searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

majimarchiさんのプロフィール

住所
伏見区
出身
伏見区

自由文未設定

ブログタイトル
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん
ブログURL
http://majimarchi.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
京都の建築家が考える住まいづくり、住まいの現場を通して感じたこと、日々の発見に関するブログ
更新頻度(1年)

346回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2009/10/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、majimarchiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
majimarchiさん
ブログタイトル
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん
更新頻度
346回 / 365日(平均6.6回/週)
読者になる
ケンチクカ日記 じゃらんじゃらん

majimarchiさんの新着記事

1件〜30件

  • 近所で紅葉を楽しむ

    久しぶりに自転車で宇治川沿いを八幡市まで走ったが昨日は風が強かった花見の名所、背割堤は強風と前日の雨のせいもあってかずいぶん落葉している春は花見客でにぎわいますが、この季節人が少なくゆっくり散歩できます3連休の観光地は大勢の人でにぎわっている様子には驚きです嵐山はインバウンド需要がないにもかかわらず前年比64%増とのこと→MBSニュース今は我慢してもコロナが落ち着いた後キャンペーンをすれば国内需要に期待...

  • 2020年 今年の漢字一字

    今年一年の世相を漢字一字で表す2020年今年の漢字の応募が始まっています 今年は「伝」一字を応募しました今年は新型コロナウイルスについて語らない日がなかったコロナ一色の1年と言えます新型コロナウイルスと言う伝染病が流行し、それに対する各国の対応が注目されたトップが国民に伝える言葉の力が信頼を得た場合もあれば反感を買った場合もあった伝える情報の質、正確性、透明性、そして国民に寄り添う気持ちがその判断を下し...

  • 感傷的になる季節

    葉は枯れ落ちても地面をカラフルに美しく変えることもできる樹木は葉を落とし1年をリセットし、暖かくなれば新たな芽が生まれる人生もいろんなものをリセットしたくなることがあるがそうはうまくいかない葉を落とすことができないならこれからの咲き方を工夫するしかない(*´~`*)...

  • 2500年の眠りを妨げる

    エジプトのサッカラ遺跡で約2500年前に埋葬された木棺100基以上が見つかった観光・考古省は「今年最大の発見」とも(朝日新聞11.16)→FNNニュース盗掘が行われてなかったおかげで保存状態も良く当時の色彩も残り美しいただこれがお墓と考えると、安らかな眠りについていた死者を起こすことでもある研究が済めば元通り埋めればいいが博物館入りし見世物にすることになる当然、葬られた人や葬った人たちの本位ではない死者への敬意よ...

  • 観光地 ウィズ・コロナ

    きのう京都は季節外れの暑さとなり26.9度まで上がり観測史上最も遅い夏日となった南禅寺の駐車場では久しぶりに大型観光バスが立ち往生 下は今年1月末の風景南禅寺周辺は南禅寺、水路閣、永観堂など京都でも有名な紅葉の名所の一つ毎年観光客でごった返すが、今年はGo to もあって平日でも客足は戻ってきているきのうの感染者は大阪338人に比べて京都14人、隣り合う府ながら差が大きい会食が大きな原因の一つと言われるが大阪はお...

  • 伝統と若者を結びつける

    漫画には疎くて名前も知らなかったが最近の「鬼滅の刃」人気には驚きです京都南座では鬼滅の刃とのコラボ企画で歌舞伎の衣装や舞台が展示されています菓子や缶コーヒーなどのコラボ商品もスーパーなどでよく見かけますアニメに対する世間の評判は耳に入ってはいますがまだ見れていません中国ではパクリキャラも出ているようで真似されるほど人気はホンモノとも言える伝統芸能の歌舞伎と若者文化のアニメ、異文化が組むことで相乗効...

  • 京都に人がやってくる季節

    きのうの京都は22.2度まで上がり暖かでした学生時代からよく来ていた真如堂では紅葉の美しい季節になっています毎年秋の紅葉の季節、訪れる人が多い京都はGo to トラベルのおかげか人が多い海外からの観光客はいませんが添乗員の旗に続く団体客も見られます対策も分かってきて個々で気をつけて秋の京都を楽しんでいるようです♪(o・ω・)ノ))...

