searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

開物発事_かいもつはつじさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ものづくりとことだまの国
ブログURL
https://www.zero-position.com/
ブログ紹介文
縄文、弥生、古墳時代の謎。神社、遺跡、古地を辿り、忘れられた記憶、隠された暗号を掘り起こす
更新頻度(1年)

327回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2019/04/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、開物発事_かいもつはつじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
開物発事_かいもつはつじさん
ブログタイトル
ものづくりとことだまの国
更新頻度
327回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
ものづくりとことだまの国

開物発事_かいもつはつじさんの新着記事

1件〜30件

  • 【民のかまど】仁徳天皇が国見した方向 西か東か【東高津宮】

    先日紹介した産湯稲荷神社の西南の方角(徒歩で約5分)に東高津宮(大阪市天王寺区東高津町4−8)が鎮座しています。 東高津宮 もともと、現在の近鉄上本町駅のところに鎮座していたのですが、駅の拡張工事のため、昭和七年(1932年)、真北に約330メートル(三丁)の現在地に遷座したということです。 東高津宮 本殿 御祭神:第二十六代仁徳天皇、磐之姫命(いわのひめのみこと) (絵は、同じく仁徳天皇を主祭神とする高津宮(大阪市中央区高津1丁目)の絵馬堂に飾られているものです) 仁徳天皇と磐之姫命・民のかまど(高津宮・絵馬堂、大阪市中央区高津一丁目) 仁徳天皇は高津宮に都を置かれ大阪発展の基を築かれました…

  • 【古代の謎を繋ぐワンピース】眞名井の清水-産湯の玉之井-藤原氏の源流【産湯稲荷神社(2)】

    先日の続き www.zero-position.com 産湯稲荷神社 産湯玉之井 産湯稲荷神社の境内北側、小さな鳥居をくぐって下ったところに、産湯(うぶゆ)の名の由来となった、産湯玉之井という井戸があります。 産湯稲荷神社 産湯玉之井 ご由緒には、神代の昔、大国主命(オオクニヌシ)の御子・アジスキタカヒコネノミコト(味耜高彦根命、阿遅鉏高日子根神)が、味耜山あじすきやま(小橋山おばせやま、愛具目山あぐめやま)にやって来て、掘って湧いた泉を『日高の清水』『日高眞名井(まない)の清水』と呼んだのが始まり、と書かれています。 そして、はるか後の時代、大小橋命(藤原、卜部、伊藤、熊野別当九鬼氏らの祖)…

  • 【大阪・上町台地の龍穴】みず湧き、みどり濃い、街中の異空間【産湯稲荷神社(1)】

    産湯稲荷神社(うぶゆいなりじんじゃ)小橋公園に隣接。 大阪府大阪市天王寺区小橋町(おばせちょう)3−1 産湯稲荷神社 都会の中の不思議スポット? 産湯稲荷神社 鳥居そばのお狐さんとお狸さん お狸さんの方。。。うん、猫ではないです 天正年間、織田信長公の石山本願寺攻めの戦闘で、式内社の比売許曽(ひめこそ)神社の社殿とともに焼失したとされています。 産湯稲荷は境内の摂社で、現在地にその摂社が再建されたということのようです。 (比売許曽神社は東成区東小橋に遷座したとされますが、高津宮(高津神社)にも境内摂社があります。どちらも祭神は下照姫。オオクニヌシの娘です。) 比売許曽神社跡と桃山跡の碑 桃山跡…

  • 海に浮かぶドラゴン【古代上町半島 てっぺんは龍神の頭】

    縄文以来の日本列島の古代を考えるのに、大阪ほどわかりやすいところはないと思います。 私が全国どこでも遺跡や史跡をめぐる時、大阪で培った知識をベースに考察します。 何より一番に、考察しようとする場所の当時の地形(海抜)を想像します。 例えば、海岸線、段丘(高台、高丘)、弥生の海退で出現した平野(沖積平野)などです。 ***** 当ブログではたくさんの地図を紹介していますので、今日は、新しいツールで説明しましょう。 『地理院地図』というのですが、国土地理院のデータベースを使って、大阪を中心に標高を色別に示した地図を作ってみました。 ※グーグル等で『国土地理院 ⇒ 地理院地図』で検索できます ***…

