chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
東京美容生活 https://hitomi-tokyolife.hatenablog.jp/

東京のベイエリアで自由気ままに暮らしています。 ブログのメインテーマは読書と美容。また、エコ・サステナブルな暮らしや、ベイエリアの生活についても書いています。

東京のベイエリアで自由気ままに暮らす読書人。 平日はテレワークでIT系の仕事、休日は読書三昧なインドア派。 特技は美容鍼(鍼灸師の国家資格保有)。生きがいはゲーム。 ブログのメインテーマは読書と美容。また、エコ・サステナブルな暮らしや、ベイエリアの生活についても書いています。

hitomi_
フォロー
住所
東京都
出身
未設定
ブログ村参加

2020/12/06

arrow_drop_down
  • 「馬鹿ブス貧乏本」のおかげで増え続ける私の積読

    『馬鹿ブス貧乏な私たちが生きる新世界無秩序の愛と性』 「馬鹿ブス貧乏」は、前著の黄色本と水色本も読んでいたのでこちらも読まなきゃ、と思いまして。 今回は性がテーマだからピンク色だそう。 相変わらず「それ言っちゃいますか!?」という話が多くて面白いし、読みたくなる紹介文献も山盛りでした。 高齢者の性のあたりは特に知らないことが多くって、何冊か紹介文献を欲しい本リストに入れてしまいました。今ある積読が減ってきたら読もうっと。(←すでに購入済み。) もっとも、黄色と水色の「馬鹿ブス貧乏」のおかげで、積読がものすごく増えているので、いつ解消できるのかはわからないのですが。 読みたい本が常にあるって幸せ…

  • 幸せになるために日常に散りばめたいもの『Joyful 感性を磨く本』

    『Joyful 感性を磨く本』 喜びを感じるもの、 エネルギー:鮮やかな色と光 豊かさ:みずみずしさ、数の多さ、多様さ 自由:自然、野生、広々とした空間 調和:均衡、シンメトリー、流れ 遊び:円、球、泡のかたち 驚き:コントラスト、斬新 超越:上昇、軽やかさ 魔法:見えない力、幻想 祝い:同期性、きらめき、はじけるようなかたち 新生:開花、拡大、曲線 上はこの本で「喜びの美学」としてあげられている10個のものですが、これを読んでいるだけでも、なんだか幸せな気持ちになってきますよね。 私がベイエリアを好きなのも、自然とか広々とした空間だからだし、わかるなぁ。 巻末についている、喜びの美学を生活に…

  • 『菊と刀』の英語版だったら勉強がはかどりそう、と思ったけれど…

    『菊と刀』 本を開いて右のページが英語、左のページが日本語で書かれているので、英語の勉強になるはず、と思って読んでいる本。 「しかもあの『菊と刀』だし、これなら途中で飽きることもなさそう。よし、読むぞー!」とやる気になるものの、気づくと左ページ(日本語)ばっかり読み進めそうになってしまいます。 右ページもちゃんと読もうと思って見ていると、「明治維新って、The Meiji Reformっていうの!?リフォームなの!?」みたいな「知らなかった…」ってことばかりで、ちっとも先に進めません。脳内で劇的ビフォーアフターの曲とか流れてきちゃうし。 でも、やらないよりはマシなはず… 菊と刀 縮約版 The…

  • 遅々として進まない英語学習をなんとかしたくて

    『パンダで覚える中学英単語1000』 翻訳機能の進化を目の当たりにするたびに、「もう英語なんて勉強する気しない…」って思ってしまって、英語学習が遅々として進みません。 せっかく一時的に勉強をしても、何ヶ月も間が空いてしまって振り出しに戻るというのを繰り返しているので、今年の英語に関する目標は「毎日何かしらの英語の本を開く」にしました。 ハードルは低ければ低いほど続けやすいので。 これなら絶対読む!という予想は大当たり。笑 こういうネタに走っている系の本は大好物です。普通のテキストは面白くもなんともないけど、これなら「ちょっと開いてみようかな」という気になります。 当然といえば当然なんですが、中…

  • 『幼年期の終り』が面白かったので、今年はSF小説をもっと読もうと思います

    『幼年期の終り』 「日本の経営者はSFを読まないから日本でイノベーションが起こらない」みたいなことを、岡田斗司夫さんがYouTubeで話しているのを見かけて、「それはあるかも」と思ったので、何冊かSF小説を買いました。 かくいう私も、SFはほとんど読んでいなかったので。 買ったうちの1冊がこちら。『幼年期の終り』。 異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は? 巨匠が異星人とのファースト・コンタクトによって新たな道を歩みはじめる人類の姿を描きあげた傑作…

  • どのカラーを使っても目元に透明感が出る、ETVOSの『ミネラルクラッシィシャドー』モーニングクルーズ

    一目惚れして予約購入したアイシャドウ。 ETVOSの『ミネラルクラッシィシャドー』モーニングクルーズ。 このどう見ても透明感が出そうな4色に心を奪われて物欲センサーが反応し、なおかつ、商品紹介の「春の朝焼け」とか「春風のような抜け感」などの透明感あふれる単語たちにトドメを刺されて予約しました。 もちろん、実際に使っても最高です。 ETVOSの限定アイテム、毎年何かしらお気に入りが出てきて2個買いしているんですが、これも個数限定なので、もうひとつ買おうか真剣に悩んでいるほど好き。 捨て色もなく、どれを組み合わせても目元に透明感が出るし、締め色として使えるカラーが、ブラウンじゃなくてアプリコットオ…

  • 「ブルーゾーン」に住んでいる100歳人に学ぶ、健康と長寿の9つのルール

    『The Blue Zones 2nd Edition(ブルーゾーン セカンドエディション)』 長生きはしなくてもいいんですが、ずっと健康で、できる限り不調を感じない体でいたい。 と、歳を重ねるほど強く思うようになりまして。 そこで参考にしたいのが、沖縄やイタリアのサルデーニャ島など、世界5大長寿地域「ブルーゾーン」に住んでいる100歳人の生活。 世界の100歳人に学ぶ健康と長寿の9つのルールはこちら。 ルール1 適度な運動を続ける ルール2 腹八分で摂取カロリーを抑える ルール3 植物性食品を食べる ルール4 適度に赤ワインを飲む ルール5 はっきりした目的意識を持つ ルール6 人生をスロー…

  • 次々出てくる楽しみのために長生きせざるを得ない

    年末のドラマ「岸辺露伴は動かない」のラストを見て、「次のドラマではルーヴルに行くのか!?」って思っていたんですが、『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は、ドラマじゃなくて映画化だったんですね!楽しみー! しかも公開日は私の誕生日なので、私の中で有休取得が確定しました。 マンガは持っているので、映画を見る前に復習しておかないと。 写真は先月買っていたジョジョ関連本。 『岸辺露伴は倒れない』は、相変わらずの面白さ。マンガじゃなくて小説なのに、露伴先生の姿が容易に想像できるってすごい。 『JOJO magazine』のほうは、ボリュームが多すぎて、年末年始に読む時間が取れなかったので(休みが少なかったんです…

  • 今年は自律神経を整えて体調を安定させたい

    『かぢ習慣 自律神経と腸活で「なりたい自分」に』 気象病デビューしてしまったのをきっかけに、自律神経の乱れを整えることを意識しています。 この本を買った理由のひとつもそれ。 自律神経を整える生活習慣や食事などが紹介されていますが、難しい内容ではなく、私にでもできそうと思えることばかり。写真も多くて読みやすいです。 なにより、キレイな人と同じことをしたらキレイになれそう!って思えて、モチベーションを上げるのにうってつけ。 去年は季節の変わり目に体調が悪くなって本当に辛かったのですが、あの辛さは、 自律神経を整える 睡眠をしっかりとる の2点によってだいぶ軽減されるというのがわかったので、今年はこ…

  • 年齢を巻き戻してくれるみたいなスキンケアアイテム

    最近毎日使っている米肌のアイテム2品。 寒さで顔のコリと血流が悪くなったので美容鍼をしたところ、フェイスラインにひどい内出血を作ってしまったため、『肌潤トリートメントオイル』を内出血改善のためのマッサージを兼ねて使っています。 (冬は寒さで内出血率が爆上がりするから悲しい…) でも、オイルなのにものすごく浸透しやすいので、あんまりマッサージ向きではないんですよね。どう考えても、本来のオイル美容液として使うのが正しい使い方。 乾燥が気になるし、皮脂も昔より減ってる気がする、という方にオススメです。枯れた肌がよみがえります。 『つやしずく リップエッセンス ティント』の方は、明るさコントロールカラ…

  • 世界観のあるファッションに憧れる

    『0秒で選ばれる自分になる!世界観ファッション講座』 自分の世界観を反映したファッションができたらいいなー、と思って読んだ本。 ファッションについて、「流行を取り入れている」、「似合うアイテム選びが大切」といった意識で考えている方がすごく多いと思いますが、むしろ「自分を包んでいるパッケージデザイン」だととらえてください。 細かい理屈は抜きにして、「なんか好き!」と思ったときに、人の心は動きます。その感情を作り出すのが、「世界観ファッション」なのです。 たしかにその通り。 「世界感」を言語化する 伝えたい印象をデザインする 「自分の世界観」をファッションに落とし込む 世界観の作り方は、上の3ステ…

  • 今年もベイエリアで自由気ままに過ごそうと思います

    年明け早々、またスラムダンクの映画を観に。これで4試合目です。 3回目を観た後、これで終わりかなって思っていたんですが、今日から新しい入場者特典「安西先生タプタプステッカー」が配られると聞いて、映画館へ馳せ参じました。 何度観ても、2時間があっという間な面白さ。そして毎回泣ける… 単純な私は、映画を観るたびに「よーし、私もいろいろがんばろう!」って思ってしまうんですよね。 そして、やりたいことが多くなりすぎて、あっぷあっぷしております。AWSの勉強ももっとしたいし、いいかげん英語の勉強も進めたいし、ランニングやワークアウトの時間は今と同じくらい確保したいし、積読と積みゲーの消化もしたいし、今回…

