searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しろ猫さんのプロフィール

住所
益城町
出身
菊池市

大山鳴動して鼠一匹も出ずがコンセプト

ブログタイトル
カンチャン狂騒曲
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sironeko1944
ブログ紹介文
日常のいろいろを気の向くままに綴ります。読書・川柳・家庭菜園・謡曲・ウオーキングが趣味。
更新頻度(1年)

352回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2012/03/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しろ猫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
しろ猫さん
ブログタイトル
カンチャン狂騒曲
更新頻度
352回 / 365日(平均6.8回/週)
読者になる
カンチャン狂騒曲

しろ猫さんの新着記事

1件〜30件

  • 小判笹の穂先に黄金がザクザク

    植え込みのツツジの中から、ぴょこんと小判笹が顔を出していた。謡曲仲間から頂いたものを鉢に植えていたら、鉢から飛び出してドンドン増えた。どこかのサイトでは、庭の植物の項目中で、雑草に分類されていた。まさか、仲間が雑草をくれるわけはないので、きっと彼の分類では観賞用の植物なのだ。(小判笹)鉢植えの物も、穂が出たら摘み取ることにしている。根から増え、種からも増えるので要注意である。穂先からぶら下がった種の部分は、確かに見ようによっては小判に見える。本当は秋口になると、それこそ黄金色に色づくのだが、早めに刈り取るに越したことはない。他の鉢に芽が出たのを見逃したりすると、やがて主人公より頑強に根を張って、除去が困難になる。小判笹と観音竹の鉢を隣接して置いていたら、観音竹の根の中から芽を出してしまい抜き取ることも出来なくな...小判笹の穂先に黄金がザクザク

  • 可憐な白い葛の花

    昨夕のウオーキングで、田んぼコースの一部を少し変えて歩いてみた。堤防道路の途中に、水害警報のための自動水量測定所があるが、そのフェンスに蔦が絡みついていた。例によって、フェンスが有ることすら見えなくなるほどの絡みよう。ところが、その緑一色のなかに白い花を見つけた。藤の花に似た感じの、白い可憐な花である。藤の花が、垂直にぶら下がるのと真逆で、垂直に上に伸びている。集団で見ても、単独でUPにも耐えるなかなかの美形の花である。ただしそう思えるのは、花だけであって、自然の樹木や人工物などにも遠慮なく絡みつく逞しさは半端ではない。以前、樹木に絡みつき、最後は電柱の支線から登り始めて、とうとう怪獣のシルエットのようになった蔦を見た。いわゆる「葛」という植物で、根は「葛湯」で活用されているが、自然のままに放置すると辺りを覆い...可憐な白い葛の花

  • 雑草に水やりの愚行

    暑い日が続いて、庭の水やりも本格的になりつつある。水を撒きながらふと考えた。なんで、雑草にも水をやらねばならないのか・・と。(草ぼうぼうの東側花壇)キンカンだの、ブルーベリーだの山椒だのと、小さな木が多いが隙間には花も植えている。ギボウシとかベゴニアなどは地植えしているが、その他の花は時期が終って殆ど地面の下で根っこだけが生きている。目に見える緑の大部分は雑草で、それも茎の部分から次々に根っこを張って増殖する質の悪さで1~2を争う種類の雑草。雑草に水をやる愚かさにやっと気が付いた。確かに草花というが、花は終わって草ばかり、草に水をやる義理はないので、除草することに。(除草後の花壇)草が大部分だったので、除草するとスッカラカンに。本当はここら辺りには、花があった筈だが雑草に圧倒されて無くなってしまっている。この初...雑草に水やりの愚行

  • 体重記録と支払い記録

    20年以上も使っていたタニタの体重計が故障した。デジタル式で体重と体脂肪が測定でき、4人までの個人データが管理できるタイプだった。で、直ぐに困るかと言うとそうでもない。長男が数年前に、体重・体脂肪・内臓脂肪・基礎代謝・BMI・体年齢など盛り沢山の結果を出すオムロンの体重計を持って来た。前の体重計は、年齢など1年ごとにデータを修正する必要があったが、今度のは一度入力するとそのまま使える。(2種類の体重計)元の体重計も不具合は無かったので、捨てるわけにもいかず2台とも並べて使っていた。ただ、体重の測定値がメーカーで違いがあった。タニタの方が、オムロンより3~5Kgほど重くなっていた。状況により変わるので、その誤差がいつも同じ値とは限らない。体重が違って出るので、体脂肪率もそれに応じて違っていた。(体重測定表)タニタ...体重記録と支払い記録

