する病院施設ダールッシュシファと共に登録されている。 過去、2回このウルジャミイを訪問している。今回は3度目。 エラ

  • キュタフュヤのドー・ヤタック

    割礼式はトルコの男子にとって、またその家族にとってもとても重要な儀式である。 それを行うことが本人の誇りでもあり、家族や親族、特に母親は息子を勇気付けるために、可能な限りの手作り品を装飾をしたベットを

  • 世界遺産とポケGOの旅~アナトリア最古のモスク

    私の普段の旅の目的のひとつに各地のウルジャミイ訪問というのがある。 ウルジャミイは大モスクと言う意味で、その時代のその地方で最も大きなモスクに名付けられた名称である。 その後、さらに大きなモスク

  • アンタルヤでトルコ巡り

    先日もブログに書いたトルコの郷土品博覧会の様子をYoutubeで公開しましたので、ぜひご覧ください。 ↓↓↓↓↓ トルコの郷土品博覧会に行こう 前半は主に各地の食べ物など、後半はトルコの手工芸品のご紹介で

  • ウルボルルのチェキオヤ

    地中海地方ウスパルタのウルボルルに「チェキオヤ」と呼ばれるオヤがある。 オヤはトゥーオヤであるが、ヤズマに付けられたオヤの形態のこと。 チェキとはオヤがあってもなくてもヤズマを指す言葉なんだそうであ

  • 世界遺産とポケGOの旅~ネムルト山頂にポケモンはいるのか!?

    赤い河の畔で途切れてしまった今年の夏の世界遺産とポケGOの旅。 この旅以降もあちらこちらに出かけていたので、すでに旅そのもの記憶がないのだけど、せめて結論だけでも記録しておこうと思います。 世界遺

  • トルコの郷土物産展

    アンタルヤには大規模フェアセンターがあり、毎週のように何か催事が行われている。 専門業者以外はあまり関係ないものもあるけれど、郷土物産展などは多くの市民たちも訪れ、とても賑わう。 様々な郷土物産

  • 断髪式ならぬ断糸式

    先週末から県外出張に行っていました。 まだ余裕で半袖で過ごせるアンタルヤと比べると内陸部や高原部、さらに北部は気温も低く、着る服の感覚にズレが出てきます。 アンタルヤに戻る時も途中のホテルで夏服に着替

  • トルコの靴下文様についての資料本

    トルコとその周辺国のトルコ系住人が編んできた古い伝統柄の靴下のコレクションをしています。 私が興味を持ち始めた頃には、これらを編む人も、これを編むためのウール糸も見つからない状態で、情報収集が十分では

  • 10月14日~16日「トルコの手編み靴下パティック展」

    今週の10月14日(木)~16日(土)13:00~18:00 清澄白河のバハールさんで トルコの手編み靴下パティック展が開催されます。 先日のインスタライブでもご覧いただきましたように、たくさんの色とりどりのパ

  • 「オヤ専門用語をトルコ語で学ぶ」シリーズ配付準備中

    今年の2月にセミナーとして3回シリーズで行った「オヤ専門用語をトルコ語で学ぶ」の動画配付が近日中に開始される予定です。現在1回目は終了し、2回目と3回目を編集中です。 これはトルコのオヤに関する

  • インスタライブのお知らせ~チェイズとオヤスカーフ

    本日です! 今日の10月3日(日)21時から、インスタライブで平尾直美先生とオヤにまつわるマニアックなテーマでお話をさせていただきます。 チェイズと言うのはトルコ語で、嫁入り持参品のこと。 結婚が

  • トルコの手編み靴下パティック展とインスタライブのお知らせ

    9月末締めのドタバタ事務処理が終わって、ちょっと心落ち着けているミフリ社長です。 お知らせです。 10月14日(木)~16日(土)13:00~18:00 清澄白河のバハールさんで「トルコの手編みの靴下 パティック

  • ナウルハンのイーネオヤが超面白い!

