searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
三重の法務労務コンサルタント
ブログURL
https://nakanishiy21.hatenablog.com/
ブログ紹介文
・機械部品メーカーに約35年間勤務し、主に総務・経理・人事・法務業務に従事。 ・所有資格 行政書士 社会保険労務士 ファイナンシャルプランナー(国内資格、国際資格)など
更新頻度(1年)

60回 / 51日(平均8.2回/週)

ブログ村参加:2021/05/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ハムスターさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ハムスターさん
ブログタイトル
三重の法務労務コンサルタント
更新頻度
60回 / 51日(平均8.2回/週)
フォロー
三重の法務労務コンサルタント

ハムスターさんの新着記事

1件〜30件

  • 高杉晋作・坂本龍馬とその妻たち

    高杉晋作は1839年8月に、長州藩士、高杉小忠太(200石の上級武士)の長男として生まれています。 1852年に藩校の明倫館に入学し、柳生新陰流の剣術も学び免許を皆伝されています。 1857年に幼いころからの知り合いだった久坂玄瑞の勧めで吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、久坂玄瑞と共に松下村塾の四天王と呼ばれた俊才でした。 1858年に藩命で江戸へ遊学し、昌平坂学問所などで学びますが、1859年に師匠の松陰が安政の大獄で伝馬町の牢に投獄されたため、獄中の師の世話をするのですが、藩命で長州へ帰る途中、松陰は処刑されます。 晋作は30歳までは結婚しないと宣言していたそうですが、1860年11月…

  • 織田信長

    NHKの大河ドラマなどはたまにしか見ないのですが、何年か前に途中から時々見た時に、信長のそばで正室のようにふるまっている女性がいて最後に本能寺の変で信長とともに薙刀をもって戦っていたので、この女性は誰のことかと思って見ていたら、ほとんどありえない濃姫だという設定だったことを知って少し驚きました。 織田信長の場合は、他のほとんどのドラマでも相当史実とは違うように脚色されているように思います。 信長と濃姫の結婚は典型的な政略結婚で、1548年に斎藤道三と織田信秀が講和を結ぶことになり、翌1549年に14歳だった道三の娘帰蝶(濃姫)が15歳だった信秀の子信長のもとに嫁いだといわれています。信長と濃姫…

  • ヘンリー8世と6人の王妃

    以前、図書室で読んだ雑誌に、英語を上達するには学校での英語の学習のように知らない単語を辞書を引いて日本語に訳すのではなく、英語を多読して英語を英語のまま理解する方が良いと書かれていたのをみて、その教え通りにほぼ1年間1日2時間ほど辞書を引かずに、特に内容のわからない本や面白くない本は無理に読まずに、面白そうな英語の短編小説などを読んでみました。 実際に1年間英語の本を読んでみて感じたのですが、辞書を引くと本を読むのに時間がかかることや、辞書を引くために何度も読むのを中断すると面白くなくなってしまうことや、英語を英語のまま理解せず日本語に訳して理解しようとすると原文の意味が少し変わってしまうこと…

  • 私の親父

    私の親父は、大正2年に、香川県西部の三豊郡常磐町(現在は観音寺市)という所の小作農家の家に生まれています。 親父は6人いた兄弟姉妹のうち3番目で、兄と姉と、3人の妹がいました。 親父の若い時代の話は、親父自身や親戚の叔父さん・叔母さんやおばあさんなどに聞いたことですのでどれだけ本当かは分からないのですが、次のような内容でした。 親父の小学校時代は、小作農兼馬引き(今のトラックの運転手のようなもの)をしていた厳しい父親と、病弱な優しい母親と、いつも母親を苛めていたらしい姑がいて、学校の成績は良かったのですが悪ガキだったようで、よく学校からの帰り道に別の村の子とけんかの約束をして、翌日の朝3時に起…

  • 日本人の宗教観

    私の小・中学校時代の頃の話ですが、我が家は祖母と両親と兄弟4人の7人家族の家庭でした。 当時、我が家には近所の家と同じように大きな仏壇と神棚があり、かまど(炊事場)にも小さな神棚があったのですが、毎晩ご飯が炊けるとまず我々が夕食を食べる前に、祖母がそこに新しいご飯とお茶をあげて、ろうそくに火をつけて神様や仏様やご先祖様にお参りをしていました。 私の祖母は心の優しい人だったようで、仏教の影響もあったのか動物は可哀想だから殺して食べてはいけないと思っていたようで、魚は食べても肉は絶対に食べなかったようでした。 祖母はよくお墓にも線香と花を持ってお参りに行っていましたので、かなり熱心な仏教徒で、同時…

