住所
出身
ハンドル名
開物発事_かいもつはつじさん
ブログタイトル
ものづくりとことだまの国
ブログURL
https://kaimotu-hatuji.hatenablog.com
ブログ紹介文
縄文、弥生、古墳時代の謎。神社、遺跡、古地を辿り、忘れられた記憶、隠された暗号を掘り起こす
自由文
-
更新頻度(1年)

73回 / 65日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2019/04/13

開物発事_かいもつはつじさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(IN) 19,016位 19,184位 19,129位 17,938位 16,894位 18,073位 18,052位 963,711サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 10 90/週
OUTポイント 10 30 10 40 30 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,091位 1,104位 1,100位 1,047位 1,008位 1,032位 1,031位 42,933サイト
日本遺産 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 10サイト
歴史ブログ 126位 129位 125位 123位 118位 121位 121位 4,217サイト
考古学・原始・古墳時代 13位 13位 13位 13位 13位 13位 13位 208サイト
地域生活(街) その他ブログ 19位 21位 20位 20位 20位 20位 20位 1,494サイト
全国地域情報 5位 7位 6位 6位 6位 6位 6位 575サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 31,430位 30,207位 30,952位 30,055位 31,749位 33,543位 32,642位 963,711サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 10 90/週
OUTポイント 10 30 10 40 30 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,609位 1,517位 1,567位 1,528位 1,625位 1,722位 1,662位 42,933サイト
日本遺産 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 10サイト
歴史ブログ 106位 86位 95位 85位 98位 114位 105位 4,217サイト
考古学・原始・古墳時代 8位 8位 8位 8位 8位 8位 9位 208サイト
地域生活(街) その他ブログ 23位 21位 21位 20位 20位 20位 19位 1,494サイト
全国地域情報 9位 8位 9位 8位 8位 8位 7位 575サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,711サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 10 90/週
OUTポイント 10 30 10 40 30 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,933サイト
日本遺産 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,217サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト
地域生活(街) その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,494サイト
全国地域情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 575サイト

開物発事_かいもつはつじさんのブログ記事

  • 住吉大社(大阪市住吉区)・簡単ガイド(紀の国・ヤマトと津の国を結ぶ・古代航路の拠点)★

    古代の海側、つまり西の方から大鳥居。阪堺電車(路面電車)が通り過ぎる 津の国(つのくに)とは大阪の飛鳥時代ごろまでの地名。(難波の名はもう少し後だろう) 住吉大社は、先日紹介した石山合戦配陣図(本記事末に再掲載)の南端、地図の一番下、 勝間村(こつまむら、現在の玉出あたり)より少し南、古代の海岸に面していた。 信長公の時代でも、西大鳥居は浅い海の中、イメージ的には厳島神社(広島県)のような景色だったかも知れない。 太鼓橋を渡って二番目の住吉鳥居をくぐると神島=ご神域。典型的な浮島様式 古代の創建時、ご神域のぐるりを水が取り囲んでいたのだろう。(生島足島神社(長野県)のイメージ) 太鼓橋を北側の…

  • ツンデレ 寺猫 しんたろう(大阪・道頓堀 法案寺 弁天さまのお寺)★★★

    寺猫・シンタロウ (開物)さぁて、大阪七福神巡りも最終。残るは弁天さまの道頓堀・法案寺さんだけ。まずは手を浄めてと (シンタロウ)おっ?よう来たな、おっさん。手はキレイ? よし!よっこいしょっと。(開)な、なにっ? (シン)ちょっと待っててや、今準備中。トギトギペロペロ(開)えっ? 何の? (シン)ほら、なでてみ。(開)こ、こう? (シン)もうちょいおなか。(開)これでは? (シン)お前うまいな、気持ちええで。・・・どこ行くねん? (開)あのチョット一休みしてよいですか? (シン)ちょっとだけな。オレ、日なたイヤやねん。(シン)・・・まだか? 待ったってるんやで と、御朱印を待つ間、なで続ける…