  • 火と水と竈 『三方よし!』で安全第一・無病息災 キッチンと家族の健康を守る三面の神様 【三面大黒堂】

    三面大国堂 大提灯 緊急事態宣言の閉堂中(5月16日)で、御本尊を拝むことはできませんでしたが、四天王寺さんの三面大黒天像は、 正面に大黒天、右面に弁財天、左面に毘沙門天の顔を持っています 三面大黒天像(永代供養の看板) 三神一体・トリムールティ このような三神一体のイメージは『トリムールティ』といい、ヒンドゥー教の三神(ブラフマー(創造)・ヴィシュヌ(維持)・シヴァ(破壊))の概念がモデルになっています。 宇宙のサイクルを表しているといわれます。 大黒天はヒンドゥー教・三大神中、シヴァ神の化身、マハーカーラ(魔訶伽羅天、とてつもく大きくて黒いものの意。ブラックホール?)をモデルとした密教の神…

  • 【日羅公の埋葬地(2)】古代の行政区・難波の小郡とはどこか?★★【難波小郡西畔丘前】

    前回の続きです。 www.zero-position.com 『西畔丘前(西のほとりの丘の先っちょ)』は茶臼山古墳と書きましたが、では『難波小郡』とはどこなのでしょうか。 もちろん、古代に上町半島だった現在の大阪市内に小郡という地名は見当たりませんから、考察する必要があります。 難波小郡(なにわのおごおり)はどこか? まずは、今から約20年前、難波宮跡の発掘調査の現地説明会資料から抜粋しました。 史跡難波宮跡発掘調査(NW00-11次)現地説明会資料(平成12年11月)より 1、5世紀後半:大倉庫群がつくられ、以降、難波は外交・西国経営の要地となり、大郡・小郡・三韓館・難波屯倉などがおかれた …

  • 【荒墓、荒陵】日羅公の埋葬地、難波小郡・西のほとりの丘はどこか?★【茶臼山古墳】

    古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE 1400年前の古墳時代末頃、現在の大阪市内主要エリア(キタ・梅田、ミナミ・難波)は上町半島西側の「海底」でした。 飛鳥時代まで大阪の古代史は、瀬戸内海と(旧)河内湖に挟まれた、南北に長い柄のような上町半島(現・上町台地)が舞台でした。 難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)という飛鳥時代の都がありましたが、読んで時の如し「長い柄の(伸びる)先端にある宮)つまり、現在の大阪城から先のどこかにあったことが推定されます。現在、それが孝徳天皇(第36代、軽皇子)の前期難波宮跡と考えられています。ちょうど大…

  • 【六文銭・真田幸村の言葉(2)】武士があこがれた武士 つつじの如き真田の赤備え【茶臼山(古墳)古戦場跡】

    昨日の続きです。 www.zero-position.com 真田幸村公 ACより(ヨッシーさんの作品) 茶臼山に赤き旗を立て、鎧も赤一色にて、つつじの咲きたるが如し 茶臼山に赤き旗を立て、鎧も赤一色にて、つつじの咲きたるが如し 「真田は日本一の兵(つわもの)。真田の奇策は幾千百。そもそも信州以来徳川に敵する事数回、一度も不覚をとっていない。真田を英雄と言わずに誰をそう呼ぶのか。女も童もその名を聞きて、その美を知る。彼はそこに現れここに隠れ、火を転じて戦った。前にいるかと思えば後ろにいる。真田は茶臼山に赤き旗を立て、鎧も赤一色にて、つつじの咲きたるが如し。合戦場において討死。古今これなき大手柄…

  • 【六文銭・真田幸村の言葉】大坂夏の陣・最終決戦地【茶臼山(古墳)古戦場跡】

    通天閣 川底池 茶臼山古墳(茶臼山古戦場跡) 茶臼山古戦場跡 恩義を忘れ、私利を貪(むさぼ)り人と呼べるか。 「受けた恩義よりも、金や身分などの欲に溺れる者は果たして人と呼べるだろうか」という有名な名言です。 恩義を忘れ、私利を貪(むさぼ)り人と呼べるか。 幸村の父、昌幸は、武田家の家臣であり武田信玄とその子勝頼に仕えていました。千五八二年、勝頼は織田信長に敗れ武田家は滅亡します。昌幸は織田家に降伏し所領を安堵されますが直後に本能寺の変が起きて信長が殺害され、情勢は変わります。昌幸の上野国は徳川・北条・上杉の三大勢力に挟まれる地域で、三千人規模の兵しか動員できない真田家のみで勢力を維持するのに…