  • 親鸞と蓮如

    浄土真宗の宗祖といわれる親鸞は、平家の全盛時代であった1173年に京都の日野の里で、日野家という貴族の家に生まれました。 親鸞が8歳の時に以仁王の令旨を受けて源氏が全国で挙兵し、戦乱に巻き込まれて都は飢饉に襲われています。 このような乱世の中で、親鸞は9歳の時に出家して比叡山にのぼり僧侶となっています。 親鸞は29歳の時、20年におよぶ修行生活をしても叡山では悟りに至る道を見出すことができなかったことから、山を降りて京都の六角堂に百日の参籠をしました。そして、95日目の夜、夢で救世観音のお告げを受けたといわれています。 「行者、宿報にて説い女犯すとも、我、玉女の身となりて犯せられん、一生の間能…

  • 瀬戸内海の海賊

    瀬戸内海の海賊(藤原純友と村上水軍) 私の出身地は香川県西部の観音寺という所で、瀬戸内海の近くで、海から2㎞ほど離れた財田川沿いにあります。 瀬戸内海は7世紀ごろからすでに海賊が多かったところだったようですが、10世紀前半に宇和島の日振島を本拠地にして朝廷に反乱を起こした藤原純友は、西は九州の大宰府から東は兵庫県の播磨まで瀬戸内海全域に勢力を伸ばし、各地の国府などを襲撃しています。 同時期に起こった東国での平将門の乱は2ヶ月で平定されていますが、藤原純友の乱は平定するのに2年かかっています。 藤原純友は藤原氏の中でも最も栄えた宗家である藤原北家の出身でしたが、父が早死にしたため都での出世を諦め…

  • 大阪湾と淀川・大和川

    一昨年の4月から1年間、大阪の高齢者大学の「大阪の史跡探訪科」というコースを受講していたのですが、ここでの講義を聞いて、今の大阪平野は3千年前には海であったというようなことを初めて知って少し驚きました。 大阪湾や淀川・大和川などの歴史的な変遷は次のようなものであったようです。 氷河期の終わりごろの約1万年前には、海水面は今より25mも低く、平地は今の大阪湾にまで拡がっていました。 ところが、氷河期の後、少しずつ気温が上昇し、氷が溶けて海水面も高くなり、6千年前ごろになると、海水面が現在より少し高くなり、海が生駒山系の西麓まで侵入してきて、大阪平野に海ができました。今の東大阪市や八尾市まで海が広…

  • 採用内定の取消について

    以前、友人から聞いた話ですが、大学4年生の息子さんがいて、今年の就職活動は氷河期で苦労したが何とか内定先も決まり、丁寧に書面で会社から親に対して挨拶状までいただいた。 ところが、つい最近、体調が悪いので医者で診断を受けたところ、命に別状はないが現在の医学では治せなくて対症療法しかできない難病にかかっていることが分かった。 このことを内定先に報告すべきかどうかで迷っており、医者に相談したら、診断書に業務に支障はないということは書いてあげるといわれたが、それ以上の相談には乗ってもらえない。何人かの友人にも相談したが、そんなことは分かるまで黙っておけばいいといってくれるが、他人事で、さほど親身になっ…

  • 年齢計算に関する法律

    年齢は,「出生の日より起算」(年齢計算ニ関スル法律第1項)し,出生日の応答日の前日に年齢が加算されます(同法第2項)。 ○ 4月1日生まれはなぜ早生まれか? 1. 学校教育法では、保護者は、「子女の満六才に達した日の翌日以後における最初の学年の初め(4月1日)から、満12才に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校に就学させる義務を負う。」とされています。 2. それでは、子どもが「満6歳になった」というのはいつか、というと、年齢は、年齢計算ニ関スル法律により、「出生の日より起算」(同法第1項)し、「起算日(出生日)に応答する日の前日をもって満了」し、年齢が加算されることになっています(…

  • 少子化対策について

    日本の合計特殊出生率は、1950年頃には4.2位だったようですが、その後次第に低下して1975年頃には2を割り込み、現在は1.3位になっています。 現在の世界全体の出生率の平均値は2.5位ですが、これを地域別に見ると先進地域の平均値は1.5位、発展途上地域の平均値は3.0位、後進地域の平均値は5.0位になっています。 これらを見ると、国が経済的に豊になるほど出生率が低下する傾向にあるようですが、出生率が2(正確には2.08)より低くなると人口が減少するので、先進地域ではどこも、国の政策として少子化対策を行っているようです。 日本では少子化対策として、1)不妊治療費助成、2)妊婦検診の公費負担、…

