searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

開物発事_かいもつはつじさんのプロフィール

住所
大阪市
出身
大阪市

日々のブログでは取り上げるには解説が難しいテーマ(アラハバキ)については、ノベルデイズ(講談社が運営)で連載を始めました。「アラハバキ解・汎日本古代信仰の謎に迫る」。ブログ記事からリンクを作っています。

ブログタイトル
ものづくりとことだまの国
ブログURL
https://www.zero-position.com/
ブログ紹介文
縄文、弥生、古墳、飛鳥、奈良時代の謎。神社、遺跡、古地に足を運び、忘れられた記憶、隠された暗号を探ります。近ごろは、古いサイノカミ・アラハバキ信仰の視点で(横断的に)探ることも多くなりました
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/Kai_Hatu
更新頻度(1年)

296回 / 365日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2019/04/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、開物発事_かいもつはつじさんをフォローしませんか?

ハンドル名
開物発事_かいもつはつじさん
ブログタイトル
ものづくりとことだまの国
更新頻度
296回 / 365日(平均5.7回/週)
フォロー
ものづくりとことだまの国

開物発事_かいもつはつじさんの新着記事

1件〜30件

  • 【生駒の大鳥探検(4)】楠木正行公(小楠公)の複数の点(手がかり)【太平記の時代】

    はじめに 大阪市内から生駒の大鳥に見えるあたり。東大阪市上四条町一帯には、楠木正成(大楠公)の息子、#楠木正行(まさつら #小楠公)のこん跡がいくつか残されています #太平記 目次 イノシシのワナ 廃神社 奥の基壇に楠木正行公碑 楠木正行公 3つ目の『点』 アラハバキ解 第47章公開 キングメーカー・河内の物部氏 本文 大鳥あたり、上四条町の道標 イノシシのワナ 生駒の大鳥の頭あたりは東大阪市上四条町一帯で、本シリーズ初回で紹介した道しるべのところまで行き『奥の院』と書かれた方に進みます。 途中、脇道もあり、ひとつひとつ入ってアヤシゲなものはないか(笑)探し歩きます。 www.zero-pos…

  • 【塞の神社】河内と和泉 中高野街道の道祖神【道の信仰・考 】

    はじめに 古道 #中高野街道 沿いの和泉(いずみ)と河内(かわち)の国境(くにざかい)に鎮座する #塞の神社(#道祖神 #さいのかみのやしろ)#宝神神社 とも 東に進むと #住吉大社 北に進むと #四天王寺 #おかめとひょっとこ 目次 塞の神社(大阪市東住吉区矢田6-5) 道祖神(サイノカミ)について(境内張り紙) 境内いろいろ、面白きもの アラハバキ解 第47章公開 キングメーカー・河内の物部氏 本文 塞の神社(大阪市東住吉区矢田6-5) 御祭神:八衢比古神(やちまたひこのかみ)、八衢比売神(やちまたひめのかみ)、来名戸神(くなどのかみ)*1 御由緒の張り紙より)この神様は他界より侵入して災…

  • 【瓢箪山稲荷神社(2)】♪淡路島 かよふ千鳥の 河内ひょうたん山 恋の辻占【つじうら】

    はじめに その昔、声のよい女子を "東高野街道 の辻にたたせて『淡路島 かよふ千鳥の 河内ひょうたん山 恋の辻占』の名調子。#恋占い のキャッチコピーについついフラフラ~ッと立ち寄る年ごろの男女。占い方法がちょっと変わってます #瓢箪山稲荷神社 #辻占 目次 辻占総本社 辻占の名調子 恋の辻占システム(手順) ① まず神前に願い事をよく祈願 ② おみくじを引いて番号を覚える ③ 東参道入口の占場(うらば)へ行き、気を静め、占場石を中心として正面を向き、 ④ 通行人の姿態、年齢、持ち物、連れの有無、会話の内容などを詳しく観察 ⑤ 社務所に戻り、詳しくその次第を申すと ⑥ 数百年来、宮司家に伝わる…

