chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ぱうすむむりく
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/12/09

1件〜100件

  • 【未知の知】って 未来だけじゃなくって 過去にもあるのかもです

    < 21世紀を明るい時代にするためには 新しい知識、考え方が必要なんじゃない? > 2022年、関東甲信地区の梅雨は観測史上最短で終わって、6月27日、これまた観測史上最も早い梅雨明けとなりました。 梅雨が明けたからといって、スカッとするわけでもなくって、ジメっと暑いことに変わりはないんですけど、なんかね、ホントに異常っていいますか、天候が変わってきているんだなあって思います。 SDGsとかが盛んに言われるようになって、いろいろと生活意識が変わり始めている実感っていうのもありますけど、どうやら自然の変化の方はもっと早く進んでいて、少しの工夫とかじゃなくって、産学界をあげて、根本的な変化っていう…

  • 【食料安全保障】とはいうものの 特に何かが保証されているわけじゃないみたい

    < フードロスっていうのとは また別の問題なんでしょうねえ > ずいぶん前の話になりますが、友人の家でテレビを見ておりました。 たしかマーガリンのコマーシャルだったと思うんですが、「□△×で低カロリー」っていうキャッチコピーだったんですね。それで、「なんで低カロリーってことが宣伝文句になんだ?」って聞いたらですね、「今の日本で高カロリーを求めてるのは、お前ぐらいなもんだろ」って言われことがあるですよ。 ふううん、そっかあって思いましたが、飽食の時代、真っただ中、だったんでしょうね。日本はね。 自己批判的な意味合いを込めて喧伝されていた飽食の時代っていう表現だったんだろうと思うんですけど、そのう…

  • ホントの【雪の女王】のお城は「ゲイツの箱舟」になっている件

    < ノルウェーなんだけどノルウェーじゃない なぜならば そこは魔法の国だから > 「アナと雪の女王」のアニメ映画が日本で公開されたのは2014年のことでしたね。大変なヒットになりました。 しかしまあ、こうして公開年を確認してみますと、なんとも時の流れの早さに驚かされます。♪レリゴー レリゴーって、みんな歌ってましたっけねえ。 歌っていた松たか子さんが「レリゴー、ってなあに?」って言って、笑いを誘っていたこともありました。 「アナと雪の女王」は、アレンデール王国のエルサとアナ、2人の姉妹のお話。お姉さんのエルサが女王になるんで「アナと雪の女王」ってタイトルなんでしょうけれど、原題は「Frozen…

  • 【芋の煮えたも御存じない】デジタル・リテラシーの話

    < USBメモリ紛失! あ、カバンごと見つかりました 何事も無く良かった のかしらん > 「大阪だと、まだ時々見ますよ。裏通りとかじゃなくって、大通りの中央分離帯で寝てる人とか」 ええ~!? ってなったのはですね、ニュースになった酔っぱらって路上で寝ちゃう人の話です。 尼崎市のUSBメモリ紛失発見騒動は、居酒屋トークの人気トピックです。大山鳴動ネズミ一匹って感じでどうやら実害は出なかったみたいですからね。ネズミは4、5匹ぐらいだったでしょうかねえ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 居酒屋での話題の中心はネズミじゃなくって「道…

  • 日本最後の【アンナミラーズ】閉店 一世を風靡したフォーマットでしたけどねえ

    < へええ アンナミラーズってレストランチェーンだったの? > え~、毎度まいどのバカバカしいお噺でございまして、よろしくお付き合いのほどお願いしておきますが。 コロナだ、燃料費だ、ウクライナ危機だってんでね、大変だよ、なんてね、言っていられるうちはまだけっこうなもんでございましてね、世の中、急激に変わり始めてまいりました、きょうこのごろの2022年、日本国でございますよ。 ちょっと離れたトコにありますスパゲッティ屋さんなんですがね、ええ、生スパゲッティってやつでね、人気のお店でしたがね、この度閉店となりましてですね、寂しい限りなんでございますが、コロナ禍の制限が緩和されて、さあこれからだって…

  • 【コブサラダ】泡盛のアテにいただいております お気に入りです

    < 昆布の入った海藻サラダなんだと ずっと思っていたのであります > まあね、ずっと前から名前は聞いたことがありましたよ。「コブサラダ」 外食っていってもですね、町中華か、居酒屋ぐらいしか行きませんからね、そもそもサラダって言ったら、せいぜいが「ポテサラ」ですよ。ポテサラとハムカツなんかで充分なんでありますよ。 野菜ッていえば、あとは「ぬか漬け」ぐらい。そりゃサラダじゃないでしょ。そですよねえ、って感じです。 ところがですね、ついに遭遇することになってしまいました。「コブサラダ」なってしまいました、って言ってもですね、後悔しているってことじゃないんです。イイじゃん、これ、って思っているでありま…

  • 【進化系統樹】それ自体も進化すべきタイミングが来たらしい件

    < 太古からの進化の事実なんて誰も知らないんだし 系統樹の枝分かれは仮定のものなんだからね > 人類は古代から、生命の不思議にメスを入れようと試みてきたってことは、そのまま歴史をみるようなものだと言えるような気がします。 地球上の全ての生き物は、それぞれに不変なんじゃなくって、長時間をかけて変化、進化するっていう考え方の嚆矢は古代ギリシアまで遡って、ミレトスの哲学者「アナクシマンドロス(BC610~BC546)」は、「全ての生き物は海の中で生まれて、だんだん地上に移ってきた」って言っているらしいんですね。 古代中国の「荘子(BC369~BC286)」は「生物は異なる環境に応じた異なる特徴を持っ…

  • 【冷奴】奴さん、旗本奴、町奴じゃなくって やっぱコレでしょ 温奴もあるでよ!

    < 坦々だとか 薬味の種類も増えてきていますけど 家ではしょう油だけです > 居酒屋の定番のアテ、代表的なヤツの1つは、やっぱり「冷奴」でしょねえ。町中華にもたいていありますね、冷奴ってメニューが。 いつものごとくの居酒屋カウンターです。座ると同時に女将さんが熱いおしぼりを差し出してくれます。ここは夏でも冷たいおしぼりじゃなくって、アッツアツで出すってことにこだわっているんですね。 ま、夏に冷たいおしぼりっていうのも「生き返る~」って感じではあるんですが、汗が滲んだ顔全体をわさっと暑いおしぼりで拭くっていうのも悪くないです。 「森伊蔵、入ったよ。また当たったから」 こういうお店も抽選して、当た…

  • 【べリングキャット】デジタル忍者 シギント ヒューミント オシントって?

    < eスポーツっていうのもありますけど インドア・パワーって21世紀かもです > きょうはネズミの緊急会議です。 奥様ネズミが発言しました。 「あのですね、ネコを何とかしていただきたいんです。まったく無遠慮に、何の会釈もないどころか突然襲い掛かって来るんですから、安心して買い物にもいけやしません」 そうだそうだ、とみんなが同意の声を上げます。奥様ネズミは後押しされるように胸を張って続けました。 「いつもエラそうにふんぞり返っている、そこのセンセッ、何か対策はございませんの」 指摘された白髭ネズミは、ますますふんぞり返って応えました。 「それはですな、奥さん。いつも言っている通りのことなんですな…

  • 【食の原点回帰】人は自分が食べたもので出来ている

    < 母の味だけじゃない 「おべんとうのヒライ」 「ごんにんごん」 っていう故郷の味 > 元は材木屋さんの資材置き場だった建物を借り受けてリフォーム。その材木店から安く卸してもらったっていう一枚ものの大テーブルが2つ並べてあって、奥に長い店内の串焼き屋さん。 わりと旨いって評判で、客の入りも悪くない店なんですけど、カウンターとか、2人がけ、4人がけのテーブル席が無いんで、敬遠している人もいるみたいです。雰囲気が落ち着かない、ってことなんです。気にする人は気にしますからね。 ぐるりと10人ぐらいは座れそうな大テーブルの周りには、上に小さなクッションを乗せた箱椅子がズラズラと並べられています。客は思…

  • 【旗本奴と町奴】やっこさんっていう人気者たちの もう1つの面 悪安定ってことかもです

    < 腰パンとか ダルそうに見せるファッションの原型かも知れない「婆娑羅」 > ほぼ死語になりかけている「伊達眼鏡」 ♪メガネは顔の一部ですっていうこともありまして、オシャレめがねにこだわっている人も少なくないですが、近眼だとかの補正を目的としていない「伊達眼鏡派」っていうのも一定数いますね。 さすがにレンズの入っていない伊達眼鏡をかけている人は、芸能人でもなければ居ないんでしょうけど、視力補正のためじゃなくって、パソコンだとかのブルーライト対策のみのレンズの入った眼鏡を愛用している人もいます。 「せっかく視力はイイんだからさ、守っていこうと思ってね」 ご尤もございます。視力のイイ人ってうらやま…

  • 【やっこさん】東京の花柳界 お座敷の定番曲 人気の踊り

    < そう言われましてもねえ 花柳界とかお座敷とか ご縁がありませんもんで > 落語家さんが「やっこさん踊り」っていうのを披露しているのは見たことがあります。 着物の袖を左右にピンと張って、あの奴だこみたいな形を作って、くるりくるりと回る踊りでした。ふううん、って思っただけで、なんでコレが人気なの? って理解できませんでした。 まあね、お座敷でお姐さん方が艶っぽく踊るのと、落語家のオヤジがやるのとでは比較のしようもないんでしょうけどね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本業の噺じゃないからっていうのはあるんですけど、ちょっと前…

