chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
株と本と音楽と https://ameblo.jp/viaggio2010/

クラシック演奏会の感想をメインに、音楽、読書、株式投資、旅行の話を書いてます。

クラシック音楽が大好きで、演奏会に年間200回以上通っています。

ゴンチ
フォロー
住所
新宿区
出身
未設定
ブログ村参加

2013/05/30

1件〜100件

  • 台風8号(続報)

    小笠原近海の熱帯低気圧が発達し、予報通り、台風8号が発生しました。 当初の予報より遅いスピードで、日本の南を北上中。 予報円は狭まり、明日にも関東に上陸する見…

  • ホーヴィングとポペルカ、日本デビュー

    来週、ホーヴィングとポペルカという二人の指揮者が、日本デビュー。 ホーヴィング(Emilia Hoving)は、8/18の読響定期に登壇。 1994年フィンラ…

  • 台風8号

    小笠原近海の熱帯低気圧が発達し、24時間以内に台風になる見込みとのこと。 もし台風になれば、これが8号。 今後の進路予想を見ると、13日頃に関東地方に最接近し…

  • アントニ・ヴィトは降板

    ヴィトのブル2について書いたばかりですが、残念なニュース。 肋骨骨折のため、降板するとのこと。 転倒でもしたのかな。 ヴィトは1944年生まれの78歳と高齢。…

  • ヴィトのブルックナー2番

    ポーランドの巨匠 アントニ・ヴィト(Antoni Wit)。※ヴィットと表記することも 2018年9月に聴いた、都響とのルトスワフスキ3はとても良かった。 昨…

  • ジャパン・アーツ 秋の特別コンサート

    ジャパンアーツ主催の秋の特別コンサート。 会場は3日共、サントリー。 11/28(月)は室内楽。 出演は樫本、赤坂、シュテッケル、藤田。 曲目はモツPf四1、…

  • 尾高 大フィルのラフマニノフとエルガーを聴く

    昨夜はミューザで、尾高 大フィルのサマーミューザを聴きました。 前半はラフマPf協2(w/ラシュコフスキー)、後半はエルガー1。 エル1が楽しかった! オケは…

  • 尾高さんのエルガー 交響曲 第1番

    今夜もミューザへ。 サマーミューザはまだ続きますが、私が行くのは今夜が最後。 尾高 大フィルのラフマPf協2(w/ラシュコフスキー)とエル1。 大好きなエル1…

  • 藤岡 シティ・フィルのコープランド、コリア、リムスキー=コルサコフ、レスピーギを聴く

    昨夜はミューザで、藤岡 シティを聴きました。 曲目は、コープランドCl協(w/ストルツマン)、コリア《スペイン》(w/宮本貴奈、井上陽介、髙橋信之介、中川英二…

  • 藤岡 シティ・フィルのスペイン・プロ

    今夜もミューザへ。 藤岡 シティのスペイン・プロ第1弾。 コープランド Cl協、チック・コリア《スペイン》、リムコル《スぺ奇》、レスピーギ《ローマの松》。 コ…

  • 梅田 新日本フィルの山本直純プロを聴く

    昨日は猛暑の中、ミューザで梅田 新日本の山本直純プロを聴きました。 当初広上さんが振る予定でしたが、コロナ陽性で降板。 急遽、梅田さんが振ることに。 リハ2日…

  • ギルバート 都響のプロコフィエフ、ビゼー、ラフマニノフを聴く

    昨夜はミューザ、ギルバート 都響を聴きました。 曲目はプロコ1《古典》、ビゼー《アルルの女》から、ラフマ《交響的舞曲》。 好きな曲ばかり聴けて、楽しかった! …

  • 秋山 パシフィックフィル、チケ取り

