searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ioritoreiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
完全趣味のブログ
ブログURL
https://ioritorei.com/
ブログ紹介文
アニメが好き。マンガが好き。音楽が好き。犬が好き。猫も好き。歴史が好き。 大好きなものばかり。 政治。経済。ビジネス。人間関係。 世の中に対して思うことはたくさんある。 ここでは好きなもの、感じたこと好き勝手に書いていく。
ブログ村参加
2021/10/30
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ioritoreiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ioritoreiさん
ブログタイトル
完全趣味のブログ
フォロー
完全趣味のブログ

ioritoreiさんの新着記事

1件〜30件

  • 12月の定番曲『いつかのメリークリスマス/B'z』【この曲のこの歌詞がスゴい】幸せそうな雰囲気に聴こえがちだが、実は失恋ソング。

    音楽を聴く時、あまり歌詞を重視しない人が多くいるようだ。 しかし何の気無しに聴いている音楽の中に、とんでもない名言や格別、果ては生きる指針にもなりうる人生訓が隠されていたりするものだ。 作詞家・稲葉浩志の考え方にはいつも非常に感銘を覚える。 B'zファンのひとりとして、その中のひとつをご紹介したいと思う。 ゆっくりと12月のあかりが灯りはじめ慌ただしく踊る街を誰もが好きになるこの季節。 絶対王者の達郎やマライヤにはやや劣るが、今やクリスマスの定番曲のひとつになった『いつかのメリークリスマス』。 有名な話だからご存知の方もいると思うが、実はクリスマスの哀しい思い出を歌っている失恋ソングだ。 クリ…

  • 【名盤の正統後継作品】B'z・25年ぶりのシリーズ最新作コンセプトアルバム『FRIENDS III』。

    B'z・25年ぶりのシリーズ最新作 コンセプト・アルバム『FRIENDS III』 12月8日発売 『FRIENDS III』は、B'zのコンセプト・アルバムだ。 1992年にリリースされた4thミニ・アルバム『FRIENDS』、1996年リリースの5thミニ・アルバム『FRIENDS II』の流れを汲む作品で、「FRIENDS」シリーズとしては25年ぶりとなる後継作品である。 ミニアルバムなんて言われてもピンとこない人が多いだろう。 ミニアルバムの明確な定義は曖昧なようだが、フルアルバムより収録曲数や再生時間がスケールダウンしていれば、それがミニアルバムでいいと思う。 まぁ今どきは見ないよね…

  • 【固定観念が生み出す負の連鎖】意識しなければ気づかない、自分の中の固定観念。

    【固定観念】 あるものが、こうあるべきだと考え、ほかの考え方は排除する思考傾向。概ね、悪い意味で使われる。 固定観念が生み出す負の連鎖 まず固定観念とは恐ろしいものだという認識が必要だ。 固定観念…要するに思い込みだが、思い込みは頭を固くする。 たいした知識もないくせに、これはこういうものなんだと自分勝手に思い込む。 正しいと思い込んでいるから、間違いを犯しても自意識がない。 おまけに思考まで凝り固まっているから、そもそもその間違いに気づきもしない。 せっかく誰かが間違いを指摘してくれたとしても、思い込みで凝り固まっているから頑として譲らない。 いくらこちらが理路整然と間違いを指摘し説明しよう…

  • 【忘れられた名曲をプレイバック】iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書。[一度限りの異色コラボ・ユニット!小室哲哉×YOSHIKI 〈V2〉]

    iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書 お気に入りの音楽の管理は、もっぱらiTunesで行っている。 その時その時に聴きたい曲の音源を手に入れては、手当たり次第にiTunesに入れまくった。 おかげで今では数千という曲が入っている。 言うなれば、iTunesのプレイリストは我が音楽人生の履歴書のようなものだ。 何か面白い曲がないかとiTunes内を漁っていたら、とんでもないお宝曲が記憶されていた。 異色のコラボ・ユニットの…名曲? V2の『背徳の瞳〜Eyes of Venus〜』だ。 小室哲哉×YOSHIKIのスーパーグループ V2とは V2(ブイツー)は、小室哲哉氏とYOSHIKIによ…