  • 【デート経験なし】令和の男女関係 恋人のいない20代女性は50% 男性はなんと70%

    < 男女共同参画が叫ばれている世の中って どう変わろうとしているんでしょうか > 「いや、どうも、ご無沙汰ですう。早いですね」 40代前半のサラリーマンがカウンターの背中から元気な声をかけてきました。その店での顔馴染です。その日は夕方6時半ぐらいから居酒屋のカウンターに陣取っていたんですね。で、その山田くん(仮名です)が隣りに座りました。時間は7時を少し回ったばかりでしたから、山田くんも早めです。 子どもさんはいなくって、時々共働きの奥さんと一緒に来て、テーブル席で3人で呑んだりすることもあります。山田くん1人の時と、奥さんと一緒の時と、半々ぐらいでしょうかね。 中肉中背の腰の低い感じの営業マ…

  • 【エスカロップ】それにしても根室地区のごはん事情がユニークな件

    < 発祥は漁師メシらしいんですけど 根室の街はワンプレート・パラダイスだったのでした > 地産地消なんてことを、ことさらに言い募っていた時期がありました。 地元でとれた食材を地元で消費するっていうことは、実に自然なことなわけですし、わざわざ地産地消を言わなければいけなかった流通事情が自然じゃなかったってことなんでしょうね。 その土地でとれる食材は、その土地特有、固有のものもたくさんあって、そうなりますと当然、その土地特有の伝統的な「郷土料理」っていうのが根付くわけですよね。その食材をいちばん旨くいただく工夫に、悠久な時間を使っている。 時代とともに地産される食材が変わっていったり、食べ方が違っ…

  • 【スコヴィル値】人はなぜ辛さの極限を求めるのか

    < カライの辛いの お空に飛んで行け~ > んなこと言うたらアカンがな。 空が辛うなったらハトやらカラスやら、ぼたぼた落ちて来んで。 まあね、鳥が空から落ちてくるなんて、想像しただけでもヤーな世界ですけれども、2022年の日本はやたらに雹(ひょう)が落ちて来て、ケガをしている人が出たり、被害を受けた車があったりとか、なんだか不穏な梅雨時ではあります。 記録としては大正時代に、スイカぐらいの大きさの雹が降ったっていうことがあったらしいですよ。ええ~! スイカが空から降って来たらエライこってすよ。しかも、スイカだったら身体に当たってもケガで済みそうな感じもしますけれど、そんな大きさの氷の塊りなんか…

  • 【ヤサイちゃん】農業界、野菜界のスター誕生です

    < 2022年5月26日 ニューヒーローが生み出されました ライバルは「さかなクン」なのであります > 日本の食料自給率が低いって話はよく聞きます。 世界はどうなのかっていいますと、2013年のデータなんですけど、ウクライナ、ロシアをはじめとして中国、インド、アメリカ、ブラジルなんかは100%以上の自給率で、カナダ、オーストラリア、アルゼンチンなんかは200%以上っていう自給率みたいです。 まあね、日本は国土が狭いんだからしょうがないんじゃないの、って気もしたんですけど、どうもね、面積っていうだけの問題じゃないみたいなんですね。 日本の食料自給率っていうのは、そのピークが1965年の73%だっ…

  • 【ペトリコール】雨を嗅ぐ 雨を聞く 雨を見る【ゲオスミン】

    < 長い間日照りが続いた後の最初の雨に伴う独特の香り > 2022年は、関東甲信地区がどこよりも先駆けて「梅雨入りしたとみられます」ってことになりました。気象予報士のみなさんも、これにはなんだかいろいろ、ん? っていうリアクションでしたけど、まあね、これは毎年似たり寄ったりのことですよね。 キッカリした定義っていうのがない、っていうか、定義なんて出来ません、っていうのが21世紀初頭の天気予報、気象庁の限界ってことなのかもしれません。 気象庁や気象予報士さんのウェブ情報とかをあたってみましても、「むずかしいんです」ばっかりで、こうしたらハッキリできるのにとかいうことは、方向性さえ見つけられません…

  • 【悪魔の庭】自分の周りに危険がなければ移動する必要はないっていう話

    < 依存症っていうのは そのことに気付かない方が幸せなままでいられるのかも > 午前零時ちょっと前のセブンです。居酒屋からの帰り道、朝のロールパンを買いに立ち寄りました。ま、ちらほらお客さんはいました。いつも通りですね。 ロールパンが置いてある棚は入り口から入って左側の奥にあります。マーガリンロール、黒糖マーガリンロール、胡桃パンとかは、その棚の一番下に並んでいるんですね。 そのパンの棚の向かい側はアイスクリームがぎっしり並んでいるオープン式の冷凍庫。そこには1組のカップルが陣取っていました。パンの棚側にお尻を向けてわいわい言いながら選んでいます。いや、選んでいるっていうんじゃなかったんでした…

  • 【旅は道連れ 世は情けない】のかもしれない現状ですが 外へ出ましょう

    < 今 引きこもりって 若者特有の現象なんかじゃないみたいです > ウィズコロナってことで用心しながらでも出歩いたほうがイイよ、なんてことを言う人もいらっしゃいますがね、どうなんでしょうね、実際のところ。気兼ねなしに出歩ける雰囲気、出てきましたかね。 その実施のタイミングだとかで悪評ふんぷんだったGoToキャンペーン。これもまた、そろそろ動き出すような話も出ていますね。名前を変えて実施しようだとかいう意見も出ているみたいなんですが、言い方を変えて何とかしようっていうのは日本政府の十八番みたいなもんです。 「県民割り」とか言うそうなんですが、名前を変えることになんの意味があるのかよくわかりません…

  • 【流行スイーツ予想】霞が関が予想する流行るスイーツは 味か 見た目か 雰囲気か

    < 農林水産省「ありが糖運動」って面白いんですけど 誰のための運動? > アリが10匹で、ありがとう! 小学生が大声上げて。みんなでわっはっは。っとかいうの、やってませんでした?何が面白かったん? って感じではありますが、そういうアホなありがとうじゃなくって、日本の産業構造を守りたいっていう運動を厚生労働省が2018年から始めているのが「ありが糖運動」なんですよ。 知ってました?ぜ~んぜん知りませんでした。 今回偶然見つけたんですが、農林水産省は<「ありが糖運動」~大切な人への「ありがとう」をスイーツで~>っていうページも開設しているんでした。 ん~。「ありが糖運動」はええねんけどな、なんでそ…

  • 【ジル・ド・レ】フランス救国の英雄なのか 残忍な青ひげのモデルなのか

    < オルレアンの乙女 ジャンヌ・ダルクとともに戦った勝利者だったはずなのに > 20世紀は2つの世界大戦があったんで「戦争の世紀」って呼ばれますけど、地球規模で考えてみますと、人類の歴史ってずっと昔から、悲しいことながら今も、相変わらず戦争、争いが絶えることはないんですね。 戦争には勝ち負けがあって、歴史は勝者によって語られていくってことで、英雄に祭り上げられる人もいれば、悪者として断罪される人も出てきます。 時代を遡って中世ともなりますと、そもそもの記録がハッキリしなかったりして、専門家でも、ある特定の事実に対する解釈がバラバラだったりすることは珍しくないですもんね。 日本の南北朝時代に一応…

  • 【歌枕 見てまいれ】っていう平安時代の辞令

    < 和歌をいかに巧みに操れるかが身分的実権を得るコツ モテるコツ > 「一億総株主化」とかおっしゃられてもねえ、どういう生活ベースからそういう発想が出てくるんでしょうか。昔からそうなんですけど、エライ人たちって、生活感覚、一般からかなり浮いてますよね。 持てる者と持たざる者って言ってしまえばそれまでのことかもしれませんが、最近の日本、お役人さんたちの乱れっぷりっていうのも、なかなかな感じになっていますしね。日本の何かが、どこかが、壊れてしまっているのかもです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コロナ禍での飲食店利用自粛期間に…

  • 【小笠原海底熟成ラム】Motherです 母島ですからね Motherなんでしょねえ

    < カリブの海賊は小笠原諸島 母島にも来ていたか > 「だっちゃ、だっちゃ」って飛び回る鬼型宇宙人の娘「ラムちゃん」が登場したのは、1978年の少年サンデー。当時大学生だった高橋留美子が短期集中連載として発表した「うる星やつら」ですよね。 にしても、ラムちゃんって鬼型宇宙人、だったんですね。 ネコ型ロボットに対する鬼型宇宙人???一部の噂では、ラムちゃんは仙台人って話もありましたけど。 人気の高いるーみっくワールドの中の、人気キャラクターランキングでは、「犬夜叉」に次いでの第2位がラムちゃんです。もう半世紀近く経っているんですけど、半世紀経った今も人気衰えずって感じですかね。 2019年に深田…

  • おひとり様飲食の勧め【井之頭五郎】と【村崎ワカコ】が 隣り合わせる店とは

    < 世の中は たくさんの五郎と たくさんのワカコの すれ違い > 初めての駅で降りて、用事を終わらせて、ぶらぶらっとして、初めての町中華です。 オフィス街っていうんでもなく、学校もあったりして、マンションも見えます。そんな郊外都市の風景の中を片側一車線の道がゆるいカーブを描いて延びています。飲食店の看板もちょこちょこ見えます。 赤色を基調とした外壁で「晩酌セット」の張り紙が目立っている店でした。 会社帰りに立ち寄る人がメインターゲットなんだろうなって思いますが、街並みの見た目より、オフィスが多いのか、あるいは、通りから少し奥まったところに、大きな工場があったりとかするのかもです。 「晩酌セット…

  • 【マリー・アントワネットの首飾り】ブルボン朝最後の詐欺事件 その2

    < 宝石を巡るコスカライ詐欺犯罪に関わった人たちの それぞれの最後 > なんだか調子のイイことを言ってる感じの女が声をかけてきたところからの第2回目です。 「あたしが話を聞いてきてあげるわよ。例のあれでしょ、首飾りの件でしょ」なんてね、妙に物分かりのイイことを言う人が出て参ります。 声をかけてきたのが「ラ・モット伯爵夫人(1756~1791)」本名「ジャンヌ・ド・ヴァロワ=サン=レミ」伯爵と結婚したから伯爵夫人なんですけど、その人、ホントに伯爵なの? って言われているような人だったみたいです。 当の「ラ・モット夫人」も修道女なんてまっぴらよ、っていうんで逃亡して結婚したっていう女の人です。そん…

