searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

上杉麟太郎さんのプロフィール

住所
仙台市
出身
未設定

ブログ村のこともたまに書くよ... (´・ω・`)。

ブログタイトル
わしログ
ブログURL
https://www.washilog.com/
ブログ紹介文
三木楽天を応援しています (´・ω・`)。
更新頻度(1年)

345回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2018/10/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、上杉麟太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
上杉麟太郎さん
ブログタイトル
わしログ
更新頻度
345回 / 365日(平均6.6回/週)
読者になる
わしログ

上杉麟太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 三木監督の「持っていない」感が半端ない...。

    E1−4H 俺様→涌井様→岸さん ...という先発リレーになってしまったカード。岸が1点リードのまま6回まで投げ終わったところで降板し、後を受けたのが今シーズン初リリーフとなる松井裕樹だった。で、松井が得意の先頭打者出塁からイニングをスタートさせると、あれよあれよと2失点、逆転された。「岸様」が「岸さん」となった瞬間である。 www.washilog.com三木采配がなかなかハマらない。 動けば裏目という印象がある*1。逆転された7回裏の攻撃も0アウト1塁のチャンスに得意の代打・藤田。バントを確実に成功させようという意図は分かるが、これが3バント失敗で1アウト。で、代走に送っていた辰己が牽制で…

  • 涌井様と俺様(則本)の違い

    ね、前日のチームとぜんぜん別のチームになってるでしょ…。 涌井が投げるときは野手が生き生きしている。見違えるのだな。「解き放たれる」とでも言うのかな。のびのびやってるよ。則本が投げるときとの違いはそこだね。特にキャッチャーが分かりやすい。 太田が離脱したため、今回の女房役は石原。これが実にやりやすそうだった。やりやすそうだったのは石原の方だよ。 涌井には投げながら若いキャッチャーにいろいろ教えている雰囲気があるが、則本のときはそれがないばかりか、打たれたらキャッチャーが悪者になってしまうような空気がある。(則本は)表情に露骨に出るからね。「お前の配球が悪い」、「チッ」みたいな...。 野手もエ…

  • はい、エースも5回持たず...。「エース対決」と言われるのが恥ずかしいよ...。

    はい、やっぱり5回持たないね。 エース?則本が41/3 112球6被安打5四死球5失点で降板だ。ま、一応エースなので、大事なタイミングでマウンドを任されることが多いんだけど、期待に応えてくれたことってあったっけ?という感じだよね。則本が登板したときの過去記事のタイトルを並べてみるね。記事は読まなくていいからタイトルだけ注目してみてほしい。 www.washilog.com www.washilog.com www.washilog.com www.washilog.com www.washilog.com www.washilog.com今回の則本 5回、先頭の柳田をサードゴロに打ち取るも大地…

  • 盛岡で見つけた美味しい定食屋さん

    またまた盛岡。 三大麺も毎回ではさすがに飽きてくる。で、たまたま寄った定食屋がうまかったのでご紹介。 定食屋と書いたが夜は居酒屋になるようだ。というか、どちらかというと定食屋ではなく居酒屋という店の造りである。盛岡駅から開運橋に向かう途中にある。お店の名前は「ももどり」 名物の定食は「ももどり定食」らしかったのでそれを注文。 1200円は普通に高い ...とも思ったが、これは食べて正解だった。もう一度食べたいかと聞かれたら、迷わず「食べたい」と言うだろう。 ちょっとスパイシーで骨付き鶏肉が旨味たっぷりでご飯がススムすすむ。お口直しのキャベツもGOOD。他の惣菜もおいしい。これは夜も来なくてはと…

  • ゲームが無かったので伊藤コーチの後任の投手コーチをだれにするか考えてました。

    石井GMの評価がまるでジェットコースターのようだ。8月に上げるだけ上げて 楽天・石井一久GMの評価が東北でうなぎ上り 一時は大胆なチーム改革に批判も | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載9月に急降下 楽天が「ティア1」に入れなければ…石井一久GMにブーメラン!? | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載昨シーズン、石井GMは「3位は僕の中ではBクラス」というコメントとともに最下位から3位にまでお仕上げた生え抜きの平石監督を切った。で、今シーズン、2位以上に入れなかったときはどう責任を取るつもりだろう。9月の記事の言いたいことはつまりそういうことだ。同じスポーツ新聞がたったの1ヶ月前には…

  • ヨシを呼び戻すしかない...