  • 【埋葬地の謎】天満・日羅公の碑 四天王寺・古代文字(日羅の言葉)の碑

    前回・将軍地蔵尊、日羅像(碑は昭和28年、像は制作年不明) www.zero-position.com 先日、ご紹介した肥後熊本生まれの日羅(にちら)公。 半島の百済(くだら)にわたって、王に次ぐ位・二位達率(だちそち)という大変高い位に出世した人で、 敏達大王(びだつ、第30代)の命令で583年に帰国し、河内の大王の宮に呼ばれ、新羅(しらぎ)に占領された(562年)任那(みまな)の復興策を求められた中で、 (以下は前回記事で紹介しなかった話です。) 『百済が筑紫(ちくし、九州)に侵攻する作戦をひそかに立てている』ことを暴露してしまい、お供の百済の役人、徳爾(とくに)・余奴(よぬ)にその場で切…

  • 【葛乳酸菌で豆乳ヨーグルト】デザートやめれば完璧?ダイエット食【もち麦フレーク】

    先日紹介した最近の私の朝ごはん。もち麦フレーク。 www.zero-position.com もち麦だけで牛乳ひたひたにして食べるものの 味がない。 食物繊維で朝食ダイエット(朝の血糖コントロールでその日の食欲を抑制)にはよいのはわかってるけど、少し飽きてきました。 で、いろいろ試行錯誤。 ちょうど、古代の食、葛(くず)のことを調べていたら、面白いものを見つけました。 www.zero-position.com 葛乳酸菌。ほうほう。種菌を豆乳に投入(笑)。で、ヨーグルトですか。 しかも吉野本葛だと。いいじゃぁ~ないですか。 何もなければ吉野に飛んで行くところですが、今は仕方ない。お取り寄せさせ…

  • 【発掘・EXPO70(14)】日本史 今ならあなたなら何を紹介したいですか?【日本館 日本の歴史展示】

    日本館 夜景 大阪万博期間中の人気投票では『国内パビリオン52館中、一位が松下館、二位が古河パビリオン、三位が日本館、四位が三菱未来館』となりましたが、ここでは三位に選ばれた日本館(日本政府館)の日本史(の紹介)について。 シンボルマークの桜の花びらデザインの建物で1~5号館の5つの建物で構成されていました。 それぞれの関心と所要時間に合わせてコースを選べる構造で、当時としてはざん新な設計だったと思います。 万博の桜のシンボルマークデザインのパビリオン コース案内 日本館パンフレット 1号館:日本の歴史の紹介(パンフレットのページ順) 縄文時代の紹介がありませんね。 弥生時代もはにわの展示だけ…

  • 【将軍地蔵尊(大阪市天王寺区上本町)】石碑に書かれた驚きの史実【日羅公の話】

    長らく大阪に住んでいて、地元の史跡には慣れ親しんでいるものの、それでも見落としていること、見落としていたことがあります。 あまりにも小さな『点』、それは『(歴史として)隠されているから』なのかも知れません。 日羅(にちら)という人物をご存知でしょうか。大阪市内には関連する史跡がいくつかあります。 以前から気になっていたので、手始めに、将軍地蔵尊(大阪市天王寺区上本町)にお参りに行ってきました。 名の通り、道中の地蔵堂なのですが、鳥居のない神社にも見える外観です。 将軍地蔵尊(大阪市天王寺区上本町8丁目9、石碑に書かれた小宮町は隣接地) 日羅の仏化像といわれる地蔵さん 縁起が書かれた石碑 石碑に…

  • 入社以来、在宅研修中の新卒次男 二男系ラーメンでキャリアアップ途上

    お題「#おうち時間」 キャリア・・・でスミマセンm(__)m 先日から、やけにアクセス数が多いなと思っていたら『はてなブログ』からの閲覧がトップになっていました。 ブログ開始1年ちょいで初のことですが、なんと!はてなブログのトップページで紹介されていたんですね。 ありがたや、ありがたや~招き猫さま。( ̄人 ̄) 働き場所ができるまで文字どおり充電中のルンバ君 でも少し不安になりました。二男が初月給で買ってくれたルンバ君、引越し直後のひっくり返った家の中では働き場所がないという話で、写真で見たまんま『(ルンバ君のおうち=)在宅ワークで充電中』と書いただけで、お仕事関係、ましてやキャリアアップのタシ…

