chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
虹の旅人 https://nijinoringo.hatenablog.com/

東日本大震災で故郷が消滅し 8年間の”魂の彷徨い旅”を終えたタイミングで 人生もブログも”next stage”へ。

生粋能力&仕事感性で 長年暮らしている北海道の”美味しいもの 素敵なモノ 美しい景色”を綴ります。 たまに妖しい話なども・・・

虹りんご
フォロー
住所
北海道
出身
未設定
ブログ村参加

2019/11/17

1件〜100件

  • 高校友人から突然連絡で 小樽旅

    15年ぶりの友人からの連絡は 怪しい詐欺メールとほぼ同時に届きました。 内容は H栄ちゃんと名乗り 高校時代の共通の友人から番号を聞き「明日から札幌に遊びに行く」とのことでした。 返信すればメールの主は間違いなく「H栄ちゃん」で 「札幌滞在3日間のうち 市内・小樽・富良野のいずれかで会えないか」と言われて 2日目の小樽に同行することに。 H栄ちゃんは旧ブログ「虹の旅人」を見てくれていて コメントもたまに入れてくれたりのですが コメント承認制のこちらのブログを閲覧していたのかが不明で 空白の15年間のお付き合いでした。

  • 「相談役 島耕作」 52年勤めた会社を去る

    22歳の島耕作が初芝電産に入社したのは52年前。 著者の弘兼憲史さんも 島耕作と同じ歳の早稲田卒で かつて弘兼さんが勤務した松下電器産業を思わせる会社背景だったので そのつもりで読んでました。 課長 島耕作(1983年昇進)から始まって 部長(1992年昇進→ 取締役(2002年昇進)→ 常務(2005年昇進)→ 専務(2006年昇進)→ 社長(2008年昇進)→ 会長(2013年昇進)→ 相談役(2019年昇進)→テコット退職(2022年)までのサラリーマン人生。

  • 2022年夏至 フゴッペ岬&シリパ岬

    「あいにくの天気で日本海に沈む太陽を 今日は見送れないだろう」と思いつつ ともかく行きました。 最初は先週クリーンアップした蘭島海岸から 龍神様にご挨拶したら鼻息荒く いろいろな教えを語ってくれました。 次のフゴッペ海岸では シリパ岬っ沈む太陽をただただ 自然界の天体ショーを眺めて感動してました。

  • Hokkaido・蘭島クリーンアップ大作戦!

    199年10月中旬 鉄オタ夫の誘いで行ったSL・ニセコ号の撮影の帰り道 海中かに架かる”二重虹”に遭遇し 趣味にしていた軽量一眼レフのカメラを手にして 止まった車から飛び出して 大きな虹を撮影しました。 その時撮った”二重虹”写真をパネルして 写真展に出品したら初入賞し それから”二重虹”写真は 我が家のリビングに飾られています。

    地域タグ:小樽市

  • 庭のオンコの木が 流した涙

    庭の一番目立つ場所に植えてあった 古いオンコの木(別名・イチイの木)が 今春になっても新芽が出てこなくて ずっと様子を見てました。 昨年の異常な夏の暑さで夏枯れしていた近隣の木々も 6月に入っていよいよ駄目になっていたので 我が家の枝が茶色化したオンコの木を 根元から伐採することに決めました。 そして裏庭には 枯れた杉の木がもう一本ありました。 造園屋さんに頼むまででもない直径10~20㎝の木2本を 素人シニア夫婦が鋸を引いて伐るには 体力と気合が必要です。 それなりに暦で吉日を選び 各々の木と対話しながらを実行することにしました。

  • びっくりドンキー 季節限定「サマースノーピーチパフェ」

    毎日の庭仕事に疲れて 「甘くて冷たいものを食べたいな~」と思ったのです。 かと言って わざわざ夫とスイーツのお店にパフェだけ食べに行くのもどーかと思い 向かった先がビックリドンキー。 ビックリドンキー略してビクドンの北海道ソフトクリームは ミニパフェのメリーゴーランドがあった頃から 私のお腹にも安心・大丈夫な乳製品でした。 乳製品や野菜は 土壌の安全性が問われるので 企業としてはその点でも厳選した食材を提供しているかと思います。 小さめのハンバーグランチを食べた後 私だけ季節限定「サマースノーピーチパフェ」(¥550)を実食!! 桃好きにはたまらない一品です。 さっぱりした甘みと豊かな香りの「…

    地域タグ:札幌市

  • 18年前に 母の葬式後に見た夢の話

    18年前の大型連休に入る前日。 長患いで入退院を繰り返していた母の容体が急変して 私は札幌から気仙沼へ急いで帰りました。 「母は今回 旅立つことになる」と予感していた私以外の身内は 「母はいつものように退院してくる」と信じて 葬儀業者を決めてませんでした。 5月3日午後 田舎の大病院の担当医はGW休暇のため不在で 76歳の母はレントゲン撮影中に亡くなりました。 ようやく探した葬儀会社の車に乗る母を見送ったのは 当番医の若い医者と看護師のみ。

    地域タグ:気仙沼市

  • 札幌の桜は 今が満開!!

    今週は 可愛いけれど幼い孫を預って過ごし 少々お疲れ気味の私。 賑やかな家を離れて 近場にある桜の名所を一人散策。 静かに眺める満開の桜は美しく 自分時間を堪能しました。 雪の多かった冬を越えて 桜の美しさが胸に沁み 感動の大きい今年の花見でした。

    地域タグ:札幌市

  • 「麺家まるたけ」 石狩市

    「久しぶりに 味噌ラーメンが食べたい!!」と閃いて行ったのが ほぼ札幌市と言っても過言でない石狩市花川南にある「麺家まるたけ」。 オープンは昨年4月。 私が初来店した9月には既に人気店となっていて 駐車場が満車で少し待ちました。 二度目の今回は お昼時間をズラして 油っこいラーメンが苦手となった夫と連れだって1時半入店。 8席のカウンターのうち タイミング良く2席が空いてて着座。 残り1つと教えられた半チャーハンを頼み 事前情報一切無しの夫に「ここは味噌ラーメンがお勧め」と伝えて2人分注文。

    地域タグ:石狩市

  • 黒猫りぃちゃんが 老いて甘えん坊に

    我が家の黒猫りぃちゃん(♀)は 先月3月3日に16歳になりました。 北海道の三寒四温のこの時期には 人間年齢で言えば80歳の高齢猫のりぃちゃのためにエアコンを点けて外出し 慣れない操作アプリで外出先から室内温度を管理しています。 夜中や朝方には餌が欲しく鳴く回数が増えてきたし 暗がりでは不安を感じるのか凄い声で泣き叫ぶようにもなりました。

