chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
有閑寫眞倶楽部 黎明編 https://scarecrow60.tokyo/

永世ビギナー写真愛好家。PENTAX & LUMIX一眼使い。東京暮らしを愛しつつ漂泊の思いやまぬ旅鉄ライト層。

永世ビギナー写真愛好家にして旅鉄ライト層。東京・城南でストリートと花と風景をスナップする日々。撮影の腕は上がらず、だだカメラ・レンズ煩悩の募る日々。道具はPENTAX K-3III/Q7, LUMIX G99/GF10, ときどきオールドレンズも。

scarecrow60
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/09/29

arrow_drop_down
  • 辻邦生全集から

    高校生だった頃に国語の教材(たしか通信添削の問題文だったと思う)として読んで、えらく心に沁みたエッセイの一節があります。わたしにもそんな感受性豊かな頃があったんだなあ。遥か昔の話なので「沁みた」ことは良く覚えているのですがどんな話だったか正

  • 小ネタ 無題

  • 京都の辻子を撮る

    京都に好んで遊びに行くようになったのは近年のことで、もともと関西育ちの割には存外にこの街のことを知りません。辻子という言葉を知ったのも最近のことです。辻子(づし)・・・図子という字が当てられることもあるようですが、碁盤の目のように東西南北に

  • 計測中?

    街で見かけた小ネタです。外出のついでに「ん?」と思うものを見かけて、ちょうどバッグにGF10が入っていたので思わず撮りました、というだけのお話。なんでしょう、これ?街中の緑地の一角に「立入禁止」のサインと共に据えられた、全高2.5メートルく

  • 画像管理ツール digiKam がなかなか良い

    以前は撮った写真のデータ保管場所をFlickrにしていましたがSmugMugに乗り換えて、昨年からはそのSmugMugも引き払って単純なクラウドストレージ保管に変えてしまいました。時を同じくしてRaw現像ツールをLightroomからフリー

  • Prime lens散歩 ぼたん苑

    というわけで、標準単焦点smc FA31mmリミテッド一本で上野東照宮のぼたん苑を訪ね、冬牡丹を撮ってきました。この寒い中で牡丹見物なんてのは年寄り臭い趣向かなあ、と思ったのですが、案に相違して来園客は結構バラエティに富んでましたね。老夫婦

  • Prime lens散歩 上野東照宮

    気が付いた方はほとんど居ないと思いますが、正月休みにこのサイトの「ギャラリー」ページを再編集して、素直にマウント別・レンズ別に見られるようにしました。恥ずかしながら、数年間撮り貯めた写真の中から何点か掲載しておりますので、気が向けば見てやっ

  • 備忘録 ファームウェアupdate

    正月休みの間に、機材のファームウェアのバージョンを点検しさぼっていたアップデートをおこなったので例によって備忘のために記事アップしておきます。PENTAX K-3IIIは現在最新のファームv1.70に対して、手元の愛機はv1.50のままにな

  • LEICA DG 8-18mm 来臨

    LUMIX G99を使うようになって、パナライカのレンズを思いっきり重用するようになりました。庶民がなんとか手の出せる価格帯で買えるライカ銘のレンズ。しかもG99と組み合わせて得られる写真の精細さ、色乗りのすばらしさたるや、そのブランドにけ

  • 再び江ノ電で (3)極楽寺・大仏など

    江ノ電に乗って年末のひとり遠足。江ノ島を後に極楽寺にやってきました。鎌倉の極楽寺は、いろいろなコミック・ドラマ作品の舞台となってきたことで知られていますね。わたしにとっては、比較的新しいもので「海街diary(吉田秋生 2006-2018)

  • 再び江ノ電で (2)腰越・江ノ島など

    というわけで江ノ電に乗ってひとり遠足は続きます。鎌倉高校前駅から次の腰越駅まで、わずかひと駅の乗車ですが珍しいものを見ることができました。いまどき板張りの床の車両ですよ。地元の乗客の方々は慣れっこなのか関心のない様子でしたが、わたしは大興奮

  • 再び江ノ電で (1)稲村ケ崎など

    あけましておめでとうございます。まずは新年のご挨拶らしい写真を。本年も何卒よろしくお願いいたします。稲村ケ崎から富士と江ノ島を望むの図。というのも、12月初めに江ノ島に出掛けた時には、天候に恵まれなかったり撮影データを失くしたりと散々な目に