  • 緑の化粧

    ウオーキング田んぼコースの途中にあるお宅の、庭の半夏生の白い部分がだんだんと薄くなってきた。半夏の時期には、もっと白と緑のコントラストがハッキリしてたのだが・・。(半夏生)7月初めの半夏の時期から、すでに1か月が経っているから元に戻りつつあるのだろう。半分化粧したようだというので、半夏生と言う説もあるようだがハッキリとはしない。半分が白くなって半化粧といえば、今年の夏はコロナマスクのせいで、化粧もマスク以外の部分で済んだのだろうか。もしそうなら、人間も半夏生並みということになる。相方に聞いてみると「アホか」と一蹴されてしまった。ただ、近所のスーパーへの買い物くらいなら、マスク+眼鏡・+帽子でほぼノーメークでも誤魔化せるのだとか。半夏生が元の緑に戻りつつある昨今、田んぼでも半夏生までにと急がれた田植の稲も、大きく...緑の化粧

  • 蝉と蝶のサンバ

    今日の予報は36度Cらしく、今でも2階の私の居場所は100円ショップの寒暖計で31度を示している。今の時間帯は、まだ扇風機で済ませていられるが・・。外では、ワシワシが殊の外賑やかである。外を覗くと相方が、珍しく早朝から庭の草取りなどをしている。庭の草花へ水やりに降りると、日陰なら外の方が涼しいくらいだった。(サクランボと今の空)セミの声が煩いわけで、実は小さなサクランボの木でクマゼミが鳴いていた。流石に至近距離だと、迫力があるというか、セミの息遣いまでが聞こえそう。ワシワシに続きインターバルをとって、ゼーゼーと喘いだ後で又もやワシワシを繰り返す。(サクランボのクマゼミ)あの小さな体のどこから、あんな大げさな鳴き声が出るのだろう。秋の鈴虫など、リーンリーンと静かなものなのに。もっぱら雄が鳴くらしいが、クマゼミは大...蝉と蝶のサンバ

  • 除湿剤タワーでスッキリ

    暑い日が続いているが、家の前の通学路を子供たちは学校に行っている。当地の小学校では夏休みは16日間だと聞いた気がする。コロナ休校での授業の遅れを取り戻そうというわけだが、可哀そうなくらい短い。我が家の押し入れなど10箇所ばかりには、除湿剤を入れている。1か月が経過したので、水のたまり具合を確認したら、どの場所も100%除湿完了ラインだった。設置場所は条件が違うわけだから、同時に100%になるわけがない。やっと全部の薬剤を使用し終えた所と、とっくに効力は終わっていて水だけ溜まっていたところがあったのだろうと思う。設置した日付をみると、7月7日とマジックで容器に記している。設置後一と月も経っていない。小学生たちが、コロナがなければ普通に休んだであろう夏休み期間よりも短い。設置場所から運んで積み上げていたら、何処かで...除湿剤タワーでスッキリ

  • スタージャンムーンは百足と共に

    昨日の夕から、今朝までの月を「スタージャンムーン」と呼ぶ向きもあるそうだ。スーパームーンだ何だのと、見え方で特別な月だと強調することがある。それにしても、どうしてこうも次々とナントカ・ムーンなのだと思っていたら、どうも西洋由来らしい。1年間の、月々の満月にそれぞれ名前が付されているらしい。4月はピンクムーン、6月はストロベリームーンだとか。8月はチョウザメが成長し、漁をする最良の時期だからというのだから日本的ではない。ともあれ、然るべき月の月だから南の空を仰ぎ見る。(8月の月:スタージャンムーン)隣の屋根の上で、煌々と輝いていた。雲の無い空で、輝く月を見るとやはり七夕は旧暦がいいのだなと思う。多分これから、新月の方に月齢が進んでいくと、旧暦の七夕では月の明るさに邪魔されず天の川が見えるのだろう。天の川の両岸には...スタージャンムーンは百足と共に

