FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~
住所
出身
ハンドル名
emi13_faroutさん
ブログタイトル
FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~
ブログURL
https://emi13-farout.hatenablog.com/
ブログ紹介文
15年間続けてきた雑誌編集の仕事を捨て、現在はカンボジア移住の準備をしがてらタイなど東南アジア産のビーチウェアなどをちょこちょこ販売中。このブログでは移住までの準備や買い付け旅行の様子をダラダラ書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

16回 / 51日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2019/07/05

emi13_faroutさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(IN) 15,818位 17,250位 17,320位 14,355位 16,214位 16,119位 13,316位 969,846サイト
INポイント 0 10 10 30 10 10 40 110/週
OUTポイント 10 50 60 40 30 50 80 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 473位 518位 524位 421位 486位 474位 391位 42,622サイト
カンボジア旅行 7位 7位 7位 7位 7位 6位 5位 115サイト
タイ旅行 14位 15位 15位 14位 14位 14位 12位 602サイト
東南アジア旅行 3位 3位 3位 2位 3位 3位 1位 230サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,670位 22,068位 22,826位 22,467位 22,873位 21,785位 21,696位 969,846サイト
INポイント 0 10 10 30 10 10 40 110/週
OUTポイント 10 50 60 40 30 50 80 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 602位 646位 680位 664位 687位 649位 649位 42,622サイト
カンボジア旅行 8位 9位 7位 7位 7位 7位 7位 115サイト
タイ旅行 26位 26位 26位 26位 26位 24位 23位 602サイト
東南アジア旅行 4位 5位 6位 4位 5位 5位 3位 230サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,846サイト
INポイント 0 10 10 30 10 10 40 110/週
OUTポイント 10 50 60 40 30 50 80 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,622サイト
カンボジア旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 115サイト
タイ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 602サイト
東南アジア旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 230サイト

emi13_faroutさんのブログ記事

  • ハイソな街トンローで食べるリーズナブルなゴハン ~前編~

    旅行者向けの口座を作るために立ち寄ったアユタヤ銀行の話や、オーガニック専門店のLemon Farmについて……と、トンロー界隈のネタが続いている同ブログ。今回はその流れに乗って周辺のゴハン屋さんをご紹介します。 トンローってどんなエリア? 本題へ入る前に、まずはトンロー地区の簡単な説明を。BTSトンロー駅の3番出口を降りてすぐのスクンビット55通り(いわゆるトンロー通り)を中心に栄えるこのエリアは、現在進行形で発展中。 駅前こそ庶民的な光景が残っているものの、スクンビット55通りを北上していくと街の表情は一変します。オシャレなカフェやレストランがズラリと並び、いくつか点在する中~小規模のショッ…

  • パスポートだけで開設できるアユタヤ銀行の旅行者向け口座とは?

    「いちいち換金するのもキャッシュを持ち歩くのも煩わしいな~」とタイ旅行のたびに感じていた私は、ずっと現地で銀行口座を作りたかったのですが、何となく後回しにしていて……。そうこうしているうちに非タイ人の口座開設は年々厳しくなり……。手軽に開設できたバンコク銀行でさえ、昨年夏から戸籍記載事項証明と3か月以上の賃貸借契約書が必要になってしまったと聞き、もう半ば諦めモード。 そんな折にアユタヤ銀行(Krungsri)の「Time Deposit Account」の存在を知りました。旅行者向けの口座で、「ネットバンキングがNG」「金利が付かない」などなど制約だらけとはいえ、それでもないよりはマシ!? 宿…

  • タイのオーガニック人気を支えるLemon Farm

    以前にアップしたタイのプチプラ・コスメ・ブランドの記事(Oriental Princessについてはこちら、Beauty Cottageについてはこちら、Beauty Buffetについてはこちら)が周りからそこそこ評判+アクセス数もまあまあ良かったので、美容繋がりというか、女子ウケしそうなネタをもういっちょ。オーガニック専門店「Lemon Farm Organic & Natural Food」をご紹介します。 Lemon Farmとは? Lemon Farmはタイの各地から取り寄せた自然派アイテムを扱うやや高級志向のスーパーマーケット。紀ノ国屋や明治屋のオーガニック版と書いたらわかりやすい…

