住所
出身
ハンドル名
くじらさん
ブログタイトル
夏の鯨
ブログURL
https://www.natsunokujira.com/
ブログ紹介文
ご近所山の高尾山情報、関東周辺の山々の写真メインの登山記録、山にまつわるあれこれをお届けします。
自由文
-
更新頻度(1年)

63回 / 77日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/05

くじらさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(IN) 47,286位 圏外 47,286位 46,521位 39,503位 39,495位 35,608位 960,893サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 80 440 0 10 20 580/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 892位 圏外 892位 887位 694位 692位 598位 11,742サイト
登山 177位 圏外 177位 178位 131位 129位 113位 2,293サイト
その他スポーツブログ 816位 圏外 816位 811位 775位 769位 724位 11,941サイト
マラソン 271位 圏外 271位 267位 255位 252位 242位 2,425サイト
ハンドメイドブログ 2,896位 圏外 2,896位 2,896位 2,628位 2,604位 2,515位 47,881サイト
編み物(個人) 147位 圏外 147位 140位 132位 130位 127位 1,935サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,670位 16,386位 13,884位 11,246位 11,102位 9,492位 8,482位 960,893サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 80 440 0 10 20 580/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 291位 307位 247位 195位 189位 171位 153位 11,742サイト
登山 24位 28位 19位 14位 14位 11位 10位 2,293サイト
その他スポーツブログ 556位 576位 514位 455位 456位 414位 378位 11,941サイト
マラソン 217位 223位 199位 180位 181位 167位 155位 2,425サイト
ハンドメイドブログ 2,037位 2,137位 1,868位 1,579位 1,578位 1,428位 1,332位 47,881サイト
編み物(個人) 132位 136位 130位 125位 122位 119位 115位 1,935サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,893サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 80 440 0 10 20 580/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,742サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,293サイト
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,941サイト
マラソン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,425サイト
ハンドメイドブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 47,881サイト
編み物(個人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,935サイト

くじらさんのブログ記事

  • noteに靴下の編み方まとめました

    毛糸で編む山用の靴下の編み方をnoteにまとめてみました。 ブログをまとめつつ、一歩踏み込んだ説明を加えています。現在かかと手前まで掲載中。完成してから公開しようかと思っていたのですが、ブログと並行して育てていこうと思っています。お楽しみに! 毛糸で編む山用の靴下|くじら @natsunokujira|note(ノート) note.mu www.natsunokujira.com www.natsunokujira.com www.natsunokujira.com www.natsunokujira.com //

  • 雨の陣馬山に登る

    週間天気予報を開いて、次の休みに雨や曇り印がついているとがっかり。さて、どうしようというところですが、雨の陣場山も悪くないですよという話を書きます。 陣馬山。登山ルートはいろいろあるのですが、JR高尾駅から30分ほどバスに揺られ、陣馬高原下で下車、そこから和田峠を経て陣馬山山頂に至るコースは和田峠までアスファルト道です。晴れた日は味気ないと感じるアスファルト道も雨の日は大助かり。 和田峠から山頂まで20分程度土の道ですが、階段が整備されています。格別に美しい植物が楽しめます。そして圧倒的な静けさ。鳥の声が聞こえてきたらぼちぼち雨が上がる知らせです。 ※山頂には陣馬うどんが待っています。 出逢う…

  • 【本】エマおばあちゃん、山をいく/ジェニファー・サームズ作 まつむらゆりこ訳

    全長3500kmのアパラチアン・トレイルを踏破した伝説のおばあちゃんの山に対する気持ち・行動する気持ちがぎゅっと詰まった一冊。 エマおばあちゃん。実在の人物でロングトレイル愛好家、ウルトライト愛好家の中では神様のような人です。 山大好きですが、時々いろんな意味で悪魔がささやく時があります。悪魔の声の内容は秘密です。そんな時、この本を開くと悪魔が退散するという仕組み。 さてさて、この週末はどこの山を歩こうかな? エマおばあちゃん、山をいく~アパラチアン・トレイルひとりたび~ 作者: ジェニファーサームズ,Jennifer Thermes,まつむらゆりこ 出版社/メーカー: 廣済堂あかつき 発売日…