  • 月もにっこりロアッソ熊本

    昨日は「桜切る馬鹿・・・」の話から、長くなってしまってその後の事が後回しになってしまった。恒例の句会に参加するための荷物の他に、サッカー観戦のためのグッズも準備して車に乗せて置いた。16時頃に句会が終って、徒歩で地下駐車場に移動し30分くらいで運動公園の駐車場に到着。諸々の服装を整えて、歩いてスタジアムに着いたのが17時を過ぎていた。検温・消毒などを終わって入場し、前節から始まった「スタジアムグルメ」に弁当を買いに行く。帰る時には、またもや検温と消毒を実施。厳しさは安全につながるわけだから、不快感はない、というより安心して観戦できる。巨大なロアッソの旗など眺めながら、弁当を開く。座席は前後は1列ずつ空け、左右は2座席を空けて座るように指示されている。弁当は席で食べてもいいということ。選手は試合前のウオーミングア...月もにっこりロアッソ熊本

  • 熊本城周辺をウロウロ

    今日は午後から、個人的に2つのイベントが繋がっていて忙しかった。13:30からは、市民会館で恒例の8月句会。当地も、第二次なのか第一次の残留組なのか知らないが、コロナのクラスターが3つも発生。以前なら延期だの中止だのと騒いでいた筈だが、だんだん図々しくなったのか予定通り開催。「正しく対応して恐れよ」などと、納得させるのが上手いのが日本人。私もたまたま、選者を担任させられていて、逃げるわけにもいかず正しく恐れて参加。折角なので、早めに家を出て猛暑下の熊本城周辺をウロウロ。ウロウロしか甲斐があって、城彩苑の前を通って以前の総合庁舎跡まで来たら、日頃見慣れないアングルの熊本城に出会えた。大きな木が沢山あるので、日陰が多くなかなか快適な空間だった。丁度天守閣や小天守が見える位置に来ると、工事用の赤白のクレーンがにょっき...熊本城周辺をウロウロ

  • 自由な時間と空間

    今日から8月である。朝からワシワシが煩く鳴いている。梅雨も明けて、いよいよ暑さも本格的になる。7月の体重測定表兼ウオーキング実施表は、なかなか快調で一日平均7500歩を達成した。夕食後なので、過剰なエネルギーの消費にもなるし涼しい時間帯なので熱射病の危険度も下がる。ただ暗くなるので、反射材の装着は必須である。(阿蘇方向の風車)俵山峠にある風力発電用の風車が、辛うじて見える頃から歩き始める。街中の道路は、マスク装着でスタスタと・・。(農業用の水路)田んぼの水路が、微かに残る空の色を写し始める場所にくると、マスクを外し運動用の曲げ棒を取り出す。10くらいのパターンを其々30回繰り返して1セットにしている。マスクをしながらこれをやると、息が上がって危ないので、マスクは止めることにした。田んぼ道の、滅多に人と会うことも...自由な時間と空間

  • しょっちゅうお見舞い

    昨日、とうとう当地も梅雨明けした模様と発表された。今日は梅雨明け二日目、7月も終わりの31日。明日からは改めて強調することもないが・・8月。朝からワシワシとクマゼミが鳴きわめき、いやが上にも暑さを熱さまでに強調する。涼しいうちにと、隣の猫が暑中見舞いにやってきた。もちろん手ぶらである。この猫に関しては、暑中見舞いではなく、正確には「しょっちゅうお出まし」なのではあるが。年がら年中、白黒の毛皮に身を包み、さぞ暑かろうと同情する。昨日まで、何やら梅雨の最中でもピシッと着物で決めていたナナちゃん。和服でも、ピシッと着ると本人はどうか知らないが、暑苦しくは見えない。ちゃんと、絽だの羅だのと薄手の夏物もあるようだが・・。特に出かけるわけでもないので、浴衣程度が穏当なところ。先日ホームセンターで購入した簾ごしに、お猫様を眺...しょっちゅうお見舞い

  • ロアッソ応援あれこれ

    昨夕は早めに夕食を食べて、ロアッソの応援に出かけた。今回から、スタジアムグルメも再開され、当日券の会場での販売を開始された模様。今回は試合の内容というより、ちょっと違った視点から会場周辺を眺めてみる。(スタジアム・グルメ)来場者も少ないが、出店数もいつもの半分に満たない感じ。災害はあるわ、入場制限はかかるわで、とにかくこうしたイベントは何処も火が消えたよう。(試合開始待ちのカラス)陽が落ちかけて、スタジアムに照明が映えるようになると、近くの神園山をネグラとするカラスが帰って来る。その帰る途中で試合でも覗いてみるかと、カラスがスタンドの照明塔の支線のS席に陣取る。何羽かが入れ替わり、立ち替わりして飛んで来たり出て行ったりを繰り返すのだが、この4羽はなかなか動こうとしない。多分シーズンシートを持っているカラスなのだ...ロアッソ応援あれこれ

