chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 暑い高尾山(2022年夏)

    高尾山(2022年夏)高尾を歩くと分かるこの異常な暑さの一つの解は樹々だと いやーものすごい猛暑です。 エアコン苦手ですと断言して生きてきました。引っ越しであまったエアコンを仮に付けたほぼ納戸四畳半の私の部屋。掃除するくらいなら捨てる、と思ってました。捨てなくてよかった。外気が35度越えたら、エアコン要ります。 そして、夜中に喉が渇いて目が覚めて、それでも眠くて起き上がれず、血液どろどろかもしれないとうなされながら朝。何やってんだという感じ。今日から絶対枕元に水筒置いて寝ます。 そんな中、相当暑かったけれど日曜日は「外の方が気も晴れるし、高い山に向けて鍛えたい」といつものように高尾に出かけたの…

  • 大菩薩を歩く・鳥の人(2022年)

    大菩薩嶺(2022年7月)今世紀最高の風がふいています 大菩薩嶺を歩いてきました。 大菩薩といえば富士山の眺めが有名ですが、夏場は雲が上がりやすく、見えなかったりします。今回も雲の中。以前はここでちぇっとなっていたのですが、いつの頃からか、私の大菩薩登山の目的は森歩きとなり「今日はお日様がありそうだな」くらいの感覚で出かけて、相当楽しませてもらっています。毎回大菩薩の森、最高と発信している気がします。もちろん今回も。 そんな最高!の中にもいろんな最高があるのですが、今回は「風」にやられました。山を吹き抜ける心地よい風。得も言われぬ爽やかな良い風。終始ふいていました。テーマ曲はナウシカの「鳥の人…

  • 富士山にのぼる・その2(心に花を持とう~富士山に咲く花・オンタデ・2022年)

    山登りをしていると多かれ少なかれみんな「花に目覚め」ます。 花に出会うことは、美しいものとの邂逅であるのはもちろん、季節ごとの自分の体力や成長の確認だったりで、間違いなく楽しいわけです。山ごとに有名な花はあるけれど、その「花」は誰かが決めるのではなく、何気ないきっかけで「あたしの花」となるのが良い感じ。 オンタデ(2022年7月) 私の富士山の花はオンタデ。今回の登山で「あたしの花」決定。 オンタデ。富士登山をした方なら絶対見ています。大量に咲いています。森林限界を超え、岩稜帯で力強く。でも当たり前すぎて気づきません。 ※赤丸のとこ全部オンタデ。 私がオンタデに「出会う時」が、ついにやってきま…

  • 富士山に登る・その1(学びと気づきの7合目まで日帰り登山・2022年)

    2022年夏山第一弾は富士山。といっても山頂は目指さず、朝バスで5合目に到着し、時間をサミットに7-8合目で折り返す「大好きな富士山訪問・高度順応」でゆるく計画。 ところがいざ歩いてみると学びと気づきの貴重な体験となりました。これまで富士山は6回訪問しており、山頂は3回踏むことが出来ました。高山病で撤退したこともあります。山頂を目指さない1合目から5合目登山なんかも。そう、いろんなことがすでに頭にはいっており、あれこれ迷うことなく進めるわけです。 でも日々にかまけて、すっかり忘れちゃってたことを富士山は呼び戻し、新たな学びも与えてくれました。 すごい富士山。ありがとう富士山。やっぱり富士は日本…

  • 何だか浮かれられない梅雨明けだけど、小仏城山のかき氷は美味しかった(梅雨明け2022)

    高尾山・ユキノシタ(2021年5月)水に満ちた小さな植物の楽園いつまでも 関東甲信地区の梅雨明けが発表されました。梅雨入りからの最短記録での梅雨明け発表だそうです。実際には25日が平日だったら発表された可能性もあるので、もっと短かったことになりますね。20日程度の梅雨。 大丈夫か?地球。 関東甲信地方で梅雨明け 統計史上最も早く、梅雨入りから最短記録東京新聞 TOKYO Web https://t.co/54t0kwzG4H — 東京新聞編集局 (@tokyonewsroom) June 27, 2022 梅雨明け後の高気圧がバーンと張り出した状態は高山登山の最高のタイミングなので、いつも心待…

  • 【フォトLOG】YOASOBIさんの透明感とNIKON様へのお願い

    ハルジオン(2022年5月)あたしのRAW現像テーマ曲はYOASOBIさんです ここ半年ぐらいずっと気合を入れるときとRAW現像するときはYOASOBIさんです。透明感が凄い。こころがすっとする。 ホワイトバランスを右にふるか、左にふるかの決断は全部YOASOBIさんが知っているという感じです。楽しい。 この季節近所にわさわさ咲くハルジオンも愛情を込めて眺められるのは、YOASOBIさんを思い出すから。楽しいっ。 話変わって。一点NIKON様にお願いしたいことがあり勇気をだして書いてみます。Z5を愛用して丸1年。写活が楽しいです。いろいろ欲はあるけれど、全世界のスナップ写真愛好家に向けて世に出…

  • 【フォトLOG】紅茶とうちのゴムの木と今とは違うかもしれないけれど明るい未来

    うちのゴムの木(2022年6月) 去年ぐらいからお菓子界隈の異変に気が付く。箱の大きさは同じだけど中身が少ないとか。同じネーミングのお菓子だけど「材料同じか?」疑惑とか。原材料、高騰による企業努力だけど肩透かし感が楽しさを奪っている。 よし!自分で作ろう。ほんとのバターで作った焼き菓子は生焼けと焼きすぎを回避すれば素人作でもそれなりに美味しい。いつもは珈琲だったけど、気分転換に飲みはじめていた紅茶に自作の焼き菓子が合いすぎて、あっさり「紅茶にはまる」。 円安と「大きな変化」に突撃中の世の中で加熱するあたしのお茶生活。在宅勤務で更にお家でお茶。外カフェもパッとしないお家でお茶。あれこれ飲みたい。…

  • 【フォトLOG】「パンがなければ、おにぎりを食べればいいじゃない」(マリー風)

    雲取山を行く旅人(2022年5月)山のシンプルな衣食住はこの先のひとつの解かもしれません いやまいった。値上げだ。値上げだ。と、世間ではずいぶん前から言っているけれど、ぼーっとしていた。でも、今ほんとに値上っている。旬の安い野菜を小まめに買うのが目的で、在宅勤務時の昼休みウォーキングはスーパー。早足で売り場を歩く私も気づいちゃうこの値上げ。 ある日、268円のキビ糖を見つけて「明日自転車で来てまとめ買いしよう」と思って次の日来たら、その品は売り場から消え350円ぐらいの別キビ糖に入れ替わっていた。何だこの値上げ劇場。これが軽くショックで、立ち上がる。 ざっとだけど調べてこれから値上りそうで、絶…

  • 【フォトLOG】コロナが落ち着いて来たんだけど「お家カフェ」

    高尾山(2022年5月)葉っぱ青々芸の道は遠く険しいけれど、人生追いかけられるもの見つけちゃったもん勝ち。と、キレイに撮れた時は独り言ちます。 コロナ禍も大分落ち着いてきました。よかった。 振り返るとこの2年間の間にいろんな価値観が変わった。個人的には、大きな趣味である登山と写真はコロナと一番遠いところにあるので「何かをあきらめなければならない」は無かったのですが、いろんな意味での人と距離を取るが固定化してますね。(ソロ活派の自分としてはこれは楽で良いけど、時々さみしい) そして小さいことだけど意外と個人的にインパクトが大きいのが「職場の近くや出先でちょっと甘いものつまみつつ珈琲を飲む」という…

  • 雲取山にのぼる(2022年)

    雲取山・三峯側の天然林(2022年5月)久しぶりの山に興奮し、かまってなかったZさんですが最高級写ルンですとしてしっかり山の緑を記録していました。えらいぞ。 今年の連休は3年ぶりに雲取山に登ってきました。 そう3年ぶりの小屋泊です。雲取山は登り5時間下り5時間、途中で景色を楽しみつつ休憩したりするともちょっと時間がかかるため、脚力普通民には日帰り出来ないお山なのです。 コロナの感染が拡大し、相部屋が主である山小屋にどうしても泊まる勇気がなかったのですが、ワクチン3回打ったし、世間的にもこの連休はいろいろな制約も外れたので「よし!」と出かけてきました。 楽しすぎました。 山荘はものすごく感染対策…

  • あっという間に終わった高尾山の桜(2022年)

    一丁平のヤマザクラ(2022年4月)40mmじゃ木が大きすぎて切り取れずー24mm持ってくりゃよかった 開花情報と自分の休みの天気予報を眺め、どう動くか?とそわそわ落ち着かない「あたしの高尾桜まつり」が今年も無事終わりました。花も嬉しいですが、花粉症から解放され山歩き再開の個人的な祝賀行事でもあります。 今年の高尾の見ごろは早かった。4/8の土日か4/16の土日かだろうと思っていたのですが、結果は高尾山頂と一丁平(高尾から城山への尾根道)の満開は4/8の土日、小仏城山の見ごろは4/16の土日でした。激しい気温の上昇と雨、一気に咲いて、一気に散っちゃいましたね。本当にあっという間でしたよ。 4/…

  • 今年の高尾山のヤマザクラの開花は?(2022年)

    高尾山のヤマザクラ(相当古い写真) 麓のソメイヨシノが満開を過ぎると、高尾の尾根道にヤマザクラが咲くタイミングがやってきます。今年のヤマザクラ山行は今週末か?来週末か?というところでしょうか。個人的にまだ花粉が心配なのですが「なんとかなる」に違いない。そうだそうだ大丈夫だ。と出かける気満々です。 例年いつ頃が見ごろだっけ?おもしろ半分で昔のインスタを大発掘調査して日付と花の様子を調べてみました。(下に並べています)「中旬ごろ」というのが調査結果ですが、近年は早まっている感じもしますね。 仮に花のタイミングを外しても、富士山があるし、スミレがあるし、サクラが終わっていてもそれは新緑の幕開けなわけ…