  • 国民に信頼された国の政策を知る

    新型コロナウイルスの第二波の波が収まりきらぬまま第三波がやってきた2003年のSARSを教訓に防疫 「なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか」野嶋剛武漢の肺炎の情報を得た政府は国民に負担を強いるために情報の透明性を大切にした対策の最前線に立ったのは陳建仁副総統、陳其邁行政院副院長、陳時中衛生福利部長いづれも医療関係の知見を有し陳時中部長は真摯な言葉で毎日記者会見を行ったそうした対応で国民の信頼を得た蔡英文...

  • 小春日和の夕焼け

    きのうも京都は穏やかな小春日和となった夕方、地上から徐々に広がっていくブルーとオレンジの雲しばらくするとグレーの空に混ざって消え辺りは暗くなります日が暮れるまでのわずかな時間、自然のつくるアートな不思議を眺めていました(*^_^*)...

  • 外に出て日を浴び秋の色を楽しむ

    きのうの京都は雲一つない青空が広がり暖かかった秋は樹木の色のみならず地面さえ秋色に変化させる演出をする今年は急に寒くなり秋らしい秋はないかと思っていたが寒さが少し和らいだいい陽気の下、日光を浴びての散歩は気持ちいいウイルス感染予防に重要な免疫機能を調整する働きがビタミンDにあると言われている食品から摂取できるが適度に日光を浴びることでも効果がある →コラム感染予防で巣ごもり生活になってしまいがちだが...

  • この時期に日本人を見つめ直す

    紅葉が進み芸術の秋真っ盛りだがコロナ禍では外出せず家で名作映画を観るのもいい小津安二郎監督の映画には季節を表すタイトルの映画がいくつかある「麦秋」「秋日和」「小早川家の秋」そして遺作の「秋刀魚の味」と秋を表す作品が特に多い秋刀魚の味と言っても映画の中に秋刀魚が一度も出てくることはない成長する子どもと別れる世代交代する親の切ない小津監督の世界が秋の季節と重なる暑い季節に青々としていた町の風景が樹々は葉を落と...

  • 遣り方に立ち会う

    守口の家Ⅲは遣り方に立ち会い、寸法の確認をしました敷地周囲に木杭を打ち水平に貫板を打ち付けた後、糸を張ります貫板に張る糸は建物の通り芯を表し、敷地境界からの距離を確認します現在は測量機器で水平を出しますが昔は水の入ったチューブを使っていましたチューブ内の水の高さは一定であるという自然の原理を利用していますそれゆえ、水盛り遣り方と呼んでいます機器がなかった時代でも自然を利用した職人さんの知恵で精密な...

  • 同じ民主主義国として

    隣国との外交がむつかしい今、アジアにおける日本人の在り方を示しています今年7月に逝去された元台湾総統・李登輝「李登輝より日本へ贈る言葉」(2014)台湾の民主化に尽力しお互い民主主義国家として大切な国と考えられています尖閣、靖国、また原発、民主主義政治、地方自治について考えが述べられています武士道に代表される日本人のもつ精神性が大切であると言われる戦後自虐的になり自信を無くした日本人のアイデンティティを...

  • 古い友人とつながる

    コロナで外出することが少なくなって登録だけしていたフェイスブックを夏に始めた友達承認すると友達の友達が表示され音信がなかった古い友人につながったプロフィール写真に時の流れを感じたが面影は残り懐かしく連絡が取れた昔、海外旅行した際に知り合った外国の友人やかつての教え子とも再会した今さらながらだが遠く離れていても現在の活動や生活の様子を知ることができるブログとはちょっと使い分けながらぼちぼちやってます...

