プロフィールPROFILE

majimarchiさんのプロフィール

住所
伏見区
出身
伏見区

自由文未設定

ブログタイトル
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん
ブログURL
http://majimarchi.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
京都の建築家が考える住まいづくり、住まいの現場を通して感じたこと、日々の発見に関するブログ
更新頻度(1年)

329回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2009/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、majimarchiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
majimarchiさん
ブログタイトル
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん
更新頻度
329回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん

majimarchiさんの新着記事

1件〜30件

  • 関西人の血が騒ぐ

    この前の日曜日は、大阪国際女子マラソンと大相撲千秋楽と盛り上がりました優勝した二人、松田瑞生選手は大阪、徳勝龍関は奈良、ともに関西出身です優勝後のインタビューでは、二人とも喜びを素直に表現されているのが爽やかでしたその受け答えが関西の血が流れているせいか?面白いまた、その喜びの裏には苦労や努力、辛い出来事などがあり心打つものがあります同じ関西人が活躍してくれるのはうれしく、応援しています!少し休ん...

  • 実現できなかったプロジェクトに見る

    実現されなかった都市や建築への提案を集めた展覧会があります大阪・国立国際美術館で開催中の「インポッシブル・アーキテクチャー」展半世紀前の作品から最近の新国立競技場のザハ・ハディド案も展示されています構想で終わった案、落選したコンペ案、次代への提案など実現されなかった案です実際建てるためのものでなく、その時代精神を表したドローイングもあります建築家の新たな挑戦がそれらの作品に見ることができますヾ(・∀・...

  • 経済成長と幸せとのギャップ

    グレタさんに代表される若者は、問題を先送りにする大人へ不信感をもっています特にアメリカでは少数の金持ちと多数の貧乏人の差が広がっています(読売新聞1.21)ある世論調査で民主党支持者は医療費、気候変動に次いで格差問題を重視しています高い医療費、気候変動の原因の経済活動、加えて高い教育費は格差とリンクします資本主義に代わって独裁者のいない緩やかな社会主義を提唱する議員もいます日本は今は国民皆保険があり失業...

  • 基礎の配筋を確認しました

    D商店街の店舗の現場では、基礎の配筋工事が終わり事務所で検査を行いました鉄筋の太さ、ピッチ、緊結、定着など配筋の状況、かぶり厚などを確認します鉄筋の状況の他、基礎間の開口部の寸法、土中の配管位置や深さも確認します大きな問題はなく、ただ補強筋を足してもらうなどの指示を行いました検査を終え、週明けにコンクリートの打設予定です(」*´∇`)」...

  • 全世界の人が見るからこそ

    先日発表された東京五輪の公式服のコンセプトは「ニッポンを纏(まと)う」とのこと紳士服やさんがプロデュースしたせいか、やや保守的なデザインです(読売新聞1.23)職業柄、見た目のデザインはもちろん、素材や着心地、コンセプトに注目します個人の体に合わせたオーダーメイドで、瀬戸大也選手によると着心地はいいとのこと日本伝統の細かな柄や、通気性と肌触りにこだわった素材が使われているようですエコなリサイクル素材などで...

  • 大きい相手に立ち向かっていく姿勢

    横綱不在の大相撲初場所、次の世代の引くことのない前向きな取り組みが面白い特に、小柄ながら相手を打ち負かす炎鵬の人気は、ここ数場所で急上昇ですかつての舞の海や宇良と同様、小兵力士が大きな力士を倒すのには胸がすきます柔よく剛を制す、柔道に通ずる日本の美学です勝つための努力をして、大きな相手に堂々と向かっていく姿勢が感動を呼びます前向きな努力と工夫、そして課題への真面目な取り組みが白星につながると考えま...

  • ペーパーレスできない・・・

    メーカーのカタログが冊子からウェブカタログにペーパーレス化が進んでいます図面はコンピューターで描きますが、エスキース段階では、まだまだ手書きですどうも手を動かしてガリガリやらないと、これぞという1本の線が見つけられないです若い世代はコンピューターで可能なのかもしれませんが、トレペが積み上がります無駄な紙を減らす社会の流れには賛成ですが、これは止められない描き損じのトレペは無駄ではないと信じている世...

  • 工事にかかる前に行う重要な作業

    D商店街の店舗は、やり方に立ち会いましたやり方は、基礎工事を始める前に、建物の位置と基礎の高さを示す作業です建物の壁の芯の位置を示すため糸が張られ、その糸を頼りに建物位置を確認します建物寸法、敷地境界との距離、周囲とのレベル差などを図面と照らし合わせます建物位置が明確に決まって初めて基礎の掘削工事を始めることができますこの確認によって位置が決まるだけに大切な作業と言えますヽ(´∀`)ノ...

  • ニャンコさん、来ないで!

    以前設計した建物を訪れると、植栽に造園屋さんが入っていました 植栽の間にプラスチック製のトゲトゲが付いたマットを敷いていましたもちろん猫よけです猫の通り道になっていて、特に土の部分があるとフンをしてしまって臭いとのことです果たして、知恵のある猫たちに勝てるかな・・・o(^・x・^)o...