  • 今の仕事を辞めずに、自分にあった仕事にデザインし直すには?『スタンフォード式 人生デザイン講座 仕事篇』

    『スタンフォード式 人生デザイン講座 仕事篇』 今の仕事を辞めずに、今の仕事を自分にあった仕事にデザインし直す方法って知りたくないですか? それが書いてあるのがこの本。 前著に『スタンフォード式 人生デザイン講座』があり、そちらはデザイン思考を使って自分の人生を自分でデザインする、というものでしたが、この本はその仕事版。 冒頭の、仕事を辞めずにデザインし直すための戦略は、 ①視点の転換&再出発 ②再構築 ③配置転換 ④再創造 の4つ。 今の仕事はイヤだけどすぐに辞めるわけにもいかない、という人は多いと思うので、上の4つに関する事例はすごく参考になると思います。 他にも、お金とやりがいどっちを取…

  • スラムダンクの映画を複数回観に行く人は『re:SOURCE』を読んでから行ってほしい

    今日、スラムダンクの映画(3回目)を観に行ってきたんですが、何回観ても「また行きたい!」って思ってしまう面白さ。 いいクリスマスイブになりました❥ 特に今回は『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』を読んで、映画の制作過程を知ったうえで観たので、「あの話ってこのシーンのことかー!」ってめちゃくちゃ楽しめました。 ファウル後のミッチーのしぐさについてとか、読んでないと絶対わからないようなことも書かれていて、そういうのを見逃さないように超集中していたので、3回目なのにやっぱり今回も一瞬で見終わってしまった感があります。 何回も観に行く人には、「読んでから行って!」と激しくオス…

  • 今年、気象病デビューしてしまいました

    『気象病ハンドブック』 わたし、どうやら今年、気象病デビューをしてしまったようです。 梅雨時と10月〜11月にかけて、全身倦怠感、吐き気、胃痛、寝ていても痛みで目が覚めるほどの首と背中のコリ、などなど、日によってすごく体調が悪い日があったんですよね。 元気な日もあれば急に具合が悪くなる日もあるし、病院に行っても特に問題はないし、何が原因なのかわからなかったのですが、もしかして気象病かな?と思ってこの本を読んでみたら、「まさにこれ!」という内容でした。 特に具合の悪い日は爆弾低気圧の日だったし、体調の悪い日にこの本に書いてある耳のマッサージなんかをすると症状が軽くなるので、まぁ間違いないな、と。…

  • NHKの受信料は『岸辺露伴は動かない』の制作費だと思っています

    『岸辺露伴は戯れない』 もちろんこの短編小説集も、週末に読んでいました。 年末の『岸辺露伴は動かない』のドラマに向けてアップを始めています。 幸福の箱 夕柳台 シンメトリー・ルーム 楽園の落穂 の4話。 どれも「岸辺露伴は動かない」ってこういうのだよね、というなんともいえない怖さがたまりません。もちろん、相変わらずの露伴先生っぷりも。 12月19日には、短編小説集の第3弾『岸辺露伴は倒れない』も発売予定で、年末までのお楽しみがまたひとつ増えました。うれしい♡ ドラマの元ネタはたくさんあるので、ぜひ来年以降も続けていただきたいものです。 もうずっとテレビなんて見ていないのに、NHKの受信料+BS…

  • ドラマが楽しみすぎて『岸辺露伴は叫ばない』を読んだ週末

    岸辺露伴は叫ばない 年末の『岸辺露伴は動かない』のドラマが楽しみすぎて、『岸辺露伴は叫ばない』を読んだ先週末。 2020年のドラマでやっていた「くしゃがら」が入っている短編小説集です。 くしゃがら Blackstar. 血栞塗 検閲方程式 オカミサマ 上記の5話ですが、小説になってもやっぱり露伴先生は露伴先生で、どれを読んでも「解釈一致」なんですよねー。 ドラマも見たいし、休み中に積読もまとめて消化したいし、いろいろな意味で早く年末が来てほしい! 岸辺露伴は叫ばない 短編小説集 (JUMP jBOOKS) [ 荒木 飛呂彦 ] www.nhk.jp

  • 『もし世の中から面倒な人がひとりもいなくなったとしたら』…最高でしょ!

    『もし世の中から面倒な人がひとりもいなくなったとしたら』 そんなの最高じゃあないか! と思って読みましたが、これ、役に立ちそう! 基本編として「面倒な人問題を解決に導く7つのステップ」が。そして応用編として、下記のキャラクター別の対処法が書かれています。 「時間や行動の自由を奪うタイプ」の面倒な人 「自尊心やプライバシーを侵害してくるタイプ」の面倒な人 「罪悪感なき同情や賞賛を強要してくるタイプ」の面倒な人 きっとみなさんもこれを読んで、「あいつへの対処法が書いてありそう」と、誰かを思い浮かべたのではないでしょうか。 では、人はどんなときにマイナスの感情が生まれるのか?(中略) それは、「自分…

  • 他人事ではなかった食料問題『そのとき、日本は何人養える?』

    『そのとき、日本は何人養える?』 日本だけでどれくらいの食料が生産できますか? 石油など化学燃料が安く手に入るなら、9000万人分くらいは大丈夫かもしれません。(中略)しかし、石油が高騰するなどで手に入りにくくなれば、3000万人も難しいかもしれません。 まじですか… ロシアのウクライナ侵攻、世界の異常気象、円安などの最近の事象を見ていて、「食料問題ってちょっとまずいんじゃないか」と思って読んでみたのですが、のんきに構えてる場合じゃないなと危機感を持ちました。 今の日本の人口が約1億2500万人なので、上のQ&Aのとおりであれば、何かあったら足りなくなるってことですよね。 気になったので直近の…

  • 「このままずっとひとりだったらどうしよう」と不安な人にオススメしたい本『孤独こそ最高の老後』

    『孤独こそ最高の老後』 孤独は社会問題、と言われたりしますが、40代で1人で生きている私としては、「身軽だし気楽だし、ひとりって快適!」としか思えないので、あんまり実感が湧きません。 そんな私がタイトルに惹かれて読んだのがこの本。 年とともに、しがらみが少ないほうが精神的にラクに生きられる そう!しがらみが少ないのがいいんですよ! 誰かと一緒に住んでいると、自分の行動にいちいち口出しされるけど、ひとりだったら何をしても何も言われない、っていう自由もありますし。 老後の生き方の基本は孤独だということに気づくと、付き合わなくてはならない人が極端に少なくなる 薄い関係の友達ならいつでもできる。軽い付…

  • くせ毛には『ラ・カスタ』の11番を

    ここ数ヶ月使っている、ラ・カスタのシャンプーとトリートメント。 アロマエステ ヘアソープ11とヘアマスク11。 この11番はうねり・くせ毛用なんですか、乾かしたあと、たしかに他のヘアケアアイテムよりクセがちょっと落ち着きます。 さすがに真夏は、湿度と汗には勝てずクセが出まくりでしたが、今の季節だったらそんなこともなくいい感じです。 人工的な香りキツめなコスメを使わなくなってからというもの、香りが強いアイテムを使うとむせるようになってしまったので、ラ・カスタの天然アロマのほどよい香りがちょうどよくて好き。 La Casta(ラ・カスタ) アロマエステヘアソープ11 300mlラカスタ La Ca…

  • 『水曜日は働かない』、私も同感です

    『水曜日は働かない』 タイトルに私も激しく同感で、この本を読む以前から、できる限り水曜日に有休・半休を取るようにしています。 ーーーーー 水曜日が休みになると1年365日がすべて休日に隣接するーーその真実に気づいた「僕」は「急ぎすぎ」で「がんばりすぎ」なこの国の人々に提案する。「水曜日は働かない」べきなのだと。毎週水曜日を「自分を大切にするための時間」に充てることにした著者の日常を綴った、笑えてそして思わず考えさせられるエッセイ集。 働かない、飲み会に参加しない等、何かを「する」でなく、「しない」ことから見えてくる幸福論、第一部「水曜日は働かない」(全13篇)。批評家として「テラスハウス」「大…

  • 自然寿命をすぎたら自分の楽しみを追求する人生を送った方が得。『40歳からは自由に生きる』

    『40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する』 人の自然寿命は38歳だそうです。知ってました!? どうりで40歳を過ぎてから、身体のあちこちにバグが起こってくるわけです。 そういえば、昔何かの記事で生物学者の方が、「動物は白髪が生えてきたらいつ死んでもおかしくない」という話をしていたので、人間も同じなんでしょうね。 そこで、この本では、 生物学的には、自然寿命を過ぎれば、残りは無駄な人生なのだから、好き勝手に生きたらいいと思う。(中略) 好き勝手に生きるということは、ムチャクチャ生きてもいいということではない。世間の常識に捉われないで、自分自身の規範を立てて、なるべくその規範を守って生…

  • 運動を続けていますが、一番効果を実感したいコレだけが何も変わらない

    『運動脳』 仕事で「コノヤロウ!」みたいな出来事があっても、仕事終わりにウォーキングに行くと気分がすっきりするんですよね。 ついでに、その日の肩こりと足のむくみも解消できていいことづくめ。 なので、運動の大事さはわかっているつもりでしたが、こんなに脳に良いことだらけなの?とびっくりさせられたのがこの本。 定期的に運動すると前頭葉が成長する ウォーキングにうつ病を防ぐ効果がある 食欲調整に運動が効く 体を動かせば集中力が高まる 週に3回、40分早足で歩くだけで脳の老化が食い止められ、むしろ若返り、記憶力まで強化できる 毎日、意識的に歩くと認知症の発症率を40%減らせる など、他にもいろいろ書かれ…