  • 最新記事リンク 補修工事中

    最新記事「北野天満宮・上七軒へ」はこちらです

  • test

    test

  • 2年ぶりの京都 北野天満宮・上七軒へ

    嵐山から嵐電で北野白梅町へ向かい、北野天満宮を訪ねました。良く晴れた12月の土曜の昼下がり、境内は賑わっていますが、喧噪の嵐山と比べるとずいぶん穏やかな感じでホッとしましたね(笑)。諸病平癒の撫牛。この数日前にちょっと足の関節を痛めていたの

  • 2年ぶりの京都 嵯峨野・祇王寺へ

    祇王寺です。「そうだ、京都行こう」1994年秋編、2021年初夏編のキャンペーン映像の舞台となったあの祇王寺です。モミジと苔の名園で知られるお寺です。JR、嵐電、阪急のいずれの駅からもちょっと遠いこともあってこれまで足が向きませんでしたが、

  • 2年ぶりの京都 奥嵯峨へ

    2年ぶりに関西に出掛ける機会ができたので、帰京を1日延ばして京都で写真散歩を楽しんできました。天気が良かったのと、増え始めた観光客の人混みを避けたかったので、まだ行ったことのなかった奥嵯峨あたりを歩いてみました。LUMIX G99を手に京都

  • 表参道30分1本勝負

    港区・青山あたりで野暮用をこなすのに、約束の時刻まで30~40分ほど余裕があったので、原宿駅から表参道交差点まで30分一本勝負(昭和生まれにしかわからない用語)で写真散歩してきました。こういう有無を言わさず撮り歩く時には、FUJIFILM

  • 江ノ島・・・その後やらかした件

    12月初旬、人と会う用事があって湘南・江の島方面に出かけました。ちょうど映画「THE FIRST SLAM DUNK」が公開されたところだったので、ついでに、いい歳して恥ずかしながら”聖地"巡りでもしてみようかと思い立ち、鎌倉から

  • Tが来た!

    「PENTAXファンミーティング2022秋」が先日開催されました。毎回あれやこれやと楽しませてくれるイベントなので、今回もひそかに心待ちにしていました。しかし、当日に止むを得ない所用ができてしまい視聴できなかったのです。気が付いたら終わって

  • LUMIX G VARIO 35-100mm F4-5.6

    マイクロフォーサーズマウントの望遠ズームレンズ、LUMIX G VARIO35-100を入手して、試し撮りしました。Gシリーズの中では最も廉価な部類に入る普及品クラスのレンズですが、なかなか達者な写りであることは、以前使っていたので良く知っ

  • 記事のカテゴリー・タグの見直し 備忘録

    読者の皆様にとってはおよそどうでも良いことかもしれませんが、ブログ記事に設定しているカテゴリーとタグの運用を先月末に一部変更したのでお知らせすると同時に、ほぼ自分向けの備忘録にするためにアップしておきます(記事にしておくと後で確認しやすくて

  • 横浜へ”ひとり遠足” 中華街・山下公園

    "ひとり遠足"で横浜の大桟橋から赤レンガ倉庫を横目に汽車道をみなとみらいまで歩き、お腹が空いたのでもう一度中華街に戻ってきました。なんという鉄板の観光コースでしょう。でもこれで良いのです。今回のわたし、久しぶりに横浜に遊

  • 横浜へ”ひとり遠足” 象の鼻~汽車道

    というわけで、大桟橋を後に象の鼻パークを歩いていくことにしました。パークの名前の由来や解説はこちらのサイトをどうぞ象の鼻を”付け根”から西北方向を眺めると、こんな風景です。地上を歩くアイレベルから見ると"鼻"のかたちは微

  • 横浜へ”ひとり遠足” 大桟橋

    11月のとある週末、あまりに天気が良かったのでどこかへ出掛けたくなり、横浜に半日の”ひとり遠足”をしてきました。行先をはっきり決めないまま「とにかく横浜方面へ」ということで出発してしまって、電車の中であれこれ考えましたがまとまりません。ええ