  • 高尾山グルメ・もみじ台細田屋のなめこ汁

    もみじ台細田屋のなめこ汁をレポします。 // ぶりぶりのなめこたっぷりのなめこ汁。いつも混雑している高尾山頂から10分ほど奥高尾に向けて歩いた場所にもみじ台細田屋さんはあります。この辺りまでくると観光地的要素も薄れ、山の空気もごちそうだということが実感できます。 細田屋さんより奥高尾方面のお茶屋はハイカー向けとなり、お結び程度のものであれば持ち込みさせてくれます。 本来、登山は麓から自分の安全を担保出来るだけの食料と水は担ぐというのが流儀、小屋や茶店があると分かっていても、不測の事態に備えて1食分程度持参します。そこから来ている「持ち込み可」です。マナー守りましょう。 細田屋さんでなめこ汁+持…

  • 毛糸で編む山用の靴下 その4・かかとを編む

    かかとを編みました。かかとはW&T。餅は7個です。3目1度編みが大好きで、普通の引き返し編み。糸を引っ張りながら硬めに編みます。 ※かかと編みを山登りに例えると、九十九折りの路を登って同じ路を下山する感じです。 // 甲から見た状態(左)と足裏からみた状態(右)つま先から編むと要所要所でフォルムをしっかり確認できて安心です。この状態からぐるぐるとメリヤス編みで5段。後は一目ゴム編みでどんどん編みます。 次はレッグ部分を編むです。 毛糸で編む山用の靴下その1はこちら。 毛糸で編む山用の靴下その2はこちら。 毛糸で編む山用の靴下その3はこちら。 //

  • 高尾山若葉まつり2019

    新緑の高尾山を歩いてきました。 一か月ぶりの高尾山。前回はお花見だったので、緑色的には迫力に欠けていたのですが、今回は素敵に葉っぱだらけの緑のジャングルに変貌していました。高尾の樹々は年中最高と思っている高尾山愛好家ですが、新緑から山がすっかり深緑色になる真夏までのフィトンチッド大量発生中の高尾山の山っぷり緑っぷりが大好きです。 4/6から5/26まで高尾山若葉まつりが開催されています。中でも楽しみにしているのが「野点」。麓の不動院で行われます。今年は5/11と5/12。この緑の中で学生さん達がもてなしてくれるお茶はすがすがしく心洗われます。 おしらせ(詳細情報) | 高尾登山電鉄公式サイト …

  • ホリデー快速おくたまの拝島での切り離しについて

    奥多摩に向かううきうきハイキング列車・JR特別快速ホリデー快速おくたま号の拝島での切り離しについて書きます。 ホリデー快速おくたま。新宿から中央線で立川→そこからは乗換不要で青梅線に乗り入れ一気に奥多摩まで向かう特別快速です。 ただ、ちょっとだけ注意が必要です。 山大好きでもやっぱりちょっとキツイ早起きをクリアして、新宿で中央線のオレンジ色したホリデー快速にそそくさと乗り込み着席、うとうとしているうちに気が付いたら奥多摩に到着しているはずなのに武蔵五日市に着いちゃった。 今の世の中で嘘みたいですが、起こりうることなんです。 何故かというとホリデー快速おくたま号は拝島でホリデー快速おくたま号とホ…

  • 毛糸で編む山用の靴下 その3・かかとまで編む

    毛糸で編む山用の靴下その1はこちら。 毛糸で編む山用の靴下その2はこちら。 つま先のマーカーからぐるぐると編み進めます。 編み針が2セット必要になるのですが、私はこんな風に一気に両足編んでいます。片足ずつ編んでもいいのですが、何だかずっとこのやり方です。 ※今回「段染め糸の柄合わせ」を省略しています。この靴下、レッグ部分で大量に糸を使うので50センチ、100センチでも大事にしたいのです。 つま先のマーカーからまっすぐに45段編みました! 45段編んだ様子は下の通りです。あれ?足りなくないかな?という印象かと思いますが、こんなもんです。かかとまるっと出ている感じ。 最後の段にマーカーを付けましょ…

