searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hitomi_さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

本とゲームを愛するインドアなアラフォー。 特技は美容鍼(鍼灸師の国家資格保有)。生きがいは死にゲー。好きな四文字熟語は「晴耕雨読」。 読んだ本の記録や、迫りくる老化に抗う戦歴、氷河期世代が社会をサバイブすべく悪戦苦闘する様子などをしたためています。

ブログタイトル
東京隠者生活
ブログURL
https://hitomi-tokyolife.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
本とゲームを愛するインドアなアラフォー。 東京でひとり、隠者のように読書に耽る日々を綴っています。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/hitomisty
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422/
更新頻度(1年)

23回 / 42日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2020/12/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hitomi_さんの読者になりませんか?

ハンドル名
hitomi_さん
ブログタイトル
東京隠者生活
更新頻度
23回 / 42日(平均3.8回/週)
読者になる
東京隠者生活

hitomi_さんの新着記事

1件〜30件

  • 今読むしかない、未知のウイルスによる災厄を描いたSF小説『復活の日』

    『復活の日』 ご存じの方も多いと思いますが、1964年に書かれた小松左京さんのSF小説。 未知のウィルスにより、南極にいた人たち以外の人類が絶滅する話です。…預言者か!? ウイルスがあっという間に広がっていく描写はゾッとするし、「たかが風邪」、「たかがインフルエンザ」と言っている間に取り返しがつかなくなってしまうところがもう… 映画化もされているらしいので、政府はコロナ対策の諸々の要請をするよりも、いっそこの映画をテレビで流した方がみんな本気を出すんじゃないかというストーリーです。 (恐怖を煽ってしまってかえって悪い方へ行きかねないから、テレビでは放送できないかもしれないですけど。) ウイルス…

  • グリーンとスミレの春カラーに一目惚れ!ETVOSの『ミネラルアイバーム』と『ミネラルマルチパウダー』

    この春色に一目惚れ! ETVOSの 『ミネラルアイバーム』アクアシトラス 『ミネラルマルチパウダー』エアリーモーブ ミネラルアイバームは、単品で使ってニュアンスを出すこともできれば、他のアイシャドウの下地として使えたりもする大好きなアイテム。 そして、今回のアクアシトラスのカラーがものすごく好みのグリーン。 春=ピンク、じゃなくて、こういうのが欲しかったんですよー。 と言いつつ、ミネラルマルチパウダーの方はピンクのエアリーモーブを買ってますけど。 スミレみたいな紫がかった色なので、大人が使ってもしっくりなじみます。 ミネラルマルチパウダーは、アイカラーとチークとリップとして使えて便利。 しかも…

  • 『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』、そりゃ叩かれるよねという真実が面白い

    『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』 今回も面白く読ませてもらいました、ひろゆきさんの本。 ほとんどの人は、自分の仕事が「誰でもできる」ようになったことに気づかず、「専門性の高い仕事に就いている」と思っています。 お金のことを心配して、それで頭がいっぱいになっていると判断力が弱り、余計にカモられたり、損をしたりしやすいのです。 つまり、貧乏な人は色々考えているつもりでも、貧乏であるがゆえに間違った判断をしがちだということ。そして、その結果、どんどん貧乏になっていく 多くの場合において、成功者は「ただそこにいたから」という面白みもない理由で誕生します。でも、本当の成功話を語る人がほ…

  • THREEらしい精油の香りに癒される『バランシング トリートメント アイクリーム』

    ここしばらく使っているアイクリーム。 THREEの『バランシング トリートメント アイクリーム』 使用量の目安は片方の目元で米粒大なのですが、伸びがいいのでそれだと多いくらい。目の周りがクリームでちょっと白っぽくなります。 説明にマッサージの方法が書かれているので、マッサージしながら使うのにちょうどいい量なのかな。 THREEらしい精油の香りに癒されつつ、しっかり目元の乾燥ケアができます。 このパッケージのシンプルさもTHREEらしくてすごく好き。洗面所に置いておいても、ごちゃつかず落ち着いてくれる感じ。 店頭で目の前に置いてあるにもかかわらず、「アイクリームってありますか?」と店員さんに聞い…