    地域タグ:札幌市

  • 「きたきた捕物帖」宮部みゆき・著

    3歳のときに 夕市で母親とはぐれて迷子となって捨てられたような北一が そのまま16歳まで 文庫屋の”岡っ引き千吉親分”の元で育てられました。 役者のように良い男で才覚も人望もあった千吉親分が46歳の若さで 馴染みの女宅で自分で造ったフグ鍋に当たってあっさり死んでしまったのです。。 千吉親分が受けていた”赤房の十手を 本所深川同心の沢井様に返して 文庫屋は一番目の兄弟子が継ぎ 他の兄弟子たちは他に散り 残されたのが目の見えない千吉親分のおかみさんの若葉と 身寄りが無く小柄で髪が薄く髷も結えない下っ端弟子の16歳の北一。

  • 我が家の落雪が直撃して 娘の車が凹んだ

    晴れた天気の翌23日午後 久しぶりにと孫の雪ちゃん(2才5か月)を連れてやってきたのは長女。 「隣家の屋根の雪が落ちた」のが見えて 慌てて娘は車を移動しに行ったときには遅かりし 「ド・ドッドーッ~」の凄い勢いで 娘婿の大切な車に我が家の屋根の雪が直撃。 恐る恐ると雪を払ってみると 車の屋根がフレームまで響いて凹んでいました。 孫の顔見せの親孝行が裏目に出てしまい 私たちは申し訳ないやら困ったやらの気持ちとは別に 頭の中は”車の修理費算段”にフル稼働。

  • 野付産 ジャンボホタテが届きました。

    大きな保冷箱には ほたて貝が40枚くらいと北寄貝も10枚入ってましたが 貝殻を剥くのは三陸生まれで「MY貝殻外しステック」を持つ私の得意技。 三ほたてを見慣れた私でも驚く程 野付産ほたては”貝殻が大きく 中味の貝柱もジャンボで 綺麗なアイボリー色。 焼き用に殻付きを数枚残して 他は貝柱とエラと耳に分けて ウロを取って余さず食べられるように調理しました。 貝柱は 刺し身・バター焼き・天ブラ用にして エラと耳は甘辛生姜煮に。

    地域タグ:別海町

  • 深夜に 宮城・福島に震度6強の地震

    5日前 東日本大地震から11年目の復興した故郷・気仙沼に向けて エールを送ったばかりなのに・・・。 就寝前に札幌でも揺れを感じて 震源地が東北・福島沖と知りました。

    地域タグ:宮城県

  • 東日本大震災から11年目の祈り

    震災後の10年から11年目の1年の間に 故郷・気仙沼は朝ドラの舞台にもなり 色んな番組でも見かけるので 復興した観光地として売り出しているみたいです。 5年前の同級会で帰ったきりで 気仙沼が画面に映る度に 知らない町を辿るよう私はテレビに見入り 生まれ育った鹿折地区が映らないかと目をこらします。 鹿折の地元知人ですら変貌が激し過ぎると嘆く故郷は 北海道に住む私には知るはずも無い町になりました。

    地域タグ:気仙沼市

  • 宇宙語を話した雪ちゃんは 今はAIロボットになりました。

    1年前の今頃 喃語を話す前に宇宙語で私に話しかけて来た孫・雪ちゃん(2才5か月)は思った通り とてもおしゃべりで表情の豊かな女の子に育ちました。 生後100日過ぎた雪ちゃんの首が座った冬 北海道は全国初のコロナによる「緊急事態宣言」を発令しました。 本来なら世の中を知る最初の時期に 極力外出を控え会う人も限られてしまった状況になったのですが それにもかかわらず雪ちゃんは喃語も二語文も三語文もあっさりクリアして 「りぃちゃん(飼い猫)が ねんねしているから しずかにしてあげようね」などと 普通に私たちと日常会話をこなしてました。 2才過ぎて初めて経験したこと 好奇心が満たされたこと 楽しいと思ったことを誰かに話したくてしょうがないらしく 何日ぶりかで私に会うと 「ばあば!!」「ばあば!!」を5回以上連発して呼びかけ 自分の話を聞いてちょうだいとばかりに促してきます。 私は 雪ちゃんの声や表情を見ているだけで楽しくて 「赤いお花がきれいだった。オカーたんとばあばにもみせたいね。と言ったんだ」など 覚えたての言葉を一生懸命使ったカワイイおしゃべりを 笑顔で聞いています。

  • さよなら「4プラ」 さよなら「ブリックブラッカ」

    市民が「まん防と記録的な大雪」に追われていた1月末日 札幌繁華街のド真ん中に建つ通称”4プラ”と呼ばれて親しまれていた「4丁目プラザビル」が老朽化により 築50年の幕を閉じました。

    地域タグ:札幌市

  • 札幌は猛吹雪でも 孫との色えんぴつ時間

    コロナのまん防期間も3月6日まで延長となった中 北海道は昨夜から大荒れの天候で 今日も明日も札幌駅発のJRは全面運休です。 ”色鉛筆お絵かき”をリクエストされて 幼いなりに登園自粛の不安もであるだろうと 美しい色で柔らかい書き味の色鉛筆を好きなように使わせて描かせました。

    地域タグ:札幌市

  • 孫と一緒に バレンタインカード作り

    コロナ禍で 保育園を自粛休園中の花ちゃん(4歳)は フリーランスのお父さん(私の長男)と 先週1週間は共に過ごしていたのですが 今日はお父さんの都合で 我が家での預かりっ子になりました。 朝花ちゃんは 買って貰ったばかりの「黒豚」と「牛」の立体内臓パーツパズルを意気揚々と持参して ばあばの私にもチャレンジさせるのですが 説明無しの初見では肉パーツ組み立ては難しく 孫の期待圧に耐え切れずに 「本日はバレンタインディだから「ハート」をテーマに お絵かきしよう」と 私は提案したのです。

    地域タグ:札幌市

  • 2月6・7日 札幌は過去最多の降雪で機能マヒ

    5日の土曜日3時頃から 天気予報通りに雪が降り出して 夜遅くなるにつれてズンズン積もって 朝起きてみれば40㎝の積雪。 6日は日曜日とは云え 車庫前の雪だけは除雪しておこうと 降りしきる雪の中夫婦で雪かき作業すること1時間半。 その間札幌市内に「大雪警報が発令」!! 見る見るうちに40㎝くらい積もり 小降りになった頃合いを見計らって 2回目の雪かきは2時間終了。

    地域タグ:札幌市

  • 北海道に 雪もコロナも勘弁してほしい

    新しい年を迎えて心機一転 今年こそ落ち着いた生活をするつもりが 相変わらずのバタバタ毎日で ブログの更新もままなりません。 これまで病気知らずだった私が 免疫力低下による病院通いが続いて 大晦日の会食も正月の集まりも簡略化したというのに 何故か煩雑さが増してます。 12月中旬 突然襲った夜中の激痛で受診した内科医に勧められ 翌1月に5年ぶりの大腸検査をしてみると 初期ポリープが見つかり除去手術を受けました。 翌日朝には札幌では珍しく 一晩で50㎝もの降雪があり バイトに行く夫のために車庫前の雪をかいてようやく車を見送りましたが 降り積もった雪は残ったまま