  • 秋っぽい香りのお香

    最近お気に入りの『香る線香』。 オスマンサス(金木犀)&フィグ(いちじく)の香りです。 朝、掃除をしたり、ヨガや筋トレをするときに焚いています。 この香り、すごく人気なのか、最近はお店でこれ以外の香りしか見かけないような気が。 うちのご近所のWTWに売っていたので、「今使ってるのがなくなったら買おう」と思っていたら、あっという間に店頭からなくなっていました… 秋っぽい良い香りなんですよねー。 売り切れるのもわかる。 カメヤマ 香る線香【オスマンサス&フィグ】お香 インセンス 大容量 Kameyama カメヤマローソク 亀山 日本製 フレグランス アロマ 瞑想 リラックス ヨガ シンプル スティ…

  • About

    hitomi_ 東京ベイエリアで自由気ままに暮らす読書家。 平日はテレワークでIT系の仕事、休日は読書三昧なインドア派。 特技は美容鍼(鍼灸師の国家資格保有)。生きがいはゲーム(特に死にゲー)。 現在のメインジョブはIT関係(AWS勉強中)。サブはフリーの美容鍼灸師とWEBメディアでのコラム執筆。秘書、人事労務などの経歴もあり、他にもセラピストとして働いたり、六本木で美容鍼灸サロンを開いていたこともあります。 ブログのメインテーマは、読書と美容。 また、少子化と高齢化の原因をひとりで作っている存在なので、せめて少しでも次世代に迷惑をかけまいと心がけているエコ・サステナブルな暮らしについてや、迫…

  • ミドル・シニア層にこそ必要な『キャリアをつくる独学力』

    『キャリアをつくる独学力 プロフェッショナル人材として生き抜くための50のヒント』 同じ会社に長く勤めている人や、ミドル・シニアといわれる年齢の人にオススメしたい本。 第1章 「仕事」と「学び」を根本から変える5つの大変化 ーーいま起きている変化と問題の本質 第2章 目指すは「キャリア」「仕事」「学び」3つの柔軟な自律性 第3章 独学力を高めるとは、どういうことか 第4章 一流の独学者の事例に学ぶ独学の作法と意味 第5章 自分自身の「専門性コンピタンシー」を強化せよ ※専門性コンピタンシー:自分の仕事の専門性へのコミットメントにより、高い成果を継続的かつ安定的に出すことのできる専門的知見、行動…

  • ベランダ菜園か、室内で水耕栽培か…悩ましい我が家のパーマカルチャー

    連休中にゆっくり読んだ『HONEY』 。 最近、自宅で多少なりとも自給自足できるようになりたいと思っていろいろ調べているので、テーマがパーマカルチャー(持続可能な暮らし方)なのはうれしい。 ベランダ菜園などについて書かれているのを見てしまうと、夢が広がりますね。 ただ、我が家のバルコニーはそこそこの広さはあるものの、北向きで夕方ちょっと西日が差す程度なので、植物を育てられるかと言われると微妙。 以前、室内で豆苗は育てられたので、同じように室内で水耕栽培の方がいいのかなぁと考え中です。 一緒に写っているのは予約特典の竹製のカトラリー。こういう持ち歩けるものが欲しかったんですよね。 ストローブラシ…

  • 必要なのは効率を上げることではなく、その逆だった 『限りある時間の使い方』

    『限りある時間の使い方』 効率のいい時間の使い方が書いてあるのかと思いきや、「効率よくあれもこれもなんてできないから、あきらめなさい」という本。 限界を受け入れるというのは、つまり「何もかもはできない」と認めることだ。 必要なのは効率を上げることではなく、その逆だった。 すべてを効率的にこなそうとするのではなく、すべてをこなそうという誘惑に打ち勝つことが必要だったのだ。 この本を読んで、「効率よく時間を使うことがいいことだ、って洗脳されていたんだなー。そもそも時間がないと悩むこと自体が間違いだったな。」と思わされました。 僕たちはみんな、テイラーが指摘するような過ちをあまりにも頻繁に犯している…

  • 美味しく可愛くゴミも減らせるセラミックコーヒーフィルター『Kinome』

    コーヒーの豆の香りが好きで、毎朝ドリップバッグのコーヒーを淹れていたんですが、ゴミの多さにちょっと罪悪感が… ゴミが出ないものがないか探していたところ、これを発見。 『Kinome』(木の芽)という名前の、紙のいらないセラミックコーヒーフィルターです。 植木鉢の部分にコーヒー豆を入れて、新芽にお湯をかけると、下のカップにコーヒーが出てきます。 気になるお味は、コーヒー素人のわたし的には特に問題なくいつものコーヒー。 舌が肥えている人だったらどう思うのかわからないですが、入れる分量さえ間違えなければ、みなさん「普通の味だ」って思うのではないかと。 その入れる量も、新芽の部分にコーヒー豆やお湯を入…

  • 湿度が高い日のボディケアは、ライトで爽やかな香りのアイテムで

    今年の夏にお世話になったボディケアアイテムは、SHIGETAのライトアップバスソルトとWELEDAのシトラスボディクリーム。 バスソルトはレモンとレモンヴァーベナの香りで、「このお湯に浸かれば浄化されそう」と思えるいい香り。 汗をかきたい、ではなく、浄化したいという目的で頻繁に使っていました。「しゃーんなろー!」みたいな出来事があった日とか特に。(笑) ボディクリームはライトな使用感とシトラスの爽やかな香りで、暑い時期でも使いやすいです。 暑い、というか湿度が高い期間は重めのアイテムって使いづらいので、さわやか、すっきり、ライト、みたいなものばかりになりますね。 今年の夏って、気温が高くてつら…

  • 40代以上なら共感すること間違いなし!『私ならではの方向に、私ならではのスピードで。』

    『私ならではの方向に、私ならではのスピードで』 40代以上の女性なら、共感しまくることうけあいな本。 貧乏暇なし 1日1ドジ 今さら妙な食い意地 負けてるよ、とっくに 結婚しないの? すっぴんモンスター 素敵に老いたい 年齢の重み 優しくできなかった 目次をちょっとピックアップしてみましたが、これだけでもう「私のことか?」と思えてしまう内容。 食い意地の話は、本当に自分のことのようで笑っちゃいました。 なぜか、歳をとるほど食い意地ってはりません?朝ごはんを食べた瞬間、お昼は何を食べようとか、まだ今日も終わっていないのに明日何食べようとか。 自炊してるからメニューを考えなきゃというのもありますが…

  • 「すぐに結果を出すのが正義」みたいな時代だからこそ、長期の思考と行動をしたい『ロングゲーム』

    『ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために』 この『ロングゲーム』で私が目指したのは、成功へのプロセスを「すべて明かす」ことだ。長期にわたる成功を達成するまでには、どんなことが待ち受けているのか。その現実を包み隠さず明らかにしたい。 (15ページより引用) そう、それが知りたい! 巷に溢れる成功者の本って、「ラクして短期間で1000万円稼ぎました」みたいなのばっかりで、実際のところどうなのよ?って思うことが多いですよね。 「すごく大変だったんです。寝る間を惜しんでブログを書き続けました。PDCAたくさん回しました。」みたいなことを書いていても、その人の売りがラクして稼ぐ…

  • カルテHD『全身用 高保湿ローション』で、今のうちからボディの乾燥予防

    このボディローションの登場、待ってた! カルテHD『全身用 高保湿ローション』 1年中ボディローションorクリームを使っていて、膝下とか腰回りとか、あと意外と足の甲が夏でも乾燥しやすい私。 真夏の凶悪な湿度が軽減されたとたん乾燥が気になってきたのですが、ヘパリン類似物質HD配合のこのボディローションがあれば、乾燥の心配はなくなりそうです。 昔、花粉のせいで肌荒れがひどくて化粧品が使えなかったときに、皮膚科のヒルドイド(ヘパリン類似物質)クリームにお世話になったので、信頼を寄せています。 べたつきにくさとのびのよさもちょうどいい感じで、夏は少なめ・冬は多め、というように使いわければ1年を通して使…

  • DAYLILYの『台湾仙草茶』で作るゼリーにハマりすぎて…

    別のお茶を買う予定だったはずが、「体の熱を取ってくれる」と聞いて衝動買いしてしまった、DAYLILYの『台湾仙草茶』。 だって、毎日暑いから… ほんのり甘くてちょっとだけ苦いお茶。 店員さんに「苦味が気になるようならはちみつを入れて」と言われましたが、なくても全然平気です。 お茶といっても中身はパウダーなので、お湯に溶かすだけ。茶葉が出ないので片付けがとてもラク。 おまけにこのお茶、このパウダーとお湯だけでゼリーが作れちゃうんです。 ゼラチンや寒天がいらないんですよ。なんてお手軽なの!そして美味しい! 唯一問題があるとしたら、ゼリーを作るときはパウダーを多めに使うので、すぐにお茶がなくなるとい…

  • 人を愛し自分も愛する鍛錬をしましょうか。『はじめての利他学』 

    『はじめての利他学』 人とのつながりについて考えさせられるこのご時世に、読んでみたくなった本。 利他って「(自分を犠牲にして)他人に尽くす」というイメージがあったんですが、そんな単純なものではないみたいです。 日本における「利他」の本質とは、自分と他者が深くつながることなのです。 (8ページより引用) すごくかいつまんで言ってしまえば、利他とは「人を愛し、自分も愛すること」。 エーリッヒ・フロムの『愛するということ』の引用をもとに、 「愛は誰かから与えられたり、自然に湧き上がってくるものではないので、頭で知るだけでなく鍛錬していかなければならない」 と書かれていたのを読んでハッとしました。 た…

  • 老化がゆるやかになると聞いて習慣づけたデリケートゾーンケア

    最近、スキンケアなどの諸々のお手入れがだいぶシンプルになってきているのですが、そんな中でも毎日続けているのがデリケートゾーンのケア。 デリケートゾーンのケアをすることで、ホルモンバランスの調整や免疫力アップ、老化がゆるやかになると聞いて、「これはやらなきゃ!」と続けているうちに習慣になりました。 ケアアイテムもいろいろありますが、最近お試ししたのは『フィンティメイトエッセンス』。 植物療法士の森田敦子先生監修のデリケートゾーン用ジェルです。 女性のカラダの働きをサポートする「ルブラボロン」が配合されているそう。 1回ずつのパックになっているので、お風呂上がりのケアがしやすく、1回に使う量がわか…