  • JR青梅線 楽しいかも

    御岳渓谷に遊びに行った時に、久しぶりにJR青梅線に乗りました。で、今回は「青梅線いいじゃん」というだけの埋め草記事です。学生時代まで遡れば、何回か奥多摩や五日市まで行ったことがあるし、御岳山でハイキングしたこともありますが、それ以来果たして

  • 御岳渓谷(2)

    御岳渓谷散歩のつづきです。JR青梅線の沢井駅近く、多摩川にかかる楓橋を渡ると寒山寺。渓谷の遊歩道はけっこう遠慮のないアップダウンが続くので、寒山時の階段を登ったところで不覚にもちょっと息が上がってしまいました。こんなことなら澤乃井の寄り道を

  • 御岳渓谷(1)

    奥多摩の紅葉が見頃らしい、という噂を聞いて、11月中旬のとある週末にふらりと行ってきました。行先はJR青梅線と並行して流れる多摩川上流部の御岳渓谷。軍畑(いくさばた)駅~沢井駅~御嶽(みたけ)駅あたりでは渓谷に降りて河岸を歩ける遊歩道が整備

  • 秋空に東京タワー・増上寺・芝公園

    11月上旬、気持ちよく晴れたあたたかい日にLUMIX G99を手にして東京タワー・増上寺のあたりを歩きました。芝公園は陽気に誘われてこの賑わい。紅葉の盛りはあと3週くらい先のはずですが、木々はすでに少し色づき始めている感もあります。あまり知

  • 神田古本まつり2022

    東京中で今年の秋はさかんにいろんなイベントやお祭りが開催されています。たいていは「3年ぶりの」というまくら言葉がついていて、この3年間はアレのおかげでいろんなことを我慢してきたんだなあ我々は、ということが思いやられるわけです。というわけで、

  • 夕焼けを「だんだん」で撮り損なう話

    最近ずっと只見の話ばかりしていましたが、他に何もしていなかったわけではないのです。といって大した撮り歩きもしていないので今回はほんの埋め草程度の記事。10月のある日わりと良い晴れ具合だなと思い、夕方に少し暇ができたので、えいやっと谷中まで出

  • 只見線 備忘録・役に立った機材など

    只見線再訪に備えての備忘録メモその2です。ごく個人的なメモなのでまったく参考にならないかもしれません、あらかじめ謝っちゃう。ごめんなさい。今回は持って行ったもの(機材や装備)、あるかどうかわからない次回に備えて今後用意しておくと良いなと思っ

  • 只見線 備忘録・撮影地情報

    今回の記事に掲載写真はありません。只見線再訪に備えての備忘録メモ(やや長文)です。これから初めて撮りに行こう、という人には少しは参考になるかもしれませんが、あくまで個人の手元メモで正確性は保証できません。また2022年10月時点の情報に過ぎ

  • 只見線撮り歩き7 早戸・柳津など

    前回までであらかたのネタをご覧いただいた”只見線を3日だけ撮る男”ですが、最終回はおまけの雑記です。只見線には味わい深い無人駅がたくさんありますが、そのひとつ、只見川が間近に迫る早戸駅。この駅、背後の高いところを走る国道から駅と川を俯瞰で撮

  • 只見線撮り歩き6 根岸俯瞰

    ”只見線を3日だけ撮る男”シリーズも第6回となりました。もう少しだけお付き合いください。今回は只見川から離れて、これも有名な撮影地である会津美里町の蓋沼(ふたぬま)森林公園から会津盆地を見渡す俯瞰写真(只見線撮影者の間では近くの駅名に因んで

  • 只見線撮り歩き5 滝谷川橋梁など

    執拗に続いている”只見線を3日だけ撮る男”シリーズ、まだネタが尽きず第5回となりました。只見線の滝谷(たきや)駅近くから農道を少し登った先に、こんな写真が撮れるスポットがあります。滝谷川橋梁という名の通り、橋の下を流れるのは只見川ではなく滝

  • 只見線撮り歩き4 第四只見川橋梁・ふれあい広場

    まだまだ続く”只見線を3日だけ撮る男”シリーズです(しつこい)。今回はまず第四橋梁わきで撮ったこの写真から。今回の一連の只見線記事ではずっとsmc DA*50-135mmに頼りっぱなしでしたが、ここではじめてHD DA*16-50mmを使い