    地域タグ:札幌市

  • 札幌市内の道路が 積雪で大変なことになっている

    札幌には11日から今日まで重い雪が降り 雪を捨てる場所も少なく無くなっても 初老の私たち夫婦は 朝から昨日積もった30㎝の雪を排雪してました。 札幌市内に雪害警報が出て 飛行機・JRの運休 バス運行の混乱している中 私は仕事に行き大変な目にあいました。 仕事の終了時間頃帰に高速道路が通行止めとなり 近くの沿線道路にそのまま車が押し寄せてまったく動けなく それならと一旦札幌市内を出て 遠回りして隣の江別市と当別町を廻って 3時間半かけてヘロヘロになって帰宅。

    地域タグ:札幌市

  • 昭和の「少女マンガ・ベスト100」を掲載した 30年前の雑誌を発掘!! 

    先日 別な探し物をしているうちに発掘したのが 1992年9月発行のお宝雑誌「クレア」。 物心ついた頃より近所に住む3姉妹の従妹たちの末っ子 4姉妹のようにして育った私は 「マーガレット」も「少女フレンド」も「月刊なかよし」も 順番を守って一番最後に読んでました。 なので 一番上の従妹姉ちゃんが買っていた「女学生の友」に連載された「チッチとサリー」も 小学生で既に読んでました。

  • オシャレ小物が 防寒用になりました。

    まさか まさか!! 12月の北海道が こんなに厳寒の冬を迎えるとは思ってもいない秋のこと。 コロナ禍で控えていたウインドーショッピングでデパートに行った際 売り場の店員さんが「一生もの」と語る 有名ブランドの6万円以上カシミアマフラーを 人生の折り返しを過ぎた私には ”減価償却”できないと思って帰ってきました。

    地域タグ:札幌市

  • 2022年 謹賀新年

    北海道は昨年末より真冬日が続き 経験したことのない厳寒の毎日で 天候の変異を肌で感じています。 年が明けた元旦も 朝から吹雪いていて窓から外が見られませんでした。

    地域タグ:札幌市

  • 2021年の大晦日に思うこと

    今年も北海道は コロナ禍による制限生活から始まりました。 それでも我が家は いつもの一年で終わるはずでしたが 暮れの押し迫った頃になって 息子家では華ちゃんが熱を出し 娘家では 長時間リモート勤務の婿さんが疲労でダウン。 そして私は帯状疱疹予後で 動く度に痛みを感じるチクチク病となり 負担が多くなるので3家族が集まる年末年始の行事を 急遽に前日に取りやめました。

    地域タグ:札幌市

  • 帯状疱疹と診断されて その後

    赤い疱疹を”ウイルス検査キット”で診た皮膚科先生は 「初期だけど間違いなく帯状疱疹」と診断を下し 「孫預かりで忙しかったんだね」と労わってくれました。 そしてを「水疱瘡に罹った大人は大丈夫だけど 幼い子供は水疱瘡として発病するから気をつけて」と言われ 直ちに”接見遠慮メール”を一斉送信。 発病の早い段階で抗ウイルス剤を1周間飲み続け 仕事と雪かき以外は静養してました。

  • 夜中の突然の激痛は 帯状疱疹の前兆だった

    その痛みは真夜中を過ぎた2時頃 突然私の脇腹と腰を襲った。 寝ていたはずの意識が 「この激痛は どこから来たのか??」と 痛みの場所を探し前夜も同じ所が痛くて目が覚めたこと思い出させた。 そのときには 私の体を布団替わりにして眠る 高齢猫・りぃちゃん(16歳・♀)の安眠のため 寝返りを我慢してて「腰の筋でも痛めたのだろう」と 日中鈍痛をやり過ごしたことも思い出していた。 「尋常ではない痛み。これは今までに経験したことの無い痛み ・・・」を 2時間程耐えて りぃいちゃんの身体どかした後に 身体の位置を替えて仰向けに寝ようとしても 脇腹と腰が痛すぎて眠れず うつ伏せ寝で左右に重心移動をしながら少し寝た。

  • 2021年8・9・10月「天使が遊ぶ庭」日誌

    「宿根草花壇のガーデンデザイン(中級・上級者編)を学ぶ中で 自然植生をモデルにした「ナチュラリステイック・プランディング」の植栽デザインの手法を取り入れた「メドウガーデン」と言う言葉に 初めて出あったのです。 ゆくゆくは私の小さな「天使が遊ぶ庭」を 自然界の野の花が咲くような庭にしたいです。 北海道の草花が 季節の移ろいの中で変化する様を眺めていたいのです。 激変する気候にめげず 寒さに強い宿根草が育つ過程を見ていたいのです。

    地域タグ:札幌市

  • 2021月6・7月「天使が遊ぶ庭」日誌

    我が家に庭に一番花が咲いている時期でもあり 新しい植栽を植える時期でもあります。 4M×15Mの細くて長い小さな庭は 私が一人でレンガを敷いて小道を作り その後の宿根草を植えも 用具作りも 気ままに好きなように作業して形にしています。

    地域タグ:札幌市

  • 2021年3・4・5月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    ・2018年 庭の地面をならして400個ミックスレンガで小道造り。 完成して間もない9月6日 胆振東部地震が発生して北海道は全域停電に。 ・2019年 植栽する宿根草探のとき 近隣の宿根草専門店の初「期間限定直 営店」に偶然出合う。 ・2020年2月 北海道はコロナ禍による緊急事態宣言 又は外出自粛を発令。 2021年9月末 コロナ禍の自粛は解除されるが 生活様式は激変してお家時間の見直しが始まっていた。 こじつけのような話ですが 今思えばギリギリのタイミングで 庭作りを始めて終えたと思います。 北海道 特に私が住む札幌市内は コロナ禍による影響が大きく 緊急事態の制限内容もどこの地域よりも早くて そして厳重でした。 私が落ち込むことなく淡々と 日々の生活を送ることができたのは 目の前に「天使が遊ぶ庭」があり 手入れや管理することで気分がまぎれていたからです。 後日談ですが 顔見知りの方 見知らぬ通りかがりの方々にも 我が家の庭の元気で美しい花々が慰めとなっていたようです。 そんなことを含めて 下記の守護神様からのメッセージは とても有難いものとなりました。

