chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 濃厚接触者になりました

    先週、両親がコロナにかかり濃厚接触者となりしばらく引きこもってました。 ちょうど祝日があったから仕事は3日休んだだけで済んだけど、家から出られない生活ってめっちゃストレスだね。 今は症状とかなければ人がいない時間に短時間の買い物や散歩はオッケーってことで一日30分程度は外に出れらたけど、後はずっとネットするかテレビ見るぐらいしかやることない。 せっかくだからネット海外ドラマ&映画三昧とか思ってたけどどうにも落ち着かなくて全然捗らず。 そんで動かなすぎて逆に体がダル重くなっちゃって、ずっとなんとなく調子悪かったわ。 でも結局私は熱が出ることもなく待機期間終了。 症状出ないとPCRしてもらえないので職場で貰っておいた抗原検査キット(研究用の精度良くないやつだけど)を出社の前日にしてみたら陰性だった。 コロナにかからなかったのは良かったけど、結局無駄に3日間有給使わなきゃな..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~玄宮園&楽々園

    黒門から出て楽々園と玄宮園へ。 この二つは隣接してて"玄宮楽々園"として国指定名勝になってるんだけど、無料の楽々園の方は初めて入った。 建物内部には入れないので作品は外から見る。 こちらは鳥居本の木綿屋で見た作家さんの別作品。 やっぱ和な建物になじむなぁ。 続いて玄宮園の方へ。 お庭に置かれたオブジェが作品。 こちらはこの作品一つだけなので後はお庭を楽しむ。 紅葉も始まって秋の玄宮園は綺麗だね。 ただ時間的にめっちゃ逆光で写真撮るの難しかったよ。 結局5日ぐらいに分けて巡った琵琶湖ビエンナーレ2022もこれにて終了。 思いのほか印象的な作品が多く、地元とは言え普段行けない・行かない場所も多くて新鮮な気持ちで楽しめた。 人の少ない午前中メインで回れたり、天気の良い日に少しづつ分けていけたのも地元開催の良さ。 また2年後開催されたら行き..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~彦根城

    琵琶湖ビエンナーレ、ラストは有給取って平日の午後に彦根城へ。 パスポートに彦根城&玄宮園の入場料が含まれてます。 お堀のところで白鳥が水面すれすれをバタバタバタって飛んでいってびっくりした。 白鳥が飛ぶの初めてみたよ。 表門でパスポートを見せ、彦根城の入場チケットに交換してもらう。 天秤櫓が最初の展示場所。 たしか二条城のプレイベントでも見たカッコいい屏風。 天守に到着。 裏側から見る天守も好きだな。 そして西の丸の三重櫓がもう一つの展示場所。 鳥居本駅と同じ作家さんによる謎の生物。 彦根城はビエンナーレ目当てじゃない観光客も多いから、なんだこれって感じで見てる人多かったわ。 西の丸からは琵琶湖も見える。 一部紅葉も始まってた。 この後、一旦天守のほうに戻ります。 しばし待つと、もう一つのお目当て..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~沖島その3

    桟橋へと向かう道には可愛らしい飛び出し坊やが。 桟橋に着くと団体ツアー客が通路を占領してて話が終わるのをしばらく待ってたんだけど終わらないので気にせず進むことに。 そしたら移動していったので撮影。 謎の緑の物体。青空に映える。 次に「源弥亭」という場所に向かうも道が分かりにくくて少し迷う。 めっちゃ細い路地の中にあった。 普通の民家っぽい建物の中に沢山の毛玉ちゃんが。 この毛玉、島の他の場所でも見かけててなんだろうって思ってたんだよ。 パカンと開けることも出来、中にはたぶん漁師道具なロープが入ってたり、網が入ってたり。 港近くの展示「廃船」にもこの毛玉ちゃんが乗ってたよ。(写真にはほぼ写ってないけど) これにて作品巡りは終了。 船の時間まで余裕があったので港前の漁業会館でアイスを買ってベンチで食べます! 沖島小学校の児童たちが考案した..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~沖島その2

    港の方に戻り、周辺の展示を回っていきます。 最初は「沖島漁協組合作業場」へ。 だだっ広いスペースに中田ナオトさんの作品がいろいろと展示されてる。 "波打ち際ボーイフレンド"とかタイトルのつけ方が面白い。 そして映像作品だから写真撮ってないけど"少年シャンプー"っていう沖島小学校にある少年の像をひたすら洗う(シャンプーする)ってやつがくだらなくて好きだったわ。 公園にある木の建造物も作品。 途中、第一島猫発見! けっこうな高台にあり上るの大変だった「山神神社」。 頑張った甲斐のある景色。 ここの作品は厳島神社や沖島小学校の展示と同じ作家さんの物でした。 続いて桟橋へと向かいます。

  • BIWAKOビエンナーレ2022~沖島その1

    彦根エリアを回った数日後のお天気の良い日に、今度は近江八幡の沖島へ行ってきました。 車で来島者用駐車場に車を止め堀切港へ。 船のチケットは船の中にある券売機で買うのだけど、この日は人多いからか乗船時に船員さんから直接購入もできた。(往復1000円) 10分ぐらいで沖島に到着! 沖島は琵琶湖最大の島で琵琶湖唯一の有人島。 湖に人が住む島があるのって世界的にも珍しいらしい。 まずは一番遠い展示を目指し、景色を楽しみながらのんびり歩いて行きます。 カラフルに塗られた自転車がカワイイ。 なかなか素敵な雰囲気の沖島小学校。(島外からも通えるのだとか) 湖岸沿いには島の人の畑が沢山。 時々センサーに引っかかり獣除けのサイレンが鳴ってびっくりする。 沖島小学校の小さな水泳場。 たっぷり20分ぐらい歩いてようやく目的地"厳島神社"に到着し..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~彦根城周辺その2

    山の湯を出た後は彦根エリアの総合案内所にもなってる「元近藤呉服店」へ。 ここは3階ぐらいまであってめっちゃ広い。 奥には蔵まであった。 中にある色のついた板みたいのは温度によって色が変わるらしい。 階段の途中には機械で出来た虫のような形の作品がいくつか置かれてて自動で動く。 動きが個性的でなんか見入ってしまったなぁ。 レゴブロックみたいのが置かれた部屋。 そんで一番上の階はもともと住居だったらしく玄関みたいな場所があった。 そこにかけられてる作品からしてちょっと怖い。 それぞれの部屋には癖の強いオブジェがいろいろ置かれてて、一瞬メルヘンっぽいけど良く見ると不気味だったな。 続いて「伊藤邸」。 こちらの建物内の作品はすべて伊藤幸久さんの彫刻作品。 全部子供たちの姿をとらえた彫刻なんだけど、独特の雰囲気があって良かった。 ..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~彦根城周辺その1

    鳥居本会場を見た後、彦根駅前にある「ちゃんぽん亭」でランチ。 近江ちゃんぽん、1年に1回ぐらい食べたくなるんだよね~ それからお城近くの地元民だから知ってる無料駐車場に車を止め歩いてビエンナーレ会場を巡ります。 とりあえず1か所ポツンとある彦根城外堀沿いの「スミス記念堂」へ。 スミスさんという牧師さんが建てた礼拝堂が展示会場になってます。 和洋折衷な内装に、刺繍のどくろの肖像が印象的。 それから展示会場がまとまってある中央商店街の方へ。 一応"彦根城周辺"とひとくくりされてるけど、このあたりは彦根城からも駅からも微妙に距離があるんだよなぁ。 15分ぐらい歩いてまずは一番通り元銭湯の「山の湯」へ。 少し奥まったとこにあって分かりにくいけど、この煙突を目指せばたどり着ける。 この銭湯、たぶん子供の頃、家のお風呂が改装中に何度か来た事あるんだよね。..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~鳥居本

    琵琶湖ビエンナーレ彦根エリアは鳥居本から開始。 鳥居本駅へ車を止め、展示会場を巡ります。 まずは鳥居本駅。(こちらはパスポート無しでも見られます) レトロな駅舎の中に、可愛くもあり怖くもありな不思議なキャラクターがいたよ。 国道から一つ筋を入ったあたりが中山道の元宿場町で、歴史のある建物がそこかしこに残ってる。 そんな古い建物のいくつかがビエンナーレの会場になってます。 「木綿屋」という元合羽店の建物の中には和室になじむガラスのオブジェ。 それから「有川家」、そして隣接してる「有川家住宅別邸」へ。 "赤玉神教丸"が有名な有川製薬の所有する建物で、入ってすぐの場所には商品などが飾られてた。 有川家には二条城でも見た塩見亮介さんの作品。 やっぱカッコいい。 そして別邸の方には二条城や近江八幡会場で見た鳳凰が印象的だった西島雄志さんの..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~近江八幡旧市街地その3

    琵琶湖ビエンナーレ、近江八幡旧市街地の続き。 次に訪れた旧伴家住宅は現在有料で一般公開されてる場所なので、入館料を払って入ります。(パスポートで半額の200円) 少し前にユネスコ世界記憶遺産に登録された朝鮮通信使に関するものなどが展示されてます。 こちらの展示はどれも明るく広い空間を生かした作品になってた。 特にこのレースの作品が素敵。 いろいろ見て回って、最後はかわらミュージアムのすぐ横にある「寺本邸」へ。 こちらはかなり作品数多かった。 陶器で出来た動物たちの造形がカッコいい。 庭には謎の小さな生き物?が大量発生。 (後で調べたところ"トリックスター"という名前らしい) この、ぬりかべドミノみたいのが好き。 他にもいろんなタイプの作品があって盛りだくさんで楽しかった。 これにて近江八幡旧市街地編は終..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~近江八幡旧市街地その2

    琵琶湖ビエンナーレ第二弾は10月末にふたたび近江八幡の旧市街地へ。 前回はあまり作品巡りは出来てないので、今回から本格始動って感じです。 まずは元酒造工場で今はまちづくり拠点となっている「まちや倶楽部」から。 こちら光を効果的に使った作品が多くて見ごたえあり。 好みの作品が一番多かったな。 続いて「旧扇吉もろみ倉」。 ほとんどの会場で複数の作品が展示されてるんだけど、こちらでは"幻象の庭”という一つの作品のみ。 光と音で花咲く庭の春夏秋冬が表現されててとても美しかった。 ただ、機材トラブルがありメンテナンスの為途中で会場を出されちゃいました。 まぁほぼ一周見終わってたはずなので次へと行きます。 古い町屋+現代アートっていう非日常な感じがこういう芸術祭の楽しさ。 ただ古い建物なので階段がどこもかしこも急すぎて(場所によっては梯子に近い..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~近江八幡旧市街地その1

    琵琶湖ビエンナーレ、最初は近江八幡から。 10月半ばのお天気の良い土曜日の朝、家から車で30分ちょっとで到着。 少し早めに着いたので開場の10時まで八幡堀をぶらり。 以前来たときよりもいろんなタイプの飛び出し坊や(とび太くん)が置かれてたなぁ。 そろそろ時間になったのでまずは総合案内所のある旧八幡郵便局へ。 2004年に復元されたヴォーリズ設計の建物。 まずネット予約しておいたチケットを引き換え。 パスポートは近江八幡会場と彦根会場とに分かれてて、片方のエリアだけ買うこともできる。 そしてこの建物内にも展示があるので見ていきます。 普通はそのまま旧市街地の会場を見て回るんだろうけど、後回しにして先に八幡山へ行く事に。 パスポート提示でロープウェイの料金を少し割引してもらえます。 小さな山なので5分程度で山頂に到着。 まずは..