    今日はチケット発売日。 11/12(土)の秋山 パシフィックフィルハーモニア東京(PPT)芸劇公演、取りました。 曲目は、ラヴェル《クープランの墓》、エルガー…

  • クラシック音楽とサクソフォン

    サクソフォンは、ベルギーの楽器製作者 アドルフ・サックス(Adolphe Sax, 1814-1894)が考案した楽器。 1840年代に考案して、1846年に…

  • N響の第九

    今年、N響の第九を振るのは井上さん。 日程は、12/21、12/24、12/25(以上、NHKホール)、12/27(サントリー)。 歌手は、ランツハマー、藤村…

  • ラシュコフスキー&小川典子のボロディン、ストラヴィンスキー、ラフマニノフを聴く

    今夕はミューザで、ラシュコフスキーと小川さんの2台ピアノを聴きました。 曲目はボロディン(中原編)《イーゴリ公》から「だったん人」、ストラ《春祭》、ラフマ《交…

  • 今日は2台ピアノ

    今日はミューザで、ラシュコフスキーと小川さんの2台ピアノ。 選曲が好み。ボロディン《イーゴリ公》から 「だったん人」、ストラ《春祭》、ラフマ《交響的舞曲》。 …

  • 広上さんが陽性、サマーミューザ降板

    新型コロナの第7波による感染拡大。 古部さんのツイートにあるように、オケはどこも大変な状況みたい。 昨夜の読響が変則的な16型だったのも、感染者が出たせいかも…

  • 井上 読響のハイドンとブルックナーを聴く

    昨夜はミューザで、井上 読響を聴きました。 曲目はハイドン45《告別》とブル9。 今年のサマーミューザで一番楽しみにしていた公演の一つ。 コンマスは日下さん、…

  • ハイドン 交響曲第45番《告別》

    明日のサマーミューザは、井上 読響。 曲目はハイドン45《告別》とブル9。 ハイドン45の聴き物というか、見物はもちろん第4楽章。 出番が終わった奏者が、次々…

  • ルシオ・サン・ペドロ

    アジア オーケストラ ウィークに出演する、マーロン・チェン指揮 マニラ響。 1曲目に演奏するのが、ルシオ・サン・ペドロの《ラヒン・カユマンギ》。 ルシオ・サン…

  • アジア オーケストラ ウィーク2022【追記あり】

    昨年のアジア オーケストラ ウィークは、日本のオケだけで開催。 今年はマニラ響、琉球響、KBS響の3団体が参加。 会場はTOC。 10/7のKBS響のユン・イ…

  • ミューザの夜公演

    昨夜はサマーミューザの夜公演に出掛けました。 品川~川崎は東海道線で一駅10分。 夜公演だとラッシュアワーと重なり、電車の混雑が半端ない。 コロナ前だと、品川…

  • 洗足音大のラヴェル バレエ傑作選を観る

    今夜はミューザで、洗足音大バレエコースの学生によるラヴェル バレエ傑作選を観ました。 演目は《マ・メール・ロワ》、《ラ・ヴァルス》、《ボレロ》、《ダフクロ》組…

  • ギルバート 都響のモーツァルトを聴く

    昨夜はサントリーで、ギルバート 都響を聴きました。 曲目はモツの39、40、41番。 40番が終わった後に休憩。 ステージ上のオケは随分小さい(写真はギルバー…

  • 1年振りのアラン・ギルバート

    明日はサントリーで、ギルバート 都響を聴く予定。 ギルバートを聴くのは、1年振り。 オール・モツで、後期三大交(39、40、41)一気聴き。 ありそうでない、…

  • 広上さんの山本直純特集

    本日、サマーミューザ開幕。 今年は7公演聴く予定。 異色なのは、8/3 広上 新日本の山本直純特集。 前半はクラシック作品、後半は合唱曲、童謡メドレー、マーチ…

  • ペレス 読響のエトヴェシュ、メンデルスゾーン、ショスタコーヴィチを聴く