  • 物部さん考(10)戦国時代・石山合戦図に見える本願寺・大阪城の前 モノノベ式聖地

    石山合戦配陣図(和歌山市立博物館蔵。石山合戦(1570-1580)同時の石山本願寺と織田信長軍の配置図)に現在の大阪を少し書き込んでみた 秀吉公の前、今の大阪城の地には、石山本願寺という浄土真宗(門徒さん)の大きな寺と寺内町(じないまち)が発展していた。 名の通り「石の山」に建てたことから、石山本願寺と呼ばれるようになった。 大きな坂・小さな坂が多い一帯で、その様子が大阪(大坂)の名の元にもなった。 古地図に現在の南北を通る筋をおおよそ書き込んでみた。 私の地元、四天王寺近くの上町台地・夕陽丘あたり、松屋町筋を起点に、古地図の「砂場(古地図では二か所)」から四ツ橋筋の線を引いてみた。 砂場とは…

  • 神の島・三輪山 辺津の姫巫女(ヒメミコ)市杵島姫神社

    久延彦神社にお参りしてから、御神体の三輪山の登拝口となっている狭井神社(さいじんじゃ)に向かう。 鳥居をくぐって左側にある朱色の鳥居が、市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)だ。 上:狭井神社・鳥居、下:市杵島姫神社 大神神社では三輪明神の荒魂(あらみたま)をまつるとされているが、この神域からは、むしろ、女性的な母性、おだやかな優しさを感じる。 案内板に書かれているように、桜井市茅原にある大神神社末社の厳島社(いつくしましゃ)から勧請されたお社。 シマに天の浮橋(太鼓橋)を渡る浮島系だ。 浮島はたくさんの神社の様式だが、現在、古代のままの姿を残している例は少ない。 kaimotu-hatuji…

  • 久延彦神社(学力向上・試験合格・就職成就。起業発展もありそう。若い人にお薦め!)

    久延彦神社。大神神社の「久すり道」に向かうのとは逆、左に下る道を進むと下の鳥居前に 大神神社(おおみわじんじゃ、奈良県桜井市)の「久すり道」あたりは、辺津(へつ)の磐座一帯で、出雲の主な神様が鎮座する神社がいくつかある。 そのうちのひとつ。 智恵の大神、学業の守護神、久延毘古命(くえびこのみこと)を御祭神とする久延彦神社(くえびこじんじゃ)。 「久すり道」を上がって、途中の看板で久延彦神社に向かうと、石段の上の本殿に直接アプローチできる 久延彦神社の本殿 久延毘古命の説明と知恵のふくろう 本殿近くの休憩所に貼ってあったポスター。わかりやすい名言集。初心をどこかに置いてきたおじさんの心にしみる …

  • 七福神(5)えびすさん。商売人 啼くまで待てば ホトケサマ 啼かせてみせる 方がヒデ良シ

    大阪七福神、五回目 大阪、浪速区恵美須西・今宮戎神社 えびすさま(えべっさん) 大阪(関西)は恵比須、東京(関東)は恵比寿。戎とも書く。 境内に像やイメージが一切なく、入口に掲示されていたものを撮影。御神絵(おみえ)というそうだ 誰かに似ていると考えていて思い出した!家康公だ。 (啼かぬなら 啼くまで待とう ホトトギス) 大阪にはこういう(調子のよい)所がある。 秀吉公が発展させた大坂だが、江戸時代になるとアッサリ切り替える。 せわしない話だが、さすが商売人の街。 時の権力に迎合しつつ、心の中では秀吉公に手を合わせたりしていたのかも知れない。 私もハシクレだが、大坂の商売人の気持ちで詠んでみた…

  • 三輪そうめん ひねもの(古物) 時短パスタ

    三輪そうめんは極寒の冬季につくる。 梅雨と夏を越して、およそ一年以上熟成させたものを古物(ひねもの)といい、歯ごたえ良くコシが出てくるので、三輪の人は古物を好んで食べるそうだ。 先日、大神神社(おおみわじんじゃ、奈良県桜井市)をお参りした時に買った古物でパスタを作った。 一パック、六束入り・三~四人分で五百円というお手頃価格。(商品写真は巻末、前回記事参照) 用意するもの ひねそうめん・1年熟成もの(1人前1.5束、おなかすいている人2束) トマトソース缶 調味料(コンソメ顆粒、ケチャップ、お好みでソース、砂糖) トマトソースの作り方 トマトソース缶開ける(要らん!?) フライパンでトマトソー…