  • BIWAKOビエンナーレ2022~二条城プレイベント

    香川瀬戸芸旅がまだまだ途中だけど瀬戸芸はもう終わっちゃったので、先に現在進行形で行われてる琵琶湖ビエンナーレについて書いていくことにします。 瀬戸芸行ってからアートイベントが色々気になってはいたんだけど、地元でこういうイベントが行われてるなんて最近まで全然気が付いてなかったよ。 2001年から始まり今年で10回目とかなり前からやっててびっくり。(特に宣伝とかしてる感じないし、たぶん地元で知ってる人かなり少数じゃないだろうか) とりあえず9月末に京都の二条城でプレイベントがあるってことでそれを見てからチケット購入するか決めることに。 プレイベントは無料だけど二条城の入場料はかかるので、とりあえず二条城を見学! たぶん10年以上ぶりぐらいの二条城。 人の少なそうな朝一に行ったのに修学旅行らしき小中学生の団体が多くてあんま落ち着いて見学できなかったよ。 庭園とかはゆ..

  • 瀬戸芸2022秋一日目~女木島後編

    前回「島の中の小さなお店プロジェクト」という名前だったプロジェクトが今回は「女木島名店街」と名前を変えて展開されてました。 元民宿だった建物を活用し、アート作品でありながら島の人も生活に利用したりできる場となっています。 前回から引き続きの"ピンポンシー"。 こちらは廃棄されるものをライトにした"鬼ヶ島ピカピカセンター"。 ショッパーだったり、よく店頭に置いてあるソフトクリームのオブジェを使った物だったり。 なんかけっこうおしゃれ感あってカワイイ。 ファンタジックな金物屋"ティンカー・ベルズ ファクトリー"。 前回あった怪しいマッサージチェア(←今回も置いてあった)を手掛けた方の新たな作品がいろいろ置かれてて面白かった。 ガラスでできた釣り具屋さん"ガラス漁具店"。 ガラス製の釣り針を吊ってハート形にした作品。 キラキラ光って素敵。 ..

  • 瀬戸芸2022秋一日目~女木島前編

    いつも女木島来た時はバスに乗って鬼ヶ島大洞窟に行ってたんだけど、滞在時間2時間のうち1時間取られちゃうので、今年はじっくり港周辺の展示だけ見て回ることに。 まずは2016年に来た時、既にあった"20世紀の回想"。 白い帆が秋空にめっちゃ映える。 それから一番遠くにある新作"ナビゲーションルーム"へ。 部屋の中にあるオブジェがゆっくりと動きオルゴールの音楽が流れる。 窓から海が見える絶好のロケーションとも相まって、ずっと見ていたくなる素敵な作品だったな。 そのあとは"女根"や"名画座"などおなじみの展示を見て回る。 こちらも前からある"不在の存在"。 以前はレストランが併設してたのだけど、コロナで今年はやってないそう。 その分、ゆっくり落ち着いて見ることができたし、スタッフさんからいろいろ話を聞けて楽しかった。 少し高台にある"段々の風..

  • 瀬戸芸2022秋一日目~女木島その1

    コロナ禍になってから初、約3年ぶりに泊りでお出かけしてきた。 春、夏は日帰りで行った瀬戸芸だけど、日帰りだと行ける島が限られてきちゃうので秋会期は高松で1泊して4つの島を巡ることにしました。 できるだけ天気が良い日に行きたかったから天気予報とにらめっこしてギリギリに1週間ぐらい前に予約を入れようと思ってたんだけど、全国旅行支援が始まることになったので10月入ってすぐに予約した。 私はワクチン2回しか打ってないから関係ないけど、始まっちゃうとホテルの予約がキビシクなりそうだからね。(感染予防効果ないワクチン条件に意味があるのかとかいろいろ思うところはあるけど...) 旅行当日、天気予報は上々で1日目は快晴。 朝は冷え込むけど昼間には25度近くまで上がる予報だったから服装めっちゃ悩んだよ。 新幹線で岡山、マリンライナーに乗り換え瀬戸大橋を渡り、11時前には高松に到着しました..

    地域タグ:高松市

  • 「国際芸術祭あいち2022」有松会場

    中部国際空港から途中乗り換えして30分ほどで有松駅に到着。 駅のすぐそばの重要伝統的建造物群保存地区になってる古い街並みが会場となってます。 こんな場所が名古屋市内にあるなんて知らなかった。 そこかしこに吊られた細い暖簾のようなミット・ジャイインの作品がこの街並みにすごくあってる。 こちらは歴史的建造物にヘンテコな仮面がミスマッチだけどインパクトあり。 雨のように見えるガラスはヤムイモの形で、実は核実験の記憶を伝えるメッセージ性のある作品。 有松絞りを蓑虫に纏わせて作られた作品も面白かった。 全体的に作品数はそれほど多くないし、道もほぼ1本道で分かりやすいのでサクッと回れる感じでした。 結局3会場回った「あいち2022」。 最初に行った一宮会場が一番印象的な作品が多かったな。 常滑は街並みがとても素敵だった。 ただ、今回コロ..

    地域タグ:名古屋市

  • 「国産冷凍薬味シリーズ 3種」を貰った

    モラタメ当選。 「金印わさび 国産冷凍薬味シリーズ 3種」を頂きました~ "国産おろし本わさび"、"国産おろししょうが"、"国産きざみゆず"の3種類。 とりあえずわさびをお刺身に使ってみました。 冷凍薬味って初めて知ったよ。 わさびもショウガも1回分づつ小分けしてあり解凍もあっという間。 チューブタイプのものだと何回か使ってるうちに辛味や風味が飛んじゃうんだけど、これだといつでも新鮮に使えてイイ。 これから色々使っていこうと思います。

  • 「国際芸術祭あいち2022」常滑会場~後編~

    続いて旧青木製陶所では2つの展示。 その一つ黒田大スケ氏による映像作品が全作品のなかでもトップクラスのインパクト。 写真では何がなんだかわからないけど、クセ強くて笑えた。 もう一つの「泥の雨」も素敵で良かった。 そして最後は旧急須店舗&旧鮮魚店での謎の"イチジク男"の物語。 外にはちゃんとイチジク畑があるのだ。 常滑会場はもう一か所INAXライブミュージアムってところにも展示があるんだけど、バスで行かないと行けないので時間の都合で今回はパスしちゃいました。 帰りは"とこなめ招き猫通り"で39体の招き猫を眺めながら駅へ。 いわゆる招き猫のイメージとは全く違う招き猫がいっぱいいて可愛かった~ この後、有松会場へ行く予定だったけど、その前にちょこっと寄り道。 ここから電車で5分ぐらいでセントレア(中部国際空港)に行けることに気づき、ランチ兼..

  • 「国際芸術祭あいち2022」常滑会場~前編~

    一宮会場に行ってみて楽しかったので閉幕ギリギリに常滑会場に行ってみることに。 名古屋駅から名鉄で3~40分とけっこう遠い。 着いたらまずはインフォメーションのある陶器会館へ向かいます。 途中、上を見上げると巨大招き猫がひょっこり顔をのぞかせてた! インフォメーションで前回買った1DAYパスを追加料金払ってフリーパスにアップグレード。(このシステム凄く良いと思う) これで準備完了。 常滑と言えば焼き物の町なので「やきもの散歩道」というのがあり、その道に沿ってアート作品の展示会場が5か所あるので順番に巡っていく。 まず最初は旧丸利陶管という元土管工場の建物へ。 複数の建物があり何点かの作品があったんだけど、土で作ったクッキーとモチ(みたいなもの)がモザイク状に敷き詰められるのとか、楽器として使える月や星のオブジェ(月型のは触ってOKだった)とか印象的だった。 ..

  • 「国際芸術祭あいち2022」一宮会場~後編~

    午後からは路線バスに乗って尾西エリアへ移動。 尾西エリアの展示場所は3か所。 とりあえず一番遠いところにある「墨会館」ってところへ。 バスで15分、さらに徒歩で10分ぐらいで到着。 こちらの建物、フジテレビ本社ビルとかが有名な建築家の丹下健三氏が設計したものだそう。 愛知県ではここだけらしく、建物だけでも一見の価値あり。 まずはレオノール・アントゥネス氏による作品。 作品としては良く分からなかったけど、モダンな内装にとても馴染んでた。 続いて迎英里子氏の作品。 お天気良かったので窓の外の青空や緑の芝生とぴったんこな雰囲気だったな。 バス停に戻ったらタイミングよくバスが来てラッキー。 篭屋というバス停で下車、こちらでは2作品を巡る。 まずはバス停からすぐのところにある「のこぎり二」へ。 看護学校の作品も印象的だった塩田千春氏の作品。 こ..

  • 「国際芸術祭あいち2022」一宮会場~前編~

    あんまり天気の良くなかった今年9月のシルバーウィーク。 ようやく最終日になって天気が回復したので、気になってた「あいち2022」に行ってきました。 瀬戸芸に行ってからこういう芸術祭やアートに興味が湧いてきたのだ。 こちらの芸術祭、前は"あいちトリエンナーレ"という名称だった気がするけど、前回、展示に関していろいろ物議を醸した事もあり今年から名称を変え再出発って感じになったらしい。 "STILL ALIVE"をテーマに4つの会場で開かれていて、栄のメイン会場は一つの会場内で完結しちゃって芸術祭としてはあまり面白くなさそうなのでアートと共に町を巡れそうな一宮会場へ行く事に。 一宮市って愛知のどこにあるのかもあんまり良くわかってなかったんだけど、調べてみたら名古屋と岐阜の間で、うちの住んでることろから在来線で1時間もかからなかったよ。 会場が開くのは10時からだけど少し早..

  • クノールスープDELI 完熟栗かぼちゃの濃厚ポタージュをお試し

    モラタメさんで「クノール スープDELI 完熟栗かぼちゃの濃厚ポタージュ パン入り」をお試ししました。 お湯を入れてぐるぐるっとしっかりかき混ぜ1分で出来あがり。 このシリーズはほかの味は食べたことあるけど栗かぼちゃは初。 甘味があってなかなか美味しい。 めっちゃ濃厚でサクサクとしたパンも入ってるので1個でけっこう満足度アリ。 朝食だったらこれだけでOKだし、サンドイッチなどのランチのお供にもちょうど良さそう。 12個もあるのでこれからの寒い季節に重宝しそうです。 味の素 クノール スープDELI クラムチャウダーパスタ入り エビのトマトクリームスープパスタ サーモンとほうれん草のスープパスタ 完熟トマトのスープパスタ たらこクリームスープパスタ 【5種アソート】 各2個セット出版社/メーカー: 味の素メディア:

  • 琵琶湖・竹生島に行ってきた~後編~

    最近修復されたばかりでとても色鮮やかな宝厳寺観音堂の入り口、唐門(国宝)。 それから、この長い階段を上って本堂へと向かいます。 見た目通りめっちゃキツかった。 こちらがなかなか立派な宝厳寺の本堂。 そして朱色が青空に映える三重塔。 建物も景色も神秘的で美しい。 最後、船乗り場の手前にある売店でほうじ茶ソフトクリーム食べて竹生島観光終了。 船の到着が少し遅れたので時間が60分ぐらいしかなく、やや急ぎ足な感じになってしまったのがちょっと残念だったな。(あと2~30分はほしかった) ふたたび船に乗り竹生島とお別れです。 いつも見慣れてる琵琶湖が竹生島から見るとめっちゃ美しく感じたよ。 初めて来たけどとても素敵な島だった。 またいつか訪れたいなぁ。

  • 琵琶湖・竹生島に行ってきた~前編~

    先月、琵琶湖に浮かぶ島「竹生島」に行ってきました~ 滋賀県民だけど行ったことがなく前々からずっと行ってみたいねーって友達と言ってたんだよね。 コロナも前ほど脅威じゃなくなってきたので今年のお盆休みに実行するはずだったんだけど、港に着いてみるとなんと強風で運航中止に! ちょい残念やったけど、20%オフの割引券貰えたので近くに住む私たちにとっては逆にラッキーだったかも。(大人往復3,000円とけっこうお高めなので) で、日をあらため、9月のお天気の良い日に再チャレンジしました。 竹生島には長浜港、今津港、彦根港の3か所から船が出てて、私たちは家から一番近い彦根港からオーミマリンの船で向かいます。 船はけっこう新しめでキレイだった。 12時に出航し、到着予定は12時45分のはずが少し遅れて13時前に到着。 船を降りた瞬間からワクワクする景色が目に飛び込んでくる。 ..