  • バンコクの交通系ICカード「ラビットカード」を作ってみた

    カンボジアから陸路でタイに渡り、アランヤプラテートにあるロンクルア市場であれこれ買い付けた後、バンコクへと流れてきました。ここに到着して真っ先に行ったのは、SuicaやPASMOみたいな交通系のICカード作り。BTSに乗るたびに「切符を買うのが面倒臭いな~」と思っていたので、意を決してこのラビットカードを発行してみたのです。 実際に購入してみよう 作り方はめちゃくちゃ簡単! BTSの駅窓口へ行って「Rabbit Card Please~!」と元気良く言ったら、あとは係の人が手続きしてくれます。発行手数料は100THB、最低チャージ金額も確か100THB(手数料はわりと頻繁に変動する模様)。 種…

  • カンボジアの伝統をモダンに蘇らせるアパレル・ブランド「Slanh House」がかなりキテる!

    いつもの旅ブログはちょっとだけお休み。今回はカンボジア発のファッション・ブランド「Slanh House」についてご紹介します。このブランドはカンボジアの伝統的な万能布=クロマーをモチーフにしていて、私たちが運営するオンライン・ショップ「FAR-OUT」でも夏用ポンチョの取扱を開始したばかり……なのですが、その宣伝は後回し。まずはひとりでも多くの方にSlanh Houseの魅力をお伝えできればと思ってます。 そもそもクロマーって何? 地元の方、とりわけ年配の方にとって生活必需品と言っても過言ではないクロマー。カンボジア土産の定番でもあり、シェムリアップのオールド・マーケットやプノンペンのセント…

  • ロンクルア市場からバンコクまで約6時間半のバスの旅!

    しばらくロンクルア市場周辺のネタで攻めきましたが、タイ西部のサケーオ県はアランヤプラテート群にあるこの巨大マーケットを離れ、バンコクへバスで移動しました。今回はその時のレポートを。 まずはバスの予約から アランヤプラテートからバンコクまで行く便は、モーチット終着とエカマイ終着があります。BTSからのアクセスの良さを考えたら断然エカマイのバス・ターミナルのほうが良いのですが、ネット予約できなそうだったのと便数が少なかったので、今回はモーチット行きをチョイスしました。 ブッキングは12Go Asiaで即完了。料金は2人で510THB(約1790円/支払い手数料込み)でした。すぐに領収書とバウチャー…

  • Thailand Postでタイから日本へ荷物を送ってみよう!

    アランヤプラテート最終日。ロンクルア市場で仕入れたアイテムを日本へ送らねば……ということで、最寄りの郵便局へ駆け込みました。郵送方法はバンコクからでもタイ国内の他の地域からでも同じなので、スーツケースやバックパックに荷物が入りきらなくなった際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 土日も営業 上の地図通りThailand Postは市場のわりとすぐ近くにあります。ゴールデンゲート方面から行くとインドシナ・トレード・センターを過ぎて左側。営業時間は10時から18時で、土日も開いているそうです。助かりますよね。 郵便局の前でヤンチャそうなキッズ(10歳弱くらい)がツーリストに声をかけまくってい…

  • ロンクルア市場以外に何があるの?――アランヤプラテートを少しだけ街ぶらしてみました!

    カンボジアから陸路でタイに渡って4日目。ロンクルア市場でのお買い物にもやや疲れてきたため、少しだけアランヤプラテートの街をバイクで流してみました。 何はともあれテスコ・ロータス 宿の周りはこんな感じ(↑)。何もなさそうだったので、ひとまずGoogleマップに出てきたテスコ・ロータスへ向かうことに。タイではお馴染みの大型スーパーマーケットですね。 ロンクルア市場からの行き方です。そこそこ遠い。行ってみるとロンクルア市場近くのBIG Cのほうが品揃えも良いし、フロア面積も広くて、「わざわざここまで来なくても……」という感じでしたが、このテスコのお目当てはこれです。 タイ発プチプラ・オーガニック・コ…

  • 業者じゃなくてもOK! ロンクルア市場で買い物してみよう!!(その2)

    前回のブログで、私用にゲットしたアイテムなども載せつつロンクルア市場でのお買い物レポをしてみましたが、アップした後に「あっ、あのことについて書き忘れた!」というトピックをポロポロ思い出したため、軽~く補足させてください。市場でのショッピングのコツやマナーについてです。 朝が狙い時! ロンクルア市場の営業時間はだいたい8時~17時頃。15時過ぎると店じまいの準備を始めるショップが多いです。で、8時に行っても2~3割程度のお店しか開いていません。 それなのに、なぜ「朝方を狙え!」と言うのか。これは4日間マーケットへ通って感じたことなんですが、商品の状態や品揃えが良かったり、陳列がキレイだったりする…

  • 業者じゃなくてもOK! ロンクルア市場で買い物してみよう!!