  • 【忘れられた名曲をプレイバック】iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書。[Ayuの一番の名曲は『A Song is born』だと思う。]

    iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書 お気に入りの音楽の管理は、もっぱらiTunesで行っている。 その時その時に聴きたい曲の音源を手に入れては、手当たり次第にiTunesに入れまくった。 おかげで今では数千という曲が入っている。 言うなれば、iTunesのプレイリストは我が音楽人生の履歴書のようなものだ。 iTunes内を漁っていたら、遠い記憶を思い出した。 一世を風靡したAyuこと浜崎あゆみさん。 中古CDショップを眺めていると、あの頃バカ売れしていたCDが哀しげに投げ売りされていた。 流行っていた当時は積極的に聴いていなかったのだが、ふと懐かしくなったのかどうやら購入してiTun…

  • 【名曲をプレイバック】iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書。[X JAPAN・収録曲が1曲だけなのに再生時間が約30分?]

    iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書 お気に入りの音楽の管理は、もっぱらiTunesで行っている。 その時その時に聴きたい曲の音源を手に入れては、手当たり次第にiTunesに入れまくった。 おかげで今では数千という曲が入っている。 言うなれば、iTunesのプレイリストは我が音楽人生の履歴書のようなものだ。 何か面白い曲がないかとiTunes内を漁っていたら、こんな曲が記憶されていた。 1曲の再生時間がなんと約30分。 Xの『ART OF LIFE』だ。 『ART OF LIFE / X JAPAN』 『ART OF LIFE』は、ロックバンドX JAPANが1993年8月25日にリリ…

  • 【名曲をプレイバック】iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書。『Jungle Smileって知ってる?』

    iTunesのプレイリストは音楽人生の履歴書 お気に入りの音楽の管理は、もっぱらiTunesで行っている。 その時その時に聴きたい曲の音源を手に入れては、手当たり次第にiTunesに入れまくった。 おかげで今では数千という曲が入っている。 言うなれば、iTunesのプレイリストは我が音楽人生の履歴書のようなものだ。 B'zの楽曲は我が音楽人生そのものだ。 大好きなアニソンだって充実している。 長年聴き続けている曲もあれば、SEAMOのように一時期ハマっていた曲もある。 もちろん最新の音楽にも敏感でいたい。 あいみょんも入っているし、YOASOBIだってずっと真夜中ならいいのに。だって入っている…

  • 『MOTHER / SEAMO 』【この曲のこの歌詞がスゴい】もしかしたら恩返しできるかもしれない唯一無二の方法。

    音楽を聴く時、あまり歌詞を重視しない人が多くいるようだ。 しかし何の気無しに聴いている音楽の中に、とんでもない名言や格別、果ては生きる指針にもなりうる人生訓が隠されていたりするものだ。 過去記事で、今まで受けた恩義の重さを考えたら、軽々しく恩返しなどとは言えないことを記したことがある。 その考え方は少し修正した方がいいのかもしれない。 iTunesに入っている音楽をシャッフルで聴いていた時のこと。 SEAMOの『MOTHER』が流れてきた。 懐かしい曲だ。 そういえば一時期ハマってiTunesに入れておいたな。 知らない人のために簡単に説明しておくと、SEAMOはラッパーでありシンガーソングラ…

  • 【DLもサブスクもいいけどやっぱりCD】興味を持ったアーティストがいたら、オリジナルアルバムを聴いてみよう。

    過去記事にこっそり記した。 著者が好きな音源は手元に置いておきたい古臭い人間だということ。 サブスクで好きな音楽が簡単に手に入れられるようになっても、未だに大好きな曲はCDで持っていたい。 それには古臭い人間なりに、ちゃんとした理由がある。 利便性が趣味の偏りを生み出す 最近では好きなアーティストの好きな曲だけをDLして聴くことができる。 なんて便利な世の中になったものだ。 しかしその利便性が、かえって興味の拡大への弊害になってはいないだろうか。 B'zにどっぷりハマっていた頃、他の音楽を耳にする機会が激減した。 素晴らしい楽曲が世界には溢れているというのに、趣味趣向が完全に凝り固まってしまっ…

  • TVスペシャル「YAWARA!〜ずっと君のことが〜」のテーマ曲【『Today is another day / ZARD』】ポジティブなイメージの中にうっすら感じる陰。