  • 只見線撮り歩き3 第三只見川橋梁・眼鏡橋

    只見線を3日だけ撮る男、順不同第三弾をお届けします。第三只見川橋梁を、会津高原鉄道のおざトロ展望列車が渡るの図です。一般に、只見線の沿線風景にはレトロな旧型車両やSLが似合うとされていて、わたしも特に異論は無いのですが、他社線から乗り入れた

  • 只見線撮り歩き2 第二只見川橋梁

    永世ビギナー写真愛好家またの名を”只見線を3日だけ撮る男”の駄文のつづきです。わたしは撮り鉄としては全く気合が入っていない極くライト層に属します。しかし今回は、何度も書いているように「霧幻鉄道 ~只見線を300日撮る男~」に触発され、撮り鉄

  • 只見線撮り歩き1 第一只見川橋梁

    映画「霧幻鉄道 ~只見線を300日撮る男~」に感動した永世ビギナー写真愛好家のわたくしが、休暇をとって奥会津に往き、腕前もなにも弁えず3日間だけ只見線沿線で写真を撮ってきました、という話です。いわば只見線を3日だけ撮る男ということで、今回か

  • Amazon Drive Xデー対策について

    今回の記事では写真の投稿はありません。8月に発表されたAmazon Driveサービス終了は、各所に波紋を広げました。2023年1月まででwebアップロード終了、同年12月まででダウンロードも終了、とのことですね。写真(静止画)データに限っ

  • smc DA*50-135mm F2.8 試し撮り +α

    手に入れてからしばらく持ち出す機会がなかったレンズを、ようやく試すことができました。smc DA*50-135mmは現行機種ですが最新モデルとは言い難い2007年発売です。しかし歴としたスターレンズ。どんな写りなんでしょう。試し撮りに出掛け

  • 今秋導入の新装備まとめ

    この秋のささやかな設備投資活動がいちおう完結しました。新規投入および流出の装備のラインアップを、備忘録を兼ねてあらためてまとめておきます。コロナで押し込められていた写欲と物欲が化学反応して小規模爆発した感じです。■カメラIN>LUMIX D

  • Mimosa pudica(オジギソウ)

    日本でミモザというとフサアカシアなどのマメ科アカシア属の植物を指しますが、これは実は誤用で、誤ったまま定着してしまったものだそうです(リンク先で見られるように、春に可憐な花が咲く”ミモザ”、わたしは好きですけどね)。で、本来の学名の「ミモザ

  • 彼岸花散歩ふたたび 葛飾・宝蔵院

    掲載順の関係で東京近郊の盛りはとうに過ぎてしまいましたが、彼岸花さんぽの第2弾公開です。まさにお彼岸の最中、葛飾区の宝蔵院、新中川沿いにある真言宗のお寺に行ってきました。こちらのお寺さんが彼岸花の名所だと某所で聞きかじったものの、不案内なエ

  • 「シグマのレンズは寒色系」は本当か?

    世間でしばしば「シグマのレンズで撮ると寒色系の色合いになる」的な論評がしばしばされるじゃないですか。見聞きされたことありますよね?わたしも何本かシグマ製レンズを使っていて、これまではそれほど強くは気に留めず、そういうものなのかとなんとなく聞

  • 新三脚と新レンズ

    このところ、写欲の秋に向けて新装備の調達に勤しんでいるわたしですが、今回はその中でも「真打」2点をまとめてご報告。こちらになります。まず、三脚の新調について。これまで使っていたのは、数年前にあまり考えずに数千円で買ったアルミ三脚で、軽量なの

  • 雨中の彼岸花さんぽ

    せっかく事前に何箇所もロケハンに出かけているというのに、今シーズンの彼岸花散歩はロケハンとは何の関係もない多摩中央公園というところで始まりました。別の用事があって近くの公園に寄ったら、かの花が咲いてるを見つけてしまったのです。咲いてるんじゃ

  • LUMIX GF10とPCをwifi接続するための覚書

    現行機種とはいえGF10の発売は2018年ですから、もはやネットでこのネタが記事になることも少ないでしょう。かなり時宜を逸している可能性が高いですが、世のため人のためにこれだけは是非書いておかなきゃ、と思った小ネタです。私の週末の貴重な数時