    過去3回はロンクルア市場を舞台に、「マーケット全体の概要」「バイクを借りる/乗る時の注意事項」「周辺のごはん屋事情」について書いてきた同ブログ。今回はいよいよお買い物編です(この記事では便宜上「ロンクルア市場」としていますが、実際は5つの市場から構成された場所を指しています。詳しくはこちらをご覧ください)。 そもそもここを訪れた目的は買い付けのため……とか言うと聞こえはいいですが、いまから約1か月半前にBASEで「FAR-OUT」という名前のオンライン・ショップを立ち上げたばかりで、その宣伝も兼ねて何度かフリマへ出店した程度。まだまだ仕事と呼べるレヴェルではありません。ってことをまずお伝えして…

  • ロンクルア市場のごはん事情

    前回と前々回に続いてロンクルア市場周辺のネタです。今回は大事な大事なごはん事情。腹が減っては戦ができぬ、ですからね。では、さっそく始めましょう。 場内のレストランは高い 初日のランチ。とりあえず買い付けに時間を割きたいのと土地勘もないのとで、手っ取り早く市場の中で済ませることにしました。私たちが選んだお店はSTAR GRILLです(ゴールデンゲート市場の入口を直進したところにあるSiam Commercial Bankの左隣)。それなりにテーブルも埋まっていたし、「まあ、大丈夫だろう」と。メジャーなタイ料理はひと通り揃っています。 オーダーしたのは、ガパオ、トムヤムクン、ミネラルウォーター。こ…

  • 「ノーヘルOK」って言われたのに……ロンクルア市場周辺で検問に引っ掛かりました!

    前回のブログで大まかな特徴をご紹介した、実質は5つの市場から成るロンクルア市場(詳しくはこちらから)。この巨大マーケットを回るにはやはりバイクが必須ということで、今回はそれにまつわるあれこれについて書きたいと思います。 料金は1日150THB レンタル・バイク屋さんはゴールデンゲート市場の正面入口付近にたくさんあります。返却する時のことを考えたら宿泊先の近くで借りたかったのですが、ゲストハウスのオーナーに尋ねたところ「(レンタル・バイク屋は)市場の近くしかないよ」と言われました。 値段は3時間100THB(約350円)/1日150THB(約530円)。どこの店も一律プライスです。4日間レンタル…

  • お宝の山!? タイのロンクルア市場ってこんなところ!!

    いきなりの宣伝でスミマセン。東南アジアで買い付けてきたビーチウェアなどをこちらのサイトで販売していまして、まだ旗揚げしたばかりなので右も左もわからない状態ながら、毎日コツコツがんばってます。 その買い付けの一環としてタイのロンクルア市場へ行ってきました。今回はひとまず「どんな場所なのか」偵察した程度。おそらく年内に再訪するので、そうしたらもうちょっと突っ込んだ説明ができるかと思いますが、せっかくですし、このマーケットについて簡単に紹介させてください。 カンボジアとの国境付近にある巨大市場 ロンクルア市場はタイ西部のサケーオ県アランヤプラテート群にあります。カンボジアとの国境は目と鼻の先。バンコ…

  • カンボジアから陸路でタイへ② ~出入国審査編~

    前回のブログでプノンペンから国境の街ポイペトまでの道中についてレポートしましたが(*詳しくはこちらから)、今回はその続き。いよいよカンボジアを出国/タイに入国です。 まずは出国! 同じバスでポイペトへ向かった乗客に「どういうルートで国境まで来たかバス会社で証明書をもらい、それをぶら下げて出国審査を受けるのよ」と教えてもらったものの、何やら外国人がカンボジアを出る際には不要っぽいということをスタッフの身振り手振りから察知した私たち。とりあえず出国管理事務所へ向かってみました。ちなみにタイからカンボジアへ入る時はバス会社に「証明書」的なカードを発行してもらう必要があるみたいです。 出国審査コーナー…