  • 令和の天気は気まぐれだ(The Weather In Reiwa Is A Tramp)

    今週のお題「雨の日の楽しみ方」 久しぶりお題にこたえようと思っていたが。。。 猛暑かと思ったら東日本が先に梅雨入り。 先日は中国地方が大変な大雨だった。 しかし近畿は雨粒ひとつ落ちてこない。 背景もご覧ください 西日を浴びるアジサイ 令和の天気は気まぐれ・自由気まま、Tramp ♥️♠️♦️♣️ だ そう言えば、先月に続き今月末、また彼(Mr.Trump)が来る。大阪に。 彼がやって来る。大阪城へ 物部さんの聖地(生國魂、浮島の神社) → 石山本願寺 → 大阪城 → 観光地 二千年の歴史のある場所で行われるG20 どんな気まぐれ・気ままを見せてくれるのか、ある意味、楽しみだ。 Trampはジョ…

  • 豊葦原の国の謎解き(少しだけ出雲・クニビキの話)

    新大阪と奈良の間に直通電車が走り始めたのをご存だろうか? つい最近、2019年3月19日、おおさか東線が全線開通した。 新幹線で一刻も早く奈良に行きたい「奈良好き」な方には耳寄りな話だ。 www.jr-odekake.net 今、私がいるのは、JR淡路駅と城北公園通駅の間、淀川に架かる鉄橋の真下。 赤川(あかがわ)鉄橋という。 ここは淀川の貴重な水際、「ワンド」、簡単に言えば、自然にできたビオトープ地帯。 水辺の植生や魚、鳥などの生き物を観察するのによい所。 釣り人の穴場でもあるが、古代好きの私には、葦の生い茂るクニウミの景色や様子を体感するのに格好の場所。 秘密?の 「葦の道」もある。 葦が…

  • 熱田神宮(名古屋市熱田区)・簡単ガイド(猛暑の中、「熱」の意味を考えてみる)

    東門・西門・南門がある。早朝、西門(案内板下)から入った 西門の鳥居をくぐって、百数十メートル、本宮に続く参道(第二鳥居)に出る。参道には第一から第三の鳥居がある。 先日のオトコの闘いは第二鳥居・警備詰所周辺で。謎の遮光器土偶像「眼鏡の碑」もこのあたり。 kaimotu-hatuji.hatenablog.com 御祭神の熱田大神とは天照大神。三種の神器の一つ、草薙御剣(くさなぎのみつるぎ)は熱田神宮にある 熱田神宮は名古屋城辺りから南にのびる標高8-15メートルの熱田台地の南端に鎮座。黄線は1-2万年前の海岸線(名古屋市資料をもとに開物作成)。神宮の周囲には古墳や遺跡が多い。矢印方向は名古屋…

  • 梅雨入り直前 三輪の初夏

    関東から北部が梅雨入りしたようで。 近畿も間もなくだろう。 昨日のことだが、ここのところ休日仕事が多く、休みをもらった。 家にいるつもりだったが、翌日(今日)からの雨で梅雨入りの予報が出ていたので、三輪(奈良県桜井市)に行った。 令和元年の「春の猛暑」は記憶に残るだろう。梅雨の前に夏が来た。 大神神社(おおみわじんじゃ)では、やまゆりの季節だが、日差しが強く、ちらほら程度。咲き誇るという感じの写真は撮れなかった。 左上はカタバミ。やまゆり二枚。三輪山 辺津(へつ)のイワクラあたりの神社をお参りしたら、暑さと信州行きの疲れもあり、そこで止めた。 左上:狭井神社(さいじんじゃ)、左下:盤座神社(い…

