カンチャン狂騒曲
住所
益城町
出身
菊池市
ハンドル名
しろ猫さん
ブログタイトル
カンチャン狂騒曲
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sironeko1944
ブログ紹介文
日常のいろいろを気の向くままに綴ります。読書・川柳・家庭菜園・謡曲・ウオーキングが趣味。
自由文
大山鳴動して鼠一匹も出ずがコンセプト
更新頻度(1年)

234回 / 251日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2012/03/19

しろ猫さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 8,559位 8,845位 8,733位 8,308位 8,273位 7,981位 8,492位 969,421サイト
INポイント 20 50 30 30 40 30 40 240/週
OUTポイント 20 30 20 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 22位 21位 20位 19位 19位 18位 19位 10,949サイト
がんばるオヤジ 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 475サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 27,428位 28,925位 27,990位 27,821位 28,382位 28,268位 29,786位 969,421サイト
INポイント 20 50 30 30 40 30 40 240/週
OUTポイント 20 30 20 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 65位 72位 63位 63位 65位 68位 84位 10,949サイト
がんばるオヤジ 4位 4位 3位 3位 3位 4位 4位 475サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,421サイト
INポイント 20 50 30 30 40 30 40 240/週
OUTポイント 20 30 20 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,949サイト
がんばるオヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 475サイト

しろ猫さんのブログ記事

  • 梅雨のような夏

    ここ5日ばかりドンヨリとした曇り空で、夜半には雨が降るといった感じの日が続いている。まるで梅雨を思わせるような湿気で鬱陶しい毎日である。蒸し暑さを加えると、梅雨の時期よりたちが悪い。(田んぼと里山)田んぼの稲はちょっと見ない間に、随分大きくなっていた。直ぐ傍にある里山(船野山)は、霞の中でかろうじてうっすらと姿が見える程度。(補修されたたんぼ道と用水路)グラウンド横のたんぼ道や用水路は補修されて綺麗になっていたが、全般としては進捗率は10%未満といったところ。じめじめした空気だが、用水路の水は直ぐ上流が湧き水なので冷たくてきれい。前線が対馬海峡付近~日本海~関東北部と続いていて、しかも太平洋高気圧の勢力もイマイチなので前線が北上せず梅雨前線と似たような感じになってしまっている。南からの湿った風が流れ込んで、日中...梅雨のような夏

  • 帯を召しませ

    久しぶりに相方とデパートに行った。蜂楽饅頭を買うためだけに訪れて以来だから、一年以上ぶりかも・・。目的は相方が友人と先日デパートを訪れた際に、目をつけながら決心できなかった「博多織の帯」を手に入れること。町の生涯学習講座のひとつとして着物の着付け教室があって、一年ほどの受講期間を過ぎると後は自主講座という形で継続参加できていた。過去形になるのは3年前の地震で、施設の大部分が壊れ受講生も被災して、町の生涯学習的文化事業のほとんどは休講になってしまった。受講生達が自主的に立ち上げた「自主講座」は、再建された町内の公民館などに会場を移して再開されている。相方は「着付け教室」であり、私は「謡曲」で各々立ち上げた組織で練習をしている、と言うか楽しんでいる。着付けの練習用の着物と帯だから、リサイクル商品でも一向に構わないと...帯を召しませ

  • 立秋を過ぎて夕立来ぬ暑さ

    今日は朝から日曜日なのだが、10時から川柳誌の編集会議がある。もっとも、毎日が日曜日的生活に馴染んでしまって曜日感覚さえあやふやな昨今ではあるが・・・。(白百合)新聞を取りに行くと、庭で白いユリが咲き始めていた。二つの言葉が頭に浮かんだ。「吉永小百合」と「歩く姿は百合の花」という言葉だが、今日は朝から調子がイマイチだ。予報では今日一日曇りベースで、降雨確率は20%だ。家を出るとき用心のため、折りたたみ傘を鞄に忍ばせた。(朝の江津湖)朝の江津湖は少し霞気味で私の頭同様ボォ~っとした感じで、金峰山も霞んでいる。近くの湧き水の流れの中では、鳩が二羽さかんに水浴びをしていた。(鳩の水浴び)涼しさと、清潔を求めて鳩もなかなかやるなといった感じ。あれで鳴き声が「クルックック」のシツコイ繰り返しでなければ可愛いのだが、あの鳴...立秋を過ぎて夕立来ぬ暑さ

  • ドンという音は?防犯カメラは?

