ハンドル名
森の妖精アイさん
ブログタイトル
相生山からのメッセージ
ブログURL
https://aioiyama.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
名古屋市の相生山(あいおいやま)緑地には、大都会に残された貴重な自然がいっぱい。雑木林に樹木の花が咲き、野鳥が囀り、ヒメボタルが舞い、黄紅葉もまた見事です。人と自然の関わりについて、名古屋市政とのやり取りも、情報発信しています。
自由文
自然を大事にするってどういうこと? 人が「自然のために」出来ることってあるのかしら? そんなことを考えながら、123.7haの相生山緑地を歩いています。この雑木林の真ん中に「都市計画道路」工事が進められていました。今は大規模公園の「素案」が提示されています。 【自然と人間】このテーマに取り組んでいます。 みなさんのご意見をお聞かせ下さい。 http://lovelyearth.info/
更新頻度(1年)

74回 / 81日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

森の妖精アイさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(IN) 6,000位 5,788位 5,666位 5,620位 6,148位 6,427位 6,152位 963,711サイト
INポイント 0 50 60 80 70 30 70 360/週
OUTポイント 0 30 20 30 30 30 60 200/週
PVポイント 150 540 580 730 700 360 760 3,820/週
科学ブログ 13位 11位 10位 9位 12位 14位 14位 2,250サイト
自然科学 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 290サイト
環境ブログ 36位 35位 34位 33位 36位 34位 31位 3,386サイト
自然保護・生態系 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 252サイト
地域生活(街) 中部ブログ 68位 66位 62位 64位 71位 77位 73位 13,386サイト
名古屋情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1,338サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,656位 29,262位 30,037位 27,852位 28,009位 27,976位 28,556位 963,711サイト
INポイント 0 50 60 80 70 30 70 360/週
OUTポイント 0 30 20 30 30 30 60 200/週
PVポイント 150 540 580 730 700 360 760 3,820/週
科学ブログ 32位 33位 37位 32位 32位 32位 32位 2,250サイト
自然科学 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 290サイト
環境ブログ 94位 95位 93位 82位 81位 80位 81位 3,386サイト
自然保護・生態系 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 252サイト
地域生活(街) 中部ブログ 265位 283位 287位 263位 262位 260位 273位 13,386サイト
名古屋情報 15位 15位 16位 12位 13位 12位 14位 1,338サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(PV) 5,055位 5,068位 5,149位 5,155位 5,265位 5,308位 5,141位 963,711サイト
INポイント 0 50 60 80 70 30 70 360/週
OUTポイント 0 30 20 30 30 30 60 200/週
PVポイント 150 540 580 730 700 360 760 3,820/週
科学ブログ 15位 16位 17位 18位 19位 20位 19位 2,250サイト
自然科学 2位 3位 4位 4位 4位 4位 3位 290サイト
環境ブログ 26位 26位 26位 26位 25位 25位 25位 3,386サイト
自然保護・生態系 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 252サイト
地域生活(街) 中部ブログ 42位 42位 44位 44位 44位 44位 40位 13,386サイト
名古屋情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1,338サイト

森の妖精アイさんのブログ記事

  • 吹き返しにツバメ

    梅雨の低気圧が通過したあと相生山では 大きな影響はありませんでした今朝は 吹き返しの風が強い 樹林の縁でも  真ん中のコナラ(小楢)林でも しきりに裏返る枝葉ツバメ(燕)が飛びます 高く低く 右に左に雨の間休めていた翼を験すかのように 空腹を満たす為にかまだ強い風の中 しきりに飛びますシンボルコナラの梢が揺れます梅雨の晴れ間 また一歩 真夏に向かう相生山    by  アイ...

  • 梅雨の嵐

    今日の相生山緑地 木陰は涼しい風また一段と熟す梅 畑の向こうのサクラの高木あたりでしきりに ホトトギス(霍公鳥)鳴く陽射しは夏 シャシャンボ(小小坊)の花穂が伸びるズミ(酢実) イヌザンショウ(犬山椒)を背景に ガマズミ(莢蒾)の果実 前線の近づく空に光るちょうど一週間前 強い雨に 枯れたコナラ(小楢)の大小の枝が散りました「大雨、大風に警戒ください」予報未だ静かだけれど もうすぐ嵐になるのだろう...

  • 焦点定まらず。。。

    名古屋市役所で 相生山緑地についての意見交換会がありました私たちのグループは2回目 “相生山の四季を歩く会” と “ラブリーアース” のなかまたち中心に平日の勤務後の夕方という困難な条件にもかかわらず 今回も16人が参加しましたこれまでの意見交換会で出された質問・意見への回答や補足説明加えて 私たちのグループからも新たな質問が出たりして なかなか核心部分に至らない もどかしさを残して帰ってきました説明会...