  • 七福神(4)福禄寿。鼻の穴 見て決めている 叶い事 長い頭を 見てる間に間に

    大阪七福神、四回目 大阪、谷町六丁目・日蓮宗 長久寺 ふくろくじゅ 前回の寿老人と同じく起源は道教の神仙。 一説では寿老人と同一神ともされる。 幸せ(福)を呼び、財(禄)を殖やし、長命(寿)、三拍子揃っている。 拝むだけで三つの願いが叶う素晴らしさ。 文化時代(1800年ころ、江戸時代)作、木彫の御姿は撮影禁止のため、お寺の方の了解をとり、パンフレットから転載させていただいた。 こちらを見る福禄寿の目線が鋭い。 長い頭が特長で、大抵の人はそこに目が釘付けとなる。 いずれが叶うかはあなたの「鼻の穴」次第。 膨らみ過ぎた願い事は叶わないことがあるかも。 何事もほどほどに。 神様目線で詠んでみた。

  • 生島足島神社(生島大神、足島大神、長野県上田市下之郷)★

    今は大阪・夕陽丘にあるが、元は大坂城あたりにあった生玉(生國魂)神社の古代の姿を想像するため、今も古代の景色のままの生島足島神社にお参りした。 以前にも書いたが、大阪・生玉は紀元前後、こちらはおそらくそれより前、紀元前創建の古い神社だ。もちろん創建時に今のような鳥居やお社はない。 kaimotu-hatuji.hatenablog.com 日本中央を宣言! これほどシンプルに大きく「浮島」を表現した神社はない。★古代妄想には大阪城の案内板に見えた 塩田平。古代の湿地帯の中心の丘に生島足島神社は位置する 太鼓橋(天の浮き橋)から、境内(シマ)にわたる。浮島系神社の様式 太鼓橋は二つ。木造の方は御…

  • 飛鳥 益田の岩舟 森林浴 岩盤浴 リラクゼーション

    飛鳥の盆地の西、標高180メートルの岩船山の頂上付近に巨大な石造物がある。 益田の岩船。長辺11メートル、短辺8メートル、高さ4.7メートルの巨大石造物 飛鳥の石造物の中でも最大のもので、何の目的で、何のために、そこに置かれたのか? 他の石造物と同じく謎だ。 益田の岩船の説明板。7世紀(西暦600年代)作であることは間違いない 誰がなぜ造り置いたのか? 先日紹介した斉明女帝は酒舟石遺跡=岡本宮、両槻宮(ふたつきのみや)・・・飛鳥東側を拠点にしていたが、推古女帝は西側の豊浦宮(甘樫丘の麓)を拠点にしていた。 須弥山石(しゅみせんせき)は推古女帝の時代に造られ、斉明女帝の時代、迎賓館に置かれたとさ…

  • 過去記事。二ケ所追記しました(蘇我入鹿の首塚、出雲大社の創建時期)

    本文と画像は関係ありません。実姉。のらくらり、こと、岡本知倫(ちりん)展示作(~6月8日(土)、大阪ミナミ) ブログを始めるにあたり、批判したり頭から否定したり、の書き方はしないと決め、書いてきました。 そうすると、どうしてもボヤ~としてキレが悪くなることがありまして。 自分で忖度していたところがあるかも知れません。うまく書ける技術があればいいんですけどね。 思い直して二件、追記しております。過去記事・各末に追記しました。 よろしければお読みください。 蘇我入鹿の首塚、他人の可能性(高) kaimotu-hatuji.hatenablog.com 出雲大社の創建は奈良時代。平城京とセットの可能…

  • 諏訪大社(四宮)の簡単ガイド(古代妄想なしバージョン)

    諏訪大社は四つの宮があり、まとめて諏訪大社という。(詳しい各位置は記事末の地図をご覧ください) 七年に一度行われる「御柱祭(おんばしら・みはしら」で有名だが、あまり詳しくなかったのでよい経験になった。 上田市(一番下の地図。北側)からトンネルを通りながら車でやって来たので、秋宮⇒春宮⇒本宮⇒前宮の順番で、1日でまわる弾丸行だった。 四宮とも古代の諏訪湖畔の丘、山を背にした坂道の途中にあった。左上:秋宮、右上:春宮(鳥居の向こうに太鼓橋が見える)、左下:本宮、右下:前宮 境内ガイド。春宮はなかったので鳥居の正面、二百メートル下の(旧)太鼓橋の案内板を撮影。順番は上に同じ 案内板にも書かれているが…

  • 熱田神宮。その名に恥じぬ熱きオトコのバトルが始まった!