  • 強い日差しと朝顔と

    朝から天気は良くて、庭のアサガオが咲いているのが見えた。時間は午前7時、写すなら今だ。(アサガオ)カメラを持って、朝顔を写しつつ、帰りには新聞を持って帰るという久々の複数任務。朝顔と言うくらいだから、朝の咲き具合がいちばん。写真を写しながらよく見ると、花弁が割れているのが見えた。(花弁が割れたアサガオ)その咲き方を見て、今年の冬から部屋の中で咲いていた朝顔を思い出した。去年の11月頃に、同じ場所で芽が伸びているのを見つけて、鉢に植え替えて部屋に置いたら、冬から初夏にかけて花が咲いた。(冬も部屋の中で咲いたアサガオ)ずっと咲き続けるわけではなくて、月に1回ずつくらいの頻度で2輪ずつ咲いたのだ。7月の初旬に葉っぱが全部落ちたので、今度は現在のアサガオの横に地植えにしてみたが、駄目だった。その朝顔の花びらに似た朝顔が...強い日差しと朝顔と

  • 猫は尻尾で返事する

    鹿児島地方気象台は、今日南九州が梅雨明けした模様と発表した。多分、明日にも九州北部も梅雨明けとなると思う。梅雨も鬱陶しいが、明ければ一気に猛暑がやってくる・・・はず。早朝にゴミ出しに行ったら、庭のアサガオが沢山咲いていた。冬場にも咲いた、例の越冬アサガオに似た咲き方のものを発見したので、後で写真を撮る予定だった。ところが、朝の一連のセレモニーが終わって表に出ると、朝顔はみなゲンナリしていた。これから益々暑くなるから、朝顔の写真は本当に早朝ということになる。仕方がないので、隣の猫に登場して貰う。(デカい態度の隣の猫)折角だから、向こう向きの姿に特化してUPすることに。猫の後ろ姿というのもなかなか面白い。ただ後ろからの人の気配は感じているので、向こう向きでも耳だけはちゃんと後方に向けている。尻尾が長くて、頑丈に出来...猫は尻尾で返事する

  • 遭えなかった彗星

    毎日、雨が降らなければ日暮れの時期に歩いている。ここ2週間くらい、日中は雨は降っても歩く頃にはちゃんと上がっていて、なんとか歩けた。7月上旬から、ネオワイズ彗星が現れたとか。7月25日くらいまでなら日没後、北西の空20~30°くらいに見えると紹介記事を見た。いつでも写せるようにとカメラまで持参して歩いたが、一日も見られなかった。申し合わせたように、当該方向には毎日なにがしかの雲があった。(夕べの空)確かに赤い夕焼けであるが、いわゆる雲もない日の夕焼けと違って、薄い雲自体が染まったもので空は見えない。こうした天気が、この梅雨の間延々と続いた。歩きに出る時は、雨の降る雲かどうかは目視で判定できるが、暗くなると空の雲の厚さが判らなくなる。ただ一度だけ途中でポツリ・ポツリと降りだして、慌てたことがある。その時以外は、雨...遭えなかった彗星

  • 黒ニンニクと曲げ棒と

    先日のCTと骨シンチの検査結果からは、癌の転移などの症状は発見されなかった。それでもPSA値は、少しずつ変化する。水前寺清子風に言うなら、3歩上昇して1歩下がるという具合。転移・再発が疑わしいというラインを越えたのが4年前。で、再検査を年に1回受けているが、転移を認めずで4年が経過した。「転移はしていなくても、癌は完全に消滅していないので、息を吹き返すとか別の場所で生存している可能性が高いですね」と、担当医は頑張る。「取り敢えず、あと6か月ほど様子をみましょう」と、私も頑張る。担当医が言うには、PSA値は短期間に上昇するのが一般的で、途中で下がったりするのは珍しいらしい。よくぞまあ、4年間もこんなやり取りをしてきたものだ。その間、薬や他の治療行為は一切していない。ところが、ここへきて相方が黒ニンニクを食べてみた...黒ニンニクと曲げ棒と

