プロフィールPROFILE

MAX CARTERさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
MAX CARTERの見聞ver2.0
ブログURL
http://maxcarter.aaa-plaza.net/
ブログ紹介文
旅行記録、グルメ記録、映画鑑賞記録など、楽しんだこといろいろを書いています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/01/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MAX CARTERさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MAX CARTERさん
ブログタイトル
MAX CARTERの見聞ver2.0
更新頻度
集計中
読者になる
MAX CARTERの見聞ver2.0

MAX CARTERさんの新着記事

1件〜30件

  • 本佐倉城 その8(麻賀多神社)

    麻賀多神社最後に【麻賀多神社】に寄りました。実は最初に駅から本佐倉城に向かう途中にあるので、先に寄った方がよかったかも… 【麻賀多神社】自体は小さな神社なのですが、周囲を土塁のようなものに囲まれています。 別角度から。実はここも本佐倉

  • 本佐倉城 その7(神明神社・将門口の宮神社)

    神明神社次は城の南側にある外郭の1つ、【向根古谷】に向かいます。現在、外殻は大半が住宅地になっているのですが、向根古谷には空堀と土塁の一部が残っています。写真は向根古谷北端にある双子道祖神です。 向根古谷南側の空堀だと思います。樹木で判

  • 本佐倉城 その6(根古谷の館~セッテイ山)

    根古谷の館 ガイドマップの順路に従って一度城から離れ、城の南側にある【根古谷の館】前(散策マップ14)から城山全体を見ています。この位置は本佐倉城の外郭のひとつ、【向根小屋(むかいねごや)】の北端にあたります。かつては内郭部との間、初期方

  • 本佐倉城 その5(奥ノ山~妙見神社)

    奥ノ山先ほどの分岐まで戻り、次は【奥ノ山(おくのやま)】へ向かいます。…って案内板落ちてるし!ボロボロだし! 【奥ノ山】南側斜面の細い道を進んでいきます。 土塁の切れ目を通ると突然開けた場所にでます。ここが【奥ノ山】(散策マップ10)

  • 本佐倉城 その4(城山)

    城山 【城山虎口】(散策マップ7)ここにも門があり、それをくぐると直進を土塁に阻まれ、左に急カーブします。 【城山虎口】の門を入ってすぐ。【城山門跡】(散策マップ8)ここで道が二股に分かれ、右へ進んで門を入るとようやく城山の内部に入れ

  • 本佐倉城 その3(城山通路)

    大堀切~城山通路 再び東山馬場の脇にある通路を上っていくと【IV郭虎口】(散策マップ4)があります。かつてはこのあたりに門があり、初期方向右手のIV郭は塀で囲まれていたそうです。ここだけは郭の名称を表す資料がないためIV郭という番号で呼ば

  • 本佐倉城 その2(東山~東山馬場)

    東山東山虎口通路を抜けると、左手には下り斜面の【東山馬場】、右手には一段高くなった【IV郭】が広がり、振り返ると左後ろには【東山】の上り通路があります。 【東山】の上に登ってみました(散策マップ3)。金属製の階段が設置されているので安全に登

  • 本佐倉城 その1(東光寺ビョウ~東山虎口)

    本佐倉城について本佐倉城全体図(東山馬場下駐車場付近にあった案内板より)続100名城登城15城目(通算113城目)は千葉県佐倉市の【本佐倉城(もとさくらじょう)】です。構造本佐倉城は平山城です。築城当時この一帯には広く湿地が広がっており、そ

  • 佐野城 その4

    北出丸 【北出丸】城址公園の北端です。初期方向正面に見えるのはイベント用のスペースでしょうか?最北端あたりから周囲を見渡すとこんな感じ。意外に高く、また斜面も急です。佐野市街地に残る移設城門今度は佐野城を離れて駅の反対側へ。佐野駅から徒歩

  • 佐野城 その3

    本丸 【本丸】へ入ってきました。東西約100m×南北約125mと二の丸とほぼ同じですが、北部がやや狭まっているので本丸の方が面積は小さいかな? 本丸の東側からは、発掘調査で石垣や石畳が発見されています。現在は保護のため埋め戻されていますが、

  • 佐野城 その2

    二の丸 【二の丸】東西約100m×南北約130m(そのうち水平部分は70m×100mほど)の、長方形の曲輪です。地図でみるかぎりでは現存している4つの曲輪の中ではもっとも面積が大きいです。二の丸は三の丸より数m高くなっています。 現在は三の

  • 佐野城 その1

    佐野城について佐野城全体図(現地案内板より)続100名城巡りの番外篇です。唐沢山城からの帰り…といっても現着は13時過ぎ…に、昼食のついでに佐野城を見学することにしました。構造唐沢山城の南方4kmの平地、南北400m・東西100m・比高10

  • 唐沢山城 その9(再び東側エリア)

    避来矢山 四つ目堀に沿った道を上り、【避来矢(ひらいし)山】へ向かいます。避来矢山は南東側途中に2段の曲輪があります。こちらは下の段。地形以外、とくに遺構らしいものは残っていません。普通の公園のような風景です。上の段。このあたりには武具土蔵

  • 唐沢山城 その8(再び中央エリア)

    虎口 長門丸と局曲輪の間の虎口。 初期方向正面は本丸です。 ハッキリとは判りませんが土塁が食い違い構造になっているようです。 ここで東部と中央部が区切られ、 本丸の搦手側を守っています。現在は関係者用の車道になっています。ここを通って、

  • 唐沢山城 その7(東側エリア/二重の堀切~お花畑)