  • カンボジアから陸路でタイへ① ~バス移動編~

    お金よりも時間を節約するため、海外で長距離移動する際にはわりと飛行機を選んでいた私。しかし仕事を辞めて時間だけはたっぷりできたので(それに反比例して貯金額は右肩下がり)、人生で初めて陸路での国境越えに挑戦してみました。その様子を2回に分けてレポートしたいと思います。 バスの選び方 プノンペンから国境の街ポイペト行きのバスはいろいろな会社が毎日運航。寝台タイプの「HOTEL BUS」、ミニバス・タイプの「VIP VAN」、大型バス・タイプの「BUS」と種類はさまざまながら、どれも値段は似たり寄ったりです(大型バスがやや安め)。予約サイト「BOOKME.COM」で検索し、午前出発、ボーディング・ポ…

  • カンボジア人と仲良くなれる魔法の言葉

    しばらくカンボジアのネタが続いていますが、間もなくそれも一旦終了。ぼちぼちタイへ移動します。が、その前にカンボジア旅行をより楽しく、よりスムースにしてくれるクメール語をいくつかレクチャーしましょう。最初に書いておくと、めちゃくちゃ初歩的なやつです(笑)。 まず前提として、カンボジアにいま日本人が行くとかなりの高確率で中国人に間違われます。これが少々厄介で……。現在カンボジア国内では中国からお金と人がドドッと押し寄せ、それに伴い中国人による犯罪が急増。大きな社会問題になっています(*詳しくはこちらから)。当たり前ですが、悪さをしているのはごく一部なんですけどね。しかし、そういう状況なので地元の方…

  • シハヌークビルのちょっと怖めな一角にある「中国馬氏蘭州拉麺」!

    プノンペンの「北京拉麺大王」に続き、カンボジアで出会った美味いラーメン屋の紹介記事第2弾です。今回の舞台はシハヌークビルの「中国馬氏蘭州拉麺」。「シハヌークにおける中国企業の土地開発」について散々ああだこうだ書いてきましたが、一旦それは忘れてください(笑)。中国の食文化は本当に偉大です。リスペクト! バスターミナル裏側のちょっと怪しいエリア 私が訪店した「中国馬氏蘭州拉麺」は、シハヌークのバスターミナル裏側にあります。こちらは2号店。原付で走っている時、オーチュティール・ビーチ近辺にも店舗を見つけたのですが(本店なのかは不明)、前後左右で大掛かりな工事をしていたために空気がめちゃくちゃ悪く、と…

  • 変わりゆくオートレス・ヴィレッジで奮闘するゴハン屋さん

    前回ご紹介したMushroom Pointに続いてオートレス・ビーチ周辺のお話。オートレス・ビーチを少し南下するとオートレス・ヴィレッジという場所に出くわします。何か大きな目印があるわけじゃないんですが、このあたりに店が並んでいるのはオートレス・ヴィレッジだけなので、行けばすぐわかると思います。 オートレス・ヴィレッジの端っこにあるArny's Rest Guesthouseに宿泊したため、おのずとこの近辺をウロウロすることが多く、今回は街(と呼べるほどデカくはない)の近況とよく行ったゴハン屋さんについて書いてみます。 オートレス・ヴィレッジの現在 目の前のビーチはこんな感じ。人はめちゃくちゃ…

  • オートレス・ビーチにある「Mushroom Point」って何だ?

    前回のブログで「急速に中国化するシハヌークビルの現状」をレポートしましたが(*詳しくはこちらから)、中心地から少し離れたオートレス・ビーチ周辺でも着々と中国化が進行しています。海の透明度が高く、夕日もキレイなことで人気を博したこのエリア。以前は欧米のツーリストがほとんどで、アジア人観光客はごくわずか。ヒッピー的な風貌の人がわんさかいて、なかなかおもしろい場所だったのです。 で、現在は変化の時期というか、場所の空気がガラリと変わりつつあって……。しかしながら、そんななかでも「かつての魅力」が完全に失われたわけではなく、その証拠のひとつとして数年前までのオートレス・ビーチっぽさが味わえるレストラン…