  • 【瓢箪山稲荷神社(1)】秀吉公も見た 生駒の大鳥【千成瓢箪・妄想話】

    はじめに 天守閣に上った #豊臣秀吉。大坂城の巽の方 生駒山の大ガラスの足元に #ふくべ稲荷 を勘請。ふくべは #ヒョウタン のことでこれにて #千成瓢箪となる? #瓢箪山稲荷神社 #保食大神 #瓢箪山古墳 目次 妄想・千成瓢箪(譚) 瓢箪山稲荷神社(東大阪市瓢箪山町) ふくべ稲荷 瓢箪山古墳 アラハバキ解 第46章公開 アラハバキ解(7)前方後円墳・考 本文 妄想・千成瓢箪(譚) (風のかたみさん(id:kaze_no_katami)、↓の写真で生駒の大鳥に見えますでしょうか?生駒の一番高いところの南隣です) 大阪城天守閣から巽(東南)の方角に生駒の大鳥 天下取りの大坂城にて。 秀吉公『よう…

  • 【生駒の大鳥探検(3)】かつての修験道場?お滝場周り 厳しい像容の石像群【稲荷社】

    はじめに 生駒の大鳥探検の3回目。ふるくは四条村といわれた所。#鳴川 ハイキングの登山道に。道の脇から奥に #稲荷社。修験道場だったのか。ほぼ廃神社の状態。厳しい感じの石像たちが印象的。#役行者像 #不動明王像 #旧春日神社本殿 #五里山古墳 目次 旧春日神社本殿 五里山古墳から山道へ 稲荷社(不思議スポット) アラハバキ解 第46章公開 アラハバキ解(7)前方後円墳・考 本文 www.zero-position.com (前回の続き)鳴川(なるかわ)沿いに生駒の大鳥の方に上がってゆきます。 旧春日神社本殿 道が分岐するあたりにお社らしき樹がこんもりとした一角があります。案内板には『旧春日神社…

  • 【生駒の大鳥探検(2)】太陽のヤタカラスとナワテの地【縄手遺跡、鳴川分水路、二本松古墳】

    はじめに 生駒の鳴川峠を源流に東大阪市を下る #鳴川 沿いに大鳥の頭を目指す。麓に縄文の #縄手遺跡。「#ヤタガラス は太陽、#ナワテ とは細い長いヤタカラスの神様へお参りする長い参道を意味する」という京都下鴨神社の説明どおり。一帯は弥生・古墳時代遺跡が集積 目次 大鳥はヤタカラス?足元にナワテの地名 縄手遺跡(東大阪市埋蔵文化センター) 鳴川沿いを上り道いろいろ アラハバキ解 第45章公開 アラハバキ解(6)三輪山のサイノカミ空間 本文 先日の探険の続き。 www.zero-position.com 目指すは生駒の大鳥の頭 朝の太陽がかかっていますね 大鳥はヤタカラス?足元にナワテの地名 瓢…

  • 【四天王寺 番匠堂】千四百年、絶えることなく受け継がれた古代の建築技術【日本最古の会社 金剛組】

    はじめに 縄文以来の木造建築技術。そこに渡来の技術が融合して #四天王寺 は建立され、今もなおその匠の技術は伝え続けられています。#番匠堂は #宮大工(番匠)の人々の叡智とたゆまぬ努力を顕彰するお堂。日本最古の会社 #金剛組 目次 四天王寺 番匠堂 日本最古の会社 金剛組 アラハバキ解 第45章公開 アラハバキ解(6)三輪山のサイノカミ空間 本文 四天王寺 番匠堂 四天王寺境内の東側、以前紹介した牛王尊(記事末リンク)のすぐ近くに番匠堂(ばんじょうどう)。 番匠とは木造建築も行う古代の建築家のことで、今では、宮大工(みやだいく)さんのことを言います。 四天王寺 番匠堂 私が小学生の遊び場の頃に…

  • 生駒の大鳥を探険。瓢箪山稲荷のウシマツ猫。謎の廃神社

    はじめに 引っ越してから気になっていた生駒の大鳥に見えるあたりを探険してきました。#瓢箪山稲荷 #前円後円墳 目次 生駒の飛鳥大鳥? 近鉄奈良線 瓢箪山駅 駅前からヒョウタンだらけ 瓢箪稲荷 ウシマツ猫 謎の廃神社を発見 アラハバキ解 第45章公開 アラハバキ解(6)三輪山のサイノカミ空間 本文 生駒の飛鳥大鳥? 引っ越し先は上町台地の上。以前は坂の下に住んでいたので見えてなかったものが見えるようになりました。 住んでいる所から生駒山系がよく見えるようになって、、、ほら、鳥に見えるでしょ。 春分の日には鳥の頭から日が昇りました。神々しい! 大阪市内から。生駒の大鳥。ヤタガラス? 近鉄奈良線 瓢…