  • 雲取山にのぼる その2

    翌朝は爽やかに晴れ。GW連休の宵っ張り生活の寝不足を小屋で解消することになり遅めの出発。と言っても6時半ごろにはご飯を済ませて小屋を出た。朝の空気が爽やか。 三峯方面への下山を考えていたけれど、今年もまだ神社人気の影響で交通の混雑が続いていると聞いたので、鴨沢へ下山し丹波山村ののめこい温泉に寄る計画で出発。 「雲取山にのぼる その1」はこちらです 雲取山山頂。すがすがしい。今年はスーパー快晴とはいかなかったが、綿菓子のような雲をまとった優しい富士山を見ることが出来た。山の朝、最高! 東京都、埼玉県、山梨県と三県の山頂がある雲取山。富士山、南アルプスのある余裕の山梨県、すっきりとした山頂の記し。…

  • 雲取山にのぼる その1

    GWは雲取山にのぼりました。もう何度も訪れている奥秩父山塊の名峰です。 大混雑のホリデー快速、大賑わいのバスを乗り継ぎ。鴨沢からスタート。新緑が美しい。 ヒトリシズカ。一人静。別名、吉野御前。花言葉は静謐。義経、最愛の静御前が舞う姿を、この花の名とした古の日本人を思いながら歩く。杉林の光が差すところによく咲いていてさながら舞台のようでした。 いい気分で堂所を歩いていると、丹波山村のはっぴと地下足袋というかわいらしい女性が歩いていたので話しかけてみた。丹波山村の文化財担当をされているとのことで七ツ石神社のお札ステッカーくださった。嬉しい。土地の伝統や文化に情熱を注ぐ姿にぐっと来た。山の中で嬉しい…

  • 毛糸で編む山用の靴下 その2・つま先を編む

    毛糸で編む山用の靴下をご紹介します。その1はこちらです。 www.natsunokujira.com さっそく、つま先から編みはじめます!の、前にすこしうんちく。 手作りって何でもそうだと思いますが、絶対こうしなければならないというルールはありません。山にいろいろなスタイルがあるのに似ています。編み物も同じ。 靴下を眺めて気が付くかとおもいますが、靴下って筒の編地の片方を塞いだだけでも成立します。ご紹介する編み方以外にも、編み方はいろいろあるということを頭の隅に置いて見ていただけると、嬉しいです。 例えば、針。私は「輪針4本」で編んでいますが、実は普通の細い竹の針でも編もうと思えば編めるし、な…

  • 毛糸で編む山用の靴下 その1・イントロダクション

    毛糸で編む山用の靴下をご紹介します。 以前、選んだ登山靴が足に合わず、自分で編んだ靴下を履いてみたらなかなか良かったのがはじまり。以来、いろんな糸で編んでみたのですが、REGIAというドイツ生まれの糸が素晴らしく、登山用の靴下はこれ一筋。 先日「編んだよ」エントリーをしたら好評だったので、編んでいる様子を何回かに分けてご紹介します。 ただ、実は靴下編みは編み物未経験の方にはちょと難しい分野です。マフラーが高尾山なら、靴下はテント担いで八ヶ岳縦走くらい。とりあえずどんな感じで編むのかな?とちょっと覗いてみる気分でご覧いただけると嬉しいです。 今日は、まず準備するものをご紹介します。 準備するもの…

  • 高尾山の富士浅間社

    令和元年。最初のエントリーは縁起良く富士山と高尾山について書きます。 高尾山薬王院の大伽藍の一番高いところに富士山の神様・浅間権現が鎮まる富士浅間社があるのをご存知でしょうか? 北条の時代から富士山は信仰の対象。この時代、隣接する武田とは敵対していたため、甲斐を通って富士に登ることが難しくなり高尾山に浅間神社を作ったそうです。 時は流れて江戸時代、高尾山は富士山に登れない人々の富士山詣での場所となったそうです。女人禁制でなかった高尾山は富士山に登りたい女性の気持ちも叶えることになります。今の高尾山のオープンな雰囲気はこんな歴史も関係しているのでしょうね。 何だかとっても縁起が良いので、私は富士…

  • 夏草や兵どもが夢の跡・八王子城跡(八王子城山)にのぼる その2

    さて、いよいよ八王子城山・本丸に向けて出発! 氏照公墓所や御主殿についてはその1をどうぞ。 www.natsunokujira.com いざ出発! 出だしからいきなりの急登。汗が噴き出ます。 金子曲輪。古の要塞は今は和やかな休憩スポットです。夏草や兵どもが夢の跡。 そしてここまで登ってはたと気が付いた。 八王子城、巨大! まだ、本丸まで半分あります。本気で戦うための城だったことがわかります。昔の武将は、甲冑つけて武器持ってこれを登ったんだ。すごいな。 加えて日本あちこちに残る名城が持つ優雅さもある。すごいな八王子城。遠くの方でほら貝の音が聞こえた気がしました。 登る登るそして視界が開けてびっく…