    二重の堀切 【二重の堀切】現在は平坦な広場になっているので(畝を削って堀の底の高さに合わせたらしい)判りにくいですが、南東(初期方向)から北西に向かって二重の大規模な堀切が伸びています。これによって、北東にある【鳩の嶺曲輪】(現在はキャ

  • 唐沢山城 その6(東側エリア/杉曲輪~北域)

    杉曲輪 【杉曲輪】かつては仏殿があったとされています。 杉曲輪の上の段。昭和時代にここに青年の家が建てられたそうですが、平成19年に閉所。現在は何もありません。初期方向奥(曲輪東側)には土塁が残っています。曲輪の奥にある土塁の切れ目から

  • 唐沢山城 その5(東側エリア/車井戸~金の丸)

    車井戸さらに奥へ進みます。社務所の横を進むと、城の東側の領域への抜け道があります。 道の途中にある【車井戸】。茶の湯に使用された井戸だそうです。別名【がんがん井戸】、深さは25mもあるそうです。 中を覗き込んでみましたが、水面は確認でき

  • 唐沢山城 その4(中央エリア/二の丸~本丸)

    高石垣~二の丸 【本丸高石垣】南城から二の丸に続く道からは、本丸の高石垣が観られます。関東ではこのような大規模な石垣は珍しいです。 このあたりには表御殿があったそうです。高石垣に沿って進んでいくと【二の丸南虎口】にたどり着きます。 こ

  • 唐沢山城 その3(中央エリア/大手道~南城)

    大手道四つ目切りをを超えて中央部に進みます。 【大手道】斜面を削って作ったような大手道。ちゃんと舗装されている緩やかな上りなので楽々歩けます。【さくらの馬場】馬場というからには馬の訓練をしたところのはずですが…他の城址でみる『馬場』に較べて

  • 唐沢山城 その2(西側エリア/大炊の井~西域)

    大炊の井 さらに先に進むと、 築城から現在まで水が涸れたことがないという【大炊の井(おおいのい)】があります。現地の説明書きによると、『築城のさい厳島大明神に祈願をしその霊夢により掘ると水がこんこんとわき出た』とのこと。 大炊の井を別

  • 唐沢山城 その1(西側エリア/虎口~武者詰)

    唐沢山城について唐沢山城全体図(武者詰にあった案内板より)続100名城登城14城目(通算112城目)は、栃木県佐野市の【唐沢山城】です。構造唐沢山城は唐沢山山頂を本丸とし、尾根に沿って曲輪がほぼ一列に配置される【連郭式】の大規模な城郭です。

  • 大多喜城 その3

    その他の遺構博物館を出て、高校とは反対側の道を通って駅方面へ戻りながらその他の遺構を観ていきます。この【二の丸公園】から天守とは反対側に登ると鐘撞き堂などがあるらしく、復元ジオラマからするとそちらが本来の登城路(搦手)のような気がするのです

  • 大多喜城 その2

    本丸 というわけで試しに登ってみたら、あっというまに天守の下にたどり着きました。大井戸からこの写真の位置まで道程150mほど。車道を行くよりはるかに近いです。上から大井戸を見下ろすことも出来ます。天守周辺には土塀も復元されています。 よく見

  • 大多喜城 その1

    大多喜城について博物館下のゲート付近にあった図 続100名城登城13城目(通算111城目)は、 千葉県夷隅郡大多喜町の大多喜城です。構造 大多喜城は、現在いすみ鉄道大多喜駅のあるあたりから西に三の丸、現在大多喜高校のあるあたりが二の丸、山の

  • 忍城時代祭

    城めぐり・忍城登城の日は、ちょうど【忍城時代祭】の当日でした。市役所~産業文化会館周辺に多数の屋台が出るほか、ステージイベント等もあり賑わいました。そして目玉イベントがいくつか。武者行列まず、武者行列。10:50頃、産業文化会館前での出陣式

  • 忍城

    忍城について 忍城址内にある案内図より(通常の地図と逆に図の下方が北)続100名城登城12城目(通算110城目)は、映画にもなった【のぼうの城】の舞台、忍城です。 構造忍城は埼玉県北部の行田市内にある戦国時代の城です。広大な湿地帯に点在する

  • 沼田城 その3

    捨曲輪 沼田公園の北西部。ここは【捨曲輪】という、敢えてなにも建物を置かない曲輪だったそうです。現在は天狗堂などがあります。【平八石】沼田氏12代当主沼田顕泰(あきやす)の側室の子、沼田平八郎景義(かげよし)に由来しています。平八郎は摩利支

  • 沼田城 その2

    二の丸沼田城二の丸には、城時代の遺構はほぼ残っていません。その代わり、旧生方家住宅などの明治~大正期の建築が保存されています。旧生方家住宅沼田藩の薬酒御用達を務めた商家である生方家の住宅が保存されています。17世紀末頃(というと将軍が徳川綱

  • 沼田城 その1

    沼田城について沼田公園入口付近の案内図より図の右方が北です。続100名城登城11城目(通算109城目)は沼田城です。沼田城は群馬県沼田市内、利根川と薄根川な合流点近く、河岸段丘の上に築かれた城です。歴史沼田城は享禄5年(1532年)、沼田氏

  • ロックハート城でカレー

    いろいろまわって11時。朝食が6時だったのでそろそろお腹がすいてきました。ちょうどパーク内のレストランも開店時刻。『ロケ地カレー』の看板に惹かれて、ハートバザールにも近いカフェレストラン【パトリシア】へ。このお店、メニューを見ると『ロケ地(

カテゴリー一覧
商用