    地域タグ:札幌市

  • 北菓楼 札幌本館  ~リノベーション・安藤忠雄~

    こちらの北菓楼・札幌本店は 前から一度来たかったお店です。 2015年4月 世界的建築家・安藤忠雄さんの札幌講演の際 工事中の真駒内滝野霊園の頭大仏の工程写真も見せてくれましたが 北海道開拓時代の建物をカフェにする仕事があるとお話してました。

    地域タグ:札幌市

  • はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

    はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? ブログ開始2009年頃から 旅をする機会が突然増し 頻繁に旅先でも虹に出会いました。 まるで私は 「虹を求めて 人生を旅をしているようだ」の想いをブログ名にしました。

  • 古希・じぃじと幼い孫の 「さよなら市電・M101型」乗車作戦

    10月古希の誕生日を迎える夫に 「節目の誕生会に 何かして欲しいことある?」と だいぶ前から打診してました。 その頃コロナ禍中でもあり 「遠出も 食事会も大げさなことはしたくない」の返事に油断していたら 鉄オタで特に市電大好き夫が ベージュと緑色のレトロ車両が人気の「10月末引退の札幌市電・M101型に 孫たちと一緒に乗りたい」と言い出したのです。

    地域タグ:札幌市

  • 朝ドラ「おかえりモネ」が終了して ロス中です。

    震災から10年目の2021年春 朝ドラ「おかえりモネ」の舞台が 私の故郷・気仙沼と発表され 脚本は大好きなドラマ「きのう何食べた」の安達奈緒子さんで 主人公・モネは 静かな感情表現に定評がある清原果耶ちゃんなので とても楽しみにしてました。 その後コロナ禍が起きて 気仙沼での撮影が短時間だったり 放送開始が5月中旬と遅くなったのですが 気仙沼の友人たちから「エキストラ出演したよ!!」のメールが届いて より心待ちにしてました。

    地域タグ:気仙沼市

  • 堤真一さんの「ファミリーヒストリー」後 息子が誘った晩秋の湖水巡り

    息子が何を思ったのか スパイシーなカレーをご馳走してくれた後 ジャストなタイミングで紅葉した湖水に ドライブで連れて行ってくれました。 「親孝行をしたいときに 親は無し」を 何処かで学んだようです。

    地域タグ:札幌市

  • ゆにガーデン 色づき始めた「コキアの丘」

    札幌から車で2時間弱の夕張郡にある「ゆにガーデン」は 北海道最大級の「コキアの丘」で有名です。 ほうき草よ呼ばれるコキアは 春夏に爽やかな緑色で 秋には赤く変色し 昨年の今頃道内ニュースでは 真っ赤に染まった「ゆにガーデン」の美しいコキア映像が流れてました。

    地域タグ:由仁町

  • 天之御中主神様から頂いた ミラクルな一日

    一方その頃私は 17年前の恩人と思いがけずに遭遇してました。 仕事先の机から何気に目を上げたとき 見覚えがあるお男性が通り過ぎました。 思わず挨拶をしようと腰を浮かすと 男性はかけていたマスクを少し外し 「僕のことを覚えてますか」と近づいてきたのです。

    地域タグ:札幌市

  • 天之御中主神様が見せてくれた ミラクル天体ショー

    今回の話は 私の生粋の感知能力より生じた妖しい話です。 その後 天之御中主大神様は仕事運の神様でもあることを聞きつけた 就活中の長女が 相馬神社にお参りすると 早速入社が決まりました。 お礼方々 天之御中主大神様に”神と意”すると天之御中主大神様は 長女へこのようなメッセージを降ろしてくれたのです。 ~~~『その会社で 修行してくれば良いのだ。 足りない所 足りてる所を知り 平らな人になるのだ。 それは自分を大切に 周りを癒すことでもある。 そう思って私が繋げた』~~ 2021年7月27日 結局入社した会社は 2歳の雪ちゃんを預けて働くには無理な職場と感じて 長女は「自分の仕事スキルの足りない所 足りてる所を模索」していたのです。 縁を繋いでくれた天之御中主大神様へのお礼はしなければならないし 今の状況を報告するのも神様への礼儀を尽くすことだ。と 当日私は強く言い 家族3人で相馬神社にお礼の参拝に行ったのです。

    地域タグ:札幌市

  • 公園巡りのはずが 頭大仏様にご挨拶

    北海道に出された第3波コロナ緊急事態宣言は 間もなく解除される見込みですが 長男家の孫・花ちゃん(4歳)は 先月初めから保育園をほぼ休んでいます。 長男宅周辺の小中学校から 感染者や濃厚接触者が出て 家族感染拡大を案じた保育園から「登園自粛要請」が出たのです。 私一人が車から降りて 遠くに見える頭大仏(安藤忠雄・設計)に コロナ禍中の日ごろのお礼を述べている 小さな足音がして振り返ると 長男に連れられた花ちゃんが立ってました。

    地域タグ:札幌市

  • 「シャトレーゼ」の チョコバッキーを食べました

    接種者は私一人で 滞りなく完了してクリニック後にすると 甘いバニラの香りがして 匂いに誘われて入ったお店が「シャトレーゼ」都心型ブランド店のYATSUDOKI。 ここのお店にも 一度食べてみたいと願っていた”チョコバッキーアイスがあるかもと探せばあったので もしもの副反応熱に備えて ”チョコバッキー”と”甘おう苺のやわらか氷バー”を買いました。

    地域タグ:札幌市

  • ワクチン接種に行ったら 前の人が副反応で倒れた

    先週 同世代の人たちより遅い 1回目コロナワクチン接種に行ってきました。 運よく孫たちが通う小児科で予約ができて 体温も測り 先生の問診も滞りなく済ませ 看護師さんがトレーに載せた私用のワクチン注射を打つ瞬間 扉の無い隣の部屋から「スミマセンーン!! 具合が悪いんですけどー」と弱々しい声がして ソファに座っていた若い男性が崩れ落ちました。

    地域タグ:札幌市

  • お弔いを呼び寄せる女性

    タイトルの「お弔いを呼び寄せる女性」とは 付かず離れずの交流が長いママ友・Kさんのことです。 Kさんは いつも最初に”突然死の”知らせ”を受けるので 誰かに事情を話したいけど相手を選ぶ内容だから・・・というとき 生家が霊能家系出身の私に連絡が来るのです。 と言っても神様系のことならともかく 仏様系のお化けも幽霊も見たことが無いので 頼りのないただの話相手なのですが。。。