  • 100年に一度の大雨が多すぎる

    今日は朝から、柳誌の編集で吟社の事務所へ向かう。昨夕からの猛烈な雨は幾分治まりつつあるものの、まだまだ頑固な線状降水帯が頑張っている。出かける時に、本気で今日は長靴で出かけようかと悩んだ。悩んだ末に、撥水性かつ防水能力が有ると言う宣伝文句の靴を履き、大き目で頑丈な傘をもって出かけた。(江津湖公園広木地区)公園管理等の横の駐車場に車を停めて、猛烈な雨の中を歩いた。(江津湖)空はどんよりと曇り、大粒の雨がごうごうと降ってくる。足元は水が流れ、あの駐車場の車は浸水の恐れはないのかとちょっと心配が脳裏をよぎる。まあいいかと、水たまりを除けながら右へ左へと進路を変える。(ウオーターレタス)外来種のウオーターレタスが、やたらと蔓延りだしていた。料理に使えば、とても新鮮で美味しいレタスだと言えば、皆がドンドン採取して駆除の心...100年に一度の大雨が多すぎる

  • 井戸ポンプを巡る長い物語の終章

    上下水道の工事屋さんがやって来た。昨日は、何処だかの仕事が終わったあと、時間が有れば様子を見に来るという話だった。もし仕事が早く終わらなければ、次の23日に伺うという話。つまり、昨日は時間が取れなくて、今日になったというわけだ。やって来た時間帯がとても早くて、トイレを緊急脱出する羽目になった。(ポンプ)私の不具合の説明を聞きながら、「ちょっとポンプを見せて貰います」と言いながら、どんどん点検を進め始めた。ポンプの吸い上げ口の呼び水の部分を確認した後、さっさと部品を分解して点検を進める。「ちょっと、部品が有るか確認に店に戻って、有れば交換してみます」等と言いつつ帰ってしまった。ペコペコしたゴム製のような部品をもってやってくると、再び作業を始めさっさと終わらせた。(部品交換した空気調整弁の部分)やがて「終わりました...井戸ポンプを巡る長い物語の終章

  • 井戸の役割を再認識

    朝から、雲は多いものの青空ものぞき、クマゼミは梅雨明け梅雨明けと合唱していた。ただ、迷走梅雨前線ゆえに気象庁もおいそれとは梅雨明けを発表しない。いずれにしても、週末あたりに雨の予報もあって、例年より梅雨明けは大幅に遅れそう。(今空)2・3日雨が降らず、強い風が吹くとたちまち鉢物などの植物はぐったりとなる。雨水をためていた貴重な水は底をついて、昨夕は相方と二人で家の中の水道から水を汲んで運んだ。外には、井戸水のポンプの蛇口は設置しているが、町の水道の蛇口が屋外にない。軒の下にある鉢物や、ぐったりしている朝顔やキュウリに水をやることの大変さを思い知らされた。5リットルほどの水缶3個とバケツ2個をもって、室内から外へうろうろは面倒だし疲れる。とうとう夕食後、町内の水道工事屋さんに電話した。下水工事や、地震の際の水道の...井戸の役割を再認識

  • 夕日のショータイム

    夕方ウオーキングに出る。再検の結果が変化なかったので、意気揚々。下半身はウオーキング、上半身は反発力のある道具を曲げたりのばしたり。滅多に人に会わない田んぼの農道コース。(船野山と雲)船野山の上部の雲に焦点が当たっているので、下部は相当に暗く映っているが、それほど暗くもない。「♪夕焼雲に誘われて…♪」などとボソボソ歌いながら歩く。木山川の橋の上が、ウオーキング田んぼコースの折り返し点。橋の名前は「ごくらく橋」。下を流れる川は、三途の川風かというとそうでもない。橋は今年修復が完了した。橋自体は壊れたりしなかったものの、橋の両岸の堤防が50cm~1mくらい地盤沈下して、橋と道路に段差が出来てしまった。町に掛かる橋のほとんどが同じような状況になったが、通行量の多い幹線道路に掛かる橋から優先的に復旧していった。極楽橋の...夕日のショータイム