    L6−2E はい3連敗。 先発の瀧中は、3回途中、1アウト1、3塁のピンチを迎えたところで降板した。60球3失点での降板だった。四死球3でも分かるとおり、制球がライオンを相手にできるレベルになかった。ストライク先行のピッチングができないからどうしても苦しいピッチングになってしまう。特にライオン相手では。それにしてもローテピッチャーが皆5回持たない。 というか、今回は3回持たなかったし...。こんなのしかいないのか...状態。ローテピッチャー(候補)でさえこんな有様ということは、ファームで投げているピッチャーのレベルがどの程度か推して知るべしだ。 本人の希望で始まった先発転向とはいえ、今の松井裕…

  • 太田の鈍感プレーで流れを渡してしまったゲームだったと思う。

    L5−1E 苦手かどうかを決めるにはまだ早いと思っていたが、 前回はまったくいいようにやられてしまったノリンが相手の先発。そのノリンに1回表を三者凡退に打ち取られ、「やっぱり苦手かも...」というムードで始まったゲームだったが、そのノリンにアクシデント、2回表に一度も投げずに降板した。 このチャンスを楽天はモノにしなければならない。で、すぐさま貴重な先制点を上げたところまでは良かったが、そこで一気にいけない。というか、雑な攻撃で流れをこっちに持ってくることが出来なかった。2回表の攻撃、あそこがターニングポイントだったなあと振り返ってみて思った。先発マスクの太田があまりに簡単すぎた。 ノリンから…

  • こうなったらメヒアを獲得するしかないぞ...

    L5−4E ほんと不思議。 3回までほぼ完璧なピッチングで無失点に抑えていたのに、味方が得点した途端、裏の守りには失点してしまう。ピッチャーの悪いパターンとして必ず上がる展開だよね。 この関係で思うに、ピッチャーには大きく2通りあって味方が得点したときに「ヨッシャー」と喜ぶタイプと「うぅ...」と表情が一瞬曇る、もしくは一瞬緊張が走るタイプ。得点した側のベンチの様子が映し出されるときにカメラは必ず先発ピッチャーの様子も拾うからそのときに注意してみていると分かる。で、塩見 ...はというと私の印象では後者のタイプのように思う。つまり、味方が得点したときに一瞬緊張が走るような表情になる。気を引き締…

  • いつまでクローザーに先発やらせるつもりなんだ…

    E3-0M 5回、114球、5安打、12奪三振、4四球、無失点に抑え3勝目…。 内容などどうでもいい、無失点でマウンドをおりたのなら。…というのはまさにクローザーだから言えること。 ただ、先発はそうもいかない。攻撃にテンポを与え、得点に結びつけるピッチングが求められる。そういう意味ではまだまだなんだなあ。先発、松井裕樹。というか、先発じゃないんだなあ、松井裕樹。9回に登板し回跨ぎで14回まで投げたというならいいのだ。ゲームのスターターだから悩ましい。なので今回も3得点した攻撃陣を褒めるべきだ。よくもまぁこんな乗り心地の悪い船上で点を獲ってくれました、みたいな。下妻がプロ入り初ホーマー、まさに内…

  • これが今シーズンの楽天スタイルだ...。

    E5−3M 6回に同点に追いつかれた涌井はその後も続投。同点に追いつかれても涌井がずるずる失点するイメージはない。7回表も投げきった。で、その裏、先頭の大地がセンター前ヒットで出塁すると、続く浅村が2ランで勝ち越し。攻撃であれ、守りであれ、嫌なムードを断ち切るのは、だいたいこの2人というのが今シーズンのイーグルスのスタイルである。また、連敗は止めるが、連勝は止めない、これが涌井だ。で、同点にされたところでもせっかちなベンチにしては珍しく涌井を代えなかったのは好判断であった。...と書くと必ず「みんな移籍組じゃないか...」とかなんとか言う輩が出てくるのだが、楽天のユニホームを着たその日から立派…