    地域タグ:札幌市

  • 終わって始まることもある

    話が変って 終わったオリンピックの話です・・。 オリンピックが始まる前には 不祥事辞任が多々ありましたが 開会式の演出には全く影響が無く 日本のエンタメ業界の素晴らしさを見せてくれるだろう!!と 思っていたら 見事に裏切られてガッカリでした!! アスリートたちは コロナ禍で1年延期 直前の無観客決定等 様々なアクシデントを乗り越えて 素晴らしい戦いぶりと感動を 私たちに届けてくれました。 そのアスリートたちに敬意を込めて 巨額の予算枠を持つIOC側は 不評だった開会式の演出を顧みて 2週間の間に閉会式はちゃんと演出してくれるはずと期待していたのですが 意味不明な演出で退屈でした。 私は日本の国民性も伝統文化も大好きなので 「日本人の美意識で 世界に発信する演出センスって こんなもん?? そんな風に思う私の感覚が歪んでる??」と思い SNSを覗けば コメント欄には同じような感想が投稿されてました。 「面白くないものを 面白くないと感じる感情。日本の良さを きちんと表現してほしい気持ちが溢れてて 日本はまだまだ捨てたもんじゃない!!」と 意外な所で救われました。

    地域タグ:札幌市

  • 札幌の五輪競歩・マラソン日に 我が家はドタバタ   

    昨日の8月6日は 札幌会場のオリンピック男子競歩が午前中にあり 夕方は女子競歩が行われました。 69歳の夫がワクチン予約券が届いた数日後 かかりつけや近隣の病院に連絡しても予約が取れず ようやく予約ができた場所が札幌を横断する大型会場であり 6日は2回目ワクチン接種日でした。 昔から夫は「大のオリンピック好き!!」で コロナ禍前から「自分の人生最後の札幌会場オリンピックで ボランティアをする!!」と言ってたのですが このご時世なので諦めてもらいました。 2回目ワクチン接種と競歩日が日程が重なると 夫はソワソワし始めて 家族から「大通り会場で競歩観戦して コロナに感染したらどうするの」と言われてもどこ吹く風でした。

    地域タグ:札幌市

  • 北海道で 「うに丼」が食べられない!!

    昨年はコロナで諦めた「至福のうに丼」が食べたくて 予約ができないをうにの産地のお寿司屋に行きました。 海が荒れてて前日までうに漁ができなかったこともあるけれど 「価格が高騰していて「うに丼」にする量が確保できなかった」というので 本命のうに丼は無し。

    地域タグ:古平町

  • 2021年 ロイズローズガーデンの花たち

    今年の北海道は 比較的気温が高く雨量も少なく 薔薇の開花がいつもより早め。 先に「白い恋人パーク」で薔薇を観ていたので あいの里ロイズローズガーデン行きは出遅れました。

    地域タグ:当別町

  • 相馬神社隣は さっぽろ純連札幌店だった

    相馬神社の駐車場を探して辺りをぐるっと一周してみれば なんと隣は味噌ラーメンで有名な「さっぽろ純連札幌店」でした。

    地域タグ:札幌市

  • 2021 年夏越祓いは 天之御中主大神を祀る相馬神社へ

    夏の大祓いの6月30日 北海道では珍しい天之御中主大神を単柱で祀る 相馬神社にお神酒を持参して行ってきました。

    地域タグ:札幌市

  • 白い恋人パークで薔薇見学

    札幌市内の便利な場所にあり 我が家からも近い 北海道土産の定番で有名な石屋製菓本社敷地の「白い恋人パーク」に2時間程滞在して 薔薇を見てきました。 「白い恋人パーク」は ここ何年か海外からの観光客多く 私は混雑を避けていたので久しぶりの訪問です。 札幌市は6月21日からコロナ自粛がまん延防止期間となり 今なら人が少ないだろうと自粛通知が出て幼稚園を休んでいる孫の花ちゃん(4)と 花ちゃん育児で仕事をセーブ中の花ちゃん父の長男と3人で出向いたのですが 子どもも大人も楽しめるパークになってました。

    地域タグ:札幌市

  • 2021年夏至も シリパ岬へ

    正確には曜日の関係で 昨日の夏至前日 いつものシリパ岬に向いました。 彼の地にあるフゴッペ洞窟には古代人の壁画が残っていたり 縄文時代の祭祀の場所?と思われる西山崎環状列石があり 古代よりフゴッペ岬は黄金龍神が棲んでいると言われている場所です。

    地域タグ:余市町

  • 札幌で 藤の花巡礼

    ここ最近 鬼が藤の花を嫌って近づかないと言われる「鬼滅の刃」余波で 藤棚巡りが人気みたいですが そんなことを知る由も無く コロナ規制延長で外出を控えて保育園を休んでいる孫たちと 市民の公園に藤棚を見に行きました。 しかし開花の時期には少し早く 広い芝生を駆けまわったり 水辺をのんびり散歩して帰って来ました。

    地域タグ:札幌市

  • 「緊急宣言延長」は 6月20日まで延長に

    予想通り北海道は コロナによる緊急事態期間が延長となりました。 道民はに昨年2月末から外出制限が入り 消化不良の日常が続いてますが 今月初めには 東京オリンピック・札幌会場でのテストマラソンは行われ 沿道で多くの観客が応援していました。 本番のマラソン競技が無観客でも 通りがかったふりをした市民は応援に行くかと思います。 2週間前の非常事態発令時には 全国からジャニーズファンが札幌に集まっていたので 人の動きには 歯止めがかけらない状況になっているのかと思います。 この頃の道民は 中央政権の顔色ばかりを窺う後手々々判断の若い知事に期待することも無くなり 各々のコロナ価値観が如実となって相違もあ…

    地域タグ:札幌市

  • 母の日のサプライズ紫陽花が ミラクルを呼んだ

    5月9日の母の日を前にして 我が家の子どもたち〈長男・長女)は まさに子育て世代なので 週末は各々の家で予定があるだろうと思ってました。 買い物も済み 花好き母娘が紫陽花売り場を眺めていると 2人同時に「素敵な紫陽花~!!」と見惚れたのが 日本髪に飾る花簪の”つまみ細工”状に咲く ”万華鏡”という新種の薄紫色紫陽花。 娘はその場で「万華鏡」について検索し 「来年の母の日は この紫陽花を買ってあげるね!!」なんて言ってくれました。 因みに私が最初に選んだクレマチスも薄紫で 見惚れた万華鏡紫陽花も同じく薄紫色。

    地域タグ:札幌市

  • 敬愛する花人・紫竹おばあちゃんを偲んで

    5月4日に 北海道・帯広の観光庭園「紫竹ガーデン」を作った 紫竹昭葉(本名・昭代 1927生)さんが 94歳で亡くなりました。 ご主人を亡くした63歳ごろから 悲しみを越えて自分らしく生きたいと 郊外の牧草地を買い取って庭園作りを始め 2年後の1992年には「紫竹ガーデン」を開きました。

