searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

森の妖精アイさんのプロフィール

住所
天白区
出身
未設定

自然を大事にするってどういうこと? 人が「自然のために」出来ることってあるのかしら? そんなことを考えながら、123.7haの相生山緑地を歩いています。この雑木林の真ん中に「都市計画道路」工事が進められていました。今は大規模公園の「素案」が提示されています。 【自然と人間】このテーマに取り組んでいます。 みなさんのご意見をお聞かせ下さい。 http://lovelyearth.info/

ブログタイトル
相生山からのメッセージ
ブログURL
https://aioiyama.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
名古屋市の相生山(あいおいやま)緑地には、大都会に残された貴重な自然がいっぱい。雑木林に樹木の花が咲き、野鳥が囀り、ヒメボタルが舞い、黄紅葉もまた見事です。人と自然の関わりについて、名古屋市政とのやり取りも、情報発信しています。
更新頻度(1年)

398回 / 365日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、森の妖精アイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
森の妖精アイさん
ブログタイトル
相生山からのメッセージ
更新頻度
398回 / 365日(平均7.6回/週)
読者になる
相生山からのメッセージ

森の妖精アイさんの新着記事

1件〜30件

  • 七 夕

    笹の葉さらさら きょうは七夕  そして  ことしも雨 織姫 彦星 は 天上だから大丈夫なのでしょうが相生山緑地の樹林では姫は紅の ハギ(萩)に 君は白い リョウブ(令法)になぞらえて  七夕雨空 激しくなりませんように   by  アイ...

  • 梅雨晩期

     コナラ(小楢)の森に降りしきる むらさめ(群雨) ハギ(萩) 咲きかけの花が滲みアケビ(木通) アオツヅラフジ(青葛籠藤) 蔓葉を揺する 咲きかけのリョウブ(令法) 雫をためイボタノキ(水蝋樹)の果実は 浸されて梅雨の終わりを告げるか 今日も雨   by  アイ...

  • ひと時 雨上がる

    意外にも雨が止んで 露を乗せた ヤマコウバシ(山香ばし)しばらくのうちに ずいぶん育った果実お昼過ぎには コナラ(小楢)の梢から 陽が射して 蒸し暑くなりました満開のヤマハギ(山萩)の花序 葉の表面に水玉コロコロコナラの低木に 巻きついた蔓から ミツバアケビ(三つ葉木通)こちらも 丸々太ってきました ムクノキ(椋)豊年地表は湿っていても 樹上は乾き見せてすこしの晴れ間 あさっては小暑 夏本番   ...

  • いのちの基盤

    相生山の意見交換会の件とは直接関係ないのですが・・。 中日新聞に掲載の内山節さんの「視座」6月28日付けのを、1週間遅れで読んでいて感想をひとつ。 「自然を含めた社会の維持が、自分をふくむすべての生命的基盤だということになる」と5段目あたりに書いておられる、その「自然を含めた」というところに注目しました。 自粛か経済か、個人か企業か、あるいは社会全体の利益は、などと考えるときに、それは「人間社会」のこ...

  • 万緑叢中紅一点

    この時期の この花のためにあると 思えます紅一点マルバハギ(丸葉萩)相生山の樹林奥 秘かに   by  アイ...

  • リョウブ花咲く

    雨の中に リョウブ(令法)の花 咲きました重い曇り空 ほの暗い竹藪沿いに濡れて 白い点灯 待望の咲き出し 蕾見つけたのは こちら ですから 40日以上早い年 こちらに比べて 1週間遅いですが 今年が平均的かな?  匂ってみました 意外に・・・何というか「傷んだバナナの皮みたいな・・・」咲きそろった時とは ずいぶん違う・・・・昨年は花付き悪かったですが 花穂が いっぱい 梅雨明けが楽しみです令法のいわれ...

  • 相生山から名古屋市へ・・・(下)

     河村市長は「これからは自然を大事に、でいく」と宣言したけれど、名古屋市の「自然との共生」施策は余りにも一面的で不充分だとずっと感じてきました。 植えた草木、どこからか連れてきて繁殖させた動物を、人はときどき間違えて『自然』と認識しています。自宅の庭の花、植物園の樹木、動物園のゴリラやコアラを「自然」ととらえるのは間違いです。人工林と自然林はよく見ると全く違います。人がつくった公園や庭園を見て、「...