    なかなか表現の難しい空模様である。晴れているが、薄い小振りの雲が沢山浮かんでいて、雲の無い部分の空も、霞がかかった薄い色をしている。カラッとした青空ではないものの、気温は昼過ぎから上昇し今は室内でも32度ある。夏が暑いのは当たり前で、特別に文句を言うつもりはない。以前「猛烈な暑さ正しい夏が来た」という句を、新聞に投句して選者に褒めて貰ったことがある。ただ、今日の晴れ具合は何となく太陽の光線も、気温も中途半端でおよそ「正しい夏」の吹っ切れた暑さではなくて、じめじめと不快な夏の感じが漂う。先日玄関のチャイムが鳴って、出てみると若い警察官が立っていた。交番から年に一度くらい訪ねてくることがあるので、その挨拶回りかと思ったら、〇日の△時から××時頃の間で、何かドンというような音を聞かなかったと訪ねられた。「なんとも答え...ドンという音は?防犯カメラは?

  • 認知機能検査を受けた

    人生の初体験というのは、若い頃は全てが初体験と言えたし、いい年になっても何度かあった。がしかし、この年になると新しい病気以外は、ほぼ経験済みの事が多かった。ところが今日は初体験をしてしまった。認知機能検査を受けたのである。(自動車教習所)場所は隣町の自動車学校で、運転免許更新に伴う高齢者を対象とした講習の更に前に認知機能検査を受けたのだ。70歳以上は最寄りの自動車学校で高齢者講習を受けるが、更に後期高齢者になると認知機能検査が付加される。更新の度に何度か受けている人もいるようだったが、私としては初めての事とて興味津々だった。十数種類のイラストを見せた後、他の作業などさせて一定時間を経過した後、描かれていたものを思いだしながら全て記せとか、今日の今を認識できているかとか、何時何分の時計を図示せよとかいう類のテスト...認知機能検査を受けた

  • 台風と終戦の日と結婚記念日のお話

    台風は豊後水道を北上し、瀬戸内海から中国地方に上陸する公算が強くなった。今回の台風の特徴として、暴風域が中心の東側に偏っていたため、中心の西側では風はそれほど強くはなかった。(今の空模様)ただ台風の北上に伴って、吹き返しの西風がやや強く吹き始め、時折西側の窓へあたる雨音が強くなりはじめた。当地について言えば、今度の台風は風よりも雨の方が影響が大きいようだ。南東の風を想定したトマトの支柱だったが、想定方向とは反対の吹き返しの風に対応出来るかという話になった。今の状況なら、夕立時の風の方がむしろ強いくらいだから、多分不戦勝にもっていけそうである。西日本全般としてみれば、台風に伴う空の便を始めとした交通機関の乱れは、帰省からのUターンにも多大の影響を及ぼしている。台風に多少気勢をそがれ気味になったが、今日は終戦記念日...台風と終戦の日と結婚記念日のお話