  • 東京カメラ部 2022写真展

    標題の写真展が3年ぶりにオフラインで開催されるというので、渋谷のヒカリエホールに行って鑑賞してきました。2012年から2021年までの「東京カメラ部10選」10世代による合同展示ほか関連する700点あまりの人気作・力作をまとめて観て勉強でき

  • GF10と対抗呪文の秘密

    わずかばかり臨時収入があったのがきっかけで気が大きくなり、眠っていた物欲がスパークしました。欲しかったLUMIX GF10をついに買ってしまいました。LUMIX G99を愛用していてPanasonicのm4/3マウント機に一定の信頼を置いて

  • LUMIX BASE TOKYO

    LUMIX G99をクリーニングしてもらうことにしました。特に目に見えるゴミが入ったとか何か不具合が出た、というわけではないのですが、購入してから1年半、何もメンテナンスらしいことをせずにあちこちの旅行先に持ち出して使ってきたので、一度撮像

  • 気の早いロケハンで思わぬ収穫

    先週のことです。今年もまた「彼岸花を撮るおじさん」になってみようかなと思い、ちょっと時期が早いとは思ったのですがロケハンに出掛けました。これまで私のアンテナに引っかかっている東京の彼岸花名所は、調布の野川公園か、小石川後楽園、その近くの小石

  • SIGMA 17-70mm Contemporary 試し撮り

    いまさらこのディスコンのレンズについての話題で誰得? という気もしますが、せっかく手に入れたので試し撮りの短評を記事にしておきます。まず画質について。とりわけ解像性能についての感想です。多くの古い設計のレンズがそうであるように、このレンズも

  • SIGMA 17-70mm F2.8-4 Contemporary がやってきた

    前回までの箱根旅行ネタの記事でもおわかりのように、最近、旅行に出掛ける時にPENTAX K-3IIIではなくLUMIX G99を携行することが多くなりました。少しでも荷物を軽く小さくという動機に加えて、G99には相棒としてLeica DG1

  • 近場でゆったり避暑 (5)宮ノ下散歩

    ゆったりまったり箱根周遊の夏休み写真も今回で最後。宮ノ下の温泉街で撮ったスナップなど、まだ残っている写真を何点かご紹介しておきましょう。街の中心はやはり富士屋ホテルということになりますかね。数年前に改装されてから、宿泊せずに食事や買い物でち

  • 近場でゆったり避暑 (4)芦ノ湖辺り

    ゆったりまったり箱根周遊のつづきです。箱根と一口にいっても、ご承知のように箱根全山となるとエリアが広く高低差や地勢の違いも大きいので、避暑に適したところと、そうでもないところが比較的はっきりしています。美術館の集中する仙石原もなかなか冷涼な

  • 近場でゆったり避暑 (3)ポーラ美術館

    ゆったりまったり箱根周遊のつづきです。そこそこの年齢なので「周遊」といってもアクティブに動き回る遊びまわるというよりは、涼しいところでゆっくりと、という志向になりがちなわたし。今回は強羅のポーラ美術館をフォト散歩した顛末です。わたしは初めて

  • 近場でゆったり避暑 (2)ガラスの森美術館

    ゆったりまったり箱根周遊です。今回は観光スポットとして有名な仙石原のガラスの森美術館から。全面的に撮影OKという太っ腹なレギュレーションのおかげで展示物の写真をたくさん撮ってしまいました。一部だけ掲載しますがそれでも点数が多いので、今回記事

  • 近場でゆったり避暑 (1)箱根登山鉄道

    アレの感染もまだ気になるので海外に出掛ける気にもならず、国内であまり遠出するのもなんとなく気が進まなかったので、今年の夏は近場でゆったりと避暑しようということで箱根に出掛けてきました。昔はしょっちゅう遊びに行ってたのですが、思えば箱根旅行は

  • 小さな悩み 3:2 vs 4:3

    どうでもよい小ネタです。その上、以下の記事はPCモニターで見ていただかないと多分伝わりません。スマホやタブレットの方は今回はご免なさい。ともかくも、わたしの悩みの種のひとつ。このブログの写真を撮るのに、異なる4つのカメラを使っています。セン