    昨夜はサントリーで、ペレス 読響を聴きました。 曲目はエトヴェシュ《セイレーンの歌》、メンデ Vn&Pf協(w/諏訪内、ボジャノフ)、ショスタコ12《1917…

  • 感染急拡大とコンサート

    本日の東京の新規感染者数は、過去最多の3万1878人。 これまでの最多人数は2万1562人(2/2)ですから、それより1万人も多い。 今のところ、政府は新たな…

  • 出口 京響のエンターテインメントクラシックス

    先日、東フィルとのオール・ハチャを振って会場を沸かせた、指揮者の出口さん。 9/10(土)に京響デビュー。 「クラシック音楽とエンターテインメントが出会ったア…

  • 読響1回券、チケ取り

    読響の定期会員は上期で終わり。 10月からは1回券で聴きます。 ということで、先日発売された10~12月公演から、2公演取りました。 取ったのは、10/19 …

  • 新国オペラ《ボリス・ゴドゥノフ》、上演決定

    11月に新国で上演予定のムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドゥノフ》。 ポーランド国立歌劇場(Polish National Opera)との共同制作による新…

  • クラシック・キャラバンのガラ・コンサート

    クラシック音楽事業協会が企画するクラシック・キャラバン。 今年はガラ・コンばかり21公演。 東京公演は、9/29 サントリー、10/10 TOC、12/9 王…

  • 祇園祭、サマーミューザ、京響《復活》

    京都の祇園祭。 昨日の前祭の山鉾巡行は、天気に恵まれて何より。 今週の後祭には行く予定でしたが、感染状況に鑑みて自粛。 ホテルはキャンセルしました。 今週末は…

  • 二期会 ワーグナー《パルジファル》を観る(楽日)

    昨日は東文で、二期会ワーグナー《パルジファル》の楽日公演を観ました。 歌手はB組。 題名役に伊藤さん、クンドリに橋爪さん、アムフォルタスに清水勇磨さん、グルネ…

  • ノット 東響のラヴェル、ベルク、マーラーを聴く

    昨日はサントリーで、ノット 東響を聴きました。 東響は川崎定期だけ会員なので、昨日は1回券で。 曲目は、ラヴェル《鏡》より「海原の小舟」、ベルク《7つの初期の…

  • 《パルジファル》の拍手問題

    明日は二期会《パルジファル》B組を観る予定。 SNSでも宮本演出には賛否ありますが、ここで書くのは拍手問題。 「第1幕では拍手しなかった」というツイートを偶々…

  • ユリア・クライターのベルク《7つの初期の歌》

    明日はサントリーで、ノット 東響を聴く予定です。 メインのマラ5以上に、クライターが歌うベルク《7つの初期の歌》が楽しみ。 ベルクのオケ伴歌曲は、5月に「《ヴ…

  • ブラムウェル・トーヴェイ、逝去

    ブラムウェル・トーヴェイ(Bramwell Tovey)は、ロンドン生まれの指揮者で作曲家。 癌の治療を経て、一時指揮台に復帰しましたが、7/12に亡くなった…

  • 二期会 ワーグナー《パルジファル》を観る

    昨夜は東文で、二期会 《パルジファル》A組を観ました。 17時開演で、終わったのは21時40分頃。 疲れました。 A組の歌手は題名役に福井さん、クンドリに田崎…

  • 今夜は二期会《パルジファル》

    今夜は東文で、二期会《パルジファル》。 ピットにはヴァイグレ 読響。 タイムテーブルを見ると、第1幕90分、第2幕60分、第3幕70分。 休憩2回、各25分。…

  • 出口 東フィルのオール・ハチャトゥリアンを聴く(2回目)