  • いろんな教えを受け入れる寛容さ

    世界では、人種や宗教、政治信条によって争いがなくなることがありませんインド・エローラのカイラーサナータ寺院は756年に着工、完成までには1世紀以上この巨大な石窟遺跡は、石を積んで作られたのではなく岩山を掘って作られています寺院、各お堂、記念柱、象の彫刻、さらにお堂の内部空間が彫られていますその気の遠くなるような精巧な職人技に驚嘆しますここには年代を違えて仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教、3つの宗教寺院が...

  • 工事の無事を神様に祈る

    昨日、D商店街の店舗の地鎮祭が執り行われましたこのところ、雨が降ったり不順な天候続きでしたが、朝からいいお天気でした近くの神社から神主さんに来ていただき無事終わりました地鎮祭の後、施主さん、工務店と敷地レベルの確認、打ち合わせをしました来週から基礎工事の準備に取り掛かります(*´∀`人 ♪...

  • ストレス?に漢方を飲む

    年末から咳が続き、最近の中国でのウィルス報道も気にかかり病院を受診しました喉の奥を見てもらうと、気管にモノが入らないようにする蓋の感覚が鈍いらしい肺炎ならもっとひどいとのことで、心配するほどではありませんでしたとりあえず副作用の少ない漢方薬を処方してもらいました薬の説明書きを見ると、喉はストレスなどで違和感を感じるらしく結構繊細ですそういえば、年末の長い休暇を終えて、体調が悪くなったような気もする...

  • インドの魅力がわかる一冊

    読んでいてインド旅行に行ったような気分になれる写真が美しいガイドブックですおそらくインド建築の決定版「インド建築案内」神谷武夫 著・写真著者が20年にわたる(出版された1996年時点)旅行、取材によって編集されています単に建物案内ではなく、歴史、文化に触れ、解説も詳しい学術書でもありますおまけに著者が訪れての魅力度が星マークで示されているのもユニークです持ち歩くには重いので、旅行前にぜひ読んでから行きたい...

  • 休暇をとる

    海外を旅して出会った外国人に旅行の期間を尋ねると、羨ましくなることがあります実にゆっくり時間をかけて旅を楽しんでいることがわかります1カ月は短い方で、3カ月など長期の休暇を利用して旅行している外国人は多いです実に理解ある会社だな、日本じゃあ考えられないなんて笑って話しています日本人の中にも長期旅行の人はいますが、学生か仕事を辞めてくる人が多いですモーレツ社員と言われた会社も減ってはいますが長期の休み...

  • 17年目の住まいに関わる

    以前設計して、2003(平成15)年に完成した住宅に増築する相談を受けています空地に、仏間と天文観測室を増築予定です完成後は、何度か相談受けながらメンテナンスされてきました17年経った建物ですが、きれいに使われています増築予定の天文観測室は望遠鏡が揺れないように、しっかりした基礎が必要です鉄骨造、2階建てを計画しています以前設計した建物に再び関われるのが楽しみですヾ(o´∀`o)ノ...

  • ゑべっさんの後の七福神巡り

    成人の日の昨日、泉涌寺近くを通りかかると笹を手にした人を見かけますゑべっさんは終わったはずだが・・・福笹を片手にお寺を回っています即成院、戒光寺、観音寺、来迎院、雲竜院、悲田院、法音院と巡ります福禄寿、弁財天、恵比須神、布袋尊、大黒天、毘沙門天、寿老人が祀られていますヒンドゥー、仏教、道教、神道などが起源のため、神社でも寺でも祀られていますこの七福神を参拝するは、室町時代に京都で発祥したものらしい十...

  • 町並みを考える

    古い町並みが残る伏見という土地に生まれ育ったせいか町並みは気にかかりますと言っても、家の解体や建て替え、駐車場の設置によって町並みも壊れつつあります今、道路に面した、ある程度の間口がある敷地に数戸の住宅を計画していますある程度デザインコードを決めれば統一したファサードデザインも可能です町並みを考えるいい教材に京都の町をうろうろします一住戸ではできない集合体としての景観をつくれないものかと模索してい...

  • 変わらない風景にしみじみする

    ここ数日曇り空が多かった京都は、昨日は3月中旬の暖かないい天気でした子どものころよく遊んだ宇治川の堤防沿いの夕焼けは変わらないなあこの空の下では、多くの人がつつましくも暮しています国どうしの争いで犠牲になるのは何のかかわりもない市井の人々ですお互いの国の正義だけ掲げていては、どちらが悪いか正しいか判断できません庶民は、1日1日が無事終わることを願っているだけです(*’U`*)...