  • 経過観察継続中

    前立腺癌の治療を受けて、10年目を迎えている。前回の1月のPSA値が9台に突入し、いよいよ転移・再発が懸念される状況になった。放射線療法のうち、放射線の半減期が90日程度で、かつ放射距離が5cmという小さな線源の永久埋め込み方式を選択した。PSA値4を超えて、埋め込み手術をしたが当初0.3程度だったものが年を経るごとに上昇。前立腺がんの転移では、通常骨への転移が多い。5年くらいが経過した頃、PSA値3程度の段階で、骨シンチとCTによる再検を受けた結果異常なし。再発や転移の場合は、ホルモン療法という次の段階に移行するのが一般的。男性ホルモンをシャットアウトすることで、癌のパワーを減殺しようという作戦なのである。年に2回程度PSA値を測定しているが、上がったり下がったりを繰り返しながら、全般的には少しずつ上昇カーブ...経過観察継続中

  • 簾の季節到来

    梅雨の間に間に、太陽が顔を出すことがある。相当に暑い。夏至を1か月ばかり過ぎただけなのに、室内に差し込む光線が多くなった。ベランダも輻射熱が凄いので、簾で覆う事にした。雨戸の上部に針金を張っているので、その針金に紐で括りつけるだけの作業である。2階のベランダはそのまま作業が出来るが、1階の方は脚立の上での作業になる。作業の途中で、簾が1枚足りないことに気がつき、郊外のホームセンターまで買いに走る。こうした大型店舗は、宝島の風情があっていろいろと珍しい物を見て回るだけでも楽しい。年寄りから子供まで、お客の多いこと。そしてソーシャルデスタンスというわけで、レジの列の長いこと。のんびりし過ぎで、帰り道で阿蘇の方向を見ると、わが町の市街の部分は雨雲がかかり、田んぼや里山の方向は太陽が出ている。何となく、夏の夕立を思わせ...簾の季節到来

  • 梅雨の晴れ間の菜園&花壇

    暑い日が続くが、梅雨明けではないらしい。前線が南に下がっただけで、また今日あたりから北上し雨になる模様。太平洋の高気圧が張り出して、前線を押し上げて安定すれば梅雨明けとなる。ただ太平洋高気圧も、偏西風も気まぐれというところがミソ。(アサガオ)雨が止むと朝顔が綺麗に咲き揃う。朝顔と言うくらいだから朝が一番綺麗である。この日差しと暑さで昼頃は、花弁もぐったり。(キュウリ)キュウリも花が沢山咲いている。むしろ咲き過ぎといった感じで、花の根元には小さなキュウリの実があるが、全部が育つわけではない。結構実のまま落ちるものもあるようだ。10センチくらいの長さになったら、油断するとあっという間に大きくなるので毎日様子を伺う。(トマト)トマトはあと一日後かな、等と油断すると完熟前に落ちたりする。そこで相方が、完熟前に色のついた...梅雨の晴れ間の菜園&花壇

  • 健康つくり応援ポイントカードに参戦

    夕食後にウオーキングに行くのが、良さそうな感じ。日没前後になるので涼しいし、スプリング状の運動器具を曲げ伸ばししながら歩くのに、人目につかなくていい。健康福祉センターから貰った「健康作り応援ポイントカード」に申告するのに好都合気のせいか痛みがあった左肩が、何となく曲がるようになってきて、痛みも薄らいできたような・・・。(田んぼコース)田んぼ道のコースを選んだのは、組み合わせた妙な上半身の運動を見られて笑われたくないからだ。曲げたり伸ばしたり、引っ張たり押したりの10種目を30回ずつ繰り返す。自分で言うのも何だが、あまりみっともいい歩行スタイルではない。それにしても涼しい。前線が南下して、西風が心地いい。(タニシの卵?)田んぼの稲も随分大きくなって、確かタニシの卵だと思うが赤いブツブツの集団というか、小型の明太子...健康つくり応援ポイントカードに参戦

  • 若いチーム同士の試合にスカッと爽やかな気分に

    今夕は、ロアッソ熊本がG大阪U23をホームに迎えての第4節。前節C大阪U23との豪雨の中の対戦から、4日明けての対戦でかなりハードのな日程。選手は大変だろうが、雨も降らず天候はなかなか良い状態。少し風があって、半袖では少し肌寒く感じた。長袖のシャツを持ってきて正解だった。タオルマフラーを、冬でもないのに首に巻いて違和感まったくゼロ、というよりマフラーで暖をとる有様。(写真撮影風景)スターティングメンバーの、撮影用の並び方からして既にソーシャルデスタンス。こんな並び方は、珍しい。試合は、両チームスピードのある攻防を展開して、稀に見る好試合。とにかく両チームとも攻守の切り替えが早い。それにファールが少なく、イエローカードも両チームゼロ。(給水タイム)前後半にそれぞれ1回ずつ給水タイムがあるほかは、殆ど給水する選手も...若いチーム同士の試合にスカッと爽やかな気分に