    昨夜はサントリーで、出口 東フィルのオール・ハチャを聴きました。 7/7(木)にTOCで同プロを聴いたので、2回目。 感想はそのときと変わらず。 初回は終演2…

  • 京響、新常任指揮者に沖澤さん

    本日、京響が新常任指揮者を発表しました。 沖澤のどかさん。 任期は2023年度から3年。 歴代最年少で初の女性指揮者。 京響、やりますね! 沖澤さんは、201…

  • 東京文化会館チェンバーオーケストラ

    9/3(土)東文小ホールでの東文CO公演。 東文COは総勢31人の特別編成オケですが、メンバーが凄い。 依田真宣(コンマス)小川恭子、鍵冨弦太郎、小林壱成、篠…

  • 「必要だからやっている、音楽が好きだからやっているわけじゃない」

    井上さんのロング・インタビューが面白い。 モツ、ハイドン、マラ、ショスタコ、ブルについて語った後、自身の引退について語ってます。 「僕は自分の人生を肯定するグ…

  • 高関 シティ・フィルのバルトーク、モーツァルト、ブラームスを聴く

    昨日はティアラこうとうで、高関 シティを聴きました。 曲目はバル《舞踏組曲》、モツ Fl協1 KV313(w/竹山)、ブラ3。 外は暑いし、ティアラは遠いしで…

  • N響席替え

    今日はN響の席替え初日。 N響の席替えはWebで完結しますが、サーバ混雑で繋がらない。 ログイン後、マイページには入れても、席替手続でエラー。 この繰り返し。…

  • 広上 日フィルのブルッフとブルックナーを聴く

    昨夜はサントリーで、広上 日フィルを聴きました。 前半はブルッフ《スコ幻》(w/米元)、後半はブル7。 《スコ幻》では、指揮者の直ぐ左にHp(松井)が鎮座。 …

  • 出口 東フィルのオール・ハチャトゥリアンを聴く

    昨夜はTOCで、出口 東フィルのオール・ハチャを聴きました。 曲目は《ガイーヌ》より「アイシェの目覚めと踊り」、「山岳民族の踊り」、「ガイーヌのアダージョ」、…

  • 新国オペラ《ペレアスとメリザンド》2日目を観る

    昨夜はパレスで、新国オペラ《ペレメリ》2日目を観ました。 7/2の初日に続き、2回目。 開演前に出演者変更のアナウンス。 イニョルド役の九嶋香奈枝さんが出演で…

  • オール・ハチャトゥリアン

    アルメニア出身の作曲家 ハチャトゥリアン(1903-1978)。 来年が生誕120年。 今月の東フィル定期は、それを先取りするようなオール・ハチャ。 曲目は《…

  • 台風4号は温帯低気圧に

    今朝、台風4号は温帯低気圧に変わりました。 エネルギー源が変わって影響範囲が広くなっただけで、依然警戒が必要。 東京では今夜遅くから明日にかけて、大雨の恐れと…

  • 新国オペラ《ペレアスとメリザンド》を観る

    昨日はパレスで、新国オペラ《ペレアスとメリザンド》を観ました。 ドビュッシーの《ペレメリ》は、2018年8月にミンコのOEK芸術監督就任記念公演で観て以来。 …

  • マケラ 都響のマーラーを聴く

    今夜はサントリーで、マケラ 都響の第2弾、マラ6《悲劇的》を聴きました。 コンマスは四方さん、隣に矢部さん。 マケラは指揮台で、楽しそうに振ります。 マラ6を…

  • 夏の洋書市

    今年もこの季節がやってきました。 紀伊國屋書店の「夏の洋書市」。 今年は7/7~7/18に開催。 また、積読本が増えそう。  今読んでいるのは、Roger S…

  • 小林丈広・高木博志・三枝暁子『京都の歴史を歩く』

    『京都の歴史を歩く』(岩波新書)は3人の歴史学者が書いた、京都散歩本。 全15章、15の散歩コースが地図付きで紹介されてます。 といっても、普通の京都散歩本で…

  • コンサートの回数

    今日で6月は終わり。 コロナを機にコンサートの回数を意識して減らしてます。 要は、聴きたい公演だけを聴くこと。 聴いてもいいかな(nice to listen…

  • マーラー6番《悲劇的》中間楽章の演奏順

    今週金曜はマケラ 都響の第二弾。 曲目はマラ6《悲劇的》一本勝負。 マラ6といえば、第4楽章のハンマーが代名詞。 当日は、「マーラーの“結論”を反映したとされ…

  • 読響とN響の定期会員券