    地域タグ:帯広市

  • 今年の札幌の桜は 静かな満開

    本州の桜が1ヵ月以上前に 満開の時期を終えても 札幌の桜の開花は 例年GW前後。 今年の開花予報は 4月22日だったのですが 思ったより日中の気温が上がらず 私の住む郊外では 大きく予報が外れて その頃まだ三部咲き。 4月25日 5月に入っても青空がのぞかず 冷たい雨や風の肌寒い日が続いたのですが 桜好きの私は 散歩ついでに桜観察をして 知人に「桜画像」を届けてました。 4月28日 今年は特に寒かったし 市内のコロナ感染者がまたか増加している最中なので 外出を控えている年上の友人たちが 私の「桜情報」を喜んでくれました。 来年こそ 青空の元で咲く満開の桜を 気兼ね無く楽しみたいものです。 5月…

    地域タグ:札幌市

  • テレビを40型から 55型に買い替えました

    4月20日 夕食を摂りながらテレビを観ていたら 突然画面右側に縦ストライプが入るようになりました。 思い起こせば 指名買いしたシャープ40型アクオス・亀山モデルは 12年前に購入。 同時に買ったビデオデッキは とうにガタが来ていて 時間の問題と思っていました。 子どもの頃「町の電気屋さん」に憧れていた夫は 「明日 もう一度電源を入れ直して 再点検する」と言ったものの 朝には5㎝巾だった縦ストライブが 右側全体に広がってました。

  • 定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川

    念願の「ぬくもりの宿 ふる川は」は 至れり尽くせりで夕食の懐石料理も 先取り季節を感じさせてくれて 朝食は今どき珍しい料理人手作りの和食バイキングでした。 もちろんコロナ対策も万全で 宿泊客は食事場所でも手袋・マスクは必須着用。

    地域タグ:札幌市

  • 結婚記念日 10日前出来事のその後

    前回の続き。 一応最後まで添い遂げるつもりでいた夫が あまりにも身勝手な言い分を通すので 「もういいな!!」と 私の右頭にあった”我慢の糸”が プツンと音を切れて3泊4日の家出を決行。 元から価値観の違う夫婦なので そのことは今更の話なのですが 同じ年月を重ねた妻を労わることもできず 自分の言い分を曲げられない老いた夫に呆れました。 家出の間 一度も連絡をすることがなかった私は 自分の気持ちにも気づいたのですが 老黒猫・りぃちゃん(15歳♀)のゲボ吐きによって 新しいカーペットを居間に夫婦で敷き直すしているうちに 何となく自宅に戻っていたのです。 年月とは不思議なもので日常的な会話がなくても …

  • 結婚記念日 10日前の出来事

    毎年4月7日の結婚記念日を迎える度に 趣味も価値観も違う私たち夫婦が ここまで持ち堪えているな」の感慨に浸ります。 しかし今年の記念日10日前 3月27日の夜「世の中 何が起きるか解らない」ことが 私に起きたのです。

  • 本日は 42年目の結婚記念日

    今年の4月1日を越える辺りから ブログの更新も滞る程 我が家のそれぞれに転機が起きて バタバタと気忙しくしていました。

  • 北海道初アイスクリーム屋さんの「鍋焼きうどん」

    小樽お墓参りの帰りに 昼食で寄ったのが 都通りにある創業50年以上の「パーラー美園」。 ここのお店は 北海道で初めてアイスクリームを販売したお店として知られているのですが 小樽では「鍋焼きうどんの美味しい店」としても知られています。

    地域タグ:小樽市

  • 日本海の祈り後 太陽に黄金の輪

    せっかく私の故郷・気仙沼に行ってくれたのに 何かがあったかなと思っても 帰宅後も高熱が続く Hさんとのメールでは埒があきません。 それで私が祭壇に向い 守護神様に”神と意”すると 幼い御霊たちがワイワイ集まって「つみのこしがある」と 教えてくれました。

    地域タグ:余市町

  • 3月11日 鹿折地区に心を寄せて

    何年経っても3月11日は 気が重くて 10年目の節目となれば特にです。 直接の被災当時者ではない私は あの日人生の分岐点を迎えた2人にだけ 連絡を入れます。

    地域タグ:気仙沼市

  • 気仙沼の海を渡る「かなえ大橋」開通

    3月6日 三陸沿岸道路「気仙沼港IC~唐桑半島IC」開通式が行われました。 夜には 気仙沼湾横断橋〈愛称・かなえ大橋)の開通記念の花火大会も開かれました。 リアス式海岸気仙沼湾には 神明崎 柏崎 蜂ケ崎の三つの岬が突き出しているので 三つの脚がある中国の煮炊き道具に見立てて「鼎が浦」という呼び名があり 「夢 願い 希望を叶える」の意味もこめられているそうです。

    地域タグ:気仙沼市

  • 孫の雪ちゃんと 宇宙語でおシャベリした2週間

    雪ちゃんとは 緊急帝王切開同意書類に全て私が同意した経緯もあって 祖母と孫の縁を強く感じる仲なので 歳は違えど一緒にいても窮屈に思うことも無く おままごとやぬいぐるみでいつも一緒に遊んでいました。 2週間前に おもちゃのキッチンセットで2人で遊んでいたとき 突然雪ちゃんが「й☆。⤴∞。§*⤴;。⤵>й±。⤵。★#⤵。?⤴%⤴ζ⤵⊇。。」と絶妙なイントネーションで話し出したのです。

    地域タグ:札幌市

  • 出雲から届いた 赤い「福神祭」御幣

    昨秋 出雲大社の氏子であり大鳥居近くに住む友人から 出雲の神在月に稲佐の浜の神事「神迎え」の際 般参列者に配られていた御幣が 今年はコロナ禍で 神職の方々のみで執り行うため 「配らないことになった。」と連絡があり 仕方がないと思いつつ そのとき残念な気持ちが声音に出たのでしょう。

    地域タグ:出雲市

  • 山本 兼一著「命もいらず 名もいらず」上・下

    先日 図書館の寄贈本棚でみつけたのが 山本兼一著「命もいらず 名もいらず」上(幕末篇)・下(明治篇)の2冊。 この本の主人公は 飛騨高山の武士の家に生まれ 後に江戸に出て剣術の腕を磨き 江戸城無血開城の”真の功労者”と言われる山岡鉄舟です。 名前を聞いたことがあっても 何となく幕末から明治時代にかけて活躍した剣剛の武士だろうと思っていたので まずは山本兼一さんの時代小説の力量を信じて読むことにしました。

  • 人形・ソランちゃんのソファを作りました。

    ソランちゃんとは 3歳になった孫の花ちゃんの誕生日に お父さんとお母さんがプレゼントしてくれた抱きお人形です。 それなら私もと思いついたのがインテリア業らしく いつも立って飾られているソランちゃんのソファ。