    先日、古くからお付き合いのあるナウルハン出身の女性がイーネオヤのコレクションの一部を手放すと聞いて、全部譲ってもらった。 彼女はもう何十年も前から自分用に伝統的なイーネオヤスカーフを集めていただけあっ

  • 小さな村のイーネオヤ伝え話から~トウガラシの新説

    土曜日に開催されたお話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」。 私の事情で1か月延期になっていたにも関わらず、お待ちくださった参加者のみなさま、主催のオヤマニアの会さん、大変ありがとうご

  • ボタンが付いた家

    アンタルヤのイブラドと言うところにあるドゥ―メリエヴレル。 直訳するとボタン付きの家とでも言えばいいのかな。 壁の底側に横に渡した柱の先が出ていて、それがまるでボタンやスイッチのように見えるところか

  • 週末はお話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」

    1週間のお出掛けから戻ってきました。 今回は病み上がりでまだ本調子じゃないし、動画撮影も仕事も一切しないつもりでいたのだけれど、ダメですね。 のんびりとかゆっくりとかが出来ない、回遊魚のようなミフリ社

  • 食欲が止まらない

    ほぼ体調は元に戻ったと思ったら、身体が減った体重分を取り戻そうとしているのか、やたらお腹が空くので困っている。 約2週間ほとんど食事が食べられなかったのと、もしくは食べてもステロイド治療のための病院食

  • オヤマニアの会「よもやま話~オヤの糸の変遷と特徴」

    先日のインスタライブ「バスクよもやま話」はいかがでしたでしょうか。 Youtubeの ikumi nonakaチャンネルに編集したものを公開しましたので、ぜひご覧になってください。1時間を超えますが、素敵なオヤスカーフ

  • パッチワークキリムが素敵だったので

    先日、別物の撮影用に広げてみたら、とっても素敵だったので改めてご紹介したい。 パッチワークのキリム。 手持ちのオールドキリムを何枚かを漂白洗浄し、緑色に染め、カットして組み合わせて縫製。 さらに

  • 手織りコットン布と手刺繍の民族衣装の下着ドレス

    トルコのエーゲ海、マルマラ海地方やバルカン半島の遊牧民系住人の民族衣装。 花嫁衣装として着られた、まるで鎧のようなガッチがッチの重ね着の一番下のドレス。 日本の着物で例えると長襦袢のような、下着であり

  • よもやま話インスタライブ版シリーズ始まります~!

    8月にオンラインで開催されたオヤマニアの会のオヤフェスJAPAN2021の締めくくりに、名誉会長の奈緒子氏によるよもやま話がzoomで開催されましたが、手持ちの古いオヤコレクションの一部を様々なエピソードやトルコ

  • 50年以上前に織られたギャッベ

    2か月ほど前に廃業した80歳の絨毯屋さんの在庫から見つけた古いギャッベ。 探し続けていてやっと見つけた逸品である。 最近のおしゃれで洗練されたギャッベもいいけれど、この時代の素朴で粗野で、でも質の

  • メネンギッチカフベシ

    日本のお友達に何か送ろうと思ってスーパーで見ていたらこんなものを見つけた。 メネンギッチ・カフベシ。 テレビンノキの実のコーヒーである。 本来エラズーで有名なコーヒーであるけれど、ガジアンテッ

  • 手放された嫁入り持参品のオヤに秘められたストーリー

    昨日は突然の告知にも関わらず、オヤマニアの会主催井戸端会議「アトラス村の嫁入り持参品」にたくさんの方に参加していただきお礼を申し上げます。 今回のアトラス村の嫁入り持参品であるオヤにはとても特別な意

  • オヤをひたすら見る会~井戸端会議のテーマはアトラス村の嫁入り持参品のオヤ

    急なお知らせになり申し訳ありません。 明日9月4日(土)20時より、オヤマニアの会「井戸端会議」が開催されます。 地域の特徴ある古いイーネオヤをひたすら見る会です。 今回はブルサのウル山脈の麓

  • お話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」

    私の個人的な理由で延期されていましたお話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」の日程が決まりましたのでお知らせいたします。 9月25日(土)21時~ ブルサ県内の小さな村5か所を新

  • インスタライブ全7編をYoutubeに公開しました

    いよいよ本日8月29日のよもやま話をフィナーレにオヤフェスJAPAN2021が閉幕します。 どうぞ最後までお楽しみくださいね! まずはお詫びとお礼を申し上げたいと思います。 8月28日に予定しておりましたお話会