  • 【フォトLOG】春爛漫。土門拳リスペクトの仁王様とサクラ。ほんとにこの単焦点レンズいいわ。

    国分寺薬師堂の仁王様(2022年3月)神社仏閣が花の名所だったりするわけで、私の中では仁王様と桜はセットです 花粉症でお山に行けない日々ですが、近所で桜撮り楽しんでいます。これって言いかえると花見をしまくっているわけで、くしゃみしながらも春を満喫しています。やっぱり花は良い。月並みですが美しいものをみると心が癒されます。 そしてソメイヨシノの開花時期とヒノキ花粉の爆飛びのタイミングは一緒なので、こめかみが痛くなるほどのヒノキによる花粉症の症状もなんだか笑って過ごせます。 そんなわけで前回に続き単焦点レンズ(NIKON Z5 + NIKKOR Z 40mm f/2)でスナップした写真をどうぞ。 …

  • 【フォトLOG】新宿御苑でのサクラ写真散歩(NIKKOR Z 40mm f/2 単焦点レンズ楽しすぎ)

    サクラ(2022年3月)透け感、抜け感最高。絶好調のサクラ様でございます。 お籠りを決めていた3連休最終日。花粉症が心配だけど、あたしの山の掟「晴れていたら取りあえず登っとけ」が頭をよぎる。そう「まだ満開じゃないから」と先送りするとだいたい何かの理由で行けなかったりする。今だ。行っちゃえ。へっくしょん。 はい。やれる対策は全部やって新宿御苑に出かけてきました。もちろんNIKON Z5 + NIKKOR Z 40mm f/2持って。単焦点レンズ、楽しすぎ。ズームレンズって実は「選択肢多くて」大忙しだったんだと再確認。単焦点レンズの画角固定のミニマル感最高です。 画角固定のミニマル感って何よ。初め…

  • 【フォトLOG】サクラ咲く(小金井公園の大漁桜をNIKKOR Z 40mm f/2で撮ってみた)

    小金井公園の大漁桜(2022年3月)オオシマザクラの仲間だそうです3/20靖国神社のソメイヨシノも咲いて開花宣言 爽やかな春の3連休。花粉症につきお家ライフです。 つまらないです。そんな中、ずっと品切れで、納期は半年先とのうわさもあったNIKKOR Z 40mm f/2(昨年の10月発売されたプチプラ単焦点レンズです)が届きました。小さくて可愛らしいレンズです。ツボりました。軽い(・∀・) f/2が嬉しすぎて近い写真ばかり撮りましたが、40mmなので、f/8とかにあわせれば、旅行なんかはこれだけで良いかも。もちろん花はこれ一択っすよ。 という訳で、おこもりの3連休、NIKON Z5 + NIK…

    地域タグ:小金井市

  • 高尾山の花・福寿草に井の頭公園で出会う

    福寿草・花言葉は「永遠の幸せ」(2022年2月)毒性があり食べるはダメだそうです。深い。 田中澄江さんが「花の百名山」の中で一番目の山を高尾山とし、高尾の花を福寿草としている。 ところがこんなに足しげく高尾に通っているのに一度も見たことがない。人が多く訪れる山なので、小さな植物には受難の山なのだ。また咲く時期が花粉が飛散するタイミングなので、もしかしたらの小さなチャンスも逃している。 そんな中、まさかのびっくり井の頭公園に咲いていた。きっれーい。煌めいているとはこういうことだ。「良いもの見た」と満足感でいっぱいになる。幸福感がすごい。 花の季節。花粉症の自分にはキツイ季節だけど、花最高!という…

    地域タグ:武蔵野市

  • 【編みむめも】放置していた靴下編み再開(花粉の季節2022)

    いやーまいった。まいった。 一気に気温が上がったこの2-3日、花粉が飛びまくり花粉症の自分はくしゃみと鼻水まみれ。頭もいたい。(頭というか正確にはこめかみ)山はおろか何かしらの外出もままならない状態。ベランダに出るのも嫌だ。 大人しくしてろ→自分。花粉はそのうち止む。 そうだ、編もう。 という訳でこの2-3日いきなり編み物再開。去年の後半放置していたかかと(やっぱりいまでもかかとには集中力が要ります)を仕上げたら、気楽になりどんどん進む。 この冬も散々履いた自分で編んだ靴下。スニーカー流行りのお陰で出ずっぱり。またせっせと編んでおこう。 応援(・∀・)ありがとうございます

  • 【フォトLOG】井の頭公園で梅を撮ってきた

    井の頭公園の梅(2022年3月)梅撮りむづい。北斎先輩ご指導お願いします。 ウクライナと世界の様子が気になりすぎて、朝に晩にニュースをチェックしている。どうぞ一日もはやくロシアの攻撃が止まりますように。 あまりの惨劇にしばらく頭が白くなっていたんだけど、ふと我に返り周りを見回すと梅が満開。我に返る。引き続きニュースは見届けますよ。市民の役割だ。 梅の花粉にも鼻がむずむずする花粉症体質なんだけど、短時間でと決め込み井の頭公園で撮ってきた。激しく普通の梅な仕上がりだけど、これはこれでよい。お花キレイ。やっぱり自然を撮るのは楽しい。 この間「今年は花粉症治ったかもしれない」と根拠なく高尾山に登ってみ…

  • 【フォトLOG】引き続き井の頭公園の水鳥(RAWデータに青が内包されていた)

    井の頭公園(2022年2月)NIKON Z5 どこまですごい目をもってるんだ。茶色い池に青を内包していた。 もうこんなことは起こらないだろうと思っていたこと・・・人々が銃をもち戦車が進みそこらで火の手がり街が焼かれる戦争がはじまってしまった。現地の人のあらゆる傷が一ミリでも小さいことを祈ることしかできない、今2022年。 iStock/GettyImageで専属コントリビュータとして活動しています! 応援(・∀・)ありがとうございます

  • 高尾山の冬のアンビエント写真(ASUS Zenfone8のサンプル画像)

    スマホ機種変以降、高尾で撮った写真です。カリッカリの写真も撮れるんだけど、40mm/f2待ちしているZさんが羨むほどよくボケるのでついついふんわり写真に仕上げちゃう。 ネットで電池持ちに対して批判的な意見があったので、あえて機種は書いていなかったのですがASUSのZenfone8です。もしかしたらゲームをする人には納得のいかない電力なのかもしれませんが、省エネ設定(それでも相当動きますが)にして、普通使いする分には私的には問題なしです。 もちろんカメラはPROモード。インスタ用なので1:1でサクサク撮っています。リフトに乗るチャンスが巡ってきたら動画も撮りたい。 ※よくボケます View th…

  • 高尾山ルーティン

    ジャングルみたいな夏の高尾が恋しいです(2021年夏) イチローの昼は毎食カレーとかスティーブ・ジョブズの毎日黒のタートルとかかっこいい大人には「ルーティン」がある。あたしも真似したい。でも、こういう毎日系・日々系のルーティンは子供の頃から続いたことがない。飽きちゃう。 そんな私だけど「だいたい毎週高尾山」はもう12年。「週」というペースが良いのか?高尾の自然がいつも変化するから飽きないのか?よくわからないけど続いている。 水筒と食べ物とスマホと財布を入れれば出かけられる「高尾山専用ザック」は用意してあります。着るものもは、帰宅したらすぐ洗って干してズボンでくるっと一式まとめてある。アネッサも…

  • 【フォトLOG】好きな色に仕上げてしまえRAW現像

    高尾山(2021年12月)「今日は大冒険」 自分で撮った写真に癒されまくりながらRAW現像。大量すぎて手が止まっていたけれど、スイッチが入った。 12月の高尾の森はもうちょっと暗かったような気もするけれど、暖かい絵が観たく、明るい色で絵作りだ。楽しい。 ※ふとしたきっかけで2018年に吉祥寺美術館で観た江上茂雄の画業を思い出し心に染み込ませている。すごくいい展示だった。 【展覧会レビュー】ひたすらに描き続けた「路傍の画家」の画業をたどる。佐藤直樹が見た、「江上茂雄:風景日記」展https://t.co/cjmIqf6Yq5 pic.twitter.com/2eJV68uewA — 美術手帖 ウ…

  • 【フォトLOG】もっとキレイに撮れるはずだ病

    東京に雪が降ったあの日 近所の駐輪場(2022年1月) 年明け早々いろいろパンチが飛んできます。オミクロン株で感染拡大、津波速報で睡眠不足、買い物に出かけたらいちいち物が高い。あんなことこんなこと。 それでも根拠なく何とかなるさと思えるのは写真のお陰かも。 動いていないように見える植物、実は激しく動いている。伸びている。1月に入って雪が降ったけれど、そのあともう近所の公園なんかでは梅が咲いたりしている。高尾の青木は新芽だらけだった。 先週撮った冬の景色はもう今週はない。えらいこっちゃなあれこれもきっと停滞はしない。よし。 このところ「もっとキレイに撮れるはずだ」病を発病している。言い換えると欲…

  • 【フォトLOG】すっかりきれいになった井の頭池の水

    井の頭池の水鳥のこども(2022年1月)水のきれいさに心打たれる 井の頭池の水のきれいさに目を見張る。何度かの「かいぼり」の効果が続いている。一回目かいぼりでは池から自転車が200台出てきたのはニュースになった。外来種もいっぱいいたそうだ。キレイな水、いつまでも。 【お詫び】昨日の井の頭池の写真に「井の頭池の鴨」と記載しましたが、待てよこれ鴨じゃないかもと思い調べたら、こんなにいました井の頭池に集う水鳥。カモもたくさんいますが、カモ以外もたくさん。失礼しました! 応援ありがとうございます(・∀・) くじらのStockPhoto (・∀・) 緑色の写真ならお任せください。iStock by Ge…