  • 思っていたよりも、未来は案外明るいかもしれない『ビジネスの未来』

    『ビジネスの未来』 先日投稿した『人新世の「資本論」』が気になった方は、きっとこの本も好きだと思います。 ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか? 答えはイエス。ビジネスはその歴史的使命を終えつつある。 現在の状況は、低成長、停滞、衰退と表現されていますが、それは物質的貧困が社会からなくなった、ということであり、 この「成長が止まる状況」を「文明化の完成=ゴール」として設定すれば、日本は世界でもっとも早く、この状況に行き着いた国だと考えることができないでしょうか。 という、「なるほど、たしかに」と思えるようなところから始まります。 1.私たちの社会は、明るく開けた「高原社会」へ…

  • 温暖化対策で本当にやらなければいけないこととは?『人新世の「資本論」』

    『人新世の「資本論」』 私、「経済成長を続けながら温暖化対策ってできるの?」と前からすごく疑問だったのですが、この本で答えがわかりました。 …できないそうです。 温暖化対策として、あなたは、何かしているだろうか。レジ袋削減のために、エコバッグを買った?(中略) はっきり言おう。その善意だけなら無意味に終わる。それどころか、その善意は有害でさえある。 なぜだろうか。温暖化対策をしていると思い込むことで、真に必要とされているもっと大胆なアクションを起こさなくなってしまうからだ。 という、なかなか恐ろしい文章から始まります。 気候変動を止めるためには、 その際の変化の目安としてしばしばいわれるのは、…

  • これからどんな時代がやって来るのか?『「風の時代」に自分を最適化する方法』

    『「風の時代」に自分を最適化する方法』 西洋占星術で12月22日から風の時代に突入すると言われていたので読んでみた本。 これからの人間関係や、恋愛・結婚、仕事、お金がどうなるかだったり、12星座別の新時代の波に乗る方法など、一般的な占いの本よりボリュームがあって読み応えがあります。 風の時代を生きていく上で重要な指標は、 クリアかどうか 自分の色・個性を出す 体に経験を刻んでいく だそう。 これからどうなっていくかについては、なんとなく今もそんな気配はあるよねということから、意外と思うものまでいろいろで、 【それぞれが各々の結婚観・恋愛感・セクシャリティを生きる時代になっていく】 【特定の繋が…

  • 『一生お金に困らないクリエイティブな働き方』は、実は会社員でもできる働き方だった

    『一生お金に困らないクリエイティブな働き方』 会社員には無縁そうなタイトルですが、むしろ会社員にこそ必要な本です。 「クリエイティブに働く」とは、言い換えれば「他人や世間に流されず自分の頭で考え、動き、柔軟に新しいものを生み出す働き方」 だから、 「私の強みは誰とでもフレンドリーに話せることだから、明るく積極的にお客さまに声をかけるようにしよう」とか「初めての方にとってこの会議室の場所はわかりづらいから、先にわかりやすい行き方をお伝えしておこう」 こういう、状況に応じてベストな選択を自分の頭で考えて実行することも、クリエイティブな働き方ということになります。 そう言われると、「会社員でも参考に…

  • パケ買いが宿命づけられているKATEの東京ヲトギバナシ『トーンディメンショナルパレット』

    パケ買いー!…ガマンしきれず買ってしまいました。 東京ヲトギバナシ ✕ 月夜の竹藪 KATEの『トーンディメンショナルパレット』 アイシャドウとフェイスカラーとチークのセットです。1個にいろいろ入っていて便利。 っていうか、もうそんなことよりなによりこの見た目だけで欲しくなる!私の大好きな数量限定品でございます。 日本の昔話をKATEが再解釈すると、こんなに素敵なものが出来あがるそうで。「察し」ってなってると思いますが、これは「かぐや姫」。他には狐の嫁入りと鶴の恩返しもあります。 実際に使ってみると、すごく和っぽい色。緑は「若竹色」ですが、塗ると抹茶っぽい感じです。他の色も雰囲気がいい! この…