  • 寒さとともにやってくる

    ここ数日ずいぶん寒くなってきてビールではなく熱燗が似合う季節になってきました京都の酒処、わが町伏見も大型バスも見かけられポツポツ観光客が増えてきましたお酒の話ではなく寒さが影響するのは今年は新型コロナウイルスとなっています北海道の感染者の増加はGo to トラベルの影響とともに寒さが原因と言われている湿度や換気が影響し、ということは当然ながら感染者数の増加現象は南下してくるもともと寒い外に出るのは億劫な...

  • かつての姿を取り戻す

    民主党バイデンさんが勝利宣言をしました「赤い州、青い州ではなくこの国はアメリカ合衆国」「敵ではなく同じアメリカ人だ」トランプさんにスリーピー・ジョーと揶揄されていたが昨日のバイデンさんは違った壇上を小走りに走ってきて支援者を前にした力強い雨い演説にちょっと感動さえした自国第一主義は尊敬される国第一に戻る予感も・・・期待していますヾ(o´∀`o)ノ...

  • 土曜日の夕方癒される

    週末は好きな作家、山本周五郎原作のドラマを楽しみにしていますNHK時代劇「子連れ信兵衛」第2シーズンが放送中です昔、子連れ狼という萬屋錦之介の名作時代劇があったがそれほど重くはない長屋で暮らす人たちの人情に支えながら子どもを育てる信兵衛の正義感がテーマです赤ん坊の鶴之助もかわいくて癒され心優しい信兵衛を演じる高橋克典さんがいい悪を懲らしめる特命係長・只野仁がダブらないわけでもない週末のんびり見てます(´...

  • 地鎮祭が行われました

    大安の昨日は雲は多かったが晴れ上がり、守口の家Ⅲの地鎮祭が行われましたいつもお世話になっている守居神社さんに地鎮の儀を執り行っていただきましたお施主さん、施工業者、設計者が参加し土地の神様に工事の報告をします大地にせよ自然には神様が宿ると考える日本人にとって神事は特別です人類にとって大地は所有物ではなく神からの借り物だと知るべきですそれを忘れず儀式を通して気も引き締まります(ou(工)u)ノ...

  • 視点を変えて見る

    ここ数日、事務所内にこもって図面を描いていたコピー屋さんまで行く途中の宇治川沿いでは天が高く感じる実にすがすがしい世間のいろんな嫌ごとがちっぽけに思えてくる(´ェ`)!!!...

  • 中国製SF小説

    核兵器の禁止、環境問題など地球規模の問題は後戻りできずに解決はむつかしい中国人作家のSF小説「三体」劉 慈欣文化大革命から始まる物語は現代のゲームの世界へ、そして宇宙へと話は広がるゲームの中の仮想の星では天体の異常により文明の滅亡と再生が繰り返される何かの暗示なのか読む進むうちに糸がつながる絶望的な今の世界の現状を変えられる力を期待する人類のジレンマをこの小説に見る(○・_ゝ・○)ノ...

  • 文化の日の散歩道

    きのう文化の日は前日の雨が上がっていい天気でしたいつもの散歩道の明治天皇陵(御陵さん)、明治天皇の誕生日でもあります去年に比べてお参りする団体の人は少ない桃山城まで足を延ばしても毎年行われているイベントも今年はない芸術、スポーツなど文化が日常に戻ることを願うのみ(´_ゝ`)...

  • 建築確認申請書類を提出に行くと

    コロナ禍での仕事の変化はだいぶん浸透してきている先日訪れた確認申請の審査会社ではマスク着用の上ビニール越しに打ち合わせをした最近ではリモート打ち合わせを行っているためか打合せ室も人が少ない今回は書類の提出に来たがそれ以外は電話やパソコンで済ませられる事務所に居ながらにして申請できるのは手間が省け時間の節約につながるずいぶん前からフロッピーディスクでの申請があったが今もやってるんだろうか?押印が必要...