  • 老化するカラダに養生が有効『老いる自分をゆるしてあげる。』 

    『老いる自分をゆるしてあげる。』 今日、骨密度の測定をしたら、骨年齢50歳代という残念な結果が出ました…(私は44歳) 最近こういうハードウェア(身体)の不具合が多いので、老化とか死とかに関心があって、読む本もそういったものが増えてます。 こちらもタイトルのとおり、老化に関するマンガです。 ヒトの寿命の設定は50歳までという仮説があるとか、実はヒトの中に「老化のプログラム」があらかじめ入っていてそれに従ってるだけ、などの興味深い話からはじまり、骨・筋肉・感情の老化やその対処法が書かれています。 ◎老化するカラダに養生(生活習慣に気を配って健康を維持すること)は有効 ◎老化とは、自分が何を大切に…

  • 古い美意識をアップデート!『大人はもっと綺麗になれる』

    『大人はもっと綺麗になれる』 「若い頃に比べて、肌がくすんできたみたい」 「体重は変わっていないのに、体型が丸くなってきた」 「好きだった服が似合わなくなった」 …これらに心当たりがありまくりな、私たち大人向けの本です。 服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんが開催している「大人のビューティーキャンプ」のメソッドがたっぷりつまっています。 大人が綺麗になるためには生まれつきのDNAは関係ない 年の数だけ、歳をとる必要はない こんなに情報があふれているのに、美意識だけが古いままなんてもったいない あなた本来の美にたどり着くにはダイエットではなく服を着替えよう 「美人な雰囲気」をつくるのは、実はとても…

  • 怠け心に支配されそうなときに読みたい『新 自分を磨く方法』

    『新 自分を磨く方法』 気づいたら毎日同じことを繰り返してばかりで、「進歩してないなー、私」と思ったときに読みたくなる本。 自分を磨く方法50個が書かれていますが、ひとつひとつが1〜2ページと短いです。 でもそのシンプルで短い文章に、ハッとさせられるんですよね。 ・最善を尽くす ・変化をとりにいく ・人一倍努力する などは、「やってなかった…」と反省させられますし、 ・仕事を好きになる の中の、 では、どうしたら、仕事が好きになれるか?それは、どうしても好きになれない異性を好きになるのよりはずっと簡単だ。 (35ページより引用) には、ちょっと笑ってしまいました。たしかにそうかも。(笑) ちな…

  • JINSのメガネ、大人買い

    誕生日だからという言い訳のもと、5月に2本もメガネを購入してしまいました。 ちょうどいいタイミングで、JINSで使わなくなったメガネを持って行くと10%オフになるというキャンペーンをやっていたので、つい… 手前のメガネはフレームが小さめサイズで、ド近眼の私でも目があんまり小さく見えないというお気に入り。 奥のメガネは、前から気になっていた調光レンズにしてみました。紫外線が当たると色がついてサングラスになるレンズです。 色はグレイッシュパープルにしましたが、言われなければグレーだと思いそうな色。 色がつくといっても、目が透ける程度の濃さで真っ黒という感じではないです。 紫外線の量によって色の濃さ…

  • 「あの困った行動にはそういう理由があったのね」と納得できる本『老人の取扱説明書』

    『老人の取扱説明書』 都合の悪いことは聞こえないふりをする 突然「うるさい!」と怒鳴る。でも、本人たちは大声で話す 「あれ」「これ」「それ」が異様に多くて、説明がわかりにくい 自分の家の中など、「えっ、そこで!?」と思うような場所でよく転ぶ そんなに出るの?と不思議に思うくらいトイレが異常に近い などのお年寄りの困った行動。 どうしてこんな行動をとるのか、医学的背景に沿ってわかりやすく教えてくれるのがこの本。 姑が嫁の話だけ聞かないのは、本当に話が聞こえていない人が多いのだそう。歳をとって難聴になると、高い音、特に若い女性の声が聞きにくくなるそうです。 なので、会話をする時は、低い声で・ゆっく…

  • 自然の中でゆったり過ごしたいなぁ、という妄想がはかどる雑誌

    雑誌はかさばるのでなるべく電子で買うか、買うのをあきらめるようにしているんですが、海の写真があまりにも綺麗だったので買ってしまいました、『HONEY』。 自然の中で時間を気にせずゆったり過ごしたいなぁ、という妄想がはかどります。 というか、どうして世の中はどんどん便利になって労力がかかることが減っているはずなのに、いつも時間やらなにやらに追われるんでしょうね? もっと余裕のあるライフスタイルを送るためにどうすればいいか、日々模索中です。 雑誌を買った後、THE ALLEYでお茶しながら読んでいたんですが、ここのミルクティー、私の好みの味で美味しすぎました。 ブルーボトルコーヒートラックが名古屋…

  • 勉強する気を起こすために、ちょっとした贅沢をしてみる

    どうにも勉強する気にならないときは、ちょっと贅沢をすることにしています。 人間は得をするより損をする方がイヤ、という特性を利用して、 「学ばなければ稼げないぞ。収入が減るぞ。 こんな風にタリーズでテイクアウトすることもできなくなるけどいいのか?」 「イヤだー!勉強する!」 と、自分を奮い立たせています。 あとは、お金を使ったから稼がなきゃ、という気持ちにもなってやらざるを得なくなるという副次的効果もあります。 同じ本を何度も繰り返し読むのはあまり好きじゃないので、追加で買ってしまったAWSの本、『図解即戦力 Amazon Web Services のしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書…

  • プラごみを減らしたくて使っているアイテムたち

    東京湾のそばの運河沿いに住んでいるんですが、気温が高くなってきたら、川の水が赤茶色になってきました… 毎年これを見るたびに、いかに海と川の水が汚れているかを痛感するので、できるだけ環境に良い生活を心がけたいなと思っています。 海洋汚染の原因のプラごみを少しでも減らそうと、使っているのがこれらのアイテム。 ■ビーズワックスラップ オーガニックコットンと麻でできた生地を、ミツロウやホホバオイルなどでコーティングした天然素材のラップ。 普通のラップのように食器にかぶせたり、野菜を包んで保存したり、繰り返し使えるうえに用途もいろいろ。ミツロウのほどよいペタペタ感が、ちゃんとフタをしてくれます。 ただし…

  • 本日もブルーボトルコーヒートラック

    相も変わらず、ブルーボトルコーヒートラックに通っています。 豊洲での営業は今日までだったので、最終日の今日も行ってきました。 ブルーボトルコーヒー、ただでさえおいしいというのに、天気の良い日に外でまったりくつろぎながら飲むのはさらにいいもので。2ヶ月近く楽しませていただきました。 週1〜2回は行っていましたが、毎回ストージョ持参なので、多少はゴミを減らせているのではないかと。 「アイスコーヒーってなんでストローがついてるの?普通にカップに口をつけて飲めばよくない?ゴミも減るし。」 って思ってたんですけど、この間、飲んでいる途中で氷がカランと動いた瞬間、コーヒーがドバッと出てきてこぼして理解しま…

  • もうちょっとしっかり保湿しておけばよかった、というときに使いたい『米肌 肌潤 化粧水 ミスト』

    天気が良くない日は湿度が高く、天気が良い日は急に空気が乾燥したり、油断すると意外とすぐに肌が乾燥する今日この頃。 もうちょっとしっかり保湿しておけばよかったかも、というときにこちらを使っています。 『米肌 肌潤 化粧水 ミスト』 ライスパワーの米肌の製品なので、保湿成分「ライスパワー®︎No.11」が配合されています。 保湿ものといっても、重い感じのものではなく、さらっとしていてスーッと肌に入っていきます。肌にべたっと残るタイプは苦手なので、この使用感はかなり好き。 ミストが超微細なのでより浸透しやすいし、メイクの上から使ってもメイクが崩れることもないです。 顔から20cmくらい離してスプレー…

  • 美しくなるために必要不可欠なのは、容姿ではなく、マインド。『美人マインド きれいになる人の40の考え方』

    『美人マインド きれいになる人の40の考え方』 じつは、世の中の美人と言われている人の多くは「後天的美人」です。 後天的美人とは、さまざまな努力で自分の中にある美を育て、きれいになった人のことです。 美しくなるために必要不可欠なのは、容姿ではなく、マインド。(中略) 逆に言うと、マインドが備わっていなければ、いくら見た目を美しくしたところで、本当の美人にはなれません。 たしかに、世の中には容姿がものすごい美人というわけではないのに、なぜか「この人は『美人』な人だ」と認識されて丁重に扱われている人っていますよね。 そういう人って、自分が美人と扱われることを自然なこととして受け入れているように感じ…

  • 数回通うだけでカフェの常連になる人

    外でコーヒーを飲みながら、ぼんやり海を眺めたり本を読んだりできるのは今の季節だけなので、足繁くブルーボトルコーヒートラックに通っています。 どこの店でも言えることなんですが、ストージョのマイカップを持っていくと、数回行けばその店の常連になれます。 たぶん、「あのカップの人」って覚えられてるに違いない。 スタバにスタバのタンブラーを持って行っても印象は薄そうですが、ストージョはなかなか見かけなくてインパクト大ですし。 常連扱いされてみたい、という人におすすめです。 マイカップで割引になるし、ゴミも減らせて良いことずくめ。 輸入元直営店 全14色stojo(ストージョ)BIGGIE 16oz/47…

  • 香りに癒されるオーガニックコスメ『月桃 エンリッチ クリーミーシートマスク』

    琉白の『月桃 エンリッチ クリーミーシートマスク』。 店頭でちょっと試して気に入ってしまい、使ったこともないというのに箱で買ってしまいました。 そして、Biopleのムック本の付録についていると聞いて、ムック本も買いました。 シートマスク1枚の金額≒ムック本の金額、とお得だったので。 hitomi-tokyolife.hatenablog.jp 月桃、海ぶどう、ノニなど、沖縄の自然の恵みを濃密に含んだ美容乳液シートマスクです。 オーガニック認証取得のシートマスクなのですが、成分のみならず、シートもオーガニックコットンを使っているという徹底っぷり。 オーガニックコットンのシートマスクは初めてでし…

