searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ミイルさんのプロフィール

住所
オランダ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Miiru
ブログURL
https://miirublog.blogspot.com/
ブログ紹介文
オランダ美術の紹介や街散策をしながら、建築なども含めたオランダ芸術について広く紹介しています。
更新頻度(1年)

78回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2014/07/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミイルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミイルさん
ブログタイトル
Miiru
更新頻度
78回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
Miiru

ミイルさんの新着記事

1件〜30件

  • 【朗報】今秋、ハーグにユニクロができるって

    今秋、ハーグのM&Sの跡地にユニクロができるそうです! 一階の食料品を売っていたところにはスーパーJumboがすでに入っているので、それ以外の部分がユニクロになるのかな。 楽しみ! https://www.ad.nl/den-haag/uniqlo-opent-winkel-in...

  • 新しい能面 @ Rijksmuseum in Amsterdam

    アムステルダム国立美術館のアジア館に能面が展示されていました。 *光量が少なかったので、写真がぼやけてます。 でも、そこには見慣れない西洋風の能面がありました。能面氏、山口毘堂さんの作品です。 No Mask for the Role o...

  • カラヴァッジョとベルニーニ~Caravaggio and Bernini: Baroque in Rome @ Rijksmuseum in Amsterdam

    アムステルダム国立美術館でバロックの絵画を彫刻を代表する「カラヴァッジョとベルニーニ」展の初日の2月14日に行ってきました。 カラヴァッジョは光と影の明暗でドラマチックに描く写実的な人物表現でローマにセンセーションを巻き起こし、バロック絵画の形成に大きな影響を与えました。 ...

  • オランダで金継ぎ

    ハーグ美術館のミュージアムショップでみつけた金継ぎの本と金継ぎのキット。 金継ぎの哲学はオランダ人も大好きです。 ところで、ヨーロッパ圏で発行された本の日本語表記には縦書きが多いのが気になります。日本語と言えば縦書きなんでしょうか??? *しばらく...

  • とらやの羊羹

    お礼でいただいた「 とらや 」の羊羹。 2月にいただいたのですが、オランダでは貴重な羊羹。しかも、こんなにかわいいパッケージなので、ずっと見ていたくていまだに食べていません。 でも、さすがに五月にもなったので、いただこうと思うのですが、やっぱりまだ手が出せ...

  • 【フェルメール】新発見!フェルメール《真珠の耳飾りの少女》には、まつげがあった!~Closer to Vermeer and the Girl @ Mauritshuis Museum in Den Haag

    2018年からマウリッツハイス美術館で行われていたフェルメール《真珠の耳飾りの少女》の科学調査の結果が発表されました。 Closer to Vermeer and the Girl - New discoveries and insights from the intern...

  • レンブラントが描いた夫婦が巨大な人形に

    2015年11月、オランダ政府とフランス政府が共同でレンブラントの2枚の肖像画を購入しました。《マールテン・ソールマンス》と《オープェン・コーピット》で、若い二人の結婚を記念して描かれた作品です。 新婚の二人の初々しい姿が愛らしいことから美術館ではすっかり人気の作品になってい...

  • 「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命」展のチケット払い戻しについて

    COVID-19の影響で会期途中で閉幕してしまった「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命」展の記事へのアクセスが多いので情報をアップデートしておきます。 関連記事 「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命」展、早期割引チケット販売中です。 展覧会期は4月30日まででした...

  • ユニクロ×マリメッコ、4月23日から販売!in オランダ

    2020年4月23日朝8時から、オランダのユニクロでマリメッコとの春夏コラボコレクションが始まります! ヨーロッパの明るい光に映えるような、軽やかな色が多いです。 オレンジのボーダーがかわいい。オレンジはオランダの国の色で、オランダ人は好きだ...