    今シーズンの読響定期は、聴きたい公演が上期に集中。 一方、下期は今一つ。 ということで、年間会員から半期会員に変更。 昨日が下期の席替えでしたが、下期は継続し…

  • マケラ パリ管、チケット代変更

    今日聴いたマケラ 都響、楽しかったな。 マケラは10月にパリ管と再来日する予定。 当初の発表からチケット代金が変更になりました。 もちろん、値上げです。 当初…

  • マケラ 都響のジノヴィエフとショスタコーヴィチを聴く

    今日はサントリーで、マケラ 都響を聴きました。 プロムナードなので1回券で。 曲目はジノヴィエフ《バッテリア(Batteria)》とショスタコ7《レニングラー…

  • サラダ音楽祭メインコンサート詳細発表

    9/19(月・祝)に芸劇で開催される、サラダ音楽祭メインコンサート。 プログラムの詳細が発表されたので、メモ。 ペルト《フラトレス》(w/Noism)ウェーバ…

  • 夏のコンサート

    6月なのに、東京は早くも夏模様。 暑いです。 今後1週間は晴れて、暑い日が続きそう。 夏のコンサートは、会場に行くまでが大変。 この時期はコンサートの回数を減…

  • 鈴木優人 N響のバッハ、ブリテン、モーツァルトを聴く

    昨夜はサントリーで、鈴木優人 N響のBプロを聴きました。 曲目はバッハ(鈴木編)《パッサカリアとフーガ》、ブリテン Vn協(w/郷古)、モツ41《ジュピター》…

  • 日生劇場60周年記念公演

    日生劇場は来年開場60周年。 60周年記念公演のラインナップが発表されたので、メモ。 ケルビーニ《メデア》2023年5月27日(土)、28日(日)園田 新日本…

  • ヴァイグレ 読響のシュテファンとブルックナーを聴く

    昨夜はサントリーで、ヴァイグレ 読響の定期演奏会を聴きました。 曲目はシュテファン《管弦楽のための音楽》とブル7。 シュテファン(Rudi Stephan, …

  • ブルックナーの7番

    今夜はサントリーで、ヴァイグレ 読響のブル7。 ブル7は特に好きな曲ではないけれど、年1、2回は聴いてます。 2021/6/26 飯守 東響@サントリー202…

  • シンフォニスト エルガー

    今年はエルガー(1857-1934)のアニヴァーサリーではないですが、違う意味で記念すべき年。 シンフォニスト エルガーの名声を高めた交響曲1番(1908)と…

  • ノット 東響《サロメ》、チケ取り

    今日はチケット発売日。 11/18 ノット 東響のRS《サロメ》@ミューザ、取りました。 歌手陣はグリゴリアン(サロメ)、バウムガルトナー(ヘロディアス)、ヴ…

  • パシフィックフィルハーモニア東京のゴリホフとコープランドを聴く

    今日は芸劇で、パシフィックフィルハーモニア東京(PPT)の定演を聴きました。 ステファン・アズベリーの指揮で、ゴリホフ《ラスト・ラウンド》、《アズール》(w/…

  • ドゥネーヴ N響のプーランクとガーシュウィンを聴く

    今日は芸劇でドゥネーヴ N響を聴きました。 曲目は、プーランク《牝鹿》、Org協(w/ラトリー)、ガーシュウィン《パリのアメリカ人》。 芸劇でのN響定期は、今…

  • 秋山 日フィルのドビュッシー、ラヴェル、フォーレを聴く

    昨夜はサントリーで、秋山 日フィルを聴きました。 曲目はドビュ《牧神》、ラヴェルPf協(w/小川)、フォレ《ペレメリ》、ラヴェル《ダフクロ》第2。 最近似たよ…

  • 今夜は秋山 日フィル、歴史的区切り

    今夜はサントリーで、秋山 日フィルを聴く予定。 秋山さんが日フィル定期の指揮台に立つのは、50年振り。 そのことは、既にブログで書きました。 『秋山さん、50…

  • 西川照子『京都異界紀行』

    来月は祇園祭。 今年は後祭に行く予定です。 祇園祭は、もともと祇園御霊会という怨霊鎮魂の神事。 貞観地震や富士山噴火に見舞われた貞観11年(869年)に66本…

  • 今週のN響Cプロ プレコンサート

    N響Cプロの芸劇公演は、今週が最後。 来シーズンからNHKホールに戻ります。 芸劇でのラストコンサートは、ドゥネーヴ指揮でプーランクとガーシュウィン。 プーラ…

  • エルガーのヴァイオリン協奏曲の“謎”