  • 『Biople Mook』でオーガニックコスメをいろいろお試し

    990円のシートマスクがついてくる1100円の『Biople Mook』、お得過ぎやしませんか? このムック本についてくる琉白のシートマスク欲しさに買いましたが、他にもパロサントスティックなど、試してみたいと思っていたアイテムが付録としてついていたので、さらにお得な気分。 次に買うヘアケアの候補も決められたし、満足満足。 ちなみに、付録は写真に写っていないものもあります。他にもいろいろついていました。 読みものも私の好きな雰囲気で、 見た目の美しさを作る、ある意味取り繕うのがアウトサイドケアだとしたら、内面から滲み出るその人のエネルギーや雰囲気を作るのがインサイドケアです。“自分らしさ”や“個…

  • 前向きなときもそうじゃないときも、少しずつ『私という植物を育てることに決めた』

    『私という植物を育てることに決めた』 嫌なことがいっぱいでも、毎日少しずつ、もっと素敵な自分を目指して、私という植物を、育ててみよう。 これを「セルフガーデニング」って呼んでいるのを見て、なんかいいなーと思って読んだ本。 誰かに見せたい姿は、着ている服ではっきりわかる。 でも、本当の姿は、しょっちゅう立ち寄る場所から見えてくる。 いつか」ではなく「今」やりたいことリスト 役に立たない物を捨てるように 役に立たない他人の言葉を捨てれば、 片付いた部屋みたいに心も人生も晴れ晴れ。 私たちはあまりにもくだらない理由で 好きなことをあきらめ、 あまりにもこっけいな理由で したくもないことを続けている。…

  • 海を眺めながらコーヒーを飲む春の休日

    買い物に行ったついでに、ブルーボトルコーヒートラックでラテとワッフルを注文。 美味しいラテと焼きたてのワッフルを堪能しながら、ぼんやり海を眺めるのはいい気分転換に。 お花見がしやすい気温になってから咲いてくれる桜もあったりして、こんな風にほどよく自然を楽しめる豊洲は好きな街。 デジタルツールから離れてまったりするのもいいなと思った春の休日でした。 ちなみに、なんでまったりしていたかというと、PS4のコントローラーの調子が悪いからです。 新しいコントローラーを注文したんですが、届くのが来週のためゲーマーらしからぬ週末を送ることに。 あぁ、早くエルデンリングやりたい!デジタルにまみれたい! sto…

  • 美容と健康によくて、しかもおいしい『glow juice stand』のコールドプレスジュース

    手軽にたっぷり野菜を摂りたい。でも、サプリメントは実は健康に良くないと聞いたし、どうしたものか… と思っていたときにハッと閃いた、コールドプレスジュースという選択肢。 真冬は体が冷えちゃうから敬遠していましたが、今の時期だったら大丈夫。 ご近所で買えないかと調べてみたら、有明ガーデンにTBCプロデュースの『glow juice stand』がありました。 なんで半分減っているのかというと、すぐに味見をしたかったのと、日持ちしないので買った後すぐに飲んだ、という理由です。 何種類か買って飲み比べているんですが、「コールドプレスジュースってこんなにおいしいの!?」とビックリするほどどれもおいしい。…

  • 引きこもって社畜とゲーマーをやっていたら、外には春もブルーボトルコーヒートラックも来ていた

    ここ2ヶ月ほど、家に引きこもって社畜とゲーマーをやっていたら、いつの間にか外は春が来ていたし、ご近所にブルーボトルコーヒートラックも来ていました。 豊洲公園で期間限定で出店しているそうですが、ここで提供しているアウトドアブレンドがコーヒーに詳しくない私でもリピートしてしまうおいしさ。 注文をしてから焼いてくれるリエージュワッフルもおいしくて、持ち帰るのをやめて近くのベンチで平らげてしまいました。 ラテは飲みきれなかったので、持ち帰って読書のお供に。 マイカップ・マイボトルを持参すると20円引きになります。 トラックでもマイボトル持参OKというのはうれしい。ゴミはなるべく減らしたいなぁと思ってい…

  • みずみずしくてベタつかない心地良い日焼け止め美容液、米肌の『肌潤 UVエッセンス』

    最近めっきり春めいてきましたが、気になるのが紫外線。 ちょうどいいタイミングで、米肌の『肌潤 UVエッセンス』をご紹介いただいたのでお試ししてみました。 ライスパワーNo.7や発酵ヒアルロン酸、米ぬか発酵分解エキスなどの美容成分が配合された日焼け止め美容液。なんと、美容液82%配合だそう。 さらに、紫外線吸収剤フリーだし、大気中のちり・ほこりなどを防いでくれるという、肌にありがたい日焼け止めです。 ほどよくトーンアップもしてくれるので、テレワークのときはこれで充分かも。 ファンデだと毛穴落ちが気になるので、こういうくすみをケアして肌を明るく見せてくれるアイテムの方が使い勝手がいいんですよね。 …

  • イクスピアリのタリーズで勉強に勤しむ週末

    最近の週末は、イクスピアリのタリーズで朝から勉強。 夢と魔法の国のお膝元なだけあって、魔法がかかるらしく、すごく勉強がはかどります。 その進捗たるや、「聖地」と崇めたくなるほど。 窓の外の景色(アンバサダーホテル)がいいし、広くて開放感があって居心地がいい、というのが理由だと思いますが、それにしても家で勉強するのと集中力がまったく違います。 今週末もAWSの勉強をしていましたが、この『図解 Amazon Web Servicesの仕組みとサービスがたった1日でよくわかる』という本、非エンジニア必読と書いてあるだけあってだいぶわかりやすい. 『AWSエンジニア入門講座ーー学習ロードマップで体系的…

  • 男らしさの呪いにかかっていた男とつきあっていたときの話

    『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』 10人の男性たちに仕事や生活、恋愛やコンプレックスなどについて様々な話を聞いたインタビュー集。 「男の考えてることはよくわからない」と思っている女性は多いと思いますが、この本でちょっとはわかるかもしれません。 一見「なんで?」って思えることも、こんな風に説明してもらえれば、ある程度はわかりあえそうなのに…、と思うのですが、当事者にちゃんと説明することってほとんどないですからね。人間関係って難しい。 これを読んでいて思い出したのが、昔つきあっていた人のこと。 昭和の時代の「男らしさ・女らしさ」で言われていたことのひ…

  • 最近使っているヴェレダのアイクリームとハンドクリーム

    最近使っているアイクリームとハンドクリーム。どちらもヴェレダのものです。 『ワイルドローズ インテンシブアイクリーム』は、軽めのクリームだけど物足りなさはなし。この時期でも、目元の乾燥が気になることはありません。 エイジングケアと書かれているけれど、20代が使ってもいいくらいのライトな使い心地。 若い頃からずっと使い続けていてよかった思うスキンケアアイテム1位がアイクリームなので、アイクリーム未使用の方にぜひおすすめしたい一品です。乾燥とか目の酷使とか寝不足のせいで現れる目の下の小ジワは、アイクリームでかなり軽減できるので。 『アーモンド ハンドクリーム』も、ハンドクリームとしては軽め。肌表面…

  • おばさんという呼称を再定義してくれる本『我は、おばさん』

    『我は、おばさん』 小説や映画の登場人物や実在の人物など、古今東西のおばさんを集め、善きおばさんになるには?、について語られている本。 「おばさん」は、我々よりも少しだけ力が強く、少しだけ前を歩いている年長の女性で、立ち往生する若者を見かけたら、やたら親切に世話を焼いてくれる。知力や財力や行動力、もろもろの不思議なパワーを行使して、その恩恵を下の世代に気前よく分け与えてやる。疾風のように現れて疾風のように去って行き、見返りは求めないが、お菓子のお供え物には無邪気に大喜びする。いつか私も、他の誰かの物語におけるそんな「おばさん」になりたい。 43歳の私は「おばさん」と呼ばれることに何ら抵抗はない…

  • 「いったい何から勉強すればいいの?」がわかる『AWSエンジニア入門講座ーー学習ロードマップで体系的に学ぶ』

    『AWSエンジニア入門講座ーー学習ロードマップで体系的に学ぶ』 ネットワークやサーバーなどについてあまり知識がない人(私)が、AWSの勉強をするのにいい本。 細々とAWSの勉強をしていたのですが、ネットワークやサーバーの知識が足りなくて、なかなか進まなかったんですよね。 今まで読んでいたAWSの本って、それらの知識があること前提で書かれているので、 わからないことが出てくる→別の本やネットで調べる→そこでまたわからないことが出てくる→それをまた調べる… をエンドレスに繰り返して、「いったい何から勉強すればいいの?(絶望)」ってなっていたので。 その点、この本は学習ロードマップがついていて進め方…

  • どうすれば人生100年時代をうまく生きられるのか?『LIFE SHIFT2 100年時代の行動戦略』

    『LIFE SHIFT2 100年時代の行動戦略』 人生100年と言われる時代に、 失業しないためにどのような能力が必要なのか? どうすれば、長く健康であり続けられるのか? どうすれば、誰もが長く働き続けられるのか? など、私たちが不安に思っていることに対して、どうすればいいか書かれている本。 テクノロジーが進化し、長寿化が進展するなかで、旧来の働き方、キャリアの道筋、教育や家庭のあり方は、ますます持続不可能に見えはじめている。そこで、これまでの行動を変える必要があるのだ。 職業人生で多くの移行が避けられない時代に、移行に必要なトレーニングをおこなう責任は、政府および企業から個人に移りつつある…