  • 8月22日(日)21時オヤフェスJAPAN2021~Vol6.野中幾美を丸裸にしちゃおう

    日本時間8月22日(日)21:00~ 私とオヤマニアの会の茨田(マンダ)さんとのインスタライブを行います。 最終回の今回は逆バージョンでマンダさんが聞き手で私が質問にお応えする番です。 instagramの @

  • 8月21日21時オヤフェスJAPAN2021~Vol.5じゅんこさんとインスタライブ

    日本時間8月21日(土)21:00~ じゅんこさんとインスタライブを行います。 instagramの @mihri193 をフォローしていただくと、トークのスタートをお知らせする通知が届きます。 ↓↓↓↓↓ じゅんこさんと

  • 8月19日(木)21時オヤフェスJAPAN2021~Vol.4オヤマニアの会名誉会長渡辺奈緒子さんとインスタライブ

    日本時間8月19日(木)21:00~ オヤマニアの会の渡辺奈緒子名誉会長とインスタライブを行います。 instagramの @mihri193 をフォローしていただくと、トークのスタートをお知らせする通知が届きます。

  • 8月18日(木)20時オヤマニアの会主催オヤフェスJAPAN2021~井戸端会議

    8月18日(木)20時~ オヤマニアの会主催オヤフェスJAPAN2021のイベントとして「井戸端会議」が開催されます。 各地の特徴あるオヤを見ながら、あれこれおしゃべりする集まりです。 たくさんのオヤスカーフ

  • 8月12日オヤフェスJAPAN2021~Vol.3バスク屋さんとインスタライブ

    11日のみかさんとのインスタライブはいかがでしたでしょうか? 個人的にはトルコにぜひパンを作りに来ていただきたいです。 日本時間8月12日(木)21:00~ バスク屋さんの成原さと子先生とインスタライブを行

  • 8月11日21時オヤフェスJAPAN2021~vol.2みかさんとインスタライブ

    10日の直美先生とのインスタライブはいかがでしたでしょうか? 日本時間8月11日(水)21:00~ インスタライブVol.2:ゲストはみかさんです。 instagramの @mihri193 をフォローしていただくと、トークの

  • 8月10日21時オヤフェスJAPAN2021~平尾直美先生とインスタライブ

    日本時間8月10日(火)21:00~ 平尾直美先生とインスタライブを行います。 instagramの @mihri193 をフォローしていただくと、トークのスタートをお知らせする通知が届きます。 ↓↓↓↓↓ 平尾直美先生とイ

  • 緊急!オヤコンテスト報告会のお知らせ&興奮冷めやらぬミフリ社長の個人的感想

    おかげさまでブルサ市主催「第2回国際シルクオヤフェスティバル&コンテスト」が無事、昨日の6日をもって終了いたしました。 関心を持ってお付き合いくださったみなさま、コンテストに参加してくださったみなさま

  • オヤフェス&コンテスト~インスタライブ

    旅の記録の途中ですが、リアルタイムではブルサ市主催「第2回国際シルクオヤフェスティバル&コンテスト」が開催中です。 今日は初日でインスタライブが行われました。 11:30~の回では私が「日本人はどのように

  • 世界遺産とポケGOの旅~赤い河の畔で

    ルート上、カッパドキアを通ることになります。 ちょっと迷ったのですが、犠牲祭の連休中でもあることだし、きっとカッパは混雑しているに違いない・・・との考えて観光ポイントには立ち寄らずに通り過ぎることにし

  • 世界遺産とポケGOの旅~スルタンハン

    朝食後コンヤを出発し、東へ向かう。 ここからカッパドキアまで一直線の道が続く。 通り慣れた道だけど、季節によって風景は異なって見える。 途中、アクサライのスルタンハヌで休憩。 幹線道路からすぐ見える

  • オヤフェスJAPAN2021~オヤマニアの会の茨田さんとのライブトーク

    「世界遺産とポケGO」の旅を書き始めたところですが、またちょっとお出かけしてきます。 後半はブルサ市主催のオヤフェス&オヤコンテストのゲストスピーカー&審査員のお仕事があります。それが終わればいよいよ「