  • 【マリー・アントワネットの首飾り】ブルボン朝最後の詐欺事件 その1

    < 怪しいことがあればどこにでも顔を出すカリオストロのなんちゃって無駄話 > 1789年から1795年にかけて起きたフランスの市民革命は「フランス革命」として語り継がれていて、「ベルサイユのばら」なんかは、マンガ、アニメ、舞台としてずっと人気ですよね。「ベルばら」以外でもフランス革命はいろいろ取り上げられています。 ギロチンだとかね、多くの血が無惨に流れた革命だったわけですが、市民に主権が渡された革新的な出来事として世界的な支持をされているんでしょうか。滅んでいく貴族側に悲劇のヒロインとかがたくさんいて、その華麗なファッションが人気のベースにあるのかもしれませんね。 そのフランス革命前夜、って…

  • 【浅草ハイボール 電氣ブランサワー】セブン・イレブン先行販売

    < 電氣ブランサワーはコロナストレスの救世主となり得るか > コロナ禍でむちゃくちゃになってしまった日本の観光立国プランですけど、2022年6月に入って、どんどん規制緩和の方向に舵を切って、もう一度インバウンドで元気な街にしたいってところはたくさんあるでしょうね。 インバウンドってなりますと、ニュース映像でよく出てくるのは、なんといっても浅草、浅草寺の雷門前です。赤地に黒で「雷門」って書かれた大提灯は、映像として、そこがどこなのか分かりやすいんで、あの場所が選ばれているんでしょうね。 浅草寺から隅田川を挟んで東には「東京スカイツリー」があって、東武伊勢崎線の隣り駅ってことですからね、浅草一帯は…

  • 【♪関東電気保安協会】っていうラジオコマーシャルが耳に残ります

    < 日本でも電気自動車が本格的になる2022年ですけど その肝心の電気って > ラジオって、何かしながら聞いているっていうのがほとんどだと思います。ラジオを目の前にして正座して聞き入る、なんてことをしている人はいませんよね。こういうのは、まあ、昭和の頃からそうだったように思います。 いつもTBSラジオを聞いています。感度が一番イイ放送局だからですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 何か用事をしながらでも、ニュースとか、トピックとか、耳はどこに反応しているのか、ふっと聞き入ることもあります。作業に集中している時にはラジオの声…

  • 【スポーツようかん】って なんなん? 【ハンガーノック】予防対応商品でっす!

    < アスリートなんて縁もゆかりもないくせに 準備万端怠りなしっていう意味のなさそうな話 > 晴天、熱暑の日曜日に、酒呑みオヤジ3人で、山梨県の甲府市に行ってきました。酒の席での約束事とはいえ、バカな道行きになりましたよ。 1人が山梨の人間で、甲州印伝の長財布の自慢をし始めたんですね。 甲州印伝っていうのは、山梨県の伝統工芸品で、シカの革に漆で模様を付けたもので、サイフや、山梨県ですからね信玄袋だとかとして売られています。なかにはそうした製品に加工する前の平ったい皮自体を壁紙やテーブル面に使ったりすることもありますね。キレイですし、独特の手触り感が気持ちイイです。 (adsbygoogle = …

  • 【かっぱえびせん】宅呑み缶ビールのアテ ナンバーワン でしょねえ

    < ♪やめられない とまらない っていうのは 今なら流行語大賞でしょねえ > 行動規制ってやつで世界中の酒呑みたちを家に閉じ込める結果になったコロナ禍も、新規感染者の数は減らないものの新しい局面を迎えてきたようで、規制緩和の話題がどんどん出始めました。 少しずつ街の居酒屋さんにも客足が戻って来た感じです。これまで宅呑みしていた男女が久しぶりに顔を合わせて、元気してましたか、とかね、やってますよ。 宅呑みで、凝ったアテを作ったりする人も少なくなかったみたいなんですけど、話を聞いてみますとね、それを長く続けてはいなかったみたいです。 調理の学校を卒業している、っていう人なんかもいらっしゃいましてね…

  • 【ギルベルティオデンドロン・マキシマム】6度目の大絶滅期に生物の新発見が相次いでいる話

    < ここ10年以上 毎年1万8千種もの「新種」が発見されているらしいです > 6度目の大絶滅期っていうんですけど、1万8千種の新発見に対して、どれだけの数が絶滅してしまっているのか。それは分からない。 なんでかっていいますと、まだ発見されていない種がたくさんいるので、人類が発見する前に絶滅してしまっている種がどれだけあるか把握できるわけがない、ってことみたいです。へええ、って思います。 「レッドデータブック」「レッドリスト」だとかで、2021年の発表を見ますと、世界で3万7400種以上が絶滅危惧種って数なんですが、うわっ、そんなにって思っていたんですけどねえ。もしかするとその数以上の生物種が絶…

  • 【ニワトリの謎】普通にはカタカナだし 庭鳥って書かずに「鶏」だし「かしわ」だし

    < 飛ぶのが苦手だっていうんですけど 最初から? んなことある? 鳥なのに? > 焼き鳥は「塩」派です。レバも塩。 ちょくちょく行っている焼き鳥屋さんの唐揚げは、モモとムネのハーフ&ハーフが選べます。ネギマ、砂肝、セセリ、フリソデ、ツボが定番ですかね。 そのお店もコロナ禍の間は休んでいましたんでね、焼き鳥は全然食べていませんでした。再開してから1年半ぶりぐらいで食べてみて、やっぱしイイよね、焼き鳥、って感じでした。 他にトリっていって思い浮かぶのは、チキンカツとかで、全部食肉加工されたものばっかりです。 こと東京に限らず、都市生活の中で走りまわっているニワトリを目にすることって、ないですよね。…

  • 【植木屋娘】無茶な噺ではありますが ないわけじゃない噺

    < 落とし噺なんですけど 落ちてない感じだし ちゃんと収まったのかどうかアヤシイ噺 > 日本の出生率はずっと減少傾向が続いていて、人口減少も歯止めがかかっていない年月が続いていますよね。少子高齢化って日本だけの問題じゃなくって、世界的に子どもが減ってきている傾向なんだそうで、人類、大丈夫なのか!? とかね、思ってしまいます。 内閣府では少子化対策として「少子化社会対策大綱」っていうのを作成していて、「結婚、妊娠、子供・子育てに温かい社会の実現のために、会議・検討会等を通じ幅広い視点から検討を重ねながら、あらゆる施策を推進しています」 ってことでですね「あらゆる施策を推進」しているんだそうでござ…

  • 【ペニーレーンでバーボン】大人のための 行きつけ酒場の見つけ方

    < つまり 自分を大事にするっていう呑み方の工夫です > 行きつけの酒場ってありますか? まあね、呑み始めたばっかりで行きつけの店があるっていうのはレアケースでしょうし、気にしない人はどの店だってかまわない。呑んで食べられれば、どこだって、っていうこともあるでしょうけどね。人それぞれ、特に酒っていうのは嗜好品の最たるものでしょうから、個人が満足できていれば傍からヤイヤイ言われる筋合いのものではないですね。 ただ、確実に言えることは、一定の年齢、40代以上ぐらいでしょうか、酒呑みがその年齢に達した時には、男女を問わず複数軒の行きつけ酒場っていうのを持っているんじゃないでしょうか。 何軒かのイイ店…

  • 【コシャリ】インスタ映えしない? エジプト国民食の混ぜご飯

    < エジプトめしのコシャリは アレンジ三昧 自由自在 > はい、いつものごとく、なんちゃっての無駄話からのスタートであります。最後まで、よろしくお付き合いのほどを。 第一次世界大戦中のことです。北アフリカ、エジプトのカイロに派兵されていたインド兵2人が、軍の厨房でなにやらブツクサ言っております。料理番なんでしょうね。 「毎日サカナとパンじゃ体に力が入らないっていうから、いろんなトコ走りまわって、ようやくコメを見つけて来て、カレーを作ったっていうのになあ」 「こんなスパイスじゃカレーじゃないとか無理ばっかり言ってなあ」 「エジプトじゃあ、このシャッタっていうソースが一番辛いソースだって言うんだけ…

  • 【白黒つけない西行さん】三重県鳥羽市の菅島(すがしま)と答志島(とうしじま)

    < いつも通る路地で起こった都市伝説にもならない不可解な出来事から > 朝の路地です。夜来の雨はあがっていましたが雲は灰色でどんよりと厚く、明るさの無いアスファルトはまだ濡れていました。 住宅街の中を駅へ向かう一方通行の細い道なんですが、とあるマンションの前に普段着姿の老齢の男性が2人、女性1人が、立ち話というには常にない強張った緊張感を漂わせて立っています。 1人の男性がスマホを耳にあてながら、少し声高に話をしているのが耳に入ってきました。見ると3人の足元には何やら白と黒の小粒のものがばらばらと大量にばらまかれています。 「いや、そうじゃないんですよ。とても1組っていう量じゃないんです。そう…

  • 【塩中毒】21世紀の地球人は 特に日本人は みんなオカシイらしいって話

    < 塩の入っていない料理なんて ナイでしょ って思うんですけど コワいです > 炎天下にさらされる季節よりも、ジットリ暑い梅雨の季節の方が熱中症の危険が高いんで、こまめな水分補給が大事ですよ、とかね、よく聞くようになりました。 水分補給にビール、なんていうのはもってのほかで、単純に水やお茶っていうより、さらにはスポーツドリンクよりも「経口補水液」がベストですよ、なんていうことも常識的になってきましたよね。 いろんなのが出ています。「オーエスワン」っていうのが人気なんでしょうか。よく見ます。ゼリーもありますよね。「スムーズイオン経口補水液」「アクアサポートゼリー経口補水液」「ダブルエイド経口補水…

  • 【オープンシェア革命】と【シェアリングエコノミー】

    < 全然関係性の無いものなのか 同じ考えの違う現われ方なのか > まずもって感じるのは、新しく出てくる概念っていいますか、世の中の動きって、ほとんどカタカナだなあってことです。英語ですよね。 金融業界の護送船団方式とか、生産現場での看板方式とかいう日本語が盛んに言われていた時期もありましたが、今はもう遠い昔、ってことになるんでしょうかね。 とにかく英語で表現するのがトレンドだっていうことなのか、そもそもの発想が英語圏から出てきているからなのか。あるいはそういうことじゃなくって、グローバルな社会っていう中で、一番使われている言語で表現することによって、まさにグローバルな浸透を目指すからなのか、分…

  • 【ため息健康法】そんなのってあり得るの? ホントなの?