  • 髪の傷みがひどければひどいほどよさがわかる皮肉…Amatoraのトリートメント

    アマトラからアドベントカレンダーをいただいたので、毎日ちょっと楽しみにしながら開けています。 残すところあと1日と思うと、少し寂しい気持ちも。 さて、このアマトラ、サロン向けのヘアケアのメーカーなのですが、ここのトリートメントがめちゃくちゃいいんです。 以前もインスタに「これいいよ!」とアップしたのですが、そのときはダメージ補修力がなかなかいいというくらいの感想でした。 View this post on Instagram A post shared by Hitomi Kimura (@hitomi.kimura.1422) でも今月、カラーリングをした直後のバッサバサの髪に使ったら、カラ…

  • コンパクトでミニマムなメイクツールコフレ KOBAKO『スモール グッド メイクセット』

    KOBAKOのメイクツールコフレ『スモール グッド メイクセット』 かわいいし、なにげに便利! そして、あんまりコフレで見かけない組み合わせってところも新鮮。 アイラッシュカーラー(ミニ) アクセントブラシ ミラー 入っているのはこの3つ。 アイラッシュカーラーは限定デザイン。目尻のまつげだけカールさせたいというときに使いやすいミニタイプです。まつげに生えグセがある私は、クセの部分だけカールさせたり、逆さまつげをカールさせて目に入らないようにしたりと、かなり便利に使っています。爪切りぐらいのサイズなので、ポーチに入れても邪魔にならないのもいいところ。ただし、見た目に反してカール力がすごいので、…

  • ロクシタンの『ハピネススマイル シア ハンドクリーム』、ジンジャーエールっぽいいい香り!

    このハンドクリーム、買いだめ確定! ロクシタンの『ハピネススマイル シア ハンドクリーム』 ジンジャーの香りと聞いて、最初は「えー…(微妙)」と思っていましたが、実際に使ってみると「しょうが」ではなく「ジンジャーエール」っぽい、すごく好きな香り。ジンジャーシトラスの香りだそうです。 ロクシタンのハンドクリームだから、しっとりするのに全然べたつかないし、おまけにこんなにいい香りって…最高の存在じゃないか! 本格的に空気が乾燥してきたので、ハンドケアをもっとしっかりしなきゃなーと思っていたところでしたが、救世主が現れました。 数量限定だから、すぐに買いだめに行かなきゃ! ロクシタン(L'OCCIT…

  • ルールを無効化して、好きなように装いたい!『百女百様』

    『百女百様 〜街で見かけた女性たち』 人と違う格好をすることに抵抗はなく、というよりもむしろ好きな私。逆に、「女ならこういう格好を」とか「オフィスカジュアルなんだからこれ着て」みたいな決めごとがきゅうくつでたまりません。 というようなことを感じたことがある人なら、この本、ちょっと好きかも。 この本はファッションの本ではない。街を歩く彼女たちが未来永劫、その人生を終える日まで、益体のないジャッジに直面しませんようにと勝手に祈るための本である。祈りながら、「ああ、やっぱり、好きなように装うのはいいな」と噛み締めるための本である。 と書かれているように、オシャレな人を紹介しているのではなく、自由に装…

  • 我慢しすぎず頑張りすぎず、もっと自由に生きる『淡麗女子のススメ』

    『淡麗女子のススメ』 この本、いわゆる「目標を決めてそれに向かってガンガン進んでいく系」の自己啓発っぽい本はちょっとお腹いっぱい…、と感じている女子のみなさまにおすすめしたい本です。 ◎我慢しすぎる酸欠女子◎頑張りすぎる燃焼女子 それに対して淡麗女子とは、 一.美しく決断し行動している一.しなやかに自立している一.目に見えない価値を広げている そんな生き方をしている人。 人生に目標は要らない 女性として生きない 幸せを探した時点で不幸せになる 願望を書き出しても道は拓けない ゴール設定は不要 セルフイメージは低い方がうまくいく 遊んで暮らすだけでは幸せになれない 好きなことで仕事するという甘い…