  • 台風と火山灰と

    台風10号が北上している。今夜半から影響が出そうな感じがする。通過する場所によるが、現在の予想進路では我が家も中心から北西170Kmの暴風圏内に入るおそれがある。(阿蘇方向)町の外れで阿蘇方向を見ると、東の空に黒い雲が目立つようになってきた。3日前に北側の窓の桟は雑巾がけで拭いたつもりであったが、指で触ってみるとザラついていた。更に台風対策のため、葦簀やスダレを全部外して収納したのだが、その作業中にベランダの床が同じように砂状の物でざらついていた。今日の風向き予報は、阿蘇地方は南東の風で、わが地方は北の風となっていた。阿蘇は火山活動がやや活発化していて、火山灰混じりの噴煙を上げているところである。南東の風と北の風が合体して、どうやら我が地域も火山灰の降灰があったようだ。今日は朝から窓は全部閉めたままで、取り敢え...台風と火山灰と

  • 穴を掘る

    トマトも終わりの時期に、台風がやって来てほとんどが倒れてしまった。撤収しようとしたら2個だけ実をつけたものがあって、支柱を補強して残しその他は引っこ抜いた。ツツジ・サツキ・アジサイなどの剪定後の枝葉や、雑草などを処理するための穴も、トマトの苗で山盛りになってしまった。今までミニ菜園にしていた部分に新しく穴を掘った。掘った土は、元の穴で山盛りになっている枝葉や雑草などの上にこんもりと盛り土をした。もう少し土が落ち着いたら、そこをミニ菜園にする予定である。山盛りの土も、半年もすれば段々と下がっていくし、1年くらい経つと凹んでしまったりする。穴に押し込み踏みつけた草木はやがて、土に戻っていく。我が家では庭の花や剪定くずなど、ゴミとして出すことは一切無い。すべて地面に穴を掘ってその中で、自然に分解させている。したがって...穴を掘る

  • 暑さに猫もグッタリ

    連日の猛暑日にエアコンもフル稼働。テレビは「エアコンなどを適切に使用し熱中症を予防しましょう」と言うし、聞くところでは電力会社も後期高齢者の家庭ではエアコンを使いましょう、電気料金は割引します」などと言っている・・・・という話。また聞きなので真偽の程はさだかではないが、本当なら結構な話だ。我が家に昔居た「シロ君」はエアコンが苦手で、スイッチONと共に部屋を出ていたが、隣の猫もご同様でエアコンは苦手らしい。我が家の庭にやって来て、日陰を探して一休み。最近は想定外のところに潜り込んでいたりするので、庭の水やりにも気を使う。水道のメーターがある止水栓の鉄製の蓋の上は、涼しいらしく乗っかったりしている。どんどんと日陰を追って移動を繰り返し、最後は物干し場の下で顎を出して寝る。最後には顎がでてしまうところはお約束。気が向...暑さに猫もグッタリ

  • 勝ってくれ!ロアッソ

    昨日、珍しく相方もサッカーの応援に行きたいと言うので、オフィシャルショップで前売り券を購入。J3第20節、ロアッソ熊本vsY.S.C.C横浜の一戦である。ここ連日もの凄い暑さが続いているが、駐車場からスタジアムまでの道すがら阿蘇方向をみると噴煙がモクモクと・・。(噴煙をあげる阿蘇)ここ数日阿蘇は火山活動が活発で、噴煙がたなびく方向の地域では火山灰の被害も聞こえてくる。今日の煙の流れようからすると、我が故郷の方向が少々やばい。夕方から風も出てきて、風向きのせいだろうと思うが、いつものジメッとした感じはしない。(サポーター席前で気合いをいれる選手たち)毎回このセレモニーは行われるのだが、負けたときなどは故意にUPしないことにしている。本日は負けはしなかったので、一応UPしておく。で、結果はというと・・・。お互いに前...勝ってくれ!ロアッソ