  • 【ビルの谷間の小社】大阪 サムハラ神社 平野町護符所

    『無傷無病』『延命長寿』災難除けの御利益で有名なサムハラ神社さん。 岡山県の美作加茂(みまさかかも)百百(どうどう)出身の実業家、田中富三郎氏が1935年(昭和10年)に、故郷の日詰山で荒廃していた小社を再興するため、大阪市西区立売堀(いたちぼり)に建てたのが大阪・サムハラ神社。 八百万(やおよろず)の神々のご先祖様ともいうべき『造化三神』を御祭神に、戦前より災難除けでよく知られた神社です。 (造化三神;天御中主大神(アメノミナカノヌシ)、高皇霊産大神(タカミムスビノカミ)、神皇霊産大神(カミムスビノカミ)) www.zero-position.com 最近では、ネットの拡散で人気が過熱し、指…

  • 【葛城山麓の古代史(3)】笛吹連 火のプロフェッショナル 金属精錬加工集団【葛木坐火雷神社 笛吹神社(3)】★★

    このシリーズ1回目で、葛木坐火雷神社(かつらぎいますほのいかずちじんじゃ、通称は笛吹神社)のご由緒を紹介しました。 www.zero-position.com 葛木坐火雷神社 笛吹神社 本殿への石段 気になっているのが、次のあたり(ご由緒の開物の現代訳より一部抜粋) 当神社は元火雷神社(火雷大神)と笛吹神社(笛吹連の祖神・天香山命)の二社であったが、延喜の制以前に合祀されました・・・火雷神は火産霊神(ひのむすびのかみ)とも火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)とも云われるが、火を主宰する神で・・・天香山命は石凝姥命(いしこりどめ)とも云い、天照皇大神が天の岩屋にこもられた時、天香山の天波波迦木(あ…

  • 【発掘・EXPO70(13)】タイムカプセル 5,000年後の人類への贈り物【五千年前の列島は縄文中期】

    前回(松下館の紹介)の続きです。 www.zero-position.com 松下館の目玉は、斑鳩の中宮寺をモデルにした天平の景色でしたが、子どもの私が興味をひかれたのはタイムカプセル。 松下館パンフレット(当時)より 「未来に伝えたいモノ」の選定では、国内外(世界36ヵ国)の有識者に呼びたほか、国内で「五千年後の人類への贈り物」として12万通のアイデアを公募。その結果、自然科学・芸術・社会の三分野で2068点が収納されることになりました。 自然科学からは腕時計、小型カメラ、人工心弁、人工血管、植物の種子、避妊具、紙おむつなど、 芸術分野からは日本現代小説、わらべ歌のテープ録音、松下館の BG…

  • ルンバ君 在宅ワークで充電中

    大阪城 豊国神社 鳥居前のバラ 大阪城 豊国神社 鳥居前のバラ 4月の緊急事態宣言下、こまごまとしたものを新居に放り込みつつ、ゴールデンウィーク最終日に引っ越しが済みました。 最後はエイヤッ!で詰め込んだ段ボールが、廊下と各部屋に積みあがって行くのを目の当たりにして呆然としましたが、ほぼ数日をかけて半分ぐらいまで整理。断捨離がいかに甘かったかを痛感しています。 豊国神社 豊臣秀吉公像 新居は、以前より、大阪城や難波宮に近くなり、早朝に久々ウォーキング。景色を少し。 (後期)難波宮 太極殿跡 右の方に大阪城天守閣 難波宮 八角殿跡 鉄筋を覆うツル科の植物 大阪城 本丸の入口にあたる多聞櫓の鉄扉 …

  • 【飛鳥時代のスーパーマン】壬申の乱(672)で大活躍 縄文血統 国栖の海人族

    縄文時代以降、日本の歴史は、弥生 ⇒ 古墳 ⇒ 飛鳥 ⇒ 奈良時代と変遷します。 www.zero-position.com 古墳時代は物部氏が滅亡した『丁未の乱(587年)』とともに終わり、神仏混沌 の飛鳥時代が始まり、 www.zero-position.com 飛鳥時代は『壬申の乱(672年)』で終わり、天皇制と中央集権体制の奈良時代が始まりました。 奥明日香・入谷(にうだに、にゅうだに)からの視点 丁未の乱は、大阪に住んでいて、四天王寺さんをはじめ、戦いの歴史が刻まれた神社仏閣、史跡にふれて来たこともあり、それなりに考察もできるのですが、ヤマトを舞台にした壬申の乱の方は、あまり詳しくあ…