  • ツユクサ日記

    相生山緑地のなかに ツユクサ(露草)の小さな草地苞の形から ボウシバナ(帽子花)とも呼ぶそうです大きな青x2+小さな白 花弁は3枚  長いのや短いのや 黄色いの褐色 雄しべは計6本?ツユクサは 夏の朝露を受けるから・・・露草 と長い間思っていました花の汁を擦り着けて布を染めたから・・・着き草 だそうです「ツユクサの変種のオオボウシバナ(大帽子花)で、友禅染めの下絵を描く」相生山の四季を歩く会で 先輩...

  • 相生山から名古屋市へ・・・(中)

     相生山の「道路は要らない」と「道路は必要」、こう着した対立には政治判断が求められました。2014年末、河村市長は「道路計画は廃止」の判断を下しました。参照:こちら それでも、最近になっても、「たくさんの税金を使って、つくりかけたのに勿体ない」と反対意見、不満が聞こえて来ます。 先の稿 こちらの最後に書いたように、市の方針と意見の異なる人びとへの配慮は必要です。説明・説得する努力がなおざりになっていると...

  • 相生山から名古屋市へ・・・(上)

     久しぶりに「相生山の道路」の話を書きます。名古屋市との4回目の意見交換会が決まりました。7月17日です。関連記事:こちら  3回に分けて、名古屋市との意見交換のテーマとなるべき、私たちの観点を書いていきます。最近の下山畑から緑地内部を経て、相生口に至る「道路予定地」の画像を添えます。これまでの記事:こちらも参考に一読ください。 名古屋の都心から、中、千種(ちくさ)、昭和、瑞穂(みずほ)と各区を通って東...

  • 6月のキノコ

    雨がたっぷり降った後に 暑くなったので相生山でも あちこちに キノコの花が咲きましたこの子と この子たちは 同じ種? 似てるけど キノコについて まったく分からないのに 撮りたくなったのはこの子たちに会ったから姿かたちも 登場の仕方も 迫力満点!嬉しくなってしまいました   地面から生える子 枯れ木から出る子名前は分からないけど みんな 生物界の「分解者」 森の生態系の 大事な構成員たち    by ...

  • シャシャンボ-ロードにて

     雨が乾いて相生山緑地 シャシャンボの道樹齢数十年から100年くらいと思われる シャシャンボ(小小坊)の並ぶ樹林帯を園路が縫っています ことしは嬉しいことに 近年になく花が多いです前の記事 こちら から10日全山のシャシャンボたちが 開花を得たようです雨あがりの風が 小さく流れているのでしょうかシャシャンボの花の匂いが ときに甘く漂っていました     by  アイ...

  • 梅雨の中休み

    激しい雷雨の翌朝相生山の東の尾根 梅雨の晴れ間コナラ(小楢)の樹幹に 陽が射してきました園路端 林縁の蔓越しに ミツバアケビ(三つ葉木通)の 膨らみも三つアラカシ(粗樫)やヒサカキ(姫榊)常緑の多い菅田(すげた)西から上がって厚みのある湿った落ち葉の道 水跡少し ぬかるみひらひらと舞い降りた ホタルガ(蛍蛾)  谷筋まで下りると リョウブ(令法)の花序は 心なし太った風情「今日は貴重な晴れ間です」明日...

  • 水を得て・・・(6)

    梅雨の晴れ間に ナツハゼ(夏櫨)の果実が光っていました水に咲いた花 こちらついこの間は 色づく前の青い結実 こちらこの種の特徴の ザラザラ葉っぱに 紅葉始っていて直射日光を避けるように 陰に一房まるで 小型の葡萄みたい「お尻に花の形が残ってるのが可愛いでしょ」 相生山の四季を歩く会の始まりの頃から ご一緒頂いた先輩春に亡くなった 渡辺かつ子さんが教えてくださったこと 思い出します   by  アイ...