  • 瀬戸芸2022夏~犬島その3

    「家プロジェクト」は前回から特に変わって無かったのでサクっと見ていく。 期間限定でmtのショップが出来てた! カラフルなマスキングテープを使ったインスタレーション。 もちろん販売もしてて、犬島限定のマステ3個セットとアウトレットで安くなってたマステ2個購入。 1000円以上になったので限定の「犬島精錬所」柄のマステをおまけで貰っちゃいました。 それからちょっと離れた場所にある「犬島 くらしの植物園」へ。 花が咲き、海も見え、鶏がいっぱい放し飼いされてて素敵な雰囲気。 近くにある「犬島の島犬」もカワイイ。 港方面に戻り、大宮エリー氏による新作。 そしてここにもマステ。 待合所もマステ柄。 最後、帰りの船の時間まで再びチケットセンター内のカフェへ。 紫蘇シロップのかき氷。 めちゃくちゃ暑かった..

  • 瀬戸芸2022夏~犬島その2

    精錬所跡を出て今まで行ったことない方向に歩いてみる。 木に囲まれた道を抜けると再び海が見えてきた。 このあたりは海水浴場やキャンプ場になってるみたい。 ただ8月も終わりのこの日は利用者はほぼおらず、ひっそりとしてた。 そんでこのあたりにも一応アートっぽいものがポツポツ。 海岸に出て最初に目についた不思議な形の石像。「犬島に生きる石」ってタイトルがついてる。 石で出来た椅子がずらっと並んでたり、 石で出来た犬の像があったり、 犬島は石の産地としても有名なんだよね。 ここは採石場だったのか、なんかすごい迫力あったなぁ。 続いて「家プロジェクト」めぐりに向かいます。

  • 瀬戸芸2022夏~犬島前編

    瀬戸芸夏旅。 3年ごとに行ってる岡山県の島、犬島に今年も行ってきたよ。 平日に行きたかったので、お盆休みがある夏はなかなかタイミングが難しく、会期ギリギリ8月最終週のお天気の良い日に日帰りで決行しました。 新幹線で岡山駅→瀬戸芸期間中のみ運行されてる臨時直行便で宝伝港へ、という前回と同じルートで。 GWだった前回よりは人少なかったんだけど、ただコロナで乗船人数を制限してて第一便に乗れず、結局第二便を待つことになってしまい11時10分ぐらいに着く予定だったのが20分ほど遅れて到着しました。 まずは検温してリストバンドを貰う。 春に貰ったのとは違う色。 それから港のすぐそばにあるチケットセンターでパスポートで犬島精錬所美術館のチケットを引き換えてから、中にあるカフェで先にランチにします。 夏限定の鯛そうめんセット。 さっぱり美味しかったけど、も..

  • 映画『NOPE/ノープ』(2022年アメリカ)

    原題:NOPE 『ゲットアウト』のジョーダン・ピール監督の長編第3作。 『ゲットアウト』でもタックを組んだダニエル・カルーヤが主演を務めています。 何が起こるのかわからない不気味さの漂うホラーな前半。 冒頭のチンパンジーの映像も含め、めちゃくちゃ怖い。 それが徐々にSFパニックムービー的展開になってくる後半。 上空にいる未知の生物を映像に収めようとする兄妹たちの奮闘っぷりに引き込まれる。 突っ込みどころはあるけど斬新な設定と予想外の展開にめちゃくちゃ楽しめた。 兄妹それぞれのキャラが立ってるし、最後兄妹愛の話になるのが良い。 それから電気屋のヒスパニック系のお兄ちゃんやクセの強いカメラマンのおっさんのキャラも好きだったな。 ゲット・アウト [Blu-ray]出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン発売日: 2018/11/0..

  • 「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料」をお試し!

    モラタメで花王の「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料(5枚入り)」×6点をお試ししました。 このシリーズはもともと愛用してたのでお安く試せて嬉しい。 香り付きはちょい苦手なので私は無香料派。 じんわりと温まってパソコンやスマホで酷使した目の疲れた取れてスッキリ。 寝る前に使うと気づいたらそのまま寝ちゃってることも何度かあり。 無くなったらまたリピートします♪

  • めんたいパークに行ってきた

    盆も明けてもう8月も終盤。 久々の職場はコロナ濃厚接触で数名がお休み。 そんなに忙しい時期じゃないからまだ良かったけど、この調子で休みが増えると困るなぁ。 そしてお盆休みはピクミンコミュニティデイにお墓詣り、それから友達とめんたいパーク&近くのショッピングモールに行ってきた。 元々別の地味な観光施設だったのがかねふくに売却されて去年末ぐらいにオープン。 前より雰囲気明るくなってドライブ途中とかに寄りたい感じになってる。 明太子のゆるキャラが何気にカワイイ。 あと氷川きよしによるテーマ曲がエンドレスで流れてて耳タコだよ。 さすがにお盆なので混雑しててフードコートは行列出来てたけど、おにぎりのみ売ってる場所はそこまで混んでなかったのでこちらでおにぎり購入して中で頂きました! 4種中2種は売り切れ、焼きたらこと明太子の2択で明太子のおにぎりをチョイス..

  • 「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」@大阪市立美術館

    先月末に大阪市立美術館で開催されてる「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」行ってきました。 フェルメールがメインになってるけど、フェルメール作品は1点のみでその他ドレスデン国立古典絵画館が所蔵する作品約70点が展示されていました。 まぁフェルメールは作品自体が少ないから仕方ないかな。 それにメインとなってる作品は少し前にニュース等でも取り上げられて話題になってた作品だからね。 それだけでも貴重。 まずはレンブラントなどのオランダ絵画をじっくり鑑賞。 そしてラストはフェルメールの"窓辺で手紙を読む女"。 10年ほど前に神戸で"真珠の耳飾りの少女"を見たことがあるんだけど、めっちゃ人多くてあんまりゆっくり見られなかったのが残念だったんだよね。 その点、今回はタイミングが良かったのかそんなに人多くなくて時間をかけて見ることができた。 塗りつぶされていたキューピッド..

  • ピクミンとお出かけ

    お盆休みも残り2日だね。。 うちの職場の盆休みは13日~16日の4日間だったけど、12日行くの面倒だったから有給使って6連休にしたよ。 特に遠出の予定はないけど、昨日はピクミンのコミュニティデイ兼お買い物で京都をぶらついてきた。 今年の初めからハマってるピクミンブルームっていう位置情報ゲーム。 コロナで引き込もちがちになり運動不足だったのを解消するために始めたんだけど、これがけっこう効果あって動くモチベーションになってるのだ。 (去年は悲惨だったコレステロール系の値が今年は全部改善してた!) そのゲームの中で毎月一回開催されるコミュニティデイっていう1万歩くイベントがあり、昨日がその日だったので京都で買い物ついでに1万歩歩いてきました~ で、今回はいつものイベント+公園イベントってのがあって全国27か所の公園で"特別な苗"が出るってことで、まず最初にそれに指定され..

  • 海外ドラマ「Endeavour/刑事モース~オックスフォード事件簿~シーズン8」

    ついに老モースと同じエピソード数になった若モースの新シーズン。 最近2巡目を見終わってようやく感想書いてる。 「第1話 CASE31 殺しのホイッスル」 モース役ショーン・エヴァンスが監督してるエピ(S6-2,S7-1に続き三作目)。 学寮長を狙った爆破事件にサッカー選手の殺人予告とけっこうてんこ盛り。 サッカー選手の警護に当たらされてちょっと不満そうだったけど、結局、両方の事件を解決しちゃうのがやっぱりモース。 ここ最近ゴタゴタしてたけど、モースとサーズデイ達との関係が元に戻りつつある感じなのは良かった。 ただ前シーズンの事を引きずってるっぽいモース。 傲慢さは薄れたけど、酒浸りになってるのが心配だなぁ。 あとストレンジ痩せた! 「第2話 CASE32 死を告げる時計」 タクシー運転手が銃殺される事件が起き、さらに2件の銃殺事件が起きる。 ヌーディストキ..

  • 『わたしは最悪』(2021年ノルウェー=フランス=スウェーデン=デンマーク)

    原題:THE WORST PERSON IN THE WORLD デンマーク出身のヨアキム・トリアー監督による異色の恋愛ドラマ。 アカデミー賞の国際長編映画賞&脚本賞にノミネートされてて気になってたんだよね。 自分のやりたいことが見つからず人生に焦りを感じるアラサー女性をリアルに描いてあって、ユリアとは世代が違うけどけっこう刺さる部分もあり。 ふらふらと寄り道しながらも自分なりの正解を見つける。 終盤からラストへの流れがすごく良かった。 ユリア役レナーテ・レインスヴェがとても魅力的だったな。 この役でカンヌ映画祭の主演女優賞取ってるんだね。 そして舞台となってるオスロの街がとても美しくて行ってみたくなったよ。 The Worst Person In The World [Blu-ray] [2022]出版社/メーカー: メディア: Blu-ray ..

  • もしも猫展@名古屋市博物館

    7月末に見たい映画あったのでめちゃくちゃ久しぶりに名古屋へ。 映画だけじゃもったいないので、名古屋市博物館で「もしも猫展」っていう気になる作品展をやってたので見に行ってきた。 名古屋市博物館は初めて来たけど、名古屋駅から地下鉄で20分弱の桜山駅で下車、そこから5分ぐらいで到着。 もしも猫が人だったら… 歌川国芳の作品をメインに猫などの動物を擬人化した江戸時代の浮世絵などが展示された展覧会。 館内はほとんどの作品写真撮影OKでした。 猫が蹴鞠してたり、 地震の元凶大ナマズに群がってたり。 おもちゃ絵っていう子供向けの浮世絵で、紙相撲や着せ替え人形とかなんだけど、これも猫バージョンになってる。 歌舞伎役者を猫化するのも流行ったらしい。 この絵、着物の柄は蝶や鈴、右下の葉っぱは鯵の形になってたりめっちゃ芸が細かい! そして..

  • 映画『ベイビー・ブローカー』(2022年韓国)

    原題:Broker 『万引き家族』の是枝裕和監督がソン・ガンホを主演に迎え、初めて手掛けた韓国映画。 匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト」を介して出会った人々が織りなす物語。 ソン・ガンホがカンヌ映画祭で男優賞を受賞しています。 是枝監督の作品はこれまでほぼ見たこと無かったんだけど、韓国映画だし、ソン・ガンホやペ・ドゥナが出てるのが気になり見に行った。 基本ロードムービーは好きだし思ったよりもエンタメ寄りで楽しめたけど、ちょっと作り込みすぎ&詰め込みすぎな感じもしたな。 退屈はしなかったけど、それほどグッとくる部分もなく... ガンホさんをはじめとした出演者の演技は良かった。 あとポール・トーマス・アンダーソンの「マグノリア」が引用されて、エイミー・マンの"Wise Up"がかかるとこが印象に残った。 ベイビー・ブローカー OST(韓国版)アー..

  • 「創味のつゆ&聖護院かぶらのもみじおろしポン酢」貰った!