  • 歳のせいかと思ったら栄養不足でした…『その不調、栄養不足が原因です』

    『その不調、栄養不足が原因です』 私が貧血になる前に先に言ってよ!、と言いたくなることがいろいろ書かれていた本。 1階分の階段を上るだけで息が切れるなんて、どれだけ体力がなくなったんだろうと思っていたら、なくなっていたのは体力じゃなくて鉄でした。 鉄不足の原因に書かれていた、 肉や魚をあまり食べず、野菜中心の生活をしている ランニングなど激しい運動を日常的に行う がまさに当てはまっていて、「歳のせいかも」ですませずに、栄養不足を疑ってみるのも大事だなと痛感。 また、健康面だけではなく、美容についてのページもあります。 その章のタイトルが「老婆は一日にしてならず」で、かなりインパクトが強いです。…

  • 書くことの本質を考えさせられる『取材・執筆・推敲ーー書く人の教科書』

    『取材・執筆・推敲ーー書く人の教科書』 本書は「ライターの教科書」というコンセプトの下、執筆された。より正確に言うなら「もしもぼくが『ライターの学校』をつくるとしたら、こんな教科書がほしい」を出発点とする本である。 書くことを職業としている人はもちろん、これからそういう職業に就きたいと思っている人や、我流で書いている人、文章を発信している人に激しくオススメしたい本。 お恥ずかしい話なんですが、私がこの本を読んだきっかけは、速く書けるようになりたいからだったのですが、そういうことが解決できる本じゃないんです。 小手先のテクニックではなく、書くことの本質が書かれています。 鍛えるべきは「書く力」で…

  • エトヴォスの『ミネラルアイバーム』、「ロゼソーダ」は大人のブルベ肌向けのカラー

    テレワークがメインになってからというもの、購入するコスメはスキンケアばかりだったのですが、久々にアイカラーを買いました。 エトヴォスの『ミネラルアイバーム』。 カラーは「ロゼソーダ」です。 この青みピンクが可愛すぎる! と衝動買いしたのですが、ブルベの人によく似合う色でした。 オレンジ寄りのピンクだと、私の腫れぼったいまぶたがますます腫れぼったく見えるんですが、この青みピンクだとそんなことはなく。 がっつり色づかない大人向けな発色なので使いやすいです。 人によってはちょっと物足りないくらいかもしれません。 ささっと塗れるし、石鹸で落とせるし、すべてにおいて手軽なのがいいところ。 大人が使いやす…

  • 暮らしの質に目を向けたいなら、『本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし』

    『本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし』 先週switchを買ってしまいまして、余暇時間のすべてをモンハンライズに注ぎ込んでいます(笑) これはこれで大満足なんですが、ゲームをしつつも、もうちょっと生活の質も上げていきたいと思って読んだ本がこちら。 ◇日常を彩る心地よい住まいは「ありきたりの場所」でもつくれる ◇日本文化は「素」の文化。飾らぬ素朴さが思想になっていく ◇「簡素」と「余白」は別もの。余白があるものは飽きがこない ◇人生を豊かにしたければ、それまでの生き方を整理して隙間をつくる ◇優れたプロダクトは、使う人の人格さえもデザインしてしまう ◇陰影のある美しい暮らしのために灯り…

  • ちょっと憧れる生活?『シンプルに暮らそう!ソロー『森の生活』を漫画で読む』

    『シンプルに暮らそう!ソロー『森の生活』を漫画で読む』 ヘンリー・デイヴィッド・ソローによって書かれた『森の生活』…のマンガ版。 「シンプルに生きたい」と思っている人、自然が好きな人、忙しくて原作を読む時間がない、という人におすすめです。 『森の生活』は、ウォールデン湖に接する森で自給自足の生活を送り、本当に必要なもの以外すべてを捨ててシンプルに、自然と一体になって暮らす。こうしたソローの生活を「ひとつの実験」と考え、日記に詳細な記録として残した作品。 こう聞くと、今で言うところのミニマリストっぽく聞こえますが、ミニマリストというよりも、本当にすべてを削ぎ落として、自然を感じ、自然と一体化した…

  • 10年前の本だけど、これからの働き方の参考になる『ワーク・シフト』

    『ワーク・シフト』 『ライフシフト』の著者のリンダ・グラットンさんにより、ライフシフトよりも前の2012年に書かれた、働き方の未来についての本。 10年前の本だというのに、かなり現状に近いことが書かれていてびっくりします。消費からシェアへ変わるとか、リアルの付き合いが減って孤独を感じるとか、先進国にも貧困層が生まれるとか、みんなが自分のホームページを持つようになるとか(ホームページではないけれど、大多数の人が何かしらのSNSで発信してますよね)。 しかも、未来の仕事で必要な3種類の資本は、 1.知的資本 知識と知的思考力。 広く浅い知識を持つのではなく、いくつかの専門技能を連続的に習得していか…

  • フェミニスト関連のモヤモヤを、すっきり整理して言語化してくれている本

    『フェミニストってわけじゃないけど、どこが感じる違和感についてーー言葉にならないモヤモヤを1つ1つ「全部」整理してみた』 「これ、ちょっとおかしくない?」と思ったときに、「フェミニストってわけじゃないけど」と前置きをするのは、 日常生活のなかで自分を守るためにも、自分はフェミニストだとは口にしにくいのだ。フェミニストと自称したとたん、『大げさで面倒な人』にされてしまう。 これが理由って、本当によくわかります。この手の話題がすぐに「男vs声のデカい女」みたいになってしまうのって、なんでなんでしょうね? といっても、この本は決して男性を非難しているのではなく、「男の方がもっと大変だ」と言うなら変え…

  • 環境に優しいのに洗い上がりはスッキリ!「みんなでみらいを」の『米ぬか酵素洗顔クレンジング』

    これ、肌がスベスベになってすっごくいいです! 「みんなでみらいを」の『米ぬか酵素洗顔クレンジング』 ◇W洗顔不要でクレンジングと洗顔が一度にできる ◇洗い上がりは肌のざらつきがなくなって本当にスベスベ ◇洗い流した排水は有益な微生物が分解してくれて、排水管も川もキレイになる と、何から何まで文句ナシの逸品。 すっきりスベスベになるので、背中のベタつき対策にも使っています。なのに、肌が敏感な私でも使える優しさというのもいいところ。 あと、これを使い始めてからニキビがかなり出来にくくなりました。 環境に優しいのに化学物質満載のコスメよりも効果が感じられるなんて、もうこれを選ぶしかないでしょう。 米…

  • やりたいことは「記録」が叶えてくれる?夢を叶えるための記録術ってどんなもの?

    『記録するだけであなたの夢が10倍叶う!夢を叶えるドリームマネージャー手帳』 もうすぐ12月も終わり。手帳も切り替えたし、来年の目標はどうしようかな?と考えている人にぴったりな本。 【やりたいことは「記録」が叶えてくれる】 そのための記録の方法を教えてくれる本です。 その記録術はとてもシンプルで、 叶えたい未来をイメージする 逆算して未来計画をつくる 成長を楽しみながら行動する というもの。 こういうのって年末年始にじっくり考えたくなりますよね。 叶えたい未来をイメージするために作る「未来予想図」の8つのカテゴリーがこちら↓ ◆基礎レベル→ココロとカラダの健康 健康・美容▷未来のあなたの理想の…

  • 『これってホントにエコなの?』という疑問に答えてくれる本

    『これってホントにエコなの?』 環境に配慮した生活をしたいけど、「これってエコなの?」って思うことってあリますよね? その疑問に答えてくれている本がこちら。 今、「環境にいい生活って、たいていお金がかかるからうちはムリ」と思った人、ちょっと待ってください。 本書でご紹介するような変化を取り入れるうえで、自分を「活動家」だと考える必要はありません。たとえその動機がお金を節約するためであったとしても(そうであってもまったく問題はありません)、その行動は私たちの地球を守る助けとなります。 とあるように、電気代や水道代などの節約目的で読むのにもおすすめしたい本なんです。 ◇コンロは、ガス式と電気式のど…

  • 「風の時代」に対してモヤっとしている人へ『200年先の星読み STAR INNOVATION』

    『200年先の星読み STAR INNOVATION』 去年の今ごろ、「土の時代が終わって風の時代がスタートする」って、すごく言われてたじゃないですか? でも、「風の時代は組織や会社よりも個人。独立したり個人で仕事をする時代になるぞ。個性的に生きよう。情報や人脈を大事にしよう」みたいに、起業や独立、フリーランス推しをされても…できない人はどうすればいいの?って思った人も多そう。 かくいう私も個人事業をやってみて、自己アピールとか人脈を作るとか、自分で仕事を取るということがすごく大変だし好きじゃないというのを痛感したので、「風の時代って、就職活動で自己PRが苦手だったタイプの人にとっては、すごく…

  • 海洋汚染を防げる洗濯ネット『FIBER HOLD BAG』は、一緒に洗った他の服に繊維がつくのも防いでくれる優秀アイテムだった

    ニットとかネルシャツとかパーカーとか、冬物の服って洗濯すると、やたら毛とか繊維が出てきません?一緒に洗った他の服にくっついて、コロコロを使わないと取れなかったりするのがストレスなのは私だけでしょうか? しかも、プラスチック由来の繊維って、洗濯することで海まで流れて海洋汚染の原因のひとつになっちゃうんですよね… ということで、最近は洗濯で出る繊維くずの流出を抑えてくれる洗濯ネット『FIBER HOLD BAG』を使っています。 これ、細かい網目が繊維くずをキャッチしてくれて、他の洗濯物に繊維がつくことがなくなるんです。かなりストレス軽減! 繊維くずが衣類につかない二重のネットになっていて、洋服と…

  • 来年の目標を立てる前に読みたい本『がんばらない戦略』

    『がんばらない戦略 99%のムダな努力を捨てて、大切な1%に集中する方法』 「はじめに」よりも前のページに、 努力しても報われていない、すべての人へ と書かれている、なかなかインパクトが強い本。 努力・気合・根性という精神論でなんとかしようとするのではなく、習慣化やしくみづくりで結果を出そう、という内容です。 ステップ1 意思の力には限りがある ステップ2 発想を転換する ステップ3 シンプルな習慣ときっかけを決める ステップ4 無意識の力を引き出す ステップ5 習慣になるまではご褒美を用意する ステップ6 やろうと決めたことは宣言して予約する ステップ7 一定のリズムで同じ行動を繰り返す ス…