  • 記念すべき球団創立1000勝は移籍してきたばかりのジョンソン投手がゲットしましたぁ。「持っている」なジョンソンくん。

    E12ー4M 久々の3連勝は球団創立1000勝となる勝利だった ...そうで、いやにあっさり達成しちゃったものだ。しかも、勝利投手は先日カープから移籍したばかりのジョンソンと来た。そのジョンソンは移籍後初勝利となっただけではなく、来日初勝利でもあったらしい。あれもこれもいっぱい詰まった1勝となった。相手がロッテだったからなお良かった。それでも先発の辛島がパッとせず、 ...4回あたりまでは重苦しいゲーム展開だった。ショートスターターの役割も果たせないほど辛島は劣化してしまったか...。4回途中、3失点で降板した。球数は60球にも満たなかった。ちょっとボールが甘く入っただけで連打される球威なので…

  • 盛岡四大麺

    盛岡には三大麺というのがある。盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺、わんこそばの3つ。私はどれも好物である。なので盛岡出張は大歓迎。で、先日、盛岡の「柳家」で「キムチ納豆ラーメン」を食べた。ご存知のとおり、柳家の本店は盛岡。仙台駅の東口、ヨドバシの近くに柳家の仙台店があって、そこでたびたびキムチ納豆ラーメンはいただくのだが、盛岡で食べたのは久々である。気分の問題かとも思うが、やはり本場で食べるキムチ納豆ラーメンはうまい。本場の味がする(ホントか)...。改めて思う。盛岡四大麺としてこのキムチ納豆ラーメンを加えたい。 これで「小」です。実にボリューミー

  • 「こうなったら獲りに行くぞ」(ロッテ)と「まだまだ諦めていないぞ」(楽天)の闘いが始まる...

    ロッテに関するニュースがこの頃とても気になっている。楽天の目の上のたんこぶ、それは間違いなくロッテだからだ。 で、そのロッテ。Gから沢村を獲得したかと思ったら、今度は元中日のチェンを獲ったらしい。楽天もカープからジョンソンを獲得したとのニュースが飛び込んできたので、今の両チームの戦力的なプラマイを整理しておこうと思った。...というほど大袈裟なものではないが、とりあえずメモ程度に書き出してみた。まずは我が楽天から 楽天 (マイナス(離脱)) 則本(一応エースだから大ダメージということになるが…) 森原(ソンと交互にこの人を使えていたらだいぶ楽だったろうと思う。クローザーショックから早く立ち直っ…

  • どうしても9回は盛り上げてから終わりたいらしい...。たまには簡単に済ましてもらっていいのだが...

    H2−3E 岸が降板してからの観戦 連休2日め。日中出かけていたので、9回からの観戦。1−2でリードしていた、よしよしと見始めた。先発の岸はすでに降板していたが、6回85球1失点という良い出来*1。例によって先発は余裕をもって降板させ、逃げ切り体制(リレー)に入ったようだった。7回はソンではなく寺岡。ソンもほぼガス欠状態という中で投げていたから寺岡という代車が手配できたのはちょうど良かった。寺岡はなんだかんだと抑えるから頼もしい。自ら強心臓を売りにするくらいなので競った場面での登板には向いた性格で、メンタル的な不安はないのだが、問題は球質(球威)そのものにある。当分は下妻のリードと配球に頼らざ…

  • 「エース」よりも「ルーキー」の方がよっぽど頼りになるぜ。

    エース則本はいったいどうしたのだろう。ベンチ裏で転倒して利き手を切ったとかなんとか。プロとしてはとても恥ずかしい理由でローテを1回飛ばすという話は聞いていたが、どさくさに紛れて2つ飛ばすらしい。 瀧中くん しかし、かえって良かった。代わりに登板したルーキーの瀧中が数億円プレーヤーの則本と松井裕樹に教えてやってほしいくらいのナイスピッチングだったから。どこが良かったか。役に立たない高給取りたちに見習ってほしいポイントにもなるが並べてみると 自分のテンポで投げている。 微妙に打者の打ち気をそらすような変化も加えている。 打者と対峙している大人のピッチャーのピッチングである。 味方が得点したあとも自…

  • 三木さんよりも目立っているこの人が邪魔なんだなあ...