    9月のシティ定期で、エルガーのVn協が演奏されます。 指揮は高関さん、ソリストは竹澤さん。 エルガーのVn協は、演奏時間約50分の長大な協奏曲。 そのせいか生…

  • 読響定期会員券

    読響は年間の定期会員でしたが、今シーズンは半期会員に変更。 昨日、下期(10月~3月)の継続案内が届きました。 現在の席で継続しても良いのですが、下期はライン…

  • オペラシティの駐輪場

    最近、運動のため、また自転車に乗り始めました。 今日は自転車でTOCへ。 いつもオペラ通り地下の駐輪場に停めますが、今日はTOCビル駐輪場を利用。 新国にはオ…

  • 飯守 シティ・フィルのシューマンを聴く

    今日はTOCで飯守 シティを聴きました。 曲目はシュマ3&4。 4番は1851年改訂版。 昨年12/9のシュマ1&2は聴けず。 飯守さんを聴くのは、昨年7/2…

  • N響第2000回定期、投票受付開始

    以前ブログに書いた、N響第2000回定期の曲目をファン投票で選ぶ件。 投票はウェブまたは郵送で行い、本日から受付開始。 締切は10/31。  候補曲は、フラン…

  • プレトニョフ 東フィルのシチェドリンとチャイコフスキーを聴く

    昨夜はサントリーで、プレトニョフ 東フィルを聴きました。 曲目はシチェドリン《カルメン組曲》とチャイコ《白鳥の湖》(プレトニョフ版)。 目当ては、今年生誕90…

  • スヴェトラーノフ国際指揮コンクール

    第5回スヴェトラーノフ国際指揮コンクールが、6/2~6/5にモナコで開催されました。 結果は1位無し2位に、Jesko SirvendとHenri Chris…

  • ルロイ・アンダーソン特集

    ライトミュージック(Light Music)というジャンルがあります。 軽音楽と訳すと如何にも軽薄な響きですが、要はボストンポップスが好んで演奏するような楽し…

  • 秋山さん、50年振りに日フィル登壇

    来週の日フィル東京定期。 ウクライナ侵攻で招聘を断念したラザレフに代わり、秋山さんが登壇。 秋山さんが日フィル定期を振るのは、50年振り(!)とのこと。 日フ…

  • 今年の音楽大学オーケストラ・フェスティバル

    今年の音大フェスは、11/23、12/3、12/4、12/10に開催。 残念ながら、藝大は今年は不参加。 11/23(水・祝)15:00 ミューザ梅田 昭和音…

  • 今年のせんくらは2ホールで開催

    LFJが中止となり、似たコンセプトで開催される仙台クラシックフェスティバル(せんくら)は貴重。 今年は9/30(金)~10/2(日)の3日間、日立システムズホ…

  • シチェドリン生誕90年

    ロシアの作曲家、ロディオン・シチェドリン。 1932年生まれで、今年が生誕90年。 シチェドリンの作品で比較的よく演奏されるのが、《カルメン組曲》と《ハイリゲ…

  • 東京国際ヴィオラコンクール ファイナルを聴く

    昨夜は紀尾井で、東京国際ヴィオラコンクール ファイナルを聴きました。 ファイナルに残ったのは、湯浅さん、ラリヴィエール、パク・ハヤンの3名。 前半はラリヴィエ…

  • 今夜は東京国際ヴィオラコンクール ファイナル【追記あり】