  • 【ヤタガラス】鳥の姿と三本足のヒミツ・考【八咫烏】

    はじめに 日本神話 神武東征で登場する導きの #八咫烏(#ヤタガラス)熊野から大和までの遠く入り組んだ道のり、神武天皇を導いたカラス。鳥の姿と三本足のヒミツを考えてみました #飛鳥 大鳥 #出羽 #三山信仰 #サルタヒコ #大神神社 #椿大神社 目次 京都下鴨神社のヤタカラス 全国各地にヤタガラス ヤタガラスとは何か? アラハバキ解 第44章公開 ヤマト創世記 三輪山と纏向 本文 ヤタガラスのおみくじ。左は上賀茂神社(京都)。右は阿部王子神社(大阪) いわゆる熊野信仰に関連していると思われますが、例えば、京都の上賀茂神社や下鴨神社にも伝承が残されています。 そのあたりは以前に考察(古代妄想)し…

  • 【杭全神社(2)】坂上氏・平野郷の氏神さん 千二百年の歴史【狛犬・足止め祈願】

    はじめに 大阪市平野区。中世~近世に堺とともに栄えた環濠集落 #平野郷 の氏神さん #杭全神社。創建以来千二百年間、坂上氏一族(#七名家)が守り続けてきました。本殿狛犬の前足に紐をくくり家出人を探す #足止め 祈願 目次 杭全神社(くまた、大阪市平野区平野宮町) 杭全神社 拝殿 狛犬さんに足止め祈願 杭全神社 境内 アラハバキ解 第44章公開 ヤマト創世記 三輪山と纏向 本文 杭全神社(くまた、大阪市平野区平野宮町) 杭全神社 杭全神社境内図 参道入口の大くすの木(巨楠、樹齢一千年 大阪府指定天然記念物) 中世~近世に堺と並ぶ自治都市として知られた平野濠(ひらのごう)。摂津・河内・和泉の中継点…

  • 【土塔神社跡】四天王寺七宮の一社跡 仁王碑が見守る基壇【超願寺境内 竹本義太夫墓所】

    はじめに 四天王寺の南大門から徒歩五分。#四天王寺七宮 の一社 #土塔神社跡 は #土塔山超願寺 境内。蘇我馬子の子・慧観が聖徳太子から賜った経や舎利を納める三重塔を建て防火のため土で固めたのが名の由来。#人形浄瑠璃 の #竹本義太夫墓所 もあります #九曜紋 目次 四天王寺七宮 土塔神社跡(大阪市天王寺区大道、超願寺) 竹本義太夫墓所 本文 四天王寺七宮 聖徳太子(厩戸皇子)が四天王寺を創建する際の守護神として北斗七星を描くように並べたという説がありますが、実際に地図にプロットしてみると北斗七星のカタチはありません。 (現存しているのは大江神社、堀越神社、久保神社、河堀稲荷の4社。三社は大江…

  • 【転法輪の話(4)】太子の教えとともに北上した馬と鍛冶と養蚕

    はじめに 飛鳥時代、国土拡大の最前線だった蝦夷の地に #馬と鍛冶と養蚕 の福音(法輪)を届けた#厩戸皇子。仏法の教えとモノづくりによる聖徳太子の #クニづくり #馬頭観音 目次 空を飛ぶ転法輪(平安時代) 三面六臂・馬頭観音像の持つ転法輪(平安時代) アラハバキ解 第43章公開 ヒスイ史まとめ-古代信仰の宗教観 本文 空を飛ぶ転法輪(平安時代) 平安時代、信貴山で修行した命蓮上人に関する説話を描いた三部作・信貴山縁起絵巻(国宝)。 『延喜加持の巻』には、命蓮上人の加持祈祷で、剣の護法童子が転輪聖王の金輪を転がして醍醐天皇の清涼殿に空から現れ天皇の病が治ったという物語が描かれています。 仏教の教…