  • 【フェルメール】真珠の耳飾りのバナナ

    いつも買ってるバナナになんとなく違和感を感じてよく見てみると…、 真珠の耳飾りの「バナナ」!!! 流し目が色っぽい! 今日買ったバナナのシールには真珠の耳飾りのバナナはいなかったので、「当たり」(?)だったのかもしれません。

  • 芸術のリングの上での決闘、ブライトナーとイザック・イスラエルス~Breitner vs Israels @ Kunstmuseum Den Haag

    オランダのハーグにあるハーグ美術館で、友人でありライバルであった二人の画家、ジョージ・ヘンドリック・ブライトナーとイザック・イスラエルスの展覧会が開催されています。(現在は新型コロナの影響で休館) この二人の画家の間の相互のライバル関係は、何年にもわたって続きました。キャリア...

  • エッグハント用たまごを買ってみた。

    4月12日(日)はイースター(復活祭)でした。 うちではとくに何もしないのですが、近所のスーパーでは新型コロナの影響で卵の品切れが続いていて、ここ数週間、卵を食べていませんでした。 友人宅近くのスーパーには卵があるらしいので、うちの近くのスーパーが致命的に品薄なんだと思い...

  • あまい!あますぎて、その名も「綿あめ」って名前のブドウ

    オランダで食べる果物は基本的に全部甘くて、ハズレがありません。 日本の果物の糖度は高いといわれていますが、個人的にはオランダで食べる果物の方が甘いと思っています。 そのなかでも、果物の甘さを超えて甘いと思ったのが「綿あめ(cotton candy)...

  • 黒い羽音、カルロス・アモラレス~Carlos Amorales – The Factory @ Stedelijk Museum in Amsterdam

    オランダとメキシコで活躍するカルロス・アモラレスの展覧会がアムステルダム市立美術館で開始中です。 2017年のヴェネツィアビエンナーレのメキシコ代表に選ばれ、国際的に活躍しているアーティストです。 シンバルで作られた巨大なモビール。 来館者はバチ...

  • 17世紀オランダにはデルフト焼でできたチューリップ専用の花瓶がありました~Kunstmuseum, Den Haag

    ハーグにあるハーグ美術館(旧デン・ハーグ市立美術館)は、世界最大規模の素晴らしいデルフト焼コレクションを有しています。 デルフト焼は17世紀オランダ黄金時代のオランダの繁栄の象徴であるだけでなく、現代でも人々にインスピレーションを与える存在でもあります。 上の...

  • 【フェルメール】《真珠の耳飾りの少女》と《デルフトの眺望が》のチョコ入り缶

    マウリッツハイス美術館が3枚所蔵しているフェルメール作品のうち、2作品の画像が使われているミュージアムグッズです。 使い勝手のよさそうな大きさの缶です。 中には、ホワイトチョコ、ミルクチョコ、ダークチョコの3種の味のチョコレートが入っています。 関...

  • ちょっと欠けてるけど大丈夫なのか?オランダ国王のマンホール

    プリンセンホフ博物館の近くにある、珍しいマンホール。 2013年の譲位を記念して作られたもので、現オランダ国王ウィレム=アレキサンダーと前オランダ女王ベアトリクスの横顔が模られています。 プリンセンホフ博物館はオランダ建国の父といわれる沈黙王ウィレム1世がオラン...

  • 【ゴッホ】ゴッホの初期作品が盗まれた!~Vincent van Gogh painting stolen from Singer Laren Museum in the Netherlands

    CVID-19の影響で閉館中の美術館から、ゴッホの作品が盗まれるというショッキングなニュースが飛び込んできました。 Vincent van Gogh, Lentetuin, de pastorietuin te Nuenen in het voorjaar , 1884,...

  • ゴッホ美術館、コンセイルト・ヘボウ近くのレストラン、カイザー~Brasserie Keyzer

    アムステルダムのゴッホ美術館からほど近い、レストラン「カイザー」をご紹介します。 入り口入って右手にある、白い温室のような部屋が人気です。 私が食べたのはオランダ語で12時という意味の12uurtje。ランチにぴったりの名前です。 たっぷ...

  • 食品廃棄問題にシェフの気まぐれメニューで挑む、instock

    廃棄するけどまだ食べられる食品をおいしくリメイクし、価格を抑えて提供しているinstock。 アムステルダムにできたときは話題になって気になっていたのですが、いつの間にかデン・ハーグにもオープンしていました。 instockでは、生産者から規格外(サイズや形)で市場には出...