  • 悩みの捉え方がガラッと変わる!?『女のお悩み動物園』

    『女のお悩み動物園』 悩んでいる人の特徴と傾向を動物になぞらえて、相談ごとを分類し、その悩みに対する考え方や解決方法を書いている本。 最初から読んでも、「これ、自分っぽい」と思った動物から読むのもOKです。 上のポジションのオファーを受けるかどうするか 平々凡々の変化のない生活をなんとかしたい 彼氏がいない女友達グループでの恋愛ダメ出しにイラッとする 友人に「貸したお金を返して欲しい」とどう切り出せばいいか 母親の干渉がうざい 仕事がAIに取って代わられるという危機感 など、お悩みはさまざま。 悩みに対する回答も、逆の立場から見たものや、悩みを俯瞰して見たうえで書かれていて、自分の視野も広がり…

  • ワンマイルメイクの日のクレンジングは、ヴェレダの『モイスチャークレンジングミルク』

    最近はワンマイルメイクの日が多くてメイクが軽めなので、落とす系のアイテムをもっと優しいものに変えたいなと思い、こちらを使ってみました。 ヴェレダの『モイスチャークレンジングミルク』 ダブル洗顔不要なので、日焼け止めしか使っていないような日は、夜のメイク落とし&洗顔はこれだけ。 使う前はちょっと落とす力が弱めかなと不安でしたが、まったくそんなことはなくて。たまに洗顔フォームや酵素洗顔を併用するくらいで十分そうです。 なにより、肌が乾きにくくなったのがいいところ。 朝の洗顔をビオデルマの拭き取りクレンジングに変えたときも思いましたが、肌の乾燥が気になるってことは洗い過ぎてたってことですよね… 肌へ…

  • 『最高の体調』を読んでベストコンディションを取り戻せ!

    『最高の体調』 「何の不調も感じることなく絶好調!」なんて日は、社会人になってからあったっけ? 残念ながら私はそんな覚えがないのですが、みなさんも毎日なにかしらの不調や不満ってないですか? そういうことを少しでも減らしたいなー、と思って読んだのがこの本。 鬱病、肥満、散漫な集中力、慢性疲労、モチベーションの低下、不眠、弱い意志力など、一見バラバラのように見える問題も、根っこまで下りてみれば実は同じもの。すべては一本の線でつながっています。そして、その線の正体を暴くカギが、「文明病」という考え方なのです。 そんな、文明病による不調を解決するための考え方がいろいろと書かれています。 おなじみの内臓…

  • 『心から望む人生を手に入れる時間術』で、もっとやりたいことに時間を使えるようになりたい

    『心から望む人生を手に入れる時間術』 コロナの影響で、基本的に毎日テレワークなんですが、時間が余るかと思いきや、通勤時間と同じくらいの時間をウォーキングにあてているため、残業のある日なんかは気づいたら仕事と家事で1日が終わってしまった、なんてことも。 もうちょっと時間の使い方を何とかしたいと思い、読んだのがこの本。 7月に購入して実際にあれこれ工夫をしてみたものの、やりたいことの優先順位が変わってきたので全面的に見直しを。 CHAPTER1 あなたにとって人生で大切なことを知る CHAPTER2 「しないこと」を決める CHAPTER3 やりたいことを全部やる時間術 CHAPTER4 理想を叶…

  • 最近のモーニングルーティンは『セラムスパオイル』でフェイスマッサージ

    最近の朝の日課は、美容オイルを使ったフェイスマッサージ。 と言えば聞こえはいいのですが、田中宥久子さんの造顔マッサージをガッツリやっているので、実際はモーニングルーティンなんて美しいものではなく、腕力で肉を動かして変顔を作るという荒々しいひととき。そうでもしないとアラフォーの老廃物は流れていかないし、肉は重力に屈服し続けるのでね。 そんなマッサージに使っているのは、スプリナージュの「セラムスパオイル」。 箱を開けた瞬間からふわっと漂うアロマの香りにも癒やされるし、このナチュラルでシンプルなパッケージも好き。 しかもこれ、スキンケアの最後に使えるのはもちろん、ヘアオイルとしても使えるし、なんと、…

  • 寿命を伸ばす画期的な方法がこれ!『睡眠こそ最強の解決策である』

    『睡眠こそ最強の解決策である』 睡眠不足で撮った写真は、8時間たっぷり寝た後で撮った写真に比べ、疲れている、健康状態が悪い、魅力がないと判断されたのだ。(中略)「美容睡眠」という概念の正しさが、ついに証明されたのだ。 これを読んだ瞬間、「睡眠時間の確保」が私の人生の優先順位の最上位に躍り出ました。 寿命を延ばす画期的な方法がついに開発された。しかも、効果は長生きだけではない。記憶力と創造性も向上する。外見も魅力的になる。余計な食欲がなくなり、スリムな身体を維持することもできる。ガンや認知症とも無縁になれる。風邪やインフルエンザも撃退してくれる。心臓発作と脳卒中のリスクも下がる。もちろん糖尿病に…