    アニメ「YAWARA!」のテーマ曲も素敵な名曲揃いだったことは、過去記事でご紹介した。 今回はご紹介した曲の中でも、個人的に特に思い入れの強い楽曲について少し掘り下げて書いてみたいと思う。 ZARDの「Today is another day 」。 まず最初にお断りしておくが、ZARDの音楽は好きだが熱狂的ファンではない。 だから音源はほとんど所有していない。 データでも、だ。 よってZARDのことをそれほど詳しくは知らない。 ZARDと価値観を共有できることがあるとするなら、同じ時代を生きたことくらいだろう。 言うなればこの記事はまったくの素人が感じたままを書いている。 もちろんアーティスト…

  • 【YAWARA!】「シティーハンター」と並ぶ素敵なテーマ曲の宝庫。

    YAWARA! Blu-ray BOX1 アニメ『YAWARA!』も『シティーハンター』に負けず劣らず名曲が揃った名作アニメだ。 アニメ専用ではなく、広く一般に聴かれるようなテーマ曲の起用が当時は画期的だった。 『シティーハンター』も相当オシャレな作品だったが、『YAWARA!』も負けず劣らずオシャレなイメージのある作品だ。 それは『YAWARA!』で使用された楽曲に存分に影響されていたと思う。 アニメの主人公は柔道女子 そのテーマ曲を彩ったのも女性アーティストだった YAWARA! SONGS! 『YAWARA!』は柔道女子が活躍する作品だ。 女の子が主人公ということで、テーマ曲をつとめたア…

  • 名曲揃いのアニメといえば…【アニメ「YAWARA!」】皆口裕子さんの声が素敵すぎて主人公・猪熊柔が可愛いすぎる件。

    過去記事で'80年代後半の名作アニメ「シティーハンター」のテーマ曲には名曲揃いだったことをご紹介した。 1979年にアニメ「機動戦士ガンダム」が放送されてからアニメはリアル志向へ舵を切り出す。 放送開始当初こそ視聴率が不振だった「機動戦士ガンダム」だが、尻上がりに人気を獲得。 ガンダム人気に乗じたかのように、続く'80年代は子供向けのアニメからの脱却を図る作品が増加する。 「シティーハンター」もその中のひとつだったように思う。 アニメ専用ではなく、広く一般に聴かれるようなテーマ曲の起用は当時画期的だった。 アニメ「YAWARA!」も「シティーハンター」に負けず劣らず名曲が揃った名作アニメだ。 …

  • 【『機動戦士ガンダムUC』の偉大な功績】失われた正史、『機動戦士ガンダムΖΖ』の復活。

    『機動戦士ガンダムUC』とは 機動戦士ガンダムUC 『機動戦士ガンダムUC』(英題: MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、矢立肇・富野由悠季原案、福井晴敏著による日本の小説だ。 角川書店『ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載されていた。 また、この小説を原作とするアニメ作品と漫画が制作されている。 『機動戦士ガンダム』(以下『1st』)をはじめとした宇宙世紀を舞台とする作品で、劇場用アニメ作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(以下『CCA』)から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台となっている。 物語は宇宙世紀元年から始まり、その年に起こ…

  • こんな指導者ならもしかしたら歓迎しちゃうかも?【機動戦士ガンダム】ジオン公国総帥ギレン・ザビの名演説。

    何度も申し訳ないのだが思い違いがないように、改めてお断りしておく。 著者に特定の政治思想はない。 こんなことばかり書いているが、特定の支持政党もない。 強いて言えば、保守よりリベラル派かな?というくらいだ。 封建的な社会はあまり好まない。 また、政治家には清濁併せ呑める資質が必要だと考えている。 清濁併せ呑むとは、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表す喩えだ。 そんなだから人を傷つけない必要悪の存在も容認派だ。 簡単にいうと、ちゃんと国を富ませすべての国民を潤しているのなら、多少私腹を肥やそうがどうだっていい。 それだけのことをしてくれていれば、なんの問題もない。 しかし…

  • 【ベルリン壁は一夜にして崩壊した】ほんの些細な出来事が変革へのトリガーになり得る。

    政治に無関心な若者と話すと、決まって『どうせ変わらないから』と口を揃える。 断っておくが著者も同感だ。 政治的な記事も書いて変革を促したりもするが、太平洋に小石を投げ入れるようなものだ。 どうせ変わらないのはわかりきっている。 ただし、今は、である。 今まで反対の意志を示していない者は、賛成とみなされても文句を言う資格はない。 そう思う。 最近の大人は明確な意思表示を避ける傾向にある。 曖昧な応えで責任から逃れようとする。 或いは、はっきり意思表示できないひ弱でダメな大人が増えたということか。 ご都合主義のコウモリ野郎。 そんな大人なんて格好悪くないか? そんな人間になんかなりたくない。 だか…