  • 【フォトLOG】井の頭池でスワンボートとシンクロする鴨が可愛かった

    お正月休みの井の頭公園(2022年1月)爽やか スワンボートとシンクロする鴨(2022年1月)動画撮ればよかった さわやかに良く晴れたお正月休みに撮影した井の頭池です。街中に出かけても追いかけるのは自然の色。空の色、池の色、枯れ木の色。だいたいその辺りの色を補正すると治まるところに治まり絵が仕上がる不思議。 そして思わず広角。大きな写真が流行らないスマホ時代なのに大きく大きく風景を欲張りに切り取りたいこの気持ち。どうしようかね。 話変わって、あたらしいスマホ。丸4年きっちり使い倒したスマホから、最新スマホに持ちかえました。美しい動画、エモい音、快適な操作感が与えてくれる安定感がすごいです。 A…

  • 年明け10日ですが、もう高尾山に2回登りました

    高尾山山頂より富士山(2022年1月) 今日で年明け10日目ですが、もう2回登りました。高尾山に。1回目は初詣。2回目は「雪降った」。今年もどんどん登ります。 さて年明け10日目。お正月休みに練った「最強ルーティン」は早くも崩れ、軽く夢破れている感じ。爽やかにモーニングルーティンとかアップしているYouTuberさんに「無理のないルーティンの作り方」とかお願いしたい。 そして4年使ったスマホを機種変。シンプルライフを決め込みスカスカのスマホを使っていると思っていたけれど、いろいろぎっしりつまっていた。宅急便で届いたSIMフリー端末にこつこつと2日がかりでアプリとか。年末に自分なりの1年のまとめ…

  • 【フォトLOG】あけましておめでとうございます

    初詣は義実家近くの氷川神社(2022年1月)大宮公園の焼きそば美味しかった-(・∀・) 明けましておめでとうございます。 お陰様で静かなお正月を過ごすことが出来ました。わりといろんな事件が勃発したりするお正月休みに何もなく、呑みすぎ食べ過ぎを後悔するとか、寒くて長く使っているスマホの劣化が際立つとか、読む本を準備していたけど読んでないとか、平和な悩みだけを残して日常にもどりつつあります。 今年も、山(特に高尾山)、写真、時々あみものの夏の鯨をどうぞよろしくお願いいたします。 応援ありがとうございます(・∀・) くじらのStockPhoto (・∀・) 緑色の写真ならお任せください。iStock…

  • 【フォトLOG】終わりははじまり・高尾の森(山納め・2021年)

    シダの葉に落ちたキジョランの種・高尾山(2021年12月) 山納め。またすぐに初詣に出かけるのですが、一応一区切りです。3号路は紅葉の時期に何度も歩いたので久しぶりに6号路。沢沿いの6号路、冬は寒いっすね。でもまたまた唸る風景に出会えました。 この白いほわほわ、キジョランという植物の種です。この白いほわほわが老女の白髪頭に見えたことから「鬼女蘭」という激しいネーミングの植物ですが、このほわほわ、近くで見るとめっちゃ綺麗でした。この軽い裏切りとめぐる大自然のぐるぐるに自分も取り込まれ、思わず笑ってしまいます。良いものをみました。うきうきと寒すぎる6号路。 今年32回目の高尾山。この後も枯れっ枯れ…

  • 楽しいは正義!高尾山(31回登った2021年高尾登山まとめ)

    年の瀬。年の最後のクリスマスを過ぎてからお正月までの時間はよい。ゴミの最終収集日を意識しつつ断捨離したり、今まで手の届かなかったところの掃除をする。すっきり。 手帳を繰越しつつ山を数える。文字通り今年も高尾山だらけ。陣馬・八王子城山までの範囲を「高尾山」と定義してカウントすると31回。例年並み。よし。 自然の中に身を置ける幸福。写真でアウトプット。筋トレ。お酒もご飯も美味しい。いいこと尽くしの高尾登山。高尾山に集っている人がいちいち楽しそうだということも続いている要因。みんな気持ちも充実している。良いものが循環している。楽しいは正義だ。 そうだ「楽しいは正義」だ。コロナで2年。だいぶ世界が変わ…

  • 【フォトLOG】冬至の頃の高尾山の光をカラバッジョにも見せてみたい

    冬至の頃の高尾山(2021年12月) やっと「嵐が過ぎ」日常を取り戻しつつあります。年内に決着がついてよかった。人生いろいろ、写真もいろいろ。えらいこっちゃでしたが、早めの正月休みに突入し高速で回復しているのが自分でもわかります。 さて、写真。そんな日々でも、高尾通いは続け、せっせと写活はつづけていましたが、パソコンに移すまでの気力はなく、カメラに入れっぱなし。それをせっせとパソに移し・・・・広げて一人で唸っています。 良い光だ。 良く晴れた冬至の頃の高尾山はコントラストが強くなかなか手ごわいのですが、白飛びしたり、黒つぶれしたりさせつつも、目指す色と光をなんとか切り取るべくがんばっていました…

  • 冬至の高尾散歩(動画付き)

    飽きることなく高尾山。 仕事関係はまだ嵐のただなかだけど、太陽は確実に春に向かっている冬至の高尾山を、またまた短いビデオにまとめてみました。 この間の日曜日は、週の半ばの大雨と風で木の葉がすっかり落ちて森が物凄く明るくなっていました。一番陽が短い冬至のタイミングが、一番森が明るい日。出来過ぎている。自然リスペクト。 そして山頂でダイヤモンド富士待ちしている人を見つつ、いつものようにぼーっとしていると、根拠なく力が湧いてきて、根拠なく何とかなるベールがっつりつつまれました。よし! ※カメラガチ勢。同じ被写体に向かうその場の熱量がよかったわ。あたしも用事が無かったら混ざりたかったー。(下山途中にも…

  • 【フォトLOG】冬の光(高尾山)

    冬の光(高尾山)(2021年12月)森を撮ったら最高のZ5です。エモ色は引き続き勉強中。 師走です。年の瀬です。このタイミングでスマホとパソコンの寿命がそろそろ限界に近付いていることが日々感じられ、落ち着きません。 この辺りを更新してしまうとちょっと勝手がかわりますよね。平時であればこの変化はリフレッシュと呼ばれるのでしょうが、今はちょっとこまる。それほど日常がどたばたしています。 やれやれ。 この山を越えるときっと違う景色が見えるはず。ちゃんと寝ているから大丈夫。あとひと踏ん張り! ※高尾山はダイヤモンド富士の季節です。陽が長くなるぞー!春だ! 来週の22日は #冬至 です。日没が早い時期な…

  • 高尾山の秋の深まりをYouTubeにしてみた

    一年を通して楽しめる高尾山ですが、紅葉が終わり次のビッグイベントである「お正月」までの間の12月は高尾がちょっと静かになるタイミングです。 12月は良く晴れた日が多く富士山が見える確率が上がるし、「冬至を越えたら陽が長くなるぞー」という前向き感もなかなか良いです。寒すぎないのも良いですね。 この日は「深い日差しで森がロマンチックになっている」のを目撃すべくリフトで登山。某登山系YouTuberさんの「山のビデオはiphoneに限る」に感化されて、カメラをもっていましたがスマホ(古すぎるandoroid機です)で撮ってみました。(いいかも)そして現像はパソコン付属の「フォト」でざっくり。(いいか…

  • 【フォトLOG】パンが無ければ麦を種から育てればいいじゃない(エモい絵を観たくても美術館も閉まっている。NIKONのレンズも買えない。2021年暮れ)

    📸高尾のヴィンテージ紫陽花(2021年8月) 引き続き暇さえあればエモについて考えている。こんな時、上野の美術館を2周ぐらいすると何故かすっきりするので、入館予約でもしようと試みるも西洋美術館、改装中。リニューアルオープンは来年の春。ふーん、じゃあ絵具でも新調するか?とヨドバシを覗くも、目当てのレンズの納期は来年の9月です。え?来年? 何でもかんでも「秒」な世の中で、手を伸ばせばものは手に入る世の中で、この時間の感覚にパンチを食らう。いやちがうぞ、今この瞬間が新しさだ。いつも気軽に見ることが出来たものがみれないときはどうするか?すぐに買うことが出来たものが買えない時どうするか? 上野の絵以外か…

  • 【フォトLOG】NIKON Z5とNIKON D3200でエモさ対決をしてみた

    森を愛しています(2021年12月) NIKON Z5を使い始めて半年たちました。写活楽しです。 D3200からZ5に持ちかえて、大好きな樹林帯、草木、花々を鮮やかに撮れるようになってわくわくしている訳ですが、ちょっと気になることが。 静かに続けているストックフォト。何故か古いNIKON機D3200で撮った写真をDLしていただけることが多いんです。 D3200の古ぼけた感じが「エモさ」を出しているのは気が付いています。そんなにエモかったっけ?10年前の入門機のエモい力を再認識したく、Z5とD3200と両方首からぶら下げて、近所の公園で比べ撮りしてみました。(重かった) NIKON Z5 1/4…

  • 【フォトLOG】秋の色を現像している間に冬が来た

    紫とか赤とか秋の色・玉川上水緑道(2021年11月) 秋の写真をゆるゆる・・・いや真剣に現像している間にもう冬だということを高尾系ツイッターに教えられる。師走だ、煤払いだ、お正月だ。 妙に気ぜわしい季節の到来という訳だけど、今頭の中は「写真」でいっぱい。何が起こっているかというと、芸事にトライしたことのある方ならご存知の「いままでやっていたことが突然下手に見えてきてつらい」フェーズにぶち当たっています。ただこれ成長段階なんですよね。もやもやするけど、楽しみつつくらいついていくしかありません。 天気:晴 気温:13.0℃ 富士山展望:〇ケーブルカーを降りると濃霧でしたが、登山道を歩くにつれて、次…

  • 高尾の森の鳥の声

    写真の整理をしていたら高尾で撮った鳥の声(すごく短い動画)がフォルダに残ってました。 思い出した。いつものように木をせっせと撮っていたんだけど、あまりにも鳥の歌声がよかったので、ビデオのスイッチを入れてみたんだった。 20秒ぐらいのメモ動画だけど、ふわーっと緊張がほぐれました。すごいな鳥。 高尾には鳥がたくさんいます。人が多すぎて鳥の声がかき消されてしまうこともしばしばだけど、ちょっと耳を澄ますといつもどこからか鳥の声が聞こえます。 例年、12月になるとぐっと人出が落ち着きます。鳥の声が良く聞こえる季節の到来です。 View this post on Instagram A post shar…