    < 精神的な健康 そりゃ大事です 重要です ひとつ真面目に勉強してみませう > なんだかなあ~、って思うこと、けっこうありますよね。 ストレス社会って言われ始めたのっていつごろからだったでしょうか。まあ、ハッキリとは分かりませんが、ずいぶん前からだったような気がします。 世の中の出来事としてニュースになっているような、事件、事故なんかの場合だと、たいていは客観的なままでの、なんだかなあ~、で済むと思うんですが、直接自分に影響のあるなんだかなあ~っていうのも、まず間違いなく1つ以上は数えられるんじゃないでしょうか。困ったちゃんは、けっこう多くいるんですよね。 当人に悪意があるってことは少なくって…

  • 【別海ジャンボホタテバーガー】ジャーンボジャンボ ジャジャジャンボ!

    < ここまで来ると、べつせかい なるほどねえ ってことなんだろうなあ > 東京駅から新幹線で新函館北斗駅まで264分、862.5キロメートル。 新函館北斗駅から特急北斗で南千歳駅へ、178分、256.8キロメートル。 南千歳駅から特急おおぞらで釧路駅へ、234分、304.5キロメートル。 釧路駅からJR花咲線で厚床駅(あっとこえき)へ、104分、90.5キロメートル。 厚床駅から40キロメートル北上すると北海道別海町尾岱沼の白鳥台です。タクシーで40分ぐらいでしょうか。1989年にJR北海道標津線が廃止になってしまったんで、今現在、別海町に駅はないんですね。 まあ、そういうのも一興です。ホンカ…

  • 【暑熱順化】熱中症予防対策マニュアルを見てみるです

    < 令和3年4月 日本産業規格 JIS Z 8504 の改正等を踏まえた改訂 > 2021年に「熱中症」で痛い目に遭っておりますので、ちょっとね、暑いっていう日が出て来て熱中症予防情報が発表されたりするとビビります。 クールビズの始まりは6月からっていうところが多いかと思いますけど、会社やプロジェクトによっては5月からっていうところもあったりしますよね。だって5月から25度以上の夏日、時によっては30度以上の真夏日を記録する日っていうのが珍しくなくなってきていますもんね。最近ね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 厚生労働省は…

  • 【巴御前】と【木曽義仲】儚く消えたヒロインとヒーロー 美男美女だったみたいです

    < 意外な時に意外な人気 それともNHKのコマーシャル作戦なんでしょか > 検索ワードの上位に「木曽義仲」っていうのが入っていて、なして? って思ったら、あれですね、2022年のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」っていうのをやっている影響なんでしょうね。発表されている視聴率は、そんなにヨロシクナイみたいですけど。 町中華のテレビで、何度かチラッと見たことありますけど、ま、ストーリーは追えていませんし、じっくりと見たわけじゃないんですけど、なんかね、戦乱の緊迫感の感じられない絵面だなあって感想でした。 脚本は三谷幸喜だそうで、NHKとの相性がイイのか、3回目の大河ってことだそうです。令和の現代…

  • 【パレイドリア現象】カレードリアとは何の関連もない人間の感覚

    < ああ そういう名前が付いているんですねえ っていうアレの話 > コロナ禍だ、戦争だって日が続いて、気分的にも、なかなか晴れやかな日々にはなりませんけれど、例えば5月は、薫風の季節ってことで本来的にはのびやかな気分になれる季節なんですよねえ。 芝生の上にごろ~んって寝っ転がって、青空にぽか~んって浮かぶ雲を、の~んびり眺めて、ゆる~い時間を過ごすっていう幸せが遠くなってしまった気がします。 おかあさんが公園で、ちっちゃな子どもと一緒に空を見上げて、「ほうら、ゾウさんがいるよう。ね、ゾウさんみたいな雲だねえ」っていう光景って、なんだか懐かしいものになってしまった感じでしょうかねえ。子どもは空を…

  • 【ラッキーピエロ】函館エリアで大手チェーン店をおさえてナンバーワン!

    < 函館っていえば五稜郭 ウニ イクラ ジンギスカンなんですけど 今はこれ > 「あすこのハンバーガー屋さんつぶれちゃったんだよね」あ、そですか。 「けっこう気に入ってたんだけどなあ、人もけっこういっぱい入ってたんだよ」ふううん、そですか。 「あのね、なんでそんなに反応ウッスイわけ。めっちゃ旨いハンバーガーだったんだよ。知らないの?」ハンバーガーですかあ、そですかあ。 「だから~」 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はい、そです。いつものごとくの焼酎バー、カウンターでの酒呑み話でございます。泡盛の瑞泉と厚揚げでやっておりました…

  • 【やっとかめだなも】ダガヤ ダガネ は言うけど ダナモは だあれも言わんがね

    < 八十日目(やっとかめ) っていうのは どうやらアヤシイ説らしいって話 > サンショウウオは考えた。「なかなかカメにはなれんもんじゃのう」 このサンショウウオさんは、名古屋方面にお住いのようですね。なんか聞いたことのあるような出だしでありますですね。あれでしょ、井伏鱒二の小説「山椒魚」ですよね。でも、あれはですね、 「山椒魚は悲しんだ」 でしたです。 サンショウウオさんっていうのは昔からなかなかご活躍なんですよね。悲しんだり、考えたり。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なにも日本のサンショウウオさんばかりがいろいろやってい…

  • 【パノラマ】っていう新しい視界を考え出したのは誰なんでしょ?

    < 自由視点映像「ボリュメトリックビデオ」の原点になっているのが「パノラマ」? > 2022年の4月29日金曜日、ゴールデンウィークのスタートの日。日本プロ野球、阪神巨人戦の中継放送に「自由視点映像」っていうのが取り入れられて話題になりました。 「ボリュメトリックビデオ」っていう最新鋭の3D映像技術だそうですが、実際に放送されるのは世界初。 ほほう、何かとデジタル世界では遅れが指摘されることの多い日本ですが、やるじゃないですか。ね。まだ実験段階、みたいなことなんでしょうけれど、この試みは3連戦、30日と5月1日の試合でも放送されました。 実験した側は、ネットでの反応を含めてだいぶ貴重なデータ収…

  • 【サポカー限定免許】って 意味無くないですか?

    < 日本のエライ人たちって ガンクビ揃えて 何を決めてくれてんでしょか > 琉球王朝王家の居城「首里城」が焼失してしまったのは2019年10月31日のことでした。今現在、再建に向けて沖縄県はもちろん、日本ばかりじゃなくって、世界各国からの支援を受けてさまざまな活動が進められていますね。 首里城の焼失は1453年、1660年、1709年、1945年に次いで5度目のことなんだそうですが、沖縄のステータスシンボルです。ぜひ精確な再建が一日も早くなされることを祈念します。 この首里城の守礼門が表面に描かれた日本銀行券って覚えてますか?裏面には源氏物語「鈴虫」の場面が描かれていました。 ああ、そういえば…

  • 【お屠蘇】日本古来の儀式の主役 霊験あらたかな「酒」という存在

    < 年に一回だけ使う道具で今も残っているのはひな人形だけ? > お正月に働いている人だって、ずっと居るんですよね。電車やバスだとかの交通インフラ会社に勤めている人たち。コンビニ、ファストフードだとか年中無休の営業形態で働く人たち。警察、消防の人たちにも正月休みはないですね。 尤も、全員がってことじゃなくって、メンバーのローテーションの中で営業を維持しているんでしょうから、お正月気分に浸れることもあるんでしょうね。っていうか、何の関連も持っていませんが、そうであって欲しいなあって気もします。休みの日っていうんじゃなくって、日本のお正月っていう空気感を静かに過ごすって、大事だって思います。 まあね…

  • 【ニュースバラエティ】テレビレスの生活から考えてみるメディア、企業の姿勢

    < マスメディアは報道から情報へシフトして ジャーナリズムはバイプレーヤー? > 地上波デジタル放送が始まる少し前ぐらいからですから、もう20年にもなりますかね。テレビを処分して、ずっとテレビレスの生活をしております。ではあるのですが、日常生活の中からテレビがすっかり消えてしまうってことはなくって、街なかに出ますとテレビ画面に出くわす機会って意外に多いなあって感じます。 まず家電量販店、町の電気屋さん。これは大型モニターを表に向けて置いてありますからね、ほほう、っとかね、立ち止まって見入ることも無きにしも非ずです。それと、一定時間見ることになるのは、居酒屋さんと町中華です。 個人的にチャンネル…

  • 【酒はしづかに飲むべかりけり】飲食に一所懸命だったのは人なのか時代なのか

    < 長生きする酒呑みと 若死にする酒呑みと 日本の酒呑みを考える > 洋酒、日本酒なんていう分け方をすることがありますね。とってもザックリした分け方で、そこに明確な決まり事があるとも思えませんが、この場合の日本酒っていうのは清酒ばかりを言っているんじゃなくって、焼酎、泡盛なんかも日本酒、ってことでオッケーなんじゃないでしょうか。 そうした日本酒に対しての洋酒ですから、欧米の酒がメインなんでしょうけど、要は日本以外の酒ってことになるんだろうと思いますね。 世界最古の酒はワインだってことになっているらしいんですが、今のように嗜好品として、つまり酔っぱらうために呑む酒っていうのはいつ頃から普及したの…