  • 自己流ドライアイ療法

    先日眼科でドライアイと診断されて涙が出ればいいのかと昔の映画を見てみた以前観て泣いた映画の一つ、竹内結子さん主演「いま、会いにゆきます」(2004)実はファンタジー色が強い作品は苦手だがこの映画の不思議さは気にならない子役も脇役の人たちもいいキャスティングでやさしい映画です松谷卓さんの音楽もよくって途中から二度目ながらもまた嗚咽状態になったいろいろ思い出すこともあるずいぶん瞼は潤った・・・それだけでなく治...

  • ハロウィンの月に思う

    昨日の京都は雲一つない快晴だった自分にはあまり縁はないがハロウィンだった昨夜の月は満月クリスマスにせよハロウィンにせよ米国の楽しい文化は宗教関係なく取り入れられる米国国民の自由さや陽気さに日本人があこがれているが故ともいえる3日後に米国大統領は決まる予定だが執拗に相手を攻撃する選挙戦に国は二分している自由で民主主義の寛容な国だったと思っていたがどこかの独裁国家に見えなくもない大統領戦後はノーサイド...

  • 自分の歯型を知る

    歯の治療に行った際にずいぶんすり減ってきていると指摘されました寝ているときの食いしばりを防止するためマウスピースをすすめられてつくった歯型を取って数日後にできたのは上の歯にだけ付ける思っていたより硬いタイプ自分の歯並びをこうして見るとわかってはいたもののなんとも歯並びが悪いっぴったりしているが違和感を感じながら寝る際に装着を続けていますいろんな疾病の原因になるとも言われているので自分の歯は大切にし...

  • 地盤レベルを確認する

    守口の家Ⅲは地縄張りに引き続きレベルを測りました道路や周囲とのレベル差は設計前に測っていますが工事前に再確認します敷地の水勾配や隣家との高さを考慮します仕上がりレベルを決めて基礎から水が入らないよう最終的に基礎図に反映します現場と打ち合わせて微調整を加えて基礎工事に入ることができますヾ(o´∀`o)ノ...

  • 見慣れた風景が戻りつつある

    経済活動との兼ね合いもあってなかなか新型コロナウイルスの感染者が減らない京都の三条から四条辺り、鴨川沿いにポツポツ人が腰掛け始めている観光客が戻りつつあるのとともに鴨川でくつろぐ人もちらほら見られるようになった昨年、京都を襲った台風で崩れた護岸の修復工事も終わり元の遊歩道に戻っているカップルや友達同士が一定の距離を保って座っていますコロナのソーシャルディスタンスではなく京都人なら知らない人はいない...

  • 敷地と建物の大きさを実感する

    守口の家Ⅲは今まで駐車場に使われていた敷地の舗装が剥され更地になりました地縄張りが行われ敷地境界に縄を張って建物位置をスプレーで示されましたアスファルトがめくられて広く感じますが隣家との空きは十分か確認します設計作業はスケールの小さい図面上で間取りや周囲との関係を頭に思い浮かべます地縄張りで2次元ではあるがようやく原寸大の建物が実感できます図面との整合性を見ながら部屋の大きさを感じながら確認します(#...

  • オレンジの月

    夜中にベランダに出てオリオン座を探していると西の空が光っています宵の口は金星、火星と一直線に並んでいた上弦の月がオレンジ色をしている雲の作用か、その周りに無数の小さな赤い点が発光しているようにも見える普段と違った自然現象を見ると不吉なことが起こる前触れに思えてしまうテレビで未来少年コナンを見ていたせいかもしれない人類の行動と自然の災厄についていまの時代考えてしまう(´_ゝ`)...

  • 久しぶりに直接会って打合せをする

    昨年末に増築の相談を受けて17年前に設計した松阪の家を約4年ぶりに訪れました外部の塗り替えなどメンテナンスされ建設当時のままきれいに使われています計画を始めてすぐに新型コロナウイルスが騒がれメールでやり取りをしていましたコロナが少し落ち着いてきて約10か月ぶりに顔を合わせての打ち合わせですメールでは伝えるのがむつかしかった点などを会って話し合うことで確認できましたデジタル化だ、オンライン化だと言っても...

カテゴリー一覧
商用