    モラタメさんから「創味のつゆ 減塩タイプ/創味 聖護院かぶらのもみじおろしぽん酢」を頂きました~ 減塩なのが嬉しい"創味のつゆ"と、以前にも頂いたことがありお気に入りの"おろしぽん酢"の二つ。 さっそくおろしぽん酢を使用。 鶏のから揚げにかけていただきました~ 揚げ物もさっぱり食べられてウマし! どちらもいろんなお料理に使えるのでめっちゃおススメです。

  • 映画『リコリス・ピザ』(2021年アメリカ)

    原題:Licorice Pizza 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督作。 1970年代のカリフォルニアを舞台に高校生と年上女性の恋模様を描いた青春ドラマ。 この監督の作品にしては珍しく爽やかでおしゃれな雰囲気。 とは言えけっこう癖は強く、寄り道しまくりのストーリー展開にちょっと置いてかれる。 70年代アメリカのカルチャーとかに興味がある人ならもっと楽しめるのかも。 ただ映像や音楽はとても良かったし、ショーン・ペンやトム・ウェイツが演じるクセの強いオッサンたちのキャラはけっこう好きだったかな。 ブラッドリー・クーパーの役もクレイジーで面白かった。 それからウォーターベッドを売ってた男がディカプリオのお父さんだと後で知りびっくりしたよ。 そして、主人公ゲイリー役のクーパー・ホフマンはフィリップ・シーモア・ホフマンの息子さんなんだ..

  • NTLive『リーマン・トリロジー』

    原題:THE LEHMAN TRILOGY 今年のトニー賞で演劇作品賞はじめ5部門も受賞しててめっちゃ気になってた作品。 以前ナショナル・シアター・ライブで上映されてたことを知り再上映されないかなぁって思ってたらアップリンク京都で6日間限定で上映されたので見に行ってきた~ ナショナル・シアター・ライブ自体初めてで、休憩入れて全部で4時間弱の長丁場に若干不安はあったけど実際見てみたらあっという間の4時間だった。 リーマン兄弟が米国に移住してからリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を、たった3人の俳優が演じる異色作。 リーマン一家のアメリカン・ドリームの物語でもあり、資本主義の栄光と衰退の物語でもあり。 そのテンポの速さと情報量の多さにまずは圧倒されるんだけど、俳優の演技とサム・メンデスの演出の巧みさで一気に物語に没頭できちゃう。 舞台セットは..

  • ちょこっと祇園祭(後祭・宵山)

    先日、京都御池の映画館で見たい作品があり、そのついでにちょうど3年ぶりに行われた祇園祭の時期だったので山鉾巡りしてきた。 山鉾巡行の日ではなかったし後祭は屋台とかも出てないので人出控えめで回りやすかった。 近くで見る山鉾はなかなかの迫力。 この"鷹山"っていう山鉾は約200年ぶりに復活したそうな。 山鉾以外にも見どころいっぱいでこの登り鯉の巨大タペストリーが印象的。 それから「屏風祭り」ってのも行われていて、旧家や老舗が所蔵する美術品などを飾り付けた座敷が一般に公開されるという物。 どれも豪華で美しかったよ。 山鉾巡りを終え近くの映画館へ。 おしゃれスポット"新風館"の中にある。 この建物のデザインは隈研吾氏が監修したらしい。 その地下にある映画館"アップリンク京都"も初めて来たけどなかなかオシャレな劇場だった。 見..

  • 海外ドラマ「Succession/サクセッション シーズン3」

    久しぶりに海外ドラマの感想。 今一番面白いと思うこのドラマ。 U-NEXTでは「メディア王~華麗なる一族~」ってタイトルになってるけど、イマイチ馴染めないので「サクセッション」のままで行きます。 ケンダルの逆転劇が最高だったS2のラストからの続き。 思った通りケンダルの勢いは続かず必死に虚勢を張ってる感がどんどん滲み出てくる。 シヴもなんだか空回り気味の中、意外と上手く立ち回って株を上げたローマンが調子に乗り過ぎて結局やらかしちゃうのが笑える。 ウザコンビのトムとグレッグの刑務所騒動も可笑しかったし、アレキサンダー・スカルスガルド演じる何考えてるんだかわからないIT企業のトップも興味深いキャラだった。 ストーリー的には序盤は今までの繰り返しっぽくちょい惰性感があったんだけど、中盤辺りから一気に面白くなっていく。 会場でひたすら場つなぎさせられる可哀相なフランクと..

  • 初夏の奈良ぶらり~ほうせき箱のかき氷

    奈良駅に到着し目的地方面へ向かうもまだ予約の時間にはちょい早かったので、奈良公園周辺を散策。 猿沢池越しの五重塔。奈良らしくて素敵な風景だな。 それから奈良と言えばやっぱり鹿。 この時期の牡鹿は立派なツノが生えててカッコいい。 小鹿が親鹿の後をついていく姿も見ることができたよ。 そろそろ予約の時間。 奈良のカキ氷の超有名店「ほうせき箱」へと向かいます。 以前は朝に整理券を貰う形式だったみたいだけど、今はネットで予約出来るようになってた。 朝早くに並ぶのは正直厳しかったので、これは助かる。 2日前の夜から予約できるってことで、受付開始時間ちょうどに予約サイトに入り無事希望の時間を取ることができました。 予約時間ちょうどに到着。 同じ時間帯の予約の人がすでに数組いたので、その後ろに並ぶ。 レジで注文&支払い後席に案内っていう形。 後..

  • 「めぐりズム 炭酸でやわらか足シート」をお試し

    モラタメさんで花王の「めぐりズム 炭酸でやわらか足シート ラベンダーの香り」をお試ししました。 沢山歩いて疲れた日にふくらはぎに貼るとヒンヤリしてめっちゃ気持ちよく疲れが取れるし、暑い日に足裏に貼るとスッキリ爽快、リラックスして眠ることができます。 3回分×10箱とたっぷりあるので、これからの暑い夏に大活躍してくれそう。

  • 初夏の奈良ぶらり~矢田寺後編

    矢田寺では境内に幾つかある宿坊で食事を頂くことができます。 寺の周辺には食事できる場所がなさそうだったから助かった。 10:30からやってて予約も必要ないってことで北僧坊でカレーを頂くことに。 食事したいことを告げると建物のかなり奥の方の部屋に案内されました。 (精進料理とは別部屋になってる) しばらくしてカレーが到着! 南瓜やズッキーニなど夏野菜が乗ってます。 シンプルだけどスパイスも効いててなかなか本格的。 暑い時にぴったりで美味しかったな。 食後お金を払って帰ろうとしたら、靴脱ぎ場にふさふさの猫が爆睡してた。 猫の横で靴履いたり写真撮ったりしても全然起きない人慣れっぷり、めっちゃ可愛かった。 それから特別拝観が行われてる本堂へ。 バスで割引券が貰えたので500円→400円に。 御本尊の地蔵菩薩など近くでお参りすることができました。 ..

  • 初夏の奈良ぶらり~矢田寺前編

    6月半ば、有給取って前から行ってみたかった矢田寺に紫陽花見に行ってきました~ 矢田寺へは京都駅から近鉄で郡山駅へ行き、そこから紫陽花の時期に出てる臨時バスに乗るというルートで行く事に。 郡山駅のバス乗り場は駅前とは少し離れた場所にあって一瞬迷った。 私が着いた時はそれほど人いなかったんだけど、出発時間が近づくにつれどんどん人が増えていき、バスは満員で出発。 矢田寺までは20分ぐらい。でもバス停のすぐそばにお寺があるわけじゃなく、さらに10分ぐらい歩かなきゃいけない。 蒸し暑い日だったし、行きは上り坂になってるからけっこうシンドかった。。 入山料は500円。 境内は広くいろんな場所に紫陽花は咲いていて全部で10,000株あるそう。 まずはメインのあじさい園から見て回ることに。 庭園は高低差があり沢山の紫陽花を一気に見ることができて壮観。 色..

  • 「ファンケル マイルドクレンジングオイル」貰った

    モラタメさんでファンケルのマイルドクレンジングオイルを貰いました~ 以前使ったことがある商品だけど、リニューアル後は初めて。 さらさらとした優しい使い心地で、洗い流した後はべたつかずスッキリ。 リニューアル前後の違いは分からないけど、さすがロングセラー商品だけあります。 久しぶりにリピしてみようかなぁ。

  • 2022GW瀬戸芸与島&丸亀日帰り旅~猪熊弦一郎現代美術館

    お茶できそうな場所が見つからないまま丸亀駅に戻ってきた。 駅のすぐそばにある、ひときわ目を引くこの建物が次の目的地「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」です。 前に丸亀駅に来た時、夜でライトアップされ目立ってて気になってたのだ。 とりあえずカフェがあるようなので3階へ。 瀬戸内レモンを使ったレモネードでようやく一休み。 ゲートプラザ(正面)はもちろん、カフェの前とか階段周辺とか建物全体がめっちゃ洗練されたアート作品って感じで素敵。 そして展示室の中へ。 香川県出身の洋画家、猪熊弦一郎氏の作品を常設展示するとともに、現代美術を中心にした企画展も開催されてるとのこと。 この時は生誕120年を迎える猪熊氏の回顧展「猪熊弦一郎回顧展 美しいとは何か」が開催されてたのでそちらももちろん見ていく。 瀬戸芸パスポートに載ってる施設なので入館料割引してもらえま..

  • 映画『トップガン・マーヴェリック』(2022年アメリカ)

    原題:Top Gun: Maverick 1986年の世界的ヒット作『トップガン』の36年ぶりの続編。 主演は前作と同じくトム・クルーズ。 トム・クルーズの昔の作品は結構見てるけどこれは未見だったんだよねー でもまぁなんとかなるかってことで続編見てきた。 そんな複雑な話でもないのでなんとなく背景は想像できたし、前作見てなくても十分楽しめた~ まぁ前作見ておいた方がさらに楽しめるのだろうけどね。 ゲームみたいな激ムズミッション、昔の相棒の息子との確執そして和解。 王道エンターテイメントな内容に手に汗握るスカイアクション。 とにかくテンポ良くて見ごたえたっぷりで面白かった! トム・クルーズいまだに若々しくてカッコイイな。 若手マイルズ・テラーも頑張ってた。 あとビーチのシーンでワンリパの新曲かかってテンション上がる。 ラストのガガの曲も良い。 ..

  • 2022GW瀬戸芸与島&丸亀日帰り旅~丸亀城

    あっという間に丸亀に着いた。 以前瀬戸芸で本島に行った帰りに駅に来たことはあるのだけど、観光するのは初めて。 前々から丸亀城が気になってたんだよねー 丸亀城は駅から歩いて10分ぐらいってことだけど、なかなかお城が見えてこないのでもっと遠く感じた。 お堀のところに出てようやく天守が見えてくる。 次の日から何かお祭りが行われるようで城周辺にはカラフルな提灯が並んでた。 こどもの日が近いのでお堀には鯉のぼり。 大手門前に到着。 天守は小高い山の上にあり、登るの大変そう。 途中見られる石垣がめっちゃ高くて美しい! 息を切らして、なんとか天守に到着。 小さく装飾も少なくかなりこじんまりと小さなお城。(地元彦根城よりさらに小さいみたい) でもこの瀬戸内海(瀬戸大橋も見える)を望むロケーションが素晴らしい。 反対側には..

  • ポンペイ展@京セラ美術館

    兵馬俑展に続き京セラ美術館に「ポンペイ展」見に行ってきました~ 今回も朝一10:00~で予約しておいたんだけど、前回の反省を踏まえ10時過ぎてからじゃなく10時少し前に到着するよう美術館へ。 10分前に到着した時点で既に行列は出来てたけど、兵馬俑展が次の日が最終日だったこともありそちらに行く人も多く、ほぼ待たずに入場できたし中もまだそんなに混雑してなかった。 西暦79年イタリア・ナポリ近郊、ヴェスヴィオ山のふもとにあった古代都市が大噴火で発生した火砕流によって一瞬にして灰に埋もれ消え忘れさられる。(発掘が始まったのは18世紀になってから) ポンペイについて興味持ったのはけっこう最近(ドクター・フーのポンペイ回見てから)だったりするのだけど、火山によって消えた都市なんてめちゃロマンあるよねー ナポリ国立考古学博物館が所蔵する遺物120点が今回出品され、全部の展示が撮影OKと..