  • 営業秘密の保護と職業選択の自由

    退職後の従業員による営業秘密の不正使用・開示に対する法的対抗手段としては、不正競争防止法、労働契約上の守秘義務および競業避止義務があります。 1.不正競争防止法 不正競争防止法は、営業秘密の保護を主要な目的とする法律ですが、営業秘密の保護が退職従業員に対して講じられると、それは職業選択の自由(憲法第22条第1項)と抵触することになります。 退職従業員は、前の企業で取得したノウハウやスキルを活かして転職したり、自ら競争企業を設立することが多いからです。営業秘密が知的財産として法的保護に値することは当然ですが、同時に、職業選択の自由という法律上の価値との調整が求められることになります。営業秘密はき…

  • 成果主義人事制度について

    最近のマスコミの報道などを見ていて、多くの人が日本の成果主義人事制度を誤解しているのではないかということを感じています。 今の日本の人事制度は年功主義から成果主義に転換しているというような前提で、成果主義と年功主義のどちらを採用するべきかというような議論をされていますが、まず、その前提が間違っているのではないかと思います。 日本の人事制度を歴史的に見れば、戦後から1960年ごろまでは生活主義の人事制度(生活の安定を図るのが主目的)で賃金は生活給体系(生計費の高まりに応じて賃金も上がっていく)であったといわれています。1960年ごろからは、主に一部の大企業では、年齢別一本の賃金体系を能力に応じた…

  • 株式の税金について

    株式の配当と税金 株式の配当は、支払いの際に税金が源泉徴収されており、原則として、総合課税として確定申告をして税金を精算します。上場株式の配当については、総合課税によらず、申告分離課税を選択することもできます。 上場株式の配当の場合 上場株式の配当にかかる税率は原則20%(所得税15%、地方税5%)で源泉徴収されます。 配当所得は、原則として総合課税または分離課税として確定申告の対象とされていますが、特例として、確定申告不要制度が採られています。 確定申告不要制度を選択した場合には、配当金額の大小にかかわらず確定申告をせずに、配当受け取り時の源泉徴収で課税を完了させることができます。 総合課税…

  • フランスの結婚事情

    フランスも、日本と同じように晩婚化が進み、結婚数は減少して離婚数が増加しているようですが、出生率に関しては、日本が約1.3人まで減少しているのに対し、フランスは逆に約1.9人まで増加して、ヨーロッパの中でも出生率の高い国になっています。 フランスで出生率が増加している原因としては、出産手当・家族手当・片親手当等々多額の金銭補助があること、幼稚園から大学までほとんど学費が無償か超低額で、かつ、ほぼ全員が自宅から通えるので下宿代もいらないこと、保育所やベビーシッター制度が充実しており育児と仕事を両立しやすい環境が整っていること、税制面での優遇があることなど、おもに政府の福祉政策の充実にあるようです…

  • 業務命令による違法行為

    ○ 「上司から、『会社のためだ』と法律に違反する行為を命じられて、仕方なく従いましたが、その後、その違法行為が表ざたになって、上司とともに会社から解雇を言い渡されました。」という事例で、違法な行為とはいえ業務命令なのに、会社が社員をクビにするのは不公平でしょうか? 法律の世界では、不公平どころか当然の結論と考えます。その根本的な理由は、会社の所有者である株主が、法律を守って健全に活動することを取締役に委任していることにあります。ですから、会社自身が違法な活動をすることは想定されず、不正な業務指示は本来の任務を逸脱した個人の行動と考えるわけです。そして、会社(代表取締役)は、違法行為をした役員や…

  • 会社が行う健康診断

    会社は労働安全衛生法などに基づいて、次の要領で従業員の健康診断をすることになっています。 1. 健康診断は1年に1回必ず実施します。 (労働安全衛生法66条1項、労働安全衛生規則44条) 会社は、従業員に対し、1年に1回、定期に健康診断を実施しなければなりません。 また、従業員側も、健康診断を受診しなければなりません。 これを「一般定期健康診断」といいます。 「一般定期健康診断」は、従業員が健康で働くことができるように実施するものです。 健康診断の目的は、隠れている病気の発見だけではありません。年齢とともに変わる体の機能を調べ、健康を維持させるというねらいもあります。 ◎ 派遣社員は… 派遣社…