  • YEARBOOKS 到着しました

    全世界的に物流事情の厳しい中、8月上旬にはるばる欧州から無事に我が家に到着しました。PENTAXIANS YEARBOOK 2017-2021これまで無料デジタル版で我慢していたのですが、同人活動への支持とリスペクトを形として経済貢献で示す

  • 霧幻鉄道 只見線を300日撮る男

    報告が2週間ほど遅れましたが、7月末に東京で公開された表題の映画を見てきました。星賢孝(ほし けんこう)さんの名前は、日本で鉄道風景写真を撮るか観るかする趣味のある人ならば一度ならず耳にしているのではないでしょうか。奥会津を本拠として活動す

  • 四谷のアレと新宿歴史博物館

    前回、田端文士村記念館を訪ねて、その足で新宿歴史博物館に足を伸ばそうと気まぐれに決めたわたしです。一見結びつかない両施設をこの日つなげたのはこのスタンプラリーイベント「芥川龍之介と太宰治」(会期がおわっちゃったからリンク切れになっちゃうかな

  • 河童忌に田端へ

    2週間くらい前の話になりますが、7月24日は芥川龍之介の命日でした。大正から昭和の初めに活躍したこの大作家を偲ぶ人々によって、河童忌と呼ばれているそうです。文学の趣味のある知人が、この日は田端にある施設で行われている芥川先生に因んだスタンプ

  • 六本木から十番まで適当散歩

    東京ミッドタウンで写真展を見た後、気まぐれで麻布十番まで歩いてみて、ついでに適当にFUJIFILM XF10で街角スナップしました、という埋め草記事です。今年の夏は尋常じゃなく暑いか、尋常じゃなく悪天候という日が続いていたので、いつもに増し

  • 聲をきく

    先週出掛けたばかりの六本木・東京ミッドタウンに、また出没してきました。知人にミッドタウンに行った話をしたら「じゃあ、あれを見てきたのかな?」と言われて「???」迂闊にも、FUJIFILM SQUAREで催されている素晴らしいネイチャー写真展

  • アガパンサス、和名は紫君子蘭

    ようやくこの花の名前を覚えました。アガパンサス。6-7月に咲くネギ科またはヒガンバナ科の多年草で南アフリカ原産だそうです。夏になるとあちこちの公園などで見かけるのに、最近までちっとも名前が頭に入っていませんでした。でも、もう大丈夫。上の写真

  • 「夏天」風プロファイルの自作

    というわけで、さっそくARTを使ってPENTAX「夏天」風の自作プロファイル作りに挑戦しました。うまくいけば、メーカー指定のレンズでなくても「夏天」仕上げができるようになるぞ、と。「夏天」がカメラのメニュー画面上でどのように表示されるか、リ

  • 「夏天」カスタムイメージ

    遅ればせながら、6月23日のPENTAX K-3IIIファームウェア・アップデートで実装された夏のカスタムイメージSpecial Edition「夏天」を試してみました。気の利いた場所で気の利いたものを撮る余裕があまり無くて、用足しのついで

  • 京急線フォト散歩を振り返る(3)

    京急全駅走破を記念(笑)しての、沿線フォト散歩の振り返り第3回です。前回のつづきで、わたし的に思い出深い駅ベスト6駅について、今回は残り3駅(のフォト散歩記事)を紹介していきます。浦賀(2018.1.3)京急本線のターミナルは浦賀駅です。も

  • 京急線フォト散歩を振り返る(2)

    京急線72駅を訪ねてみたわけですが、中でも強く印象に残ったフォト散歩を振り返ってみましょう。とはいえ、ベスト5とかベスト3とかキリの良い数に絞り込むのが難しく、さんざん迷った挙句にオリンピックの入賞と同様に上位6駅をなんとか選びました。順番

  • 京急線フォト散歩を振り返る(1)

    はじめての一眼レフPENTAX K70を手に入れて遊び始めた年、2016年の秋に軽い気持ちではじめた京急線フォト散歩、怠け者なのが祟って結局足掛け7年もかかりましたが、全駅走破することができました。ここでいったん振り返っておこうと思います。