  • 入梅たちまち雷雨

    暦の「入梅」が ことしは「梅雨入り宣言」の後になりました昨夜は雷雨 「雷が鳴ったら梅雨明け」おばあちゃんは言ってたけどな最近の異常気象 言い習わしも外れてきたのかもしれませんウメつながりで ウメモドキ(梅擬)雨に打たれて 落ちた花ひとつ 濡れた柔らか葉の上に相生山緑地の梅畑のウメ 枝に熟します 水滴が流れますまもなく七十二候の 梅子(うめのみ)黄なり 「梅仕事」を始めるとき 一足お先に 相生山の農...

  • 木曜日は相生山から市役所へ

    ・サカキの花を楽しみにいていたので、良い一日でした。(久)・萩の葉、どの葉もどの葉も縁に水滴を10個ほど付けて光ってた。(t)日曜日の「相生山の四季を歩く会」での感想コメント。「みんなの相生山とのいきさつ話。初めて聞く話。いろんな問題意識が名古屋市に伝えられて、これからに結び付くといいね」「いつも短い会話しかないけど、それぞれ語りたいことがいっぱいありそう」「また、おしゃべり会やろうか。お盆とか、忘...

  • 雨でも 雨だから

    相生山は 梅雨らしい一日水が これからを生み出す日・雨降りでしたが、かえって竹林や樹木の緑がきれいでした。(KUMIKO)・もちのきファミリー  いろいろな木が「親せき関係」にあると知りました。(ちえ子)「一年で伸びたんだろうか?」「2段になってる感じがする・・・」復活のシイノキ こちら 再測定 樹高87cm  午後からは 相生山緑地について名古屋市の「素案」をめぐる意見交換会 こちらを前にして相生山の四季を...

  • 朗報!復活

    とっても嬉しい お知らせですシイ(椎)の木が 復活しましたどれが切株かも分からぬくらい 根元から伐られたのは 昨年1月 こちらてっきり もうダメだとあきらめていました相生山を「人が楽しむ場所にする」こと優先で ○○の園 △△の園 づくりのため 手あたりしだいに常緑樹を伐採し続ける人たちによって 犠牲になったシイの幼木 その後 近くには丸太のベンチが据えられ 踏み固められ樹林地か園路か小広場か わからぬ様...

  • 梅雨に咲く花(5)・・・雨に育つ

    東海地方も「梅雨入り」宣言されました雨が降り出す前に訪れた木の花を紹介します日曜日の「相生山の四季を歩く会」こちら の【予告編】相生山緑地のシンボル・コナラ(小楢)への上り坂長い間「あなたはだぁれ?」だった子 花が咲いて・・・マメガキ(豆柿)の雄株 条件によっては樹高30mになるそうです青い果実から柿渋を採るため 熟したものは餅につきこんだり 古木になれば 材は「黒柿」として珍重されることもあるそう...

  • 梅雨に咲く花(4)・・・ネズミモチ

    暑い昼中 木洩れ日に浮かぶ ネズミモチ(鼠黐)の花の房4樹高3mくらいの上方の枝に咲きこぼれる白い花は 涼し気相生山緑地のあちこちに 生育していますが 花をつけている木は少ないですモクセイ科イボタノキ属 イボタノキ(水蝋樹)と同様な色合いの果実がネズミの糞に葉はモチノキ(黐の木)に それぞれ似ているという理由で 名づけられたそう分かりやすいですが 可哀想な気もします別名はタマツバキ(珠椿) こちらの...

  • 好天芒種

    芒種 相生山 きょうもキビタキ(黄鶲)冴える朝  復活したモウソウ(孟宗)の竹林ほんのり赤み帯びた梅の実 畑の奥のコナラ(小楢)の谷にKyo・kyo・Khe・Kyo・Kyo くり返し ホトトギス(時鳥)渡りました展望台跡 白い花穂が下がるクリ(栗) 幼い果実のアオハダ(青肌)低木のマツ(松)とヒサカキ(姫榊)のシュートも背伸びします高い太陽から ガマズミ(莢蒾)が受け取る生気やがて入梅 そして夏至 暑さの...

  • 梅雨に咲く花・・・クリの雌花

    「栗の雌花って初めて見ました。何処についてるの?」先月のblog記事 こちらを 読まれた方から問われましたあらためて 上の画像 雄花序に すき間なく並ぶ雄花とバラバラの雄花―もしかしたら生殖能力を持たない の花序の基部に1個これが 雌花よく観ると 花柱が3つに分かれています栗の実 三つ栗と言われるように イガの中に3個入ってるのが多いですものねそれにしても 雌花に比べて多すぎるほどの雄花 選ばれる精細...