  • 紅葉の高尾山を楽しみつつYAMAPリスペクト(2021年紅葉)

    高尾山(2021年11月) どうしようかなぁ。絶対混んでるよなあぁ。と分かってはいたのですが行ってきました。 紅葉で大混雑の高尾山 いやーすごかった。でもやっぱり高尾山は良いです。登山ではなく祭りだけど。 ※清滝。今日はリフトに乗ってみようかなと思ったのですが甘かった。50分待ち。それにしても紅葉が美しい。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) ※1号路は混み過ぎていたので浄心門から3号路へ。静かです。 View this post on Instagram A post shared by…

  • 【編みむめも】手編みの靴下のススメ

    「好きな〇〇10選」で特設会場に当ブログを展示していただき、また頑張ろうとうきうき管理画面をメンテしていて気が付きました・・・ 人生そう何度もあることじゃないし、記事の入れ替えがあるそうなので記念にスクショ撮りました 気が付きました・・・ 今週のお題「お気に入りの靴下」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! はい。当ブログは山・写真・靴下編みがテーマでございます。毛糸の靴下が好きすぎて自分で編んでいます。「お気に入りの靴下」語らせてください。 毛糸の靴下を10月から大体4月頃まで、年の半分は履いて過ごします。自宅では100%毛糸の靴下です。もちろん外ではTPOに合わせて普通の靴下も履きます。山のト…

  • 【フォトLOG】紅葉(2021年)

    昇仙峡(2021年10月) 10月後半から良い天気の週末が続きますね。紅葉をカメラにおさめるべく武者震いしながらカメラをもって外に出るわけです。 月並みですが紅葉撮りって難しい。何だかうまくいかず解決策をちゃんと自分に落とし込む前に次の週末が来る。またおろおろする。が、続いてしまって結局今年もそわそわした写真しか撮れてないのかもと反省。怖くてまだ現像していない写真も。 でも、くよくよしている暇はない。どんどん季節は巡る。また別の色の季節がやってくる。自然最高! ※昇仙峡。ワクチン2回接種したし、緊急事態宣言も解除されたので大好きな山梨県にダンナーと出かけてきました。紅葉ピークには早かったけれど…

  • 好きな山10選

    高尾山(2021年7月) はてなブログ10周年、おめでとうございます!記念のお題にのっかります。 気が付くとはてなブログには私のこれまただいたい10年のお山を記録させていただいています。途中、ブログは休んでインスタだけだったり、他のブログサービスを利用したこともあったけれど、結局はてなさんです。 世間の皆さんに「山、最高だよ!」とお伝えしたい気持ちと、自分の記録の為に続けているブログですが、10年たって振り返ると後者の「自分の記録のため」要素がとてもありがたいです。人が見ることを前提にしているので「高山病で2回ゲロ。辛い。」とか自分の日記に書くようなことは書いてないんだけど、自分で記事を振り返…

  • 手ぬぐい(2021)

    登山と並行してずっと手ぬぐいを集めています。集めに集めて300枚。どっさりある。大量に持っていることに全くストレスはなくむしろ時々眺めては「あの急登大変だったけど、楽しかった」とにやにやしている。 手ぬぐいはコンパクトなので保管は楽だし、山と温泉で激しく使う。最近はコロナでジェットタオルも止まっているので街中でも使うし、お弁当の時はランチョンマットだ。 おろして使っているのが220枚くらいで、新品のストックが80枚くらい。やっぱりちょっと多いや。 220枚をローテーションさせているんだけど、木綿は丈夫なので変にならない。むしろ味が出る。おまけに愛着があるから無くさない。年に一回くらい20枚程度…

  • 【編みむめも】また靴下編みがたのしい季節が巡ってきました

    常々脳内は山と写真で埋め尽くされているのですが、この季節になると編みかけの靴下を出してきて「ええと、どこまで編んだっけ」と解析したり、毛糸を眺めてあれこれ考えるのが恒例です。 靴下はもちろん、ニット帽とバフは山で要るのでじゃんじゃん編むつもり。 毛糸を買ってしまうのか買わないのかは神のみぞ知るだけど、なんとなく今季は買わない予感。コロナで世の中が変わって、人並みにおうち生活の充実を思うと、インテリアするなら物は少ない方が良いのでね。 やっぱりウールは良い素材。別に手編みじゃなくても、長袖の季節が来たらすぐウールです。もっと寒くなると直でUNIQLOの薄手のセータを着たりします。変? もちろん自…

  • 三ツ峠山に登るならこんな日に!という日に三ツ峠山に登る。やっぱり富士は日本一の山!(2021年10月)

    三ツ峠山より富士山(2021年10月) 行ってきました!天下の三ツ峠山。この山だけは富士山が見えることが約束された日に出かけたく、東京多摩地区(山梨県に近い)に住み、登山を10年も続けているのになんと初めてでした。期待通り「ずっと富士山」を堪能。3カ月くらい富士山なしでもあたし大丈夫というくらい。いやというほど富士山を眺めました。 今回選んだコースは河口浅間神社から山頂を経て富士急・三ツ峠駅に下るコース。ずっと富士山です。 富士山エリアを訪れるときは、神社でお参りして登るというのをここのところずっとやっています。昔の人の富士山を敬った気持ちなんかをひしひしと感じることが出来て登山が充実するので…

  • 高尾山にも「止まると寒い」季節がやって来た

    高尾山(2021年8月)今年もコロナで高い山に行けず夏もしょっちゅう高尾だったな。めちゃめちゃ暑かったけどもうそれすら懐かしい夏の思い出。 悪いお天気が続いている訳じゃない10月なんだけど、なんだか週末はどんよりとした空が2週続いて巡ってきている。おまけに先週は寒くてびっくりしたけど、霧が良い具合にかかって高尾山のピンを体験出来た。これだから高尾はやめられない。行動している間は汗だくだけど、止まると急に寒くなるあの季節が超低山の高尾にもやって来た。まだまだ秋だけど、ちょっと冬を感じるこの季節。 コロナ感染者も減って、世間は落ち着きを取り戻し始めているけれど、コロナというウィルスはがこの世からな…

  • 高尾山でととのう。

    大山登山でストック忘れのせいで長引かせてしまった脚の違和感をかかえたままの週末。高尾に登ったらあら不思議治っちゃたの巻き。 お天気もイマイチだったので、舗装道路の1号路で高尾山。歩き始めて20分ぐらいで気が付いた。「ほぐれはじめた」と。そして思い出した「ちょっとした不調は山で治る」ってことを。 ※筋肉の内側で何かが起こり始めた。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) ※筋肉とか筋とかのつっぱりがみしみしとほぐれる。 View this post on Instagram A post sha…

  • 大山詣り。こま参道~山頂~日向薬師と歩いたら激しい筋肉痛。でも楽しかったよ(・∀・)

    山の評判に忖度はありません。昔の人が良いとしている山はやっぱり良いです。緊急事態宣言も解除された。ワクチンも2回終わった。で、高尾の山頂からいつも眺めていた大山(丹沢・おおやま)、別名阿夫利山に出かけてきました。 あ・最初に書いておかなくっちゃ。こま参道からケーブルなしで大山山頂に至り、日向薬師バス停に下山するコースを今回歩いたのですが、すごい筋肉痛になりました。 丹沢山系は登山口と山頂の標高差がかなりあります。高尾山は標高599mで登山口の標高がだいたい200mくらいなので標高差は400mぐらいです。でも大山は標高1252mで登山口が250m。そう標高差1000m。途中、参道があったり神社が…

  • 登山者目線での減量ポイントは脚の健康。

    雨の北八ヶ岳(2020年8月) コロナ太り。あらゆる人が体験していることかと思います。私もビフォアコロナから2キロ太りましたが、今年の夏、何とかもとに戻しました。涼しくなって食欲が増し、また時々危険ゾーンに体重が突入しそうになるので、おやつはお茶だけとかで頑張っています。とにかく毎日体重計にのる。これ大切みたい。邪魔ですが、浴室の前に体重計を置きました。 登山の時は、自分の体重に加え、水分(大体1キロ)カメラ(大体1キロ)スマホとか小物(大体1キロ)で少なくともザックでプラス3キロ、そして飛んだり跳ねたりする負荷もかかって脚は自分の体重以上の重さに耐えています。 これらの登山装備とプラスαに加…

  • 【フォトLOG】高尾山と海

    高尾山・6号路「高尾山と海」の案内板(2021年8月) 豊かな森が豊かな漁場を作るって聞いたことがある。こんなこと、東京の平地にいると絶対に思い出さない。「木を切るな」って言う昔の人の言葉も沁みてくる。高尾山、ありがとう。 都市の自然破壊を目の当たりにする度、もうだめだめだってた思うんだけど、奥多摩への移住者が増えていると聞いて、ちょっと希望をもっている。 この移住、コロナがきっかけ(感染防止とテレワーク普及)の人も多いはず。そう見るとコロナも地球が均衡を保つためのひとつの流れに見えてくる。 ※また台風。 【台風16号情報】大型で非常に強い勢力の台風16号(ミンドゥル)は、沖ノ鳥島近海をゆっく…

  • 【フォトLOG】夏に撮りだめた写真をがつがつ現像しています

    真夏の玉川上水(2021年8月) 写真。8月後半から積極的に撮っていなかった。なんとなく静止。ワクチン接種もあったし、外に出られる日にお天気が悪かったり。 現像もさぼっていた。PCに取り込んだら1000枚くらいあった。失敗作はバリバリ消去しつつ、良いのには星をつける。現像というより、整える。エンジンがかかると一枚3秒ぐらいで現像できる。夏が蘇る。明らかに秋分の日を過ぎた今日では取れない写真。 緑色の写真を撮るぜというコンセプトにぶれはないけれど、素敵な誰かの写真を観て圧倒されたい。影響受けたい。美術館とか行ってないなー。行きたいなー。 ※最近SNSで圧倒されたのはこの写真 ボリビア先住民である…