  • 【ようやく問題提起】領収書の要らない月100万円だけじゃない。国民は意外と知らない国会議員のふざけた特権の数々。

    昔から腹立たしく思っていた制度について、ようやく問題提起される時がやってきた。 我々国民は国会議員が有するふざけた特権の数々を知らなすぎる。 国会議員というものが、どれほど美味しい職業なのか。 どうしてご老人議員たちはあれほど執着するのか? すべては美味しすぎる特権を手放したくない、その一心からなのだ。 ようやく問題提起されたはいいが… 国会議員に、歳費(給与)とは別に毎月支給される100万円がある。 文書通信交通滞在費(文通費)だ。 税金から支払われているが、領収書の届け出が不要なため使途がまったくわからない。 昔からふざけた制度だと思っていたが、ようやく世間的に問題提起された。 こと発端は…

  • 【給付金の対象が何故18才以下になったのか?】政策対象が老い先短いシルバーから、浮動票の宝庫・参政権予備軍へ移行したということ。だが本当に救うべきは自活する大学生ではないのか?

    歴史は勝者によってつくられる。 敗者はただ口を閉じるのみ。 先の総選挙で民主主義上、国民の総意は示された。 勝てば官軍。 だからどんな愚策だろうと受け入れるしかないのだ。 残念ながら国民の信を得てしまった政府与党は、保身と私利私欲のために国庫を使おうとしている。 敗者に口無し、だからこの愚策に反対できる口を持ち合わせていない。 しかし、反対しないまでも改善は求める。 こんな愚策でもほんの少し改善するだけで、コロナ禍で一番苦労した人間を救えるのだ。 公明党の公約 18歳以下のすべての子どもに「未来応援給付」(一人あたり一律10万円相当の支援) 10月31日に行われた衆院選において、公明党が公約と…

  • ふいに思い出した【東京ラブストーリー】昔のドラマの登場人物ってやたら大人びて見えた謎。

    『東京ラブストーリー』 昔のドラマを観て感じていたこと 東京ラブストーリー 東京ラブストーリー Blu-ray BOX 同じテーマからの派生ネタで申し訳ないが、過去記事で宣言した通り『東京ラブストーリー(オリジナル)』を欠かさず視聴している。 今視聴できるのは第5話。 やはりこの回までが幸せの絶頂期で、これからどんどん切なくなっていくのだが、今回はドラマの内容についての話ではない。 あっ。 でもほんの少しだけ。 第5話「いつも思い出して」はカンチの誕生日をリカとふたりでお祝いする名シーンがあるのだが、この時カンチの年齢が劇中で初めて明かされることになる。 よくよく考えたらふたりの出会いのシーン…

  • 【それでも辞めない木下都議】自己正当化のプロフェッショナルなのか?はたまた、とんでもない強メンタルの持ち主なのか?

    都民だけでは飽き足らず、ほぼすべての国民を敵にまわしたと言っても過言ではない木下都議。 この話題には過去記事で一度は触れているし、何も人を殺めたわけではないから、ひとりの大人、ましてや都議会議員としてしっかり対応するだろうとたかを括っていた。 しかしその後の報道を逐一チェックして得た結果は惨憺たるものだった。 あまりにあんまりな展開に呆れかえってしまい、この件については二度と触れまいと考えていた。 しかし、もし自分が同じ立場でこれほどのバッシングを受けたならどうなるのだろうか? どんな対応をしただろう? そんなことを考えてみた時、この問題についての見方がほんの少しだけ変わった。 これほどの状況…

  • 【戦国三英傑】歴史ヲタクでも意外と知らない?織田信長もしっかり神として崇められていた。

    過去記事の一部で、戦国三英傑が神になったと記した。 戦国三英傑と織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をさすのだが、この中で一番有名な神といえば徳川家康だろう。 日光東照宮に祀られている家康は、その名も東照大権現とし神となっている。 では豊臣秀吉はどうだろう。 秀吉は死後に豊国大明神となって、豊国神社へ祀られている。 だが秀吉は一度神の座から引きずり下ろされている。 豊臣家滅亡とともに徳川家康の命により一時廃絶となるのだが、のちに明治天皇の勅命により再興された。 ここまでは教科書レベルの話だから、知っている人も多いかと思う。 では織田信長はどうだろう。 生きながらにして神になることを望み志半ばでこの世を…