  • 【全国郷土かるた】日本全国に2000ぐらいあるらしいですよ

    < おやげねえから おこんじょすんの やめりー > なんのこっちゃねん! これはですね、「ぐんま方言かるた」の「お」のカードなんです。「可哀想だから 意地悪するの やめなさい」っていう意味だそうです。 ん~。地方色があってイイんでないかい、って気もしますけど、特定の地域でしか通じませんよね。しかもなんでこんな文言をかるたにするのか、おそるべし群馬県、なのかもです。でもね、まあ、方言を大事にする効果はバツグンなのかもです。 今でもそのままの言葉を使ているのかどうかは分かりませんが、意味も含めて言葉は残って行きそうです。 群馬大学総合情報メディアセンター中央図書館の「郷土かるたコレクション」を見ま…

  • 【教育七五三】あれからずいぶん時は流れて 日本の中堅層 今どうなんでしょ

    < 自分たちがバカ世代だってマジで思っているんでしょか > 古い友人から連絡が来まして、「幻の居酒屋 つぼ八」へ行ってきました。 いやあ、「幻の」っていうのはその友人が勝手に言っているだけで、そんなキャッチコピーの店じゃないんですけどね。 正確な店舗数とは知りませんけど、初期の居酒屋ブームを作り上げたチェーン店ですよね、つぼ八。その頃は、どこの駅前にもあったような感じでしたからね。友人が「幻の」って言いたくなるのも分かるような気がします。ホントに見かけなくなりました。 アテとしての「ホッケ」を知ったのは、まぎれもなくつぼ八に行ってでした。 出てくるのは早くはないですけど、安くて旨くてデカイ! …

  • 【おひとりさま市場】とか言ってますけど 突然出てきたわけじゃないはず

    < 1人で飲食 1人で旅行 って 男女に限らず 昔から普通でしょ > 「あのねえ、ファミレスに多いんですけどね」 って、話になりましたですよ。カウンターで何回か顔を合わせたことのあるオネエサンです。日本酒ファン。 その居酒屋さんでは、日本酒を注文すると、銘柄ごとに5勺から出してくれて、好みの猪口を選べるっていうシステムです。ま、5勺っていう言い方はしていなくって、1号徳利、ちょっと変わった形の、この徳利もいろいろあるんですが、こちらは客が選べません。お店の選択。その徳利に「半分ぐらい」って言っておりますね。 半分、ぐらい、です。イイですね。 2号徳利もありますけど、こっちは普通のそっけない徳利…

  • 【人智を超えたもの】デジタル時代の魂魄を考える

    < デジタルネイティブはスマホで調べられないものでも信じるか > コロナ禍のストレスは、我々のどこに溜まっていくんでしょうか。 コロナ前と同じように振る舞っているつもりでも、どこか気になる部分があって、ふっと客観的に自分を見てしまっていることに気付かされることって、あったりしませんか。ゴールデンウィークっていうリクリエーションでも大手を振ってキャピキャピ動けた人は少なかったように感じます。どこか他人の目を意識したりとか、ね。 コロナ自警団とか、マスク警察とか、コロナ禍の初期の頃に取り上げられたトピックがありましたが、日本人の真面目さなのか、2年3年と時が流れるうちには、誰かに非難されるような行…

  • 【あはれ】【天晴】いとをかし

    < 紫式部の「あはれの文学」 清少納言の「をかしの文学」 > インスタ映えする進化系スイーツと一緒にカシャッ、とかするのがサイコーな瞬間だよねえ、っていう現代女子にも通じるのかどうか想像できませんが、なんにせよ感動っていうのは、人間生活を充実したものにしてくれる大事なものですよね。 昔っからそうなんですよね。特に女子がね、萌えたがり、なのかもですよ。 ♪お菓子食って涙が出そう とか、今回はそういう話じゃないです。ん? そもそもお菓子じゃなくって、可笑しの方ですか。そかもです。 でも世田谷区の九品仏には「いとをかし(It Wokashi)」っていうオシャレな大福屋さんもありますよ。 (adsby…

  • 【最終共通祖先】もっと詳しく言うと「最終普遍的共通祖先」っていうヤツ

    < 地球上の生き物は やっぱりみんな み~んな友達 なのかも > 旨いワインを作るには、まず旨いブドウを作ることが欠かせません。 そりゃそでしょねえ。何を、どういうのを旨いと思うのかは人それぞれでしょうけれど、ワイン用のブドウはこうでなきゃダメよね、っていうこだわりを持って作っておられるですよ、生産者さんはね。 で、ブドウの生産には「栄養成長」と「生殖成長」っていうのがあるんだそうです。 ブドウの樹を植えて、早く大きくなあれっていうのが「栄養成長」たっぷりの栄養を与えて元気な樹に育つようにするわけですね。 「生殖成長」っていうのは、樹が子孫を残すために養分を果実に、つまりブドウの実に樹の養分を…

  • 【ビールの起源】液体のパンって言われることもあるらしい酒

    < 紀元前から今と同じ状態のビールだったわけもなく > 酒の中で一番古い歴史を持っているのはワインで、次いでミード(ハチミツ酒)。その次ってされているのがビールです。でもこれ、当たり前ですがエビデンスがあっての説じゃなくって、たぶんね、ってことみたいですよ。 ビールの起源については、イランで発掘された紀元前5000年ごろの陶器からビールの成分が発見されているそうですし、紀元前4000年ごろの粘土板には古代メソポタミアでシュメール人がビールを作っていたっていう記録があるそうです。 ま、紀元前のビールっていうのがどんな代物だったのか分かりませんが、「液体のパン」って言われることがあるんだそうですよ…

  • 【名物カレー】国民食っていうほど浸透しているカレーが名物って どゆの?

    < 日本のカレーは日本独自に工夫進化した国民食の代表です > 前回「田舎カレー」っていうテーマを取り上げてみたんですけど、アップした直後に「鏡野田舎カレー」っていうのを見つけました。きゃっほー、です。自ら田舎を名乗っているカレーがあったんでございますよ。 ま、探せばもっとたくさんあるのかもですが、ひとまず「鏡野田舎カレー」です。 鏡野(かがみの)ってのはどこにあるのか。岡山県でした。岡山市の北、鳥取県との境に面した苫田郡鏡野町。やまあいの静かな環境みたいですね。 「道の駅奥津温泉」や「のとろ温泉」で食べることのできる「鏡野田舎カレー」なんですが、道の駅のバイキングが「田舎バイキング」っていうネ…

  • 【田舎カレー】の田舎って どこなんでしょ?

    < 市販のカレールウで普通に作ってちょうだいよって思っちゃうお店の不味いカレーの不思議 > 居酒屋さんとか焼き鳥屋さんが、店先にお手製の三角看板を出して「ランチメニュー」なんてね、やっている店舗って珍しくないですよね。焼き鳥丼、ランチビールセット! なんてやってますよ。 コロナ禍になって、より一層増えたような感じもありますが、みなさんの街、ま、オフィス所在地ってことになるかもですが、どうですか、増えてます? 2021年ぐらいからは、店舗自体を閉めちゃうっていうのもありますからね、けっこう厳しい商店街事情になっているかもしれないですけどね。夜の売り上げが思うように上がらないんで、じゃあ昼も開けて…

  • 【おしりたんてい】なぞときフェスティバル だそうでございます

    < 知らず知らずのストレスは大人よりも子供の方が大きいのかも > 「おしり、おしりって大変だったんだって」 ん? なんのお話でございますか。はい、そうですよ、いつものごとく、居酒屋カウンターでの会話です。 サヤちゃんっていうんですけどね、30代だと思います。元気な人であります。いつもトマトサワーをやっていますよ。 おしりの話っていうのはですね、4歳になるお姉さんの娘さん、姪っ子ちゃんと福岡県に行ってきた土産話なんです。お姉さん夫婦はゴールデンウィークでも、どっちも休みがとれなかったらしくって、姪っ子ちゃんのストレス発散のため、お役が回ってきたらしいんです。 福岡県とおしりの関係って? なんなん…

  • 【売れた 売れなくなった】オミクロン株になってからの商品購買状況

    < 行動制限なしのゴールデンウィークなんですけど 能天気にはなれませんよねえ > 国が費用負担する形の4回目のワクチン接種は、年齢と基礎疾患の有無によって打てる人を限定するらしいですね。 どんどん変異していくコロナウイルスに対して、変異株に特化したワクチンが、おいそれと開発できないことは致し方のないことではあるんでしょうけれど、こういうパンデミック状況だからこそ力量を見せて欲しい日本、とかね、まったく勝手ながらに思ってしまいます。国産はワクチンしても、治療薬にしても2022年4月現在、ゼロですもんねえ。 4回目の接種に関しても、実施するからには外国からワクチンを買い付けないといけないわけで、対…

  • 【ひやっしー】「そらりん計画」対「レッドドラゴン」天才たちはなぜ火星を目指すのか

    < Twitterの通信基地って火星にも出来ちゃうんでしょうか > 「ひやっしー」って知ってます? 聞いたことあります? ああ、あれだろ。「なし汁ぶしゃー」ってやつだろ。 いいえ、違います。 違わないって。知ってるんだから。「ふにゃっしー」っていうネコの飼い主で、どうやら神奈川県横須賀市出身の千葉県船橋市在住なんだけど、船橋市にも千葉県にも公認されていない、梨の妖精ってヤツ。けっこう人気だよ。 だから、違いますって。「ひやっしー」は「ふなっしー」ではありません。 あ、そっか。「ひやっしー」ね。でも似たようなもんだろ、「ふなっしー」の友達かなんかで、あれかな、ヒヤヤッコの妖精で、「かつぶしふわあ…