  • 海外ドラマメモ2022年春~アメリカドラマ編

    見終わったアメドラの感想。 「Russian Doll/ロシアン・ドール:謎のタイムループ シーズン2」 Netflix制作のSFコメディドラマのシーズン2 S1はタイムループだったけどS2はタイムスリップ。 ナディアが地下鉄に乗って過去にたどり着くと母親や祖母の意識に乗り移るっていう設定。 ナディアの過去や家族の歴史が絡み前作よりややこしい展開に。 "シュレーディンガーのルース"の回がかなりクレイジーかつ切なくて印象的だった。 ナターシャ・リオン演じるナディアのキャラは相変わらず豪快でカッコよくてクセになる。 ただアランパートが少なかったのが残念だったな。 「The Woman in the House Across the Street from the Girl in the Window/窓辺の女の向かいの家の女」 こちらもNETFLIXオリジナルドラマ..

  • 海外ドラマ「STARTUP スタートアップ シーズン1~3」

    元々マーティン・フリーマン目当てで見始めたんだけど、思ったよりもハードな内容に1話の途中で断念すること数回。 なんとか気合い入れて3話ぐらいまで続けて見てみたら面白くなってきて結局一気見しちゃった。 マイアミを舞台に、仮想通貨ジェンコインのビジネスを巡る人間模様を描いたサスペンスドラマ。 仮想通貨が題材だからITとか金融とかそっち系の話なのかと思ったら、かなりサスペンスやバイオレンス色強め。 毎シーズン、序盤はスローなんだけど中盤あたりからのたたみかける展開に目が離せなくなる。 ジェンコインを開発したキューバ移民のイジー、訳アリのお金でそのジェンコインに投資するニック、そして彼らと手を組むことになるハイチ系ギャングのロニー。 人種も育ちも接点のないこの3人が手を組み会社を立ち上げようとするんだけど、そこにFBI捜査官フィル・ラスクが絡んできたりしてややこしい展開に。 ..

  • 海外ドラマメモ2022年春~イギリスドラマ編

    見終わったイギリスドラマの感想。 「After Life/アフター・ライフ シーズン3」 リッキー・ジャーヴェイス主演Netflixオリジナルドラマのファイナルシーズン。 S2に比べるとトニーの毒舌キャラが少し復活、エマとの仲も進展してないようで、序盤はこれまでの繰り返し感があったけど、終盤の展開が素晴らしかった。 リサのことを忘れ新たな人生を始めるのではなく、心の中でともに生きていく。 トニーはトニーなりの前向きな生き方を見つけた最終話、とても良い終わり方だった。 あとこのドラマ音楽のチョイスも良くて、最終話で使われてたデスキャブの"I will follow you into the dark"とジョニ・ミッチェル"青春の光と影"がすごく印象的だったな。 「Bridgerton/ブリジャートン家 シーズン2」 長男アンソニー(ジョナサン・ベイリー)が主役のS2は..

  • 「鈴木敏夫とジブリ展」@京都文化博物館

    少し前に有給取って京都に買い物(化粧品と大九州展)行ったついでに、京都文化博物館でやってる「鈴木敏夫とジブリ展」も見てきた。 やっぱジブリは老若男女に人気あるから客層もいろいろで、平日だからそんなに混んでないかと思ったらけっこうな混雑っぷりだったよ。 ジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏とジブリ作品の歴史が様々な資料と共に展示されています。 鈴木氏が幼少期に興味を持っていた小説、マンガ、映画などを知ることができ、ジブリの原点を垣間見ることができて興味深かった。 そして初期作品はおおよそ見てるけど「ハウルの動く城」「ゲド戦記」以降の作品は全然見てないことに気づいたので機会があれば見てみたいな。 あと平日のみ一部写真撮影OKだったよ! トトロは行列が出来てたからパス。 作品の名ゼリフが吊り下げられた展示(文字は鈴木敏夫氏の直筆)。 これはもちろん「紅の豚」。他に6~..

  • 2022GW瀬戸芸与島&丸亀日帰り旅~与島その3

    与島会場から与島PAまでシャトルバスも出てるみたいだけど、そんなに本数多くないし歩いて行くことに。 けっこう入り組んだ道をいかなきゃならず案内看板が沢山立ってたけど途中ちょっと不安になる。 それでも徒歩15分ぐらいでPAが見えてきた。 瀬戸大橋唯一のパーキングエリアだし、GW中なのでさすがに車多いな。 ゆるキャラもいるらしい。 時間もあるしこのPAでおひるごはんを済ませちゃうことに。 中にはレストランが2つあって、一つはラーメンとかカレーとかなんでもありなフードコート、もう一つは香川らしいセルフ形式のさぬきうどんのお店。 やっぱ香川だしってことで「架け橋夢うどん」の方へ。 こういう場所だからお値段は全体的にやや高め。 "みかん卵の山かけうどん"と"とり天"をチョイス。 ちゃんとコシのあるうどんで美味しかったよ。 食後はお土産物屋さん..

  • 2022GW瀬戸芸与島&丸亀日帰り旅~与島その2

    バス停から少し歩いて与島と防波堤で繋がった小さな島"鍋島"へと渡ります。 作品の場所は島の上なので階段を上ってく。(けっこう急でシンドい) 上がりきると真っ白な灯台が見えてきました~ "鍋島灯台"と言い、明治5年に作られた文化的価値の高い建物で通常は非公開なんだそう。 そんな貴重な灯台の中に「月への道」の最後の展示があるのです。 こちら中に入れるのは1度に1組だけ。 先客が一人いたので少しだけ待ってから中へ。 スタッフの方がドアを閉めると真っ暗な中、立方体に無数の星が浮かび上がる。 外に出ると飛行機雲が空に伸びていて、宇宙飛行士さんがどこかへ旅立ったかのようでした。 沙弥島から続く物語はこれで終わり。 ロマンティックで美しくて素敵な作品だったな。 まだ帰りのバスまで1時間弱あるので歩いて与島PAに移動します。

  • 2022GW瀬戸芸与島&丸亀日帰り旅~与島その1

    今年のGWは有給使って5月2日を休みにし、日帰りだけどちょっと遠出してきました。 天気も良さげだったし、学校とかは一応休みじゃないので多少混雑がマシかなって思って。 まずはこの前の瀬戸芸旅の続きとして与島へ。 ほんとはこの前沙弥島来た時に一緒に回りたかったんだけど、沙弥島から与島へ直接行けるシャトルバスが無く時間的に厳しかったので、この日に回したのです。 前回より早起きして米原から岡山へ乗り換えせず行ける「ひかり531号」に乗車。 1本で行けるほうが楽だし、ひかりだとのぞみに比べて混まないからね。 岡山からはマリンライナーで坂出駅へ、坂出駅からはシャトルバスで与島へと向かいます。 与島は瀬戸大橋の途中にある島なので、瀬戸大橋を通っていくのだ。 四国に渡るのはいつも電車なので車で瀬戸大橋渡るのは子供の頃以来かもしれない。 電車よりも高い位置だし、目線に支柱が..

  • モラタメ「カメムシエアゾール」貰いました

    モラタメさん久々に当選。 生活害虫防除剤協議会さんから8つの防虫商品のうち一つが好きな商品が貰えるってことで「カメムシエアゾール」頂きました。 毎年夏~秋ごろになるとカメムシ(主に茶色くて丸いやつ)が大量発生し普通の防虫スプレーじゃ全然効果なくてどうしたものかと思ってたんだよね。 まだ時期じゃないので試せてないけど、効果があるのを期待してます!

  • 兵馬俑と古代中国展@京セラ美術館

    GWも今日で終わりだねー まぁうちはカレンダー通りで、2日は有給取ったものの6日は仕事行ったので10連休では無かったけど、明日から通常通りの週5勤務が今からちょっと憂鬱。。 今年のGWは有給使った5月2日にちょっと遠出したり、コロナ禍以降会ってなかった友達と久しぶりにご飯したり、けっこう充実した日々を過ごせたよ。 そして最終日の今日は京都市京セラ美術館に「兵馬俑と兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産 」展を見に行ってきました~ 日時指定予約が必要だったので朝一10:00からの回を前日に予約しておいた。 10時すぎに到着したんだけど、入場待ちの列が出来てて入るまで2~3分ぐらいかかったかな。 そして入ってみると入り口付近はかなりの混雑。 最初の方の展示は装具とか細かいものが多いので、気になったものだけ見ていく感じに。 やっぱメインは実物の兵馬俑。 このあ..

  • 瀬戸芸2022春~瀬居島

    沙弥島会場からシャトルバスに乗り終点の西浦へ。 瀬居島というこれまた埋め立てられて地続きとなった場所で瀬戸芸に合わせ神戸芸工大による"瀬居島アートプロジェクト"というのが行われてるので行ってみます。 沙弥島から瀬居島の入り口である西浦バス停までは5分ちょっと。 瀬居島へ向かう道は工業地帯で周りには工場しかない。 バス停に到着し、ちょうどよいタイミングで乗り換えの巡回バスが来たので乗り込み竹浦という場所で下車しました。 竹浦からアートを巡って西浦のバス停に戻ってくることに。 "祝福の音"っていう作品ははこのあたりの建物から始まり山を越えて北浦の方まで続いてるらしい。 とりあえず最初のほうにある"正一位稲荷大明神"。 さぬき特産の石「サヌカイト」で作った風鈴が吊り下げられていて素敵な音を奏でています。 この風鈴が16か所に渡って点在してるのでこの後順番にたどっ..

  • 瀬戸芸2022春~沙弥島その3

    "月への階段"の向こうにはナカンダ浜という砂浜があります。 瀬戸大橋も見えてロケーション抜群の浜。 最近流行りの文字モニュメントも置いてある。 この大きな木の下にあるベンチに座ってランチタイムにします。 食べたのは駅のパン屋で買った普通のパンだったけど、この景色を見ながら食べられるのは最高。 食後は付近を散策。 展望台あたりからの景色も美しい。 海の色がめっちゃキレイやったなぁ。 そろそろ次の作品を目指して移動。 4つ目の作品は少しだけ離れた場所にあり、ナカンダ浜から歩いて10分ちょっとかかったかな。 瀬戸大橋記念館のさらに奥にある「八人九脚」って作品です。 カラフルで可愛いベンチ。 瀬戸大橋の真ん前にあり普通に座れるよ。 あと、作品ではないけど瀬戸大橋記念館の前にある虹の形の噴水が素敵。 それから近くにあるこの瀬戸大橋タワー..

  • 瀬戸芸2022春~沙弥島その2

    次の2つの作品は新作。(と言っても私は初めての沙弥島なのでどれもお初だけど) まずは古民家を使った南条嘉毅の「幻海をのぞく」という作品。 幻想的な雰囲気が印象的。 それからレオニート・チシコフの「月への道」。 旧沙弥小・中学校の建物を使用したインスタレーション。 家族の写真を見ながらたたずむ宇宙飛行士。 外にある"『月への階段あるいは柿本人麻呂の月』" 柿本人麻呂はこの沙弥島の浜辺で天を海に見立てた歌を詠んだそう。 ノスタルジックでちょっと哀しい作品だった。 そして、この作品には続きがあって、それが瀬戸大橋の途中にある与島にあるんだけど、この日は時間がなくて行けなかったので後日行く予定。 このあたりでそろそろお昼ごはんにします。

  • 瀬戸芸2022春~沙弥島その1

    今年は3年1度行われてる瀬戸内国際芸術祭の開催年。 コロナ禍だからどうしようかと思ったけど、ついつい3シーズンパスポート買っちゃったので出来るだけ人の少ない平日メインで参加することにしました~ 開催中は船の本数や航路が増えて島々を巡りやすくなる3年に一度しか無い機会だからね。 ってことで、春会期は初めての沙弥島へ! いつも春会期だけしかやってないので今まで行けてなかった場所なのだ。 岡山まで新幹線で行き、マリンライナーに乗り換え、久々に瀬戸大橋を渡って香川県の坂出へ。 沙弥島は島と言っても現在は埋め立てられ地続きになってるので坂出駅からバスに乗って向かいます! 路線バスの本数は少ないけど、瀬戸芸開催中はシャトルバスが1時間に1~2本出てるよ。 10:55のバスに乗って沙弥島会場へ。(大型バスに乗客はたった3人だった) 20分ほどで会場に着き、まず最..