    6月1日土曜日・早朝、熱田神宮(名古屋市熱田区)をお参りした時のこと。 私は見ました。熱き男のバトルを。ホントの話です。 さ~て。のどの調子もいいし、今日もやらかすか。コケコッコー ま~た挑んできやがったな!じゃ、コケコッコーー! おや。今日も始まったね。私が行司役になって、どちらが美声か審判しましょう コケコッコー―――――!!!! コ・コ・コ(助走) コケッコッコー―――――――――!!!!!! ん?ふつう「コ」と「ケ」だよな? 途中「カ」とか「アホ」とか聞こえるが空耳かな?メガネメガネ えっ?アタシ?

  • お焼き。いただきます。

    いや、暑かった。 仕事で名古屋行ったが、とうしても信州に行きたかったので、土曜日は大阪に帰らず、中央本線に乗った。 🎵八時ちょうどの、あずさ二号で~ な、訳はなかったが。 いつもここを覗いてポチして下さる方、申し訳ありません。 日曜日は諏訪大社四宮・他を弾丸で回っていたので、皆様の書き込みチェックもできませんでした。 帰ったらします。 今から晩ごはん?です。 信州名物お焼き。 大好物で。今日だけで八個食べました。 写真は、切り干し大根となす味噌。 諏訪湖です。

  • 三内丸山遺跡(3)縄文と弥生を繋ぐ文化と技術 世界的にも高い史跡価値

    前回から続き。 三内丸山の巨大な木造建築物(モノ)。 その労力に見合うだけの目的(コト)。 それを造ることを可能にする技術&組織力(ヒト)。 縄文の高い文化水準、人々の日常を想像するだけでワクワクする。 案内パネルに書いてある「集会場や共同作業所などの説明」に子どもたちは興味を持つだろうか? このような社会レベルでの「ものづくり」方式は、弥生時代の古墳・神社に受け継がれているはずだ。 他にも、三内丸山の「盛り土」は、縄文の「貝塚」と弥生の「墳墓」を繋ぐものではないかと考えたりする。 どこからか、降ってわいたものではない、長い蓄積が必要な技術そして文化だ。 北海道と北東北の各自治体で世界遺産化を…

  • 夏越の祓 茅の輪づくり(三光神社さんにて)

    先日、三光神社(大阪市天王寺区)を訪れた時、茅の輪(ちのわ)を造っておられるところだった。 茅の輪とは、夏越の祓え(なごしのはらえ)で神社の鳥居に設置されるワッカ。 茅の輪くぐりはこれからの季節、全国の神社で行われ、くぐって残り半年を無病息災で過ごすことを願う。 三光さんの場合、六月一日から七日間、中風除(ちゅうぶうよけ)の独特の神事として行われるが、健康な人がくぐっても大丈夫。無病息災を祈ることになる。神様は切り替えが早いから。 中風とは、簡単に言えば脳卒中の後遺症のこと。 茅の輪は葦(あし)で編む。(稲わらもある) 三光さんは大阪・淀川の水辺の青々とした葦を使っておられるそうだ。 神社と葦…