    H9−3E 昨日のゲーム、やっぱり負けたのだった...。というのも、昨日はテレビ観戦の途中で眠ってしまった。目覚めたときは深夜12時を回っていて、そのまま着替えもせずに就寝。 連休初日は特段予定も入れていなかったので、置きてから近くのコーヒーショップでモーニングをいただき、今、つらつらとブログを書いているわけだ。 それにしても、なんで観戦の途中で眠ってしまったか。今までこんなことなかったのに...。たぶん、チームから伝わってくる雰囲気、空気だ。勝てる雰囲気が漂っていない。「ここから行くぞ」という空気が伝わってこない。ウィーラーが抜けただけが原因じゃないだろう。ナオト効果が薄まってきたわけでもな…

  • イニングの先頭を出してから始めるのが松井裕樹のピッチングスタイルだからなあ...。

    Bs4−5E いつまで初心者マークをつけているつもりなのか... 松井裕樹が先発のときは書かずにはいられない。なぜならツッコミどころ満載だからだ。ただ、この日の松井はとりあえずそれほど「悪くはなかった」。 ...けど、「良かった」とまでは行かない。ランナーを出してからリズム(テンポ)が悪くなるせいだ。これは松井の一つの傾向である。 で、ランナーを出すとリズムが悪くなるくせに、イニングの先頭をほぼ毎回と言っていいくらい出してしまうのも松井のもう一つの傾向と来ているからたちが悪い。毎回先頭を出してわざわざ苦しい状況にしてからピッチングが始まるからなかなかテンポに乗れない。球数が増えて、イニングも食…

  • どっちが最下位?...

    楽天だったか... https://t.co/wvVRiNb89Q— 上杉麟太郎 (@rintaro49) September 16, 2020 8回表で(観戦)離脱です。文章を書く気力も出ません。ファン失格です、はい...。あとはこのときの再現を祈るだけです。おやすみなさい。 www.washilog.comおはよう。 そんなにうまく行くはずもなく...。 Bs2−0E

  • 楽天相手だと何故か強いオリックス...

    Bs5−1E もう、愚痴しか出てこないね。とりあえず4発。愚痴その1 楽天はとにかく先発がみなショートスターターになっています。意図してそれをやっているわけではなくて、結果的にそうなってしまっています。相手の先発が皆長いイニングをしっかり投げているので余計こっちの先発陣のひ弱さだけが目立っている感じ。 則本、岸がwエースと呼ばれていた頃は投手王国を目指せるかという雰囲気もありましたが、もはやこの両輪がぜんぜん信頼できない状態なので最悪です。しかも、次代を担える若手投手が一人も出てきていない。無理やりクローザーから松井裕樹を転向させて帳尻を合わそうと企てたのはいいけど、これがまったく機能していな…

  • 前日の17安打14得点から一転、3安打1得点...。思いつくまま感想を書いておきます。

    E1−2F 前日の17安打14得点から一転、3安打1得点というゲームでした。この波の大きさがすごいね。「楽天らしい」と書こうと思い過去のスコアをざぁーっと見てみたら、「らしい」というほど多いわけではない。ま、相手のピッチャーが良かったということでしょう。塩見も良かったけど、相手のバームクーヘン*1がもっと良かった。塩見には気の毒なことをしたなという感じ*2。前日のゲームで打席での「進化」を感じた足立が登録抹消されててガックリ。あのしぶとい打席が本物だったのか、偶然だったのか、確認できないままインターバルをおくことになってしまった。代わりに太田が上がってきました。なのに塩見とのバッテリーを組んだ…