  • 関西どこでもきっぷの旅:兵庫播磨編⑤~姫路城

    姫路駅に着くとちょっと雲行きが怪しくなってきた。 雨が降らないように願いながら歩いて姫路城へと向かいます。 10分ほどで到着。 土曜日だったけど待ち時間が無くて良かった。 4年半ぶりに姫路城を見学。 地下1階から最上階の階まで薄暗くて急な階段を気を付けながら上がっていきます。 前回より4つ年取った分、さらにシンドかった気がするわ。 最上階からの眺め。 前に来た時はめっちゃ天気良くて爽快だった景色が、今回はどんより曇って不穏な雰囲気。 下りは途中の階で武具庫の特別展示が行われてたので見ていく。 薄暗いので写真はなかなかうまく撮れなかったけど。 外に出た後はもちろん天守を間近から。 それから別の建物で大名行列の常設展示ができてたのでそちらも見ていく。 最後は西の丸。 ここから見る姫路城好きだなぁ。 ほんと..

  • 関西どこでもきっぷの旅:兵庫播磨編④~うすくち龍野醤油資料館

    紅葉を楽しんだ後は「うすくち龍野醤油資料館」へ。 この龍野に本社がある醤油メーカー"ヒガシマル"さんの資料館です。 もともとヒガシマルさんの本社社屋だったレトロな建物。 なんと入館料はたった10円! まず最初に映像で醤油づくりなどについて学んでから見学開始。 左の菊一醤油ってのはヒガシマルの前身会社だそう。 こちらは社長室っぽい部屋。 麹室を再現した場所なんかもある。 樽などの展示などなど。 入場料が安かったからあんまり期待はしてなかったんだけど、意外と充実してて楽しめた。 この後はノスタルジックな街並みを眺めながら駅に戻ります。 龍野は伝統的建造物群保存地区に指定されていて古い街並みが残ってるんだよね。 ここにも紅葉が。 揖保川沿いにヒガシマルの工場があるよ。 駅に戻りふたたび姫新線で姫路駅へ..

  • 関西どこでもきっぷの旅:兵庫播磨編③~紅葉谷

    龍野城の後、どこに行こうかと観光地図を眺めてると、"紅葉谷"って場所が近くにあるのを発見。 龍野城のお庭の木もけっこう紅葉してたのでどんな感じだろうかと行ってみることに。 5分ほどで到着。 紅葉はなかなか良いタイミングだった! 紅に黄に緑、そして空の青、色んな色が混ざってめっちゃ素敵。 落ち葉もイイ感じ。 緩やかな登り坂が続いているので、紅葉を眺めながら散歩。 人も少なく静かにゆっくり景色を堪能できて良かった。 坂を上り切るとさらに自然歩道ってのに繋がってるんだけど、そこまで行ってる時間は無いので、途中で引き返しました。

  • 2022年桜めぐり7~伏見稲荷大社

    京阪の墨染駅から伏見稲荷駅へ移動。 京都駅には京阪通ってないのでここでJRに乗り換え、ついでに伏見稲荷大社にお参りしていくことに。 京都の超有名観光地の一つだけど初めて来たよ。 多くは無いけど桜も咲いてる。 まずは本殿にお参り。 そして有名な千本鳥居へ。 ひたすら続く鳥居の回廊。 とりあえず行けるとこまで行くことにしたのだけど、徐々に山道と行った雰囲気になっていく。 中腹あたりにある熊鷹社。 四つ辻の手前あたりからの眺望が桜もあって素晴らしかった! 四つ辻にある"にしむら亭"。ここ俳優の西村和彦さんの実家なんだよね。 関西のTVではけっこうよく紹介されてるのだ。 このあたりから、あとは残り3分の1ぐらいなんだけど流石に体力が限界に。。 半分言い訳だけどここに来るまでに既に1万歩近く歩いてたからね。 次はもうちょ..

  • 2022年桜めぐり6~伏見散策&墨染寺

    桜を満喫した後は近辺をぶらり散策。 伏見十石舟のすぐそばにある「辨財天長建寺」。 京都で唯一の弁財天が御本尊のお寺。 こちらの桜はだいぶ散っちゃってました。 なぜかジュディ・オングさんの言葉が看板に書いてあったんだけど何かゆかりがあるのだろうか? 続いて伏見と言えばやっぱり坂本龍馬が襲撃されたので有名な「寺田屋」だよねってことで行ってみた。 跡地には龍馬の銅像や碑が建ってます。 お隣には再現された建物があり、入らなかったけど中は有料で見学できるようになってるよ。 そしてさっき運河側から見た「月桂冠大倉記念館」を見学。 600円でお土産(おちょこ)と日本酒の試飲用コインが3枚付いてきます。 最初に映像でお酒造りを学び、そのあと酒樽とか古い道具などの展示を見て、最後に試飲って流れ。 展示はまぁありがちな感じかな。 それよりも桜の木があるこの中..

  • 2022年桜めぐり5~宇治川派流

    宇治駅から電車に乗って15分ほど、宇治線と京阪本線の乗換駅でもある中書島駅で下車。 ここから歩いて5分ぐらいで宇治川派流と呼ばれる運河沿いに到着。 豊臣秀吉が伏見城を建築するときに資材運搬のために作った運河だそう。 以前TVでここの桜の風景が紹介されてるのを見てから来てみたかったのだ。 桜は見事に満開。(場所によっては散り始め) 運河沿いに降り、ゆっくり歩きながらお花見します。 桜の向こうにある建物は月桂冠の記念館。 このあたりは酒蔵とか風情のある建物が多くて素敵だった。 伏見十石舟っていう遊覧船に乗って船の上から桜を見ることもできるらしい。 そして運河の端の方には散った花びらが貯まり一面がピンクに。 風が吹くたびに花びらが雨のように降ってきてめっちゃ美しかった! 天気も良くてめっちゃタイミングの良いときに来られたみたい。 今年見..

  • 2022年桜めぐり4~平等院&宇治橋上流

    宇治の桜めぐり、まずは平等院へ。 拝観するのは3回目だけど春に来るのは初めて。 そこまで桜の本数は多くない。 特に鳳凰堂の正面にはあまり桜は植えられてないのがちょい残念。 横の方にはあるけど、ここからだと手前の木ややほかの木が入り込んじゃうんだよねぇ。 でも、裏の方に回るとけっこう沢山桜があってキレイだった~ 続いて宇治川沿いの桜を見ながら京阪の宇治駅を目指します。 宇治橋上流の宇治川沿いに2000本ぐらいの桜の木が植えられてるそう。 中州があって綺麗に整備された公園になってるのでとっても雰囲気が良い。 そこまで人も多くないのでのんびりお花見するのには最高の場所だったな。 京阪の宇治駅に到着。 ここから次の場所へと移動します。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 2022年桜めぐり3~中村藤吉宇治本店

    日をあらためて2022年の桜めぐり2日目。 平日の天気の良い日に有給取って実行。 まずはJRで宇治まで行き、前から食べたかったパフェを食べ、それから京阪沿線の桜の名所を巡ってみることに。 JR宇治駅前には立派な桜の木が1本。 さっそく駅近くの中村藤吉宇治本店へ。 前回秋に来た時は寒すぎて結局温かいうどん頼んじゃったんだよね~ まだ開店5分前だったので店の前でしばし待つ。(先客は1組) コロナ禍前は外国人客も多くていつでも行列できてた印象だけど、今は平日ならそこまで混まなそうな感じ。 開店してすぐに席に案内してもらいメニューを見てみると、なんとモバイルオーバー制になってたよ! 自分のスマホでQRコードを読み込んで注文。(支払いは普通にレジだったけど) 普通の"まるとパフェ"ではなく、期間限定の"季節のまるとパフェ[春]"ってのがあったのでそっちにし..

  • 映画『ナイトメア・アリー』(2021年アメリカ)

    原題:Nightmare Alley イオンシネマの一席空けが復活してたけど、観客3人しかいなかったのでどっちにしても問題なかったな。 『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督が1946年に出版されたノワール小説を再映画化。 ショービジネス界で成功した男が人生を狂わせていく様を描いた作品です。 ファンタジーっていうかサスペンス寄りの話で、クリーチャーは出てこないんだけどダークな世界観がデル・トロ監督らしくて面白かった。 ストーリー的にはそんなにひねりはないのでオチは何となくよめるんだけど、サーカスの見世物小屋の雰囲気とか妖しくて引き込まれる。 ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラていう豪華なキャストの演技も素晴らしくて見ごたえあった。 ウィレム・デフォーにロン・パールマンってサーカスにぴったりのキャスティングだったな。 ..

  • 2022年桜めぐり2~三井寺

    歩いて山科駅に戻りそろそろお昼ごはん。 ラクト山科の中に数年前に出来た無印良品に併設されてる「Café&Meal MUJI 」へ。 "選べるメインと3品デリセット"にした。 無印のカフェは野菜多くてヘルシーだし一人でも気軽に入れて好きなんだけど、この山科の店舗は京都BALの店舗に比べるとデリの種類が少ないのがちょっと残念。(値段もこっちの方がナゼか少し高い) そろそろ次の場所へと移動。 JRではなく京阪京津線で滋賀県の大津方面へ。 15分ほど電車に揺られ浜大津駅で乗り換え、その先一駅で三井寺駅に到着。 10年前にも来た事あるんだけど、その時はライトアップの時に来たので昼間に来るのは初めて。 少し歩くとまず最初のお花見スポット「琵琶湖疏水」が見えてきます。 さっきの山科疏水の出発点がここなのだ。 ただ、桜はまだ5~6分咲きって感じだったかな。 続いてメイ..

  • 2022年桜めぐり1~山科疏水&毘沙門堂

    今年も桜の季節がやってきました~ ほぼ毎年京都の桜を見に行ってるので別の場所も考えてたんだけど、結局やっぱり京都メインに。 ただできるだけ今まで行ったことのない場所に行く事にして、まずは山科へ。 山科駅から徒歩10分ほどで山科疏水に到着。 琵琶湖の水を京都に引き込むために作られた水路で、このさらに下流に蹴上インクラインがあるのだ。 菜の花と桜を一緒に見ることができるのが良いねぇ。 菜の花は地元の方々が育てられてるそう。 天気がやや曇りがちだったのが残念だったけど、めちゃキレイだったよ。 続いてここからさらに10分ほど歩いた場所にある「毘沙門堂」へ。 紅葉が有名だけど、桜も穴場的な名所で以前から来てみたかったのだ。 けっこう急な階段を上がって境内へ。 桜見るだけだったら無料だけど、まずはせっかくなので堂内を拝観することに(拝観料500円)。 ..