  • 【転法輪の話(3)】八角墳 飛びたつ鳥 新しいクニづくりのコンセプト【日出る処の天子】

    はじめに 昨年冬。#中尾山古墳(明日香) の現地説明会に参加。専門家の間では #八角墳 は飛鳥時代の大王の墳墓様式との認識が定着しつつあるようです #転法輪 #八街 #飛鳥時代 #日出る処の天子 #四天王寺 目次 八角墳について 飛鳥時代 大王の墳墓様式か? 八街(神道)と転法輪(仏法)の融合 アラハバキ解 第43章公開 ヒスイ史まとめ-古代信仰の宗教観 本文 八角墳について 昨年の冬、八角墳が確認された中尾山古墳(火葬墓)の現地説明会に参加しました。 www.zero-position.com 現地で関西大学の先生にお聞きして、研究者の間では、八角墳は飛鳥時代の大王の墳墓様式 との認識が定着…

  • 【杭全神社】狛犬さんと顔面エクササイズ【大阪難読地名】

    はじめに 大阪市平野区 古代の環濠集落跡 #平野郷。かの #坂上田村麻呂 の坂上氏の氏神さんが杭全神社。大阪難読地名のひとつです。三つの本殿の狛犬さんの表情がそれぞれユニーク 目次 杭全神社(大阪市平野区) 三つの御本殿 表情がユニークな三組の狛犬さん アラハバキ解 第43章公開 ヒスイ史まとめ-古代信仰の宗教観 本文 大阪の難読地名のひとつ。杭全 以前、喜連瓜破(きれうりわり)を紹介しましたが、どちらも大阪市平野区。 一帯は、古くはかの征夷大将軍・坂上田村麻呂公(さかのうえたむらまろこう)の息子、坂上広野の所有地で、広野の名に由来する平野郷という環壕集落があった所。 平野郷 かつての環濠の名…

  • 【茨田氏】ひょうたんからコマ。ではなく、水の流れに漂うひょうたんの話【秦氏】

    はじめに 堤根神社(宮野町)の御由緒 #浮かびのひょうたん(日本書紀・仁徳期)の伝承。水に浮かんだ瓢箪が流れて行きつく先は。頭の整理中ですが、いろいろと繋がってゆきそうな予感 #秦氏 #茨田氏 #彦八井耳命 #ひょっこりひょうたん島 目次 彦八井耳命と茨田氏 茨田連衫子は茨田親王?= おもひでぽろぽろ、より(スタジオジブリ) アラハバキ解(連載中) 本文 BGMにどうぞ(ひょっこりひょうたん島・テーマ曲) 私が小学生だった1964年から69年まで。毎週月~金曜。夕方の15分間、休まず放送された人形劇(原作:井上ひさし・山元護久。音楽:宇野誠一郎。イラスト:久里洋二) 当代一流の制作陣。今から考…

  • 【堤根神社(宮野町)】茨田堤の守り神 御神紋は浮かびのひょうたん

    はじめに 大阪府門真(かどま)市に #堤根神社(式内社)が二社、本日紹介するのは宮野町の方。日本書紀・仁徳期 #浮かびのひょうたん 伝承が御由緒 境内に隣接する #茨田堤 の史跡遺構 #門真えびす 目次 堤根神社(宮野町)門真えびす 史跡 茨田堤 浮かびひょうたんの由緒(日本書紀 仁徳十一年、現代語訳) アラハバキ解(連載中) 本文 大阪府門真市は、かつてのナショナル、現在のパナソニックの本拠地で、知る人ぞ知る門真レンコンの産地。 古川(一級河川)が南北に流れる市域一帯は、かつての湖・潟があった大阪平野の低湿地帯。 www.zero-position.com 松下幸之助さんは大正時代、人もまば…

  • 【転法輪の話(2)】太陽祭祀 アマテラスに奉祀する姫巫女の伝統【豊御食炊屋姫/推古天皇】★

    はじめに 転法輪の歴史を書き始めると長くなりそうですので何回かのシリーズに。#転法輪の話 法輪の図に込められた意味と日本の歴史における変遷。#日祀部 #推古天皇 #豊御食炊屋姫 #トヨ #厩戸皇子 目次 釈迦の教え 初転法輪 日本仏法最初の転法輪 日祀部(ひまつりべ)のトヨ ★ アラハバキ解 第42章公開 ヒスイのものづくり史(6)浮かび上がる河内期・物部氏 本文 前回。 www.zero-position.com 釈迦の教え 初転法輪 ほぼWikiからの受け売りです(笑)間違ってたらゴメンナサイ。より詳しくはこちらをご覧ください。 ja.wikipedia.org 釈迦が弟子らにはじめて仏教…