    地域タグ:札幌市

  • 17年後に届けた「もって菊」レシピ

    17年前 娘の友人・Kちゃんは鳥の照り焼きと野菜中心メニューの中で 無口なKちゃんが中鉢の”菊の酢の物”を興味深げに見ているので ~~昔山形のお殿様が ひなびた農村で道に迷い お百姓さんがお殿様に食事を出すことになりました。 貧しい村には高価な食材は無く 庭の”菊を酢の物”にして出したら たいそうお殿様は気に入られて 「こんな美味しいものを お前たちが食べているのはもってのほか」と言ったとか言わないとかで 以来「もって菊」と言われている~~ の講釈付きでKちゃんに食べて貰ったのです。

  • 氏神神社境内に 家族全員集合

    いつもの年の我が家の正月は 家族全員で正月膳を囲んだ後 氏神神社に初詣に行ってました。 今年はコロナ禍による人混みを避け ”初詣は10日11時 氏神神社境内に集合してから参拝する ”と年末に変更。 別世帯3家族が わざわざ境内に集まってまで初詣をするのには 我が家なりの”ミッション”があるからなのです。

    地域タグ:札幌市

  • 自立した家と畑 2021年

    2020年4月18日 新型コロナウイルス感染による”緊急事態宣言”のとき公開した記事を 年頭にあたりタイトルを変更して再度UPしました。 10年前の東日本大震災当時 驚愕と混乱のさ中にいる私に 神様たちは連日容赦なくメッセージを伝えてきました。 この記事は 被災した父親の生存確認ができた1週間後 疲労困憊して寝ている私を 起こして伝えられたもので 煩雑に紛れて忘れぬようメッセージは必死で備忘録に記してました。

  • 2021年 謹賀新年

    明けましておめでとうございます。 思いがけないコロナウイルスの拡大で 世界中の人たちの生活が大きく変化しました。新しい年が 昨年より素晴らしい一年でありますように。

    地域タグ:札幌市

  • 2020年番外編「天使が遊ぶ庭」木工作業日誌

    暑い夏庭に出られなくなった私が 車庫でしていたのが久しぶりの木工作業。 舞台の大道具のような目隠しフェンスを望んで3年間探したのですが 中々出会わないので 自分で図面を引いて作ることにしました。

    地域タグ:札幌市

  • 2020年9・10月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    8月の暑さが涼む頃 北海道の園芸店では苗物が店頭から消え 花苗を庭に植える人がいなくなります。 それなのに私は 秋に咲く寒冷地に強い宿根草が欲しくてネット検索し 購入して植えてました。

    地域タグ:札幌市

  • 2020年8月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    例年なら お盆過ぎたら秋風が吹くと言われる北海道で 今年は8月に入っても過酷な猛暑は続きました。 5月6月に植えた寒冷地に強い宿根草花には 粘土質の赤土の上に黒土が10㎝乗る状態の悪い土壌で 初めて体験する暑さだったと思います。 花苗に付いている説明タグのアドバイスに従い 日向や日陰と植えたつもりでも 照り付ける日差しの強さで 日中葉っぱも花もヘタり 夕方にようやく息を吹き返す感じでした。 せっかく植えた花苗たちがダメになるかもと ハラハラしてたのでがどうにか持ち堪えてくれました。 私の庭の花苗たちが 自然界の異常気象にも適応できる強さを持っていたのは 本来の種DNAや栽培土壌の質など生まれ育…

    地域タグ:札幌市

  • 2020年7月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    今年の7月は北海道ってこんなに暑かったかしらと思う程 異常気象で連日暑い日が続きました。 「5月6月は 庭に棲んでいる」と言われた私も さすがに熱中症と日焼けを避けて 日が昇る前の1時間と日が沈む頃の水やり1時間の作業でした。

    地域タグ:札幌市

  • 2020年6月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    北海道で園芸苗が一番出回るのは6月で 草花が一番美しい咲くのも6月です。 宿根草植え初年度の昨年は 4月~10月までの間「庭のどこかで花が咲いている」こと考えて花苗を植えてたのですが 連休明けから咲き出した花を見て 首都圏の非常事態宣言に合わせて休業となった私は イメージ通りの花とか 予想外の色とかに一喜一憂して気分転換してました。

    地域タグ:札幌市

  • 2020年4・5月「天使が遊ぶ庭」作業日誌

    年が明けて2月初め アジア圏からの雪まつり観光客からの新型コロナ肺炎が拡大し 北海道は大変な一年となりました。 今でもコロナ禍が続いている年の瀬が近づき ようやく2020年の「天使が遊ぶ庭」作業日誌をUPすることができます。 私自身は雪が溶けた4月後半から 11月末まで て 土に触れ草花と一緒に過ごして ”札幌市民の外出自粛要請”にもあまり戸惑うことなく 毎日庭で過ごしてました。

    地域タグ:札幌市

  • とうとう「鬼滅の刃」23巻 読了

    12月の初めに 新聞全紙に掲載された竈門炭次郎の笑顔を見て その日が「鬼滅の刃」最終話・コミック本の発売日と知りました。 ※ ネタバレ注意です。 先週末 私の読む順番が回って来て 前半は呼吸をするが苦しくなる程の死闘と 善と悪 自我と他我とのせめぎ合いを一気に読みました。

  • 出雲の神様は シニア恋も応援していた

    今思えばその電話は 私の祭壇がある部屋からかけたもの。 部屋には 出雲大社の「平成の大遷宮」夫婦参列時の授与品(おさがり)やら 毎年の神迎え行列参加者に配られるお幣束がありました。 出雲の神集が沢山まる場所での”恋の話”なら 耳の早い縁結びの神様たちが聞き逃すはずはなく 早々に”シニア恋のご縁”を結んでくれたのかなと思います。

  • 札幌市の外出自粛要請直前 スマホの機種変完了

    北海道にコロナ感染者増加による外出自粛要請が出たのが 先週の17日午後2時半頃。 私の携帯寿命が2年経過していて ソロソロ寿命かもと思っていたのですが 機種変はもう少し先にする予定でしたが 11月3日 ”二重虹のゲート”を潜ったミラクル体験以来 私の携帯は低電力モードが加速されて状況は悪化の一途。

    地域タグ:札幌市

  • 北海道は コロナ感染者増加中

    道内の新型コロナウイルス感染者が 先週末に150人を越えて警戒していたら あれよあれよという間にこの4日間で連続200人を越えました。 本州の首都圏の感染者と同等の感染者数に思えるでしょうが 北海道の人口に対するこの感染者の割合は大きな数字で やがてこの数字が本州にも広がるのかと思います。

    地域タグ:札幌市

  • 山下達郎 SPECIAL ACOUSTIC LIVE展 in2020札幌

    10月24日~11月8日まで札幌パルコで開催される 山下達郎「SPECIAL ACOUSTIC LIVE展」に E+チッケト(手数料含¥2130)を予約して行ってきました。