  • 関西どこでもきっぷの旅:兵庫編②~龍野城

    まずは「そうめん処 霞亭」のすぐ近くにある「龍野城」へ。 こちらは40年ぐらい前に再建された模擬隅櫓です。 この隅櫓のところから上がったけど、正門はこっちの埋門。 敷地の中にはいわゆる天守は無くって代わりに立派な御殿が建ってた。(こちらも再建) 江戸の中期に築城されたのでこういう形になったみたい。 無料で中に入れるってことで見学します。(ほぼ貸切状態だったよ) 中は思ったよりも広く、鎧とか刀とかいろいろ展示されてる。 ふすまの柄がなんかカワイイ。 この和洋折衷な雰囲気の天井も素敵。 しっかり手入れされた枯山水の中庭まである。 お庭の紅葉もキレイだったよ。 桜の木もたくさん植えられてたので、春に来てもイイ感じだろうなぁ。 無料の割には充実した施設で楽しめました。

  • 映画『ベルファスト』(2021年イギリス)

    原題:Belfast 俳優・監督・演出家として活躍するケネス・ブラナーが自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。 ブラナーの出身地北アイルランド・ベルファストを舞台に時代に翻弄される人々の姿を9歳の少年バディの目を通して描いてあります。 カラーで映される現代のベルファストから、モノクロームで描かれる激動のベルファストへ。 そこからいきなりの爆発、暴動シーンで一気に物語へと引き込まれる。 宗教による紛争によりバリケードが敷かれ不穏な空気が漂う、そんな状況でも変わらないものがある。 町の人々の繋がり、祖父母のやさしさ、そして両親からの愛情。 厳しい状況の中でもユーモアを忘れない人々。 バディ目線で描かれるその日常がとても美しい。 特におじいちゃんとの会話と、家族みんなで映画を見るシーンが素敵すぎる。 モノクロ映画だけど映し出される映画や演劇はカラーで描..

  • 関西どこでもきっぷの旅:兵庫編①~龍野その1

    関西どこでもきっぷを使った日帰り旅2日目。 せっかくなので今まで行ったことない場所でそれなりに地元から離れた場所で観光できる場所って言うと意外と少ない。 切符が使える範囲で一番遠いのは鳥取だけど、さすがにそこまで行くと観光する時間が取れなさそうだし移動もシンドイ。 そうなると残ってるのは兵庫県の神戸・姫路以外の場所、でも日本海側まで行くとこれまた移動に難があるので、姫路市のお隣、播磨の小京都と言われるたつの市に決定しました。 朝は1日目よりゆっくりめの出発。 地元から新大阪、そこから新幹線ってルートは前日と同じ。 まずは姫路に行くので「こだま」に乗車。 こだまの自由席でまず座れないことは無いのだけど、せっかく指定席が付いてるので一応予約しといた。 山陽新幹線のこだまは2列+2列シートで席が広くて快適なんだよね。 新大阪から姫路は40分ちょっとなのであっという間に到着。..

  • 映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022年アメリカ)

    原題::The Batman まん防が終わり快適だったイオンシネマの間引き販売が終わっちゃったので、初めてアップグレードシートを利用してみた。 ちょうど月曜のサービスデイだったので1600円(席代1100円+ドリンク代500円)で利用できてお得。 ゆったりとしたシートで足伸ばせるし、荷物置きもあり、パーテーションで周りも気にならずめっちゃ映画に集中できる。 3時間近い上映時間を快適に過ごせて良かった。 また長尺の映画の時に利用したい。 そんでもって見たのは『モールス』のマット・リーヴス監督によるバットマンの新シリーズ。 ノーラン版と同じくダーク路線ではあるんだけど、でもそのダークさはノーラン版とはちょっと方向性が違う。 フィルムノワールっぽい退廃的な雰囲気の犯罪映画といった世界観。 暗いけどテンポはよく長さを感じさせない力作だった。 謎解き要素強めで(リドラーに..

  • TVで見た映画メモ~アカデミー賞関連作

    今日は京都で映画『ベルファスト』を見てきた~ ちゃんとした感想はまた後日だけど、とってもイイ映画だった。 明日アメリカで開催されるアカデミー賞にもノミネートされてて結果が気になるな。 そんで今年もNETFLIXやAMAZONの作品が多数ノミネートされてて、既に配信で見た作品が何作かあるので感想をまとめてアップしておくよ。 『Don't Look Up/ドント・ルック・アップ』 NETFLIX作品。 「マネー・ショート」や「バイス」のアダム・マッケイによるSFブラックコメディ。 彗星衝突による地球滅亡が迫る世界で繰り広げられるドタバタ劇。 レオナルド・ディカプリオやジェニファー・ローレンスなどなど、めっちゃ豪華キャストで楽しかった。 特にマーク・ライランスのあんた誰?っていう化けっぷり。気持ち悪くて最高。 あとレオ様が普通の冴えないおっさん役(一応科学者だけど)やって..

  • 映画『ドリーム・プラン』(2021年アメリカ)

    原題:King Richard ビーナスとセリーナ、2人の娘を世界最強のテニスプレイヤーに育てた父親リチャード・ウィリアムズを描いた事実に基づく物語。 リチャード役をウィル・スミスが演じています。 テニスにはそんなに興味がなくウィリアムズ姉妹も名前を知ってる程度の私でも楽しめた。 普通のサクセス物ではなく、ある意味独善的で癖の強い父親リチャードが主人公なのが面白い。 テニス未経験なのに独学で娘たちに指導し、さらに一流コーチたちに娘を売り込むとかなかなかに強引だけど凄い。 まぁその分見ていてイライラさせられる部分もけっこうあったけど。 原題が"リチャード王"なのに凄い納得だわ。 あと黒人が白人のスポーツだったテニスの世界で上り詰めていくっていう部分も見ていて痛快だったよ。 リチャード役のウィル・スミスの演技も良かった。 この人の持つイイ意味での軽さがあったから..

  • 映画『コーダ あいのうた』(2021年アメリカ=フランス=カナダ)

    原題:CODA フランス映画「エール!」をリメイクした感動作。 耳の不自由な家族の中で唯一耳が聞こえる高校生のルビーが夢と家族の間で葛藤し成長していく姿を描いた作品。 序盤はけっこう下ネタ多くて笑えるシーンも多い。 でも徐々に、夢を追いかけるルビーと、家族で唯一の健聴者であるルビーに甘えてしまう両親との間に溝ができてしまう。 耳が聞こえない両親はルビーの才能を実感することができないんだよね。 発表会での無音の演出で映画を見ているこちら側にもその事を感じさせ、さらに周囲の反応を見た両親たちがルビーの才能を確信するっていう流れが素晴らしい。 そのあとの父親だけにルビーが歌を聴かせるシーンも良かった。 家族だからこそ反発しあったりするけど、家族だからこそ互いに支え合うこともできる。 ルビーがオーディションで家族の為に手話で歌うシーン泣けたな。 そしてジョニ・ミッチェル..

  • 印象派・光の系譜展@ハルカス美術館&食習で台湾ランチ

    先日、平日に有給取ってめっちゃ久々に大阪行ってきました~ 一番の目的はあべのハルカス美術館で開催されてる「印象派・光の系譜」展。 新幹線と地下鉄を乗り継いで開館時間ちょうどぐらいに到着。 事前に金券ショップで前売り券を購入してたのでスムーズに入場。(平日だからチケット売り場もそんな混んでなかったけど) 今回の展覧会はイスラエル博物館の所蔵する印象派コレクションの69作品が展示され、そのうち8割が日本初公開らしい。 ルノワール、ゴッホ、モネなど有名な画家の作品も多くて見ごたえあった。 そして今回の展覧会、一部の作品が写真撮影OKだったんですよね~ しかもモネ、ゴッホ、ゴーガン、ルノワール、ユリィっていう豪華ラインナップ! それほど混んでなかったので写真撮るのもスムーズにできて良かった。 ポスターにもなってるモネの「睡蓮の池」。 初めてお目にかかるレッサ..

  • 映画『ナイル殺人事件』(2022年アメリカ)

    原題:Death on the Nile ケネス・ブラナーが監督&主演を務めるアガサ・クリスティ原作の名探偵ポワロシリーズ映画化第二弾。 ナイルは原作読んだかどうか覚えてないんだけどエミリー・ブラントがリネット役で出てるドラマ版は見てるので基本的なストーリーは知ってる。 なので、楽しみ方としては役者の演技とか映像の豪華さとかかな。 キャストについてはオリエント急行に比べるとちょっと地味だったなぁ。 ガル・ガドットとアーミー・ハマーのカップリングはゴージャスだったけどね。 そんでアミハマさん少し前に色々やらかしちゃって、たぶん見納めになりそうだけど、ゲスいサイモン役はぴったりハマってたよ。 そしてブラナー演じるポワロには未だに慣れない。(やっぱスーシェが至高) 今回、ポワロの若い頃が描かれててさらに違和感マシマシ(実際のポワロの過去とは違う設定だったし)、髭の件もモヤ..

  • 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021年アメリカ)

    原題:West Side Story 1961年に映画化もされたブロードウェイミュージカルをスティーブン・スピルバーグ監督が映画化。 1950年代のニューヨークを舞台にプエルトリコ系移民とヨーロッパ系移民の対立、その中で芽生える愛と悲劇を描いた作品。 昨年末に予習として1961年版を見ておいたのだけど、基本的な物語はほとんど変わらない。 やっぱりロミジュリを下敷きにしたラブストーリー部分にはあんまり共感できず。 トニーとマリアに全然感情移入できないんだよね。。 でも旧作でアニータ役だったリタ・モレノが旧作には無い重要な役で出てたのは印象的だった。 人種問題が協調されてるところが旧作との違いかな。 旧作ではほぼ白人が演じていたプエルトリカン役をヒスパニック系の役者がちゃんと演じてるのが良い。 そしてミュージカルとしてはしっかり見ごたえあって楽しめた。 そもそも..

  • 関西どこでもきっぷの旅:岡山編⑦~岡山駅

    岡山駅に戻り、帰りの新幹線に乗る前に少し早めの夜ご飯。 四国や山陰に行く場合この岡山駅が玄関口となるのでコロナ禍以前はよく来てた駅なんだけど、久々に来てみたら「さんすて岡山」がリニューアルされて新しいお店がいろいろ出来てた。 飲食店も一新されてておひとりさまでも使いやすい雰囲気に。 何を食べるか迷ったけど「麺屋匠」っていうラーメン屋さんに入ってみる。 ラーメンに岡山名物のデミカツ丼をセットに出来るっていうのにちょっと惹かれちゃいました。 ラーメンはお店の名前が付いた"たくみラーメン"をチョイス。 豚骨プラス醤油のちょいこってり味、だけどクドくなるほどでは無くて食べやすい。 続いてデミカツ丼(ミニサイズ)。 少し酸味のあるデミグラスソースがかかったカツとキャベツがごはんの上に乗ってて普通に美味しい。 まぁラーメンとの組み合わせは微妙な気がするけど、ご当地グル..

  • 関西どこでもきっぷの旅:岡山編⑥~吉備津彦神社

    吉備津神社への行き方を調べた際に「吉備津彦神社」っていう似た名前の神社が近くにあることを知り、両参りするのが良いって書いてあったので時間も余ったことだし行ってみることに。 どちらの神社も桃太郎のモデルとも言われる"吉備津彦命(きびつひこのみこと)を祀ってるそう。 「吉備津彦神社」の最寄り駅は吉備津駅のひと駅隣の備前一宮駅なんだけど、吉備津駅まで戻って次の電車を待つより2㎞程度なら歩いたほうが早そうなので歩いて行くことに。 住宅街を抜け紅葉した山の裾野をひたすら歩く。 車道だけど車はそれほど通らない。 途中、このあたり出身の歌人の句碑があったり。 のんびり20分ほど歩いて「吉備津彦神社」にたどり着きました~ 吉備津神社に比べるとこじんまりした神社。 絵馬は桃太郎ゆかりの神社だけに桃デザイン。 ただ、神社に到着したあたりから急に雲行きが怪しくなりポ..