  • 陣馬山。好天に恵まれみんなのGOTO魂がさく裂した9月の3連休2日目。

    台風が来ちゃう3連休と天を仰いで憂いていましたが、早めに台風様が通り過ぎ去り、待ってました!のスーパー快晴。やっぱり青空って素敵。 コロナ禍以降、バスでの移動は控えており足が遠のいていた陣馬山に久しぶりに出かけてきました。この空なら今日は富士山だ!という確信もありました。 ところが、この連休も普通に高尾だと早起きしなかったのに加え、久しぶり過ぎてバスに乗る勘が鈍っており出遅れ。(高尾駅から発車するバスなのですが、1時間に1本しかなくタイミングがずれると登山開始が想定外に遅くなってしまうのです。) 加えてこの日はお彼岸のお墓参りの方々と晴れて外に飛び出した皆様の影響で大渋滞、バスが遅れました。反…

  • 9月の3連休は台風様がお通りになります

    高尾山(2021年5月) テレワークなのをいいことに、夕べは鰹のたたきに思いっきりにんにくをのせて食し、今朝はにんにくまみれです。戻り鰹で秋。 コロナ禍。ほぼテレワーク、遠征自粛、近場の高尾山登山メインの夏が終わろうとしています。せめて、この3連休は最終日がワクチンなので、土曜日か日曜日に奥多摩にでもと思っていたのですが。台風様がお通りになる模様。 台風。人間にとっては水害の危険のある台風ですが、山の植物は台風を歓迎していると思います。まず大量の雨は植物の肥やしとなり。そして風は枯れ枝や枯れ葉を吹き飛ばし、弱った木を淘汰し、地面を整えます。 もうこうなったら今年は高い山登山をお休みする(まだあ…

  • 山が好きな人は神保町が好きだろう。そしてきっとカレーも好きだろう。という訳でカレーの話題です。

    雨の高尾山(2021年8月)緊急事態宣言とワクチン接種と雨とで高尾にばかり通った8月でした。 人生何度目かのカレーブーム到来。 ブーム外でも、山カップヌードルはカレー(最近「味噌」と拮抗しているけれど)、職場ランチは月に2-3回はお気に入りのカレー屋。神保町に山道具を見に行ったらもちろんランチはカレー。 ただコロナで外食がままならなくなり、自分で作るしかない訳です。が、野菜を大量に摂りたいとか、油少な目にしなくっちゃとか、主観が入りすぎて、なんだか自作カレーが変なゾーンに。もんもんとしていました。 そんな中、そうだ!YouTubeだ!と気が付き動画見ながら印度カリー子さん流の基本のチキンカレー…

  • 良くも悪くも人間が運んでしまうあれこれ

    📸大菩薩稜線のコメツガ林(2021年7月) デルタ株の猛威にびびりつつ、山のことを考えつつ、立山に外来種が持ち込まれる問題の新聞記事を読んだ。そして地球上の生き物は良くも悪くも基本的に広がるように出来ているだなと思った。そして良くも悪くも運び屋は人間なんだなと。複雑な気持ち。GoTo大好きな(自分も含めて)人間が速く移動できる手段をたくさん作り、地球が驚くほど良くも悪くもどんどん広がる仕組み。涼しくなったからか、いきなり深い課題に気が付いた。とりあえず、違う山域に行くときは靴には気を付けますね。 ※昔の高尾には山に植物の苗を持ってきて、植えて帰る猛者もいたそうです。 大事なことだから、もっかい…

  • 【編みむめも】カレー食べたいと思いつつ玉ねぎの皮で靴下糸を染めました

    久しぶりに【編みむめも】シリーズ。玉ねぎの皮で靴下糸を染めました。色が完全に好みなのと、植物成分を身にまとうのって良いなと直感的に感じて。 手前が大好きなRegiaの染色用糸、美しく均等に決まりました(嬉しい)。後ろがZitronの染色用糸、ツイードタイプなのが面白い染め上がりです。 染めると聞くとハードルが高そうですが、簡単に言うと、植物の煮汁に染めたいものを入れるだけです。白シャツにケチャップがついて取れない、お気に入りの手ぬぐいにカレーとかコーヒーがついて取れない。あれです。 今年の初めに以前玉ねぎで染めた糸で靴下を編んですごくよかったので、ざっくりと「夏に染めるぞ」と計画していました。…

  • 高い山には登ってないけど、コロナ太りを解消した2021年8月

    何度目かの緊急事態宣言を受けてテレワーク中心の暮らしが再びはじまった7月。ダイエットを意識。コロナ禍=ステイホーム&テレワークで太った2-3キロをなんとかしたいと。今回のテレワークでは太らないぞ、いやむしろやせるぞと。 単純に夏で食欲が細ったのが大きいと思いますが、コロナ前の2020年初めの体重に戻りました。やったことは、2食にし朝はソイラテのみ、汗がでるので水はがぶがぶ、後の2食のご飯を玄米にし、晩酌のビールとたまのアイスをあきらめず。あとウォーキング時に野菜・果物を小まめに買いたくさん食べました。あ・きのこも。玄米・野菜・きのこ、自炊最高です。 そんな身軽な状態で訪れた3週間ぶりの高尾山。…

  • ほとんどテレワークな8月だけど夏っぽいです

    📸玉川上水沿いの空き地(2021年5月) そこらの草は梅雨明けまでが見ごろですね。夏はかぴかぴです。 8月はほとんどテレワーク。エアコンが苦手なので、扇風機とか麦茶とか氷とかノースリーブで凌いでいる。昔の夏みたいに。 キーボードの手前にノートを置いて、記憶補助として使ているんだけどそれがいつの間にか腕の汗取りとか麦茶置きになっている。べろんべろん。オッケー、オッケー。在宅だから。 昼休みは、近所の玉川上水とか空き地でウォーキングとか緑色の写真撮り。どこかに出かけても楽しくないだろうなと、ほとんど多摩から出ていない8月。でもすごく夏っぽいと感じるのは、適度に外で太陽を浴びて過ごし、汗をどっさりか…

  • 処暑。夏が終わる。巡ってくる季節に幸あれ。

    📸大菩薩嶺・丸川峠(2021年7月) 「暑いけど7月のあの暑さとは違うな」と思っていたら今日は処暑。もう秋の始まりです。 植物を撮っていると、自然の巡りが実はすごく早いことに気が付きます。そんなに生き急いでいるつもりもないのですが、実は自分はびゅんびゅん回っている地球の一粒に過ぎないことに気が付き、小さなことにくよくよしなくなります。「悩むより次に行っちゃえ」「また花は咲く」という感じ。 コロナでいろいろ大変ですが、巡ってくる秋が楽しい季節でありますようにと願うばかりです。 ※「もったいない」は禁句ですね。大曲の花火師さん、かっこいいです。 人が集まって密になるのを避けるため、事前告知はありま…

  • 大菩薩嶺のブナ林を愛しているからこそ、山梨県への移動はしばし控えます。

    📸大菩薩嶺・ブナ(2021年8月) 山に甲乙つけがたいのですが、東京の多摩地区から近いこと、大好きな樹林帯が立派なこと、あと「なんか感じるものがある」の理由で「山梨県の山大好き」です。 でも、もうちょっとあれこれ落ち着くまで、ちょっと山梨県への移動は控えようと思います。山は逃げない。 ※はい。自粛します。 現在、コロナに関する「緊急事態宣言」などが全国的に出され、当県でも皆さまへ不要不急の外出自粛などを要請しております。登山については、山岳地域に居住する方々への感染防止、遭難や怪我に対する救助が通常より難しいことに加え、医療体制への多大な負担を考慮し、登山の自粛をお願いします。 — 山梨の登山…

  • コロナでえらいこっちゃです。静かに緑色の写真でも撮って過ごします。

    📸高尾山・甲州街道沿いの空き地(2021年5月) コロナ禍でもびくともしない自然の安定感に救われます 引き続き大雨もコロナもえらいこっちゃです。コロナに感染しても受け入れ病院がなく自宅で亡くなる方のニュースとか痛々しくてつらいです。「今こそ去年の4月とか5月くらいみんなで引きこもらないといけなくない?」と独り言ちつつ、いろんな事情もちらちら見つつでため息です。個人的には生活圏で大人しく写真でも撮って過ごします。やれやれ。 ※デルタ株め! 南アルプス市が、山小屋など市営施設の営業を8月20日から9月12日まで休止するとのことで、休業対象となる施設をまとめました。利用を予定されている方はご確認くだ…

  • 雨で涼しくなって脳みそがすっきり。小暮理太郎の「北岳」読んで山愛を深めた雨の週末。

    📸台風が一段落した東京・多摩地区の空(2021年8月)在宅勤務の昼休みに。 長雨が続く8月中旬。雨が空気を冷やし、猛暑でぼやけた頭が引き締まり、暑さにかまけて放置していたあれこれが気になりだした。 先日整理した、めちゃくちゃだったkindleの中から小暮理太郎の「北岳・朝日岳」を発見し読んでみた。雑誌か新聞に載ったのかな?短いエッセイです。(青空文庫で無料です)古い日本語だけど、サクサク読めるのは山のことだからか?山の記憶は全て言葉だった時代に、恵まれた日本語能力を持った人が注意深く山を描いている。目の前に風景が浮かぶ。日本語って素敵。 ここに描かれた北岳の話は御嶽山からその山容を見て登りたい…

  • コロナ感染者数の爆発と雨の降りっぷりが災害級。ふー。大人しくしています。

    📸高尾山・3号路に咲くウツギ(2021年5月)コロナ禍にあって植物の安定感にますますこころ安らぐ 向こう一週間くらいとにかく雨ですの天気予報に、山の諦めはついた。貴重な夏山シーズンだけど、こういう年は実は9月とか10月に晴れたりするので、開き直ることが大事だ。晴登雨読ってとこかな。めちゃめちゃだったkindleの中身整理してみた。 【2週間天気 お盆期間を中心に広範囲で大雨警戒 気象情報・避難情報のこまめな確認を】 https://t.co/K65TOLNW5E この先しばらく、前線が本州付近に停滞。お盆の期間を中心に広範囲で雨が強まり、災害.. — tenki.jp (@tenkijp) A…