  • 岸は劣化した臭いが、足立は進化した臭い...。

    E14−6F 岸の劣化 楽天の先発・岸は約2ヶ月ぶりの1軍登板でした。怪我とか病気とかというわけではなく、不調という名の2軍調整だったわけですが、それが2ヶ月もかかってしまいました。何が岸の調整を長引かせたのか。肉体の衰え、もうこれしか考えられませんな。 で、久々の岸のピッチングを見て、その劣化ぶりにちょっと混乱しています。2ヶ月間調整してこれか...みたいな。キャッチャーの構えたところにまるでボールが吸い込まれるかのように投げ込まれるというのがこれまでの岸のストレートのイメージです。ところが、昨日の岸のボールは吸い込まれるというより、吸引力が弱くてボールがミットに収まる前に散っていたイメージ…

  • 三木監督はそれほどヤワじゃないと思うよ...。

    まずは、引退を決めた渡辺直人に「お疲れさま」と言いたい。 いろいろなことがあったけど、直人は最後は楽天に戻ってきてくれました。そのことに感謝しています。 所属したことのあるチームとのゲームがあるときは、直人と一緒したことのある選手の多くが直人のところへ挨拶に来るらしいです。楽天に移籍してきた選手もそうでした。皆ナオトを慕っていました。これだけ人望の厚い選手も珍しい。「選手同士の仲が良い」という楽天のチームカラーを象徴する選手です。田中将大と同期入団なんですね、いまさらですが。イーグルスも歴史を感じられるようになってきたね。 https://t.co/wklazY6UYD— 上杉麟太郎 (@ri…

  • 延長サヨナラ(勝ち)ゲームを録画で見ました。

    E5−4F ホーム球場が最悪 延長に入ったところで雨天中断。もう、楽天生命パークが最悪のスタジアムと化しています。選手もそうだと思いますが、もう、見ている方もうんざり。ホームゲームが一番きつい環境という現実。真剣にドーム球場を考えてほしいと思いますが、ま、「楽天」と付くうちは無理ですな...。 吉田輝星世代 さて、石橋、吉田の両先発で始まったゲームでしたが、石田の出来云々よりも、吉田輝星のピッチングを見て、「楽天の同世代ピッチャーたちはどうした?」感が一層強くなりました。なんで、楽天からはこの手の若いピッチャーが出てこないのか。育ってこないのか、まったくもって不思議です。吉田世代といえば、楽天…

  • 岩見がようやくスタートラインに立ちました...。今回はそれだけ...かな。

    E2−9H 岩見のスタメンは驚きました。DHでしたね。 で、もっと驚いたのはこの日の初打席がプロ初ヒット、しかもそれがホームランだったこと。プロ入り初ヒットが初ホームランという衝撃デビューでした。ま、デビューといってももう3年目なんですけどね。いやあ、苦しみました...。 ベンチに戻ってきたときの岩見はもう宙に浮いていましたね。なんかそのまま空へ飛んでいってしまいそうな感じでしたw。 まあ、あの足立だって先日はホームランを打っていました。たまたまじゃないの...と少し穿った見方をしていたのですが、岩見の次の打席はすっかり「落ち着いた」バッターになっていましたね。このへんは足立のホームランとは違…

  • 涌井には足立じゃないよ。太田だよ。ついでに選手起用を愚痴る...。

    E0−8H www.chunichi.co.jp涌井が先発なので勝てると踏んだんでしょう。「石井GMのバースディーに勝利をプレゼント」などとなんとも呑気なコメントを出したもんです。正直、がっかりです。ホレ見たことか、という具合に涌井が5回に6失点、2回、3回と1失点ずつの合計8失点でマウンドを降りました。で、消化ゲームを見る趣味はないので、涌井が降板した6回以降のゲームは見ていません。でも、ブログは書きます。思うところがあったので。思うところとは何か。それは選手起用についてです。三木野球のスタイル自体は嫌いじゃないので、できるだけ「三木さんのすることだから何か意味があるのだろう」と思いながら見…