  • みの虫退治

    庭の草花に、朝夕の水やりが欠かせなくなった。どちらかをちょっとサボると途端にしょげてみせる。朝は根水で夕は葉水だというらしいが、涼を求めて夕の方が沢山水やりをしている。モミジの葉っぱの先から枯れているものが目立ってきたし、ブルーベリーの葉っぱも穴の開いたものが多いのに気がついた。葉っぱに勢いよく水をかけて、枯れた部分を取り除こうとしていたら蓑虫がぶら下がっているのが見えた。小さな蓑虫が沢山ぶら下がっている。取り敢えず手で千切っては、用済みの洗面器に放り込んだ。(モミジとブルベリーの蓑虫)蓑虫も好き嫌いがあるのだろうか、モミジとブルーベリーにはぶら下がりながら葉っぱを食べている。洗面器に放り込んで暫くは温和しくしているが、しばらくするとゴソゴソ動き出す。世の中には、このみの虫の「蓑」でバッグを作ったりする人もいる...みの虫退治

  • 朝顔が取ったツルベも今は死語

    昨日は台風一過と、昼過ぎには夕立らしきものが雨と涼し気な風を恵んでくれて、幾分過ごしやすくなった。夕立が上がった後、好機到来とばかり相方の実家の空き家に草刈りに出かけた。三週間くらいの頻度で草刈りをしないと、近所に迷惑になるほど草木は伸びる。かといって、連日の猛暑日では、そうそう簡単には出かけて草を刈る気にはなれない。夕立の後の涼しげな風が、お出かけスイッチをONにしてくれた。で、作業を始めれば、暑くなってくるし、なにしろ薮蚊の本場だから猛烈な蚊の攻撃に曝される。蚊取り線香、虫除けスプレー、肌の露出部を少なく、が三大防蚊対策である。陽が沈む頃に、帰宅の途についたが夕食の支度もままならず、途中の弁当屋から弁当とビールの摘みを購入して帰る。下着まで汗びっしょりで、シャワーを浴びると、取り敢えず暑さに乾杯などとのたま...朝顔が取ったツルベも今は死語

  • 台風一過

    コンパクトな台風の特徴として、直前まで平穏だが突然荒れ狂い暴風雨半径を過ぎると突然静かになる。昨夜も、寝るときに見上げた夜空には綺麗な月がでていて、星もまたたいていた。ただ夜半から今日の午前中にかけて、台風の中心が通過することは判っていたので、台風対策は完了していた。今朝の5時頃目が覚めたとき、風の音や雨の音が聞こえてきてピークにさしかかったことを知った。いつもの台風より温和しい感じの風音で、起き出す頃には、むしろ涼しげで爽やかな風に感じるほどだった。昼食頃には、黒雲はユックリ北の方向に流れていて、南西の方向からは薄い白い雲が広がってきていて、所々に青空も見える。現在九州北部を通過中ということらしいが、今度の台風は風より局地的・集中的な豪雨を警戒する必要がありそうだ。家の周りの状況を確認したところ、植木鉢1個と...台風一過

  • 楽しかった句会と飲み会

    昨日は8月の句会に参加した。会場はいつもの市民会館。7分の5の句を抜いて貰ったので、出来としては上首尾というべきか。評価された句も、そうで無かった句も皆さんの討論の俎上に乗せられて、楽しい句会になった。句会の後は、先般行われた「ふんえん川柳大会」の反省会を居酒屋で・・・。(熊本城)外へ出ると、館内の涼しさに慣れた身体にいきなりもの凄い暑さが迫って来た。カンカン照りの中、清正公は厚手の鎧兜姿で熊本城をバックにやせ我慢して鎮座していた。清正が籠城戦を強いられた、蔚山城のある韓国の都市とは友好関係にあるが、さて昨今の日韓関係が影響を及ぼさねばいいが。まあ、政府も勝算有っての外交・通商戦だろうから、私如きが心配するのもおこがましいので、取り敢えず反省会場に汗を拭き吹き向かうことに・・・。反省会とは名目で、実質は飲んで騒...楽しかった句会と飲み会