  • 本日と明日のお知らせ

    直前のお知らせで恐縮です。 本日7月28日(水)20:00~ ウエディングプランナーの森りかさんとのトークイベント「トルコのお茶会」が開催されます。 内容はトルコの話もろもろですが、海外挙式にトルコをイ

  • 世界遺産とポケGOの旅~コロナ禍のトルコのホテル事情

    ウスパルタのラベンダー畑を堪能した後は、コンヤへ。 そこからさらに東方面に行けるだけ行こうと、宿は事前に予約をせずに、状況により前日に決める方法で旅が続きました。 ちょうどコンヤに着いた時はトルコの

  • 2021年ラベンダー畑

    昨年は感染症で外出を控えていたので行けなかったブルドゥル湖畔のラベンダー畑。 今年はスケジュールの都合でラベンダーの終わりの時期に近かったけれどなんとか行って来れました。 驚いたのは以前に比べて観光

  • オヤフェスJAPAN2021のお知らせ~お申込み始まっています

    みなさまいかがお過ごしでしょうか。 日々40℃以上の気温を記録する暑いアンタルヤを脱出して、私の脳内では涼しく過ごしやすいはずの標高1000mの東部の都市エラズーで避暑するはずが、エラズーも軽く40℃超え。 ア

  • ヤズマヤズマヤズマ

    オヤスカーフのスカーフのことを地方や個人によっていろんな言い方がされます。 バシュオルトゥス、チェンベル、エシャフ、イエメ二…そしてヤズマ。 ヤズマは古く、スカーフのプリントを木版を押したり筆による

  • 今週の金曜日はオヤマニアの会「井戸端会議」!!

    今週の7月16日(金)22:00~ オヤマニアの会主催「井戸端会議・ブルサとバルケシールのオヤと可愛いイーネオヤブローチ」が開催されます。 今回のオヤ旅の途中で見つけてきた色々なオールドオヤスカーフと、

  • イーネオヤ旅の途中ですが…

    毎日、忘れないうちにブログを書こうなんて思っていたのですが、早朝から夜遅くまでの取材で、家に戻るなり、顔も洗わないまま寝てしまう日々が続いてしまいました。 情報量が多すぎて、写真も動画も今のうちにま

  • 世界一高いところにある円形劇場~サガラッソス古代都市遺跡

    アンタルヤからクルマで約1時間30分ほどのところにある、ブルドゥル県のサガラッソスへ行ってきました。 標高1700mのアクダーと呼ばれる山の斜面に形成された古代都市遺跡です。 過去にも何度か訪れたこと

  • 廃業するつもりがあるのかないのかそれが問題だ

    7月1日より、行動制限の多くが解除され、ほぼ通常の生活に戻っています。 つまり今月から普通に経済活動をしなさいということなのですが・・・。 先日もお伝えした通り、アンタルヤは今週になって日中40℃以上、夜

  • 摂氏47℃の世界

    今年は夜は涼しくてエアコン要らず! なんて言っていたせいか、 数日前から急に暑く感じるようになりました。 夜寝るときに窓を開けると熱風が入ってくるので開けられません。 しかたなくエアコンを付けるので

  • トルコの朝食にもメネメン!

    現在、トルコでは6月末までは日曜日は終日外出禁止、月曜から土曜日までは朝5時から22時まで外出ができる。 土曜日の外出ができるようになったのはとても嬉しい。 平日は仕事があるから、土日に外出できないと

  • アイドゥンのおばちゃんたちを探していて思ったこと

    先日、パワポの準備のため過去画像を探していました。 6月26日(土)のイーネオヤセミナーのため、アイドゥンで撮影したイーネオヤ、特に菊のモチーフを作る女性たちを訪ねた時の画像です。 私のデジ

  • トルコのおうちごはん「メネメンとホシャフ」のお知らせ

    トルコのお家の普通のご飯を一緒に作りながら、料理を覚えるだけれはなく、日常で使うトルコ語のボキャブラリーを少しずつ増やしたり、トルコの一般家庭の生活の様子を垣間見ることができるイベントです。 今回の

ブログリーダー」を活用して、mihri3さんをフォローしませんか?

ハンドル名
mihri3さん
ブログタイトル
続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記
フォロー
続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用