  • 【発掘・EXPO70(12)】中宮寺本堂をモデルにしたパビリオン【松下幸之助さんが投じた一石】

    大阪万博当時、大人たちの間で難しい議論が交わされていたようです。 曰く『日本万博は伝統表現を通して日本文化を発信するのか、世界の潮流、商業主義に乗っとって未来技術を発信するのか。』 世界の万国博覧会に付きまとう永遠のテーマのようですね。 もちろん当時子どもの私の関心は、古川パビリオンの七重塔や、お寺・神社のような松下館(現在のパナソニックグループのパビリオン)の建物ではありませんでしたが。 左)中宮寺本堂(現在) 右)大阪万博の松下館(当時) www.zero-position.com 松下幸之助さんが投じた一石 大阪万博に出展することにした松下グループ。 当初、現場は他の多くの企業パビリオン…

  • 令和二年 五月五日のいろいろ 日記雑記

    夜の住吉さん 参詣道と太鼓橋(境内は閉門中) 住吉大社は現在昼間も閉門中ですが、太鼓橋のある参詣道には行くことができます。 夜ランが習慣になった息子ら提供の写真より。 iPhone11の暗視モード、スゴいですねぇ。真っ暗の中の撮影です。 住吉大社 太鼓橋 住吉大社 正面鳥居 住吉大社 太鼓橋 住吉大社 手水舎 住吉大社 参詣道 灯篭 🎵ブンブンブン はちがとぶ いよいよ明日が引っ越しの我が家。 押し入れから出てきたモノで、最後に問題になったのが、阪神大震災(1995)の時に備蓄したカセットガスコンロ(未使用)他、エアゾール品が約20本。 調べると『使い切って』『危険なので穴開け不可』で廃棄する…

  • 【葛城山麓の古代史(2)】神社古墳と膨らむ古代妄想【葛木坐火雷神社 笛吹神社】★★

    前回からの続きです。 www.zero-position.com 奈良県指定史跡 笛吹神社古墳 笛吹神社(葛木坐火雷神社)の本殿の裏(西側)に、笛吹神社古墳があります。 笛吹神社 本殿 向こう側に笛吹神社古墳 説明板には6世紀築造の円墳で、玄室(古墳中央の安置室)に置かれていた石棺は家形で、 「蓋(ふた)の長辺にそれぞれ2か所の突起」 「蓋の長さ約2.1メートル、幅約1.25メートル、高さ0.6メートル」 「葛城地域屈指の後期古墳」となっています。 笛吹神社古墳 以下(久々、笑)。古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE 笛吹神社古墳におさめられて…

  • 【発掘・EXPO70(11)】大阪万博事件簿【始まったイベントと”超密”の時代】

    目が光る太陽の塔 後にも先にも、日本のイベント史で最大のものはEXPO70、大阪万博(正式名称:日本万国博覧会)でしょう。 1970年3月14日から9月13日までの半年間(183日)の会期期間に6,400万人。計算では1日平均35万人の入場者を大阪千里の会場に集めました。(会期終盤に60万人以上の人出で大混雑で親に反対され、行くのを断念した記憶があります) 今から考えると、当時の設備や技術で、大混雑が続くなか、よくぞ重大事故を起こさなかったものだと驚きを禁じ得ません。 とはいうものの、会場内では事件・事故がありましたので、少し紹介します。 太陽の塔・アイジャック事件(4月26日~5月3日) 赤…

  • 【葛城山麓の古代史(1)】大和三山を眺める丘から【葛木坐火雷神社 笛吹神社(前半)】

    笛吹神社の丘から東の大和三山を望む 昨年(2019年)10月、紅葉が始まる少し前、奈良県・葛城(かつらぎ)市、大和盆地の西側、葛城山の麓の丘に鎮座する葛木坐火雷神社(かつらぎにいますほのいかづちのじんじゃ)にお参りしました。 地元での通称は、笛吹神社(ふえふきじんじゃ) 神社の前の丘に立つと、大和三山、正面に形のよい畝傍山(うねびやま)、その奥が香久山(かぐやま)、左(北)に耳成山(みみなしやま)を眺望することができます。 葛城山の麓には、ここ笛吹神社のほか、一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)、高鴨神社(上鴨社)、鴨都波神社(下鴨社)など、日本古代史の始まりを考える上で、重要な神社のほか、古墳…

  • 【令和二年目】大阪城ブルーライトアップ/護摩行/巫女舞【願いはひとつ】

    2020年4月30日、大阪城ブルーライトアップ 長男と三男の夜中ランニングより。 大阪城ブルーライトアップ 大阪市広報HP(医療従事者に感謝の気持ちを表すブルーライトアップを行います!)よりコピペ 自らをリスクにさらしながら最前線でコロナウイルス感染症と戦う医療従事者に対して、感謝の気持ちを伝えようとイギリスではじまったものです。イギリスの国営医療サービスであるNHS(National Health Service)のシンボルカラーがブルーであることにちなんでいます。今年3月26日にイギリスで始まり、現在では世界各地に取り組みが広がっています 2020年5月1日朝 毎月1日、高津宮(高津神社)…