  • 雨の高尾山(平成最後の日)

    平成最後の日の高尾山は雨となりました。天気:雨 気温:11.5℃ 富士山展望:×GW4日目、平成最後の日の高尾山は、しっとりとした雨が降り、静かです。生まれたてのナナフシも雨宿り。霧のなかに浮かぶマルバウツギが幻想的です。#高尾山 #平成最後の日の高尾山 #高尾山GW pic.twitter.com/3xZwQSCAPm— 高尾ビジターセンター【公式】 (@takaovc) 2019年4月30日 高尾山、本当に役者です。実は雨の高尾山、ものすごく素敵です。古い記事に加筆修正しました。 雨の高尾山(2012/3/10) 杉花粉の飛散ピークがいよいよというこの時期に杉の木のある山に近づくなんてあり…

  • 夏草や兵どもが夢の跡・八王子城跡(八王子城山)にのぼる その1

    高尾山のお隣の山、八王子城山に登りました。八王子城跡と呼ぶ方が一般的かな。八王子城は北条氏照が築城した巨大な山城。日本百名城にも、東京では江戸城(皇居です)と共に選ばれている名城です。(こちらがオフィシャルガイドの会のサイト。すごく詳しいです!) ですが・・・実ははじめて。そう、八王子市民の友人から「(おばけが)出る。ぜったい出る!」と何度も言われて延ばし延ばしになっていたのです。都内屈指の心霊スポットとか言われちゃう場所。 無理もないのです。北条氏が秀吉に敗れ落城、一族が非業の死を遂げた場所。ちょっとどきどきしましたが、気持ちを引き締めていざ! で、登ってみた感想は、 すごくいい城だった。す…

  • 高尾山登山コース・稲荷山コース

    高尾山登山コース・稲荷山コース。スタートは京王高尾山口・清滝。高尾山の隣の山、稲荷山にまず登り、尾根伝いに高尾山山頂に至るちょっと長めのコース。 長く歩きたいときは稲荷山コースがおすすめです。土の道ですが、道幅が広く。グループ登山では歩きやすいかと。そうGWや紅葉の混雑時にはここを選ぶと落ち着いたハイキングが楽しめる? あまり変化が無く、高尾山初心者だったころは「まだ着かないのか?」とちょっと不安になったものです。哲学の道(京都)で「短すぎて哲学できないじゃん」とツッコミを入れた人にはぴったりの道です。また、だれかとふたりでゆっくりしゃべりたいときなんかにもいいかも。並んで歩けるのは一号路とこ…

  • 高尾山薬王院で御朱印拝受

    高尾山薬王院。名刹です。山の中腹にある本堂近くの御護摩受付所で御朱印を拝受できます。 1000年の長い歴史は他の書物にお願いするとして、今回は御朱印の真ん中に書かれている山岳信仰の影響も受けた神仏一体の飯縄大権現について書きます。 飯縄大権現様、江戸時代に大人気だったそうですが、明治時代に神仏分離令が出され危機を向かえました。多くのお寺が廃仏毀釈の嵐に飲みこまれ、お堂や貴重な仏像が破壊されたそうですが、飯縄大権現は飯縄不動と名前を変え、何とかその難局を乗り切ったそうです。 この飯縄大権現を祀っているのが、飯縄権現堂なのですが、よく見るとしめ縄がはられています。これは神仏習合の名残りです。高尾山…

  • 高尾山登山コース・3号路(カツラ林コース)

    高尾山には番号のついた登山路が1号路から6号路までありますが、京王高尾山口・清滝から山頂に一本道でつながっているルートは1号路(表参道コース)、6号路(びわ滝コース)、稲荷山コースの3つです。(厳密に言うと6号路は最終的には、山頂直下の短い5号路に合流します。) 2号路、3号路、5号路はテーマごとに区切られた短いルートの名前になります。標高599メートルの高尾山ですが、登山路がたくさんありルートをカスタマイズできるなんとも贅沢なお山なんです。 // 3号路(カツラ林コース)は高尾山の南面をトラバースする樹林帯マニアにはたまらないルート。高尾山で樹々を一番じっくり観察出来るルート。鳥の声、風の音…