  • 物部さん考(9)ポスト物部 神仏混沌の時代 妻・母・巫女として生きた孤高の女帝★★

    観光ボランティアさんの地図。酒船石遺跡で 左:地図の「石」の字あたり、丘の下の亀型石槽。右:丘の中腹にある有名な酒船石。用途は謎だが亀型石槽との関連が考えられる このあたりは飛鳥池遺跡や狂心渠(たぶれごころのみぞ)も含めて、水にまつわる謎の遺跡が多い。 いずれも女帝・斉明天皇(655-661、第37代)が造らせたという。 (642-645に第35代・皇極天皇の後、重祚して斉明天皇となった。舒明天皇の皇后。天智天皇と天武天皇の母。後期難波宮・考徳天皇の皇后となった間人皇女の母君でもある。Wikiより) なぜこんなものを? 「たぶれ者」として陰口を叩かれていた(書記、地図北側、狂心渠 たぶれごころ…

  • わらしべ長者? 明日香のバイブルが届いた!(ツチノコとマムシの話も)

    写真と本文は関係ありません(^^; 実姉がイラストレーター(のらくらり)。最新作。大阪ミナミで展示会するらしく。近場でご興味のある方がおられれば記事末に案内を載せております 令和ではじめて30℃を超えた日(5月11日) 明日香にいた。 酒船石(さかふねいし)と亀型石造物を訪れた時、ボランティアガイドの方と、暑い中、立ち話で数十分。 ガイドさんに向かって、無謀にも明日香のことを語り出したバカに、嫌な顔ひとつせず、お付き合いくださった。 他に観光客が来なかったのが幸い? 午前中に地元のおじいさんから聞いた 古代飛鳥と海の繋がり!! 受け売りで興奮しながら話すバカ。 相槌をうち、静かに聞いて下さる優…

  • 三内丸山遺跡(2)世界と繋がる 縄文のくり舟 日本海大交易圏

    前回からの続き。 遺跡広場を歩いた後、さんまるミュージアムの館内を見学。 (HPより)三内丸山遺跡から出土した重要文化財約500点、総数で約1,700点の遺物が展示されています 重要文化財の「大型板状土偶」をはじめ、「ヒスイ製大珠」「クリの大型木柱」などを展示しています お目当てのジオラマで、縄文時代の海岸線と大型掘立柱との位置関係を確認。 海沿いの丘に建てられている このブログを何回かご覧いただいた方なら、何を調べているか、分かりますよね。 莫大なエネルギーを投入して、大型の構造物(モノ)を「そこ」に建てたムラの人々の目的(コト) それは。 航路を照らす灯台・天候を測り知らせるのろし場 その…

  • 大坂夏の陣・真田幸村公の荒魂、和魂(三光神社、安居神社)

    上:三光神社・抜け穴と勝どきをあげる幸村公、下:安居神社・戦い敗れ刀を置き、もの思う幸村公 「荒々しいもの」と「おだやかなもの」 荒々しい面は荒魂(あらみたま)、おだやかな面は和魂(にぎみたま)。 大阪市天王寺区には、大坂夏の陣(元和)の真田幸村公にかかわる史跡がいくつかある。 三光神社(真田山・玉造)で戦いに備え、安居神社(逢坂 おうさか)で戦い終えた姿。 像はいずれも戦後に作られたもの。 どちらの幸村公に逢いたいかは、人それぞれだ。 左:三光神社、右:安居神社

  • 七福神(3)寿老人。長寿して 神になりたきゃ 三百年 石か社で 八百年

    大阪七福神、三回目 大阪、真田山・玉造(さなだやま・たまつくり)、三光神社 じゅろうじん 起源は道教の神様(神仙。中国の伝説上の人物。南極老人星(カノープス)の化身とされる。Wikiより) 道教は星を見、天台山を聖地とする。 名の通り、インド仏教と習合し、日本には遣唐使・最澄(さいちょう)さんがもたらした。(ライバルの空海さんは真言宗) 天台宗の星マークにはそういう意味が含まれているだろう。 三光神社には、中国の歴史書でいう「和の五王時代」(西暦400年代)も含めて、歴代天皇を補佐した古代のスーパー大臣、武内宿祢(たけしのうちすくね)も祀られている。 この大臣、三百六十年も生きたことになってお…