  • 最近お気に入りのオーガニックコスメたち

    ukaのネイルオイル『24:45』が欲しくていくつかお店を見て回ったのですが、なぜか24:45だけが売り切れていて… もう他のにしようと思っていたときに目に入ったのが、ドクターブロナーのオーガニックバーム。 顔、体、唇、爪、髪の毛先など、ひとつであらゆる保湿ケアができるという便利なバームです。 このブラウンのケースはサンダルウッド&ジャスミンの香りなんですが、「サンダルウッドってジャスミンと出会うとこんなにいい香りになるの!?」という、ものすごく好きな香り。この香りのおかげで頻繁に使いたくなります。 おまけにこのバーム、かなりベタつきが抑えられていて使いやすい! 持ち歩きもしやすいサイズなので…

  • 人生はプロジェクトではなく“物語”『世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない』

    『世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない』 タイトルにフィンランド人とありますが、本の中の主語は「フィンランド人」ではなく「人間」で、哲学っぽい内容です。本のタイトルや表紙の雰囲気から「ヒュッゲ」などのほんわか系を想像していると、かなりびっくりさせられます。 著者は、フィンランド出身の「人生の意味」の問題を専門とする、哲学者、心理学研究者だそうで、そこからこのタイトルがつけられたのかな、と思います。 第1部 人間はなぜ人生に意味を求めるのか 第2部 人生の意味とはーー新時代の視点 第3部 より意味深い人生のために ヒュッゲだと思って読み始めてしまうと読了までが苦行になりますが(笑…

  • 乾燥肌の私が1年中手放せないクレンジング水『イドラビオ エイチツーオー』

    ビオデルマのこのキット、大きいのも小さいのも、どちらもクレンジング水でした。 小さい方はローションかなとか思っていたのですが、クレンジング水が欲しかったのでむしろありがたい。そして、大きいサイズは使うとき、けっこう重たいです。 ここ数年、朝の洗顔はこの『イドラビオ エイチツーオー』のクレンジング水。 別のものを使うと、夏でも肌の乾燥が気になるんですよね。 乾燥に悩んでいる人には、すごくすごくおすすめしたいアイテム。 【ビオデルマ 公式】 クレンジング イドラビオ エイチツーオー 500mL 100mL パーフェクター 5mL(サンプル)ハイドロキット クレンジングウォーター メイク落とし 化粧…

  • クリスマススワッグとアドベントカレンダー

    クリスマスっぽい飾りが欲しくて、スワッグを買いました。 どこにつるそうかと思っていたら、いい場所を発見(笑) 近くにいると、ほんのり緑の香りが。 ガラスや陶器をすぐに割ってしまうクラッシャーな私は、持っていたガラスのツリーのオーナメントも壊してしまったので、今年はこのスワッグといただきもののアマトラのアドベントカレンダーでクリスマス気分を味わおうと思います。 どちらも落としても割れないから安心(笑) アマトラといえば、今年使った『アマトラ メゾフォルテ』のヘアケアが、今まで生きてきた中でぶっちぎりの1位だったことが印象的なブランド。 ↓感想はこちらに書いています。 hitomi-tokyoli…

  • 『日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術』のおかげでクリーニング代が浮きそう

    『日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術』 「ドラム式洗濯機が欲しい。でも高い…」と、買おうかどうしようかずっと悩んでいたのですが、この本を読んで買うのをやめました。 タテ型の方が洗浄力に優れているそうです。 普段なんとなくやっている洗濯。この本のタイトルどおり、実は間違いだらけでした。 私だけじゃなく、たぶんみなさん間違ってます… というぐらい、一般的に言われていることは間違いだらけ。 洗剤を多めに入れると、汚れが取れやすい 洗濯機には『洗濯物→水→洗剤』の順番で入れる 温かいお風呂の残り湯を使うほうが、キレイになる 洗濯物は、日光に当てて干すのがいちばんだ これ全部×だそうです。どの…

  • 今年のうちに。「やりたいことリスト」を実行中

    師走といえど、私自身はいつもどおりヒマを持て余しているので、今年のうちにやりたいことリストの項目を減らそうと思い、あれこれやっています。 リストのひとつに「billsで朝食」があったのですが、家からお台場のbillsまで歩いて行けることがわかったので先日行ってきました。 お台場の開放感とか、店内の雰囲気がたまりません。 言うまでもなく、ごはんもおいしかった。 (ただし、サイドメニューを頼まないとちょっと足りないかも。) お台場や舞浜のクリスマスを楽しむという、いかにもやりたいことリストっぽいことから、コンタクトを買い換えるみたいな「…いい加減やらねば」ということまで、まだいくつかやりたいことが…

  • 料理嫌いとダイエッターに激しくオススメしたい大豆ミート。ソイクルの『発芽大豆フレーク』

    この大豆ミート、おいしいし、使うのがすごく簡単で最近ハマっています。 ソイクルの『発芽大豆フレーク』 水戻しが不要で、そのままかける・まぜる・あえる、という使い方なので、料理嫌いの私でもこれなら使おうという気になれます。 しかもこれ、食べると「ひき肉」! 黙って出されたら、普通にお肉だと思ってしまう味と食感。 寒いし、献立を考えるのがめんどくさいし、野菜が全然使いきれないという理由から、最近スープや煮込み料理が多くなっているんですが、頻繁に続くと飽きてくるんですよね。そんなときは、これを入れて肉感を堪能しています。 食べてる途中で「もっと食べたい」と追加できるのもいいところ。本物のお肉だとそん…

  • これ、なんの本なの?『宇宙人が教える ポジティブな地球の過ごし方』

    『宇宙人が教える ポジティブな地球の過ごし方』 タイトルを見て「何の本?」って思って買っちゃいました。 「波動が上がる」と書かれているのを見て、わかる人はすぐにわかると思いますが、一言でいえばスピリチュアル本です。 でもこの本、たとえや説明がうまくて、スピリチュアルはちょっと…と思っていても、やたら内容がしっくりくるんです。 君のあり方が変わると現実も変わってくるんだ。 (中略) コロナ禍中の「マスク」に対する反応も、その人のあり方で変わってくるのはわかるだろう?人によっては、政府に支配されて強要されていると捉える人もいれば、シートベルト着用みたいな感覚でいる人もいる。 その人のあり方で、どう…

  • 唇が若返って見える!米肌の『つやしずく リップエッセンス ティント』

    この米肌のリップ、唇が若返って見えるんですけど! 『つやしずく リップエッセンス ティント』 美容液・ティント・口紅下地として使える、日中用の美容液ティントリップです。 たぶんこれ、同世代かそれ以上の年齢の人にしかわかってもらえないと思うんですが、独自の「明るさコントロールカラー成分」のおかげで、今現在のくすんだ唇が、若かりし頃の唇に戻ったかのような見た目になるんですよ。 「メイクで色を乗せてます」という不自然さではなく、「もともとこの色ですけど、なにか?」という感じ。 すっぴんでも浮かない程度の色づきといい、するっと溶けて唇にフィットする塗り心地といい、マスク生活の唇ケアにぴったり。 使用感…

  • 丸の内のお花屋さん『bois de gui』の秋っぽいお花

    秋っぽいお花をいただきました。 丸の内仲通りにある『bois de gui』(ボワドゥギと読むそうです)のお花です。 丸の内仲通りにはわりと頻繁に行くのですが、こちらのお店は今回はじめて入りました。 店内、素敵すぎ。住みたい… 現在いただいてから10日以上経っているのですが、まだそこそこ元気です。秋っぽいくすんだ感じのカラーだと、多少枯れかけていてもわかりにくいというのもあるのかもしれませんが… このお花、実はMarunouchi Paperのキャンペーンに当選していただいたもの。 特に日頃の行いがいいというわけではないのですが、こういう強運がちょいちょい発動します。 www.marunouc…

  • 自分にとって大切なものだけを抱えて生きていきたくなる本『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』

    『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』 こういう本って、余計なものは削ぎ落として、自分にとって大切なものだけを抱えて生きていきたい、と思わされます。 フィンランド人はいいものだけを10年使う なにげない一瞬を最高に楽しむ 「スタイルのある生き方」のすすめ 4週間、湖の近くで休むフィンランド人 お金をかけずにリッチに生きる 家は自分だけの聖地 アートは人生に彩りを与える ただしい運動と食事はしあわせの基本 モノより時間 モノより人間関係 上のもくじだけでも雰囲気のよさが伝わるのではないかと思いますが、本文中にも「あぁ、素敵」と思えるフレーズや、考え方ががたくさん書かれていて癒されます。 長…

  • 好きな服のテイストって、いくつになっても変わらないかも

    ジョギングは貧血がひどくなるので、最近はウォーキングをしているのですが、ベイエリアの海風が寒すぎて、アルファインダストリーズのジャケットを買いました。かっこいい! 風を通さず暖かいので、ついつい長時間外をウロウロしています。(そして、貧血で息が上がってくることで、そろそろ休憩しないとまずいと気づく…) メンズのMサイズなので、中が薄手の服だとちょっと大きいんですが、厚めのニットだったらちょうどいいくらい。袖がちょっと長めですが、メンズの服はだいたいどれも袖が長いので、まあそこはしょうがないと思っています。 昔から、白シャツ×カーゴパンツとか、ミリタリー系の服は好きだったのですが、テレワークにな…

  • 安心感を与えてくれるシンプルな保湿クリーム。アベンヌ『シカルファットプラス リペアクリーム』

    アベンヌのシカクリーム『シカルファットプラス リペアクリーム』。 生後1ヶ月の赤ちゃんから大人まで使えるというものなので、肌の弱い私も安心して使っています。 とにかく乾燥が気になるこの季節。顔にも体にも使える保湿クリームというのはうれしいですね。 ヒザ下などカサカサしやすいところにボディクリームとして使うのはもちろん、冬場は手が尋常じゃないくらい荒れやすくてハンドクリームだけでは心許ないので、手にもこのクリームを塗っています。 あわないハンドクリームだと肌がかゆくなってしまうんですが、このクリームはそんなことがなくて本当に使いやすいです。塗るとかゆくなるハンドクリームは、寝ている間に無意識に手…