  • ちょっと三木カラーが色あせてきてないか...。

    E0−2H 辛島は悪くなかった。というか、5回2失点なら、ま、良い方だろう。先発なんだからできれば6回ぐらいは投げてほしいところだけど、実質、この人も先発転向組のピッチャーだから無理はさせないスタイルなのかもしれない。ただ、辛島はもともと先発向きのピッチャー。転向組でもゲームの作り方は心得ています。悪くはなかった...。しかーし、相手先発の千賀が更に良かった。8回108球3被安打13奪三振無失点だから、ま、「手も足も出なかった」と言われても言い返せない内容でしたな。あと一本が出れば...。いくつかチャンスは作ったけど、最後は攻めきれなかった。攻撃の印象としては、正直すぎたし、消極的だったような…

  • こびり付いた「負け癖」

    E6−9Bs 福井の正体 福井にこびり付いてしまった「負け癖」は、もはや初回の3点先制程度では剥がせないくらいに頑固なモノになっていたようです。 今シーズンの福井は自滅型のイメージを払拭、ストライクゾーンで勝負するスタイルが板についてきていて、いつ勝ってもおかしくない、というか「そろそろ勝ちをつけてやりたい」と周りのだれもが願っていたある意味果報者のピッチャーだったわけですが、味方が初回に3点を先制し、「勝ち投手」のお膳立てがされた途端に「悪いときの福井」が突然目覚めてしまったようでした。3回表に5失点でたちまち逆転され、降板しちゃいました。トホホホ....。いつも思うのですが、ピッチャー心理…

  • 塩見はこれでいいんです。

    E6−5L なんだかんだ言っても「連勝」です。 ロッテが首位ホークス相手に勝ち続けていますので、こっちも負けるわけにはいきません。ホークスの首位はかなり固い線なので、ここは2位ねらい。ロッテとの競り合いですな。さて、先発の塩見。5回87球6被安打3失点で勝利投手になりました。塩見はこれでいいです。というか、これが塩見です。チームも塩見にはこういうピッチングを求めているのだと思います。塩見のどこがいいか。 立ち上がりがいい。 すぐに修正できる。(ゲームを壊さない) 修正後は粘り強く投げられる。 ま、こんな感じでしょうか。 立ち上がりいい 初回に3番吉田正尚まで回る打順でしたが3人でピシャリと抑え…

  • 則本が緊急降板でも、野手はもう慌てません。そこまで信頼していませんから...w。

    E4−3Bs おいおい則本よ... 先発の則本にアクシデントがあり、3回で緊急降板。今朝、ニュースをチェックしたら「ベンチ裏で転倒し右手を切った」ということらしいです。 楽天ファンは優しいから、どうせ思っても口には出さないと思いますので、私があえて言いますが、「こんなもんでしょ、則本は...」しっかり中6日を空けて登板するわけですから、せめて登板日くらいは相応の仕事をしてほしいですね。それがローテションピッチャーの責任だと思うし、ましてやエースと呼ばれるピッチャーだったら尚更だと思うのですが。 「きっと本人が一番くやしいはず」とか言われガチですが、そんな殊勝な気持ちにはとてもなれません。「なに…

  • 松井らしい「チョメチョメ」

    F4−0E 松井らしい「ピッチング」 楽天の先発は松井裕樹。 投げるボール一球一球はまさに一級品(のときもあるの )ですが、「先発ピッチャーのピンチング」として見ると まとまりがない(というか) 安定しない(というか) 落ち着きがない(というか) ...要するに先発ピッチャーのピッチングではないのである。何度も言うようだけど...。キックボクシングのチャンピオンにサッカーをやらせているような、相撲の横綱にラクビーをやらせているような、そんな違和感。君、いい蹴りしているね、サッカーやってみない。君の当たりは一級品だね、ラクビーやらせたら面白そう。サッカー選手になり切れてない。ラガーマンにまだなり…

カテゴリー一覧
商用
読者になる
clear この画面を閉じる

読者登録してブログ村リーダーで
このブログをチェック!

わしログ

三木楽天を応援しています (´・ω・`)。

読者になる