  • 【フォッサマグナ】と【ナウマンゾウ】の意外な関係

    < 今では知る人もないようなエライ人って けっこういるのかもですけどね > 国石っていって、国の石を定めているトコっていくつかあります。 アメリカの国石はサファイア。イギリスはダイヤモンド。イタリアはサンゴだそうです。スイスの国石はクオーツ(水晶)だそうで、時計の国だもんねえって感じですよね。 日本の国石はヒスイだそうですよ。ふううんって思います。知ってました? ヒスイは漢字で書くと「翡翠」ですけど、この漢字のままで「カワセミ」とも読みますよね。古い中国語ではまさにカワセミを翡翠って書いていたんだそうで、その羽の色に似ているっていうんで「翡翠玉」って呼んでいた石が、いつの頃からか翡翠になって、…

  • 【ネコミュニケーション】酒呑みのネコとのけっこうマジな話

    < 情動表出の認知力って、人間が勝手に決めるもんじゃないんだよ > って、ネコが言ってました。 おとといなんですけどね、居酒屋のカウンターでネコと隣り合わせになりまして、なんかね、真面目な話をしてきました。ちょっと高めの声でしたけど、けっこう饒舌だったんであります。瓶ビール呑んでましたよ。 で、「イカ焼き」って注文したもんで、マスターが「あれ?」ってなった辺りから話が始まったんであります。 マスターが疑問に感じたのは例のアレですね。ネコはイカを食べると腰を抜かすっていう人間界のアレ。 ネコはひげを撫でながら早口で、こんなことを言いました。「チアミナーゼのことだろ。焼けば大丈夫だし、1食だけでど…

  • 【RSS】と【FEED】って なんなん? そもそも【XML】がよく分からんでっす

    < 人間の理解できる言葉のデータが「テキスト」 コンピュータ用のデータが「バイナリ」 > ってことでありまして、パソコンの電源ボタンをポチっと押します。んっ!? ガーン。。。ブルーバック、だとか。 使い終わって、シャットダウンします。と、「Windowsの整理をしています。電源を切らないでください」だとかね、なにしとんねん?ってなっていませんか? 同じように感じている人も少なくないんじゃないかって思いますです。 もうね、毎日使っているんですが、ほとんどブラックボックスです、パソコンって。 まあね、いろいろ大変な仕事をこなしているんだろうなあ、とは思うんですが、遅いよ、って感じることはしょっちゅ…

  • 【孤独の酒】【陶酔の酒】【覚醒の酒】それぞれの楽しみ方

    < なんかね 言ったもん勝ち みたいなネーミングなんですけど > みんなでワアワア騒ぐためのアイテムとして酒は欠かせません。っていう説には何も異論はございませんが、そっちの方向じゃなくって、嗜好品として、酒自体と静かに向き合う呑み方の話です。 アテにも頼らない、酒そのものを楽しむ、オットナーな時間の過ごし方ってことですね。 酒っていろんなのありますよね。でもってその呑み方もまた、めっちゃバリエーションがあります。正しい呑み方なんてありません。間違った呑み方ってうのもないです。どうでも、好きに楽しめばイイじゃんってもんではあるんですけど、慣れないうちはですね、その酒と馴染めなくって、ふう~って、…

  • 【おもしろ駅名巡り】鉄分補給その6 九州方面の旅

    < 旅に出るって言ってもさ 東京都って「リバウンド警戒期間」中だったんですねえ > でもってそれが5月22日まで延長ってことになったんでありますが、ぜんぜん意識していませんでしたね。そういうのもリバウンドって言うの? って思っちゃいますけどねえ。 ゴールデンウィークを挟んでの対策ってことなんでしょうけれど、「ゆりゆり」もかなり久しぶりのメディア登場って感じで、ずいぶんな距離で都民と乖離していますねえって思います。 まあね、まだまだ大手を振って、どこへでも、いつでも出かけられる状況じゃないですけどね。東京は特にですね。ウィズコロナとか表現するのは自由だと思いますけど、その実態がどういうものなのか…

  • 【クラーケン】ってさ フランケンのお友達なの?

    < ダイオウイカってのがいるんだから ダイオウタコだっているんじゃないの? > 世界四大文明っていうのは、みなさんご存じだと思います。メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、中国文明がその4つだってされていますが、実はこれ、特に定説っていうものじゃないんだそうですよ。 国際的に通じる言葉じゃなくって、せいぜい日本と中国で通じるぐらいじゃないかってことで、おやや、そなんですかあ、って軽く、マイナス方向のカルチャーショックです。 まあ確かにね、初めて世界四大文明っていうのを知ったときに、ええ~、そのほかの地域にだって人は住んでいただろうし、独自の文明って、その地域ごとにたくさんあるんじゃない…

  • 【組み換えたんぱくワクチン】アメリカ ノババックス社製だそうです

    < 新型コロナパンデミックになるずっと前からワクチン後進国だった日本 > 2022年4月19日、厚生労働省は「新型コロナウイルスワクチンの製造販売承認について」で、日本国内4種類目のワクチンを製造販売承認したと発表しました。 新たに承認されたコロナワクチンっていうニュースは前日からメディアで取り上げられていましたが、第一報に接した時、内容を把握する前に頭をよぎったことは「塩野義?」っていうことでした。塩野義製薬は飲み薬だけじゃなくってワクチン開発もやっているわけですからね。 ワクチンの方が早く承認されたっていうニュースなのかなって思ったわけなんですけど、違っていましたね。 塩野義製薬が厚生労働…

  • 【パンツの窓】から見えてきたのは【GHQ】だったのでありました

    < 窓から見える風景っていうのは 真実っていうより用意された御都合だったかもしれない話 > アンケート調査っていうのはネット社会になってから、頻繁に、広範に行われているイメージがあって、なんでもかんでもランキングされているような現状があります。収集データのボリュームは千差万別ではあるんですけれどね。 ランキングっていう形式は、マーケティングのためのツールとして機能しているんだろうなあって思いますけれど、安易に結果発表されているような受け止め方も止むを得ない感じです。 ファッションのジャンルとか、ほぼ素通りしているタイプなので、ネットの自動表示されるコマーシャルも服飾関係のものが表示される場合、…

  • 【令和臨調】って なんなん?

    < そういえば「リンチョー」って 昔から聞くような気がするです > 2022年2月28日付けの発表として「令和臨調」の発足が発表されました。 政治とか、アンのポンのタンですんで、ふううんっとか感じただけだったんですが、「リンチョー」って言葉、そういえば聞いたことあるよねって思ったんですね。ニュースなんかで聞いた言葉のような記憶ですが、ぜ~んぜん馴染みはないです。 なんか、あれでしょ、永田町方面のことなんでしょ。一般人に関係あんの? ぐらいの感覚でチラッとホームページを覗いてみたらですね、そういう態度、考え方だから日本の民主主義は危機に瀕しているんですよ! ってなことが、意外にも分かりやすい言葉…

  • 【イブリガッツォ】なんてのも出て来ちゃった旨いアテ「いぶりがっこクリームチーズ」

    < ロマーノ マルキジャーノ シチリアーノ サラート っていう種類は マリトッツォ > 酒を呑むスタイルっていうのは十人十色、千差万別ではありますけれど、イイ酒にするのに必須なのが旨いアテですよねえ。 酒に充てがう、付かず離れずしっかり寄り添う、ってことで酒のアテ。ピッタリくるよねえっていうのがアテです。ビール、日本酒、ワイン、焼酎とか、なにをどう楽しむのかによって、なにがサイコーのアテなのか。 その日その時によって違いますよねえ。気分に左右されるわけなんですが、ま、長いこと酒呑みをやっていれば定番っていうのもいくつか出てきたりします。料理自慢の人なんかはけっこう凝って作る人が少なくないようで…

  • 妄想 たかじんの【東京】古い歌を聞いて自分と向き合うノスタルジーの独り呑み その3

    < 1993年 平成5年 歌:やしきたかじん 詞:及川眠子 曲:川上明彦 > 「歌は世につれ 世は歌につれ」ってやつの3回目であります。 1991年のバブル崩壊を過ぎて、夜の街のバカ騒ぎとかがなくなって、東京全体がタメ息を付いているような空気感だったかもしれない1993年。ユーミンの「真夏の世の夢」サザンの「エロティカセブン」ZARDの「負けないで」がヒットした年でしたね。 やしきたかじんの「東京」って歌もこの年に発表されているんですが、ロングランっていうのか、じわじわと人気が続いたみたいですね。東京はキライなんじゃ! って声高に言っていたやしきたかじんの歌「東京」が、一番のヒット曲で代表曲に…

  • 【サイバー警察局】と【自衛隊サイバー防衛隊】は どれほどホンキなのか

    < 警察庁と防衛省が言っている「サイバー」って なんなん? > 2022年3月17日、自衛隊サイバー防衛隊が発足しました。 かねてからの予定行動で、ロシアのウクライナ侵攻との関連で発足したっていうことじゃないんだろうって思いますけど、国の組織の名前に「サイバー」なんていうカタカナが付いていると、ん~、そういう時代なんだねえって、妙にしみじみしちゃう感覚を覚えます。 なんでしみじみしちゃうのかっていうのを考えますと、なんだかサイエンスフィクションとか、ドラマの世界のことだと思っていた脅威が、現実にすぐ隣りに存在しているんだなあって感じるからかもしれませんね。イヤな世の中です。 インターネットとか…

  • 【雨女】っていうのがホンモノで 【雨男】は後世の無理矢理の付けたしみたいよ

    < じゃあ男は っていえば そりゃ ほら てるてる坊主でしょ > ♪あ~した天気にしておくれ ってことで軒に吊るすっていうのが「てるてる坊主」やったことのある人も少なくないんじゃないでしょうか。昭和の人はね。 子供の遠足とか、運動会の前の日にやるんですよね。おまじない。21世紀、令和の日本でもやっているんでしょうか。 もしかするとかなり希少な風物、みたいになっているのかもですね。だってほら、今、日本の住宅事情を考えてみると、そもそも、てるてる坊主を吊るす「軒」っていうのが無いですよ。マンションのベランダ。物干し竿に、っていうのがせいぜいでしょうか。 (adsbygoogle = window.…