  • 転法輪 八方にひろがる あまねく神仏習合のシンボル【雑考回】

    はじめに 四天王寺伽藍の中心は #転法輪石。仏法(#聖徳太子)と神道(#太陽祭祀:#推古天皇)が交わるところのシンボル、目に見える#以和貴『和をもって貴しとなす』でしょうか #難波宮 #八角殿 目次 四天王寺の転法輪石【以和貴のシンボル】 四天王寺西大門の転法輪 神仏習合のシンボル図形 八角殿 アラハバキ解 第42章公開 ヒスイのものづくり史(6)浮かび上がる河内期・物部氏 本文 四天王寺の転法輪石【以和貴のシンボル】 四天王寺 金堂と五重塔 間に置かれた転法輪石 左の写真、伽藍の真ん中(五重塔と金堂)の間を通る石畳のラインが、春分・秋分の日、東の日の出、西の日の入の方向を指します。 仏法(聖…

  • 【三島神社】天然記念物の巨樹 薫蓋クスが見つめた一千年【山王・日吉大社の由緒について】

    はじめに 古代河内湖の低湿地帯だった門真市の(山王)#三島神社。創建は平安時代末期か。境内の大楠(おおくすのき) #薫蓋クス(くんがいクス)は国指定の天然記念物。高さ約24m、根元の幹周り13m、樹齢一千年の巨樹。#山王山王・日吉大社の由緒 目次 (山王)三島神社(大阪府門真市三ツ島1丁目) 天然記念物の大楠、薫蓋樟(くんがいクス) (山王)三島神社 境内 (山王)三島神社 御由緒 本文 (山王)三島神社(大阪府門真市三ツ島1丁目) 由緒と御祭神は記事末に。 (山王)三島神社 (山王)三島神社 鳥居 天然記念物の大楠、薫蓋樟(くんがいクス) 境内の大楠(おおくすのき)。薫蓋樟(くんがいしょう)…

  • 【仁徳天皇の治水】茨田堤 難波の堀江【秦氏・考】

    はじめに 西暦300年代(古墳時代中期)#仁徳天皇期。淀川と大和川から流れ込む大量の水を制御するため全長20キロ近くに及ぶ #茨田堤 の水路を造り #難波の堀江 を掘削して広大な大阪平野(河内国)を生み出しました。そこには謎の古代氏族 #秦氏の姿も見え隠れします 目次 茨田堤(まんだのつつみ) 見え隠れする秦氏 アラハバキ解 第41章公開 ヒスイのものづくり史(5)河内期・物部氏の興隆と難波玉作部 本文 新説・四天王寺のカテゴリーを始めて、四天王寺は、創建時、東を意識していた可能性を考え始めています。 大阪人の私には、四天王寺は春分と秋分の日に、西の石鳥居に沈む夕陽を遥拝する日想観(西方浄土を…

  • 【四天王寺から御勝山古墳の謎を追って】仁徳天皇 茨田堤の業績に繋がるこん跡【いばらの社】

    はじめに 位置的におそらく #御勝山古墳 の遥拝所であったと推理される『いばらの社』。古くは #仁徳天皇 の『的殿、まとどの』という名の宮(御館)があったと伝えられます #日本古代の土木工事 #茨田堤 #古代河内湖 目次 御勝山古墳(被葬者不明、古墳時代中期) 茨神社通りと御館神社旧跡(いばらの社=弥栄神社・岡御旅所) 由緒を伝える境内の伝承碑(仁徳天皇の御館、的殿) アラハバキ解 第41章公開 ヒスイのものづくり史(5)河内期・物部氏の興隆と難波玉作部 本文 御勝山古墳(被葬者不明、古墳時代中期) 四天王寺伽藍中心の #転法輪石 春分・秋分に日の出・日の入の方位を指します。東の日の出ライン上…