  • 梅雨に咲く花(1)・・・モチノキ科2種

    あふれる深緑の相生山梅雨入り宣言直前に ひっそり 樹の花を見つけましたソヨゴ(冬青) 上が雌花 下が雄花集まって咲く雄花は蕊も多く 小さいながらも華やかです葯の色が濃くなっているのは 役割を終えたからか相生山のソヨゴは初夏から咲き始め そろそろ終わりがけの花ですウメモドキ(梅擬) 上が雌花 下が雄花いつも楽しみにしている 桃色がかった花弁この場所には隣り合って仲よく 雌雄異株がそろっていますウメモ...

  • 花花は実になっただろうか?

    相生山のシンボルコナラに ドングリが見えるようになりました先週の中日新聞に案内が紹介されました スキャン→編集しています入梅まぢか 6月のテーマは~深まる緑にキビタキの声が響く、花花は実になっただろうか~ しだれ桜のサクランボ ウスノキ(臼の木)に真っ赤な果実が一つ あれだけたくさん花が咲いていたのに ナツハゼ(夏櫨)は 木が少なくなった感じがします相生山の四季を歩く会 昨年の資料は こちら 一昨年(...

  • 6月に思う

     名古屋市の「世界のAIOIYAMA公園」構想をめぐる意見交換会、第二ラウンドが始まりました。私たちは6月13日。最近の相生山緑地の画像とともに、焦点を提起します。 樹林に入る散策路=園路 都市計画道路を建設する予定地だった、竹が侵入した人工林区域。ヒメボタルの撮影者が並ぶポイントの一つです。  竹藪の向こうに明るく透ける辺りが、市の「素案」では、誰もが利用できる「ふれあいの丘」の建設予定地とされた、現在は畑...

  • 夢の終わるとき

    クリ(栗)の花の匂い あの特有の強い匂いが相生山の樹林一帯に流れてくるようになりました風に揺れる花穂 1週間前 花は開き始めたばかりで 夜はヒメボタル(姫蛍)の数が増えていきました この2~3日のうちに 蛍のピークは訪れ去ったかのようですクリの雄花は 蕊を伸ばして盛んに花粉を飛ばし雌花は 若いイガのなかに鎮まって受粉を終えたでしょうにぎやぎの時は過ぎて 一抹の寂しさと ほっとした安らぎとが交錯する相生山...

  • 優しさに甘えてはいけないと思います

    ヒメボタルの交尾期ピークの相生山緑地深夜の山根口付近 「カメラマンの人がすごいの!名古屋市が車両入り込み規制のためにポール立てたでしょ。駐車スペースを争って、山根小学校の辺り一帯、週末は大変。地元の人から苦情出てないのかなあ」「中へ入ったら、大きな三脚持って懐中電灯点けて、我が物顔に歩いてる人も何人かいるでしょ。メスの蛍がいるかもしれない散策路からギリギリまで踏み込んでるし。わたし、何回か注意しな...

  • 梅雨には早いけれど

    夏日真夏日のあとに 一日中雨降り山頭火の 白い花 は栗の花だそうです相生山で花盛りの テイカカズラ(定家蔓)で代用クリの花は 未だ匂ってきませんがもう そろそろ なのかもしれません   by R.62にほんブログ村...

  • 蚕起きて桑を食う

    小満の初候から 少し遅れてしましたが連日の「真夏日」に 繁るクワ(桑)の葉ひと昔前は 人里の周りは全部田んぼ水の不便な所は畑 山の近くは桑畑どこでも そんな土地利用だった気がします 相生山緑地でも 戦後の食糧不足時から野菜畑になったもののそれ以前は 桑畑が広がっていたそうです都市住宅地の拡大 流通の発達につれて 今は「生産緑地」の梅畑その中の「桜並木」から「森の広場」入口に 名残りの一本桑の木仰ぐ...

  • 掲示板に ご案内します

    相生山徳林寺 本堂脇に掲示板があります先日の相生山の四季を歩く会に初参加の方から「今日は朝日新聞の案内を見て来ました。徳林寺の掲示板に案内があるといいです」早速 住職にお願いして快諾をいただきました6月の案内  毎月張り替えていきます新しく参加される方を待っていますよろしくお願いいたします  by アイ ...

  • テイカカズラ~一夜明けて

    朝の相生山 樹林の中に花満開のテイカカズラ(定家蔓)「このあたり すっごくいい匂いする!」「・・・確かに・・・」ゆうべ若い二人連れが 通っていきました真っ暗闇は 人の視覚を吸い込み 聴覚と嗅覚をよみがえらせます テイカカズラの解説記事は こちら恋人の死を嘆いた魂を受けた継いだと 名づけられた木は その情念で他の樹木をも覆い 息の根も止める・・・・のか夜の相生山 昼の相生山私たちが見ているのは 一面...