  • 本当にただの伝説?【架空の物語ではない】ギリシャ神話や古事記は古代王族の歴史書。

    空気がすんできて夜空の星々が一層綺麗に輝き出した。 夜空に美しく瞬く星々に人は名前をつけた。 ご存知の通り多くの星座はギリシャ神話が元になっている。 かなりぶっ飛んだ逸話ばかりのギリシャ神話だが、すべてが架空の物語なのだろうか? ここからはすべて個人的な見解ということをまずはお断りしておく。 著者は、ギリシャ神話とは古代王族の歴史書と考えている。 が、もちろんすべてが実話と考えているわけではない。 おぞましい怪物が実在したなんて思えないから、創作も多く含まれているだろう。 しかしその創作はどれも、神と崇められた王族をより強く神格化させるためにつくられている。 これは日本の古事記にも同様のことが…

  • 日曜日のワイドショーを見て考える【皇室報道の過熱】みんな皇室って呼ばれるところにそんなに興味があるんだ?

    日曜日のワイドショーを見て考える。 ワイドショーって番組はなかなか便利なものだ。 もちろんニュースは毎日チェックしているが、その中から日曜日のワイドショーでどれが取り上げられるかで今の日本の状態がわかる。 個人的には重要な出来事だと思っても、ワイドショーでは話題にすらならなかったりすると日本は平和ぶりを痛感する。 その逆も然り。 日曜日のワイドショーのトップニュースを見れば、日本の平和ぶりが窺い知れたりする。 もちろん報道しているTV局自体の思想も加味して。 そんな感じで一週間の復習的にワイドショーを見たりするのだが、皇室の過熱報道に毎度疑問を抱く。 ※便宜上、一応情報ソースとして引用だけはさ…

  • 【シティーハンター】もう一曲、名曲を忘れていた。

    過去記事で『シティーハンター』で使用された楽曲は名曲ばかりなことを記した。 数え上げればキリがないからなるべく簡潔にまとめたつもりだったが、もう一曲だけ忘れてならない名曲があったことを思い出した。 あぶないあぶない。 名曲「RUNNING TO HORIZON」。 RUNNING TO HORIZON/小室哲哉 RUNNING TO HORIZON/小室哲哉 小室哲哉氏が1989年10月28日にリリースしたソロデビュー・シングルだ。 『シティーハンター3』のオープニング・テーマとして起用された。 カップリングは同曲のリミックス・ヴァージョン。 本作は、制作当時同時期に作られた「DIVE INT…

  • 「GET WILD退勤」ってのが流行ったけど…【シティーハンター】「GET WILD」以外にも名曲がズラリ。

    「GET WILD」とは 「Get Wild」は、TM NETWORKの10枚目のシングルで、TM NETWORKの代表曲といっていい。 GET WILD '89/TM NETWORK TM NETWORK 「Get Wild」 1987年4月8日にEPIC・ソニーからリリースされた。 作詞は小室みつ子さん、作曲およびプロデュースは小室哲哉氏が担当している。 読売テレビ制作の日本テレビ系テレビアニメ『シティーハンター』(1987年 - 1988年)のエンディングテーマとして使用されることを前提に、都会的で疾走感のある曲として制作された。 オリコンチャートでは同グループで初のベストテン入りを果た…

  • 冴羽獠の愛車といえば赤のミニクーパー【シティーハンター】よくこんなナンバーが思いついたな(笑)ナンバープレートが秀逸すぎる件。

    冴羽獠の愛車といえば赤のミニクーパー オールドミニクーパー ミニカー3台セット シティーハンター スマートキーケース 冴羽獠の愛車といえば赤のミニクーパーが有名だ。 1959年から2000年まで40年以上生産された、いわゆる「クラシックミニ」である。 アニメ、TVドラマ、フランス実写版などでも、冴羽獠の愛車といえば(ほぼ)このミニといえる。 これがまたすげーオシャレに見えるんだ。 ミニクーパーは現行車も存在しているから、実車を見てもらえばそのオシャレ具合はわかってもらえるだろう。 しかし1980年台でミニに乗る人は、今でいう意識高い系の人に決まっている。 実はこのミニクーパー。 デザインは格好…