  • 夏の野原は怪獣だらけ

    ここ半月ばかり田舎の空き家と自宅を往復する日が続いている。そんなある日、交差点で信号停車しているときにふと横を向くと不思議な形で絡みついている蔦が見えた。(ゴジラ似の蔦)深く静かに、日本の野山を占領しているのが蔦類、といった記事で読んだことがあるが、このゴジラに似た形状をみるとなるほど怪物と言えないこともないなと感心した。雑木を覆い尽くし、電柱を支える支線の柱を昇りきって、支線に沿って電柱に向かう途中のシルエットはネッシーにも似ている。そう思いながら田舎道を走ると、ありとあらゆる所で怪獣風に巻きついた蔦類が目につくようになった。(2頭の怪獣)(朽ちかけた案山子)(横向きの頭だけの仏像)おどろおどろしい姿から、なにやら有り難そうな顔立ちまで、里山周辺や耕作放棄地の田んぼ、あるいは国道脇の緑地帯で整備不十分な場所な...夏の野原は怪獣だらけ

  • 桃のコンポートとブルーベリージャム

    先日、桃を頂いたのだが、生で食べたら少し早過ぎたのか、実が堅い感じがした。あまり触ると触ったところから傷む等というので、ただあきれて見ているだけ・・・。とても大きくて綺麗な桃なのになんということ・・。そこで、砂糖を加えて煮てみることになった。結構なお味に出来上がってしまった。例によって作成月日と品名を書いたラベルを貼り付けて冷蔵庫へ。「コンポート」と書いてあるので、品名について相方に聞くと「確かそうだと思うけど・・・」というあやふやな答え。広辞苑で調べたら「果物の砂糖煮、または砂糖漬け」などと記されていたので、どうやらこれで正解らしい。この際、いままで実をちぎっては溜め込んで冷凍保存していたブルーベリーもジャムにすることになった。で、さんざん煮込んで出来上がったのが、このブルーベリージャム。我が家ではパンの上に...桃のコンポートとブルーベリージャム

  • 酷暑の候

    今朝、庭で白い朝顔が咲いていた。最近は苗を植えることが多いのだが、珍しくポットに種を蒔いて育てたものを庭に移植した。(朝顔)多分何色かの色があったはずだが、一番に白が咲き始めた。おとなしい白色だが、この酷暑の中ではすがすがしくて気持ちがいい。我が家に今年初お目見えはハイビスカスである。(ハイビスカス)JAの即売所から購入したが、値段的にはとても安かった。真っ赤な花は、いかにも南国系で酷暑の夏をいかにも前向きに捉えましょうといった風情。ただ、ハイビスカスの花が、こんなに短命であるとは知らなかった。1日しか咲かずに、次の花芽が膨らむまで暫くかかって、やっと咲いたら夕方にはもう萎んで次の朝は落ちている。朝顔もほぼ1日で終わるが、萎んだら次の花が開くという具合なので、夜以外は花を見ることができる。ハイビスカスの場合は、...酷暑の候

  • 義母との別れ

    今日から8月、寒暖計もうなぎ上りで室内でも35度を超える勢い。かなり忙しい10日間ほどを過ごし、ほっと一息ついたところでいきなりの猛暑に身体がついていけない。多分今日は外気温36~37度くらいはありそうだ。気温もさることながら、吹いてくる風が湿気を帯びた熱風で、いささか参っている。当分こうした天気が続くとあって体調管理にも格段の注意が必要のようだ。相方の母親の死去に伴う諸手続で、あちらこちらと飛び回っていたが、本日各種役所がらみの書類手続き関係は一段落した。体調不良だった相方の母親が、23日の深夜に息を引き取って以降ノンストップの忙しさとなった。喪主の長男が遠隔地のため、病院・葬儀・役所手続きの全てが長女の相方と、私の任務となってしまった。父親の死去に伴い財産等の処置は終わっていて、母親は財産と言うべきものは無...義母との別れ