  • 「育ちの良さ」は今からでも手に入れられる『「育ちがいい人」だけが知っていること』

    『「育ちがいい人」だけが知っていること』 いい家に生まれないと「育ちの良さ」は身につかないと思っていましたが、「どなたでも、今からでも、手に入れることができます」と書かれていたら、ちょっと読んでみたくなる本。 靴の脱ぎ方や座布団の座り方など、普段なにげなくすませてしまっている行動から、手皿は上品ではない、箸袋で箸置きを作らない、など「そうだったの!?」というものまで、いろいろと書かれています。 その数、257項目! 今まで意識していなかった・よくわかっていなかったマナーは、この本でカバーできそうです。 特に食事のマナーに関しては、今までの人生で「なんとなくそれっぽくお茶を濁してきた」感があるの…

  • 『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』の女子の生き方の納得感がハンパない

    『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』 「…おや、私のことですね」と思って買って読んだ本。タイトルどおりの低スペック女子向け自己啓発本、兼、おすすめ本ガイドです。 女子の生き方についてのみならず、さまざまな有益な書籍の紹介もされている、1冊で2度おいしい中身で、次に読みたい本に付箋を貼っていったら20冊以上になってしまいました。 馬鹿ブス貧乏じゃない本好きの人も楽しめると思います。 全体を通して、「身も蓋もないけど同意せざるを得ない」と思わされる部分が多く、 金なんて、いくらあっても足りないのだから。人間の欲望を舐めてはいけない。 これなんて、今まで読んだ…

  • タイトルと裏腹な、バカじゃない人のための良書!『心がすーっと軽くなる バカという生き方』

    『心がすーっと軽くなる バカという生き方』 タイトルでゲテモノかと思ってましたが、これ、良書です! 著者曰く、 バカが大嫌いだった私が、さまざまな人生経験からバカの効用を書き、そこから派生するものの見方、考え方を提言してみた。 ということで、否定や中傷が飛び交うギスギスして不安に襲われた世界で、ありのままに自分らしくあるにはどうすればいいのか?そんなことが書かれています。 バカを演じると、意外と生き方が楽になる 要求の多いのび太がいることで、ドラえもんも自分の持つ能力を存分に発揮できる機会を与えられているともいえる。そういう意味では、持ちつ持たれつの関係なのである 自分がだれかを否定したり、バ…

  • About

    hitomi_ 本とゲームを愛するインドアなアラフォー。 特技は美容鍼(鍼灸師の国家資格保有)。生きがいは死にゲー。好きな四文字熟語は「晴耕雨読」。 現在のメインジョブはIT関係。秘書・社長アシスタント、人事労務などの経歴もあり。その他、セラピストとして働いたり、六本木で美容鍼灸サロンを開いていたこともあるという、いろいろとやっていた人です。 ブロガー歴は10年と、そこそこ長め。旧ブログは閉鎖してしまいましたが、続けていたおかげでこんなこともできました。 美容鍼灸サロンのPRの一環としてもブログを書き続けていたものの、仕事のために書くのがイヤになってきて、「趣味でブロガーをやっている者だ」と言…

  • 甘い香りに癒される、ukaのネイルオイル『24:45』

    空気が乾燥して、手や爪の乾燥も気になってきたので、ukaのネイルオイルでこまめにケア。寝る前にしっかりと保湿する重めのブレンドの「24:45」。 重めと書かれていますが、べたつきはほとんど気にならないので、夜のみならず日中も頻繁に使っていて、隙あらば爪の周りにコロコロ塗っています。ラベンダーとバニラとオレンジの甘い香りがものすごく好き♥以前、ほんのりバニラの香りがする「basic」を使っていましたが、24:45の方がしっかり香ってくれるので、癒され感がかなり増します。 香りも使用感もいいおかげで、使用頻度も増えていいことづくめ。爪周りのゴワゴワ感もだいぶ落ち着いてきました。 ウカネイルオイル2…