  • 【本】富士山に のぼる/石川直樹

    登山家でありカメラマンでもある石川直樹氏の子供向けの絵本です。以前、家族が病気をして辛かった頃、図書館の絵本のコーナーで偶然見つけて猛烈に励まされました。病院の帰り、図書館で何度となく読んだのが最初。その後落ち着いたところで購入して持っています。富士山の写真がすばらしいのはもちろんですが、富士山はもちろん全ての山への愛がびしびし伝わってきて胸を打たれます。(後ろの手ぬぐいは塔ノ岳・尊仏山荘で買ったもの。好きすぎてエンジ・紺2色とも持っています。) 富士山にのぼる 作者: 石川直樹 出版社/メーカー: 教育画劇 発売日: 2009/12/01 メディア: 大型本 購入: 3人 クリック: 13回…

  • 【本】マラソンは毎日走っても完走できない/小出義雄

    高橋尚子さん・有森裕子さんを育てたマラソンの名監督・小出監督が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。 小出監督、アクアラインマラソンのスタート地点で「ガハハ、凄いカッコしてんな!」って言って握手して貰った思い出がある。ガチな陸上監督なのにコスプレランナーにも優しい稀有な人だったよな…。#小出監督 — ランニングデビルマン (@runningdevilman) 2019年4月25日 中年になって突然始めたフルマラソン。練習と勉強は自己流。マラソンのことはトップニュースになるようなことしか知らなかったので、まず高橋尚子さん・有森裕子さんを育てた名監督・小出監督の「マラソンは毎日走っても完走でき…

  • 高尾山の植物 その6(ヤマボウシ)

    勘違いもまた楽しい。ずっと白い花だと思ってたんだけど、白いとこは葉っぱなんだそう。それにしても清々しい。胸がすっとする。花言葉は友情。 街路樹でも時々見かける親しみのある樹。剪定されていない野生の木々の広がりが凄い。木はこうでなくっちゃ。という風情。高尾山でもあちこちで見かけるけれど、気に近づきやすい場所としては一丁平。 梅雨時期に開花するんだけど、ここのところ気候がなんでも早めなので、お知らせしておきますね。 //

  • 奥高尾グルメ・清水茶屋の陣馬うどん

    陣馬うどん。陣馬山山頂にある茶店、清水茶屋さんでいただける具だくさんのうどんです。陣馬山にに登ったら必ず頂く逸品。大好き。何杯食べたかカウント不可。 何度か浮気はしたけれど、陣馬山グルメの中では圧倒的な存在感。毎回これです。ずっとこれでいいです。大好き。おつゆも飲み干します。季節によってはゆずがトッピングされていてさらに美味しい。 そしてさらに最高なのが・・・ 清水茶屋には富士山の眺めがついています。 どれだけ推しか言葉で説明できません。以下、食べた記録です。 ※具は季節によって変わる可能性があります、以下の写真と違っていた!とクレームは出さないでくださいね。 【山歩】陣馬うどん(・∀・) 真…

  • 高尾山の混雑回避してGWは陣馬山で新緑ハイキング

    高尾山について発信している以上、避けて通れない話題が「混雑」。 繁忙期は、元旦、桜、GW、紅葉というところでしょうか。目の前に迫る10連休も混みあうと予想されます。高尾山マガジンさんのこのツイートにびびりました。すごいなこれ。 【ブログ】GWの高尾山は紅葉と並んで大変混雑します。高尾山マガジンに混雑状況をまとめた記事がありますので、ぜひご覧ください。数年前に撮影した記事ですが、少し追記してみています。早めの行動をすると混雑を回避できるかも?富士道などの裏道を行くのも有効ですよ。https://t.co/1kPQMS5FG5 — 高尾山マガジン (@MtTakaoMag) 2019年4月19日 …

  • 高尾山登山コース・1号路(表参道コース)