  • 早くも真夏日

    朝から夏日の相生山ヤマザクラ(山桜)の深い葉陰に サクランボたちネジキ(捻木)の花穂も 身を寄せ隠れて午後は 梅雨明けを想わせる 真夏日いきなりの暑さに 森の生きものたちも とまどう息づかい   by  アイにほんブログ村...

  • オトシブミの木

    山道で見つけましたこの前「相生山の四季を歩く会」で探した こちら ヒメクロオトシブミ(姫黒落とし文)の揺籃(ようらん) コナラ(小楢)の若木にビッシリ ぶら下がっていましたつくりかけ?噛み切った跡 何かの理由で完成しなかった産卵室エゴノキの花が咲いていました もしかして・・・ ・・・見上げると 枝にたくさんオトシブミエゴツルクビオトシブミ(えご鶴首落とし文)だと思います まるで オトシブミの木みたい...

  • 小 満

    小満・・・陽の気ふくらみ万物に生気みなぎり始めるころ朝までの雨の流れが 竹藪に水たまりを残し 空を映していました 満開のイボタノキ(水蝋樹)の冠   ムラサキシキブ(紫式部)のコサージュ 濃密なテイカカズラ(定家蔓)の香りは 辺り一帯に漂い充ちて イセノナミマイマイ(伊勢並蝸牛)付き表示は 羽化するヒメボタル(姫蛍)をかばう 今日は二十四節気の8番目 小満(しょうまん)相生山でも あらゆるいのちの...

  • 嬉しいコメント

    相生山の四季を歩く会*5月 終了時に 参加された皆さんからいただいた アンケート「今日の感想」に 特別なコメントがありました・人に会えるのが楽しみ。皆様に会えて大変良かった。何時もありがとうございます。(達ちゃん)・2015提案書(再読)は、良く書けていると思う。(敏)意見交換会(6月13日予定)に向けて参考に配布した過去の「提案書」 こちら5年前のものですが 基本姿勢はまったく変わっていません亡くなったか...

  • ホタルには子どもたちがよく似合う

    ことしはまだ早いけれど 今日しか時間が取れない「相生山の四季を歩く会」の仲間や その友人の友人たちが集まって ヒメボタルのようすを見に 夜の森に入りました直前下見の時は1匹も見えなかったのに茂みの下や草地に 元気な光が現れてくれましたサキちゃん リュウ君 みきちゃん アヤちゃん なおみちゃん・・・・2歳から小5まで そのお父さんとお母さん14人全員が「相生山のヒメボタル初体験」 「女の子は飛べなくて、...

  • クスノキの花

    五月晴れには クスノキ(樟)の花が似合います相生山の樹林地には ついこの間までは無かったそうですが 近くの神社から 鳥たちが運んできたのでしょうコナラ(小楢)に交じって 高木になっていますクスノキについては こちら4月下旬から始まった 常緑樹の葉の新旧交代いつの間にか 落ち葉が根元にたまっていました  すっかり入れ換わった 新緑のクスノキ薫風というのは あの枝先から流れる風を想ってのこと?ツンとした...

  • 引っこ抜いちゃいますよ

     相生山緑地のシンボルコナラ南側。深夜になるとヒメボタル見物人がたたずむ場所です。 この草地に「異変」が起こったことは先日記事にしました。 こちら つい最近、名古屋市の担当の方と話す機会がありました。そのなかで示された、現段階での回答を大まかに紹介します。  ①相生山緑地のなかでも目立つ位置であり、「いつまで放置しておくのか」という声が出ている。 ②名古屋市の現情では、20~30年も先の自然遷移を見越して...

  • 金銀花(スイカズラ)

    雨にスイカズラ 昨日の相生山緑地での画像です 咲き始め4/30 蕾の先がピンクでした  黄色に変わった花5/10花の色が白から黄色に変わります こちら金と銀の同居 相生山の四季を歩く会の時 希望者に確かめてもらいました蜜をすすって スイカズラ=吸い蔓花の匂いと同じように 甘かったそうです「ヒメボタルも吸うのかな?」「蕾、初めて見た。対生で可愛い」の声も上がりました未だしばらくは 相生山緑地のあちこちに咲い...

  • その前夜

    雨に濡れる 相生山緑地の山根口たくさん並ぶ名古屋市の掲示物に 新しい表示が交ざりました 「ヒメボタル分布調査のお知らせ」  散策路脇の目印ことしも その季節ですね 今日の雨は ヒメボタルの羽化を促すかもしれません観察ポイントの一つと思われる場所に 崩れそうな垣根「自然環境保全のため・・・」昼間でも読みづらい低い位置夜の蛍見物人に この呼びかけは有効かしら ヒメボタル生息地へ入って行けてしまう踏み跡伐...