  • 目で見て感じたシハヌークビルの現状

    2019年6月22日、ちょうどこのブログをアップしようかな~と思っていた矢先に、「シハヌークで建物が倒壊し、複数の死者が出ている」というニュースが舞い込んできました。まだまだ被害は拡大しそうな気配。事故現場は中国企業が所有する建設中のビルです。 先月シハヌークへ行き、想像以上に物凄い勢いでこの街が中国化している様子を目の当たりにしたばかりで、不謹慎な言い方かもしれませんが、「こういう事故がいつか起こるのではないか」と思ってました。 前回シハヌークを訪れたのは1年半前。その頃から大型カジノ&ホテルの建設ラッシュがかなり進行していたとはいえ、たった1年半の間に街はここまで様変わりするのか……と。昼…

  • シハヌークビルでスーパーマーケット巡り

    旅先でスーパーマーケットに行くのって楽しいですよね。私も必ず足を運ぶようにしています。そんなわけで、今回はシハヌークビルのスーパーマーケットをいくつかご紹介。シハヌークにはプサールー・マーケットという素晴らしい市場もありますが、市場でのショッピングは敷居が高いので、何だかんだ滞在中は毎日スーパーで用を済ませていました。 私的イチオシはOrange Market 私がもっともよく利用したOrange Marketは、ゴールデンライオンを背にしてEakareachを道なりに進んだ左側にあります。ゴールデンライオンからは原付だとだいたい5分くらい。営業時間は7時~23時までと比較的遅くまでオープンし…

  • プノンペンのクラブ(女遊びじゃないほう)に潜入!

    カンボジア人って本当に音楽が大好きなんです。ピクニックに高さ80~90cm×幅40~50cmほどのスピーカー(なかなかのサイズ感!)を持参するグループも多く、週末の公園やビーチはちょっとした野外ダンス状態だし、平日/休日問わず家の軒先でカラオケ大会を繰り広げているし、結婚式でも信じられないヴォリュームで音を流しているし……。 で、街を歩いていて気になったのが、エレクトロ・ベースに歌謡曲を合体させたようなカンボジアのご当地ダンス・ミュージック。なかにはトラップやムーンバートンっぽいトラックもあり、さりげなく欧米のトレンドともリンクしてるんですよね。ならば当然クラブも盛り上がっているんだろうな~と…

  • ローカルに大人気! プノンペンの「北京拉麺大王」!!

    今回は完全に自分用の備忘録。プノンペン滞在時にリピートしてしまった「北京拉麺大王」について書きます(トリップアドバイザーにも出てないので、この記事が少しでもお店に貢献できればいいな~)。 場所はオルセー・マーケットの目の前 地元色が強く、観光で訪れる人はあまり多くないかもしれませんが、場所はオルセー・マーケットのすぐ近く。前回のブログに書いたMekong Expressのバス発着所がこのあたりにあったので、私もたまたまお店を発見した次第です。 ちなみに、オルセー・マーケットの中はこんな感じ。日用品/衣料品をメインに扱っていて、ツーリストが買うようなものはほとんどなし。ここから歩いて10~15分…

  • ミニバスで行くシハヌークビルまでの道のり ~Mekong Express編~

    ヤッター! 2019年4月末からカンボジアのJCインターナショナル航空がバンコク~シハヌークビル間の定期便を運航しました。しかも強気の週4便! とはいえ、節約主義のバックパッカーならエアーじゃなく、プノンペンからのバス移動を交通手段としてまず検討することでしょう。私も然りです。そんなわけで、座席の予約や実際に乗ってみた体験談をまとめてみたいと思います。 複数の会社がプノンペン~シハヌークビルのバスを運行していて、以前は多くのブロガーさんもオススメしているGiant Ibis社を利用したんですが、今回はMekong Express社に切り替えてみました。 ここを選んだ理由は、サイトに書いてある所…