  • 関西どこでもきっぷの旅:岡山編⑤~吉備津神社

    一旦、岡山駅に戻り、そこから次の場所へと移動。 JR吉備線(通称桃太郎線)で吉備津駅へと向かいます。 岡山駅と終点の総社駅以外は全部無人駅っていうかなりローカルな路線。 20分ほどで到着した吉備津駅も住宅と田んぼにかこまれたこじんまりとした駅でした。 ICOCAをピッてする機械はあるけど自動改札は無く、フリー切符だとそのまま改札を通り抜けるだけなんだけど、不正乗車みたいでちょっと不安になるね。 駅から目的地の吉備津神社までは徒歩10分。 駅を出てすぐに神社の参道が現れるので、迷うことなくたどり着けるよ。 松並木に囲まれた参道がのどかで美しい。 そして神社入り口に到着。 本殿までの階段がちとキツイ。 まずは国宝に指定されてる本殿にお参り。 そしてこちらの神社は400メートルもある回廊が有名なんだよね。 回廊の途中には小さ..

  • 映画『『オペレーション・ミンスミート-ナチを欺いた死体』(2021年イギリス)

    原題:Operation Mincemeat 『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデン監督が第2次世界大戦下で実行されたある作戦の行方を実話に基づき描いたサスペンス映画。 コリン・ファース、マシュー・マクファディン、ケリー・マクドナルド共演。 ミンスミート作戦は第二次大戦中にイギリス軍がドイツ側に嘘の計画を信じ込ませる為、死体に偽文書を持たせ海に沈めたという奇策。 その奇想天外な作戦を実行するため、緻密な計画が作り上げられていく。 思ったより緊張感は無かったけど、作戦の為、死体に新たな人生を作り上げていくところとか面白かったし、終盤、死体がスペインにたどり着いてからの、まさにスパイの情報戦って感じの部分も楽しめた。 ただ仲間内でのロマンスとかはあんまりいらなかったかな。 ちょっとごちゃこちゃしすぎてて全体的に散漫になっちゃった印象でした。 あと作家のイ..

  • 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021年アメリカ)

    原題:THE FRENCH DISPATCH OF THE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN 『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督がフランスの架空の新聞社を舞台に描いた作品。 編集長が急死し、その遺言に従い追悼号かつ最終号となる「フレンチ・ディスパッチ」誌の記事を映像化するっていう体を取った、かなり癖のある内容。 左右対称の構図、カラフルな色使い、とにかく映像はめちゃくちゃオシャレ。 そしていつものことながら、それぞれのシーンの情報量がめちゃくちゃ多い。(一度見ただけですべて理解するのはムリ) 好き嫌いは置いといてとってもウェス・アンダーソンらしい作品になってた。 最終号に掲載される記事がそれぞれ映像化されたオムニバス形式でメインとなるのは3つの物語。 フランス映画には詳しくないので引用とかは分からないけど、監督のフラン..

  • 海外ドラマメモ2022年冬~イギリスドラマ編2

    ふたたびイギリスドラマの感想。 1月はスタチャンEXに一時加入していろいろ気になってたものを見まくった。 「Fortitude/フォーティチュード~極寒の殺人鬼 S1~3」 ノルウェイの北極圏に面した町フォーティチュードを舞台にしたサスペンス。 猟奇殺人鬼を追い詰める捜査物かと思いきや徐々にオカルトホラーめいた展開になっていく。 海と氷に囲まれた極寒の僻地、しかもホッキョクグマに襲われる可能性もあるっていう舞台設定だけでもかなり怖い。 その上グロくてエグイ描写も多くあまり好みの話では無いのだけれど、ゲースロのベリック・ドンダリオンことリチャード・ドーマーにどハマりし3シーズン一気見してしまったよ。 主役の署長役で、S1での孤独で不器用な感じがツボ。 S2以降はガラッと雰囲気変わり狂気に満ちていく演技も見ごたえあって目が離せなかった。 ドーマーさん以外のキャストもやたら..

  • 海外ドラマメモ2022年冬~アメリカドラマ編

    続いてアメドラ編。 「Mare of Easttown/メア・オブ・イーストタウン」 エミー賞でケイト・ウィンスレットの主演女優賞など3部門を受賞したサスペンスドラマ。 アメリカの田舎町が舞台でサスペンスと共に小さなコミュニティの人間関係なんかも描かれていて、「ブロードチャーチ」とか「ハッピーバレー」とかイギリスのサスペンスドラマに近い雰囲気を感じた。 全7話だし最後まで見ごたえあって面白かったよ。 ケイト・ウィンスレットの演技は相変わらず見事だし、メアの母親役ジーン・スマートも素晴らしかったな。 基本地味で重い話なんだけど、メアと母親のやり取りには少し笑える要素もあって良かった。 「Billions/ビリオンズ シーズン5」 新型コロナの影響で途中で配信中断されてたので、2021年後半になって全部配信されてから一気見した。 今シーズンからコリー・ストール演じるマ..

  • 海外ドラマメモ2022年冬~イギリスドラマ編

    なかなか感想書けず、見終わったドラマがめちゃんこ貯まってきたので頑張ってあげていく。 「DES/デス」 デイヴィッド・テナントが実在の連続殺人犯デニス・ニルセンを演じるサスペンスドラマ。 STARZPLAYチャンネルが期間限定で安くなってたので登録して見てみた。 テナントはドクター・フーのような陽気な役はもちろん、こういう冷酷な役もけっこうハマるんだよね。 ニルセンが逮捕されてからの話なんだけど、自身の犯した殺人を淡々と告白していく姿はどう見てもヤバい人にしか見えなくてめちゃくちゃ怖かった。 そんなニルセンを逮捕し捜査する刑事役がダニエル・メイズで、ニルセンの伝記作家役がジェイソン・ワトキンスっていう配役も良い。 前3話でさくっと終わるのも良かった。(後味は良くない話だけどね) 「Howards End/ハワーズ・エンド」 これもSTARZPLAYで視聴。 E・..

  • 「スターバックス プレミアム ミックス」をお試し

    またまたモラタメさんでお試し。 「スターバックス プレミアム ミックス3種6箱」が届きました~ 3種類、それぞれ4本入ってる物が2箱。 ・なめらかソイラテ ・キャラメルラテ ・抹茶ラテ スタバのラテがお湯で溶かすだけで簡単、気軽に楽しめちゃいます。 どの味も美味しかったけど、抹茶ラテがほどよい甘さで一番好き。 キャラメルラテはちょい甘味が強め、ソイラテは逆に甘くなくておやつのお供にイイ感じでした。

  • 「ヴイックス メディケイテッド ドロップ(巨峰)」をお試し

    モラタメさんで大正製薬「ヴイックス メディケイテッド ドロップ(巨峰)」をお試ししました。 巨峰味10個入りが9箱届きました。 コロナで喉が気になる今、これめっちゃ重宝する。 巨峰味は初めて試したけど、なかなか好みの味。 色んな種類ののど飴が出てるけど、ヴィックスが一番効く気がするし、後味のスッキリ感も一番。 9箱もあるので家と職場に常備しておこうと思います。

  • 映画『ハウス・オブ・グッチ』(2021年アメリカ)

    原題:House of Gucci 2022年の初映画館。 リドリー・スコット監督がグッチ一族の崩壊を描いた実話物。 レディー・ガガとアダム・ドライバー他、豪華キャストが競演しています。 とにかく登場人物のキャラが濃すぎる。 レディ・ガガ、成り上がり女パトリツィアの野心と下品さを見事に演じていて思ってた以上に良かった。 (徐々に貫禄ついて大阪のおばちゃんぽくなっていくのが面白い) 話題になってたジャレット・レトの変身っぷりも凄かったなぁ。 言われなきゃ絶対レトとは気づかないよ。 そんで父親アルド役アル・パチーノとのやり取りがなんか可愛くて最高だったわ。 一方アダム・ドライバーとジェレミー・アイアンズの親子はめっちゃエレガント! アダム・ドライバー、でっかい眼鏡がめっちゃ似合ってたし、自転車乗るシーンが美しい。 ジェレミー・アイアンズの70歳超えてるとは思..

  • 関西どこでもきっぷの旅1日目④~倉敷その3

    岡山はフルーツパフェの街を売りにしてるそうなので、パフェをランチ代わりにすることに。 美観地区に"くらしき桃子"っていうパフェのお店が何軒かあるのでその一つに入ってみました。 色んなメニューがあったのでどれにするか迷ったけど「ピオーネパフェ」をチョイス。 パフェって言うかほぼピオーネ。 上には大量のピオーネ、下にはブドウ味のアイス&ゼリー(ここにも果肉入り)が入ってる。 普通のパフェは終盤重くなるけど、これは最後までさっぱり美味しく食べらた。 お値段もそれなりだったけど、美味しくって大満足。 食後は大原美術館へGO! エル・グレコにモネ、ゴーギャン、ルノワールなど私でも知ってる画家の作品も多く見ごたえあり。 めっちゃボリューミーかつバラエティに富んでるので2回目でも十分楽しめた。 工芸館・東洋館の方はあまり興味がなく流し見的な感じだったけど、棟方志功の作品は..

  • フィンレイソン展@京都文化博物館

    昨日は京都へ買い物に行ったんだけど、気になってた「フィンレイソン展」が翌日10日までだったことに気づき、急遽、京都文化博物館にも寄ることに。 京都はめちゃくちゃ快晴。 買い物後ランチは大丸京都のアフタヌーンティールームで。 ポテトと大豆ミートのグラタンにハーフサイズのケーキ(イチゴショート)も付けちゃった。 そして京都文化博物館でフィンレイソン展。 フィンランドのテキスタイル会社が創業200年を迎えたことを記念して開催されたこの展覧会。 会社の歴史から、年代、デザイナーごとの作品が展示されてて見ごたえあり。 前からユニクロコラボのブランケットを愛用してるんだけど、フィンレイソンにしてもマリメッコにしてもフィンランドのデザインってほんと素敵だよねぇ。 中にはムーミンモチーフの生地なんかもあってめっちゃ可愛かった♪ フォトスポット。 ..

  • 関西どこでもきっぷの旅1日目③~倉敷その2

    紅葉を堪能した後は、町をのんびり散策。 倉敷美観地区と言えば、やっぱりこの白壁・なまこ壁の蔵屋敷が印象的だよね。 もちろん倉敷川沿いの風景も外せない。 平日午前中ってこともあり観光客は少なく落ち着いた雰囲気で良かった。 ただコロナ禍で時期をずらしたのか修学旅行生と思われる子供たちが多かったなぁ。 前回来てからだいぶ経ってるので新しいお店もちらほら。 「倉敷デニムストリート」ってのができてた。 ジーンズで有名な児島って倉敷市なんだね。 "デニムまん"はじめまったく食欲わかない色の食べ物がいろいろ売られてた。 それから"ミッフィー"のお店と"スヌーピー"のお店が並んで出来てたよ。 続いて「倉敷アイビースクエア」へ。 倉敷紡績所(クラボウ)の発祥工場を利用したホテルや文化施設が入った複合施設。 赤レンガの建物がモダンで素..

  • 2021年TVで見た映画メモその2

    去年、TVで見た映画の一言感想の続き。 「サウンド・オブ・ミュージック・ライブ/The Sound of Music Live! 」 有名なミュージカルをスタジオから生放送で再現する米NBC制作のシリーズ第一作。 主人公マリア役はアメアイ出身のキャリー・アウンダーウッド。 全部スタジオなので大自然のいかにも書き割りな背景とか多少ショボさを感じるけど、これを生で演じてるってだけで凄い! 元の舞台も映画も見たことないのに、知ってる曲めっちゃ多かった。 「ヘアスプレー・ライブ!/Hairspray Live!」 同じくNBCの生放送ミュージカル。 こっちの方が屋内メインなのでセット等に関して違和感なく見られる。 派手なダンスシーン多くて演じる人たちはめっちゃ大変そうだったけど。 そんでダンスト言えばコニー・コリンズ役がデレク・ハフだった!まさにピッタリの役。 ペニー..

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、sunnyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sunnyさん
ブログタイトル
ブルースクリーンライフ
フォロー
ブルースクリーンライフ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用