  • ファイナンシャルプランナーなどの受験経験

    平成15年ごろに、会社で現役では最後の職場となった法務室長としての仕事をしていた時にFPという資格に興味を持ち、試験情報などを調べてみたら、ほぼ今までに勉強したり総務や経理の仕事で経験したりした事のある内容だったので、一度知識を整理するためにも受験してみようと思いました。 平成15年7月ごろから日本FP協会の通信教育を6ヶ月間ほど受けて、平成16年の2月ごろにAFP(FPの国内資格)という資格試験を受けてみました。試験は日曜日に行われ、学科試験と実技試験という2つの項目に分かれていて、それぞれ2時間ずつで合計4時間でした。 過去の試験問題を何回か解いてみて、ほぼ80点以上(合格点は60点)は取…

  • 部下を叱る基本は「かりてきたねこ」

    ライフバランスマネジメント研究所代表の渡辺卓氏が、雑誌に、「パワハラ」にならない叱り方として、「かりてきたねこ」の原則を紹介していました。 部下を叱るときは、「かりてきたねこ」の心得で、叱るべきだそうです。 「か」感情的にならない 「り」理由を話す 「て」手短に叱る 「き」キャラクター(人格)に触れない 「た」他人と比較しない 「ね」根に持たない 「こ」個別に叱る か「感情的にならない」 「怒ると叱る」は違います。「怒る」とは感情が爆発し、アン・コントローラブルな状態です。一方、「叱る」は理性が働いている状態です。叱る前から、自分に感情の波立ちを感じるなら、時間差をおくべきです。午後に叱るのを…

  • 会社法による取締役と監査役の責任

    1.取締役の第三者に対する責任 株式会社が第三者に対して負っている債務については、取締役であるからといって、それだけでその取締役が、会社の債務を負うことにはなりません。それは、会社と取締役は、別個の存在だからです。 ただし、以下のような場合には、取締役が会社の債務を負うことがあります。 (1)取締役が、(連帯)保証している場合 取締役が(特に多くの場合代表取締役が)、会社の債務につき個人で(連帯)保証していることがあり、この場合、取締役が会社の債務について責任を負うことになります。 (2)取締役に職務執行につき故意又は重過失がある場合 取締役がその職務を行うにあたって故意又は重過失があったとき…

  • 中国の文化大革命

    文化大革命とは、中国で1960年代後半から1970年代半ばまで約10年間続いた、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しようという運動だといわれていますが、実質は多数の人民を巻き込んだ共産党指導部の権力闘争であったようです。 背景としては、毛沢東が進めてきた大躍進政策(農工業の大増産政策)が失敗し経済が破綻して、毛沢東は国家主席の地位を劉少奇に譲り、変わって劉少奇や鄧小平などが修正主義的路線に基づいて経済を再建していたことや、フルシチョフのスターリン批判を契機に起きた中ソの社会主義路線対立などが考えられます。 文化大革命の発端は、1965年11月に姚文元(ようぶんげん)が毛沢東の命を受…

  • 海外勤務者の退職金課税

    海外勤務者の退職金については、海外勤務中に定年を迎え、非居住者として退職金を受け取った後も引き続き嘱託等として海外勤務を続ける場合と、帰任後退職を迎え、居住者として退職金を受け取る場合とがあります。 退職金に対する課税については、退職金の支払いを受けたのが非居住者である海外勤務中であるか、帰国後の居住者となったときであるかによって課税方法が大きく異なります。 1.海外勤務中に日本の会社から退職金を支給される場合 日本では非居住者として総支給額のうち、国内勤務に対応する金額については、国内源泉所得として一律20%の所得税を源泉徴収されます。海外の勤務地でも、日本で受け取った退職金について納税する…

  • 定年退職時の手続

    定年退職時(継続勤務しない場合)には次のような手続が必要になります。 健康保険 定年退職後、再就職をしない場合や、再就職をしても労働時間が一般従業員の4分の3未満となり健康保険の加入要件を満たさない場合には、次のような取扱になります。 いずれも、70歳になるまでは通院・入院時の自己負担割合は3割なので、選択のポイントは保険料となります。 健康保険被保険者の扶養家族となる。 配偶者や子供が健康保険の被保険者である場合、一定の要件を満たしていれば被扶養者となることができます。被扶養者となる場合には被保険者(配偶者や子供)の勤務先へ届け出ることになります。この場合には、本人が保険料を負担することはあ…