  • 『Moon Therapy 自分を最優先にする肌と心の整え方』で、自分を大切にするセルフケアを

    『Moon Therapy 自分を最優先にする肌と心の整え方』 病気ではないけれど漠然と身体の調子が悪いとか、何かあったわけでもないのに心が弱ってるとか、よくわからない不調ってありますよね?そういうのに効きそうだなと思ったのがこちら。 「子宮」にフォーカスすることで、子宮力と女性力を同時に上げる「ムーンセラピー」、そのセルフケア・メソッドがまとめられている本です。 ◇本来の自分を取り戻す「ムーンセラピー」の秘密 ◇「1分洗顔メディテーション」のすすめ ◇自分だけの美しさを磨くムーンセラピー ◇子宮に優しく、自然とつながるセルフケア ◇自分を最優先にする、心のセルフケア の5章から成り立っていま…

  • 1枚購入すると木を1本植えてもらえる、北欧デザインのアートポスター

    我が家にProject Nordのポスターをお迎えしました。 もっと大きいほうがいいかなと思っていましたが、こうして見るとこのサイズ(30✕40cm)のポスターがちょうどいいかも。 これひとつあるだけで部屋の雰囲気が変わりますね。 後ろにある延長コードもうまい具合に隠せたし、満足満足。 Project Nordのポスターを1枚購入すると木を1本植えてもらえる、というのもいいところ。私の木はマダガスカルに植えられるそうです。 北欧デザインのポスターがいろいろあってどれも好みのタイプなので、ひとつに絞るのにかなり悩みました。 他にも欲しいものがあったので「いつか買おうかな」などと思っていたら、つい…

  • W洗顔不要で洗い上がりしっとり。米肌『肌潤モイスチャーインWクレンズ』

    米肌の新しいクレンジングをお試ししてみました。 『肌潤モイスチャーインWクレンズ』 ダブル洗顔不要のクレンジングです。 米肌の製品なので、ライスパワーエキスNo.2配合。 目指したのは、お米をといだ後のような「つるすべ」肌 というのもうなずけるしっとり感です。 オイルinゲルタイプで、炭が入っているのでほんのりグレー。しっかり汚れを吸着してくれそうなお色です。 ウォータープルーフのマスカラも落とせるそうですが、ラメやマスカラの繊維がぽつぽつ残ってしまうので、アイメイクは先に落としておいた方がいい気がします。 クリームがオイル状に変わって軽い感触になったら、メイクとなじんだ合図なので洗い流す、と…

  • 今日の朝ごはんは、どのお味にしよう?『ORYZAE MORNING(オリゼモーニング)』

    最近の朝ごはんは『ORYZAE MORNING(オリゼモーニング)』 食物繊維が豊富なオートミールと発酵した米麹を組み合わせたグラノーラです。 プレーン味のサンプルをいただいて食べてみたら、砂糖不使用なのに甘くておいしい! そのまま食べてもこんなにおいしいなら、朝ごはんにもおやつにもできるし買ってみようかな、と思っていたときに、期間限定のハロウィンが発売されたので、まとめていろいろなフレーバーを買ってしまいました。(限定品に弱すぎる女です…) お味はというと、 プレーン︰そのままでも甘くておいしい。 チョコ︰甘すぎない大人な味で、どんどん食べられます。 バナナココナッツ︰この組み合わせがおいし…

  • せっかく買うなら、今の自分に必要&購入することで何かの役に立てるものがいい

    貧血改善のために真面目に毎食自炊をしているんですが、我が家のキッチンが狭すぎるからなのか、それとも私が雑なのか、洗い物のときに服に水がはねることがしばしば… また、グレープフルーツなどを食べるときに汁が飛ぶのも嫌だったので、エプロンが欲しいなあと思っていたときに見かけたのが、この『ザンタンエプロン』。 国内生地メーカーに残ってしまう生地(残反)を使って作られたエプロンだそう。残反(ざんたん)を使っているからザンタンエプロンなのね、と説明を読んで納得。 せっかく買うなら、購入することで少しでも何かの役に立てるようなものを買いたいな、と思っていたのでこのエプロンを買いました。 残った生地を使ってい…

  • 料理に掃除にいろいろ使える和晒ロールは、日本の夏との相性も良かった

    夏の湿度の高さでふきんがなかなか乾かなかったので、ここ数ヶ月キッチン周りの布類をさらしに変えていたのですが、さらしの実力が思った以上にすごかったのでちょっと語らせてください。 使っているのは、『さささ 和晒ロール』。 ミシン目が入っているものと入っていないものがあるのですが、私はミシン目ありを選んで、手でビリビリと切ってほどよいサイズにして使っています。 乾きが早いのはもちろん、毛羽立たないので食器に繊維がつくこともなくて、他のふきんよりすごく使いやすいです。 最近シリコン製の保存容器を使うことが多いんですが、ふきんの素材によっては繊維がついちゃうんですよねでも、さらしに変えてからはつかなくな…

  • 狙い目は自社とAI開発会社をつなぐポジション『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』

    『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』 AIを活用できるようになれば、個人としての市場価値は一気に高まる って言われても、今の仕事でAIと接点がないからどうやってキャリアを作ればいいのかわからない。今からIT企業に転職なんて無理だし… という人のための、AIに関わる仕事をするためのキャリアデザインが書かれている本。 AI人材を目指す場合、 1.データサイエンティストなどに転身する道 2.今いる場所(今の会社の所属部署)においていかにAIを活用するかを考える道 上記の2つがあり、技術者でない人には2がおすすめだそう。 2のような今の職場や業種でAIを活用してキャリアアップする人…

  • 南部鉄器の鉄瓶にひばの木のまな板。最近は昔ながらの和の道具が好み

    貧血改善のために、南部鉄器の鉄瓶で沸かしたお湯を飲んでいます。 先月、貧血が原因で、10分ぐらい歩くとものすごく身体がだるくなって、その後2日近く何をするにもだるくて動くのがつらいという状態になってしまったので、少しでも鉄分を摂取しようと必死です。 この鉄瓶、お湯を沸かすとめちゃくちゃ熱いし、鉄だから見た目以上に重いし、使った後もちゃんと乾燥させないと錆びるためお手入れもちょっと大変、というなかなかめんどくさいお品。 でも、電気ポットを使っていたときみたいになんとなくガブガブとお茶を飲むということが減って、なんだか生活がちゃんとした気がします。 そしてもうひとつ、貧血改善のためにそれなりに料理…

  • 服にも食事にも住まいにも「色」の力を。『自分の機嫌は「色」でとる』

    『自分の機嫌は「色」でとる』 色を取り入れる、と聞くとファッションやメイクを思い浮かべてしまいますが、 気分転換が難しい状況だからこそ、身のまわりに変化をつけて自分の「見る目」を楽しませることが、とても大切だと思う ということで、「身につける」「食べる」「場所を整える」の3つに分けて、色の取り入れ方が紹介されている本。 些細なことでくよくよするときは、豊かな自然を感じるグリーンとブラウンを 他人に振り回されやすい人は、パープルとオレンジで自分の思いを伝える まわりの人に優しくなりたいときには、ピンクとミルクティー色で穏やかに 信頼されたい場面では、紺色で潔く と、いろいろなパターンがのっていて…

  • 軽いつけ心地で乾燥を防ぐ、アベンヌの『ミルキージェル EX』

    敏感肌の私が昔からお世話になっているアベンヌ。 最近もマスクの物理刺激で肌がちょっと荒れ気味なので、ご紹介いただいた『ミルキージェル EX』を使ってみました。 化粧水と乳液がひとつになった保湿ジェルクリーム。 ワンステップでお手入れが終わるので、忙しい日にはすごく便利。最近真面目に勉強している私にとって、こういう時短アイテムはうれしい限りです。 次に使うスキンケアの浸透を高めてくれる『アベンヌウォーター』とあわせて使うのもオススメ。スプレータイプなので、1ステップ追加しても手間も時間もほとんど変わりません。 そして、他のものの邪魔にならない程度に香るフレッシュフローラルの香りもいい感じ。 この…

  • 夢を叶えるだけでなく、お金やパートナーの問題にも使える『フューチャリストの「自分の未来」を変える授業』

    『フューチャリストの「自分の未来」を変える授業』 企業や組織が未来を見通すのを助けるため、情報を集め、分析し、想定される未来の姿を描くことのできる専門家、フューチャリストの考え方を知って、自分の未来に活かせる本。 このタイトルだけ見ると、将来の夢がある人向けの本っぽく思えますが、本に登場する人たちは、 人生に変化を起こしたいと思っているが、自分の望みがよくわからない 将来のお金のことが不安 家賃が払えない 奨学金を返しながら、やりたい仕事に就きたい パートナーを見つけたい など、多くの人が考えそうなことに活用しています。 その「フューチャーキャスト」と呼ばれる、未来を変えるための方法がこちら。…

  • 美容や健康のために『最強でエレガントな免疫を作る100のレッスン』 

    『最強でエレガントな免疫を作る100のレッスン』 先日急に寒くなったときにちょっとのどが痛くなってしまい、やっぱり大事だなと思った「免疫」。コロナの件もあるので、免疫機能がきっちり働くように健康を意識しないと、と思って読んだのがこちら。 意識を病原体ではなく自分自身の体に向けてみればよいのです。 というのはおっしゃるとおり。コロナを怖がるよりも、自分の免疫力をアップさせるためにできることを実行したほうが安心できますよね。 そんな実行できそうなことがタイトルのとおり100項目書かれていますが、ひとつ1ページなのですごく読みやすいです。目次を見て、自分が知らないと思うところだけピックアップして読ん…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、hitomi_さんをフォローしませんか?

ハンドル名
hitomi_さん
ブログタイトル
東京美容生活
フォロー
東京美容生活

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用