  • 山の日は高尾山でヴィンテージ紫陽花を撮った。やっぱり花は良い。

    📸高尾山・ヴィンテージ紫陽花(2021年8月) 山の日。台風の雲の合間の高尾に登りました。6号路からスタートしたのですが、蚊に追いかけられてえらいこっちゃだったので、琵琶滝からそそくさと一号路に上がりました。可能な限り密回避で、最近あまりゆっくり歩いていなかった一号路ですが、薬王院のにはヴィンテージ紫陽花がたくさん残っていて、予想外に写活が楽しかったです。 ※こんなに通っていても、自然相手だといろいろ起こるのですが、適当にコースを変更できて、程よく毎週運動出来るのはありがたいことです。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) …

  • 山の日にオリンピック男子マラソンを見て泣く

    📸大菩薩嶺の青空(もこもこ雲に隠れた富士さんと南アルプス)(2021年7月) 山の日。朝から良いものを見た。オリンピック男子マラソン。正座してテレビ眺めつつ涙目。月並みですがトップアスリートの走りから「スポーツは良い」と落とし込み、ついでに自己肯定感もぶち上げました。爽快。 TJARもスタート。日本海から太平洋まで400キロ。アルプスの稜線を走る怪物さんたちのレースです。自分は出来なくても、夢を持つことが出来る。夢は大切。本当に大切。 雨は上がりそうなので、高尾行っちゃおうかな。 ※ぶっちぎりのケニヤのキプチョゲ。強さの秘密を教えて。 キプチョゲが史上3人目の2連覇 アベベ、チェルピンスキー以…

  • トリプル台風がスタンバっている山の日を含む2021年夏の連休 あーあ

    📸富士山(2021年7月)NIKONが持ち直してるみたいで良かった(・∀・) 7月から9月の休みの日はいつでもお山に出かけられるようにしている訳だけど、それでもそんなに頻回にお山に行けないのはお天気の影響。 やっぱり高山の天気は平地とは違います。富士山の岩稜帯の雨は下から降る。樹林帯は何も見えなくなる。雷も怖い。 今年は原則「東京と山梨のお山で日帰り登山」と決めているので「予定を変更してこの山域で」なんてドタバタはないわけですが、来年は確実に一歳年齢が加算されるわけで欲も出ます。今は、予備の免疫力を確保するために我慢です。 ワクチンの予約も出遅れキャンセル待ちに挑戦中。いろんな意味でそわそわす…

  • 真夏の高尾山系ー小仏城山でかき氷を食べた(2021年8月)

    夏場はかき氷が有名な小仏城山。実は今までずっと「お腹を壊したら悲惨だからやめておこう」と食べたことがなかったんです。 アスファルト道路を歩いたら発火するかもしれないほど暑かったこの日。「その日が来た」とばかりにチャレンジしてみました。何というか普通に完食。運動して暑くなったカラダがきちんとクールダウンされました。シロップの甘さが気になるところですが、山なら大丈夫でしょう。運動でチャラ。 とっても夏っぽいことが出来て楽しかった。 ※これが「小」なんです(・∀・) View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokuji…

  • スバルライン五合目は昔の富士山=小御岳の山頂なんですねー富士山の麓から五合目まで登りました・その2(2021年7月)

    📸富士山・佐藤小屋近くから河口湖方面(2021年7月) 佐藤小屋の前を通り過ぎたらいきなり視界が開けます。雨は上がりました。 晴れてる!お日様です。 顔が思いっきり笑っていることを自覚しつつ万歳。そして泣けてきました。「あー、やっぱりお山は楽しい」と。一人怪しく泣き笑い。周りを見渡してもブルドーザーとあたしだけ、思いっきり泣き笑い。すごい解毒作用。 スバルラインの小御岳神社は今の富士山が形作られる前の小御岳の山頂で平安時代にはあったとか。ブルドーザーが整列しているこの辺りは天狗の遊び場とと呼ばれていたそう。山岳信仰ですね。そして鳥居もあったそうですね。昔の人はここがもともとの富士山って知ってた…

  • 富士の森を歩く-富士山の麓から五合目まで登りました・その1(2021年7月)

    📸富士山・吉田口登山道(2021年7月) コロナ禍の夏の連休。遠征は控え、実は登山口まで電車で2時間かからない富士山へ。駅を出発し北口本宮で安全登山と疫病退散をお祈りしいざ! ※この裏から登山道がはじまります。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) キレイ。でも妙に緊張感があるのはヤッパリ富士山だから、スバルライン五合目発の下山バスは最終1840なので、時間は心配しなくていいのですが、雨と雷は心配しないといけないのが富士山です。それにしても緑が綺麗。写活が止まりません。 View this …

  • 【フォトLOG】大菩薩嶺・こめつがの森で見得を切る

    📸大菩薩嶺・こめつがの森(2021年7月) 大菩薩嶺・こめつがの森。山だらけの山梨県がここは後世に残したいとやまなしの森100選に選んだ貴重な植生の場所。 たっぷり雨が降った梅雨明け後の森。緑が本当に生き生きしていました。ただこのほわほわの植物の名前がわからず、とりあえず「連獅子」と名付けました。あそこにもここにも「よーっ」(見得を切る音)。ここに風が拭くと葉がそよそよと泳いで本当にきれいでした。そしてもう何周もしているんだけど、日本の伝統美って山から来てるなとしみじみ。そしてただただ自然に感謝するばかり。 応援ありがとうございます(・∀・) くじらのStockPhoto (・∀・) 緑色の写…

  • 光の森を歩いた大菩薩嶺(2021年07月)

    📸大菩薩嶺・唐松尾根を駆け抜けるバンビ(2021年7月)気が付くとずっと24ミリ。 高気圧がバーンと張り出した2021年梅雨明け2日目。この夏、これ以上のお天気は望めないであろう日に山に居ることが出来て感動しました。光り輝く大菩薩の森。苔の葉裏まで日差しが届く明るい森。 もちろんカメラを持って。でも光と影の明暗が強すぎて難易度高くあきらめ気味。でも良いんです。私の写真への情熱ってそんなもんか?とひとりごちつつも軽快にどんどんと光を追うかのごとく歩きます。自然とシンクロ。楽しすぎました。これぞ夏の山。ありがとう。 ※去年も同じコースを歩きました。 ※大菩薩嶺は富士山だけじゃない訳ですが、富士山が…

  • 祝・梅雨明け(2021年)

    📸高尾山・富士道(2021年7月)暑いのでしっとりした高尾の雨の森をどうぞ。 梅雨明けと同時にいきなり気持ちも切り替わり、そそくさと高い山に向かう準備を始めました。とは言ってもコロナ禍。今年も夜行バスは控え、高地にある小屋泊まり(個室や個パーテションが使えないソロは厳しいのさ)も控え、人混みも避け・・・となると行ける山域は限られてくるけれど、それでもあの夏の山に登れると思うとわくわくします。 ※祝・梅雨明け(・∀・) 山好きにとっては正月みたいなもんです 【東京都心の空に七色の雲 「彩雲」発生】 https://t.co/qw9erqV2OC きょう16日(金)、梅雨明けの発表があった関東甲信…

  • 自作のスポドリを持って八王子城山に登ったよ

    📸八王子城址(2021年7月)夏草や兵どもが夢のあと 「自作のスポーツドリンク」を持って八王子城山に登ってきました。 ここのところずーっと気になっていたんです「市販のスポドリは甘すぎじゃないか?」って。でも山では大量の汗をかくので、やっぱりこの手の飲みものは必要。気にしつつもずっと市販のドリンクだったのですが「粉」がなくなったタイミングでやってみました。結果は「とっても良かった。一生これで良いです。」 容器:金属系のボトルだと塩とか酸とか苦手かもと思ってモンベルの750mlクリアボトルで。 材料:水750ml、レモン汁大さじ1、はちみつ大さじ2、塩小さじ1/4 レモンは酢に、はちみつはキビ砂糖…

  • 【フォトLog】この夏を思う

    半夏生(2021年06月)楽園。 カマキリさん(2021年06月)探して。 豪雨災害、コロナ禍、どうなるオリンピック。激しい夏になりそうだ。 幸い私の周りは健やかです。山も待っている。野菜が旨い。今日も元気に行こう。

  • 【フォトLOG】梅雨の高尾散歩。(動画を撮ってみた。)

    🎥梅雨の高尾散歩(2021年7月) いつもの高尾散歩。登山口に向けて歩いている時、突然思いついてZさんで動画を撮ってみた。撮って、選んで、ダヴィンチさんをインストールしてバードさんで使い方勉強して、音楽選んで、編集した。くじけそうになったけど、仕上げてみることに意義があると思ってふんばった。 お見苦しい箇所はご容赦を。Zさんで撮ったんだけど、使いこなしてない感がすごいっす。すみません。せっかくなので、旅先なんかでビデオをさっと撮れるように適宜訓練しようと思っています。綺麗に編集してるYouTuberさん尊敬だわ。 ※小雨ぐらいなら出かけてしまえ高尾山。リフトを降りたら霧の森。 View thi…

  • 【フォトLOG】季節外れの手帳チェンジ。ほぼ日 weeks 牧野富太郎x横倉山xNikon Z5。

    📸スマホで撮ったほぼ日手帳とZさん(2021年7月)Zさんの内面ばかり褒めていましたが実はなかなかのイケメン 7月1日。今日から2021年も後半。仕事(事務系サラリーマン)のことはブログでは書くまい決めているのですが、ちょっとだけ。「2021年前半は仕事きつかったー」。そうだもうこれは「改元」しかない。と手帳を探しはじめました。 全力でググってたまたま見つけた「ほぼ日手帳 weeks ジョウロホトトギス/牧野富太郎」。(2021年4月始まりのためか値引きされてました。月曜日始まり。ブロックカレンダーあり。) 牧野富太郎博士が描いた絵が美しいのはもちろん。このジョウロホトトギス、ずっと訪れたいと…