  • 今年はトマトの当たり年

    この梅雨の最中にトマトが熟れるのが不思議だ。ただ、油断すると割れたりするし、その割れた部分を狙ってナメクジが這いずり回ったりするので、完熟少し前でも千切ることにしている。このくらい熟れると、ジャムを作るには問題は無い。「ジャム造りとは水分飛ばしと覚えたり」である。ただひたすらグツグツ、種を取り除いた方が滑らからしいが、そんなことは面倒臭くてただグツグツ。出来上がるのは夜中の12時前後。すんなり行けば、明朝のパンの上に乗っかることになる。口にすると、ジャムの中にプチプチっという種の食感も・・・。好き嫌いは個人差の問題で、我が家的には自家製トマトによる自作のジャムとして楽しんでいる。生のトマトとジャムとで今のところ食卓はトマトづくし。ところで、トマトの手前に植えたジャガイモは、一体全体どうなっているのだろう。花が咲...今年はトマトの当たり年

  • 竹の思い出と現実

    門の横に鉢植えにしている黒竹が、元気を盛り返してきた。かなり大きな鉢に植えているのだが、根が完全に回ってしまって去年は根を切るのに悪戦苦闘した。半分くらいの大きさまで根を処分して、植え替えたら今年の春には2本のタケノコが出て、立派に育った。無惨な姿だった元からの竹も元気に新葉を出している。(黒竹)幹の部分が成長すると黒くなるので、多分それに由来して黒竹というのだろう。七夕の季節には枝先に短冊などぶら下げたりしたものだが、今年は雨がひどくて止めにした。室内に置いている小さな笹竹も元気だが、一度除去したはずの大振りの笹竹がまた1本顔を出して伸び始めた。(笹竹)混じり込んでいたものを除去したとき残っていた部分から芽だ出たのか、もしくは笹竹が改良種で、原種の性質が出てしまったのか不明であるが、どうしようかと迷っている。...竹の思い出と現実

  • 生者必滅・・・

    白い丸いソフトボール大のキノコが姿を消した直ぐ横に、2個の白いキノコを見つけたのでその後の様子を昨日見に行った。この2個も又すっかり姿を消していた。その代わりに、近くで新たに3個が三角形の形で顔を出していた。(三つのキノコ)大きさも形も、昨日のキノコにそっくり。カメラに収めようと近づいてみると、丁度ピンポン球より少し大きいくらい。一日で顔を出し、状況によっては一日で消えて無くなる不思議なキノコである。帰りに、川向こうの堤防沿いの道路に向かうと、南の法面は一面の葛のつるに覆われていた。(葛の蔓)手前のアスファルトの部分の先には歩道があって、以前はその歩道部分を歩いたものだ。震災で堤防上の道路や幾つかの橋梁が壊れたため、3年以上も経っているがまだ道路も橋も工事中で通れない部分が多い。ここは直ぐ先の橋まで通れる数少な...生者必滅・・・

  • 大きなキノコの物語

    大きなソフトボール大のキノコを見つけて、2日後に再度訪れてみたら無くなっていた。(大きなキノコがあった場所)後にはちょっとした残骸のようなものがあったが、さてどうして消えてしまったのだろう。生えていた場所の直ぐ近くに、ゴルフボールくらいのツルツルで真っ白なキノコが2個芽を出していた。これがまた、あのソフトボールになるのだろうか。(一昨日見つけたオニフクベ)オニフクベというキノコらしいくて、説明では一夜にして突然庭に現れたりして驚いて問い合わせをする人が多いそうだが、日本ではそれほど珍しい種類のキノコではないらしい。食べてみました、という書き込みもあって、とても土臭くて拙かったとあった。美味しいという記事もあって、調理法なのか食べる時期の問題なのかよく判らない。よくもまあ、初めて見るキノコを食べてみようと等と思う...大きなキノコの物語