  • ウルフムーンに思い起こすこと

    きのうの京都は、みぞれ交じりの小雨が降って空気が冷たく澄んでいました山際に現れた巨大な黄色い月は、じきに上空へ上ると小さくなりました1月の満月はウルフムーンとも言うらしいが、狼男も満月で変身だっけ?25年前の震災前日、西宮で見た巨大な満月をついこの前のことのように思い出しますオオカミというより、ゴジラが通り過ぎたような地響きに飛び起きました被災した町を目にして思ったのは、自然の下では人間の営みはちっ...

  • 凧揚げも、ところ変われば・・・

    子どものころ、お正月には凧揚げをしたものですが、最近は見かけなくなりましたインド・ジャイプールの車道上空に凧がいくつも揚がっているのを見かけますアーケードの街路住宅を見ると上階のバルコニーや屋上で子どもが操縦しています空地もない町なかでは密集した建物から空中を使って遊んでいます電線にいくつもの凧が引っかかっているのを見ると、人気の遊びのようです感電にだけは気をつけて!(^∇^)ノ...

  • 独立した一国としての判断

    「自衛隊の派遣は有害無益」2008年国会参考人に呼ばれた中村医師は語りました「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る アフガンとの約束」中村哲・澤地久枝アフガニスタンへの自衛隊派遣が何ももたらさず逆に対日感情悪化を心配されました現地に働き現状を知っている人のその言葉に野次ったり嘲笑する国会議員もいました中村さんは、理念を語るのではなく現場で体験し知ることを信条とされていました今、日本の友好国イランと米国...

  • プラスチックごみ削減に思う

    日本では、今年夏からプラスチックごみ削減のためレジ袋の有料化が実施されますインドでは、屋台のカレーの器は葉っぱを成型したもの、ジュースのストローは紙製チャイやラッシーのカップは使い捨ての素焼きの器です経済発展しているインドとエコ対策はあまり結びつきませんでしたが先進的ですレジ袋の有料化もいいですが、プラごみが根本的になくなる施策が必要です(○・_ゝ・○)ノ...

  • 多様な家族像を考える

    老々介護から起こる事件、子どもへの虐待などのニュースをここ数年よく耳にします表題作と同じく新しい家族像を描く「7's blood」を含む「卵の緒」瀬尾まいこシングルマザー、シングルファーザー、同性婚、友だち同士のシェアハウス、・・・現代は家族の形態はさまざま、もはや血のつながっていない家族もありえます自分が過ごしてきた家族が普通だと思っていましたが、普通とは?考えさせられます家族の形態にとらわれない暮らしの方...

  • 仕事はじめの前のお参り

    きのうは仕事仲間と八坂神社にお参りし新年会を行いました新年会お開きの後、錦市場を抜けて帰りますいつもは観光客でごった返している錦市場もお正月は休みで静かです明日から仕事始め、またにぎやかな観光地の京都が始まります∠( ^ o ^ ┐)┐...

  • 干支のパッケージ~子

    とらやの今年の干支「子」にちなんだ小形羊羹です味にあわせてかわいいデザインです新しい春が来た気分が楽しめます~(( C・>...

  • 令和初の正月に明治天皇陵に行く

    体調を壊していた年末から正月にかけごろごろしていたので散歩に出ましたいつもの散歩道ですが、令和初のお正月ということもあって明治天皇陵に行きました正月3が日だけ開放されているのを2年前に知ってから正月に訪れています開けられた柵から鳥居をくぐって、上円下方墳(というらしい)に近づきます神道を信仰するでもなく無宗教ですが、よすががあるということはいいことです樹林に囲まれた場所の力が、気分を安らかにしてくれ...

  • 氏神様を訪れる

    元日の夜、氏神様の御香宮神社へお参りしました昼間、本殿から表門まで続いていた参拝者の列はもはやありません人っ気が消えた参道を進みます昨年のお礼と本年の平穏無事を祈りました(*^o^*)...

  • 初日の出を前に心新たに・・・

    元旦に近くの明治天皇陵の桃山御陵まで歩くとすでに多くの人が集まっていました雲が多く心配しましたが、山の向こうから上る初日の出を拝むことができました雪が降るどころか気温もさほど低くないため、お正月が来たという気分がしません昨年は、地球温暖化が大きく世界的なニュースになりましたこの美しい地球を守るためにできることから始めなければと思います初日の出を前に心新たにしました(^人^)...

  • できることを無理せず進める1年に

    あけましておめでとうございますそれほどせかせか急がずに、着実にできることだけ進めたい世界すべての人に笑顔が訪れますように今年もよろしくお願いしますm(_ _)m...

  • 2019年、中村哲さんに学ぶこと

    建築を学ぶ際には、実際に見に足を運んでみることが大切だと思っていますその場に行けば土地や気候、風土によってデザインが成立していることがわかります今年アフガニスタンで亡くなった中村哲医師の争いの解決法は武器ではなく水でした不毛な土地を潤し人が住める土地にすることが平和につながることを実践されました争いやテロをなくすのは、軍隊で彼らを抑えるのではなく怒りの原因を知ることです紛争地に赴き、現地の状況、現...

カテゴリー一覧
商用