  • 効率悪ッ! プノンペン空港で観光ビザを取得してみた率直な感想

    カンボジアへ行く際はいつもネットでビザを取っていたんですが、今回初めてプノンペンの空港で取得してみました。 料金はオンラインも空港窓口も共にUS30ドル。ただし、前者はシステム手数料に6ドルほど取られるので、ケチ臭いことを言うと空港で申請すれば現地で安メシ2食分くらい浮きます。 事前に準備しておいたもの 私が事前に準備しておいたものは以下の3つ。 ・パスポート ・写真 ・US30ドル パスポートを持ってないと飛行機にすら乗れないので、まあ、これは無条件でクリア。写真は規定サイズ「4cm×6cm」と書かれていましたが、パスポート用のサイズでもまったく問題なしでした。また、写真を持参しなくてもその…

  • バンコクで発熱した時の話

    突然ですが、先日バンコクでダイナミックに体調を崩しました。おそらく長距離バスの冷房地獄とカンボジアからの旅の疲れが重なってのことだと思うのですが、いずれにせよ保険も入ってなかったし、めちゃくちゃ不安だったわけで……。今回はその時に取った私の行動を書いてみます。最初にオチを言っておくと、バンコクは急な発熱に優しい街でした。 あれ、悪寒がするかも!? アランヤプラテートから早朝のバスに乗ってお昼にバンコクへ到着。「バスの中が異様に寒い!」と感じてたものの、いま思えばこの時から体調を崩しはじめていたのかもしれません。手元に体温計がなかったため、心拍数を測る無料アプリCardiioをDL。 普段、脈拍…

  • 私がタイ水着をオススメする3つの理由

    日付変わって本日6月1日にこのブログと同じ名前のオンライン・ショップFAR-OUTをオープンしました。BASEのテンプレそのまんまって感じで、写真もレイアウトも商品説明も……何もかも素人丸出しですが、随時アイテムを更新&増量しつつ見た目もブラッシュアップしていきますので、良かったら気にしてやってください。 で、目下のところ力を入れているアイテムがタイ産の水着。何だかんだ毎シーズン水着を買っている私がなぜタイ水着をオススメするのか、その理由をダラダラ書いてみます。 1:サイズ感が日本人にピッタリ これが最重要ポイント。タイの女性はお尻も胸もわりと小さめで華奢な体型の方が多く、日本人にホントよく似…

  • タイのプチプラ・コスメ紹介 ~Beauty Buffet編~

    タイの3大プチプラ・コスメ・ブランドを紹介する企画のラストはBeauty Buffetです。前回紹介したBeauty Cottageよりもパッケージがシンプルで、幅広い層の女性が手を出しやすいんじゃないかと思います。 Beauty Buffetとは? HPに書かれていたお店のコンセプトを意訳すると、「朝食のビュッフェ・スタイルみたいに異なる種類の美容製品を試せる空間を提供し、お客さんが自信を持って最良の選択を選べるようにしたい」みたいな感じでした。 タイ国内だけじゃなく、2016年頃からミャンマー、カンボジア、ラオスにも進出しているそうです。 そんなBeauty Buffetがイチオシしている…

  • タイのプチプラ・コスメ紹介 ~Beauty Cottage編~

    タイの3大プチプラ・コスメ・ブランドを紹介する企画第2弾はBeauty Cottageです。いつの間にか日本進出していたので(*日本公式サイトはこちら)、ご存知の方も多いでしょうか。 Beauty Cottageとは? このBeauty Cottageは、動物実験を行わないというポリシーと、アンティーク調のガーリーなパッケージが高く支持されているオーガニック・コスメ・ブランド。タイ全国に店舗を構え、特にバンコクのサイアム周辺ではBIG Cやプラチナムモール、サイアム・スクエアにMBKなどなど、かなりの高確率でショップに遭遇します。 オーガニックなので肌に優しく、お店へ入るとまずドーンッとスキン…

  • タイのプチプラ・コスメ紹介 ~Oriental Princess編~

    移住&開業資金を貯めるために日々節約に励み、デパコスとはすっかりご無沙汰なFAR-OUTのEmiです。旅行へ行っても空港免税店は歯を食いしばってスルー。でも化粧品は欲しい――そんな私は最近タイの化粧品に手を出すようになりました。 ということで、私が思うタイの3大プチプラ・コスメ・ブランド「Oriental Princess」「Beauty Cottage」「Beauty Buffet」を順に紹介したいと思います。如何せん液体は重くて日本に持って帰るのが大変なので、メイクアップ・アイテム中心ということを最初に断り書きしておきます。では気を取り直して、初回はOriental Princessから。…