  • 京急線フォト散歩 三崎港から三浦海岸

    ”みさきまぐろきっぷ”を使って、どこで食事をするか、お土産を何にするか決めるのは、わたしには簡単ではありませんでした。というのも、選択肢がいっぱいありすぎ!三崎港地区だけでも食事処9軒、お土産処29軒!迷って迷って、わたしがお昼をいただいた

  • 京急線フォト散歩番外編 城ケ島・三崎港

    城ケ島の南海岸、歩きにくい岩場をのろのろと進むわたしでした。一枚岩が洗濯板みたいになっているここは、かなり歩きやすいほう。砂地の部分は足をとられやすいので、岩の上に乗って調子づいて渡り歩いていると、大きな割れ目で先へ進めなくなったり、見逃し

  • 京急線フォト散歩 三崎口から城ケ島

    足かけ7年かけて、京急線の各駅の周りを散歩して撮り歩いてきましたが、今回、三崎口駅と三浦海岸駅を訪ねてついに全駅踏破ということになります。お遊びとはいえ、それなりに感慨がありますねえ。ともあれ出発です。せっかくなので、この切符をゲットして出

  • L Monochromeはなかなか良い

    久しぶりにストリート写真でLUMIX G99を持ち出したので、ついでに、久しぶりに写真を L.モノクローム仕上げにしてみました。オトナの事情であまり公然と語られないみたいだけど、L-.モノクロームの L は Leica の L ですよね。ラ

  • 儚い命の話

    撮った写真データの保管には愛好家の皆様の多くが苦労されているのではないでしょうか。わたしはノートPCでRAW現像作業をした後、すべてのRAW/JPGデータをAmazon Photosに自動バックアップし、念のため外付けHDDにもローカルコピ

  • ブリック スクエア

    東京都千代田区丸の内2丁目6−1、丸の内仲通りと大名小路にはさまれたこの一角に丸の内ブリックスクエアという商業ビル(B1F~4F)があります。一体となって連なっている高層の丸の内パークビルの方には三菱商事や日本製鉄の本社が入居していて、いわ

  • 丸の内仲通りを歩く

    まだ梅雨入り前、6月初旬のとある晴れた日、平日でしたがたまたま半日身体が空いたので、ちょっとした用事のついでに東京・千代田区の丸の内仲通りを写真散歩してきました。有楽町駅近く、高級ホテル ザ・ペニンシュラ東京と電気ビルの間のここらあたりから

  • 150周年記念のお弁当

    タイトルは、なんのこっちゃと思わるかもですね。カレンダー上では10日ほど前のことになりますが、JR品川駅が、明治年の横浜-品川間の仮開業から150周年を迎えました、というので記念のイベントをそれなりに賑やかにやっておりました。で、これを記念

  • Pentaxians yearbook 2021

    なぜか日本のペンタックス好きの人たちの間であまり話題にならないし、雑誌記事や業界ニュースインデックスの類でも取り上げないようですが、同人写真集Pentaxians yearbookが今年もリリースされました。しかし、メディアやSNSの冷遇ぶ

  • 久しぶりの旧古河庭園です

    梅雨入りするのかしないのか、どっちやねん! と移ろいがちな天候に悪態をついていたところ、珍しく週末に晴れわたった日があったので、とりあえず撮り歩きに出かけようということになりました。たまたま同じタイミングで、旧古河庭園ではまだ見ごろのバラが

  • 新旧サイト統合完了

    多言語化と並んで、もうひとつ当ブログについてのお知らせです。当サイトを今の場所に引っ越してきたのは2020年4月で、それ以前はJUGEMのブログサービスを2016年9月から2020年4月まで利用していました。旧ブログ時代の記事を移設する作業

  • サイトの多言語化

    何度か当サイトをご覧いただいている方はお気づきになったかもしれませんが、数週間前から投稿記事などいくつかのページを英語で複製して、サイトの多言語化を試みています。SNSで海外の写真愛好家たちの投稿写真と記事を眺めていると、日本ではあまり見る

  • 祝 Leica DG 50-200 Lensfun収録

    関係ない人にはとことんどうでもいい、小ネタです。でも私には小さくない嬉しいニュース。気が付くのが少し遅れたのですが、Lensfunのアップデートで、LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm がめでたくデータベースに登録