  • レジェンド声優・神谷明氏のハマり役【さシティーハンター】冴羽獠から学ぶ大人の男の美学。

    『シティーハンター』とは シティーハンター1巻 『シティーハンター(CITY HUNTER)』は、北条司先生による漫画作品、およびこれを原作としたアニメ・映画等のメディアミックス作品だ。 読切として描かれ好評であった『シティーハンター -XYZ-』、『シティーハンター -ダブルエッジ-』を元に週刊少年ジャンプ誌上において1985年13号から1991年50号にかけて連載されていた。 前作『キャッツ♡アイ』に続く北条司2作目となる連載作品である。 単行本はジャンプ・コミックスより全35巻。1996年から1997年にかけて文庫版が全18巻で発売されている。 また、2004年から2005年にかけては『…

  • BS12 トゥエルビ 【日曜アニメ劇場】12月もセンスの良いラインアップで激アツ必至。

    「ルパン三世」「シティーハンター」「東京ゴッドファーザーズ」「龍の歯医者」が放送! 12月の「日曜アニメ劇場」のラインアップも激アツだ‼︎ 全国無料放送のBS12 トゥエルビより、「日曜アニメ劇場」の2021年12月に放送される注目ラインアップが公開された。 BS12 トゥエルビでは日曜夜7時より、劇場版アニメや長編アニメに特化した「日曜アニメ劇場」を放送中だ。 10〜11月もアニメ好きの痒い所に手が届く粋なラインアップだったが、はてさて12月はどんな作品が放送されるのか見てみよう。 12月のラインアップ 「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」 「劇場版シティーハンター <新宿プライベー…

  • ギネスで過去世界一辛い唐辛子に認定【キャロライナ・リーパー】私はこれを食べて、二度と辛いものが得意なんて言わないと誓った。

    キャロライナ・リーパーとは 2013年現在、ギネス世界記録で世界で最も辛い唐辛子に認定されており、それまで記録を保持していたトリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーより辛いと認定された。 しかしながらその後、キャロライナ・リーパーより辛いとされる唐辛子ドラゴンズ・ブレスが開発されている。 キャロライナ・リーパー 死神 キャロライナ・リーパーって実際食べたことある? 最近のTVで流行りの激辛料理。 そこでよく耳にするキャロライナ・リーパーという唐辛子がある。 過去にギネスで世界一辛い唐辛子に認定された、超激辛のスパイスだ。 だが実際口にされたことのある人がどれほどいるだろう。 実は著者はTV…

  • 『LOVE & CHAIN / B'z』【この曲のこの歌詞がスゴい】経験値に乏しい若者たちよ、これが恋愛における真理だ。

    音楽を聴く時、あまり歌詞を重視しない人が多くいるようだ。 しかし何の気無しに聴いている音楽の中に、とんでもない名言や格別、果ては生きる指針にもなりうる人生訓が隠されていたりするものだ。 作詞家・稲葉浩志の考え方にはいつも非常に感銘を覚える。 B'zファンのひとりとして、その中のひとつをご紹介したいと思う。 聞くところによると、近頃は過去に一度も異性とお付き合いしたことがない若者が相当数いるらしい。 異性と一緒にいることが面倒なのか何なのか知らないが、生涯で一度も異性とお付き合いしないなんてことは、いくらなんでもないだろう。 数少ないチャンスを、経験値の低さで台無しにしないためにも、是非本記事で…

  • 『春 / B'z』【この曲のこの歌詞がスゴい】B'z史上で最も美しい詞。

    音楽を聴く時、あまり歌詞を重視しない人が多くいるようだ。 しかし何の気無しに聴いている音楽の中に、とんでもない名言や格別、果ては生きる指針にもなりうる人生訓が隠されていたりするものだ。 作詞家・稲葉浩志の考え方にはいつも非常に感銘を覚える。 B'zファンのひとりとして、その中のひとつをご紹介したいと思う。 このお題でなら無限に書いていられるな… 『春 / B'z』とは もちろん一般的にはまったく知られていない曲だろう。 『春』はB'zの2枚組オリジナル・アルバム「The 7th Blues」に収録されている。 The 7th Blues / B'z 一応ベスト・アルバム「B'z The Bes…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

完全趣味のブログ

アニメが好き。マンガが好き。音楽が好き。犬が好き。猫も好き。歴史が好き。 大好きなものばかり。 政治。経済。ビジネス。人間関係。 世の中に対して思うことはたくさんある。 ここでは好きなもの、感じたこと好き勝手に書いていく。

フォロー