    今夜は藝大リゲティと迷いましたが、紀尾井へ行きます。 東京国際ヴィオラコンクールのファイナル。 ファイナル進出者は、湯浅さん、ラリヴィエール(Sáo SOUL…

  • エリザベス女王、即位70年

    エリザベス女王が即位したのは、1952年2月6日。 英国では今日から4日間、即位70年を祝うプラチナ・ジュビリーが開催されます。 プラチナ・ジュビリーは史上初…

  • N響 第2000回定期演奏会

    N響のシーズンは9月始まり。 今シーズンは、6/21&6/22のノセダのBプロで最後。 それが第1988回。 そう、第2000回までもう少し。 第2000回定…

  • 指揮者の井上さんが新型コロナ陽性

    6/9に九響定期を振る予定だった、井上さん。 新型コロナ陽性が判明したため、公演が延期になったそう。 日頃、「オミクロンなんか屁の河童」と言って憚らず、マスク…

  • リットン 都響のマクティー、バーンスタイン、コープランドを聴く

    昨夜はサントリーで、リットン 都響のB定期を聴きました。 曲目はマクティー《タイムピース》、バーンスタイン《セレナード》(w/金川)、コープランド3。 席替え…

  • 作曲家オズバルド・ゴリホフ

    オズバルド・ゴリホフ(Osvaldo Golijov)は、1960年アルゼンチン出身の作曲家。 ユダヤ系移民で、イスラエルのルービン音楽院(現Jerusale…

  • 東京国際ヴィオラコンクール

    現在開催中の東京国際ヴィオラコンクール。 当初発表されたコンテスタントの中に近衞麻由さん(レオンコロQ)がいましたが、第1次審査の演奏者には名前がありませんで…

  • ホーヴィング 読響、チケ取り

    今日はチケット発売日。 8/18(木)のホーヴィング 読響、取りました。 曲目はラウタヴァーラ《至福の海》、プロコVn協2(w/三浦)、シベ5. ホーヴィング…

  • コープランドの交響曲第3番

    コープランドは好きな作曲家の一人。 第二次大戦中、《リンカーンの肖像》、《市民のためのファンファーレ》、《ロデオ》、《アパラチアの春》を次々と作曲。 大戦末期…

  • N響会員券、Bプロ継続

    N響会員券の更新は、事前申請が必要。 期限は6/23とまだ先ですが、忘れないうちに申請。 Bプロは今の席環境が良いので、迷わず現有席で継続。 物理的にどこに座…

  • カーチュン 日フィルの伊福部とマーラーを聴く

    昨夜はサントリーで、カーチュン 日フィルの東京定期を聴きました。 コンマスは田野倉さん。 前半は伊福部《リトミカ・オスティナータ》(w/務川)、後半はマラ4(…

  • ルイージ N響のメンデルスゾーン、ラヴェル、リムスキー・コルサコフを聴く

    昨夜はサントリーで、ルイージ N響のBプロを聴きました。 曲目は、メンデ《静かな海と楽しい航海》、ラヴェル Pf協(w/小菅)、リム・コル《シェエラザード》。…

ブログリーダー」を活用して、ゴンチさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゴンチさん
ブログタイトル
株と本と音楽と
フォロー
株と本と音楽と

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用