  • 【フォトLOG】ヴィンテージ紫陽花を追いかけて感じた人々の花への愛情

    📸ヴィンテージ紫陽花・玉川上水緑道(2021年6月) ふらりと高幡不動に出かけて紫陽花を撮ったら面白く、週末ごとにZさんとあじさい撮影を繰り広げた6月も終わり。 締めにヴィンテージ紫陽花を撮っておこうと外に出たのですが、玉川上水緑道のあじさいも、各家庭の庭木の紫陽花も見事にほぼ剪定が終わっており色が変わった面白あじさいをたくさん撮ることは出来ませんでした。 あじさいは、咲き終わったら花を落とさないと来年咲かないので早めの剪定が必要なのです。公園は整備の方も、ガーデニング愛好家の方も、チョッ早の剪定。じわじわと人々の花への愛を感じました。その心が「花」ですね。また来年もきれいに咲いてね! という…

  • 優しいあじさい咲く高尾山でほっこり(2021年6月)

    📸高尾山に咲くあじさい(2021年6月)何で山で見る花はきれいなのか?セロトニンがどばどば出ているからかなあ? ここのところ紫陽花撮影に夢中だったので3週間ぶりの高尾山。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) やっぱり鈍りますね。今年は紫陽花はどっさりとったからもういいやと、カメラをザックに仕舞っていろはの森コースを登ることに集中。これこれやっぱりこの位の運動は続けないとと独り言ちつつ深呼吸。誰もいません。マスクを外して深い呼吸。 View this post on Instagram A …

  • 【フォトLOG】きっれい。ほとんどジュエリーな紫陽花。

    📸高幡不動の紫陽花(2021年6月) 季節はどんどん巡る。あじさい業界は「ヴィンテージあじさい」のシーズンに突入する。色の変わった味わいのあるあじさいを観察できる季節。そして公園のあじさいは適当に剪定されてしまうので、狙った場所にはマメに通わないと。花を撮るのって割と忙しい。 ぴちぴちの咲いたばかりのあじさい写真がまだまだる。今月いっぱいはキレッキレのあじさいをのせさせて。それにしてもこのガクアジサイ綺麗すぎて倒れそう。Zさん、グッジョブ。 ※こちらのZさんもグッジョブ。 きのう公開した記事です。見てね。ヴィンテージ紫陽花(アジサイ)の季節がやってきた! https://t.co/eNhsVB…

  • 【フォトLOG】綺麗なものは出来るだけたくさん見た方が良い

    📸高幡不動の紫陽花(2021年6月)色っぽい青だ。バリアングルモニターなるものを使って万歳スタイルで撮ってみた。便利。 嬉しい悲鳴なのですが、ここのところ紫陽花を撮りすぎて現像が追い付きません。何で遅いかというと、ピントを確認するためにRAWファイルを拡大するのですが、Zさんで撮った植物の細部は圧倒的美で手が止まり見とれてしまうから。 「画家は長命」説を時々見かけますが、小さな芸術家Zさんのお陰で私も長生きできそうです。何だこのZさんとの一体感。こんな高いカメラ使いこなせないとずっとぐだぐだしていたのですが、今は早く買えばよかったと思っています。綺麗なものは出来るだけたくさん見た方が良い。 ※…

  • 【フォトLOG】青空を撮ったら心まで晴れ晴れした。(昭和記念公園・東京)

    📸昭和記念公園(2021年6月)空が大きいです Zさんのおかげで写活が楽しいです。 先週の高幡不動の紫陽花撮影に続いて今週は昭和記念公園。 高尾の森とか花とか開放の写真ばかり撮っていたので、太陽の光のある広大な公園でここぞとばかりに絞って絞ってMAX引いて24ミリでのびのび撮影。そしてF8以上使ったのも何気に初かも。かりっかりです。青空を撮るのって爽快。 これだけ撮れれば(10年前のNIKONのAPS-C機との比較)高山の山頂から眺める風景もばっちり撮れるでしょう。 ああ山に登りたい。いくぜ夏山! ※昭和記念公園はとにかく広く「○○まで1.3km」案内板にキロ表示がある公園です。写活は計画的に…

  • 【フォトLOG】高幡不動の紫陽花の群生。Zさんで撮った大きな絵。

    📸高幡山に咲くあじさい(2021年6月) かりっかりに紫陽花の群生を撮影しきったZさんです。 この写真、この間の高幡不動での紫陽花撮りの時、場所の記録程度にさらりと撮った一枚だったのですが、大きなモニターで写してびっくり。すみずみまできっちり花を写しきっていました。花に包まれているみたいな絵です。すごい。そしてじわりじわりと「大きな写真」「大きい絵」を撮ることの楽しさがわかってきました。 ずっとAPS-C機とスマホだったので、小さく仕上げる写真に慣れ過ぎていました。もっというと頭のどこかでインスタ想定して撮っていたのかも。正直Zさんではインスタ写真用ではないですね。これをインスタしても、ただの…

  • 【フォトLOG】土門拳リスペクト。高幡不動のあじさい。

    📸高幡不動の紫陽花(2021年6月) 東京の日野市にある高幡不動の紫陽花を撮って来ました。 首都圏で紫陽花といえば鎌倉ですが、東京・多摩地区の高幡不動もお寺の横の高幡山にこの季節になるとたくさん紫陽花が咲きます。モデルさんを連れたハイアマチュアの方から、スマホ市民、使い込んだ古いNIKONを持った老紳士・・・みなさん映え狙いでわりとな熱量です。 ざっと降った雨の後、みずみずしい紫陽花にカメラを向けたら五重塔が。五重塔といえば土門拳。土門拳、尊敬してます。関西旅行・特に寺巡りは大好きなのでいつか土門拳が撮った室生寺の五重塔を皮切りに「土門拳と同じ写真を撮ってみるソロ旅」をやってみたい。もちろん決…

  • 雨の高尾山6号路でISOをぐいぐい上げる

    📸高尾山6号路(2021年6月)ISOをぐいぐい上げる勇気が出てきた。Zさんを信じろ。 カメラを持って雨の高尾山を撮って来ました。 「雨の高尾山」と聞くと大変そうですが、実は高尾山は木だらで雨粒は木の葉っぱが引き受けてくれるのでそれほど濡れません。この日も帽子とザックカバーのみで、傘の出番はありませんでした。 雨の6号路。植物が雨に濡れてとってもきれいです。そしてこの日は雨予報だったので、人出も少なく撮影に没頭できました。 古い人間なのでISOを上げる勇気がなかなか出ないのですが、レンズのリングのコントロールリングにISOをカスタマイズしてぐんぐん上げてみました。ISO高めでもくっきり。 楽し…

  • 【フォトLOG】緑色の道・高尾山

    📸緑色の道・高尾山(2021年5月) 写真の絵作りの勉強になるかなと思って、パソコンの近くにビニールのウォールポケットを設置して、ギャラリーを作ってみた。 別にポストカードじゃなくても、何かの切り抜きとかでもいいだろうし、今は美術館で写真を撮れるところもいっぱいあるから、スマホでひょいと撮ってそれをプリントして飾るのも良いかも。 これ、もっというと「世界が納得する構図と色彩を頭に入れとけ」と写真の訓練のためにやってみたんだけど、予想以上にいろんな感情が湧いてくる。訴えかけてくる。 コロナで娯楽が打撃を受けてるけど、やっぱりエンターテイメントは必須なんだとしみじみ。 View this post…

  • 【フォトLOG】光に全集中、光センサーの呼吸。

    📸高尾山・葉裏のそよぎ(2021年5月) ぴぴぴ。(光センサーが作動する音。) うちのZさん、美形好きの上に良い光が来たとき激しく張り切って良い絵をだします。そのために自分自身も「今Zさんがいい仕事する」その時にバシリとシャッターを切れるようにスタンバイ。高感度の光センサーのアンテナを頭にたてて写活です。これってごく当たり前のことですが、忘れがち。シャッターを切るのは自分。 カメラ任せで相当良い写真がとれますが、どれだけカメラとシンクロできるか?光に全集中、光センサーの呼吸。 今日も写活が楽しいです。(・∀・) 応援ありがとうございます。旨い肴ブログを目指して日々精進しています。 くじらのSt…

  • 【フォトLOG】Zさんの本気を見た。玉川上水の紫陽花。

    📸玉川上水の紫陽花(2021年5月) 今年一番の紫陽花をもう撮ってしまった。 昨日インスタにのせた紫陽花をZさんでも撮っていたのですが、すっごいことになっていました。Zさんったらやっぱり美形好きなのね。 寝る前にカメラのカードを空にすべくパソコンにデータを移して一人涙目。 花の状態がとっても良かった。お昼ごろの強い光の中なんだけど、直射日光はあたらず、あたしのTシャツがレフ板になった。うまいこといった。 そう「奇跡の一枚」です。 偶然でも自分の手でシャッターを押した写真でZさんの本気を知ることが出来てよかった。そのカメラが得意なことがはっきりわかったので。(きっと他にももっと得意なシチュエーシ…

  • 【フォトLOG】鴨がすいすい玉川上水

    📸玉川上水緑道(2021年5月) 半袖の季節になりました。植物も虫もそして鴨も元気もりもりの玉川上水緑道です。 この鴨さん、けっこうなスピードで泳いでいたのですが、Zさんでぴたりときれいに撮りました。 いよいよ紫陽花の季節です。紫陽花はすっごく好きな花というという訳じゃないんだけど、撮るのはすっごく楽しい。コツは「小雨の時に撮りに行く」でしょうか(・∀・)うふふ。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) 応援ありがとうございます。旨い肴ブログを目指して日々精進しています。 くじらのStockP…

  • 【フォトLOG】ハルジオン

    📸ハルジオン・玉川上水緑道(2021年5月) ただの深緑の写真が続いたので、お花の写真をのせてみる。ハルジオン。近所の玉川上水緑道沿いに5月の初めにどっさり咲いた。 田舎で育った子供の頃は、この辺りの雑草系の花はぶちぶち摘んで花束とかにしたな。空き地=誰かの私有地なわけだけど、近所の子供が虫を取ったり、ちょっとした穴を掘ったり、生えているものをとっても平気だったなあ。東京は緑地はほとんど公園だから、花とか取っちゃいけないもんね。のどかな子供時代を過ごせたことに感謝です。 というわけでハルジオンは子供時代の良い想い出が記憶された花。 ※拡大すると解像度が良すぎて虫までしっかり写してしまうZさんで…