  • 不思議な形のキノコを公園で見つけた

    ウオーキングで河川公園を歩いていたら、ソフトボールが芝生に転がっているのを見つけた。何処から飛んで来たのか、或いは誰かがキャッチボールをして忘れて行ったもだろうか。近づいて拾い上げようとしてよく見ると、ソフトボールの縫い目が無くてゴルフボールのような丸い凹凸が表面にある。(白い丸いボール状の物体)拾い上げようと手を伸ばしかけて止めた。何となくキノコを思わせる雰囲気が漂っていたからだ。キノコだとしても見たことも無いし、最近は外来種の動植物がいろいろ存在する世の中なので下手に触ると拙いと思ったのだ。帰ってネットで調べたら、「オニフスベ」というキノコだと分かった。ホコリタケ科ノウタケ属:別名(和名)ヤブタケ、ヤブタマゴ、テングヘダマ、ジャイアントパフボールなどいろんな呼び名が。草地・畑地・竹藪・庭先に生えてきて、幼菌...不思議な形のキノコを公園で見つけた

  • 寝室の怪談

    当地は梅雨明けの予想が段々と後ろへ伸ばされそうな状況で、ジメジメした天気は続いている。ところが、我が家ではこの梅雨空にもかかわらず、真夏の怪談ともいうべき事象が発生した。その顛末はこうだ。私は、昨日の朝方に夢を見た(漱石「夢十夜」風)。A4の用紙を、縦長の方向に3等分に切った紙を脇に挟んで歩いていて、その内の「2枚がハラハラと足元に落ちた」夢だ。紙を脇に挟んで歩く必要性がどこにあるのだろう、などと考えるのはこの際ここに置いとこう。夢というやつは、唐突で非合理的で覚めれば馬鹿馬鹿しい内容が多いもの。そう思いかけたのだが、実はここから不思議な物語が展開するのである。隣で寝ていた相方が目を覚まして、「私の頭を紙のようなもので軽く叩かれた夢を見た」と言い出したのだ。「え~紙で~?」と言いかけて、まったく同時期に紙を落と...寝室の怪談

  • 朝の作業は短篇で・・・

    それは洗濯物を干す用具の、壊れた部分を直すところから始まった。ぶら下げる部分が壊れたという相方の修理要請に、窓の外の洗濯物を覗くとプラ製の鎖の部分が切れている。結束バンドで直ぐ治ったのだが、相方が来週の草刈りのため鎌を研いでおこうなどと言い始めて、蚊取り線香を準備し始めた。外ではちょっとした作業でも蚊取り線香を焚く。火を使う渦巻きを3~4個と、腰には電池式をぶら下げる。腰にぶら下げさせられたので、洗濯干し道具の修理が終わっても折角だからと庭をウロウロしてみる。小説家は、起承転結の構想をきっちり立ててから執筆を始めるタイプと、おおよそ書き出しを考えたら後は成り行き任せで執筆するタイプとがあるらしいが、今日の我が家はその後者の方だった。相方は水道の横で、シコシコと鎌を研ぐ。私は、折角花が咲いて最高潮のギボウシに、花...朝の作業は短篇で・・・

  • ヒーローインタビューいろいろ

    午前中にお盆前の墓参りを済ませて、夕方からはロアッソ熊本VSカターレ富山のJ3第16節のホームゲームへ。雨が降っているが、強くはないし回復に向かう予報なので、期待して傘の波がスタジアムへゾロゾロと。この雨の中よくぞ集まったという感じだった。(クマもんも大サービス)クマもんの他にも、対戦チームの富山や九州の各クラブのマスコットが集合して子供達に取り囲まれていた。空からは小雨が降ってくるので、いきおい屋根の有る部分に観衆がかたまってそれなりの混雑ぶりだった。(ドンヨリとした空)試合はイライラしたりする場面もあったが、結果的には2:1で逆転勝利。ぐ~っと長時間にわたって溜まった鬱積が、一気に解放される瞬間がサッカーの醍醐味のだが、今日はまさしくそんな試合。(伊東俊選手)今日大活躍の伊東選手のインタビューが、私的にはと...ヒーローインタビューいろいろ