  • 庭の除草第3ラウンド終了

    一昨日ついに庭の除草が完了した。やるときはやるのだ。ただ、思考~決心~行動の時間設定が長すぎるだけ。よって、完了とほっと胸を撫でおろす頃には、後方では次の行動が促されている始末。(燦然と輝く除草後の庭)梅雨の最中の、合間仕事なのでとても地面が柔らかく、手袋も直ぐに泥だらけ。雑草の根から完全除去を目標にしても、どうしても残ってしまう部分がでる。この庭の姿が何日もつか・・・・。(after)菜園&花壇の前や、中の方も除草を完了した。猫の侵入防止のために、100円ショップから購入した突起物の付いたプラスチックの置物の、穴の部分から草が伸びて往生した。手前の青いのは、除草後に残った芝の部分で、如何に雑草が芝をも圧倒していたかが判る。(before)手前の芝も、菜園の中の猫除けも、雑草に覆われて見えない。雑草が無くなって...庭の除草第3ラウンド終了

  • 行ったり来たりの線状降水帯

    梅雨前線が北上南下を繰り返し、その都度線状降水帯のようなものが出来る。降るときと降らない時の差が大きすぎる。今日は朝から、物凄い雨の中柳誌の編集会議に参加。例によって、動物園脇のボートのクラブハウスの駐車場に車を停めた。(動物園)さすがに動物園も、悪天候でしかも平日、ゲート付近にも来園者の姿は見えない。ゲートの前には、フェイスガードを着け消毒や受付用の書類を準備した係員も少々手持無沙汰の様子。駐車場に車を停め、少し時間があったので付近の様子を覗いて見た。(カラス)カラスの濡れ羽色というが、確かに黒いもののちょっと冴えないというか、浮かない顔のカラスが雨に濡れてウロウロ。そんなカラスの様子が、日頃の図々しいカラスとは違っていて面白かったのでカメラを構えたらキリンがやって来た。(キリン)このキリンは、人懐こくて人間...行ったり来たりの線状降水帯

  • 梅雨と雑草

    庭のトマトの様子を見に行ったら、又もや赤く色づき始めた2個が割れていた。こうなると、もはや原因は鳥や虫ではなく、ましてやナメクジではない。ナメクジは、割れたトマトをどうして判別したのかについては謎だが・・・。彼らとて生きるための感覚器官がそれなりに発達しているのだろう。原因は、長雨によるトマトの水分の過大な吸い上げだと思う。普通のトマトはよく過剰な水分で割れることがあるが、ミニトマトなどではその現象は少ない。しかし、今年の雨の降り方は普通を越えていてた。本来なら根元はマルチシートで上部はビニールで覆うのが正解だが、なにしろ台風並みの風も伴うことが多かった。癪だったので、まだ薄くしか色づいていないトマトを食べてみたら、昔なじみの野菜のような味だった。横の茄子は順調だが、もっと咲いていた花は雨と風に落とされていた。...梅雨と雑草

  • 頑張れ!赤い馬!!

    昨夕は、今シーズン初めての観客を入れてのロアッソ熊本の試合を応援に出かけた。前線が当地を北上したり南下したりを繰り返していて、断続的に強い雨が降る。対戦相手はC大阪U23の若く元気のいいチームである。ホーム開幕戦は例年相方と出かけていたが、今年は開幕戦が遅れ尚且つ無観客試合になった。実質、我が家のホーム開幕戦と銘打っての悪天候を覚悟して参戦する。(スタンド入り口付近)駐車場で車を降りる頃は雨が止んで、難なく歩くことが出来た。検温・消毒などが終ってゲートを通る。いつもは、パンフレットなどを貰えるが、そういった配布物は一切なし。(ナイターの明かりでグラウンドが光る)雨は止んでいたが、濡れたトラックが光っていた。このまま2時間くらいそっと、このままの状態が続いて欲しい気分。席は前後は1列ずつ空け、左右は2座席空けて一...頑張れ!赤い馬!!

カテゴリー一覧
商用