  • アンネ・フランクと父オットーの物語~Anne Frank House in Amsterdam

    有名な「アンネ・フランクの日記」を書いたアンネが隠れていた家がアンネ・フランク・ハウスとして公開されています。 隠れ家に通じる通路や部屋が狭いこともあって、入館するには事前予約が必要です。 当日券をHP経由で買うこともできますが、すぐ売れ切れてしまうのでおス...

  • これは罠だ、フェルメールの眠る旧教会が見えるプリンセンホフ博物館のカフェとショップ

    デルフトのプリンセンホフ博物館がリニューアルされて、より魅力的になっていました。 まず、入口が教会の横になっていました。 教会にはパイプオルガンと説教台はそのままにミュージアムショップが新設されていました。これはテンション上がります(笑) リニュ...

  • フェルメールの陰に隠れた画家、ピーテル・デ・ホーホ~Pieter de Hooch in Delft @Museum Prinsenhof Delft

    17世紀のオランダ、デルフトで生きた画家、ピーテル・デ・ホーホ。 フェルメールの陰に隠れてしまう画家ですが、彼の作品をみると室内や中庭を描くのが同時代のデルフトの画家たちにとってのトレンドだったことが分かります。 Pieter de Hooch, The Cardp...

  • 【まとめ】2020年、オランダ注目展覧会

    2020年の注目展覧会をご紹介します。2019年に始まっている展覧会もありますが、私の備忘録も兼ねているのでご容赦ください。 *コロナウイルスの影響で3月16日から3月31日まで休館します。 *展覧会情報は予告なく変更される場合がありますので、訪れる際は美術館および展覧会...

  • 2019年の展覧会リストをまとめました。

    昨年末にまとめようと思っていたのに、なんだかんだ忙しくしていたら3月半ばになってしました。 【まとめ】2019年、オランダ注目展覧会 昨年度はレンブラント没後350年を記念した展覧会が各地で開催されていて、レンブラントを見まくった年でした。 それから、あまり記...

  • チューリップ、風車…オランダやハーグらしい絵柄が盛りだくさんのソックス~You Socks!

    デン・ハーグの観光案内所(VVV)には、デン・ハーグやオランダにちなんだお土産がたくさん置いてあります。 ポストカードやキーホルダー、マグネットなどのコテコテのザ・お土産といったものもありますが、オランダらしいデザインのオシャレな商品もあるので、ときどき覗いて見ています...

  • ウソをつかなくなった、自画像~In the Picture @ Van Gogh Museum in Amsterdam

    ゴッホ美術館で開催中の「in the Picture」展に行ってきました。 19世紀から20世紀にかけて描かれた肖像画や自画像が集められていました。 おもしろかったのが、画家として描かれている自画像。 以前、マウリッツハイス美術館で開催された「黄金時代...

  • 正統派のフランスパン(バゲット)の店 @ Mamie Gourmande in Leiden

    フランス風のしっかり焼き上げたバゲットが買えるパン屋Mamie Gourmande がライデンにあります。 こちらのバゲットは外はカリカリ、中は大きな穴が開いていてモチモチしています。そして噛むとコクとちょっとの塩気を感じる正統派なフランスパン(バゲット)です。 今回はそ...

  • 本と栞を模った作品キャプションがかわいい~The Advent of the Artist @Musée du Louvre in Paris

    ルーブル美術館の一角で開催されていた小展示のキャプションが、本と栞になっていて本好きとしてはとても心惹かれるものがありました。 本には画家や作品に言及した文学からの抜粋が書かれています。左ページがフランス語、右ページが英語です。 作品解説としてはわりと分量が...

  • ファン・エイクの持つ眼の恐ろしさ、《宰相ロランの聖母》~Jan van Eyck, The Virgin of Chancellor Rolin @Musée du Louvre in Paris

    ルーブル美術館で展覧会「 レオナルド・ダ・ヴィンチ 」を見た後は常設展示室にファン・エイクの作品を見に行きました。 ベルギーのゲントで開催中のファン・エイクの展覧会に今度行くのでその予習も兼ねてしっかり見てきました。 関連記事 ・ 「ヤン・ファン・エイク:...

カテゴリー一覧
商用