  • お盆の墓参り

    お盆は新暦の地域と月遅れの地域とがある。私の生まれた集落では新暦で、今月の15日つまり明日である。隣の集落からは先は、月遅れの8月15日だったから、お互いにお盆の時は親戚同士が訪問し合ったりしていた。昨夕からの雨は少し小振りになったものの、小糠雨が降ったり止んだりしている。駐車場の水たまりも、昨夜はそれなりに雨が降ったことを知らせている。今日はお墓参りを予定しているが、雨だとお墓に向かう道路の状態が悪くなる。そのための道路の整備も4月の花祭り前に皆でやったのだが、長雨が続くと土が流れ込んでくる。花、水、線香などと共に蚊取り線香、雨傘携行で相方は大袈裟に雨靴着用でのお墓参りである。案の定、道路に畑から土が流れ出ていて、どろんこ道になっていた。数年前から区間を決めて、皆で協力して道路は舗装を続けているが、その舗装部...お盆の墓参り

  • 雨の江津湖にて

    1年前の自分のブログ記事を紹介してくれるサービスがあるのだが、去年はもの凄い暑さの中ふんえん誌の編集で江津湖の横を通った道すがらの事を書いている。今日は奇しくも、同じふんえん誌の編集があって同じ道を歩くことになった。その記事に乗っかろうと思ったのだが、去年は梅雨明けの猛暑の様子を書いているのに対して、今日は気象条件がまるで違う梅雨は続行中で、しかもかなりのまとまった雨が予想されている。江津湖の駐車場に着くと、雨の中にもかかわらす沢山の車と人でごった返していた。よく見るとお揃いの緑のジャンパーばかり・・。(雨の中で作業中)どうやらゴミ拾いなどの作業をしている様子。手に手にゴミをもって歩いて行く先には清掃車が待機中。(ゴミの収集)全員が若者達で、しかも同じ色のジャンパー。なにやら江津湖を綺麗にする会といった雰囲気が...雨の江津湖にて

  • 紅葉のフライング

    南米沖の海水温が高くなるエルニーニョ現象が、縮小消滅しつつあるとテレビのお天気コーナーで言っていた。日本の遙か南の太平洋と、南米沖の太平洋の海水温の関係は太平洋高気圧の日本付近への接近の時期を左右するので、梅雨明けの時期や夏場の気温の状態に大きな影響があると考えられている。梅雨明けは遅く、比較的低温の夏という予報がここへ来て急に変更を余儀なくされそうである。ほぼ例年通りの梅雨明け時期と、例年通りの夏の暑さということになりそうな感じだそうだ。なりそうな・・・程度しか言えないところが気象情報の辛いところ。ただし、梅雨が無くていきなり夏と考えると空恐ろしい話である。渋々再開したウオーキングの最中に、紅葉している桜の木を見つけた。(桜の紅葉)花が終わり葉桜になり、そしてその葉っぱも段々と緑が濃くなって来たと思っていた矢...紅葉のフライング

  • 庭のトマトでジャム作り

    昨晩、「明日はパン食だから味噌汁は作らなくてもいいよ」という、有り難いお言葉を頂戴した。朝起き出す踏ん切りをつけるため、自ら朝の味噌汁作りを宣言して10年になろうとしている。ほぼ毎日、朝食は味噌汁付きが原則だが、時々パン食を入れると気分転換にはなる。久しぶりのパン食の理由は、トマトが沢山採れて生で食べるには限度があるということで、ジャムを作ることになったのだ。去年はブルーベリーのジャムが好評だったが、トマトは初めてなので、去年トマトのジャムを頂いた相方の友人に再度作り方を確認した後、いよいよ満を持してのジャム作りなのである。(庭のトマト)完熟まで待つと、この梅雨空のことなのでアクシデントも考えられる。少々早くとも、割れたり落ちたりする前に採ってしまおうというわけで、熟れた順にどんどん採ってしまう。電気料金にうる...庭のトマトでジャム作り