  • 明日香。謎の須弥山石(しゅみせんせき)からご挨拶 ★★★

    みなさんこんにちは。須弥山石と申します。 あ、怪しいもんじゃありません。 姿・形じゃないんですよ。そこの人。 私は今、飛鳥資料館の前庭で、お客様をお迎えするレッキとした地方公務員なんですから。 私自身はレプリカ?っていうんですか?まだ若いんですが、 今、館内にいる親父、生まれは推古女帝の時代。 で、斎明女帝の時代に、石神(いしがみ)という所にできた迎賓館で、外国や東北から都にやってくるお客様をおもてなししてたそうです。 どうやら昔は「石の神様」みたいなイメージだったようです。 開物を名乗るバカが、暑さにやられてせっかくの故郷・石神の写真をまるっと削除したらしく、代わりにビデオのコマ撮りですが、…

  • 山内丸山 訪問(1)遺跡に立って縄文から弥生への変化を考えてみた

    昨年11月、山内丸山(さんないまるやま)遺跡をたずねた。 新幹線・新青森駅から車で10分。 青森湾から直線距離で約3キロ離れた沖舘川沿い、標高20メートルの丘の上にある。 (HPより)5900年前(BC3900)~4200年前(BC2200)の縄文時代の集落跡で、日本最大級の縄文遺跡である。 広々とした遺跡公園には、ところどころに竪穴式住居や高床式倉庫が復元されていて、自由に出入りできる住居がいくつもある。 復元された大型堀立柱(高さ10メートルぐらい)と大型竪穴住居(長さ約32メートル、幅約10メートル)の大きさには驚いた。まさか縄文遺跡で建築物の大きさに圧倒されるとは夢にも思わなかった。驚…

  • 🎵○とケムリは高いとこ登る 史上初!? 五重塔の倒壊事故(昭和9年)

    明治期の四天王寺さん。金堂・五重塔は江戸後期・文化9年(1819)に再興されたもの 明治の頃の四天王寺さん。 金堂・五重塔は江戸後期、文化9年(1819)に再興されたもの。 この後、昭和9年(1934)の室戸台風で五重塔は完全倒壊、金堂も損壊。 7年後(1941)に再興されるも昭和20年の大阪空襲で消滅。 昭和34(1959)に鉄筋コンクリートで再建され現在に至る。 地震や台風で五重塔は倒れない、東京スカイツリーにその技術が応用されている。 その話をはじめて聞いたとき、子どもの頃から四天王寺さんの五重塔の話を聞かされてきたので「ほんまかいな?」と思った。 日本史上、地震台風による五重塔の倒壊は…

  • 5月下旬というのに。週末の明日香、暑さが怖い

    今朝のニュースより。大阪ないが、ま、一緒か ここ数日の最高気温、日差しのせいでプラス2~3℃の体感。 週末はさらに暑くなって30℃を軽く超える予想。どんどん上がってる!? 明日は、11日に予定の半分しか回れなかった明日香に行こうと考えているが、 晴れ予想で、炎天下で35℃越えるかも知れない。 前回25℃予想で、実際には、 令和初の30℃超えを体験した。 kaimotu-hatuji.hatenablog.com ぜったい電動自転車にする。 登り降りが多い。丘の下に自転車停めて、上まで歩きも多かった。 暑さに身体が慣れてないですから、皆さまもくれぐれも熱中症にはお気をつけください。 前回の明日香…

  • 関東の弥生時代の始まり 前方後円墳の千葉古代マップ

    昨日の記事で、挂甲の武人さん(週末は古墳巡りさん)に教えていただいた全国前方後円墳データベースを見ていた。 ちなみに私は千葉県が前方後円墳の最多県であることを知らなかった。 しかし、面白いものを教えていただいた。こういうものがあったのか!と知るだけでもブログを始めた甲斐がある。 nara-hgis.jp 古代のことをあれこれやり過ぎて、手薄になっているところもある。勉強不足をおぎなうために、とりあえず千葉県の前方後円墳(664ケ所)のリストを作り、 このリスト(エクセル)をグーグル地図にインポートして2種類のマップを作ってみた。 (以前有料だったが今や無料だ。ありがとうグーグル先生) 左:古墳…