  • 水を得て・・・(5)

    マツ(松)の雌花に変化が起きました以前の記事 こちら下の画像撮影は5月16日 先日6月14日の「相生山の四季を歩く会」のときにみんなと見た時も 雌花は紫色でしたこの1週間 いつの間にか色も形も “松ぼっくり”状に変身1年かけて 来年の今ごろは立派な「松ぼっくり」になるのかな?種子を飛ばすのは もう一年かかるのでしたっけ梅雨の間に 花から果実へ相生山のアイアカマツ(間赤松)も 水を得て育っています   by  ...

  • 水を得て・・・(4)

    ソヨゴ(冬青)の実が鈴なり花のころ こちらちょうど1ヵ月前 雌花も雄花も花盛りでした受粉した雌花は 果柄がグーンと伸びて雨の前の風が 樹林を通り抜けます 葉っぱは ソヨゴの名前のごとく そよそよそよ果実は ゆうらりゆらゆら   by  アイ...

  • 自然のヒノキと植えたヒノキ 

    「この木とこっちの木との違い分かる?」山仕事の現場に立ち寄った 近所の木こりの親方が伐ったばかりの株の横に 向こうの元玉を並べて言いました「芯のところ見て!」「こっちは年輪がギシット込んどる。生えてスグの頃は、光が少なくて育たんかったしるし」「そっちは間隔が広い。以前に生えてた木を伐って、日の当たるところに植えた証拠」↑上の方が実生の天然木 ↓下は植栽木(=人工林)ということですねどちらも樹齢60年を...

  • 水を得て・・・(3)

    梅雨の雑木林に ふくらむ果実 色ばむ果実第3弾は コバノガマズミ(小葉の莢蒾)相生山の代表的低木です 冬芽は こちら花は スケッチこちら 画像こちら先月 こちらに比べると ずいぶん赤みが増しました秋に熟す頃は こちらコバノガマズミを追いかけているだけでも 相生山の季節変化が分かりますそれにしても この色合い みずみずしさ和菓子のモチーフにでも なりそうな    by  アイ...

  • 水を得て・・・(2)

    つややか ウスノキ(臼の木) この子は充分熟したようすです 花は こちら 毎年たくさん咲くのですが そのわりに 果実を見ることは少ないのですもしかしたら 誰か お味見してるのかな? 美味しそうですものねこの株には たくさんの果実が残っていましたこれからの果実に大接近花の形そのままに 臼の木の実    by  アイ...

  • 水を得て・・・(1)

    夏盛りに向かう 水の季節は結んだ果実が ふくらむ季節谷沿い足元の サワフタギ(沢蓋木) 花はこちら高い枝に タカノツメ(鷹の爪) 花はこちらもっと高い葉陰に ゆらゆら揺れて 花が少ないと思っていた エゴノキ こちら意外と たくさんの果実が下がっていましたときが移ると 自然現象も別の面が見えてくる花から果実へ 水を得て 育つ姿を探します    by  アイ...

  • 夏畑の向こう

    相生山緑地の真ん中に広がる「生産緑地」名古屋市の「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト」では緑地の東西からつくり始めた道路を「園路」として この畑を「ふれあいの広場」に変え ここでつなぐとしています こちら「コロナのため」中断とされていた市民と名古屋市との「意見交換会」が 来月から再開されます畑地では 玉ねぎの収穫が終わりキュウリやカボチャなどの夏野菜が育っています畑を囲む樹林の向こうには 多度・養老か...

  • 日食の記録

    薄い雲の中 相生山で太陽に向かう17:00 生産緑地の梅畑の上 17:08 食最大時刻 名古屋市金山付近を望む17:22 西の覗きアマテラスの岩戸隠れのようには暗くならない 当然だけどコンパクトデジカメで なんとなく欠けて見えたので まあ納得17:34 シンボルコナラ前より夏至日の日の入りは 未だ未だ   by  Oak....