    地域タグ:札幌市

  • 玉ねぎ「札幌黄」まるごとスープ

    「札幌黄」とは 明治4年札幌村(現・札幌市東区)で 日本最初の玉ねぎ栽培がされた際の品種で 病気に弱く日持ちがしないため 後年病気に強くて安価な玉ねぎ品種が栽培されるようになり 数軒の玉ねぎ農家で作られていた”幻の玉ねぎ”です。 札幌市内ではここ何年かの間に カレー屋さん等が中心となり 「札幌黄」を復活させて食材として味わおうの動きがありました。 我が家では知人から昨年 貴重な「札幌黄」5個を貰い 炒めてカレーにして食べました。 食べたときは 「甘味の強い玉ねぎ」と思っただけですが 翌日カレーの残り鍋を見ると 水分が浮き出ていて これが「札幌黄エキスでは・・・」と思った私は 息子家と共に翌年の…

    地域タグ:札幌市

  • 札幌のダム紅葉巡り

    先日 道民に冬のシーズンを知らせる雪虫が飛んでいたので 札幌市内にもそろそろ初雪が降る時期なので その前に10年前見損なった 豊平峡ダムの紅葉を見にリベンジで行ってきました。

    地域タグ:札幌市

  • 七五三参りの付き添いばぁばの オシャレ服が無い!!

    七五三お詣りの前日 「息子たちは フォーマルな服装で参拝に行くみたいだ」と言うのです。 晴れ着を着た3歳の娘に付き添う息子夫婦の後ろに控えるばあばの私が お仕事モードとは如何なものか考えました。

  • Myガーデン「天使が遊ぶ庭」ほぼ完成の翌日 虹の乱舞

    翌日10月5日午後 「思い描いた庭ができた」と感慨に浸っていると 家のあちこちに虹が出現。

    地域タグ:札幌市

  • 安産祈願の授与品で腹帯で作った 白レーススタイ

    孫の雪ちゃんの1歳の誕生日に身に付ける 白いスタイ(よだれ掛け)を ばあばの私にオーダーして来たのです。 土台の白布を探しているとき閃いたのが 安産祈願で授与された手つかずの”腹帯の晒”。 一番有難い白布をお祝い事に使わないのはもったいないので 水に数回晒した後3枚重ねにして型紙通りに裁断。

  • 日本一早い大雪山・黒岳の紅葉は 始まっていた

    急遽5時間の層雲峡観光のため 黒岳ロープウェイ隣にある”観光ビジターセンター”で 黒岳7合目までの所要時間と料金 日帰り温泉の情報して 早い秋の気配を堪能

    地域タグ:上川町

  • PCと水廻り系トラブルは セットなの?!

    無事にPCトラブル処理を終えた昼 久しぶりのゆったり昼食を済ませて食器を洗っていると 何やら洗面所辺りでゴボッゴボッと不穏な音がして見に行けば 洗面台前が水浸し。 前回のPCトラブルに続く 水溢れ2本立てトラブルが起こるとは 思ってもいない展開・・・。

    地域タグ:札幌市

  • 越えられなかった誕生日の壁

    本社の私担当上司と電話を繋ぎ リモートかれこれ3時間程改善対策を講じたものの ”完了”できなかったその日は 奇しくも入社して16年目の初日であり 私の誕生日

    地域タグ:札幌市

  • 今年はお家で 北海道うに丼ツアー

    ”究極のうに丼”に出会い 「今年も行こう」と思ってた頃 コロナ禍が起きて うに丼ツアーは早々に諦めました。 かと言って ”うに好き”の気持ちは変わらない。

    地域タグ:札幌市

  • ごまそば八雲「海老おろし蕎麦」

    私はここ数年 八雲で蕎麦と食べるときは 夏冬”海老おろし蕎麦”(税込924円)のみですが 周りの女性たちも”海老おろし蕎麦”を注文している人が多いです。

    地域タグ:札幌市

  • 送り盆の夕方 鳥の王・鳳凰が現れた!!

    庭の頭上には金の冠の大きな羽の鳳凰が出現して 金色の包みを運びだそうとしてました。

    地域タグ:札幌市

  • 札幌・頭大仏もコロナ禍を憂えてた

    前回は ”花手水中”の氏神神社にご参拝に行き コロナ禍での労いの言述べると 氏神様がお膝元で発生したクラスター感染のことを悔やんでいた。と記しました。 人間界に起きたコロナ禍を気にかけているのは 神様だけでなく 仏様やご先祖様も案じている様子です。 全国に先駈けて2月末 北海道に緊急事態宣言が発令されると ほぼ毎日 息子夫婦の子ども・花ちゃん(当時2歳10か月)を 預かり孫サポートしてました。 花ちゃんとから「保育園に行かなきゃならなくなったの・・・」と打ち明けられて ションボリした孫とばぁばを 息子が人が集まりそうもない真駒内霊園ならと ドライブに連れて出してくれたのです。 行って見れば 生…

    地域タグ:札幌市

  • 氏神神社の神様との会話

    札幌市内の神社境内で 手水をしているというので 本日最終日 毎年正月に家族皆で参拝する氏神神社に行ってきました。 人混み避けた私は 本殿前で 生粋の感知能力をフル活用して 日ごろのお礼と 私たち夫婦のこと 子どもたちのこと 孫たちが健やかに育っていることを氏神様にご報告。

    地域タグ:札幌市

  • 富良野から帰宅後 まさかの夜中の黒猫探し

    前回記事の その日の夜の話です。 コロナの自粛明けに 久しぶりに早朝出発して富良野まで遠出をした私たち夫婦。 本当は 富良野周辺で1泊の話もあったのですが 我が家の飼い猫りぃちゃん(14歳♀)の高齢化もあり シニア夫婦にはキツイ日帰り旅になりました。 念入りに近くに住む元飼い主の娘には りぃちゃんの夕飯用意と 夏日予報に備えて部屋の温度調整も頼んでました。 なのに帰宅してみれば 玄関で出迎えたりぃちゃんの顔が尖がっているので こちらの夕食を後回しにして 夕涼みに庭に連れ出したのが20時過ぎ。 賢いりぃちゃんが 150×2300の大型網戸を右手で開けるのは知ってたけれど まさか庭内だけで遊ぶおっ…

    地域タグ:札幌市

  • 富良野「ラベンダー畑駅」から ノロッコ列車に乗りました。

    コロナ自粛から半年ぶり 鉄道オタの夫と 富良野好きの私の利害が一致して 札幌から車で2時間半の富良野・ファーム富田に4年ぶりに行ってきました。

    地域タグ:富良野市

ブログリーダー」を活用して、虹りんごさんをフォローしませんか?

ハンドル名
虹りんごさん
ブログタイトル
虹の旅人
フォロー
虹の旅人

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用