  • 京急線フォト散歩 津久井浜

    京急長浜から、海沿いの道を津久井浜めざして歩いています。天候に恵まれ、文句のつけようのない景色なのですが・・・レンズを望遠に付け替えて最初に撮ったこの写真で、いきなり水平がちゃんと取れてない。やっちまった。気分はトホホですがめげずに続けます

  • 京急線フォト散歩 京急長沢

    京急長沢駅にやってきました。ここからフォト散歩開始です。島式ホーム1面2線で、ここから下り津久井浜方面は複線、上りYRP野比方面は単線の区間になっています。駅を出ると駅前には広い空間(ロータリー・駐輪場)があります。この時、思いがけずシェア

  • 京急線フォト散歩 YRP野比

    さて、京急久里浜からひと駅南に下るとYRP野比駅。単線区間内ですが、駅は相対式2面2線の構造で列車の行き違いが可能になっています。初めてこの駅名を聞いた人が100人居たら、100人とも(わたしと同様に)疑問を抱くはずです。「YRPって、何?

  • 撮影情報どうする

    一応は写真ブログの端くれとして、どんな機材でどんな設定のもとに撮っているかという撮影情報は、こんな拙いレベルの写真でも開示してしかるべきだと思ってはいるのです。しかし、目下はなかなか苦労してます。過去どうしてきたかというと・・・Flickr

  • 京急フォト散歩 北久里浜~新大津

    京急久里浜から横浜・品川方向に戻りつつ沿線フォト散歩します。北久里浜駅は相対式2面2線のシンプルな作り。ホームは優美な曲線を描きます。横須賀地区の京急沿線に共通する特徴ですが、丘陵地帯を縫って走っているので、小山というか小高い丘というか、こ

  • 京急線フォト散歩 京急久里浜

    番外編の「くりはま花の国」を前回の記事で先に紹介してしまいました。今回は京急久里浜からの京急沿線フォト散歩本編(笑)です。京急線全駅の中で当ブログの未踏破駅(笑)は、堀之内駅で本線と分岐する久里浜線の各駅を残すのみとなっています。今回・次回

  • くりはま花の国

    京急沿線歩きの一環で、ゴールデンウィークに横須賀市久里浜の丘陵地に広がる「くりはま花の国」を訪ねました。横須賀・久里浜ほぼビギナーのわたしとしては、今回のフォト散歩に際して1)丘の上から東京湾を展望したい2)最盛期を迎えているであろうネモフ

  • 京急線フォト散歩 三線軌条渡り

    今回は、にわか旅鉄おじさんのわたしが京急逗子線の「三線軌条渡り」について語る回です。まず基礎知識として、日本の鉄道の線路幅は、たいてい標準軌(1435mm幅)または狭軌(1067mm幅)のいずれかを採用しています(京王電鉄など一部例外あり)

  • 京急線フォト散歩 神武寺

    京急逗子線、神武寺駅までやってきました。駅看板も何も写せてないですが、神武寺駅です。いまさっき乗りこんだ隣の六浦と同じく相対式2面2線。駅の改札口はこんな感じで・・・こじんまりとした駅の「こっち側」は、六浦と同様に丘陵地帯の限られた平地に静

  • 京急線フォト散歩 六浦

    2016年から断続的に京急沿線の撮り歩きを楽しんでいます。だんだん少なくなってきた未踏破駅(笑)の中から、今回は逗子線の六浦(むつうら)を訪ねてきました。金沢八景で本線から逗子線が分岐します。ひとつめの駅が六浦。おなじみの相対式2面2線の形

  • 国会前庭でハナミズキ(2)

    国会の前庭(北庭)まで、ハナミズキの見ごろを伝え聞いてやってきました、という記事のつづきです。撮っているうちに、北庭の時計塔とハナミズキをどう絡めるか、というのがこの日のテーマになりました。HD DA20-40mm limitedを使って標

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、scarecrow60さんをフォローしませんか?

ハンドル名
scarecrow60さん
ブログタイトル
有閑寫眞倶楽部 黎明編
フォロー
有閑寫眞倶楽部 黎明編

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用