  • ハムスターの家

    今までに、ペットショップでハムスターの家(ケージ)を3,000円から5,000円程度で何度か買ったことがあります。 最初はジャンガリアンという種類の小型のハムスターだったので、ケージも幅が30cmぐらいの小さな物でしたが、途中から大型のゴールデンという種類のハムスターに変えたのでケージも幅が40cmぐらいの大きな物に変えていました。 ところが、ネットでどのようなケージがよいのかを調べてみると、1)ジャンガリアンの場合で大きさは幅が60cm以上、ゴールデンの場合で幅が70cm以上、2)2階建てでないこと、3)金網がないこと、などとなっていました。 理由として、1)大きさが足らないと運動不足になり…

  • しつこい勧誘電話

    職場へ業者からしつかい勧誘電話がかかってきており、断っても電話を切ってくれないので受話器をそのままにしておいて勝手にしゃべらせておくとかしても、またかかってくるので、何かいい方法はありませんか?」という相談を受けたので、対策を調べてみました。 一番大切なことは、「必要ありません」「もう電話しないでください」とはっきりと断ることのようです。 「結構です」「いいです」などのあいまいな返事だと、「契約を了承した」と相手にとって都合のよいように解釈されて、いいがかりをつけられるようです。 「今忙しいので」とか「考えときます」とかいうのは、相手に再度勧誘電話をかけることを許したものと解釈されて、「考えて…

  • 扶養親族について

    所得税の「扶養親族等」と健康保険の「被扶養者」について 所得税の「扶養親族・控除対象配偶者」と健康保険の「被扶養者」を混同している人がいますが、所得税と健康保険では対象となる親族の範囲や収入に関する基準が異なっています。 所得税で扶養控除や配偶者控除の対象となる人は、次の全ての条件に該当する人です。 1)所得者の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)であること(内縁関係は除く) 2)所得者と生計を一にしていること 3)年間の合計所得金額が38万円以下であること 健康保険で被扶養者の対象となる人は、年間収入が130万円未満(60歳以上の人および障害者は180万円未満)で、次のいずれかの条件に…

  • サラリーマンの確定申告について

    本来、所得税は確定申告により前年分の所得申告をするのが原則ですが、通常のサラリーマンの場合、12月の給与の際に年末調整をして年税額を確定・清算していますので、多くの人は確定申告をする必要はありません。ただし、次のように確定申告をしなければならない人や、確定申告をすれば税金が戻る人もいますので、確定申告についての概要をお知らせします。 ◎ 確定申告をしなければならない人 1.年間の給与収入が2,000万円を超えている人 給与収入が2,000万円を超えている人でも、毎月の給与や賞与から源泉徴収はされているのですが、年末調整はできないことになっていますので、給与以外に所得がなくても確定申告をして税額…

  • 隣の花は赤い

    ものの見方 1.ものごとには両面があること とかく世の中には、ものを一面的にしか見ない人が多くいます。一度相手の悪い点を見つけると、よい面をなかなか見ようとしない。これでは、公正な判断ができません。もしそんな人がいたら、「トゲのないバラはない」や「悪魔は絵に描かれているほど黒くはない」というコトワザで、何事にも二面があることを教えてあげてください。また、会議などで、自分は絶対に正しく、相手はゼッタイに間違っていると主張する人がいますが、物事はそんなに単純なものではありません。状況が変われば「甲の薬は乙の毒」になることもあるし、「みんな否定したら、みんな白状したのと同じ」で、 自己主張の強さが逆…

  • 公的年金の税金

    年金には、公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金など)と私的年金(企業年金、個人年金など)とがあります。 公的年金には、老齢年金、障害年金、遺族年金と3つの種類がありますが、このうち障害年金と遺族年金は非課税となります。 老齢年金は雑所得として課税されるのですが、所得税は給料と同様に、年金から天引き(源泉徴収)されることになります。 いくら天引きされるかですが、これも給料と同様に、社会保険庁に対して「扶養控除等申告書」を提出しているかどうかで変わります。 申告書を提出している場合には、天引きされる所得税の額は (年金支給額-介護保険料-各種控除額)×5% となります。 申告書を提出していない場…

  • 退職金の税金

    退職金にかかる税金は所得税と住民税で、源泉徴収されます。 ただし、退職金は長年の勤務に対する対価であり、老後の大事な生活資金であるため、税金にも特別な優遇措置が設けられています。 一般の給与の場合には、その年のすべての所得(給与所得・事業所得・不動産所得・雑所得など)を合計して課税されるという総合課税方式ですので、他の所得が多ければ給与の税金が高くなります。 しかし、退職金の場合には、他の所得と分離して単独で課税されるという分離課税方式ですので、他の所得が多いときでも、退職金の税金が高くなるということはありません。 また、課税される税金は、勤続年数に応じた控除額があり、これを超えた額の2分の1…

カテゴリー一覧
商用