  • 【晩酌】日本の酒呑みのシアワセの在りどころ

    < 最近はあんまり聞かなくなった感じもする「晩酌」って言葉ですけど > 昭和と共に過去のものになってしまったような感のある「晩酌」ですが、そういう話になると、いや、今はほら「宅呑み」って言ってさ、コロナ禍になってから、むしろ増えてんじゃないの、っていう向きもありますね。 でもね、なんか違いますよね。晩酌と宅呑み。 勝手な思い込みっていうレベルの話ではあるんですが、昭和の晩酌って、今から考えてみますと日本全体が右肩上がりで、一般家庭のあり方ってうのもずいぶん違っていたように思えてきます。 社会構成自体、全然違っていたかもしれません。それは世の中っていいますか、時代の趨勢なんでしょうからイイもワル…

  • 【テリジノサウルス】は【ハスカップ】を食べていたか

    < 北海道特産「ハスカップワイン」の味わい方 > とあるワインを楽しみながら、はるか古代の白亜紀の地球に想いをいたすっていう話なんですが、はい、いつも通り遠いところ、恐竜の話から入ります。 世の中には「恐竜学」ってのがありまして、日々研究が進められているんだそうです。日本は国土の狭さもあって、これまでに発掘された化石の数も少なくって、恐竜学の本場はアラスカやモンゴルだったみたいなんですね。でもまあ、そこで活躍している学者さんたちは世界各国から集まってきているわけで、日本にも何人かおられるみたいなんですよ、恐竜博士。 そのうちの1人、北海道大学の小林快次博士が、2020年、コロナ禍の日本で大きな…

  • 妄想【TOKYO JOE】古い歌を聞いて自分と向き合うノスタルジーの独り呑み その2

    < 1977年 昭和52年 歌、詞、曲:ブライアン・フェリー > 「歌は世につれ 世は歌につれ」ってやつの2回目であります。 イギリスのバンド「ロキシー・ミュージック」リード・ボーカルのブライアン・フェリーはセクシーって言われて人気でした。 男のセクシーさって、どの辺がどうなのか、さっぱり分かりませんし、興味もないんですけど、このロキシー・ミュージックっていうバンドは、固定メンバーなのかどうかも分からないたくさんの人たちが踊りながら演奏していて、おお~! って思っていましたです。踊りっていっても、今のダンスっていうんじゃなくって、ノッテますって感じのやつ。 スケルトンのヴァイオリンを弾いている…

  • 【日が暮れたら】そのちょっと前ぐらいからですかね 酒を思います

    < 晩酌を習慣にしている夫婦が居て 言い争いしながらでも必ず二人で吞むらしいよ > 地球って星は太陽の周りを公転しているってことで季節があって、そんでもって自転しているんで一日があるんだそうですよね。時間も流れていて、同じ一日ってのは、無い。地球が回っている宇宙空間も変わり続けているらせん運動。 そですね、小学生でも知っていることなんですけど、ふっと考えますとね、とてつもなく不思議な感覚にとらわれてしまうことがあります。 明けては暮れて、暮れては明けて、繰り返す人生の日々です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 一日のうちで一…

  • 【居酒屋トークのコツ】ふむむ そんなのがあるですかあ?

    < 酒の呑み方に正解なんてナイってことでイイんじゃないの ハズレはあってもね > 「居酒屋トークのネタブログ」って看板をあげております当ブログなんではありますが、居酒屋トークに「コツ」ってのがあるみたいなんですね。 ええ~!? そなの? そんなのあんの? って感じで、看板を吊るしている柱を根っこから揺さぶられた感じのカルチャーショック。っていうのは大袈裟かもしれないですけど、居酒屋トークに「正解」みたいなのがあるんでしょうか。 こういうトピック、あーだこーだ言ってるのを、ちょろっと読んでみると、ネタにはなるんじゃないかってノリで、はい、いーだうーだやっているんですけど、「コツ」ってのを求めるニ…

  • 【アイス】って言うけど クリーム? ラクト? ミルク?

    < いいえ ソフトです ババヘラもチリンチリンもあるでよ そうそう おっぱいもあったです > 地球温暖化とか、そういうせいなのか、4月、ヘタすると3月に夏日とか出て来ちゃってますよね、このごろ。暑い、っていうレベルじゃなくって、熱ッチーッ! っていうような日。身体を冷やしたほうが良さそうだってときには「ガリガリ君」一択なんですけど、そうじゃなくって、ちゃんと味わって食べたいときのアイスの話です。 何が好みですか。アイスクリーム、ラクトアイス、アイスミルク。 いや、ん~、種類とか気にしてないでしょ。 ナニで選ぶかっていえば銘柄でしょねえ。ってことでコンビニアイスの人気どころを見てみます。 (ad…

  • 【まぐまぐでゅう】バリエーション しょーない国物語

    < いや ちゃうねん 新しいドリンクやないねん > え~、毎度まいどのばかばかしいお噺でございまして、ひとつまた最後までよろしくお願い申し上げておきますが。 どうもね、世の中スッキリしない日々がおります。スカッとすることがないですね。 日々の暮らしでスカッとするためにはどうするか、ってことでございましてね、庶民のすることってのは昔っから決まってましてね、仕事終わりのビールですねえ。そうでやしょ? だんだん暑くもなってまいりました。 スカ―ッとしないではいられませんよ、ビールでね。人類史上最高級スッキリ発明。 いや、イイんですよ銘柄なんてなんでもね。ジョッキの生ビールでも瓶ビールでも、どっちでも…

  • 【Google向けSEO】何をすればいいのかGoogleさんに聞いてみる

    < グーグル・ウェブマスター・セントラル から グーグル・検索セントラルへ > 前回の「Googleインデックス」でも触れましてけど、SEOっていうのは、ほぼGoogle対策なわけですね。 そもそもそのGoogleさんがSEOに対して何か言ってないの? って思ったら、「Google検索セントラル」っていうページがあって、「Google検索でウェブサイトをアピールする方法」っていう案内をしているんでした。 ま、これは知っている人はとっくに知っているページなんだと思いますけど、2020年末までは「Google Webmaster Central」っていう名前だったみたいですね。ウェブマスターね。聞…

  • 【Googleインデックス】なんかいろいろ変わるような 関係ないような

    < サーチ・エンジン・オプティマイゼーション(SEO)をちょっと意識してみる > Googleは「ユニバーサル・アナリティクス」のサポートを2023年7月1日で終了するって発表しています。 はてなブログとの関連で言いますと、Google Analyticsを利用している人にしか関係なさそうなことですけど、「設定」 ⇒ 「詳細設定」 ⇒ 「解析ツール」 ⇒ 「Google Analytics 埋め込み」の欄に「UA」から始まるトラッキングIDを記述していると思います。このことによって、Googleが当該ブログ記事をアナリティクスの対象として認識しているっていう仕組みですよね。 で、そのトラッキン…

  • 【アファメーション】に頼りきらない ブログを継続する方法

    < なりたい自分を実現するための自己肯定 星に願いを じゃない方法 > 何の知識もないままブログを始めてから16ヶ月経過しました。 ま、一応、継続できている状態なんですが、よく言われている「ブログを1年以上継続しているのは1割程度」っていうのを考えてみたいと思います。 結果的に1年以上続いている当ブログではあるんですが、1割の中に入ってる?なんだかそんな意識は全然ありませんねえ。収益化なんて、まるでナアンニモ出来ていませんし、生き残っているってな感覚も皆無です。 まあね、個人の事情なんていうのは様々でしょうけれど、ブログを継続するために「アファメーション効果」を利用しましょうっていう記事をいく…

  • 【鶴見と莫祢氏】普通に読める名前と まず読めない名前の芋焼酎

    < 酒と語る 居酒屋トークの1種類として黙酌っていうスタイルを会得する > ツルは千年、カメは万年って言いますよね。 つるかめツルカメっていうお払いの呪文みたいなのもありますし、七五三の千歳飴の紙袋、あれにもツルとカメが描かれています。着物姿の子どもが、両手で身体の前にぶら下げて、にっこりパチリで記念写真。縁起物ってことなんですよね、たぶん。 ツルカメって中国の古典が出どころらしいんですけど、なんで長寿のシンボルとしてツルとカメが選ばれたんでしょう。 ゾウガメなんかは100年以上生きたっていう個体が確認されているみたいですけど、ツルって、そういう話は聞かないです。野生で20年から30年。動物園…

  • アメリカ版【猫と皿】ならぬ 「ブルドッグとティラノの骨」

    < トコロ変わればシナ変わるって申しますが どれほどのもんでございましょうか > 毎度ばかばかしい噺でご機嫌を伺っておりますが、今回もひとつ、よろしくお願い申し上げておきます。 え~、今回はですね、いつもと少し趣向を変えましてですね「ブルドッグとティラノの骨」って噺でございます。なんでティラノザウルスなんかが出てくんだ! ってえお叱りを受けそうなんでありますがね、これがね、出て来ちゃうんだからしょうがないんです。出て来ちゃうんだから。骨なんですけど。 まあね、タイトルからご案内の方も多いかと思いますがね、猫の皿ってのがあんじゃないですか、古典ね。 あの噺のね、アメリカ版なんで、はい、海の向こう…

  • 【花見で一杯】花はサクラ それが常識ってもんではあるんですが

    < お前らどうせ花なんて5分しか見てないだろっ! ちゃうわい! 1分じゃ! > 春の風の中をコロナウイルスが飛び回っているとしても、2022年のサクラは一時に満開になって日本の四季の移り変わりを無言のままに報せてくれました。ま、なんだか雨やら北風やらで、あっと言う間にひらひら散ってしまいましたけど。 昔から満開のサクラには酒が付き物だと言えそうですけれど、なかなかね、コロナ禍ではかつてのようにはいきませんね。 でもまあ、あれですかね、コロナのちょっと前ぐらいから花見っていうのは行動規制され始めてましたね。ゴミ問題も含めた近所迷惑が最大の理由だったんじゃないでしょうか。 (adsbygoogle…