  • 【今城塚古墳】古代の王宮の再現 二百体以上の埴輪列【埴輪まつりのステージ】

    はじめに 大阪府高槻市 #継体天皇 王墓陵が定説化した #今城塚古墳。濠の外周、65mの張り出しに #埴輪まつりのステージ。出土状況を復元して1区から4区までに200体以上。#今城塚古代歴史館 の展示とあわせて埴輪、古代の王宮・祭祀を考えるのによい史跡です 目次 埴輪まつりのステージ・4区(宮の門前) 埴輪まつりのステージ・3区(宮の内・前) 埴輪まつりのステージ・2区(宮の内・中) 埴輪まつりのステージ・1区(宮の内・奥) アラハバキ解 第40章公開 ヒスイのものづくり史(4)太陽祭祀の畿内への東遷ルート 本文 前回記事。 www.zero-position.com 埴輪まつりのステージ・4…

  • 【荒陵 アラハカ】四天王寺の東かも知れない。前方後円墳のことかも知れない

    はじめに 四天王寺 の山号は #荒陵山 #アラハカ。よく #アラハバキ信仰 との関係が推理されます。春分・秋分の日の出ラインに #御勝山古墳。山号の由来は東で、古墳時代を象徴する #前方後円墳 のことを #荒陵 と称していたのかも知れません 目次 四天王寺 転法輪石。春分・秋分の日の出・日の入の方位を指す 荒墓は四天王寺の東?あるいは東西? アラハバキ解 第40章公開 ヒスイのものづくり史(4)太陽祭祀の畿内への東遷ルート 本文 四天王寺 転法輪石。春分・秋分の日の出・日の入の方位を指す 四天王寺伽藍の中心は転法輪石です。 春分・秋分の日に、日の出と日の入の方位を、正しく指すようになっているこ…

  • 【今城塚古墳】濠・墳丘に出入自由で前方後円墳を体感【継体天皇古墳説が定説化】

    はじめに 大阪府高槻市の #今城塚古墳 墳丘長181m、濠を含む全長354mの #前方後円墳。六世紀前半の築造、畿内と北陸・琵琶湖を繋ぐ淀川北岸の #三島平野 にあること、豪華な副葬品や埴輪から王墓、第26代 #継体天皇 古墳であることが定説化 しています。濠にも墳丘にも出入り自由の貴重な体感古墳です 目次 史跡 今城塚古墳(大阪府高槻市郡家新町) 埴輪まつりのステージ アラハバキ解(連載中) 本文 史跡 今城塚古墳(大阪府高槻市郡家新町) 宮内庁は、近くの太田茶臼山古墳(全長320メートル、大阪府茨木市太田)を継体天皇墓に治定(じじょう)していますが、こちらは五世紀の前方後円墳で、継体期には…

  • 【笏谷石】越前福井 継体天皇ゆかりの社は淡い青緑色【越前青石】

    はじめに 昨年秋 #継体天皇 の足跡を追ってゆかりの神社を巡った日はあいにくの雨。濡れた狛犬・石像・灯篭・敷石がほんのり青緑色。調べると #笏谷石(#越前青石)。平成28年に日本地質学会が #福井県の石 に選びました。 笏谷石(越前青石)福井県の石 笏谷石(しゃくだにいし)は、火山から噴出した火山れきや火山灰が固まった凝灰岩(ぎょうかいがん)の一種で、美しいあわい青緑色から越前青石とも云われます。 足羽山特産で、男大迹王(ヲホド王)の古墳時代から採掘が始まったといいます。 1998年9月に採掘が終了、現在は採掘されていないそうです(Wiki) 福井市内足羽山の周辺(特に北部)が笏谷石の採石場で…

  • 越前平野の御祖神【男大迹王 継体天皇】王になる決意と遠き阿須波・故郷への想い

    はじめに 福井市内の #足羽山に鎮座する式内社 #足羽神社(あすわじんじゃ)。昨年10月下旬、紅葉には少し早い時期に参拝。第26代天皇としてヤマトに出立する決意をした #男大迹王(ヲホド王) #継体天皇。自らの霊を鎮め #大宮地之霊(#座摩神)とともに故郷の地を守護しました 目次 足羽神社(福井市足羽上町108) 足羽山山頂 男大迹王が見つめる先に越前平野(足羽神社御由緒) 足羽神社 御神紋と境内 アラハバキ解 第39章公開 ヒスイのものづくり史(3)見えてくる弥生稲作・太陽祭祀の東遷 本文 足羽神社(福井市足羽上町108) 足羽神社(福井市足羽上町108) 御祭神:継体天皇、大宮地之霊五座(…