  • 【フォトLOG】フルサイズで一カ月

    📸玉川上水散歩(2021年5月) 長くAPS-C機を使っていて、ここ一カ月フルサイズを使っているわけです。まだ慣れない。 というか散々通っている場所で同じ場所に立って「あの絵を」って思っても撮れないのが単純にもどかしい。 そしてじわじわAPS-Cもあれはあれで良いんだなと感じはじめている。ゴッホ(APS-C)が好きな人もいればカラバッジョ(フルサイズ)が好きな人もいる。 ソニー様のHPからお借りしたリスでAPS-Cとフルサイズの違いをどうぞ。 トリミングしちゃえばいいんだけどねー。(つかこのブログの写真も大きくしないと見えないっすよねw) それに花とか葉っぱとか撮ると撮ってる時には全く気づかな…

  • 高尾山でカメラを持って歩いていると・・・

    📸高尾山3号路(2021年5月) 雨上がりの蒸しっとした山は植物が綺麗で楽しいんだけど、 何だか今年は「風薫る五月」が無いまま梅雨入り秒読み段階。ハイキング的にはちょっとつまらない。写真的には風が無い方が撮りやすいんだけどね。 高尾山の土の道でカメラを持ってるとわりと知らない人と会話する。「〇〇辺りに△△が咲いてましたよ。」「ありがとう。」世界最短の会話だけど必要十分のコミニケション。 それにしてもこれだけ人の多い山でよく花が咲いてるなと、そっちにも感動する。よっぽど植物に良い環境なんだろうな。 ※イナモリソウ。何気に初めて見ました。外来種のようなちょっとポップな風情がかわいい。 View t…

  • 【フォトLOG】かしながホイホイがぐるぐる巻かれた玉川上水緑道の木

    📸玉川上水緑道(2021年5月)ISO400大好き。 あれ?何だあれ?謎の白い物体が木にぐるぐると。正体は「かしながホイホイ」。ナラ枯れ対策だそうです。 今、あちこちの森や公園で木が枯れちゃう伝染病が流行っているんだとか、人間はコロナで大騒動だけど、木も大変なんだ。 過密した人間の暮らしとか、温暖化とか、マイクロプラスティック汚染とか、地球が大変だと言われ続けているけどそれ以上に地球はダメージを受けているのかも。大好きなブナが枯れちゃうとか絶対にいやだ。それに森が壊れるとまた水害が増えるしね。 ほんとにあっちもこっちも大変な日々。ごみ減量。脱プラ。エコバッグ忘れておたおた。そしてマスク着用。会…

  • 【フォトLOG】ニュートラルが正直すぎてとまどいつつ緑の写活が楽しい

    📸玉川上水散歩(2021年5月)これニュートラルの撮って出し。光、大切だなとしみじみ。 RAWで記録してパソコンで現像するのでピクチャーコントロールはニュートラルなんだけど、Zさんの「ニュートラルが正直すぎてこまる」。ちゃんと撮れた時は素敵に映り、失敗しているときはどんより出してくる。 FXフォーマットのニュートラルはそこまで厳しくなかった。ふんわりした色見で「現像して盛っちゃえ。うふふ。」というのを楽しめた。 Zさんの場合、パソコンに取り込んだ段階で良しあしが解る。もちろんこのちょっと微妙な写真を現像で引っ張り上げることはできるんだけど、負けた気がするのは私だけ? Zさんはこの「ニュートラル…

  • 高尾山、花劇場はじまる(2021年5月)

    まいどー。高尾山。九州・中四国に続いて近畿・東海が梅雨入りしましたね。もう関東も梅雨入りしたみたいなものですな。 でも高尾山はお休み・・・ということにはならないのです。流石にザーザーぶりの時は出かけませんが、普通の雨あれば、そこは楽園の高尾山です。木に覆われた高尾山は雨粒は木に落ちるので、実はあまり濡れません。水分があるほうが植物が綺麗。 特にこれからの季節は週替わりでどんどん花が咲きます。これでもかというくらい咲きます。 足元は固めてくださいね。グリップの効く靴で。 またまた今週もいろはの森コースです。 ※フタリシズカ。この花と「ヒトリシズカ」を見るたびに、静御前とか、宮尾登美子の小説とか、…

  • 【フォトLOG】高尾山に新しいカメラを持って登ってみた

    うっきうき。新しいカメラを持って高尾山に出かけてきました。 でも生憎のぼんやりした天気で、5月のぴちぴちした緑の葉っぱを撮りまくるというより、いきなり難しい「光がころころ変わる暗い森」。 📸高尾山1号路(2021年5月) そして、今まではフィルムカメラの時代みたいにISOは100か400で、状況に応じてF値とSSを動かすクラシック撮り(勝手に命名)をやってたんだけど、せっかくなのでF値とSSからのISOで調節という今時のカメラっぽいことをやってみたら、ちょっと忙しすぎた。新しいカメラなので、ISO上げてみたかったのですが、ちょっとこの辺りは検討課題。 つか「検討課題」というか、こんな風に「どう…

  • 【フォトLOG】オフィーリアがいそうな玉川上水

    📸玉川上水緑道(2021年5月) 娯楽が少なくなっているコロナ禍。古いカメラを長く使った後に最新機に買い換えた訳です。撮る度にカメラさんがはじき出す画像に驚けて、これはこれですごいエンターテイメントだなと思っています。カメラさんがエンターテイナーで私が観客。 写真は近所の玉川上水。江戸時代に羽村から江戸城まで多摩川の水を運ぶために作った水路で、いまは公園。 水路の両脇は昼間は市民の生活道路で、ママチャリがびゅんびゅん通っていたりお家ジャージのご近所さんがウォーキングしていたりするのです。今までのカメラだと水は撮れなかったんだよな。水が撮れるだけで、玉川上水がシェイクスピアの戯曲の舞台みたいにな…

  • 七ツ石山に登る・その山を想う人に出会ってしまったらその山はもう特別な山(2021年5月・奥多摩)

    例年GWは早々と雪解けする奥秩父の山・特に雲取山で泊まるというのが、恒例なのですが昨年同様、今年も泊りは自粛。「健康に必要な運動枠」を使って、弁当も水も背負って山以外はどこにも立ち寄らず日帰りで雲取山の手前の山・七ツ石山に登ってきました。 鴨沢から雲取山への通過点として実は何度も踏んでいる七ツ石山。最初は雲取山への思い入れが大きすぎてなんと巻いたりしたこともあった(このまきみちの樹林帯もすてきです)のですが、七ツ石神社のこと、オオカミのこと、将門伝説、丹波山村の温泉へ立ち寄りと回を重ねるごとにいろんなことに出会い愛着がある場所に。 丹波山村アカウントの中の人に山で偶然出会ったり、SNSを通じて…

  • 【フォトLOG】何もかもがキレッキレ(・∀・) NIKON Z5さん。

    📸玉川上水散歩(2021年4月) ※注)以下の比較は、10年前のNIKON入門機とのそれなので、お含みおきいただけると幸いです。 新しいカメラさんNIKON Z5で写活。室内でいろいろ撮っても光が平たんなせいかぜんぜん盛り上がらないので、ちょっくら外で撮って来ました。 最初の自分設定をしているとカメラというよりパソコンにレンズが付いたような印象のZ5ですが、屋外で写活すると「すごく良い」。よかったー。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) ・AF早すぎて驚いた。「ピント合わせよ」と思うより前…

  • 【フォトLOG】新しいカメラNIKON Z5買いました。ますます山スナップします。ますます緑もりもりの写真撮ります。

    奮発してNIKON Z5買いました。(・∀・) ※到着後すぐ。直にテーブルの上に置くのが憚られ、おもわず西郷どん手ぬぐいの上に。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) 新しいカメラの目的はもちろん「山スナップ」「森撮影」「緑色の写真」です。 今使っている2012年発売のDXフォーマット機NIKON D3200からそろそろ卒業したいとずっと考えていたのですが、検討材料が多すぎて、ぐだぐだしていました。 スマホで十分いい写真撮れるだろ話、フルサイズ機を持ち運べるのか?山に登れるのか?という物理的…

  • 高尾山・いろはの森コース(2021年4月)

    緊急事態宣言下ですが、「生活圏での健康維持に必要な運動枠」(自己申告)で高尾山。 JR高尾駅から甲州街道を延々と歩き、いろはの森コースを経て山頂へ、下りは薬王院の本堂を通らない人の少ない富士道で。登りは、ほとんどひとのいない「密回避」コースです。下りも天狗焼き以外のお店に寄らずさささと下山しました。 ※甲州街道沿いの宿の跡に残る昔の「講」の痕跡。 View this post on Instagram A post shared by くじら(夏の鯨) (@natsunokujira) ※今はアスファルトの道になっている甲州街道ですが、目を凝らすと懐かしい風景に出会えます。 View this…

  • 【編みむめも】青い靴下完成。

    まだ四月なのに、五月晴れを通り越して一気にお天気が夏っぽくなってきました。温暖化の影響なのかもと思うと手放しで喜べません。ふー。 青い靴下完成しました。今時の洋服屋でまったく見かけない種類の青色でして、編んでいる最中ずっと「何と合わせよう」と考えていたのですが良いアイデアが浮かばず、テンション低めのまま仕上げました。こういう色を差し色に上手にコーディネートするのに憧れますなー。 糸:regiaの古い糸。古くなっても弾力性があって編みやすかったー。針:1号針で編んでちょっと編地堅め。パターン:自分サイズ。 いつも撮影しているのは自宅の出窓なのですが、窓の外もにぎやかになってきました。何年か前に芽…

ブログリーダー」を活用して、くじらさんをフォローしませんか?

ハンドル名
くじらさん
ブログタイトル
夏の鯨
フォロー
夏の鯨

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用