  • 夏至の陽

    一年で一番 昼間の長い日相生山緑地で 日の出時刻 4:38 東の空で一番明るい方角は雲が厚くて お日さまは見えない「初日の出」こちら に比べて ずいぶんと北に寄るんだな「日の出」って言うけど ホントは地球が動いてるらしいから あの方向に回ってるんだな とか考えて ひととき頭が下がっていくに任せると 地が揺れる怪しい感覚 やっと 太陽の姿 4:57 20分近く待ちましたお正月と違って 今日は誰も居ないでも や...

  • 夏に至る

    梅雨の中休み 花ざかりのシャシャンボ(小小坊)谷沿いの園路を歩いていたら 眩しい陽射しポイント 昨夕までの雨が上がって 今朝になってから咲いたクチナシ(口無し)ナツハゼ(夏櫨)が 小さなマスカット粒みたいな果実になりました 水色の空に ハギ(萩)の咲き始めは 夏を通り越したかのよう 巻雲と積雲をバックに ツバメ(燕)を撮っていたらフレームに いきなり飛び込んできたカラス(鴉) 昼ごはん時モウソウ(孟...

  • ツクシハギ or ヤマハギ

    ハギ(萩)の花が また少しだけ増えました「相生山のハギのなかに、ツクシハギ(筑紫萩)と分類されているものがあるようですよ。比べてみると花が白っぽくて、花柄が長いのがあって、それではないかと思っています」先年亡くなった自然観察の先輩 高岡さんの言葉を思い出します上下の画像 比べてください 微妙に色合いが違います 開花からの日にちは同じ上は紫がかるけれど白が強く 下は全体に派手に赤い図鑑では 紅紫色と...

  • 復活反撃の紅炎

    新緑のなかに一点 真赤で大きな芽出しが見えますタブノキ(椨)そもそも この時期に芽出しは遅いのですそれは こんな仕打ちに遭ったから こちらあれから2ヵ月 力を蓄え 折られた頂芽の下から 伸びる芽を復元させました上位目線で 無自覚に 他者をおとしめても野生のいのちは 生命力を燃え立たせて復活しますタブの赤い色は 告発・抵抗・反撃の紅の炎に映りました人間社会では どうでしょう海外で この国で 人のいの...

  • シャシャンボの夏

    シャシャンボ(小小坊)の花を見つけました相生山緑地の尾根の道 シャシャンボ-ロード 小さな花穂を見たのは こちら あれから20日 兆しから開花まで 長くかかる子です他の木も確かめなくては・・・・園路を急いで 中央尾根  咲いてました! ここは仰いで逆光 それでも釣り鐘の底が 開いてるのは分かりましたシャシャンボの花咲く経過 6月12日雨中の蕾 6月14日 相生山の四季を歩く会のとき みんなと見た蕾それから猛...

  • サカキの花に寄せて

    先日の「相生山の四季を歩く会⋆6月」は 昆虫観察がメインでしたが雨に濡れる夏の木の花も 魅力的でした常連の久さんからのメール文の一部を紹介しますサカキの花、驚きました。過去5年の観察ノート調べましたが、1個体に1~3輪咲いた記録しか無いのです。今回はサカキの花盛りでしたね。1つの枝に20個以上の花が付いて。私、サカキの花が好きで6月の会楽しみにしてました。良い観察会でした。ありがとうございました。雨が上がっ...

  • 早朝散歩

    未だ陽が充分上がり切らない時間帯は 菅田口が好もしいきっと この路の向こうには 昔から相生山と暮らしてきた集落の今の人びとの 朝が始まっているから大きな アラカシ(粗樫)とクスノキ(樟)とアベマキ(棈)の林は 結界園路の太いコナラ(小楢)越しの暗い緑に クチナシ(梔子)の白い灯り強い香気に気づかされた このまま 遠くから眺めるのもいいね  ヤマハギ(山萩)の咲いたシュートが この前より 2本増えまし...

  • 梅雨空

    厚ぼったい雲の中に 鈍い朝日大きなコナラ(小楢)の枝に さえぎられて 梅雨空それでも 刻一刻 青みが流れ出ました 陽が昇ると 森が忙しく動き始めて今日も 真夏日の予兆    by  アイ...

カテゴリー一覧
商用