  • 【出雲路幸神社】出雲文化の色濃い下鴨に残された新・旧サルタヒコ信仰 習合の姿

    はじめに 出雲の地名が残る京都 #下鴨デルタ。#幸神社では 平安時代を挟んで新旧の #サルタヒコ信仰(#サイノカミ信仰)をまとめて見ることができます。#道祖神 の立石と #神猿(#三番叟)となった #猿田彦 の姿 目次 出雲路幸神社(京都市上京区幸神町303寺町通今出川上ル西入ル) 京都御所 猿が辻 神猿像 石神さん(おせきさん) 御由緒(文字起こし) 本文 出雲路幸神社(京都市上京区幸神町303寺町通今出川上ル西入ル) 「いずもじ・さいじんじゃ」あるいは「いずもじ・さいのかみやしろ」と読みます。 出雲路幸神社 主祭神:猿田彦大神 相殿神:天之御中主神、天照大神、瓊瓊杵尊、少彦名神、可美葦井彦…

  • 【四天王寺】春分・秋分 転法輪石が指す日の出の方向に【御勝山古墳】

    はじめに 四天王寺伽藍中心の #転法輪石 春分・秋分に日の出・日の入の方位を指します。東の日の出ライン上に #物部守屋祠。さらに1.8キロ先に #御勝山古墳(後円部の墓域中心)さてこれは偶然でしょうか 目次 四天王寺境内・転法輪石の東に守屋祠 守屋祠/願成就宮 さらに転法輪石の東1.8キロ。御勝山古墳(おかちやまこふん) 御勝山古墳(大阪市生野区勝山北) 本文 四天王寺境内・転法輪石の東に守屋祠 はじめての方の参考。新説・四天王寺シリーズ直近の記事。 守屋祠/願成就宮 www.zero-position.com さらに転法輪石の東1.8キロ。御勝山古墳(おかちやまこふん) 四天王寺-御勝山古墳…

  • 【御湯釜と湯立神楽】神様の湯上がり水 浴びて無病息災・五穀豊穣【千と千尋の神隠し・考】

    はじめに 鈴鹿峠の片山神社にお詣りすると境内に錆びて朽ちかけた #御湯釜。#湯立神楽 に使われる神器で貴重なものではないかと思い念のため地元の教育委員会に連絡。#湯立神事 #湯神楽 #神様の湯上がり水 #千と千尋の神隠し 目次 片山神社(三重県亀山市) 境内の御湯釜 延享元年(1744、江戸期)五月吉日 伊勢 鈴鹿郡 市野瀬村 奉寄進 神明宮 御寶前 伊勢 鈴鹿郡 沓?神村 享保二年(1717、江戸期)五月吉日 湯立神楽、ありがたき神様の湯上がり水 アラハバキ解 第38章公開 ヒスイのものづくり史(2)弥生時代、出雲と高志 本文 片山神社(三重県亀山市) 鈴鹿峠に近い片山神社。狛犬さんがいない…

  • 【四天王寺七宮の一社 久保神社】もうひとつの願成就宮 熊野大神の三柱 大岩小岩大明神

    はじめに あらためて四天王寺の東の神社史跡を周り始め。#四天王寺七宮 の一社 #久保神社。四天王寺建立に際して守護神として創建された社のひとつ。一帯が川底の窪地であったことからの名と伝承。謎の多いお社です #もうひとつの願成就宮 #熊野大神の三柱 #大岩小岩大明神 目次 四天王寺七宮 久保神社(大阪市天王寺区勝山) 久保神社境内社 願成就宮とイワクラ アラハバキ解 第38章公開 ヒスイのものづくり史(2)弥生時代、出雲と高志 本文 四天王寺七宮 以前紹介した記事。 久保の社名はこのあたりが川底にあたる窪地であったからと言われている(上町台地の故事と史跡を訪ねて 夕陽丘、より) 四天王寺七宮(右…

カテゴリー一覧
商用