    高尾山登山コース・1号路(表参道コース) 薬王院でお参りし山頂に至る高尾山のメインルートです。尾根に出るまでの急な登りにはリフトとケーブルカーもあり、観光ルートとしても有名です。 高尾山口駅・清滝から山頂までずっと舗装されており、登山者目線でみるとちょっと味気なくかつての私もあまり通らないようにしていたのですが、最近は 筋トレ道 としてものすごく気に入って登っているルートです。観光ルートとしても有名なので易しそうですが、尾根に上がるまでの登りはかなりの勾配で鍛えられます。 6号路でテーマ曲がGreen Daysなら1号路はミッションインポッシブルのテーマ曲というところでしょうか。 Missio…

  • 東京観光情報センターで奥多摩・高尾山の山情報

    東京観光情報センターで可愛らしいい東京観光のカードが配布されているのをご存知でしょうか? 東京観光情報センターは、都庁(新宿)、バスタ新宿、羽田、京成上野、多摩(立川)に展開している都の観光情報を発信しているカウンターになります。 たまたま立川に出かけたとき、東京観光情報センター多摩(立川駅直結の駅ビルエキュートの3階にあります。このフロアにはスタバとタリーズがありくつろげますよ。)に立ち寄り「わが街はどう描かれているのか?」とチェックしている時、山の情報がかわいいカードで発信されていることを知りました。東京都、なんと36%が山です。 東京都の最高峰・雲取山(低山トラベルの大内征さん)、雲取山…

  • 高尾山の植物 その5(モミジイチゴ)

    登山道整備のボランティア活動した景信山の登山路の脇にたくさん咲いていた。補修しなければならないほどの場所に咲く花。生命力が強いんだろうな。 www.natsunokujira.com なんともかわいらしい控えめな花。葉っぱの形がモミジに似ているからモミジイチゴというそうです。でもこの花、これだけでは終わらない。名前の通りイチゴです。花が散って、しばらくしたらそこからイチゴの実になる。自然すごいや。Google先生によるとどうも美味しいらしい。高尾山系では植物の採取は禁止です。動物達のデザートというとことでお願いしますね。 //

  • 高尾山系・景信山で登山道整備のボランティア

    登山道整備のボランティア体験してきました。 山登りを初めて、すぐに気が付いていたんです。登山路をせっせと整備してくださる方がいることを。台風の後に倒木を撤去したり、ぬかるんで田んぼみたいになったことろに土嚢を置いてくれたり、道標を整備してくれたり。 自分にも何かできないかな? ずーっと頭にはあったのですが、なかなかきっかけがなく・・・。でも、それは突然やってきました。きっかけはこのツイート。「抽選か!当たれ!」 東京都高尾ビジターセンターが、4月20日(土)に「1DAYボランティア体験」で参加者を募集中。都レンジャーの方とともに、登山道整備の体験ができます。参加者募集中!https://t.c…

  • 高尾山の植物 その4 (ヨゴレネコノメソウ)

    小さいんだけどとても目が行ってしまう植物がある。ヨゴレネコノメソウもそのひとつ。この植物を高尾山で見るたびに「この柄のシャツ欲しい。」って思う。好みです。 初めて見たとき、造花かなと思ったほど、きりりとした凛々しいフォルム。ポップな色合い。演技派女優。儚げじゃないところがいい。 それにしてもどうしてこんな不名誉なネーミングなんだろう?この茶色っぽい花の部分のためかなあ? 面白い花を見つけたら、取りあえず写真に撮って、帰りの電車でこそこそスマホで調べる。検索するとどんどん出てくる。花の名前はもちろん。花にまつわる物語が。 このヨゴレネコノメソウ久しぶりに検索したけど、これぞ本当の名前の由来だろう…

  • 高尾山登山コース・6号路

    高尾山登山コース・6号路。沢沿いの緑がうっそうとした路。水の山である高尾山を代表するルート。 山には四季折々の表情があり年中楽しめるのですが、この6号路の良さが一際かがやくのは初夏から秋口までの葉っぱが青々としている季節です。 高尾山に張り巡らされたルートの中でもひときわ青春を感じる路。この路を歩く時の私のテーマ曲は槇原敬之さんの「GREEN DAYS」です。 まっすぐにまっすぐに伸びるこの緑色の道を歩きながら続いていく僕らのGREEN DAYS 6号路のポイント 高尾山口駅から山頂までの所要時間:標準で90分から100分。 ずっと土の山道。途中にトイレや自販機はありません。水は必ず持って行き…