  • 季節の移ろい お寺のことば

    毎朝出勤の寺町筋に、ついに、あのアマビエさんが降臨!!(4月下旬撮影) (文字起こし)弘化三年(1846)肥後国(熊本)の海に毎夜光るものがあり、役人が確かめに行ったところ、海中に住む『アマビエ』と名乗る妖怪が現れ、当年より六年の間は豊作が続くが、病気が流行するので、自分の姿を写して人に見せるように、と告げて海中に消えたという。足元に届くほどの長い髪、鳥のようなくちばしを持った顔、首から下にウロコに覆われた魚のような体、そして三本足で立っています アマビエ御姿 大光寺さん(大阪市天王寺区下寺町二丁目) ご住職 親子二代競演 お言葉(4月上旬・中旬撮影) 我が家の菩提寺であります。 右はお父さん…

  • 夕陽の生國魂神社 生玉の杜 かつての蓮池の名残 えびす・べんてん 精鎮社

    織田作之助の像 生國魂神社(大阪市天王寺区生玉町)の北鳥居から入ると、複数の境内社が並ぶ「生玉の杜」には、織田作之助、井原西鶴の像、芭蕉句碑(菊に出て奈良と難波は宵月夜)があります。 生玉の杜(もり) www.zero-position.com 織田作之助像(生國魂神社境内)奥に精鎮社の赤い鳥居 (オダサク像・文字起こし)大正二年(1913年)10月26日生。大阪を愛し、三十三年の生涯は太くて短かかった。有名な「夫婦善哉」など多くの小説は、庶民の生活を題材にした。井原西鶴を師と仰ぎ、ジュリアン・ソレル(スタンダールの『赤と黒』の主人公)を友として上方文化の発展に大いに寄与された。生誕百年を祝し…

  • 【古代の薬・葛の話】入谷と吉野をつなぐ国栖人(くずびと)の道

    奥明日香 入谷(にゅうだに)の葛(2019年9月初旬) 昨年9月初旬に、奈良から大阪のあべのハルカス(大阪市阿倍野区)が見えるところとして、奥明日香の入谷(にゅうだに、奈良県高市郡明日香村大字入谷)を紹介し、古代のことを少し考察しました。 www.zero-position.com www.zero-position.com 奥明日香の伝承(言い伝え)では、入谷は「にう、丹生」、つまり、水銀のとれる所が地名の起源で、 ここには大海人皇子(おおあまのおうじ、後の第40代天武天皇)を支持する海人族が住んでいたと口承されています。 繁茂する葛(くず) 奥明日香 入谷(にゅうだに)の葛(2019年9月…

  • 【発掘・EXPO70(10)】マクド、ケンフラ、ミスド発展の基礎【私的おフランス料理の始まり】

    アメリカン・ファーストフードという黒船の来航 マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナッツ・・・ いずれも日本第一号店のオープンは大阪万博翌年の1971年。 それには理由があります。 万博会場には、各国政府館(パビリオン)のレストランのほか、飲食施設がありました。 中でも、アメリカン・パーク(コカコーラ館)やペプシ館(エキスポランド、遊園地)で提供されるアメリカンスナックは、混雑する会場で手軽に短時間で食べられること、何よりも、すきっ腹にガツンと来るおいしさのインパクトは大きく、この(会場での家族)体験が、日本のファーストフード業界の普及と発展の基礎になりました。 左:アメリカ…

  • 【発掘・EXPO70(9)】変貌する女性のライフスタイル【華ひらく美とファッション産業】

    EXPO70 会場コンパニオンさんたち 大阪万博では総勢3,000人のコンパニオンさんが活躍しましたが、それは、この国で普通の女性が普通に活躍する社会が始まる象徴的な出来事でした。 www.zero-position.com 女性が社会に進出することで美容やファッション産業が生まれ、急成長。 開幕日の様子を伝える新聞より 万博開幕前後の新聞広告 阪急 三越 美とファッションをテーマにしたパビリオン ファッショナブルな女性のライフスタイルを提案 せんい館 せんい館のコンパニオンの制服は『動き』を重視したデザイン 一館としては最多の種類 サンヨー館 未来の入浴・キッチンスタイル 古河パビリオン キ…

カテゴリー一覧
商用