  • 【エアロゾル感染】ちかごろ怪訝に思うこと

    < 疫学関連だけじゃなくって 専門家連中って機能していないんじゃないでしょうか > 例えば、堀内詔子議員が2022年3月末でワクチン担当大臣を退任したんですが、4回生には無理だったんだよっていう意見が政府から出てくるのって、なあんかヤな感じです。 堀内議員は2021年10月4日からワクチン接種推進担当大臣と同時に、東京オリンピック競技大会、東京パラリンピック競技大会担当大臣を兼ねていて、3月31日をもってオリパラ大臣の期限を迎えるに伴って、ワクチン担当大臣も一緒に退任するわけなんですが、半年間の担当でしたね。 まあ、大臣ポストの争いだとか、その辺の事情なんてさっぱり分かりませんが、急遽設けられ…

  • 【平野レミ】という天然の魅力とパワーと求心力

    < なんだかトンデモなく すっごいファミリーが出来上がっちゃってますよね > 散歩の途中に一軒家の新築工事の現場がありました。 昨年の夏以降、工事現場の動きが出て来たように思います。いつまでもジッとしてたら干上がっちゃうよ、ってことの現われなんでしょうかね。働くべき人が、ちゃんと働いているっていうコロナ前の当たり前が、徐々にというより一気に回復してきているような光景で、頼もしくさえ感じられる現場でした。 ラジオだと思うんですが、現場の中から通りにまでよく聞こえてきました。 「そうよ。一緒にやってんの。こないだなんかさあ、しゃれた格好してっから、きょうはキレイねって褒めたらさあ、あら、お義母さん…

  • 妄想【TOKYOワルツ】古い歌を聞いて自分と向き合うノスタルジーの独り呑み

    < 1984年 昭和59年 歌:由紀さおり 詞:なかにし礼 曲:宇崎竜童 > 「歌は世につれ 世は歌につれ」っていう言葉がありますけど、これをコトワザって言って説明しているのを見かけます。 ええ~!? そなの? ちゃうような気がしますねえ。 昭和の歌謡曲隆盛なりしころの歌番組で、司会者が定番の挨拶みたいに言っていたのが始まりだそうですよ。ま、慣用句的には捉えられるかとは思いますけどね。とっても優れたコピーですよね。 まさに俗な意味での「流行歌(はやりうた)」っていうのは、その時の世の中の写し鏡ってところがあって、そのタイミングでなければ生まれてこなかった歌であり、その歌が流れることによってその…

  • 【日清カレーメシ】第3のカレーっていうポジションを得るまで

    < 1958年 昭和33年創業の日清 令和4年現在は三代目の社長さんになっています > 舞台がアメリカ、例えばニューヨーク辺りの群像劇映画とかドラマなんかを観ていますと、ちょくちょく出てくるテイクアウトの食事のシーン。 だれにでも見覚えがあるかと思うんですが、ニューヨーカーたちが意外にも箸を使って、四角い紙の箱から何やらを食べているんですよね。中華料理っぽい感じの、あれ。もちろんフォークで食べている人もいるんですが、ん~、ナニ食べてんの? って思うんですけど、本編のストーリーとは何の関係もないことですんで、たいていの場合説明なんかありゃしないですね。 ああ、ニューヨークではね、っとか説明するよ…

  • 【ラプンツェル症候群】ってなんなん? そんなんあんの?

    < なんでんかんでん「症候群」ってくっ付けて それでエエのんか? > 「塔の上のラプンツェル」は2010年のウォルト・ディズニーのアニメーション映画ですね。日本での公開は2011年でした。 地上波のテレビでも何回か放送されていますんで観た方も少なくないんじゃないでしょうか。「トイ・ストーリー3」「シュレック フォエバー」に次いでアニメーション映画第3位の興行収入だそうで、かなり人気の高い作品なんですね。 ざっくりとしたあらすじなどを、いきます。 妊娠した女王様が病気になってしまったところへ、金色の魔法の花「ラプンツェル」を浮かべた水を飲んで無事に出産。ラプンツェル王女が誕生します。 王女の金色…

  • 【のんき節】空気嚥下症じゃないほうの 呑気の話

    < のんきにしてたら 真っ黒けになっちゃって こんなもんかとあきらめる > 無意識に大量の空気を呑み込んでしまって、胃腸、食道に空気がたまってしまうっていう「呑気症(空気嚥下症)」っていうのがあるんだそうで、女性に多いみたいですね。 空気を吞むってことで「呑気症」っていう名前なんでしょうけど、呑気っていえば、のほほ~んとしている様子っていう意味じゃないの? って思って、改めて考えてみますと、なんで「気を呑む」ことがのほほ~んっていうことなのか、ちょっと不思議です。 で、調べてみますと、「呑気」っていうのは当て字なんだそうです。 中国で使われていた「暖気(ナンキー)(ヌアンシー)」が平安時代末期…

  • 【不条理劇】を考える 雄弁はミサイルを止められるか

    < 現状変更の第1歩は「キーウ」から始まりそうです > 新型コロナウイルスパンデミック、ロシアのウクライナ侵攻で、2022年の世界は強制的に変化せざるを得ない状況にされてしまった、といいますか、もうすでに変化が進行しているんだろうなって感じます。いつから、っていうのは分かりません。 転機はいつだったのかっていうのは、後から振り返ってみないと判然としないっていうことが普通ですしね。 各種の世界機構の再編だとか、大きな動きは具体的にはなっていませんが、変わらざるを得ないんだろうって思います。 アイツ悪い奴だよね。そうだそうだ、とんでもなく悪い奴だって認定しましょう。賛成さんせ~い! って感じで決め…

  • 【ニューノーマル】21世紀に入ってから なんと3回目のNEWなんですね

    < 少し調べてみたらカタカナばっかり出てきますよ > 2022年3月22日、東京都の「まん延防止等重点措置」が解除されました。 前日の21日は桜の開花が宣言されたんですが、解除当日は朝から冷え冷えして雪が降りましたね。さらには電気の使用量が供給量を上回るっていうような供給不足状態になって、エアコンの設定温度は20度にしてちょうだいっていうアナウンスが流れました。 地震による被害が発電施設に及んでいるとはいえ、日本の設備、システムの脆弱性を実感させられますねえ。 都内の飲食店は制限が解除になるんで、細工は隆々、さあお客さんいらっしゃい! ってなことでこの日を迎えたはずなんですが、節電にご協力くだ…

  • 【反ルッキズム】これまた欧米先行の問題意識ですね

    < 外見至上主義に反対する運動が正しく浸透するのって けっこう難しいのかもです > 世の中に問題意識を投げかける新しい考え方っていうのは、有史以来いろいろ出てきて、ある考え方はなんとなく消えていったり、ある考え方は世界を変えたりしてきているんでしょうね。 2005年に「人は見た目が9割」っていう本が出て、100万部を超えるベストセラーになりました。タイトルからは「見た目」に対する関心の高さがみられますけれど、これは「メラビアンの法則」の解釈をキャッチ―に表現したのが商業的にうまくいった例なのかもしれませんね。 多くの人が「人は見た目が9割」って言われた時に、ん~、やっぱり、そなんだよねえって思…

  • 【うまみだけの唄】♪あなたを満たすため ♪僕は乾いたのさ~

    < うまみだけ ー 大分県乾しいたけ うまみだけの唄 ー > キノコってなんとも不思議ですよね。植物じゃなくって菌類。 ふううん、菌ねえ、っていってもドドーンって育って食べられるんですよねえ。 でも毒キノコなんていうのもあって、毎年被害者が出て、ニュースになったりしています。 わざとそういうヨロシクナイ作用を利用していたっていう言い伝えもあって、昔、灯りも自由じゃなかった頃に夜の山越えをしなければいけないとき。真っ暗な山道を歩いていくのは、たとえ道連れがいたとしても怖いですし、野生の動物に襲われたりする危険もある。 ので「わらい茸」を適量食べて、きゃははは、って笑い声をあげながら歩いて行く。山…

  • 【リアル一休さん】夜に鳴くカラスの声で大悟した ってどゆこと?

    < 「風流」とはちょっと違う リア休さんの「風狂」っていうのを考えてみる > もうかなり前のことになりますが、町中華のテレビで、なんだこりゃ! っていうアニメーションを見ました。偶然目をやった画面の中で鬼たちが盆踊りを踊っています。 ♪じーちゃん マウンテン 芝をカット ♪ばーちゃん リバーでウォッシュ はつ! おいおい、って感じで釘付けになってしましました。ラップっぽい女性の声です。 ♪き び だーん きびきびだーん ♪お に たーいじ おにおにたーいじ ♪魂の16連射 かなりのインパクトでしたが、どうやら「桃太郎」の歌みたいなんですね。 ♪団子をもらって命を投げ出すもの好きなんていない ♪…

  • 【東大女子お断り】っていうインカレサークル なんなん?

    < 「早稲女お断り」「京大女子お断り」とかもあるらしいですけど > 全日本学生選手権、インカレに東大の女子は出場できませんよ、ってことじゃもちろんないですね。サークルですよ、大学のサークル。 インドカレーのサークルっていうのもあって、これは正々堂々インカレを名乗っているそうです。 いくつか複数の大学の学生が集まってサークル活動する「インターカレッジサークル」のことをインカレっていってますね。大学間の交流っていうけっこう発展的なサークル活動っていう面もありますが、男女の出会いっていうことの悪発展みたいな形で犯罪行為が摘発された事件もあったりしました。 ま、ロクなことを考えないヤツっていうのはいつ…

ブログリーダー」を活用して、ぱうすむむりくさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぱうすむむりくさん
ブログタイトル
ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!
フォロー
ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー