searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

かがみニャンさんのプロフィール

住所
池田市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まさかの肺がん(1A)非喫煙者の私が?
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kagami2020-b5fxw9li/
ブログ紹介文
2015年11月に肺にスリガラス状陰影「肺癌の疑いあり」と宣告された。4年間はほぼ変化なしで経過観察を行ってきた。 2020年1月の定期診察で大きさに変化があり濃くなり、切除手術を勧められる。3月24日手術の結果、肺がん(1A)だった。
更新頻度(1年)

61回 / 293日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/04/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かがみニャンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かがみニャンさん
ブログタイトル
まさかの肺がん(1A)非喫煙者の私が?
更新頻度
61回 / 293日(平均1.5回/週)
読者になる
まさかの肺がん(1A)非喫煙者の私が?

かがみニャンさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年 新型コロナ感染爆発  2021.0111

                          (画像クリックで拡大できます)新年が明け、コロナ感染は収まるどころか感染爆発を起こしている。英国でも例があるように、やはりGo Toキャンペーンの影響だろう。英国やブラジル等からの変異株が持ち込まれ、ますます感染力が

  • 手術後9ヶ月 大晦日  2020.1231

    師走に入り、バタバタしているうちに術後9ヶ月は過ぎてしまった。昨年の今頃はどんなだったのだろうか?肺の影は毎年CT撮影をしていたが、何年も変化がなく、そんなに気にするほどのことでもないだろうと安心しきっていた。コロナについても、中国で新型ウイルスが流行してい

  • 退院後の定期診察4回目  2020.1217

    昨日は退院後4日目の定期診察■単純CT<定期診察>手術後8ヶ月3週間新型コロナウイルスの感染者が急増しているせいか、大学病院は比較的ひっそりとしていた。・肺の状態は良好とのことK先生「その後いかがですか?」私「息切れの時にゼーゼーするのは相変わらずです」 「咳

  • 手術後8ヶ月 コロナ第3波  2020.1129

    秋冬にやってくるコロナ感染拡大は予想されたように第3波が猛威を振るっている。第1波より半年以上経つというのに、政府の対策はされないままここまで来た。こちら大阪ではかなりヤバい状況になっている。いつの間にか術後8ヶ月を過ぎた。体力に自信がつき、しっかり歩け

  • 燃ゆる紅葉 久安寺 2020.1121

    連日過去最多を記録し、新型コロナ感染の「第3波」が拡がっている。この秋冬は不安な時期。紅葉の季節。人ごみを避けたいし、紅葉を楽しみたい。そのために出かけたのは池田市の奥に久安寺という穴場。見物客はパラパラ、おかげさまでゆっくりと紅葉を満喫できました!にほん

  • 秋 山の辺の道  2020.1104

    今度は最古の古道と呼ばれる「山の辺の道」にチャレンジ!先週ウォーキングにぴったりの清々しい日、初めて山辺の道を歩いてきた。三輪駅~天理駅コースでは巨大な前方後円墳に数々の古墳などが存在し、古代の都市だったことがうかがえる。古都奈良は京都とは異なり、素朴さ

  • 手術後7ヶ月 秋桜の季節  2020.1025

    朝晩が寒くなり、いつの間にか秋は深まった。身体を動かすにはぴったりの季節。昨日清々しい秋晴れに誘われ、一眼レフを抱えて万博公園のコスモス畑に行く。一面に拡がる色鮮やかなコスモス。癒やしとウォーキング。以前はよく季節の花々を求めて出掛けたが、コロナ禍で出歩

  • 赤目四十八滝 完歩!  2020.0930

    三重県名張市に位置する「赤目四十八滝」散策。詳しいことは山女の姉任せで、滝の情報も調べず散策開始。けっきょくどんだけ歩いたのだろう?iPhoneに表示されたウォーキング距離:8.7㎞ 上った回数:44階 13137歩いや~、すごい!その途中ほとんど梯子のような急な階段も

  • 手術後半年 急な秋  2020.0924

     <昨年の今ごろ九州旅行へ。旅行ができない今、ずいぶん懐かしい>あの厳しい暑さがずっと続くのかとゾッとしていたら、突然秋がやってきた。日中もエアコンなしで過ごせるのは、身体にもお財布にもやさしく快適だ。医師や友人の経験者によると、手術後半年も経てばすっか

  • 手術後5ヶ月半 後鼻漏?  2020.0909

    今年は酷暑がいつまでも居座っていたが、あの暑さも台風と共に去ったようで、少し過ごしやすい日がやってきた。もう術後5ヶ月半。気道が狭くなったような息苦しさだけが残っているが、体力はすっかり戻った。この夏は酷暑とコロナのため、できるだけ外出しなかったせいで筋力

  • 手術後5ヶ月 残暑厳しい  2020.0826

    毎日が酷暑、なかなかウォーキングもできず。涼を求めて、昨日高槻市にある摂津峡に足を伸ばしてみた。川の傍は清々しく、子供連れの人たちが水浴びをして楽しんでいた。近くに滝やキャンプ場があり、ハイキングコースが案内されていたので、もう少し歩くことにした。気楽に

  • 手術後4ヶ月半 猛暑  2020.0812

    長い梅雨が明け、やってきた猛暑。マスクを付ける夏としては厳しい(>_<)東京もすごいが、大阪でも新型コロナ感染者の数が増加している。不安なので3.11放射能汚染恐怖の時期に入手したN95のマスクを着用。この時期、密封性の高いマスクの中では汗が流れる。手術後4ヶ月半、息

  • 退院後の定期診察3回目  2020.0729

    昨日は退院後3回目の定期診察・血液検査・単純CT<定期診察>手術後4ヶ月あまりコロナ禍の影響で診察の回数をできるだけ少なくしているようだ。■血液検査・単純CTの結果、がんの再発はなく順調に経過している■CTの結果、胸水が溜まっている (これは退院後1ヶ月の診察時に

  • 手術後4ヶ月 コロナ感染の猛威  2020.0725

    連日、新型コロナ感染者の過去最多を更新。昨日の発表では、ここ大阪でもついに149人!? 驚きと恐怖だ。手術後4ヶ月になるが、ゼーゼー感に変化はなく息苦しい日々が続いている。日によって楽な日や息苦しい日がある。就寝時の息苦しさは辛い。横向き(右を下に)なると気道

  • 手術後3ヶ月半 大雨  2020.0710

    梅雨前線が居座ったままで、思いっきり湿度の高い日が続く。あちらこちらで、大雨警報が出ているし、大洪水が起きている。新型コロナウイルスの感染者は自粛解除後にも関わらず、過去最多を更新している。生きづらい世の中だ。手術後3ヶ月半、息苦しさ以外はほぼ手術前と同じ

  • 手術後3ヶ月 万博蓮池へ  2020.0624

    昨日大阪はかんかん照りの夏日。明日から梅雨らしい日が続きそうなので、万博公園まで足を伸ばす。蓮はまだ咲いていなくても睡蓮は咲いているだろうと、蓮池へ向かう。今年は睡蓮が少ししかなく、蓮に覆われている。蓮の華はすでに2~3部咲いていた。蓮の花は神秘的で眩しい

  • 退院後2ヶ月半 梅雨本番  2020.0614

    梅雨らしく毎日ジメジメした日が続く。天候のせいか、持病の偏頭痛が頻繁に起きる。そして今までになく「閃輝暗転」せんきあんてんと言うチカチカしたギザギザが見えるという症状が頻繁に現れる。偏頭痛の前兆と言われているが、私の場合は毎回偏頭痛が起きるわけではない。

  • 退院後はじめての山歩き  2020.0603

    最明寺滝――宝塚市山本から中山に抜ける道の逸れたところ山女である姉に連れられ、退院後はじめて山歩き。<私が山歩き!?>山女の姉からは、ほとんど平坦で楽な道と聞かされていた。現実には上り坂(緩やかだが)が続き、石積みの階段も続く。山道は木陰でヒンヤリしてな

  • 退院後2ヶ月 気管の吊り上がり?  2020.0601

    退院してから2ヶ月が経った。退院直後不安だった体力はほとんど戻ってきた。うれしい反面、ゼーゼーとした息苦しさが続き、シーツ替えなど大きく姿勢を動かすと、苦しさが増し、なぜ今ごろ?と感じるくらい手術直後と同じような息苦しさだ。体力も戻り少し運動もしたいが、身

  • 退院後の定期診察2回目  2020.0527

    今日は退院後2回目の定期診察・血液検査・レントゲン撮影<定期診察>手術後2ヶ月あまり・血液検査・レントゲン撮影の結果とも異常はなく、順調に回復している。 左肺の下葉が切除した上葉の位置にすっかり納まっている。・いいタイミングで切除したので十中八九再発の可能

  • 退院後7週  2020.0516-2020.0522

    退院後7週の様子です (手術後53日~59日)・ゼーゼー感は残る・小走りできるようになる・手術後2ヶ月、体力に自信が付く<ゼーゼーは相変わらず> 咳止め薬は先週から止めているが、状況は大きく変わらない。 睡眠中は呼吸が静かになっているので、ゼーゼーすることはな

  • 2ヶ月前に心配した手術延期が現実に  2020.0521

    3月上旬ごろ、コロナ感染を心配し手術を延期すべきか悩んだ。主治医に手術の時期を2・3ヶ月延期した方がいいのではないか?尋ねた。・数ヶ月延期したとしても、今より良くなっているとは限らない。 全く見通せないし、今より悪くなっているかも知れない。・感染者が出ると病

  • 退院後5週  2020.0509-2020.0515

    退院後5週の様子です (手術後46日~52日)・喘息のようなゼーゼーがなければ、順調に治りつつあると思う。・肋間神経痛の痛む位置が変化する。・滲出液の出ていた傷は順調。<咳というよりヒューヒューゼーゼー> 喉がいがらっぽくて咳が出るというより、ゼーゼーすること

  • 肺腺がん手術後のコロナウイルスとの共存  2020.0513

    <肺腺がん告知のころ>2020年2月5日 肺腺がんステージ1の告知をされた時はまだコロナ感染の走りだった。コロナ感染の心配がそれほど気にならない時期だったので、手術の準備を進めていったが、それから手術日の3月24日までの間、コロナ感染に対する恐怖はずいぶん大きくな

  • 退院後4週  2020.0502-2020.0508

    退院後5週の様子です (手術後39日~45日)・特に熱が出ることもなく、順調に回復している・傷は順調に治りつつあり、入浴できるようになる ・退院後、初めて自転車に乗る<咳が止まらない> 呼吸の時にヒューヒューゼイゼイ音がして少し苦しい。 他の面がどんどん良くな

  • 肺がんだと判るまで②  2020.0507

    <肺がんだと判るまで>◆2015年呼吸器内科T先生に初診を受ける。T先生 「スリガラス状陰影が4カ所ほど存在します。」   「悪性か良性は検査してみないと分かりません。」   「生検で検査では影の部分に行き着けるかどうか、分かりません。」   「影の存在が気持ち

  • 肺がんだと判るまで①  2020.0504

    【肺がんだと判るまで】腫瘍の切除だけでほぼ治る肺がん1A、この段階で見つけられたのはラッキーだった。長い間C型肝炎患者だった私は、2度のインターフェロン治療を経て、2016年にハーボーニーという高額な治療薬によって著効となった。胃や腸など消化器系が弱い私が気管支

  • 退院後4週  2020.0425-2020.0501

    退院後4週の様子です (手術後32日~38日)・手術後まる1ヶ月以上経つ・4月27日 5回目の傷の処置を受ける・だいぶ体力が戻っり、身体に力が入ってきたようだ<咳はまだ続く> 咳の出る頻度は減るが、咳が出だすと止まらない。 相変わらず気管の方でゼイゼイしている。 

  • 肺腺がんと女性ホルモンの関係  2020.0501

    ◆タバコを吸わない私がどうして肺腺がんに?肺腺がんは男性の肺がんの40%、女性の70%に及び、タバコを吸わないのに肺腺がんというケースがとても多くなっているという。当の私もタバコを吸わないし、臭いに敏感なので排気ガスなどで気分が悪くなる。夫はヘビースモーカー

  • 傷の処置5回目  2020.0427

    <傷の処置5回目> 診察日の2日前まで滲出液がインナーについている。 前回より治りが悪いかな?と心配したが、前日には治まったようだ。 4月27日(木)11時 K先生に診ていただく。 傷は前日から乾きはじめたので、大丈夫。 傷の周りを押し、チェックされた。 K先生「

カテゴリー一覧
商用