  • この労働時間の割り出し方、理想的!『自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ』

    『自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ』 この本で推奨されているライフスタイルは、自宅を中心として働くための、新しい形のスローライフ。ここに書かれている勝間さんの1日のスケジュールが、私の理想すぎて買わざるを得ませんでした。 新しいスローライフで最も大切なポイントが、心身ともに健康が維持できる余裕のある生活時間を差し引いた後で、適切な労働時間を割り出すことです。 1日24時間のうち、健全な心と体を維持できるだけの十分な睡眠時間と食事の時間、運動の時間、そして趣味の時間を天引きすると、働く時間は長くても6時間、できれば4時間ぐらいに抑える必要があることがわかります。 これよ、これ!働く時…

  • 言わずと知れた容姿の問題に経済学で切り込んだ本、『美貌格差』

    『美貌格差』 美人やイケメンは得、という、みんながよーく知っている事実に経済学で切り込んでいる本。 美形とブサイクではお金に換算していくら差がついているのか そんな差がつくのは一体誰のせいか そしてこの差別を解決するにはどうしたらいいか そんなことについて、けっこうストレートな表現で書かれています。 (直球さ加減は、表紙を見れば一目瞭然だと思いますが…) なので、そういった表現をそれはそれとして読める人にはおすすめできますが、失礼だ!と思ってしまう人はあまり読まない方がいいかもしれません。 特に終盤の「第8章 ブサイクを法律で守る」、第9章「ブサイクの行く末」などは、タイトルからして…まぁ、そ…

  • リアルで光学迷彩が見られるなんて!!『VR能 攻殻機動隊』の表現方法に興味津々

    VRで、能で、攻殻機動隊なんて、属性盛りすぎでしょ!という舞台を観に行ってきました。 その名も『VR能 攻殻機動隊』 …そのまんまです(笑) メガネをかけずに見るVRってどういうこと? 能で攻殻機動隊ってどんな感じなの? 3種類とも興味を持っている人ってどのぐらいいるんだろう? など、疑問だらけで行った私の感想を少々。 まず、当然といえば当然なんですが、基本的には能の舞台でした。 VRとか攻殻機動隊を目的としていた人は、がっつり能だったのでちょっとびっくりしたかも。 ただ、VRなので、「あれって本物なの?映像なの?」とか「攻殻機動隊に出てくる光学迷彩(姿が消える)じゃないか!」というシーンが散…

  • 氷河期世代は涙なくして読めない『アラフォー・クライシス 「不遇の世代」に迫る危機』

    『アラフォー・クライシス 「不遇の世代」に迫る危機』 この世代の人しか興味を持たなそうな本ですが、氷河期世代どストライクな私には、他人事と思えない内容です。 冒頭から、 40歳前後を迎えた「就職氷河期」世代の人々の平均給与が、その他の世代が同じ年齢だったときと比較して最大で2万円あまりも安いという実態をつかんだ (↑たとえ正社員であっても安いんですよ、これ!) という、研究者に「最初は計算間違いかと思った」と言わしめる、衝撃的な事実を突きつけられ、 アラフォー世代は生涯“貧困”が宿命づけられている など、その不遇ぶりといったらもう、涙なくしては読めないレベル。 「私たちはこの危機にどう臨めばい…

  • SATC熱、再び!『25年後のセックス・アンド・ザ・シティ』

    『25年後のセックス・アンド・ザ・シティ』 SATCにはまっていた同世代のみなさん、これ読んだ?SATCの原作である『セックスとニューヨーク』の続編です。なので、キャリー達が出てくる話ではないのですが、50代でシングルに戻った著者のキャンディスが、同じく50代の独身の女性達とまた恋愛ゲームを続けられるか否かを探求する物語。 SATCが好きだった人なら、きっと好きなはず。 そして、当時の熱がよみがえって、またSATCを観たくなること請け合いです。 原題は『Is There Still Sex In The City?(ニューヨークにはまだ、私がセックスできるチャンスはあるの?)』 数年前に、10…

カテゴリー一覧
商用